議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 広島市

平成17年 4月21日経済環境委員会−04月21日-01号




平成17年 4月21日経済環境委員会

       経済環境委員会会議録(平成17年4月21日)
                           開会 10時02分

○谷口 委員長 
 ただいまから経済環境委員会を開会する。
 なお、本日は兼桝委員が欠席されるとのことであるので、御報告する。
 本日の議題に入る前に、4月1日付けで、組織改正や人事異動が行われているので、最初に、組織改正の説明と異動のあった職員を紹介させていただく。
 それでは、順次お願いする。
◎石原 環境局長 
 環境局長の石原である。よろしくお願いする。
 まず、環境局関係の組織改正について御説明する。
 (別添「経済環境委員会説明資料」の1〜5ページにより説明)
 それでは、4月1日付けの人事異動に伴う新任又は役職に変更のあった課長級以上の職員を順次自己紹介させていただく。
 (環境局異動役職員自己紹介)
◎濱本 経済局長 
 引き続き、経済局関係について御紹介する。
 まず、経済局関係の組織改正について御説明させていただく。
(別添「経済環境委員会説明資料」の6〜10ページにより説明)
 それでは、4月1日付けの人事異動に伴う新任又は役職に変更のあった課長級以上の職員が順次自己紹介させていただく。
 (経済局異動役職員自己紹介)
○谷口 委員長 
 以上で、組織改正の説明と職員紹介を終わる。
 次の、報告案件については、議題に関係した理事者のみの出席としているので、この後の議題に直接関係のない理事者の方は、退席されて結構である。
 (議題に関係のない理事者退席)
○谷口 委員長 
 それでは、所管事項の報告に入る。
 今回、理事者から5件の報告の申出がある。
 まず、「広島市廃棄物処理事業審議会からの答申について」、環境局から報告をお願いする。
◎石原 環境局長 
 「広島市廃棄物処理事業審議会からの答申について」御報告する。
 (別添「経済環境委員会説明資料」の11ページ及び「一般廃棄物(ごみ)処理基本計画について(答申)」により説明)
○谷口 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
◆佐々木 委員 
 今、いろいろと説明を受けたが、広島市も5種類分別を昭和51年からやって、もう30年がたっている。その当時は、広島市としても全国に先駆けてということで非常によかったわけであるが、今はもう三十何分別とかというような状態になってきており、広島はもう遅れているような状態である。こういった審議会で出してもらっているのは確かによいことであるのだけれども、分かっていることがほとんどである。それを皆さん方がやるかどうか、今までやってきただろうかということも言えるのである。であるから、これが出たということは、あなた方がやっていないこともあるわけである。前から言われていて・・・。
 それで、一つ聞きたいのは、リサイクルのことであるけれども、三菱重工でビニールとかペットボトルなどを油化・・・。オイルをつくる装置を開発している。それを見学に行ったことがあるが、その後どうなっているのか聞きたい。
 (答弁なし)
◆佐々木 委員 
 分からないのならよい。広島市の中にもそういったリサイクルをやる、どんどん進めている所が一杯ある。そういう所もどんどん見に行って、市内の産業なのであるから、育成するということをやってもらいたいし、そういうことが遅れているのではないかと思う。
 また、例えば地域環境教育。地域の町内会とか自治会に、いろいろなことで環境教育をやってほしいということを審議会が言われているわけであるが、では、今、町内会、自治会が入会率は何%か・・・。入会率は、恐らくどの町内会、自治会も60%か65%ぐらいではないかと思う。それで、市民が役所の窓口に行ったら、あれは別段入らなくても、強制されるものではないからと、こう言うのである。今度は逆に環境の問題で、ごみのいろいろなことを町内会にお願いする。これはどうなっているのか・・・。市役所全体でものを考えてやらないと・・・。最前線の区役所で対応する人は、別にいいと言う。そんなことはないと思うのである。そういうところから、一つ一つやっていかないと、こういった環境教育というのはよくならないと思う。
 それと、例えばこういうことをやったら、こういう業者がリサイクルの良いものがあるといったときには、いいや、これは今までやったことがないから、ほかにはこういう業者がいないから駄目とか、そういうことは言ってもらったら困ると思うのである。良いもので、確かに市民や市に対してよくなることは、どんどん採用していただく・・・。私も環境で、昨日1日でオール電化、いわゆる太陽光発電を付けた。15年のローンで払うわけであるが、太陽光発電をやることによって、やはり環境によいということなのである。それは、私も5年前、ヨーロッパに視察に行ったときに、全部、太陽光発電で、オランダのアムステルダムでやっているわけである。今、どんどんあちらの方は、日本の気候よりも、もっと太陽の出る率というのは少ないのであるが、それでもやっている。広島市も、そういったことに対して、やることに対して、今日、経済局長もおられるけれども、補助をするとか、そういったことも、いろいろなことを考えて、経済の発展もある、環境もある、そのための経済環境委員会なのであるが・・・。是非そういうことも頭の中に入れて、どんどんやってほしい。今までやっていないことも、審議会の答申が出ているわけであるから、よく頭に入れてやっていただきたい。そういうことを要望する。
◆藤井 委員 
 何点か質問と意見をさせてもらいたいのであるが、私もこの間、この基本計画については、度々、委員会でも取り上げさせていただいているが、今回、最終的な答申が出たということで、内容的には、まだまだ納得できない点はたくさんある。今日すべては言うつもりはないが・・・。
 1点は、ごみの減量目標について、前期と後期に分けて、前期が終わったら、また再度見直すということになっている。それに関して、安佐南の清掃工場の規模について、計画が変わるかもしれない時点で、最終的に決定してしまうというのは、やはりおかしいと思うのである。是非、後期見直しに関して、平成24年だと思うのであるが、25年以降の稼働を目指す焼却場については、再度、規模の見直しについて検討してほしいことがまず1点である。
 そのことと、あとは全量焼却ということで、事業所系の廃プラは、今の法律の段階では仕方がないというような方向で、方針に出されているわけであるが、先ほど言われたように、地球の環境からいっても、こういった焼却するということを前提としたようなことを決めてしまうのはどうかということも私は思う。
 先ほど言われたようなプラスチックなどのリサイクルについては、もっともっと産官学で研究していただきたいし、新聞で今日も出ているけれど、廃プラなどのリサイクルであるが、その点でも、もっともっと研究しなければ、せっかくいい仕事をしようとされている人たちでも、実際には難しくなって、倒産しないといけなくなるような状況になるとか、そういうこともある。そういうことも含めて、こういった再利用であるが、サーマルリサイクル、すぐ燃やしてしまえというのではなくて、できるだけ燃やさずにリサイクルする方向へ、是非、市もしっかり研究をしていただきたいということが2点目である。
 それともう一つ、先ほどの焼却場にかかわるのであるが、前提が3工場体制ということになっているが、この3工場体制だからいろいろな問題が、今、起こっていると思うのである。焼却場への車の搬入が集中することとか、それによって道路を造ったりであるとか、新たな税金が、ますます投入されざるを得ないというのは、大変な問題だと思う。例えば、この間も議会に出ているけれど、外環状などでも実際にするとなれば、また大変な、100億、何百億というようなお金も掛かるわけであるから、ごみ処理基本計画として出されるのはよいが、全体の税金の使い方からも、是非検討していかないといけないと私は思うが、その点、幾つか言ったが、何かあれば少し答えていただきたい。先ほど佐々木委員が言われたように、新しいエネルギー開発であるが、これを是非進めていただきたい。焼却して、電気をおこすからよいのだとか、そういうような方向ではなく、本当に、新しいエネルギーも開発しながら、できるだけ焼却しない方向で、今後の廃棄物処理については、市は考えていただきたいと思う。規模見直しのことについて・・・。
○谷口 委員長 
 藤井委員に申し上げる。今、答申が出て、本市が今から計画を立てる段階であるので、要望にとどめておいていただきたいと思うが、いかがか。
◆藤井 委員 
 では要望ということで。
○谷口 委員長 
 ほかに質疑等はないか。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件はこの程度にとどめる。
 次に、「平成16年度ダイオキシン類調査結果について」、環境局から報告をお願いする。
◎石原 環境局長 
 それでは、「平成16年度ダイオキシン類調査結果について」御説明する。
 (別添「経済環境委員会説明資料」の12〜17ページにより説明)
○谷口 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
○森本 副委員長 
 結果の公表の義務ということであるが、この委員会のほかにどのような形で公表されているのか。
◎後藤 環境保全課長 
 公表については、インターネットで、広島市のホームページを通して公表している。
○谷口 委員長 
 ほかに質疑等はないか。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件についてもこの程度にとどめる。
 次に、「ごみ最終処分場整備調査事業について」、環境局から報告をお願いする。
◎石原 環境局長 
 それでは、「ごみ最終処分場整備調査事業について」御説明する。
 本年4月25日の湯来町との合併後に、「広島市・湯来町合併建設計画」に計上されている「ごみ最終処分場整備調査事業」に着手する。
 なお、湯来町が昨年度に実施した調査の結果を、3月28日に開催された湯来町議会全員協議会へ報告され、その後の3月30日に本市への説明及び報告が行われたところである。
 (別添「経済環境委員会説明資料」の18〜20ページにより説明)
○谷口 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件についてもこの程度にとどめる。
 次に、「企業立地促進補助制度の創設について」、経済局から報告をお願いする。
◎濱本 経済局長 
 それでは、「企業立地促進補助制度の創設について」御説明する。
 (別添「経済環境委員会説明資料」の21〜23ページにより説明)
○谷口 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
◆藤井 委員 
 対象事業についてであるが、4番の小売及び飲食を目的とする事業は、西風新都と都市再生整備地域以外は対象としないということで、いわゆる大型店はどうなるのか。
◎久保 産業立地推進課長 
 大型店については、小売を目的とする事業というようにとらえているので、ここにうたっている西風新都と駅周辺地域については、対象ということになる。
◆藤井 委員 
 大型店の問題は大変深刻だと思うので、私は、すべて対象ではないということではよいと思うが、企業立地促進補助制度ということでされていることではあるが、多くの場合、99%が中小企業だと思うのである。そういう意味では、ここまでの、税金をなくしてまでの補助というのがされていない状況で、もっと中小企業のための、応援するような補助も含めて検討をしていただきたいということを要望する。よろしくお願いする。
○谷口 委員長 
 ほかに質疑等はないか。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件についてもこの程度にとどめる。
 最後に、「『ひろしま朝市』社会実験の結果及び定期開催について」、経済局から報告をお願いする。
◎濱本 経済局長 
 それでは、「『ひろしま朝市』社会実験の結果及び定期開催について」御説明する。
 (別添「経済環境委員会説明資料」の24〜25ページにより説明)
○谷口 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件についてもこの程度にとどめる。
 以上で、本日予定していた案件はすべて終了した。
 なお、次回の委員会は、5月20日、金曜日、午後1時からを予定しているので、よろしくお願いする。
 それでは、これをもって経済環境委員会を閉会する。
                           閉会 11時06分