議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 尾道市

平成10年第4回 9月定例会 09月11日−01号




平成10年第4回 9月定例会 − 09月11日−01号







平成10年第4回 9月定例会



              平成10年9月11日(金曜日)

  ────────────────── * ──────────────────

                 議事日程第12号

           (平成10年9月11日 午後1時30分開議)

第1 会期決定について

第2 報告第16号 平成9年度尾道市水道事業会計決算の状況報告について

   報告第17号 平成9年度尾道市自動車運送事業会計決算の状況報告について

   報告第18号 平成9年度尾道市病院事業会計決算の状況報告について

   議案第81号 決算認定について(平成9年度水道事業会計)

   議案第82号 決算認定について(平成9年度自動車運送事業会計)

   議案第83号 決算認定について(平成9年度病院事業会計)

         (以上6件一括上程、説明)

第3 決算特別委員会の設置及び委員の選任について

第4 報告第19号 平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業決算の状況報告について

   議案第84号 決算認定について(平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業)

   議案第85号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第2号)

   議案第86号 平成10年度尾道市公会堂事業特別会計補正予算(第1号)

   議案第87号 平成10年度尾道市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)

   議案第88号 平成10年度尾道市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

   議案第89号 平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第1号)

   議案第90号 財産の出資について

   議案第91号 財産の取得について

   議案第92号 新たに生じた土地の確認及び町の区域の変更(編入)について

   議案第93号 字の区域及び名称の変更について

   議案第94号 しまなみ交流館設置及び管理条例案

   議案第95号 尾道市消防団条例の一部を改正する条例案

   議案第96号 尾道市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

   議案第97号 尾道市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例案

   議案第98号 尾道市公共下水道条例の一部を改正する条例案

         (以上16件一括上程、提案理由の説明)

                                    以 上

  ────────────────── * ──────────────────

本日の会議に付した事件

日程第1 会期決定について

日程第2 報告第16号 平成9年度尾道市水道事業会計決算の状況報告について

     報告第17号 平成9年度尾道市自動車運送事業会計決算の状況報告について

     報告第18号 平成9年度尾道市病院事業会計決算の状況報告について

     議案第81号 決算認定について(平成9年度水道事業会計)

     議案第82号 決算認定について(平成9年度自動車運送事業会計)

     議案第83号 決算認定について(平成9年度病院事業会計)

日程第3 決算特別委員会の設置及び委員の選任について

日程第4 報告第19号 平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業決算の状況報告について

     議案第84号 決算認定について(平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業)

     議案第85号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第2号)

     議案第86号 平成10年度尾道市公会堂事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第87号 平成10年度尾道市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第88号 平成10年度尾道市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第89号 平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第90号 財産の出資について

     議案第91号 財産の取得について

     議案第92号 新たに生じた土地の確認及び町の区域の変更(編入)について

     議案第93号 字の区域及び名称の変更について

     議案第94号 しまなみ交流館設置及び管理条例案

     議案第95号 尾道市消防団条例の一部を改正する条例案

     議案第96号 尾道市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

     議案第97号 尾道市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例案

     議案第98号 尾道市公共下水道条例の一部を改正する条例案

  ────────────────── * ──────────────────

出席議員(30名)

    1番 高 橋 紀 昭             2番 吉 原   功

    3番 井 上 文 伸             4番 佐 藤 志 行

    5番 村 上 俊 昭             6番 山 中 善 和

    7番 山 本 和 洋             8番 助 永 一 男

    9番 寺 本 真 一            10番 大住元 節 夫

   11番 金 口   巖            12番 永 田 明 光

   13番 前 田 和 之            14番 松 谷 成 人

   15番 神 田 誠 規            16番 天 野 興 一

   17番 大 迫 敏 則            18番 杉 原 璋 憲

   20番 檀 上 正 光            21番 植 田   稔

   22番 東 山 松 一            23番 乃 万 礼 子

   24番 平 田 久 司            25番 佐々木 猛 朗

   26番 高 橋 最 宜            27番 宇円田 良 孝

   28番 木 曽   勇            29番 小 倉 八 郎

   30番 藤 本 友 行            31番 高 垣   等

欠席議員(なし)

  ────────────────── * ──────────────────

説明のため出席した者

   市長      亀 田 良 一     助役      若 住 久 吾

   収入役     山 根 良 彦     代表監査委員  森 田 良 行

   教育長     砂 田 悦 男     広域行政担当参事荒 谷 充 生

   消防団・消防水利担当参事        百周年瀬戸内しまなみ海道記念事業部長

           岡 本   紀             亀 田 康 徳

   総務部長    村 上 康 則     財務部長    浜 田 明 治

   市民生活部長  村 上 光 範     福祉保健部長兼福祉事務所長

                               光 籏   勇

   産業部長    浜 谷 勝 利     土木建築部長  小 林 知 庸

   都市部長    蔦 永 勝 也     市民病院事務部長高 垣 正 仁

   水道局長    西 田 正 男     交通局長    高 橋 康 彦

   総務課長    岡 本 英 明     財務課長    加 納   彰

   教育委員会庶務課長

           竹 中 敏 明

  ────────────────── * ──────────────────

事務局出席者

   事務局長    安 藤 立 身     局長補佐兼庶務係長

                               谷   峰 生

   局長補佐兼議事調査係長         議事調査係主任 山 口 玉 枝

           杉 原 幸 雄

   議事調査係主事 高 橋   彰







  ────────────────── * ──────────────────

                午後1時30分 開会



○議長(神田誠規) ただいま出席議員29名であります。定足数に達しておりますから、これより平成10年第4回尾道市議会定例会を開会いたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△諸般の報告



○議長(神田誠規) この際、諸般の報告をいたします。

 今期定例会までに受理した陳情、要望は、お手元に印刷、配付の陳情書・要望書一覧表のとおり、尾道商工会議所会頭佐藤忠男氏より、尾道商工会議所ビル模様替え工事への助成、小企業等経営改善資金等の利子補給制度の設置及び尾道商工会議所ビル東側海面への雁木の設置のため格別の配慮を要望する陳情書が提出されております。

 今期定例会の説明員として、市長、助役、収入役、代表監査委員及び教育長のほか関係部課長に対して地方自治法第121条の規定により出席を求めましたので、御報告いたします。

  ────────────────── * ──────────────────

                午後1時31分 開議



○議長(神田誠規) これより本日の会議を開きます。

  ────────────────── * ──────────────────



△議事日程



○議長(神田誠規) 本日の議事日程は、お手元に印刷、配付のとおりであります。

  ────────────────── * ──────────────────



△会議録署名議員の指名



○議長(神田誠規) 本日の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により議長において、27番宇円田議員及び29番小倉議員を指名いたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第1 会期決定について



○議長(神田誠規) これより日程に入ります。

 日程第1、会期決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から22日までの12日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 異議なしと認めます。よって、会期は12日間と決定いたしました。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第2 報告第16号〜18号・議案第81号〜83号



○議長(神田誠規) 次に、日程第2、報告第16号平成9年度尾道市水道事業会計決算の状況報告について、報告第17号平成9年度尾道市自動車運送事業会計決算の状況報告について、報告第18号平成9年度尾道市病院事業会計決算の状況報告について、議案第81号決算認定について(平成9年度水道事業会計)、議案第82号決算認定について(平成9年度自動車運送事業会計)、議案第83号決算認定について(平成9年度病院事業会計)、以上の6件を一括議題といたします。

 それぞれ説明を求めます。

 西田水道局長。



◎水道局長(西田正男) それでは、報告第16号平成9年度尾道市水道事業会計決算の状況報告及び議案第81号決算認定についてをあわせて御説明申し上げます。

 決算書の10ページをお開き願います。

 まず、概況の総括事項でございますが、平成9年度の水道事業は、財政の健全化と多様化する市民ニーズに対応した円滑な給水サービスを確保するため、平成9年4月1日以降の使用水量分から料金改定を実施した結果、期間損益の状況も好転するなど所期の目的に向け、順調に推移しております。

 しかしながら、冷夏、異常渇水前の水準に回復してきました有収水量も経済活動の停滞等により予断を許さず、県用水の受水単価の改定の予定に加え、経年施設の改良整備に伴う資本費の増加など財政を圧迫する要因もあり、楽観できない状況にあります。

 次に、業務の概要でございますが、給水戸数3万4,391戸、給水人口9万1,828人で普及率は96.6%となりました。配水量につきましては、1,010万1,486トンで前年に比較して11万313トンの増、有収水量は913万1,248トンで10万4,558トンの増となり、これに伴います有収率は90.4%で0.1ポイント上昇いたしました。

 次に、建設改良事業でございますが、安定給水及び施設の機能回復のため、長江水系の継続的な整備、老朽管の更新及び保守整備に伴う配水管網の整備として2,710メートルの布設替えを行い、さらに前年度から繰り越しとなっておりました西瀬戸自動車道建設に伴う送水管布設替えは本年度で完成をいたしました。

 また、新規申し込みによる現有施設の有効活用のため、4,526メートルの配水管の新たな布設と、改良工事として2,347メートルの配水管の布設替え等を実施いたしました。

 次に、この決算を事業収支面から見ますと、収益では29億4,949万7,428円に対し、費用27億9,837万3,506円で、差し引き1億5,112万3,922円の純利益を計上いたしました。

 この純利益に前年度繰越利益剰余金を加え、当年度未処分利益剰余金は1億7,890万3,772円となりましたが、純利益のうち1億5,000万円を減債積立金及び建設改良積立金として処分する予定であります。

 次に、資本的収支でございますが、収入は企業債、工事負担金等3億3,604万739円で、これに対し、繰越工事を含む建設改良事業、企業債の償還で7億4,967万3,894円の支出による差し引き不足額4億1,363万3,155円は過年度分損益勘定留保資金2億4,007万6,073円、当年度分損益勘定留保資金1億4,886万2,065円、当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額2,469万5,017円で補てんをしております。

 以上、甚だ簡単ではございますが、平成9年度の水道事業会計の決算の概況を御説明申し上げましたが、料金改定により経営状況は好転しておりますが、一方で財政を圧迫する要因もある中、県用水の受水量の見直し等諸経費の節減を図りながら、今後とも企業意識に徹した経営の効率化と給水サービスの質的向上に努力する所存でございます。何とぞよろしく御審議の上、御認定賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(神田誠規) 高橋交通局長。



◎交通局長(高橋康彦) 続きまして、報告第17号平成9年度尾道市自動車運送事業会計決算の状況及び議案第82号決算認定についてあわせて御説明申し上げます。

 恐れ入りますが、決算書の9ページをお開きいただきたいと存じます。

 まず、概況の総括事項でございますが、本市自動車運送事業は、地域における通勤、通学、通院、買い物等の住民の日常生活に必要不可欠な交通手段として機能しており、特に自家用自動車を利用できない住民の足として重要な役割を果たしてまいりました。

 今後、ますます多様化する地域住民のニーズにこたえるとともに、福祉の増進に寄与していきたいと思っております。

 しかしながら、近年におきますモータリーゼーションの進行に伴いまして、マイカーの増加や道路の混雑、渋滞などによる運行効率の低下、定時性の喪失による乗客の減少が慢性化するなど本事業を取り巻く環境は依然として厳しい状況が続いているところでございます。

 こうした中で、平成9年度は地方公営企業法第49条に基づく財政再建計画が完了して2年目となります。引き続き、徹底した経費の節減や収入確保のため、附帯事業などを積極的に行った結果、6,673万4,000円の純利益を計上することができました。これも議員の皆様方を初め多くの市民の皆様方、また関係各位の御協力のたまものと感謝をしているところです。

 次に、業務量の概要についてでございますが、一般乗合事業につきましては、総走行キロ数は208万324キロメートルで対前年度比1.9%の増、輸送人員409万4,178人で対前年度比3.3%の減少、輸送収入は6億7,658万9,466円で対前年度比3.8%の減少となりました。

 一方、一般貸切事業につきましては、総走行キロ数は28万7,858キロメートル、対前年度比13.9%の増、輸送人員は5万7,235人で対前年度比4.1%の増、輸送収入は1億781万3,133円で対前年度比5.7%の減収となりました。

 次に、決算でございますが、収益的収支につきましては、厳しい経営環境の中で経費の節減など効率的運営に努めた結果、事業収益9億6,402万970円に対し、事業費用は8億9,728万7,427円で差し引き6,673万3,543円の純利益を計上することができました。その結果、当年度分未処分利益剰余金3億3,807万2,531円を計上するに至り、このうち3,016万6,072円を資本的収支の不足分へ補てんし、333万7,000円を利益積立金に、そして6,339万6,543円を建設改良積立金に積み立てる予定とし、差し引き2億4,117万2,916円を翌年度へ繰り越すことにいたしております。

 次に、資本的収支についてでございますが、小型バス2台の購入や広島県東部地域開発事務所新築工事を行った結果、資本的収入3万6,750円に対し、資本的支出1億8,908万3,040円となり、資本的収入が資本的支出に対して不足する額1億8,904万6,290円は過年度分損益勘定留保資金818万5,758円、当年度分損益勘定留保資金3,586万9,035円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額381万2,050円、減債積立金3,025万9,566円、建設改良積立金8,075万3,809円及び繰越利益剰余金3,016万6,072円で補てんいたしております。

 以上、簡単でございますが、平成9年度の自動車運送事業会計決算の概要の説明とさせていただきます。

 交通事業を取り巻く環境は、乗合バス利用の需要動向において大変厳しく、乗合収入は今後も伸び悩むものと予想されます。こうした厳しい環境の中、引き続き一層の経営努力を重ね、経営基盤の充実強化を図り、輸送サービスの一層の向上に努める所存でございますので、引き続き御支援をお願い申し上げますとともに、何とぞ御審議の上、御認定を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) 高垣市民病院事務部長。



◎市民病院事務部長(高垣正仁) それでは続きまして、上程をいただいております報告第18号平成9年度尾道市病院事業会計決算の状況報告及び議案第83号決算認定についてあわせて説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、決算書の10ページをごらんいただきたいと存じます。

 まず、概況でございますが、本年度は平成10年度施行予定の市民病院増改築事業に向けて市民病院増改築工事実施計画委託及び増改築に伴う液体酸素タンク移設工事、屋外排水工事、合併処理槽の解体工事などの諸工事を施工をするとともに、診断・治療機器の一層の充実を図りました。

 次に、業務量でございますが、年間患者数は、入院10万3,903人、外来18万6,269人、合計において29万172人で対前年度比1.1%の減となっております。

 また、これを1日平均で見ますと、入院284.7人、ベッドの稼働率は95.8%、外来は760.3人となっております。

 次に、決算でございますが、収益的収支のうち事業収益は52億7,569万1,000円でございまして、前年度比0.1%の増加となっております。

 また、事業費用は50億2,339万6,000円で前年度比6.5%増加となっております。

 この結果、当年度純利益といたしまして2億5,229万5,000円を計上することができました。

 この収支実績によりまして、今年度未処分利益剰余金は21億366万6,000円となりましたが、このうち1,300万円を減債積立金に、3,000万円を建設改良積立金にそれぞれ積み立てることとし、1億8,434万9,000円を資本的収支の補てん財源に充てまして、差し引き18億7,631万7,000円を翌年度へ繰り越す予定にいたしております。

 次に、資本収支につきましてでございますが、収入0円に対しまして、支出4億1,419万9,000円で差し引き4億1,419万9,000円の不足が生じましたが、不足する額は当年度消費税及び地方消費税資本的収支調整額24万2,000円、当年度分損益勘定留保資金2億2,960万8,000円、繰越利益剰余金1億8,434万9,000円で補てんいたしております。

 以上、平成9年度の病院事業会計決算の概況でございます。

 なお、医療を取り巻く環境は非常に厳しいものがありますが、引き続き効率的な運営を図り、健全経営に努めながら、地域の中核病院として医療の提供、患者サービスへの向上に職員が一体となって努めてまいる所存でございます。何とぞよろしく御審議の上、御認定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結いたします。

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第3 決算特別委員会の設置及び委員の選任について



○議長(神田誠規) 次に、日程第3、決算特別委員会の設置及び委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議案第81号から第83号に至る3案については、10人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 続いて、お諮りをいたします。

 ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により議長において、お手元に印刷、配付の決算特別委員会委員名簿のとおり、それぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神田誠規) 異議なしと認めます。よって、お手元の決算特別委員会委員名簿のとおり、それぞれ決算特別委員に選任することに決しました。

  ──────────────────────────────────────

             尾道市議会決算特別委員会委員名簿

                  高 橋 紀 昭

                  吉 原   功

                  助 永 一 男

                  寺 本 真 一

                  金 口   巖

                  松 谷 成 人

                  天 野 興 一

                  杉 原 璋 憲

                  檀 上 正 光

                  東 山 松 一

  ────────────────── * ──────────────────



△日程第4 報告第19号・議案第84号〜98号



○議長(神田誠規) 次に、日程第4、この場合、議題に供します案件の題名を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(安藤立身) 朗読いたします。

 報告第19号 平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業決算の状況報告について

 議案第84号 決算認定について(平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業)

 議案第85号 平成10年度尾道市一般会計補正予算(第2号)

 議案第86号 平成10年度尾道市公会堂事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第87号 平成10年度尾道市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第88号 平成10年度尾道市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第89号 平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第90号 財産の出資について

 議案第91号 財産の取得について

 議案第92号 新たに生じた土地の確認及び町の区域の変更(編入)について

 議案第93号 字の区域及び名称の変更について

 議案第94号 しまなみ交流館設置及び管理条例案

 議案第95号 尾道市消防団条例の一部を改正する条例案

 議案第96号 尾道市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案

 議案第97号 尾道市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例案

 議案第98号 尾道市公共下水道条例の一部を改正する条例案

 以上。



○議長(神田誠規) ただいま朗読の16件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 亀田市長。



◎市長(亀田良一) (登壇)まず最初に、去る8月に御逝去されました故若住雄前議長に対しまして哀悼の誠をささげ、慎んで御冥福をお祈り申し上げます。

 さて、議員の皆様方にはお忙しい中を9月定例会に御参集をいただき、厚く御礼を申し上げます。皆様方におかれましても、健康には十分に御留意の上、御活躍を賜りますようお願い申し上げます。

 7月の参議院議員選挙後、小渕内閣が誕生し、景気回復に向けてさまざまな施策を打ち出しております。しかしながら、昨年の4月からの景気後退局面はこの9月で1年6カ月となりますが、いまだに景気回復の兆しが見えておりません。

 なお、本市を取り巻く環境も依然として非常に厳しく、企業関係では、造船関連企業等の倒産、また雇用関係では、尾道公共職業安定所管内の7月末の有効求人倍率は0.44という極めて低い倍率となっております。

 こうした中で、本市の平成9年度決算においては、経常収支比率、起債制限比率では若干の改善が見られるものの、駅前再開発関連事業などの事業に伴う起債の借り入れで地方債残高は増加しており、厳しい状況が続いております。

 さて、当面する市政の課題でございますが、市制施行100周年記念事業につきましては、議員の皆様方にもいろいろと御協力をいただきながら各イベントとも順調に進行しております。今後もいろんな場面で御協力をお願いすることと存じますが、よろしくお願い申し上げます。

 また、尾道駅前再開発事業でございますが、「しまなみ海道'99」のイベントのメーン会場として利用できるよう、北棟の店舗住宅、南棟のしまなみ交流館など1998年度中の完成を目指して着々と工事が進捗しております。市民の皆様には工事中何かと御迷惑をおかけしておりますが、いましばらく御協力をお願いいたします。

 次に、中国横断自動車道尾道松江線につきましては、先般くい打ち式が行われ、その実現に向けて本格的に動き始めております。これもひとえに議員の皆様方の熱心な取り組みのおかげであると感謝をいたしております。

 それでは、補正予算案を初め諸案件を提案するに当たりまして、総体的な説明を申し上げたいと思います。

 このたびの補正の主なものは、国の経済対策を受けまして尾道市におきましても、できる限りの工夫をして景気回復のための予算をお願いするものでございます。一般会計と特別会計を合わせて約7億2,800万円の経済対策予算をお願いしております。

 そのうち、道路整備、駅前再開発関連事業、公園整備などの国庫補助事業が約2億1,200万円、道路の維持改修、尾道駅前尾崎線の工事費、小規模農業基盤整備、公会堂別館大規模改修など単独事業を約5億1,600万円計上しております。

 単独事業の財源では、基金の有効な活用によりその効果を上げていきたいということで、文化施設整備基金からの繰り入れを1億8,500万円お願いをしております。

 また、伝統ある文化施設に磨きをかけ、文学の町尾道にふさわしい施設充実のため、千光寺山中腹の民家をお借りして改修する予算をお願いしております。文学記念室、中村憲吉邸とリンクして広く市民や観光客に接していただきたいという考えでおります。

 そのほか、長年浦崎町に行くのに福山市を通って大回りをしておりましたが、通勤等に自動車利用ができるよう歌−戸崎間にフェリーを導入してまいりたいと考えております。

 総務費では、第三セクターに現物出資するため、フェリー購入の予算をお願いしております。

 民生費では、介護保険導入のための計画作成委託、24時間ホームヘルプサービスの委託と、前年度各事業の清算に伴う国、県の負担金、補助金の返還金をお願いしております。

 衛生費では、ごみ減量対策事業費の追加をお願いしております。

 農林水産業費では、小規模農業基盤整備事業の追加をお願いしております。

 商工費では、千光寺登山道の改良の追加をお願いしております。

 土木費では、経済対策に伴います道路新設改良費の山波45号線など事業費確定による予算の組み替えや、街路事業費、公園建設費の追加、市内各所市道維持補修工事費の追加をお願いしております。

 教育費では、尾道短大の四大化の準備のための経費の追加と、美木中学校グラウンド用地の造成工事、幼稚園入園前の子育てをするための子育て支援活動推進事業に要する備品購入費などや、尾道文学館設置のための経費、また2000年に開催されます国民文化祭の準備費、美術品購入への寄附をいただきましたので、備品購入費をお願いしております。

 公会堂事業特別会計では、公会堂別館の改修をお願いしております。

 駐車場事業特別会計では、市営久保駐車場改修の追加をお願いしております。

 公共下水道事業特別会計では、枝線汚水管渠増築工事の追加をお願いしております。

 尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計では、しまなみ交流館の開館に伴います備品購入予算の追加をお願いしております。

 以上、一般会計では8億5,271万5,000円、特別会計4会計で総額2億5,400万円の補正をお願いしております。

 これに要する財源は、地方交付税、国、県の負担金、補助金、市債、基金繰り入れ等をもって充当しようとするものでございます。

 なお、本提案を申し上げております諸案件の詳細につきましては、それぞれ担当から説明をいたさせます。

 次に、平成9年度の水道事業、自動車運送事業、病院事業の3企業会計決算につきましては、先ほど決算状況の御報告を申し上げ、御提案をさせていただいておりますが、これらもあわせてよろしく御審議の上、御認定を賜りますようお願い申し上げます。

 平成9年度の一般会計の決算見込みにつきましては、先般御報告をさせていただいておりますように7,100万円の繰越金が見込まれるところとなっております。議員各位はもとより、市民の皆様の一層の御支援と御協力をお願い申し上げ、総体的な説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) 浜谷産業部長。



◎産業部長(浜谷勝利) それでは、私の方から報告第19号平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業決算の状況報告及び議案第84号決算認定についてあわせて御説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、報告書の1ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、事業の概要でございますが、当事務組合は、昭和59年4月に2市3町により農業経営者が不慮の事故によって受ける損失を補てんすることにより、農業経営の安定を図り、もって農業生産力の発展に資することを目的に設立され、地域農業の発展及び農家の負託にこたえるべく、各種共済事業の加入の促進と損害の防止に取り組んでまいりましたが、1998年──平成10年4月1日をもって広島県東部農業共済組合に統合され、解散をいたしました。

 次に、決算の概要でございますが、平成9年度共済事業への加入農家戸数は2,258戸、前年対比96.7%、総共済額9億1,988万8,788円、前年対比99.3%となり、減少しました。経営成績といたしましては、単年度収支で総収入額1億2,204万868円、総支出額1億1,709万6,603円で差し引き494万4,265円の剰余金が出ました。

 なお、昨年12月市議会において議決をいただきました農業共済事務組合解散に伴う決算の審査及び認定の事務を尾道市が継承し、地方自治法施行令第5条第3項の規定により決算を行いまして、財産処分等によります剰余金総額は7,818万2,715円となっております。この剰余金の配分につきましては、尾道地方農業共済事務組合解散に伴う財産処分等に関する協議書に基づき、すべて広島県東部農業共済組合へ引き継ぎました。

 以上、簡単でございますが、平成9年度尾道地方農業共済事務組合農業共済事業決算の概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議の上、御認定賜りますようお願いを申し上げまして、説明とさせていただきます。



○議長(神田誠規) 浜田財務部長。



◎財務部長(浜田明治) それでは、私の方から議案第85号平成10年度尾道市一般会計補正予算(第2号)から議案第89号平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第1号)につきましてその概要を御説明申し上げます。

 恐れ入りますが、議案集1の1ページをお開き願います。

 まず、議案第85号平成10年度尾道市一般会計補正予算(第2号)でございますが、第1条は、歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ8億5,271万5,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ334億9,811万5,000円とするものでございます。

 第2条は、債務負担行為の補正でございますが、5ページの「第2表債務負担行為補正」のとおり3事業の追加をお願いしております。

 第3条は、地方債の補正でございますが、同じく5ページの「第3表地方債補正」のとおり変更をお願いしております。

 続いて、11ページの歳出から御説明を申し上げたいと思います。

 総務費、総務管理費の一般管理費でございますが、向東町歌から浦崎町戸崎の間を航行するフェリーの購入費をお願いしております。

 繰出金につきましては、歳入の10ページに上げておりますが、文化施設施設基金からの繰入金を公会堂別館改修のため、公会堂事業特別会計に繰り出すものでございます。

 次に、民生費でございますが、社会福祉総務費では、臨時福祉特別給付金に係る事務費をお願いいたしております。

 12ページの身体障害者福祉費、13ページの精神薄弱者福祉費、老人福祉費、14ページの老人医療助成費、児童福祉総務費、児童措置費、15ページの生活保護費までは各種事業の過年度の国県補助金及び負担金の精算に伴います返還金と、施設入所者生活受給者への福祉一時金をお願いいたしております。

 また13ページに返りますが、老人福祉費における報償費及び委託料は、介護保険導入にかかわっての計画作成のための経費と、24時間対応ホームヘルプサービス事業を実施するための委託料の追加をお願いしております。

 14ページの国民年金費でございますが、収納特別対策特別交付金の決定によりまして追加補正をお願いしております。

 続いて、15ページの衛生費、清掃費のごみ減量対策費でございますが、4月からの収集方法の変更により資源ごみの量が増加したことに伴います委託料と補助金の追加及び雑誌、新聞紙の回収に経費がかかるようになりましたので、その委託料をお願いいたしております。

 農林水産業費では、維持課新設に伴います人件費の調整を上げさせていただいております。

 16ページ、17ページ、18ページに記載の土木費の人件費もこの調整をさせていただいております。

 戻りまして、農地費ですが、ため池1カ所、農道2カ所の小規模農業基盤整備工事の追加をお願いしております。

 16ページに入りますが、商工観光費では、2,700万円余りの千光寺登山道の用地買収と工事費の追加をお願いいたしております。

 次に、土木費でございますが、17ページの道路維持費では、市内一円の道路維持補修工事費で3,000万円の追加をお願いしております。

 道路新設改良費では、総合経済対策に伴います山波45号線の追加などにより経費の組み替えをお願いしております。

 街路事業費では、栗原公園線、尾道駅前尾崎線4工区の用地取得費や尾道駅前尾崎線3工区の工事請負費、久保長江線久保工区のJR工事負担金の追加をお願いしております。

 また、久保長江線久保工区の工事は、防地口交差点のガードの工事をJRにお願いするもので、5ページにあります平成14年までの債務負担と合わせて24億円の事業費をお願いいたしております。

 次に、18ページの公園建設費では、平原土地区画整理地内に建設する尾道西公園の整備工事を前倒しして取りかかるもので、4,840万円の追加をお願いしております。

 都市下水路費、再開発事業費では、それぞれ特別会計への繰出金をお願いしております。

 次に、19ページの教育費でございますが、中学校費の学校建設費は美木中学校グラウンド敷地の造成工事を行うもので、5ページの債務負担行為とあわせ、本年度4,300万円、来年度4,300万円、合わせて8,600万円の事業費をお願いしております。

 幼稚園費では、幼稚園就園前の親子を対象にした子育て支援活動推進事業に関する事業費をお願いしております。

 20ページの社会教育費では、美術館費で指定寄附がありましたので、美術品の購入費と、また文化振興費で文学館設置のための修理費、備品購入費や国民文化祭へ向けての打ち合わせ旅費などの経費をお願いしております。

 以上、一般会計補正予算歳出の総額は8億5,271万5,000円でございますが、これに対する財源は国庫支出金、県支出金、基金繰入金、寄附金、市債等の特定財源のほか、一般財源といたしまして地方交付税で調整させていただいております。

 続いて、議案第86号平成10年度尾道市公会堂事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、25ページをお開き願います。歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ1億8,500万円を追加し、予算の総額をそれぞれ2億3,537万4,000円とするものでございます。

 内訳は、28ページにございますが、公会堂をリニューアルして机、いすなどの備品も新しくするために、設計委託料500万円、工事請負費1億6,000万円、備品購入費2,000万円をお願いしております。財源は全額一般会計からの繰入金でございます。

 次に、29ページの議案第87号平成10年度尾道市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、第1条は、歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ1,500万円を追加し、予算の総額をそれぞれ2億1,330万円とするものでございます。

 第2条は、地方債の補正でございますが、31ページの「第2表地方債補正」のとおり変更をお願いしております。

 内訳は、32ページに記載しておりますが、市営久保駐車場の改修工事を当初9,270万円お願いしておりましたが、新たに外からも利用できるトイレを設置することにいたしまして、工事請負費の追加を1,500万円お願いするものでございます。財源は全額起債を充てております。

 次に、35ページ、議案第88号平成10年度尾道市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございますが、第1条は、歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ2,000万円を追加し、予算の総額をそれぞれ20億4,299万8,000円とするものでございます。

 第2条は、地方債の補正でございますが、37ページの「第2表地方債補正」のとおり変更をお願いしております。

 内訳は、39ページにございますが、街路事業の尾道駅前尾崎線3工区の工事に伴って枝線を埋設するため、工事請負費2,000万円の追加をお願いしております。財源は一般会計繰入金100万円と起債1,900万円を充てております。

 続いて、41ページの議案第89号平成10年度尾道市尾道駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ3,400万円を追加し、予算の総額をそれぞれ70億2,521万円とするものでございます。

 44ページに内訳を記載しております。(仮称)しまなみ交流館の開館に必要な備品購入費を3,400万円追加でお願いしておりますが、財源といたしましては、2,000万円の寄附金と一般会計からの繰入金を充てさせていただいております。

 以上、議案第85号から議案第89号まで概要を御説明いたしましたが、よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(神田誠規) 村上総務部長。



◎総務部長(村上康則) それでは、私の方から議案集2の1ページの議案第90号から22ページの議案第98号までの9議案につきまして提案説明を申し上げます。

 まず、1ページの議案第90号財産の出資についてでございますが、本案は地方自治法第96条第1項第6号の規定によりまして市有財産を第三セクターへ出資することにつきまして議会の議決を求めるものでございます。

 出資する財産は、総トン数19.93トン、最大速力7.89ノット、旅客定員44名、自動車積載容量、普通車4台、進水から19年余りを経過したフェリーでございます。

 フェリーの購入価格は400万円でございまして、出資の目的といたしましては、本市所有のフェリーを現物出資し、歌・戸崎航路のフェリー運航を行う会社の設立に参画するものでございます。

 出資の相手方といたしましては、尾道市と民間企業等の共同出資による株式会社、いわゆる第三セクターでございます。

 この会社の主な業務といたしましては、歌・戸崎航路のフェリーの運航でございます。

 また、この会社は10月に設立予定でございます。

 議案説明書の1ページに航路図をお示しいたしておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 続きまして、3ページの議案第91号財産の取得についてでございますが、本案は議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定によりまして、尾道市立美術館美術品取得事業により絵画を取得することにつきまして議会の議決を求めるものでございます。

 取得する絵画は、油彩画「オアシス」。作家名はジョルジュ=アンリ・ルオーでございます。寸法、縦31センチメートル、横48センチメートル。制作年は1950年ごろでございます。取得予定価格は5,000万円。契約の相手方としましては、東京都中央区銀座8丁目2番8号、株式会社吉井画廊、代表取締役、吉井長三氏でございます。提案理由といたしましては、美術館における絵画部門の充実を図るため、「オアシス」を取得するものでございます。

 議案説明書の2ページに「オアシス」の解説及び経歴等をお示しいたしておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 次に、4ページの議案第92号新たに生じた土地の確認及び町の区域の変更(編入)についてでございますが、本案は地方自治法第9条の5第1項の規定によりまして、公有水面の埋め立てによって、尾道市東御所町85番4から70番6を経て60番9に至る間の地先4,581.65平方メートルの土地が新たに尾道市の区域内に生じたことを確認し、同法第260条第1項の規定によりまして当該土地を東御所町の区域に編入するため、議会の議決を求めるものでございます。

 議案説明書の3ページに位置図をお示しいたしておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 次に、5ページの議案第93号字の区域及び名称の変更についてでございますが、本案は地方自治法第260条第1項の規定によりまして、広島県施行による尾道流通団地造成事業において、土地の区域及び形質の変更が生じたため、尾道市美ノ郷町本郷及び中野の造成事業区域内にある字の区域をもって字新本郷の区域を新たに設定するため、議会の議決を求めるものでございます。

 議案説明書の4ページに位置図をお示ししておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 次に、7ページ、議案第94号しまなみ交流館設置及び管理条例案でございますが、本案は尾道駅前地区市街地再開発事業区域内に建設中のしまなみ交流館の設置及び管理について定めるものでございます。

 内容といたしましては、使用の手続、使用期間、使用の制限、入場の制限、使用料、使用料の還付、使用料の減免、損害賠償責任、管理の委託などについての21条立ての本則及び別表と、来年5月1日からしまなみ交流館の使用開始とことし10月1日からしまなみ交流館使用申し込みの受け付けを始めるための附則から成る条例の設定でございます。

 次に、15ページ、議案第95号尾道市消防団条例の一部を改正する条例案でございますが、本案は職員等の旅費に関する条例と字句と整合させるため、別表中の字句「1等級」を「7級」に、「2等級」を「6級以下」に改める条例改正でございます。

 続きまして、16ページ、議案第96号尾道市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案でございますが、本案は非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令の一部が改正されたことに伴いまして、本市もこれに準じて非常勤消防団員等及び非常勤消防団員等の遺族に対する損害補償の充実を図るため、補償基礎額並びに介護補償額及び葬祭補償額を引き上げるための条例改正でございます。

 議案説明書の5ページ及び6ページに改正の要点をお示ししておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 続きまして、19ページ、議案第97号尾道市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例案でございますが、本案は消防団員等公務災害補償責任共済等に関する法律施行令の一部が改正されたことに伴いまして、本市もこれに準じて非常勤消防団員の処遇改善を図るため、非常勤消防団員に係る退職報償金の額を引き上げるための条例改正でございます。

 次に、22ページ、議案第98号尾道市公共下水道条例の一部を改正する条例案でございますが、本案は公共下水道の排水設備責任技術者の試験及び認定について、従来市で単独で行っていたものを県内統一試験に変更し、登録制とするとともに、罰則規定の過料最高額「1万円」を「5万円」に改定するための条例改正でございます。

 以上、9議案につきましての提案説明とさせていただきます。御審議いただきまして御決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(神田誠規) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 12番、永田議員。



◆12番(永田明光) ただいま上程のありました文学館の設置、さらにはしまなみ交流館の設置及び管理条例案が上程をされたわけでありますけれども、昨年度しまなみ交流館の運営に関することについてコンサルに委託をされていると思います。そして、千光寺の南側斜面のグランドデザインにつきましても、昨年度コンサルに委託がされていると思います。これの成果品というのはどのようになってるのか、議案との関連でお尋ねをしてみたいと思います。



○議長(神田誠規) 村上総務部長。



◎総務部長(村上康則) しまなみ交流館の管理運営の委託、それから南斜面の成果物、これは3月31日で届いておりますが、まだお見せしてないという段階でございますんで、整理しましてまたお配りすると思います。



○議長(神田誠規) 12番、永田議員。



◆12番(永田明光) 年度末で成果品が届いているということでありますので、今回それに関連する議案が上程をされておりますので、ぜひともその成果品を資料として、先ほど部長の答弁ございましたけれども、ひとつ提出をいただければというふうに思います。終わります。



○議長(神田誠規) これをもって質疑を終わります。

 議案第84号から議案第98号に至る15案はそれぞれ所管委員会に付託をいたします。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

 御苦労でございました。

                午後2時32分 散会

  ────────────────── * ──────────────────

   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



     尾 道 市 議 会 議 長







     尾 道 市 議 会 議 員







     尾 道 市 議 会 議 員