議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 尾道市

平成11年第5回11月臨時会 11月04日−01号




平成11年第5回11月臨時会 − 11月04日−01号







平成11年第5回11月臨時会



              平成11年11月4日(木曜日)

  ────────────────── * ──────────────────

                 議事日程第16号

           (平成11年11月4日 午後1時30分開議)

第1 会期決定について

第2 報告第 23号 専決処分の報告について

         (報告)

第3 報告第 24号 専決処分報告及びこれが承認を求めることについて

   報告第 25号 専決処分報告及びこれが承認を求めることについて

   報告第 26号 専決処分報告及びこれが承認を求めることについて

         (以上3件一括上程、委員会の付託省略予定)

第4 報告第 27号 平成10年度各会計における主要な施策の成果等に関する報告について

   議案第101号 決算認定について(平成10年度一般会計)

   議案第102号 決算認定について(平成10年度港湾事業特別会計)

   議案第103号 決算認定について(平成10年度国民健康保険事業特別会計)

   議案第104号 決算認定について(平成10年度と畜場事業特別会計)

   議案第105号 決算認定について(平成10年度公会堂事業特別会計)

   議案第106号 決算認定について(平成10年度土地造成事業特別会計)

   議案第107号 決算認定について(平成10年度住宅資金貸付事業特別会計)

   議案第108号 決算認定について(平成10年度千光寺山索道事業特別会計)

   議案第109号 決算認定について(平成10年度駐車場事業特別会計)

   議案第110号 決算認定について(平成10年度夜間救急診療所事業特別会計)

   議案第111号 決算認定について(平成10年度公共下水道事業特別会計)

   議案第112号 決算認定について(平成10年度老人保健事業特別会計)

   議案第113号 決算認定について(平成10年度東新涯土地区画整理事業特別会計)

   議案第114号 決算認定について(平成10年度多目的団地土地造成事業特別会計)

   議案第115号 決算認定について(平成10年度尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計)

         (以上16件一括上程、説明)

                                    以 上

  ────────────────── * ──────────────────

本日の会議に付した事件

日程第1 会期決定について

日程第2 報告第 23号 専決処分の報告について

日程第3 報告第 24号 専決処分報告及びこれが承認を求めることについて

     報告第 25号 専決処分報告及びこれが承認を求めることについて

     報告第 26号 専決処分報告及びこれが承認を求めることについて

日程第4 報告第 27号 平成10年度各会計における主要な施策の成果等に関する報告について

     議案第101号 決算認定について(平成10年度一般会計)

     議案第102号 決算認定について(平成10年度港湾事業特別会計)

     議案第103号 決算認定について(平成10年度国民健康保険事業特別会計)

     議案第104号 決算認定について(平成10年度と畜場事業特別会計)

     議案第105号 決算認定について(平成10年度公会堂事業特別会計)

     議案第106号 決算認定について(平成10年度土地造成事業特別会計)

     議案第107号 決算認定について(平成10年度住宅資金貸付事業特別会計)

     議案第108号 決算認定について(平成10年度千光寺山索道事業特別会計)

     議案第109号 決算認定について(平成10年度駐車場事業特別会計)

     議案第110号 決算認定について(平成10年度夜間救急診療所事業特別会計)

     議案第111号 決算認定について(平成10年度公共下水道事業特別会計)

     議案第112号 決算認定について(平成10年度老人保健事業特別会計)

     議案第113号 決算認定について(平成10年度東新涯土地区画整理事業特別会計)

     議案第114号 決算認定について(平成10年度多目的団地土地造成事業特別会計)

     議案第115号 決算認定について(平成10年度尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計)

日程第5 委員会の閉会中の継続審査に付することについて

  ────────────────── * ──────────────────

出席議員(28名)

    1番 井 上 文 伸             2番 山 中 善 和

    3番 高 橋 紀 昭             4番 吉 原   功

    5番 杉 原 璋 憲             6番 城 間 和 行

    7番 助 永 一 男             8番 乃 万 礼 子

    9番 平 田 久 司            10番 東 山 松 一

   11番 松 谷 成 人            12番 前 田 和 之

   13番 村 上 俊 昭            14番 神 田 誠 規

   15番 佐 藤 志 行            16番 金 口   巖

   17番 植 田   稔            18番 魚 谷   悟

   19番 寺 本 真 一            20番 吉 井 清 介

   21番 木 曽   勇            22番 小 倉 八 郎

   23番 大 迫 敏 則            24番 高 橋 最 宜

   25番 藤 本 友 行            26番 宇円田 良 孝

   27番 永 田 明 光            28番 檀 上 正 光

欠席議員(なし)

  ────────────────── * ──────────────────

説明のため出席した者

   市長      亀 田 良 一     助役      若 住 久 吾

   収入役     村 上 康 則     教育長     砂 田 悦 男

   消防団・消防水利担当参事        企画部長    安 藤 立 身

           岡 本   紀

   総務部長    高 橋 康 彦     財務部長    浜 田 明 治

   市民生活部長  村 上 光 範     福祉保健部長兼福祉事務所長

                               光 籏   勇

   産業部長    亀 田 康 徳     土木建築部長  小 林 知 庸

   都市部長    蔦 永 勝 也     市民病院事務部長高 垣 正 仁

   教育次長    小 田 正 樹     水道局長    西 田 正 男

   交通局長    畑 山 勇 一     総務課長    小田原 輝 志

   財務課長    加 納   彰

  ────────────────── * ──────────────────

事務局出席者

   事務局長    浜 谷 勝 利     局長補佐兼庶務係長

                               谷   峰 生

   局長補佐兼議事調査係長         議事調査係主任 山 口 玉 枝

           杉 原 幸 雄

   議事調査係主事 高 橋   彰







  ────────────────── * ──────────────────

                午後1時30分 開会



○議長(神田誠規) 皆さんこんにちは、御苦労でございます。

 ただいま出席議員28名であります。

 定足数に達しておりますから、これより平成11年度第5回尾道市議会臨時会を開会いたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△諸般の報告



○議長(神田誠規) この際、諸般の報告をいたします。

 今期臨時会の説明員として、市長、助役、収入役及び教育長のほか関係部課長に対して、地方自治法第121条の規定により出席を求めましたので、御報告をいたします。

  ────────────────── * ──────────────────

                午後1時31分 開議



○議長(神田誠規) これより本日の会議を開きます。

  ────────────────── * ──────────────────



△議事日程



○議長(神田誠規) 本日の議事日程は、お手元に印刷配付のとおりであります。

 なお、お手元に配付をいたしております会議時間を午後1時30分に訂正をお願いします。午前10時とありますが、午後1時30分に訂正をお願いいたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△会議録署名議員の指名



○議長(神田誠規) 本日の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により議長において、23番大迫議員及び24番高橋議員を指名いたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第1 会期決定について



○議長(神田誠規) これより日程に入ります。

 日程第1、会期決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第2 報告第23号



○議長(神田誠規) 次に、日程第2、報告第23号専決処分の報告についてを議題といたします。

 補足報告があれば、これをお願いします。

 高橋総務部長。



◎総務部長(高橋康彦) それでは、私の方から議案集の1ページ、報告第23号専決処分の報告につきまして、補足説明を申し上げます。

 この報告は、地方自治法第180条第1項の規定により、損害賠償の額を定めることにつきまして、去る10月14日に専決処分したものを、同条第2項の規定によりましてこれを報告するものでございます。

 専決処分の内容といたしましては、平成11年8月10日午前9時30分ごろ尾道市向東町1011番地先におきまして、土木建築部維持課の職員が道路側溝を修繕中、修繕工具のバールが〇〇氏運転の普通自動車に接触し、当該車両を損傷したものでございます。

 損害賠償の相手方は、尾道市向東町〇番地〇〇氏で、損害賠償額は7万4,970円でございます。

 この事故の位置図と状況図を議案説明書の1ページと2ページにお示しをいたしておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 事故防止につきましては、今後も注意を喚起するなど、より一層の事故防止に努めてまいりたいと考えております。

 以上、報告第23号の補足説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第3 報告第24号〜報告第26号



○議長(神田誠規) 次に、日程第3、報告第24号専決処分報告及びこれが承認を求めることについて、報告第25号専決処分報告及びこれが承認を求めることについて、報告第26号専決処分報告及びこれが承認を求めることについて、以上の3件を一括議題といたします。

 補足報告があれば、これを願います。

 高橋総務部長。



◎総務部長(高橋康彦) それでは、私の方から議案集の3ページの報告第24号と6ページの報告第25号につきまして、補足説明を申し上げます。

 2報告とも専決処分報告及びこれが承認を求めることについてでございまして、地方自治法第179条第1項の規定により、和解し、損害賠償の額を定めることにつきまして議会を招集するいとまがなかったので、去る10月8日と10月20日に専決処分したものを、同条第3項の規定によりまして、これを報告し、承認を求めるものでございます。

 まず、報告第24号の専決処分の内容といたしましては、和解の相手方は御調郡向島町〇番地〇〇氏、和解の原因といたしましては、平成11年6月29日午後6時50分ごろ尾道市高須町市道大新西新涯線上におきまして、〇〇氏運転の普通自動車が西進中、当日の大雨により冠水していた道路部分を通過した際、水没し、当該車両を全損したものでございます。

 和解の内容でございますが、双方の過失割合は尾道市20%、〇〇氏80%とし、損害額44万円から相手方の過失を控除した8万8,000円を尾道市が相手方に支払うものでございます。また、相手方は尾道市に対し、本件の事故に関し今後一切の請求、異議の申し立て等をしないとするものでございます。

 この事故の位置図と状況図は議案説明書の3ページと4ページにお示しをいたしておりますので、ごらんいただきたいを思います。

 次に、報告第25号の専決処分の内容といたしましては、和解の相手方は尾道市栗原西二丁目1番11号尾道合同タクシー株式会社代表取締役佐藤英二郎氏、和解の原因といたしましては、平成11年9月16日午後0時40分ごろ尾道市栗原東二丁目16番28号雇用促進住宅1号棟東側市道上におきまして、土木建築部土木課の職員が公用車にて走行中、反対側を走行していたタクシーがスリップして道路中央を越えて公用車に衝突し、双方の車両を損傷したものでございます。

 和解の内容でございますが、双方の過失割合は尾道市10%、尾道合同タクシー株式会社90%とし、尾道市32万3,253円、尾道合同タクシー株式会社20万592円の損害額から相手方の過失を控除するとともに、賠償額を相殺し、尾道合同タクシー株式会社から27万868円を尾道市が受け取るものでございます。また、双方とも、本件事故に関し今後一切の請求、異議の申し立て等をしないとするものでございます。

 この事故の位置図と状況図は議案説明書の5ページと6ページにお示しをいたしておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 以上、2報告の補足説明とさせていただきます。御審議いただきまして御承認賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) 浜田財務部長。



◎財務部長(浜田明治) それでは、報告第26号につきまして私の方から御説明させていただきます。

 この報告は、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、9月30日付で専決処分をいたしたものでございます。同条第3項の規定によりまして御報告し、御承認をお願いするものでございます。

 平成11年度尾道市一般会計補正予算第2号についてでございますが、議案集の9ページ、報告第26号の専決処分書をごらんいただきたいと思います。

 地域振興券交付事業につきましては、平成10年度に当初2万5,000人分、5億円国庫補助金の交付を受けておりましたが、去る9月14日で交付実数が確定いたしました。2万5,637人に交付しておりますが、追加の637人分につきましては、国が平成11年度予算で補助金を支出するため、本市の予算も平成11年度で計上することになったものでございます。

 まず、第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、それぞれ1,274万円を追加いたしまして、歳入歳出それぞれ341億1,881万円とするものでございます。

 補正の内容でございますが、4ページをお開きください。歳出の地域振興券交付事業費で補助金1,274万円を増額するものでございまして、この補正財源は全額国庫補助金を充てております。

 以上、簡単な説明でございますが、よろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております3件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認め、さよう取り計らい、これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結いたします。

 これより報告第24号専決処分報告及びこれが承認を求めることについて、報告第25号専決処分及びこれが承認を求めることについて、報告第26号専決処分報告及びこれが承認を求めることについて、以上の3件を一括採決いたします。

 3件は承認することに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認めます。よって、3件は承認することに決しました。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第4 報告第27号・議案第101号〜議案第115号



○議長(神田誠規) 次に、日程第4、この場合、議題に供します案件の題名を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(浜谷勝利) 朗読いたします。

 報告第27号 平成10年度各会計における主要な施策の成果等に関する報告について

 議案第101号 決算認定について(平成10年度一般会計)

 議案第102号 決算認定について(平成10年度港湾事業特別会計)

 議案第103号 決算認定について(平成10年度国民健康保険事業特別会計)

 議案第104号 決算認定について(平成10年度と畜場事業特別会計)

 議案第105号 決算認定について(平成10年度公会堂事業特別会計)

 議案第106号 決算認定について(平成10年度土地造成事業特別会計)

 議案第107号 決算認定について(平成10年度住宅資金貸付事業特別会計)

 議案第108号 決算認定について(平成10年度千光寺山索道事業特別会計)

 議案第109号 決算認定について(平成10年度駐車場事業特別会計)

 議案第110号 決算認定について(平成10年度夜間救急診療所事業特別会計)

 議案第111号 決算認定について(平成10年度公共下水道事業特別会計)

 議案第112号 決算認定について(平成10年度老人保健事業特別会計)

 議案第113号 決算認定について(平成10年度東新涯土地区画整理事業特別会計)

 議案第114号 決算認定について(平成10年度多目的団地土地造成事業特別会計)

 議案第115号 決算認定について(平成10年度尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計)

 以上。



○議長(神田誠規) ただいま朗読の16件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 亀田市長。



◎市長(亀田良一) (登壇)議員の皆様におかれましては、公私とも御多忙のところ臨時議会に御参集を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、瀬戸内しまなみ海道が5月1日に開通して以来、10月17日までの170日間「しまなみ海道'99」の開通イベントを広島、愛媛の両県と、本市を初め沿線市町村が協力して行ってまいりました。おかげをもちまして、全体で608万7,500人という多くの方々の御参加をいただき、民間研究機関の試算では中四国地方の実質経済成長率を0.1%引き上げる効果があったとされております。

 本市のイベント集客数は170万5,000人近くに上り、駅前地区のコア会場では79万6,100人の人出を見ております。議員の皆様方や市民各位におかれましては、昨年4月から市制施行100周年記念事業に続きます長期にわたってのイベント開催に御尽力を、また御協力を賜りました。また、各方面からの多額の浄財を寄附していただき、おかげをもちまして盛況のうちにイベントを終了することができ、衷心より厚く御礼申し上げます。今後もこのにぎわいが続きますよう魅力あるまちづくりに努力してまいりたいと考えておりますので、引き続き御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、我が国の経済は一部の指数に改善の兆しが見られるものの、個人所得の減少、設備投資の低迷、企業の大胆なリストラによる失業者の増加など、依然として厳しい状況が続いております。本市におきましても、地域の景気回復に配慮した予算編成をしてまいったところでございますが、しまなみ海道開通効果を受けた一部の業界には幾分か明るさが戻っておりますものの全体では低迷が続いておりまして、地域経済の活性化は緊急の課題となっております。

 また、その他の当面する課題でございますが、イベント終了後の駅前の整備には早急に取り組み、本年度中には再開発事業を完了したいと考えております。4年制大学の設置、最終処分場の建設、介護保険の準備、中国横断自動車道尾道松江線の早期整備など多くの課題を抱えておりますが、それぞれ全力を挙げて取り組んでまいります。

 それでは、このたび御提案を申し上げております諸案件の審議をお願いするに当たりまして、総体的な御説明を申し上げます。

 このたびは、1998年(平成10年)度の尾道市各種会計決算の認定をお願いしておりますが、その概要を御説明申し上げます。

 1998年度の我が国経済は、平成の大不況と言われる景気の低迷が続き、政府におかれましては財政構造改革を一時凍結して、さまざまな景気刺激策を打ち出してきたところでございます。

 一方、地方財政は地方税の減収に加え、多額の借入金残高を抱えて極めて厳しい状況になっております。本市におきましても、歳入の根幹となる市税収入の伸び悩み、公債費の増大など近年にない厳しい行財政運営を迫られてまいりました。こうした中で、市内業者の景気刺激に配慮しながら施策の重点的執行と多様な財政需要にこたえた予算編成を行い、経常経費については節減に努めてきたところでございます。

 1998年度は市制施行100周年の記念すべき年であり、1年間を通じて多くの記念事業を実施いたしました。尾道駅前地区市街地再開発事業は急ピッチで整備を進め、瀬戸内しまなみ海道開通イベントのコア会場として利用できることとなりました。

 また、中国横断自動車道尾道松江線は、地方協力事業を進めながら建設促進を図っているところでございます。尾道大学(仮称)につきましては、2001年春の開学を目指して設置準備委員会を組織し、具体的検討に入っております。保健・医療・福祉の一環サービスの拠点としての尾道ふくしむら建設整備計画は順調に進んでおりまして、多目的広場、憩いの散歩道を整備いたしました。12月からは24時間対応型ホームヘルプサービスも開始しております。北部地区に建設予定の最終処分場は、基本設計を完了したところでございます。ごみ減量化対策では、新たにペットボトルの分別収集をするためストックヤードなど建設いたしました。農免道路建設や漁港建設などの農林漁業対策、千光寺登山道整備などの観光振興や中小企業向けの貸付金への利子補給の創設などの商工業振興、道路や公園の整備など、市民生活基盤の安定のため各種施策を実施してまいりました。

 教育関係では、美木中学校の校舎建設や向東小学校のプール建設、コンピューターの導入など21世紀を担う児童・生徒の教育環境を整備しております。また、古くからの尾道のよさに磨きをかけ、新たな文化ゾーンとして千光寺山中腹に尾道文学の館を整備いたしました。

 さて、1998年度の決算の概要でございますが、予算執行に当たりまして、歳入では市税、国県補助金等の積極的な確保、地方債の借り入れ、また歳出では、経常的経費の節減はもとより投資的経費につきましては景気対策、緊急度、緊要度を重視し、将来を展望した各種の事業に取り組んできたところでございます。

 この結果、一般会計では前年度に続いて実質収支は黒字となっております。また、財政調整基金、減債基金からの繰り入れを取りやめた反面、両基金への積み立てや地方債の繰上償還などに努めたこともあり、実質単年度収支も黒字にすることができました。

 今後の本市の行財政の運営につきましては、行財政改革の推進、経常経費の節減合理化に努め、限られた財源の重点的かつ効率的な運用と創意工夫により、住みやすいまちづくりに向け努力を重ねてまいりたいと考えております。

 次に、主要な施策につきましては、お手元に配付しております平成10年度主要な施策の成果で御報告しているところでございます。御高覧いただきたく存じます。その他の決算内容につきましては、担当部長より説明をいたさせますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上、1998年(平成10年)度決算の認定と報告につきまして、よろしく御審議の上、御認定、御承認を賜りますようお願い申し上げまして、総体的な説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(神田誠規) 浜田財務部長。



◎財務部長(浜田明治) それでは、私の方から、議案第101号から議案第115号までの平成10年度一般会計並びに特別会計の決算につきまして、お手元の決算書の1ページに掲げております決算総括表によりまして、その概要を御説明申し上げます。

 まず、一般会計についてでございますが、予算現額359億6,308万円に対しまして、歳入決算額は340億1,554万6,442円、歳出決算額は333億7,815万9,552円でございまして、差し引き6億3,738万6,890円となりますが、翌年度へ繰り越すべき財源5億4,315万1,000円を除いた実質収支では9,423万5,890円の黒字となっております。

 これは、歳入におきまして、市税は特別減税や不況の影響で減額になったものの、地方交付税の伸びや国、県補助金及び市債などの財源の積極的な確保に努めたことがその主な要因になっているものと考えております。

 また、歳出におきましては、経常経費の節減を図りながら市制施行100周年記念事業の開催、しまなみ海道'99イベントの準備、ふくしむらの整備やホームヘルプサービスの充実など福祉施設の拡充、観光施設の整備、農業基盤の整備、教育文化施設整備として美木中学校の建設、短期大学の四大化へ向けての取り組み、街路、市道の整備などの都市基盤づくり、生活関連施設の整備拡充に努めるとともに、景気対策など住民生活に係る諸施策を積極的に推進してまいったところでございます。

 次に、特別会計についてでございますが、その概要を御説明申し上げます。

 まず、港湾事業会計では、予算現額2億4,655万9,000円に対しまして、歳入決算額2億5,935万8,229円、歳出決算額2億2,442万2,765円で、差し引き3,493万5,464円を平成11年度へ繰り越しております。

 続いて、国民健康保険事業会計でございますが、予算現額73億981万7,000円に対しまして、歳入決算額は70億6,081万2,574円、歳出決算額68億5,417万780円で、差し引き2億664万1,794円を平成11年度へ繰り越しております。

 なお、この会計に対しましては、基盤の安定を図るためなどによりまして、一般会計から4億3,472万6,000円の繰り入れを行っております。

 次に、と畜場事業会計でございますが、予算現額2,104万円に対しまして、歳入歳出決算額ともに2,024万4,382円となっておりますが、一般会計から1,068万7,122円の繰り入れをいたして、収支の均衡を図っております。

 続きまして、公会堂事業会計ですが、予算現額2億3,537万4,000円に対しまして、歳入歳出決算額ともに2億532万7,758円となっております。公会堂別館の改修事業費を含め、一般会計から1億9,168万9,248円の繰り入れをいたしまして、収支の均衡を図っております。

 続いて、土地造成事業会計では、予算現額614万6,000円に対しまして、歳入歳出決算額ともに614万5,040円となっております。歳入の全額を一般会計へ繰り出しをいたしております。

 次に、住宅資金貸付事業会計では、予算現額3,023万4,000円に対しまして、歳入決算額3,157万750円、歳出決算額3,019万8,901円で、差し引き137万1,849円を平成11年度へ繰り越しております。

 次に、千光寺山索道事業会計でございますが、予算現額7,253万6,000円に対し、歳入歳出決算額ともに7,130万4,483円となっておりますが、運輸収入の減を一般会計から1,229万9,459円の繰り出しをいたしまして、収支の均衡を図っております。

 次に、駐車場事業会計では、予算現額2億1,330万円に対しまして、歳入歳出決算額ともに1億8,747万2,300円となっております。この会計につきましては、久保駐車場の改修経費など必要経費を除いた残額98万8,776円を一般会計へ繰り出しをいたしております。

 次に、夜間救急診療所事業会計では、予算現額1億2,297万円に対しまして、歳入歳出決算額ともに1億2,000万5,774円となっておりますが、一般会計から4,350万3,939円を繰り入れいたしまして、収支の均衡を図っております。

 続いて、公共下水道事業会計でございます。予算現額22億6,699万8,000円に対しまして、歳入歳出決算額ともに19億1,212万874円となっております。本会計につきましても、一般会計から8億1,655万7,813円の繰り入れをいたしまして、収支の均衡を図っております。

 次に、老人保健事業会計では、予算現額122億2,855万9,000円に対しまして、歳入歳出決算額ともに121億3,312万5,206円になっておりますが、この会計につきましても一般会計から7億2,993万9,577円の繰り入れをいたしまして、収支の均衡を図っております。

 次に、東新涯土地区画整理事業会計では、予算現額1億9,413万4,000円に対し、歳入決算額は1億9,406万5,725円、歳出決算額は1億7,524万8,857円で、差し引き1,881万6,868円を平成11年度へ繰り越しております。この会計につきましては、公共事業分として一般会計から1億4,349万6,112円の繰り入れをいたしております。

 続いて、多目的団地土地造成事業会計でございますが、予算現額101万円に対しまして、歳入歳出決算額とも各費目未執行のため全額不用額となっております。

 最後に、尾道駅前地区市街地再開発事業会計でございますが、予算現額78億4,974万7,000円に対しまして、歳入歳出決算額とも77億9,981万8,287円となっております。一般会計から6億5,576万7,730円の繰り入れをいたしまして、収支の均衡を図っております。

 以上、平成10年度の一般会計並びに特別会計の15議案にかかわります決算につきまして簡単に説明を申し上げましたが、御審議の上、御認定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 議案第101号から第115号に至る15案は、決算特別委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 暫時休憩いたします。

                午後2時4分 休憩

  ────────────────── * ──────────────────

                午後2時40分 再開



○議長(神田誠規) 全員おそろいでございます。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程の追加



○議長(神田誠規) この際、日程の追加についてお諮りいたします。

 休憩中に決算特別委員長から、議案第101号から議案第115号に至る一般会計及び各特別会計の決算認定については閉会中の継続審査の申し出がありましたので、日程第5として委員会の閉会中の継続審査に付することについてを追加いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認め、さよう決しました。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第5 委員会の閉会中の継続審査に付することについて



○議長(神田誠規) 次に、日程第5、委員会の閉会中の継続審査に付することについてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議案第101号から議案第115号に至る一般会計及び各特別会計の決算認定について、15案は決算特別委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

  ────────────────── * ──────────────────



○議長(神田誠規) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 会期は本日1日限りとなっておりますので、これをもって本日の会議を散会すると同時に、今期臨時会を閉会いたします。

 御苦労でございました。

                午後2時41分 閉会

  ────────────────── * ──────────────────

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



     尾 道 市 議 会 議 長







     尾 道 市 議 会 議 員







     尾 道 市 議 会 議 員