議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成14年12月定例会 12月11日−01号




平成14年12月定例会 − 12月11日−01号







平成14年12月定例会



            早 島 町 議 会 会 議 録

            平成14年12月11日( 水 曜 日 )

            ───────────────

            議 事 日 程 ( 第 1 号 )

午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 諸般の報告

第4 認定案第2号 平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計歳入歳出決算について

   認定案第3号 平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について

   認定案第4号 平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計歳入歳出決算について

   認定案第5号 平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計歳入歳出決算について

   認定案第6号 平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について

第5 議案第41号 町税条例の一部を改正する条例について

   議案第42号 早島町情報公開条例の一部を改正する条例について

   議案第43号 早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について

   議案第44号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について

   議案第45号 早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

   議案第46号 早島町水道使用条例の一部を改正する条例について

   議案第47号 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第3号)について

   議案第48号 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

   議案第49号 平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第2号)について

   議案第50号 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第2号)について

         ・質疑

         ・委員会付託

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第5まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            出  席  議  員(14名)

 1番  舩  越  健  一 君      2番  福  田     健 君

 3番  大  原  安  生 君      4番  原     光  俊 君

 5番  平  岡     守 君      6番  須  増  伸  子 君

 7番  川  北  隆  之 君      8番  磯  山  卓  宏 君

 9番  安  原     昇 君     10番  太  田  尅  子 君

11番  小  池  宏  治 君     12番  林        勇 君

13番  寺  山  邦  夫 君     14番  小  橋  澄  男 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠  席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      安 原 良 一 君     収入役     磯 山   守 君

教育長     溝 手 憲一郎 君     理事      佐 藤 喜世文 君

副理事     水 畑 千 歳 君     総務課長    森 安 茂 彦 君

企画振興課長  林   耕 市 君     企画振興課参事 梶 原 由 恵 君

税務課長    原   一 雄 君     町民生活課長  福 島   晃 君

保健福祉課長  平 井 京 治 君     産業建設課長  平 松 保 之 君

上下水道課長  佐 藤 寿 一 君     町民総合会館長 小野田 修 作 君

社会教育課長  太 田 尚 良 君     監査委員    皆 木 幸 生 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

局長      原   隆一郎 君     書記      溝 手 祐 佳 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







            午前10時0分 開会



○議長(寺山邦夫君) 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成14年12月早島町議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布したとおりでございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(寺山邦夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において3番大原安生君、4番原光俊君を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(寺山邦夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から12月18日までの8日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は8日間と決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 諸般の報告



○議長(寺山邦夫君) 諸般の報告をいたします。

 議長報告をいたします。

 地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納検査の結果報告書がお手元に配布したとおり提出されております。朗読は省略いたします。

 これをもって諸般の報告を終了いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 認定案第2号 平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計歳入歳出決算について

      認定案第3号 平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について

      認定案第4号 平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計歳入歳出決算について

      認定案第5号 平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計歳入歳出決算について

      認定案第6号 平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について



○議長(寺山邦夫君) 日程第4、認定案第2号平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計歳入歳出決算について、認定案第3号平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、認定案第4号平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計歳入歳出決算について、認定案第5号平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計歳入歳出決算について、認定案第6号平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について、以上5認定案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 皆さんおはようございます。

 年末を間近に控えまして大変お忙しい中御参集を賜りまして、まことにありがとうございます。先日は合併調査特別委員会で、議会、行政合同の勉強会を開催をしたわけでございますが、今まさに市町村合併という大きなうねりの中で議会ともども意思の疎通を図ってまいらなければならないというふうに思っております。その時期が来ていると考えております。今後特別委員会を通じて民意を反映していく工夫をしてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 それでは、ただいま上程になりました認定案第2号から認定案第6号までの5会計の決算につきまして、それぞれ概要を御説明を申し上げたいと思います。

 まず、認定案第2号平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計歳入歳出決算でございますが、御議決を賜りました予算に対しまして、費用対効果を最優先に適正な執行を努めてまいったところでございます。その結果といたしまして、お手元にお配りしております決算書の160ページを見ていただきたいと思いますが、それに実質収支に関する調書というのがございます。その3段目に歳入歳出差し引き額が2億5,592万5,000円、このうち繰越明許費が3,258万2,000円というふうになっておりまして、実質2億2,334万余円を平成14年度へ繰り越すことになりました。その原因の主なものといたしましては、まことに申しわけありませんが、最初の2ページをお開きを願いたいと思います。歳入ということになっておりますが、その歳入、1款町税というところの最後に右側の最後に、予算額と収入済額との比較という欄がございます。5,200万余円というふうになっております。その次に9款地方交付税、9款の地方交付税というところがございまして、2,067万余円、これが当初の見込みを上回ったということでございます。

 一方、申しわけありません、6ページをお開きしていただきたいと思いますが、ここで歳出になっておりますが、その2款の総務費で同じく2,900万余円、その下の3款民生費というところがございますが、それに5,200万余円、4款の衛生費というところがございます、1,000万余円、それから6款農林水産業費で2,100万余円、8款の土木費で2,500万余円、10款の教育費で1,700万余円の、これが不用額が生じております。そのために繰り越すということになったわけでございます。

 次に、認定案第3号国民健康保険特別会計歳入歳出決算でございます。

 その歳入につきましては、国民健康保険税、国庫補助金及び医療費給付費交付金の増額によるもの、これが15ページにございますが、歳出全般で2,767万余円の不用額が生じたわけでございます。15ページの下の段にあります8,512万余円、これを平成14年度に繰り越すということになったわけでございます。

 次に、認定案第4号老人保健特別会計歳入歳出決算でございます。これも医療費給付が当初の見込みを下回ったことによりまして、歳入決算額が10億5,671万余円、歳入決算額が10億5,634万余円で、差し引き残額が36万余円を平成14年度に繰り越すことになりました。

 次に、認定案第5号介護保険特別会計歳入歳出決算でございますが、24ページからごらんいただきたいと思います。歳入決算額が4億6,073万余円、歳出決算額が4億3,992万余円で、歳入歳出差し引き2,080万余円を平成14年度に繰り越すことになったわけでございます。その原因の主なものといたしましては、歳出で保険給付実績が当初見込みを下回ったということでございます。

 次に、認定案第6号公共下水道事業特別会計歳入歳出決算でございますが、歳入決算額が6億7,528万余円、歳出決算額が6億5,306万余円ということになっておりまして、歳入歳出差し引き額2,221万余円を平成14年度に繰り越すことになりました。その主な原因といたしましては、歳出の公共下水道事業費で1,539万余円の不用額が生じたことによるものでございます。

 以上、5会計の決算を集約をいたしました総括表というのが終わりの方246ページ、247ページにございます。5会計の総額は、歳入決算額で73億2,273万424円ということになっておりまして、歳出決算額が69億3,829万526円ということで、歳入歳出差し引き額が3億8,443万9,898円というふうになっております。先ほど御説明を申し上げました繰越明許費3,258万2,000円を除きまして、実質3億5,185万7,898円の黒字の決算ということになったわけでございます。

 なお、平成13年度中に実施いたしました主な事業につきましては、その本書の35ページ、主な施策の概要ということで説明をさせていただいておりますので、ごらんをいただきたいと思います。

 以上、平成13年度の各会計決算につきまして概略を御説明を申し上げましたが、詳細につきましては収入役から説明がありますので、御審議の上、御認定を賜りますようどうかよろしくお願いを申し上げたいと思います。大変失礼しました。



○議長(寺山邦夫君) 収入役。



◎収入役(磯山守君) 失礼いたします。ただいま町長の方から提案理由の説明がございました5会計の平成13年度歳入歳出決算書について御説明を申し上げたいと思います。

 まず、認定案を朗読させていただきます。

 認定案第2号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計歳入歳出決算について

 認定案第3号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について

 認定案第4号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計歳入歳出決算について

 認定案第5号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計歳入歳出決算について

 認定案第6号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について

 上記の歳入歳出決算を監査委員の審査意見書を付し、地方自治法(昭和22年法律第67号)第233条第3項の規定により議会の認定を求める。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、先ほどの町長の提案理由とも重複する部分があろうかとも思いますが、まず決算書の246ページをお開きいただきたいと思います。

 各会計の決算の総額でございます。

 一般会計、予算額42億5,264万3,000円、歳入決算額43億2,994万6,266円、歳出40億7,402万1,116円、いわゆる予算に対する決算額の比率、いわゆる執行率でございますけれども、歳入101.8%、歳出95.8%、歳入歳出差し引き残額2億5,592万5,150円。

 国民健康保険特別会計、予算額7億4,261万3,000円、決算額、歳入8億5万6,290円、歳出7億1,493万3,599円、執行率、歳入107.7%、歳出96.3%、歳入歳出差し引き残額8,512万2,691円。

 老人保健特別会計、予算額11億6,599万5,000円、決算額、歳入10億5,671万4,130円、歳出10億5,634万5,362円、執行率、歳入90.6%、歳出90.6%、歳入歳出差し引き残額36万8,768円。

 介護保険特別会計、予算額4億6,719万1,000円、決算額、歳入4億6,073万1,922円、歳出4億3,992万7,758円、執行率、歳入98.6%、歳出94.2%、歳入歳出差し引き残額2,080万4,164円。

 公共下水道事業特別会計、予算額6億6,933万3,000円、決算額、歳入6億7,528万1,816円、歳出6億5,306万2,691円、執行率、歳入100.9%、歳出97.6%、歳入歳出差し引き残額2,221万9,125円。

 以上が各会計の決算の総括表でございますけれども、続きまして、各会計別に御説明を申し上げたいと思います。

 各会計とも説明は款による御説明とさせていただきますが、調定額からの御説明ということでさせていただきたいと思います。調定額と収入済額が同額のものにつきましては、収入済額での御説明とさせていただきます。予算現額につきましては、既にもう御議決をいただいた額でございますので省略をさせていただきたいと思います。

 また、歳出につきましては、支出済額と不用額ということでの説明ということでやらせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 一般会計の歳入でございます。

 1款町税、調定額17億6,004万2,234円、収入済額16億1,279万2,270円、不納欠損額2,775万3,708円、収入未済額1億1,949万6,256円。

 2款地方譲与税、収入済額4,304万7,000円、不納欠損、収入未済は0円のものは省略をさせていただきます。

 3款利子割交付金、収入済額9,466万4,000円。

 4款地方消費税交付金、9,896万4,000円。

 5款ゴルフ場利用税交付金、698万1,975円。

 6款特別地方消費税交付金、0円。

 7款自動車取得税交付金、2,203万3,000円。

 8款地方特例交付金、5,193万8,000円。

 9款地方交付税12億5,405万9,000円。

 10款交通安全対策特別交付金、194万円。

 11款分担金及び負担金、収入済額5,311万3,608円、収入未済額588万5,153円。

 12款使用料及び手数料、収入済額5,206万7,407円、収入未済額132万2,440円。

 13款国庫支出金、1億4,397万605円。

 14款県支出金、1億1,086万8,345円。

 15款財産収入、1,549万5,932円。

 16款寄附金、10万4,500円。

 17款繰入金、3億2,024万1,164円。

 18款繰越金、2億253万1,572円。

 19款諸収入、1億643万3,888円。

 20款町債、1億3,870万円。

 歳入合計、調定額44億8,483万8,023円、収入済額43億2,994万6,266円、不納欠損額2,818万7,908円、収入未済額1億2,670万3,849円。

 以上が歳入でございます。

 次のページ6ページの歳出。

 1款議会費、支出済額8,271万5,330円、不用額597万7,670円。

 2款総務費、支出済額7億1,798万6,614円、不用額2,910万5,386円。

 3款民生費、支出済額6億5,709万4,505円、不用額5,264万7,495円。

 4款衛生費、支出済額2億9,447万6,923円、不用額1,084万77円。

 5款労働費、支出済額881万2,448円、不用額173万7,952円。

 6款農林水産業費、2億2,155万367円、翌年度繰越額1,618万円、不用額557万5,633円。

 7款商工費、7,328万3,471円、不用額166万9,529円。

 8款土木費、支出済額7億3,685万252円、翌年度繰越額1,640万2,000円、不用額928万7,748円。

 9款消防費、支出済額1億5,090万3,413円、不用額390万8,587円。

 10款教育費、支出済額4億6,342万1,574円、不用額1,749万4,426円。

 11款災害復旧費、支出済額0円、不用額10万円。

 12款公債費、支出済額6億6,692万6,619円、不用額9万5,381円。

 13款諸支出金、支出済額0円、不用額10万円。

 14款予備費、支出済額0円、不用額750万円。

 歳出合計、支出済額40億7,402万1,116円、翌年度繰越額3,258万2,000円、不用額1億4,603万9,884円、歳入歳出差し引き残額が2億5,592万5,150円。

 続きまして、国民健康保険特別会計の決算書で、12ページをお開きいただきたいと思います。

 歳入、1款国民健康保険税、調定額3億8,084万7,431円、収入済額2億9,053万3,189円、不納欠損額385万2,400円、収入未済額8,646万1,842円。

 2款国庫支出金、収入済額2億5,424万926円。

 3款療養給付費交付金、収入済額1億4,568万8,029円。

 4款県支出金、収入済額20万683円。

 5款連合会支出金、収入済額361万7,000円。

 6款共同事業交付金、903万8,858円。

 7款財産収入、10万4,013円。

 8款繰入金、3,707万9,611円。

 9款繰越金、収入済額5,952万6,087円。

 10款諸収入、2万7,894円。

 歳入合計、調定額8億9,037万532円、収入済額8億5万6,290円、不納欠損額385万2,400円、収入未済額8,646万1,842円。

 次に、歳出で14ページをお願いします。

 1款総務費、支出済額717万868円、不用額48万4,132円。

 2款保険給付費、支出済額4億5,784万9,804円、不用額49万4,196円。

 3款老人保健拠出金、支出済額2億181万65円、不用額935円。

 4款介護給付費、支出済額3,190万6,200円、不用額213万4,800円。

 5款共同事業拠出金、支出済額385万223円、不用額53万777円。

 6款保健事業費、支出済額1,192万9,616円、不用額84万384円。

 7款基金積立金、10万3,523円、不用額25万477円。

 8款公債費、支出済額0円、不用額1,000円。

 9款諸支出金、支出済額31万3,300円、不用額23万8,700円。

 10款予備費、支出済額0円、不用額2,270万4,000円。

 歳出合計、支出済額7億1,493万3,599円、不用額2,767万9,401円、歳入歳出差し引き残額8,512万2,691円。

 次に、老人保健特別会計でございます。18ページをお願いします。

 歳入、1款支払基金交付金、収入済額7億292万7,000円。

 2款国庫支出金、収入済額2億541万3,600円。

 3款県支出金、収入済額5,039万5,353円。

 4款繰入金、収入済額5,772万1,000円。

 5款繰越金、収入済額2,039万3,573円。

 6款諸収入、収入済額186万3,604円。

 歳入合計、収入済額10億5,671万4,130円。

 次に、歳出でございます。20ページをお願いします。

 1款医療諸費、支出済額10億4,099万2円、不用額1億71万9,998円。

 2款公債費、支出済額0円、不用額6万円。

 3款諸支出金、支出済額1,535万5,360円、不用額640円。

 4款予備費、支出済額0円、不用額886万9,000円。

 歳出合計、支出済額10億5,634万5,362円、不用額1億964万9,638円、歳入歳出差し引き残額36万8,768円。

 続きまして、介護保険特別会計でございます。

 歳入、1款保険料、調定額5,859万3,520円、収入済額5,809万890円、収入未済額50万2,630円。

 2款使用料及び手数料、収入済額6,700円。

 3款国庫支出金1億480万8,450円。

 4款支払基金交付金、収入済額1億2,797万4,000円。

 5款県支出金5,058万6,000円。

 6款財産収入、収入済額1万2,909円。

 7款繰入金、収入済額8,380万7,000円。

 8款繰越金、収入済額3,541万9,942円。

 9款諸収入、収入済額2万6,031円。

 歳入合計、調定額4億6,123万4,552円、収入済額4億6,073万1,922円、収入未済額50万2,630円。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、支出済額1,835万1,853円、不用額246万1,147円。

 2款保険給付費、支出済額3億8,904万8,816円、不用額1,668万6,184円。

 3款財政安定化基金拠出金、支出済額206万1,356円、不用額3,644円。

 4款基金積立金、支出済額1,527万7,271円、不用額1万729円。

 5款公債費、支出済額0円、不用額5万円。

 6款予備費、支出済額0円、不用額800万円。

 7款諸支出金、支出済額1,518万8,462円、不用額5万1,538円。

 歳出合計、支出済額4億3,992万7,758円、不用額2,726万3,242円、歳入歳出差し引き残額2,080万4,164円。

 続きまして、公共下水道事業特別会計、30ページをお願いします。

 歳入、1款分担金及び負担金、調定額2,162万5,440円、収入済額1,186万6,240円。収入未済額975万9,200円。

 2款使用料及び手数料、調定額1億4,387万2,490円、収入済額1億4,086万1,480円、不納欠損額17万2,040円、収入未済額283万8,970円。

 3款国庫支出金、収入済額2,750万円。

 4款財産収入、収入済額2万724円。

 5款繰入金、収入済額4億556万1,000円。

 6款繰越金、収入済額1,267万1,882円。

 7款諸収入、収入済額280万490円。

 8款町債、収入済額7,400万円。

 歳入合計、調定額6億8,805万2,026円、収入済額6億7,528万1,816円、不納欠損額17万2,040円、収入未済額1,259万8,170円。

 続きまして、32ページの歳出をお願いします。

 1款公共下水道事業費、支出済額3億966万5,893円、不用額1,532万4,107円。

 2款公債費、支出済額3億4,339万6,798円、不用額84万6,202円。

 3款予備費、支出済額0円、不用額10万円。

 歳出合計、支出済額6億5,306万2,691円、不用額1,627万309円、歳入歳出差し引き残額2,221万9,125円。

 以上が歳入歳出、各会計の歳入歳出でございます。

 決算書につきましては、附属資料といたしまして、歳入歳出事項別明細書が、一般会計につきましては40ページから159ページまで、それから国民健康保険特別会計につきましては168ページから185ページまで、老人保健特別会計につきましては190ページから195ページ、それから介護保険特別会計につきましては198ページから213ページ、それから公共下水道事業特別会計につきましては218ページから229ページにつけておりますので、またごらんいただきたいと思いますし、それから各会計の歳入歳出決算事項別明細書の後に、先ほど町長の提案理由の中で説明がありました実質収支に関する調書と、該当がある会計につきましては、財産に関する調書がつけておりますのと、そのほかに添付資料といたしまして、248ページから決算の比較表等の財政諸表を添付しておりますので、またごらんいただきたいと思います。

 続きまして、一般会計の財産に関する調書の御説明をさせていただきます。

 財産に関する調書の1の公有財産、(1)土地及び建物でございますが、土地につきましては、公共用財産のうち中学校が決算年度中の増減で40平米の増、それからその他の施設で280平米の増、宅地が310平米の減、雑種地が46平米の減というふうになってます。それから建物につきましては、木造建物で社会福祉施設で212平米の増ということでございます。

 164ページの一番上の(2)の有価証券でございますが、株式会社岡山県広域産業情報システム株券と岡山県総合流通センター株式会社株券につきましては、昨年度までは下の(3)の出資による権利のとこへ計上しておりましたけれども、株券ということで、ここに計上がえをさせていただきました。

 それから、次の(3)の出資による権利でございますけれども、岡山県労働者信用基金協会出捐金、4番目でございますが、これが36万2,000円の減で0円になっております。

 それから、岡山県中小企業研修情報センター出捐金、同じく28万4,000円の減で0円、それから、岡山県明るい長寿社会財団出捐金14万9,000円が減になりまして、0円ということになっております。

 物品につきましては、増減はございません。

 それから、債券でございますが、早島町中小企業低利融資規則に基づく貸付金が、利子補給制度に切りかわったために0円、それから勤労者低利融資規則に基づく貸付金につきましては、利用状況、ペイオフ対策等で1,000万円の減で1,000万円ということになっております。

 それから、4の基金でございますけれども、(5)の減債基金でペイオフ対策で国債を2億4,945万円購入しておりまして、これが有価証券として上がっております。

 基金につきましては、36ページをごらんいただきたいと思います。ここに平成13年度早島町基金の運用状況報告書を添付しておりますので、そのほかの基金につきましては、説明は省略させていただきたいと思います。

 先ほど町長の提案理由の説明にもありましたように、その前のページ、35ページの平成13年度早島町の主な施策に関する説明書とあわせて後ほどごらんいただけたらと思います。

 地方債の現債額調でございます。290ページから一般会計がございますが、合計欄での説明とさせていただきたいと思います。294ページの一番下の欄でございますが、合計で前年度末現債額が元金利子を合わせまして63億9,655万4,657円で、13年度中に5億736万5,772円減になりまして、13年度末の元利合計が58億8,918万8,885円、これが一般会計の決算年度末の現債額でございます。

 次のページ296ページ。ここから公共下水道事業特別会計でございますが、まことに申しわけありません。一番最初の行の種別というのがありまして、その次の欄に決算年度末というのがありますが、「決算」という字を消していただいて、「前」という字、「前年度」に訂正をお願いします。次の298ページ、300ページ、同じく「決算」を消していただいて「前」に御訂正をお願いします。公共下水道も今の300ページの一番下の欄ですが、元利合計が前年度末74億1,873万7,280円でございます。301ページの一番右、13年度中の減が2億3,939万117円で、13年度末現在の現債額が71億7,934万7,163円となっております。

 支出負担行為額調でございますが、支出負担行為としては、金才池改修工事、限度額5,640万円、1件だけでございまして、13年度支払済額が元金321万7,110円、利子150万7,324円で、残金が、元金4,702万7,048円、利子966万6,160円、これが残額でございます。

 以上、決算につきまして御説明を申し上げましたが、先ほども申し上げましたように、各会計の事項別明細書、決算附属書類、資料等によりまして御検討いただきまして、御認定を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 提案理由の説明が終わりましたので、審査結果の報告を求めます。

 代表監査委員皆木君。



◎監査委員(皆木幸生君) おはようございます。監査委員の皆木でございます。

 それでは、ただいまから平成13年度の決算審査の結果につきまして御報告を申し上げます。

 決算書の233ページからごらんをいただきたいと存じます。このたび地方自治法第233条第2項の規定に基づき、町長から審査に付されました決算書類は、平成13年度一般会計外特別会計4件の都合5件でございます。これを審査するため、去る10月15日から11月7日までの間、須増伸子委員とともに監査委員室において、事務局職員立ち会いの上、関係者に対し必要資料の提出を求め、その説明等を徴しながら慎重に実施をいたしました。その結果、去る11月11日付をもちまして町長あて意見書を送付させていただいたところでございます。その審査の結果及び意見の内容につきましては、以下意見書を朗読いたしまして報告とさせていただきたいと存じますので、よろしくお願いを申し上げます。

第1、審査の概要

1、審査の対象

(1) 平成13年度早島町一般会計歳入歳出決算

(2) 平成13年度早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算

(3) 平成13年度早島町老人保健特別会計歳入歳出決算

(4) 平成13年度早島町介護保険特別会計歳入歳出決算

(5) 平成13年度早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算

 歳入歳出決算の総額は、一般会計と特別会計を合算すると

    歳  入  7,322,730,424円

    歳  出  6,938,290,526円

    差し引き   384,439,898円

 となっており、その内訳は表1及び表2のとおりである。

 これは、決算の総括表として、次の234ページから235ページにわたって記載をいたしてございます。

 次に、

2、審査期日

 平成13年10月15日、10月21日、10月23日、10月25日、11月6日、11月7日の都合6日間でございます。

3、審査の手続き

 この決算審査に当たっては、町長から提出された歳入歳出決算書、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書について、計数に誤りはないか、財政運営は健全か、財産管理は適切か及び予算の執行については関係法令に従って効率的になされているか等に主眼をおき、それぞれの関係諸帳簿及び証拠書類との照合その他必要と認める審査手続きを実施した。

第2、審査の結果

 審査に付された一般会計及び特別会計の歳入歳出決算書、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書の計数は、それぞれの関係諸帳簿及び証拠書類と照合した結果誤りのないものと認められる。

 以下、会計別(一般会計及び特別会計)の決算状況について、次のとおり若干意見を述べる。

1、一般会計について

(1) 決算規模

 平成13年度の決算規模は、

    歳  入  4,329,946,266円

    歳  出  4,074,021,116円

    差し引き   255,925,150円

 となっており、その内訳は表1のとおりである。

 歳入は、調定額4,484,838,023円に対し、決算額は4,329,946,266円で、154,891,757円の減となり、収入率は96.5%となっている。

 歳出は、予算現額4,252,643,000円に対し、決算額4,074,021,116円、翌年度繰越額32,582,000円、不用額146,039,884円で、執行率は95.8%である。

 これを前年度に比べると、表3のとおり、歳入では94.2%(264,373千円の減)、歳出では92.8%(317,766千円の減)となっている。また、過去5年間においては9年度を100とすれば、13年度で歳入が81.4、歳出が79.8となっている。

 以下、表につきましては省略をさせていただきますので、御了承賜りたいと存じます。

(2) 経常収支比率及び財政力指数

 経常収支比率は、(表4)に示すとおり13年度が87.0%である。これは健全財政のガイドラインといわれる75%〜80%の範囲内を超える結果となっている。

 その要因は、経常的収入は微増したが、公債費のうちリープロ事業の償還額が増加したことによるものである。その経常収支費率の内訳は、(表5)のとおりである。

 また、財政力指数においては(表6)のとおり、類似団体と比較しても常に上位の安定した数値を示す結果となっている。

(3) 財政収支の状況

 過去5年間の財政収支の状況は下表のとおりである。13年度における形式収支は、255,925千円となり、実質単年度収支は10,014千円となっている。

 なお、ここでおわびとお願いを申し上げたいと存じます。実はこの実質単年度収支の数値でございますが、私どものこの表作成時のミスによりまして、実質単年度収支並びに表7の数値が変わってまいりましたので、ここでまことに恐れ入りますが、実質単年度収支の数値及び表7の関係部分の数値をこの際、御訂正をいただきますようにお願いを申し上げたいと存じます。

 まず、(3)の文言のうち2行目の実質単年度収支、ただいま10,014千円と申し上げましたが、これは34,233千円、34,233に御訂正をお願いいたしたいと存じます。

 次に、表7でございますが、表7の上の段の13年度の前年度実績収支、右の一番下の数値、202,532千円とございますが、これを178,313千円に御訂正をお願いいたしたいと存じます。

 それから、表7の下の段の一番左の下でございます。単年度収支の一番下でございますね、13年度。20,811千円を45,030千円。

 それから、最後の実質単年度収支末尾の方でございますが、10,014を34,233に御訂正をお願いをいたしたいと存じます。大変失礼をいたしました。どうかよろしく御了承のほどお願い申し上げたいと存じます。

 どうも大変失礼をいたしました。

 それでは、続けて報告をさせていただきます。

(4) 財政運営の状況

 ア、歳入について

   歳入調定額44億8,484万円に対し、収入済額は43億2,995万円で収入割合は96.5%(昨年は96.9%)で、総体的には概ね良好と言えるが、次のとおり町税並びに使用料及び手数料に収入未済額が出ている。

  (ア)町税収入

    町税は決算書P270の町税徴収実績調のとおり、滞納繰越分を含め調定額1,760,042千円に対し収入額は1,612,792千円で、徴収率は91.6%である。

    税の徴収は長引く景気の低迷等極めて厳しい環境の中で、関係者の努力によって、前年対比0.4%減の徴収実績となっているが、今後の経済情勢の動向によっては、更に処理困難な事案の増加等も考えられるので、関係部門との協調等を一層強化して、滞納の未然防止と滞納金の徴収に徹底を期されたい。

    また、「岡山県市町村税整理組合」に委託していた滞納処理について、本年度は6件2,516,364円の徴収実績を上げたが、今後とも有効な活用を図るなど徴収率の向上に一層努力されたい。

    滞納繰越分徴収状況を科目別に見ると次表のとおりである。

    ア)町民税滞納繰越分(表8)の徴収率は14.0%で、前年度7.3%に比べ6.7%の増となっており、滞納件数は402件である。

    イ)固定資産税滞納繰越分(表9)の徴収率は11.2%で、滞納件数217件、不納欠損34件である。

    ウ)軽自動車税滞納繰越分(表10)の本年度徴収率は14.4%で、滞納件数は144件、不納欠損は13件である。

  (イ)使用料及び手数料

    町営住宅使用料徴収状況については、現年分(表11)及び滞納繰越分(表12)のとおりである。現年度分の調定額7,427千円に対し、収入額6,949千円、未収額477千円で徴収率は93.6%であり、滞納繰越分を含む徴収率は80.3%である。

    住宅使用料の徴収率向上には多くの困難な条件が伴うなかで過年度分179千円を徴収するなど努力のあとがうかがわれるが、今後とも引き続き努力されたい。

 イ、歳出について

  (ア)歳出予算は、予算現額42億5,264万円に対し支出済額40億7,402万円、翌年度繰越額3,258万円、不用額1億4,604万円で、予算額に対する執行率は95.8%(前年度95.7%)である。

    その執行状況を款別に主なものをみると、総務費:街路灯整備事業に3,257万円、文化ホール等利用事業に2,135万円、IT講習推進事業に438万円、住民基本台帳ネットワーク化事業に685万円、以下、民生費:社会福祉協議会助成事業に6,837万円、老人保護措置事業に1,184万円、介護予防生活支援事業に520万円、福祉タクシー助成事業に457万円、衛生費:ごみ減量化推進事業に942万円、乳幼児医療費補助に2,290万円、ごみの収集処理事業に1億471万円、労働費:岡山県勤労者ゆとり財団に852万円、農林水産業費:水路改修事業に1億1,998万円、ふれあいの森公園整備事業に452万円、商工費:地場産業等振興事業に1,199万円、観光振興事業に571万円、土木費:県道建設事業負担金に2,386万円、町内道路維持補修に8,431万円、道路新設改良事業に1億2,288万円、公共下水道事業特別会計に4億256万円の繰出、消防費:消防施設整備事業に612万円、教育費:中学校パソコン整備事業に1,235万円、図書館管理運営費に2,098万円。

    そのほか多種類にわたる事業を実施しており、内容的にみて概ね適切な予算執行が認められる。

    今後とも、事業の推進については、最小の経費で最大の効果を挙げるよう努められたい。

  (イ)支出決算額を性質的にみると次表のとおりである。

    消費的経費は、12年度11億9,328万円、本年度12億2,956万円であり、そのうち補助費等が4億768万円で、その構成比は10.0%である。

    なお、補助金並びに交付金等の手続き及び処分等については、概ね適正であることが認められたが、今後とも各種団体への補助金等については、その重要度、実績等実態に応じた対応に留意し、補助金等の効果的活用が図られるよう配慮されたい。

2、特別会計

(1) 国民健康保険特別会計

 本年度歳入は、前年度繰越金59,526千円と一般会計からの繰入金37,080千円を含め800,056千円に対し、歳出714,934千円で85,122千円を翌年度に繰越し健全な運営が出来ているが、歳入面において、保険税ほかの自主財源が387,271千円(48.4%)、国庫支出金のほか依存財源が412,785千円(51.6%)で合計収入済額は、800,056千円であり、調定額に対し90,314千円の減である。保険税の徴収率は現年度分が93.8%と前年比1.7%増であるのに対し、滞納繰越分を含む全体の徴収率は(表14)に示すとおり76.3%で、前年に比べ0.6%減となり毎年低下の傾向が続いている状況である。

 滞納繰越分については次表(表15)のとおり、本年度調定額78,287千円に対し、収入済額6,719千円、徴収率8.6%である。滞納件数は、過年度で570人、現年度は183人となっている。

 なお、今後とも国民健康保険事業の健全運営のため徴収率の向上について特段の努力が望まれる。

 歳出面では、保険給付費が457,850千円で歳出対比64.0%を占め、受診件数25,783件(退職者を含む)老人保健拠出金が201,810千円(28.2%)で、受診件数25,087件、共同事業拠出金その他を含め歳出合計は714,934千円となり、予算に対する執行率は96.3%である。

(2) 老人保健特別会計

 歳入は、支払基金交付金720,927千円、国及び県負担金255,809千円、諸収入1,864千円に一般会計からの繰入金57,721千円を含め1,056,714千円に対し、歳出は、医療諸費1,040,990千円、諸支出金15,355千円で合計額1,056,345千円、差し引き額369千円となっている。老人医療受給資格者に対し「健康づくり」の啓発をすすめ、医療費増大の抑制に努めるなど、効果的な運用を図られたい。

(3) 介護保険特別会計

 介護保険特別会計の歳入は、保険料58,091千円と国県支出金155,394千円と支払基金交付金127,974千円、繰入金83,807千円を含め460,732千円である。

 これに対し、歳出については介護サービス等の保険給付費389,049千円、総務費18,352千円、財政安定化基金拠出金2,061千円で合計額439,928千円、差し引き20,804千円となっている。

 この制度が十分活用されるよう、今後とも事業内容の充実と円滑な運用に努められたい。

(4) 公共下水道事業特別会計

 歳入は、分担金負担金11,866千円、国庫支出金27,500千円と一般会計及び基金繰入金405,561千円、町債74,000千円、諸収入2,800千円、使用料手数料140,861千円、繰越金12,672千円、財産収入21千円で、合計額675,282千円である。

 これに対し歳出は、下水道事業費309,666千円、公債費343,397千円で、合計額653,063千円であり、実質収支額は22,219千円となっている。

 平成13年度までにおける地域内整備状況は下表(表16)に示すとおり、累計で405.0haと順調に進捗しているが、普及率の数値については算定基準の変更に伴い98.0%となっている。

 今後の事業推進に於いても効率的な予算執行に留意されたい。

 なお、水洗化率においては、本年度末で86.4%と漸増傾向になっており、今後とも普及向上のため一層の努力が望まれる。

3、財産について

 公有財産については、土地台帳、備品台帳及び出資金、出捐金、株券等の債券についても適正に管理されていることが認められた。また、基金についても定期預金証書と合致していることが認められ、13年度末現在の基金残高は23億685万円である。

 なお、基金についてはその設置目的に照らし、住民福祉向上のため適切な運用を図るよう努められたい。

 最後に、結論でございますが、

〜結   論〜

 一般会計及び特別会計を通じ証書類も整備され、会計経理は適正であると認めた。また、財政についても収支の均衡が保持され計画的かつ健全な運営がなされており、予算の執行も概ね適正に行われていることが確認された。

 当町は、今後も町民福祉対策をはじめ、多様化する住民ニーズに対応した諸施策の推進が求められているが、内外ともに厳しい財政事情の中、基金の運用等限られた財源を有効かつ適切に運用するため綿密な計画のもとに効率的な財政運営に努められたい。

 なお、町税をはじめ各種徴収金の未収金については徴収体制の対応により、一定の成果が認められるが、さらに徴収率の向上を図るため一層の努力が望まれる。

 また、行政事務の効率化については漸次推進されているが、今後とも事業評価制度を積極的に活用し、行財政改革の推進に努められたい。

 以上でございます。

 なお、一部実質単年度収支等につきまして私どものミスで御迷惑をおかけいたしましたことを改めておわびを申し上げまして、御報告を終わらせていただきます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午前11時18分 休憩

            午前11時30分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 認定案の質疑に入ります。

 まず、一般会計からお願いいたします。

 8番磯山君。



◆8番(磯山卓宏君) ちょっと1点お尋ねをいたしますが、一般会計において今年度1億4,600万円余りの不用額を出しておりますが、昨年に比べまして3,100万円も不用額がふえておるように思いますが、この3月で減額補正がなぜできなかったか、この要因を教えていただきたいと。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。磯山議員さんの御質問にお答えをいたします。

 私の方からは総務費全般の中で総務管理費のうちの一般管理費等について理由を御説明させていただきたいと思いますが、減額補正できなかった理由の大きな1点といたしまして、職員等の人件費関係につきまして、不確定なところがあるためそのまま計上させていただいたものについて約600万円余りが不用額となっております。また、その中で税金の過誤納でありますとか、チャイルドシートの件数が少ないということで、年度末まで不確定で減額することができかねるものについては、このようなことで不用額が生じたわけでございまして、また財産管理につきましても、庁舎管理全般にわたっての委託料が260万円減額になっておりますが、これらにつきましても、突発的なこともあるため補正減額の対応ができにくかったということで全般にわたっての不用額が生じたものというふうに認識いたしております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 民生費につきまして不用額がかなりあるわけでございますが、まず大きなものについて御説明申し上げますと、総務費、社会福祉総務費の委託料でございます。これにつきまして740万円余りの不用額が出ておりますけれども、これは社会福祉協議会に地域福祉センター運営委託料として委託しておりますこの額が、決算におきまして603万4,000円ばかり不用額が出ております。

 それから、次の19節の負担金及び交付金でございますけれども、ここで2,400万円余りの不用額が出ておるわけでございますけれども、これも社会福祉協議会に交付金として交付しておりますこの金額が決算におきまして2,314万4,000円余りの不用額ということでここにあらわれております。したがいまして、民生費で非常に大きな額が出てきておるということで、御理解いただきたいというふうに思っております。



○議長(寺山邦夫君) ほかに。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 11番小池でございます。

 不納欠損が非常にふえている。特に固定資産税の関係がふえておるようでございますけれど、11、12年度よくわかりませんけれど、この内容というんですか、不納欠損について町税についての内容をできるだけ詳しく教えていただきたい。

 また、税整理組合にお願いしてる件数、それから町当局が徴収に回っておられる現状といいますか、その辺についてお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それから、今の動いておるのは税務課だけが動いておられるのか、全庁でそういう形で徴収に歩いておられるのか、それについてもちょっとお聞きしたいなと思います。

 それから、町営住宅に関する未済額、不納欠損、未済額についても先ほどの町税についてもちょっと内容を御説明いただけたらと思いますので、よろしくお願いいたします。現在町営住宅長期滞納者というんですか、どのくらいおられるのか、その辺についてもお聞きしたいなと。

 それから、不用額の件ですけど、非常にこれ今年度これ13年度多いんですね。大体支出総額の3.6%ぐらい不用額がございます。各課で職員の方々が節約倹約というんですか、そういう観点でやられた結果なのか、当初の予想予算よりは事業ができなかったとか、いろんな要素あろうと思いますけれど、私が調べた例年でありますと、大体1.5、6%のところで不用額というのは支出額の中でおさまっておるんですけど、非常に多いなと。大体今年度が40億円のうちの1億4,000万円ですから、非常に金額的に多いんではないのかな、当初の予算の見込みとどこら辺が大きく変わったのか、お聞かせいただきたいと思います。

 それから、前にも私聞かせていただいたことがあると思うんですけれど、公園清掃維持管理交付金というんですか、これについていつも前にもお尋ねしたときにお答えがあるんですけど、年3回支払っておると。そして、写真なんか添付して町当局の方に出されておるというふうには聞かせていただいておるんですけど、詳しいそのやられたときの人数とか経費とか、そういったものが正確に出ておるのかどうなのか。大体社協なんかでもボランティアでやられているいろんな団体がございますけれど、予算、計画書、そして実績報告というものを出されておると思いますけれど、こういうものがふれあいの森も含めてきちっと出されておるのかどうなのか、その辺をお尋ねしたいなと。今までの答弁では写真を添付して3回ぐらい払っているというぐらいの答弁しかないので、実際にそういう書類が出て、それに対して支払っておるというふうな形があるのかどうか、お聞きしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それで、この交付金のことについてですけれど、これ各自治会といいますか、各地域の方々にお願いをしておる経緯がございますけれど、町内に各地域があってそういうボランティアができない地域がございます。それはあってもしないかもわかりませんけれど、こういうものを今度は入札みたいな形でできないものかなと。全町的にそれぞれにそういうチャンスを与えて、できるものはしていく。シルバーなんかも含めてそういう形のものができたらどうかと思うんですけれど、その辺も含めてちょっと御答弁いただきたいと思います。

 とりあえず以上、それだけお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 小池議員さんの不納欠損についてお答えいたします。

 固定資産税額で1,700万円程度の不納欠損しとります。これは大口の倒産に伴う固定資産税の滞納額の不納欠損が大半でございます。それから、特別保有税の841万2,000円についても、大口の倒産に伴う不納欠損でございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 理事。



◎理事(佐藤喜世文君) 小池議員の質疑にお答えいたします。

 まず、早島町の収納対策でございますが、以前からかなりこの収納対策につきましては、御指摘をいただいてるところでございまして、一昨年に各関係課の課長で協議いたしまして、町税でありますとか、保育料、それから町営住宅使用料、上下水道使用料、下水道の受益者負担金等につきまして、早島町の収納対策強化期間の設定という形で協議をしております。もちろん目的といたしましては町財源の負担の公平性を確保するため12月から5月までをその収納対策強化期間と定めまして、事業を重点的に実施し、収納率の向上を図るという目的設定のもとに行っております。収納対策といたしましては、まず夜間の指導、それから徴収の実施、これは各事業課の方で対応していただくような取り組みで行っております。それから、夜間の電話催促の実施、これも各事業課の方で対応を図っていただいております。それから、管理職、これ課長級による臨戸の実施でございますが、一昨年、昨年と町長部局の課長職を10名によります5班編成、2名ずつの5班編成で、夜間、それから休日等、臨戸の実施を行っておりまして、一昨年は70万円強、それから昨年は40万円程度の徴収を行っております。それから、休日納付の相談日の開設でございますが、これも事業課の方で具体的にはその対応を図っていただくということで確認しておりまして、平日の給付相談が困難な方を対象といたしまして、臨時的相談窓口の開設等で対応を図っておるところでございます。それから、滞納処分の強化、これは悪質滞納者を中心に滞納処分を強化実施するということで、これは整理組合の方へお願いいたしまして、時効にかからないように差し押さえ等を含めまして、その対応を図っておるところでございます。それから、2点目といたしましては、口座振替の推進ということで、納税組合がなくなった関係で、直接関係者がその金融機関、それから役場等へ納めていただくわけでございますが、わざわざ来ていただかなくても口座振替という制度を利用していただきまして、金融機関の口座の方から引き落とすというような形での勧誘も行っておるところでございます。それから、関係機関等への依頼ということで、窓口来客者への依頼、それから金融機関、郵便局等へも啓発用のポケットティッシュでありますとか、チラシ、申込書を配布いたしまして、協力をお願いしておるところでございます。それからまた、個別納付者への直接勧誘ということで、徴収吏員の戸別訪問時における勧誘、それから所得申告時の個別勧誘、町職員家庭への口座振替依頼及び申込書の配布というような形で努力はさせていただいております。しかしながら、先ほど監査委員さんのお話もありましたように、非常に経済状況の悪い中、臨戸徴収を行っても思ったより徴収できないというようなことになっておりますので、今後一層そのあたりを強化いたしまして、町財源の負担の公平性を確保するため努力していきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 失礼いたします。町営住宅の家賃収入につきまして申し上げます。不納欠損等につきましては、御指摘のとおり、43万4,200円ということでございます。内訳につきましては、本人死亡のため、また相続していないために時効になったという分がございます。一応不納欠損の人数につきましては、一応8名分ということでございますけれども、処理的に申し上げますと、平成8年度から平成11年度のこの4年間で不納欠損金が43万4,200円ということでございます。

 それから、農林水産業費等委託費の問題でございますけれども、実際に作業をした内容等につきましては、作業終了後当然届け出がございます。それから、やる時期も若干うちの方へは入っておりますけれども、現地調査並びに写真等で確認し、できておれば整理するというような格好でございます。ただ、一応報告書は写真、それから内容等につきましては、全部うちの方へ提出いただいておりますが、ただ当日の人数は何人だというとこまではちょっと若干今ここで資料がございませんので、調べてもしわかるようでしたら、後日報告させていただきたいと思いますが、よろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。小池議員さんの不用額が多い過ぎるという御質問でございますが、先ほど磯山議員さんにも御答弁申し上げましたように、補正減額できにくいものも含まれているわけでございますし、また、歳出に当たっては各課が全般にわたって歳出を抑制した結果が反映されているというふうにも認識いたしておりますが、額につきまして若干大きい面もございますので、額を決定いたしまして、3月補正で減額できるものは徹底して減額してまいりたいというふうに考えておりますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 11番小池でございます。

 今税務課長が御答弁いただいたんですけれど、ちょっとそれだけではよくわからないということで、その収入未済額がどういう状況になっておるのかということもわかりませんし、不納欠損の額についても、内容、町税については、固定資産税についてはとかという件数なんかについても、できれば御説明いただければというふうに思います。

 それと、監査委員さんの報告によります固定資産税滞納処分徴収状況というんですけど、これ県下町村の平均に比べて何か低いような感じ、この数字だけ見ると、感じるんですけど、どうなんですか、これは、早島町、これで見ると大分徴収状況が悪いというふうな感じを受けるんですけど、その辺について当局はどういうふうに思われておるのか、お聞きしたい。

 それから、産業建設課長の御答弁、もう一度詳しくどういう状況で欠損が出ておるのか、それで長期滞納者が何人ぐらいおるのかとか、そういうことは調べておるのかおられないのか、それに対する対策なんかも考えておるのかどうか、お聞きしたいと思います。

 それから、さっきの公園の清掃についても、もう少し、前何回も聞いておりますので、その辺の内容について今わからない、午後からでもよろしいですから、その内容を、調べたらすぐ出ると思いますので、午後にでもその返事いただけたらと思いますので、よろしくお願いいたします。とりあえず以上の件について、もう一度お願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 小池議員さんの不納欠損の再質問についてお答えいたします。

 詳細ということで、まず固定資産税から御説明させてもらいます。固定資産税については、件数において34件、大口がこのうち9件を占めております。個人が25件でございます。大口の9件につきましては、破産等に伴う約1,620万円程度の不納欠損をしております。これは参加差し押さえをしとって、徴収不能ということで不納欠損しております。あと小口については25件で、一般約150万円でございます。一般、個人でございます。

 それから、特別保有税については平成4年度に差し押さえ、参加差し押さえしておりました1件の841万2,000円でございます。

 それから、軽自動車税については13件で、これも個人で6万6,600円でございます。

 それから、国民健康保険税については54件で、3,852万4,000円の不納欠損でございます。

 以上でございます。

 国民健康保険税訂正いたします。385万2,400円でございます。済みませんでした。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 失礼いたします。ちょっと説明不足で申しわけございませんでした。

 不納欠損の内容等につきましては、通常の時効が成立したもの、これが2件ありまして、この金額が10万8,000円でございます。残りの42万6,200円につきましては、本人死亡のため不納欠損というのがございます。これが件数にしますと、6件ほどあるんですけれども、長年にわたっておりますので、個人的には2名の方が本人死亡により不納欠損と。それから、若干その中には1名退去されてから行方不明の方が1名という状況でございます。

 それから、徴収状況等につきましては、うちの職員で月に日にちを決めまして、夜6時過ぎから8時、9時と、9時以降はちょっと行けませんので、9時ごろまで徴収に行っております。今後とも当然それは続けていく予定にしております。それと、行った際には、会って相談できた方には次にお伺いする日を決めて、何月何日に来ますということで、一応相談をし、また要請をしておるような状況でございます。

 それから、農林の方の委託料の関係につきましては、若干今ここに資料ございませんので、人数等がわかりますれば、申しわけないですが、また昼からでも御報告させていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 小池君。3回までです。



◆11番(小池宏治君) もう一回済みません。

 税務課長、ここに滞納件数217件あるんですけど、載ってるんですけど、これについて時効にかかるとかかからんとかというような問題はわかりますかな、これ。

 それから、さっきの徴収率の関係ですけど、これはどうなんですかな。これについてちょっともう一度お願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 小池議員さんの再質問にお答えします。

 今の時効にかかるということは、それは今度の今の217件については、これからの今年度の不納欠損に当てはまってくると思うんです。だから、今の状況でそれが何件あるかというのは、まだ今の状況では把握しておりません。

 それから、徴収率等の状況についてというのは、他町村の状況等は今資料を持ち合わせしてないんで、また、後日調べてみますけど、この場ではちょっと把握しておりませんので、了承いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 太田君。



◆10番(太田尅子君) 予備費の予算計上についてなんですけれども、これは一般会計だけでなしに、特別会計におきましても、予備費はすべて不用額になっております。緊急的なことを想定して予備費を上げておられるんだと思いますので、これが不用になったということは、ある意味ではいいのかもしれませんけれども、その予算額については、何か方程式みたいなことがあって、そういう上限の額を定めなければいけないのかどうかということをお聞きをいたしたいと思います。

 それからもう一つ、先ほど同僚議員の質問に関連してなんですけれども、長引く不況の中で非常に滞納者がふえているということで、当町では12月から5月を強化月間として滞納者の訪問、徴収、努力をされているということなんですけれども、これはもうそれぞれの2人1組ということでされているということなんですけれども、一応その本部長といってはおかしいんですけれども、中心者は理事がされているんでしょうか。だれか中心者が決まって、お互いに徴収実態をきちっと把握している人がおられて、それでこの12月から5月の中で、独自にしてくれというふうなことでなくて、そういう組織的な体制というのはきちっとされて、大体どれぐらい訪問してるとかどうかというのがわかるのであれば、教えていただきたいと思います。

 それから、164ページの出捐金なんですけれども、3つの団体について年度末で0円になっているわけですけれども、これは今後早島町としてはどういうふうにしていくのかということをお聞きをいたしたいと思います。

 以上、3点です。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。太田議員さんの御質問にお答えいたします。

 まず1点、予備費についてでございますが、一応これは法的に自治法上、予備費を計上しなければならないということになっておりますが、額については特別の定めはございません。考え方といたしますと、予備費というのは緊急的にその支出が生じたときに使うものというふうに認識いたしておりまして、年4回議会がありまして、月数で言いますと、3カ月に1回、大体補正対応で行えるだろうというふうに判断いたしておりますし、その間緊急的なものが出れば、この予備費から支出をさせていただくというふうに認識をいたしております。

 それからもう一点、ちょっと打ち合わせしておりまして、よくお聞きしてなかって満足な答弁になるかどうか申しわけないんですが、出資によることについての3点の御質問だったというふうに御認識しておりますが、まず、岡山県労働者信用基金協会の出捐金につきましては、この3つそれぞれ△ついておるのすべて解散をいたしております。それで、一番上の労働者信用基金協会の出捐金につきましては、36万2,000円の金額を雑入で歳入いたしております。下の2つにつきましては、岡山県中小企業研修情報センター出捐金につきましては、これが岡山県産業振興財団に衣がえをされておりまして、寄附をするといった格好になってございます。それから、同じく岡山県明るい長寿社会財団出捐金の14万9,000円の減でございますが、これにつきましても、岡山県社会福祉協議会へ統合したということで、同じく寄附という手当てをさせていただいております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 理事。



◎理事(佐藤喜世文君) 太田議員さんの御質疑にお答えさせていただきます。

 収納対策でございますが、まず夜間の指導、徴収の実施ということで、これは各事業課の方におきまして、日中の不在者を対象といたしまして、夜間訪問いたし、納付指導や徴収の実施を、これは月に2回、これ2人体制で3組、税務課の方では行っておるということでございます。それから、管理職、課長級による臨戸の実施でございますが、これも日中不在者を対象として、休日、祝日を含めて、昨年の場合でしたら12月から2月に3回ほど、我々2組のメンバーでは行きました。それから、5月にもそういう形で2人体制で3回ほど行きました。夜間でかなりちょっとこう時間的にも10時以降になれば、常識的にちょっと迷惑がかかるというようなこともございまして、一応9時ごろまでに、6時ごろから9時ごろまでを歩く予定で回ったわけでございますが、2回行っても3回行っても留守の家もあって、非常に徴収が困難だというのをつくづく実感しておるわけでございますが、その辺も、どう言いますか、先ほど言いましたように、時効がかからないような、時効中断する意味で、多額の納税者等につきましては差し押さえするというような、ちょっとこう踏み込んだ形を本年度から対応を図っていかなきゃならんということで、これもちょっと一つ大きな課題ではございますが、また近に関係者寄りまして、その辺の協議を進め、対応を図っていきたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 太田議員の予備費について質疑にお答えをいたします。

 国民健康保険特別会計では、当初といいますか、予算要求額といたしましては2,500万円を計上しておったわけでございますが、保険給付費、それから老人保健の拠出金へ合計で229万6,000円を流用して、そちらの方で支出をしておるところでございます。

 それから、幾らぐらいが適当なかということでございますが、おおむね保険給付費の3%以上というふうなことで県の指導が参っておるようでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) 済みません。

 予備費のことなんです。これは法律で掲げなければ、これはもうわかってるんです。その額について、こういう額がすべて不用額になるんであれば、そこまで予算計上しなくても、もう少し低い額で予算計上してもいいのではないかなと思いますし、それから、特別会計の方では一応3%以上ということで、方程式といったらおかしいんですけれども、そういう指導が来ているということなんですけれども、当町においては3%ぐらいですか。それともそれ以上、どれぐらいのパーセントで予備費を歳入をされておられるのか、お聞きをいたしたいと思います。

 それから、税の方なんですけれども、こういう社会状況下の中で各自治体とも税収の確保に躍起になっているということで、強化対策本部をつくられて、徴収をするということをお聞きしております。早島町もそういう意味で徴収努力をされていくと思いますけれども、きちっとした中心者の人を立てて、そして月に2回とか3回とかというんではなくて、強化月間時にはもう少し徴収努力をしていただきたいと、このように思います。その点について、先ほどやっていくということだったので、それでよろしくお願いいたしたいと思います。

 ちょっと予備費の方についてだけお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。太田議員さんの再質問にお答えをいたします。

 予備費の考え方につきましては、先ほど申し上げたとおりでございまして、予算を組んでないとか、予算以上の支出が突発的に出るということで、額についてもなかなか決めづらいとこもあるわけでございますが、額につきましては、災害等があった場合はこれでは非常に足らない額にもなりますし、当然これが不用額になるのが一番ベストかなというふうに考えておりますので、額につきましても、従前750万円ぐらいの計上をさせていただいていると思いますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 国民健康保険の特別会計につきましては、3%以上を計上させていただいております。と申しますのは、保険給付費等で非常に予測がつきにくいものですから、それで、それと予算の補正予算等の締め切り後に医療費が確定すると、こういったこともございますので、予備費につきましては、多少多目に計上させていただいております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長ですが、現在一般会計についての質疑でございますから、御注意いただきたいと思います。

 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 老人保健特別会計での予備費についての考え方を申し上げますと、当初予算では存目で計上させておりました。これは老人保健特別会計につきましては、一般会計からの繰り入れということで、できるだけ予備費は少なく抑えたいというふうな考え方がございます。今回886万8,000円の不用額が予備費で出ておりますけれども、これは繰越金、あるいは過年度の国、県の負担金等が入りましたときに、本来ならば一般会計から繰り入れとるわけですので、余れば一般会計へ返せばよろしいわけですけれども、年度末で、これ医療給付費が出ていくということも予測されますので、これは予備費に積み立てておるという状況で、このような不用額が出てきておるということでございます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午後0時7分 休憩

            午後1時0分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ほかに一般会計において質疑……。

 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 済みません。失礼いたします。午前中の質問で小池議員の質問にお答えしたいと思います。

 作業委託等、公園ということで、建設課並びに産業課の所管の公園等がございます。まず1番に、土木関係の公園につきましては、それぞれ早島公園、それから国鉾公園、それから矢尾の扇谷公園等、それぞれの団体へ委託しております。国鉾公園につきましては、国鉾を美しくする会へ年間50万円で作業委託をしております。延べ日数等につきましては、国鉾公園につきましては、大体年間119日出て作業しております。人数にしますれば、大体236人。それから城山公園、早島公園等でございますが、これにつきましても、年間作業日数152日、人数にいたしまして286人と。それから、矢尾熊野会の方へ……

            (11番小池宏治君「課長、金額」と呼ぶ)

 矢尾城山公園につきましては、年額170万円で委託しております。それから、矢尾熊野会につきましては、扇谷公園等でございますが、年間委託210万円で委託しております。それぞれ矢尾熊野会につきましては、年間作業日数195日、延べ人数が662人ということでしております。それから、産業関係のふれあいの森公園の方でございますが、中山グリーンクラブの方へは年額150万円で委託しております。これにつきましても、特にことしの場合には3月、4月におきましてほとんど毎日と、特に観光シーズンにおきましては、ほとんど毎日の方が出て作業しております。それから、特にことしの場合は渇水等がございましたので、植木等の水中ポンプで水をやるというようなことも毎日いただいております。それから、矢尾山びこ会につきましては、年額100万円ということで、ふれあいの森公園の散策道の管理、草刈り、除草等で、これにつきましても、先ほどと同じように、3月、4月、それから要するに行楽シーズンにはかなりの人数の方が出て作業を行っております。なお、産業課のこのふれあいの森公園等につきましては、写真と若干の人数しか把握しておりませんので、それにつきましても、建設課でやっておりますように、作業日報並びに人数等が把握できるように今後指導していきたいと思いますので、御理解を賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかに何かございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、次の国民健康保険特別会計へ移ります。

 質疑はございませんか。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 11番小池でございます。

 この不納欠損ですけど、これ何件ぐらいでこの金額になっておるのか、ちょっとお聞きしたいんです。

 収入未済額ですけれど、大変お困りのところが多いのかどうか、それについて実態がどうなのかなと、この収入未済額の件数なんかもわかりますかな。こういう御時世ですからなかなか大変だろうという気がするんですけど、今国保の手帳なんかは、これ1年で渡し切りなのか、期間を切って出しておるのか。その辺も含めてちょっとお知らせください。お願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 小池議員さんの質問にお答えします。

 国民健康保険税の不納欠損の件ですけど、この件数につきましては、54件でございます。

 それと、収入未済額については、決算の説明書にもあったと思いますけど、国民健康保険につきましては、滞納件数が過年度分が570人で、現年度分が183人でございます。これが内訳でございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 国民健康保険の被保険者証のことだと思いますが、これの更新といいますか、有効期限につきましては、毎年10月から翌年の9月までの1年間でございます。それで、14年度で申し上げますと、滞納者につきまして納付の誓約書をいただいたものにつきましては、半年の短期の被保険者証を、今のところ10月から来年の3月まで6カ月間の短期の被保険者証を交付しておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) もう一点だけちょっとお聞きするんですけど、242ページの一番下のところで、これは一般の若い人の受診件数、それから老人の受診件数が載ってるんですけど、被保険者の数というのはどれぐらい若い人と老人と違うんですかね。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 小池議員の再質疑にお答えをいたします。

 平成14年の3月31日現在の被保険者数でございますが、一般被保険者で2,757人、それから退職被保険者等で603人、うち介護保険の対象者が958人、それから老人保健の対象者が1,105人、合計で3,360人でございます。それから、世帯数にいたしましては1,726世帯でございます。これ平成8年度と比較してみますと、一般被保険者で2,198人、退職被保険者で468人、合計で2,666人、世帯数で1,346世帯と、こういうふうな数字になってございます。最近の景気の低迷等を反映いたしまして、被保険者は増大の傾向にあります。ただ、ちょっと年齢別には把握いたしておりませんので、御容赦をいただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、次に老人保健特別会計の方へ移ります。

 質疑はございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、次に介護保険特別会計の方へ移ります。

 質疑はございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、次に公共下水道事業特別会計へ移ります。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 1点だけちょっとお聞かせください。

 この使用料、大体年間どのくらいのトン数になってる、トン数だけ教えてもらいたい。年間の有収水量かな、下水道の。使用料に対する水量というんかな、総額、どのくらいのトン数になるのか。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 小池議員さんの質疑にお答えいたします。

 年間121万トンでございます。それでよろしいでしょうか。

 下水、ちょっとこれ、ただいまちょっと資料を持ってませんので、またお知らせしたいと思います。済みません。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

 9番安原君。



◆9番(安原昇君) ちょっと1点お伺いします。

 普及率が下がって、これは何かが基準が変わったというようなお話ちょっとあったんですけど、どういうふうに変わって、だからことしになって下がってるの、ちょっと理由を教えてください。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 安原議員さんの質疑にお答えいたします。

 監査委員さんの方のお話の中でも御報告の中でもありましたが、平成12年度までは普及率の計算式が行政人口分の整備人口ということになっておりますが、そのうちの整備人口の当該年度整備人口を世帯数掛ける3.3人ということで、平均固定値として使用しておりました。それを、これ県の方から御指摘がございまして、13年度からは、いわゆる行政人口分の整備人口の人口は3月31日の住民基本台帳に基づく数値を入れなさいというようなことから、そのようになったわけでございます。といいますのが、前者の方法でやっておりましたら、100%を超えていくという状況も考えられますので、実数で今後は、もう98%でございますので、あとの2%ですか、このあたりは実数で計算しなさいということになったためによるものでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、総務文教常任委員会から3名、産業建設常任委員会から3名及び副議長を加えた7名の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、認定案第2号平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計歳入歳出決算について、認定案第3号平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、認定案第4号平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計歳入歳出決算について、認定案第5号平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計歳入歳出決算について、認定案第6号平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算については、7名の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託することに決しました。

 休憩中に各常任委員会から決算審査特別委員会委員の選任をお願いいたします。

 ここで暫時休憩いたします。

            午後1時16分 休憩

            午後1時30分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 選任結果の報告を求めます。

 総務文教常任委員会委員長、11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 報告させていただきます。

 決算認定の出席委員は、原光俊さん、それから福田さん、小池、以上3人でございます。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設常任委員会委員長、9番安原君。



◆9番(安原昇君) 産業建設委員会の方からは舩越議員、大原議員、磯山議員、以上3名です。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) お諮りいたします。

 ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の指名については、委員会条例第7条第1項の規定により総務文教常任委員会から小池君、福田君、原君、産業建設常任委員会から大原君、磯山君、舩越君と副議長の太田尅子君を加えた7名を指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました7名の諸君を決算審査特別委員会委員に指名することに決定いたしました。

 ここで暫時休憩いたします。

            午後1時32分 休憩

            午後1時40分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第41号 町税条例の一部を改正する条例について

      議案第42号 早島町情報公開条例の一部を改正する条例について

      議案第43号 早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について

      議案第44号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について

      議案第45号 早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

      議案第46号 早島町水道使用条例の一部を改正する条例について

      議案第47号 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第3号)について

      議案第48号 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

      議案第49号 平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第2号)について

      議案第50号 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第2号)について



○議長(寺山邦夫君) 日程第5、議案第41号町税条例の一部を改正する条例について、議案第42号早島町情報公開条例の一部を改正する条例について、議案第43号早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第44号企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について、議案第45号早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第46号早島町水道使用条例の一部を改正する条例について、議案第47号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第3号)について、議案第48号平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、議案第49号平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第2号)について、議案第50号平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) ただいま上程になりました議案第41号から議案第50号につきまして概略を御説明を申し上げたいと思います。

 まず、議案第41号町税条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は、個人の町民税及び固定資産税の納期前の納付について規定しております。納期前前納報奨金について町税条例の一部を改正をさせていただくものでございます。内容につきましては、個人の町民税及び固定資産税の納期前前納報奨金を納税者が最初の納期に後の全納期に係る納付額に相当する金額の税金を納付した場合、納付した税額の100分の0.5に納期前に係る月数を乗じて得た額の報奨金を交付するものでございます。ただし、その額が5万円を超えた場合は5万円を限度とするものでございます。

 次に、議案第42号早島町情報公開条例の一部を改正する条例についてでございますが、本条例は、ことしの1月1日から施行されておるわけでありますが、現在策定に向けて事務事業の洗い出し等を行っております個人情報保護条例に関して審議いただく機関を設置するために情報公開条例の中の「早島町情報公開不服審査会」の名称を「早島町情報の取扱いに関する審査会」に改める改正案でございます。

 次に、議案第43号早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について、なお、議案第44号企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について、もう一つ議案第45号早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例等の一部を改正する条例についての3議案につきましては、御承知の人事院勧告に基づき、その勧告に基づきまして、特別職と職員及び議員の給与等の改正を行おうとするとともに、特例の一時金について削除をしていく条例の一部改正でございます。

 次に、議案第46号早島町水道使用条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は、水道法の改正に伴いまして貯水槽、水道に係る水道事業者及び当該貯水槽水道の設置者の責任に関する事項を定めるものでございます。

 次に、議案第47号、後は都窪郡早島町を省略させていただきまして、一般会計補正予算(第3号)についての説明を申し上げたいと思います。今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ5,251万3,000円を追加をいたしまして、総額を歳入歳出それぞれ42億9,527万3,000円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、2款総務費でコミュニティ助成事業の補助金250万円の追加、それから3款民生費で老人保健及び介護保険特別会計への繰出金で805万2,000円の追加、それから障害者福祉費で259万4,000円の追加、児童措置費で264万1,000円の追加、4款衛生費で一般廃棄物の焼却委託料1,117万円を追加、それから6款農林水産業費で下野の水路改修工事請負費として520万円の追加、7款の商工費で早島公園のライトアップに係ります施設設備工事請負費で280万円の追加、8款土木費で雨水排水工事並びに対象整備に係る費用といたしまして980万円の追加等でございます。これらに要します財源といたしましては、13款で国庫支出金で280万4,000円、それから14款県支出金で522万7,000円の追加、なお18款繰越金で3,487万4,000円の追加等をもって行うものでございます。

 次に、議案第48号国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでございますが、今回補正をいたします額は、歳入歳出それぞれ3,296万9,000円を追加をいたしまして、総額を歳入歳出それぞれ7億7,960万4,000円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、老人保健医療費拠出金の額が確定をいたしましたことに伴いまして、3,294万9,000円を追加をするものでございまして、これに要します財源といたしましては、歳入の繰越金3,297万円を充てるものでございます。

 次に、議案第49号老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして御説明を申し上げます。今回補正をいたします額は、歳入歳出それぞれ5,611万5,000円を追加いたしまして、総額を歳入歳出それぞれ11億2,047万4,000円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、医療費給付費の不足分、医療諸費、合わせて5,611万5,000円を追加するものでございまして、これに要します財源といたしましては、支払基金交付金で2,085万5,000円の追加、それから国庫支出金で2,350万5,000円の追加、県支出金で587万6,000円の追加、繰入金で432万4,000円を追加をすることによって行うものでございます。

 最後に、議案第50号介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして御説明を申し上げたいと思います。今回補正いたします額は歳入歳出それぞれ372万8,000円を追加、そして総額が歳入歳出それぞれ4億9,816万円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、介護認定に係る電算処理委託料で372万8,000円を追加するものでございまして、これに要します財源といたしましては、一般会計よりの繰入金372万8,000円を追加するものでございます。

 以上、議案第41号から議案第50号の10議案につきまして、概略を簡単に御説明を申し上げましたが、詳細につきましては、それぞれ担当課長に説明をさせますので、御審議の上、御議決を賜りますようどうかよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 失礼いたします。

 それでは、議案第41号について御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第41号

 町税条例の一部を改正する条例について

 町税条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 以下、改正条例の朗読は省略させていただきまして、お手元に町税条例の一部を改正する条例の概要をお配りしておりますので、これによりその概要を説明させていただきます。

 このたびの改正は先ほど町長から提案説明の中で申し上げましたとおり、個人の町民税及び固定資産税の納期前の納付について一部を改正するものでございます。

 関係条文第42条第2項につきましては、個人の町民税の納税義務者が最初の納期に後の全納期に係る納付額に相当する金額の税金を納付した場合においては、納期前に納付した税額の100分の0.5に納期前に係る月数を乗じて得た額の報奨金を交付するものでございます。ただし、その額が5万円を超えた場合は交付金の限度額を5万円とするものでございます。

 次に、計算例の改正前及び改正後について説明をさせていただきます。改正前では10期徴収で年税額が5万円で試算しますと、8月分の納付額は8,000円となりますので、その7,000円に0.01を掛け、その額に36カ月を乗じた額が2,520円の報奨金が交付されておりました。改正後では、7,000円に0.005を乗じ、その額に36カ月を乗ずるということで、1,260円となります。

 次に、関係条文第70条第2項につきましては、固定資産税の納税義務者が最初の納期の後の全納期に係る納付額に相当する金額の税金を納付した場合においては、納期前の納付した税額の100分の0.5に納付前に係る月数を乗じて得た額の報奨金を交付するものでございます。計算例は10期徴収については、町民税と同様になりますので、説明は省略させていただきます。

 次に、計算例の4期徴収について説明させていただきます。ほぼ計算は同様でありますが、異なる点は、納期前に係る月数が18カ月となります。

 なお、この改正に伴い報奨金については、約1,600万円減額が見込める予定です。また限度額を超える納税義務者数は個人が3件、法人が34件でございます。

 なお、この改正の施行期日は平成15年4月1日から施行するものでございます。

 以上、議案第41号について概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) それでは、議案第42号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第42号

 早島町情報公開条例の一部を改正する条例について

 早島町情報公開条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきたいと思います。

 早島町情報公開条例の一部を改正する条例につきまして御説明を申し上げます。

 早島町情報公開条例(平成13年早島町条例第4号)の一部を次のように改正する。

 第17条及び第18条第1項(見出しを含む。)中「早島町情報公開不服審査会」を「早島町情報の取扱いに関する審査会」に改めるものでございます。この説明の附則といたしまして、施行期日でございますが、第1項、この条例は平成15年1月1日から施行する。経過措置、2項、この条例の施行の際、現に旧条例に規定する審査会の委員である者は、引き続きこの条例による委員の職にあるものとし、その任期は委嘱の日から起算する。3項、この条例の施行の際、現に旧条例に規定する審査会の委員会が行っている不服審査については、この条例による委員に引き継がれたものとする。関係条例の一部改正、4項、非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を次のように改正する。別表中「早島町情報公開不服審査会委員」を「早島町情報の取扱いに関する審査会委員」に改めるということでございまして、今回審査会の名称を改める理由といたしましては、個人情報保護条例の制定に向けまして現在事務事業を進めている段階にありますが、来年の3月議会へ個人保護条例を上程する予定といたしております。したがいまして、この個人保護条例の原案を取りまとめるに当たり、審議していただく機関を設置する必要がございますが、現在設置いたしております情報公開の不服審査委員会で対応が図れますよう「早島町情報の取扱いに関する審査会」に改めさせていただく改正案でございます。御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 次のページからの議案第43号から議案第45号の3議案につきまして引き続き御説明を申し上げます。

 まず、議案第43号につきまして御説明を申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第43号

 早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について

 早島町職員の給与等に関する条例(昭和32年12月22日制定)の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 提案理由といたしましては、人事院勧告に準じまして、職員の給料及び期末手当の支給割合を改定するための一部改定でございます。

 それでは、条例新旧対照表により御説明申し上げますので、7ページをお開き願いたいと思います。

 左側に改定案をお示しし、アンダーライン部分が改正する箇所でございます。

 まず、扶養手当第10条第3項中で現行「1万6,000円」の配偶者に係る扶養手当を「1万4,000円」に改定するものでございます。また、3人目からの扶養手当を現行「3,000円」から「5,000円」に改定するものでございます。

 次に、期末手当、第20条第2項でございますが、来年3月支給の期末手当の率を現行「100分の55」を「100分の50」に改めるものでございます。

 また、次の附則第14項から附則第18までを削除しまして、第19項を第14項に、第20項を第15項とするものでございまして、これは昨年の人事院勧告に基づき支給規定を設けました特例一時金の関係条項を削除するものでございます。

 また、2ページと3ページには給料表を添付してございますが、今回人事院勧告では初めてとなります本俸の減額について勧告がなされたわけでありまして、約2%程度の減額を行った給料表を添付いたしております。

 以上につきましては、平成15年の1月1日から施行することといたしておりますが、給与につきましては、4月から12月にさかのぼって減額分を計算いたしまして、来年3月支給の期末手当から差し引くことといたしております。

 次に、9ページをお開き願いたいと思います。

 このページ以降につきましては、平成15年度から期末勤勉手当につきましての改正案でございまして、先ほど申し上げました改正後の3月支給における期末手当100分の50を廃止いたしまして、6月及び12月の期末手当と勤勉手当に振り分ける改正でございまして、これに伴いまして、期末手当の基準日以前の6月をベースに期間率を変更するものでございます。大変わかりにくい説明となると思いますので、お手元に配布いたしております期末勤勉手当率新旧対照資料によりまして御説明を申し上げます。左側に改正案を記載いたしておりますが、中段の表をごらんいただきたいと思います。現行では3月の期末手当が来年から100分の50ということになるわけですが、6月の期末勤勉手当が100分の205、12月の期末勤勉手当が100分の210で、合計100分の465となっておりますが、改正案では3月の期末手当を廃止いたしまして、6月及び12月の期末勤勉手当に充当することとなっておりまして、6月の期末勤勉手当が100分の225、12月の期末勤勉手当が100分の240で、合計100分の465となる改正でございます。なお、この改正に伴いまして、早島町の職員の給与等に関する条例の一部改正もあわせて行い、早島町職員の育児休業等に関する条例中、第5条の3、期末手当等の支給で基準日以前3カ月以内とあったものを6カ月以内に一部改正をあわせて行うものでございます。

 次に、議案第44号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第44号

 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について

 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 2枚おめくりいただきまして、条例新旧対照表により御説明を申し上げます。

 本町では該当する企業職員は存在しないわけでありますが、昨年の人事院勧告により設けられました附則中の特例一時金を削除する改正案でございます。

 次に、議案第45号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第45号

 早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例等の一部を改正する条例について

 早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例等の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 提案理由につきましては、同じく人事院勧告に基づきまして、町長及び町議会議員の皆様の期末手当の支給割合を改正する条例の一部改正でございます。

 それでは、3枚おめくりいただきまして、条例等新旧対照表により御説明を申し上げます。

 まず、15年1月1日施行の改正案でございますが、期末手当、第3条の2、第2項で、職員同様3月支給の期末手当を現行の「100分の55」から「100分の50」に改正するものでございます。

 次に、中段以降になりますが、平成15年4月1日から施行となります期末手当、第3条2の改正点でございますが、「3月1日」の基準日を削除するものでございます。

 第2項の改正点につきましては、お手元に配布の期末勤勉手当率の新旧対照資料により御説明を申し上げたいと思います。

 上段の表で左側に改正案を示しておりますが、3月の期末手当100分の50を廃止し、これに相当する率を6月及び12月の期末手当に割り振りを行いまして、合計100分の465に改正するものでございます。恐れ入りますが、また新旧対照表の4ページにお戻りをいただきたいと思います。ここでは先ほどの職員の場合と同様、基準日以前の6月をベースに期間率の変更を改正するものでございます。

 次のページの5ページをお開き願いたいと思います。

 ここでは早島町議会議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものでございまして、第5条第2項では、三役同様に来年3月支給の期末手当を、現行「100分の55」から「100分の50」に改正するものでございます。また、平成15年4月1日施行の改正点は、期末手当、第5条中、「3月1日」の基準日を削除する改正でございます。同じく2項では、2項の改正につきましては、お手元の新旧対照資料の下段をごらんいただきたいと思います。3月における期末手当を削除いたしまして、これに相当する率を6月及び12月に割り振るものでございまして、期末手当合計を100分の350に改正するものでございます。期間率の変更につきましても、職員、三役同様に改正するものでございます。

 以上、議案第43号から議案第45号につきまして御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) それでは、議案第46号につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第46号

 早島町水道使用条例の一部を改正する条例について

 早島町水道使用条例(平成13年早島町条例第10号)の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましては、町長の提案説明にもありましたように、水道法の改正に伴い、貯水槽水道に係る水道事業者及び設置者の責任に関する事項を定めるものでございます。それでは、条例改正案を朗読させていただき、説明にかえさせていただきますので、1枚おめくり願いたいと思います。

 早島町水道使用条例の一部を改正する条例、早島町水道使用条例(平成13年早島町条例第10号)の一部を次のように改正する。第37条を第39条とし、第36条の次に次の2条を加える。町の責務、第37条、町長は貯水槽水道(法第14条第2項第5号に定める貯水槽水道をいう。以下同じ。)の管理に関し必要があるときは、貯水槽水道の設置者に対し、指導、助言及び勧告を行うことができる。2項、町長は貯水槽水道の利用者に対し、貯水槽水道の管理等に関する情報提供を行うものとする。

 設置者の責務、第38条、貯水槽水道のうち簡易専用水道(法第3条第7項に定める簡易専用水道をいう。次項において同じ。)の設置者は、法第34条の2に定めるところにより、その水道を管理し、及びその管理の状況に関する検査を受けなければならない。2項、前項に定める簡易専用水道以外の貯水槽水道の設置者は、当該貯水槽水道を管理し、及びその管理の状況に関する検査を行うよう努めなければならない。

 附則、この条例は、平成15年4月1日から施行する。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。それでは、議案第47号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第47号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第3号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ52,513千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,295,273千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入でございますが、11款分担金及び負担金で23万6,000円の追加、13款国庫支出金で280万4,000円の追加、14款県支出金で522万7,000円の追加、18款繰越金で3,487万4,000円の追加、19款諸収入で937万2,000円の追加でございまして、補正額合計といたしまして、5,251万3,000円の追加でございます。

 次に、4ページの歳出でございますが、2款総務費で376万円の追加、3款民生費で1,439万4,000円の追加、4款衛生費で1,432万6,000円の追加、6款農林水産業費で535万円の追加、7款商工費で348万円の追加、8款土木費で980万円の追加、10款教育費で140万3,000円の追加でございまして、補正額合計で5,251万3,000の追加となり、総額は歳入歳出それぞれ42億9,527万3,000円となるものでございます。

 それでは、事項別明細により御説明申し上げますので、6ページをお開き願いたいと思います。

 まず、歳入でございますが、11款分担金及び負担金、1項負担金、1目民生費負担金で23万6,000円の追加でございますが、身体障害者福祉費負担金の更生援護施設徴収金の追加でございます。

 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金で280万4,000円の追加でございますが、更生援護施設措置費の負担金117万8,000円及び被用者児童手当交付金336万6,000円の追加と、特例給付交付金174万円の減額でございます。

 14款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金で77万6,000円の追加でございますが、国庫負担金同様、更生援護施設措置費負担金で58万9,000円、被用者児童手当交付金で18万7,000円の追加でございます。

 2項県補助金、2目民生費県補助金で30万9,000円は、延長保育事業の利用者増に伴う特別保育事業費補助金の追加でございます。

 3目衛生費県補助金34万3,000円は、乳幼児医療費の増加に伴う追加でございます。

 4目農林水産業費県補助金379万9,000円は、転作率の地区達成に伴う補助金369万5,000円の追加と、松くい虫駆除事業に伴う補助金10万4,000円の追加でございます。

 18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金3,487万4,000円は、前年度繰越金の追加でございます。

 19款諸収入、6項雑入、1目雑入937万2,000円は、宝くじの収益を原資としたコミュニティ助成金で250万円の追加と、平成13年度分のごみ焼却委託料の精算に係る返納金687万2,000円の追加でございます。

 次に、8ページからの歳出について御説明を申し上げます。

 まず、歳出の2款、総務費、1項総務管理費、6目企画費で250万円の追加でございますが、先ほど申し上げましたコミュニティ関係で、塩津町内会に対してコミュニティ助成事業補助金を計上いたしております。

 9目町民総合会館費で126万円の追加でございますが、ゆるびの舎バーデルームの浴槽に全自動の塩素殺菌装置を設置するための費用を計上いたしております。

 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費で27万7,000円の減額でございますが、これは国民健康保険特別会計において国庫補助事業の対象となったため予算の組み替えを行ったための減額でございます。

 2目老人福祉費で808万7,000円の追加でございますが、13節の委託料で、老人医療の高額医療費支給事務に係る電子計算機の保守管理委託料で3万5,000円の追加、28節で老保介護に係る繰出金805万2,000円を計上いたしております。

 3目障害者福祉費で259万4,000円の追加につきましては、更生援護施設措置費負担金で、施設入所者の増加に伴うものでございます。

 2項児童福祉費、2目児童措置費で264万円1,000円の追加でございますが、19節では延長保育事業の利用者増に伴う補助金61万8,000円の追加、20節扶助費では、被用者児童手当の伸びに伴い374万円の追加と、特例給付の減少による174万円の減額を計上いたしております。

 4目児童福祉施設費で134万9,000円の追加でございますが、児童館の開館準備に伴う必要経費を計上させていただいております。

 次に、9ページの4款衛生費、1項保健衛生費、3目保健衛生費で110万3,000円の追加でございますが、斎場の火葬炉台車の2台分の修繕料を計上いたしております。

 4目乳幼児医療費で171万4,000円の追加でございますが、12節役務費で、医療費の審査件数の増加に伴う審査支払手数料8万1,000円の追加と、20節の扶助費で、乳児医療費163万3,000円の追加でございます。

 2項清掃費、2目塵芥処理費で1,150万9,000円の追加でございますが、11節の需用費では、埋立処分地の汚水処理ポンプ施設の修繕料で33万9,000円、13節委託料で、一般廃棄物焼却委託料1,117万円をそれぞれ計上させていただいております。

 6款農林水産業費、1項農業費、5目農地費で520万円の追加でございますが、下野地内の水路改修工事費を計上いたしております。

 2項林業費、1目林業総務費で、松くい虫駆除委託料15万円を追加いたしております。

 7款、商工費、1項商工費、3目観光費で384万円の追加でございますが、早島公園の桜祭りにおける照明設備に係る消耗品68万円と、工事費280万円を計上させていただいております。

 8款土木費、2項道路橋梁費、2目道路維持費で400万円の追加でございますが、市場地内の側溝修繕工事費を計上いたしております。

 3目道路新設改良費で580万円の追加でございますが、長津地内の町道を一部拡幅する費用といたしまして工事請負費で200万円、土地購入費で380万円をそれぞれ計上させていただいております。

 10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費で140万3,000円の追加でございますが、4節及び7節では、給食調理員の産前及び育児休暇に伴う代員雇用に係る社会保険料と賃金を計上いたしております。また、牛乳保冷庫のコンプレッサーが故障したことに伴いまして、保冷庫新規購入費用といたしまして85万1,000円を計上いたしております。

 以上、一般会計補正予算につきまして御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) 議案第48号について御説明を申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第48号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ32,969千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ779,604千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入でございますが、2款国庫支出金で27万6,000円の追加、7款繰入金で27万7,000円の減額、8款繰越金で3,297万円を追加し、補正額の合計が3,296万9,000円となるものでございます。

 次に、歳出でございますが、1款総務費は予算の組み替えによるものでございます。

 2款保険給付費で2万円、3款老人保健拠出金で3,294万9,000円をそれぞれ追加し、補正後の歳入歳出予算の総額が7億7,960万4,000円となるものでございます。

 それでは、事項別明細書により御説明申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、歳入でございますが、2款国庫支出金、2項国庫補助金、2目特別対策費補助金の27万6,000円の追加は、国庫補助事業となったため次の7款繰入金、1項一般会計繰入金を減額し、予算の組み替えを行うものでございます。

 8款繰越金、2目その他繰越金3,297万円の追加は、老人保健拠出金の額が確定したため、その財源として繰り入れるものでございます。

 次に、6ページの歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費と3項退職被保険者適用適正化特別対策事業費につきましては、9月で補正をいたしました高額療養費算定及び退職資格振りかえシステム導入等のパソコンの購入費が国庫補助事業となったため予算を組み替えるものでございます。

 次の2款保険給付費、5項移送費につきましては、緊急または移動の困難な重症患者が入院治療や転院が必要な場合医師の指示により移動のため車などを使用することとなった場合に支給するもので、一般被保険者及び退職被保険者等にそれぞれ1万円を補正するものでございます。

 3款老人保健拠出金の3,294万9,000円の追加は、拠出金の額が確定したための追加でございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 続きまして、議案第49号につきまして御説明申し上げます。

 それでは、まず議案を朗読させていただきます。

 議案第49号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の老人保健特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ56,115千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,120,474千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきまして、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入でございますが、1款支払基金交付金で2,085万2,000円の追加、2款国庫支出金で2,350万5,000円の追加、3款県支出金で587万6,000円の追加、4款繰入金で432万4,000円の追加、6款諸収入で155万5,000円の追加、補正額合計5,611万5,000円、歳入合計11億2,047万4,000円とするものでございます。

 続きまして、歳出でございますが、1款医療諸費で5,611万5,000円の追加で歳出合計11億2,047万4,000円とするものでございます。

 それでは、事項別明細で御説明申し上げます。

 まず、歳入でございますが、1款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目医療費交付金2,085万5,000円は、医療給付費に対する支払基金の医療費交付金の追加分でございます。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目医療費負担金2,350万5,000円は医療費負担金で、国庫負担金の追加でございます。

 3款県支出金、1項県負担金、1目医療費県負担金587万6,000円は、医療費県負担金の追加でございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金432万4,000円は、一般会計からの繰入金でございます。

 6款諸収入、2項雑入、1目第三者納入金155万5,000円は、第三者行為損害賠償金の追加でございます。

 次に、歳出でございますが、1款医療諸費、1項医療諸費、1目医療給付費5,611万5,000円は、年度末までの医療費給付費の不足分を見込みで追加計上させていただいております。

 以上、議案の御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決のほどよろしくお願いいたします。

 続きまして、議案第50号につきまして御説明をさせていただきます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第50号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第2号)

 平成14年度岡山県都窪郡早島町の介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,728千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ498,160千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成14年12月11日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入でございますが、7款繰入金372万8,000円の追加で、補正額合計372万8,000円、歳入合計4億9,816万円とするものでございます。

 続きまして、歳出でございますが、1款総務費372万8,000円の追加で、歳出合計4億9,816万円とするものでございます。

 次に、事項別明細でございますが、5ページをお開き願います。

 まず、歳入でございますが、7款繰入金、1項一般会計繰入金、2目その他一般会計繰入金372万8,000円の追加は、事務費として一般会計から繰り入れる繰入金でございます。

 歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、13節委託料の追加でございますが、これは電算処理委託料で、平成15年度から介護報酬の見直しが予想されておりまして、この見直しに係るシステム修正料を計上させていただいております。

 以上、議案の御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) これより議案第41号から議案第50号までの10議案に対する質疑に入ります。

 まず、順次行いたいと思いますので、議案第41号町税条例の一部を改正する条例について、議案第42号早島町情報公開条例の一部を改正する条例についての質疑を賜ります。

 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) 6番須増です。

 議案第41号について質問したいんですけれども、この改正に伴って1,600万円程度の節約ができるということについては歓迎なんですけれども、実際にこれによって滞納にはならないと思いますけれども、前納が後退するというようなことはないかなということを一つと、それから、これは廃止傾向にあるので、段階的に廃止していくその途中の改正なのか、これを一応改正として見ておられるのか、その点を2つお願いします。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 須増議員さんの質問にお答えいたします。

 前納報奨金の率を下げた場合後退するのではないかということですが、最近ではちょっと倉敷市が全廃した状況も聞いて、倉敷等の考えも今のところ最終的な影響ないだろうということで、早島当町においても最近ない試みなんで、自分としては余り影響がないんではないかとは思っております。

 それから、今他町村等で廃止の傾向もあるということで、御質問なんですけど、この件については、早島町としては段階的、今後平成18年度を目途に全廃、廃止の方向へ持っていきたいという考えは自分としては持っております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 10番太田君。



◆10番(太田尅子君) それに関連してなんですけれども、今回は町民税と固定資産税についての前納奨励制度の段階的廃止ということなんですが、ほかの徴収、税金に対して波及していくのではないかと思うんですけれども、国保税とか、そういう面についてはどういうふうになっていくんでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 太田議員さんの質問にお答えいたします。

 ほかの分はどうなってくるかという御質問と思います。ほかの税金については、前納報奨金の制度はございませんので、そういうことでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

 10番。



◆10番(太田尅子君) 済みません。私国保の方もあるかと思ったもんですから。それで、これは15年の4月1日からの施行になるわけですから、それまでにこういう段階的に廃止をしていくということは町民の皆様方に知らせていかれると思うんですけれども、どのようにされるのか教えていただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) 太田議員さんの広報等についての御質問にお答えいたします。

 この件につきましては、議決された後、広報紙等で掲載し、PRしていきたいと、かように思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 11番小池でございます。

 情報公開条例のことについて、これについて不服審査会というのができたの知らんかったんですけど、これは何名で構成されて、しゅうほうなんかにその名前載ってましたかな。もしその不服審査会の名簿でも出させていただければいいかなと思いますけど。よろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。先ほどの御説明の中、情報公開条例の17条、18条でございますが、18条につきまして不服審査会の設置ということになっておりまして、この条例の18条の第2項では学識経験者5名以内ということでありましたが、さきの議会で一応3名の方の選任同意をいただいております。1名の方が、佐々木浩史さん、弁護士さんでございます。それから佐藤孝之さん、それと綾野静惠さん、3名の方に不服審査委員としていろいろ御無理をお願いしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、それでは、次に議案第43号早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第44号企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について、議案第45号早島町町長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第46号早島町水道使用条例の一部を改正する条例について、一括質疑を受けたいと思います。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、続いて、議案第47号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第3号)について、議案第48号平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、議案第49号平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計補正予算(第2号)について、議案第50号平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) 6番須増です。

 議案第49号の老人保健特別会計補正予算なんですけれども、今回医療費給付が随分膨れていて、年度末まで試算を見込みで出されているというふうに言われていましたけれども、この原因について、前年から比べたら、さらに1億円近く膨れているというふうに見えるんですけれども、どのように評価されていますか。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 老人医療費についての御質問がございまして、今回補正させていただいておりますけれども、医療費の伸びが3月から9月の診療報酬分、これ7カ月分でございますけれども、7カ月分の支払額が6億4,485万円、月平均にしまして9,212万円の支払額になっております。今年度の支払推計値をこれを12カ月いたしますと、11億545万円ぐらいにこれが伸びるという予測でございます。今回既定額が11億4,934万円でございますので、今回5,611万円余りを補正させていただいておるわけでございますが、これ13年度と比較いたしてみますと、件数でこれまで13年度の件数が2,890件ございますが、これを3月から9月分報酬分での比較でございますけれども、これ月平均の比較を申し上げておりますが、14年度で申し上げますと3,046件、先ほど13年度は2,890件と申し上げましたが、14年度で3,046件、増加率が5.4%の伸びになっております。

 それから、単価で申し上げますと、2万8,848円が3万2,049円、増加率で申し上げますと、4.8%、それから報酬の支払いで申し上げますと、13年度が8,336万円でございまして、14年度が9,212万円で、比較いたしますと、10.5%の増加率になっておるという状況でございます。これは12年度との比較で、これはどういう形になっているかということでございますけれども、町の負担率がこの10月から公費負担が変わります。今までは6分の1ということで5%でしたけれども、これが5.7%に変わっていくということでございまして、この町の負担率も上がるということから、今回補正をさせていただいておると。伸びも当然こういうふうに伸びておりまして、また町の負担率も変わるというようなことで、今回補正させていただいております。



○議長(寺山邦夫君) 6番須増君。



◆6番(須増伸子君) 当然高齢化が年々増していて高齢者もふえているという状況なので、そういう意味で受診の絶対数がふえているというふうにお聞きしていいのかなというふうに思ったんですけど、10月からの改正で町の負担もふえているということで、じゃあ10月の改正で同時に高齢者のこの医療保険の対象者そのものは年齢が上がっていくわけですけれども、それ以上に高齢者がふえていっているというふうになるのでしたら、基本的にはこの老人医療費が年々引き続き伸びていくというふうに考えていけばよいということでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 12年度に対して、これ件数も伸びておるというの先ほど申し上げましたけれども、ただ、これがこの10月から年齢が5歳引き上げられましたので、この伸びはそれほど大きくならないというふうに思っております。今回の伸びというのは、介護保険が導入になりまして、これが介護保険の方に移行したものが大分ありますし、それからこの13年1月に制度の改正がありまして、また一時下がりましたけれども、3カ月ぐらいたつと、またもとに戻るというような傾向がありますので、先ほど須増議員さんがおっしゃったように、高齢化率に伴いまして医療費というのが上がってきとるということはありますが、年齢が5歳引き上げられましたので、これからはちょっと落ちつくかなというふうに思っております。



○議長(寺山邦夫君) ほかに。

 11番小池君。



◆11番(小池宏治君) 1点確認させてください。

 土木費の町道の側溝修繕工事の場所、それから町道改良工事請負のこの場所をちょっと両方ともどの辺か教えてください。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 小池議員さんの御質問に御説明いたします。

 まず、土木費の2目道路維持費、工事請負費の400万円でございますが、これにつきまして場所といたしましては、市場地内ということでございますが、ただいま県の方で改良しております県道早島・吉備線の松尾坂で市場の方から松尾坂の方へ抜けます通学路の部分でございまして、県道の拡幅工事に合わせまして町の取り合い道路を整備するもんでございます。

 それから続きまして、道路新設改良費、工事請負費200万円、それと17番の公有財産購入費380万円、この2件でございますが、これは長津地内の道路改良工事といいますか、待避所を設ける工事でございますが、場所といたしましては、舟本の太田時計さんのところから長津のまさやさんへ抜ける道、これは現在途中まで若干広がっておりますが、今回申請する分につきましては、現道幅員が約2メーター90ということで、非常に狭うございます。特に通過車両等が通りますと、通行者の方が壁といいますか、側溝の方へよけて待っておらないと通れないというようなとこでございまして、今回待避所といたしまして、当然地権者の方からの申し出もございました。それに伴いまして、退所待避地として約22メーターほどを整備するその工事費と用地買収購入費でございます。

 以上でございます。

            (11番小池宏治君「どのくらいの幅があるん」と呼ぶ)

 一応約5メートルを考えております。



○議長(寺山邦夫君) ほかに。

 5番平岡君。



◆5番(平岡守君) 5番平岡でございます。

 ちょっと議案第47号一般会計補正予算の7款商工費の3目、観光費なんですが、これ桜祭りの施設整備工事請負費というふうに聞いたんですが、照明関係でしたら、いつもその都度という格好であれしとったんじゃないかと思うんですが、もうちょっと詳しくお願いしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(平松保之君) 平岡議員さんの御質問にお答えいたします。

 これにつきましては、ただいま平岡議員の質問にありましたように、来年度の15年度の桜祭りに対応するためのものでございまして、過去数年最初の消耗品につきましては、68万5,000円でございますが、これは早島公園並びに国鉾公園の既設の電線等、それがかなり年数を経過しておりまして、非常に操作しにくいとか、仕事がしにくいということで、今回新たに変えるという、その消耗品の関係でございます。それから、やはりその下の工事請負費の280万円につきましては、これにつきましても、桜祭りの期間中でございますが、例年特に14年度におきましては、期間中照明設備につきましては、非常に利用される方というんですか、そういう方とのあれがございまして、再三にわたり壊されたということでございます。それもひっくるめて消耗品と工事請負費で新たに来年度用に対策を立てておきたいというのが、新年度予算では時期的に若干無理がありますので、3月までには対応していきたいということで、特に工事請負費等につきましては、原因等が配電盤の位置がありますが、大体その配電盤の位置が皆さんの目につく目の高さにございます。ですから、それを無理やり壊されて修理に往生したという経緯がございますので、今回新設、それから既設等ひっくるめまして約7本の電柱を設置いたしまして、約4メートルございます。その4メーターの頂上付近に配電盤を設けるということで、操作につきましては、リモコンで操作をやるということで対応していきましたら、何ぼかでも悪さをして配電盤をめぐのが防げるんじゃないかなということで、今回3月までに完了するという意味で、その消耗品の分と工事請負費を補正予算で上げさせていただいております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第41号から議案第50号は付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第41号から議案第50号は付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により12月12日から12月15日までの4日間休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、12月12日から12月15日までの4日間休会することに決しました。

 本日はこれにて散会いたします。

 御苦労さまでした。

            午後2時55分 散会