議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 福山市

平成 8年第2回( 5月)臨時会 05月16日−02号




平成 8年第2回( 5月)臨時会 − 05月16日−02号







平成 8年第2回( 5月)臨時会



          平成8年第2回福山市議会臨時会会議録(第2号)

          ───────────────────────



  平成8年5月16日(木曜日)

 ──────────────────

 議 事 日 程 (第2号)

平成8年5月16日 午前10時開議

第 1        会議録署名議員の指名

第 2 選第  2号 福山市議会副議長の選挙

第 3        議席の指定

第 4 議第 66号 福山市監査委員の選任の同意について

第 5 議第 67号 福山市監査委員の選任の同意について

第 6 発第  8号 福山市農業委員会の選任による委員の推薦について

第 7 発第  9号 福山市議会委員会条例の一部改正について

第 8 選第  3号 福山市議会常任委員会の委員の選任について

第 9 選第  4号 福山市議会議会運営委員会の委員の選任について

第10 発第 10号 福山市議会特別委員会の設置について

第11 選第  5号 福山地方伝染病院組合議会の議員の選挙

第12 選第  6号 福山市、沼隈郡沼隈町中学校組合議会の議員の選挙

第13 選第  7号 福山地区消防組合議会の議員の選挙

第14 選第  8号 深品環境衛生組合議会の議員の選挙

第15 選第  9号 福山・府中広域行政事務組合議会の議員の選挙

第16 選第 10号 福山地方農業共済事務組合議会の議員の選挙

第17 報第  3号 和解の専決処分の報告について

第18 報第  4号 損害賠償の額を定める専決処分の報告について

第19 報第  5号 損害賠償の額を定める専決処分の報告について

第20 報第  6号 損害賠償の額を定める専決処分の報告について

第21 議第 65号 福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについて

第22 議第 68号 福山市固定資産評価員の選任の同意について

第23        所管事務等の調査について

 ──────────────────

 本日の会議に付した事件

議事日程のとおり

 ──────────────────

 出 席 議 員

          安 原 一二郎

          上 野 健 二

          竹 野   武

          法 木 昭 一

          稲 葉 誠一郎

          三 谷   積

          新 谷   勇

          北 川 康 夫

          岡 田 照 弘

          須 藤   猛

          小 林 茂 裕

          村 田 民 雄

          大 垣   修

          川 崎   誠

          川 崎 卓 志

          占 部 敏 昭

          藤 井 真 弓

          蔵 本   久

          小 川 眞 和

          瀬 尾   惇

          背 尾 博 人

          河 相 博 子

          藤 原 照 弘

          黒 瀬 隆 志

          徳 山 威 雄

          池ノ内 幸 徳

          桑 原 正 和

          森 田 泰 元

          浅 野 洋 二

          藤 井   昇

          小土井 敏 隆

          前 田 亘 章

          小 川 順 三

          佐 藤 和 也

          小 川 勝 己

          村 井 明 美

          来 山 晋 二

          早 川 佳 行

 ──────────────────

 説明のため出席した者の職氏名

  市長      三 好   章

  助役      杉 原   潔

  助役      石 川 和 秀

  収入役     桑 原 輝 久

  市長室長    鎌 刈 拓 也

  同和対策部長  三 谷 和 範

  総務部長    三 藤 州 央

  総務課長    赤 澤   收

  財政部長    平 田 宏 二

  税務部長    開 原 義 明

  農林部長    岩 本 忠 雄

  競馬事務局長  杉 原 金 治

  商工労働部長  佐々木 重 綱

  民生福祉部長  梅 本 紘 久

  市民生活部長  鴨 田 弘 道

  市民生活部(総合窓口担当)

          竹 政 義 明

  市民部長    上 野 博 之

  福祉事務所長兼民生福祉部次長

          高 橋 信 行

  松永支所長   野 島 秋 人

  北部支所長   藤 本 靖 昌

  衛生部長    中 山   弘

  市民病院事務部長有 岡   亨

  市民病院事務部次長

          井 亀   貢

  環境事務部長  森 島 正 弘

  環境事業部長  佐 藤 渥 美

  環境事業部次長 佐 藤 光 生

  建設管理部長  岡 崎   ?

  土木部長    河 原 隆 司

  下水道部長   山 崎 広 成

  都市部長    橋 本 義 房

  建築部長    小 川 八 郎

  水道企業管理者水道局長

          塔 本 敏 忠

  業務部長    光 成 精 二

  工務部長    片 山 幸 人

  教育長     池 口 義 人

  管理部長    岡 野 勝 成

  国体事務局長  長 里 禧 臣

  学校教育部長  倉 田 秀 善

  社会教育部長  岩 崎 彌壽弘

  社会教育センター所長

          有 田 英 勝

  代表監査委員  皿 谷 照 彦

  監査事務局長  森 田 个 人

  消防担当部長  児 玉 保 男

 ──────────────────

 事務局出席職員

  事務局長    藤 井   兆

  庶務課長    枝 広 昭 司

  議事調査課長  藤 井 聖 士

  議事係長    藤 村 博 実

  書記      中 島 晴 基

  書記      北 川 光 明

  書記      佐 藤 康 弘

  書記      藤 井 裕 美

  書記      掛 谷 義 和

 ──────────────────

          午後2時11分開議



○議長(小川眞和) 直ちに本日の会議を開きます。

 ──────────────────



○議長(小川眞和) ただいまの出席議員は38人であります。

 ──────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(小川眞和) これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第78条の規定により議長において,上野健二議員及び来山晋二議員を指名いたします。

 ──────────────────



△日程第2 選第2号 福山市議会副議長の選挙



○議長(小川眞和) これより日程第2 選第2号福山市議会副議長の選挙を行います。

 議場を閉鎖いたします。

 (議場閉鎖)



○議長(小川眞和) ただいまの出席議員数は38人であります。

 投票用紙を配布いたします。

 (書記投票用紙配布)



○議長(小川眞和) 投票用紙の配布漏れはありませんか。──配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

 (書記投票箱点検)



○議長(小川眞和) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上,議席順に順次投票を願います。

 (各議員投票)



○議長(小川眞和) 投票漏れはありませんか。──投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (議場開鎖)



○議長(小川眞和) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により,立会人に北川康夫議員及び藤井真弓議員を指名いたします。

 よって,両議員の立ち会いをお願いいたします。

 (投票点検)



○議長(小川眞和) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数  38票

 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち,

  有効投票  27票

  無効投票  11票

 有効投票中,

  浅 野 洋 二 議員  23票

  安 原 一二郎 議員   4票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって,浅野洋二議員が副議長に当選されました。

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) 会議規則第31条第2項の規定により,告知をいたします。

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) ただいま浅野洋二議員が副議長当選を承諾されました。

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) 理事者に入場していただきますので,しばらくお待ちください。

 (理事者入場)



○議長(小川眞和) 副議長のごあいさつがあります。

 (副議長浅野洋二議場前方へ進み出る)



○副議長(浅野洋二) ただいまは福山市議会の副議長選挙におきまして,私を副議長に御選任賜りまして心より感謝申し上げる次第でございます。

 もとより浅学非才でございますけれども,新しい議会の新しい議長とともに民主的で公平な議会運営に努めてまいりたいと存じます。

 どうか皆様の御指導,御鞭撻をよろしくお願いしたいと思います。

 本当にありがとうございました。(拍手)

 ──────────────────



△日程第3 議席の指定



○議長(小川眞和) 次に,日程第3 議席の指定を行います。

 議席は,会議規則第3条第1項の規定により,議長において指定いたします。

 議席番号と議員の名前を局長に報告させます。



◎事務局長(藤井兆) 御報告申し上げます。

 1番川崎 誠議員  2番法木昭一議員

 3番稲葉誠一郎議員 4番早川佳行議員

 5番佐藤和也議員  6番須藤 猛議員

 7番黒瀬隆志議員  8番村田民雄議員

 9番藤原照弘議員 10番池ノ内幸徳議員

11番小川勝己議員 12番小林茂裕議員

13番川崎卓志議員 14番藤井真弓議員

15番桑原正和議員 16番岡田照弘議員

17番小土井敏隆議員18番河相博子議員

19番村井明美議員 20番藤井 昇議員

21番徳山威雄議員 22番竹野 武議員

23番北川康夫議員 24番大垣 修議員

25番浅野洋二議員 26番上野健二議員

27番小川眞和議員 28番安原一二郎議員

29番来山晋二議員 30番瀬尾 惇議員

31番前田亘章議員 32番新谷 勇議員

33番蔵本 久議員 34番背尾博人議員

35番小川順三議員 36番森田泰元議員

37番三谷 積議員 38番占部敏昭議員

 以上でございます。



○議長(小川眞和) ただいま報告しましたとおり議席を指定いたします。

 ──────────────────



○議長(小川眞和) この際,議席の氏名標変更等のため,暫時休憩いたします。

          午後2時28分休憩

 ──────────────────

          午後3時43分再開



○議長(小川眞和) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 ──────────────────



○議長(小川眞和) この際,会議時間の延長をいたします。

 ──────────────────



△日程第4 議第66号 福山市監査委員の選任の同意について



○議長(小川眞和) 次に,日程第4 議第66号福山市監査委員の選任の同意についてを議題といたします。

 32番新谷 勇議員は退席されておりますので,この際これを確認いたしておきます。

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 (市長三好 章登壇)



◎市長(三好章) ただいま御上程になりました福山市監査委員の選任の同意について御説明申し上げます。

 本案は,地方自治法第196条の規定に基づき,議員のうちから選任いたします監査委員に新谷 勇氏を選任いたしたく,御同意をお願いするものでございます。

 新谷 勇氏は,市内春日台に居住され,昭和59年5月福山市議会議員に当選されて以来,常任委員会の委員長などとして活躍されており,行財政に明るく,本市の監査委員として適任であると考えるものであります。

 何とぞ御同意いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(小川眞和) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 質疑もないようでありますので,これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第66号議案については,委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議第66号議案については,委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。28番安原一二郎議員。



◆28番(安原一二郎) ただいま市長から監査委員の選任の同意についての提案がございました。これは,議会推薦の委員という点で,この市長からの提案は理解できるものなんですけれども,きょう,実は各派代表者会議でも申し上げましたように,この監査委員とあと後段に述べる農業委員会の委員の選任につきましては,実は私ども日本共産党は,この委員にはかつて選任されたことがないという経過がございます。この選任のあり方について,私やはり公正な議会運営という点からも,今回のことだけではないんですけれども,やはりきちっと申し入れもさしていただきますけれども,同時にそういうことがなされてなかったということを私考えまして,やはりこの点についての提案には同意しかねるということを申し上げたいと思います。



○議長(小川眞和) 他に討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 他に討論もないようでありますので,これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小川眞和) 起立多数。よって,本案は原案のとおり同意することに決しました。

 ──────────────────



△日程第5 議第67号 福山市監査委員の選任の同意について



○議長(小川眞和) 次に,日程第5 議第67号福山市監査委員の選任の同意についてを議題といたします。

 26番上野健二議員は退席されておりますので,この際これを確認いたしておきます。

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 (市長三好 章登壇)



◎市長(三好章) ただいま御上程になりました福山市監査委員の選任の同意について御説明申し上げます。

 本案は,地方自治法第196条の規定に基づき,議員のうちから選任をいたします監査委員に上野健二氏を選任いたしたく,御同意をお願いするものでございます。

 上野健二氏は,市内鞆町後地に居住され,昭和59年5月福山市議会議員に当選されて以来,常任委員会の委員長などとして活躍されており,行財政に明るく,本市の監査委員として適任であると考えるものであります。

 何とぞ御同意いただきますようお願い申し上げます。



○議長(小川眞和) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 質疑もないようでありますので,これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第67号議案については,委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議第67号議案については,委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 討論もないようでありますので,これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小川眞和) 起立多数。よって,本案は原案のとおり同意することに決しました。

 ──────────────────



△日程第6 発第8号 福山市農業委員会の選任による委員の推薦について



○議長(小川眞和) 次に,日程第6 発第8号福山市農業委員会の選任による委員の推薦についてを議題といたします。

 20番藤井 昇議員,24番大垣 修議員は退席されておりますので,この際これを確認いたしておきます。

 市長から推薦依頼のありました2人の委員の推薦を行います。

 お諮りいたします。

 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により,

 福山市南蔵王町二丁目5番35号

             藤井 昇議員

 福山市今津町368番地の1

             大垣 修議員

 の2人を福山市農業委員会の選任による委員に推薦することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,藤井 昇議員,大垣 修議員の2人を福山市農業委員会の選任による委員に推薦することに決しました。

 ──────────────────



△日程第7 発第9号 福山市議会委員会条例の一部改正について



○議長(小川眞和) 次に,日程第7 発第9号福山市議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。

 ………………………………………………

 (参考)

 発第9号

    福山市議会委員会条例の一部改正について

  地方自治法第112条及び会議規則第13条の規定により,みだしの議案を別紙のように提出する。

   1996年(平成8年)5月16日

    提出者

      福山市議会議員 瀬尾  惇

    賛成者

      福山市議会議員 来山 晋二

         〃    小土井敏隆

         〃    背尾 博人

         〃    浅野 洋二

         〃    安原一二郎

 福山市議会議長 小川 眞和様

 (別紙)

    福山市議会委員会条例の一部改正について

 条例第  号

    福山市議会委員会条例の一部を改正する条例

  福山市議会委員会条例(昭和43年条例第20号)の一部を次のように改正する。

  第2条を次のように改める。

  (常任委員会の名称、委員定数及びその所管)

  第2条 常任委員会の名称、委員の定数及び所管は、次のとおりとする。

  (1) 総務委員会   10人

      市長室、同和対策部、総務部、財政部、税務部、東京事務所、市立女子短期大学、出納室、議会事務局、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会及び固定資産評価審査委員会の所管に関す

る事項並びに他の常任委員会の所管に属さない事項

  (2) 民生福祉委員会 10人

      民生福祉部、市民生活部、市民部、衛生部、環境事務部、環境事業部、福祉事務所及び市民病院の所管に関する事項

  (3) 文教経済委員会  9人

      農林部、競馬事務局、商工労働部、児童部、教育委員会及び農業委員会の所管に関する事項

  (4) 建設委員会    9人

      建設管理部、土木部、下水道部、都市部、建築部及び水道局の所管に関する事項

  第4条第2項中「11人」を「9人」に改める。

    附則

  この条例は、公布の日から施行する。

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) 発議者の説明を求めます。30番瀬尾 惇議員。

 (30番瀬尾 惇議員登壇)



◆30番(瀬尾惇) ただいま御上程になりました発第9号福山市議会委員会条例の一部改正について,発議者を代表して提案理由の説明をいたします。

 本条例の一部改正は,議員の定数が40人から38人になったことによる適正な委員定数,また行政組織機構の改正に伴っての能率的な委員会運営を図るために,従来の5常任委員会を4常任委員会とし,これに伴う常任委員会の名称,委員定数及び所管の変更をすること,さらに会派の結成,所属議員数の増減に伴い議会運営委員会の定数11人を9人とするものであります。

 何とぞ全会一致で御可決いただきますようお願い申し上げ,提案理由の説明といたします。



○議長(小川眞和) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております発第9号議案につきましては,自後の議事手続を省略し,直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,本案は,自後の議事手続を省略し,直ちに採決することに決しました。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小川眞和) 起立全員。よって,本案は原案のとおり可決されました。

 ──────────────────



○議長(小川眞和) この際,暫時休憩いたします。

          午後3時52分休憩

 ──────────────────

          午後8時46分再開



○議長(小川眞和) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第8 選第3号 福山市議会常任委員会の委員の選任について



○議長(小川眞和) 次に,日程第8 選第3号福山市議会常任委員会の委員の選任を行います。

 常任委員の選任については,委員会条例第6条第1項の規定により,議長が会議に諮って指名することとなっております。その氏名は局長に報告させます。



◎事務局長(藤井兆) 御報告申し上げます。

 総務委員会委員 (10人)

  稲葉誠一郎議員 藤原照弘議員

  小林茂裕議員  桑原正和議員

  浅野洋二議員  安原一二郎議員

  瀬尾 惇議員  新谷 勇議員

  背尾博人議員  三谷 積議員

 民生福祉委員会委員 (10人)

  法木昭一議員  佐藤和也議員

  村田民雄議員  藤井真弓議員

  村井明美議員  藤井 昇議員

  竹野 武議員  大垣 修議員

  上野健二議員  森田泰元議員

 文教経済委員会委員 (9人)

  川崎 誠議員  須藤 猛議員

  小川勝己議員  岡田照弘議員

  河相博子議員  徳山威雄議員

  小川眞和議員  来山晋二議員

  蔵本 久議員

 建設委員会委員 (9人)

  早川佳行議員  黒瀬隆志議員

  池ノ内幸徳議員 川崎卓志議員

  小土井敏隆議員 北川康夫議員

  前田亘章議員  小川順三議員

  占部敏昭議員

 以上でございます。



○議長(小川眞和) お諮りいたします。

 ただいまの報告のとおり指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいまの報告のとおり,それぞれ常任委員会の委員に選任することに決しました。

 ──────────────────



△日程第9 選第4号 福山市議会議会運営委員会の委員の選任について



○議長(小川眞和) 次に,日程第9 選第4号福山市議会議会運営委員会の委員の選任を行います。

 議会運営委員の選任については,委員会条例第6条第1項の規定により,議長が会議に諮って指名することとなっております。その氏名は局長に報告させます。



◎事務局長(藤井兆) 御報告申し上げます。

 議会運営委員会委員 (9人)

  藤井真弓議員  小土井敏隆議員

  村井明美議員  徳山威雄議員

  大垣 修議員  来山晋二議員

  瀬尾 惇議員  前田亘章議員

  背尾博人議員

 以上でございます。



○議長(小川眞和) お諮りいたします。

 ただいまの報告のとおり指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいまの報告のとおり,議会運営委員会の委員に選任することに決しました。

 ──────────────────



△日程第10 発第10号 福山市議会特別委員会の設置について



○議長(小川眞和) 次に,日程第10 発第10号福山市議会特別委員会の設置についてを議題といたします。

 ………………………………………………

 (参考)

 発第10号

    福山市議会特別委員会の設置について

  委員会条例第5条の規定により,別紙のとおり特別委員会を設置するものとする。

   1996年(平成8年)5月16日

    提出者

      福山市議会議員 瀬尾  惇

    賛成者

      福山市議会議員 来山 晋二

         〃    小土井敏隆

         〃    背尾 博人

         〃    浅野 洋二

         〃    安原一二郎

  福山市議会議長 小川 眞和様

  (別紙)

  名 称   行財政改革特別委員会

  定 数   13人

  目 的   (1)行財政健全化に関する調査

  名 称   都市整備特別委員会

  定 数   13人

  目 的   (1)新都市ゾーン整備に関する調査

        (2)新都市開発整備に関する調査

        (3)福山駅周辺整備及び伏見町再開発に関する調査

        (4)福山バイパスに関る調査

  名 称   競馬事業特別委員会

  定 数   12人

  目 的   (1)競馬事業に関する調査

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) 発議者の説明を求めます。30番瀬尾 惇議員。

 (30番瀬尾 惇議員登壇)



◆30番(瀬尾惇) ただいま御上程になりました発第10号福山市議会特別委員会の設置につきまして,発議者を代表して提案理由の説明をいたします。

 今日,我が国を取り巻く環境は国内外の変動の中で大変厳しいものがあり,本市においても,高齢化や少子化の進行,環境問題など多くの行政課題が山積しております。こうした社会経済環境の変化に的確に対応していくためには,効率的な行財政運営が不可欠であります。このため,行財政健全化を一層推進し,時代の要請に適応した行財政運営に努めなければなりません。このため,議会としても行財政健全化のための調査研究を進めるべく,行財政改革特別委員会の設置を発議するものであります。

 次に,都市機能の増進や居住環境の向上を図る内港周辺を初めとする新都市ゾーン整備,また21世紀に向けた市民生活の豊かで活力ある都市づくりの一環として,都市機能の強化,産業構造の高度化に対応する神村地区工業団地,駅家・加茂地区内陸型複合団地及び備後新都市開発整備事業を含む新都市開発整備,また福山駅周辺地区において,ターミナル機能と商業・業務機能の高度化を図るための福山駅周辺整備及び伏見町再開発事業,さらには交通渋滞の解消策としての福山バイパス事業,これらは本市の都市開発を進める上で大きな役割を果たすものと考えます。これら整備計画の策定や事業計画について調査研究するため,都市整備特別委員会の設置を発議するものであります。

 次に,本市の競馬事業は,景気の低迷やレジャーの多様化等により経営環境が一段と厳しくなっており,入場者数及び売得金額が年々減少しております。これに伴って収益金も落ち込み,一般会計への繰出金の減少等,その存廃が問われかねない事態となっております。こうした状況を踏まえ,施設の整備,レース運営の工夫,ファンサービスの充実等,振興策が図られているところでありますが,議会としても,今後の競馬事業振興に向けて調査研究を進めるべく,競馬事業特別委員会の設置を発議するものであります。

 以上,申し述べました各委員会の目的,定数につきましては議案に示しているとおりでございます。

 また,存続期間はその調査目的終了までといたします。

 なお,本委員会活動に必要な経費については,その都度追加補正の措置を講じられるよう要望いたします。

 以上をもって,提案理由の説明といたします。よろしく御審議の上,御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小川眞和) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております発第10号議案につきましては,自後の議事手続を省略し,直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,本案は,自後の議事手続を省略し,直ちに採決することに決しました。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小川眞和) 起立全員。よって,本案は原案のとおり可決されました。

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) ただいま設置されました特別委員会の委員の選任については,委員会条例第6条第1項の規定により,議長が会議に諮って指名することになっております。その氏名は局長に報告させます。



◎事務局長(藤井兆) 御報告申し上げます。

 行財政改革特別委員会委員 (13人)

  川崎 誠議員  法木昭一議員

  佐藤和也議員  小川勝己議員

  徳山威雄議員  竹野 武議員

  大垣 修議員  来山晋二議員

  瀬尾 惇議員  新谷 勇議員

  蔵本 久議員  背尾博人議員

  小川順三議員

 都市整備特別委員会委員 (13人)

  稲葉誠一郎議員 早川佳行議員

  須藤 猛議員  池ノ内幸徳議員

  川崎卓志議員  藤井真弓議員

  桑原正和議員  小土井敏隆議員

  北川康夫議員  上野健二議員

  小川眞和議員  安原一二郎議員

  占部敏昭議員

 競馬事業特別委員会委員 (12人)

  黒瀬隆志議員  村田民雄議員

  藤原照弘議員  小林茂裕議員

  岡田照弘議員  河相博子議員

  村井明美議員  藤井 昇議員

  浅野洋二議員  前田亘章議員

  森田泰元議員  三谷 積議員

 以上でございます。



○議長(小川眞和) お諮りいたします。

 ただいまの報告のとおり指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいまの報告のとおり,それぞれ特別委員会の委員に選任することに決しました。

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) 直ちに正副委員長互選のため,3階の各委員会室におきまして,最初に各常任委員会,その後議会運営委員会,3番目に各特別委員会の順序で委員会を招集いたしますので,よろしくお願いいたします。

 ──────────────────



○議長(小川眞和) 暫時休憩いたします。

          午後8時56分休憩

 ──────────────────

         午後10時24分再開



○議長(小川眞和) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 ──────────────────



△日程第11 選第5号 福山地方伝染病院組合議会の議員の選挙



○議長(小川眞和) 次に,日程第11 選第5号福山地方伝染病院組合議会の議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議長において指名することに決しました。

 福山地方伝染病院組合議会の議員

  池ノ内幸徳議員 藤井 昇議員 浅野洋二議員 小川眞和 三谷 積議員

 を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました池ノ内幸徳議員,藤井 昇議員,浅野洋二議員,小川眞和,三谷 積議員を福山地方伝染病院組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました5人の議員が福山地方伝染病院組合議会の議員に当選されました。

 ──────────────────



△日程第12 選第6号 福山市、沼隈郡沼隈町中学校組合議会の議員の選挙



○議長(小川眞和) 次に,日程第12 選第6号福山市、沼隈郡沼隈町中学校組合議会の議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議長において指名することに決しました。

 福山市、沼隈郡沼隈町中学校組合議会の議員

  稲葉誠一郎議員 前田亘章議員

 を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました稲葉誠一郎議員,前田亘章議員を福山市、沼隈郡沼隈町中学校組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました2人の議員が福山市、沼隈郡沼隈町中学校組合議会の議員に当選されました。

 ──────────────────



△日程第13 選第7号 福山地区消防組合議会の議員の選挙



○議長(小川眞和) 次に,日程第13 選第7号福山地区消防組合議会の議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議長において指名することに決しました。

 福山地区消防組合議会の議員

  川崎 誠議員 法木昭一議員

  早川佳行議員 黒瀬隆志議員

  小林茂裕議員 小土井敏隆議員

  徳山威雄議員 小川眞和

  蔵本 久議員 背尾博人議員

  森田泰元議員 占部敏昭議員

 を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました川崎 誠議員,法木昭一議員,早川佳行議員,黒瀬隆志議員,小林茂裕議員,小土井敏隆議員,徳山威雄議員,小川眞和,蔵本 久議員,背尾博人議員,森田泰元議員,占部敏昭議員を福山地区消防組合議会の議員の当選人に定めることに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました12人の議員が福山地区消防組合議会の議員に当選されました。

 ──────────────────



△日程第14 選第8号 深品環境衛生組合議会の議員の選挙



○議長(小川眞和) 次に,日程第14 選第8号深品環境衛生組合議会の議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議長において指名することに決しました。

 深品環境衛生組合議会の議員

  佐藤和也議員 小川勝己議員

  桑原正和議員 河相博子議員

  瀬尾 惇議員 小川順三議員

 を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました佐藤和也議員,小川勝己議員,桑原正和議員,河相博子議員,瀬尾 惇議員,小川順三議員を深品環境衛生組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました6人の議員が深品環境衛生組合議会の議員に当選されました。

 ──────────────────



△日程第15 選第9号 福山・府中広域行政事務組合議会の議員の選挙



○議長(小川眞和) 次に,日程第15 選第9号福山・府中広域行政事務組合議会の議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議長において指名することに決しました。

 福山・府中広域行政事務組合議会の議員

  村田民雄議員 藤井真弓議員

  竹野 武議員 大垣 修議員

  上野健二議員 小川眞和

  安原一二郎議員 新谷 勇議員

 を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました村田民雄議員,藤井真弓議員,竹野 武議員,大垣 修議員,上野健二議員,小川眞和,安原一二郎議員,新谷 勇議員を福山・府中広域行政事務組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました8人の議員が福山・府中広域行政事務組合議会の議員に当選されました。

 ──────────────────



△日程第16 選第10号 福山地方農業共済事務組合議会の議員の選挙



○議長(小川眞和) 次に,日程第16 選第10号福山地方農業共済事務組合議会の議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議長において指名することに決しました。

 福山地方農業共済事務組合議会の議員

  須藤 猛議員 藤原照弘議員

  川崎卓志議員 岡田照弘議員

  村井明美議員 北川康夫議員

  小川眞和 来山晋二議員

 を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました須藤 猛議員,藤原照弘議員,川崎卓志議員,岡田照弘議員,村井明美議員,北川康夫議員,小川眞和,来山晋二議員を福山地方農業共済事務組合議会の議員の当選人に定めることに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました8人の議員が福山地方農業共済事務組合議会の議員に当選されました。

 ──────────────────



△日程第17 報第3号 和解の専決処分の報告について



○議長(小川眞和) 次に,日程第17 報第3号和解の専決処分の報告について説明を求めます。



◎総務課長(赤澤收) 報第3号和解の専決処分の報告についてを御説明申し上げます。

 この専決処分は,福山市に対する土地所有権の移転登記手続の請求に係る広島地方裁判所福山支部(平成4年)(ワ)第442号土地所有権移転登記手続請求事件につきまして,裁判所からの勧告に従い,市長において専決処分により和解することとしたもので,地方自治法第180条第2項の規定により議会に御報告するものでございます。

 和解の相手方,内容につきましては,ここに掲げているとおりでございます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(小川眞和) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 質疑もないようでありますので,これにて報第3号を終わります。

 ──────────────────



△日程第18 報第4号 損害賠償の額を定める専決処分の報告についてから日程第20 報第6号 損害賠償の額を定める専決処分の報告についてまで



○議長(小川眞和) 次に,日程第18 報第4号損害賠償の額を定める専決処分の報告についてから日程第20 報第6号損害賠償の額を定める専決処分の報告についてまでの3件を一括し,説明を求めます。



◎総務課長(赤澤收) 報第4号から報第6号までの損害賠償の額を定める専決処分の報告についてを御説明申し上げます。

 これら3件の専決処分は,平成7年12月及び平成8年1月に,市内箕沖町及び千田町において発生いたしました,自動車事故によります事故1件及び道路の管理瑕疵に基づく事故2件につきまして,その相手方に対する損害賠償の額を市長において専決処分によりそれぞれ決定いたしましたので,地方自治法第180条第2項の規定により議会に御報告するものでございます。

 賠償金額,賠償の相手方,専決年月日,事故の概要等につきましては,それぞれここに掲げているとおりでございます。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小川眞和) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 質疑もないようでありますので,これにて報第4号から報第6号までの3件を終わります。

 ──────────────────



△日程第21 議第65号 福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについて



○議長(小川眞和) 次に,日程第21 議第65号福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提案者から提案理由の説明を求めます。



◎総務課長(赤澤收) 議第65号福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについてを御説明申し上げます。

 この議案は,地方税法等の一部を改正する法律が平成8年3月31日法律第12号として公布され,その施行が原則として平成8年4月1日からであることに伴い,直ちに所要の措置を講ずる必要が生じたため,議会を招集するいとまがないと認めて市長において専決処分をしたもので,議会に御報告をし,その承認をお願いするものでございます。

 改正の概要を申し上げますと,個人市民税につきましては均等割の税率及び軽減額を引き上げること,平成8年度分の個人市民税について平成7年度に引き続き定率による特別減税を実施すること,肉用牛の売却による農業所得に係る個人市民税所得割額の課税の特例の適用期限を5年延長すること,固定資産税及び都市計画税につきましては,引き続く地価の下落傾向に対応するため,緊急臨時の措置として,平成8年度分に限り負担調整率を引き下げることなどを内容とするものでございます。

 この条例の施行は,平成8年4月1日からといたしております。

 どうかよろしくお願いいたします。



○議長(小川眞和) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 質疑もないようでありますので,これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第65号議案については,委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議第65号議案については,委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。19番村井明美議員。



◆19番(村井明美) 議第65号福山市税条例の一部改正について,日本共産党の討論を行います。

 本条例の改正は,地方税法の一部改正に伴うものであります。我が党は,かねてより国民の懐を直接暖める減税を行い,国民の購買力を高めるあり方こそが不況克服の道であることを主張してまいりました。この立場から,住民税の特別減税は評価できるものであります。しかし,この特別減税の恩恵は,所得割納税者に限られ,均等割の納税者にはありません。いわゆる金持ち減税との批判を免れないものであります。

 また,これら均等割のみの納税者いわゆる低所得者は,固定資産税や不動産取得税の減税の恩恵をも受けられないというものであります。

 このたびの住民税均等割の引き上げは,2000円から2500円への増税であり,軽減額が増額されているとはいっても,総額約6000万円の増税となるものであり,反対であります。

 次に,固定資産税及び都市計画税の負担調整率を,今日の地価下落傾向という中で引き下げようということですが,第1に,平成6年度より公示価格の7割の評価という大増税路線が引かれ,そのレールの上での一定の緩和措置であります。第2に,バブルの崩壊で4年連続の地価下落傾向という中で,宅地の売買実例が評価額を下回るという,いわゆる逆転現象が大きな問題となっていることからも,このような手直しでは市民の納得を得られるものではありません。平成6年度の評価がえを改め,収益還元方式にされることが求められていると考えます。

 以上の点から,固定資産税及び都市計画税の負担率の引き下げのあり方については納得できません。

 以上を明らかにして,日本共産党の反対討論といたします。



○議長(小川眞和) 他に討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 他に討論もないようでありますので,これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小川眞和) 起立多数。よって,本案は原案のとおり承認することに決しました。

 ──────────────────



△日程第22 議第68号 福山市固定資産評価員の選任の同意について



○議長(小川眞和) 次に,日程第22 議第68号福山市固定資産評価員の選任の同意についてを議題といたします。

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 (市長三好 章登壇)



◎市長(三好章) ただいま御上程になりました福山市固定資産評価員の選任の同意について御説明申し上げます。

 本案は,福山市固定資産評価員として,資産税課長柳井正浩君を選任いたしたく,御同意をお願いするものであります。

 何とぞよろしくお願いを申し上げます。



○議長(小川眞和) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 質疑もないようでありますので,これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第68号議案については,委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,議第68号議案については,委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 討論もないようでありますので,これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小川眞和) 起立多数。よって,本案は原案のとおり同意することに決しました。

 ──────────────────



△日程第23 所管事務等の調査について



○議長(小川眞和) 次に,日程第23 所管事務等の調査についてを議題といたします。

 ………………………………………………

 (参考)

   閉会中における所管事務調査

 総務委員会

  1.工事検査課の事務の執行について

  2.契約事務について

 民生福祉委員会

  1.民生行政について

  2.国民健康保険事業について

  3.保健行政について

  4.斎場並びに墓苑の整備について

  5.環境行政について

  6.福祉行政について

  7.市民病院の運営について

 文教経済委員会

  1.農林水産業振興について

  2.商工業振興について

  3.観光行政について

  4.保育行政について

  5.教育行政について

  6.文化施設について

 建設委員会

  1.建設工事及び業務の執行状況について

  2.土木行政について

  3.下水道行政について

  4.都市行政について

  5.建築行政について

  6.水道行政について

 ………………………………………………

   閉会中における所管事項調査

 議会運営委員会

  1.議会の運営に関する事項(臨時会を含む)

  2.議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項

  3.議長の諮問に関する事項

 ………………………………………………



○議長(小川眞和) お諮りいたします。

 お手元に配付いたしておりますとおり,各常任委員長及び議会運営委員長から,それぞれ閉会中における所管事務調査及び所管事項調査の申し出がありましたので,許可することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小川眞和) 御異議なしと認めます。よって,お手元に配付いたしておりますとおり,各常任委員会及び議会運営委員会に,それぞれ閉会中における所管事務等の調査を許可することに決しました。

 ──────────────────



○議長(小川眞和) 以上で,本臨時会に付議されました案件は,すべて議了いたしました。

 これにて,平成8年第2回福山市議会臨時会を閉会いたします。

         午後10時41分閉会

 ──────────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





 福山市議会議長





 福山市議会議員





 福山市議会議員