議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 福山市

平成25年第5回(11月)臨時会 11月11日−01号




平成25年第5回(11月)臨時会 − 11月11日−01号







平成25年第5回(11月)臨時会



          平成25年第5回福山市議会臨時会会議録

          ───────────────────



2013年(平成25年)11月11日(月)

 ──────────────────

 議 事 日 程 (第1号)

2013年(平成25年)11月11日

           午前10時開議

第 1        会議録署名議員の指名

第 2        会期の決定

第 3        委員長報告について

    議第 72号 平成24年度福山市病院事業会計決算認定について

    議第 73号 平成24年度福山市水道事業会計利益処分及び決算認定について

    議第 74号 平成24年度福山市工業用水道事業会計利益処分及び決算認定について

    議第 75号 平成24年度福山市下水道事業会計決算認定について

第 4 報第 23号 損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告について

第 5 議第100号 平成24年度福山市一般会計歳入歳出決算認定について

第 6 議第101号 平成24年度福山市都市開発事業特別会計歳入歳出決算認定について

第 7 議第102号 平成24年度福山市集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について

第 8 議第103号 平成24年度福山市競馬事業特別会計歳入歳出決算認定について

第 9 議第104号 平成24年度福山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

第10 議第105号 平成24年度福山市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

第11 議第106号 平成24年度福山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について

第12 議第107号 平成24年度福山市食肉センター特別会計歳入歳出決算認定について

第13 議第108号 平成24年度福山市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定について

第14 議第109号 平成24年度福山市商業施設特別会計歳入歳出決算認定について

第15 議第110号 平成24年度福山市母子寡婦福祉資金貸付特別会計歳入歳出決算認定について

第16 議第111号 平成24年度福山市誠之奨学資金特別会計歳入歳出決算認定について

第17 議第112号 平成24年度福山市財産区特別会計歳入歳出決算認定について

 ──────────────────

 本日の会議に付した事件

議事日程のとおり

 ──────────────────

 出 席 議 員

      1番  河 村 晃 子

      2番  木 村 秀 樹

      3番  生 田 政 代

      4番  連 石 武 則

      5番  藤 田 仁 志

      6番  今 川 享 治

      7番  田 中 光 洋

      8番  門 田 雅 彦

      9番  和 田 芳 明

     10番  藤 原   平

     11番  大 塚 忠 司

     12番  榊 原 則 男

     13番  岡 崎 正 淳

     14番  土 屋 知 紀

     15番  大 田 祐 介

     16番  今 岡 芳 徳

     17番  西 本   章

     18番  高 橋 輝 幸

     19番  中 安 加代子

     20番  高 田 健 司

     21番  五阿彌 寛 之

     22番  千 葉 荘太郎

     23番  塚 本 裕 三

     24番  熊 谷 寿 人

     25番  池 上 文 夫

     26番  高 木 武 志

     27番  宮 地 徹 三

     28番  瀬 良 和 彦

     29番  神 原 孝 已

     30番  法 木 昭 一

     31番  稲 葉 誠一郎

     32番  早 川 佳 行

     34番  須 藤   猛

     35番  黒 瀬 隆 志

     36番  小 林 茂 裕

     37番  川 崎 卓 志

     38番  村 井 明 美

     39番  徳 山 威 雄

     40番  小 川 眞 和

 ──────────────────

 欠 席 議 員

     33番  佐 藤 和 也

 ──────────────────

 説明のため出席した者の職氏名

  市長      羽 田   皓

  副市長     堀   径 扇

  副市長     廣 田   要

  参事兼市長公室長小 川 智 弘

  企画総務局長  杉 野 昌 平

  企画政策部長  中 島 智 治

  企画政策部参与 植 村 恭 則

  福山市立大学事務局長

          寺 岡 千佳雄

  総務部長    佐 藤 元 彦

  総務部参与   坂 本 正 文

  総務課長    太 田 雅 士

  財政局長    佐 藤 彰 三

  財政部長    小 林 巧 平

  競馬対策室長  杉 原 郁 充

  税務部長    岡 本   卓

  経済環境局長  松 浦 良 彦

  経済部長兼企業誘致推進担当部長

          小 畑 和 正

  農林水産部長  石 岡   徹

  環境部長    渡 辺   毅

  保健福祉局長兼長寿社会応援部長事務取扱

          岸 田 清 人

  福祉部長兼福祉事務所長

          高 村 明 雄

  保健部長    亀 澤 浩 一

  保健所長兼保健部参与

          村 尾 正 治

  児童部長    神 原 大 造

  市民局長    近 藤 洋 児

  市民部長    林   浩 二

  松永支所長   内 田 広 己

  北部支所長   三 好 郁 展

  東部支所長   松 浦 律 子

  神辺支所長兼川南まちづくり担当部長

          岡 森   稔

  市民病院参事  若 井 久 夫

  市民病院事務部長占 部 秀 喜

  建設局長    橋 本 哲 之

  建設管理部長  渡 邉 清 文

  土木部長    土 肥 一 夫

  農林土木部長  佐々木 敏 文

  都市部長    松 枝 正 己

  建築部長    三 好 豊 彦

  会計管理者   浜 岡 文 雄

  教育長     吉 川 信 政

  教育次長    石 井 康 夫

  管理部長    道 廣 修 二

  学校教育部長  宇 根 一 成

  学校教育部参与 石 口 智 志

  文化スポーツ振興部長

          山 口 善 弘

  代表監査委員  勝 岡 慎 治

  監査事務局参与 吉 岡 利 典

  選挙管理委員会事務局参与

          前 田 修 嗣

  上下水道事業管理者

          内 田   亮

  上下水道局長  岡 本 秀 夫

  経営管理部長  川 上 浩 治

  工務部長    ? 田 卓 弥

  施設部長    小 出 純 二

  消防担当局長  牧 平 健 児

  消防担当部長  岡 本 浩 男

  消防担当部長  大 畠 功 之

  消防担当部長  横 山 宏 道

  消防担当部長  芝 吹 和 英

 ──────────────────

 事務局出席職員

  事務局長    池 田 幸 博

  庶務課長    浦 部 真 治

  議事調査課長  村 上 博 章

  議事調査課長補佐兼議事担当次長

          北 川 光 明

  議事調査課長補佐兼調査担当次長

          高 橋 弘 人

  書記      岡 田 弘 美

  書記      平 川 真二郎

  書記      渡 邉 美 佳

  書記      鈴 鹿 誠 治

  書記      木 村 仁 美

  書記      田 村 昌 樹

 ──────────────────

            午前10時開会



○議長(小林茂裕) ただいまから平成25年第5回福山市議会臨時会を開会いたします。

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) これより本日の会議を開きます。

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) ただいまの出席議員39人,欠席の届け出のあった議員は33番佐藤和也議員であります。

 ──────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(小林茂裕) これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第76条の規定により議長において,5番藤田仁志議員及び35番黒瀬隆志議員を指名いたします。

 ──────────────────



△日程第2 会期の決定



○議長(小林茂裕) 次に,日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は本日1日間といたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,会期は本日1日間と決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第3 委員長報告について

 議第72号 平成24年度福山市病院事業会計決算認定についてから議第75号 平成24年度福山市下水道事業会計決算認定についてまで



○議長(小林茂裕) 次に,日程第3 委員長報告について,議第72号平成24年度福山市病院事業会計決算認定についてから議第75号平成24年度福山市下水道事業会計決算認定についてまでの4件を一括議題といたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては,企業会計決算特別委員会において審査をいただいておりますので,委員長の報告を求めます。

 企業会計決算特別委員長 20番高田健司議員。

 (20番高田健司議員登壇)



◆企業会計決算特別委員長(高田健司) 企業会計決算特別委員会の委員長報告をいたします。

 去る9月12日の会議において企業会計決算特別委員会が設置され,その審査を付託されました議第72号平成24年度福山市病院事業会計決算認定について,議第73号平成24年度福山市水道事業会計利益処分及び決算認定について,議第74号平成24年度福山市工業用水道事業会計利益処分及び決算認定について及び議第75号平成24年度福山市下水道事業会計決算認定について,本特別委員会が審査いたしました経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 企業会計決算特別委員会は,同日招集され,正副委員長の互選を行い,私,高田健司が委員長に,門田雅彦委員が副委員長に選任されました。委員会は,9月24日書類審査,25日に質疑応答を重ね,26日討論,採決に付したところ,次のとおり結論を得た次第であります。

 まず,議第72号平成24年度福山市病院事業会計決算認定について,日本共産党は,当年度には,2013年度からの506床体制での運営に向け,西館の増築工事等が65億円余の資金を投入して行われた。

 また,地域の中核病院として,救急医療,がん診療など,高度で専門的な医療提供を行うためのPET−CTの導入や,エックス線診断装置の更新などが行われたほか,呼吸器外科や放射線科の再編などが行われた。これらの事業展開は,医療体制の充実という面からは評価できるものである。

 西館の増築工事については,3次下請にまで建設工事特有の重層的な工事請負が行われている。政府は先般,建設労働者への適切な賃金水準の確保に係る通知を出している。本市でも,これに基づき,下請業者へしわ寄せが起こらないよう,適切な賃金の支払い状況や社会保険の加入の有無などを把握する全庁的なチェック体制が求められており,建設局など関係部局との連携を密にして,必要な対応を行うべきである。

 また,当年度には,1回1575円の非紹介患者加算初診料の制度が導入された。我が党は,この加算の導入については,昨今の厳しい市民生活の実態に鑑み,市民負担の増加は行うべきでないと反対をしてきた経緯がある。

 さらに,当年度には,附属加茂診療所が廃止された。この診療所は,1975年に町立病院として建設されて以来37年間,加茂地域とその周辺の市民の命と健康を守る拠点としての役割を発揮してきた。そのため,当診療所の存続を求める3200筆以上の請願署名が提出されたが,それらの切実な願いにもかかわらず廃止された。自治体病院の本来の役割は,市民負担の軽減や不採算部門の積極的な引き受け,人口減少地域への医療の提供により,市民サービスの向上に努めることであるが,これらの施策はそれに逆行するものである。

 本市病院事業は,公的医療機関として市民の命を守るとりでとして重要な役割を果たしていることは言うまでもないが,さきに述べた理由により,その政治的比重から反対。

 水曜会は,当年度の病院事業は,福山・府中二次保健医療圏で初めてとなるPET−CTの導入のほか,循環器系エックス線診断装置など医療機器の整備を行うとともに,呼吸器外科の新設,放射線診断科と放射線治療科に再編するなど診療体制の充実が図られており,地域中核病院としての関係者の努力は大とするものである。

 また,地域がん診療連携拠点病院としての種々の取り組みも進め,平成25年度からの506床規模の病院として外来化学療法室や内視鏡室などを整備した西館を増築し,本年5月から供用開始し,地域医療を担う公的病院として救急医療とがん医療を中心とした高度で専門的な医療の提供に努め,市民の医療に対する安心・安全の確保に貢献していることは大いに評価するものである。

 事業経営については,外来,入院,病床利用率も大きく伸びが認められ,関係者一同の取り組みと努力の証左である。

 当年度においても,厳しい環境のもとでの事業経営にある中で,4億9704万円余の純利益を計上したことは評価するところであるが,企業債残高は144億2174万円余で,西館増築工事などに伴い,前年度に比べ49億1403万円余増加しており,後年度負担において高い水準が予測される。

 今後とも,効率的な事業経営により着実な取り組みを求め,次の要望意見を付して本会計決算認定に賛成。

 1.地域医療を取り巻く環境は厳しいが,国の動向を踏まえながら,中長期的な視野に立って,地域拠点病院としての期待に応えること。

 1.病院規模506床体制の全体像をシミュレーションし,遺漏のない取り組みを進めること。

 1.医業未収金の取り組みを強化し,圧縮に努めること。

 1.できる限り進入路の渋滞解消と駐車場の効率アップを図ること。

 1.地方公営企業法の全部適用に向けて,体制づくりを整えること。

 1.医療の進化に努めるとともに,医師,医療技術者の確保に不断の努力をすること。

 1.災害拠点病院としてのさらなる体制整備に努めること。

 公明党は,当年度の病院事業は,2013年度平成25年度からの506床体制での運営に向け新たに西館を増築し,また,がん診療を中心とした高度で専門的な医療の提供を行うべく,新たにPET−CTの導入や循環器系エックス線診断装置の更新などを行うとともに,白内障・硝子体手術器械ほか98品目の器械備品等を取得し,医療機器等の充実を図った。

 さらに,地域がん診療連携拠点病院として,がん医療従事者に対する研修や市民講座を開催するなど,地域との連携の強化を図っている。また,地域の医療機関との機能分担を推進する上から,非紹介患者加算初診料を新設した。また,駐車スペース確保のため,立体駐車場増築工事に取り組み,3月に1期工事172台が完成した。さらに,広域的な医療連携の推進を図るため,引き続き,神石高原町立病院や井原市立井原市民病院などの外来診療の支援を行っている。

 その結果,病院事業収益は154億2905万5000円で,病院事業費用は149億3200万9000円となり,差し引き4億9704万6000円の純利益を計上したことは評価するものである。5年連続の純利益計上であるが,増築後の経営はさらに厳しくなることが想定され,引き続き経営の効率化,健全化に取り組み,地域の中核病院として,市民の医療に対する安心・安全の確保を基本に,医療環境の整備と医療提供体制の一層の充実に向けて努めることを求め,次の要望意見を付して本会計決算認定に賛成。

 1.急速な少子高齢化の進展,医療技術の進歩,医療需要の多様化など医療を取り巻く環境は大きく変化している。看護師を志す人が減少傾向にある中で,地域の中核病院として看護師の長期定着にさらに取り組むこと。

 1.地域医療を担う公的病院として市民の医療に対する安心・安全の確保に貢献する観点から,引き続き女性外来設置に向けて検討すること。

 誠勇会は,市民病院においては,地域医療を取り巻く環境が厳しさを増している中,地域医療を担う公的病院として,救急医療とがん医療を中心とした高度で専門的な医療の提供に努め,外来化学療法室や内視鏡室などを整備した西館を増築し,本年5月から506床体制での供用を開始している。

 当年度は,PET−CTの導入など医療機器の整備のほか,呼吸器外科の新設など診療体制の充実を図り,入院延べ患者数は前年度比344人増の13万3606人で,病床利用率も92.9%で,前年度比0.5ポイント上昇している。外来延べ患者数は20万2362人,2.0%の増となっている。

 こうした患者数の増加や高度医療の提供,診療報酬の改定等に伴う1人当たりの平均単価の上昇により,事業収益は154億2905万5000円であり,前年度比5億5756万8000円増であった。事業費用は,149億3200万9000円で,前年度比6億3398万6000円増加したが,当年度純利益は4億9704万6000円を計上できたことを評価するものである。

 今後,増築事業の影響や増床に伴う医療スタッフの増などにより経費の増加が予測され,より効率的な経営が求められることから,次の要望意見を付して本会計決算認定に賛成。

 1.506床の病院の規模に見合う医療の提供ができる医療スタッフの確保,充実に努めること。

 1.医療のスキルアップとともに精神的なケアにも心がけ,患者,患者の家族と信頼関係を大切に,今後も公的医療機関の役割を果たすこと。

 1.地域がん診療連携拠点病院として,高度医療の提供を行いながら地域の医療機関との連携に努めること。

 1.安全性を確認する中,後発医薬品の使用促進に取り組むこと。

 1.広域での地域連携を強化する中で,地域の中核病院としての役割を果たすこと。

 1.今後,病院事業の経営環境が厳しさを増すことが予測されることから,新たな市民病院改革プランの作成を行い,一層の経営効率化を図ること。

 市民連合は,福山市民病院は,近年の急速な少子高齢化の進展や医療技術の進歩,医療需要の多様化など,医療を取り巻く環境の変化に対応しながら地域の高度医療を担う公的病院として,福山市民はもとより広島県東部,井笠圏域をも含む多くの市民の福祉・医療ニーズに応えるという役割を担っている。

 また,産科,小児科などの診療科を中心に,全国的な医師・看護師不足が問題となっている中にあって,安定的な医療提供体制の確保や経営体制の充実強化も求められている。

 こうした中,当年度は,入院病床106床増床や呼吸器外科の新設など診療科の充実を含む新病棟の建設に引き続き取り組んだほか,福山・府中二次保健医療圏では初めてとなるPET−CTの導入や循環器系エックス線診断装置など医療機器の整備を行うなど,診療体制の充実を図ったことには一定の評価を行うものである。

 これら取り組みを通じて,年間入院・外来延べ患者数は,それぞれ対前年度比0.3%,3.9%伸びており,一般病床利用率も0.5ポイント上昇するなどの成果を上げている。

 収支については,当年度純利益4億9704万6000円を上げている。純利益の計上は5年連続となるものであるが,医療を取り巻く環境が引き続き厳しい中にあって,新病棟建設やそれに伴う医師,看護師などスタッフの確保に取り組みながらの結果であり,その経営努力にも一定の評価を行うものである。

 今後,福山市民病院が増改築事業の影響や増床に伴う医療スタッフの増などによる経費の増加が予測される中,中長期的展望に立った財政見通しを立て,医療の質の向上,医療機器の整備,医師や看護師の確保と適正配置などに努力し,市民の医療ニーズに的確に応えることを強く求め,次の要望意見を付して本会計決算認定に賛成。

 1.増床により収支見通しは当面厳しくなることが予測されるが,たとえ赤字であっても,公的病院の果たす役割を常に追求し,医療における安心を市民に提供すること。また,医療スタッフの確保に万全を期すこと。

 1.市民の医療ニーズに対応した診療科の拡充や人間ドックの再開などに引き続き努力すること。

 1.医業未収金のうち,窓口分が当年度1億9450万5000円となっており,対前年度比で554万円増加しているが,今後も未納者に対し早期対応に努め,未納の原因についての調査分析を行うなど,患者個々に合ったきめ細かな対応を行い,未収金の減少に努めること。

 1.医薬品の導入に当たっては,引き続き安価,適正を基本にするとともに,患者の経済的負担や安全面にも配慮しつつ,後発医薬品の活用を検討すること。

 1.聴覚障害者とのコミュニケーションを十分なものとするため,手話研修の継続と充実を図ること。

 新政クラブは,本事業の当年度は,福山・府中二次保健医療圏で初となる腫瘍診断にすぐれたPET−CTの導入や循環器系エックス線診断装置など,先進医療機器の整備を行い,呼吸器外科と臨床検査科の新設及び放射線科を再編するなど,医療体制の充実を図った。

 本年5月からの506床での供用に向けた施設整備を進めながら,医療水準や医療サービスの向上とともに経営効率化に努め,4億9704万6000円の純利益を計上し,5年連続の黒字化を果たしていることを評価するものである。

 今後も,市民の期待と信頼に応え得る中核病院として,良質な高度医療サービスを提供することを求め,本会計決算認定に賛成。

 との意見がそれぞれ述べられ,採決の結果,委員多数をもちまして,本決算を認定すべきものと決定いたしました。

 次に,議第73号平成24年度福山市水道事業会計利益処分及び決算認定について,水曜会は,近年,人口減少社会の到来,市民の節水意識の向上や節水型機器の普及,事業所等の経費節減に伴う節水の影響により,年間配水量は減少傾向にある。

 そのような社会環境において,事業収益は前年度と比較して2.7%,2億3119万6000円減となったが,事業費用においては,修繕費の増加があったものの職員給与費や支払い利息などの減少により,前年度と比較して2.8%,2億2624万1000円減となり,差し引き4億8888万1000円の当年度純利益を計上できたことは評価するものである。

 引き続き厳しい経営環境が続くと予測されるが,福山市水道事業中長期ビジョンに基づき,将来的な水需要の動向を見据えた計画的な施設整備に取り組み,一層の業務の効率化等,コストの削減に取り組み,さらなる安全で信頼される水道事業の確立を求め,次の要望意見を付して賛成。

 1.上下水道事業の業務の合理化策として,料金還付預かり金還付は,減免対象世帯からは当初から徴収せず,還付事務手続を省略すれば事務量の軽減につながると思われるので,今後の検討課題とすること。

 公明党は,当年度は,出原浄水場更新事業や耐震対策として基幹管路及び重要管路の耐震管への取りかえや配水管網整備など,また,山野浄水場ろ過機設置工事や配水管布設工事など浄水施設や配水施設等の改良を行っている。経営状況については,事業収益84億6284万円,事業費用79億7395万9000円で,当年度純利益は4億8888万1000円となり,利益剰余金は13億1466万6000円,企業債残高は5億2810万円減少し,419億2719万2000円となったことは評価できるものである。

 しかしながら,市民の節水意識の高まりや節水型機器の普及などにより,今後の給水収益の伸びは見込めない状況の中,経年管の取りかえや老朽施設の整備,地震等の災害対策など当面する課題も多く,今後も厳しい経営環境が続くことが予想される。

 今後も,事業運営に当たっては,計画的な施設整備,業務体制の簡素・効率化,コスト意識の徹底に取り組み,企業債残高に注視しつつ中長期的視点での財政運営が一段と望まれ,より一層の健全経営と市民に良質で安全な水道水の安定供給に取り組むとともに,福山市水道事業中長期ビジョンに基づき着実な事業運営に努めることを求め,次の要望意見を付して賛成。

 1.水道料金未納については十分な調査,実態把握を行い,現状に応じた早期の会計処理に努めること。

 1.漏水事故に対しては早期の対応に努め,局内の連携をさらに図り,有収率向上を図ること。

 誠勇会は,当年度は,水道水の安定的な取り組みとして,出原浄水場更新事業は管理棟築造工事や導水管布設及び布設がえ工事,送水管布設工事などに取り組み,また耐震対策として基幹管路及び重要管路の耐震管への取りかえや配水管網整備などを行った。また,山野浄水場ろ過機設置工事や配水管布設工事など浄水施設や配水施設等の改良を行った。

 経営状況については,事業収益が84億6284万円に対し,事業費用は79億7395万9000円で,当年度純利益4億8888万1000円計上したことは評価できる。

 今後の事業運営は,企業の水利用の合理化,市民の節水意識の高まりや節水型機器の普及などにより,今後の給水収益の伸びは見込めない状況の中で,経年管の取りかえや老朽化した浄水施設の整備,地震等の災害対策など課題も多く,計画的な施設整備,業務体制の簡素・効率化,職員定数の適正化,コスト削減など経営基盤の強化及び中長期的視点に立った財政運営に取り組むことを要望して,利益処分及び決算認定に賛成。

 市民連合は,安全で,安く,おいしく,安定して市民に水を供給することが水道事業の使命である。

 当年度においては,8月からの少雨により八田原・三川ダムの貯水量減少はあったものの,市民生活に大きく影響するような状況には至らず,2月からは平年並みの貯水量が確保できた。

 また,当年度から水道局と建設局下水道部を組織統合し,給水装置・排水設備工事の申請窓口や各種申請を一元化するなど市民サービスの向上を図るため,組織再編をした第1年次でもあった。

 主要な建設事業としては,第六期拡張事業として,出原浄水場の更新事業のうち導水管布設及び布設がえ工事,急速ろ過池築造工事等であり,配水管整備事業として基幹管路及び重要管路などの耐震管への取りかえや配水管網整備等に取り組んだ。改良工事では,市内の配水管の新設及び経年管の取りかえや沈砂池耐震補強工事,山野浄水場ろ過機設置工事など,取水施設や浄水施設の改良を行った。

 当年度の経営状況は,事業収益は,長引く景気の低迷や節水型機器の普及等により,昨年より2億3119万6000円減少し,84億6284万円となり,一方,事業費用は,職員給与費や支払い利息などの減少や,前年度に鞆出張所庁舎本館などを除却したことによる資産減耗費の減により,79億7395万9000円となり,差し引き4億8888万1000円の当年度純利益を計上した。

 今日の景気経済の低迷,人口減少,生活様式の変化や企業の水利用の合理化,市民の節水意識の高まり,節水型機器の性能向上や普及などにより,今後の給水収益の伸びは見込めない状況にある。

 一方で,経年管の取りかえや老朽化した浄水施設の整備,地震等の災害対策など当面する課題も多く,引き続き厳しい経営環境が続くものと予測される。

 こうした状況下,本事業は今後とも市民生活に欠くことのできない公的事業であるとの認識に立ち,事業の安全確保に万全を期すとともに,芦田川,高屋川の水質浄化など水環境を守り,市民の安心・安全,市民生活の安定に引き続き取り組むことや,適正な事務事業体制の構築と上下水道料金の維持に努めることを求め,次の要望意見を付して本会計利益処分及び決算認定に賛成。

 1.本市の水がめである三川ダム,八田原ダムの貯水量は,市民生活に影響を与えている。市民に不安を与えないよう,長期的視点に立ち水源確保に向け検討を行うこと。

 1.芦田川の水質浄化へ,国,県を初め流域関係機関・団体との連携を密にして,総合的・抜本的対策を講じるとともに,弾力的な放流については,その運用の効果を確認し,より有効な対策を講じること。

 1.基幹管路や配水池などの施設の耐震化に積極的に取り組むこと。

 1.未給水地区の解消に向け,引き続き積極的に対応すること。また,低水圧地区の解消を検討すること。

 1.基本水量以下の利用者が増加している中,使用水量に見合った料金体系のあり方を検討するとのことだが,改定の早期実施に努めること。

 日本共産党は,水道事業は,市民に良質で安全な水を安価に,安定的に供給する使命を持っている。水道水は,市民の生命維持に欠くことができないものであるため,当該決算年度には,配水管布設工事や山野浄水場のろ過機設置工事等の改良工事が行われた。当年度は,事業収益84億6284万円に対し,事業費用が79億7395万9000円となっており,4億8888万円余の純利益を計上している。一方,企業債残高は5億2810万円減少するなど,努力の結果がうかがえる。今後は,後年度負担を伴う企業債残高が増嵩し過ぎないよう留意することを求め,次の要望意見を付して賛成。

 1.給水停止措置は原則行わないよう,あらゆる手だてを尽くすこと。また,他市の給水停止実績を経年的に減少させている取り組みを参考にしながら,料金滞納世帯については利用者へ直接面談する体制を構築するなど,きめ細かな対応を行うこと。

 1.使用水量が20立方メートル以下の少量使用者の利用料金は,引き下げること。

 1.生活保護基準の125%までの所得水準で生活する生活困窮者に対し,水道料金の減免制度を適用できるよう,制度の拡充を行うこと。

 1.生活困窮が理由で利用料金を滞納せざるを得なくなった利用者に対しては,福祉部局との連携を行うなど,懇切丁寧な対応を行うこと。

 1.水道水の放射能汚染についての検査結果は,引き続きホームページ等で公開を続けること。

 新政クラブは,本事業は,安全で良質な水道水を安定して供給を図るためのものであり,市民生活にとって不可欠なものである。

 当年度は,計画的な出原浄水場の更新事業の送水管布設工事や,耐震管への取りかえなど配水管網の整備に取り組んでいる。

 財政面では,給水収益などの減少はあるが,諸経費の節減に努め,当年度は4億8888万1000円の純利益を計上しており,その努力を評価するものである。

 引き続き,地震などの災害に備えた施設整備を進め,安全で良質な水の安定供給に努めることを求め,利益処分及び決算認定に賛成。

 との意見がそれぞれ述べられ,採決の結果,委員全員をもちまして,原案のとおり可決及び認定すべきものと決定いたしました。

 次に,議第74号平成24年度福山市工業用水道事業会計利益処分及び決算認定について,日本共産党は,本会計は,企業に工業用水を提供するための会計である。

 本市の水道の歴史を見れば,大企業の進出が大規模な水需要を引き起こし,市民の飲み水や農業用水を圧迫し,水源確保を余儀なくされ,第四期拡張事業から第六期拡張事業を進めた歴史を持っている。その減価償却費と八田原ダム及び河口堰の維持管理に対する費用の負担が,工業用水道会計だけでなく上水道会計にも重くのしかかっている。莫大な水源開発費を必要としたにもかかわらず,工業用水の供給単価は1トン当たり31.79円で,上水道の161.62円に対して,5分の1の廉価に設定されている。これは,高度水処理をしないからという理由では解消できない。大企業や力のある企業に安価な水を提供する一方で,市民や中小業者には高い水道料金を支払わせている。

 全国では,上水道も工業用水も料金は同じという自治体が数多くある。水源開発における工水の費用負担の比重を高め,工業用水価格の見直しを行い,応分の負担をして,市民の水道料金の引き下げに貢献するべきである。

 また,河口堰の建設で,芦田川の水質汚濁の要因となっていることも問題である。

 以上に述べた理由による政治的比重から,利益処分及び決算認定に反対。

 新政クラブは,当年度の給水事業所数は28カ所で,前年度と比較して1カ所増加したが,1日当たりの契約水量は前年度に比べ1350立方メートル減少し,23万1025立方メートルとなっている。

 経営状況は,4億3837万5000円の純利益を計上し,企業債残高は4億2642万1000円減少し,36億9726万6000円となっており,経営努力を評価するものである。

 当事業は,企業活動を支える産業基盤として重要な役割を担っているが,景気回復の傾向も見られるものの,海外経済の動向や今後予定されている消費税率引き上げによる影響などから依然として先行きは不透明であり,今後の工業用水道事業の経営は厳しさが増すものと思われる。

 今後とも,社会情勢の変化に対応し,より一層の諸経費の節減を図り,経営の効率化に努めるとともに,安定給水の確保と地震等の災害対策を図ることを要望し,本会計利益処分及び決算認定に賛成。

 との意見がそれぞれ述べられ,採決の結果,委員多数をもちまして,原案のとおり可決及び認定すべきものと決定いたしました。

 次に,議第75号平成24年度福山市下水道事業会計決算認定について,水曜会は,公共下水道は,汚水の処理のみならず,雨水を速やかに排除して浸水被害を軽減するという市民生活に欠かすことのできない都市基盤施設である。

 当年度,下水道事業会計は地方公営企業法を全部適用し,公営企業会計に移行した初年度の決算となった。その結果,事業収益は91億2556万円余のうち,一般会計からの繰入金が40億9052万円余を占め,収入総計では約7億6000万円が基準外の繰り入れとなり,大きな課題となっている。なお,この繰入金の額はことし2月に策定した福山市公共下水道事業経営計画における当年度の繰り入れ予測より約7000万円も超過している。

 基準外繰入金は,一般会計に与える影響が大きいことから,企業会計の独立採算の基本原則に基づき,今後一層の経営努力により基準外繰入金の圧縮に取り組むことを求め,次の要望意見を付して本会計決算認定に賛成。

 1.福山市公共下水道事業経営計画における今後5年間の財政見通しについては再点検すること。

 1.繰り出し,繰り入れの基準を決定する際に,一般会計と下水道事業会計で協議の上,法令や国の繰り出し基準の趣旨を踏まえて解釈,決定すること。

 1.他の中核市の取り組みを研究し,本市における適切な料金水準の算出や,基準外繰入金の削減に取り組むこと。

 公明党は,下水道事業は,平成24年度から建設局下水道部と水道局を組織統合して,地方公営企業法を適用し,公営企業会計に移行した。

 当年度は,中央雨水滞水池築造工事,大津野ポンプ場築造工事のほか,下水道管の耐震化・長寿命化工事など管渠整備に取り組んでいる。経営状況は,一般会計から約40億9000万円を繰り入れ,事業収益,事業費用ともに91億2556万3000円と収支均衡を図っている。企業債残高は1056億7188万6000円で,平成24年度引き継ぎ高に比べ24億8245万1000円減少したことは一定の評価をするものである。

 公共下水道の処理区域は拡大しているが,節水型機器の普及などから,下水道使用料の算定基礎となる水道使用料は減少傾向にあり,収益の大幅な増加を期待できる状況にはない。一方で,汚水管渠の整備,浸水対策や老朽化した施設の更新,耐震化など取り組む課題も多く,引き続き厳しい経営環境が予測される。

 こうした中,中長期的視点から本年2月に福山市公共下水道事業経営計画を策定したが,効率的,効果的な業務執行体制の整備,計画的,効率的な施設整備などに一段と取り組むことを求め,次の要望意見を付して本会計決算認定に賛成。

 1.本市の人口普及率が全国平均などを下回ることから,引き続き汚水整備事業の推進に取り組むが,効果的な普及拡大とともに,企業債残高の減少にも鋭意努めること。また,有収率の向上についても対策を講じること。

 誠勇会は,下水道事業は,当年度から水道局と建設局下水道部を組織統合し,給水装置・排水設備工事の申請窓口や各種申請を一元化するなど市民サービスの向上を図るため,組織を再編した。あわせて経営状況の明確化や事業の透明性を図るため,下水道事業に地方公営企業法を全部適用し,公営企業会計方式へ移行した。

 当年度は,中央雨水滞水池築造工事,大津野ポンプ場築造工事を行ったほか,下水道管の耐震化・長寿命化工事など管渠の整備を行った。経営収支状況は,一般会計より3億5815万8000円を繰り入れ,事業収益は91億2556万3000円,事業費用も91億2556万3000円で収支の均衡を図っている。後年度負担を伴う企業債残高が1056億7188万6000円あり,効率的で効果的な業務執行体制の整備,中長期的視点に立った計画的,効率的な施設整備などに取り組み,健全経営に努める必要がある。

 今後とも,将来にわたり持続可能な経営基盤の確立や市民サービスの維持向上を図るために,特に健全な財政基盤を確立することを要望し,本会計決算認定に賛成。

 日本共産党は,本会計は,快適な市民生活を送る上で重要な役割を果たす会計である。当年度も公共下水道事業の処理区域面積の増,水洗化率の向上や有収率の向上などが図られていることを評価する。

 当年度は,建設局下水道部と水道局を組織統合し,会計方式は特別会計から公営企業会計に移行した年度であり,公営企業会計決算としての初年度に当たる。

 組織機構の統合と公営企業会計の全部適用については,自治体リストラの一環であるとともに,本来の住民福祉の増進に寄与するという役割を後退させ,受益者負担を強める可能性を含むものである。

 今後,安易な料金の引き上げを行うことなく,本来自治体が直接担うべき地域の良好な環境保全について,引き続き責任を持って担うことを求め,本会計決算認定に賛成。

 新政クラブは,下水道事業は,効率的な組織や経営を実現するため,平成24年度から建設局下水道部と水道局を組織統合するとともに,会計方式を公営企業会計に移行した。

 公営企業会計に移行しての初の決算である当年度は,公共下水道の普及拡大に向けた汚水整備,雨水幹線やポンプ場整備等の浸水対策,下水道施設の耐震対策及び施設の長寿命化対策等に取り組んできた。

 財政面では,水洗化率の向上,使用料や受益者負担金の収納率の向上など財源確保に取り組むとともに諸経費の節減に努めたが,収支不足の補填として,一般会計から基準外繰入金7億5752万7000円を繰り入れ,収支の均衡を図る結果となった。

 今後の事業運営は,下水道使用料の収納率の向上や水洗化率の向上による事業収益の増加に努めるとともに,さらなる行財政改革を推進し,効果的,効率的な事業運営を行い,早期に経営の健全化に努めるよう要望し,本会計決算認定に賛成。

 との意見がそれぞれ述べられ,採決の結果,委員全員をもちまして,本決算を認定すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして,企業会計決算特別委員会の委員長報告といたします。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして討論を終了いたします。

 これより採決いたします。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小林茂裕) 起立多数であります。したがって,委員長報告のとおり決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第4 報第23号 損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告について



○議長(小林茂裕) 次に,日程第4 報第23号損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告について説明を求めます。



◎総務課長(太田雅士) 報第23号損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告についてを御説明申し上げます。

 この専決処分は,本年7月から9月までにかけて発生いたしました職員の公用自動車による交通事故2件及び福山市立中央中学校における事故5件につきまして,その相手方に対する損害賠償の額を定めること及び和解について,地方自治法第180条第1項の規定により市長において専決処分をいたしましたので,同条第2項の規定により御報告するものでございます。

 賠償金額,賠償及び和解の相手方,専決年月日,事故の概況等につきましては,議案の別表に掲げているとおりでございます。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして,報第23号を終了いたします。

 ──────────────────



△日程第5 議第100号 平成24年度福山市一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第17 議第112号 平成24年度福山市財産区特別会計歳入歳出決算認定についてまで



○議長(小林茂裕) 次に,日程第5 議第100号平成24年度福山市一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第17 議第112号平成24年度福山市財産区特別会計歳入歳出決算認定についてまでの13件を一括議題といたします。

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 (羽田 皓市長登壇)



◎市長(羽田皓) 本日は,臨時市議会を招集いたしましたところ,議員各位には,御多用の中を御参集いただきましてまことにありがとうございます。

 開会に当たり,市政の状況と提出いたしております2012年度平成24年度福山市一般会計ほか12特別会計の歳入歳出決算の議案について,その大要を御説明申し上げます。

 初めに,昨日の広島県知事選挙において,湯崎知事が再選され,今後4年間の県政のかじ取りを担われることになりました。湯崎知事におかれましては,活力ある広島県づくりに向け,県民の意見や思いを十分に踏まえられた県政運営に努めていただきたいと考えております。

 さて,先月の台風26号は,各地に被害をもたらし,特に,伊豆大島では土砂災害などにより大きな被害が発生いたしました。また,フィリピンでは台風30号により,本市の親善友好都市であるタクロバン市などが甚大な被害を受けられたとお聞きいたしております。亡くなられた方々とその御遺族に対し哀悼の意を表し,被災された多くの皆様方に心よりお見舞いを申し上げますとともに,一日も早い復興をお祈りいたしております。タクロバン市につきましては,今後,情報収集に努める中で,必要な支援を検討してまいりたいと考えております。

 次に,我が国の社会経済情勢についてであります。現在,景気は緩やかな回復傾向にあり,9月の全国消費者物価指数も全体的に改善方向を示しております。こうした中,社会保障制度の議論に端を発した消費税の増税が決定し,来年4月には税率が5%から8%に引き上げられることとなりました。今後,増税の影響が大きい家計や,景気回復の実感が乏しい地域経済を支える取り組みが重要になると考えております。このため,国においては,消費税の増税により,日本経済の再生への流れを断ち切ることがないよう,財政再建と経済対策を力強く推し進めていただくとともに,地方の意見を十分に反映させた持続可能な社会保障制度の構築に早期に取り組まれることを念願いたしております。

 また,全国的に食材表示に係る問題が拡大しており,食に対する信頼が揺らいできていることに対し懸念を抱いております。信頼を失うことのないよう,国を挙げて,我が国が誇る食文化を守っていかなければならないと考えております。

 次に,エフピコRiMについてであります。今月1日,6階フロアにリムこどもの国がオープンし,初日から多くの親子連れでにぎわっております。リムこどもの国は,子どもたちが絵本の中に入り込んだような体験ができるえほんの国を初め,国内初のやわらかくカラフルな新素材を使用した室内遊戯施設や幼児教室など,遊び,相談,教育などさまざまな場面で御利用いただけるものと考えております。子どもはまちの活力の源泉であり,その子どもたちの笑顔がはじけ,笑い声が響く,そういった明るく楽しい場になることを期待をいたしております。ぜひ,本市のみならず,近隣市町からも多くの方に御利用いただきたいと考えております。

 次に,福山らしさの創出と発信についてであります。本市が,人,モノ,情報の行き交う中国・四国地方の拠点都市として将来にわたって発展し続けるためには,全国的な知名度を向上させるなど,都市ブランド力の強化が欠かせないものと考えております。現在,本市のブランド戦略の策定に取り組んでいるところであり,10月1日には,キャッチコピー「何もないとは言わせない!」や,ばらとコウモリを組み合わせたロゴマークなどを示したコンセプトブックを発表いたしました。また,市のホームページに,本市の魅力が一目でわかる福山市都市ブランドサイトを設けるなど,積極的なPRにも努めているところであります。

 こうした中,先月25日には,島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の第6回受賞作を発表いたしました。今回は受賞作に加え,優秀作として3作品が選定され,このうち1作品は本市を舞台とした作品で,市内在住者から応募があったものであります。6回目を迎えたこの賞が高い水準の文学新人賞として認知され,定着してきたことをうれしく思うとともに,このことが本市の知名度向上や芸術文化の一層の振興につながることを期待いたしております。今後とも,このような取り組みを通じて,市民の皆様の福山への誇りと愛着を深めるとともに,都市としてのブランド力を高めてまいりたいと考えております。

 さて,昨年度は,国においては政権が民主党から再び自民党へかわるなど,政治が大きく動いた年でありました。本市におきましては,鞆の埋め立て架橋計画における県の方針転換や福山市営競馬の廃止など,本市のまちづくりにおける一つの分岐点となった年であったと受けとめております。特に,鞆のまちづくりにつきましては,今日なお,県がなぜ方針転換に至ったのか,地元住民の皆様の理解が得られない状況が続いております。県におかれましては,地元の思いをしっかりと酌み取りながら,誠意ある対応をしていただきたいと考えております。地元自治体である本市といたしましては,県と地元との調整機能を果たしながら,早期に解決しなければならない課題に取り組んでまいる考えであります。また,福山市営競馬の廃止につきましては,本市財政や雇用の場として地域経済へ貢献してきた歴史,さらには競馬関係者のお気持ちを考える中での決断は,断腸の思いでありました。今後の跡地利活用につきましては,多くの市民の皆様が将来に夢や希望が持て,本市の発展に資するものとなるよう検討してまいります。

 昨年5月のホテル火災は,防災体制について改めて考える契機となりました。二度とこのような痛ましい事故が起こることのないよう,建築物の防火,避難の安全性を確保するための指針を策定し,より実効性のある指導・査察体制を確立し,安全確保に努めているところであります。また,井笠鉄道のバス事業廃止は,市民の日常生活に影響を与える大きな出来事でありました。地方バス路線を維持,確保する上での厳しい現実に対しては,一地方自治体では限界があり,今後,地域公共交通の再構築には国を挙げて取り組むべき必要があると考えております。

 一方で,中心市街地の活性化につきましては,まちづくりの専門家を招聘し,市民主体の福山の未来づくりワークショップを立ち上げ,にぎわい創出に向けた社会実験を行うなど,これまでにない新たな取り組みを開始いたしました。大学生など若い力がまちづくりで活躍する姿も見受けられるようになり,心強く感じているところであります。さらに昨年9月には,福山市商業施設,旧福山ロッツの跡を引き継ぐ新たな賃借人が決定いたしました。現在は,エフピコRiMとして装いも新たにスタートいたしております。また,発達に課題のある就学前児童への広域的な支援拠点施設として,こども発達支援センターを開設したほか,市民病院の増床に伴い新病棟を整備するなど,安心・安全に暮らせ,活力と成長力のある,元気なまちづくりに取り組んだ1年でもありました。引き続き,誰もが豊かさを実感できる市民が主役のまちづくりを進めてまいります。

 次に,2012年度平成24年度決算の概要について御説明申し上げます。

 一般会計では,歳入総額1721億1928万4000円に対し,歳出総額は1676億7631万3000円となり,実質収支として33億8607万4000円を確保することができました。

 特別会計は,12会計で,全体では歳入総額1005億230万4000円に対し,歳出総額は982億5739万円となりました。特徴的なこととしては,保険給付費の増加に伴い,介護保険特別会計が大幅な増加となったほか,厳しい運営状況にあった競馬事業特別会計について,昨年度末の事業終了をもって廃止したことであります。

 次に,一般会計の状況についてであります。まず歳入では,市税は,固定資産税が評価がえの影響により減少したものの,年少扶養控除の廃止や一部業種の収益改善などにより,個人市民税や法人市民税などが増加し,全体ではおおむね前年度並みの水準となりました。このほか,臨時財政対策債の増加などから市債が増加いたしましたが,子どものための手当費負担金など,対象事業費の減少による国県支出金の減少などにより,歳入全体では対前年度0.6%減となりました。

 また,歳出では,障害福祉サービス事業費や介護保険特別会計への繰出金など,社会保障関係費が増加いたしましたが,福山駅前広場整備事業などの大規模事業の完了や年度末に実施した国の経済対策に係る補正予算の大部分が繰越事業となったことなどから,歳出全体では対前年度1.4%の減となりました。

 今後,本市においても,人口減少社会を迎え,税収の増加が見込めない中で,高齢化のさらなる進行などにより,社会保障関係費は確実に増加していくものと予測いたしております。この収支の差を埋めるのは容易ではなく,厳しい行政運営が続くものと考えております。このため,職員一丸となって英知を結集し,創意工夫のもと,行財政改革の取り組みを推進し,将来世代が夢と希望の持てる,元気なまち福山を市民の皆様とともにつくり上げていく考えであります。

 なお,2012年度平成24年度における主要な施策につきましては,主要な施策の成果等説明書で御報告申し上げているとおりであります。

 決算についての監査委員の指摘要望事項につきましては,その対応策を講じ,事務事業のより適切かつ効率的な執行に努めてまいります。

 以上が,今回提出いたしております議案の概要であります。何とぞ慎重なる御審議の上,御可決いただきますようお願いを申し上げ,提案理由の説明といたします。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして質疑を終了いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第100号平成24年度福山市一般会計歳入歳出決算認定についてから議第112号平成24年度福山市財産区特別会計歳入歳出決算認定についてまでの13件については,19人の委員をもって構成する一般・特別会計決算特別委員会を設置し,これに付託の上,閉会中の継続審査とすることにいたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議第100号議案から議第112号議案までの13件については,19人の委員をもって構成する一般・特別会計決算特別委員会を設置し,これに付託の上,閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 ただいま設置されました一般・特別会計決算特別委員会の委員の選任については,委員会条例第7条第1項の規定により,お手元に配付いたしておりますとおり,一般・特別会計決算特別委員会の委員に指名いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,お手元に配付いたしておりますとおり,一般・特別会計決算特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。

 ………………………………………………

 (参考)

 一般・特別会計決算特別委員会の委員

 (19人)

  河村晃子議員   木村秀樹議員

  連石武則議員   藤田仁志議員

  今川享治議員   和田芳明議員

  藤原 平議員   岡崎正淳議員

  今岡芳徳議員   高橋輝幸議員

  中安加代子議員  千葉荘太郎議員

  塚本裕三議員   熊谷寿人議員

  池上文夫議員   高木武志議員

  神原孝已議員   佐藤和也議員

  川崎卓志議員

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) 以上で,本臨時会に付議されました事件は,全て終了いたしました。

 これをもちまして,平成25年第5回福山市議会臨時会を閉会いたします。

          午前11時6分閉会

 ──────────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





 福山市議会議長





 福山市議会議員





 福山市議会議員