議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 三原市

平成27年11月12日 経済建設委員会 11月12日−01号




平成27年11月12日 経済建設委員会 − 11月12日−01号







平成27年11月12日 経済建設委員会



        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              平成27年 経済建設委員会

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



平成27年11月12日(木曜日)

────────────────────────────────────────

                      11月12日(木曜日)午前11時45分 開会

                               第2〜第4委員会室

────────────────────────────────────────

本日の議題

  議第 126号 三原市特別用途地区内における建築物の建築等の制限に関する条例制定について

────────────────────────────────────────

出席委員(8人)

      政 平 智 春 委員        亀 山 弘 道 委員

      新 元   昭 委員        高 木 武 子 委員

      加 村 博 志 委員        谷 杉 義 隆 委員

      荒 井 静 彦 委員        小 西 眞 人 委員

────────────────────────────────────────

説明のため出席した者

    古 地 昌 彦 副市長       山 口 秀 充 経済部長

    平 岡 雅 男 都市部長

   (外関係課長,関係係長及び関係職員)

────────────────────────────────────────

事務局職員出席者

    中 野   正 事務局次長     中 原 敏 博 主任

────────────────────────────────────────

      午前11時45分開会



○政平智春委員長 出席委員が定足数に達しておりますので,ただいまから経済建設委員会を開会いたします。

 本日の議題は,先ほどの本会議において付託されました議第126号三原市特別用途地区内における建築物の建築等の制限に関する条例制定についての審査であります。

 この際,審査の方法についてお諮りをいたします。審査は,付託議案について提案説明を受け,その後質疑を行い,最後に討論,採決を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○政平智春委員長 では,そのようにさせていただきます。

 それでは,付託議案の審査を行います。

────────────────────────────────────────



○政平智春委員長 議第126号三原市特別用途地区内における建築物の建築等の制限に関する条例制定についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。都市部長。



◎都市部長  おはようございます。

 本市の都市計画マスタープランにおきましては,人口減少や少子高齢化が進む中,これまでの市街地拡大型の市街地整備から,中心市街地などの都市生活拠点に都市機能を集積したコンパクトで持続可能なまちづくりへ転換することとしており,現在その方策の一つとして中心市街地の活性化に取り組んでいるところでございます。この条例案は,国から中心市街地活性化基本計画の認定要件として求められています都市計画区域内の準工業地域を特別用途地区に指定することを規定し,大規模集客施設の立地を制限するものであります。そして,この基本計画により国の支援を受けることで中心市街地の活性化を効果的に進めるため,現在11月末の認定を目指して国に申請を行っているところであります。この条例の制定により,指定した特別用途地区内の劇場,映画館,店舗等であって,その用途に供する部分の床面積の合計が1万平方メートルを超えるものの立地を制限することとなります。

 議案説明書の2ページから4ページに,条例の概要,都市計画総括図等の資料を添付しておりますので,御参照ください。

 以上で説明を終わります。



○政平智春委員長 説明が終わりました。

 質疑に入ります。質疑はございませんか。高木委員。



◆高木武子委員 説明はわかります。三原市の都市計画マスタープランでということですけれども,これは中心市街地の問題で認定要件であるよという縛りがかけられるという,この特別用途地区内のこういう地図で示されましたけども,余りにも大ざっぱ過ぎてわからないんですが,中心市街地を余りにも,市の中心に置くためにこういったところまで規制をかけるというのがどうなんかなというふうに思うんですけれども,その辺はいかがなんでしょうか。



○政平智春委員長 係長。



◎都市部都市開発課課長補佐兼計画係長  先ほど御質問の中で,中心市街地の活性化を図るためにどうしてそれ以外のところまで制限が必要なのかということの御質問だったと思います。

 この特別用途地区の必要性につきましては,まず市の都市計画の指針であります都市計画マスタープランのほうにおきまして,人口減少とか高齢化社会を背景に,市街地の拡大を前提としました都市計画のあり方を転換して,集約型の既存ストックを生かした都市構造を目指す考え方があります。その一つの方策として,中心市街地の活性化というものもございます。この中心市街地活性化基本計画の国の認定を受ける要件としまして,この都市計画区域内における準工業地域に特別用途地区を指定するというものが,その特別用途地区を指定して大規模な集客施設を制限することが要件というふうになっております。この大規模な集客施設につきましては,3大都市圏とか政令都市以外の地方都市,三原市も地方都市のほうに含まれることになりますが,この地方都市におきましては,大規模集客施設が立地することにより中心市街地に与える影響が大きい。といいますのも,大規模集客施設というものにつきましては,広範囲なところからかなりの集客を呼ぶような施設でございまして,店舗といえば床面積が1万平方メートルを超えるもの,三原市内でいいますと該当するものはフジグラン三原店とかイオン三原店,こういったものが三原市内における大規模集客施設に該当するものでございまして,こういったものが中心市街地以外のところに建ちますと,そちらのほうへ集客がいきまして,中心市街地の集客力が低下して,ひいては中心市街地の商業の機能が持続できなくなると。こういったものがあることから,中心市街地から離れたところについては制限していきましょうと。それで,建築基準法によりまして,都市計画区域内におきましては,用途地域でいいますと近隣商業地域,それから商業地域,それから準工業地域,この3つの用途地域のみに大規模集客施設の立地が許容されとるような状況でございます。商業地域,近隣商業地域につきましては,それぞれの拠点地域,三原市におきましても,この中心市街地活性化の基本計画の計画区域におきましては,商業地域並びに近隣商業地域を指定しているような状況でございます。

 これらのことから,今の中心市街地から離れた準工業地域において,大規模集客施設を制限することが中心市街地活性化基本計画の認定要件ということになっておるような状況でございます。といったことで,このたびこういった条例の制定も提案させてもらってるような状況でございます。

 以上です。



○政平智春委員長 高木委員。



◆高木武子委員 その分でいったら,別に中心市街地の活性化のところで反対しておるわけではありません。ただし,そういうふうな特別用途地域のところも,これからの社会のあり方として,中心市街地だけでなくてそういうところにも拡大をしたようなことも,車社会のことも含めて,たまたま中心市街地にあるんです,イオンも,それからフジも。ほかの市なんかを見ると,随分郊外のほうに,これの地図の中にあるようなところにありますから,三原はたまたまそれであれですから,もうこれ以上のことは要らないというのもあるかもわかりませんけれども。ですから,もう端的に認定要件であるよと,だからもう認定要件だからここのほかのところは絶対にやっちゃだめよと,罰金も取るよと,やるんじゃったらというふうなんで,だから確認をさせてくださいと言ようるんです。これがもうちゃんと基本にあって,これ以上はみ出しちゃいけんよというふうな考え方が国にあるという,そういうことなんですかということを聞きょうるんです。



○政平智春委員長 計画係長。



◎都市部都市開発課課長補佐兼計画係長  まず,なぜ今のタイミングかというところにつきましては,中心市街地活性化基本計画の認定要件になっているということで,今このタイミングで条例制定のほうはさせてもらってるんですが,じゃあそれ以外のところについては一切この認定要件が,例えばなければこういったことはしないのかということも考え方としてはあろうかと思いますが,先ほども言いました都市計画の指針であります都市計画マスタープランのほうにおいて,これからの社会,人口減少とか高齢化社会というものを背景に,コンパクトな集約型の都市構造に転換していこうという大きな基本的な考え方がある中での大きな方針の中に,そういった考え方に基づいて中心市街地の活性化というものもございますので,中心市街地活性化基本計画の認定要件だからというと少し趣旨が違うのじゃないのかなというふうに考えております。

 以上です。



○政平智春委員長 そのほかございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○政平智春委員長 それでは,質疑がないようでございますので,以上で議第126号の質疑を終結いたします。

 理事者は退席をお願いします。

 これより討論に入ります。討論はございませんか。

      〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○政平智春委員長 それでは,討論を終結いたします。

 それでは,これより採決に入ります。

 ただいま議題となっております議第126号を採決いたします。

 本案は原案どおり決することに異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○政平智春委員長 異議なしと認めます。よって,本案は原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で付託議案の審査を終了いたします。

 お諮りいたします。委員長報告は委員長に御一任願いたいと思いますが,これに御異議ございませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○政平智春委員長 では,そのようにいたします。

────────────────────────────────────────



○政平智春委員長 以上で本日の議題は全て終了いたしました。

 これにて経済建設委員会を閉会いたします。

      午前11時55分閉会

────────────────────────────────────────