議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 府中市

平成18年第2回臨時会(第2号 5月17日)




平成18年第2回臨時会(第2号 5月17日)





 
         平成18年第2回府中市議会臨時会会議録


 平成18年5月17日午前0時府中市議会臨時会を本市議事堂において再開した。


1 出席議員


    1番   戸成義則君            2番  水田 豊君


    3番   大本千香子君           4番  末宗龍司君


    5番   沖田浩子君            6番  加藤吉秀君


    7番   原田 學君            8番  桑田由治君


    9番   金子徳光君           10番  小川敏男君


   11番   橘?政信君           12番  湯藤弘美君


   13番   小野申人君           14番  丸山茂美君


   15番   片山剛三君           16番  桑田伸太郎君


   17番   松坂万三郎君          18番  小森龍太郎君


   19番   小田敏雄君           20番  能島和男君


   21番   瀬川恭志君           22番  棗田澄子君


   23番   山本廣文君           24番  平田八九郎君


1 欠席議員


  な し





1 事務局及び書記


   局  長  藤木美視君          議事係長  田丸明美君


   主任主事  山路英利君


1 本日の会議に付した事件


第1 議案第40号 第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約の締


          結について


第2 報告第 2号 専決処分の報告について


第3 報告第 3号 専決処分の報告について


第4 議案第41号 監査委員の選任について





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) ただいまから本日の会議を開きます。


午前 0時04分


○議長(戸成義則君) 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程表により、順次議事を進めたいと思います。


日程第1 議案第40号 第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約


            の締結について


日程第2 報告第 2号 専決処分の報告について


日程第3 報告第 3号 専決処分の報告について


日程第4 議案第41号 監査委員の選任について





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 説明員の出席を求めます。


 市 長             伊藤吉和君   助 役         石岡勝朗君


 収入役             小原紘一郎君  教育長         目?仁志君


 総務部長            佐々木清人君  市民生活部長      樫木弘起君


 建設部長            藤本知之君   上下支所長       有永幸則君


 教育部長            坂本紀之君   人事秘書課長      門田 隆君


 総務課長兼選管事務局長     柿原延孝君   企画財政課長      寺岡泰弘君


 税務課長            内海正訓君   監理課長        桐島一義君


 土木管財課長          三島輝雄君   監査事務局長      宮原靖惠君


 教委総務課長          山崎卓男君   教育推進課長      池田哲哉君





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第1、議案第40号、第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約の締結についての件を議題といたします。


 既に提案理由の説明は済んでおりますので、これより質疑に入ります。


 質疑の通告がありますので、順次発言を許します。


 小野申人君。


(13番議員 小野申人君 登壇)


○13番議員(小野申人君) 議長のお許しをいただきましたので、議案第40号、第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約の締結についての質問をさせていただきます。


 時間の方は随分あるようでありますけど、皆さん、お疲れのことだと思いますので、簡潔に質問させていただきたいと思います。


 この工事は、昨年行われたトイレの改修等の工事に続く、ことし2年目の教科教室型等の導入を見据えた根幹の工事かと思いますが、まず、この工事の工期はいつからいつまで行われるのかということを1点、それから、あわせて工事終了後、教科教室型の導入はそれにあわせて取り入れられるのかということを1点お聞きしたいと思います。


 それから、もう一点、確認ではありますが、体育館の方の耐震工事につきましては昨年の1期工事時に完了しているのでしょうか。


 以上の点を質問させていただきます。よろしくお願いします。


(13番議員 小野申人君 降壇)


○議長(戸成義則君) 桐島監理課長、答弁。


(監理課長 桐島一義君 登壇)


○監理課長(桐島一義君) それでは、私の方から、お尋ねの工期の関係についてお答えをいたします。


 予定工期は、議会の議決のあった翌日から本年、18年9月29日までということにさせていただいております。


 以上でございます。


(監理課長 桐島一義君 降壇)


○議長(戸成義則君) 山崎教委総務課長、答弁。


(教委総務課長 山崎卓男君 登壇)


○教委総務課長(山崎卓男君) 御答弁申し上げます。


 体育館の耐震工事の件でございますが、昨年の1期工事で済んでおります。


 以上でございます。


(教委総務課長 山崎卓男君 降壇)


○議長(戸成義則君) 池田教育推進課長、答弁。


(教育推進課長 池田哲哉君 登壇)


○教育推進課長(池田哲哉君) 失礼いたします。


 教科教室型の運営はいつからかというふうなことでございますが、今年度9月に完成をする予定でございます。それから、今年度中、3月までは、一応教科教室の運営についての試行というふうな形で進めさせていただき、来年度、19年度の4月からすべての学年で進めていきたいというふうに考えております。


 よろしくお願いします。


(教育推進課長 池田哲哉君 降壇)


○議長(戸成義則君) 続いて、小川敏男君。


(10番議員 小川敏男君 登壇)


○10番議員(小川敏男君) それでは、私も40号の方、質問させていただきたいと思います。


 一つは、普通、議会は3月なり6月とあるんですが、なぜ今回のこの請負契約の締結が臨時議会に提案されたのかというのが一つの質問です。


 それから、2番目が、契約金額が3億1,500万円ということなんですが、入札予定額、落札額、落札率、それから入札参加者、この四点についてお聞きします。


 それから続いて、これは大規模改修といっても、今までと違って、普通教室から教科型教室に改修されるというものですが、質問の方は、小中一貫教育の導入の理由として、小学校から中学校に上がるときに、学習上の負担が大きくて、入学後、適応できない生徒が最近は多いと。そうしたことが、例えば中学1年生の問題行動が大変多くなっておるという小中一貫教育の導入の説明であったんですが、それならば、学級担任から教科型の担任制で負担が起きるのなら、さらに教科型教室に変わるということによって、子供たちにとって二重に負担になるのではないかということで、ちょっとお聞きします。


 それから、もう一点は、既に教科型教室についてのメリット・デメリットということを昨年お聞きしたんですが、メリットの方は、これは先生にとって授業の準備が容易になると。


 また、2点目として、生徒一人一人が自主的に動くようになると、こういうことがメリットだと言われたんですが、デメリットとすれば、学級活動をする教室がないということですね。それから、毎時間移動というようなことで、生徒の把握が困難であるということと、それから、2つ目に、決まったクラスがないということで、学級への帰属意識が出てこないという、この二点を言われたんですが、このデメリットの対応としては、生徒一人一人の責任ある行動がとれるように育てていくんだということだったんですけれど、生徒一人一人の責任ある行動がとれるように育てていくということですけれど、しかし、この場合、先生が子供たちを十分に把握できるならいいんですけれど、先生は教室でずっとおられるわけなんで、職員室へ戻ってほかの先生と連携しながら子供たちの把握をしていくということが、なかなか不十分じゃないかなということと、もう一つ、一中の人数をお聞きしますと、480人ぐらい、14クラスのような大きなところで、十分先生方が子供さんを把握できるのかどうか。そういう中で、生徒一人一人を責任ある行動に育てることができるのかどうかということについてお聞きします。


 以上です。


(10番議員 小川敏男君 降壇)


○議長(戸成義則君) 桐島監理課長、答弁。


(監理課長 桐島一義君 登壇)


○監理課長(桐島一義君) まず、なぜ今回の議会への提案かということでございますが、本件の工事にかかわります予算につきましては、3月議会で補正をいただきまして、いわゆる未契繰越の案件ということで、4月3日に工事にかかわる告示をさせていただきました。それから、入札手続を進めまして、4月27日に入札を行いまして、落札決定をしたということでございますので、その公告の中に、契約の締結日というのは平成18年の直近の市議会の議決の日ということにさせていただいておりますので、臨時議会の本議会に提案をさせていただいたというふうに、契約担当の方では考えております。


 それから、予定価格でございますが、予定価格については、これは公表いたしておりまして、3億3,200万円ということになっております。したがいまして、落札率は94.88%ということになります。


 なお、落札額につきましては、契約金額から消費税を引いた3億円ということになりますので、御理解をいただきたいと思います。


 以上でございます。


 入札に入っている業者の数ですか。失礼いたしました。


 業者の数は、4JVでございます。


 以上でございます。


(監理課長 桐島一義君 降壇)


○議長(戸成義則君) 池田教育推進課長、答弁。


(教育推進課長 池田哲哉君 登壇)


○教育推進課長(池田哲哉君) それでは、失礼いたします。


 私の方からは、二重に負担になるんではないんかというふうな、問題行動なんかが多くなるんじゃないんかというふうな御心配の件と、それから、子供たちがきちっと、デメリットの部分で心配をされて、把握ができるのかということのこの2点でございますが、まず、1点目のことにつきましては、今回、一中のスペースの中に、図を見ていただいたらわかりますように、コミュニティスクエアとか、それから交流スペースといったような、いわば今までの学校に、今の現在の府中の学校にはないような、そういったスペースを設けています。こういったスペースを設けたり、それから、各学年ごとにそういったスペースを設けることによって、当然、そこで子供たちがいろいろ交流をしたり、子供たちの居場所となるというふうなことも考えていますし、実際に子供たちがいろんなところで活動できるんじゃないかなといったようなことを考えております。


 また、一中の場合は、2階から4階が各学年になっております。その学年の中に、先生方が生活する学年ルームを設置するというふうになっています。ですから、当然、御心配のところの子供たち一人一人を把握する、そういった場というふうなものが各階にあるというふうなことで、子供たちの把握、それから子供たちと先生との交流というふうなものも、そういった場でできるんではないかなというふうなことを考えております。


 よろしくお願いいたします。


(教育推進課長 池田哲哉君 降壇)


○議長(戸成義則君) 能島和男君。


(20番議員 能島和男君 登壇)


○20番議員(能島和男君) さきの質問者にもかかわりながら、多少聞いてみたいと思うんです。


 まず、この臨時議会に、なぜこういう契約案件が出されたのかということについては答弁がありました。問題は、工期が9月29日ということでありますが、3億円の工事にしては、4カ月半くらいの工期で十分工事が完成できるんかどうか、この点が1つ問われると思うんです。こういうこともあって本議会に出されたんだと思うんですが、この点について聞いておきたいと思うんです。


 それから、4JVという話がありました。確かに4JVですが、少なくとも府中市では、3億円というのはかなり大きい契約金額であります。私どもの今までの見てきた範疇で言えば、少なくとも7社、8社ぐらいのJVが組まれてしかるべきじゃないかと。もちろん地元業者との関係もありますけれども、4JVというのが少々気になるんですが、この点について聞きたい。


 さらに、この前の一中の請負工事のときには、確かに飛島と府中市内の大手の業者がJVを組んでおったと思うんですね。大体業界のならわしとすれば、一たん工事を着手し、完成した。それにかかわっての工事の場合には、同じJV、同じ業者が携わるというのがならわしのようでありますが、なぜJVが変えられておるのか、この点についても聞いておきたいと思うんです。


 さらに、大体地元の業者が大手にくっつくというのが大体のJVのあり方ですが、この坂本工務店というのは、これは地元業者ですか、それともよその業者なんですかね。


 それから、JVの出資割合、これも聞いておきたいというふうに思います。


 それから、もう一つは、財源内訳ですね、この点については、3月にもありましたが、いま一度聞いておきたいと思います。


 それから、当初、一中の大規模改造ということで始められて、積極的に校舎の大規模の改造を進めるということで、予算額がだんだん増額しておりますが、当初から全体の予算総額について、どういうふうになっておるのか聞いておきたいというふうに思います。


 以上です。


(20番議員 能島和男君 降壇)


○議長(戸成義則君) 桐島監理課長、答弁。


(監理課長 桐島一義君 登壇)


○監理課長(桐島一義君) まず、4JVの数の話で御質問がございましたが、JVの結成につきましては、代表構成員とその他の構成員、2社による自主結成ということで、共同企業体の資格要件というのを定めておりますので、それに基づきまして、申請のあった数が4社、4JVということでございますので、御理解をいただいておきたいというふうに思います。


 それから、それにかかわりまして、1期工事では飛島と市内の業者ということでございましたが、飛島と武田組がJVということで工事を担当をいたしていただいております。


 なぜJVが変わったかという御質問でございますが、先ほど申し上げましたように、業者同士の自主結成ということをお願いをしておりますので、そうした中で、今回は飛島・坂本JVということで共同企業体を組まれて申請をされた業者が落札をされたということになっております。


 坂本工務店につきましては、府中支店を設置をされておりまして、現在は市内業者という位置づけで対応させていただいております。


 それから、JVの出資割合につきましては、代表者が7、その他の構成員が3ということになっていると承知をいたしております。


 以上でございます。


(監理課長 桐島一義君 降壇)


○議長(戸成義則君) 山崎教委総務課長、答弁。


(教委総務課長 山崎卓男君 登壇)


○教委総務課長(山崎卓男君) 御答弁申し上げます。


 まず最初の短期間、4カ月ほどで大丈夫かということでございますが、一中の本校舎ということがありまして、夏休みを利用して授業に差し支えないように工事を進める必要があるということで、こういう工期を設定させていただきました。


 それと、あと、財源内訳ということでございますが、3分の1が補助金、公立学校施設整備費補助金、それから残りが起債ということになります。義務教育施設の整備事業債ということでございます。それから、事業全体では若干単市も使うようにしております。


 それと、一中の大規模の、昨年とことしで、全体の予算総額ということでございますが、昨年とことしの額、設計管理費と工事費を合わせて6億1,284万3,000円になろうかと思います。


 以上でございます。


          (教委総務課長 山崎卓男君 降壇)


○議長(戸成義則君) 能島和男君。


(20番議員 能島和男君 登壇)


○20番議員(能島和男君) 武田組という具体的な話が出ました。あとの三つのJVは全部府中市内の業界です。それで、私が言いたいのは、JVを組むのは業者の主体性というんですか、業者側で組んでくるということでありますけれども、じゃあ、この武田組という名前が出ましたが、なぜ今回JV組まなかったんですか。市内の大手であります。しかも、先ほど言いましたように、4JVでしょう。本来、6JVか7JVぐらいが参画してもいいと思うんですね。業者が4社だったということであります。じゃあ、2社でもいいわけですか。そういう点で、どうしても飛島・坂本、その前の飛島・武田ですが、大体、飛島・武田ということでJV組んで参画されるというのが今までの流れだと思うんですが、この点についてまだ理解できませんので、もう一回聞いておきたいというふうに思います。これ1点。


 それから、かかわって言えば、地元優先ということで、坂本工務店も一応地元業者だとおっしゃったんですけれども、例えば4JVを組めないというのは、市内にそれだけの業者はいないというふうに簡単に理解していいんかどうかね、この点も聞いておきたいと思うんです。


 それから、落札率について先ほど話がありました、94.88。昨今の入札率を見ると、例えば給食センターなんかは八十四、五%だと思うんですね。入札率のばらつきについてはどういうふうに理解すりゃあいいか、これも聞いておきたいというふうに思います。


(20番議員 能島和男君 降壇)


○議長(戸成義則君) 桐島監理課長、答弁。


(監理課長 桐島一義君 登壇)


○監理課長(桐島一義君) お答えをしたいと思いますが、残りの3JVにつきましては、三井住友建設と大宝組、上下業者ということになっております。それから、日本国土開発と道下組、それから、錢高組と粟根建設ということの4JVでございまして、1期工事の飛島・武田組のJVがなぜ組まれなかったかという御質問でございますが、これについては理由は定かではございません。提出がなかったということしか把握をしてないということでございますので、理解をいただきたいと思います。


 なお、2社でもよいのかということでございますが、国の考え方は、公募型の案件の場合は1社でも入札を執行するという考え方がございます。ただし、府中市の場合は、それでは余りにも競争が確保できないということがございますので、最低2社は必要だという考え方で対応させていただいております。


 それから、落札率につきまして御質問がございましたが、昨年、大型の案件1億円以上の工事につきましては、3件、17年度は発注をいたしておりますが、御指摘のように、86%から96%前後の間に落札率がなっておりますが、これはそれぞれ業者が見積もりをいただいたもので応札をいただくわけでございますので、それに基づく前提になります予定価格というのは、市といたしましては、国の基準なり、県の積算基準に基づきまして予定価格を積算をしておりますので、それに基づいた業者側の積算ということで応じていただいておりますので、具体的な数字がどうなるかということは、ちょっと私の方ではお答えしようがございませんので、ぜひ御理解をいただきたいというふうに思います。


 以上でございます。


(監理課長 桐島一義君 降壇)


○議長(戸成義則君) 能島和男君───。


 以上で通告による質疑は終わりました。


 これをもって質疑を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第40号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第40号につきましては、委員会の付託を省略することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第40号の討論に入ります。


 討論の通告がありますので、順次発言を許します。


 小森龍太郎君、反対者。


(18番議員 小森龍太郎君 登壇)


○18番議員(小森龍太郎君) 議案第40号に反対の立場から討論を行っていきたいというふうに思います。


 この一中の大規模改修という名目のもとに行われる工事でありますけれども、これは、端的に申し上げれば、小中一貫教育を導入するという府中市の教育方針を大きく転換させたことによって、その流れの中で出てきたものであるというふうに私は受けとめております。


 この小中一貫教育を導入していくというこの府中市の教育方針の大転換、これにつきましては、この場におきましてもこれまでるる反対の思いというものを申し上げ、そういったことを訴えさせていただいておるところでございます。


 そういう方向のもとに、その流れのもとに今回行われるものであるということでありますから、当然のこととして賛成することはできない、こういう思いでございます。


 また、今回のこの問題につきましては、耐震の補強ということをまず前面に出していって、それで一中の校舎をいいようにしていくんだというようなことを、第1期工事のときからもそのようなことを前面に出して、あたかも耐震の補強をし、さらに一中の、とりわけトイレの問題など、いろいろな不都合な面もありましたから、そういったことを直していくんだということをとりあえず前面に出していって、この小中一貫教育の流れの中における、例えば教科教室型の導入などといった大きな問題点を抱えている、そういった点については、これを耐震の補強ということを前面に出すことによって、教科教室型の問題点、矛盾点などを糊塗しようとしているということが、はっきり言えば、見え見えであると、こういう状況であろうと思います。


 そして、先ほど来の質疑の中でも明らかになりましたように、入札にかかわりましての選定であるとか、あるいは落札率が94.88%といったような、ちょっと考えられないような数字で落札がなされていった、こういうような点も考えてみますと、さまざまな疑念というものを抱かざるを得ない、こういったことを思うところであります。


 以上のような点から、本議案に反対をいたします。


(18番議員 小森龍太郎君 降壇)


○議長(戸成義則君) 平田八九郎君、賛成者。


(24番議員 平田八九郎君 登壇)


○24番議員(平田八九郎君) 議長の御指名をいただきました。議案第40号、第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約の締結について、賛成の立場で討論を行いたいというふうに思います。


 この問題は、長年にわたって、学校、そして子供、保護者から、先ほども議論の中で出ておりましたトイレの使用も、においがする、そして暗い、行きたくても行けない、そういったような切実な問題が文教委員会にも提示をされてまいりました。そういうことを受けて、本議会において、大規模改修という、議会から、議員の中から、提案あって、理事者側がそれを受けて実態調査をされて、昨年から工事を着手されました。


 私も、第1期工事終了後、間近に現地を見させていただきました。改修前と改修後の見違えるようなトイレ、そして教室の一部、子供たちも保護者も非常に喜んでおる姿、そしてお話を聞かせていただきました。


 耐震工事につきましても、今、各方面で指摘がされておりますし、ましてや小さな子供たちが学ぶ施設でありますから、当然やらなければいけませんし、また、少子化の時代、空き教室が多いということもございますし、せっかくやるのなら、教科教室型導入ということも視野に入れて、私はすばらしい考えであるというように思っておりますし、今、検討がなされております小・中一体校建設、そして、一貫教育の導入、これらに先駆けて一中をそういった取り組みをやるということは、当を得た、時宜を得た取り組みであるというように考えております。


 そのことが、私は10年、15年先の府中市の子供たちの夢を、そして勉学を学ぶ場所としてふさわしいというように思っておりますし、今回、2期工事で行われる3億1,500万円、入札問題についてはいろいろ議論がございましたけれども、やはり事故のないように、期限内に工事が完成して、子供たちが安心をして勉学、学問が学ばれる環境を私たちは率先してつくってやらなければいけないというように考えております。


 財政的にいろんな問題があろうかというように思いますけれども、そこは新しいことを導入することによって、マイナス面、そして危険なそういう要素もあろうかと思いますけれども、改革なくして、私は前進はないというように思っていますので、そういった観点から、本第2期工事について賛成の立場で討論とさせていただきます。


 以上です。


(24番議員 平田八九郎君 降壇)


○議長(戸成義則君) これにて討論を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第40号の採決をいたします。


 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(戸成義則君) 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第2、報告第2号、専決処分の報告についての件を議題といたします。


 既に提案理由の説明は済んでおりますので、これより質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。これをもって質疑を終結し、報告を終了いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第3、報告第3号、専決処分の報告についての件を議題といたします。


 既に提案理由の説明は済んでおりますので、これより質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。これをもって質疑を終結し、報告を終了いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第4、議案第41号、監査委員の選任についての件を議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 佐々木総務部長。


(総務部長 佐々木清人君 登壇)


○総務部長(佐々木清人君) それでは、監査委員の選任について御提案を申し上げます。





                           議案第41号


監査委員の選任について


 議員のうちから選任される監査委員に次の者を選任することについて、地方公務員法(昭和22年法律第67号)第196条第1項の規定により、市議会の同意を求める。


  平成18年5月16日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 名  前   桑 田 伸太郎


 住  所   府中市中須町1524番地の3


 生年月日   昭和10年7月15日





 以上でございます。よろしくお願いをいたします。


(総務部長 佐々木清人君 降壇)


○議長(戸成義則君) これにて提案理由の説明を終結いたします。


(16番議員 桑田伸太郎君 退席)





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 休憩します。


午前 0時41分


○議長(戸成義則君) 再開します。


午前 0時41分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第41号の質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。これをもって質疑を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第41号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第41号については、委員会の付託を省略することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第41号の討論に入ります。


 ただいまのところ通告はありませんので、討論を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第41号の採決をいたします。


 この採決は起立により行います。


 ただいま議題となっております議案第41号、監査委員の選任について同意を求める件は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(戸成義則君) 起立多数であります。


 よって、議案第41号、監査委員の選任について同意を求める件は、これに同意することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





(16番議員 桑田伸太郎君 復席)


○議長(戸成義則君) 以上で今期臨時会の会議に付議された事件はすべて議了いたしました。


 これにて平成18年第2回府中市議会臨時会を閉会いたします。


午前 0時42分





  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





   平成  年  月  日





      府中市議会 議  長





      府中市議会 議  員





      府中市議会 議  員