議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 呉市

平成14年 6月定例会 予算特別委員会(補正予算) 06月17日−01号




平成14年 6月定例会 予算特別委員会(補正予算) − 06月17日−01号







平成14年 6月定例会 予算特別委員会(補正予算)



       平成14年6月定例会 予算特別委員会会議録 第154号



 平成14年6月17日(月曜日)呉市議会協議会室において開会

 出席委員

         1番  中 本  邦 雄

         2番  田 中  良 子

         3番  岩 岡  マスエ

         4番  下 西  幸 雄

         5番  大 野  喜 子

         6番  山 上  文 恵

         7番  小 野  一 志

         8番  得 田  正 明

         9番  茶 林    正

         10番  大 本  弘 之

         11番  芝      博

         12番  岡 崎  源太朗

         13番  小 泉  曙 臣

         14番  荒 川  五 郎

         15番  渡 辺  一 照

         16番  神 田  隆 彦

         17番  岡 本  節 三

         18番  石 山    講

         20番  山 本  良 二

         21番  重 盛  親 聖

         22番  舛 野  茂 樹

         23番  中 田  清 和

         24番  小 田  元 正

         26番  竹 川  和 登

         27番  薬研地    馨

         29番  佐々木    晃

         30番  北 川  一 清

         31番  平 本  和 夫

         32番  岩 原    椋

         33番  奥 田  和 夫

         34番  玉 谷  浄 子

 欠席委員

         19番  石 崎  元 成

         25番  増 本  勝 己

         28番  浜 下    積

 説明員

  市長         小笠原  臣 也

  助役         川 崎  初太郎

  助役         赤 松  俊 彦

  収入役        堀    久 真

  総務部長       石 井  久 雄

  総務部次長      名 越  隆 博

  企画部長       宮久保  憲 治

  企画調整課長     歌 田  正 己

  海事博物館推進室長  益 本  一 敏

  広域行政推進室長   芝 山  公 英

  財務部長       矢 口  孝 文

  財務部次長      一 柳  健 二

  財政課長       原    真 市

  市民部長       辻    一 明

  福祉保健部長     田 中    浩

  環境部長       弓 山  憲 二

  経済部長       岡 島  正 男

  理事         椋 田  正 範

  建設管理部長     松 田  敏 彦

  都市政策部長     村 上  義 則

  土木建設部長     斉 藤  基 朗

  港湾部長       佐 藤  俊 幸

  港湾管理課長     中 川  耕 治

  下水道部長      井手原    勝

  下水道部次長     久保田  正 行

  下水道部次長     瀧 口  義 則

  下水総務課長     中 崎  雄 二

  下水維持課長     神 垣  泰 治

  下水建設課長     中 森  康 之

  下水施設課長     大 宅  誠 二

  下水道部主幹     小勝負    至

  都市交通推進室長   荒 井  和 雄

  教育長        森      功

  教育総務部長     藤 原  秀 明

  学校教育部長     崎 本  賢 次

  消防長        大 森  健 三

 議会事務局職員

  事務局長       大 野  和 史

  事務局次長      久 保  政 明

  議事課長       松 沢  正 佳

  議事係長       清 水  和 彦

     ──────────────────────────────

  会議に付した事件

 1 委員長の互選

 2 副委員長の互選

 3 議第69号 専決処分の承認について

   議第70号 専決処分の承認について

   議第71号 平成14年度呉市一般会計補正予算

 4 議第72号 平成14年度呉市下水道事業会計補正予算

     ──────────────────────────────

            午後1時01分     開   会



○薬研地臨時委員長 これより予算特別委員会を開会いたします。

 年長の私が、委員長が互選されるまで委員長の職務を行います。

 お諮りいたします。

 本委員会は報道関係者の傍聴を許可することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○薬研地臨時委員長 御異議なしと認めます。よって、報道関係者の傍聴を許可することにいたします。

     ──────────────────────────────



△1委員長の互選



○薬研地臨時委員長 委員長の互選を行います。

 お諮りいたします。

 互選の方法は、指名推選により私が指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○薬研地臨時委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定されました。

 委員長に荒川委員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 荒川委員を委員長の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○薬研地臨時委員長 御異議なしと認めます。よって、荒川委員が委員長に当選されました。

 委員長と交代いたします。

     〔薬研地臨時委員長退席、荒川委員長着席〕

     ──────────────────────────────



△2副委員長の互選



○荒川委員長 副委員長の互選を行います。

 お諮りいたします。

 互選の方法は、指名推選により委員長が指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定されました。

 副委員長に重盛委員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 重盛委員を副委員長の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議なしと認めます。よって、重盛委員が副委員長に当選されました。

     ──────────────────────────────



△3議第69号外2件



○荒川委員長 議第69号専決処分の承認についてから議第71号平成14年度呉市一般会計補正予算まで、以上3件を一括して議題といたします。

 本3件の説明を願います。

 財政課長。



◎原財政課長 それでは、議第69号から議第71号までの3件を一括して御説明いたします。

 議第69号及び70号は、補正予算を専決処分いたしましたので御報告し、承認を求めるものでございます。

 まず、議第69号平成13年度呉市一般会計補正予算(第6号)でございますが、第1条は歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億3,300万円を追加しております。第2条は繰越明許費を追加し、第3条は地方債の追加、変更を行っております。

 それでは、歳出予算から御説明いたしますので、16ページをお開きください。

 歳出、(款)総務費、(項)総務管理費、13目の博物館整備推進費1億3,300万円は、海事博物館への寄附金を基金に積み立てるものでございます。

 次に、18ページから34ページまで、歳出費目が続いておりますが、これは3月議会終了後に市債の額が決定いたしましたので、これに伴い特定財源と一般財源の財源更正を行っているものでございます。いずれも補正額はゼロでございます。個々の内容につきましては、説明を省略させていただきます。

 次に、10ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、市債が5億6,170万円の増額となっておりますので、これに対応して財政調整基金からの繰入金を同額減額し、調整をいたしております。

 続きまして、5ページをお願いいたします。

 第2表繰越明許費の補正でございますが、これは県施行の街路事業、焼山押込線が繰り越しとなったため、これにあわせて地元負担金の支出を繰り越すものでございます。

 6ページをお願いいたします。

 第3表地方債の補正でございますが、追加分といたしまして、林道整備事業外1事業につきまして、限度額等を定めるものでございます。

 次の7ページでございますが、同じく地方債の変更分といたしまして、博物館整備推進事業外19事業等につきまして、限度額を変更するものでございます。個々の説明は省略させていただきます。

 本件の説明は以上で終わらせていただきます。

 次に、37ページをお願いいたします。

 議第70号平成14年度呉市警固屋地区用地造成事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5億6,679万8千円を追加するものでございます。

 本件は平成13年度の決算見込みにおきまして、歳入不足額が5億6,679万8千円生ずる見込みのため、平成14年度の歳入から同額を繰り上げて充当し、不足額を補てんするものでございます。

 この財源といたしましては、財産売払収入をもって充当いたしております。

 次に、49ページをお願いいたします。

 議第71号平成14年度呉市一般会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ9,645万5千円を追加するものでございます。

 本件は下水道使用料の改定が3カ月延伸されたことに伴い、下水道事業会計への経営安定化補助金を増額するものでございます。

 これに要する一般財源といたしましては、繰越金をもって対応いたしております。

 以上をもちまして補正予算3件の説明を終わらせていただきます。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○荒川委員長 これより質疑に入るわけでございますが、挙手されましたらしばらくそのままお待ちください。

 御質疑願います。

     〔質疑希望者挙手〕



○荒川委員長 本日の委員会の発言順位は、リンク制により公明党からでございますが、公明党がないようでございますので、玉谷委員。



◆玉谷委員 37ページから始まります警固屋特会について伺います。

 これは、以前にもお尋ねをいたしましたが、現物の土地というのはもう一般市民に売り払われておりまして、この代金を一般会計から特別会計への支払いがおくれていて、これは以前貞国財務部長のときに、余り好ましいことではないから、なるべく早く解決をするということで、毎年2億円程度払っておられたと思うんですが、今回5億円何がしがそういう形で残っているんですが、まずそれに間違いないかどうかの確認をお願いいたします。



◎原財政課長 この会計の今回繰上充用になっておりますが、そもそもは平成4年に一般会計の方で住宅用地2万平米を会計がえをするということになっておりまして、その残り、本来ならばそのときに処理をしておくべきであったんですが、それがまだ一般会計の方で引き取っておらないものが6億7,000万円ほどございます。



◆玉谷委員 平成4年からだというと、もう10年近くになるんですが、これは今後どういうふうに支払われるんでしょうか。

 それと、途切れずに払われてきたんでしょうか。それとも財政困難の中で、これが支払いも途切れているんでしょうか。



◎矢口財務部長 警固屋特会で持っております土地でございますが、まだ事業者用地5,000平米ほどまだ残っておりまして、それが特会の財産で現在まだあります。

 それと、今後こういった繰上充用しておる金額についてどう取り扱うのかということでございますが、従来から2億円とか、多いときは3億円とか入れながら対応してきたところでございますが、財政事情等もございまして、今年度、平成14年度は予算化してません。ただ、できるだけ早く私どもは支払ってまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◆玉谷委員 財政事情が余りよくないから途切れている、今年度も予算計上はされてないということであります。同じような方式で買われているところ、こういう形の事業がほかにもありまして、今ポートピア用地になっている天応第1期の埋め立てについても、毎年10億円ずつのお支払いをしてこられましたが、これも財政事情で途切れているんでしょうか。それとも、これは払われているんでしょうか。



◎原財政課長 今年度、平成14年度の予算編成におきましては、当初は5億円ほど引き取るという予定でありましたが、この14年度予算においては見送っております。



◆玉谷委員 大変財政事情が悪いというふうにお聞きをしました。

 続きまして、36ページの平成13年度の市債の動向について伺います。

 今回、13年度中における市債、借り入れが132億円になりました。100億円を超したのは初めてだと思うんですが、御確認をお願いします。



◎原財政課長 12年度が86億円の借り入れになっておりまして、確かに13年度100億円を超しております。これ、ちょっと記憶で申しわけないんですが、1回過去100億円を超えたのがあったというふうに私は記憶しております。



◆玉谷委員 これまで70億円、80億円で推移してきたと思うんですが、突然100億円を超す、しかも130億円という断トツの借り入れなんです。それで、年度末の市債残の見込みも829億円、約830億円ということになりまして、先ほどからの答弁の中でも、市の財政は大変に厳しいということでありますから不安になりまして、長期の財政見通しについて伺いたいんですが、今議会の最初に我が党議員の代表質問の中でも、マリノは金利だけで1年間で7億円前後かかると、それから17年までに埋め立てが延びることで70数億円の負担がふえるという答弁でありました。いまだにマリノについての財政見通し、売れる見通し、船が入ってくる見通しというのは示されてないわけですが、期限が来ましたら売れていようがいまいが、貸し出していようがいまいが、払わなきゃならないと思うんです。そうしますと、300から400億円の資金を払わないといけないわけで、借金の返済のために市債はできないと思うんですが、それについての御確認をお願いいたします。



◎原財政課長 借金の返済のための市債ということは、できないと思います。



◆玉谷委員 これまで質問いたしたところでは、払わなきゃいけない期限というのは平成22年と伺ってきたんですが、その御確認もお願いいたします。



◎原財政課長 マリノ埋立計画が御承知のように延びまして、埋め立てが完了後土地を売却して、その費用で起債を一括償還するということになっておりまして、今おっしゃった22年度あるいは23年度、そのあたりになろうかと思います。



◆玉谷委員 財政が厳しくて、いろんな払う約束になっているものも払っていない事態も出ているということでありますが、先日来例えばぶどう園の購入20億円、近大跡地57億円というように、これはいずれも公社を通しての買い物でありますが、呉市としては身の丈を超すような大きな買い物をされてきたと思うんです。公社といっても、結局は呉市がすべて買い取るわけでありますし、公社の事業のすべての債務保証をしているわけですから、これについてもいずれ支払いは呉市が行わなくてはなりません。これまでの質問の中では、マリノは売るように努力をいたしますということの答弁しかいただいておりませんが、平成22年か23年かに期限が来たとき、300億円を払わなくてはならない、仮に売れていなくて払わなくてはならない、一般会計が負担しなくてはならないという事態になったときには、呉市は支払いの能力があるんですか、ないんですか。



◎矢口財務部長 公社の土地を含めてマリノの関係の土地の売却についてのお話でございますけども、これは造成した土地につきましては、例えば公社が持っております昭和A住宅団地にしましても、工業団地内住宅団地で売るわけでございますし、天応2期の問題にしたって、これは土地を造成した暁にはできるだけ売却可能なものについては売却して、一般会計の財政負担を小さくしたいと思っております。ただ、今言われておりますマリノの関係につきましても、17年にできて当然売れるものについては売って、できるだけ市の一般会計の負担が少ない形で引き取ってまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◆玉谷委員 そういう売れるように努力をするというのは、今まで何度も聞いてまいりました。もし売れなかったときに、能力があるかないかをお尋ねしたので、その点についてはいかがなんでしょうか。



◎矢口財務部長 売れなかったことを想定してどうかと言われましても、非常に答弁困るわけでございますが、ただ御心配の向きもわかりますので、今呉市の財政の持続可能な弾力性のある財政構造をつくっていくための財政健全化計画なるものをつくっておりますので、そういった中で公社の土地、特別会計が持っております土地等について十分議論をして、計画の中で取り込めるものは取り込んで反映してまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◆玉谷委員 いまだに見通しも示されてないわけですから、もしもの場合をお尋ねしております。今財政健全化計画もつくっているということでございますが、その健全化計画で絞る中身を住民の福祉や暮らし、教育のところ、また労働者の職員の賃金部分、待遇部分にしわ寄せをしないように、ぜひとも要望して終わります。



○荒川委員長 ほかに御質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 質疑を終結いたします。

 御討論願います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御討論終結と認めて御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議ありませんので、本3件の討論を終結いたします。

 本3件を採決いたします。

 まず、議第71号から採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決すべきものと決定して御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議なしと認めます。よって、本件は可決すべきものと決定されました。

 次に、ただいま議決されました1件を除く2件を一括して採決いたします。

 本2件は承認すべきものと決定して御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議なしと認めます。よって、本2件は承認すべきものと決定されました。

 説明員が交代いたします。

     ──────────────────────────────



△4議第72号



○荒川委員長 議第72号平成14年度呉市下水道事業会計補正予算を議題といたします。

 本件の説明を願います。

 下水総務課長。



◎中崎下水総務課長 議第72号の平成14年度呉市下水道事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 このたびの補正予算は、下水道使用料の改定時期を7月1日から10月1日に3カ月間延伸することに伴う所要の補正を行うものでございます。

 1ページの第2条は、収益的収入及び支出の予定額の補正でございますが、まず収入の方から御説明いたします。

 第1款下水道事業収益、第1項営業収益の1億1,652万円の減額は下水道使用料でございまして、当初予算では徴収時期の関係から半年分を旧料金、半年分を新料金としておりましたが、3カ月の延伸によりまして旧料金が9カ月分、新料金が3カ月分となることによるものでございます。

 第2項営業外収益9,645万5千円の増額は、一般会計補助金の増額で、当初予算では改定までの3カ月間は資本費の62%、残りの9カ月間は資本費の50%を繰り入れることとしておりましたが、同様の理由によりまして、9月までの半年間が62%、以降の半年間が50%の繰り入れとなることによるものでございます。

 次に、支出に移りまして、第1款下水道事業費用、第2項営業外費用の554万9千円の減額は、下水道使用料の減額に含まれます借受消費税でございます。

 なお、2ページから5ページまでは、補正予算に関する説明書としての実施計画の補正、資金計画の補正等を記載しております。

 6ページは、補正予算に関する説明内訳書でございますので、御参照いただきたいと存じます。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議のほどお願いいたします。



○荒川委員長 これより質疑に入るわけでございますが、挙手されましたらしばらくそのままお待ちください。

 御質疑願います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 質疑を終結いたします。

 御討論願います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 討論終結と認めて御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議ありませんので、本件の討論を終結いたします。

 本件を採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決すべきものと決定して御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議なしと認めます。よって、本件は可決すべきものと決定されました。

     ──────────────────────────────



○荒川委員長 以上をもって本委員会に付託されました補正予算はすべて議了いたしました。

 お諮りいたします。

 本委員会の審査報告書は、委員長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○荒川委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう取り計らいます。

 委員会を散会いたします。

            午後1時25分     散   会







 呉市議会委員会条例第31条第1項の規定により署名する。





       予算特別委員長  荒 川  五 郎





       臨時委員長    薬研地    馨