議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成15年 6月定例会 06月18日−01号




平成15年 6月定例会 − 06月18日−01号







平成15年 6月定例会



            早 島 町 議 会 会 議 録

            平成15年6月18日( 水 曜 日 )

            ───────────────

            議 事 日 程 ( 第 1 号 )

午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 諸般の報告

第4 備南衛生施設組合議会議員の選挙について

第5 議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)

   議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

   議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(早島町特別土地保有税審議会条例を廃止する条例)

   議案第29号 専決処分の承認を求めることについて(平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第3号))

   議案第30号 専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第1号))

   議案第31号 専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第1号))

第6 議案第32号 早島町事務手数料条例の一部を改正する条例について

   議案第33号 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について

   議案第34号 岡山県市町村職員退職手当組合、岡山県市町村職員互助組合、岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する組合市町村数の減少及び組合規約の変更について

   議案第35号 平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第2号)について

         ・質疑

         ・委員会付託

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第6まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            出  席  議  員(14名)

 1番  舩  越  健  一 君      2番  福  田     健 君

 3番  大  原  安  生 君      4番  原     光  俊 君

 5番  平  岡     守 君      6番  須  増  伸  子 君

 7番  川  北  隆  之 君      8番  磯  山  卓  宏 君

 9番  安  原     昇 君     10番  太  田  尅  子 君

11番  小  池  宏  治 君     12番  林        勇 君

13番  小  橋  澄  男 君     14番  寺  山  邦  夫 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠  席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      安 原 良 一 君     収入役     磯 山   守 君

教育長     溝 手 憲一郎 君     理事      佐 藤 喜世文 君

副理事     水 畑 千 歳 君     総務課長    森 安 茂 彦 君

企画振興課長  林   耕 市 君     税務課長    原   一 雄 君

町民生活課長  福 島   晃 君     保健福祉課長  平 井 京 治 君

産業建設課長  平 松 保 之 君     上下水道課長  佐 藤 寿 一 君

町民総合会館長 小野田 修 作 君     社会教育課長  太 田 尚 良 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

局長      原   隆一郎 君     書記      溝 手 祐 佳 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







            午前10時0分 開会



○議長(寺山邦夫君) 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成15年6月早島町議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布したとおりでございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(寺山邦夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において7番川北隆之君、8番磯山卓宏君を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(寺山邦夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から6月24日までの7日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は7日間と決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 諸般の報告



○議長(寺山邦夫君) 日程第3、諸般の報告をいたします。

 町長より報告事項がありますので、報告をしていただきます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 皆さんおはようございます。

 議員の皆様方におかれましては、大変お忙しい中、また足元の悪いとき、6月定例議会に御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 それでは、ただいま上程になりました報告第1号並びに報告第2号につきまして、御説明をさせていただきます。

 まず、報告第1号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計繰越明許費繰越計算書についてでございますが、本案は去る3月定例議会で御議決いただきました繰越明許費でございまして、6款農林水産業費、1項農業費の水路改修整備事業で3,141万4,000円、金田地区水路整備委託事業で1,750万円、8款土木費の2項道路橋梁費の町道80号線道路改良事業で450万円、町道223号線道路改良事業で1,130万6,000円及び3項都市計画費の二間川親水公園整備事業で4,578万円をそれぞれ平成15年度に繰り越したものでございます。

 次に、報告第2号平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算繰越計算書についてでございますが、これにつきましては、地方公営企業法第26条第1項の規定によります建設改良の繰越額の報告でございまして、内容といたしましては県道早島駅前線の道路改良工事の工事遅延及び町水路改修工事の繰り越しに伴います配水管新設工事費620万円を平成15年度に繰り越したものでございます。

 以上2件、御報告を申し上げます。どうかよろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 以上で町長の報告を終わります。

 続いて、議長報告をいたします。

 本日までに請願3件、陳情6件が提出され、これを受理しております。会議規則第92条第1項の規定により、お手元に配布した請願・陳情文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたしましたから、報告いたします。本会期中に審査を終えられるようお願いいたします。

 次に、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納検査の結果報告書がお手元に配布されております。朗読は省略いたします。

 以上で議長報告を終わります。

 これをもって諸般の報告を終了いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 備南衛生施設組合議会議員の選挙について



○議長(寺山邦夫君) 日程第4、備南衛生施設組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、議長により指名推選にいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、備南衛生施設組合議会議員に小池宏治君、舩越健一君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名いたしました小池君と舩越君を備南衛生施設組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました小池君と舩越君が備南衛生施設組合議会議員に当選されました。

 ただいま備南衛生施設組合議会議員に当選されました小池君、舩越君が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定により告知をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)

      議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

      議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(早島町特別土地保有税審議会条例を廃止する条例)

      議案第29号 専決処分の承認を求めることについて(平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第3号))

      議案第30号 専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第1号))

      議案第31号 専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第1号))



○議長(寺山邦夫君) 日程第5、議案第26号専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)、議案第27号専決処分の承認を求めることについて(早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)、議案第28号専決処分の承認を求めることについて(早島町特別土地保有税審議会条例を廃止する条例)、議案第29号専決処分の承認を求めることについて(平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第3号))、議案第30号専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第1号))、議案第31号専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第1号))でございますが、この6議案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) ただいま上程になりました議案第26号から議案第31号までの6議案につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案第26号専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)についてでございますが、本案は地方税法の一部を改正する法律が去る3月31日に公布され、4月1日からの施行となったために、町税条例の一部改正を専決をさせていただいたものでございます。

 内容につきましては、特別土地保有税の課税停止、平成15年度の固定資産税の評価がえに伴う土地に係る固定資産税の負担調整、配当所得及び株式等譲渡所得に係る課税方式の見直し等を行うとともに、配偶者控除に上乗せして適用される部分の配偶者特別控除の廃止、町たばこ税の税率の引き上げ等でございます。

 次に、議案第27号専決処分の承認を求めることについて(早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)につきましてでございますが、本案につきましては地方税法等の一部を改正する法律が去る3月31日に公布され、4月1日からの施行となったため、早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例を専決させていただいたものでございます。

 内容につきましは、国民健康保険加入者のうち、介護保険第2号被保険者の課税限度額を「7万円」から「8万円」に引き上げること等でございます。

 次に、議案第28号専決処分の承認を求めることについて(早島町特別土地保有税審議会条例を廃止する条例)についてでございますが、本案は地方税法の附則第31条の改正により、平成15年度以降、特別土地保有税の課税を行わないことになり、早島町特別土地保有税審議会条例を廃止をするものでございます。

 次に、議案第29号専決処分の承認を求めることについて(平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第3号))についてでございますが、本案につきましては平成15年1月及び2月診療分の医療費が予定を大幅に上回る伸びとなりまして、歳入歳出それぞれ1,659万円を追加いたし、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億3,706万4,000円とするものでございます。

 内容につきましては、医療給付金に1,659万円を追加いたしまして、これに対する歳入といたしまして、支払基金交付金1,095万円、国庫支出金464万円及び県支出金100万円をそれぞれ追加したものでございます。

 次に、議案第30号専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第1号))につきましては、平成15年度一般会計予算から平成15年度老人保健特別会計へ繰出金を追加をさせていただいたものでございます。

 内容につきましては、歳入歳出それぞれ1,588万5,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億8,078万5,000円とするものでございます。

 次に、議案第31号専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第1号))につきましては、前議案も関連をいたしておるわけでございまして、老人保健特別会計の平成14年度における1月、2月診療分の医療費が大幅に伸びたことによりまして、この財源となります支払基金交付金、国、県の支出金が平成14年度内の収入とならないために、地方自治法施行令第166条の2の規定により、平成15年度の歳入を繰り上げて、これに充てる繰上充当をさせていただいたものでございます。

 内容につきましては、歳入歳出それぞれ3,345万3,000円を追加をいたしまして、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億5,892万4,000円とするものでございます。

 以上、専決処分につきまして概略を御説明申し上げましたが、詳細につきましては、それぞれ担当課長に説明させますので、御審議の上、御承認を賜りますようどうかよろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 失礼いたします。それでは、議案第26号の御説明に入る前に、ちょっと一部訂正をお願いしたいと思います。新旧対照表をお開きいただきたいと思います。

 新旧対照表の17ページの改正案第12条の2の3行目から4行目にかけて、「平成12年度から平成14年度」を「平成15年度から平成17年度」に改めていただきたいと思います。

 次に、18ページ、改正案条例第13条の1行目、「平成12年度から平成14年度まで」を「平成15年度から平成17年度まで」に改め、アンダーラインをお願いし、あわせまして原稿の13条の条文中、「平成12年度から平成14年度まで」をアンダーラインをお願いいたします。よろしくお願いいたします。

 それでは、議案第26号について御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第26号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 以下、改正条例の朗読は省略させていただきまして、お手元に町税条例の一部を改正する条例の概要をお配りしておりますので、これによりその概要を説明させていただきます。

 まず、第19条につきましては、地方税法の改正に伴い、特別土地保有税審議会が廃止されたための規定の整備でございます。

 次の第31条の改正につきましては、均等割非課税法人に収益事業を行わない政党または政治団体を追加したものでございます。

 なお、本町においては該当はありません。

 次の第33条につきましては、法第313条の改正に伴い、配当所得、株式等譲渡所得に係る課税方式の見直しを行うための規定の整備でございます。改正内容は、所得割の課税標準として、譲渡益に一律5%、ただし5年間は地方税3%の源泉徴収のみの納税で完了するものでございます。

 次に、第34条の8につきましては、法第314条の8の新設に伴う規定の整備でございます。改正の内容は、総合課税を選択した場合の配当割額または株式等譲渡所得割額の控除規定の新設でございます。

 第36条の2につきましては、施行令の改正による規定の整備でございます。改正内容は、町民税の申告について社会保険料控除額は政令で定める社会保険料控除額とするものでございます。

 次の第54条につきましては、法第343条の改正に伴う規定の整備でございます。改正の内容は、土地区画整理法による土地区画整備事業まはた土地改良法による土地改良事業を独立行政法人緑資源機構が独立行政支援機構法に基づいて創設されたことに伴う規定の整備で、本町には現在該当はありません。

 次の第87条、89条、90条、91条につきましては、法第447条の改正に伴う規定の整備でございます。内容は、軽自動車税に関する申告書、報告書、減免標識交付等の様式改正及び内容の規定の整備でございます。

 次の第95条につきましては、法第468条の改正に伴うたばこ税の税率を「1,000本につき2,434円」を「1,000本につき2,743円」に引き上げを行う改正でございます。

 第131条につきましては、法第587条の2の改正に伴う独立行政法人の設立による規定の整備でございます。

 なお、本町では該当ありません。

 次の第140条につきましては、法第607条の改正に伴う規定の整備でございます。内容につきましては、特別保有税に係る不足税額等の納付手順についての整備でございます。

 なお、本町で該当はありません。

 次の附則第5条につきましては、法附則第3条の3の改正に伴う規定の整備でございます。内容につきましては、配当割額または株式等譲渡所得割額の控除規定の追加でございます。

 次の附則第6条につきましては、法附則第4条削除に伴う規定の整備でございます。改正内容は、源泉分離課税を選択した株式等に係る配当所得の規定を削除するものでございます。

 次の附則第6条の2につきましては、規定の整備でございます。

 次の附則第7条につきましては、法附則第5条の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、個人の町民税の配当控除について、配当割額または株式等譲渡所得割額の控除規定を追加するものでございます。

 次に、4ページの附則第7条の2につきましては、法附則第5条の2の新設に伴う規定の整備でございます。改正内容は、配当割額または株式等譲渡所得割額の控除の特例で、軽減税率の創設に伴い、平成17年度から平成12年度まで各年度分の個人の町民税に係る第34条の8第1項の規定について「100分の68」とあるのを「3分の2」にするものでございます。

 次に、附則第8条につきましては、法附則第6条の改正に伴う規定の整備でございます。

 次の附則第11条、附則第11条の2及び附則第12条につきましては、法附則第17条、法附則第17条の2及び法附則第18条の改正に伴う字句の整備でございます。

 次の附則第12条の2につきましては、法附則第18条の2の改正に伴う規定の整備でございます。

 次の附則第13条につきましては、法附則第19条の改正に伴う字句の整備でございます。改正内容は、農地に対して課する平成12年度から平成14年度までの各年度の固定資産税の特例を平成15年度から平成17年度まで延長するものでございます。

 附則第13条の2につきましては、法附則第29条の7の改正により、市街化区域農地の課税標準の特例の創設に伴い、課税標準額の上限を3分の1にするものでございます。

 次に、附則第13条の3につきましては、法附則第20条の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、価格が著しく下落した土地に対して課する平成15年度から平成17年度までの各年度分の固定資産税の課税の特例を規定したものでございます。

 次の附則第14条につきましては、法附則第29条の7の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、一般市街化区域農地に対する固定資産税について、課税標準の上限を評価額の3分の1とするものでございます。

 次の附則第14条の2につきましては、法附則第31条の新設に伴う規定の整備でございます。改正内容は、平成15年度以後特別土地保有税の課税を停止するものでございます。

 次の附則第15条の2の特別土地保有税の課税の特例につきましては、法附則第31条の3の改正に伴う規定の整備でございます。

 なお、本町において該当はありません。

 次の附則第16条の2につきましては、法附則第30条の2の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、たばこ税の税率は第95条の規定にかかわらず、当分の間、旧3級品以外の製造たばこについては1,000本につき2,977円に、旧3級品の製造たばこについては1,000本につき1,412円とするものでございます。

 6ページの附則第16条の4につきましては、法附則第33条の3の改正に伴う規定の整備です。改正内容は、土地の譲渡等に係る事業所得等に係る町民税の課税について、株式等譲渡所得割額の控除が新設され、平成16年1月1日から施行されるものでございます。

 次の附則第17条につきましては、法附則第34条の改正に伴う規定の整備でございます。

 次の附則第19条につきましては、法附則第35条の2の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、株式等譲渡所得割の創設に伴い、長期保有上場株式等に係る100万円特別控除の廃止等でございます。

 次の附則第19条の2につきましては、法附則第35条の2の2の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、上場株式等を譲渡した場合の株式等に係る譲渡所得等に係る町民税の課税の特例として、軽減税率の創設等により20%から10%に引き下げを行うものでございます。

 次の附則第19条の4につきましては、法附則第35条の2の4の廃止に伴う規定の整備です。改正内容は、上場株式等取引報告書の提出義務がなくなったものです。

 次の附則第19条の5につきましては、法附則第35条の2の6の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除を定めたものでございます。

 附則第20条につきましては、法附則第35条の3の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、特定中小会社が発行した株式等に係る譲渡損失の繰越控除等及び譲渡所得等の課税の特例について、特定中小会社の特定株式の譲渡に係る期間の延長等を定め、平成16年1月1日から施行するものでございます。

 次の附則第20条の2につきましては、法附則第35条の4の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、先物取引に係る雑所得等に係る個人の町民税の課税の特例について、申告分離課税の地方税の税率を6%を5%に引き下げを行い、平成16年1月1日から施行するものでございます。

 次の附則第20条の3につきましては、法附則第35条の4の2の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、先物取引の差金等決済に係る損失の繰越控除について、翌年度以降3年間の繰越控除ができるものでございます。

 次に、附則第21条につきましては、法附則第40条の改正に伴う規定の整備でございます。改正内容は、個人の町民税の負担軽減に係る特例について、株式等譲渡所得控除規定が新設され、平成16年1月1日から施行されるものでございます。

 なお、この改正条例の施行期日は、平成14年4月1日でございますが、一部施行期日は附則に定める日から施行するものもございます。

 最後になりましたが、今回の町税条例の一部改正に伴い、平成15年度町税収入の影響額は、固定資産税については約900万円の減少見込みとなり、この額につきましては当初予算に計上済みでございます。

 また、町たばこ税につきましては、500万円程度の収入見込みとなりますので、最終補正で対応させていただきます。

 以上、議案第26号について御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 議案第27号について御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分をしたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、国民健康保険税条例の新旧対照表により御説明を申し上げます。

 第2条、第13条の課税額及び国民健康保険税の減額の改正につきましては、介護納付金課税限度額を「7万円」から「8万円」に引き上げるものでございます。

 なお、平成15年度分の当初調定額での対象世帯につきましては、29世帯でございます。

 第14条の国民健康保険税に関する申告の改正につきましては、法附則第35条の2の4第2項の源泉徴収選択口座内の上場株式等の譲渡による所得について、上場株式等取引報告書の提出義務の廃止に伴う字句の整備でございます。

 附則第8項の商品先物取引に係る課税の特例の改正につきましては、特例の対象に有価証券先物取引等に係る雑所得等を加えたための字句の整備でございます。

 次の附則第9項につきましては、納税義務者の前年、前、3年内の各年に生じた先物取引の差金等決済に係る損失の金額を申告書を提出している場合に限り、先物取引に係る雑所得等の金額の計算上、控除するものでございます。

 なお、第2条、第13条の改正につきましては平成15年度分及び附則第8項、第9項は平成16年度分、また第14条の改正につきましては平成17年度分の国民健康保険税から適用されるものでございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 失礼いたします。それでは、議案第28号について御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第28号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 早島町特別土地保有税審議会条例を廃止する条例

 早島町特別土地保有税審議会条例(昭和53年早島町条例第6号)は、廃止する。

 附則

 この条例は平成15年4月1日から施行する。

 次に、関係条例の一部について

 非常勤特別職員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和42年3月9日制定)の一部を次のように改正する。

 別表中「早島町公有財産審議会委員(ただし町の職員を除く。)5,600円」

 「早島町特別土地保有税審議会委員(ただし町の職員を除く。)8,200円」を「早島町公有財産審議会委員(ただし町の職員を除く。)5,600円」に改める。

 本案につきましては、町長の提案説明にもありましたように、地方税法附則第31条の改正により、平成15年度以降、特別土地保有税の課税を行わないこととなり、これに伴いまして平成15年4月1日で本条例を廃止するものでございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 議案第29号について御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第29号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、本年1月及び2月診療分の支払医療費が予定を大幅に上回る伸びとなったため、歳入歳出それぞれ1,659万円を追加する専決処分をさせていただいたものでございます。

 事項別明細書により御説明申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、歳入でございますが、1款支払基金交付金で1,095万円、2款国庫支出金464万円、3款県支出金100万円をそれぞれ医療費交付金及び負担金として追加し、次の歳出の1款医療諸費、1目医療給付費に1,659万円を追加するもので、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億3,706万4,000円としたものでございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。それでは、議案第30号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第30号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、先ほどの町長の提案理由の説明にございましたように、平成14年度におきます老人保健特別会計におきまして、支払医療費が見込みを大幅に上回ることとなったため、平成15年度の一般会計から平成15年度の老人保健特別会計歳出といたしまして1,588万5,000円の繰出金を追加補正したものでございまして、これに充当する歳入といたしまして、前年度繰越金1,588万5,000円を追加いたしたものでございます。

 それでは、補正予算書の事項別明細により御説明をさせていただきますので、5ページをお開き願いたいと思います。

 2の歳入で、18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金で1,588万5,000円の追加でございますが、平成14年度の繰越金を追加したものでございます。

 3の歳出におきましては、3款民生費、1項社会福祉費、2目老人福祉費で1,588万5,000円の追加でございますが、これは老人保健特別会計への繰出金を追加いたしたものでございます。

 以上、議案第30号につきまして御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 議案第31号について御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第31号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 老人保健特別会計の歳入につきましては、前年3月から12月までの医療費実績及び1月、2月分の見込み額により、支払基金国県支出金の交付額が決定されますが、本年1月及び2月診療費が予定を大幅に上回る伸びとなり、歳入に3,325万4,000円の不足が生じたことにより、平成15年度の歳入を繰り上げてこれに充てる繰上充用をさせていただいたものでございます。

 なお、補正後の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ11億5,892万4,000円となります。

 事項別明細書により御説明申し上げますので、6ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、歳出でございますが、3款諸支出金の19万9,000円の追加は、審査支払事務費交付金の償還金でございます。

 5款前年度繰上充用金に歳入不足額の3,325万4,000円の追加。

 次に、5ページの歳入でございますが、1款支払基金交付金1,670万5,000円、2款国庫支出金951万7,000円、3款県支出金134万6,000円をそれぞれ過年度分医療費交付金及び負担金として追加、4款繰入金、1目一般会計繰入金に1,588万5,000円の追加、また5款繰越金につきましては繰上充用を行うこととなり、繰越金は生じないため1,000万円の減額でございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) これより質疑に入ります。

 8番磯山君。



◆8番(磯山卓宏君) 議案第29号の老人保健特別会計の中の1月、2月分の診療分が大幅に上昇したということでございますが、この医療費の上昇分析をされておられたら、お示しを願いたいと思います。

 それから、議案第28号でございますが、これ町長にちょっと申し上げておきますが、専決処分というものは議会の議決と同じ効果が発生いたします。そうした中で、前回も重要な国保税の税率改正を専決をされた経緯がございます。今回の議案第28号につきましては、特別土地保有税の審議会条例を廃止するということで問題はございませんが、これにつきましては今回の6月定例会で一括議案を提出されても間に合った問題ではなかろうかと思いますが、町長、専決処分についてどのようにお考えで出されておるのかお尋ねをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 町長。



◎町長(安原良一君) 磯山議員さんの御質問にお答えをしたいと思います。

 私に御質問は、土地保有税審議会の条例を廃止する条例のことという御質問でございます。これは施行が4月1日ということになっておりますので、専決処分をさせていただいたことでございまして、御了解をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 磯山議員の質疑にお答えをいたします。

 平成14年3月から12月診療分までの月の平均医療費につきましてが約9,200万円程度だったわけでございます。それで、平成15年1月、2月分につきましては、1月分が約1億800万円、2月分につきましては9,700万円、こういった数字が出ておるわけでございます。それで、これの主なものにつきましては医療費で3件分で2,170万円、こういった支払いの医療費が発生したわけでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 8番磯山君。



◆8番(磯山卓宏君) 済みません。大きな病気の内容的には公表できませんでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 磯山議員の再質疑にお答えをいたします。

 心疾患でございます。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) 議案第26号の中の附則第14条の2の特別土地保有税の課税の停止についてですが、これはどういう理由で課税停止になったのか、知っておられれば教えていただきたいと思います。

 それからもう一つは、第36条の2の町民税の申告についての社会保険料控除額が規定されるということですけれども、これは上限どれぐらいに規定されるんでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 太田議員さんの御質問にお答えいたします。

 まず、特別土地保有税の審議会の件なんですけど、これにつきましては地方税法の第31条が改正になりまして、平成15年度以降、もう特別土地保有税を課税を行わないということになったための廃止ということでございます。

 地方税法の改正によって、特別土地保有税をもう課税しないということのためでございます。

 それから、その詳細な理由はちょっとこの場では、私まだ調べておりません。

 それから、社会保険料控除については、これは細かい規定というんか、前の規定とは変わってはおりません。字句を整備しただけのことで、内容については変わっておりません。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 太田さん、よろしいですか。



◆10番(太田尅子君) さっき第36条の2は、字句の改正だけであって、社会保険料控除額の規定と書いてあるから、額が何か決まったんかなというふうな印象を受けるんですけれども、それは別に改正はないということですね、額の。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 太田議員さんの再質問にお答えいたします。

 額については、変わりありません。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑ありませんか。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 討論なしと認めます。

 これより議案第26号専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)、議案第27号専決処分の承認を求めることについて(早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)、議案第28号専決処分の承認を求めることについて(早島町特別土地保有税審議会条例を廃止する条例)、議案第29号専決処分の承認を求めることについて(平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第3号))、議案第30号専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第1号))、議案第31号専決処分の承認を求めることについて(平成15年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第1号))を採決いたします。

 お諮りいたします。

 以上、議案第26号から議案第31号までの専決処分の6議案についてを承認することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第26号から議案第31号までの専決処分の承認を求めることについては、承認することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第32号 早島町事務手数料条例の一部を改正する条例について

      議案第33号 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について

      議案第34号 岡山県市町村職員退職手当組合、岡山県市町村職員互助組合、岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する組合市町村数の減少及び組合規約の変更について

      議案第35号 平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第2号)について



○議長(寺山邦夫君) 日程第6、議案第32号早島町事務手数料条例の一部を改正する条例について、議案第33号早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について、議案第34号岡山県市町村職員退職手当組合、岡山県市町村職員互助組合、岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する組合市町村数の減少及び組合規約の変更について、議案第35号平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第2号)について一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) ただいま上程になりました議案第32号から議案第35号の4議案につきまして提案理由の説明を申し上げます。

 まず、議案第32号早島町事務手数料条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は住民基本台帳法の一部を改正する法律の規定によりまして、平成15年8月25日から施行されます住民基本台帳ネットワークシステム第2次稼働に伴います住民基本台帳カードの交付手数料を1件500円に定めるものでございます。

 次に、議案第33号早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は岡山県母子家庭医療費公費負担制度が拡充をされまして、平成15年10月1日から施行されますために、本条例の一部を改正をしようとするものでございます。

 次に、議案第34号岡山県市町村職員退職手当組合、岡山県市町村職員互助組合、岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する組合市町村数が減少をし、また組合規定の変更をしたものでございますが、真庭郡及び阿哲郡における衛生組合、火葬場組合、環境施設組合及び介護保険事業組合をそれぞれ削除をするための規約の改正でございます。

 次に、議案第35号平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第2号)についてでございますが、今回補正する額は歳入歳出それぞれ2,657万1,000円を追加をいたしまして、総額を歳入歳出それぞれ41億735万6,000円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、農林水産業費の大谷池補強事業でございまして、それに伴う地質調査、設計監督委託料に450万円、工事請負費で2,550万円を計上をいたしております。

 また、土木費では山川池に設置の水車の修繕及び早島公園の展望表示板修繕等184万円の修繕料を計上いたしております。これらに要します財源といたしましては、小規模ため池補強事業分担金等で3,000万円を充当をするものでございます。

 以上、4議案につきまして概略を御説明申し上げましたが、詳細につきましては、それぞれ担当課長に説明をさせますので、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 議案第32号について御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第32号

 早島町事務手数料条例の一部を改正する条例について

 早島町事務手数料条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、住民基本台帳法の一部を改正する法律の規定により、平成15年8月25日から施行される住民基本台帳ネットワークシステムの2次稼働、住民票の広域交付、転入・転出手続の簡素化に伴い、住民基本台帳カードの交付手数料を定めるものでございます。

 それでは、早島町事務手数料条例の新旧対照表により御説明を申し上げます。

 第2条関係の別表の改正でございまして、番号26、住民一覧表の閲覧の次に、番号27として住民基本台帳カードの交付1件につき500円を加え、以下番号等を繰り下げるものでございます。

 なお、この改正条例の施行期日は平成15年7月1日でございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、議案第33号につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第33号

 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について

 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、町長の提案説明にもありましたように、母子家庭医療費公費負担制度における一部負担を軽減するとともに、父子家庭も対象に加える制度の拡充に伴う条例の一部改正でございます。

 拡充の内容でございますが、一部負担の軽減では本人が負担する一部負担金を現行では定率1割としておりますが、変更後は定額に、また対象者の拡大では対象者に所得税非課税の父子家庭の父及び児童を加える拡充となっております。

 次のページに改正条例がありますが、朗読は省略させていただきまして、2枚めくっていただきますと、条例の新旧対照表がございますので、ごらんいただきたいと思います。

 右の欄が現行条例で、左の欄が改正案でございます。改正箇所にアンダーラインを付しております。

 まず、題名でございますが、改正案のとおり、早島町ひとり親家庭等医療費給付に関する条例と改めるものでございます。

 第1条では、現行「母子家庭」を「ひとり親家庭等」に改める字句の改正でございます。

 第2条第4項では、現行では高齢者の定義について規定しておりますが、改正案では配偶者のいない者についての定義に改めるものでございます。

 第3条では、給付対象者についての条項でございますが、改正案のように別表を別表第1に改めるものでございます。

 第4条第1項では、現行のそのものを医療保険各項の規定による高齢者とみなして、当該高齢者の取り扱いにより、「その者が負担することとなる」を、改正案のように別表第2に「定める」に改め、第3項を削り、第4項を第3項に改めるものでございます。

 第5条第1項では、現行「母子家庭医療費受給資格証」を、改正案のように「ひとり親家庭等医療費受給資格証」に改め、第2項では「母子家庭の母」を「ひとり親家庭の親」に改めるものでございます。

 第7条、第8条を削除し、第9条を第7条とし、第10条から第18条までを2条ずつ繰り上げる改正でございます。

 別表におきましては、改正案のように(1)の項中、「母子家庭の親」を「ひとり親家庭の親」に改め、母子及び寡婦福祉法(昭和39年法律第129条)第5条第1項に規定するを削り、「女子」を「者」に改め、(2)の項中、第5条第1項を第6条第1項に改め、別表を別表第1に改め、別表第1の次に別表第2を加える改正でございます。

 この条例の施行期日は、平成15年10月1日から施行するものでございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。それでは、議案第34号及び議案第35号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案第34号につきまして議案を朗読させていただきます。

 議案第34号

 岡山県市町村職員退職手当組合、岡山県市町村職員互助組合、岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する組合市町村数の減少及び組合規約の変更について

 地方自治法第286条第1項の規定により、平成15年4月1日から3組合を組織する組合市町村数を減少させ、規約を別紙のとおり変更する。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 3組合の規約改正につきましては、次のページの別紙1から別紙3までに一部改正の内容を記載いたしておりますが、岡山県市町村職員退職手当組合、岡山県市町村職員互助組合並びに岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合の3組合から美甘、新庄衛生組合、真庭郡北部火葬場組合、真庭郡北部環境施設組合の削除並びに阿哲郡介護保険事務組合を岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合から削除する規約の一部改正でございまして、岡山県知事の許可のあった日から施行し、平成15年4月1日から適用するというものでございます。

 次に、議案第35号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第35号

 平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第2号)

 平成15年度岡山県都窪郡早島町の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,657万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ41億735万6,000円とする。

 2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  (債務負担行為)

 第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」による。

  平成15年6月18日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 第1表の歳入歳出予算補正の、まず歳入でございますが、11款分担金及び負担金で3,000万円の追加、12款使用料及び手数料で5万円の追加、17款繰入金で347万9,000円の減額でございまして、補正合計で2,657万1,000円の追加でございます。

 また、歳出といたしましては、2款総務費で578万9,000円の減額、6款農林水産業費で3,000万円の追加、8款土木費で189万円の追加、10款教育費で47万円の追加でございまして、補正額合計2,657万1,000円の追加となり、歳入歳出合計が41億735万6,000円となるものでございます。

 詳細につきましては、後ほど事項別明細により御説明を申し上げさせていただきます。

 「第2表 債務負担行為」、1、追加でございますが、これは大谷池の提体を補強する工事等に係る財源に起債を充てるものでございまして、この元利償還相当額について債務負担行為を行うものであり、大谷池補強事業借入償還金で、平成16年度から起債の償還期間満了までを期間といたしまして、また限度額を事業費3,000万円以内及び利子に相当する額とするものでございます。

 それでは、事項別明細により補正の説明をさせていただきますので、6ページをお開き願いたいと思います。

 まず、2歳入で、11款分担金及び負担金、2項分担金、1目農林水産業分担金で3,000万円の追加でございますが、大谷池の工事等に要する小規模ため池補強事業分担金でございます。

 12款使用料及び手数料、2項手数料、1目総務手数料で5万円の追加でございますが、8月より施行される住民基本台帳カード発行に伴う手数料収入でございます。

 17款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金で347万9,000円を減額するものでございます。

 次に、7ページの歳出でございますが、2款で総務費の各項におきまして、4節共済費及び7節賃金を減額いたしておりますが、これは臨時職員3名分591万円の減額でございまして、改めの説明は省略をさせていただきたいというふうに思っております。

 それでは、2款総務費、1項総務管理費、9目町民総合会館費で12万1,000円の追加でございますが、ゆるびの舎の分煙対策によるものでございます。

 次に、6款農林水産業費、1項農業費、5目農地費で3,000万円の追加でございますが、先ほど来御説明をさせていただいております大谷池の提体補強工事等に係る諸費用を計上させていただいたものでございます。

 8款土木費、3項都市計画費、2目公園費で189万円の追加でございますが、山川池の水車修繕と早島公園の展望表示板等の修繕料を計上させていただいております。

 10款教育費、5項社会教育費、3目コミュニティハウス管理費で47万円の追加でございますが、大谷荘のカーテン及び西コミュニティのカーペットを防炎用に取りかえるための諸費用を計上させていただいているものでございます。

 以上、2議案につきまして御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午前11時8分 休憩

            午前11時30分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第32号から議案第35号までの質疑に入りたいと思います。

 順次行いたいと思います。

 まず、議案第32号早島町事務手数料条例の一部を改正する条例について質疑に入ります。

 何かございませんか。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 今のカードですね、このカードについては請求しなくても全町に配られるのか、請求して交付されると、請求しなかったら請求しなくてもいいというふうな形がとれるのかどうなのか、そのとこをちょっと聞きたいんです。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 小池議員の質疑にお答えをいたします。

 これは、あくまで希望者のみでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、次に議案第33号早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について、議案第34号岡山県市町村職員退職手当組合、岡山県市町村職員互助組合、岡山県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する組合市町村数の減少及び組合規約の変更についての2議案について一括質疑に入ります。

 何かございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 続いて、議案第35号平成15年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第2号)についての質疑に入ります。

 12番林君。



◆12番(林勇君) 先ほど総務課長から債務負担行為について説明があったんですが、何をするのかもう一度詳しく教えていただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。工事の内容でございましょうか、それとも予算の内容についてでございましょうか。

            (12番林  勇君「両方」と呼ぶ)

 これにつきましては、大谷池の西の提体が非常に侵食されておりまして、事前に災害防止をするという観点から工事を行うということでございまして、大谷池にかかわる受益地の方々が一つの団体を組織していただきまして、農林漁業金融公庫から3,000万円を借り入れまして、それについてそのお金を町の方へ納めていただき、町が工事を行うという流れになっておりまして、それで金融公庫に返すお金は受益地の方が返すんですが、毎年元利償還につきましては県からの補助が65%、それに本町の35%分を上乗せしたもので償還をしていくという事業でございまして、これが2カ年度に全体事業費では7,000万円ほどかかるというふうにお聞きいたしております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 12番林君。



◆12番(林勇君) 今まで東側をやっておりますね、若宮団地へ寄った方の半分近くを。あれはどういう形態でやられたんですか。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 林議員さんの御質問にお答えします。

 若干ちょっと全部把握しておりませんので、お教え願いたいと思います。東側といいますのは、団地の南手の東側ということですか。

 大谷池の堤防については、今まで直したという覚えはございませんが。ですから、多分林議員さん言われとんのは若宮団地を造成して、その後災害等で池の東側というんですか、そちら側が過去に崩壊して、それを直したという経緯はございますが、これにつきましては町が中へ入って関係者と、それから当然施工業者、土地区画整理組合等で直した経緯はございますが、多分それだろうと思います。

 大谷池につきましては、ただいま総務課長が言いましたように、長年来堤防の侵食、それから底樋、斜樋等が破損しておりまして、今回それを直すということで、今回県の農林漁業の金融公庫からの借り入れになりますけれども、一応割り当てとして3,000万円が来たということで今回補正予算に計上させていただいております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 林君。



◆12番(林勇君) 済みません。山川池と間違うとりました。

 それで、大谷池の堤防はどうされるんですか、直すというて。全体を直すわけですな、当然。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 林議員さんの再質問にお答えいたします。

 一応今回工事等で行いたいと思いますのは、日笠山から大谷荘へ行く提体がございます。それの全体的なもの、特に今底樋と斜樋がめげております。それから、提体自体も侵食して非常に危険だというようなこともございまして、それを直すということでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑ございませんか。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 7ページの臨時職員の賃金、これは総務関係、事務ですけれど、減額の理由、ちょっと教えてください。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 小池議員さんの御質問にお答えいたします。

 臨時職員3名分の賃金並びに共済費を減額させていただいておりますが、これは総務課と戸籍、それから税務課の臨時職員がいなくなったために減額をさせていただくものでございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑はございませんか。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 当初予定で予算に上げておって、6月の議会でいなくなったという、必要がなくなったということなのか、時期が来たからやめていただいたと、それでもやっていけるということの意味ですか、これは。どういう意味でなくなったんですか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 臨時職員の方々につきましては、半年の雇用期間で契約をさせていただいておりますが、それぞれ結婚されたり、いろいろな諸事情で退職された方が2名、また税務については正規の職員で対応した方がいい部署であろうというふうな判断のもとから、臨時職員を異動させたということでございます。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) ということは、臨時職員がいなくても対応ができる状況にはあったということですか、今まで。そう考えてもいいんですか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 臨時職員さんで対応していただいたものを人事異動により正規の職員で対応したということで、人数は増減ございません。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 臨時の職員がいなくなってるということは、人員が減ってるわけじゃないんですか。その課の中で、当初予定していた人員がいなくなるということでしょう、これは。そういうことになれば、臨時職員がいなくても正規の職員でやっていけるということじゃないんですか、これ。だから、それ必要なかったということになると、当初何で予算を組んだのかということになりますわな。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 小池議員さんの質問にお答えをいたします。

 いろいろの諸事情で臨時職員さんが退職されたわけですが、その後に異動によって正規の職員が行ったということでございます。ですから、各課で申し上げますと、仮に10人おって、そのうち1人が臨時職員とした場合、新年度から10人が正規の職員で対応しておるということで、人数的には変わってございません。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑はございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑がないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第32号から議案第35号までは、付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第32号から議案第35号までは、付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、6月19日から6月22日までの4日間を休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、6月19日から6月22日までの4日間を休会することに決しました。

 この際、念のため申し上げます。

 一般質問の締め切りは、明日の午後5時までとなっておりますので、御留意願います。

 本日はこれにて散会いたします。

 御苦労さまでした。

            午前11時45分 散会