議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 三原市

平成18年第 3回定例会 06月21日−04号




平成18年第 3回定例会 − 06月21日−04号







平成18年第 3回定例会



        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        平成18年第3回三原市議会定例会会議録(第4号)

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



平成18年6月21日(水曜日)

────────────────────────────────────────

平成18年第3回三原市議会定例会議事日程第4号

                         6月21日(水曜日)午後2時開議

第1 請願18第1号の1の取下げについて

   請願18第1号の2の取下げについて

第2 議第 90号 三原市行政手続条例の一部改正について

   議第 91号 三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の変更について

   議第 92号 財産の取得について

   議第 93号 財産の取得について

第3 議第 94号 三原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について

第4 議第 95号 市道路線の認定について

   議第 96号 町の区域の廃止及び町の区域の設定について

   議第 97号 三原市下水道条例の一部改正について

第5 議第 89号 平成18年度三原市一般会計補正予算(第2号)

   議第 98号 平成18年度三原市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)

第6 閉会中の継続調査について

────────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

────────────────────────────────────────

出席議員(37人)

    1番  小 柴 茂 樹 議員    2番  高 木 武 子 議員

    3番  池 田   元 議員    4番  松 浦 良 一 議員

    5番  谷 口 佳寿子 議員    6番  池 田 健 一 議員

    7番  陶   範 昭 議員    8番  桧 山 幸 三 議員

    9番  加 村 博 志 議員    10番  川 口 裕 司 議員

    11番  谷 杉 義 隆 議員    12番  中 重 伸 夫 議員

    13番  中 村 芳 雄 議員    14番  瀬 戸 義 弘 議員

    15番  登 木 敏 之 議員    16番  宮 谷 利 三 議員

    17番  松 島 幹 雄 議員    18番  岡 本 純 祥 議員

    19番  白 須   均 議員    20番  真 嶋   智 議員

    21番  梅 本 秀 明 議員    22番  中 西 正 信 議員

    23番  村 上 徹 郎 議員    24番  分 野 達 見 議員

    25番  山 下 栄 一 議員    26番  小 西 眞 人 議員

    27番  高 下 正 則 議員    28番  岡 崎 敏 彦 議員

    29番  下 西 勝 彦 議員    30番  堀   正 登 議員

    31番  寺 田 元 子 議員    32番  七 川 義 明 議員

    33番  力 田 忠 七 議員    34番  森 重 一 裕 議員

    35番  七 川 松 美 議員    36番  仁ノ岡 範 之 議員

    37番  守 岡 辰 巳 議員

────────────────────────────────────────

説明のため出席した者

    五 藤 康 之 市長        安 井 清 司 助役

    播 摩 碩 人 収入役       兼 保 和 昭 総務企画部長

    中 谷 正 男 総務企画部次長   兒 玉   進 秘書広報課長

    土 居 安 成 地域振興部長    伊 藤 勝 也 本郷支所長

    山 根 訓 治 久井支所長     今 川 義 之 大和支所長

    應 治 美 範 財務部長      杉 原 正 典 財務部財政課長

    金 春 省 三 保健福祉部長    寶 田 義 則 生活環境部長

    藤 井 修 二 防災・危機管理担当 前 田 茂 隆 経済部長

            参事

    池 田 吉 隆 建設・都市担当参事 礒 合 光 正 建設部長

    道 面 洋 司 都市部長      植 木 章 弘 教育長

    安 森 健 司 教育次長      中 村 克 也 消防長

    藤 本 正 典 水道局長      大 森 哲 雄 交通局長

────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

    脇   邦 和 事務局長      吉 田 哲 二 事務局次長

    松 村 俊 彦 議事係長      田 中 政 康 庶務係長

    尾 上 広 司 主任主事

────────────────────────────────────────

      午後2時2分開議



○守岡辰巳議長 出席議員が定足数に達しておりますから,これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は,お手元へ配付のとおりであります。

 これより日程に入ります。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第1 請願18第1号の1の取下げについて外1件を議題といたします。

 平成18年第1回三原市議会定例会において,建設都市委員会に付託しておりました請願18第1号の1と福祉環境委員会に付託しておりました請願18第1号の2については,審査中でありますが,6月12日請願者から取下げの願が提出されました。

 お諮りいたします。請願18第1号の1及び2の取下げに同意することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,請願18第1号の1及び2の取下げについては,同意することに決定いたしました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第2 議第90号三原市行政手続条例の一部改正について外3件を議題といたします。

 総務文教委員長の報告を求めます。川口裕司議員。

      〔川口裕司議員登壇〕



◆川口裕司議員 ただいま議題となりました付託議案議第90号外3件について,総務文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本委員会は,去る12日に開会し,関係理事者の出席を求めて審査を行いました。

 まず,議第90号は,国における行政手続法の一部を改正する法律の施行に伴い,関係条例の一部を改正するもので,改正の概要は,行政手続法に今回意見公募手続等に関する条項が追加されたことに伴い,本市条例に引用している法第38条が法第46条に繰り下げられたので,これに合わせて整合性をとり条例を整理するものであります。

 次に,議第91号は,平成17年第4回三原市議会臨時会において議第45号で議決された三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の事項のうち,その契約金額4億845万円を4億5,705万7,650円に変更することについて,議会の議決を求めるもので,この変更の理由は,第五中学校既設管理棟A棟の解体工事を施工するに当たり,内部プラスター壁から塗り込められたアスベストが検出され,解体のためにはその除去工事が追加で必要となるためとの説明でありました。

 次に,議第92号は,災害対応特殊ポンプ自動車を取得することについて,議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を得たいとするもので,取得の理由は,消防本部に配備している現在の消防ポンプ自動車が老朽化したため,災害対応機能の拡大したものに更新するもので,規格放水量毎分2,000リットル以上で,ホース延長用資機材,空気呼吸器などを装備しており,取得金額は3,197万2,500円,納期は平成18年10月26日とされております。

 次に,議第93号は,高規格救急自動車を取得することについて,議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により,議会の議決を得たいとするもので,取得の理由は10月1日から北部分署世羅西出張所を供用開始することに伴い高規格救急自動車を配備するもので,総排気量2.693リットルで,輸液用資機材,心電図伝送装置などを装備しており,取得金額は3,352万1,250円,納期は平成18年9月14日とされております。

 質疑の過程において出された主な内容を申し上げます。

 議第91号について,委員から,今回の変更により今後のスケジュールの影響についてただされたところ,理事者から,三原市議会平成18年第2回臨時会で5月31日までの工期を9月30日に延長するとの議決を得ているように,アスベストの除去とA棟の解体を9月30日までに完了させる。その後,直ちに2工区の工事に取りかかり,当初の予定どおりの完成を目指すとの答弁がありました。

 次に,議第92号について,委員から,ディーゼルエンジン車を取得する理由をただされたところ,理事者からは,今回更新する車両については,公認された規格での取得となるが,その公認車両はディーゼルエンジン車しか該当車両がないため,当該車両を取得することにしたとのことでございました。

 また,委員から,災害対応における車両の使用範囲,出動エリアについてただされ,理事者からは,大きな災害があった場合,市域を越えて応援に行く緊急消防援助隊があるが,当市においても1隊登録している。その隊の第1出動区域が中国・四国地方となっており,その方面への出動もあるとの答弁がありました。

 また,議第92号及び議第93号について,委員から,指名競争入札で業者を決定しているが,議案説明書に各業者から出された入札金額が提示されていない点をただしたところ,理事者から,各議案に係る業者から出された入札金額について口頭で報告がなされた後,これまでの例として,工事請負契約等の場合,入札金額の提示はしていたが,物品の場合は提示をしていなかったとの説明があったが,今後は物品の場合においても,基本的には資料の中に提示していくとの答弁でありました。

 質疑を終えたが,討論はなく,採決の結果,全員一致,提案理由を了とし,各案は原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上,報告を終わります。



○守岡辰巳議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 討論の通告がありませんので,直ちに採決に入ります。

 本日程は,分離して採決いたします。

 まず,議第90号三原市行政手続条例の一部改正についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を委員長の報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○守岡辰巳議長 起立全員であります。よって,議第90号は委員長の報告どおり可決いたしました。

 次に,議第91号三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の変更についてを採決いたします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。本案は,委員長の報告どおり決することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,議第91号は委員長の報告どおり可決いたしました。

 次に,議第92号財産の取得について,議第93号財産の取得について,以上2件を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長報告は可決であります。各案は,委員長の報告どおり決することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,各案は委員長の報告どおり可決いたしました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第3 議第94号三原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 地域経済委員長の報告を求めます。堀 正登議員。

      〔堀 正登議員登壇〕



◆堀正登議員 ただいま議題となりました議第94号三原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正につきまして,地域経済委員会における審査の経過及び結果を報告申し上げます。

 本委員会は,去る13日に開会し,関係理事者の出席を求め,審査を行いました。

 議第94号は,消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律の一部を改正する政令が施行され,消防団員の退職報償金の増額措置を講ずる改正が行われたことに伴い,本市の消防団員に対しても同様の措置を講ずるため,条例の一部を改正するものであります。

 改正の内容は,消防団員の分団長,副分団長,部長及び班長について,勤務年数に応じた退職報償金をそれぞれ2,000円引き上げるものというものであります。

 なお,改正後の規定は,平成18年4月1日以降に退職した非常勤消防団員について適用するということであります。

 質疑の過程において,委員から,消防団員のうち分団長,副分団長,部長及び班長について,退職報償金の増額措置を講ずる理由についてただされ,理事者により,団員の士気高揚や定着促進の趣旨から,団員について毎年度改善を図ることが望ましいが,今回の消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部改正の趣旨として,民間や公務員の給与状況が厳しいことや,市町村及び消防基金の財政への配慮が必要なことから,中堅層を重点的に改善を図っていくということが適当であるとの観点から改正されたため,本市も同様の措置を講じたいとの答弁がありました。

 質疑を終え,討論に入りましたが,討論はなく,採決の結果,全員一致,提案理由を了とし,本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上,報告を終わります。



○守岡辰巳議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 討論の通告がありませんので,直ちに採決に入ります。

 本案は,起立により採決いたします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を委員長の報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○守岡辰巳議長 起立全員であります。よって,議第94号は委員長の報告どおり可決いたしました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第4 議第95号市道路線の認定について外2件を議題といたします。

 建設都市委員長の報告を求めます。中村芳雄議員。

      〔中村芳雄議員登壇〕



◆中村芳雄議員 ただいま議題となりました議第95号外2件について,建設都市委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。

 本委員会は,去る15日に開会し,関係理事者の出席を求めて審査を行いました。

 まず,議第95号は,三原市城町三丁目において開発行為により築造された道路を市道城町34号線,市道城町35号線として新たに認定の上,維持管理するため,道路法第8条の規定に基づき,議会の議決を得たいとするものであります。

 次に,議第96号は,住居表示に関する法律の規定による住居表示事業を平成18年8月28日から実施するため,地方自治法の規定により議会の議決を得たいとするもので,糸崎町の一部及び広友町一丁目,二丁目,寿町一丁目,二丁目,時貞町一丁目,二丁目,古城通一丁目,二丁目の全部の町の区域を廃止して,新たに糸崎一丁目から糸崎八丁目及び糸崎南一丁目,糸崎南二丁目の10の町の区域を設定するものであります。

 なお,今回の住居表示実施にかかわる町名は,「イトサキ」で表記したいと理事者から発言がありました。

 次に,議第97号は,下水道法の一部を改正する法律の施行に伴い,三原市条例に引用している条項について整備するため,関係条例の一部を改正するものであります。

 質疑の過程において,議第96号について,委員から,住居表示の実施に伴い町の名前が変わる地区の住民合意がなされているかただされたところ,理事者から,住居表示の実施に当たっては,従来の名前に沿った町名を定めることとしているが,今回,名前が変わる8つの町は,地番で境界が分かれる小規模な自治単位であるため,新たな町名について関係町内会役員へ市の考えを提案することから始め,その後,数回にわたる住民説明会を開催してきた。これら一連の過程において,町名の変更について強い反対はなく,今回の議案提出に至ったとの答弁がありました。さらに,4月21日から30日間の住居表示の公示期間中においても,反対の意思表示となる変更請求書は提出されなかったとの答弁がありました。

 質疑を終え,討論に入りましたが,討論はなく,採決の結果,全員一致,提案理由を了とし,各案は原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上,報告を終わります。



○守岡辰巳議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 討論の通告がありませんので,直ちに採決に入ります。

 本日程は,分離して採決いたします。

 まず,議第95号市道路線の認定について,議第96号町の区域の廃止及び町の区域の設定について,以上2件を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長報告は可決であります。各案は,委員長の報告どおり決することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,各案は委員長の報告どおり可決いたしました。

 次に,議第97号三原市下水道条例の一部改正についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を委員長の報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○守岡辰巳議長 起立全員であります。よって,議第97号は委員長の報告どおり可決いたしました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第5 議第89号平成18年度三原市一般会計補正予算(第2号)外1件を議題といたします。

 補正予算特別委員長の報告を求めます。真嶋 智議員。

      〔真嶋 智議員登壇〕



◆真嶋智議員 ただいま議題となりました議第89号外1件について,補正予算特別委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 本委員会は,去る16日に開会し,関係理事者の出席を求めて審査を行いました。

 まず,議第89号は,一般会計予算に1億8,884万7,000円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ470億684万7,000円としたいとするものであります。

 この補正の主なものは,三原テレビ放送株式会社が地上デジタル放送への対応と深町地域へエリアを拡大することに対し,市の補助金交付要綱に基づいて補助を行うものであります。市役所市民課の窓口で受付番号のカードを発行し,証明書等を渡すときに番号を大型パネルに表示する自動窓口受付システムの購入費。社会福祉法人地の塩福祉会が現在の愛光園保育所を増改築することに対して,市の補助金交付要綱に基づいて補助をするもの。広島県教育委員会から不登校児童生徒支援モデル事業の指定を受け,家庭訪問指導支援員やボランティアを活用して,不登校の未然防止や不登校生徒の学校復帰を推進する事業を行うための経費。第五中学校建設に伴って既設教室棟の壁部分から検出されたアスベストを除去するための経費等々であります。

 次に,議第98号は,老人保健医療特別会計予算に1,551万5,000円を追加し,歳入歳出予算の総額を150億2,689万1,000円としたいとするものであります。

 この補正は,平成17年度の老人保健医療給付費等に対する支払基金への精算返還金であります。

 質疑の過程におきまして,議第89号について,委員から,三原テレビ放送株式会社に対する補助についてただされたところ,理事者から,情報格差解消の観点から,国が新たに地域情報通信基盤整備推進交付金を創設したことに伴い,交付金の対象である第三セクターの三原テレビ放送株式会社が深町へ光ファイバーと同軸ケーブルを敷設する経費及び地上デジタル放送の難視聴地域解消に対するため,受信アンテナを竜王山に設置する経費に対して補助をするものであると答弁がございました。

 次に,委員から,愛光園保育所が増改築を行う理由についてただされたところ,理事者から,この建物は昭和47年に建設,平成8年に一部増築されたものであり,その後,芸予地震による被害があり,児童の安全と保育の環境整備のため改築される。あわせて,定員30名増員することにより,待機児童解消の役割を果たすことになるとの答弁がございました。

 次に,委員から,不登校児童生徒支援モデル事業の内容についてただされたところ,理事者から,家庭訪問指導支援員は,教員の資格を持っている者6名が市内6校の中学校を対象にして,主に初期段階の不登校生徒に対して,午前中2時間程度各家庭に出向いて学校復帰に向けての取り組みをする。また,ボランティアは,県立広島大学の学生が中心となり,引きこもり等,長期の不登校生徒に対して活動を行う。従来から事業を展開している適応指導教室やスクーリング・サポート・センターの活動とあわせて総合的な対策を実施したいとの答弁がございました。

 質疑を終え,討論に入りましたところ,討論はなく,採決の結果,提案理由を了として,全員一致,各案は原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。



○守岡辰巳議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 討論の通告がありませんので,直ちに採決に入ります。

 本日程は,分離して採決いたします。

 まず,議第89号平成18年度三原市一般会計補正予算(第2号)を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を委員長の報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○守岡辰巳議長 起立全員であります。よって,議第89号は委員長の報告どおり可決いたしました。

 次に,議第98号平成18年度三原市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を委員長の報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○守岡辰巳議長 起立全員であります。よって,議第98号は委員長の報告どおり可決いたしました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第6 閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 お手元に配付いたしております継続調査申出書総括表のとおり,各常任委員長から継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。本件については,各委員長から申し出のとおり,閉会中の継続調査に付することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,さよう決しました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 以上をもって今期定例会に付議された事件は,すべて議了いたしました。

 閉会に当たり,市長のあいさつがあります。五藤市長。

      〔五藤康之市長登壇〕



◎五藤康之市長 閉会に当たりまして,一言ごあいさつを申し上げます。

 今回定例会に提出いたしました各案件につきましては,いずれも原案どおり決定をいただき,厚くお礼を申し上げます。

 審議の過程でいただきました御意見,御要望などにつきましては,今後,十分配慮し,市政執行に当たる所存でございます。今後とも格別の御指導,御鞭撻をいただきますようお願い申し上げまして,閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○守岡辰巳議長 これにて平成18年第3回三原市議会定例会を閉会いたします。

      午後2時33分閉会

────────────────────────────────────────

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



三原市議会議長







三原市議会議員







三原市議会議員