議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 広島市

平成17年 4月21日上下水道委員会−04月21日-01号




平成17年 4月21日上下水道委員会

       上下水道委員会会議録(平成17年4月21日)
                           開会 13時05分

○母谷 委員長 
 ただいまから、上下水道委員会を開会する。
 なお、本日は、海徳委員、平野委員、谷川委員、田尾委員が欠席し、橋本委員が遅れて来られるとのことであるので、御報告する。
 本日の議題に入る前に、4月1日付けで人事異動が行われているので、最初に、異動のあった職員の紹介をさせていただく。
 それでは、順次お願いする。
◎今田 下水道局長 
 この度、下水道局長を拝命した今田である。
 どうぞよろしくお願いする。
 それでは、下水道局の機構について御説明する。
   (別添「上下水道委員会説明資料」の1〜3ページにより説明)
 続いて、今回異動のあった課長級以上の9名の職員に順次自己紹介させるので、よろしくお願いする。
   (下水道局異動役職員自己紹介)
 以上で、下水道局の機構の説明及び職員の紹介を終わる。
 どうぞよろしくお願いする。
◎江郷 水道局長 
 この度、水道局長を拝命した江郷である。
 どうぞよろしくお願いする。
 それでは、水道局の機構について御説明する。
   (別添「上下水道委員会説明資料」の4〜7ページにより説明)
 続いて、今回異動のあった課長級以上の職員が順次自己紹介をするので、よろしくお願いする。
   (水道局異動役職員自己紹介)
 以上で、水道局の機構の説明及び職員の紹介を終わる。どうぞよろしくお願いする。
○母谷 委員長 
 以上で、職員紹介を終わる。
 次の報告案件については、議題に関係した理事者のみの出席としているので、この後の議題に直接関係のない理事者の方は、退席されて結構である。
   (議題に関係のない理事者退席及び議題に関係のある理事者入室)
 それでは、所管事項の報告に入る。
 今回、理事者から2件の報告の申出がある。
 それでは、まず、「公営企業のあり方に係る最終報告(所管分)について」、下水道局から順次報告をお願いする。
◎今田 下水道局長 
 それでは、「公営企業のあり方に関する最終報告」の下水道局所管分について、御説明する。
 資料として、お手元に病院事業を含めた全体の最終報告を配付しているが、本日は、委員会説明資料の8ページから14ページに掛けて記載している下水道事業及び水道事業の概要版によって説明したいと思うので、よろしくお願いする。
 公営企業の在り方については、本市の厳しい財政状況の中で今後の在り方を明確にするため、平成16年4月に助役及び関係局長による「公営企業のあり方検討会」を設置し検討を重ね、昨年12月に中間報告を本委員会に報告するとともに、ホームページにより市民に公表した。
 そして、この中間報告に対して、3月の予算特別委員会などの場で頂いた御意見や市民から寄せられた御意見を踏まえ、本年3月末に最終報告として取りまとめたので、この度、その内容を報告するものである。
 なお、この最終報告は、本委員会で説明した後、ホームページに掲載して、市民に公表することとしている。
 それでは、「公営企業のあり方に係る最終報告」のうち、下水道事業に関係する内容について、御説明する。
   (別添「上下水道委員会説明資料」の8〜11ページにより説明)
◎江郷 水道局長 
 続いて、「公営企業のあり方に係る最終報告」の水道局所管分について、御説明する。
   (別添「上下水道委員会説明資料」の12〜14ページにより説明)
○母谷 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件はこの程度にとどめる。
 次に、「広島市における地下壕(ごう)の現状と対応について」、下水道局から報告をお願いする。
◎今田 下水道局長 
 それでは、「広島市における地下(ごう)の現状と対応について」、御説明する。
   (別添「上下水道委員会説明資料」の15ページにより説明)
○母谷 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
○中原 副委員長 
 今、地下壕(ごう)の問題で、広島市内に79か所、そのうち南区に64か所ということで、ほとんど南区だと言ってもいいかと思う。似島とか、金輪島とか、元宇品とか、そういう戦争時代に、それが活躍したというか、南区が戦時中に一番大きな兵隊が集まる地域だったのかなと改めて思わざるを得ない。今回、国土交通省からの指示で調査されて・・・。これはだから、今まではもう、別に調査しただけで、これだけ79か所あると・・・。31か所は入口が未封鎖だというだけで、一応、市としては何も手を打ってこなかったというふうに認識していいのかどうか、まず、それを聞かせていただきたい。
 それから、個人の土地の中に地下壕(ごう)があるということなので、危険であるというふうにこちらが言っても、その個人の方が「うちはいい」ということになろうかとも思うが、そういうときに、どこまで市の側が強制力を持って、この安全の保証ができるのか、その辺のところはどのようになるのか。
◎岡本 河川課都市防災担当課長 
 1点、調査以来、市として何も手を打ってこなかったのかという御質問であるが、13年度、あるいは13年度以前に、6年度、7年度に、やはり同様に国から調査依頼があり、市としてというか、公有地に関するものについて、確か13年度の前、7年度調査ぐらいの段階から入口を封鎖するであるとか、そういった対策が採られている。
 ただ、民間の所有地については、たちまち崩壊の危険性等そういったものが報告されていない。そういった意味では、今回のような保安面からの要請というか、それは現時点、これまでは行ってきていない。
 2点目に、今後の個人所有のいわゆる入口が開いた状態の防空壕(ごう)への是正の強制力という御質問だったかと思うが、確かに、それがどういう法的権限に基づいて勧告若しくは要請していくかというのは、現段階でそこまで精査していないが、市の方にも、もし対策を採っていただけるのなら、いろいろお手伝いできるような制度もあるし、その辺も絡めて、区役所の方を含めて、調整していきたいと思う。
○中原 副委員長 
 お手伝いできる制度があるというふうに言われたが、それは具体にどんな制度かというのは、後でいいので教えていただいて・・・。
 南区は多いものであるから、聞けば、今言ったような山だけでなくて、堀越とか比治山とか、比治山も山があるけど、堀越などという所は家がへばりついているが、ああいう本当に民地が建ち並んでいる中にもあるということで、私も箇所付けがどこであるのかはっきりしないが、改めてこういうデータをもらって、少し危険があるのだなというふうに思ったところである。
 それで、ここの対応の所へ、教育委員会の方へ情報提供したというふうに書き込まれているが、これは例えば、その堀越であれば、地域的には青崎小学校、向洋新町小学校、それから、安芸区の話は少しあれであるが、堀越があるのか、何小学校があるのか、そういう地域の小学校へ情報提供されたということなのか。全市的にばさっと同じように注意するように言われたのか。先生の方には、ここにこのようなものがあるというふうに実際にそこに行って、確認して、先生の方も認識を新たにされると思うので、そういうことをされたのかどうかということも、ちょっと教えていただければと思う。
◎岡本 河川課都市防災担当課長 
 先日、鹿児島での事故以後、私どもが把握していた13年度の調査結果、具体的な場所も含め、教育委員会の保健体育課の方へ資料提供している。聞き及んでいるところでは、その保健体育課の方から各幼稚園、小学校、中学校、高校、そこらの校長あてに、地域の住民の皆様方の協力も含め、調査と、後は児童等が周辺に立ち入らないような指導といったことを要請されている。
 今回の調査は、近々各区で始まるが、その辺の学校サイドの点検と併せて、情報の共有化を図っていきたいと思う。
○中原 副委員長 
 最後であるが、やはり、私なんかも元々そこに住み着いた人間ではないので、そういうものがあるというのも、なかなかこういうことがない限り分かるということはないわけである。今回、こういう悲しい事件が起こって、改めて調査して、こういうことが出てきたわけである。やはり、ここの所にこういうものがあるというのを、町内会を通じて地域にはきちっと公表していただいて、みんなで命を守るということで、その方向に・・・。これは、いろいろ教育委員会も市民課も関係するのかもしれないが、やはり一番は下水道局が中心になって動かざるを得ないと思う。よろしくお願いしたいということを申し上げて終わる。
◆中本 委員 
 これは場所を、図を出してもらえないか。
◎岡本 河川課都市防災担当課長 
 委員御要望の場所の開示であるが、現在開いている防空壕(ごう)はすべて民有地である。それと今回不幸にして、中でたき火等を行い、亡くなったわけであるが、不用意な開示をすると、最近はやりの何とか探偵団とか、変な組織ができても困るし、そういった意味で、あまり不用意な好奇心を誘発しないようなことも、ちょっと考えなくてはならないし、所有者に対する個人情報といったところにも配慮が必要であろうし、対応は慎重に考えるべきというように現在のところ考えている。
◆中本 委員 
 今の説明を聞いていて、今まで何も対応していないということである。一生懸命説明しているが・・・。これからやろうということであろう。ただ個人情報うんぬんということがあるのなら、別に点でここだということでなくても、この地区だということで、丸でもいいではないか。学校には既に知らせてあるということであるが、やはり学校だけが知っているのではなく、地域の人にも、大体ここらに、どこかは分からないが、そういうようなものがあるようだと、注意をしなくてはいけないというふうな警告の意味でそういうものがあってもいいのではないか。余りにも個人情報、個人情報ということで、個人情報も大事だが、命とどっちが大事なのかということで、そういうことも啓示を図りながら、できればお示しいただきたい。
◎岡本 河川課都市防災担当課長 
 何もしていないということ・・・。結果はそうなっているが、今後、今回の調査に含めて、個人のお持ちの方々に、入口を封鎖するであるとか、第三者が立ち入らないように手立てをしていただくとか、そういう要請行為も今回の調査に併せてやる。また、市としても、広報紙、具体的には「市民と市政」であるが、そうしたところにもそういった所有者の方、あるいは一般の市民の方に近寄らない、あるいは是正を求めていくというようなPRを載せていきたいと考えている。また、最終的に調査すれば、もう少し箇所数も増えるかも分からないが、委員御指摘のようなざくっとした位置でも構わないからということであったが、そういったことも検討してみたいと思う。
◆中本 委員 
 釈然としない。近所の人にも注意してもらうと・・・。どこか分からないのにどうやって注意するのか。今あなたの説明を聞いていると、近所の方々にも注意をしてもらうとこう言う。どこか分からないのに、どうしてやるのか。そういうようなことになると、私が申し上げるように、漠然としてでもいいから、何かこの辺にはこのような危険な所があるようであるから、子供にも気を付けるようにと、親として言う必要もあるであろう。そういうことではないのか。あなたはいろいろ言っているが、結局何もしていないのである。これからしようということであろう。それでいいではないか。何もしていないということが気に入らなかったのかもしれないが、今からやろうということであるから、それを責めているわけではない。今からやっていただいて、命に危険が及ばないような対策を採っていただければというように思う。
○母谷 委員長 
 そのほかに御質疑等はないか。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件についてもこの程度にとどめる。
 以上で、本日予定していた案件はすべて終了した。
 なお、次回の委員会は、5月20日金曜日、午前10時からを予定しているので、よろしくお願いする。
 それでは、これをもって上下水道委員会を閉会する。
                           閉会 13時52分