議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 尾道市

平成11年第1回 2月定例会 03月01日−02号




平成11年第1回 2月定例会 − 03月01日−02号







平成11年第1回 2月定例会



              平成11年3月1日(月曜日)

  ────────────────── * ──────────────────

                 議事日程第2号

           (平成11年3月1日 午後1時30分開議)

第1 議案第1号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第7号)

   議案第2号 平成10年度尾道市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

   議案第3号 平成10年度尾道市と畜場事業特別会計補正予算(第1号)

   議案第4号 平成10年度尾道市千光寺山索道事業特別会計補正予算(第2号)

   議案第5号 平成10年度尾道市夜間救急診療所事業特別会計補正予算(第2号)

   議案第6号 平成10年度尾道市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)

   議案第7号 平成10年度尾道市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)

   議案第8号 平成10年度尾道市東新涯土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

   議案第9号 平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第4号)

   議案第10号 平成10年度尾道市水道事業会計補正予算(第1号)

   議案第11号 平成10年度尾道市自動車運送事業会計補正予算(第2号)

   議案第12号 平成10年度尾道市病院事業会計補正予算(第2号)

   議案第13号 字の名称の変更について

   議案第14号 市道路線の廃止について

   議案第15号 市道路線の認定について

   議案第16号 市道路線の認定について

   議案第17号 市道路線の認定について

   議案第18号 市道路線の変更について

   議案第20号 尾道市市民農園設置及び管理条例案

   議案第21号 尾道市営同和地区住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第22号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第8号)

         (以上21案一括上程、予算特別委員長報告)

第2 議案第19号 財産の取得について

         (予算特別委員長報告)

第3 議案第23号 平成11年度尾道市一般会計予算

   議案第24号 平成11年度尾道市港湾事業特別会計予算

   議案第25号 平成11年度尾道市国民健康保険事業特別会計予算

   議案第26号 平成11年度尾道市と畜場事業特別会計予算

   議案第27号 平成11年度尾道市土地造成事業特別会計予算

   議案第28号 平成11年度尾道市住宅資金貸付事業特別会計予算

   議案第29号 平成11年度尾道市千光寺山索道事業特別会計予算

   議案第30号 平成11年度尾道市駐車場事業特別会計予算

   議案第31号 平成11年度尾道市夜間救急診療所事業特別会計予算

   議案第32号 平成11年度尾道市公共下水道事業特別会計予算

   議案第33号 平成11年度尾道市老人保健事業特別会計予算

   議案第34号 平成11年度尾道市東新涯土地区画整理事業特別会計予算

   議案第35号 平成11年度尾道市多目的団地土地造成事業特別会計予算

   議案第36号 平成11年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計予算

   議案第37号 平成11年度尾道市水道事業会計予算

   議案第38号 平成11年度尾道市自動車運送事業会計予算

   議案第39号 平成11年度尾道市病院事業会計予算

   議案第40号 福山地方伝染病院組合規約の変更について

   議案第41号 尾道市部課設置条例の一部を改正する条例案

   議案第42号 尾道市職員定数条例の一部を改正する条例案

   議案第43号 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第44号 尾道市特殊勤務手当条例等の一部を改正する条例案

   議案第45号 議会の議決に付すべき重要又は特に重要な公の施設の利用等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第46号 尾道市特別会計条例の一部を改正する条例案

   議案第47号 尾道市営駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第48号 尾道市庁舎南駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第49号 尾道市公会堂条例の一部を改正する条例案

   議案第50号 しまなみ交流館設置及び管理条例の一部を改正する条例案

   議案第51号 市立学校に於ける授業料その他の費用に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第52号 尾道市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例案

   議案第53号 尾道市立学校施設使用条例の一部を改正する条例案

   議案第54号 尾道市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第55号 尾道市立市民病院使用料手数料条例の一部を改正する条例案

   議案第56号 尾道市と畜場条例の一部を改正する条例案

   議案第57号 尾道市交通事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第58号 尾道市乗合自動車使用条例の一部を改正する条例案

   議案第59号 尾道市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第60号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例案

         (以上38案一括上程、総体説明)

                                    以 上

  ────────────────── * ──────────────────

本日の会議に付した事件

日程第1 議案第1号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第7号)

     議案第2号 平成10年度尾道市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第3号 平成10年度尾道市と畜場事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第4号 平成10年度尾道市千光寺山索道事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第5号 平成10年度尾道市夜間救急診療所事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第6号 平成10年度尾道市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)

     議案第7号 平成10年度尾道市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第8号 平成10年度尾道市東新涯土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第9号 平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第10号 平成10年度尾道市水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第11号 平成10年度尾道市自動車運送事業会計補正予算(第2号)

     議案第12号 平成10年度尾道市病院事業会計補正予算(第2号)

     議案第13号 字の名称の変更について

     議案第14号 市道路線の廃止について

     議案第15号 市道路線の認定について

     議案第16号 市道路線の認定について

     議案第17号 市道路線の認定について

     議案第18号 市道路線の変更について

     議案第20号 尾道市市民農園設置及び管理条例案

     議案第21号 尾道市営同和地区住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第22号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第8号)

日程第2 議案第19号 財産の取得について

日程第3 議案第23号 平成11年度尾道市一般会計予算

     議案第24号 平成11年度尾道市港湾事業特別会計予算

     議案第25号 平成11年度尾道市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第26号 平成11年度尾道市と畜場事業特別会計予算

     議案第27号 平成11年度尾道市土地造成事業特別会計予算

     議案第28号 平成11年度尾道市住宅資金貸付事業特別会計予算

     議案第29号 平成11年度尾道市千光寺山索道事業特別会計予算

     議案第30号 平成11年度尾道市駐車場事業特別会計予算

     議案第31号 平成11年度尾道市夜間救急診療所事業特別会計予算

     議案第32号 平成11年度尾道市公共下水道事業特別会計予算

     議案第33号 平成11年度尾道市老人保健事業特別会計予算

     議案第34号 平成11年度尾道市東新涯土地区画整理事業特別会計予算

     議案第35号 平成11年度尾道市多目的団地土地造成事業特別会計予算

     議案第36号 平成11年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計予算

     議案第37号 平成11年度尾道市水道事業会計予算

     議案第38号 平成11年度尾道市自動車運送事業会計予算

     議案第39号 平成11年度尾道市病院事業会計予算

     議案第40号 福山地方伝染病院組合規約の変更について

     議案第41号 尾道市部課設置条例の一部を改正する条例案

     議案第42号 尾道市職員定数条例の一部を改正する条例案

     議案第43号 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第44号 尾道市特殊勤務手当条例等の一部を改正する条例案

     議案第45号 議会の議決に付すべき重要又は特に重要な公の施設の利用等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第46号 尾道市特別会計条例の一部を改正する条例案

     議案第47号 尾道市営駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第48号 尾道市庁舎南駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第49号 尾道市公会堂条例の一部を改正する条例案

     議案第50号 しまなみ交流館設置及び管理条例の一部を改正する条例案

     議案第51号 市立学校に於ける授業料その他の費用に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第52号 尾道市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例案

     議案第53号 尾道市立学校施設使用条例の一部を改正する条例案

     議案第54号 尾道市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第55号 尾道市立市民病院使用料手数料条例の一部を改正する条例案

     議案第56号 尾道市と畜場条例の一部を改正する条例案

     議案第57号 尾道市交通事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第58号 尾道市乗合自動車使用条例の一部を改正する条例案

     議案第59号 尾道市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第60号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例案

  ────────────────── * ──────────────────

出席議員(28名)

    1番 高 橋 紀 昭             2番 吉 原   功

    3番 井 上 文 伸             4番 佐 藤 志 行

    5番 村 上 俊 昭             6番 山 中 善 和

    7番 山 本 和 洋             8番 助 永 一 男

    9番 寺 本 真 一            10番 大住元 節 夫

   11番 金 口   巖            12番 永 田 明 光

   13番 前 田 和 之            14番 松 谷 成 人

   15番 神 田 誠 規            16番 天 野 興 一

   17番 大 迫 敏 則            18番 杉 原 璋 憲

   20番 檀 上 正 光            21番 植 田   稔

   22番 東 山 松 一            23番 乃 万 礼 子

   24番 平 田 久 司            25番 佐々木 猛 朗

   27番 宇円田 良 孝            28番 木 曽   勇

   30番 藤 本 友 行            31番 高 垣   等

欠席議員(2名)

   26番 高 橋 最 宜            29番 小 倉 八 郎

  ────────────────── * ──────────────────

説明のため出席した者

   市長      亀 田 良 一     助役      若 住 久 吾

   収入役     山 根 良 彦     教育長     砂 田 悦 男

   広域行政担当参事荒 谷 充 生     消防団・消防水利担当参事

                               岡 本   紀

   百周年瀬戸内しまなみ海道記念事業部長  総務部長    村 上 康 則

           亀 田 康 徳

   財務部長    浜 田 明 治     市民生活部長  村 上 光 範

   福祉保健部長兼福祉事務所長       産業部長    浜 谷 勝 利

           光 籏   勇

   土木建築部長  小 林 知 庸     都市部長    蔦 永 勝 也

   市民病院事務部長高 垣 正 仁     教育次長    小 田 正 樹

   水道局長    西 田 正 男     交通局長    高 橋 康 彦

   総務課長    岡 本 英 明     財務課長    加 納   彰

  ────────────────── * ──────────────────

事務局出席者

   事務局長    安 藤 立 身     局長補佐兼庶務係長

                               谷   峰 生

   局長補佐兼議事調査係長         議事調査係主任 山 口 玉 枝

           杉 原 幸 雄

   議事調査係主事 高 橋   彰







  ────────────────── * ──────────────────

                午後1時30分 開議



○議長(神田誠規) ただいま出席議員28名であります。

 定足数に達しておりますから、これより本日の会議を開きます。

  ────────────────── * ──────────────────



△諸般の報告



○議長(神田誠規) この際、諸般の報告をいたします。

 欠席議員中、26番高橋議員よりは差し支え不参の旨届け出がありました。

  ────────────────── * ──────────────────



△議事日程



○議長(神田誠規) 本日の議事日程は、お手元に印刷、配付のとおりであります。

  ────────────────── * ──────────────────



△会議録署名議員の指名



○議長(神田誠規) 本日の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により議長において、21番植田議員及び22番東山議員を指名いたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第1 議案第1号〜議案第18号・議案第20号〜議案第22号



○議長(神田誠規) これより日程に入ります。

 日程第1、この場合、議題に供します議案の題名を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(安藤立身) 朗読いたします。

 議案第1号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第7号)

 議案第2号 平成10年度尾道市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 議案第3号 平成10年度尾道市と畜場事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第4号 平成10年度尾道市千光寺山索道事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第5号 平成10年度尾道市夜間救急診療所事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第6号 平成10年度尾道市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)

 議案第7号 平成10年度尾道市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第8号 平成10年度尾道市東新涯土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 議案第9号 平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第4号)

 議案第10号 平成10年度尾道市水道事業会計補正予算(第1号)

 議案第11号 平成10年度尾道市自動車運送事業会計補正予算(第2号)

 議案第12号 平成10年度尾道市病院事業会計補正予算(第2号)

 議案第13号 字の名称の変更について

 議案第14号 市道路線の廃止について

 議案第15号 市道路線の認定について

 議案第16号 市道路線の認定について

 議案第17号 市道路線の認定について

 議案第18号 市道路線の変更について

 議案第20号 尾道市市民農園設置及び管理条例案

 議案第21号 尾道市営同和地区住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例案

 議案第22号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第8号)

 以上。



○議長(神田誠規) ただいま朗読の21案を一括議題といたします。

 予算特別委員長の報告を求めます。

 4番、佐藤議員。



◆4番(佐藤志行) (登壇)ただいま一括議題に供されました議案につきまして、予算特別委員会における審査の経過及びその結果を御報告申し上げます。

 本委員会は、定例会初日の2月25日の本会議において議長を除く全員の構成で設置され、議案の審査を付託されていたものでありまして、本会議終了後、議長において委員会が招集され、正副委員長互選の結果、私が委員長に、杉原委員が副委員長に選任されました。

 審査の報告につきましては、全体審査でありますので、簡単に御報告させていただきますことを御了承願います。

 最初に、議案第1号一般会計補正予算について、まず災害復旧費関係予算について、この度の補正予算で公共土木施設、農林水産施設の災害復旧工事箇所数をそれぞれ増減している理由、全体の災害復旧箇所数、災害復旧工事の完了予定、また、公共土木施設の災害復旧における単独災害と補助災害の区分、さらに、繰越明許費補正によって翌年度へ繰り越す災害復旧事業の工事区分と箇所数などについて質疑があり、理事者より答弁がありました。また、小規模災害に関する維持課との調整について要望がありました。

 次に、急傾斜地崩壊対策事業県工事負担金の翌年度への繰越理由について、次期最終処分場建設へ向けての現在における進捗状況、また旧焼却施設のダイオキシン調査、浦崎最終処分場からの浸出水の調査結果の公表について、公債費の補正に係わって、繰上げ償還した市債の内容、これに伴う経費節減効果、また、金利が低利なものへの借り換えについて、老人短期入所運営費、清風園の賄材料費、市内各所市道改良工事費、市営住宅改修補修工事費をそれぞれ減額している理由について質疑、要望があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。

 また、今後の財政運営について質疑があり、助役より答弁がありました。

 さらに、第2種生活路線運行費、同維持費及び廃止路線代替バス運行費の各補助金の内容について質疑があり、理事者より答弁がありました。

 次に、議案第4号千光寺山索道事業特別会計補正予算では、ロープウエイの旅客運輸収入を減額している理由について質疑があり、理事者より答弁がありました。

 以上が審査の概要でありますが、採決の結果、21案については、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。御賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げまして、予算特別委員長の報告とさせていただきます。



○議長(神田誠規) 予算特別委員長の報告は終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し、質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

 10番、大住元議員。



◆10番(大住元節夫) 共産党市議団といたしまして討論に参加をいたしますが、簡単でありますので、この席から行わせていただきたいと思います。

 御案内のように、全国の地方自治体は深刻な財政危機に直面をいたしております。その主たる原因は、人件費や福祉費の膨張にあるのではなくて、節度のない借金、体力を超えた借金に頼って、大型開発型の公共事業を異常に膨張をさせたことにあります。このことは、全国の自治体の公共投資が80年代の後半に比べまして、90年代以降は累積で100兆円もふえておりますけれども、借金もちょうどこれに見合って100兆円にふえておると、このこと一つをとってみましても、財政危機の主たる原因がどこにあるかはだれの目にも明らかであります。

 こうした中にあって、例えば東京の足立区、ここは人口64万でありますけれども、ここは公共事業を65%削減、さらにこれを生活密着型の福祉、教育関連のそれに大胆に切りかえたところ、区内の業者への発注は逆に16%もふえておるわけであります。大型公共事業は、回り回って地元の中小企業の利益になると、こういった長い間の神話は根拠がないことを証明いたしております。

 また、大型開発予算を削減した結果、予算に占める民生費の割合が34.7%から43%にふえ、ホームヘルパーの予算を2.7倍にして、就学前までの医療費無料制度を実現をし、繰上償還金も106億円に達しておるわけであります。

 大阪の大東市、ここは50万人口でありますが、2年連続の赤字日本一であったものが大型開発を抑制して、この1期4年間で黒字といたしまして、その間国保料を据え置くなど、財政再建を進めておるわけであります。

 我が尾道市におきましても、灘湾リゾート開発、多目的団地やファクトリーパークなどの大型公共事業を抑制し、借金がこれたくさんできたわけでありますが、この借金返し、いわゆる繰上償還にもこの3カ年で21億円という、そしてまた尾道にふさわしい芸術、文化、スポーツの振興を初め、中小企業地場産業の保護、育成、福祉、教育の面でも一定の前進が見られることなど、今回の補正予算の質疑の中でも、さきに紹介しました民主的な行財政改革、市民の目線に沿った行財政の方向が以前に増しまして確かめることができたように思いますので、そのことを評価いたしまして、全議案に対する賛成討論といたします。

 以上であります。



○議長(神田誠規) これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 21案を一括採決いたします。

 21案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。21案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認めます。よって、21案は委員長の報告のとおり可決されました。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第2 議案第19号



○議長(神田誠規) 次に、日程第2、議案第19号財産の取得についてを議題といたします。

 この場合、地方自治法第117条の規定により、尾道市土地開発公社の理事の職にある議員の退席を求めます。

                〔土地開発公社理事 退席〕

 予算特別委員長の報告を求めます。

 4番、佐藤議員。



◆4番(佐藤志行) (登壇)ただいま議題に供されました議案第19号につきまして、簡単に御報告申し上げます。

 なお、議案の審査に当たりましては、地方自治法第117条の規定により、尾道市土地開発公社の理事の職にある委員を除斥して行いました。

 議案は、尾道ふくしむら用地の一部として、尾道市久保町字一本松1701番1ほか8筆、雑種地ほか1万984平方メートルの土地を、先行取得をしていた尾道市土地開発公社から買い受けるもので、慎重審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。御賛同賜りますようよろしくお願い申し上げまして、予算特別委員長の報告とさせていただきます。



○議長(神田誠規) 予算特別委員長の報告は終わりました。

 これより質疑に入ります。委員長の報告に対し、質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第19号財産の取得についてを採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

                〔土地開発公社理事 着席〕

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第3 議案第23号〜議案第60号



○議長(神田誠規) 次に、日程第3、この場合、議題に供します議案の題名を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(安藤立身) 朗読いたします。

 議案第23号 平成11年度尾道市一般会計予算

 議案第24号 平成11年度尾道市港湾事業特別会計予算

 議案第25号 平成11年度尾道市国民健康保険事業特別会計予算

 議案第26号 平成11年度尾道市と畜場事業特別会計予算

 議案第27号 平成11年度尾道市土地造成事業特別会計予算

 議案第28号 平成11年度尾道市住宅資金貸付事業特別会計予算

 議案第29号 平成11年度尾道市千光寺山索道事業特別会計予算

 議案第30号 平成11年度尾道市駐車場事業特別会計予算

 議案第31号 平成11年度尾道市夜間救急診療所事業特別会計予算

 議案第32号 平成11年度尾道市公共下水道事業特別会計予算

 議案第33号 平成11年度尾道市老人保健事業特別会計予算

 議案第34号 平成11年度尾道市東新涯土地区画整理事業特別会計予算

 議案第35号 平成11年度尾道市多目的団地土地造成事業特別会計予算

 議案第36号 平成11年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計予算

 議案第37号 平成11年度尾道市水道事業会計予算

 議案第38号 平成11年度尾道市自動車運送事業会計予算

 議案第39号 平成11年度尾道市病院事業会計予算

 議案第40号 福山地方伝染病院組合規約の変更について

 議案第41号 尾道市部課設置条例の一部を改正する条例案

 議案第42号 尾道市職員定数条例の一部を改正する条例案

 議案第43号 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第44号 尾道市特殊勤務手当条例等の一部を改正する条例案

 議案第45号 議会の議決に付すべき重要又は特に重要な公の施設の利用等に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第46号 尾道市特別会計条例の一部を改正する条例案

 議案第47号 尾道市営駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例案

 議案第48号 尾道市庁舎南駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例案

 議案第49号 尾道市公会堂条例の一部を改正する条例案

 議案第50号 しまなみ交流館設置及び管理条例の一部を改正する条例案

 議案第51号 市立学校に於ける授業料その他の費用に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第52号 尾道市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例案

 議案第53号 尾道市立学校施設使用条例の一部を改正する条例案

 議案第54号 尾道市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第55号 尾道市立市民病院使用料手数料条例の一部を改正する条例案

 議案第56号 尾道市と畜場条例の一部を改正する条例案

 議案第57号 尾道市交通事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第58号 尾道市乗合自動車使用条例の一部を改正する条例案

 議案第59号 尾道市地区計画区域内における建築物等の制限に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第60号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例案

 以上。



○議長(神田誠規) ただいま朗読の38案を一括議題といたします。

 市長の総体説明を求めます。

 市長。



◎市長(亀田良一) (登壇)ただいま上程をいただきました平成11年度一般会計予算案を初め、諸議案の審議をお願いするに当たりまして、その大要と市政運営に関する所信を申し述べ、議員各位を初め、市民の皆様方の御理解と御協力をお願い申し上げたいと思います。

 我が国の経済は、平成の大不況と言われるほど低迷を続け、政府がさまざまな景気回復策を打ち出しているものの、いまだに回復の兆しを見せておりません。そうした中、地方財政においては恒久的な減税が実施されることに加えて、地方税収入や国税収入が落ち込む一方で、平成11年度末には176兆円にも上る多額の借入金残高を抱える見込みとなり、今後その償還により公債費の一層の増加が見込まれるところでございます。また、当面の緊急課題である経済再生への対応、少子、高齢化社会へ向けた地域福祉施策の充実などに対処することが必要であることから、大幅な財源不足が見込まれ、極めて厳しい状況になっております。

 一方、本市の財政状況でありますが、長期にわたる景気低迷が続く中で、市税収入などの伸び悩み、市債依存による借入金の累増、わずかな基金とこれに加えて義務的経費の増嵩など、財政構造は硬直化しており、依然として厳しい財政運営を迫られているところでございます。平成11年度の予算編成に当たっては、限られた財源の重点的配分、経費支出の効率化に努め、政策課題の具体化に向けて取り組み、かって備後のリーダーであり、中国地方の経済の中心でありました尾道市の偉大な歴史を100周年を機会に復活させ、1999年を尾道の新たな100年へのスタートにふさわしい年にしたいとの願いを込めて編成をしております。

 さて、私は就任以来、「尾道の流れを変えよう」ということで、「国際芸術文化都市」を目指してまちづくりを進めてまいりました。

 まず、尾道市の将来を展望する行政運営の指針である総合計画を見直して、2005(平成17)年度までの基本構想と2000(平成12)年度までの基本計画を策定いたしました。これを実現するためには、まず財政再建を図らねばならないとの思いで、他市町村に先駆けまして、1996(平成8)年度を初年度とした行財政改革大綱を策定いたしました。あわせて総合計画実施計画、財政運営3カ年計画を策定し、1996(平成8)年度には一般会計では前年度対比で約41億円、率にして12%の減額予算を組んだところでございます。議員各位や市民の皆さん方、市職員にも随分御協力をいただきましたおかげで、赤字再建団体にならず、現在各種事業を進めていくことができていると感謝をいたしております。

 また、この4年間、特に100周年の年になって、市民の方々の尾道市に対する認識、郷土愛が随分変わってまいりました。市民及び経済界と行政、議会が一体となって、これからの尾道を支え、発展さしていくという気持ちが盛り上がっていると思います。

 中国横断自動車道尾道松江線につきましては、総決起大会を開催していただいたり、100周年記念事業につきましては2億円を超える浄財の御寄附をいただいたり、大勢の方々のイベントへの参加を得たことなど、あらわれているかと思います。おかげをもちまして、中国横断道は昨年末に全線にわたっての施行命令が出されましたし、瀬戸内しまなみ海道は5月1日の供用開始が確定し、その仕上げの段階に入っております。

 また、長年の懸案でございました駅前再開発事業は、施設建築物の完成が間近になり、その偉容をあらわしてきております。まさに、市制100周年の仕上げにふさわしい事業ができたと思っております。これもひとえに議員の皆様を初め、関係者の方々の御支援と御協力のたまものと感謝を申し上げているところでございます。

 新年度予算の内容についてでございますが、現在の景気動向を考えますと、財政問題はないがしろにはできませんが、市民要望にこたえなければならない状況になっております。行財政改革を進め、財源確保に努め、景気回復へ向けて最大限の配慮をし、引き続き都市基盤づくりなど、重点施策の積極的な推進を目指しております。

 また、しまなみ海道の開通を視野に入れ、全国に向けて「尾道」を発信できることを願いながら予算を編成いたしております。

 主な施策につきましては、尾道市総合計画に定めます「ヒューマンポート・尾道−国際芸術文化都市を目指して−」の都市像実現のため、2000年度までの実施計画を策定し、施策の具体化に向けて取り組むこととしております。1、交流を深めるシステムづくり、2、交流を支える基盤づくり、3、芸術・文化を育てる環境づくり、4、活力あふれる産業づくり、5、未来へのみちを拓く人づくり、6、市民の自信・誇り・気概づくり、7、安全で快適な居住環境づくり、8、生涯にわたって幸せに暮らせる社会づくり、以上8項目の施策を柱にしておりますので、その施策によって順次説明をさせていただきます。

 まず最初に、「交流を深めるシステムづくり」でございますが、しまなみ海道の開通を契機に「しまなみ海道'99」を初めとした各種イベントを実施するとともに、芸術文化資源に磨きをかけて、海外を含めた広域的な芸術文化の交流推進に努めてまいります。国民文化祭・広島2000の開催の準備にかかりますし、5月のゴールデンウィークには入り込み観光客対策といたしまして、東尾道に自家用車やバスの駐車場を確保し、海路で市街地へ運ぶことも考えております。しまなみ海道'99尾道市実行委員会の中では、映画祭やオンフルール市の招待も考えております。

 2番目の「交流を支える基盤づくり」でございますが、尾道らしさを生かした中心市街地の活性化を目指しまして、新たに映像資料館を開設いたします。尾道駅前再開発事業では、広場や歩道などを整備いたしまして、交流の拠点とすべく仕上げを行います。スポーツ交流を促進するびんご運動公園の整備を促進してまいります。びんご運動公園には、プロ野球にも使用できる大規模な野球場の建設も決定していただいております。

 また、栗原町に新たな芸術文化の基盤となる芸術の森、仮称でございますが、を整備をするため、債務負担行為をお願いしております。びんご運動公園と連携してスポーツ、芸術、文化の拠点として活用できるよう計画してまいる予定でございます。

 観光施設の整備につきましては、坂道を上がるときに見えやすいよう、路面へ埋め込む形式の観光案内板を設置したり、千光寺公園の駐車場の整備、千光寺登山線改良を引き続き行います。

 道路網の整備につきましては、高速道路の整備効果を生かすため、国道、県道から市道、農道まで、有機的な連携のある整備に努め、交通結節点としての拠点性の向上を図ります。

 情報通信機能につきましても強化を図り、新たに設立されますコミュニティーFM局に出資をいたしまして、市政放送、災害情報、交通情報の提供などに役立てたいと考えております。

 3番目の「芸術文化を育てる環境づくり」でございますが、創造的な風土の形成を目指して、市民が芸術、文化に触れ親しみ活動を行うための環境を整備し、芸術文化の振興及び交流拠点機能の向上を図ってまいります。現在工事中のしまなみ交流館は、5月1日から利用いただけることになり、既に使用申し込みを受け付けております。

 おのみち文学の館も、この3月20日には開館を予定いたしております。林芙美子、横山美智子、高垣眸などの資料を展示いたしますが、より多くの少年、少女に尾道にかかわりのあった文学者に親しんでもらうため、中学生以下は無料にさせていただいております。

 4番目の「活力あふれる産業づくり」でございますが、「瀬戸内の十字路」としての拠点性が高まる恵まれた条件を生かし、中四国地域における広域流通拠点を形成することにより、物流機能の強化を図ってまいります。県営尾道流通団地につきましては、「おのみち産業・流通パーク」の愛称で、第1工区の約10ヘクタールについて昨年末から分譲の予約申し込みを受け付けていただいております。現在10社程度から引き合いがきていると聞いております。引き続き、2期工事の早期完成に向けて、積極的に支援をしていくことにしております。

 また、現在の景気が少しでも回復することを願いまして、地域企業の育成のため、各種の融資資金の預託にあわせまして、小企業等経営改善、経営環境変化経営改善資金の借入金の利子補給をすることにしております。

 農林水産業の振興については、新たに山方、市原地区での農業基盤整備促進事業を始めます。農村総合整備事業、小規模崩壊地復旧事業などの増額をしております。

 5番目は、「未来へのみちを拓く人づくり」でございますが、市民が「いつでも・だれでも・どこでも」学習できる生涯学習社会の形成を目指しております。また、尾道短期大学を4年制大学に移行して、美術学科を新設し、将来の芸術家を養成するとともに、新たな芸術、文化を生み出すすそ野を広げてまいりたいと思います。このため、全国生涯学習フェスティバルを尾道でも開催しますし、公民館を初めとした生涯学習の機会をふやしたいと考えております。

 学校教育の充実につきましては、美木中学校の校舎、屋内運動場は昨年10月から使用を始めておりまして、新年度では部室、体育倉庫などを建設いたします。各小学校、中学校の維持補修につきましては、教育環境整備と市内業者の景気対策に配慮いたしまして、補修工事を増額いたしております。

 教育用コンピューターは、小学校19校に増設し、すべての小・中学校に設置することになります。また、若手の人材育成として9団体に補助するほか、リーダー養成塾へ派遣をすることにしております。

 6番目は、「市民の自信・誇り・気概づくり」でございますが、心の豊かさを実感できるよう、尾道らしい景観を育て、次の時代に継承をしてまいります。また、環境を保全し、自然と共生できる社会を形成するとともに、快適な環境の創造に努めてまいります。また、広報活動などとして、新たなFM放送を活用するほか、民間テレビ局の市政テレビを中国、四国地方に放映し、尾道市のPRをすることを考えております。

 7番目は、「安全で快適な居住環境づくり」でございますが、安全で快適な居住環境の実現を目指し、公共下水道事業につきましては普及率の向上と、浸水対策の推進を図ってまいります。さらに、防災対策事業につきましては、昨年の痛ましい経験を踏まえ、消防通信指令施設の更新を図り、新たに尾道ケーブルテレビを利用し、文字放送によります緊急時告知システムを導入いたしまして、災害に強い安全なまちづくりを目指します。

 快適な生活関連施設の整備を目指し、平原土地区画整理地内に1.4ヘクタールの尾道西公園を整備するほか、街区公園3カ所、緑地の整備を予定しております。

 また、ごみ収集につきましては、向東町地区の収集を業者委託とすることとし、経費の節減を図る中で、ペットボトルの分別収集を新たに開始して、ごみの減量とあわせ資源の再利用やダイオキシンなどの公害防止に取り組んでまいります。

 北部地区に建設を予定しております最終処分場につきましては、地元や周辺地域の皆様方と鋭意協議を進め、環境アセスメントの縦覧を行って、搬入道路の建設に取りかかります。

 その他、葬祭場の拡張やガードレールなどの交通安全施設の整備、消防器具庫や防火水槽の新設など、安心して暮らせる環境づくりに努めてまいります。

 8番目の「生涯にわたって幸せに暮らせる社会づくり」でございますが、市民すべてが生きがいのある幸せな生活を送ることができますよう、同和問題の完全解決を図り、男女共同参画社会を目指してまいります。さらに、高齢者が社会に貢献するとともに、健康で安心して暮らすことができますよう、明るく活力ある長寿福祉社会づくりを進めてまいります。

 高齢化社会への対応では、ふくしむらにシルバーワークセンターや機能回復訓練室などを備えました(仮称)老人福祉センターを建設いたしますし、尾道市医師会に委託をいたしまして、24時間ホームヘルプサービスも開始いたします。

 2000年から始まります介護保険制度につきましても、この10月から受付ができるよう着々と準備を進めております。

 社会福祉の増進では、新たに地域生活支援センター事業への補助を行うなど、障害者福祉、母子福祉事業等の充実を図ってまいります。また、健康づくりの推進として、同じ病気で重複してお医者にかかっておられる多受診などの家庭を訪問いたしまして健康指導をしてまいります。

 市民病院事業では、現在建設中の新棟がこの10月末には完成する予定でございまして、ベッド数が33床ふえまして330床となります。あわせて10月には循環器科の開設を予定しておりまして、MRIなどの医療機器の更新整備を行い、地域に密着した総合病院を目指して運営を行ってまいります。

 自動車運送事業につきましても、中型のノンステップバスを導入することにしておりまして、市民病院線とか、市内本線の運行に当たりたいと考えております。

 また、新たな観光コースの設定なども検討いたしまして、より効率的な運営で収益の確保を図りながら、交通弱者と言われる方々が利用できるよう条件整備に努めてまいります。

 また、これからの新たな100年への礎となり、21世紀にふさわしい総合的かつ計画的な行政運営を行うために、2001年度から2005年度までの5カ年間の総合計画第2次基本計画を策定してまいりたいと考えております。

 以上、平成11年度事業の概要を御説明いたしましたが、予算額につきましては一般会計総額は334億5,000万円で、前年度に比べて2.5%の増額となっております。特別会計では、公会堂事業を一般会計に持ちかえましたので13会計となり、その合計で239億91万7,000円でございます。駅前地区市街地再開発事業が大幅に減額となっておりますので、前年度と比べて19.5%の減額になっております。企業会計は、3企業合わせまして129億714万4,000円、市民病院の増改築事業がありますので、前年対比17%の増額となって、総合計では702億5,806万1,000円で、前年度に比べまして4.2%の減額となっております。

 歳入の主なものを御説明いたしますと、市税は2年連続マイナスの115億3,921万円を計上しております。前年対比で0.8%のマイナスでございます。地方交付税は、6.9%増の70億円を見込んでおります。

 また、平成11年度から新たにつくられました地方特例交付金につきましては、3億4,750万円を見込んでおります。

 国・県支出金につきましては、美木中学校建設事業が終了したことにより減額となっておりますが、できるだけその確保を図っております。

 使用料及び手数料につきましては、今日の景気動向の中で、可能な限り改定を見送り据え置きとしておりますが、新たに料金設定が必要なしまなみ交流館使用料や国の改定基準に伴っての保育料などの改定を上げさしていただいております。

 市債につきましては、前年度に比べて11.8%の増額となる30億9,970万円を見込んでおります。また、基金からの繰入金は、減債基金から4億7,000万円を繰り入れいたしております。

 以上、平成11年度の市政運営の考え方と主要な施策の概要を説明申し上げましたが、自主財源の限られた状況の中で、できる限り市民要望にこたえた予算編成をさせていただいたつもりでございます。

 今、尾道は変わり続けております。今後も引き続き計画的な行財政運営に意を注ぎつつ、市民の皆さんとの対話を重視し、21世紀へ向けて尾道復活を目指しまして、全力を挙げる所存でございます。

 議員各位を初め、市民の皆様の御理解と御協力を切にお願い申し上げるところでございます。

 その他、各種条例等、諸案件を御提案しておりますので、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げまして総体説明といたさしていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(神田誠規) これをもって総体説明を終わります。

 なお、総体質問は、10日午前10時に開議して行いたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

                午後2時21分 散会

  ────────────────── * ──────────────────

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



     尾 道 市 議 会 議 長







     尾 道 市 議 会 議 員







     尾 道 市 議 会 議 員