議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 美咲町

平成29年第 8回(12月)臨時会 12月21日−01号




平成29年第 8回(12月)臨時会 − 12月21日−01号







平成29年第 8回(12月)臨時会



第 1 日

 (平成29年12月21日)



(1)会議の開閉時刻

   開   議  午後 3時 00分

   解   散  午後  時   分



(2)出席・欠席・遅参または中途退場した議員の番号・氏名


議員番号氏   名出欠別議員番号氏   名出欠別
1山田雄二出席8松田英二出席
2藤井智江〃9金谷高子〃
3松島幸一〃10江原耕司〃
4形井 圓〃11岩野正則〃
5延原正憲〃12山本宏治〃
6左居喜次〃13松島 啓〃
7林田 実〃14貝阿彌幸善〃


(3)地方自治法第121条の規定により出席した者の氏名


職  名氏   名職  名氏   名
町長定本一友産業建設観光課長國宗 順
副町長岡部初江会計課長浦上 彰
総務課長桑元英昭旭総合支所長矢木史朗
まちづくり課長畑尾周一柵原総合支所長木谷正弘
情報交通課長光嶋寛昌旭総合支所
産業建設課長山本 資
税務課長遠藤 透柵原総合支所
産業建設課長前田有輝
住民課長山下一巳福祉事務所長稲谷雄治
こども課長代理結石貴志教育長柴原靖彦
健康福祉課長鈴鹿 滋教育総務課長石戸光也
上下水道課長牧野英一生涯学習課長立石克之


(4)職務の為出席した職員の職・氏名

    事務局長  神 坂 健 治

    書  記  高 山 尚 子

          杉 山 慶 介



(5)日   程


日 程議案番号件         名
   開   会
1  会議録署名議員の指名
2  会期決定の件
3議案第176号
議案第177号議案の報告並びに上程
4  提案者の説明
5  議案対する質疑
6  討論
7  表決






              平成29年第8回美咲町議会臨時会

                 平成29年12月21日

                 開会 午後3時00分





○議長(貝阿彌幸善君) 皆さん、改めてこんにちは。臨時会の開会にあたり一言ご挨拶申し上げます。

 議員各位には、公私ご多忙のところ出席を賜り厚くお礼申し上げます。

 平成29年も余すところ10日間となり、気忙しくされておられることと思います。12月定例会におきまして否決されました補正予算が修正され、災害関連の予算案が提案をされましたが、急遽の臨時会の開催となりましたので、ご理解のほどお願いを申し上げます。

 それではただいまから、平成29年第8回美咲町議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は、14人です。定足数に達していますので、本日の会議を開きます。

 本日の日程を報告します。

 第1に 会議録署名議員の指名

 第2に 会期決定の件

 第3に 議案の報告並びに上程

 第4に 提案者の説明

 第5に 議案に対する質疑

 第6に 討論

 第7に 表決

 以上のとおり定めますので、ご了承を願います。



○議長(貝阿彌幸善君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、11番岩野議員、12番山本議員を指名いたします。



○議長(貝阿彌幸善君) 日程第2 会期決定の件を議題といたします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期につきましては、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。

 したがって、本臨時会の会期は、本日1日間と決定いたしました。



○議長(貝阿彌幸善君) 次に、説明員として出席通知のありました者の職、氏名の写しをお手元に配布しておきましたからご了承を願います。なお、執行部説明員の牧野こども課長より公務のため欠席する旨の通告があり、結石課長代理が出席しております。また、柵原総合支所前田産業建設課長より公務のため欠席する旨の通告がありましたので報告します。



○議長(貝阿彌幸善君) 日程第3 議案の報告並びに上程

 お手元に配付しております提案書のとおり、本臨時会に町長から議案2件が送付されております。

 職員に朗読させますので、お聞き取り願います。

 議会事務局長。

            〔議会事務局職員 朗読〕



○議長(貝阿彌幸善君) ただいま職員が朗読しました議案を、本会議に上程します。



○議長(貝阿彌幸善君) 日程第4 提案者の説明

 町長に議案第176号、177号について提案理由の説明を求めます。



◎町長(定本一友君) 議長。



○議長(貝阿彌幸善君) 町長。



◎町長(定本一友君) 失礼いたします。年内も余すところ10日を切り、何かとお忙しい中、このように臨時議会にお集まりいただきまして、大変ありがとうございます。まずは先の12月定例議会におきましては新聞報道のとおりでありまして、混乱を招いたことに対しまして、議会ならびに町民の方々に深くお詫びを申し上げるしだいでございます。すみませんでした。

 定例議会終了後、公民連携事業説明会を3地区でいま開かせていただいておりますけれども、たくさんのご意見等をいただいておるところでございます。今後も住民の皆様方に、あらゆる機会を利用いたしましての説明を続けて参りたいと考えておるところでございます。そして町民皆様の望むものを、そして美咲町として必要とされるものを早急に定め、広く施設として取り組みたいと考えているところでございます。その節には改めて、議会の方へご相談をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 さて、本日上程いたします議案でありますけれども、22日に取り下げいたしました条例1件と、否決を受けました一般会計補正予算(第6号)であります。補正予算におきましては、黄福創生拠点整備事業420万4千円の全てを削除しての上程でありますので、改めて審議のほどをお願いいたします。詳細につきましては、総務課長より説明をさせていただきますので、お聞き取りのほどをよろしくお願いいたします。以上でございます。



○議長(貝阿彌幸善君) 桑元総務課長



◎総務課長(桑元英昭君) 失礼いたします。それでは今臨時会に提案させていただきます議案の内容をご報告させていただきますので、お聞き取りをお願いいたします。なお、12月14日ならびに15日の時点で町長がご説明したものと重複いたします部分がありますが、ご容赦いただき、お聞き取りをお願いしたいと思います。

 まず、議案第176号美咲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例でございます。これは、一般職の職員給与に関する法律の一部を改正する法律の成立に伴い、職員給与を国の人事院勧告に基づく改訂を行うものでございます。内容としましては、俸給表の若年層への配慮と、勤勉手当を0.1か月分加えるものであります。実施時期につきましては、平成29年4月1日に遡り実施した後、年が明けた30年4月1日に更なる改訂を加えて支給割合を構成するというような内容になっております。

 次に議案第177号平成29年度美咲町一般会計補正予算(第7号)であります。こちらにつきましては、歳入歳出それぞれに4億8,508万3千円を追加し、歳入歳出それぞれ114億238万3千円にいたすものであります。また、繰越明許費として、第2表のとおり定め、第3表のとおり債務負担行為を追加いたすものであります。そして、地方債の補正につきましては、主に災害関係で追加と変更増がなされるものでございます。

 さて、歳入歳出の主な内容でございます。歳入の款1町税では退職分離分800万円、法人税を500万円増見込み、財源化いたしております。款12分担金及び負担金へ590万5千円の増、款14国庫支出金へ1億5,279万5千円の増、款15県支出金5,226万7千円の増で、それぞれ災害関係の補助金が主なもの、また交付金が主なものとして見込んでおるものでございます。款18繰入金として3,700万円を基金から取り崩し。款21町債では2億2,270万円を新たに発行いたす予定でございます。

 歳出での主なものでございます。

 款2総務費では庁舎管理費の追加、また、企画管理費としまして旭地域の冬季、冬のタクシー運行事業費642万9千円。また、社会保障・税番号制度臨時管理費としまして住民基本台帳システム改修費472万3千円などが主なものでございます。

 款3民生費では、総額2千772万9千円の追加でありまして、人件費の精査と災害復旧費。そして県事業の負担金の変更が主たるものでございます。また、障害者福祉サービス費における給付費等の追加がなされたものでございます。

 款7商工費でございますが、百々への公衆トイレの設置や、南和気のプールの修繕等の追加でございます。

 款10教育費では、3千992万1千円の追加で、旭町民センターの空調設備の更新、ならびに旭図書館の空調、照明の修繕であります。その他、人件費の精査と、それから冒頭に申し上げました災害復旧に係る補正が主たるものでございますので、ご理解いただきまして、ご英断いただけたらと思います。以上、代わりましての議案についての説明でございます。失礼いたしました。



○議長(貝阿彌幸善君) 議案第176号、177号の提案理由の説明は以上お聞きのとおりです。

 日程第5 議案に対する質疑

 これから、議案に対する質疑を願います。それでは順次、質疑を願います。

 8番 松田議員。



◆8番(松田英二君) 失礼いたします。8番 松田でございます。議案第177号一般会計補正予算第7号の中で、ページ数で言いますと13ページ以降になるんですが、いわゆる国庫補助金と国庫負担金、さらには県補助金といったような関係で、国県からの補助金が、歳入と言いましょうか、計上されておられます。申請の関係で、この補助金が若干危ぶまれるようなこともおうかがいしておりましたんですけれども、この補助金が受けられるということは間違いないのですね。確認だけさせてください。災害関連の補助金です。



○議長(貝阿彌幸善君) 國宗産業建設観光課長。



◎産業建設観光課長(國宗順君) 失礼いたします。災害関連でございまして、公共災害につきましては補助率の方も確定しておりますし、それから農林災害につきましては、いま補助率嵩上げの申請の手続きを行っております。ですからこの額よりはちょっと上になるかなと予想はしていますけれども。



◆8番(松田英二君) はい。わかりました。以上です。



○議長(貝阿彌幸善君) 他に質疑ありませんか。4番 形井議員。



◆4番(形井圓君) 4番 形井でございます。議案177号についておうかがいしたいと思います。平成29年度一般会計補正予算であります。この中で、この補正予算はですね、15日に否決されました企画費の内、黄福拠点整備事業420万4千円を削除しての計上だと言われたと思うんですけども、この事業はですね、15日に賛成少数で否決された議案だったと思うんです。しかしですね、ついさっきのですね、説明の中におかれまして、岡部副町長の説明に大きな疑問を持っておりますので説明をお願いしたいと思います。測量費231万2千円が、この前予算の中に含まれておりました。で、副町長はですね、議会で否決されたこの予算、全額を削除したということだったんですけども、この231万2千円については建設費で払おうかというようなお話しがありました。また、リノベーションについても、20万についても他の予算から払うと。耳を疑ったような次第でございますけれども、全員協議会ではっきり言われたわけですから、この点についてですね、否決されたものが、何で建設費で払ったりですね、建設課の予算で払われたり、他所の課の予算で払われるのか、私には到底理解できませんので、この点を詳細に説明いただきたいと思います。



○議長(貝阿彌幸善君) 岡部副町長。



◎副町長(岡部初江君) はい。形井議員のご質問です。先ほど建設費と言いましたものは、230万、あの過疎ソフトでというふうに上げておりましたけれども、いま下ろさせていただいておりまして、財政の方といま相談をさせていただいて、皆さんのご理解を得ていきながら、これからやっていきたいと思っております。リノベーションにつきましては、この15日までのことで、皆さんにご理解をいただいているものと思っておりましたので、もしこれが進められるものなら、という気持ちの中で、お話しを全協でさせていただいたところがあります。以上でございます。



○議長(貝阿彌幸善君) おわかりいただけましたか。形井議員。



◆4番(形井圓君) 理解できません。



○議長(貝阿彌幸善君) はい、形井議員。



◆4番(形井圓君) 私もですね、多くの議員も、この420万4千円について反対したんじゃないと思うんですよ。出資金の100万円、ここを主におかしいんじゃないですかというようなご質問させていただいて、このことから否決になったと思うんです。



○議長(貝阿彌幸善君) 形井議員、その件について、この追加議案の中から、一応撤回をされて、いまあなたが質問している部分についてのことは、この予算の中には含まれていないということはご存知だろうと思います。で、そうした部分で出てくるのであればまた議会に上げてくるというようにご理解をいただければいいんじゃないかと思うんですけど。



◆4番(形井圓君) 420万4千円を落とした議案でしょうこれは。その420万落としたというのにも関わらず、その420万4千円のうち、230万とか20万を他の科目から払おうかというようなお話しが出てきたわけですよ。議会で否決されたことをですね・・・



○議長(貝阿彌幸善君) それはここへ出ていないでしょう。出ているのですか、総務課長。



◆4番(形井圓君) 先ほどの全員協議会の説明の中で言われたわけですから、議長、これは言わせてくださいよ。町民の方もやっぱり大きな関心を持っておると思うんです。420万4千円を落としたにも関わらず、その内のですね、230万とか20万をですね、よその課から持って行こうかというような考えかたで予算を落とされたんじゃあ、私は納得できません。



○議長(貝阿彌幸善君) それについて、きちっと答えてください。桑元総務課長。



◎総務課長(桑元英昭君) 失礼いたします。形井議員のご質問の中で、ひとつだけありますのが、否決を受けました、黄福創生拠点整備事業420万4千円でございますが、実はこれは過疎ソフト事業を当てようと、その起債対象にならないかなということで、ここにひとつ項目を立てて、上げておりました。今回は、この事業自体を落とすという中で、420万を落としております。逆に、過疎ソフト事業として、今回は少なく5,800万のみを町債の方へ上げております関係で、財源がいわゆる一般部分での充当した事業もあるんだと、わかりやすく言うと、重複計上みたいな意味合いで置いとったという部分でございます。説明が充分できませんけれども。



◆4番(形井圓君) わかりません。



○議長(貝阿彌幸善君) 岡部副町長。



◎副町長(岡部初江君) 形井議員の先ほどの全協でのご指摘、私の発言に対するご指摘でございます。誤解を与えてしまいますような発言をしましたことを、ここでお詫びを申し上げたいと思います。すみませんでした。住民や皆さんのご理解を得て、ということをしっかりと胸に収めて、そのことを申し上げたいと思っております。よろしくお願いいたします。



◆4番(形井圓君) はい。



○議長(貝阿彌幸善君) 形井議員。



◆4番(形井圓君) しっかり予算に計上していただいて、議会の審議後にですね、予算執行していただきますように、強く要望しておきます。終わります。



○議長(貝阿彌幸善君) という要望がありましたので、申し上げておきます。

 他に質疑ありませんか。

 12番山本議員。



◆12番(山本宏治君) 177号の一般会計の補正の27ページ。道路橋りょう費の県事業負担金の減額の要因は、これは何ですか。3,500万。



○議長(貝阿彌幸善君) 國宗産業建設観光課長。



◎産業建設観光課長(國宗順君) 失礼をいたします。県事業負担金減額につきましてでございます。これは一応、岡山県の道路建設に関わる負担金の12月分の精算額、精算というか12月分の事業費が決定している分で、当て込んでいる分です。また、正式な額はまた3月頃に県の方からやってくると思いますけれど。



◆12番(山本宏治君) 議長、ついでに2問目。



○議長(貝阿彌幸善君) 山本議員。



◆12番(山本宏治君) その下の美岡道の385万7千、これは不足分かな、年間なんぼで行きょうるん。800万ぐらい行きょうるんかな。



○議長(貝阿彌幸善君) 國宗産業建設観光課長。



◎産業建設観光課長(國宗順君) 失礼します。美作岡山道路の負担金は、一応、1年で750万円を予算計上させていただいています。今年度は佐伯とか、いろいろ工事が進捗しておりまして、それの事業費の負担部分が確定1,130万ですかね、その額になっております。



○議長(貝阿彌幸善君) 山本議員。



◆12番(山本宏治君) 最後に町長にお訊ねしたいのですが、先ほど全協でもお聞きいたしましたが、黄副拠点整備の420万4千円を減額されました。全協でもお聞きしましたが今後、庁舎建設に当たっては、今一度考えるというお考えは変わっていませんか。



○議長(貝阿彌幸善君) 町長。



◎町長(定本一友君) はい、この間の全協におきまして、皆様方はですね、否決されたわけですよ。本会議におきましても、最終日に否決されたわけでございますので、もう一度考え直すというよりは、皆様方に説明をさせていただきまして、それが通らないということになりますと断念するということになるかと思います。



◆12番(山本宏治君) わかりました。先ほど凍結ということなので、そういう考えで行かせていただきます。



○議長(貝阿彌幸善君) 他に質疑ありませんか。

 1番 山田議員。



◆1番(山田雄二君) 先ほどの420万4千円のところのその額が、リノベーションと、庁舎建築が全部入っているお金だと、420万4千円はそういうふうに理解しております。で、先ほど副町長が420万4千円の予算があるために予算案が否決されたわけですが、あの、リノベーションについては皆さんの理解を得ているので、他の予算から出すというふうに先ほど言われたと思います。そこのところが私は理解できません。やはり、本会議で議案が、採決で否決、否定された以上ですね、理解はしてあったとしても、それはよそからでも予算を出しては、それはいけないと思うんです。そこのところの説明をもう一度お願いいたします。



○議長(貝阿彌幸善君) 岡部副町長。



◎副町長(岡部初江君) 否決をされたということは、大変重く受け止めておりまして、あの中に含まれておりましたことでございます。住民の皆さん、もちろん議会の皆さんはじめ、住民の皆さんのご理解をしっかり得て、ということを前提にいたしまして、ということで申し上げさせていただいたと思っております。ですので、皆さんにご説明をしっかりさせていただいてご理解を得ていきたと思っております。



◆1番(山田雄二君) 再質問。



○議長(貝阿彌幸善君) 山田議員。



◆1番(山田雄二君) 要するに、庁舎建築とリノベーションを含めた420万が否決されたわけです。で、私が聞きたいのは、仮にそのリノベーションの部分の予算は出るのですか、出ないのですか。私は、出るのはおかしいと、どんなにそれがリノベーションの部分は良いと言われてましても、議会で否決された以上は、それは執行できないと思います。ですからさっき、リノベーションの部分は別から予算が出るといった部分について、それは出ないのか、やっぱり出すのか、そこを教えてください。



○議長(貝阿彌幸善君) 岡部副町長。



◎副町長(岡部初江君) その420万に含まれていたということで、そのことが皆さんの賛成を得ることが出来なかったことについて、しっかりと受け止めて行きたいというふうに思っております。



◆1番(山田雄二君) 答弁になっていません。リノベーションの部分は出すのですか。



○議長(貝阿彌幸善君) 山田議員、ここで出てきていないものは出ませんから。出るときはまた議会に上げて、どうでしょうかということがなされるはずでしょう、副町長。



◎副町長(岡部初江君) はい。



○議長(貝阿彌幸善君) ということですから、ご理解ください。だから、出てこないということ。



◆1番(山田雄二君) 全協の時にも申し上げましたが、議会の否決という、否決されたという重みを受け止めてもらったらさっきのようにリノベーションの部分は理解してもらえとると思いましたから、予算は別から出ますという軽い言葉はでんと思うんで。そこを私は申し上げたかったんです。



○議長(貝阿彌幸善君) ということでありますから、そのへんのところはきちんとしてください。よろしいですか。



○議長(貝阿彌幸善君) 他に質疑はありませんか。

            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で議案に対する質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっています議案第176号、議案第177号については、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。したがって議案第176号、議案第177号については、委員会付託を省略することに決定しました。



○議長(貝阿彌幸善君) 日程第6 討論

 これから、討論を行います。順次発言を願います。

 討論ございませんか。

            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で討論を終わります。



○議長(貝阿彌幸善君) 日程第7 表決

 これから採決します。

 議案第176号を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。

 よって議案第176号は、原案のとおり可決することに決定されました。

 次に、議案第177号一般会計補正予算を挙手により採決します。

 議案第177号を原案のとおり可決することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。

 よって議案第177号は、原案のとおり可決することに決定されました。

 以上で、本日提案のありました議案に対する表決を終了します。これで本日の

 日程は全部終了しました。

 この際、町長の挨拶をいただきます。



○議長(貝阿彌幸善君) 町長。



◎町長(定本一友君) ただいま、我々が提案いたしました議案につきまして、適正妥当なる議決に達していただきましたことに対しまして、心より御礼を申し上げるしだいでございます。この議案をもちまして、主なものといたしましては災害でございます。災害復旧でございまして、町民の方々も復旧を急いでおられるわけでございまして、迅速な決定をしていただきましたことに対しまして、心より感謝申し上げるしだいでございます。正月まであと10日余りとなりました。皆様方にとりまして、来年も素晴らしい年になりますことを心よりご祈念申し上げまして、私のご挨拶とさせていただきました。今日はありがとうございました。



○議長(貝阿彌幸善君) 私の方からも閉会にあたりまして一言ご挨拶を申し上げます。酉年の最後の臨時議会も滞りなく終了しましたことに心より感謝を申し上げるしだいでございます。新年の戌年が輝かしい新春となりますように、ご祈念をいたしまして、閉会のご挨拶といたします。

 これをもって、平成29年第8回美咲町議会臨時議会を閉会します。

                           (午前15時34分閉会)









 以上会議録の次第は書記の記載したものであるが、その内容の適正であることを確認し、ここに証明する。







 平成   年   月   日









            美 咲 町 議 会 議









            美 咲 町 議 会 議









            美 咲 町 議 会 議