議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 府中市

平成18年第2回臨時会(第1号 5月16日)




平成18年第2回臨時会(第1号 5月16日)





 
         平成18年第2回府中市議会臨時会会議録


 平成18年5月16日午前10時府中市議会臨時会を本市議事堂において開会した。


1 出席議員


    1番   戸成義則君           2番  水田 豊君


    3番   大本千香子君          4番  末宗龍司君


    5番   沖田浩子君           6番  加藤吉秀君


    7番   原田 學君           8番  桑田由治君


    9番   金子徳光君          10番  小川敏男君


   11番   橘?政信君          12番  湯藤弘美君


   13番   小野申人君          14番  丸山茂美君


   15番   片山剛三君          16番  桑田伸太郎君


   17番   松坂万三郎君         18番  小森龍太郎君


   19番   小田敏雄君          20番  能島和男君


   21番   瀬川恭志君          22番  棗田澄子君


   23番   山本廣文君          24番  平田八九郎君


1 欠席議員


  な し





1 事務局及び書記


   局  長  藤木美視君         議事係長  田丸明美君


   主  任  皿田敏幸君         主任主事  山路英利君


   主任主事  谷本育子君


1 本日の会議に付した事件


第1         議長の選挙





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○臨時議長(能島和男君) ただいま紹介されました能島でございます。


 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。


 これより平成18年第2回府中市議会臨時会を開会いたします。


               午前10時04分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○臨時議長(能島和男君) 休憩します。


午前10時05分


○臨時議長(能島和男君) 再開いたします。


午前10時06分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○臨時議長(能島和男君) 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程表により、議事を進めたいと思います。


日程第1        議長の選挙





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○臨時議長(能島和男君) この際、議事進行上、仮議席を指定いたします。


 仮議席は、あらかじめ配付しております仮議席表の議席を指定いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○臨時議長(能島和男君) それでは、暫時休憩いたします。


午前10時07分


○臨時議長(能島和男君) 再開いたします。


午後 1時33分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○臨時議長(能島和男君) 日程第1、これより議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


(議場閉鎖)


○臨時議長(能島和男君) ただいまの出席議員数は24人であります。


 投票用紙を配付いたします。


(投票用紙配付)


○臨時議長(能島和男君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(能島和男君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めます。


(投票箱点検)


○臨時議長(能島和男君) 異状なし。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票記載所において投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票は無効といたします。


 同姓、また同名の議員の方がおられますので、必ず氏名を明記されるようお願いいたします。


 それでは、点呼を命じます。


○議会事務局長(藤木美視君) それでは、お名前を申し上げます。


 山本廣文議員、沖田浩子議員、原田 學議員、桑田由治議員、末宗龍司議員、水田豊議員、大本千香子議員、小川敏男議員、加藤吉秀議員、小野申人議員、丸山茂美議員、片山剛三議員、橘?政信議員、金子徳光議員、小森龍太郎議員、小田敏雄議員、桑田伸太郎議員、瀬川恭志議員、戸成義則議員、棗田澄子議員、平田八九郎議員、松坂万三郎議員、湯藤弘美議員、能島和男臨時議長。


 以上でございます。


(点呼に応じ投票)


○臨時議長(能島和男君) 投票漏れはありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(能島和男君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


(議場開鎖)


○臨時議長(能島和男君) 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に末宗龍司君、小川敏男君及び小野申人君を指名いたしますので、3君の立ち会いを願います。


(開  票)


○臨時議長(能島和男君) それでは、選挙の結果を報告いたします。


 開票総数24票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち有効投票17票、無効投票7票。


 有効投票中、戸成義則君14票、能島和男君2票、瀬川恭志君1票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は5票であります。


 よって、戸成義則君が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました戸成義則君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。


 議長当選承諾及びあいさつ。


(議長 戸成義則君 登壇)


○議長(戸成義則君) ただいまの議長選挙におきまして、不肖私、戸成義則が当選をさせていただきました。もとより浅学非才、〇〇〇〇なる私でございますけれども、府中市発展のため、また市民福祉向上のために、議長として一生懸命頑張ってまいりたいというふうに考えておるわけでございます。どうぞ今後とも皆様方の御協力、御理解を賜りますことをお願いを申し上げまして、簡単でございますけれども、就任のごあいさつとさせていただきます。


 本日は、まことにありがとうございました。


(議長 戸成義則君 降壇)


○臨時議長(能島和男君) いろいろ御協力いただきまして、まことにありがとうございました。


 戸成義則議長、議長席にお着き願います。


 以上で私の任務は終わらせていただきます。ありがとうございました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





1 本日の会議に付した事件


第1        議席の指定


第2        会期の決定について


第3        会議録署名議員の指名


第4        副議長の選挙


第5        常任委員会の委員の選任


第6        議会運営委員会の委員の選任


第7        福山・府中広域行政事務組合議会議員の選挙


第8        福山地区消防組合議会議員の選挙


第9        甲双衛生組合議会議員の選挙


第10 議案第37号 専決処分の承認を求めることについて


          (府中市税条例の一部を改正する条例)


第11 議案第38号 専決処分の承認を求めることについて


          (府中市都市計画税条例の一部を改正する条例)


第12 議案第39号 専決処分の承認を求めることについて


          (府中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


第13 議案第40号 第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約の締


          結について


第14 報告第 2号 専決処分の報告について


第15 報告第 3号 専決処分の報告について





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) それでは、暫時休憩いたします。


午後 1時51分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午後 3時50分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程表により、順次議事を進めたいと思います。


日程第1        議席の指定


日程第2        会期の決定について


日程第3        会議録署名議員の指名


日程第4        副議長の選挙


日程第5        常任委員会の委員の選任


日程第6        議会運営委員会の委員の選任


日程第7        福山・府中広域行政事務組合議会議員の選挙


日程第8        福山地区消防組合議会議員の選挙


日程第9        甲双衛生組合議会議員の選挙


日程第10 議案第37号 専決処分の承認を求めることについて


            (府中市税条例の一部を改正する条例)


日程第11 議案第38号 専決処分の承認を求めることについて


            (府中市都市計画税条例の一部を改正する条例)


日程第12 議案第39号 専決処分の承認を求めることについて


            (府中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


日程第13 議案第40号 第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約


            の締結について


日程第14 報告第 2号 専決処分の報告について


日程第15 報告第 3号 専決処分の報告について





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 説明員の出席を求めます。


 市 長             伊藤吉和君   助 役         石岡勝朗君


 収入役             小原紘一郎君  教育長         目?仁志君


 総務部長            佐々木清人君  市民生活部長      樫木弘起君


 建設部長            藤本知之君   上下支所長       有永幸則君


 教育部長            坂本紀之君   人事秘書課長      門田 隆君


 総務課長兼選管事務局長     柿原延孝君   企画財政課長      寺岡泰弘君


 税務課長            内海正訓君   商工観光課長      藤岡敏秋君


 市民課長            平田美知子君  医療国保課長      高尾茂樹君


 児童課長            佐藤眞二君   保健課長        掛江敏雄君


 府中北市民病院事務長      前原裕吉君   湯が丘病院事務長    滝口道博君


 環境整備課長          落合成彦君   福祉事務所長      本多 進君


 監理課長            桐島一義君   用地課長        中田正則君


 土木管財課長          三島輝雄君   まちづくり課長     田原春二君


 下水道課長           近藤徳雄君   農林課長兼農委事務局長 西本修二君


 監査事務局長          宮原靖惠君   会計課長        真田和美君


 水道課長            ?田立男君   教委総務課長      山崎卓男君


 学校教育課長          宇根眞砂子君  教育推進課長      池田哲哉君


 生涯学習課長          清水容知君   給食課長        加藤憲造君


 図書館長            谷本哲之助君





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第1、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において、ただいま御着席の議席を指定いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日間と決定いたしました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第3、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、原田 學君及び水田 豊君を指名いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第4、副議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


(議場閉鎖)


○議長(戸成義則君) ただいまの出席議員数は24名であります。


 投票用紙を配付させます。


(投票用紙配付)


○議長(戸成義則君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


(投票箱点検)


○議長(戸成義則君) 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票記載所において投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票は無効といたします。


 また同じ名前の方がおられますので、必ず氏名を明記されるようお願いいたします。


 点呼を命じます。


○議会事務局長(藤木美視君) それでは、お名前をお呼びいたします。


 山本廣文議員、沖田浩子議員、原田 學議員、桑田由治議員、末宗龍司議員、水田豊議員、大本千香子議員、小川敏男議員、加藤吉秀議員、小野申人議員、丸山茂美議員、片山剛三議員、橘?政信議員、金子徳光議員、小森龍太郎議員、小田敏雄議員、桑田伸太郎議員、瀬川恭志議員、棗田澄子議員、平田八九郎議員、松坂万三郎議員、湯藤弘美議員、能島和男議員、戸成義則議長。


 以上でございます。


(点呼に応じ投票)


○議長(戸成義則君) 投票漏れはありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


(議場開鎖)


○議長(戸成義則君) 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に橘?政信君、湯藤弘美君及び丸山茂美君を指名いたしますので、3君の立ち会いをお願いします。


(開  票)


○議長(戸成義則君) 選挙の結果を御報告申し上げます。


 投票総数24票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち有効投票24票、無効投票ゼロ票。


 有効投票中、棗田澄子君15票、橘?政信君7票、湯藤弘美君2票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票であります。


 よって、棗田澄子君が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました棗田澄子君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。


 副議長当選承諾及びあいさつ。


 副議長、登壇願います。


(副議長 棗田澄子君 登壇)


○副議長(棗田澄子君) ただいまは皆様方の御信任をいただきまして、ありがとうございます。この上もない光栄に存じます。と同時に、その責務の重大さを痛感いたしております。微力ではありますが、皆様方の御支援をいただきまして、一生懸命やらせていただきます。御指導、御鞭撻を賜りますようお願いいたしまして、ごあいさつにかえさせていただきます。


 ありがとうございました。


(副議長 棗田澄子君 降壇)





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 休憩します。


午後 4時06分


○副議長(棗田澄子君) 再開いたします。


午後 4時06分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○副議長(棗田澄子君) この際、お諮りいたします。


 戸成義則君から、発言の申し出がありますので、これを許可いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(棗田澄子君) 御異議なしと認め、戸成義則君の発言を許可いたします。


 戸成義則君。


(議長 戸成義則君 登壇)


○議長(戸成義則君) 先ほど、議長の就任のあいさつの中で不適切な言葉がありましたので、副議長において抹消を取り計らっていただきたいということでございます。ひとつよろしくお願いいたします。


(議長 戸成義則君 降壇)


○副議長(棗田澄子君) ただいま戸成義則君から、先ほどの議長当選承諾及びあいさつにおける発言について、会議規則第64条の規定により、発言の一部を取り消したい旨の申し出がありました。


 この取り消し申し出を許可することに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(棗田澄子君) 御異議なしと認めます。


 よって、戸成義則君からの発言の取り消し申し出を許可することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○副議長(棗田澄子君) 休憩します。


午後 4時08分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午後 4時09分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 本日の会議は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 休憩します。


午後 4時10分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午後 8時20分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第5、常任委員会の委員の選任を行います。


 お諮りいたします。


 常任委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、瀬川恭志君、桑田由治君、沖田浩子君、小川敏男君、松坂万三郎君及び大本千香子君、以上6人を総務常任委員に、平田八九郎君、小野申人君、加藤吉秀君、小森龍太郎君、湯藤弘美君及び金子徳光君、以上6人を文教常任委員に、棗田澄子君、桑田伸太郎君、片山剛三君、水田 豊君、能島和男君及び橘?政信君、以上6人を厚生常任委員に、山本廣文君、原田 學君、戸成義則君、丸山茂美君、小田敏雄君及び末宗龍司君、以上6人を建設常任委員にそれぞれ指名いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました以上の諸君をそれぞれの常任委員会の委員に選任することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第6、議会運営委員会の委員の選任を行います。


 お諮りいたします。


 議会運営委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、山本廣文君、瀬川恭志君、丸山茂美君、加藤吉秀君、小川敏男君、能島和男君及び松坂万三郎君、以上の7人を議会運営委員会の委員に指名いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました以上の諸君を議会運営委員会の委員に選任することに決しました。


 お諮りいたします。


 委員会条例第4条第4項に規定の議会の運営に関すること及び議長の諮問に関することについて、議会運営委員会に付託の上、任期満了まで閉会中の継続調査といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議会の運営に関すること及び議長の諮問に関することについて、議会運営委員会に付託の上、閉会中の継続調査に付することに決しました。


 常任委員会及び議会運営委員会の委員の選任をいたしましたので、委員会条例第8条第2項の規定により、各委員会の正副委員長各1名の互選をお願いいたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 暫時休憩いたします。


午後 8時24分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午後10時03分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) この際、議席の変更についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、この際、議席の変更についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。


 議席の変更についてを議題といたします。


 議員の所属会派の確定に伴い、議席を変更いたしたいと思います。


 その議席番号及び氏名を事務局長に朗読させます。


○議会事務局長(藤木美視君) それでは、朗読いたします。


 戸成義則議長を1番に、水田 豊議員を2番に、大本千香子議員を3番に、末宗龍司議員を4番に、沖田浩子議員を5番に、加藤吉秀議員を6番に、原田 學議員を7番に、桑田由治議員を8番に、金子徳光議員を9番に、小川敏男議員を10番に、橘?政信議員を11番に、湯藤弘美議員を12番に、小野申人議員を13番に、丸山茂美議員を14番に、片山剛三議員を15番に、桑田伸太郎議員を16番に、松坂万三郎議員を17番に、小森龍太郎議員を18番に、小田敏雄議員を19番に、能島和男議員を20番に、瀬川恭志議員を21番に、棗田澄子副議長を22番に、山本廣文議員を23番に、平田八九郎議員を24番に。


 以上でございます。


○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま朗読したとおり議席を変更することに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読したとおり議席を変更することに決しました。


 それでは、ただいま決定いたしました議席にお着きをお願いいたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 休憩いたします。


午後10時07分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午後10時08分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 休憩中に各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長を互選していただきましたので、その結果を事務局長に朗読させます。


○議会事務局長(藤木美視君) 御報告いたします。


 総務委員会委員長に桑田由治議員、同副委員長に沖田浩子議員、文教委員会委員長に小野申人議員、同副委員長に湯藤弘美議員、厚生委員会委員長に能島和男議員、同副委員長に片山剛三議員、建設委員会委員長に丸山茂美議員、同副委員長に末宗龍司議員、議会運営委員会委員長に瀬川恭志議員、同副委員長に加藤吉秀議員。


 以上でございます。


○議長(戸成義則君) 以上のとおり、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長は互選されました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第7、福山・府中広域行政事務組合議会議員の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 福山・府中広域行政事務組合議会議員に、山本廣文君及び戸成義則君を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました山本廣文君及び戸成義則君を福山・府中広域行政事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました山本廣文君及び戸成義則君が福山・府中広域行政事務組合議会議員に当選されました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第8、福山地区消防組合議会議員の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 福山地区消防組合議会議員に、能島和男君、棗田澄子君及び瀬川恭志君を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました能島和男君、棗田澄子君及び瀬川恭志君を福山地区消防組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました能島和男君、棗田澄子君及び瀬川恭志君が福山地区消防組合議会議員に当選されました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第9、甲双衛生組合議会議員の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 甲双衛生組合議会議員に、末宗龍司君及び桑田由治君を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました末宗龍司君及び桑田由治君を甲双衛生組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました末宗龍司君及び桑田由治君が甲双衛生組合議会議員に当選されました。


 なお、議会選出各種委員等につきましては、表を作成し、後日皆様に配付させていただきますので、よろしくお願いいたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) この際、日程第10、議案第37号、専決処分の承認を求めることについてより日程第15、報告第3号までを一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 佐々木総務部長。


(総務部長 佐々木清人君 登壇)


○総務部長(佐々木清人君) 大変お疲れさまでございます。


 それでは、早速でございますが、平成18年府中市議会第2回臨時会に提案させていただきました議案4件、報告2件につきまして、お手元の議案集で順次御説明をさせていただきます。よろしくお願いいたします。


 それでは、議案集の1ページ、議案第37号から順次御説明を申し上げます。





                           議案第37号


専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成18年5月16日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、





専決処分書


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する暇がないと認め、専決処分する。


  平成18年3月31日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市税条例の一部を改正する条例





 11ページをお開きください。


 議案第37号の提案理由及び要綱でございます。


 地方税法等の一部を改正する法律(平成18年法律第7号)、地方税法施行令等の一部を改正する政令(平成18年政令第121号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成18年総務省令第60号)が平成18年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されたことに伴い、所要の整備を行うため、府中市税条例の一部を改正する条例を専決処分したものでございまして、その主な内容は次のとおりでございます。


 まず第1に、第24条第2項関係(個人の住民税の非課税の範囲)でございます。個人市民税の均等割の非課税限度額につきましては、生活扶助基準額を勘案して設けられておりますが、この扶助基準額が22万円から21万円(府中市におきましては、生活保護法上の級地が2級の2のため、0.9を乗じた額)に改正されたことに伴いまして、改めるものでございます。


 2番目に、附則第5条第1項の関係(個人の市民税の所得割の非課税の範囲等)でございますが、個人市民税の所得割の非課税限度額につきましては、生活保護基準額を勘案して設けられておりますが、この保護基準額が35万円から32万円に改正されたことに伴いまして改めるものでございます。


 3点目に、附則第10条の2第5項関係でございますが、住宅耐震改修に対する固定資産税の減額を受けるための申請でございます。


 新地方税法附則第16条において、既存住宅(昭和57年1月1日に存していた住宅)を耐震改修した場合の固定資産税の減額措置が創設されたことに伴い、条項を加えるものでございます。


 耐震改修工事費が30万円以上のものが対象となります。


 減額する額といたしましては、耐震改修家屋全体に係る固定資産税の2分の1を減額するものでございます。


 減額の期間でございますが、平成18年から21年までの改修につきましては3年間、平成22年から24年までの改修につきましては2年間、平成25年から27年までの改修につきましては1年間の減額をいたすものでございます。


 続きまして、減額対象床面積は1戸当たり120平方メートル相当分まででございます。


 4点目に、附則第11条関係でございますが、土地に対して課する固定資産税の特例に関する用語の意義でございます。平成15年度から平成17年度までの各年度分の固定資産税の特例に関する用語の意義を、平成18年度から平成20年度までの税負担の調整措置に関する規定の共通的な用語の意義について整備いたすものでございます。


 5点目に、附則第11条の2関係(土地の価格の特例)でございます。平成19年度及び20年度におきましては、下落修正措置を延長するものでございます。


 6点目といたしまして、附則第12条関係(宅地に対して課する平成18年度から20年度までの各年度分の固定資産税の特例でございます。


 第1項関係でございますが、宅地等(住宅用地・商業地等)につきまして、前年度の課税標準額に、当該年度の評価額の5%を加えた額を課税標準額とするように改めるものでございます。


 第2項関係でございますが、第1項の課税標準額と、住宅用地につきましては、当該年度の評価額の80%の額を比較したときに、第1項の額が当該年度の評価額の80%を上回る場合には、80%相当額を課税標準額とする、という項を加えるものでございます。


 なお、商業地につきましては60%でございます。


 第3項関係でございますが、第1項の課税標準額と、住宅用地につきましては、当該年度の評価額の20%の額を比較したときに、第1項の額が当該年度の評価額の20%を下回る場合には、20%相当額を課税標準額とする、という項を加えるものでございます。商業地についても同様でございます。


 第4項関係、第1項の規定にかかわらず、住宅用地のうち、負担水準が80%以上の住宅用地につきましては、前年度の課税標準額を据え置くものでございます。


 第5項関係、第1項の規定にかかわらず、商業地等のうち、負担水準が60%以上70%以下の商業地等につきましては、前年度の課税標準額を据え置くものでございます。


 6点目、第6項関係でございますが、第1項の規定にかかわらず、商業地等のうち、負担水準が70%を超える商業地等につきましては、当該年度の評価額の70%を課税標準額とするものでございます。


 7番目に、附則第20条の4関係でございますが、条約適用利子等及び配当等に係る個人の市民税の特例でございます。日本は、多くの国との間で租税条約を結んでおります。これらの租税条約の実施のために必要となる国内の税法の特例が「租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に定められております。


 今年2月に正式署名されました新日英租税条約では、条約相手国との間で課税上の取り扱いの異なる投資事業組合等の事業体を通じて利子や配当の支払いがある場合に、税率の軽減や免税の規定が適用されることとなっております。


 具体的には、条約相手国との間で租税上の取り扱いの異なる投資事業組合等を通じて利子や配当の支払いがあり、税率の軽減または免税の適用となる場合、市に対して申告義務を課し、住民税を課税いたすものでございます。


 施行期日は、平成18年4月1日からでございます。


 納期の変更といたしまして、3年に1回の評価がえに伴いまして、固定資産税の第1期の納期を18年4月1日から4月30日までを18年5月1日から5月31日までに変更いたすものでございます。


 続きまして、14ページ、





                           議案第38号


専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成18年5月16日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 15ページをお開きください。





専決処分書


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する暇がないと認め、専決処分する。


  平成18年3月31日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市都市計画税条例の一部を改正する条例





 20ページをお開きください。


 議案第38号の提案理由及び要綱でございます。


 地方税法等の一部を改正する法律(平成18年法律第7号)、地方税法施行令等の一部を改正する政令(平成18年政令第121号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成18年総務省令第60号)が平成18年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されたことに伴い、所要の整備を行うため、府中市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分いたしたものでございます。その主な内容は次のとおりでございます。


 1点目に、附則第2項関係(宅地等に対して課する平成18年度から20年度までの各年度分の都市計画税の特例)でございます。固定資産税と同様に、宅地等(住宅用地・商業地等)につきまして、前年度の課税標準額に、当該年度の評価額の5%を加えた額を課税標準額とするように改めるものでございます。


 2点目に、附則第3項関係でございますが、第2項の課税標準額と、住宅用地にあっては、当該年度の評価額の80%の額を比較したときに、第2項の額が当該年度の評価額の80%を上回る場合には、80%相当額を課税標準額とするよう改めるものでございます。なお、商業地にあっては60%でございます。


 3点目に、附則第4項関係でございます。


 第2項の課税標準額と、住宅用地にあっては、当該年度の評価額の20%の額を比較したときに、第2項の額が当該年度の評価額の20%を下回る場合には、20%相当額を課税標準額とするように改めるものでございます。商業地にあっても同様でございます。


 4点目に、附則第5項関係でございますが、第2項の規定にかかわらず、住宅用地のうち、負担水準が80%以上の住宅用地にあっては、前年度の課税標準額を据え置くものでございます。


 5点目に、附則第6項関係でございますが、第2項の規定にかかわらず、商業地等の負担水準が60%以上70%以下の商業地等にあっては、前年度の課税標準額を据え置くという条項を加えるものでございます。


 6点目に、附則第7項関係でございますが、第2項の規定にかかわらず、商業地等のうち、負担水準が70%を超える商業地等にあっては、当該年度の評価額の70%を課税標準額とするという条項を加えるものでございます。


 施行期日は、平成18年4月1日からでございます。


 納期の変更でございますが、3年に1回の固定資産税の評価がえに伴いまして、固定資産税と同様に、都市計画税の第1期の納期を平成18年4月1日から4月30日までを平成18年5月1日から5月31日までに変更いたすというものでございます。


 続きまして、





                           議案第39号


専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成18年5月16日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 次のページ、23ページ、





専決処分書


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する暇がないと認め、専決処分する。


  平成18年3月31日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例





 28ページをお開きください。


 議案第39号の提案理由及び要綱でございます。


 地方税法等の一部を改正する法律が平成18年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されたこと及び国民健康保険法施行令の一部を改正する政令が平成18年3月10日に公布され、平成18年4月1日から施行されたことに伴い、所要の整備を行うため府中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を専決処分したものでございます。主な内容は次のとおりでございます。


 1点目、第2条及び第13条第1項の関係でございますが、介護納付金に要する費用を充てるために賦課している介護納付金の限度額を8万円から9万円に改めるものでございます。


 2点目、附則第3項及び第4項関係でございますが、平成18年度分及び平成19年度分の公的年金等所得に係る減額の特例でございます。平成16年度の税制改正に伴いまして、所得税法の一部を改正する法律等により、年齢65歳以上の者の公的年金控除額が140万円から120万円に減額されました。このことに伴い、平成18年度及び平成19年度の公的年金等控除の見直しの影響を受ける被保険者の保険税軽減判定の際、18年度においては28万円、19年度においては22万円の特別控除を適用いたすものでございます。


 3点目、附則第5項及び第6項の関係(平成18年度及び平成19年度における国民健康保険税に係る所得割額の算定の特例)でございます。公的年金等控除額の影響を受ける被保険者の保険税所得割算定の際、18年度においては13万円、19年度においては7万円の特別控除を適用いたすものでございます。


 4点目、附則第15項及び第16項の関係でございます。条約適用利子等及び条約適用配当等に係る国民健康保険税の課税の特例でございます。市民税と同様に、条約適用利子等及び条約適用配当等についても所得といたしまして、課税をいたすものでございます。


 施行期日は、平成18年4月1日から施行をいたします。ただし、改正後の府中市国民健康保険税条例附則第7項から第14項までの規定は、平成19年4月1日から施行いたします。


 続きまして、29ページの





                           議案第40号


第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)請負契約の締結に


   ついて


 第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)の請負契約を締結することについて、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和39年府中市条例第26号)第2条の規定により、市議会の議決を求める。


  平成18年5月16日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





1 工事名     第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)


2 契約金額    3億1,500万円


3 契約の相手方  飛島・坂本第一中学校校舎体育館大規模改造工事(2期工事)共同企業体


           代表者 住 所  広島県南区的場町1丁目7番10号


               名 称  飛島建設株式会社 広島支店


               代表者  支店長 伊藤寛治


           構成員 住 所  広島県府中市中須町1320番地2


               名 称  株式会社坂本工務店 府中支店


               代表者  取締役支店長 江村敏明


4 契約の方法   公募型指名競争入札


5 工事の概要   校舎棟改造工事  鉄筋コンクリート造4階建


                       延床面積 5,263.0?


                   ・外部改修工事    1式


                   ・内部改修工事    1式


                   ・電気設備改修工事  1式


                   ・機械設備改修工事  1式





 参考資料を添付いたしておりますので、御参照をお願いいたします。


 続きまして、別冊の報告集をお開きをお願いいたしたいと思います。





                           報告第2号


専決処分の報告について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。


  平成18年5月16日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、





1 専決処分年月日      平成18年3月27日


2 賠償金額         4万1,110円


3 賠償の相手方       府中市本山町906番地の1


                ?田久恵


4 事故の概況  


 平成18年2月3日午後2時ごろ、市役所庁舎南側の西エレベーター棟付近に駐車をいたしておりました?田久恵所有の普通乗用車に、折からの強風ではがれ落ちた庁舎外壁のコンクリート片が落下し、ボンネット部分が損傷したものでございます。


5 備    考


        損害額    4万1,110円


        過失割合   ?田久恵        0%


               府中市       100%


        賠償金額   4万1,110円





 でございます。


 続きまして、3ページ、





                           報告第3号


専決処分の報告について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。


  平成18年5月16日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1ページお開きください。





1 専決処分年月日      平成18年3月27日


2 賠償金額         6,636円


3 賠償の相手方       府中市駅家町中島869番地の2


                新田光宏


4 事故の概況  


 平成18年2月15日午前7時45分ごろ、新田光宏運転の普通乗用車が幅員約4メートル(舗装部分)の市道を走行中、対向車が来たため左側へ寄った際、路肩部分にあった幅30センチ、長さ1.1メートル、深さ15センチメートルの窪地に乗り入れ、車がバウンドしたとき、左前輪と左後輪のホイールを損傷したものでございます。当日の朝は雨が降っており、窪地に気づかず走行したものでございます。


5 備    考


        損害額    3万3,180円


        過失割合   新田光宏       80%


               府中市        20%


        賠償金額   6,636円





 以上、簡単ではございますが、御説明をさせていただきました。提案いたしました議案につきましては、何とぞ御慎重に御審議の上、全議案とも原案どおり御可決いただきますようよろしくお願いを申し上げます。どうもありがとうございました。


(総務部長 佐々木清人君 降壇)


○議長(戸成義則君) 提案理由の説明が終了いたしましたので、ここで暫時休憩いたしますから、ただいまの各議案に対する質疑及び討論並びに各報告に対する質疑のある諸君は、休憩中に発言通告書を事務局へ提出願います。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) それでは、暫時休憩いたします。


午後10時37分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午後11時23分





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第10、議案第37号、専決処分の承認を求めることについての件を議題といたします。


 既に提案理由の説明は済んでおりますので、これより質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。これをもって質疑を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第37号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第37号については、委員会の付託を省略することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第37号の討論に入ります。


 討論の通告がありますので、発言を許します。


 湯藤弘美君、反対者。


(12番議員 湯藤弘美君 登壇)


○12番議員(湯藤弘美君) それでは、議案第37号、あわせて38号、39号、いずれも府中市民に負担増を押しつけるものとして、反対討論をいたします。


 2001年の骨太方針以降の、いわゆる小泉構造改革の総仕上げとして、国民に一層の犠牲を押しつける2006年度の国家予算、これから地方税法の一部改正という形で、府中市へも市民への増税、既に専決されてしまったわけです。


 この三つの議案とも専決、既にされたものであり、本日の時間も大変押しておりますので、私は本来ならば質問したかったんですけれども、それを省きました。三つの議案を一括して反対の立場で討論いたします。


 37号は、個人の住民税の非課税限度額が下がることによる増税のようでございます。そして、固定資産税と、次の38号の都市計画税、これは18年度から20年度までの特例も設けてはありますけれども、全国的なばらつきを是正するということになっているようでございますけれども、結局は増税でございます。


 39号のこの国民健康保険税、これは介護納付金の限度額を8万円から9万円に引き上げる。これを含めた増税でございます。特に年金生活の高齢者の場合の負担増、本当に深刻です。既に昨年の2月には、年金から天引きされる所得税がふえて、年寄りは死ねと言うのかという怒りの電話が社会保険庁などに殺到しているそうでございます。定率減税の半減・廃止、介護保険料基準額の引き上げ、老人医療の自己負担の引き上げなど、相次いで負担がかぶさってきております。増税に伴っての国保税や介護保険料のこの雪だるま式負担増、これが起こる中、既に専決されたとはいえ、日本共産党としては賛成するわけにはまいりません。


 以上の理由で反対といたします。


(12番議員 湯藤弘美君 降壇)


○議長(戸成義則君) これにて討論を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第37号の採決をいたします。


 本案を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(戸成義則君) 起立多数であります。


 よって、本案は承認することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第11、議案第38号、専決処分の承認を求めることについての件を議題といたします。


 既に提案理由の説明は済んでおりますので、これより質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。これをもって質疑を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第38号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第38号については、委員会の付託を省略することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第38号の討論に入ります。


 討論通告者の湯藤弘美君は、さきの第37号議案においてまとめて討論されましたので、これをもって討論を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第38号の採決をいたします。


 本案を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(戸成義則君) 起立多数であります。


 よって、本案は承認することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) 日程第12、議案第39号、専決処分の承認を求めることについての件を議題といたします。


 既に提案理由の説明は済んでおりますので、これより質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。これをもって質疑を終結いたします。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第39号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第39号については、委員会の付託を省略することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第39号の討論に入ります。


 討論通告者の湯藤弘美君は、さきの第37号議案においてまとめて討論されましたので、これをもって討論を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) これより議案第39号の採決をいたします。


 本案を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(戸成義則君) 起立多数であります。


 よって、本案は承認することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 この際、会期の延長を日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、この際、会期の延長を日程に追加し、議題とすることに決しました。


 これより会期の延長の件を議題といたします。


 今期臨時会の会期は、5月16日の1日間と決定されておりますが、議事の都合により、会期を5月17日までの1日間延長したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期を5月17日までの1日間延長することに決しました。





          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて延会することに決しました。


 次回は、明5月17日に本会議を開きますが、明5月17日の会議は、議事の都合により、午前0時に繰り上げて開くことにいたします。


 ただいま御出席の諸君には別に通知はいたしません。御了承の上、御参集願います。


 本日はこれにて延会いたします。


午後11時30分