議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成15年 3月定例会 03月06日−01号




平成15年 3月定例会 − 03月06日−01号







平成15年 3月定例会



            早 島 町 議 会 会 議 録

            平成15年3月6日( 木 曜 日 )

            ───────────────

            議 事 日 程 ( 第 1 号 )

午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 諸般の報告

第4 議案第1号 収入役の選任につき同意を求めることについて

第5 議案第2号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

第6 議案第3号 早島町個人情報保護条例の制定について

   議案第4号 早島町児童館条例の制定について

   議案第5号 早島町下水道使用料審議会条例の制定について

   議案第6号 早島町職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

   議案第7号 早島町立留守家庭児童会条例の一部を改正する条例について

   議案第8号 早島町立幼稚園条例の一部を改正する条例について

   議案第9号 早島町国民健康保険条例の一部を改正する条例について

   議案第10号 早島町介護保険条例の一部を改正する条例について

   議案第11号 早島町地域福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

   議案第12号 早島町道路線の認定について

   議案第13号 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について

   議案第14号 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第1号)について

   議案第15号 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について

   議案第16号 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第3号)について

   議案第17号 平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

         ・質疑

         ・委員会付託

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第6まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            出  席  議  員(14名)

 1番  舩  越  健  一 君      2番  福  田     健 君

 3番  大  原  安  生 君      4番  原     光  俊 君

 5番  平  岡     守 君      6番  須  増  伸  子 君

 7番  川  北  隆  之 君      8番  磯  山  卓  宏 君

 9番  安  原     昇 君     10番  太  田  尅  子 君

11番  小  池  宏  治 君     12番  林        勇 君

13番  小  橋  澄  男 君     14番  寺  山  邦  夫 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠  席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      安 原 良 一 君     収入役     磯 山   守 君

教育長     溝 手 憲一郎 君     理事      佐 藤 喜世文 君

副理事     水 畑 千 歳 君     総務課長    森 安 茂 彦 君

企画振興課長  林   耕 市 君     企画振興課参事 梶 原 由 恵 君

税務課長    原   一 雄 君     町民生活課長  福 島   晃 君

保健福祉課長  平 井 京 治 君     産業建設課長  平 松 保 之 君

上下水道課長  佐 藤 寿 一 君     町民総合会館長 小野田 修 作 君

社会教育課長  太 田 尚 良 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

局長      原   隆一郎 君     書記      溝 手 祐 佳 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







            午前10時0分 開会



○議長(寺山邦夫君) おはようございます。

 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成15年3月早島町議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布したとおりでございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(寺山邦夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において5番平岡守君、6番須増伸子君を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(寺山邦夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から3月17日までの12日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は12日間と決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 諸般の報告



○議長(寺山邦夫君) 日程第3、諸般の報告をいたします。

 議長報告をいたします。

 去る2月21日、岡山県町村議会議長会第54回定期総会が開催され、その席上において林勇議員が岡山県町村議会議長会より議会議員在職20年の長きにわたり、町議会議員としての功績に対し、表彰を受けられましたことを報告いたします。

 また、本日までに請願2件、陳情2件、要望1件が提出され、これを受理しております。

 会議規則第92条第1項の規定により、お手元に配布した請願文書表のとおり所管の常任委員会に付託いたしましたから報告いたします。本会期中に審査が終えられるようお願いいたします。

 次に、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納検査報告書がお手元に配布したとおり提出されております。朗読は省略します。

 以上で議長報告を終わります。

 これをもって諸般の報告を終了いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第1号 収入役の選任につき同意を求めることについて



○議長(寺山邦夫君) 日程第4、議案第1号収入役の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 収入役の退席を求めます。

            〔収入役 磯山 守君 退場〕



○議長(寺山邦夫君) 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 皆さんおはようございます。

 本日は平成15年3月定例議会を招集をいたしましたところ、皆様方には大変お忙しいところ御参集をいただきましてまことにありがとうございます。

 ただいま上程になりました第1号議案収入役の選任につき同意を求めることについてでございますが、本案は磯山守収入役が平成15年3月31日をもって任期満了となりますが、本町収入役として適任と認めまして、再任命をいたしたく、議会の同意を求めるものでございます。御審議の上、御同意を賜りますようよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) これより直ちに質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 討論なしと認めます。

 これより議案第1号収入役の選任につき同意を求めることについて採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第1号について同意することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第1号収入役の選任につき同意を求めることについては同意することに決しました。

            〔収入役 磯山 守君 入場〕



○議長(寺山邦夫君) 就任前に収入役から一言ごあいさつをお願いいたします。



◎収入役(磯山守君) ただいまは再任の御同意を賜りましてまことにありがとうございました。もとより力のない者でございますけれども、全力で出納事務に邁進してまいりたいと思います。今後とも一層の御指導、御鞭撻を賜りますようお願いいたしましてごあいさつとさせていただきます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第2号 監査委員の選任につき同意を求めることについて



○議長(寺山邦夫君) 日程第5、議案第2号監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 第1号議案につきまして御同意を賜りまして大変ありがとうございます。

 それでは、ただいま上程になりました第2号議案監査委員の選任について同意を求めることについて提案理由の御説明を申し上げます。

 本案は、皆木幸生委員が平成15年3月31日をもって任期満了となりますが、本町監査委員として適任と認めまして、再任命をいたしたく、議会の同意を求めるものでございます。御審議の上、御同意賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) これより直ちに質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 討論なしと認めます。

 これより議案第2号監査委員の選任につき同意を求めることについて採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第2号について同意することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第2号監査委員の選任につき同意を求めることについては同意することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第 3号 早島町個人情報保護条例の制定について

      議案第 4号 早島町児童館条例の制定について

      議案第 5号 早島町下水道使用料審議会条例の制定について

      議案第 6号 早島町職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

      議案第 7号 早島町立留守家庭児童会条例の一部を改正する条例について

      議案第 8号 早島町立幼稚園条例の一部を改正する条例について

      議案第 9号 早島町国民健康保険条例の一部を改正する条例について

      議案第10号 早島町介護保険条例の一部を改正する条例について

      議案第11号 早島町地域福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

      議案第12号 早島町道路線の認定について

      議案第13号 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について

      議案第14号 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第1号)について

      議案第15号 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について

      議案第16号 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第3号)について

      議案第17号 平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について



○議長(寺山邦夫君) 日程第6、議案第3号早島町個人情報保護条例の制定について、議案第4号早島町児童館条例の制定について、議案第5号早島町下水道使用料審議会条例の制定について、議案第6号早島町職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第7号早島町立留守家庭児童会条例の一部を改正する条例について、議案第8号早島町立幼稚園条例の一部を改正する条例について、議案第9号早島町国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第10号早島町介護保険条例の一部を改正する条例について、議案第11号早島町地域福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第12号早島町道路線の認定について、議案第13号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について、議案第14号平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第1号)について、議案第15号平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、議案第16号平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第3号)について、議案第17号平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての15議案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 第2号議案について御同意を賜りましてまことにありがとうございました。

 それでは、ただいま上程になりました議案第3号から議案第17号までの15議案につきまして、提案理由の御説明をさせていただきます。

 まず、議案第3号早島町個人情報保護条例の制定についてでございますが、本案は町が保有する個人に関する情報について、本人の申し出に対して開示、訂正、削除等を求める権利を保障するとともに、個人情報取扱事務を明確にし、個人情報の保護を図るために必要な事項を定めるため、本条例を制定をするものでございます。

 次に、議案第4号早島町児童館条例の制定についてでございますが、本案は児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、情操を豊かにすることを目的に児童館を整備をいたしておりますが、本施設の開館に向け設置等に関して必要な事項を定める必要があるため、本条例を制定をするものでございます。

 次に、議案第5号早島町下水道使用料審議会条例の制定についてでございますが、本案は下水道財政の健全化を図るため、下水道使用料の適正化について御検討いただく審議会を設置するための条例の制定でございます。

 次に、議案第6号早島町職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例についてでございますが、本案は本町職員が県内に出張する場合、日当を支給しない改正、及び宿泊料を1泊の単価を減額するために条例の一部を改正を行うものでございます。

 次に、議案第7号早島町立留守家庭児童会条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は早島町児童館が開館をすることに伴いまして、留守家庭児童会の事業を児童館の事業として行うこととするため、本条例の一部を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第8号早島町立幼稚園条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は平成9年度から休園といたしております早島幼稚園西分園を園舎等の老朽化が著しいことなどから、幼稚園を廃園とするため本条例の一部を改正を行うものでございます。

 次に、議案第9号早島町国民健康保険条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は健康保険法等の一部を改正する条例が平成14年8月2日に公布され、平成15年4月1日から施行されるものについて、町条例の一部を改正をするものでございます。内容につきましては、退職被保険者とその扶養者の一部負担金の割合を現行の2割から3割に変更をするものでございます。

 議案第10号早島町介護保険条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は介護保険法第117条に基づく介護保険事業計画の見直しに伴いまして、平成15年度から平成17年度までの第1号被保険者の保険料を改める必要があるため、本条例の一部改正を行うものでございます。

 次に、議案第11号早島町地域福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案はこの4月から障害者への支援費制度が始まることに伴いまして、早島町社会福祉協議会が指定居宅支援事業者として事業を実施していくために本条例の一部を改正をするものでございます。

 次に、議案第12号早島町道路線の認定についてでございますが、本案は開発に伴います町道路線の認定を新たに行うものでございます。

 次に、議案第13号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)についてでございますが、今回補正いたします額は歳入歳出それぞれ9,958万7,000円を減額をいたし、総額を歳入歳出それぞれ42億1,318万6,000円とするものでございます。

 歳入につきまして減額をいたします主なものといたしましては、1款町税、4款地方消費税交付金、13款国庫支出金、14款県支出金、17款繰入金、20款町債をこれを減額をするものでございまして、追加をするものとして主なものといたしましては、18款繰越金及び19款諸収入を追加を行うものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、ふるさとづくり基金積立金、それから駅前線道路改良工事の遅延に伴います防犯灯設置工事請負費、老人保健措置費負担金、介護保険特別会計繰出金、公有財産購入費、公共下水道事業特別会計繰出金、以上をこれを減額をしようとするものでございます。

 次に、議案第14号平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第1号)についてでございますが、今回の補正は業務の予定量におきまして年間の総配水量を5万立方メートル減量といたしまして、1日平均配水量を5,068立方メートルにするものでございます。したがいまして、収益的収入では200万円の追加でございますが、その要因は開発等による給水工事に係る負担金等で、申請件数の増加に伴うものでございます。

 収益的支出では、賃金等維持管理に要する費用及び事務的経費246万7,000円を減額するものでございます。また、資本的収入及び支出では、県道藤戸・早島線配水管布設工事を県と改良工事にあわせて予定をしておりましたが、県の施工箇所の変更により本年度の施工ができなくなったために、収入の工事負担金とあわせて支出の建設改良費をそれぞれ減額をするものでございます。

 次に、議案第15号平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてでございますが、今回の補正する額は、歳入歳出それぞれ1,061万4,000円を減額、総額を歳入歳出それぞれ7億6,899万円とするものでございます。

 歳入につきましては、国庫負担金及び保険基盤安定繰入金の額が決定したために減額、繰入金を追加をいたすものでございます。

 歳出につきましては、介護保険給付金の額が決定をいたしました。それから、予備費を減額をするというものでございます。

 次に、議案第16号平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第3号)についてでございますが、今回補正する額は、歳入歳出それぞれ1,185万8,000円を減額、総額を歳入歳出それぞれ4億8,630万2,000円とするものでございまして、主な歳出といたしましては、保険給付費が当初の見込みより少なかったことによります介護サービス等の減額、それから支援サービス等諸費の追加等でございます。これに対する歳入といたしまして、介護保険料国庫補助金の追加、それから国庫負担金、それから支払基金交付金、県負担金、一般会計繰入金、基金繰入金等の減額でございます。

 次に、議案第17号平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、今回補正する額は、歳入歳出それぞれ283万7,000円を追加をいたしまして、総額を歳入歳出それぞれ6億3,964万9,000円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、一般管理費の報償費で受益者負担金の一括納付に係る奨励金の追加、それから需用費の修繕費でマンホールポンプの修繕料を追加したものでございます。これに対します歳入といたしましては、公共下水道受益者負担金で600万円の減額、繰越金で1,621万9,000円の追加をするものでございます。

 以上、議案第3号から議案第17号まで15議案につきまして概略を御説明を申し上げましたが、詳細につきましてはそれぞれ担当課長で説明をさせますので、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 続いて補足説明をお願いいたします。

 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。それでは、第3号議案につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第3号

 早島町個人情報保護条例の制定について

 早島町個人情報保護条例を次のとおり制定することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、先ほど町長の提案説明にございましたように、本町が保有いたしております個人に関する情報につきまして、その情報に係る本人に対しまして開示、訂正、削除等を求める権利を保障するとともに、個人情報の目的外の利用でありますとか外部への提供や本人以外からの情報収集等につきまして、あらかじめ個人情報取扱事務を登録し、個別の法的根拠、また手続の必要性等を明確にいたしまして、個人情報の保護を図ろうとするものでございます。

 今後の作業といたしましては、本条例の御議決をいただきました後、施行規則や取扱要領等を制定いたしますとともに、個人情報の目的外の利用、外部への提供、また本人以外からの情報収集等における可否の判断が難しい部分につきまして、早島町情報の取り扱いに関する審査会にお諮りいたしまして一定のガイドラインを定め、本年10月1日から施行いたす予定といたしております。条例、本文の朗読につきましては省略をさせていただきますが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、議案第4号について御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第4号

 早島町児童館条例の制定について

 早島町児童館条例を次のとおり制定することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、町長の提案説明の中にもございましたように、本年度で早島町児童館を整備し、4月から施設の管理運営を適切に行う必要があることから、条例の制定を行うものでございます。

 1枚めくっていただきますと条例案がございますが、これにつきましては要点のみ説明させていただきたいと思っております。

 まず、第1条では目的及び設置について規定しております。

 第2条では、名称及び位置について、児童館は早島児童館とするという規定でございます。

 それから、第3条には事業について第5号まで規定をしております。そして、第2項では、児童館内に留守家庭児童会を設置するという規定でございます。

 第4条では、職員の配置の規定を掲げております。

 それから、第5条では、使用者の範囲について児童館を使用できる者は早島町内に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者ということで、ここで第3号まで規定をしております。

 第6条では、使用者の制限をここで規定しております。

 それから、第7条では専用使用者の承認等について児童館の施設の利用手続についてここで規定をしております。

 それから、第8条では児童館の使用料は無料であるという規定でございます。

 それから、第9条では原状回復の義務について児童館を使用した者は直ちに施設等を原状に回復しなければならないという規定でございます。

 第10条では、損害賠償の義務についてを規定しております。

 それから、第11条では運営委員会を設けるという規定を設けております。

 そして、第12条では委任事務、委任についての条項でございます。

 附則でございますけれども、この条例は平成15年4月1日から施行する。

 第2項では、関係条例の一部改正でございまして、非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例、昭和42年3月9日制定の一部を次のように改正するということで、別表中、「早島町町民総合会館運営委員会委員、同5,800円」を次の、大変申しわけございませんけれども、別表中を削除お願いしたいと思います、削除して訂正をお願いしたいと思います、を「早島町町民総合会館運営委員会委員、同5,800円」の次に、「早島町児童館運営委員会委員5,800円」に改めるという条例の一部改正でございます。

 以上、議案第4号の御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 失礼いたします。それでは、議案第5号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第5号

 早島町下水道使用料審議会条例の制定について

 早島町下水道使用料審議会条例を次のとおり制定することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 先ほど町長の提案説明にもございましたように、下水道財政の健全化を図るため、下水道使用料の適正化について審議する審議会を設置するに当たり、条例の制定を行うものでございます。

 条例案の朗読は省略させていただきますが、主なものにつきまして御説明させていただきます。この当条例案でございますけれども、第1条で目的及び設置ということで審議会を設置するということを規定しております。

 それから、第2条では審議事項でございますけれども、2号掲げさせていただいております。

 それから、組織でございますが、第3条の組織でございますけれども、審議会は10人以内で構成するということにしております。

 それから、任期でございますが、第4条任期でございますが、任期は2年とさせていただきたいと思っております。

 それから、第5条では、会長、副会長の規定を入れております。各1名ずつを置くということにしております。

 それから、第6条では、会議につきまして会長が招集するということにしております。また、会議につきましては会長が議長となるということを決めております。それから、第6条の4項では、会長が必要と認めるときは関係者の出席または資料を提出させることができるということを規定しております。

 第7条では委任につきまして規定しております。

 それで、附則といたしまして施行期日でございますけれども、1で、この条例は公布の日から施行するということにしております。

 それから、2項でございますが、会議の招集の特例ということで、最初の会議につきましては、第6条の1項の規定にかかわらず町長が招集するということにさせていただいております。

 それから、3項では関係条例の一部改正ということで、非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正ということで、「都市計画審議会委員(ただし町の職員は除く。)1回につき8,500円」の次に「下水道使用料審議会委員(ただし町の職員は除く。)8,500円」に追加、改めるものでございます。

 以上、御説明を簡単でございますが申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) それでは、議案第6号につきまして御説明を申し上げますが、さきの全員協議会の結果を受けましてお手元の方に新しい議案をお配りいたしておりますので、そちらの方をごらんをいただきたいというふうに思います。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第6号

 早島町職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

 早島町職員の旅費に関する条例等の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、3枚めくっていただきまして早島町職員の旅費に関する条例等新旧対照表により御説明を申し上げます。

 左側に改正案を、右に現行の関係条例を記載させていただいております。

 まず、早島町職員の旅費に関する条例の旅費の種類、第5条第6項における現行条例では、日当は旅行中の日数に応じ、1日当たりの定額により支給する。「ただし、倉敷市、岡山市、総社市、玉野市、児島郡灘崎町、浅口郡船穂町、吉備郡真備町、都窪郡清音村及び山手村へ出張の場合の日当は支給しない」となっておりますが、このただし書き以降、「ただし、岡山県内へ旅行する場合の日当は支給しない」に改正しようとするものでございます。

 また、11条関係で宿泊料等の額を別表で定めることになっておりますが、中段にあります表で現行の宿泊料は1日につき「1万5,000円」となっておりますが、これを「1万3,000円」に改正しようとするものでございます。

 次に、早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例につきましても、第4条関係の別表第2に記載いたしております宿泊料1泊につき「1万7,000円」とあるものを「1万5,000円」に改正しようとするものでございます。

 1枚おめくりいただきまして、早島町議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例中、費用弁償の支給方法を規定いたしております第6条、本文のただし書き以降を削除させていただきまして、職員同様岡山県内を旅行する場合の費用弁償は支給しない改正案でございます。

 また、中段に記載の非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例中、報酬及び費用弁償を規定いたしております第5条本文のただし書きにつきましても削除をさせていただき、議員さん同様に改正しようとするものでございます。

 下段の証人、参考人、鑑定人等の費用弁償に関する条例の第2条関係の別表中、現行で「1万7,000円」の宿泊料を「1万5,000円」に、あわせて改正しようとするものでございます。

 なお、施行期日等につきましては附則で定めてございますので、恐れ入りますが2枚前に返っていただきたいというふうに思います。

 ここで施行期日等、1この条例は平成15年4月1日から施行する。

 2項、この条例による改正後の条例は、この条例の施行日以降に出発する旅行について適用し、同日前に出発した旅行については、なお従前の例によるということでございます。

 以上、6号議案につきまして概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(水畑千歳君) それでは、議案第7号、議案第8号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案第7号を朗読させていただきます。

 議案第7号

 早島町立留守家庭児童会条例の一部を改正する条例について

 早島町立留守家庭児童会条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、議案第4号で説明がありましたとおり、留守家庭児童会の運営は児童館の事業として行うために、本条例の一部を改正しようとするものでございます。

 1枚めくっていただきますと、条例の改正案がございますが、この朗読は省略させていただきまして、次のぺージの新旧対照表によりまして御説明を申し上げます。

 表の右側が現行で、左側が改正案でございます。

 第2条の2号の1、岡山県都窪郡早島町大字早島1297番地の1の次に、早島児童館内を追加いたしまして、第3条へ第2項といたしまして、前項に定めるものは早島町児童館条例第4条(平成15年早島町条例第 号)というふうに定める職員をもって充てるというふうに追加をするものでございます。

 第11条中「早島町教育委員会」が別に定めるを「町長」が別に定めるに改正するものでございます。この条例は平成15年4月1日から施行するというものでございます。

 次に、1枚めくっていただきまして、議案第8号を朗読させていただきます。

 議案第8号

 早島町立幼稚園条例の一部を改正する条例について

 早島町立幼稚園条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、町長の提案理由の説明にもありましたように、早島町立早島幼稚園西分園は、昭和54年に開園いたしましたが、平成9年度から休園してまいりました。既に建築から25年を経過し、園舎の老朽化も著しく、開園の予定がないため、この際廃園にしようとするための改正でございます。

 1枚めくっていただきますと、条例の改正案がございますが、本条例の別表から「早島町立早島幼稚園西分園」の項を削るものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成15年4月1日から施行するというものでございます。

 次のぺージに新旧対照表を添付しておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 議案第9号について御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第9号

 早島町国民健康保険条例の一部を改正する条例について

 早島町国民健康保険条例(昭和34年5月23日制定)の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、健康保険法等の一部を改正する法律が平成14年8月2日に公布され、平成15年4月1日から施行されるものについて、条例の一部を改正するものでございます。

 それでは、国民健康保険条例の新旧対照表により御説明を申し上げます。

 第5条の一部負担金の改正でございまして、第5条の第5号及び第6号を削り、70歳未満の退職被保険者の一部負担金を現行の2割から3割に、また3歳以上、70歳未満の退職被保険者の被扶養者の一部負担金を現行の外来3割、入院2割をいずれも3割に改正するものでございます。

 なお、平成15年1月末現在の対象世帯は409世帯で、被保険者数は662人でございます。また、この条例の一部改正につきましては国民健康保険運営協議会にお諮りをし、提案をさせていただいております。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 続きまして、議案第10号について御説明いたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第10号

 早島町介護保険条例の一部を改正する条例について

 早島町介護保険条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、先ほど町長の提案理由の中にもございましたように、早島町高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の見直しに伴い、平成15年度分から17年度分までの第1号被保険者の介護保険料率を改めるため、本条例の一部を改正しようとするものでございます。

 それでは、1枚めくっていただきますと改正条例がございますが、朗読は省略させていただきまして、次のぺージに新旧対照表がございますので、ごらんいただきたいと思います。

 左の欄が改正案でアンダーラインの箇所が改正部分でございますが、改正の内容でございますが、各年度における保険料率は第1号から第5号までの5段階の第1号被保険者の区分に応じ、各号に定める額とするもので、本人が住民税非課税の者を基準額を負担するものとして、第3段階を基準額としております。

 第3条の改正は、現行の「平成12年度」を「平成15年度」に、現行の「平成14年度」を「平成17年度」に改め、新たに15年から17年度までの3年間の保険料率を定める改正でございます。

 第1号は介護保険法施行令第38条第1項第1号に掲げる者の額は、現行年額「1万7,160円」を年額「1万8,840円」に改め、第2号は令第38条第1項第2号に掲げる者の額は、現行年額「2万5,740円」を年額「2万8,260円」に改め、第3号は令第38条第1項第3号に掲げる者の額は、現行年額「3万4,320円」を年額「3万7,680円」に改め、第4号は令第38条第1項第4号に掲げる者の額は、現行年額「4万2,900円」を年額「4万7,100円」に改め、第5号は令第38条第1項第5号に掲げる者の額は、現行年額「5万1,480円」を年額「5万6,520円」に改めるものでございます。

 附則でございますが、この条例の施行期日は平成15年4月1日から施行し、経過措置といたしまして改正後の早島町介護保険条例第3条の規定は、平成15年度以降の年度分の保険料から適用し、平成14年度以前の年度分の保険料については、従前の例によるものとする改正でございます。

 以上、議案第10号の御説明を申し上げましたが、続きまして議案第11号について御説明をいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第11号

 早島町地域福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

 早島町地域福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、この4月から支援費制度が始まりますが、社会福祉協議会が指定居宅支援事業者として地域福祉センターを利用して事業を実施することから、本条例の一部を改正しようとするものでございます。

 1枚めくっていただきますと改正案がございますが、朗読は省略させていただきまして、もう一枚めくっていただきますと、一部改正の新旧対照表がございますので、ごらんいただきたいと思います。

 左の欄が改正案でございますが、第12条第1号及び第2号中「厚生大臣」を「厚生労働大臣」に改め、第2号の次に第3号から第5号までの3号を加える改正でございます。改正案の第3号でございますが、身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号に基づく居宅サービス身体障害者福祉法第17条の4、第2項第1号に掲げる額、第4号は知的障害者福祉法(昭和35年法律第37号)に基づく居宅サービス、知的障害者福祉法第15条の5第2項第1号または第3項に掲げる額、第5号は児童福祉法(昭和22年法律第164号)に基づく居宅サービス、児童福祉法第21条の10第2項第1号に掲げる額と規定する一部改正でございます。

 この条例は平成15年4月1日から施行するものでございます。

 以上、議案につきまして御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 失礼いたします。それでは、議案第12号早島町道路線の認定につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第12号

 早島町道路線の認定について

 道路法(昭和27年法律第180号)第8条第2項の規定により下記道路を認定することについて、議会の議決を求める。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 記といたしまして、今回認定をいただく路線を掲げております。この路線につきましては床田地内の開発道路が平成14年に町へ移管されたことに伴いまして、新たに町道として認定しようとするものでございます。

 内容につきましては図面を添付しておりますので、1枚めくっていただきたいと思います。

 今回認定をいただく路線は1路線でございまして、路線番号685号線でございます。ピンクに色づけをしている路線で、延長約24メートル、幅員5メートルでございます。

 以上、概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) それでは、議案第13号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第13号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ99,587千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,213,186千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

  (繰越明許費)

 第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

  (地方債の補正)

 第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、3ぺージをお開き願いたいと思います。

 まず、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入でございますが、1款町税で1,586万1,000円の減額、2款地方譲与税で330万円の追加、3款利子割交付金で340万円の減額、4款地方消費税交付金で1,050万円の減額、7款自動車取得税交付金で380万円の減額、11款分担金及び負担金で68万5,000円の減額、12款使用料及び手数料で150万円の追加、13款国庫支出金で1,208万8,000円の減額、14款県支出金で2,047万6,000円の減額、15款財産収入で57万4,000円の減額。

 次のぺージでございますが、16款寄附金で3万円の追加、17款繰入金で1億8,243万円の減額、18款繰越金で1億5,882万円の追加、19款諸収入で1,477万7,000円の追加、20款町債で2,820万円の減額でございまして、補正額の合計が9,958万7,000円の減額となるものでございます。

 次に、5ぺージの歳出でございますが、1款議会費で357万4,000円の減額、2款総務費で2,830万2,000円の減額、3款民生費で2,072万9,000円の減額、4款衛生費で524万7,000円の減額、6款農林水産業費で14万8,000円の追加、7款商工費で15万円の追加、8款土木費で3,252万9,000円の減額、10款教育費で865万1,000円の減額。

 次のぺージになりますが、12款公債費で85万3,000円の減額でございまして、補正額合計が9,958万7,000円の減額となり、総額が歳入歳出それぞれ42億1,318万6,000円となるものでございます。

 次に、7ぺージの「第2表 繰越明許費」でございますが、6款農林水産業費、1項農業費で裏川水路整備工事を初め、ほか2件の水路改修整備事業で3,141万4,000円の繰り越しと金田地区水路整備委託事業で1,750万円の繰り越し、また8款土木費、2項道路橋梁費で町道80号線及び町道223号線の道路改良事業で450万円、1,132万8,000円をそれぞれ繰り越しいたしますとともに、3項の都市計画費で二間川親水公園整備事業費といたしまして4,578万円をそれぞれ繰り越しさせていただくものでございます。

 次のぺージの「第3表 地方債補正」。

 1の変更でございますが、総務債のうち1、街路灯施設整備事業債でございますが、これは平成14年度中に県道駅前線の道路工事が完了しないという見込みでございまして、この街路灯の工事費全額を減額させていただき、平成15年度当初予算に再計上させていただくものでございます。

 2、減税補てん債でございますが、地方税の減少見込み額の変更によりまして1,960万円の限度額を1,950万円に、3の臨時財政対策債では国の補正予算や職員の給与費等の削減による影響から1億7,990万円の限度額を1億6,010万円にそれぞれ減額させていただくものでございます。

 また、土木債の1、道路改良事業債で町道改良事業に係る土地購入費等の減額により、4,860万円の限度額を2,680万円に減額いたしますとともに、2の公園施設整備事業債ではさきの全員協議会で御説明申し上げましたように、地域活性化対策事業債で計上いたしておりましたが、13年度までとなっておりました地域総合整備事業債が継続事業ということで許可がなされました関係上、起債額を1億290万円の限度額から1億2,340万円に追加するものでございます。

 なお、起債の方法、利率、償還の方法につきましては、従前のとおりでございます。

 それでは、事項別明細により御説明申し上げますので、11ぺージをお開き願いたいと思います。

 まず、歳入でございますが、1款町税、1項町民税、1目個人で現年課税分の所得割で1,300万円の減額。

 2項固定資産税、1目固定資産税で現年課税分415万円の減額。

 3項軽自動車税、1目軽自動車税で128万9,000円の追加でございます。

 次の2款地方譲与税から7款の自動車取得税交付金につきましては、県の試算によりまして補正計上をさせていただいております。

 まず、2款地方譲与税、1項自動車重量譲与税、1目自動車重量譲与税で210万円の追加でございます。

 2項地方道路譲与税、1目地方道路譲与税で120万円の追加。

 3款利子割交付金、1項利子割交付金、1目利子割交付金で340万円の減額でございます。

 12ぺージでございますが、4款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金、1目地方消費税交付金で1,050万円の減額。

 7款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金、1目自動車取得税交付金で380万円の減額でございます。

 11款分担金及び負担金、1項負担金、1目民生費負担金で68万5,000円の減額でございますが、老人ホーム入居に係る月数と人数の変更によりまして、老人ホーム徴収金を減額するものでございます。

 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目町民総合会館使用料で150万円の追加でございますが、ゆるびの舎文化ホール等に係るものでございます。

 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金で793万5,000円の減額でございまして、1節では保険基盤安定負担金239万7,000円の減額、2節では入居者減による老人保護措置費負担金で273万8,000円の減額、下にありますが3節の障害者福祉費負担金で日常生活用具給付費負担金、50万円の減額及び4節児童福祉費負担金で保育所運営費負担金230万円の減額でございます。

 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金で69万円の減額でございますが、主には障害者ホームヘルパー補助金65万円の減額でございます。

 3目教育費国庫補助金で155万1,000円の減額でございますが、主には小・中学校におけます就学奨励費に係る当該児童・生徒の減によるものでございます。

 4目農林水産業費国庫補助金191万2,000円の減額でございますが、裏川水路整備事業に係る補助金の減額でございます。

 14款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金で396万7,000円の減額でございますが、1節では保険基盤安定負担金で119万8,000円の減額、2節の老人福祉費負担金で136万9,000円、3節身体障害者福祉費負担金で25万円、4節では児童福祉費負担金で115万円をそれぞれ減額するものでございます。

 2項県補助金で1,650万9,000円の減額でございますが、主なものといたしましては5目消防費県補助金で148万3,000円の減額でございますが、これは石油貯蔵施設の建設がおくれたことによります立地対策等の交付金の減額と、7目では二間川親水公園整備に係る財源の変更に伴います県のフロンティア事業の補助金1,500万円を減額いたすものでございます。

 15款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金で57万4,000円の減額でございますが、九つあります基金の預金利子を減額させていただくものでございます。

 16款寄附金、1項寄附金、2目教育費寄附金で幼稚園への寄附金3万円の追加でございます。

 17款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金で1億2,910万3,000円の減額でございますが、歳入歳出総額の増減に伴い基金の取り崩しを行わないというふうにするものでございます。

 2目減債基金繰入金で4,850万円の減額でございますが、財政調整基金同様に取り崩しの減額を行うものでございます。

 3目ふるさとづくり基金繰入金472万円の減額はふるさとづくり事業の減額によるものでございます。

 4目人づくり場づくり基金繰入金から7目までのいかしの舎運営基金繰入金につきましては、利子の関係によりまして歳出同様にそれぞれ減額をさせていただくものでございます。

 18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金で前年度繰越金1億5,882万円を追加するものでございます。

 19款諸収入、6項雑入、1目雑入で1,477万7,000円を追加いたしておりますが、主なものといたしましては県営の道路事業に係る過年度負担金の還付金1,320万円とゆるびの舎入場使用料150万円をそれぞれ追加するものでございます。

 20款町債、1項町債、1目総務費で2,690万円の減額及び土木債で130万円の減額でございますが、先ほどの地方債補正で申し上げましたとおりでございますので、ここでの御説明は省略させていただきたいと思います。

 次に、17ぺージからの歳出でございますが、報酬、人件費等につきましては、人事院勧告に基づき給与等を減額することとすることにより補正を行っておりますので、説明は省略させていただきますので、御了承を賜りたいと思います。

 まず、1款議会費、1項議会費、1目議会費で357万4,000円の減額でございます。

 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、19節負担金補助及び交付金で市町村職員退職手当組合負担金447万6,000円の追加につきましては、中学校の給食調理員さんが一身上の都合で退職されたためによるものでございます。

 5目財産管理費で57万4,000円の減額でございますが、財政調整基金等各種基金の預金利子の確定により積立金を減額させていただくものでございます。

 6目企画費で447万円の減額でございますが、主なものといたしましては19節負担金補助及び交付金で人づくり場づくり助成事業の確定に伴い180万円の減額、また自治会、町内会への地区集会施設・設備整備費補助金等で109万円を減額するものでございます。

 8目行政基金費872万9,000円の減額は、ふるさとづくり基金積立金の減額でございます。

 9目町民総合会館費で468万円の減額でございますが、7節賃金で260万円の減額は人事に関する減額でございます。また、11節需用費では燃料費100万円の減額が主なものでございます。

 11目諸費919万5,000円の減額で、主なものといたしましては県道駅前線の道路改良事業の遅延に伴い、平成14年度に予定いたしておりました説明欄では防犯灯となっておりますが、街路灯の設置工事請負費856万8,000円を減額するものでございます。

 2項税務費、2目賦課徴収費で40万円の追加でございますが、評価がえに伴うソフトの改良委託料に係るものでございます。

 3款の民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費で486万1,000円の減額でございますが、主には保険基盤安定繰出金479万4,000円の減額でございます。

 2目老人福祉費で1,304万8,000円の減額でございますが、主なものといたしましては入居者が見込みより少なかったことによります老人保護措置費負担金で616万3,000円、在宅寝たきり老人等介護手当で、当初見込みより支給者が少なかったことによる147万6,000円の減額、介護保険特別会計繰出金で540万9,000円の減額でございます。

 3目障害者福祉費で178万円の減額は、精神障害者ショートステイ、また精神障害者ホームヘルプサービスが当初見込みより少なかったことにより、障害者短期保護事業委託料の78万円の減額と20節扶助費100万円をそれぞれ減額いたすものでございます。

 次に、20ぺージの2項児童福祉費、1目児童福祉総務費で356万円の追加は、平成15年度入所の待機児童の解消を図るため、戸川保育園の施設整備に係る交付金の追加でございます。

 2目児童措置費で460万円の減額は、保育園における入所児の年齢階層の相違による減額でございます。

 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費で165万4,000円の減額でございますが、主なものといたしましては13節で胃がん、乳がん等の検診が少なかったことによります103万7,000円を減額するものでございます。

 3目環境衛生費305万3,000円の減額の主なものといたしましては、生ごみ処理機等補助金で256万8,000円を減額するものでございます。

 6款農林水産業費、1項農業費では14万8,000円の追加をさせていただいておりますが、1目の農業委員会費で農業委員会委員報酬で11万円等を追加するものでございます。

 7款商工費、1項商工費、2目商工振興費で15万円を追加させていただいておりますが、主なものといたしましては中小企業小口融資保証料等補助金103万円の追加でございます。

 8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費で特別旅費10万円を減額するものでございます。

 2項道路橋梁費、1目道路橋梁総務費で岡山県建設事業費の市町村負担金の変更に伴い312万5,000円を追加するものでございます。

 3目道路新設改良費1,837万1,000円の減額は、早島駅の西側になります町道223号線における道路新設改良に伴う土地購入費2,149万9,000円と補償金312万8,000円をそれぞれ減額させていただくものでございます。

 次のぺージでございますが、3項都市計画費、2目公園費では二間川親水公園整備に係る財源充当の変更を行ったものでございます。

 4項下水道費、1目下水道整備費では公共下水道事業特別会計への繰出金を1,718万3,000円減額するものでございます。

 10款教育費、1項教育費、2目事務局費で128万7,000円の減額でございますが、臨時職員に係る不用額を減額するものでございます。

 2項小学校費、1目学校管理費で62万3,000円の追加でございますが、新年度の1年生が4クラス編制になることが予想されておりまして、図書室の模様がえ工事を行い普通教室に改修するため、15節の工事請負費で77万3,000円の追加を行うものでございます。

 2項教育振興費で120万円の減額は、就学奨励費の補助を減額するものでございます。

 3項中学校費では、1目学校管理費の外国青年報酬90万円を初め、2項教育振興費の就学奨励費補助80万円等合計で350万8,000円を減額させていただくものでございます。

 4項幼稚園費では、臨時職員賃金等で55万1,000円の減額でございます。

 5項社会教育費、1目社会教育総務費で公民館のホール設備操作委託料24万円の減額、2目の公民館費で不用額50万円の減額。

 4目民俗資料館費では修繕料20万円を減額するものでございます。

 24ぺージでございますが、6項保健体育費、1目保健体育総務費で138万8,000円の減額でございますが、臨時職員賃金等で121万4,000円、体育協会運営検討委員会報償費で17万4,000円を減額するものでございます。

 2目の体育施設費では、光熱水費40万円の減額でございます。

 12款公債費、1項公債費、2目利子で地方債償還利子の確定によります75万3,000円の減額と一時借入金利子で10万円をそれぞれ減額するものでございます。

 以上、一般会計補正予算につきまして御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午前11時15分 休憩

            午前11時25分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) それでは、水道事業会計の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第14号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第1号)

  (総則)

 第1条 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

  (業務の予定量)

 第2条 予算第2条に定めた業務の予定量を、次のとおり補正する。

  (項   目)   (既決予定量)    (補正予定量)   (  計  )

  ?年間総配水量    1,900,000m3      △50,000m3    1,850,000m3

  ?1日平均配水量     5,205m3        △137m3      5,068m3

  (収益的収入及び支出)

 第3条 予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を、次のとおり補正する。

  (科   目)   (既決予定額)    (補正予定額)   (  計  )

                   収  入

 第1款 水道事業収益   151,680千円     2,000千円     153,680千円

  第1項 営業収益    151,627千円     2,000千円     153,627千円

                   支  出

 第1款 水道事業費用   151,049千円    △2,467千円     148,582千円

  第1項 営業費用    138,184千円    △2,467千円     135,717千円

  (資本的収入及び支出)

 第4条 予算第4条本文括弧書きを「資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額31,764千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,679千円、過年度分損益勘定留保資金23,085千円及び建設改良積立金7,000千円で補てんするものとする。」に改め、資本的収入及び支出の予定額を、次のとおり補正する。

  (科   目)   (既決予定額)    (補正予定額)   (  計  )

                   収  入

 第1款 資本的収入     15,253千円    △1,100千円     14,153千円

  第2項 工事負担金     5,253千円    △1,100千円      4,153千円

                   支  出

 第1款 資本的支出     47,017千円    △1,100千円     45,917千円

  第1項 建設改良費    40,523千円    △1,100千円     39,423千円

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、補正予算明細書によりまして御説明申し上げます。

 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算明細書

 収益的収入及び支出

 収入、1款水道事業収益、補正予定額200万円の追加、計で1億5,368万円。

 1項営業収益、補正予定額200万円の追加、計1億5,362万7,000円。

 1目給水収益、節水道料金250万円の減額、計1億3,396万7,000円。これは水道使用量の減量に伴います水道料金の減額でございます。

 3目その他営業収益、補正予定額450万円の追加、計1,920万3,000円。節手数料30万円野追加、計491万8,000円。これは給水工事に係る検査手数料で、申請件数の増によるものでございます。節負担金420万円の追加、計1,018万5,000円。これも給水工事に係る負担金で申請件数の増によるものでございます。

 13ぺージに参りまして、支出でございます。

 1款水道事業費用、補正予定額246万7,000円の減額、計1億4,858万2,000円。

 1項営業費用、補正予定額246万7,000円の減額、計1億3,571万7,000円。

 2目配水及び給水費、補正予定額176万7,000円の減額、計2,976万1,000円。節賃金128万円の減額で、これは嘱託職員の半年分の雇用解約によるものでございます。節法定福利費18万7,000円、燃料費10万円、動力費20万円のそれぞれの減額でございます。これは状況に合わせて減額したものでございます。

 4目総係費、補正予定額70万円の減額、計2,679万1,000円。節印刷製本費20万円、通信運搬費30万円、光熱水費20万円のそれぞれの減額で、これも執行状況に合わせて減額をいたしました。

 14ぺージに参りまして、資本的収入及び支出。

 収入でございますが、1款資本的収入、補正予定額110万円の減額、計1,415万3,000円、2項工事負担金で110万円の減額でございます。

 支出でございますけれど、1款資本的支出、補正予定額110万円の減額、計4,591万7,000円。

 1項建設改良費、1目配水設備費、節工事請負費110万円の減額でございます。町長の提案説明にもございましたように、これは県道藤戸・早島線改良工事にあわせて配水管布設工事を県負担金により施工いたすことにしておりましたが、当年度では施工箇所の変更により施工不可能になったため減額をするものでございます。

 以上、水道事業会計の補正予算につきまして御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 議案第15号について御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第15号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ10,614千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ768,990千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、国庫支出金等の額が確定したため、補正をするものでございます。

 それでは、3ぺージの「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入でございますが、2款国庫支出金737万4,000円、7款繰入金486万1,000円を減額、8款繰越金に162万1,000円を追加し、補正額が1,061万円の減額となるものでございます。

 次に、歳出でございますが、4款介護給付費55万2,000円、10款予備費1,006万2,000円を減額し、補正後の歳入歳出予算の総額が7億6,899万円となるものでございます。

 それでは、事項別明細書により御説明いたしますので、5ぺージをお開きいただきたいと思います。

 まず、歳入でございますが、2款国庫支出金、7款繰入金につきましては、補助金の額が確定したため737万4,000円及び486万1,000円を減額し、8款繰越金に162万1,000円を追加するものでございます。

 次の6ぺージの歳出でございますが、1款総務費から3款老人保健拠出金につきましては、財源充当の変更でございます。

 7ぺージの4款介護給付費は、拠出金の額の確定に伴う55万2,000円及び10款予備費につきましても1,006万2,000円を減額するものでございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、議案第16号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第16号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第3号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の介護保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ11,858千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ486,302千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入でございますが、1款保険料564万1,000円の追加、3款国庫支出金で19万円の減額、4款支払基金交付金391万4,000円の減額、5款県支出金で148万3,000円の減額、7款繰入金1,213万6,000円の減額、8款繰越金で22万4,000円の追加で、歳入補正額合計1,185万8,000円の減額、歳入合計4億8,630万2,000円とするものでございます。

 続きまして、4ぺージの歳出でございますが、1款総務費は財源更正でございます。2款保険給付費で1,185万8,000円の減額、6款予備費は財源更正で歳出補正額合計1,185万8,000円の減額で、歳出合計4億8,630万2,000円とするものでございます。

 続きまして、事項別明細で御説明いたしますので、6ぺージをお開き願います。

 まず、歳入でございますが、1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料で564万1,000円の追加は、現年度分特別徴収保険料524万5,000円、普通徴収保険料39万6,000円でございます。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金237万2,000円の減額でございますが、保険給付費の減額に伴う国からの介護給付費負担金が減額になるものでございます。

 3款国庫支出金、2項国庫補助金、2目事務費交付金76万4,000円の追加は、介護認定調査等に係る事務交付金でございます。

 3目需用費補助金141万8,000円の追加は、介護保険システム修正に係る経費の補助金でございます。

 4款支払基金交付金、1項支払基金、1目介護給付費交付金391万4,000円の減額は、保険給付費減額に対する支払基金からの現年度分介護給付費交付金を減額計上しております。

 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費県負担金148万3,000円の減額は、介護給付費減額に対する県負担金の減額でございます。

 7ぺージでございますが、7款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金148万3,000円の減額は、現年度分介護給付費に対する一般会計からの繰入金の減額でございます。

 2目その他一般会計繰入金392万6,000円の減額は、一般会計からの事務費繰入金を減額するものでございます。

 7款繰入金、2項基金繰入金、1目介護給付費準備基金繰入金627万7,000円の減額は、介護給付費準備基金からの繰入金でございますが、介護給付費が減額にあることから減額するものでございます。

 8款繰越金、1項繰越金、1目繰越金22万4,000円はその他繰越金でございます。

 歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費と3項介護認定審査会費、1目介護認定審査会費、2目認定審査会費はいずれも財源更正でございます。

 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目居宅介護サービス給付費876万1,000円の減額は、当初の給付額を下回ると見込まれることから減額するものでございます。

 2目特例居宅サービス給付費は財源更正でございます。

 3目施設介護サービス給付費で292万5,000円の減額は、施設介護サービス給付費が当初見込みより下回ることから減額するものでございます。

 4目特例施設介護サービス給付費から8目特例居宅介護サービス計画給付費は、いずれも財源更正でございます。

 2款保険給付費、2項支援サービス等諸費では、1目居宅支援サービス給付費46万3,000円の追加でございますが、これは要支援者に対して給付する居宅支援サービス給付費でございます。

 2目特例居宅支援サービス給付費から6目特例居宅支援サービス計画給付費までは、財源更正でございます。

 3項その他諸費、1目審査支払手数料は財源更正でございます。

 4項高額介護サービス等費、1目高額介護サービス費63万5,000円の減額は、高額介護サービス費でございます。

 6款予備費は、一般財源から特定財源に財源充当変更する財源更正でございます。

 以上、議案の御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) それでは、議案第17号早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第17号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,837千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ639,649千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成15年3月6日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 「第1表 歳入歳出予算補正」でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に283万7,000円を追加し、歳入歳出6億3,964万9,000円とするものでございます。

 4ぺージに参りまして、事項別明細により御説明申し上げます。

 1、総括でございますが、歳入歳出の既定額6億3,681万2,000円に補正額283万7,000円を追加し、補正後の歳入歳出合計をそれぞれ6億3,964万9,000円とするものでございます。

 2、歳入でございますが、1款分担金及び負担金、1項負担金、1目公共下水道受益者負担金で600万円の追加、これは公共下水道受益者負担金で賦課増によるものでございます。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料で150万円の減額。これは使用量の減量によるものでございます。

 2項手数料、1目下水道手数料30万円の追加。これは排水工事申請に係る手数料で申請件数の増によるものでございます。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金で1,718万3,000円の減額でございます。

 6款繰越金、1項繰越金、1目繰越金で1,621万9,000円の追加でございます。

 7款諸収入、3項雑入、1目雑入で99万9,000円の減額。これは消費税の還付を見込んでおりましたが、還付がなかったことによるものでございます。

 6ぺージに参りまして、3、歳出でございますが、1款公共下水道事業費、1項総務管理費、1目一般管理費で283万7,000円の追加でございます。8節報償費119万7,000円の追加。これは受益者負担金一括納付に対する報奨金で賦課増によるものでございます。11節需用費100万円の追加。これはマンホールポンプ2基分の修繕料の追加でございます。19節負担金補助及び交付金64万円の追加。これは児島湖流域下水道管理負担金の精算分でございます。

 以上、早島町公共下水道事業特別会計補正予算の御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 早いようですが、ここで暫時休憩いたしまして、13時より再開いたします。

            午前11時50分 休憩

            午後1時0分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 当局からの説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。

 まず、議案第3号早島町個人情報保護条例の制定について、議案第4号早島町児童館条例の制定について質疑を受けます。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 11番小池でございます。まず、個人情報保護条例についてちょっとお尋ねいたしますけれど、これからオンライン化に伴い、いろいろな守るべき情報が多分ふえてくると思うんですけれど、それに対する適正な維持管理と、これ第12条です、それと第13条の職員等の義務というところにおける、もしそういう不祥事が起きたときの罰則規定とか、次の委託に伴う措置、これ個人情報は大切なものですから、それを委託する場合の委託先に対するそういう罰則とか、そういうものに対してどういうふうな対応、対策を考えられておられるのかお聞きしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。小池議員さんの御質問にお答えいたします。

 全般的にわたっての罰則規定ということでございますが、この条例について、この中での罰則規定は設けておりませんが、それぞれ関連する上位法がありますので、地方公務員法でありますとか住民基本台帳法、それぞれ関係する法律によりまして罰則の規定を受けるということになろうかと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 再度質問させていただきますけれど、今までの関係法令によってされるということでございますけれど、個人的な情報というものに対して現在国でも地方自治体におきましても、この住基ネットに関連することでございますから、大変心配されている部分があると思います。その中で、今までどおりの関係法令で対処するというのは、ちょっといかがなものかなと、私個人といたしましてもこの個人情報保護条例につきましては、もっとやっぱり厳しい対応、対策を考えていただきたい。現状のやり方でいくということであれば、余り納得できるこの個人情報保護条例ではないというふうに考えておりますけれど、その辺のことをもう少しきちっと考えるという方向にはいかないものですか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 小池議員さんの再質問にお答えをいたします。

 この条例中には御指摘の住基ネットワークの関係の部分については適用いたしておりません。その住基関係のネットワークにつきましては、別の条例なり規定などで運用するということでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) まず、個人情報保護条例についてですが、適正な維持管理ということで、第12条で4項に個人情報保護の管理責任者を定めるというふうに書いておられますが、これどなたが管理責任者になるのかということと、それから第33条で町長はこの条例の運用状況を毎年度公表しなければならないということなんですが、公表のあり方、内容等についてお聞かせ願えればと思います。

 それから、議案第4号の児童館条例なんですけれども、運営委員会をつくられるわけですが、これは何名が対象になるのかということと、今まで検討準備委員会みたいなのをつくられていたと思いますが、それとはまた別の形で、その方々が横滑りというんではなくて検討されているのかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。太田議員さんの御質問にお答えいたします。

 まず、12条の第4項の御質問でございますが、個人情報の管理責任者ということでございますが、御承知のように昨年1月1日から情報公開条例を施行いたしておりますが、その中で文書管理規定を整備いたしまして並行して文書の簿冊の管理を明確にいたしております。この保管、保存、廃棄のマニュアルも整備しているわけでございますが、個人情報保護の管理責任者には各課長を充てておりまして、その下で事務責任者といたしまして個人情報保護主任担当者を各課に置いておりまして、課長補佐か係長級が担当しておるわけですが、これと同様の管理責任者というふうに考えております。

 それから、33条の運用状況でございますが、この条例に基づきまして個人情報取扱事務の届け出の件数とか、開示請求等の件数、または不服申し立てのケースなどの処理状況等を広報紙を通じて公表させていただくというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ここでお願いいたします。

 後ほど各常任委員会に付託するわけでございますので、できるだけ自分の所管以外のところを詳細にお聞き願いたいと思います。

 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 太田議員さんの運営委員会についての御質問がございました。運営委員会は何名で構成するのかというお話でございますけど、委員は10名以内で組織する予定でございます。

 それから、これまで準備運営検討委員会を組織して検討してきたわけでございますが、この委員会との関係はどういうふうになるのかというそういうことでございますけども、準備検討委員会のメンバーの方が7名おられますけれども、その方にできれば入っていただくということでお願いしたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) 6番須増です。議案第3号の個人情報保護条例についてなんですけれども、先ほど質問もあったんですけれども、本来公務員の地方公務員法の中での守秘義務の中で、個人情報は当然守られるべきとして守秘義務という形で罰則規定もあって、わざわざ個人情報保護条例をつくるという意味がよく理解ができないので、前提としてこの情報公開条例ができた中で、この条例が必要になったという説明もあったんですけれども、もう少し具体的に必要性を説明していただきたいというふうに思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼します。須増議員さんの御質問にお答えします。

 うちの情報公開条例につきましては、先ほど申し上げましたように昨年1月1日から施行させていただいておりますが、この条例につきましては、本人さんでありましても開示できない部分が制約を受けるというのが情報公開条例でございますが、そうであっては個人の利益、権利を守る観点から、あわせてこの個人情報保護条例を制定いたしまして町民の皆様の先ほど申し上げました権利、利益を守るということでの条例の制定とあわせて町におけます目的外利用等もむやみにはお互い各課の間でもできないと、また職員につきましても義務を決めさせていただいておりますし、あわせて第4条では事業者のことについての責務、5条では町民の責務といったことであわせて注意義務を規定いたしておるわけでございますが、この1条の個人の権利、利益の保護ということでございますが、これもいろいろ考えるわけでございますが、一応具体的な例で申し上げますと、私生活をみだりに公開されない権利でありますとか、個人の秘密が公開されない権利、誤った情報や不完全な情報によって自己に関して誤った判断がなされない権利、また自己の情報を知る権利と、こういったものが考えられると、それについての保護とか公開、あるいは訂正、削除等を行える町民の権利を保障する条例だというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) 今個人情報の中身で言うと、当然今まででも守られるべきものであっただろうというふうには思ってるわけですけれども、どこでも個人情報をどこまで個人情報として定めていくのかということが大変議論になって、何もかも名前があったら全部だめというわけではなく、早島町の情報公開条例も名前があっても本人に害がなければ公開できるというふうに条例そのものもなっておりますし、そこの定め方というのが難しいんだろうというふうに思うんですけれども、先ほど担当課でそれぞれそういう形で今準備を進めているということだったんですけれども、特に情報公開条例の公開しますと言っている部分を害しないということで、きちっとそこを徹底されているのか、個人情報だったらすべてだめというふうにしてしまったら、情報公開条例が後退すると思うんです。そこのところの定め方というのは大変難しいと思うんですけれども、どういうふうに検討されてますか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 個人情報については、基本的なこの条例にもうたっておりますが、本人の同意が要るという大原則があるわけでございますが、仮に申請一つとっても代理人の方が来られても、申請者の名前があれば当然本人の同意があったというふうにみなすような条文にもなっておりますし、先ほど言われましたように各課には個人の情報がいろいろ集まっておるわけですが、今事務事業といたしましては各課のそれぞれ所有しておる個人情報を取りまとめて一つの簿冊につくり、グレーゾーンと申し上げますか非常に判断できない分野につきましては、12月議会で名称変更させていただきました早島町の情報の取り扱いに関する審査会にお諮りして、そこで指示をいただいて公開できるものできないものというのをさび分けさせていただいて、先ほど太田議員さんに御答弁をさせていただきましたが、各課の責任体制で職員がおりますので、明確にしていきたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) 大体わかりましたんで、そういう情報公開条例と個人情報の保護は表裏一体だと思いますので、ぜひその辺は気をつけて進んでいっていただきたいと思います。

 それから、先ほど同僚議員からもありましたけれども、住基ネットに伴う個人情報保護条例が国でも定められようとしておりますので、そこの住基ネットにかかわる個人情報を保護していくという問題も、ぜひ今後検討していただきたいと要望したいと思います。

 それから、児童館の方ですけれども、これは前回の議会でも議論になったんですけれども、留守家庭児童会の運営と一緒になるということで、関連して教育委員会からも議案が出て所管が福祉課になるということなんですけれども、検討されてきて父母の不安はどのような議論の中で取り除かれ、開館に向けて進んでいるのか、その経過が少しわかれば説明していただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 児童館の整備に当たって留守家庭児童会の父母の方、それから指導員さんの方からも児童館に併合されるということで、非常に心配されておりました。その一つには、まず児童館とそれから留守家庭児童会との管理の問題、これは留守家庭児童会の方は教育委員会所管でございますが、児童館ができるということになると保健福祉課になるんじゃないかということで、この管理はうまくいくのかどうかというそういう心配が一つにはありました。それから、留守家庭児童会と児童館の休日、それから開館そういう日にち、時間の問題、これらにつきましてもいろいろと心配がございました。

 これにつきましては、これらの問題につきましては、昨年7月に児童館整備運営検討委員会を設置いたしまして、これは先ほど申し上げましたけども、7名の方それぞれの関係ある方々の出席のもとで6回にわたりまして検討を進めてまいりました。これをまとめて、ほぼこれでいいんじゃないかなと、あとは先ほど運営委員会の話が出ましたけど、運営委員会にあとは検討してもらうということでどうかということで、まとまったものを先日全員協議会で配布させていただきました児童館の運営について、その資料でございますけども、そこにほぼ要約されておると思っております。これは関係者の方々と工事前におきましても説明をさせていただきましたし、工事の後経過の説明、それらにつきましても児童館の運営等について説明をさせていただきました。で、ほぼ、それで納得はいただけているかなというふうに思っております。

 したがいまして、あとは児童館で事業といいますかいろんな教室、講座等を設けるわけでございますけども、そういう中で、皆さん喜んでいただけるような事業ができるということを楽しみにしておられますし、そういう期待もされてるというふうに思っておりますので、運営につきましては、そういう中でしっかりしていきたいと思っております。なお、先ほど駐車場のことは言いませんでしたけども、駐車場についてもいろんな心配がございましたけれども、これは小学校の校長先生、それから教頭先生等もお話しさせていただいたりしまして、学校が休日のときには、校舎のあいてるその駐車場をそれを使っていただきたいというようなそういう御了解もいただいております。ほかにも駐車場の確保もしておりますけども、運営は何とかうまくできるんではないかなというふうに思っておりますので、御理解いただきたいと思っております。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 次に移ります。

 議案第5号早島町下水道使用料審議会条例の制定について、議案第6号早島町職員の旅費に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第7号早島町立留守家庭児童会条例の一部を改正する条例について、議案第8号早島町立幼稚園条例の一部を改正する条例についての4議案について質疑を受けます。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 11番小池でございます。下水道使用料審議会条例についてちょっとお尋ねいたしますけれど、この提案理由、下水道財政の健全化を図ると、下水道料の適正化ということでございますけれど、町長にちょっとお聞きしたいんですけれど、お出になられるときに120円を45円下げて75円にするというふうにおっしゃっておられる。そして、25トン使用する家庭、年間で1万3,500円安くなると、こういうふうにおっしゃっておられる。その理由としては、最終処理施設のところに払うお金が75円だと、だから75円にしてあとの費用は当然町が負担するもんだというふうにおっしゃっておられる。そういうことになると、1家庭で1万3,500円減ると、ほたら早島町に何千世帯あったのかわかりませんけども、その当時に。その減額される金額というのはわかるはずなんです。財政運営をする上でそういうものを踏まえてやられてこられたんだろうと思うんです。今回になって下水道財政が健全でないという意味なのか、健全であるけれどもう少し健全にするという意味なのか、その辺を踏まえて減額してから5年しかたってないんです。どういう理由でこういう審議会をつくられるのか。今施設に払うお金は75円よりもっと安くなっております、六十何円だと聞いておりますが、下げられる方向の審議会をつくられるのか、上げられる方の審議会なのか、その辺ちょっと御真意をお伺いしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 町長。



◎町長(安原良一君) 小池議員さんの御質問にお答えをしたいと思います。

 平成8年ですか、立候補のときにお約束をいたしました下水道減額というのはこれはもうまさに負担金と、それから1トン当たりの単価との比較によってそういう減額の案を出しましたけども、これは福祉政策としてという意味も含めて、必ずしも安くなってないんです。120円が125円のところもあるわけです、75円、100円、125円ですか。だから、たくさん使っておられるところは額は上がっておりますんで、そこら辺を御理解をいただきたいと思います。

 それから、確かに5年たっております。これは安うするんか高うするんかという話ですが、これはいろいろ審議会の方の御検討をいただいて、これから非常に財政は厳しゅうなります。言うなれば一般財源の繰り入れというものを、どういうふうに考えるかというような意味もあると思います。私はこの下水道というのは、これは一つの環境対策でもあると思いますから、必ずしも企業会計の原則に従う必要はないというふうに思ってます。

 料金の問題は、ただ単にこの下水道使用料だけの問題ではございません。いろんな意味で今町が住民の皆さんに御負担をいただいております料金体制、こういうものもあわせていろいろ検討していかなくてはいけませんが、下水道につきましてはこういう審議会条例をつくって御検討いただこうと、そういうふうに思っています。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) ちょっと意味がよくわからないんです。下水道だけ私は考えておるんですけれど、今おっしゃる話を聞きますと、下水道も含めて環境対策だとかいろんな面に考慮して下水道も上げていくんだというふうに受け取ってよろしいんでしょうか。この料金を下げたことによってたくさん払ってるところもあるということになれば、何も上げる必要はないんではないのかなというふうにも受け取れるんですけれど、どうも下水道とほかのことを関連して、結局財政が悪くなったから上げていくというふうにしか聞こえないんですけど、そうじゃないんですか。



○議長(寺山邦夫君) 町長。



◎町長(安原良一君) 小池議員さんの再質問にお答えをしたいと思います。

 環境問題を出しましたのは、これは一般財源から下水の方へ繰り入れをするという理由がそういう考え方があるということを御説明をしたわけでございまして、その料金の改定ということに、これはもう一般財源を繰り入れるということが、一つの料金の検討をする材料であるというふうに御理解をいただければ、ありがたいんじゃないかと思います。

 それから、財政が悪くなるからというのは、もうこれからはとにかく右肩上がりではございませんので、いろんな意味で検討する必要があるのではないかというふうに思っておりますので、御理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 最後にしますけれど、一般会計から繰り入れということについては、もともとわかっておる話なんです。引き下げというけれど、税金を振りかえてるだけということを私たちは思ってましたけれど、当初から一般会計から入れなかったらどっからお金が出るのかということはもうわかっておったわけですから、今それをおっしゃられるということはおかしいというふうにも思うんですけども、これはそういうふうに考えられとんですから、幾ら聞いても一緒ですからもうよろしいです。



○議長(寺山邦夫君) 町長。



◎町長(安原良一君) 小池議員さんの再々質問にお答えしたいと思います。

 あのとき議論の中に企業会計であると、そういう議論をなされたのを、私今思い出しましたもんですから御説明をさせていただいたわけでございます。どうかよろしくお願いしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 13番小橋君。



◆13番(小橋澄男君) 今話を聞きょうたらな、もうわきゃあわかりよらん、みそもくそも一緒にしてしもうとる。当時のことに、なぜ120円を75円に25トンまではしたか。それははっきり言って倉敷が高かった。当時早島が100円としたら倉敷は120円じゃった、一番底辺が。そこへもってきて、一つには下水道分担金、この近くは300円から350円平米が。何で早島が600円取らにゃいけんのんならと。600円、平米を。これで、例えば1反持っとる人間300平米で計算して年間19万6,000円。300円としたら9万何ぼ。10万円から違うわけ。それで、倉敷を計算したときには倉敷はそんときは87円じゃった平米が。

            (「だれに説明しとんの」と呼ぶ者あり)

 わしが今言いよるんじゃけ黙っとれ。

            (「当局に説明しとるんか議員に説明しとるんか」と呼ぶ者あり)



○議長(寺山邦夫君) ちょっと注意しようと思うわけですから、区切りをついたら注意します。



◆13番(小橋澄男君) そういう中で、実態を言いよるんじゃから。値下げをしないとして頑張ったんが小池以上六、七人おるんじゃ。120円でええと、値下げをしないと。ところが、最後の調整で120円と、それから75円ということになったんじゃから、これはみんながそれによって分担金を倍払うとんじゃから、これを4年なら4年やれば、倍に払った10万円は返ってくると、皆さん余計払われた人に。そういう形の中で始まったんで、高かったから安かったら、ええから悪いからの問題じゃない。な、わかったか。



○議長(寺山邦夫君) ここで、小橋議員。当局へ質問しとんでありますから、その点十分御留意願いたいと思います。



◆13番(小橋澄男君) 何を留意せえ。



○議長(寺山邦夫君) 御留意願いたいというのは、町当局の方へ御質問しとるわけで、だから。



◆13番(小橋澄男君) じゃあねえわ。皆さん聞きよられる人に聞いてくれと言いよんじゃ。



○議長(寺山邦夫君) いや、それは場がまた違うから。



◆13番(小橋澄男君) ええじゃろうが。どこが悪いんなら。



○議長(寺山邦夫君) 全員協議会等でやるんならよろしいが、その点は御注意願いたいと思います。



◆13番(小橋澄男君) それでええじゃろうが、皆に聞いてもらわにゃ、一方的に。そらそうじゃ。予算の一般会計から持っていくのは、ほんなどこから持っていくんならこの予算は。



○議長(寺山邦夫君) やはり、議会と執行部の立場で議会は形成されとるんですから、議員は議員なりの立場でお願いしたいと思います。

 12番林君。



◆12番(林勇君) 私も使用料審議会についてお尋ねをいたします。

 先ほどからの議論もありましたけれども、下水道の使用料とか負担金とかというのは政治的な配慮が十分入ってくるだろうと私は思っております。それを、こういう審議会を設けてそこに諮問をするというのが、ちょっと無理なんじゃないかなという気がいたします。よく委員会とか審議会とかというのは、そういうとこに諮ってみんなの意見を聞かしてもらいましたという過程のプロセスの、私からいえば言いわけですけれども、そういうことに使われているんじゃないかなという気がいたしております。下水道料金というのは、もう事務方で計算すれば、幾らで採算といいますか、とんとんになるということはすぐ出るはずなんです。それで、それが審議会へ諮問をしまして、そんならとんとんにしますという料金改定にしていいものか悪いものかです。当然、ある程度の政治的な配慮が必要になってくると思うんですけれど、どうしてこれを審議会をわざわざ設けてそこへ諮問せにゃいけんのですか。その点を教えていただきたいと思います。

 それから、幼稚園の西分園ですけれども、これは本園ができたときに休園にいたしました。そのときの理由が両備の開発がいずれあるでしょうから、そのときにどういうふうになるかわかりませんから、それを見て廃園にするかどうかを決めますという説明を受けております。これから両備が開発するんです。どうして今の時期に廃園を決めにゃいけんのですか。私が考えるにです、いきなり廃園にしたんじゃあ金田、噂島の方の住民に突き上げを食う可能性があるから、とりあえず休園にして時期を見て廃園にしようとしたとしか受け取れません。これは前の町長のときの話ですので、町長を追及してるわけじゃございませんので。そうすると、これは住民をごまかしたというか、余り言葉はようないかもしれませんけれど、その場が丸うおさまるようにとりあえず休園にしたとしか受け取れません。どうしてここで廃園にするのか。老朽化が進んだというんじゃ、そりゃまあ改修すれば済むことですから、理由にゃならんでしょう。もう少しその辺を詳しく教えていただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 林議員さんの下水道使用料の審議会の設置についての御質問でございますけれども、私どもの方が勉強させていただいた中で、倉敷市さん、岡山市さん、その近隣の市町村の方にも聞いております。下水道料金だけではないんですけれども、下水道の特に使用料につきましては、大体3年から4年、見直していくというような方法をそれぞれの市町村の方も考えられてるようでございます。

 確かに、この審議会が必要かどうかということでございますけれども、今回条例の制定にさせていただいた中での理由ですが、基本的には前回平成9年のときに研究会ということで、これは手前の方で諮問といいましょうか、勉強会、検討会を行いまして、町の方で議会の方に御承認というか、御提案させていただいて決定させていただいたという経緯があるわけでございますけれども、今回はどういいましょうか、イトーピアという団地等の地域が一部早島町になっているとこなんですけれども、そういったところの下水道の児島湖流域へ、今回管理組合から開発行為によって行われた施設が早島町の方へ倉敷市さんの方から移管というような、いわゆる管理組合から倉敷市へ移管すると。その中で、早島町に行政区域の中で下水道は早島町で管理してくれというような話も来ておりますので、単なる条例改正いわゆる料金改定というもののみならずそういったものも入っておりまして、同じ地域の中で料金が分かれるということもどうかなという、余りよくないということにもなりますので、大きな意味でそのあたりも審議会の中で、あるいは構成委員、条例の中に載っておりますけれども、学識経験者あるいは町長が適当と認められる方の中で、事務当局の方も合理化の料金をお示しいたしますが、これも多分何分高額なものになろうかと思います。

 そこで、政治的な配慮というものが必要であろうかと思いますけれども、そのあたりしっかり審議していただきながら、先の単なる1年、2年じゃなくて4年あるいはもっと先の料金も想定しながら、実際平成16年度からはどうあるべきかという料金といいましょうか、料金だけではなくてその他従量制になっておりますけれども、そのあたりも検討、審議していただけたらと思う気持ちで今回審議会を開いた方がいいんじゃないかなと思っております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(水畑千歳君) 林議員さんの質疑にお答えをしたいと思います。

 幼稚園西分園の廃園についてでございますが、林議員さんの方から休園にした当時の状況等をお聞きしたわけですが、私も勉強不足でそのあたりのことはよく存じておりませんところがありますが、現在本園の方、それから東分園で園児の定員といたしまして350人の定員を設定をいたしております。現在、ことしの3月の現在までで230名から40名程度の園児が在園しております。そのまだ百十二、三名の定員の中には十分対応できるということも含めまして、先ほど提案説明の中にも申し上げましたように、かなり老朽化も進んでおりますし、このまま休園にしておくことよりも、この際廃園にして本園と東分園の方で園児の方の対応をしてまいりたいというふうに考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 町長。



◎町長(安原良一君) 今御質問の中にありました幼稚園の西分園の廃園につきましては、これは簡単に申し上げましたら老朽化も理由があるんですが、これは所管がえでございますんで、御理解をいただきたいと思います。今つばさ工房があります、これは福祉の方ですから財産の所管がえということで、教育委員会から保健福祉課の方へ行政財産として所管がえをさせていただいておりますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 12番林君。



◆12番(林勇君) 西分園、本当に何のために廃園手続をするのかということを改めてお尋ねしようと思ったんですけれども、そういうことでございましたら納得をさせていただきます。

 それと、これから両備団地ができても十分園児の受け入れとしては対応できると見込んでいるということでございますね。

 それから、下水道審議会ですけれども、先ほど課長が説明していただいたんですが、イトーピアが今度流域へ入るとか、そういうことはまた別の話でしょう。町民ですから当然流域下水道へ入れば同じ料金になるというのは私は当然そうあるべきだと思っております。それで、それが審議会をつくる理由では私はないと思うんですけれども、ここで提案されているんですから、せっかくですから下水道料金の決め方という基準そのものを審議してもらいたいと思っております。1トン幾らが適正かどうかやこういう審議ではなしに、どういうふうに料金を設定するんが一番合理的でみんなの理解を得られやすいかということを、審議していただきたいと思っております。それに基づいて当局が料金を決めて、議会へ提案していただきたいと思うんですが、よろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 理事。



◎理事(佐藤喜世文君) 林議員さんの質疑にお答えしたいと思います。

 何のため審議会を整備するのかという御質問であろうかと思いますが、これは一つには地方自治法の138条の4に委員会委員附属機関とういのがございまして、その3項に普通地方公共団体は法律または条例の定めるところにより、執行機関の附属機関として自治紛争調停委員審議会、それから審査会、調査その他の調停審査、諮問または調査のための機関を置くことができるということになっておりまして、審議会をつくるに当たっては、失礼いたしました。この近隣町村でも岡山、倉敷その他各地方公共団体もこの条文、地方自治法の条文によって審議会を条例化しておるのが通常でございまして、本町もそういった形で審議会の方をつくりたいということでございますので、御理解賜りたいと思います。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 失礼いたします。林議員の再質疑にお答えいたします。

 設置につきましては、今理事が申したとおりでございますけれども、私が言いたかったのはイトーピアもそういった状況になりますと、単価についてもそうですが、それだけの単価設定だけにはとどまらず、倉敷市の方にも応分の負担が出ます。そういった意味で、できるだけ料金の方は同じに考えたいと思ってるところでございまして、そういったところの単価設定するには、今さっき議員の方も言われましたように当然標準的な単価設定をする計算式がございます。それによりましたら、かなりの高額のものも想定されます。そういうところで、そういったそれがすべてではないですけれども、新しいということではないですけれども、そのあたりをお示ししながらその計算式についても中身を御理解いただきながら、正しいといいましょうか合理的な料金をとりあえず設定していけたらと思っております。御理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 林君。



◆12番(林勇君) もう済んだつもりだったんですけれど、理事の説明を聞いてちょっと一言言うておきたいと思います。

 審議会を設置する根拠というのはもうわかっとります。そういうことを言よんじゃないんです。ここで旅費の改定がありました。特別職の報酬改定も予定されております。こういう厳しい時代にわざわざ審議会をつくって費用をかけて、行政改革へこれから邁進しようとするときにどうしてこういうことをするんかなという疑問が真っ先にあるんです。できるだけ、今後はそういうむだ遣いと言うたら委員になる人にしかられますけれど、やめて町独自でできることならやりゃよろしいが。だれがやっても一緒でしょ、料金どういうふうに設定するかというのは。単なるプロセスとして使っとるだけでしょう。それが言いたいんです。できるだけ倹約していただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) 下水道の関係なんですけれども、先ほど課長が16年度改定に向けてと言われたと思うんですけれども、この下水道使用料の適正化を図るのに1年間の審議が要るのかどうかということをちょっと疑問に思うんですけれども、この適正化だけのための審議会ですかどうか、ちょっとお尋ねします。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 太田議員の質疑にお答えいたします。

 1年間かけるのかということですけれども、私が目途に、これは個人的にですが思ってますのが16年度ということで、それは早く結論が出ればそういうようなことにもなりかねるところもあるとは思うんですが、とりあえず3回ぐらいを予定しておりまして、今の段階ではメンバーといいますか委員さんのこともまだ考えてませんし、早く取りかかりたいとは思ってるんですが、といいますのがちょっと詳しい話になってしまうんですけども、イトーピアの方の段取りも実際また委員会の方で詳しくお示ししますけれども、お話がありましてそことの調整もございますし、そういった資料をもとにいろいろ考えなければならないことがあります。ですから、先ほど林議員の質疑の中にもございましたように、計算式というものが適正な価格というものが出ますんで、その算式も当然お示ししながらそれをまず理解してもらうことが第1段階で、それから今ある単価との整合性、あるいはどの従量制の何トン以上のものが、どういう形でどう使われてるというような、段階を追った中での料金設定もしないといけないもんですから、すぐにすぐというわけにはいかないと思いますし、そのあたりはちょっと慎重に今回は考えていきたいと。

 それから、先ほども言いましたが、1年先、2年先のことではなくて、ちょっと長期的な形のものも想定しまして考えてみたらと思っておるわけでございます。

 以上でございます。御理解いただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) そうしますと、この審議会委員になられる方が何名かということと、ある程度専門的な知識も持ってる方にも入っていただかないと、これ最初町長の公約で減額するときにいろんなメンバーの方を見させていただきました。理髪店か理容店かそういうふうな方や、それから婦人会のメンバーも入っておられて、それはそれで結構だと思うんですけれども、ある程度専門的なわかるような方に入っていただかないといけないと思いますので、その点もよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑ありませんか。

 3番大原君。



◆3番(大原安生君) 前回水道料金を下げるときには、審議会というものを設けられたんでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 大原議員の質疑にお答えします。

 水道料金ではなくて下水道料金だと思うんですが、前回の場合は平成9年6月に改定しておりますけれども、研究会という形の中で実施されております。これも3回ないしは4回という会議の中で御提言をいただきながら、それをもとに議会の方に上程して可決というような形をとらせていただいております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにありませんか。

 3番大原君。



◆3番(大原安生君) 再質問させていただきます。

 何かやはりほかの議員さんの質問にもありましたけども、上げる可能性があるときには審議会をつくるというふうに聞こえてならないんですが、そのあたりどうでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 大原議員の再質疑にお答えいたします。

 決してそのように考えておるものではございません。先ほどから御質疑に対してお答えしてますように、もう既に平成9年からいいますと5年が経過しております。適正な料金の改定をするいわゆる年月といいますものは、大体3年から4年ということになっております。ですから、もう5年たったという中で、再検討していくと、それから諸条件も周りの状況も変わってきておりますので、そのあたり御審議いただけたらという思いを込めて今回審議会を設置したと、御理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 それでは、次に移ります。

 議案第9号早島町国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第10号早島町介護保険条例の一部を改正する条例について、議案第11号早島町地域福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、議案第12号早島町道路線の認定についての4議案について質疑に入ります。

 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) 6番須増です。議案第10号の早島町介護保険条例の一部を改正する条例についてお聞きします。

 このたび保険料が上がっていくということで、策定委員会の中で議論をされたんだと思うんですけれども、先日もらった策定計画の中で財政安定化基金拠出率というのがあるんですけれども、本来はこの基金が基準給付費見込み額の0.1%が適当であるというふうに一般的にされてるわけですけれども、当町はどれぐらいのパーセンテージか、まず教えてください。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 今須増議員さんの御質問は、財政安定化基金拠出金が0.1%ということをおっしゃったんじゃないんかなと思うんですけれども、これは0.1%で計上いたしております。これは基準が設けられておりますので。



○議長(寺山邦夫君) 須増君。



◆6番(須増伸子君) 済みません。じゃ保険料の何%を基金として今積まれているかという質問です。済みません。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 御質問の内容は、介護保険の準備基金積立金のその御質問かと思いますけれども、これにつきましては、早島町介護給付費標準基金条例というのがございまして、これには介護保険の給付費及び予防給付の費用の支出に備えることより、介護保険財政の健全な運営に資するためにこの基金を設けるということで、基金として積み立てる額というのは介護保険特別会計で生じた、あるいは生じると見込まれる余剰金のうち介護保険特別会計歳入歳出予算を定める額とするということで、これは何%にするかということは決まっておりません。

            (6番須増伸子君「今、何%」と呼ぶ)

 これにつきましては、実はこの年度末で見込まれる額を申しますと約2,420万円程度これにが積み立てる額になろうかと思っております。これの額を平成12年度、平成13年度の介護保険の給付額を需用費で割りますと、約3%ぐらいの額になろうかと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 須増君。



◆6番(須増伸子君) ちょっと質問が間違ってて申しわけなかったんですけど、要は基金が2,400万円あって、それで今回大きく保険料も上がっていくわけなんですけれども、当初から言っている多くの自治体でも取り入れられてきています保険料の減額制度や減免制度というのは当町は単独ではとってきてないんですけれども、その策定委員会の中ではそういう議論はなかったんでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 減免については議論には特になりませんでした。



○議長(寺山邦夫君) 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) なりませんでしたということですけれども、私は何度もそのことを要望してきたつもりなんですけれども、そういう形でぜひこの今医療費も上がり、高齢者の負担というのはさらにふえてきている中で、介護保険も大変な負担になってきています。そういう中で、この基金に次々積んでいくんではなく、少しでも保険料を下げれるような、またこの段階もありますけれども、第2段階と第1段階の不公平性という法的に不備もありますから、そういう部分をフォローするためにも使っていけばどうかなというふうにずっと提案はしているわけなんですけれども、そういう方向で何も議論がなかったというのはいかがなものかと思いますが、そういう意味で今後とも努力はしていただきたいと要望したいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 失礼します。議論にならなかったというのは、特に減免について、低所得者層に対しての減免を新たに設けてサービスをするということが議論にならなかったということでございます。その理由の一つには、実は早島町の今回お示ししております介護保険の基準額が3,140円ということで、今回条例にもお示ししておりますけれども、これは年額で出しておりますので、これを12カ月で割っていただければ月額の3,140円、これは第3段階のところが基準額になりますけども、それが他の市町村と比較すると早島町は非常に低い位置にあるということでございます。

 ちょっと参考までに申し上げますと、これはあくまでも決まった額じゃありませんので、新聞等で比較した額ということで参考資料としてとめおきいただきたいと思いますけども、倉敷市が3,920円、山手村が4,213円、それから他の倉敷管内の清音村さんが3,705円、真備町さんが3,826円、船穂町さんが3,830円というようなのが、これは新聞に出ておったということで御参考までにとめおきいただきたいと思います。したがいまして、早島町の減免云々というのが特に議論にならなかったというようなこともあろうかと思っております。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) 済みません。所管のことなんですけど、ちょっと言わせていただきたいんですが、先ほど同僚議員も言われましたが、介護保険の早島町3,140円に落ちついてるわけですけれども、前年より280円アップということで、ほかの自治体に比べれば安いということを今課長が言われたんですけれども、やはりこれはすべての施設だとか、サービス量の供給だとかそういうことも反映してくるわけで、少ないということはそれだけサービスもできていないそういう側面もあるということだと思うんです。玉野、岡山、倉敷と岡山は高いんですが、玉野、岡山も高いんですけれども、こういう基金を投入して実際より低く設定する、そういう努力はされてるんですね。それで、早島町も給付準備基金というのが13年度で1億5,000万円積立があると思うんです。そういう基金の投入をしようと思えばできたんじゃないかと思うんですけれども、そういうことが早島町は3,140円に落ちついてほかの自治体よりも安いから、そういう議論も出なかったというふうなことだと思うんですけれども、施設の利用者が少なくて、そういう金額でいいのか、それか施設の利用ができるように図っていくのかそこら辺がいろいろ調整するところが難しいところだと思うんですけれども、介護保険事業計画の中でも書いておられますけれども、やはりそういう利用してもらうように努力をしていっていただきたいなと、そういうふうに思うんですけれども、課長はそこら辺の調整といいますか整合性といいますか、どのように感じておられるんでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 早島町の介護保険事業計画に対する執行状況について、これまで何度かこの議会の方でもお話しさせていただいたと思いますけれども、ほぼ計画どおりに近い形でうまく運営してるというふうに申し上げたかと思います。約92%から3%の間で推移してるという、そういうことで、私としてはうまくいってる方ではないかなというふうに思っております。

 なお、先ほど保険料が安くつくのはサービスができてないんではないかというお話がございましたけども、これは保険料はサービスと直接結びつきますので、言いかえればそういうことになるかなということもありますが、もう一つは、やっぱり介護保険を使われない方がたくさんいらっしゃるということは、元気な高齢者の方が大勢いらっしゃるということですので、これは非常にいいことではないかなというふうに思っております。ただ、使いたくても使えないという状況にあるということは、これは困るわけでございますので、利用していただけるようにそういう基盤整備も必要であろうというふうには思っております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) 課長の御答弁ですと、保険事業計画はほぼ予定どおりというふうに言われてるんですけれども、この資料を見ますと予定どおりにいってないんじゃないかなというふうな感じも受けますので、なかなか利用されない人は縄をつけても引っ張ってくるということもいきませんけれども、知恵を絞ってやっていただきたいなと、そういうふうに思います。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 済みません。先ほど御質問でお答えしてなかった件でございます。

 準備基金積立金は1億五千幾らというふうにおっしゃったと思いますけども、2,400万円になるということで、先ほど須増議員さんの方には申し上げました。その準備基金積立金は約3%ぐらいに当たるということで申し上げました。準備基金積立金をどんどん取り崩してそれで事業の運営に充てるということは、これは非常に寄附が多いということでございますので、できれば一番最後のときにこの準備基金がとんとんになるという形の事業運営が望ましいということになりますので、そういう努力をこれからもしていきたいというふうに思っております。



○議長(寺山邦夫君) ほかにありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第13号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について、議案第14号平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第1号)について、議案第15号平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、議案第16号平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第3号)について、議案第17号平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、以上5議案について一括質疑にしたいと思います。

 質疑はありませんか。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑はないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第3号から議案第17号について、お手元にお配りしています付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第3号から議案第17号は付託表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

            午後1時8分 散会