議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 福山市

平成25年第2回( 5月)臨時会 05月15日−01号




平成25年第2回( 5月)臨時会 − 05月15日−01号







平成25年第2回( 5月)臨時会



          平成25年第2回福山市議会臨時会会議録

          ───────────────────



2013年(平成25年)5月15日(水)

 ──────────────────

 議 事 日 程 (第1号)

2013年(平成25年)5月15日

           午前10時開議

第 1        会議録署名議員の指名

第 2        会期の決定

第 3 報第  3号 損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告について

第 4 議第 58号 福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについて

第 5 議第 59号 福山市国民健康保険条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについて

第 6 選第  1号 福山地区消防組合議会の議員の選挙

 ──────────────────

 本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名から日程第5 議第59号 福山市国民健康保険条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについてまで

選第2号 福山市議会副議長の辞職許可について

選第3号 福山市議会副議長の選挙

議第60号 福山市監査委員の選任の同意について

議第61号 福山市監査委員の選任の同意について

選第4号 福山市議会議会運営委員会の委員の辞任について

選第5号 福山市議会議会運営委員会の委員の選任について

発第1号 福山市議会特別委員会の設置について

日程第6 選第1号 福山地区消防組合議会の議員の選挙

 ──────────────────

 出 席 議 員

      1番  河 村 晃 子

      2番  木 村 秀 樹

      3番  生 田 政 代

      4番  連 石 武 則

      5番  藤 田 仁 志

      6番  今 川 享 治

      7番  田 中 光 洋

      8番  門 田 雅 彦

      9番  和 田 芳 明

     10番  藤 原   平

     11番  大 塚 忠 司

     12番  榊 原 則 男

     13番  岡 崎 正 淳

     14番  土 屋 知 紀

     15番  大 田 祐 介

     16番  今 岡 芳 徳

     17番  西 本   章

     18番  高 橋 輝 幸

     19番  中 安 加代子

     20番  高 田 健 司

     21番  五阿彌 寛 之

     22番  千 葉 荘太郎

     23番  塚 本 裕 三

     24番  熊 谷 寿 人

     25番  池 上 文 夫

     26番  高 木 武 志

     27番  宮 地 徹 三

     28番  瀬 良 和 彦

     29番  神 原 孝 已

     30番  法 木 昭 一

     31番  稲 葉 誠一郎

     32番  早 川 佳 行

     33番  佐 藤 和 也

     34番  須 藤   猛

     35番  黒 瀬 隆 志

     36番  小 林 茂 裕

     37番  川 崎 卓 志

     38番  村 井 明 美

     39番  徳 山 威 雄

     40番  小 川 眞 和

 ──────────────────

 説明のため出席した者の職氏名

  市長      羽 田   皓

  副市長     開 原 算 彦

  副市長     堀   径 扇

  参事兼市長公室長小 川 智 弘

  企画総務局長  杉 野 昌 平

  企画政策部長  中 島 智 治

  企画政策部参与 植 村 恭 則

  福山市立大学事務局長

          寺 岡 千佳雄

  総務部長    佐 藤 元 彦

  総務部参与   坂 本 正 文

  総務課長    太 田 雅 士

  財政局長    佐 藤 彰 三

  財政部長    小 林 巧 平

  競馬対策室長  杉 原 郁 充

  税務部長    岡 本   卓

  経済環境局長  松 浦 良 彦

  経済部長兼企業誘致推進担当部長

          小 畑 和 正

  農林水産部長  石 岡   徹

  環境部長    渡 辺   毅

  保健福祉局長  廣 田   要

  長寿社会応援部長岸 田 清 人

  保健部長    亀 澤 浩 一

  保健所長兼保健部参与

          村 尾 正 治

  児童部長    神 原 大 造

  市民局長    近 藤 洋 児

  市民部長    林   浩 二

  まちづくり推進部長

          金 尾 和 彦

  松永支所長   内 田 広 己

  北部支所長   三 好 郁 展

  東部支所長   松 浦 律 子

  神辺支所長兼川南まちづくり担当部長

          岡 森   稔

  市民病院参事  若 井 久 夫

  市民病院事務部長占 部 秀 喜

  建設局長    橋 本 哲 之

  建設管理部長  渡 邉 清 文

  土木部長    土 肥 一 夫

  農林土木部長  佐々木 敏 文

  都市部長    松 枝 正 己

  建築部長    三 好 豊 彦

  会計管理者   浜 岡 文 雄

  教育長     吉 川 信 政

  教育次長    石 井 康 夫

  管理部長    道 廣 修 二

  学校教育部長  宇 根 一 成

  学校教育部参与 石 口 智 志

  文化スポーツ振興部長

          山 口 善 弘

  代表監査委員  勝 岡 慎 治

  監査事務局参与 吉 岡 利 典

  選挙管理委員会事務局参与

          前 田 修 嗣

  上下水道事業管理者

          内 田   亮

  上下水道局長  岡 本 秀 夫

  経営管理部長  川 上 浩 治

  工務部長    ? 田 卓 弥

  施設部長    小 出 純 二

  消防担当局長  牧 平 健 児

  消防担当部長  岡 本 浩 男

  消防担当部長  大 畠 功 之

  消防担当部長  横 山 宏 道

  消防担当部長  芝 吹 和 英

 ──────────────────

 事務局出席職員

  事務局長    池 田 幸 博

  庶務課長    浦 部 真 治

  議事調査課長  村 上 博 章

  議事調査課長補佐兼議事担当次長

          北 川 光 明

  議事調査課長補佐兼調査担当次長

          高 橋 弘 人

  書記      岡 田 弘 美

  書記      平 川 真二郎

  書記      渡 邉 美 佳

  書記      鈴 鹿 誠 治

  書記      木 村 仁 美

  書記      田 村 昌 樹

 ──────────────────

            午前10時開会



○議長(小林茂裕) ただいまから平成25年第2回福山市議会臨時会を開会いたします。

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) これより本日の会議を開きます。

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) ただいまの出席議員40人であります。

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) この際,市長から発言の申し出がありますので,これを許可いたします。

 (羽田 皓市長登壇)



◎市長(羽田皓) 本日は,臨時市議会を招集いたしましたところ,議員各位には御多用の中を御参集いただきまして,まことにありがとうございます。

 貴重な時間をいただきまして,鞆のまちづくりについて御報告をさせていただきます。

 昨日,県知事に直接お会いし,今後の鞆のまちづくりについて協議をいたしました。

 昨年6月25日の協議の場で,県の方針は容認できないと申し上げた私の基本的な考え方は,今も変わっておりません。しかしながら,県と鞆の住民の皆様との間の深い溝が埋まらない現状や鞆の抱える課題解決が待ったなしの状況であることを鑑みたとき,事業凍結という最悪の事態になることだけは避けなければならないと考え,まちづくりの主体である本市といたしまして,膠着した状況にあっても,少しでも鞆が抱える課題の解決につながることを早急に進めていかなければならないとの思いの中で,協議に臨んだところであります。

 協議に当たっては,鞆の課題の原点に立ち返り,生活道路や防災などの課題解決に向けた具体的な事業が地元の思いを反映した形で実現されなければならないという思いを知事にお伝えし,県と市双方が対等,協力関係のもと,地元の理解と協力を得る中で,鞆のまちづくりに全力で取り組まなければならないことについての共通認識は得られたところであります。

 今後,公共施設の再整備など本市が主体となる事業に精力的に取り組むとともに,安心・安全の確保や生活利便性の向上につながる事業など,鞆の課題解決につながる個々の事業について早期に形としてあらわれるよう,地元との調整機能を果たしながら,県と連携をし取り組んでまいりたいと考えております。

 今後とも,議員各位の御理解と御協力をお願い申し上げ,私からの報告といたします。

 ──────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(小林茂裕) これより日程に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第76条の規定により議長において,9番和田芳明議員及び31番稲葉誠一郎議員を指名いたします。

 ──────────────────



△日程第2 会期の決定



○議長(小林茂裕) 次に,日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は本日1日間といたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,会期は本日1日間と決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第3 報第3号 損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告について



○議長(小林茂裕) 次に,日程第3 報第3号損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告について説明を求めます。



◎総務課長(太田雅士) 報第3号損害賠償の額を定めること及び和解の専決処分の報告についてを御説明申し上げます。

 この専決処分は,昨年7月から本年3月までにかけて発生いたしました道路の管理瑕疵による事故2件,職員の公用自動車による交通事故2件,消防団員の消防車による交通事故2件及び市内走島町の宇治島における事故1件につきまして,その相手方に対する損害賠償の額を定めること及び和解について,地方自治法第180条第1項の規定により市長において専決処分をいたしましたので,同条第2項の規定により御報告するものでございます。

 賠償金額,賠償及び和解の相手方,専決年月日,事故の概況等につきましては,議案の別表に掲げているとおりでございます。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして,報第3号を終了いたします。

 ──────────────────



△日程第4 議第58号 福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについて



○議長(小林茂裕) 次に,日程第4 議第58号福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提案者から提案理由の説明を求めます。



◎総務課長(太田雅士) 議第58号福山市税条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについてを御説明申し上げます。

 本案は,地方税法の一部を改正する法律が本年3月30日に法律第3号として公布され,その施行が本年4月1日であるものについて,直ちに所要の措置を講じる必要が生じたため,市長において専決処分をいたしましたので,議会に御報告をし,その承認をお願いするものでございます。

 改正の概要を申し上げますと,固定資産税及び特別土地保有税につきまして,独立行政法人森林総合研究所が行う一定の事業の施行に伴い指定された仮換地等に係る納税義務者の特例措置を廃止するもの,また耐震改修を行った住宅に係る固定資産税の減額措置の工事費要件の見直しに伴う経過措置として,本年4月1日前に耐震基準適合住宅に係る一定の耐震改修に係る契約が締結され,同日以後に当該耐震改修が完了する場合においては,申告書に所定の添付書類のほか,当該耐震改修に係る契約をした日を証する書類を添付しなければならないこととするものでございます。

 なお,この条例の施行は,本年4月1日からとしております。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして質疑を終了いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第58号議案については,委員会付託を省略いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議第58号議案については,委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして討論を終了いたします。

 これより採決いたします。

 本件は承認することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小林茂裕) 起立全員であります。したがって,本件は承認することに決定いたしました。

 ──────────────────



△日程第5 議第59号 福山市国民健康保険条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについて



○議長(小林茂裕) 次に,日程第5 議第59号福山市国民健康保険条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提案者から提案理由の説明を求めます。



◎総務課長(太田雅士) 議第59号福山市国民健康保険条例の一部改正の市長専決処分の承認を求めることについてを御説明申し上げます。

 本案は,地方税法の一部を改正する法律が本年3月30日に法律第3号として公布され,その施行が本年4月1日であるものについて,直ちに所要の措置を講じる必要が生じたため,市長において専決処分をいたしましたので,議会に御報告をし,その承認をお願いするものでございます。

 改正の概要を申し上げますと,まず国民健康保険の被保険者であったものが後期高齢者医療制度に移行する場合の特定世帯に係る世帯別平等割額について,移行後5年までの間2分の1を軽減する措置に加え,移行後6年目から8年目までの間においても4分の1を軽減する措置を講じるもの,また国民健康保険税の軽減措置に係る基準額等の算定において,国民健康保険の被保険者であったものが後期高齢者医療制度に移行後5年間に限り,当該移行したものを含めて算定することとしている措置を恒久化するものでございます。

 なお,この条例の施行は,本年4月1日からとしております。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして質疑を終了いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第59号議案については,委員会付託を省略いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議第59号議案については,委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして討論を終了いたします。

 これより採決いたします。

 本件は承認することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小林茂裕) 起立全員であります。したがって,本件は承認することに決定いたしました。

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) この際,暫時休憩いたします。

         午前10時11分休憩

 ──────────────────

         午前10時44分再開



○議長(小林茂裕) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 ──────────────────



△選第2号 福山市議会副議長の辞職許可について



○議長(小林茂裕) 須藤 猛副議長から副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。

 この際,選第2号福山市議会副議長の辞職許可についてを日程に追加し,議題といたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,この際,選第2号福山市議会副議長の辞職許可についてを日程に追加し,議題といたします。

 34番須藤 猛議員は退席されておりますので,この際,これを確認いたしておきます。

 事務局長から辞職願を朗読いたします。



◎事務局長(池田幸博) それでは,朗読をさせていただきます。

        平成25年5月15日

 福山市議会議長 小林茂裕様

     福山市議会副議長 須藤 猛

      辞   職   願

  このたび一身上の都合により,副議長を辞職したいので,許可されるよう願い出ます。

 以上でございます。



○議長(小林茂裕) お諮りいたします。

 須藤 猛議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,須藤 猛議員の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 須藤 猛議員から挨拶をいたしたいとの申し出がありますので,これを許可いたします。

 (34番須藤 猛議員議場前方へ進み出る)



◆34番(須藤猛) 臨時会の貴重なお時間をいただきまして,一言御挨拶を申し上げます。

 ただいまは,副議長辞職の許可をいただきまして,大変ありがとうございました。

 昨年の5月の臨時会におきまして副議長に選出をされて以来1年間,至らぬ点が多々あったと思いますが,小林議長初め議員の皆様,そして羽田市長初め理事者の皆様,さらに報道関係者の皆様方の御指導を賜りながら副議長の職責を全うすることができました。大変ありがとうございました。

 振り返ってみますと,昨年の5月に議会基本条例が施行されまして,開かれた議会,そしてわかりやすい議会ということで議会一丸となって議会改革に努めてまいりました。私は,一定の成果があったものと評価をしております。

 今後は一議員といたしまして,少子高齢,人口減少の問題,さらに2016年の福山市制施行100周年に向けた取り組み,いろいろございますが,福山市発展のために頑張ってまいる所存でございます。この1年間大変ありがとうございました。(拍手)

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) この際,暫時休憩いたします。

         午前10時48分休憩

 ──────────────────

          午後1時40分再開



○議長(小林茂裕) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 ──────────────────



△選第3号 福山市議会副議長の選挙



○議長(小林茂裕) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際,選第3号福山市議会副議長の選挙を日程に追加し,選挙を行いたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,この際,選第3号福山市議会副議長の選挙を日程に追加し,選挙を行うことに決定いたしました。

 これより選第3号福山市議会副議長の選挙を行います。

 議場を閉鎖いたします。

 (議場閉鎖)



○議長(小林茂裕) ただいまの出席議員数は40人であります。

 投票用紙を配付いたします。

 (書記投票用紙配付)



○議長(小林茂裕) 投票用紙の配付漏れはありませんか。──配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

 (書記投票箱点検)



○議長(小林茂裕) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上,議席順に順次投票を願います。

 (各議員投票)



○議長(小林茂裕) 投票漏れはありませんか。──投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (議場開鎖)



○議長(小林茂裕) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により,立会人に塚本裕三議員及び熊谷寿人議員を指名いたします。

 したがって,両議員の立ち会いを願います。

 (投票点検)



○議長(小林茂裕) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数  40票

 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち,

  有効投票  40票

  無効投票   0票

 有効投票中,

  法 木 昭 一 議員 23票

  佐 藤 和 也 議員 13票

  高 木 武 志 議員  4票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は10票であります。したがって,法木昭一議員が副議長に当選されました。

 ………………………………………………



○議長(小林茂裕) 会議規則第31条第2項の規定により,告知をいたします。

 ………………………………………………



○議長(小林茂裕) ただいま法木昭一議員が副議長当選を承諾されました。

 ………………………………………………



○議長(小林茂裕) 理事者に入場していただきますので,しばらくお待ち願います。

 (理事者入場)



○議長(小林茂裕) 副議長の御挨拶があります。

 (法木昭一副議長議場前方へ進み出る)



○副議長(法木昭一) ただいまは,副議長に御選任をいただきまして,ありがとうございます。

 もとより微力でございますが,議長を補佐し,公正公平で円滑な議会運営に努めてまいりたいと考えております。

 どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) この際,暫時休憩いたします。

          午後1時53分休憩

 ──────────────────

          午後2時51分再開



○議長(小林茂裕) 休憩前に引き続き,会議を開きます。

 ──────────────────



△議第60号 福山市監査委員の選任の同意について



○議長(小林茂裕) 次に,市長から議第60号福山市監査委員の選任の同意についてが提出されました。

 お諮りいたします。

 議第60号福山市監査委員の選任の同意については,緊急を要する事件と認め,この際,日程に追加し,これより審議することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議第60号福山市監査委員の選任の同意については,緊急を要する事件と認め,日程に追加し,これより審議することに決定いたしました。

 議第60号福山市監査委員の選任の同意についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により,39番徳山威雄議員の退席を求めます。

 (39番徳山威雄議員退席)

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 (羽田 皓市長登壇)



◎市長(羽田皓) ただいま御上程になりました福山市監査委員の選任の同意について御説明を申し上げます。

 本案は,地方自治法第196条の規定に基づき,議員のうちから選任いたします監査委員に徳山威雄氏を選任いたしたく,御同意をお願いするものであります。

 徳山威雄氏は,市内本庄町中二丁目に居住され,1988年昭和63年5月,福山市議会議員に当選されて以来,常任委員会及び特別委員会の委員長,副議長,議長などとして活躍されております。行財政に明るく,本市の監査委員として適任であると考えるものであります。

 何とぞ御同意をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして質疑を終了いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第60号議案については,委員会付託を省略いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議第60号議案については,委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして討論を終了いたします。

 これより採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小林茂裕) 起立全員であります。したがって,本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 ──────────────────



△議第61号 福山市監査委員の選任の同意について



○議長(小林茂裕) 次に,市長から議第61号福山市監査委員の選任の同意についてが提出されました。

 お諮りいたします。

 議第61号福山市監査委員の選任の同意については,緊急を要する事件と認め,この際,日程に追加し,これより審議することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議第61号福山市監査委員の選任の同意については,緊急を要する事件と認め,日程に追加し,これより審議することに決定いたしました。

 議第61号福山市監査委員の選任の同意についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により,32番早川佳行議員の退席を求めます。

 (32番早川佳行議員退席)

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 (羽田 皓市長登壇)



◎市長(羽田皓) ただいま御上程になりました福山市監査委員の選任の同意について御説明を申し上げます。

 本案は,地方自治法第196条の規定に基づき,議員のうちから選任いたします監査委員に早川佳行氏を選任いたしたく,御同意をお願いするものであります。

 早川佳行氏は,市内加茂町に居住され,1996年平成8年5月,福山市議会議員に当選されて以来,常任委員会及び特別委員会の委員長,副議長などとして活躍されております。行財政に明るく,本市の監査委員として適任であると考えるものであります。

 何とぞ御同意をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(小林茂裕) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして質疑を終了いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第61号議案については,委員会付託を省略いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議第61号議案については,委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) これをもちまして討論を終了いたします。

 これより採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小林茂裕) 起立全員であります。したがって,本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 ──────────────────



△選第4号 福山市議会議会運営委員会の委員の辞任について



○議長(小林茂裕) お諮りいたします。

 この際,選第4号福山市議会議会運営委員会の委員の辞任についてを日程に追加し,議題といたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,この際,選第4号福山市議会議会運営委員会の委員の辞任についてを日程に追加し,議題とすることに決定いたしました。

 選第4号福山市議会議会運営委員会の委員の辞任についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により,30番法木昭一議員の退席を求めます。

 (30番法木昭一議員退席)



○議長(小林茂裕) 法木昭一議員から,一身上の都合により,議会運営委員会の委員を辞任したいとの申し出があります。

 お諮りいたします。

 法木昭一議員の辞任を承認することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議会運営委員会の委員の辞任を承認することに決定いたしました。

 ──────────────────



△選第5号 福山市議会議会運営委員会の委員の選任について



○議長(小林茂裕) お諮りいたします。

 この際,選第5号福山市議会議会運営委員会の委員の選任についてを日程に追加し,委員の選任を行いたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,この際,選第5号福山市議会議会運営委員会の委員の選任についてを日程に追加し,委員の選任を行うことに決定いたしました。

 選第5号福山市議会議会運営委員会の委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 議会運営委員の選任については,委員会条例第7条第1項の規定により議長において,議会運営委員会の委員に川崎卓志議員を指名いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,ただいま指名いたしました川崎卓志議員を議会運営委員会の委員に選任することに決定いたしました。

 ──────────────────



△発第1号 福山市議会特別委員会の設置について



○議長(小林茂裕) お諮りいたします。

 この際,発第1号福山市議会特別委員会の設置についてを日程に追加し,議題といたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,この際,発第1号福山市議会特別委員会の設置についてを日程に追加し,議題とすることに決定いたしました。

 発第1号福山市議会特別委員会の設置についてを議題といたします。

 ………………………………………………

 (参考)

 発第1号

    福山市議会特別委員会の設置について

  委員会条例第5条の規定により,別紙のとおり特別委員会を設置するものとする。

  2013年(平成25年)5月15日

  福山市議会議長 小林 茂裕様

    提出者

      福山市議会議員 熊谷 寿人

    賛成者

      福山市議会議員 塚本 裕三

         〃    稲葉誠一郎

         〃    川崎 卓志

         〃    村井 明美

         〃    須藤  猛

  (別紙)

  名  称  競馬場跡地利活用検討特別委員会

  定  数  13人

  目  的  (1)競馬場跡地利活用に関する調査

  存続期間  調査目的終了まで

 ………………………………………………



○議長(小林茂裕) 提出者の説明を求めます。24番熊谷寿人議員。

 (24番熊谷寿人議員登壇)



◆24番(熊谷寿人) ただいま御上程になりました発第1号福山市議会特別委員会の設置について,提出者を代表して提案理由の説明をいたします。

 福山市営競馬は,本年3月をもって63年余の長きにわたる事業を終了し,現在,競馬関係者の再就職支援や生活支援に全庁挙げて取り組んでいるところであります。

 今後,これら取り組みとあわせて,本市中央部に位置する総面積約15ヘクタールの競馬場跡地を将来の本市の発展に資するよういかに有効利活用を図るか,本市の重要課題の一つとして検討する必要があります。

 このため,議会としても,この広大な市有地の有効利活用について調査研究をするため,競馬場跡地利活用検討特別委員会の設置を発議するものであります。

 委員会の名称,定数,目的,存続期間につきましては,議案に示しているとおりであります。

 なお,本委員会活動に必要な経費については,その都度措置を講じられるよう要望いたします。

 何とぞ全会一致で御可決くださいますようお願い申し上げまして,提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(小林茂裕) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております発第1号議案については,自後の議事手続を省略し,これより採決いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,本案は自後の議事手続を省略し,これより採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小林茂裕) 起立全員であります。したがって,本案は原案のとおり可決されました。

 ………………………………………………



○議長(小林茂裕) お諮りいたします。

 ただいま設置されました競馬場跡地利活用検討特別委員会の委員の選任については,委員会条例第7条第1項の規定により,お手元に配付いたしておりますとおり,競馬場跡地利活用検討特別委員会の委員に指名いたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,お手元に配付いたしておりますとおり,競馬場跡地利活用検討特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。

 ………………………………………………

 (参考)

    福山市議会特別委員会の委員の選任について

 競馬場跡地利活用検討特別委員会委員

 (13人)

  連石武則議員   門田雅彦議員

  和田芳明議員   大塚忠司議員

  榊原則男議員   大田祐介議員

  五阿彌寛之議員  高木武志議員

  宮地徹三議員   瀬良和彦議員

  法木昭一議員   稲葉誠一郎議員

  佐藤和也議員

 ──────────────────



△日程第6 選第1号 福山地区消防組合議会の議員の選挙



○議長(小林茂裕) 次に,日程第6 選第1号福山地区消防組合議会の議員の選挙を行います。

 ただいま欠員中の1人の議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては,地方自治法第118条第2項の規定により,指名推選によりたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 議長が指名することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,議長が指名することに決定いたしました。

 福山地区消防組合議会の議員に田中光洋議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名いたしました田中光洋議員を福山地区消防組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小林茂裕) 御異議なしと認めます。したがって,ただいま指名いたしました田中光洋議員が福山地区消防組合議会の議員に当選されました。

 ──────────────────



○議長(小林茂裕) 以上で,本臨時会に付議されました事件は,全て終了いたしました。

 これをもちまして,平成25年第2回福山市議会臨時会を閉会いたします。

           午後3時5分閉会

 ──────────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





 福山市議会議長





 福山市議会議員





 福山市議会議員