議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 三原市

平成27年12月15日 厚生文教委員会 12月15日−01号




平成27年12月15日 厚生文教委員会 − 12月15日−01号







平成27年12月15日 厚生文教委員会



        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              平成27年 厚生文教委員会

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



平成27年12月15日(火曜日)

────────────────────────────────────────

                        12月15日(火曜日)午前10時 開会

                               第2〜第4委員会室

────────────────────────────────────────

本日の議題

  議第 136号 三原市介護保険条例の一部改正について

  議第 137号 三原運動公園の指定管理者の指定について

  議第 138号 三原市白竜湖スポーツ村公園の指定管理者の指定について

────────────────────────────────────────

出席委員(9人)

      七 川 義 明 委員        児 玉 敬 三 委員

      平 本 英 司 委員        陶   範 昭 委員

      中 重 伸 夫 委員        岡 本 純 祥 委員

      分 野 達 見 委員        寺 田 元 子 委員

      力 田 忠 七 委員

────────────────────────────────────────

説明のため出席した者

    池 本 勝 彦 副市長       松 村 俊 彦 保健福祉部長

    瓜 生 八百実 教育長       清 川 浩 三 教育部長

    (外関係課長,関係係長及び関係職員)

────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

    田 中 政 康 事務局長      大 関 裕 子 主    査

────────────────────────────────────────

      午前10時開会



○七川義明委員長 出席委員が定足数に達しておりますので,ただいまから厚生文教委員会を開会いたします。

 本日の議題は,12月7日の本会議において付託されました議案3件の審査についてであります。

 この際,審査の方法についてお諮りをいたします。

 審査は,付託議案について提案説明を受けた後,質疑を行い,最後に一括して討論,採決をいたしたいと思います。

 なお,付託議案の審査の順序につきましては,委員長に一任願いたいと思います。

 これに御異議はございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○七川義明委員長 では,そのようにいたします。

 それでは,付託議案の審査を行います。

────────────────────────────────────────



○七川義明委員長 議第136号三原市介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。部長。



◎保健福祉部長  おはようございます。

 ただいま議題になりました議第136号三原市介護保険条例の一部改正について御説明いたします。

 本案は,行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律,いわゆる番号法が平成28年1月から施行されることに伴い,三原市介護保険条例の一部を改正し,保険料の徴収猶予及び減免申請書へ個人番号の記載を追加するものであります。

 議案説明書24ページに条例の新旧対照表を添付しておりますので,御参照ください。

 以上で説明を終わります。よろしくお願いします。



○七川義明委員長 説明が終わりました。

 質疑に入ります。質疑はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○七川義明委員長 以上で議第136号の質疑を終結いたします。

 理事者は交代願います。

      〔理事者交代〕

────────────────────────────────────────



○七川義明委員長 議第137号三原運動公園の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。教育部長。



◎教育部長  議第137号及び議第138号は,いずれも地方自治法第244条の2第6項の規定により,公の施設の管理に指定管理者を指定することについて議会の議決を求めるもので,管理者を公募し,応募のあった団体について指定管理者選定委員会の審査に基づき,指定を行うものであります。

 議第137号三原運動公園の指定管理者の指定についてであります。

 三原運動公園には,広島市中区南吉島一丁目2番37号 特定非営利活動法人ポラーノの1団体から応募がありました。選定委員会での審査の結果,指定管理者としての適性が認められたため,当該団体を指定管理者に指定するもので,指定期間は平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3カ年であります。

 この団体は,公園緑地,スポーツ施設の運営に関する相談や支援事業を行っている特定非営利活動法人で,現在広島県立びんご運動公園,東広島運動公園など5カ所の指定管理業務を担っており,三原運動公園につきましても,平成19年4月から指定管理業務を行っております。また,広島東洋カープの選手OBを招聘した小・中学生を対象の野球教室や,高齢者を対象とした健康づくり教室,AED講習会等の自主事業を幅広く実施するなど,市民サービスの向上や地域コミュニティを醸成する事業を計画しており,施設の適正な管理運営が期待できるものであります。

 以上で説明を終わります。



○七川義明委員長 説明が終わりました。

 質疑に入ります。質疑はございませんか。岡本委員。



◆岡本純祥委員 2点ちょっとお伺いしたいんですが,多目的広場,ここへも芝生の管理というふうなことになっとんですが,非常に芝生がよくない,サッカーにしてもドリブルしてもイレギュラーしたり,非常にグラウンド状態が悪いというふうに思っております。

 3年ぐらい前でしたかね,私も行ったんですが,何とか芝を,草だらけを芝にしようということでボランティア団体と一緒に芝生の苗を植えたんですが,大体40センチ間隔か,20センチ間隔ぐらいだったですね,そんな間隔でずうっと植えていったんですが,あれへ全面的に。だけど,全然それが弱いんか草のほうが強いんか,きちっと芝になってない,非常に使い勝手が悪い,何とかならんものかなと。

 サッカー関係者によりますと,三原には人工芝が一つもないと。それで,三原の利用,活用のためにも人工芝にしていただけんだろうかというような要望も入っておりまして,指定管理とは関係ないんですが,芝の管理ということで非常にこじつけた質問になるかとも思いますが,ちょっとその辺のところをお聞きしたいんと,もう一つ,予約というか場所取り,予約ですよね,使用予約。

 大体お話を聞くところによりますと,登録した団体が年間予約ということで調整会議みたいなことでやられて,事前に書類を提出して,この日にこういう大会で使いたいということで,12月にもうその予約をほとんど受け付けとると。ほいで公募的,一般的には3カ月前に予約の申し込みと,その時点ではもういっぱいになっとる,特に土日はほとんど,3カ月前に行って申し込んでも,自分らの思うような日がとれないというようなことも聞いておりますし,団体予約してから,それへ入れやという話もあるんですが,ただ,大きな大会を開く場合に,その3カ月前じゃ間に合わんのですよね,実際。そんなところをどういうふうにしていったらええんか,せめて半年前ぐらいの予約受け付けで,一斉にというわけにいかんのですかね。市の行事が入る場合には優先的にという話はありますけど,ちょっとその辺のところ,何か改善を。

 いつも問題になるじゃろう,毎年。うちの地元の町内会でも非常に,ソフトボール大会するにしても困っとる,予約がとれないというようなことの話も聞きますし,その辺のところはもう少し何とか公平かつ公正的にできんものかなと思ってみたり,その予約団体にというか,調整会議に入れる団体の資格とか,要件とかというのがあるんかないんかと,教えていただきたいと思います。



○七川義明委員長 課長。



◎教育部スポーツ振興課長  まず1点目ですが,多目的広場の芝生についてお答えいたします。

 ここの広場は,もともとこの公園の敷地内の調整池,大雨が降ったときの調整するため池として設けられた施設でありましたが,そこにシートを張って土を入れて,多目的広場として現在利用をされております。

 ここの芝生については,指定管理者ポラーノさんとか,過去にスポーツ振興課のほうで芝生を植えるとか対応をしてまいりましたが,なかなか芝生が十分根づきません。さらに,最近はイノシシがフェンスのすき間から入ってきて掘り返すということで,大変指定管理者のほうもこの管理に苦労しております。現在対応しておるのは,イノシシの柵を入ってくるあたりに設けてイノシシの侵入を防ぎ,また芝生の養生期間を設けて極力駐車場として使わずに,芝生が根づくように,そういう対応をとるということを指定管理者のほうに確認しております。この効果が今後あらわれるものと期待しております。

 2点目,施設の予約についてであります。これは,市の施設ということで,市の大会行事を一番に優先して,年間,翌年度を押さえます。その次に,体育協会加盟団体等,確認できた大きい大会を開催する団体については調整会議というのを,先ほど話がありました12月の末に毎年開催しております。これについては,その利用団体に10月末には市の行事の日程表をお配りし,希望の日程を確認して調整しながら,ダブったところについてはその調整会議で譲り合ってもらうということで,大きな大会,確かに3カ月前からでは事前の準備,案内に時間が足らないということで調整会議を行っております。

 今後も,大きい大会をどうしてもしたいという団体については,指定管理者のほうがその大会の内容を確認し,そしてこの調整会議に入ってもらうことを検討するということでございます。それ以外の一般の利用については,ほかの施設もそうなんですが,3カ月前ということで,今後も利用の申し出を受け付けるということでお願いしたいと思います。

 以上です。



○七川義明委員長 岡本委員。



◆岡本純祥委員 人工芝のことは触れられんかったんですが,金額的にも非常にあれですし,あとのメンテナンス等を考えるからですが,あそこはもともと調整池じゃったのを,土を埋めるところがないということで,土の盛り土をした関係でグラウンドにしたというような経緯は十分わかっとるつもりですが,その点で水の管理がどんなかな,下へシートを張っとるためにきちっと芝が養生できんのかなというふうな思いはあります。その点のところをもし,人工芝にということは一切考えてもらえんのんかどうかということです。

 それと,体協へ加盟してないとその資格がない,体協へ加盟しとると全ての人がその調整会議のほうへ参加する資格はあるんかないんか。それで,そんなことがわからずに,来年何か県の大会とか開こうと思っても,この時期にどうだろうかという話をしても,調整会議の案内を出してから,もうみんな,12月に調整会議をするというふうにおっしゃったんですが,その前にもうきちっとどういうふうな目的でいつ使いたいかというのを出せというような話になっとるみたいなんで,10月ごろにはもう来年の話は,逆に言うたらもうとれんというような思いがあるんで,初めて使う人が全然その中のからくりがわからんわけですよね。そんなことで公平性がとれるんかどうか,物すごく疑問に思うんですが,その辺のところが,何とかならんのかなと。

 例えば,この時期は,月に一遍はあけるとか,何か入ってきたときのために,その月に土日のどこか1日はとにかくあけて,いざといったときに対応するとかという話にはなってこんのか,3カ月前の予約できるようにするんかせんのんか,その辺のところをもう少し。利用が多い,しかも行事が重なるというのは十分それぞれの団体でわかるんですけど,もう少しリージョンにしても多分そうじゃろうと思うんですけど,そんなところを何とかならんのかなと思うて物すごう疑問に思うんです。知らん者は全然,3カ月前じゃけえ行ったら,もう皆いっぱいじゃった,抽せんにもならんかったという話になるわけで。

 ちょっとその辺のところが,皆さん申し込んでから,ええというてそのときになって初めて思うことで,条例とかはインターネットには皆,そんなことは書いてないと思うんで,ちょっとその辺のところは考え方を聞かせてください。



○七川義明委員長 スポーツ振興課長。



◎教育部スポーツ振興課長  1点目の人工芝についてですが,これについては検討もしたことはありますが,予算等も多額の予算を伴い,人工芝をして,さらにフェンス等も設けてちゃんとした施設にしたいという思いはありますが,これは今後の予算等もありますので,課題として考えていきたいと思います。

 2点目の大きい大会を急に開催したい場合,その調整会議に入れないという話がありました。これは,大きい大会を開催したい団体から直接,指定管理者のほうが今調整会議を取り仕切っておりますが,そちらのほうに事前に相談をしていただいて,極力便宜が図れるようにスポーツ振興課のほうからも話をしていきたいと思います。



○七川義明委員長 岡本委員。



◆岡本純祥委員 人工芝生化の件はまた,予算を伴うことだし,何とか引っ張ってきてもらいたいなというふうな思いがありますんで,これを強く強く要望しておきますが。

 今の調整会議のほうへ入るというのが,もう10月でしょう結局,実際に入れるというのは。今時期申し込んでも,例えば今時期から秋の大会を開こうにしても,これは無理でしょう。だから,その辺のところが何で3カ月というてやってあるのに,そんなところの裏があるんかなというんが,どうも合点がいかんのですが。

 わかるんですよ,全国,大きな規模の大会を開くにはそれを前もって,だからそのほかの団体がそういうようなところをとろう思うたときにとれんというふうな思いがあるんで,それ,市の体協へでしょう,体協は,県の体協とかというのは大丈夫なんですかね。もうことし,例えば今申し込む,あれはポラーノへ相談行った,じゃあ再来年の大会にしてくださいというような話になるんですよ。全然日程がとれんというような思いがあるんですが,使ってる団体からすれば,逆に予定が立つからいいという話にはなるんですけど,その辺のところ,どこかできちんと公表しとくべきじゃないかな。

 公表が全然されてない,何とかお願いできんかということ,いや,もう全然初めらからもう日程見て,ああ,もうあいてません,ええ,3カ月前なのにという話になってくるんですよ。そこらのところがもう少し,一般的にこうこうこういう場合にはこういうような調整会議がありますんで,前もってきちっと申し込んでくださいとか,そういうふうなところを公表しとくべきじゃないかな。もう内々でやっとるような気がするんです。その辺の考え方はどうですか。



○七川義明委員長 スポーツ振興課長。



◎教育部スポーツ振興課長  今後,指定管理者と検討をしてまいります。検討課題とさせてください。



○七川義明委員長 岡本委員。



◆岡本純祥委員 これ以上言うてもあれでしょうが,指定管理者が検討するというて,まあそりゃあ指定管理者に任すんですけど,市の主体性というたらないんですか,その申し込みとか,そういうような規則をつくるのに。指定管理者がもう全てというか,そうでないとできんのですか。



○七川義明委員長 スポーツ振興課長。



◎教育部スポーツ振興課長  これは,市がやっておったものを指定管理者のほうに維持管理をお任せしておる関係上,引き継いでいただいております。ただ,指定管理者を抜きにしてやり方を変えることはできませんので,指定管理者とも十分話し合いをして,今後検討をしてまいります。



○七川義明委員長 岡本委員。



◆岡本純祥委員 公平性からきちっと物事を考えていただきたい。先ほど言ったように,市のホームページなり,予約のサイトなりへきちっと,やっぱりそういうことをうたってほしいと思いますが,そこもだめなんですか。これはもう指定管理者しかいけんのですか。



○七川義明委員長 教育部長。



◎教育部長  今委員さんのほうからも御指摘いただきました大規模施設のそういった予約制度の件でございます。

 運動公園のみならず,ほかのリージョンプラザにしても,1年前からそういった市の公の利用の場合,また大規模大会等の調整会議を行っておるわけでありますけども,御指摘のように,やっぱり公平性,公正性という点からすれば,後から申し込みなさる方へのそういったことも検討する必要があるかと思いますので,その辺について指定管理者と一緒になって市のほうも方針を定めたいと思いますし,また公表についても検討していきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○七川義明委員長 中重委員。



◆中重伸夫委員 施設の維持管理ということで,指定管理者はたしか年間30万円だったと思うんですけれども,その範囲で修繕等をされているように伺っております。

 この三原運動公園も随分な年月をかけて今の施設まで拡張してきました。当初,昭和四十何年だったと思うんですけども,ずうっと積み上げてこられて,古い施設に同時に変わっていきょうるわけですけれども。年間維持管理費が30万円で,なかなかきちっとした修繕ができてないという,毎年ごまかしながらというところもあるんだろうと思ってますが,放送設備はいいのをやってもらったところであります。野球場のほうもああいうきちっとしたものに変わってきているのは理解するんですけれども,基本的な考え方として,指定管理者にそんだけで修繕しなさい,してくださいよという部分と,行政的にこういった大きな大規模施設,スポーツ振興を進めていく核となる施設,市内にたくさんあると思いますけれども,そこらあたりを計画的な施設の更新であったり,市民大会のときに感じたのは,応援するスタンドのところにトイレがあって,トイレが少ないなあと思いながら相談しに行きましたけれども,あのトイレだってあれだけのきれいなままで残ってるんですけれども,日常的に使ってないような認識すら持つ一番大きなトイレ施設がありましたけれども,もっと明確に,運動場を利用するときにあそこに大きなトイレがあるんだということをもっとわかりやすくすれば,もっと利用がしやすいのかなと思ったりしますけれども。

 そういった施設の不備及び修繕を要するものについては,どういったルールでどういった情報伝達で伝わって,そしてどういった形で予算をつけて修理をしておられるのか,そこらあたりをまずお伺いします。



○七川義明委員長 スポーツ振興課長。



◎教育部スポーツ振興課長  確かにスポーツ振興課,10の施設を維持管理しておりますが,そのほとんどはもう経年劣化が進んでおります。そのうち5つの施設が指定管理者にお願いしておるところでございます。指定管理者の募集要項の中にもうたっておりますが,1件30万円未満の修繕については指定管理者のほうで負担してくださいと,30万円を超える修繕については市のほうが負担しますということになっております。ということで,三原運動公園については,球場前の石段の改修とか,今年度は球場の1塁,3塁のベンチが割れて劣化しておりますのでそういったものを直していき,あと球場の周りのベンチ等もやりかえる予定でございます。

 それぞれの施設については,スポーツ施設カルテというのをつくって,今どういった施設が,来場者がふえているとか減っているとか,どういった指定管理者にお願いしとるとか,今何期目とか,今どういった修繕が必要かとか,今後の施設の方針はどういうふうにしていこうというのを施設ごとにスポーツ振興課のほうで検討をしているところです。

 ただし,近く公共施設マネジメントのほうでも公共施設の維持修繕について検討をされるということで,それもあわせて今後の修繕については計画的に対応していきたいと考えております。

 トイレの位置についても,案内板をふやすなり,指定管理者のほうにお願いをして対応していきたいと考えております。



○七川義明委員長 中重委員。



◆中重伸夫委員 今の説明で,いわゆる公共施設マネジメントの中で大きな流れというのがこの運動公園に限らず見えてくるものと理解をしました。そこは大事なんだろうと質問する前から思ってはいたんですけれども。

 ただ,それぞれの施設にはそれぞれの施設の課題でしょうかね,明確にあるだろうと思ってますので,その部分をきちっとマネジメントの中に組み込む,また予算的な措置も踏まえているんだろうと思いますので,1件30万円,10件あれば300万円ですけども,管理者のほうも基本的にはやりたくないんでしょうし,そこらはこんだけスポーツ人口が多い,市としてもそれを育てていく方向で動いていらっしゃるので,十分な検討をお願いしたいと思います。

 以上です。



○七川義明委員長 他にございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○七川義明委員長 以上で議第137号の質疑を終結いたします。

────────────────────────────────────────



○七川義明委員長 次に,議第138号三原市白竜湖スポーツ村公園の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。教育部長。



◎教育部長  続きまして,議第138号三原市白竜湖スポーツ村公園の指定管理者の指定についてでございます。

 三原市白竜湖スポーツ村公園につきましては,応募がありました2団体について,選定委員会で審査をした結果,広島市安佐北区口田南七丁目7番23号 株式会社カジオカエルエイを指定管理者として指定するもので,指定の期間は平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3カ年でございます。

 この団体は,造園工事,ビオトープ工事,屋上緑化事業などを主要業務としており,平成19年4月から三原市白竜湖スポーツ村公園の指定管理業務を行っております。また,自主事業の実施や施設管理,利用者に対するサービス向上など,指定管理者として誠実な業務実績があり,将来展望を持った施設全体の管理運営と有効活用を目指した事業を着実に実施をしております。

 今後も,計画をしております野球教室やフットサル教室などのスポーツ・健康運動事業を初め,観光協会等関係団体と連携したさくらを元気にする会の開催など,地域と一体的な活動を展開することにより,利用者数の増加や地域の活性化につながる効果などが期待できるものでございます。

 以上,説明のほうを終わります。



○七川義明委員長 説明が終わりました。質疑に入ります。中重委員。



◆中重伸夫委員 一括だったら一緒に聞くところだったんですが,分けて聞かせていただきます。

 白竜湖スポーツ村公園も,私個人的な団体の代表者として最近三菱が使えなくなって以降はよく使わせていただいてますけれども,この前はマイクの施設等の修繕をしていただいたりするんですが,いろんな形で使われる。ソフトボール,野球だけではなくて,広い部分をいろんな形で使える市民,団体があろうと思いますが,施設がもう随分傷んでると,あるいは使い勝手が悪いとかがあると思うんですけども,この指定管理者にその施設が傷んでる状況を何らかの形で報告していただく,もしくは吸い上げていく部分が要るんだろうと思います。

 指定管理者によっては,得意,不得意の部分があって,施設はこだわって,悪いところを調査する人もいれば,いや,うちは余りそうでもないというような感覚の指定管理者もあるのかなあと思います。やはりきちっと施設が機能してるかどうか,最低限でもそれを教育委員会のほうで把握すべきだろうと思いますが,そこらあたり。そして,あわせて市民団体によってはこういった使い方をするので,こういう工夫,対応が要るんだけどどうだろうかという相談はどういった形で吸い上げてもらえるのかなと,こう思います。そこらあたりの考えをお伺いします。



○七川義明委員長 スポーツ振興課長。



◎教育部スポーツ振興課長  確かにそれぞれのスポーツ施設,特にそれなりの規模を持った施設については,大規模大会の招致も検討しながら,施設をさらに整備して,修繕していきたいと考えております。これについては,それぞれの指定管理者と運営会議なり,逐次報告を受けております。そういう中で,すぐできるものについては指定管理者の負担ということですぐ指示をし,そうでないものについては次の年度の予算に計上するなりして対応しております。

 いずれにしても,市民の皆様がより安全で安心にスポーツに親しめる施設ということで,スポーツ振興課も指定管理者とともに施設の維持管理に努めております。今後ともその方向であります。



○七川義明委員長 他にございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○七川義明委員長 以上で議第138号の質疑を終結いたします。

 理事者は退席を願います。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○七川義明委員長 討論なしと認め,討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 ただいま議題となっております3案を採決いたします。

 各案は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○七川義明委員長 御異議なしと認めます。よって,各案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で付託議案の審査は終了をいたします。

 お諮りをいたします。

 委員長報告は,委員長に一任願いたいと思いますが,これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○七川義明委員長 では,そのようにいたします。

────────────────────────────────────────



○七川義明委員長 以上で本日の議題は全て終了いたしました。

 これにて厚生文教委員会を閉会いたします。

      午前10時33分散会

────────────────────────────────────────