議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 美咲町

平成17年第 1回( 5月)臨時会 05月13日−02号




平成17年第 1回( 5月)臨時会 − 05月13日−02号







平成17年第 1回( 5月)臨時会



第 2 日

 (平成17年 5月13日)



(1)会議の開閉時刻

    開  議   午前10時00分

    解  散   午前11時30分



(2)出席・欠席・遅参または中途退場した議員の番号・氏名



議員番号 氏   名 出欠別議員番号 氏   名 出欠別
1岸本 清治出 席9草苅  修出 席
2安藤 暢昭〃10三船 勝之〃
3最上  忠〃11寒竹  壽〃
4池上 弘道〃12岡田  壽〃
5大神 弍之〃13山本 宏治〃
6貝阿彌幸善〃14小島 洋征〃
7松島  啓〃15日神山定茂〃
8下山 和由〃16定本 一友〃



(3)地方自治法第121条の規定により出席した者の氏名



  職  名   氏   名   職  名   氏   名 
町長奥村 忠夫産業課長梶尾 律夫
助役矢木 康敬建設課長石坂 吉政
助役福井  正地域づくり推進課長松島 寛治
総務課長松本 行正男女共同参画課長補佐宗近 敏子
企画情報課長兼光 和正中央総合支所長山本登志夫
税務課長形井  圓旭総合支所長島田 隆章
住民課長川島裕貴仁柵原総合支所長赤堀 良廣
保健福祉課長松岡はる恵教育長中力  昭
環境衛生課長山本 泰示教育総務課長竹嶋  実



(4)職務の為出席した職員の職・氏名

    事務局長   桑 元 芳 郎

    書  記   志 茂 美 香



(5)日  程


日 程議案番号件         名
第1議案第1号

議案第4号 議案の報告並びに上程
第2     提案者の説明
第3     議案に対する質疑
第4     討論
第5     表決
第6議案第5号

議案第7号 議案の報告並びに上程
第7     提案者の説明
第8     表決
第9議案第8号 議案の報告並びに上程
第10     提案者の説明
第11     表決
第12議案第9号

議案第16号 議案の報告並びに上程
第13     提案者の説明
第14     表決
第15議案第17号 議案の報告並びに上程
第16     提案者の説明
第17     表決
第18議案第18号 議案の報告並びに上程
第19     提案者の説明
第20     議案に対する質疑
第21     討論
第22     表決
      閉会








          平成17年第1回美咲町議会臨時会

             平成17年5月13日

             開 会 10時00分





○議長(定本一友君) それでは、休会前に引き続きまして、本日の会議を開きます。

 ただいまの出席議員数は16人全員であります。定足数に達しておりますので本会議を開きます。

 なお、執行部説明員の高森男女共同参画課長から、やむを得ぬ用務のため欠席する旨の通告がありました。宗近男女共同参画課長補佐が出席していおりますので、報告を申し上げます。



○議長(定本一友君) これより、日程に基づき議事を進めます。



○議長(定本一友君) 日程第1 議案の報告並びに上程

 お手元に配付しております提案書のとおり、本臨時会に町長より議案18件が送付されております。議案第1号から議案第4号について、職員に朗読させますから、お聞き取り願います。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(定本一友君) ただいま職員が朗読いたしました議案を、本会議に上程します。



○議長(定本一友君) 日程2 提案者の提案理由の説明

 議案第1号から議案第4号について、町長より提案理由の説明を求めます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) おはようございます。議員の皆さん方には、続けてのご出席、大変ありがとうございます。ご苦労さまでございます。

 それでは、ただいま議長のほうからご案内をいただきましたように、議案第4号までの説明をさせていただきたいと思いますが、今臨時会にご提案申し上げます議案は、専決処分の承認議案が1件、条例制定の議案が3件、人事に関する議案が13件、一部事務組合の規約等の改正議案が1件の、合計18件でございます。

 専決処分につきましては、大変たくさんのものを1件として取り扱わせていただいておりますことをご了承いただきたいと思います。なお、これらの議案は、3月22日、旭町、柵原町、中央町が合併いたしまして、ご案内のように美咲町が誕生いたしたわけでございますが、この新町発足に伴いまして、美咲町の条例や予算について専決処分、また新町における人事案件等、非常に重要であり、また急を要する議案でございますので、臨時会におきまして審議をいただきましてご議決いただくべく、ご提案さしていただいたものでございます。

 それでは、これから提案理由並びに議案内容につきましてご説明を申し上げますのでお聞き取りいただきたいと思います。

 まず、議案第1号専決処分の承認を求めることについてでありますが、本件は提案書の2ページから5ページに記載いたしておりますよう、専決第1号から専決第109号についての専決処分についての承認を求めるものでございます。

 専決第1号の、美咲町役場の位置を定める条例のほか224件の条例の制定についてでありますが、今年3月22日に3町の合併により美咲町が誕生いたしました。直ちに美咲町役場の位置を定める条例のほか224件の条例を整備いたしまして、専決処分を行ったものでございまして、お手元にお配りいたしております美咲町条例集に条例等を収めておりますが、いずれの条例も美咲町が発足するにあたりまして重要であり、なおかつまた必要なものであります。件数は225件と、大変膨大な量となっているために、詳細な説明につきましては省略させていただきたいと思いますので、ご了承いただくと同時に、また後ほどお目通しをいただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 次に、専決第2号から専決第28号につきましては、平成16年度美咲町一般会計予算と、平成16年度美咲町特別会計の26会計予算について、3月22日に専決処分を行ったものであります。この予算の内容につきましては、お手元にお配りしております平成16年度美咲町歳入歳出予算書に記載しております。

 これらの予算は、合併前の3町それぞれの平成16年度予算の末の執行分と、それからまた、合併に係る必要経費を加えたものでございまして、平成16年度の美咲町の当初予算として予算編成したものでございます。

 内容説明につきましては、一般会計と特別会計を合わせて27会計となる、膨大な量となっておりますために、誠に勝手なことではございますが、詳細な説明は省略させていただいて、ご理解をいただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 続きまして、専決第29号金融機関の指定についてでありますが、提案書の6ページをご覧いただきたいと思います。地方自治法第235条第2項及び同法の施行令第168条第2項の規定によりまして、美咲町の指定金融機関として、津山市横山108の津山農業協同組合を定め、公金の収納及び支払いの事務を取り扱わせるもので、平成17年3月22日に、これまた専決処分をさせていただいたものでございます。

 続きまして、専決第30号から専決第53号の合計24件につきましては、美咲町にかかわりのある一部事務組合が、市町村合併により組合等の規約や定款の変更を行うもので、平成17年3月22日にこれまた専決処分を行い、手続きを行ったものであります。改正内容につきましては、提案書の7ページから74ページに至るページ数で添付をいたしておりますので、ご覧いただきまして、これまた誠に勝手なことではございますが、詳細の説明につきましては省略し、ご承諾いただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 次に、専決第54号美咲町議会議員の選挙区の設置及び各選挙区において選挙すべき議員の定数に関する条例制定についてでありますが、本件は提案書の75ページに添付いたしておりますように、合併特例法に基づきまして、合併後最初に行われる選挙により選出される美咲町議会議員の選挙区につきまして、選挙区を設けて、それぞれに選挙すべき議員定数を定めたものでございます。

 既に選挙が実施されておりますが、旧中央町の選挙区は議員定数が6名、旧旭町の選挙区は議員定数が4名、そして旧柵原町の選挙区の議員定数におきましては6名というふうに定めたものでございまして、平成17年3月22日に専決処分をさしていただいております。

 この制度は、今回選出された議員の任期満了の日までといたしておりますので、次回の選挙に伴う選挙については、選挙区を美咲町全域として議員定数を16名と定めたものでございます。

 続きまして、専決第55号町税条例の一部を改正する条例についてでございますが、本件は提案書の76ページから80ページに至るまでのものでございまして、お手元に添付しておりますように、地方税法の一部を改正する法律が平成17年3月25日に公布されたことに伴いまして、町税条例の一部を改正するものでありまして、平成17年3月31日に専決処分をさしていただいたものでございます。

 この改正内容の主なものは、いままで個人住民税におきまして、障害者、未成年者、そして年齢65歳以上のもの、また寡婦で125万以下の所得者については、非課税となっておりましたが、この非課税規定から年齢65歳以上のものが削除されることとなったものでございます。

 続きまして、専決第56号から専決第81号につきましては、平成16年度美咲町一般会計補正予算と平成16年度美咲町特別会計の25会計を補正予算をさしていただいたものでございまして、平成17年3月31日に専決処分を行ったものでございます。

 この予算の内容は、お手元にお配りしております平成16年度美咲町歳入歳出補正予算書に記載しておりますので、これらの補正予算は、年度末において執行見込みを再検討いたしまして、不用額について減額補正を行い、また合併に伴う経費等で追加の必要なものについては追加補正を行ったものであります。

 それぞれの費目におきまして事業費等が決定し、決算見込みにより予算の補正をさしていただいたものでございます。

 また、平成16年度において事業が完了できないものについては、平成17年度への明許繰越をしております。これらの内容は、お手元にただいまお配りしておりますところの、平成16年度美咲町歳入歳出の補正予算書に記載しておりますので、後ほどこれまたお目通しいただきまして、よろしくご理解をいただきたいと思います。

 続きまして、専決第82号から専決第109号につきましては、平成17年度美咲町一般会計暫定予算と、平成17年度美咲町特別会計の27会計の暫定予算につきまして、平成17年4月1日に専決処分をさしていただいておるものでございます。この予算の内容も、お手元にただいまお配りさしていただいております平成17年度美咲町歳入歳出の暫定予算書に記載しておるとおりでございます。これらの暫定予算は、3町の対等合併によりまして美咲町が誕生いたしましたが、合併と同時に町長以下執行部特別職は失職いたしております。また、ご案内のように議会議員の皆さん方も失職なさっておりまして、新たに美咲町の町長および議会議員の選挙によりまして選出されることになっているために、平成17年度の当初予算につきましては、4月から6月までの3カ月間の必要経費を暫定で予算計上さしていただいて、この予算を編成さしていただいておるものでございます。これらの内容は、これまたお手元にお配りしております、平成17年度美咲町歳入歳出暫定予算書に記載をしております。誠に勝手なことでございますが、これまた十分お目通しいただきまして、後ほどご覧いただきまして、不明な点につきましてはご質問等いただくならば説明を申し上げていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 以上が、専決処分の承認を求める109件の内容でございます。

 提案理由といたしましては、いずれも合併によりまして、やむなくこうしたものが発生し、なおかつ、先ほどから申し上げておりますように、議会議員、執行権者が不在というふうなこともございまして、緊急を要する執行を必要としたものにつきまして、議会を召集することもできませんし、また執行部もいないというふうなことで、やむなくこうした専決処分という手法を取らしていただいたということをご理解いただきたいと思います。

 続きまして、議案第2号でございますが、美咲町収入役を置かない条例の制定についてでありますが、本件は提案書の81ページに掲載いたしておりますが、美咲町の執行体制を助役2人制といたしまして、地方自治法第168条第2項の規定に基づきまして、収入役の事務を助役が兼掌するということになるために、収入役を置かない条例を定めるものでございます。

 続きまして、議案第3号政治倫理の確立のための美咲町長の資産等の公開に関する条例の制定でありますが、本件は提案書の82ページから85ページに掲載をさしていただいておりますが、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開に関する法律第7条の規定に基づきまして、美咲町長の資産等の公開に関して必要な事項を定めるために、条例の制定を行うものでございます。

 続きまして、議案第4号美咲町助役の定数を定める条例の制定についてでありますが、本件は提案書の86ページに掲載しておりますように、美咲町の助役の定数を地方自治法第161条第3項の規定によりまして、2人と定めるものでございます。

 以上、議案第1号から議案第4号までの提案理由と議案内容の説明を、いたって雑ぱくな説明ではございますが、説明をさしていただきまして、議案説明に代えさしていただき、なお皆さん方のご理解をいただきまして、スムースなご議決をいただきますよう、よろしくお願い申し上げまして、説明に代えさしていただきたいと思います。

 ありがとうございました。



○議長(定本一友君) 議案第1号から議案第4号までの提案理由の説明は、以上のとおりでございます。



○議長(定本一友君) 日程第3 議案に対する質疑

 これより、議案第1号から議案第4号に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。



◆2番(安藤暢昭君) 議長。



○議長(定本一友君) はい。2番安藤君。



◆2番(安藤暢昭君) それでは、質問をしてみたいと思います。

 まず、第一にいまの1号議案の専決処分全体についてなんですが、私がこの議案を受け取ったのは10日の昼前です。12日から会議が始まるわけですが、いまさっき町長がおっしゃったように、十分お目通しをというふうなことだったんですが、実はあまりにも議案の、数は相当あるじゃろうということは予想しておったんですが、提げても重たいくらいな中身なので、実のところ十分お目通しをする間がありませんでした。

 3日前に告示をされてるわけですから、法的には問題ないわけですが、こういう、私も30年間議員をやっておりますが、これほど多くの議案をいっぺんにいただいたことはありません。

 ですから、少なくとも最低、専決処分であっても、やはり中身については、私たち議員として十分目を通す必要があるわけですから、そういう点で少なくとも5日程度は最低、余裕のあるようなかたちで議案の送付をしていただいたほうがよかったというふうに思うんですが、その点どのように考えていらっしゃるか、という点が1点です。

 それからもう1点は、専決第82号の平成17年度一般会計の暫定予算の中身なんですが、これざっと目を通したんですが、確かに4月から6月までのいわゆる最低必要限の経費を計上されておるように拝見しました。ただ、そのなかで2件ほど、ちょっと政策的な予算というんですか、があってそれが十分理解できないのでお聞きしたいと思うんです。

 暫定予算の60ページの教育費、小学校費、学校建設費、工事請負費4億9,770万という大きな額があがっとるわけなんですが、これ、多分旧中央町の統合小学校の建設に関係するもんだと思うんですが、ただこの数字だけを見るとね、どういうものが暫定のなかに組み込むほどの急なことなのかというようなことが理解できません。ですから、やはりここへこういう数字が載っている以上、私たちとしては学校建設がだいたいこういう規模でこういう予算で、とりあえずこの暫定で6月までにこれだけ必要なんだという辺のところを説明していかだかないと理解できんと思うんです。

 それからもう1点は、69ページの教育費、体育施設運営費の一番終わりのほうに、運動公園整備費3,973万6,000円という、工事請負費が3,345万円ですか。これも相当大きな数字になっとんですが、暫定予算にあえて組み込まなければいけないような、どういう理由があるのかという点。

 この2点については、ひとつ具体的にお教え願いたいと、以上です。



○議長(定本一友君) それでは答弁者。

 暫時休憩といたします。

                           (時に10時21分)

            [休  憩]



○議長(定本一友君) それでは休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                           (時に10時22分)



◎町長(奥村忠夫君) 議長、すみません。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) 2番安藤議員の議案に対する質問にお答えさしていただきたいと思います。

 3つあったかと思いますが、まず、第1番目の質問で、議案等の配布が遅いじゃないかということでございますが、これはもうご指摘のとおりでございまして、安藤議員、長い議員生活のなかでこういうようなことは経験がないということでございますが、私も長い行政経験のなかで、合併は初めていま経験いたしました。そうした関係で、やむなくこうしかことが発生したんだろうというふうに思っておりますので、その点につきましては数多い条例、ほとんどの条例がいままでの条例をそのまま町名を入れ替えるというふうな作業が必要になってまいりました。そのためにこうしたことになったというふうなことでございます。

 今後の定例会等の議案につきましては、ご指摘いただいたように、早い機会にお手元にお配りさしていただくということで、今回の不手際につきましては、ひとつ、そうした状況があったということでご理解いただきたいというふうに思いますし、また遅れたことにつきましては、お詫びを申し上げさしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして第2番目の工事請負費の部分での、一般会計の平成17年の美咲町歳入歳出暫定予算書のなかの、60ページの工事請負の学校建設の4億9,781万1,000円というものでございますが、これにつきましては、実はこれが継続事業になっております。16年と17年の2カ年事業ということになっておりまして、この総請負金額が入札が終わっておりますのが8億2,950万という金額が入札で落札しております契約金額になっております。そのなかの平成16年度が40%、平成17年度が60%というふうな事業配分に、予算配分になっております。内訳的には平成16年の40%が3億3,180万円。それから平成17年の60%が4億9,770万円というふうなものでございます。そうしたことで、もう十分ご承知であろうと思いますが、継続事業の場合、事業が切れませんので、そのまま続けていくということでございますので、当然16年度に17年度の事業を続けていくということでございますので、債務負担行為を行っております。債務負担行為を。そうしたことで8億2,950万円の総事業費でございますが、そのなかの16年度が3億、あとの4億9,000万につきましては当然そのまま続けていきますので、債務負担を行っております。債務負担は、もうご承知と思いますが、債務負担を行う場合には法に定める、地方自治法のなかにもございますように、債務負担行為が認められるものにつきましては、契約の締結をしとるもんとか、これから長いじょうの利子補給とかいうふうなものがございますが、そのなかで財源見通しがなかったらできないということでございますので、次の財源を当然あげておかないと予算を計上しないと債務負担が成立しないということがございますので、平成17年度に続けて事業をするということで債務負担をしとりますので、当初の暫定予算のなかにもこのものを繰り入れていくということにしないと債務負担行為が許されないということでございますので、暫定ではございますがこのものを当初にあげさせていただいとるということで、17年度の予算の当初にあげさせていただいとります。

 また後ほどお目通しいただいてもよろしいし、資料をこちらから出させていただきますが、当然、歳入歳出の予算の計上されるときにはそうしたものの予算を計上しておかなければ債務負担行為ができないというふうなことがございますので、そうしたことでここにあげさしていただいとるというふうにご理解いただきたいと思います。

 それから次が、ページ69の運動公園の整備費の3,973万6,000円ですが、これは国体に伴うもので整備が必要ということで、ここで暫定であげさしてもらっとります。詳細につきましては、総務課長のほうから説明をさせますのでお聞き取りいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(定本一友君) 答弁者、総務課長。



◎総務課長(松本行正君) ただいま、2番安藤議員さんのほうから議案質問のございました、暫定予算のなかの款の教育費、項の保健体育費、目が2番の体育施設運営費になろうかと思いますが、このなかの節で15番の工事請負費に3,345万円の予算計上がということで、これの内容についてのご質問であったかというように思います。

 先ほど、この内容につきましては町長が一部触れられましたが、これは旧中央町が平成17年度におきまして国体開催の少年男子のソフトボール競技を会場として受け入れをするということで、数年前から国体の受け入れということで、運動公園の整備等を進めておるものでありますけれども、このなかで整備が17年度に最終で繰り越しております内容が最後の整備ということで残っておりますが、ちょうど暫定予算の期間ということで、これは6月の予算編成ということも協議をいたしましたが、国体の開催と合わせて町内の各支所の団体のかたも巻き込んでの国体の受け入れというようなことで準備を進めておる状況もございまして、工事等の発注も遅れてそれらの大会の運営に支障が出てもいけないということで、今回の暫定予算のなかには、この受け入れに伴う工事請負費ということで、運動公園の整備費を入れております。

 ここで、この工事の内容でございますけども、何件か工事の内容がございますが、ちょっとここではどういった内容でいくらということの明細が即答できませんので、その内容につきましては後ほどお答えをさせていただきたいと思いますけども、概要につきましては以上のような内容でございますので、ご理解をいただきたいというように思います。

 以上でございます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) 申し訳ございません。2番安藤議員の質問の内容で、もう少し補足さしていただきたいと思いますので。メモを取っていただくなら、よろしくお願いいたします。

 この事業の学校の分でございますが、今回入札が終わっておりますのが、新しい小学校の建設費でございますが、まず校舎と屋内体操場と便所というふうなことで、2口の入札を終えております。校舎につきましては、設計額は6億9,200万円。それに税金が3,460万円の税金が上乗せになりまして、7億2,660万円、これが設計額でございます。先ほど申し上げました金額は、入札をいたしまして落札しとる契約金額でございまして、それが校舎が6億9,200万円の設計に対しまして、落札価格は5億8,800万円。従いましてそれに税金が2,940万円で、合わせて6億1,740万円になっております。ちなみに設計額に対する落札額の比率ですが、84.97%ということでございます。

 それからもう1つ、屋体とそれから屋外にしておりますトイレを付けるようにしております。それの工事費が、設計額が2億3,880万円。それから税金が1,194万円。合わせまして2億5,074万円ということでございます。これが設計額でございます。入札で落札価格が契約額が2億2,000万円。それに対する税金が1,010万円。合わせまして金額が2億1,210万円。これまた設計額に対する落札価格が84.5%ということでございます。

 落札者は奥村組の岡山営業所でございます。そうしたことで、2件の契約がなされまして、いま建設中でございまして、16年から17年へと続けて建設しとるということでございますので、補足させていただきましてご理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(定本一友君) 2番安藤議員さん、再質問がありましたらお願いします。

 よろしいですか。はい。

 それでは、ほかに質疑はありませんか。



◎総務課長(松本行正君) 議長、すみません。

 先ほどの金額がでましたので、よろしいでしょうか。



○議長(定本一友君) はい。



◎総務課長(松本行正君) 失礼いたします。

 先ほど、工事請負費の内訳ということで、後ほどお知らせをさしていただくように申し上げましたが、内容がわかりましたのでお伝えをさしていただきたいというように思います。

 中央町の運動公園のなかでの、会場の整備ということでありますが、野球場と多目的広場の2会場が試合会場ということで設定をさしていただいております。

 そのうち野球場のなかの、17年度で、内野部分の黒土の補修工事ということで、これを435万円の予定で工事請負費を計上いたしております。

 それからそれぞれ選手それから関係者、それから一般の参加者、観戦者、そういった方々の駐車場ということで整備を考えておりますけれども、これは駐車場を3カ所予定をしております。それぞれ駐車場を第1駐車場、第2駐車場、第3駐車場ということで、それぞれ整備をする予定にいたしておりますけども、それぞれで申し上げますと、870万円と810万円、それから1,230万円ということで、合計4カ所の工事請負を予定をさしていただいております。

 そういったもので、今回暫定予算のなかに計上さしていただいておりますので、お知らせをさしていただきます。

 以上です。



○議長(定本一友君) ほかに質疑はございませんか。

 ありませんか。

            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(定本一友君) それでは、これで質疑を終了いたします。

 お諮りをいたします。ただいま議題となっています、議案第1号から議案第4号までの議案4件につきましては、委員会付託を省略したいと思います。

 これに、ご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(定本一友君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第1号から議案第4号までの議案4件につきましては、委員会付託は省略することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 日程第4 討論

 これより、討論を行います。

 順次、発言を願います。

 討論は、ございませんか。

            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(定本一友君) 討論なしと認めます。

 それでは、以上で討論を終わります。



○議長(定本一友君) 日程第5 表決

 これより、採決をいたします。

 議案第1号を、挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり承認することに賛成のかたは、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は承認することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第2号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり決することに賛成の皆さんは、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



○議長(定本一友君) 続きまして、議案第3号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり決することに賛成の諸君は、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第4号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり決することに賛成の方の、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ここで、暫時休憩といたします。

                           (時に10時36分)

            [休  憩]



○議長(定本一友君) それでは休憩前に引き続きまして、これより会議を再開いたします。

                           (時に11時00分)



○議長(定本一友君) 日程第6 議案の報告並びに上程

 続きまして、議案第5号から議案第7号について、職員に朗読させます。お聞き取りをお願いいたします。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(定本一友君) ただいま職員が朗読しました議案を、本会議に上程をいたします。



○議長(定本一友君) 日程7 提案者の説明

 議案第5号から議案第7号について、町長より提案理由の説明を求めます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) それでは、議案第5号から7号に至る3議案につきまして、議案の内容につきましてご説明をさしていただきますので、お聞き取りいただきたいと思います。

 まず議案第5号でございますが、助役の選任についてであります。本件は市町村合併によりまして美咲町が誕生いたしまして、執行部の新体制を整えるために助役の選任をするものでございますが、その該当者の住所でございますが、美咲町西垪和678番地、生年月日が昭和18年10月18日生まれ、氏名が矢木康敬氏でございます。美咲町助役としてお願いするものでございまして、地方自治法第162条の規定によりまして、議会の同意を求めるものでございます。なおまた、本人の履歴につきましては、履歴書を次のページに添付しておりますので、後ほどご覧いただいてお目通しいただきたいと思います。

 続きまして議案第6号、これまた助役の選任についてでありますが、本件も前議案と同じように市町村合併によりまして美咲町が誕生いたしましたために、執行部の新体制を整えるものでございまして、その者の住所でございますが、美咲町宮山474番地、生年月日が昭和22年8月1日生まれでございまして、その氏名が福井正氏でございます。美咲町助役としてお願いするものでございまして、これまた地方自治法第162条の規定によりまして、議会の皆さん方の同意を求めるものでございます。本人の履歴につきましては、次のページに履歴書を添付しておりますので、これもお目通しいただきたいと思います。

 続きまして議案第7号、監査委員の選任についてでありますが、本件は市町村合併によりまして美咲町が誕生いたしたわけでございますが、新たに監査委員の選任が必要となったものでございます。その人でございますが、住所が美咲町打穴里1750番地で、生年月日が昭和14年10月17日生まれで、氏名が岡本英二氏でございます。岡本氏につきましては、ご案内のように、旧中央町におきまして、職員から収入役、助役を歴任しておるものでございます。いずれにいたしましても、この監査委員につきましては、見識を有するものから選任するということでございまして、美咲町監査委員としてお願いするものでございます。地方自治法第196条第1項の規定によりまして、これまた議会の同意を求めるものでございます。本人の履歴につきましては、次のページに同じように添付いたしておりますので、ご覧いただいてよろしくお取り計らいをお願いするものでございます。

 以上、3議案につきまして、いたって簡単でございますが、提案理由の説明並びに議案内容の説明に代えさしていただきたいと思います。

 よろしくお願いいたします。



○議長(定本一友君) 議案第5号から議案第7号までの提案理由の説明は、以上お聞きのとおりでございます。

 議案第5号から議案第7号までの議案3件については、質疑・討論を省略いたします。



○議長(定本一友君) 日程第8 表決

 これより、採決を行います。

 議案第5号を、起立により採決します。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成の方の、起立を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第6号を起立により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、起立を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第7号を起立により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、起立を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 日程第9 議案の報告並びに上程

 続きまして、議案第8号を、職員に朗読させますから、お聞き取りを願います。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(定本一友君) ただいま職員が朗読いたしました議案を、本会議に上程をいたします。

 本件につきましては、安藤暢昭君は一身上の事件に該当いたしますので、地方自治法第117条の規定により退場を求めます。

            〔安藤暢昭君退場〕



○議長(定本一友君) 日程第10 提案者の説明

 議案第8号について、町長より提案理由の説明を求めます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) 議案第8号につきまして、議案内容の説明を申し述べさしていただきたいと思いますので、お聞き取りいただきたいと思います。

 議案第8号監査委員の選任についてでありますが、本件も市町村合併によりまして美咲町が誕生いたしておりまして、新たな監査委員の選任を求めるものでございます。その者の住所でございますが、美咲町百々162番地、生年月日が昭和9年2月14日生まれ、氏名が安藤暢昭氏でございます。議員のうちから選任する美咲町の監査委員としてお願いいたすものでございまして、地方自治法第196条第1項の規定によりまして、これまた議会の皆さん方の同意を求めるものでございます。詳しく履歴につきましては次のページに添付いたしておりますので、ご覧いただきたいと思います。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(定本一友君) 議案第8号の提案理由の説明は、以上お聞きのとおりであります。

 本案については、質疑、討論を省略いたします。



○議長(定本一友君) 日程第11 表決

 これより、採決をいたします。

 議案第8号を、起立により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、起立を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 安藤暢昭君の入場を求めます。

            〔安藤暢昭君入場〕



○議長(定本一友君) 全員賛成により同意されたことを安藤氏にご報告いたします。



○議長(定本一友君) 日程第12 議案の報告並びに上程

 続きまして、議案第9号から議案第16号について、職員に朗読させますから、お聞き取りを願います。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(定本一友君) ただいま職員が朗読いたしました議案を、本会議に上程をいたします。



○議長(定本一友君) 日程第13 提案者の説明

 議案第9号から議案第16号について、町長より提案理由の説明を求めます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) それでは、議案第9号から16号に至るまでの議案の提案理由の説明並びに議案の内容をご説明さしていただきたいと思いますので、お聞き取りいただくようよろしくお願いいたします。

 まず、議案第9号教育委員会委員の任命についてでありますが、本件は市町村合併によりまして美咲町が誕生いたしております。新たに教育委員会委員の選任が必要となっているところでございます。その人でございますが、その者でございますが、住所が美咲町西幸1774番地の、生年月日が昭和30年5月18日生まれ、氏名が杉山倫子氏でございます。美咲町教育委員会委員としてお願いするものでございまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、議会のご同意を求めるものでございます。

 続きまして議案第10号、これまた教育委員会委員の任命についてでございますが、本件も先ほどと同じような理由でございまして、その人でございますが、住所、久米南町宮地501の2、生年月日が昭和12年12月12日生まれ、氏名が中力昭氏でございます。美咲町教育委員といてお願いするものでございまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、これまた議会の同意を求めるものでございます。

 議案第11号教育委員会委員の任命についてでございますが、本件も先ほどと同じような理由でご提案さしていただいております。住所につきましては、美咲町南575番地、生年月日が昭和16年5月12日生まれで、氏名が西村昌計氏でございます。これまた美咲町の教育委員会の委員をお願いするものでございまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、議会の皆さん方のご同意をいただくものでございます。

 続きまして議案第12号教育委員会委員の任命についてでありますが、本件も先ほどと同じような理由によりましてお願いするものでございまして、その人の住所、美咲町飯岡418番地、生年月日が昭和13年11月12日生まれ、その氏名でございますが、角南勝弘氏でございます。これまた美咲町の教育委員会の委員としてお願いするものでございまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、議会のご同意を求めるものでございます。

 続きまして議案第13号教育委員会委員の任命についてでありますが、本件も先ほどと同じような理由で提案さしていただいておりまして、その人の住所でございますが、美咲町百々788番地、生年月日が昭和11年7月30日生まれ、その氏名が中村みき江氏でございます。これも美咲町教育委員会の委員としてお願いするものでございまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、議会のご同意を求めるものでございます。

 教育委員会の委員の本人の履歴につきましても、これまた次のページにそれぞれ履歴を付けておりますので、お目通しいただきたいと思います。

 続きまして議案第14号固定資産評価審査委員会の委員の選任についてありますが、本件は市町村合併によりまして美咲町が新しく誕生いたしております。そのために新たな固定資産評価審査委員会の委員の選任が必要となっております。その人の住所でございますが、美咲町打穴西28番地、生年月日が昭和14年2月10日生まれで、氏名が本田治實氏でございます。固定資産評価審査委員会の委員としてお願いするものでありまして、地方税法第423条第3項の規定によりまして議会のご同意を求めるものでございます。本人の履歴につきましては、これまた議案の次のページに添付しておりますので、後ほどお目通しいただきたいと思います。

 続きまして議案第15号、これまた固定資産評価審査委員会の委員の選任をするものでございますが、本件も先ほどと同じように市町村合併によりまして必要になってきたわけでございまして、その人の住所でございますが、美咲町東垪和535番地、その生年月日昭和14年11月25日生まれ、氏名が福本康尚氏でございます。固定資産評価審査委員会の委員としてお願いするものでございまして、地方税法第423条第3項の規定によりまして、議会のご同意をいただくものでございます。本人の履歴につきましては、これまた後段のほうに履歴書を付けておりますので、後ほどご覧いただきたいと思います。

 続きまして議案第16号固定資産評価審査委員会の委員の選任についてでありますが、これも先ほどと同じように市町村合併によりまして発生したものでございまして、このたびご提案さしていただいておりますものでございます。その人の住所でございますが、美咲町小瀬164番地、その生年月日が昭和12年8月12日生まれ、氏名が重歳剛氏でございます。固定資産評価審査委員会の委員としてお願いするものでごさいまして、地方税法第423条第3項の規定によりまして、議会のご同意をいただくものでございます。本人の履歴につきましては、履歴書を後ろに付けておりますので、ご覧いただきまして、よろしくお願いいたします。

 以上、議案第9号から議案第16号までの提案理由並びにその議案の内容につきましてご説明申し上げましたので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(定本一友君) 議案第9号から議案第16号までの提案理由の説明は、以上お聞きのとおりでありす。

 議案第9号から議案第16号までの議案8件については、質疑、討論を省略いたします。



○議長(定本一友君) 日程第14 表決

 これより、採決を行います。

 議案第9号を、挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第10号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第11号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第12号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成でございます。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第13号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第14号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第15号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 次に、議案第16号を挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 続きまして、日程第15 議案の報告並びに上程

 続きまして、議案第17号を、職員に朗読させますから、お聞き取りを願います。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(定本一友君) ただいま職員が朗読いたしました議案を、本会議に上程をいたします。

 本件につきましては、形井税務課長は一身上の事件に該当いたしますので、地方自治法第117条の規定により退場を求めます。

            〔形井税務課長退場〕



○議長(定本一友君) 日程第16 提案者の提案理由の説明

 議案第17号について、町長より提案理由の説明を求めます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) 議案第17号につきまして、提案理由の説明並びに議案内容の説明をさしていただきたいと思います。

 議案第17号固定資産評価員の選任についてでありますが、本件は市町村合併によりまして美咲町が誕生いたしました。新たに固定資産評価員の選任が必要となってまいりましたために、そのものをお願いするとこでございますが、その人の住所でございますが、美咲町西幸1578番地2、生年月日昭和24年4月9日生まれ、氏名形井圓氏でございます。固定資産評価員として選任するものでございまして、地方税法第404条第2項の規定によりまして、議会のご同意を求めるものでございます。本人の履歴につきましては、これまた後ろのページにつけておりますので、お目通しいただきたいと思います。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(定本一友君) 議案第17号の提案理由の説明につきましては、以上お聞きのとおりであります。

 本案につきましては、質疑、討論を省略いたします。



○議長(定本一友君) 日程第17 表決

 これより、採決をいたします。

 議案第17号を、挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり同意することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 全員賛成であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 形井税務課長の入場を求めます。

            〔形井税務課長入場〕



○議長(定本一友君) 形井課長に報告をいたします。全員の同意が得られましたことをご報告を申し上げます。



○議長(定本一友君) 日程第18 議案の報告並びに上程

 議案第18号を、職員に朗読させますから、お聞き取り願います。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(定本一友君) ただいま職員が朗読いたしました議案を、本会議に上程をいたします。



○議長(定本一友君) 日程第19 提案者の提案理由の説明

 議案第18号について、町長より提案理由の説明を求めます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) 議案第18号につきまして、提案理由の説明並びに議案の内容のご説明を申し上げさしていただきます。

 議案第18号津山地区農業共済事務組合規約の変更についてでありますが、本件は、津山地区農業共済事務組合の事務所を移転するものでございまして、平成17年8月29日から、津山市新野東567番地に移転をするものでございますが、これは旧勝北町役場の一部を使用して業務を行うためのものでございます。地方自治法第286条第2項の規定によりまして、津山地区農業共済事務組合の規約の一部を改正するものでございまして、皆さん方のご同意をよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(定本一友君) 議案第18号の提案理由の説明は、以上お聞きのとおりです。



○議長(定本一友君) 日程第20 議案に対する質疑

 これより、議案第18号に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(定本一友君) 質疑なしです。これで質疑を終わりにいたします。

 ただいま議題となっております、議案第18号については、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(定本一友君) 異議なしと認めます。

 したがいまして、議案第18号につきましては、委員会付託は省略することと決定をいたしました。



○議長(定本一友君) 日程第21 討論

 これより討論を行います。

 討論はございませんか。

            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(定本一友君) 討論もなしと認めます。



○議長(定本一友君) 日程第22 表決

 これより採決を行います。

 議案第18号を、挙手により採決をいたします。

 本案を、原案のとおり決することに賛成のかたの、挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(定本一友君) 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決することと決定をいたしました。

 以上で、議会の役員構成並びに提出議案は全部修了いたしました。

 ここで、町長さんよりのごあいさつがございます。



◎町長(奥村忠夫君) 議長。



○議長(定本一友君) 町長。



◎町長(奥村忠夫君) 美咲町第1回臨時会の閉会にあたりまして、議員の皆さん方にひと言お礼のごあいさつを申し上げさしていただきたいと思います。

 今臨時会は、新しい美咲町にとりまして大変大切な議会でございました。

 2日間でございますが、議会の人事構成、そして先ほどは新しい執行部体制の人事案件につきましてご同意をいただき、また、本臨時会にご提案申し上げました専決承認議案1件、条例制定議案3件、人事案件13件、そして一部事務組合の改正議案が1件ということで、合計18議案を本日ご提案さしていただいたわけでございますが、いずれも新しい美咲町出発のためのそれぞれの条例であり、それぞれの議案でございました。そうした大切な議案をスムースにご議決いただき、そして全員のご同意をいただきまして、新しく出発できることに対しまして、本当に心から感謝申し上げております。ありがとうございました。

 いよいよ、こうした体制が整いまして、新しい美咲丸出航をいたしたわけでございますが、これからが本当にいろいろな意味で大切な時期になろうかと思います。

 皆さん方も十分ご案内のように、旧3地区の皆さん方が、50年間それぞれ皆さん方ががんばって作って培ってこられました歴史、文化、そうしたものを大切にしながら、新しい美咲町を作っていかねばならない、その任が私たちにはあるわけでございます。

 これから先、対話を大切にしながら、そして融和のなかで、本当に合併してよかったと、本当にこれが合併効果だというふうなものを、より鮮明にお示しできるよう、そして早い時期に町民の皆さん方にそれがお示しできるよう、そうしたものを努力してまいらねばならないというふうに思っておるとこでございます。

 これから6月定例会に向けて、新しい17年度の予算組みもいたすとこでございますが、そうしたなかでも、先ほど申し上げましたような、それぞれの地域の地域性を大切にしながら、住民の皆さん方の付託に応えられるような予算の編成もしてまいりたいというふうに思っております。しかしながら、何と言いましても、限られた財政でございます。非常に厳しい財政状況でございます。

 いまさら私が申し上げるまでもなく、この合併の大きな目的は、この財政の健全化、そして合併してより住民の皆さんにたくさんの福祉の提供ができる、そうしたものに取り組んでまいらなければならない使命があるわけでございまして、そうしたものを十分考慮しながらしっかりがんばってまいりたいと思います。

 いずれにいたしましても、これから議員の皆さん方とともに歩む4年間、しっかり対話をしながらまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 2日間にわたる臨時会、本当にお疲れでございました。

 ありがとうございました。



○議長(定本一友君) 以上をもちまして、平成17年第1回美咲町議会臨時会を閉会といたします。

 ご苦労さまでございました。

                           (時に11時30分)







 右会議録の次第は書記の記載したものであるが、その内容の適正であることを証するため、ここに証明する。

  平成   年   月   日







            美咲町議会議長





            美咲町議会議員





            美咲町議会議員