議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 美咲町

平成28年第 4回( 6月)定例会 06月14日−03号




平成28年第 4回( 6月)定例会 − 06月14日−03号







平成28年第 4回( 6月)定例会



第 3 日

 (平成28年 6月14日)



(1)会議の開閉時刻

    開   議  午後 3時00分

    解   散  午後 4時 5分



(2)出席・欠席・遅参または中途退場した議員の番号・氏名


議員番号氏   名出欠別議員番号氏   名出欠別
1林田 実欠席9金谷高子出席
2小林達夫出席10江原耕司〃
3左居喜次〃11三船勝之〃
4片山 剛〃12松島 啓〃
5延原正憲〃13下山和由〃
6形井 圓〃14山本宏治〃
7松田英二〃15岡田 壽〃
8岩野正則〃16貝阿彌幸善〃


(3)地方自治法第121条の規定により出席した者の氏名


職  名氏   名職  名氏   名
町長定本一友産業建設観光課長矢木史朗
副町長岡部初江会計課長浦上 彰
総務課長木谷正弘旭総合支所長難波寛治郎
まちづくり課長畑尾周柵原総合支所長森廣恒男
情報交通課長光嶋寛昌旭総合支所産業建設課長山本 資
税務課長遠藤 透柵原総合支所産業建設課長國宗 順
住民課長牧野直子福祉事務所長福田芳幸
こども課長稲谷雄治教育長柴原靖彦
健康福祉課長桑元英昭教育総務課長石戸光也
地域包括支援センター長村島眞由美生涯学習課長鈴鹿 滋
上下水道課長山下一巳――


(4)職務の為出席した職員の職・氏名

     事務局長  神 坂 健 治

     書  記  赤 木 洋 美



(5)日   程


日 程議案番号件         名
1  委員長報告
2  委員長報告に対する質疑
3  討    論
4  表    決
6議案第89号

発議第3号追加議案の報告並びに上程
7  提案者の説明
8  議案に対する質疑
9  討    論
10  表    決
11  閉    会










○議長(貝阿彌幸善君) 休憩前に引き続き本日の会議を開きます。(午後3時00分)

 ただいまの出席議員は15人です。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 なお、1番林田議員から、一身上の都合のため欠席する旨の通告がありましたので、報告いたします。

 本日の日程を報告します。

 第1に委員長報告、第2に委員長報告に対する質疑、第3に討論、第4に表決、第5に追加議案の報告並びに上程、第6に提案者の説明、第7に議案に対する質疑、第8に討論、第9に表決、以上のとおり定めますので、ご了承を願います。

 これから日程に基づき議事を進めます。

 日程第1、委員長報告。

 各常任委員会に付託した諸案件全部を一括議題とします。

 これについては、それぞれ委員会が開催され審査されておりますので、その結果について各委員長の報告を求めます。

 まず、総務常任委員会に係る審査報告を委員長に求めます。

 14番山本議員。



◆14番(山本宏治君) 失礼いたします。総務委員長の山本でございます。

 総務常任委員会を去る6月8日午前9時より6月定例会に付託されました案件について委員会室において審査をいたしましたので、結果と経緯について報告をいたします。

 なお、審査終了後、現地視察を行いましたので、最後にご報告をいたします。

 それではまず、議案第80号専決処分の承認を求めることについてですが、この議案は地方再生法の改正に伴うもので、上位法によるもので、地域活力向上地域特定業務施設整備計画に伴う固定資産税の特例に関する条文の改正であり、全会一致で承認をいたしました。委員の中から、4月20日の専決処分であるが、4月26日に臨時議会があって提案することがよいのではとの質問に、今後は十分に考慮したいとのお断りがありました。

 次に、議案第82号では、美咲町職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例では、地方公務員法規定の運用で失職の例外を定めるもので、例えば運動公園等で事故が発生、職員の監督責任などの責に問われたときなどの刑の執行の猶予されたものについて、その職を失わないものとすることができる。ただし、執行猶予を取り消されたときは職を失うものであるとの説明で、委員からは、どのような決め方なのかの質問に、職員分限懲戒等審査会で審査を行うとのことで、異議なく承認をいたしました。

 議案番号第83号美咲町福祉巡回バスの設置及び管理運行に関する条例の一部を改正する条例については、福祉巡回バス大垪和線、大垪和診療所行きの利用者の減少により福祉巡回バスの運行から黄福タクシーによる運行に変更するため、大垪和線を廃止するとの説明であるが、利用者の減少に伴い路線の廃止について予算的にも70万円の予算が必要であり、検討の余地もあり、廃止に対しての意見はありませんでした。黄福タクシーの代替え運行であるが、地元関係者と十分に協議をし、理解を得るように意見を付して全会一致で承認をいたしました。

 次に、議案番号第84号美咲町一般会計補正予算(第1号)についてですが、税務課関係では9ページの総務管理費、4目会計管理費252万7,000円の税務課からの説明があり、町の収納をコンビニで取り扱うことができるようにする予算措置である。税金、水道、保育料などの公共料金の支払いができるように支払い用紙の変更などの手続の費用との説明でありました。なお、29年度からの利用計画であるが、収納率には余り影響ないと思われるが、町民の方の利便性を考えているとの説明もありました。

 次に、旭総合支所関係では、同じく9ページの旭総合支所管理費では437万8,000円では、支所の耐震診断費及び旭支所管理のダムに係留しているボートの買いかえ予算であるとの説明でした。委員から、ボートの必要性はの質問に、水道施設の管理、浮遊物の管理、こいのぼりの設置時などに利用し、今回のボートは折り畳み式であり、また船外機も小型化であり、陸上で管理するとの説明でした。

 まちづくり課関係では、同じく9ページ、財産一般管理費178万2,000円は、書副のエイコンパークの土地の公売をするための予算で、現地確認を行い、説明を受けました。委員から、分筆費用が高いのではとの質問に、全体で5,000平方メートルあり費用も要るが、売買代金も今回の収入へ計上しており、今後の公売に向けて処理をしたいとの説明でした。

 また、企画管理費では、コミュニティ助成金及び集会施設整備補助金の計上がありますが、現地を踏まえ、審査をいたしました。

 また、統計調査費の経済センサスの計上がありますが、組み替えによるものとの説明でした。

 最後に情報交通課関係では、企画費で津山・柵原共同バス運行事業への繰り出しがあるとの説明でした。

 議案第84号一般会計補正予算については、総務委員会に付託されました関係の補正額については、全会一致で承認といたしました。

 次に、議案番号第85号美咲町津山・柵原線共同バス運行事業特別会計補正予算(第1号)では、現在柵原津山線の早朝のバスの乗客が多いため、安全・安心のため1台増便をする補正予算であるとの説明でした。委員からは、中鉄北部バスの利用とのジョイントはできないかの質問に、定期券の格差があり共同バスの利用が多い、また委員からは、補正予算の金額で定期券の補助は考えられないかの意見、また民業圧迫にもなりかねないのではの質問があり、今後の状況も判断しながら検討したいとの答弁であり、議案第85号についても全会一致で承認といたしました。

 最後に、議案番号第87号岡山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体数の減少及び岡山県市町村総合事務組合規約の変更については、28年3月31日をもって津山東部及び西部衛生施設組合が解散したことに伴い当該組合を脱退するもので、全会一致で承認といたしました。

 以上、6月8日に行いました総務常任委員会の委員会報告といたしますが、報告の中での補正額に差異がありましたら、提案書が正しいものと思いますので、よろしくお願いいたします。

 また、採決に当たりましては委員会の報告のとおりよろしくお願いをいたします。

 審査終了後、現地視察を行いましたので、ご報告をいたします。

 中央地域の町道へ倉庫が倒壊し、通行どめになっている物件の視察を行いました。現状では持ち主と連絡中であるとのことだが、今後このような物件が多くなるのではとの意見もあり、空き家に対する条例も周知していく時代になってきたような気がいたしましたが、本日同僚議員のほうから、あの物件については片づけをしているとの報告を受けたところでございます。

 次に、西幸集会所の改修について現地視察を行いました。この補正額につきましては100万円であります。

 また、柵原地域の南和気荘の体育館の舞台の改修について、地元の関係者の方々からの説明を受けました。現在の舞台の施設は重たくて、すき間もでき、危険であり、敬老発表、文化発表会など利用するので危険であるとのことで、施設整備を安全性の高いものとするもので、補正額は250万円です。

 また、エイコンパークの土地の公売物件の現地説明では、全体の3分の2がのり面であり、平たん地についての公売との関係を十分に考慮していきたいとの説明でした。

 最後に、柵原地区で太陽光発電の整備を行っている旧津山ゴルフ場の造成中の施設を視察いたしました。今後のソーラーパネルの設置などの説明を受けました。事業者は一条工務店、発電規模は約56メガワット、1万9,900世帯分が賄えるということです。造成工事は29年1月までで、パネル設置が29年1月から32年1月の3年計画で、稼働開始が32年3月予定で、造成費が5億3,000万円、全体の事業費は約200億円で、完成をいたしましたら岡山県で第2位の施設となるとの説明がありました。

 以上、簡単ですが、現地視察の報告といたします。

 以上で総務常任委員会の6月8日に行いました委員会及び現地視察の報告を終わります。



○議長(貝阿彌幸善君) ご苦労さまでした。

 以上で総務常任委員会に係る審査報告を終わります。

 次に、民生教育常任委員会に係る審査報告を委員長に求めます。

 12番松島議員。



◆12番(松島啓君) 失礼いたします。

 それでは、民生教育常任委員会の報告をいたします。

 平成28年6月9日午前9時から本庁3階小会議室におきまして民生教育常任委員会を開催いたしました。出席議員は4名で、林田議員は一身上の都合により欠席届が出ております。本定例会で当委員会に付託されました議案、専決処分1件、予算案件1件、合計2件につきまして審査しましたので、その経過と結果を報告いたします。

 まず、議案第81号専決処分の承認を求めることについてでありますが、平成27年度美咲町住宅新築資金等貸付事業特別会計に歳入不足が生じたため、平成28年度の同会計から繰上充用を平成28年5月31日付で行ったものであります。それに伴いまして、平成28年度美咲町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)の歳入歳出予算の総額にそれぞれ2,799万4,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ3,374万円としたものであります。昨年も同時期に同じ処理をしておりますが、昨年度より37万1,000円滞納分が少なくなったということであります。審査の結果、議案第81号は原案どおり承認いたしました。

 次に、議案第84号平成28年度美咲町一般会計補正予算(第1号)の所管の款項についてでありますが、歳出の主なものは、これ以下款項の順番が前後いたしますが、担当課ごと審査の順番で報告をさせていただきます。

 まず、こども課でありますが、民生費の中で次世代育成支援対策事業28万8,000円の追加は、町内全保育園で月1回体操指導を行うもので、NPO法人柵原星の里スポレク倶楽部への委託料であります。昨年度は文部科学省の事業で行っていたものですが、国の補助がなくなり、保育園からの強い要望で本年度は町の事業で行うものであります。

 続きまして、福祉事務所でありますが、臨時職員の人件費など147万9,000円を年金生活者等支援臨時福祉給付金事業から臨時福祉給付金事業に振りかえるものであります。

 続きまして、住民課でありますが、戸籍住民基本台帳費8万5,000円の追加は、臨時職員の人件費であります。

 続きまして、健康福祉課でありますが、地域包括ケアシステム構築促進事業900万円の追加は、来年度から本格的に開始する新総合事業の通いの場、本年度は3カ所のモデル地区でありますが、その拠点施設整備を要望により行うもので、財源の2分の1が県の補助金であります。

 また、旭保健センターのエレベーターの電気基盤の修理に14万1,000円の追加であります。

 続きまして、教育委員会教育総務課でありますが、実践的安全教育総合支援事業70万円の追加は、柵原中学校区で防災安全教育に取り組むもので、防災に関する図書の購入費などであります。財源は100%県の補助金であります。

 また、富田泰司教育福祉振興基金事業のうち、備品購入費及び旅費147万円を委託料に振りかえるもので、これは6月19日に美咲中央小学校で行われます映画上映「はなちゃんのみそ汁」及び10月8日の柵原文化センターで行われます社会福祉大会において、タレントで現在一億総活躍国民会議の民間議員をされております菊池桃子氏の講演委託料であります。

 また、小学校費では、柵原東小学校のプールの配管の修繕などに12万8,000円の追加、美咲中央小学校の防犯カメラ5台のリース料32万1,000円の追加、また小学校における不登校対策実践研究事業79万3,000円の追加は、これも県の補助事業で、不登校に対する支援員の賃金及び不登校対策の研修における講師謝金であります。

 また、中学校費では、柵原中学校体育館の雨漏りの修繕費に63万7,000円の追加であります。

 最後に、教育委員会生涯学習課でありますが、柵原文化センターの天井の照明の修繕に21万1,000円の追加、また町史編さん事業の需用費1,500万円を編集委員30人の業務委託料に組み替えるもの、また柵原エイコン図書館の雨漏り修繕費99万4,000円の追加、また生涯スポーツ事業18万円の追加は、みさきっ子体育教室の参加者が29人ふえたことに伴う講師1名分の報償費であります。

 審査におきましての質疑でございますが、以下議案に直接関係ないものもありますが、あわせて報告をさせていただきます。

 こども課では、配偶者暴力、DVの町内の現状はということでありますが、昨年度から現在までで5件が表面化しており、人口規模を考えると多い状況である。関係課の連携、研修会などで防止対策を行っているとのことでありました。

 また、児童館の運営状況はという質問でありますが、加美児童館は1日89人と利用が多く、目が届くようにしなければならない。また、柵原児童館のことも含め、今後児童館の運営、あり方についても協議をする必要があると考えているとのことでありました。

 また、本年4月から出産祝い金制度ができたが申請状況はということでありますが、6月9日現在、第1子で3人、第2子3人、第3子6人の合計17人が申請をされているということで、またほか2人の方が出産はされていますが、在住1年未満などの理由で現在未申請になっているとのことでありました。

 次に、福祉事務所でありますが、各種給付金の申請状況はということでありますが、答弁といたしまして、高齢者向けの年金生活者等支援臨時給付金は7月11日が締め切りで、6月9日現在、約90%の方が申請をされているということでありました。

 また、平成28年度の臨時福祉給付金は8月1日から来年の2月1日までの申請、また年金生活者等支援臨時給付金の障害遺族基礎年金受給者向けも8月1日から2月1日まで、また町の黄福給付金は11月1日から2月1日までの受け付けにしているとのことであります。申請給付を分けているのは、システム上での対応、また事務の混乱が起きないようにしているためとのことでありました。

 また、町の黄福給付金の支給要綱はできているのかという質問でありますが、申請に間に合うように準備するとのことでありました。

 続きまして、民生児童委員の担当地域の区割りに基準があるのかという質問でありますが、民生委員は市町村の場合、1人の担当地域が60から200世帯が望ましいとされている。また、現在民生委員は中央地域が24人、旭地域が17人、柵原地域が26人である。また、主任児童委員の定数が人口減のため、町全体で6人から3人に本年12月から変更になるとのことでありました。

 続きまして、住民課でありますが、ごみ処理が新クリーンセンターに統一されたが、受け入れ状況はどうかということでありますが、可燃ごみは減り、プラスチック類などのリサイクルはふえている状況である。そのため、プラスチック類の収集は月1回から2回にふやしたとのことでありました。

 また、旧のごみ袋は6月末で使えなくなるが、周知徹底ができているかという質問でありますが、告知放送などで知らせている。また、期限を過ぎても旧のごみ袋は1枚単位で新しい袋と交換する。粗大ごみ、不燃物などの札やシールも新しいシールと交換するとのことでありました。

 また、健康福祉課でありますが、通いの場のモデル地区3カ所の現在の様子はどうかということでありますが、塚角地区は週1回、20人から30人の方が生き生きと活動をされている。錦織地区、西川地区は月1回で現在スタートしたばかりである。交通手段の確保などが課題として上がっているとのことでありました。

 また、介護保険事業は、第6期の初年度が終わり2年目に入ったが運営状況はどうかということでありますが、第5期と比べると第6期認定率が下がり、認定者も100人ほど減っている状況であるが、施設入所がふえているということであります。単年度では約5,500万円ほどの黒字になる予定であるということでありました。

 次に、教育委員会教育総務課でありますが、美咲中央小学校の防犯カメラを購入からリースにしているが、他校もリースにしているのかという質問で、中央中学校は建設当時の備えつけである。他の小・中学校は全てリースであるとのことであります。

 また、当初予算でありますが、小学校のパソコンを一括購入するという説明があり、機器の進歩に対応するため、また経費の面からもリースのほうがよいのではという意見があったが、検討しているかとの質問でありますが、当初リースの件も検討したが、財源の関係で教育施設整備基金を使って購入する予定であるとのことであります。

 また、教育委員会生涯学習課でありますが、みさきっ子体育教室の参加者はということで、定員50人で本年29人ふえ79人となったので、補正予算で講師1人分の増員の予算をお願いした。参加対象は4歳から小学校6年生までだが、4歳、5歳の参加が多いとのことでありました。

 以上、議案第84号平成28年度美咲町一般会計補正予算(第1号)の所管の款項につきましては、審査の結果、全会一致で原案どおり承認いたしました。

 最後に、現地視察、現地確認でありますが、柵原地域書副地内にありますエイコン図書館に現地確認に行きました。エイコン図書館は平成12年に完成しており、今回の補正予算で図書館内の雨漏りの修繕が上がっておりまして確認したところであります。約1メートル角に雨水が天井ににじんでいる状態であり、屋根の上にも上がって確認もいたしました。今回は屋根の一部の防水処理、室内の天井部分の石こうボード等の修繕を行うとの説明であり、委員全員が確認をしたところであります。

 以上で民生教育常任委員会の報告を終わりとさせていただきます。採決に当たりましては、委員の皆様どうぞお取り計らいのほどよろしくお願いいたします。



○議長(貝阿彌幸善君) ご苦労さまでした。

 以上で民生教育常任委員会に係る審査報告を終わります。

 次に、産業建設常任委員会に係る審査報告を委員長に求めます。

 13番下山議員。



◆13番(下山和由君) 失礼します。産業建設常任委員会の委員会報告をさせていただきます。

 平成28年6月7日、当委員会に付託されました諸議案並びに報告事項について、当日午前9時より小会議室で関係課長並びに職員同席のもとに審査を行いました。当委員会に付託されました議案は2議案のみで、陳情、要望はありません。

 それでは、上下水道課より審査報告に入ります。

 まず、提案書の報告第1号からでありますが、特別会計予算繰越明許費繰越報告書に基づき順次報告がありました。柵原中央簡易水道事業特別会計臨時管理費として繰越額1,000万円については、簡易水道公営企業会計移行業務委託料で平成28年度会計との債務負担行為で現在進めており、工期は3月末とのことです。

 また、維持補修費繰越額6,800万円につきましては、高城地内の民地部分の排水管布設工事で5月末に完成しているとのことでありました。

 次に、柵原公共下水道特別会計下水道整備事業の繰越額2,149万円につきましては、雨水工事部分で、久木地区の舗装とポンプ施設工事費で、現状についてはほぼ済んでいるとのことでありました。

 中央公共下水道事業特別会計維持補修費の繰越額770万円につきましては、下水道工事の補償工事で保健センター横の町道に横断溝を設置工事で今工事中であるとのことでありました。

 続いて、議案第86号美咲町柵原公共下水道特別会計補正予算(1号)について報告に入ります。

 1,990万円の追加予算で、歳入については繰越金を充てるもので、歳出の下水道臨時管理費190万円については、予定していた事業費3,700万円に対し、精算額が3,820万円、出来高不足額が380万円となり、2分の1が国庫補助であり、補助金を既に受領しているため190万円の返還金が生じたためのことでした。

 また、長期繰上償還金1,800万円については、今年1月臨時議会において藤原雨水対策事業の工法変更に伴い、国庫補助金の返還金を承認していた事業費の歳入の起債、財政融資、過疎債分の償還金であります。

 以上、提案書の報告並びに議案第86号の報告が終わりました。

 異議なく承認したところであります。

 続いて、提案書について質疑があり、委員から、繰越工事の工期についてどのように決めているのか、上下水道関係ではないが、工期をずるずる延ばして通行どめで地元住民に大変迷惑をかけていると。下水道臨時管理費の返還金については、出来高不足がなぜ発生したのか、今後の予定は長期債繰上償還金については名称が繰上償還金でなく、返還金ではないかとの質問がありました。繰越工期につきましては、適正工期、また正当な理由での工期延期を行っておると。通行どめで行う工事については、工事に着手したら現場をあけず、早期完成するよう指導しているとの回答があったわけでございます。

 続いて、出来高不足については、当初契約の請負金額、工事箇所隣接地に民家があり、地盤沈下、傾きなどが予測されるため、地盤改良を別発注をしたためとともに、当初契約工事に路面排水などの変更も生じたためと請負工事費を3月31日で打ち切り精算を行ったため事業費が減額したものであると。

 また、本年度藤原雨水対策事業については、国庫補助金2,500万円、事業費で5,000万円で要望どおり割り当てがついており、昨年度積み残した箇所の工事並びにゲートポンプ場の設計委託を行いたいとの回答があったところであります。

 また、長期債繰上償還については起債の元金なので、予算書では返還金ではなく繰上償還金ですとの回答がありました。

 提案書の質疑終了後、その他で委員から、空き家が近年多いが、水道メーターの廃止などをしているのか、管理は簡易水道の企業会計化は29年度から行うのか、人口減少傾向であるが、料金改定は公共下水道事業で計画変更申請書作成業務を委託発注をしているが、どういった内容なのかという質疑がありました。質疑に対しましては、まず空き家の水道メーター管理は現在廃止は原則行わず、使用開始、中止で行っておると。水道の企業化については現在固定資産台帳整備を行っており、29年度から移行の整備を行っているが、システムの導入を民間でした場合、維持管理費も含め多大の金額がかかるため、情報公社との協議を進めており、少しでも金額を抑えるため移行時期をぎりぎりまで引き延ばすか検討しておると。水道料金改定については、企業会計導入後にしたいが、移住、定住促進、少子化対策等の政策を考えてはいけないが、近隣市町村の料金も参考にしながら料金を改定を行いたいと。公共下水道事業、計画変更申請作成業務については、7年に1度の直しで、今年度が更新年度で事業期間延長に伴う委託料業務であるといった回答、報告がありました。

 以上の件につきましては異議なく承認をいたしたところであります。

 続きまして、午後より現地視察に入りました。ご報告をさせていただきます。

 まず、打穴中受水地新設工事現場でありますが、昨年同様現地にて進捗状況、基礎を見学、工事中でこれからステンレスパネルの組み立てを行い、完成時期は本年12月、使用開始時期は水質検査等があり、来年1月から使用したい。場内整備については、町内の業者に発注したいといった報告がありました。

 以上で上下水道課へ付託されました議案、報告についての審議を終わります。

 続きまして、産業建設観光課分に入ります。

 平成28年度一般会計補正予算でありますが、同様6月7日に審査を行い、午前中取り組み補正予算、午後に津山農業協同組合のブドウ出荷施設の建設予定地を現地視察したところであります。

 まず、議案第84号一般会計補正予算(1号)について主なものにつきましては、農林水産業費の農業総務費の補正額7,290万円につきましては、内訳としましてはブドウ集出荷施設整備のため、津山農協へ交付する補助金であるとのことであります。国庫補助事業で全体事業費が1億5,746万円と伺っております。

 また、同じく農林水産業費の農業振興費としまして、ブドウ集出荷出荷施設の建設負担金、これは美咲町分で概算でありますが、2,790万円。建設負担金については、あくまでも現在調整中であり、確定額ではないとのご報告を受けております。

 また、同じく農地費で、土地改良事業費で、地域ため池総合整備事業の135万円につきましては、町内ため池のハザードマップを作成とのことであります。

 また、水力等再生可能エネルギー導入推進事業として500万円。長原ダムにおける小水力発電施設整備について平成27年度に設置可能かどうか案件形成を行い、平成28年度概略設計を行い、事業費の概算及び経済性の検討を行うもので、今年度導入できるかどうかを決定する。100%国庫補助事業とのことであります。

 また、農林水産業費治山費としまして、林地災害防止事業の600万円。内訳としましては、旭地域の江与味地内、老人共同作業所の裏山が崩壊したため、のり面の崩壊防止工事であります。

 また、土木費としまして、道路維持費としまして199万円。内訳としましては、道路維持臨時管理費として町道カマヘ線未登記部分の分筆測量の委託費であります。

 また、道路新設改良費としまして、減額1億3,441万円につきましては、町道改良事業費としまして4,950万円の中で、過疎対策事業として単独町事業費から起債事業に組み替えを行ったもの及び町道において地すべりの疑いがある箇所が発見され、調査委託料など新規計上したものであります。

 また、町道舗装費としまして減額の1,449万円につきましては、過疎対策事業として550万円。これにつきましては、改良工事路線の増加に伴う計上であります。

 また、辺地対策事業としましては、減額の2,000万円。辺地対策事業で平成28年度実施予定していた路線が平成27年度で完了したための減額であるとのことです。

 また、社会資本整備総合事業減額の1億3,765万円につきましては、社会資本整備総合交付金事業が減額の8,100万円。国の内示額が減額されたため事業調整を行ったためとのことです。

 また、防災対策交付金事業減額の1億731万円につきましては、国の内示額が減額されたことによる事業調整及び別事業への組み替えを行ったためのことであります。

 また、防災安全交付事業、これ起債分でありますが、5,116万円につきましては、事業の組み替えを行ったため。国への事業要望を行っても希望額まで交付金の割り当てがもらえないため、美咲町のためということであります。

 また、道路整備交付金事業として減額の3,177万円につきましては、国の内示額による調整ということであります。

 以上、産業建設観光課関係につきまして、異議なく承認をしたところであります。

 続きまして、報告第1号平成27年度の美咲町一般会計及び特別会計予算繰越明許報告がありましたので、ご報告をさせていただきます。

 産業建設観光課関係につきましては、総計10事業費、総額が4億6,727万円、そのうち繰越額が2億1,163万円と伺っております。特に道路橋梁費関係を8件、中でも町道改良事業費が1億8,566万円、うち繰越額が2,330万円、また社会資本整備総合事業が1億1,694万円、繰越額が8,720万円と伺っております。

 続きまして、現地報告のほうをさせていただきます。

 同じく同日午後より、今定例会において予算措置を行っておりますJAつやまブドウ集出荷施設整備箇所及び打穴を現地視察をしたところであります。

 まず、JAつやまブドウ集出荷施設整備箇所につきましては、南部営農センターでJA職員から、資料に基づき利用地区、津山市、鏡野町、美咲町、建物1棟819平方メートル、日常処理能力12トン、年間処理量500トン、利用農家数212戸、昨年度出荷数が364トンで、平成30年度に500トンを目指すといった説明があり、その後建設予定地に行き、現地建物の配置等説明。進入路が狭いため、道路改良のお願いを受けた次第であります。道路改良につきましては、JA及び経済連、全農などで負担するよう意見を付しておいたところでございます。

 以上で産業建設観光課関係全ての報告を終わります。

 以上であります。



○議長(貝阿彌幸善君) ご苦労さまでした。

 以上で各常任委員会に付託した諸案件全部の報告を終わります。

 日程第2、委員長報告に対する質疑。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。

 順次質疑を願います。

 質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で委員長報告に対する質疑を終わります。

 日程第3、討論。

 これから討論を行います。

 順次発言を願います。

 討論ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で討論を終わります。

 日程第4、表決。

 これから採決します。

 まず、議案第80号、議案第81号の2議案を一括して挙手により採決します。

 委員長の報告はいずれも原案承認であります。

 議案第80号、議案第81号の2議案をいずれも委員長の報告のとおり承認することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、議案第80号、議案第81号の2議案はいずれも委員長の報告のとおり承認されました。

 次に、議案第82号、議案第83号の2議案を一括して挙手により採決します。

 委員長の報告はいずれも原案可決であります。

 議案第82号、議案第83号の2議案をいずれも委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手多数です。よって、議案第82号、議案第83号はいずれも委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第84号一般会計補正予算を挙手により採決します。

 各委員長の報告は原案可決であります。

 議案第84号を各委員長の報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は各委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第85号、議案第86号の特別会計補正予算2議案を一括して挙手により採決します。

 議案第85号、議案第86号の2議案をいずれも委員長の報告のとおり原案可決と決定することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、議案第85号、議案第86号の2議案はいずれも委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第87号を挙手により採決します。

 委員長の報告は原案可決であります。

 議案第87号を委員長の報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第88号倭文西財産区管理委員の選任同意について挙手により採決します。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の諸君は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案に同意することが決定されました。

 次に、諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについては、山下善教氏を適任とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) ご異議なしと認めます。したがって、諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦については山下善教氏を適任とすることに決定しました。

 続きまして、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについては、池上成子氏を適任とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) ご異議なしと認めます。したがって、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦については池上成子氏を適任とすることに決定しました。

 続きまして、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについては、三舩左千子氏を適任とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) ご異議なしと認めます。したがって、諮問第3号人権擁護委員候補者の推薦については三舩左千子氏を適任とすることに決定しました。

 続きまして、諮問第4号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについては、赤堀幸彦氏を適任とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) ご異議なしと認めます。したがって、諮問第4号人権擁護委員候補者の推薦については赤堀幸彦氏を適任とすることに決定しました。

 日程第5、追加議案の報告並びに上程。

 お手元に配付しておりますとおり、町長から追加議案3件が送付されております。

 職員に朗読させますからお聞き取りください。

 議会事務局長。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(貝阿彌幸善君) 次に、議員提出案件1件が提出され、所定の賛成者がありますので、これを受理しています。

 職員に朗読させますからお聞き取りください。

            〔議会事務局職員朗読〕



○議長(貝阿彌幸善君) ただいま職員が朗読しました案件を一括本会議に上程します。

 日程第6、提案者の説明。

 議案第89号から議案第91号までの3議案について町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(定本一友君) それでは、失礼をいたします。追加提案の計上が許可されましたので、追加提案につきまして、提案理由の説明をこれから行わさせていただきます。

 まず、議案第89号美咲町財産の交換・譲与・無償貸付け等に関する条例の一部を改正する条例でございます。これにつきましては、提案理由といたしましては地方自治法昭和22年法律第67号で定められている行政財産の貸し付けにおいて無償貸付等を可能にするために提案をさせていただいたところでございます。

 続きまして、一般会計の補正予算でございます。

 一般会計の補正予算につきましては、歳入歳出予算にそれぞれ総額1,210万円を追加をいたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ106億5,621万7,000円とするものでございます。歳入におきましては款国庫支出金でございまして、国庫補助金でおきまして1,200万円、それから繰越金につきましては10万円でございまして、合計1,210万円の歳入でございます。

 また、歳出につきましては、総務費の総務管理費でございまして、1,210万円が歳出でございます。

 続きまして、特別会計でございまして、美咲町柵原中央簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)でございますけれども、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,900万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,489万7,000円とするものでございます。内訳につきましては、歳入におきまして諸収入といたしまして1,900万円、合計1,900万円でございます。歳出におきましては衛生費といたしまして1,900万円でございます。

 以上で3件につきましての提案理由の説明を終わりとさせていただきます。どうぞ皆様方のご採決をひとつよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(貝阿彌幸善君) ここでお諮りします。

 発議第3号については、会議規則第39条第2項の規定により、提案理由の説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。したがって、発議第3号については提案理由の説明を省略することに決定しました。

 日程第7、議案に対する質疑。

 これから議案に対する質疑を行います。

 順次質疑を願います。

 質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で議案に対する質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっています議案第89号から議案第91号までの3議案及び発議第3号については、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 異議なしと認めます。したがって、議案第89号から議案第91号までの3議案及び発議第3号については委員会付託を省略することに決定しました。

 日程第8、討論。

 これから討論を行います。

 順次発言を願います。

 討論ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(貝阿彌幸善君) 以上で討論を終わります。

 日程第9、表決。

 これから採決します。

 議案第89号を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第90号美咲町一般会計補正予算を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第91号美咲町柵原中央簡易水道事業特別会計補正予算を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、発議第3号を挙手により採決します。

 原案に賛成の方は挙手を願います。

            〔賛成者挙手〕



○議長(貝阿彌幸善君) 挙手全員です。したがって、発議第3号は原案のとおり可決されました。

 以上をもって今期定例会の議事は全て終了しました。

 この際、町長の挨拶をいただきます。

 町長。



◎町長(定本一友君) 平成28年6月定例会の議会の閉会に当たりまして一言ご挨拶を申し上げさせていただきます。

 ただいまは、我々が提案いたしました全議案に対しまして可決をいただきましたことに対しまして感謝申し上げます。大変ありがとうございました。

 5月、6月は総会続きということでございまして、多くを出席をさせていただいたところでございますけれども、決算、予算ということで重要な会議であり、それぞれの問題点も聞かせていただいたところでございます。当町におきましても浮き彫りになってまいりました世帯の低所得化、また子供の貧困、高齢者の方々の実質年金の目減り等経済面での困難が表面化してまいりました。それは即生活、特に福祉に関係をしてまいります。懸念をしておるところでございます。今後とも議会の皆様方と安心・安全なまちづくり、住んでいてよかったまちづくりに邁進していきたいと、このように思っておるところでございます。ご協力、ご支援のほどをひとつよろしくお願いを申し上げる次第でございます。

 梅雨も今始まったばかりでございます。じめじめした気候でございます。お体には十分ご自愛をされまして、公私ともにご活躍されますことを祈念を申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。本日は大変ありがとうございました。



○議長(貝阿彌幸善君) 私のほうからも、閉会に当たりまして一言ご挨拶を申し上げます。

 町民の皆様方には、梅雨真っただ中、田植えもほぼ終わり、農作業は一息ついている時期でしょうか。ことしも気温のほうは真夏日を超える異常気温と多湿度により食中毒の注意報が発令されるなど日々の生活には十分注意され、送日いただきたいと思います。

 我々議会は閉会しますと9月定例会までの間には、7月には各委員会による行政視察、研修会、8月の議会報告会並びに意見交換会と開催が目の前に控えており、その資料づくり、また各組合議会、決算監査、県議長会の研修会等々大変忙しい時期であります。議員各位におかれましては体調管理には十分注意し、万全を期して臨んでいただきますようにお願いをいたしておきます。

 また、最後に執行部の皆様には今定例会での一般質問、委員会審議等指摘いたしましたことは真摯に向き合い、町民の皆さんの期待に応えていただく政策実行をいただきますようにお願いを申し上げまして、私の挨拶といたします。

 これをもって平成28年第4回美咲町議会定例会を閉会します。(午後4時05分)







 以上会議録の次第は書記の記載したものであるが、その内容の適正であることを確認し、ここに証明する。







 平成   年   月   日







            美 咲 町 議 会 議







            美 咲 町 議 会 議







            美 咲 町 議 会 議