議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 尾道市

平成17年第7回12月定例会 12月20日−04号




平成17年第7回12月定例会 − 12月20日−04号







平成17年第7回12月定例会



              平成17年12月20日(火曜日)

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――

                 議事日程第20号

           (平成17年12月20日 午後1時30分開議)

第1 議案第308号 平成17年度尾道市一般会計補正予算(第7号)

   議案第309号 平成17年度尾道市港湾事業特別会計補正予算(第1号)

   議案第310号 平成17年度尾道市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)

   議案第311号 平成17年度尾道市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)

   議案第312号 平成17年度尾道市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)

   議案第313号 平成17年度尾道市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)

   議案第314号 平成17年度尾道市尾道大学事業特別会計補正予算(第3号)

   議案第315号 平成17年度尾道市救護施設事業特別会計補正予算(第2号)

   議案第316号 平成17年度尾道市農業集落排水事業特別会計予算

   議案第317号 平成17年度尾道市渡船事業特別会計予算

   議案第318号 平成17年度尾道市水道事業会計補正予算(第2号)

   議案第319号 平成17年度尾道市自動車運送事業会計補正予算(第1号)

   議案第320号 平成17年度尾道市病院事業会計補正予算(第2号)

   議案第321号 尾道市公告式条例の一部を改正する条例案

   議案第322号 尾道市待遇条例の一部を改正する条例案

   議案第323号 尾道市表彰条例の一部を改正する条例案

   議案第324号 尾道市名誉市民条例の一部を改正する条例案

   議案第325号 職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第326号 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第327号 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第328号 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第329号 尾道市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第330号 尾道市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第331号 尾道市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第332号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第333号 尾道市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第334号 尾道市個人情報保護条例の一部を改正する条例案

   議案第335号 尾道市情報公開条例の一部を改正する条例案

   議案第336号 尾道市行政手続条例の一部を改正する条例案

   議案第337号 尾道市公の施設における指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第338号 尾道市印鑑条例の一部を改正する条例案

   議案第339号 尾道市同和対策大学等奨学資金貸付条例の一部を改正する条例案

   議案第340号 尾道市同和対策小口資金貸付条例の一部を改正する条例案

   議案第341号 尾道市違法駐車等の防止に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第342号 尾道市重症心身障害者福祉年金条例の一部を改正する条例案

   議案第343号 尾道市重度心身障害者医療費助成条例の一部を改正する条例案

   議案第344号 尾道市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部を改正する条例案

   議案第345号 尾道市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例案

   議案第346号 尾道市老人医療費助成条例の一部を改正する条例案

   議案第347号 尾道市農林水産事業分担金徴収条例の一部を改正する条例案

   議案第348号 尾道市県営土地改良事業分担金徴収条例の一部を改正する条例案

   議案第349号 尾道市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例案

   議案第350号 尾道市法定外道路、河川等の管理及び占用料徴収条例の一部を改正する条例案

   議案第351号 因島市及び瀬戸田町の編入に伴う尾道市税条例等の適用の特例に関する条例案

   議案第352号 因島市及び瀬戸田町の編入に伴う尾道市国民健康保険条例の適用の特例に関する条例案

   議案第353号 因島市同和地区住宅資金貸付条例の規定に基づく貸付金の経過措置に関する条例案

   議案第354号 瀬戸田町住宅資金貸付条例の規定に基づく貸付金の経過措置に関する条例案

   議案第355号 尾道市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例案

   議案第356号 尾道市立学校設置条例の一部を改正する条例案

   議案第357号 尾道市立学校施設等使用条例の一部を改正する条例案

   議案第358号 尾道市学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例案

   議案第359号 尾道市公民館条例の一部を改正する条例案

   議案第360号 尾道市保育所(園)設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第361号 尾道市児童遊園地設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第362号 尾道市立いきいきサロン設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第363号 尾道市営単市住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第364号 尾道市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第365号 尾道市港湾施設管理条例の一部を改正する条例案

   議案第366号 尾道市因島細島ハウス設置及び管理条例案

   議案第367号 生口島開発総合センターの設置及び管理に関する条例案

   議案第368号 因島アメニティ公園条例案

   議案第369号 尾道市因島地域公園設置及び管理条例案

   議案第370号 尾道市因島野外ステージ設置及び管理条例案

   議案第371号 尾道市因島史料館設置及び管理条例案

   議案第372号 尾道市瀬戸田歴史民俗資料館設置及び管理条例案

   議案第373号 芸予文化情報センター設置及び管理条例案

   議案第374号 尾道市営墓園・墓地条例案

   議案第375号 シトラスパーク設置及び管理条例案

   議案第376号 因島漁船等巻揚施設設置及び管理条例案

   議案第377号 尾道市瀬戸田町農業集落排水施設の設置及び管理に関する条例案

   議案第378号 尾道市瀬戸田町農業集落排水施設使用料条例案

   議案第379号 尾道市港湾ビル設置及び管理条例案

   議案第380号 職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第381号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第382号 尾道市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例案

   議案第383号 尾道市吏員退隠料退職給与金遺族扶助料及死亡給与金条例の一部を改正する条例案

   議案第384号 尾道市企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例案

   議案第385号 尾道市特別会計条例の一部を改正する条例案

   議案第386号 市立学校に於ける授業料その他の費用に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第387号 尾道市消防団条例の一部を改正する条例案

   議案第388号 尾道市消防団員表彰条例の一部を改正する条例案

   議案第389号 尾道市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

   議案第390号 尾道市消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例案

   議案第391号 尾道市税条例及び尾道市都市計画税条例の一部を改正する条例案

   議案第392号 尾道市国民健康保険条例の一部を改正する条例案

   議案第393号 尾道市交通安全対策会議条例の一部を改正する条例案

   議案第394号 尾道市斎場及び火葬場条例の一部を改正する条例案

   議案第395号 尾道市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第396号 尾道市の自然環境を守る条例の一部を改正する条例案

   議案第397号 尾道市中小企業振興条例の一部を改正する条例案

   議案第398号 尾道市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第399号 尾道市都市公園条例の一部を改正する条例案

   議案第400号 尾道市都市計画審議会条例の一部を改正する条例案

   議案第401号 尾道市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第402号 尾道市水道給水条例の一部を改正する条例案

   議案第403号 尾道市の市技を定める条例案

   議案第404号 尾道市因島市民会館設置及び管理条例案

   議案第405号 尾道市因島レストハウス条例案

   議案第406号 因島水軍城設置及び管理条例案

   議案第407号 因島アメニティプール設置及び管理条例案

   議案第408号 平山郁夫美術館設置及び管理条例案

   議案第409号 尾道市営因島ひまわりプール設置及び管理条例案

   議案第410号 尾道市コミュニティスポーツ施設設置及び管理条例案

   議案第411号 尾道市渡船条例案

   議案第412号 尾道市人権文化センター等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第413号 尾道市立図書館設置条例の一部を改正する条例案

   議案第414号 尾道市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例案

   議案第415号 尾道市勤労者体育センター設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第416号 尾道市工場等設置奨励条例の一部を改正する条例案

   議案第417号 尾道市因島定期輸送車の運行及び管理条例案

   議案第418号 尾道市因島福祉会館設置及び管理条例案

   議案第419号 尾道市保健センター設置及び管理条例案

   議案第420号 尾道市養護老人ホーム設置及び管理条例案

   議案第421号 尾道市因島デイサービスセンター設置及び管理条例案

   議案第422号 尾道市因島椋の里ゆうあいランド設置及び管理条例案

   議案第423号 尾道市瀬戸田町B&G海洋センター設置及び管理条例案

   議案第424号 尾道市瀬戸田サンセットビーチ設置及び管理条例案

   議案第425号 尾道市囲碁振興基金条例案

   議案第426号 尾道市ふるさと振興基金条例案

   議案第427号 尾道市介護保険条例の一部を改正する条例案

   議案第428号 尾道市消防手数料条例案

   議案第429号 尾道市火災予防条例案

   議案第430号 市道路線の認定について

   議案第431号 市道路線の認定について

   議案第432号 市道路線の認定について

   議案第433号 市道路線の変更について

   議案第434号 市道路線の変更について

   議案第435号 土地改良事業の計画変更について

   議案第436号 土地改良事業の計画変更について

   議案第437号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第438号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第439号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第440号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第441号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第442号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第443号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第444号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第445号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第446号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第447号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第448号 公の施設の指定管理者の指定について

   議案第449号 上水道管理事務の事務委託に関する規約の変更について

   議案第450号 港湾管理事務の事務委託に関する規約の変更について

   議案第451号 尾道市・因島市合併協議会の廃止について

   議案第452号 尾道市・瀬戸田町合併協議会の廃止について

   議案第453号 職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第454号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条例案

   議案第455号 尾道市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例案

   議案第456号 尾道市水防協議会条例の一部を改正する条例案

   議案第457号 みつぎいこい会館設置及び管理条例案

   議案第458号 尾道市福祉保健施設設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第459号 尾道市御調圓鍔記念公園設置及び管理条例案

   議案第460号 尾道商業会議所記念館設置及び管理条例案

   議案第461号 尾道市公立みつぎ総合病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第462号 みつぎふれあいの里設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第463号 尾道市御調グラウンド・ゴルフ場設置及び管理条例案

   議案第464号 尾道市農村集落多目的共同利用施設設置及び管理条例案

   議案第465号 向島岩子島農業構造改善センター設置及び管理条例案

   議案第466号 向島洋らんセンター設置及び管理条例案

   議案第467号 向島漁村センター設置及び管理条例案

   議案第468号 尾道市因島地区地域振興推進委員設置条例案

   議案第469号 尾道市瀬戸田地区地域振興推進委員設置条例案

   議案第470号 尾道市営駐車場設置及び管理条例等の一部を改正する条例案

   議案第471号 尾道市因島運動公園条例案

   議案第472号 尾道市瀬戸田市民会館設置及び管理に関する条例案

   議案第473号 尾道市因島地区修学資金貸付条例案

   議案第474号 尾道市瀬戸田町奨学金貸付基金の設置及び管理に関する条例案

   議案第475号 尾道市瀬戸田福祉保健センター設置及び管理条例案

   議案第476号 尾道市放課後児童会条例の一部を改正する条例案

   議案第477号 尾道市立因島ふれあいプラザ設置及び管理条例案

   議案第478号 瀬戸田町集会施設の設置及び管理条例案

   議案第479号 尾道市職員給与条例の一部を改正する条例案

   議案第480号 消防特殊勤務手当条例案

   議案第481号 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第482号 尾道市特殊勤務手当条例の一部を改正する条例案

   議案第483号 福山市と尾道市との間におけるし尿処理施設共同排水施設管理事務の委託について

          (以上176案一括上程、各委員長報告)

第2 合併により失職する市議会議員が新たな職に就任することにともない支給することとなる報酬に関する請願

   (委員長の報告省略予定)

第3 建第14号議案 尾道市議会委員会条例の一部を改正する条例案

          (委員会の付託省略予定)

                                    以 上

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――

本日の会議に付した事件

日程第1 議案第308号 平成17年度尾道市一般会計補正予算(第7号)

     議案第309号 平成17年度尾道市港湾事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第310号 平成17年度尾道市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第311号 平成17年度尾道市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第312号 平成17年度尾道市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第313号 平成17年度尾道市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第314号 平成17年度尾道市尾道大学事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第315号 平成17年度尾道市救護施設事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第316号 平成17年度尾道市農業集落排水事業特別会計予算

     議案第317号 平成17年度尾道市渡船事業特別会計予算

     議案第318号 平成17年度尾道市水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第319号 平成17年度尾道市自動車運送事業会計補正予算(第1号)

     議案第320号 平成17年度尾道市病院事業会計補正予算(第2号)

     議案第321号 尾道市公告式条例の一部を改正する条例案

     議案第322号 尾道市待遇条例の一部を改正する条例案

     議案第323号 尾道市表彰条例の一部を改正する条例案

     議案第324号 尾道市名誉市民条例の一部を改正する条例案

     議案第325号 職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第326号 職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第327号 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第328号 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第329号 尾道市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第330号 尾道市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第331号 尾道市立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第332号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第333号 尾道市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第334号 尾道市個人情報保護条例の一部を改正する条例案

     議案第335号 尾道市情報公開条例の一部を改正する条例案

     議案第336号 尾道市行政手続条例の一部を改正する条例案

     議案第337号 尾道市公の施設における指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第338号 尾道市印鑑条例の一部を改正する条例案

     議案第339号 尾道市同和対策大学等奨学資金貸付条例の一部を改正する条例案

     議案第340号 尾道市同和対策小口資金貸付条例の一部を改正する条例案

     議案第341号 尾道市違法駐車等の防止に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第342号 尾道市重症心身障害者福祉年金条例の一部を改正する条例案

     議案第343号 尾道市重度心身障害者医療費助成条例の一部を改正する条例案

     議案第344号 尾道市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部を改正する条例案

     議案第345号 尾道市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例案

     議案第346号 尾道市老人医療費助成条例の一部を改正する条例案

     議案第347号 尾道市農林水産事業分担金徴収条例の一部を改正する条例案

     議案第348号 尾道市県営土地改良事業分担金徴収条例の一部を改正する条例案

     議案第349号 尾道市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例案

     議案第350号 尾道市法定外道路、河川等の管理及び占用料徴収条例の一部を改正する条例案

     議案第351号 因島市及び瀬戸田町の編入に伴う尾道市税条例等の適用の特例に関する条例案

     議案第352号 因島市及び瀬戸田町の編入に伴う尾道市国民健康保険条例の適用の特例に関する条例案

     議案第353号 因島市同和地区住宅資金貸付条例の規定に基づく貸付金の経過措置に関する条例案

     議案第354号 瀬戸田町住宅資金貸付条例の規定に基づく貸付金の経過措置に関する条例案

     議案第355号 尾道市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例案

     議案第356号 尾道市立学校設置条例の一部を改正する条例案

     議案第357号 尾道市立学校施設等使用条例の一部を改正する条例案

     議案第358号 尾道市学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例案

     議案第359号 尾道市公民館条例の一部を改正する条例案

     議案第360号 尾道市保育所(園)設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第361号 尾道市児童遊園地設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第362号 尾道市立いきいきサロン設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第363号 尾道市営単市住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第364号 尾道市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第365号 尾道市港湾施設管理条例の一部を改正する条例案

     議案第366号 尾道市因島細島ハウス設置及び管理条例案

     議案第367号 生口島開発総合センターの設置及び管理に関する条例案

     議案第368号 因島アメニティ公園条例案

     議案第369号 尾道市因島地域公園設置及び管理条例案

     議案第370号 尾道市因島野外ステージ設置及び管理条例案

     議案第371号 尾道市因島史料館設置及び管理条例案

     議案第372号 尾道市瀬戸田歴史民俗資料館設置及び管理条例案

     議案第373号 芸予文化情報センター設置及び管理条例案

     議案第374号 尾道市営墓園・墓地条例案

     議案第375号 シトラスパーク設置及び管理条例案

     議案第376号 因島漁船等巻揚施設設置及び管理条例案

     議案第377号 尾道市瀬戸田町農業集落排水施設の設置及び管理に関する条例案

     議案第378号 尾道市瀬戸田町農業集落排水施設使用料条例案

     議案第379号 尾道市港湾ビル設置及び管理条例案

     議案第380号 職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第381号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第382号 尾道市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例案

     議案第383号 尾道市吏員退隠料退職給与金遺族扶助料及死亡給与金条例の一部を改正する条例案

     議案第384号 尾道市企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例案

     議案第385号 尾道市特別会計条例の一部を改正する条例案

     議案第386号 市立学校に於ける授業料その他の費用に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第387号 尾道市消防団条例の一部を改正する条例案

     議案第388号 尾道市消防団員表彰条例の一部を改正する条例案

     議案第389号 尾道市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

     議案第390号 尾道市消防等賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例案

     議案第391号 尾道市税条例及び尾道市都市計画税条例の一部を改正する条例案

     議案第392号 尾道市国民健康保険条例の一部を改正する条例案

     議案第393号 尾道市交通安全対策会議条例の一部を改正する条例案

     議案第394号 尾道市斎場及び火葬場条例の一部を改正する条例案

     議案第395号 尾道市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第396号 尾道市の自然環境を守る条例の一部を改正する条例案

     議案第397号 尾道市中小企業振興条例の一部を改正する条例案

     議案第398号 尾道市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第399号 尾道市都市公園条例の一部を改正する条例案

     議案第400号 尾道市都市計画審議会条例の一部を改正する条例案

     議案第401号 尾道市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第402号 尾道市水道給水条例の一部を改正する条例案

     議案第403号 尾道市の市技を定める条例案

     議案第404号 尾道市因島市民会館設置及び管理条例案

     議案第405号 尾道市因島レストハウス条例案

     議案第406号 因島水軍城設置及び管理条例案

     議案第407号 因島アメニティプール設置及び管理条例案

     議案第408号 平山郁夫美術館設置及び管理条例案

     議案第409号 尾道市営因島ひまわりプール設置及び管理条例案

     議案第410号 尾道市コミュニティスポーツ施設設置及び管理条例案

     議案第411号 尾道市渡船条例案

     議案第412号 尾道市人権文化センター等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第413号 尾道市立図書館設置条例の一部を改正する条例案

     議案第414号 尾道市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例案

     議案第415号 尾道市勤労者体育センター設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第416号 尾道市工場等設置奨励条例の一部を改正する条例案

     議案第417号 尾道市因島定期輸送車の運行及び管理条例案

     議案第418号 尾道市因島福祉会館設置及び管理条例案

     議案第419号 尾道市保健センター設置及び管理条例案

     議案第420号 尾道市養護老人ホーム設置及び管理条例案

     議案第421号 尾道市因島デイサービスセンター設置及び管理条例案

     議案第422号 尾道市因島椋の里ゆうあいランド設置及び管理条例案

     議案第423号 尾道市瀬戸田町B&G海洋センター設置及び管理条例案

     議案第424号 尾道市瀬戸田サンセットビーチ設置及び管理条例案

     議案第425号 尾道市囲碁振興基金条例案

     議案第426号 尾道市ふるさと振興基金条例案

     議案第427号 尾道市介護保険条例の一部を改正する条例案

     議案第428号 尾道市消防手数料条例案

     議案第429号 尾道市火災予防条例案

     議案第430号 市道路線の認定について

     議案第431号 市道路線の認定について

     議案第432号 市道路線の認定について

     議案第433号 市道路線の変更について

     議案第434号 市道路線の変更について

     議案第435号 土地改良事業の計画変更について

     議案第436号 土地改良事業の計画変更について

     議案第437号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第438号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第439号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第440号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第441号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第442号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第443号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第444号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第445号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第446号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第447号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第448号 公の施設の指定管理者の指定について

     議案第449号 上水道管理事務の事務委託に関する規約の変更について

     議案第450号 港湾管理事務の事務委託に関する規約の変更について

     議案第451号 尾道市・因島市合併協議会の廃止について

     議案第452号 尾道市・瀬戸田町合併協議会の廃止について

     議案第453号 職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第454号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条例案

     議案第455号 尾道市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例案

     議案第456号 尾道市水防協議会条例の一部を改正する条例案

     議案第457号 みつぎいこい会館設置及び管理条例案

     議案第458号 尾道市福祉保健施設設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第459号 尾道市御調圓鍔記念公園設置及び管理条例案

     議案第460号 尾道商業会議所記念館設置及び管理条例案

     議案第461号 尾道市公立みつぎ総合病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第462号 みつぎふれあいの里設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第463号 尾道市御調グラウンド・ゴルフ場設置及び管理条例案

     議案第464号 尾道市農村集落多目的共同利用施設設置及び管理条例案

     議案第465号 向島岩子島農業構造改善センター設置及び管理条例案

     議案第466号 向島洋らんセンター設置及び管理条例案

     議案第467号 向島漁村センター設置及び管理条例案

     議案第468号 尾道市因島地区地域振興推進委員設置条例案

     議案第469号 尾道市瀬戸田地区地域振興推進委員設置条例案

     議案第470号 尾道市営駐車場設置及び管理条例等の一部を改正する条例案

     議案第471号 尾道市因島運動公園条例案

     議案第472号 尾道市瀬戸田市民会館設置及び管理に関する条例案

     議案第473号 尾道市因島地区修学資金貸付条例案

     議案第474号 尾道市瀬戸田町奨学金貸付基金の設置及び管理に関する条例案

     議案第475号 尾道市瀬戸田福祉保健センター設置及び管理条例案

     議案第476号 尾道市放課後児童会条例の一部を改正する条例案

     議案第477号 尾道市立因島ふれあいプラザ設置及び管理条例案

     議案第478号 瀬戸田町集会施設の設置及び管理条例案

     議案第479号 尾道市職員給与条例の一部を改正する条例案

     議案第480号 消防特殊勤務手当条例案

     議案第481号 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第482号 尾道市特殊勤務手当条例の一部を改正する条例案

     議案第483号 福山市と尾道市との間におけるし尿処理施設共同排水施設管理事務の委託について

日程第2 合併により失職する市議会議員が新たな職に就任することにともない支給することとなる報酬に関する請願

日程第3 建第14号議案 尾道市議会委員会条例の一部を改正する条例案

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――

出席議員(33名)

    1番 清 川 隆 信             2番 三 浦 幸 広

    3番 奥 田 徳 康             4番 新 田 隆 雄

    5番 吉 和   宏             6番 山 根 信 行

    7番 山 戸 重 治             8番 植 田   稔

    9番 檀 上 正 光            11番 平 田 久 司

   12番 東 山 松 一            13番 杉 原 孝一郎

   14番 高 橋 紀 昭            15番 杉 原 璋 憲

   16番 半 田 安 正            17番 井 上 文 伸

   18番 新 田 賢 慈            19番 越 智 征 士

   20番 山 中 善 和            21番 村 上 俊 昭

   22番 宇円田 良 孝            23番 金 口   巖

   24番 永 田 明 光            25番 佐 藤 志 行

   26番 藤 本 友 行            27番 神 田 誠 規

   28番 松 谷 成 人            29番 木 曽   勇

   30番 助 永 一 男            31番 高 垣   等

   32番 住 田 哲 博            33番 魚 谷   悟

   34番 寺 本 真 一

欠席議員(1名)

   10番 荒 川 京 子

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――

説明のため出席した者

   市長      亀 田 良 一     助役      若 住 久 吾

   収入役     村 上 康 則     教育長     平 谷 祐 宏

   公立みつぎ総合病院事業管理者      企画部長    村 上 年 久

           山 口   昇

   財務部長    藤 井 正 喜     総務部長    西 岡 伸 夫

   市民生活部長  杉ノ原 憲 之     福祉保健部長  小 林   積

   産業部長    中 司 孝 秀     建設部長    小田原 輝 志

   都市部長    宇 根 敬 治     参事(都市観光担当)

                               柚 木 延 敏

   御調支所長   田 頭 敬 康     向島支所長   林 原   純

   教育次長    瓜 生 八百実     水道局長    本 山 勝 美

   交通局長    吉 本 宗 雄     市民病院事務部長加 納   彰

   参事(消防団・消防水利担当)      財務課長    岩 井   誠

           森 上 孝 司

   総務課長    松 山   譲

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――

事務局出席者

   事務局長    門 田 昭一郎     事務局次長   吉 原 敏 夫

   議事調査係長  村 上 慶 弘     議事調査係主任 坂 本 節 子

   議事調査係主事 森 本 祐 二







  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――

                午後1時30分 開議



○議長(佐藤志行) ただいま出席議員33名であります。

 定足数に達しておりますから、これより本日の会議を開きます。

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――



△諸般の報告



○議長(佐藤志行) この際、諸般の報告をいたします。

 10番荒川議員よりは差し支え不参の旨、届け出がありました。

 今期定例会において本日までに受理した陳情、要望は、お手元に印刷、配付の陳情書・要望書一覧表のとおり、学校法人広島信望愛学園尾道清心幼稚園理事長三未篤實氏ほかより園舎建てかえ用地に関する陳情書が提出されております。

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――



△議事日程



○議長(佐藤志行) 本日の議事日程は、お手元に印刷、配付のとおりであります。

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――



△会議録署名議員の指名



○議長(佐藤志行) 本日の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において30番助永議員及び31番高垣議員を指名いたします。

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――



△日程第1 議案第308号〜議案第483号



○議長(佐藤志行) これより日程に入ります。

 日程第1、議案第308号平成17年度尾道市一般会計補正予算(第7号)から議案第483号福山市と尾道市との間におけるし尿処理施設共同排水施設管理事務の委託についてまで、以上の176案を一括議題といたします。

 各委員長の報告を求めます。

 26番、藤本総務委員長。



◆26番(藤本友行) (登壇)それでは、ただいま一括議題に供されました議案中、総務委員会に付託を受けました案件につきまして、委員会における審査の経過並びにその結果を御報告申し上げます。

 本委員会への付託議案は、議案第308号平成17年度尾道市一般会計補正予算中、所管部分外67議案でありますが、審査はこれらを一括して行いました。

 まず、委員より、議案第308号一般会計66億8,711万3,000円の増額補正にかかわり、平成17年度末の地方債残高見込み額、基金の残高見込み額、決算カードで見る経常収支比率の推移等、2市1町分の内訳についてただしたのに対し、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 続いて、同委員より、この財政実態をどのように受けとめているのかとただしたのに対し、理事者より、市債残高が増加し経常収支比率も高くなり、財政が硬直化してくるため、歳入財源の確保はより重要となってくる。特に、国の動向に大きく左右されるので注意したい。今後は、スケールメリットを生かし、歳入に見合った堅実な財政運営が強く求められてくると答弁がありました。

 これに関連して、他の委員より、因島市、瀬戸田町の過去3年間の起債残高の推移についてただしたのに対し、理事者より、一般会計の地方債残高は減少傾向にあると答弁がありました。

 次に、委員より、金山・赤崎渡船運航事業補助金の増額補正にかかわり、事業の内容についてただしたのに対し、理事者より、因島−生口島間の生活航路として民間事業者により1日37往復されており、因島市が年間1,440万円の補助金を交付することにしていると答弁がありました。

 次に、委員より、退職手当3億8,219万円の増額補正にかかわり、その内訳についてただしたのに対し、理事者より、合併に伴うものであり、因島市の失職する市長等三役、教育長、職員の定年退職者等を含む19名分であると答弁がありました。

 次に、委員より、観光費の共益費にかかわり、今後の本四ビルの活用や契約条件等についてただしたのに対し、理事者より、1階のホールはしまなみ海道の文化やすぐれた橋梁、景観等を紹介する場として無償で借りているが、警備、電気代等を負担するものであると答弁がありました。

 次に、委員より、尾道大学事業特別会計の司書報酬増額補正にかかわり、その要因と収納可能冊数等についてただしたのに対し、理事者より、平成16年度から4学年がそろったことや大学院設置に伴い、利用者の利便性を考慮し、開館時間を延長したためである。現在の蔵書は10万9,500冊であるが、収納可能冊数は14万冊が限度であり、今後の施設整備について学内で論議をしていると答弁がありました。

 次に、委員より、議案第403号囲碁を市技に定める条例案にかかわって、碁会所及び碁に関する展示、顕彰等について質疑、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 次に、委員より、議案第366号、404号、406号にかかわり、因島細島ハウス、因島市民会館、因島水軍城の概要や収支状況、管理形態、利用状況、施設の指定管理者導入等についてただしたのに対し、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 次に、委員より、議案第446号新尾道駅周辺の3駐車場及び東尾道駅駐車場の指定管理者の指定にかかわって、指定管理者選定の経緯や管理運営についてただしたのに対し、理事者より、3社からの応募があり、選考委員会を開催し、市外の業者ではあるが収益性があり、市内の人材を配置するということで選定した。管理運営については、利用頻度により対応しており、利用料金についても設置当初の目的により異なっていると答弁がありました。

 これに関連して、他の委員より、指定管理者の市への納入額は駐車場利用料金の81.5%となっており、議案第447号中央駐車場及び長崎駐車場の指定管理者は収入合計の40%以上の額を市に納入するとなっているが、この2議案の整合性についてただしたのに対し、理事者より、施設の内容の違いによるものであり、駅周辺駐車場は純然たる駐車場の運営であり、因島地区分は店舗、貸し事務所、バスセンター等が付随しており、光熱費、施設の保守点検等多岐にわたり、それが収益率の差となっていると答弁がありました。

 次に、同委員より、議案第417号因島定期輸送車の運行及び管理にかかわって、住民要望のあるものについて、一定の費用がかかっても利便性を図るという視点で尾道市全域に広げてほしいと要望がありました。

 次に、委員より、議案第478号瀬戸田町集会施設の設置及び管理にかかわって、今後の運営形態について質疑、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 次に、委員より、議案第454号長期継続契約を締結することができる契約を定める条例案にかかわって、契約期間は5年以内とあるが、中途の契約解除はできるのかとただしたのに対し、理事者より、契約書の中で不正行為や義務の不履行の場合は解除できるようにして対処すると答弁がありました。

 次に、同委員より、議案第455号行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例案にかかわって、利用できる申請や届け出の内容等についてただしたのに対し、理事者より、住居番号の設定、変更、廃止など6件の届け出が来年1月よりできるようになると答弁がありました。

 これに関連して、他の委員より、経費については今後4年間で4,300万円とのことであるが、補助金はあるのかとただしたのに対し、理事者より、来年度広島県市町村振興協会から400万円程度あると答弁がありました。

 次に、委員より、議案第468号、議案第469号の因島地区、瀬戸田地区地域振興推進委員の設置にかかわって、今回の提案は御調、向島地区の地域振興推進委員の活動状況から、この程度で有効に機能するのか、また任期をなぜ平成19年4月30日としたのかとただしたのに対し、理事者より、この制度は有効に機能している。任期については、因島市議会及び瀬戸田町議会より申し出があり、このことを最大限尊重した結果であると答弁がありました。

 そのほか、議案に関するものとして、委員より、指定管理者導入に当たっての市内業者優先と法にのっとった雇用関係、障害者の雇用、労働条件の確保、電子自治体としての今後の計画及び情報漏えい防止等について質疑、意見、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 以上、審査の概要を申し上げましたが、本委員会に付託を受けました68議案につきましては、慎重に審査を行い、議案第468号、議案第469号の2案につきましては賛成多数で可決し、残る66議案につきましては原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定した次第であります。

 以上で報告といたします。



○議長(佐藤志行) 1番、清川民生委員長。



◆1番(清川隆信) (登壇)続きまして、民生委員会に付託を受けました案件につきまして、その審査の経過並びに結果を簡単に御報告を申し上げます。

 本委員会への付託議案は、議案第308号平成17年度尾道市一般会計補正予算(第7号)中、所管部分外42案で、これらを一括して審査を行いました。

 まず、委員より、議案第308号にかかわり、衛生費で乳幼児等の予防接種の広域化に伴う予算が計上されているが、尾道市民が市外の医療機関で予防接種を受けた場合の現在と広域化後のそれぞれの対応についてただしたのに対し、理事者より、現在の予防接種は住所地以外でも接種可能であるが、その場合の費用は全額自己負担である。ただし、福山市、府中市、神辺町との間では住所地以外の市町で接種した場合でも、各市町で相互に費用負担をするという取り決めをしている。広域化予防接種事業については、県医師会が推進し、尾道市は来年度からこの事業を実施する準備を行っているが、これにより広島県下であればどこの自治体でも接種でき、費用は住民の住所地である各自治体が負担することになると答弁がありました。

 さらに、委員より、予防接種に伴う医療事故等が起きた場合の対応についてただしたのに対し、予防接種法において健康被害の救済が定められており、手続については、まず市において健康被害調査委員会を設置し、医療費、医療手当、障害年金の支給等について検討し、県を経由して厚生労働省に提出、厚生労働審議会で医療費等の支給の可否を決定するという流れである。経費の負担について、国が2分の1、県、市が4分の1であると答弁がありました。

 これに対して、委員より、広域化による医療費の節減につながると思われるので、制度がうまく活用されるようスムーズな運営を行ってほしいと要望がありました。

 続いて、ほかの委員より、債務負担行為補正及び議案第360号尾道市保育所(園)設置及び管理条例の一部を改正する条例案に関して、栗原保育園、吉和保育園の管理運営について指定管理者制度を適用する理由及び現状の民間委託の場合と指定管理者制度にした場合の運営費の差額についてただしたのに対し、理事者より、2園については平成14年、15年に公立保育所を行政改革の一環で、それぞれ民間に運営委託をし、これまで公設民営という形をとってきた。今後の運営方法について協議した結果、指定管理者制度を導入することにした。現状の委託での場合と指定管理者制度にした場合、運営費に変わりはない。なお、ほかの保育園については現在民間委託の予定はないが、時間外手当の縮小等、日常的な運営努力を引き続き行っていると答弁がありました。

 さらに、委員より、公立の場合と民間委託した場合の経費の差額についてただしたのに対し、理事者より、民間委託をしている吉和保育所と同人数程度の公立のぞみが丘保育所で年間経費を比較した場合に、約1億円程度吉和保育所の経費が低減されていると答弁がありました。

 これに対して、委員より、民間委託による行政効率は評価できるが、因島市との合併により公立保育所の数も増加するため、引き続き行政内部の改革を行い、経費節減に努めてほしいと要望がありました。

 続いて、委員外議員より、議案第308号にかかわり、特別養護老人ホーム土地造成工事の内容等についてただしたのに対し、理事者より、この事業は因島市で平成17年、18年度で行われ、尾道市に引き継ぐ事業である。施設の部屋数は50床であり、形態としては数年前から国が推進している10人程度を1グループとし、家庭的な看護が行われるユニットタイプと言われる小規模生活単位型のものであると答弁がありました。

 議案以外の委員会所管事務に関しましては、委員より、廃プラスチック放置問題にかかわり、旧向島町と業者との委託契約の経緯及び今後の対策について尾道市障害者福祉計画の内容等について質疑、意見、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 以上、審査の概要を御報告申し上げましたが、本委員会は付託を受けました43議案につきまして、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、民生委員長の報告といたします。



○議長(佐藤志行) 18番、新田文教経済委員長。



◆18番(新田賢慈) (登壇)続きまして、文教経済委員会に付託を受けました案件につきまして、審査の経過並びに結果を簡単に御報告申し上げます。

 さて、本委員会への付託議案は、議案第308号平成17年度尾道市一般会計補正予算(第7号)中、所管部分外42議案でありますが、審査はこれらを一括して行いました。

 審査では、まず委員より、議案第308号にかかわり、教育費の嘱託給食調理員報酬の内訳についてただしたのに対し、理事者より、因島市の嘱託給食調理員の1月分から3月分までの報酬を計上したものであると答弁がありました。

 これに対して、委員より、身分の異なる給食調理員が混在する形態がしばらく続くことになるが、将来的には身分や給与格差の整理が必要なのではないかとただしたのに対し、理事者より、合併後の経過措置を経て、格差を調整し統一していく考えであると答弁がありました。

 続いて、委員より、地産地消が推進される一方で、学校給食においては地域の特産物があるにもかかわらず、県外産の使用割合が高い野菜や果物が多いのではないかとただしたのに対し、理事者より、納品業者にはなるべく地元産を使用するよう要望しており、今後はこれらの割合も上昇する見込みであると答弁がありました。

 次に、委員より、農林水産業費の畜産診療業務委託料の内容についてただしたのに対し、理事者より、因島市内には獣医師がいないため診療業務を委託しているもので、収入として獣医手数料5万円を計上していると答弁がありました。

 続いて、委員より、県営畑地帯総合整備事業費の算定内容についてただしたのに対し、理事者より、本年度の事業費10億円のうち、因島市負担金は2億円である。既に因島市が1億2,000万円を支払っているので、残金8,000万円を本市で支払うための補正であると答弁がありました。

 さらに、委員より、同事業の計画の全体像や目的についてただしたのに対し、理事者より、因島市の中庄地区、重井地区の畑地を造成し、農産業の振興を図るためにダムと農道の総合整備事業として平成3年に立ち上げた事業である。事業主体は広島県であり、合併後因島市が負担してきた部分を本市が引き継いでいくことになると答弁がありました。

 次に、委員より、フラワーセンター整備計画策定の委託内容と委託金額についてただしたのに対し、理事者より、因島市が本年12月20日までに同センターの整備計画の策定を委託しているものであり、委託料500万円を本市が支払うことになると答弁がありました。

 さらに、委員より、同センターの入場料収入が減少し、因島市の負担金の支出が増加している中で、今後どのように運営していく見通しなのかとただしたのに対し、理事者より、平成18年度中に広島県より因島市へ移管することが決定されたため、因島市が整備計画を策定することになった。しかし、合併後は本市が主体となって真摯に整備計画を点検し、広島県と協議していきたいと答弁がありました。

 そのほか、食材に応じた給食調理時の衛生管理の見通し、獣医手数料の算定根拠、シトラスパーク運営管理等委託料の委託内容や委託先、因島地区修学資金貸付金制度及び瀬戸田町奨学金貸付基金の貸し付けの実績及び制度の存続、尾道商業会議所記念館の運営方針や商店街活性化に向けての活用、尾道市立南小学校の校名決定の背景等について、委員より熱心な質疑、意見、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 続いて、議案外の委員会所管事務に関する質疑に入り、尾道市PTA連合会への財政支援策、同連合会及び尾道市子ども会育成連絡協議会の活動内容の見直し、子どもの安全対策、道徳教育の充実や実践的活動の導入、職場体験の実施内容とその成果を踏まえた体験期間の延長、教育施設におけるアスベスト使用調査の結果とその後の対応、学習支援講師や教科アシスタントの配置、精神障害者の法定雇用率への算入と事業主の努力期間、定年の引き上げ及び継続雇用制度導入に係る本市の対応等について委員より熱心な質疑、意見、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 以上、審査の概要を御報告申し上げましたが、本委員会は付託を受けました43議案につきまして、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決するものと決定いたしました。

 これをもちまして文教経済委員長の報告といたします。



○議長(佐藤志行) 30番、助永建設委員長。



◆30番(助永一男) (登壇)それでは、続きまして、建設委員会に付託を受けました案件につきまして、その審査の経過並びに結果を簡単に御報告申し上げます。

 本委員会への付託議案は、議案第308号平成17年度尾道市一般会計補正予算(第7号)中、所管部分外24議案で、これらを一括して審査を行いました。

 まず、委員より、議案第308号にかかわり、高齢者向け優良賃貸住宅供給促進事業について、西御所町で現在運営されている物件の現状と債務負担行為補正に係る物件の計画予定地についてただしたのに対し、理事者より、西御所の物件は部屋数54戸に対し52戸入居されており、採算ラインは確保され、決算も良好と聞いている。補正に係る物件は、因島市庁舎近くに建設されるものであると答弁がありました。

 続いて、同委員より、高齢者向けの公営住宅が求められていると思うが、公営住宅建設事業の実態はどのようになっているのかとただしたのに対し、理事者より、全国的に公営住宅の戸数は充足しており、平成17年度以降は新規の建設は認められない状況である。高齢者向けには既存住宅の活用と優良賃貸住宅供給の施策がとられていると答弁がありました。

 さらに、同委員より、既存住宅の有効活用に乗り出したのは評価できるが、本来国が提供すべきサービスを怠って、高齢者向け住宅の建設、管理運営を民間にゆだねるのは、官から民へのあしき一例である。業者の倒産により、転売、転用された場合、入居者はどのようになるのかとただしたのに対し、理事者より、あってはならないことだが、万一の場合は近隣の他の施設にあっせんし、もしくは公営住宅への入居のあっせんを行うことになると答弁がありました。

 続いて、同委員より、国がつくった制度に県、市も補助金を出して進めている以上、市としても最悪の場合を想定、検討すべきである。法的に、地方自治体に入居者に対する責任は求められていないが、最大限の責任を果たしていくという立場でこの事業に当たってもらいたいと要望がありました。

 次に、他の委員より、議案第411号にかかわり、条文中「囚人」という表現があるが、この条例ではこの表現でないといけないのかとただしたのに対し、理事者より、不適当用語として直近の議会で整理したいと答弁がありました。

 次に、他の委員より、議案第353号、議案第354号にかかわり、因島市、瀬戸田町における貸付金償還の滞納状況及び今後の取り組みについてただしたのに対し、理事者より、瀬戸田町に6件あり、うち3件が100万円以上である。合併後は、建築課が主体となって尾道市の方法で滞納を処理していくと答弁がありました。

 次に、他の委員より、議案第318号と関連の議案第401号にかかわり、合併後の給水において水源の確保等は大丈夫なのかとただしたのに対し、理事者より、県用水から予定水量を確保していると答弁がありました。

 そのほか、議案外の所管事務に関するものとして、条件つき一般競争入札、市営住宅入居者の募集方法、因島市・瀬戸田町合併に係る新市建設計画、駅前用地利用検討委員会、旧消防本部解体に伴うアスベスト除去等について委員より熱心な質疑、意見、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 以上、審査の概要を報告申し上げましたが、本委員会に付託を受けました25議案につきまして、審査の結果、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定した次第でございます。

 以上で建設委員長の報告といたします。ありがとうございました。



○議長(佐藤志行) 各委員長の報告は終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 32番、住田議員。



◆32番(住田哲博) (登壇)日本共産党議員団を代表して、今議会へ上程されている議案に対する討論を行います。

 まず、議案に対する態度ですが、176議案のうち議案第468号因島地区地域振興推進委員設置条例案と議案第469号の瀬戸田地区地域振興推進委員設置条例案には反対し、他の議案には賛成をいたします。

 次に、その反対理由を述べます。

 この地域振興推進委員設置条例案は、合併の目的や趣旨にも反すると考えるからであります。そもそも平成の大合併は、財政危機を理由に、国の都合で推し進められました。各市や町にあっても、財政難だから合併が必要であり、その際行政水準や住民サービスの低下を招かないようにする、そのために行財政改革の徹底でむだをなくすなどといって合併を進めてきたのではないでしょうか。にもかかわらず、この条例案が実施されれば、因島、瀬戸田、両地区の推進委員に支給される報酬総額は7,000万円を超えるものとなり、合併の趣旨にも反する究極のむだ遣いであると考えます。ましてや、因島市、瀬戸田町合併後の新市の起債残高は800億円を超え、今議会においても財政運営上の大きな課題となることが議論になったところではありませんか。とりわけ、因島市の場合、昨年3月18日合併議決の折、議員みずからが失職することを承知の上でこの議決に賛成しています。それでいて議員でなくなっても推進委員に就任して月額報酬を受け取ることは、議員特権にあぐらをかく所業であると言わざるを得ません。これでは、日々の生活で苦労している多くの市民からは、到底理解は得られないでしょう。

 次に、地域振興推進委員制度を先行実施している向島、御調両地区の活動状況はといえば、推進委員1人当たりの活動日数は月平均約2日間ということで、条例に規定している日常的に活動するとはほど遠い現状でございます。そして、県内の合併自治体を見ても、この推進委員への報酬は費用弁償が大半であり、三次市では日額7,800円、東広島市では日額9,200円となっています。今議会へ因島市の村上富夫氏が提出されている失職議員が就任する推進委員への報酬は月額ではなく日額の費用弁償を求める請願は、因島市民の多くの声を代弁していると思われます。

 以上の理由と住民本位の財政確立の立場からも、議案第468号、議案第469号の因島地区、瀬戸田地区の地域振興推進委員設置条例案を認めるわけにはまいりません。

 以上で日本共産党議員団を代表しての討論を終わります。



○議長(佐藤志行) 6番、山根議員。



◆6番(山根信行) (登壇)皆さん、こんにちは。12月議会も本日が最終日となりました。大変お疲れさまでした。

 それでは、誠友会を代表いたしまして討論に参加をいたします。

 我が誠友会は、今12月定例議会に提出されましたすべての議案に対しまして賛成をいたします。

 ただし、総務委員会でも議論がありました議案第468号及び議案第469号議案につきましては、私どもの会派の中でもいろいろ見解の分かれた経過がありました。しかし、新尾道市体制をより堅実なものにするために、よきパートナーとともにスタートする必要があるとのことで意見の一致を見たものであります。したがって、地域振興推進委員に就任なされる方々にあっては、市民の声を真摯に受けとめ、それぞれの立場で地域住民のため、その任務に努めていただくことを願うものであります。

 次に、意見、要望といたしまして、市民センターむかいしまについては、早期の実現に大きく期待をいたしております。

 また、向島二番潟交差点を軸とした交通渋滞の解決については、市民の悲願であります。成就に向けて一層の御尽力をお願いするところであります。

 農林業関係の諸施策についての予算処置は、その厳しさを認識しているところでございますが、事業の大切さ、重要性についてその見地から御理解をいただいたものと存じます。合併により耕作面積が急遽に拡大した尾道市です。関係者に元気と意欲を醸し出す政策を切にお願いするものです。

 市域において均衡が保たれて、しかも市民が充実した生活を営むための政策課題は、各種多々あろうと思いますが、諸問題には積極果敢に取り組んでいただくことを強くお願いする次第であります。あわせて、行政合併に際して打ち立てられた新市建設計画については、今後とも着実に執行していただくことを要望して討論を終わります。御清聴ありがとうございました。



○議長(佐藤志行) 30番、助永議員。



◆30番(助永一男) (登壇)こんにちは。それでは、おのみちクラブを代表して討論を行います。

 まず、議案に対する態度であります。

 今議会に提案されました議案第308号平成17年度尾道市一般会計補正予算を初め176議案すべてに賛成をいたします。

 次に、若干の意見を申し述べます。

 議案第455号尾道市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例案についてであります。

 いよいよ尾道市も電子市役所に向けて一歩を踏み出したものと思っております。広域化の社会の中にあって、今後ますます拡大し、重要な位置を占めてくるものと思っております。大いに期待をすると同時に、個人情報の保護についても万全を期されることを求めておきます。

 次に、議案第469号尾道市瀬戸田地区地域振興推進委員設置条例案についてであります。

 我が会派は、この議案に最終的に賛成をいたします。ただ、尾道市と瀬戸田町の合併協議会で、瀬戸田町の常勤の特別職と教育長の合併後の身分については、首長間で別に協議して定めるとの提案に対し、瀬戸田町委員より削除の申し入れがあり、合併協定書に盛り込まれておりません。そうした経過を踏まえると、議員みずからの身分についてそのための制度を設置してほしいとする瀬戸田町議会からの申し入れは理解しがたく、また町民にも理解が得がたいのではないかと懸念をいたしております。今後の失職議員の対応を注視していきたいと思っております。

 今議会に提案されております議案のほとんどが因島市、瀬戸田町との合併に関連しての議案であります。この種議案は、基本的に当面はすべて尾道市が引き継ぐものと理解をしております。よって、合併後の一体感を一日も早く醸し出すために、新生尾道市として全体的な整理が必要と考えます。そのことを求めておきたいと思います。

 終わりに当たり、ことし最後の議会であります。ことしもいろいろなことがありました。第44回の総選挙では、自由民主党結党以来の308議席を確保し、今史上空前の大増税が論議されております。株のミス売りにハゲタカのごとく群がり、むさぼりあげる。高層マンションの安全性は、職業意識をかなぐり捨てた利潤のみの追求をする。また、幼い命もいとも簡単に葬り去る。これらの行為は、日本の病める社会であります。私は、これらの社会のありようを重く受けとめなくてはと思うところであります。

 以上で討論を終わります。ありがとうございました。



○議長(佐藤志行) 22番、宇円田議員。



◆22番(宇円田良孝) (登壇)政経クラブを代表して討論を行います。

 まず、議案に対する態度でありますが、議案第308号平成17年度尾道市一般会計補正予算(第7号)を含む176議案すべてに賛成いたします。

 この際、1つだけ要望いたします。

 来年1月10日に、因島市と瀬戸田町との合併で新しく尾道市が誕生いたします。これを契機に、現在実施している指名競争入札制度から、特別の場合を除き、尾道市内業者だけの条件つき一般競争入札制度にぜひ大改革していただきたいと思います。そのことにより、事業者は時間及び経費の節減が図られ、また入札参加資格さえ満たしていれば、いつでも入札に参加することができますので、ほとんどの事業者は賛同すると思います。

 また、尾道市にとっては談合の防止ができると同時に、市民や事業者には透明性と公平性が理解されます。その上、落札価格の低下と事務の省力化で、この厳しい尾道の財政状況に大いにプラスになることは間違いないと思います。

 以上、早急の変更を強く要望し、政経クラブを代表しての討論といたします。ありがとうございました。



○議長(佐藤志行) 8番、植田議員。



◆8番(植田稔) (登壇)それでは、市民連合を代表して討論を行います。

 まず、議案に対する態度でありますが、今回の12月議会に提案されています尾道市一般会計補正予算を初めとする176議案については、すべて賛成いたします。

 そこで、若干の意見を申し述べます。

 今回の定例会に提案されている議案は176件でありますが、このうち来年1月10日に予定されている因島市と瀬戸田町との合併にかかわる議案が148件であります。合併にかかわる議案については、今回提案されている議案でほぼ終了と思います。そして、ことし3月28日の御調町、向島町との合併に次いで来年1月10日の因島市と瀬戸田町との合併により、尾道市としても合併に関しては一応の区切りを迎えるわけであります。

 振り返ってみますと、尾道市に2000年4月に合併推進係が設置されて以降、合併推進課となり、県からの派遣や1市2町からの派遣職員も含め、多いときには11人体制で合併の実務を担当し、行政の全般にわたる事務事業のすり合わせや任意協議会や法定協議会の開催、合併協議会だよりの発行など、膨大な作業を進めてこられたことは、適宜議会に報告をいただいた資料などから十分にうかがい知ることのできるところであります。

 また、市長の政治姿勢である自然体でスムーズな合併に向けて、相手方の町や市の意向に配慮しながら一定の結論を導き出すということでは、さまざまな御苦労もあったことと思います。この間かかわってこられた関係者の皆さんには、心から敬意を表する次第です。また、各課におかれましても、日常の業務をこなしながら、さらにその上に合併にかかわる業務ということで、ここ数年間は今まで以上に多忙であったことと思います。そのような積み重ねが今回提案されていますさまざまな条例改正議案となっていると思います。改めて敬意を表します。

 しかし、合併はそれ自体が目的ではありません。合併によってどのようなまちづくりを進めるかということが極めて大切であります。15万余の人口規模や山間部から島嶼部までの幅広い行政区域、その中の自然や産業、そして2市3町でそれぞれに営まれてきた行政施策など、これからどのように活用して自治体の直面するさまざまな課題に取り組んでいくかが重要となってまいります。

 中でも、予算執行はとりわけ重要な案件であります。今議会に提案されている一般会計補正予算では、因島市と瀬戸田町の合併以降の予算を引き継ぐことから、歳入歳出に66億8,711万3,000円を追加し505億5,922万2,000円となり、尾道市の予算が初めて500億円の規模となります。さらに、現在編成作業が行われている来年度予算の規模について考えてみましても、尾道市の今年度の当初予算額は約425億円、それに因島市の当初予算額97億円と瀬戸田町の当初予算額34億円を合わせると、少なくとも550億円を超える規模となります。一口に500億円といっても、一般市民の私たちには想像もつかない金額であります。

 また、今回提出の合併関連議案でも明らかなように、因島市や瀬戸田町にある多くの公共施設を尾道市として引き継ぎ、運営や維持管理をしていくこととなります。今までの尾道市にはない施設や制度、事業もたくさんあります。昨今の社会情勢を見ますと、大きくなるにしたがって細やかな配慮がおろそかにされたり、金銭感覚が麻痺をして多少の金額はないがしろにするという風潮がありますが、くれぐれもそのようなことのないように十分留意していただきたいと思うものであります。

 いずれにいたしましても、新しい尾道市のスタートであります。そして、新市建設計画の事業期間は10年であります。何年か後に振り返ったとき、合併してよかったと思えるようなこれからの行政推進を改めて求めまして討論といたします。御清聴ありがとうございました。



○議長(佐藤志行) これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議題のうちまず議案第468号尾道市因島地区地域振興推進委員設置条例案及び議案第469号尾道市瀬戸田地区地域振興推進委員設置条例案、以上の2案を一括採決いたします。

 2案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 2案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                〔賛成者起立〕



○議長(佐藤志行) 起立多数であります。よって、2案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、ただいま可決されました2案を除く174案を一括採決いたします。

 174案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 174案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤志行) 御異議なしと認めます。よって、174案は委員長の報告のとおり可決されました。

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――



△日程第2 合併により失職する市議会議員が新たな職に就任することにともない支給することとなる報酬に関する請願



○議長(佐藤志行) 次に、日程第2、合併により失職する市議会議員が新たな職に就任することにともない支給することとなる報酬に関する請願を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本請願に対する委員長の報告は会議規則第39条第3項の規定により省略することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤志行) 御異議なしと認めます。よって、委員長の報告は省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。委員会審査報告書に対し質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 33番、魚谷議員。



◆33番(魚谷悟) (登壇)私は、日本共産党市議会議員団を代表して、上程されている合併により失職する市議会議員が新たな職に就任することにともない支給することとなる報酬に関する請願に対する賛成討論を行います。

 この請願は、その趣旨で述べられているように、来年の因島市、瀬戸田町との合併により失職する議員を地域振興推進委員に委嘱し、その報酬を月額20万円ではなく費用弁償、すなわち日額制にするよう求めるものです。署名数は、きょう現在で1,088名に達しています。尾道市では、取り扱い上印鑑がないと有効数に数えられないので、総数はこれを超えるものと思われます。この請願署名は、因島市民を中心に取り組まれてきたものと理解をしておりますが、署名した人数を尾道市の人口に換算をすると約5,000名という規模に相当します。

 それでは、以下、賛成の理由を述べます。

 第1は、議員であったということだけで月額20万円を支給することは、合併の目的の一つである行財政改革に反するとともに、大変なむだ遣いにつながるということであります。因島地区、瀬戸田地区で合併によって失職する議員に、任期期限である平成19年4月30日まで月額20万円を払うとすると7,800万円が必要となります。請願の理由では、近年因島市では行財政改革推進のため、あらゆる関係者が努力してきたところですが、その途中で因島市の将来は合併をという方針を決めたと述べ、行財政改革が合併の大きな要因になっていることを指摘をしています。また、これまで行政は市民に対し、合併の目的の一つが行財政改革にあると説明してきました。議会も合併議決の際には、私どもの会派は議決に反対をしましたが、その立場をよしとして賛成しました。このような経過からして、請願にあるように地域振興推進委員の報酬は活動した日数によって日額で支給する費用弁償が最も合理的であります。

 第2は、既に先行して実施している御調、向島両地区の地域推進委員の活動実態からしても、月給制ではなく日額制が妥当であるということであります。今議会には因島地区、瀬戸田地区地域振興推進委員設置条例案が提案をされていましたが、私どもは本会議総務委員会でこの議案に対する質疑を行いました。その際、既に地域振興推進委員が活動をしている御調地区、向島地区の活動状況を調査した結果、8、9、10月の3カ月間の両地区の委員の一月当たりの平均活動日数が向島地区で1.8日、御調地区で2.1日とほぼ2日の活動日数であることを明らかにしました。地域振興推進委員の活動について、条例では職務について規定した第3条で、日常的な活動を通じてと書かれており、条例制定の際にも市は日常的に活動してもらうから月給制にするんだとの説明がなされました。しかし、実際の活動実態は、さきに述べたように、到底日常的な活動と言えるようなものではありません。活動実態の面からも、請願が求めているように費用弁償、日額制が妥当だと考えるものであります。

 以上で日本共産党市議会議員団を代表しての賛成討論を終わります。



○議長(佐藤志行) これをもって討論を終結いたします。

 これより、合併により失職する市議会議員が新たな職に就任することにともない支給することとなる報酬に関する請願を採決いたします。

 本請願に対する委員会審査報告書はこれを不採択とすべきものであるとの決定であります。

 原案について採決をいたします。

 本請願を採択することに賛成の議員の起立を求めます。

                〔賛成者起立〕



○議長(佐藤志行) 起立少数であります。よって、本請願は不採択とすることに決しました。

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――



△日程第3 建第14号議案



○議長(佐藤志行) 次に、日程第3、建第14号議案尾道市議会委員会条例の一部を改正する条例案を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 15番、杉原議員。



◆15番(杉原璋憲) (登壇)ただいま議題に供されました建第14号議案尾道市議会委員会条例の一部を改正する条例案につきまして、別紙のとおり地方自治法第112条及び会議規則第14条の規定により提出いたします。

 本案の提出理由につきましては、因島市及び瀬戸田町との合併に伴う議会の議員の増員により総務委員会の委員の定数「9人」を「12人」に、民生委員会の委員の定数を「9人」を「11人」に、文教経済委員会及び建設委員会の委員の定数「8人」を「11人」に、議会運営委員会の委員の定数「10人」を「12人」にそれぞれ変更するものであり、また総務委員会の所管に消防局の所管に属する事項を加えるための条例改正であります。何とぞ御賛同賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(佐藤志行) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております本案については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤志行) 御異議なしと認めます。そのように取り計らい、これより討論に入ります。討論はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結いたします。

 これより建第14号議案尾道市議会委員会条例の一部を改正する条例案を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤志行) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――



○議長(佐藤志行) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって本日の会議を散会すると同時に、会期は本日までとなっておりますので、今期定例会を閉会いたします。大変御苦労さまでございました。

                午後2時36分 閉会

  ―――――――――――――――――― * ――――――――――――――――――

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



     尾 道 市 議 会 議 長







     尾 道 市 議 会 議 員







     尾 道 市 議 会 議 員