議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 広島市

平成17年 7月14日建設委員会−07月14日-01号




平成17年 7月14日建設委員会

        建設委員会会議録(平成17年7月14日)
                           開会 10時03分

○元田 委員長 
 ただいまから、建設委員会を開会いたします。
 なお、6月定例会から試行的に実施しております夏期の軽装化につきましては、各正副常任委員長で協議した結果、引き続き、実施することとしておりますので、御理解の程、よろしくお願いいたします。
 本日は、本委員会が構成されまして初めての会合でありますので、一言ごあいさつ申し上げます。
(正副委員長起立)
 先般の定例会におきまして、私、元田が委員長に、八條議員が副委員長にということを、仰せつかりました。
 さて、急速な高齢化と少子化が同時進行し、また、これまで経験したことがない人口減少社会が到来しようとするなど、我が国の社会は、今、正に大きな変動期に直面しております。
 このような社会にあって、持続的かつ安定的な都市の活性化を図るためには、これまで以上に個性的で魅力ある都市の形成や高速道路ネットワークの整備など、高次都市機能の集積に努めるとともに、豊かで美しい自然環境に配慮しつつ、ゆとりや安らぎが感じられる質の高い都市環境の創造にも積極的に取り組んでいく必要があると思います。
 このような中で、本委員会の所管事項には、快適で魅力ある都市空間の創造と賑(にぎ)わいの創出、安全かつ快適な住まいづくりの整備促進や良好な都市・居住環境の改善を図るための土地区画整理事業・市街地再開発事業の推進、都心や拠点となる地区間の連携を強化する道路・交通網の整備促進など、ひと・環境にやさしく、都市生活の快適化に貢献する活力ある交通体系の確立など、多くの重要な課題があります。このような諸課題を背景とする本委員会の持つ役割は、誠に重大であり、副委員長共々、その責務を感じているところであります。
 この上は、委員各位の御支援、御協力を頂きながら、委員会の円滑な運営を図ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 また、市長さんを始め、理事者各位におかれましても、本委員会の運営に当たり、御理解、御協力を頂きますようお願いを申し上げまして、私どものあいさつとさせていただきます。
(正副委員長着席)
 本日は、初会合でもあり、市長さんにも出席していただいておりますので、ごあいさつをお願いしたいと思います。
◎秋葉 市長 
 建設委員会が開催されるに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本市の財政は、平成17年度の市税収入が昨年度とほぼ同水準にとどまる見通しであり、また、市債残高や、今後とも扶助費や公債費といった義務的経費の増加が見込まれるなど、依然として厳しい状況にあります。
 こうした中にあって、本市は、急速に進む少子・高齢化、国際化や情報化、環境問題への対応はもとより、世界平和の創造への貢献、都市の魅力の向上、中四国地方の中枢都市としての都市機能の強化、地域経済の活性化などの重要課題に対し、積極的に取り組んでいかなければなりません。
 このため、公園、河岸緑地などの整備や段原再開発、広島駅南口周辺地区の市街地再開発、西風新都の建設、広島高速道路の整備、また、昨年6月に策定した「新たな交通ビジョン」の具体化を図るための「交通ビジョン推進プログラム」の推進や、社会実験などを通じ、「水の都ひろしま」にふさわしい文化や賑(にぎ)わいの創出、地域の主体的なまちづくり活動への支援など、ハード・ソフトの両面から、将来を見据えた発展基盤づくりに取り組んでおります。
 本年は、被爆60周年という節目の年に当たり、改めて被爆都市広島としての役割について再認識し、決意を新たにして「国際平和文化都市ひろしま」の建設を推進し、21世紀を「広島の時代」にするための努力を続けたいと考えておりますので、委員各位におかれましては、より一層の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。
○元田 委員長 
 次に、委員並びに理事者の紹介に移りたいと思います。なお、本日、谷川委員、熊本委員が欠席されております。委員さんの方から自己紹介をお願いいたします。
(委員自己紹介)
 続いて、理事者の紹介を順次お願いいたします。
◎山田 助役 
 助役の山田でございます。よろしくお願いします。
◎高東 都市計画局長 
 都市計画局長の高東でございます。よろしくお願いいたします。
都市計画局の組織及び役職員の紹介をさせていただきます。お手元の「建設委員会説明資料(指定管理者制度関係を除く。)」、1ページをお開きください。都市計画局は、3部8課で、7月1日現在の総職員数は、238人でございます。
 部長級、課長級の役職員に順次自己紹介させます。よろしくお願いいたします。
   (都市計画局役職員自己紹介)
◎中本 都市整備局長 
 都市整備局長の中本です。どうぞよろしくお願いいたします。
 都市整備局の組織及び役職員の紹介をいたします。説明資料の3ページを御覧ください。都市整備局の組織でございますが、3ページと4ページに掲げておりますとおり、2部3課出先機関1事務所でありまして、本年7月1日現在の職員数は123名でございます。
 それでは、部長級、課長級の役職員を順次自己紹介させますので、よろしくお願いいたします。
(都市整備局役職員自己紹介)
◎米神 道路交通局長 
 道路交通局長の米神でございます。よろしくお願いいたします。
 道路交通局の組織及び幹部職員を御紹介いたします。お手元の説明資料の5ページをお開きください。道路交通局の組織は、3部5課でございます。平成17年7月1日現在の職員数は161名でございます。
 それでは、本日出席をしております部長級及び課長級の職員から順次自己紹介させますので、よろしくお願いいたします。
(道路交通局役職員自己紹介)
○元田 委員長 
 以上で、紹介は終わったわけでありますが、ここで市長さんは公務・所用のため退席されますので、御了承いただきますようお願い申し上げます。
(市長退席)
 それでは、本日の議題であります「所管の主要事項について」、理事者より資料が提出されておりますので、これに基づき順次説明をしていただきます。なお、本日は初会合ということもあり、また多くの事項の説明を受けることとなりますことから、御質疑等については、今後の委員会に譲らせていただきたいと思いますので、御協力をお願いいたします。また、説明が長時間に及びますことから、着席したまま説明することを許したいと思います。それでは、よろしくお願いいたします。
◎高東 都市計画局長 
 お手元の建設委員会説明資料に基づきまして、都市計画局所管の主要事項について御説明いたします。
(別添「建設委員会説明資料(指定管理者制度関係を除く。)」の7〜24ページにより説明)
◎中本 都市整備局長 
 続きまして、都市整備局所管の主要事項につきまして、御説明をいたします。
(別添「建設委員会説明資料(指定管理者制度関係を除く。)」の25〜45ページにより説明)
◎米神 道路交通局長 
 続きまして、道路交通局の所管しております主要事項につきまして御説明いたします。
(別添「建設委員会説明資料(指定管理者制度関係を除く。)」の46〜75ページにより説明)
○元田 委員長 
 以上で、説明は終わりました。
 先ほども申し上げましたとおり、本日は説明を受けたばかりということでもありますので、御質疑等については、次回の委員会に譲らせていただきたいと思います。
 以上で、本日の議題であります「所管の主要事項について」は終了しましたが、都市計画局及び道路交通局から指定管理者制度について、報告したい旨の申出がありましたので、順次これを許します。
◎高東 都市計画局長 
 それでは、指定管理者制度関係を御説明いたします。
 資料の御説明の前に、先の6月議会におきまして「指定管理者制度導入に係る諸議案に対する付帯決議」が可決されまして、その中で公募要綱が決まり次第、公募する前に、施設を所管する各常任委員会に詳細に報告し、意見を聴くための場を設けることとされております。
 公募要綱につきましては、現在なお検討中の部分がございます。
 したがいまして、本日は現段階の公募要綱の案を御説明させていただきます。
 今後この公募要綱案の内容また管理経費の上限額、下限額の設定を始めとした細部についての内部協議、調整を行った上で、早急に取りまとめを行い、改めて御報告し御意見を頂きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。
   (別添「建設委員会説明資料(指定管理者制度関係)」の1〜14ページにより説明)
◎米神 道路交通局長 
 続きまして、道路交通局の所管しております指定管理者候補の公募要綱につきまして御説明いたします。
(別添「建設委員会説明資料(指定管理者制度関係)」の15〜29ページにより説明)
○元田 委員長 
 それでは、本件につきましては、ただいまの報告にもありましたように、今後、取りまとめを行い、改めて議会に報告するということでありますので、御質疑等については、その時にしていただきたいと思います。本日は、この程度にとどめたいと思います。
 理事者の方は、ここで退席されて結構です。また、委員の方には、二、三協議したいことがありますので、もうしばらくお待ちいただきたいと思います。
(理事者退席)
 それではまず、委員会の運営等についてであります。
 去る、7月8日に正副常任委員長会議が開催され、先例や申合せ事項を中心に、協議・確認が行われたところでありますが、会議の進め方等につきましては、今までと特に変更はございませんので、よろしくお願いしたいと思います。
 次に、市内所管施設の視察及び他都市への行政視察についてであります。
 まず、市内所管施設の視察についてでございますが、今後の日程等を考え、7月の下旬又は8月の第2週目で実施してはどうかと考えておりますが、いかがでしょうか。御意見があればおっしゃっていただきたいと思います。
   (「なし」の声あり)
 それでは、具体的な視察日時、場所については、今後ちょっと調整させていただきたいと思いますので、また改めてお知らせしたいと思いますが、それでよろしいでしょうか。
   (「異議なし」の声あり)
 次に、他都市への行政視察についてでございます。
 御承知のとおり、先の6月定例会中に開催された委員会において、既に閉会中の継続調査として行政視察を行うことができるようにされておりますが、本委員会としては、例年どおり、9月の定例会後の10月に視察を実施したいと思いますが、どうでしょうか。
 (「異議なし」の声あり)
 それでは、そのようにさせていただきます。
 なお、準備期間に約1か月は必要でありますので、視察の時期、視察する都市等につきましては、委員の皆さんの御希望がございましたら、早めに正副委員長の方にお申出いただければ有り難いと思います。
 この際、何か御意見がございましたら、お願いいたします。
   (「なし」の声あり)
 以上で、本日予定していた案件は、すべて終了いたしました。
 それでは、これをもちまして建設委員会を閉会いたします。
                           閉会 11時40分