議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 広島市

平成17年 4月21日総務委員会−04月21日-01号




平成17年 4月21日総務委員会

        総務委員会会議録(平成17年4月21日)
                           開会 13時05分

○倉本 委員長 
 ただいまから、総務委員会を開会する。
 本日の議題に入る前に、4月1日付けで組織改正や人事異動が行われているので、最初に組織改正の説明と異動のあった職員の紹介をさせていただく。
 それでは、順次お願いする。
◎三宅 企画総務局長 
 企画総務局長の三宅である。よろしくお願いする。
 企画総務局関係の組織改正について御説明する。
 (別添「総務委員会説明資料」の1ページにより説明)
 続いて、企画総務局の機構と職員について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の4〜6ページにより説明)
 それでは、この度、異動のあった職員に順次、自己紹介をさせるので、よろしくお願いする。
 (企画総務局異動役職員自己紹介)
◎寺田 財政局長 
 財政局長の寺田である。どうぞよろしくお願いする。
 それでは、財政局関係の組織と職員について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の1ページ及び7ページにより説明)
 それでは、この度、異動のあった職員に順次、自己紹介をさせるので、よろしくお願いする。
   (財政局異動役職員自己紹介)
◎竹本 市民局長 
 市民局長の竹本である。どうぞよろしくお願いする。
 それでは、市民局関係の組織改正について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の1ページにより説明)
 続いて、市民局の機構と職員について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の9〜10ページにより説明)
 それでは、この度、異動のあった職員に順次、自己紹介をさせるので、よろしくお願いする。
  (市民局異動役職員自己紹介)
◎傳平 消防局長 
 消防局長の傳平である。よろしくお願いする。
 それでは、消防局の組織改正について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の2ページにより説明)
 続いて、消防局の機構と職員について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の11〜15ページにより説明)
 なお、この役職員名簿の外に、危機管理体制の全市的な対応強化を図るため、各局・区などの庶務担当課長24名を当局の危機管理調整担当課長に併任している。
 また、この組織図には掲載していないが、消防団は1行政区1消防団とし、現在、8消防団81分団、総団員数は2,527人である。
 それでは、この度、異動のあった職員に順次、自己紹介をさせるので、よろしくお願いする。
  (消防局異動役職員自己紹介)
◎東山 市選挙管理委員会事務局長 
 広島市選挙管理委員会事務局長の東山である。よろしくお願いする。
 それでは、当委員会事務局の組織改正について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の3ページにより説明)
 続いて、当委員会事務局の機構と職員について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の17ページにより説明)
◎角田 人事委員会事務局長 
 人事委員会事務局長の角田である。よろしくお願いする。
 それでは、当事務局の組織と職員について御説明する。
   (別添「総務委員会説明資料」の3ページ及び18ページにより説明)
◎堀内 監査事務局長 
 監査事務局長の堀内である。よろしくお願いする。
 それでは、監査事務局の組織及び職員について御説明する。
  (別添「総務委員会説明資料」の3ページ及び19ページにより説明)
 それでは、この度、異動のあった職員に順次、自己紹介をさせるので、よろしくお願いする。
  (監査事務局異動役職員自己紹介)
○倉本 委員長 
 以上で、組織改正の説明と職員紹介を終わる。
 次の報告案件については、議題に関係した理事者のみの出席としているので、この後の議題に直接関係のない理事者の方は、退席されて結構である。
   (議題に関係のない理事者退席)
 それでは、所管事項の報告に入る。
 今回、理事者から2件の報告の申出がある。
 まず、「消防自動車(はしご車)のき損について」、消防局から報告をお願いする。
◎傳平 消防局長 
 それでは、「消防自動車(はしご車)のき損について」、御報告する。
   (別添「総務委員会説明資料」の20〜21ページ及び23ページにより説明)
○倉本 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件はこの程度にとどめる。
 次に、「『災害に強いまちづくりプラン改訂』について」、消防局から報告をお願いする。
◎傳平 消防局長 
 それでは、「『災害に強いまちづくりプラン改訂』について」、御説明する。
   (別添「『災害に強いまちづくりプラン改訂』について」及び「改訂版 災害に強いまちづくりプラン(概要)」により説明)
○倉本 委員長 
 ただいまの報告に対して、御質疑等があればお願いする。
◆渡辺 委員 
 今、説明があった概要の1ページの右上、「2 市民と行政の役割分担」の表の2段目に「人命救助・救護活動」ということで、市民がやること、行政がやることというものがあるが、行政がやることの中の3番目に「自主防災組織用救助資機材の配備」というのがある。これは具体的にはどういうことになるのか。配備状況とか、もう既に配備が全部済んでいるのかとか、実態はどうなのか、自主防災組織で、もっと小さい単位とかということも含めて、ここに書いてある意味を説明していただきたい。
 簡単に趣旨を言うと、例えば、地震や災害で、隣の家が崩れたとか何かがあって、すぐに助け出さないといけないときに、消防署が来るまで待っていられないということで、小学校区とか、身近な公園などでもいいのであるが、そこから、そういった、本人を助けられるものを地域の人がすぐに出して、何とかいろいろな工具を使って助けられる、身近で人を救っていくということが一番早い方法であると思う。そういう要望が、素朴に地域の方からあった。いくら体制を作っても、形だけになって、やはり身近な人がすぐに隣の人の状況が分かって、すぐに何とかしないといけないというときに、そういうものが各家庭には備わっていないので、地域にどういう範囲か分からないが、そういうものがあれば、それを利用して、すぐに人命救助ができるのではないかというような話を聞いたので、この言葉が目に留まったのである。
◎田村 危機管理部長 
 現在、広島市は136の小学校区を、いわゆる一時生活避難場所として位置付けており、この小学校の中に、いわゆる想定芸予地震のり災者、約11万人が生活できる1日分の非常用の食料、こういったものを備蓄している。当面、この136の施設の備蓄倉庫の中にのこやバール、消火器、担架、水バケツ、こういった自主防災会の方々が当面応急的に活動できる資機材を準備している。これは行政として負担、対応すべき資機材である。
 そして地域の方々に対しては、もっとそれぞれの小学校区、あるいは各中学校区、各自治会ごとに必要な資機材については自主防災の方で整備をお願いしたいということを、日ごろの活動を通じてお願いしているところである。
◆渡辺 委員 
 行政が136の小学校区単位で、のこやバールなどを倉庫の中に用意しているということであるが、市民の人はみんな知っているのか。当然、知っているということが前提の話なのであるが・・・。自主防災で用意するというのは、これに加えて、どういう絡みになるのか。
◎田村 危機管理部長 
 行政として必要最小限の136の小学校区等については空き教室、あるいは備蓄倉庫等でこれらの資機材を準備しているが、それぞれの地域の特性というのがあるので、ある自主防災会では、すべてのヘルメットであるとか、電気であるとか、こういった専門的な資機材を整備している。こういった資機材整備については、これからも私ども、働き掛けをしていきたいというように思っている。
◆渡辺 委員 
 ということは今、行政が対応している、六つか七つぐらい言われたが、実際の対応でこういうものをそろえてほしいとか、そういうような要望があれば、小学校区単位で、倉庫とか空き教室にそういう資材が備蓄されているので、その追加などを検討した上で、その充実とかは考えてもいいということか。
 それから、自主防災組織ということでの小学校区となるとエリア的に結構広い。それを、もう少し小さい単位でということは、飽くまで自主防災組織の方で検討していくという整理なのか。
◎田村 危機管理部長 
 渡辺委員の御質問は、いわゆる資機材の整備単位を小さくということであろうが、基本的には自主防災組織は2,700、広島市で約98%の組織率があるが、基本的な単位は、小さな自主防災会一つ一つが単位という形になる。しかし、非常に最近の災害は広域的な災害になっているので、活動としては小学校区単位、あるいは中学校区単位で大きく連動化していくということを今、広島市の目標としている。しかし、資機材については、連合体で整備される自主防災会もあるし、小さな自主防災会独自に資機材を整備しておられる団体もある。こういった資機材については、広島市としては、やっと阪神淡路大震災を教訓として、昨年度末くらいで、136全部に行き渡り、整備が完了したということであり、これからはもっと市民の方々に、それぞれの自治会ごとに、資機材を整備していただくように働き掛けていくということがこれからの大きな課題であろうというように思っている。
◆渡辺 委員 
 最後に今、行政がやるということと、自主防災組織の資機材の把握などということも併せて、市全体で一体的な把握を今後、望みたいと思う。
○倉本 委員長 
 そのほかに、御質疑等はないか。
   (「なし」の声あり)
 それでは、本件についてもこの程度にとどめる。
 以上で、予定していた案件はすべて終了した。
 なお、次回の委員会は、5月20日、金曜日、午前10時からを予定しているので、よろしくお願いする。
 それでは、これをもって総務委員会を閉会する。
                           閉会 13時40分