議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 三原市

平成18年第 2回臨時会 05月19日−01号




平成18年第 2回臨時会 − 05月19日−01号







平成18年第 2回臨時会



        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        平成18年第2回三原市議会臨時会会議録

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



平成18年5月19日(金曜日)

────────────────────────────────────────

平成18年第2回三原市議会臨時会議事日程第1号

                         5月19日(金曜日)午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定について

第3 議会運営委員の選任について

第4 常任委員の選任について

第5 議第 87号 平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)について

第6 議第 88号 三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の変更について

第7 報第 4号 三原市税条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて

   報第 5号 三原市都市計画税条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて

   報第 6号 三原市国民健康保険税条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて

   報第 7号 三原市吏員退隠料,退職給与金,遺族扶助料及び死亡給与金条例等の一部を改正する条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて

第8 報第 8号 和解をし,損害賠償の額を定める専決処分の報告について

   報第 9号 和解をし,損害賠償の額を定める専決処分の報告について

第9 同第 2号 三原市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

────────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 議事日程記載事件

 副議長の辞職について

 副議長の選挙

 閉会中の継続調査について

────────────────────────────────────────

出席議員(37人)

    1番  小 柴 茂 樹 議員    2番  高 木 武 子 議員

    3番  池 田   元 議員    4番  松 浦 良 一 議員

    5番  谷 口 佳寿子 議員    6番  池 田 健 一 議員

    7番  陶   範 昭 議員    8番  桧 山 幸 三 議員

    9番  加 村 博 志 議員    10番  川 口 裕 司 議員

    11番  谷 杉 義 隆 議員    12番  中 重 伸 夫 議員

    13番  中 村 芳 雄 議員    14番  瀬 戸 義 弘 議員

    15番  登 木 敏 之 議員    16番  宮 谷 利 三 議員

    17番  松 島 幹 雄 議員    18番  岡 本 純 祥 議員

    19番  白 須   均 議員    20番  真 嶋   智 議員

    21番  梅 本 秀 明 議員    22番  中 西 正 信 議員

    23番  村 上 徹 郎 議員    24番  分 野 達 見 議員

    25番  山 下 栄 一 議員    26番  小 西 眞 人 議員

    27番  高 下 正 則 議員    28番  岡 崎 敏 彦 議員

    29番  下 西 勝 彦 議員    30番  堀   正 登 議員

    31番  寺 田 元 子 議員    32番  七 川 義 明 議員

    33番  力 田 忠 七 議員    34番  森 重 一 裕 議員

    35番  七 川 松 美 議員    36番  仁ノ岡 範 之 議員

    37番  守 岡 辰 巳 議員

────────────────────────────────────────

説明のため出席した者

    五 藤 康 之 市長        安 井 清 司 助役

    播 摩 碩 人 収入役       兼 保 和 昭 総務企画部長

    土 居 安 成 地域振興部長    伊 藤 勝 也 本郷支所長

    山 根 訓 治 久井支所長     今 川 義 之 大和支所長

    應 治 美 範 財務部長      後 藤 正 文 財政部次長

    金 春 省 三 保健福祉部長    寶 田 義 則 生活環境部長

    藤 井 修 二 防災・危機管理担当 前 田 茂 隆 経済部長

            参事

    池 田 吉 隆 建設・都市担当参事 礒 合 光 正 建設部長

    道 面 洋 司 都市部長      前 川 定 義 都市部次長

    植 木 章 弘 教育長       安 森 健 司 教育次長

    原   健 三 教育委員会教育施設 中 村 克 也 消防長

            課長

    藤 本 正 典 水道局長      大 森 哲 雄 交通局長

────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

    脇   邦 和 事務局長      吉 田 哲 二 事務局次長

    松 村 俊 彦 議事係長      田 中 政 康 庶務係長

    尾 上 広 司 主任主事

────────────────────────────────────────

      午前10時開会



○守岡辰巳議長 出席議員が定足数に達しておりますから,これより平成18年第2回三原市議会臨時会を開催いたします。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 この際,議会招集について,市長よりあいさつがあります。五藤市長。

      〔五藤康之市長登壇〕



◎五藤康之市長 本日,平成18年第2回三原市議会臨時会を招集いたしましたところ,議員各位には御出席をいただき,厚くお礼を申し上げます。

 今期臨時会には,平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)外8件の議案を提出いたしております。後ほど御説明申し上げますので,原案どおり決定をいただきますようお願い申し上げ,開会のごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は,お手元へ配付のとおりであります。

 これより日程に入ります。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 本件は,会議規則第120条の規定により,議長において宮谷利三議員,松島幹雄議員を指名いたします。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は,本日1日といたしたいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,会期は1日と決定いたしました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第3 議会運営委員の選任についてを議題といたします。

 委員会条例第4条第3項の規定により,任期満了になりましたので,議会運営委員の選任を行います。

 お諮りいたします。議会運営委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,お手元に配付しております議会運営委員表のとおり,それぞれ指名いたしたいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,議会運営委員は議会運営委員表のとおり,それぞれ選任することに決しました。

…………………………………………………………………………………………………………

議会運営委員表

                          (平成18年5月19日)

  小 西 眞 人  桧 山 幸 三  松 浦 良 一  加 村 博 志

  中 重 伸 夫  中 村 芳 雄  松 島 幹 雄  白 須   均

  真 嶋   智  力 田 忠 七  森 重 一 裕  仁ノ岡 範 之

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 暫時休憩いたします。

      午前10時4分休憩

      ────────

      午前10時45分開議



○守岡辰巳議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 ただいま梅本秀明副議長から,副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。副議長の辞職は先議案件でありますので,日程第4 副議長の辞職についてを追加し,順序を変更して直ちに議題にしたいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,日程を追加し,直ちに議題とすることに決しました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第4 副議長の辞職についてを議題といたします。

 梅本副議長は退席しておられますので,この際,これを確認しておきます。

 事務局長に辞職許可願を朗読させます。

…………………………………………………………………………………………………………

      〔脇事務局長朗読〕

       辞 職 許 可 願

 三原市議会の申し合わせにより,このたび副議長を辞任いたします。

 平成18年5月19日



     三原市議会副議長 梅本秀明



 三原市議会議長 守岡辰巳 殿

…………………………………………………………………………………………………………



○守岡辰巳議長 この際,念のために申し上げます。

 副議長の辞職は,会議規則第97条第2の規定により,討論を用いないでその許否を決めることになっております。よって,直ちに採決いたします。

 梅本副議長の辞職を許可することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,梅本副議長の辞職を許可することに決しました。

 この際,梅本副議長から発言の申し出がありますので,これを許可いたします。

      〔梅本秀明議員登壇〕



◆梅本秀明議員 この1年間,副議長を務めさせていただきまして,大変ありがとうございました。議員各位に感謝申し上げます。

 この1年間,議長を補佐しながら十二分に助けることができなかったこと,深く反省をいたしております。合併いたしまして初めての1年間ということで,町議会時代と,また市議会と,かなりの方法論,ルールにおいて温度差があったということで,私自身もいろいろと勉強させていただきました。

 今後とも一市議会議員といたしまして,市議会の運営,また発展につきまして,今後とも精進していくつもりでございます。本当に1年間ありがとうございました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 暫時休憩いたします。

      午前10時49分休憩

      ────────

      午後2時50分開議



○守岡辰巳議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 ただいま副議長が欠員となっておりますので,この際,日程の追加についてお諮りいたします。日程第5 副議長の選挙を追加し,直ちに議題としたいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,副議長の選挙を日程に追加し,直ちに議題とすることに決しました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第5 これより副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

      〔議場閉鎖〕



○守岡辰巳議長 ただいまの出席議員数は37名であります。

 投票用紙を配付させます。

      〔投票用紙配付〕



○守岡辰巳議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

      〔投票箱点検〕



○守岡辰巳議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上,議会事務局長の点呼に応じ,順次,投票を願います。

 それでは,点呼を命じます。

      〔事務局長氏名点呼・各員投票〕



○守岡辰巳議長 投票漏れはありませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

      〔議場開鎖〕



○守岡辰巳議長 これより開票を行います。

 会議規則第31条の規定により,立会人に七川松美議員,宮谷利三議員,小柴茂樹議員を指名いたします。

 立会人の立ち会いをお願いいたします。

      〔開票〕



○守岡辰巳議長 それでは,選挙の結果を報告いたします。

 投票総数37票。これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち

     有効投票     35票

     無効投票     2票

  有効投票中

     下西勝彦議員   17票

     堀 正登議員   17票

     寺田元子議員   1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は9票であります。よって,これより副議長の選挙はくじ引きにより当選人を決定いたします。

 両名お願いいたします。まず,くじ引きの順番を引いてください。(「どっちが先」と呼ぶ者あり)どっちでもいいです。(「年上の方が」と呼ぶ者あり)

      〔1回目のくじを引く〕



○守岡辰巳議長 ただいま順番の結果は,下西議員が1番,堀議員が2番であります。

      〔2回目のくじを引く〕



○守岡辰巳議長 ただいまくじ引きの結果,下西勝彦議員が当選されました。

 ただいま副議長に当選されました下西勝彦議員が議場におられますので,会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

      〔下西勝彦議員発言を求める〕



○守岡辰巳議長 下西勝彦議員。

      〔下西勝彦議員登壇〕



◆下西勝彦議員 ただいま結果のように,私が本年度副議長を務めさせていただくことになりました。まことにありがとうございました。しかし,ごらんのようにくじ引きというところでございます。私が副議長としての責務をしっかり果たすことが,同票であった議員に対しても大きな責任と期待を寄せられているものと心に考え,1年職責をしっかり務めさせていただきたいと思います。

 御存じのように,新三原市は丸1年,1歳でございます。子どもでいうと,やっと伝い歩きを始めたというところでございますが,きっとこの1年間の間にしっかりとした歩みを力強く歩き出せる市になっていくと思います。なお一層新三原市の融和に努め,皆さん方の御期待と御負託にしっかりこたえて,この1年務めさせていただきたいと思います。

 本日はまことにありがとうございました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 暫時休憩いたします。

      午後3時11分休憩

      ────────

      午後4時47分開議



○守岡辰巳議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 本日の会議時間は,議事の都合により,あらかじめこれを延長しておきます。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第6 常任委員の選任についてを議題といたします。

 委員会条例第3条第1項の規定により,任期満了になりましたので,常任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。常任委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,お手元に配付しております常任委員表のとおり,それぞれ指名したいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,常任委員は常任委員表のとおり,それぞれ選任することに決しました。

…………………………………………………………………………………………………………

常任委員表

                          (平成18年5月19日)

 総務文教委員会

  川 口 裕 司  池 田 健 一  高 木 武 子  谷 口 佳寿子

  加 村 博 志  宮 谷 利 三  村 上 徹 郎  高 下 正 則

  七 川 義 明  森 重 一 裕

 地域経済委員会

  堀   正 登  陶   範 昭  中 重 伸 夫  瀬 戸 義 弘

  登 木 敏 之  松 島 幹 雄  岡 本 純 祥  梅 本 秀 明

  下 西 勝 彦

 福祉環境委員会

  七 川 松 美  松 浦 良 一  小 柴 茂 樹  池 田   元

  真 嶋   智  分 野 達 見  小 西 眞 人  寺 田 元 子

  仁ノ岡 範 之

 建設都市委員会

  中 村 芳 雄  中 西 正 信  桧 山 幸 三  谷 杉 義 隆

  白 須   均  山 下 栄 一  岡 崎 敏 彦  力 田 忠 七

  守 岡 辰 巳

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第7 議第87号平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)外1件を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。安井助役。

      〔安井清司助役登壇〕



◎安井清司助役 ただいま上程になりました議第87号外1件につきまして御説明いたします。

 まず,議第87号平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正は,第五中学校既設校舎の解体工事に伴うアスベストの除去に要する経費であります。

 1ページをごらんください。

 第1条に掲げておりますように,今回の補正は5,700万円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ468億1,800万円とするものであります。

 歳出から行いますので,5ページをお開きください。

 歳出第10款教育費第3項中学校費第4目学校建設費5,700万円の追加は,既設校舎の解体工事に伴うアスベスト対策費であります。

 第五中学校の建設を,平成17年度から18年度までの2カ年事業として施工しており,この3月に1工区の管理棟が完成いたしました。

 引き続いて,既設管理棟(A棟)の解体工事を施工するに当たり,石綿障害予防規則の定めにより建材を調査した結果,プラスター壁の下地石こう部分からアスベストが検出されましたので,その除去に要する経費であります。この既設管理棟(A棟)の解体後に第2工区の校舎を建設する計画でありますので,このたびの補正予算をもって,1工区の請負契約金額の変更について,また2工区の既設教室棟(B棟)解体工事のアスベスト対策費の補正予算につきましては,それぞれ6月定例会に提出させていただき,当初予定の19年4月には新第五中学校の供用開始を目指してまいりたいと考えております。

 続きまして,歳入の説明をいたしますので,4ページをごらんください。

 第21款市債5,410万円の追加は,平成18年度石綿対策事業債として新たに認められた起債で,充当率95%,後年度元利償還金のうち40%が普通交付税に算入されることとなっております。

 第19款繰越金290万円は,一般財源として平成17年度の繰越金の一部を計上しております。

 3ページをごらんください。

 第2表地方債補正であります。11,義務教育施設整備債につきまして,起債の限度額を変更するものであります。

 以上で平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)の説明を終わります。

 次に,議第88号三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の変更について御説明いたします。

 本案は,平成17年第4回三原市議会臨時会において議第45号で議決をいただきました三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の事項中,履行期限を平成18年9月30日に変更することについて議会の議決を求めるものであります。

 履行期限を変更する理由は,ただいま議第87号で御説明いたしましたように,第五中学校既設校舎管理棟(A棟)の解体工事を施工するに当たり,プラスター壁からアスベストが検出され,新たにその除去工事が必要となったためであります。アスベストの除去作業に当たりましては,労働基準監督署,広島県,関係機関と協議を行い,安全を優先に施工してまいりたいと考えております。議案説明書1ページに関係図面を添付しておりますので,御参照ください。

 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○守岡辰巳議長 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

      〔小西眞人議員発言を求める〕



○守岡辰巳議長 小西眞人議員。



◆小西眞人議員 ただいま議題となっております各案は,この際36人の委員をもって構成する補正予算特別委員会を設置し,これに付託の上,審査されるよう動議を提出いたします。

      〔「賛成」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 ただいま小西眞人議員から,上程中の各案は,36名をもって構成する補正予算特別委員会を設置し,これに付託の上,審査されたいとの動議が提出され,所定の賛成者がありますので,動議は成立いたしました。よって,本動議を議題といたします。

 お諮りいたします。本動議のとおり決することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,本動議は可決されました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました補正予算特別委員会の委員の選任については,委員会条例第8条の規定により,お手元に配付いたしております補正予算特別委員表のとおり36名を指名したいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,委員表のとおり,36名の議員を補正予算特別委員に選任することに決しました。

…………………………………………………………………………………………………………

補正予算特別委員表

                          (平成18年5月19日)

  小 柴 茂 樹  高 木 武 子  池 田   元  松 浦 良 一

  谷 口 佳寿子  池 田 健 一  陶   範 昭  桧 山 幸 三

  加 村 博 志  川 口 裕 司  谷 杉 義 隆  中 重 伸 夫

  中 村 芳 雄  瀬 戸 義 弘  登 木 敏 之  宮 谷 利 三

  松 島 幹 雄  岡 本 純 祥  白 須   均  真 嶋   智

  梅 本 秀 明  中 西 正 信  村 上 徹 郎  分 野 達 見

  山 下 栄 一  小 西 眞 人  高 下 正 則  岡 崎 敏 彦

  下 西 勝 彦  堀   正 登  寺 田 元 子  七 川 義 明

  力 田 忠 七  森 重 一 裕  七 川 松 美  仁ノ岡 範 之

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第8 報第4号三原市税条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて外3件を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。安井助役。

      〔安井清司助役登壇〕



◎安井清司助役 ただいま上程になりました報第4号外3件について御説明いたします。

 報第4号から報第6号までにつきましては,いずれも地方税法の一部を改正する法律及び地方税法施行令の一部を改正する政令が平成18年3月31日に公布されたことに伴い,本市におきましても条例の改正を行う必要が生じましたが,議会を招集するいとまがないため,平成18年3月31日に専決処分による措置をさせていただきましたので,これを報告し,承認を求めるものであります。

 まず,報第4号三原市税条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて御説明いたします。

 改正の要旨を議案説明書の2ページ以降に掲げておりますので,あわせてごらんください。今回は,個人住民税,固定資産税,市たばこ税の改正であります。

 個人住民税の1点目は,非課税限度額の改正であります。個人住民税均等割の非課税限度額の加算額を19万8,000円から18万9,000円に引き下げ,同じく所得割非課税限度額の加算額を35万円から32万円に引き下げるもので,施行日は平成18年4月1日であります。なお,この改正に伴う本年度予算は既に計上済みで,その影響額は少額の増額と見込んでおります。

 2点目に,税率構造の改正につきましては,個人住民税所得割の税率を,従前は3区分の5%から13%であったものを一律10%にするもので,施行日は平成19年4月1日であります。

 3点目に,譲渡所得の分離課税等に係る税率割合等を,県民税4%と市民税6%の税率に合わせ改正したもので,施行日は平成19年4月1日であります。

 4点目に,定率減税の廃止であります。平成18年度所得割額の7.5%(上限2万円)の定率減税を廃止するもので,施行日は平成19年4月1日であります。

 5点目は,損害保険料控除を改組して地震保険料控除を創設するもので,最高2万5,000円の控除額となり,施行日は平成20年1月1日であります。

 以上の税率構造の改正等につきましては,平成19年度以降の施行のため,本年度に影響はございません。

 次に,固定資産税であります。

 1点目は,商業地等と住宅用地に係る負担調整措置の改正であります。これらの土地に係る平成18年度から20年度までの固定資産税につきましては,前年度の課税標準額に対する本年度の評価額の比率,いわゆる負担水準により,例えば商業地等の場合で申し上げますと,改正前は負担水準が60%未満のものについて,前年度の課税標準額に5段階で1.025から1.15を乗じて得ていたものが,改正後は2段階として前年度課税標準額に本年度の評価額の5%を加算するものとし,その額が評価額の20%以下の場合は20%にするものであります。住宅用地につきましても,同様の改正を行うものでございます。なお,この改正に伴う本年度予算は計上済みで,その影響額は約9,100万円の増と見込んでおります。

 2点目は,耐震改修した既存住宅に係る固定資産税の減額措置の創設であります。昭和57年1月1日以前の住宅で,平成18年から平成27年までの間に新耐震基準を満たす耐震改修を施工した場合,改修年度に応じ,最高で3年間,1戸当たり120平方メートル相当分まで固定資産税を2分の1に減額する制度であります。例えば同一敷地内の家屋で,壁等により構造上他と区分され,専用の出入り口,炊事場及び便所等を有しているものは,それぞれ1戸とみなされます。この固定資産税関係の施行日は,いずれも平成18年4月1日であります。

 続きまして,市たばこ税であります。市たばこ税の税率を平成18年7月1日から約10.8%引き上げるものであります。この改正に伴う本年度予算は計上済みで,その影響額は約2,000万円の増と見込んでおります。

 次に,報第5号三原市都市計画税条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて御説明いたします。

 改正の内容は,固定資産税の改正に準じて,土地に係る都市計画税の負担調整措置を講ずるものであります。この改正に伴います本年度の予算は計上済みで,その影響額は約430万円の増と見込んでおります。

 次に,報第6号三原市国民健康保険税条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて御説明いたします。

 改正の内容は,公的年金等控除の見直しに伴う激変緩和措置と介護納付金に係る介護分課税限度額の引き上げの2点でございます。

 まず,1点目の公的年金等控除の見直しに伴う激変緩和措置は,65歳以上の公的年金等控除額が縮小されたことによりまして,同控除の適用があった者については,国民健康保険税所得割の算定基礎から平成18年度は13万円,平成19年度は7万円を控除し,激変緩和措置を講ずるものであります。なお,この激変緩和措置は,国民健康保険税の軽減判定についても同様の観点から,平成18年度は13万円,平成19年度は7万円を控除するものであります。

 2点目は,第2号被保険者の介護分に係る課税限度額が年額8万円から9万円に引き上げられたものであります。

 これらの施行日は,平成18年4月1日でございます。この改正に伴う本年度予算は計上済みで,その影響額は,激変緩和措置分が約9,300万円の減,介護納付分が約100万円の増と見込んでおります。議案説明書に条例の新旧対照表を添付しておりますので,御参照ください。

 次に,報第7号三原市吏員退隠料,退職給与金,遺族扶助料及び死亡給与金条例等の一部を改正する条例の一部改正の専決処分に対し承認を求めることについて御説明いたします。

 恩給法の一部を改正する法律が平成18年3月31日に公布されたことに伴い,条例の改正を行う必要が生じましたが,議会を招集するいとまがないため,地方自治法第179条第1項の規定により,平成18年3月31日に専決処分により条例の改正を行いましたので,同条第3項の規定により,これを報告し,承認を求めるものでございます。

 改正の主なものは物価スライドによる率の改定であり,対前年比変動率が0.3%下落したことにより,通算退隠料年額の基礎となっている仮定給与の年額に対する物価スライド率0.988を0.985に改めるものでございます。平成18年3月31日において,現に支給されている本市の本条例による受給者6名中,今回に係る通算退隠料の該当者は1名でございます。本年4月1日以降適用するものでございます。議案説明書に改正の概要及び条例の新旧対照表を添付しておりますので,御参照ください。

 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○守岡辰巳議長 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。上程中の各報告事件については,自後の議事手続を省略し,直ちに承認することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,各案は承認することに決しました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第9 報第8号和解をし,損害賠償の額を定める専決処分の報告について外1件を議題といたします。

 提出者の説明を求めます。安井助役。

      〔安井清司助役登壇〕



◎安井清司助役 ただいま上程になりました報第8号外1件について御説明いたします。

 まず,報第8号和解をし,損害賠償の額を定める専決処分の報告について御説明いたします。

 本案は,三原市沼田東町七宝で発生した車両物損事故による損害賠償について,相手方と和解をし,その損害賠償の額を定める必要が生じましたが,地方自治法第180条第1項の規定に基づき,平成17年5月19日議決されました専決処分事項の指定についての規定により,平成18年3月30日付で専決処分の措置をとらせていただきましたので,同条第2項の規定により,議会に報告するものであります。

 本件は,平成18年2月8日午前9時ごろ,三原市沼田東町七宝,市営七宝住宅集会所西T字路において,環境管理課職員が運転するじんかい収集車が左折しようと北進したところ,当該T字路において相手方貨物車と接触し,相手方車両の一部を破損したものであります。和解の相手方は,議案に記載のとおりであります。和解による損害賠償の額は3万3,092円で,和解の条件は,この損害賠償金を受け取ることにより,本件に関し今後一切の異議申し立てはしないことになっております。なお,賠償金につきましては,全国市有物件災害共済会から全額支払われます。

 次に,報第9号和解をし,損害賠償の額を定める専決処分の報告について御説明いたします。

 本案は,三原市旭町一丁目で発生した車両物損事故による損害賠償について,相手方と和解をし,その損害賠償の額を定める必要が生じましたが,地方自治法第180条第1項の規定に基づき,平成17年5月19日議決されました専決処分事項の指定についての規定により,平成18年5月8日付で専決処分の措置をとらせていただきましたので,同条第2項の規定により,議会に報告するものであります。

 本件は,平成18年3月24日午後4時10分ごろ,三原市旭町一丁目1番8号付近の市道において,下水道課職員が運転する公用車が駐車場から反対車線まで後退した際,走行中の普通乗用車と接触し,相手方の車両の一部を損壊したものであります。和解の相手方は,議案に記載のとおりであります。和解による損害賠償の額は21万8,600円で,損害賠償金につきましては,全国市有物件災害共済会から全額支給されます。和解の条件は,この損害賠償金を受け取ることにより,本件に関し今後一切の異議申し立てはしないことになっております。

 なお,事故の再発防止につきましては,再度安全運転について指導,研修を行い,交通安全意識の高揚を図ってまいります。

 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○守岡辰巳議長 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 ただいま上程中の報告事件は,これにて終了いたします。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第10 同第2号三原市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。五藤市長。

      〔五藤康之市長登壇〕



◎五藤康之市長 ただいま上程になりました同第2号三原市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて御説明を申し上げます。

 平成17年5月20日に任命いたしました福間義明委員が,平成18年5月19日で任期満了となることに伴い,地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により,新たに1名の教育委員会委員の任命が必要となりました。

 つきましては,三原市教育委員会委員として,三原市大和町上徳良1073番地 小川美津子,昭和18年4月19日生まれを任命いたしたいと存じます。

 なお,任命期間につきましては,地方教育行政の組織及び運営に関する法律第5条の規定により,平成22年5月19日までの間,任命いたしたいと存じます。

 小川美津子氏は,昭和39年4月に山県郡芸北町立中野西小学校教諭として採用され,平成元年4月から賀茂郡大和町立椹梨小学校教頭,平成10年4月から賀茂郡大和町立神田東小学校校長,平成13年4月から賀茂郡大和町立椹梨小学校校長を歴任されております。

 以上,氏の経歴が示しますように,豊富な識見と経験は委員として適任であります。何とぞ任命につきまして御同意をいただきますようお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。



○守岡辰巳議長 お諮りいたします。本件は,自後の議事手続を省略し,直ちに採決したいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,さよう決しました。

 これより本件を起立により採決いたします。

 三原市教育委員会委員に小川美津子氏を任命することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○守岡辰巳議長 起立多数であります。よって,同第2号は同意することに決しました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 暫時休憩いたします。

      午後5時14分休憩

      ────────

      午後7時25分開議



○守岡辰巳議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 この機会に各委員会の委員長,副委員長の互選の結果について報告させます。



◎脇邦和事務局長 御報告申し上げます。

 本日,各委員会が招集され,委員長,副委員長の互選が行われました。

 その結果,議会運営委員会委員長に小西眞人議員,同副委員長に桧山幸三議員,総務文教委員会委員長に川口裕司議員,同副委員長に池田健一議員,地域経済委員会委員長に堀 正登議員,同副委員長に陶 範昭議員,福祉環境委員会委員長に七川松美議員,同副委員長に松浦良一議員,建設都市委員会委員長に中村芳雄議員,同副委員長に中西正信議員,以上それぞれ互選され,就任されました。

 報告を終わります。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 この際,日程の追加についてお諮りいたします。お手元へ配付のとおり,議事日程に日程第11及び日程第12を追加し,直ちに議題といたしたいと思います。これに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,日程を追加し,議題とすることに決しました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第11 議第87号平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)外1件を議題といたします。

 補正予算特別委員長の報告を求めます。真嶋 智議員。

      〔真嶋 智議員登壇〕



◆真嶋智議員 ただいま議題となりました議第87号外1件について,補正予算特別委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 本委員会は,本日19日の本会議において,36人の委員をもって設置され,招集された委員会で正・副委員長の互選を行いました。その結果,委員長に私真嶋,副委員長に登木委員が選出をされました。

 引き続いて,関係理事者の出席を求め,付託議案の審査を行いました。

 まず,議第88号は,平成17年に議第45号で議決した三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の事項中,履行期限を平成18年9月30日に変更することについて議決を得たいというものであります。この変更は,第五中学校既設管理棟の解体工事を施工するに当たり,壁の下地石こう部分からアスベストが検出され,新たにその除去工事が必要になったことによるものであります。

 質疑の過程において,委員から,除去工事の内容をただされたところ,理事者から,解体工事に入る前に吹きつけ部分を取り除き,その後アスベストが外部に出ないように密閉する工事に入る。除去に当たっては,壁に向かって浸透性のあるものをしみ込ませ,除去し,除去が完了した後,建物の解体工事を行う。工事は資格を持った専門の業者が当たり,マスクを装備し,外部を遮断するクリーンルームをくぐって作業をする。廃棄物の搬出は二重の特別な袋に入れ,安全な管理型の処分場で処分を行うとの答弁がありました。

 次に,工事の期間についてただされたところ,アスベストの除去に50日から60日,その後解体工事に50日から60日を予定しているとの答弁がありました。

 次に,アスベストが検出された部分をただされたところ,教室の内部と階段室に2,500から2,600平方メートル程度にわたって検出されており,外壁,廊下では検出されていないとの答弁がありました。

 質疑を終え討論に入りましたが,討論はなく,採決の結果提案理由を了とし,全員一致,本案は原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に,議第87号は,一般会計予算に5,700万円を追加し歳入歳出予算の総額をそれぞれ468億1,800万円としたいとするものであります。この補正は,第五中学校既設管理棟の解体工事に伴って検出されたアスベストの除去に要する経費であります。

 質疑の過程において,委員から,工事費の積算根拠をただされたところ,理事者から,アスベストが外部に漏れないようにするための仮設養生,撤去工事,アスベストの除去,袋詰め,搬出できる状態にするための経費,廃棄物の処理,安全設備,環境測定の経費等々を総合して5,700万円を予定しているとの答弁がありました。

 次に,除去工事の契約先をただされたところ,現在契約をしている共同企業体が元請で,校舎の解体工事まで行う契約になっており,アスベストの除去工事は一次下請として専門業者が行うとの答弁がありました。

 質疑を終え討論に入りましたが,討論はなく,採決の結果提案理由を了として,全員一致,本案は原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。



○守岡辰巳議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 討論の通告がありませんので,直ちに採決に入ります。

 本日程は,分離して採決いたします。

 まず,議第87号平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。本案は,委員長の報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

      〔賛成者起立〕



○守岡辰巳議長 起立全員であります。よって,議第87号は委員長の報告どおり可決いたしました。

 次に,議第88号三原市立第五中学校建築工事(建築主体工事 1工区)請負契約の変更についてを採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は,委員長の報告どおり決することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,本案は委員長の報告どおり可決いたしました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 日程第12 閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 お手元へ配付しておりますとおり,継続調査の申し出があります。議会運営委員長から継続調査の申し出もあります。

 お諮りいたします。本件については,委員長からの申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○守岡辰巳議長 異議なしと認めます。よって,さよう決しました。

────────────────────────────────────────



○守岡辰巳議長 以上をもって今期臨時会に付議された事件は,すべて議了いたしました。

 閉会に当たり,市長よりあいさつがあります。五藤市長。

      〔五藤康之市長登壇〕



◎五藤康之市長 閉会に当たりまして,一言ごあいさつを申し上げます。

 今期臨時会に提出いたしました,平成18年度三原市一般会計補正予算(第1号)外8件につきましては,原案どおり決定をいただき,厚くお礼を申し上げます。

 審議の過程でいただきました御意見などにつきましては,適切に対処してまいります。今後とも格別の御指導,御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして,閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○守岡辰巳議長 これにて平成18年第2回三原市議会臨時会を閉会いたします。

      午後7時35分閉会

────────────────────────────────────────

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



三原市議会議長







三原市議会議員







三原市議会議員