議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 美咲町

平成29年第 5回( 6月)定例会 06月16日−04号




平成29年第 5回( 6月)定例会 − 06月16日−04号







平成29年第 5回( 6月)定例会



第 4 日

 (平成29年6月16日)



(1)会議の開閉時刻

    開   議  午後  3時00分

    解   散  午後  4時44分



(2)出席・欠席・遅参または中途退場した議員の番号・氏名


議員番号氏   名出欠別議員番号氏   名出欠別
1山田雄二出席8松田英二出席
2藤井智江〃9金谷高子〃
3松島幸一〃10江原耕司〃
4形井 圓〃11岩野正則〃
5延原正憲〃12山本宏治〃
6左居喜次〃13松島 啓〃
7林田 実〃14貝阿彌幸善〃


(3)地方自治法第121条の規定により出席した者の氏名


職  名氏   名職  名氏   名
町長定本一友産業建設観光課長國宗 順
副町長岡部初江会計課長浦上 彰
総務課長桑元英昭旭総合支所長矢木史朗
まちづくり課長畑尾周一柵原総合支所長木谷正弘
情報交通課長光嶋寛昌旭総合支所
産業建設課長山本 資
税務課長遠藤 透柵原総合支所
産業建設課長前田有輝
住民課長山下一巳福祉事務所長稲谷雄治
こども課長牧野直子教育長柴原靖彦
健康福祉課長鈴鹿 滋教育総務課長石戸光也
上下水道課長牧野英一生涯学習課長立石克之


(4)職務の為出席した職員の職・氏名

     事務局長  神 坂 健 治

     書  記  赤 木 洋 美



(5)日   程


日 程議案番号件         名
1  委員長報告
2  委員長報告に対する質疑
3  討    論
4  表    決
5議案第115号

議案第117号
発議第1号追加議案の報告並びに上程
6  提案者の説明
7  議案に対する質疑
8  討    論
9  表    決
10  議会改革特別委員会の設置並びに委員の定数
11  定住対策特別委員会の設置並びに委員の定数
12  定住対策特別委員会の委員の選任
13  議会改革特別委員会委員長、副委員長の互選
14  定住対策特別委員会委員長、副委員長の互選
   閉    会


(6)追加議事日程


日 程議案番号件         名
第1  常任委員会・議会運営委員会の閉会中の継続審査の件について










○議長(貝阿彌幸善君) 休会前に引き続き本日の会議を開きます。(午後3時00分)

 ただいまの出席議員は14人です。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 本日の日程を報告します。

 第1に委員長報告、第2に委員長報告に対する質疑、第3に討論、第4に表決、第5に追加議案の報告並びに上程、第6に提案者の説明、第7に議案に対する質疑、第8に討論、第9に表決、第10に議会改革特別委員会の設置並びに委員の定数、第11に定住対策特別委員会の設置並びに委員の定数、第12に定住対策特別委員会の委員の選任、第13に議会改革特別委員会委員長、副委員長の互選、第14に定住対策特別委員会委員長、副委員長の互選、以上のとおりと定めますので、ご了承を願います。

 ここで、町長から藤井議員の一般質問の答弁に関して一部内容を訂正したい旨の申し出がありますので、これを許します。

 町長。



◎町長(定本一友君) 藤井議員の一般質問の回答につきまして、ワークショップ2回と、それから飯岡下上の総会にそれぞれ出席したと、そのように答弁をいたしましたけれども、ワークショップ2回には行かせていただきました。それと、区会主催ではございますけれども、総会ではなくって、美作岡山道を考える説明会に行かせていただいたということでございますので、訂正をひとつさせてください。お願いいたします。

 以上でございます。



○議長(貝阿彌幸善君) それでは、日程に基づき議事を進めます。

 日程第1、委員長報告。

 各常任委員会に付託した諸案件全部を一括議題とします。

 これらについては、それぞれ委員会が開催され審査されておりますので、その結果について各委員長の報告を求めます。

 まず、総務産業常任委員会に係る審査報告を委員長に求めます。

 12番山本議員。



◆12番(山本宏治君) 12番、総務産業常任委員会の山本でございます。

 本年4月に議会議員の選挙に伴い、本年より委員会構成が2委員会に変更になり、新しく総務産業常任委員会が制定され、4月より委員会活動を行っております。

 委員会のメンバーは、延原正憲副委員長、岩野正則委員、松田英二委員、山田雄二委員、松島幸一委員、松島啓委員、そして私委員長の山本宏治です。7名で構成しております。よろしくお願いをいたします。

 なお、担当の各課は、総務課、まちづくり課、上下水道課、税務課、情報交通課、産業建設観光課、また旭、柵原産業建設課及び水道課並びに総合支所関係であり、多岐にわたって担当をいたしております。

 それでは、今定例会に付託されました案件について、去る6月8日午前9時から本庁3階委員会室において審査をいたしましたので、経緯と結果についてご報告をいたします。

 まず、議案第86号美咲町個人情報保護条例の一部を改正する条例については、上位法の改正により関係条例の整備をするもので、第2条第6号中及び第27条第1項中を改正するもので、委員からの質疑で、個人情報保護条例は大幅な改正ではの質問に、今回の改正は以前改正の提案をしていた以外の改正との答弁で、全会一致で承認、可決といたしました。

 次に、議案第87号美咲町課設置条例の一部を改正する条例では、新しく政策推進室及び徴収対策室を加えるもので、委員会といたしましては町長の提案理由の説明を求めるため、委員会に出席を求め、説明を求めました。町長より、今回の室の設置について、政策推進室については2名程度の配置予定で、官民連携、リノベーションプロジェクト、にぎわい創生などまちづくり課、産業建設観光課との連携をとりやすく、相談しやすい室の体制をとり、岡部副町長が兼任するとのことです。また、徴収対策室については、現在3億円近くの滞納金等があり、公平公正の行政をするには徹底した徴収業務が必要であり、経験と知識のある職員三、四名程度で業務に当たらせるとのことでした。この室についても、岡部副町長兼務体制で行うとのことでした。委員からは、課の中に室を設置してもよいのでは、また室長をきちんと置き明白な室を設置したほうがよいのでは、特に徴収対策室には経験のある室長を置き徴収対策を行うべきではの質問がありましたが、町長の、室長については検討をしてみる、近隣の市町村でも徴収対策室を設けており、美咲町でも滞納整理に対して十分ご理解いただき徴収をしていきたいとの説明があり、委員会といたしましては全会一致で承認をいたしました。

 次に、議案第88号平成29年度美咲町一般会計補正予算(第2号)については、1億1,605万1,000円を追加するもので、総額102億776万2,000円とする補正予算であります。

 総務課関係では、歳出では11ページ、総務費、総務管理費、庁舎臨時管理費97万2,000円。また、柵原総合支所臨時管理費97万2,000円についても、各玄関前に視覚障害者誘導点字ブロックを設置する補正であるとの説明でした。設置規模は、約10メートル程度であるとの説明でした。旭総合支所については、保健センターに点字ブロックがあり対応しているとの説明もありました。

 ページ15の消防費、項1消防費では消防施設費の860万円で、津山圏域消防組合柵原出張所の移転に伴う用地の委託料及び造成費であるとの説明でした。委員から今後の予定についての質問があり、柵原病院北側の用地で設計をしており、予定上の空き家についても関係者と協議をしている、造成は年度内で完成したい、遅くなったが手順を踏んで行っているとの説明でした。

 次に、まちづくり課関係では、企画管理費の空き家活用促進事業補助金30万円については申込件数に合わせて計上したもの、黄福創生拠点整備事業818万6,000円については先進地視察などの調査研究、民間遊休不動産の発掘及び活用についてのリノベーション研修費、中央運動公園周辺における官民連携事業の導入の検討及び公民連携基本計画策定についての検討経費、ほか必要経費であるとの説明で本件の予算執行については設置予定の政策推進室が行う予定であるとの報告もありました。

 また、中山間地域等活力創生応援事業150万円については、食をテーマにしたワークショップの2回開催、地域の実態把握、移住者に向けた集落の生活スタイルや地域の魅力を掲載した美咲で暮らす本の第二弾の作成経費などであるとの説明を受けました。委員から、空き家活用促進事業の庭木の伐採等には利用できないかの質問に、現在では利用できないが、今後は考えていきたい。また、委員から、片づけ代はの質問に、空き家バンク登録をしていただき改修の補助は家財の処分費や運搬などの利用で1軒10万円であるとの説明でした。また、空き家の調査などはどのようにしているのかに、自治会長や固定資産税の通知表の裏面などを利用してPRをしているとのことでした。

 拠点整備事業では視察の計画があると思うが、適地を考えているのか、また公民連携計画などの今後の計画はの質問に、視察先は岩手県紫波町がよいと思われる。また、公民連携については、亀甲商店街など地域の方に説明をしていきたいとの説明でした。

 中山間地域活力創生応援事業にワークショップに若い人の意見交換はできないのかに、若い人の意見も必要であるが、自治会長会などを利用していきたいとの説明でありました。

 税務課関係では、総務費の項2徴税費では賦課徴収臨時管理費409万8,000円については、パソコンやパソコンのサーバーなどの購入費である。過誤納付金還付加算金については、水質汚濁防止法で課税標準額の3分の1になっており、今回事業者から固定資産税の申告を受け5カ年分を還付するもので、委員から、パソコンについてはリース契約のほうがいいのでは、還付加算金についてはどのようになっているかの質問に、パソコンの保証も5年間つけており早急に購入し情報公社で申告支援用に整備したい。また、還付加算金については企業の申告であったとの報告でした。

 現在、再任用者を税務課に配置しているが、成果は出てるかの質問に、職員の現状は電話連絡だけで収納体制までは至っていないとの報告でした。

 産業建設観光課ではページ13、農林水産業費、項2農業費では、大きなものでは地域ため池総合整備事業1,502万円については中央地域の樋路池の測量設計の委託料ほかであるとの説明、また林業費の林業総務費は森林法の改正によりシステム設計の更新及びデータ更新などの280万8,000円の補正であります。

 また、旭地域の林道改良費の301万円については、県事業の確定によるものであるとの説明でした。

 款7商工費、項1商工費では、城下町と黄福のまち観光創造事業費2,077万5,000円については、津山市との事業費でインバウンド事業で30万人の観光客の誘致などとの説明でした。

 委員会では、ため池総合事業費の樋路池の視察を行い、現地で担当課長より説明を受けました。

 産業建設観光課では、現在の1人制課長で十分機能しているのかの質問に、初めての業務であり現在ではいろいろ不都合があるが、頑張っているとの報告でした。

 情報交通課担当では、ページ4の債務負担行為の説明があり、「広報みさき」印刷製本費の債務負担で広報紙の制作について発刊が毎月10日発刊であり、3年契約のため入札時期により発刊が難しいこともあり、契約時期を8月発行にするため今回債務負担するもので、委員からはどのような不都合があるのかの質問に、5月10日発刊では5月の連休に絡み、調整、校正ができず苦労しているとの説明でした。

 以上、議案第88号一般会計補正予算(第2号)については、委員会といたしましては全会一致で承認、可決といたしました。

 なお、所管の課の中で上下水道課については予算補正がありませんが、牧野課長より近況の説明を受けました。

 次に、議案第90号財産の取得についてですが、小型動力ポンプつき照明車の更新に伴い購入価格2,905万2,000円で、財産又は処分に関する条例で700万円以上を超えるため議会議決を要するものであるとの説明でした。委員会からは、今までは消防自動車については議案に計上していなかったが、今回はどのようになっているのかの質問に、今までは車両価格だけで機材とか別途請負費であり、今後は美咲町条例の財産取得等の条例を踏まえ議会の議決を求めるもので、今後は全てこの方法で行いたいとのことで、委員会では全会一致で承認、可決といたしました。

 最後に、議案第91号美咲町農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ずる者の割合を2分の1以上とすることにつき同意を求めることについてですが、美咲町農業委員会委員の16人中認定農業者が6人であり、2分の1以下であり認定農業者等が過半数を占めることを要しない場合において、農業委員会等に関する法律施行規則第2条第1号を適用する場合は、議会の同意を得る必要があるためであり、担当課職員から説明を聞き、委員会では全会一致で承認といたしました。

 以上、6月8日開催の今定例会に総務産業常任委員会に付託されました案件について、審査の経緯と結果についてご報告をいたしました。

 これで委員会の報告といたします。

 なお、報告の予算の数字等が間違って報告をしていましたら、提案書が正しいものとご理解をいただきたいと思います。



○議長(貝阿彌幸善君) ご苦労さまでした。

 以上で総務産業常任委員会に係る審査報告を終わります。

 次に、民生教育常任委員会に係る審査報告を委員長に求めます。

 9番金谷議員。



◆9番(金谷高子君) 民生教育常任委員会の金谷でございます。

 このたび初めて常任委員長としてご報告をさせていただきます。ふなれで皆さん方には聞きづらい点があろうかと思いますけれども、頑張ってまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

 それでは、民生教育常任委員会の報告をさせていただきます。

 平成29年6月9日午前9時から本庁3階の小会議室におきまして、民生教育常任委員会を開催いたしました。出席議員は、藤井智江議員、副委員長の形井圓議員、左居喜次議員、林田実議員、江原耕司議員、貝阿彌幸善議員、そして私の7名でございます。

 本定例会で付託されました議案、専決処分1件、予算案件2件、要望1件につきまして審査しましたので、その経過と結果を報告いたします。

 まず、議案第85号専決処分の承認を求めることについてでありますが、平成28年度美咲町住宅新築資金等貸付事業特別会計に歳入不足が生じたために平成29年度同会計から繰上充用を平成29年5月31日付で行ったものであります。それに伴いまして、平成29年度美咲町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)の歳入歳出予算の総額にそれぞれ2,882万9,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ3,123万1,000円としたものであります。昨年も同時期に同じ処理をしておりますが、昨年度より83万5,000円滞納分が多くなっております。審議の結果、議案第85号は原案どおり承認をいたしました。

 次に、議案第88号平成29年度美咲町一般会計補正予算(第2号)の所管の款項について、歳出の主なものを担当課ごと審査の順番で報告をさせていただきます。

 まず、福祉事務所でありますけれども、障害者の福祉システムの改修39万7,000円、この財源は県の100%の補助金であります。そして、障害者の計画、また障害福祉の計画を立てる策定委員の報酬18人分で3回行いまして30万8,000円であります。

 第3期の美咲町障害者計画を平成30年から35年まで5年間の策定を行ってまいります。この中に議員が策定するにはコンサルの皆さんの思いがたくさん入っているのかというような質問がありましたけれども、答弁としてはしっかりとアンケートをしながら皆さんの意見を入れながらつくっていく計画だと、このように答弁がありました。そして、補正予算の追加でありますけれども、地域子供の未来応援交付金事業、これは子供の貧困実態の調査をするものであります。委託料として300万円、これは4分の3が国の補助金になっております。内容としては、小学校4年生から中学校3年生まで本人と保護者のアンケートをとり、ニーズを調べていく調査ということであります。

 補正予算(第2号)の福祉事務所につきましては、審査の結果、全会一致で承認をいたしました。

 続いて、こども課でありますが、保育園、英語活動推進事業、これから暑くなってくる夏を迎えるに当たり、子供たちが利用する多目的室のエアコンが不調なために取りかえ、修繕が必要とのことでありました。その中の主なものは、柵原西保育園の真空冷却器の修繕費9万4,000円、柵原東保育園の真空冷却器の修繕費が14万8,000円。また、加美児童館エアコンの修繕費58万1,000円であります。そして、その撤去と処分の手数料が6,000円。

 そして、英語活動推進事業の件でありますけれども、平成29年度賃金または時間単価の改正に伴う臨時職員賃金及び労災保険料の増額分53万円の追加であります。これは、事業嘱託職員との時給単価の統一にするものである。今の時給が1,060円を1,600円にするもので、3年間をかけ県の事業、嘱託職員の時給単価に統一するという話でありました。このときに委員から、英語指導員はどのような資格があるのかというような質問もあり、答弁としてはNPOの小学校の英語の指導資格を持っていらっしゃる、そのときに教員の資格は持っているのかという問いで、教員の資格は持ってはないけれども、しっかり頑張っていっていただいてるというようなご答弁でありました。こども課の審査の結果でありますけれども、賛成多数で承認をいたしております。

 続きまして、保健福祉課でありますが、議案第88号にはありませんでしたけれども、新しい事業があるということで報告がありました。それは、美咲町妊産婦の歯科健康診査の費用の助成ということであります。妊産婦の口腔に関する健康の保持並びに増進並びに異常の早期発見また早期治療を図り、妊産婦の健康管理の向上を図るために歯科健康診査にかかった費用を助成するものであります。診査費用の助成の金額というのは、1回5,000円で5,000円を上限とする。そして、健診を受けるのは2回が限度で、町内以外の歯医者さんの医療機関にかかった場合には償還払いにより助成するということであります。県下でも、美咲町の妊婦さんの歯の状態が余りよくないというようなデータが出てることでお聞きしております。

 健康福祉課は、議案がありませんので、これは報告だけで終わります。

 教育委員会の教育総務課でありますけれども、加美小学校のスクールバス運行に当たり、新規にスクールバス購入費として14人乗りの車両2台分800万円。このバスには越尾地区の一部及び金堀地区でスクールバスを運行する。所有する車両では運行できないために新規にバスを購入するということであります。議員からのいつから運行ができるのかという問いに、答えとしては3学期からは運行できるんではないかなと、このような答弁がありました。また、学校単位で行ってきた児童・生徒の成績管理、各種調査のデータの電算化を図り、町単位での同一学年、児童・生徒の比較分析、また同一児童・生徒の経年変化との追跡、検証を行い、小・中9年間を見通した総合的に管理分析できるシステムを導入するということであります。小学校では1,080万円、中学校では648万円が追加されております。教育総務課につきましては、審査の結果、全会一致で承認をいたしております。

 続きまして、生涯学習課でありますけれども、中高生が活躍、岡山創生を支える人づくり推進事業30万円、県の補助金であります。

 内容としては、子供の応援事業の一環として取り入れられる、そして地域との交流また体験を通して考えていく、そのような事業をしていくということでありますけれども、今県に2件申請しているということであります。その2件が申請されると、これが美咲町でこれから進めていかれる事業であります。

 そして、さつき天文台の研修室のエアコンの修理代19万3,000円が追加、総合体育館の非常用自家発電施設の修繕に32万9,000円が追加されます。この総合体育館は避難場所になっているので、早急に修理をお願いしたい。生涯学習課も審査の結果、全員一致で承認をいたしました。

 なお、議案第88号こども課の臨時職員と教育総務課の事業嘱託職員の賃金改正に伴う補正予算部分については、委員の中より、役場で働く臨時職員と正規職員との給与格差、是正をあわせて求める意見があり、委員会としてもこのことを強く求め、意見を付して承認といたしました。

 議案第89号平成29年度美咲町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。

 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ597万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億5,356万6,000円とする。この内訳は、社会福祉協議会に委託された包括支援センターへの派遣職員の給与委託料に組みかえたものであります。この議案第89号につきましても、審査の結果、全会一致で承認をいたしました。

 要望第1号の報告をさせていただきます。

 美咲町原田1471番地、岡山県立津山高等学校加美分校卒業生代表1期生戸田博福さんより要望書が提出されております。これは、岡山県立津山高等学校加美分校の跡地の記念碑の建立をお願いしたいということでありました。位置は、美咲町原田2130番地内。これは、中央中学校の敷地内であります。審査の前に担当課と委員全員と中央中学校の校長先生に同行していただき、現地を確認いたしました。石碑は皆さんで建立されるとのことであり、敷地占有の許可を求めるものであります。皆様の思いは理解でき、また希望されている場所も中学校として支障がないとのことであり、当委員会といたしましては全会一致で採択といたしました。

 報告第1号平成28年度美咲町一般会計予算及び特別会計予算繰越明許費繰り越しの報告についてであります。戸籍住民基本台帳費460万7,000円、翌年に繰り越す額が118万5,000円、28年度の申請枚数は129枚ということであります。29年度についても同様にカードの作成発行の事務費が含まれておりますので、繰越金に含まれるとのことでありました。これは、少し説明をお聞きいたしましたら、国から個人番号カードをつくる、国からのあらかじめの予約が大枠美咲町にはこれぐらいだろうということでくるということでありました。それがなかなか国が思っているほどのカードをつくられた方が少ないことで、繰り越しということで余ったということで、これが29年度で使われていくというお話でありました。

 以上で民生教育常任委員会の報告を終わります。議員の皆様におかれましては、採決に際しましてはどうかよろしくお願いいたします。



○議長(貝阿彌幸善君) ご苦労さまでした。

 以上で各常任委員会に付託した諸案件全部の報告を終わります。

 日程第2、委員長報告に対する質疑。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。

 順次質疑を願います。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 日程第3、討論。

 これから討論を行います。

 なお、議案第92号から議案第96号に至る5議案並びに議案第97号から議案第114号に至る18議案については人事案件でありますので、討論を省略します。

 それでは、順次発言を願います。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で討論を終わります。

 日程第4、表決。

 これから採決します。

 まず、議案第85号について。

 12番山本議員。



◆12番(山本宏治君) 休憩を求めます。



○議長(貝阿彌幸善君) 休憩動議がなされましたが、賛成者は。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 賛成者が1名おりますので、動議成立で休憩に入ります。(午後3時37分)



○議長(貝阿彌幸善君) 休憩前に引き続き会議を再開します。(午後3時50分)

 ただいまの出席議員は14人です。

 ここで、休憩中に金谷委員長より委員長報告の一部を訂正したい旨の申し出がありましたので、これを許可します。

 金谷議員。



◆9番(金谷高子君) 済みません。金谷でございます。先ほど委員長報告をさせていただきまして、誤りがありましたので、修正をさせていただきます。

 生涯学習課の総合体育館の非常用の自家発電施設の修繕費を私は32万9,000円と申しましたけれども、これは329万4,000円でございます。

 それから、もう一つは福祉事務所の件でありますけれども、これは補正予算の追加ということで地域子供の未来応援交付金事業、このことも最初からひっくるめて承認をしましたと申し上げましたけれども、この部分は報告をいただいただけでありますので、その辺を申しわけなかった、初めての委員長の報告だと言いましても、誤ったということは本当に申しわけないなと、このように思っております。それから、まだまだあってはなりませんけど、数字に誤りがありましたら提案書が正しいので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(貝阿彌幸善君) それでは、日程第4、表決。

 これから採決します。

 まず、議案第85号について挙手により採決します。

 委員長の報告は原案承認であります。

 議案第85号を委員長の報告のとおり承認することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手多数です。よって、議案第85号は委員長の報告のとおり承認されました。

 次に、議案第86号、議案第87号の2議案を一括して挙手により採決します。

 委員長の報告はいずれも原案可決であります。

 議案第86号、議案第87号の2議案をいずれも委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手多数です。よって、議案第86号、議案第87号はいずれも委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第88号一般会計補正予算を挙手により採決します。

 各委員長の報告は原案可決であります。

 議案第88号を各委員長の報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、議案第88号一般会計補正予算は各委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第89号特別会計補正予算を挙手により採決します。

 委員長の報告は原案可決であります。

 議案第89号を委員長の報告のとおり原案可決とすることに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、議案第89号特別会計補正予算は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第90号を挙手により採決します。

 委員長の報告は原案可決であります。

 議案第90号を委員長の報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第91号を挙手により採決します。

 委員長の報告は原案承認であります。

 議案第91号を委員長の報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第92号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第93号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第94号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第95号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第96号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第97号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第98号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第99号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第100号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第101号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第102号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第103号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第104号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第105号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第106号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第107号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第108号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第109号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第110号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第111号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第112号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第113号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、議案第114号を挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、要望第1号岡山県立津山高等学校加美分校跡地記念碑の建立についての要望書についてを挙手により採決します。

 要望第1号について委員長の報告のとおり採択に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、要望第1号は採択とすることに決定されました。

 日程第5、追加議案の報告並びに上程。

 お手元に配付しておりますとおり、町長から追加議案3件が送付されております。

 職員に朗読させますからお聞き取りください。

 議会事務局長。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(貝阿彌幸善君) 次に、議案提出案件1件が提出され、所定の賛成者がありますので、これを受理しています。

 職員に朗読させますからお聞き取りください。

 議会事務局長。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(貝阿彌幸善君) ただいま職員が朗読しました議案を一括本会議に上程します。

 日程第6、提案者の説明。

 議案第115号から議案第117号までの3議案について町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(定本一友君) 失礼をいたします。今定例会において3件の追加議案を提案させていただきますので、その理由とそして概略をご報告させていただきますので、お聞き取りのほどよろしくお願い申し上げます。

 まず、議案第115号でございますけれども、美咲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例であります。

 これは、行政組織に2つの室を設置することについて、配置される職員の給与の位置づけに幅を持たせるために4級以上に室長補佐、室長代理等の職名での配置を行うことも可能になりますように改正するものであります。

 次に、議案第116号美咲町一般会計補正予算(第3号)でございます。

 予算に歳入歳出それぞれ2,025万円を追加をいたしまして、総額を102億2,801万2,000円とするものであります。

 歳入では、款14国庫支出金に225万円を追加するものでございますけれども、歳出におきまして款3民生費では事業費を300万円の追加といたします。その4分の3の財源とするものでございます。

 そして、款21町債で1,800万円を追加をいたしております。これは、歳出、款6農林水産業費で2件の事業に取り組むためでございます。具体的な事業を説明いたしますと、歳出の款3民生費、項2児童福祉費、目1児童福祉総務費へ300万円を追加をいたします。これは県の補助事業といたしまして、地域子供の未来を応援交付金事業に取り組むためのものでございますけれども、子供の支援ニーズに応えて支援量把握調査を行うものであります。

 次に、款6農林水産業費でございますけれども、項1農業費、目5農地費に1,800万円を追加するものではございますけれども、まずは長原ダム給水棟止栓敷設事業を県に委託して実施するものですが1,500万円、そして町道小谷線の改良工事負担金につきましては300万円でございます。

 議案第117号工事請負契約についてではございますけれども、先日の6月9日に一般競争入札を行いました循環型社会形成推進事業、柵原クリーンセンター焼却施設解体工事について、契約の相手方が決定をいたしましたので、政令で定める基準を超えておるために議会の議決を求めるものでございます。

 概要といたしましては、1、契約の目的、循環型社会形成推進事業、柵原クリーンセンター焼却施設解体工事。2番目、契約の方法、一般競争入札、条件つきでございます。3番目といたしまして、契約金額といたしまして1億4,094万円、うち消費税額といたしましては1,044万円。4、契約の相手方、住所、岡山市北区岩田町4番3号、業者名、広成建設株式会社岡山支店、執行役員支店長大間秀樹氏であります。

 以上3件を提案いたしますので、慎重審議をお願いし適切なる決議を取り計らわれますようにお願いを申し上げます。また、議案書との差異がございましたら読み違いでございますので、議案書が正しいものとご判断をいただきますようによろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(貝阿彌幸善君) ここでお諮りします。

 発議第1号については、会議規則第39条第2項の規定により、提案理由の説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。したがって、発議第1号については提案理由の説明を省略することに決定しました。

 日程第7、議案に対する質疑。

 これから議案に対する質疑を行います。

 順次質疑を願います。

 質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で議案に対する質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっています議案第115号から議案第117号までの3議案及び発議第1号については委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。したがって、議案第115号から議案第117号までの3議案及び発議第1号については委員会付託を省略することに決定しました。

 日程第8、討論。

 これから討論を行います。

 順次発言を願います。

 討論はございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で討論を終わります。

 日程第9、表決。

 これから採決します。

 議案第115号を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第116号美咲町一般会計補正予算を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、議案第116号一般会計補正予算は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第117号を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、発議第1号を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。したがって、発議第1号は原案のとおり可決されました。

 以上で追加議案に対する表決を終了します。

 日程第10、議会改革特別委員会の設置並びに委員の定数についてを議題といたします。

 さきに全員協議会でも審議いたしました議会改革特別委員会を議員全員をもって設置したいと思います。また、設置期間については審議が終了するまでとしたいと思います。

 この議会改革特別委員会を設置することについてご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。よって、議員全員をもって構成し、審議が終了するまでを期間とする議会改革特別委員会を設置することに決定いたしました。

 日程第11、定住対策特別委員会の設置並びに委員の定数についてを議題といたします。

 さきに全員協議会でも協議いたしました定住対策特別委員会を6人の議員をもって設置したいと思います。また、設置期間については審議が終了するまでとしたいと思います。

 この定住対策特別委員会を設置することについてご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。よって、6人の議員をもって構成し、審議が終了するまでを期間とする定住対策特別委員会を設置することに決定いたしました。

 日程第12、定住対策特別委員会の委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りします。

 委員の選任については、美咲町議会委員会条例第7条の規定に基づき議長が指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。よって、議長により委員を指名いたします。

 5番延原議員、6番左居議員、9番金谷議員、10番江原議員、11番岩野議員、12番山本議員、以上の6名を指名いたします。

 日程第13、議会改革特別委員会の委員長、副委員長の互選、日程第14、定住対策特別委員会の委員長、副委員長の互選の2件を議題といたします。

 各委員長、副委員長の互選については、委員会条例第8条第2項の規定により、各委員会の互選といたしますので、各委員会において協議をお願いをいたします。

 ただいまから午後4時35分まで休憩いたします。(午後4時20分)



○議長(貝阿彌幸善君) 休憩前に引き続き会議を再開します。(午後4時35分)

 ただいまの出席議員は14人です。

 日程第13、議会改革特別委員会の委員長及び副委員長の互選を継続します。

 休憩中に協議していただきました委員長、副委員長の互選の結果の報告を願います。

 10番江原議員。



◆10番(江原耕司君) 議会改革特別委員会の互選の結果について報告を行います。

 委員長に延原正憲君、副委員長に左居喜次君に決定いたしました。

 以上でございます。



○議長(貝阿彌幸善君) ただいま報告のありましたとおり、議会改革特別委員会の委員長に5番延原議員、副委員長に6番左居議員が互選されました。

 日程第14、定住対策特別委員会の委員長及び副委員長の互選を継続します。

 委員長、副委員長の互選の結果の報告を願います。

 10番江原議員。



◆10番(江原耕司君) 定住対策特別委員会の互選の結果について報告を行います。

 委員長に山本宏治君、副委員長に金谷高子君に決定いたしました。



○議長(貝阿彌幸善君) ただいま報告のありましたとおり、定住対策特別委員会の委員長に12番山本議員、副委員長に9番金谷議員にお願いしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。よって、定住対策特別委員会委員長に12番山本議員、副委員長に9番金谷議員と決定いたしました。

 ここでお諮りいたします。

 本日の日程に追加日程第1として、各常任委員会、議会運営委員会の閉会中の継続調査及び審査の件についてを議題にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。

 各常任委員会、議会運営委員会の閉会中の継続調査及び審査の件についてを議題とします。

 なお、追加議事日程表については省略します。

 報告いたします。

 会議規則第75条の規定に基づき、各常任委員長、議会運営委員長からお手元に配付しております閉会中の継続調査、審査事件一覧表のとおり、今任期満了までの閉会中の継続調査及び審査の申し出があります。

 ここでお諮りします。

 これらの諸案件は、全て各委員長からの申し出のとおり、今任期満了までの閉会中の継続調査及び審査に付することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。したがって、各委員長から申し出のとおり、任期満了までの閉会中の継続調査及び審査に付することと決定いたしました。

 以上をもって今期定例会の議事は全て終了しました。

 この際、町長の挨拶をいただきます。

 町長。



◎町長(定本一友君) 失礼いたします。6月定例会の閉会に際しまして、一言ご挨拶を申し上げさせていただきます。

 ただいま我々が提案いたしました全案件につきまして、適正妥当なる議決に達していただきまして、まことにありがとうございます。

 美咲町リノベーションプロジェクト、仮称ではございますけれども、これにつきまして研究、先進地視察費用を計上しております。議員の方々も我々と職員と同様に一緒にプロジェクト、そういう視察先を見ていただきたいと、このように思っておるところでございます。

 まずは、発想の転換をキーワードに最初に今あるものを見詰め直して、価値あるものについてはリノベーション、再生創生をしていきたいと、そしてにぎわいをつくるというのが一番最初の過程ではないかなと、このように思っておるところでございます。

 また、黄福のまち美咲町観光産業創造事業では、今年度国より2,000万円の枠をいただきました。そういうことによりまして、美咲町の観光資源を掘り起こしたいと、このように思っております。今年度はソフト事業でありまして、5年間で仕上げるようにしております。これにつきましても、今後議員の皆様方の絶大なるご協力をひとつよろしくお願いを申し上げる次第でございます。

 これから暑くなってまいります。皆様方がお体に十分気をつけられまして、公私ともにご活躍されますことを、またご健康でご多幸で過ごされますことを心からお祈り申し上げまして、私の閉会の挨拶とさせていただきます。大変ありがとうございました。ご苦労さまでございました。



○議長(貝阿彌幸善君) 私のほうからも、閉会に当たりまして一言ご挨拶を申し上げます。

 本日、可決、承認いたしました美咲町課設置条例の政策推進室におきまして、町長、副町長の設置の説明と思いにより政策を推進していかれますことに、議会といたしましても大きく展開していかれますように願っておりますとともに、ぜひとも循環型地域経済へのアプローチとして町内の中小企業支援に向けて、全国に今広がっている従来の中小企業支援を一変したコンサルティングを中心に、事業者に密着した伴走型の個別支援を行う公設民営方式を採用し、公的産業支援のあり方を一変させた政策推進になっていただきますように期待を申し上げまして、私の閉会の挨拶とさせていただきます。

 これをもって平成29年第5回美咲町議会定例会を閉会します。(午後4時44分)







 以上会議録の次第は書記の記載したものであるが、その内容の適正であることを確認し、ここに証明する。







 平成   年   月   日









            美 咲 町 議 会 議









            美 咲 町 議 会 議









            美 咲 町 議 会 議