議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成14年 3月定例会 03月08日−02号




平成14年 3月定例会 − 03月08日−02号







平成14年 3月定例会



            早 島 町 議 会 会 議 録

            平成14年3月8日( 金 曜 日 )

            ───────────────

            議 事 日 程 ( 第 2 号 )

午前10時開議

第1 議案第16号 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について

   議案第17号 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について

   議案第18号 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について

   議案第19号 平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について

   議案第20号 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について

   議案第21号 平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算について

         ・所信表明及び提案理由説明

         ・議案説明

         ・質疑

         ・特別委員会付託

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            出  席  議  員(13名)

 1番  川  北  隆  之 君      2番  磯  山  卓  宏 君

 3番  小  橋  澄  男 君      4番  太  田  尅  子 君

 5番  安  原     昇 君      6番  沢  田  晃  始 君

 7番  原     光  俊 君      8番  須  増  伸  子 君

 9番  太  田  幸  夫 君     10番  平  岡     守 君

12番  林        勇 君     13番  三  宅     弘 君

14番  寺  山  邦  夫 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠  席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      安 原 良 一 君     収入役     磯 山   守 君

教育長     溝 手 憲一郎 君     理事      佐 藤 喜世文 君

副理事     水 畑 千 歳 君     総務課長    森 安 茂 彦 君

企画振興課長  林   耕 市 君     企画振興課参事 梶 原 由 恵 君

税務課長    原   一 雄 君     町民生活課長  福 島   晃 君

町民生活課参事 安 田 智恵子 君     保健福祉課長  平 井 京 治 君

産業課長    太 田 尚 良 君     建設課長    平 松 保 之 君

上下水道課長  佐 藤 寿 一 君     学校教育課長  小野田 修 作 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

局長      原   隆一郎 君     書記      溝 手 祐 佳 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







            午前10時0分 開議



○議長(寺山邦夫君) 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布したとおりでございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 議案第16号 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について

      議案第17号 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について

      議案第18号 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について

      議案第19号 平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について

      議案第20号 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について

      議案第21号 平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算について



○議長(寺山邦夫君) 日程第1、議案第16号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について、議案第17号平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について、議案第18号平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について、議案第19号平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について、議案第20号平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について、議案第21号平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算について、6議案を一括議題といたします。

 町長の所信表明及び提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 皆さんおはようございます。

 本日は皆さん御多用のところ、昨日に引き続きまして御参集をいただきまして、まことにありがとうございます。

 平成14年度早島町一般会計予算並びに諸議案の説明に先立ちまして、今後の町政運営に対する所信を申し述べまして、町議会並びに町民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと思います。

 平成13年度は、新世紀に新たな一歩をしるした記念すべき年でございましたが、昨年9月のアメリカへの同時多発テロと、それを契機とした世界的な不況が広がり、決して明るい話題ばかりではございませんでした。

 とりわけ我が国の経済は、1990年代から続く不況の中で失業率が5%を超え、あわせてデフレスパイラルが懸念されるなど、かってない深刻な状況となっております。

 加えて、国政におきましては、小泉内閣の進める「聖域なき改革」の一つといたしまして、戦後の地方自治を財政面から支えてきた地方交付税制度の見直しが提示されまして、ただでさえ苦しい自治体の財政をさらに圧迫しようとしているところでございます。さらに、自治体の個性的な単独事業を支援してまいりました地総債、すなわち地域総合整備事業債も13年度で廃止をされまして、地方にとっても台所事情は厳しい状況となってきておるのでございます。また、御承知のように、金融機関のペイオフ解禁も目前に迫りまして、この時期に町政のかじを取っていく私に課せられました重大な責任があるというふうに思っておりますし、町民の負託の重みを改めて痛感をいたしておるところでございます。

 国の財政の逼迫化とその中で進めなければならない自治体の自立化という大きな課題を前に、私はこれからの町政というものの守りと攻めの両面をあわせて考えていかなければならないというふうに思っておるところでございます。

 守りとは、行政の減量化とか効率化ということがございます。経費節減や組織のスリム化を初め、さきに「早島町行財政改革大綱」に基づく行財政全般の見直しとその実施を大胆に進めなくてはならないと思っておりますし、また、現在実施中の事業につきましても、実施計画に基づき年度ごとの見直しを行いまして、事業の進捗状況やその効果について厳しくチェックを行いたいというふうに思っておるところでございます。その上で、進めるべきものは進め、改めるべきものは改めるというスクラップ・アンド・ビルドの一層の徹底を図り、最小の経費で最大の効果を上げる創意工夫に努めてまいることは申すまでもありません。

 次に、攻めの行政でありますが、これはまさに昨年のこの議会で御承認をいただきました「第3次早島町総合計画」による施策の展開でございます。「第3次早島町総合計画」のテーマであります「生活者の視点に立った住民主体・地域主体のまちづくり」「地域のふれあい、支えあいを大切にしたまちづくり」「恵まれた歴史と環境を活かし個性と快適性を育むまちづくり」という、すなわち3つの基本理念のもとに、目指すべき町の将来像「笑顔があふれ こころをつなぐ 住みやすさ実感都市」の実現に努めてまいりたいと思います。そして、この「第3次早島町総合計画」に盛り込まれておりますさまざまな具体的な提言を実現していく中で、町の新たな個性づくりをしてまいりたいというふうに思っております。

 後ほど御説明を申し上げます14年度予算案は、この総合計画の第1次実施計画に基づき編成をされたもので、実質的には総合計画実現のための第一歩となるものでございます。

 幸いにも、こうした攻守両面にわたる行政を進めるに当たり、本町には住民参加をいただきました、そしてその結果町民の英知を集めて策定をさせていただきました「早島町行財政改革大綱」並びに「第3次早島町総合計画」という2つの羅針盤の指し示す方向にのっとりまして、皆様と手を携えて今後の町政を進めてまいりたいと思う所存でございます。

 次に、合併問題でございますが、今、御承知のように全国的に地方分権社会の実現に向けて市町村合併推進の旗が振られております。私は、合併につきましては、合併に伴うさまざまな特例措置が終わった後の早島町の姿を十分に見きわめるということが必要ではないかと思っております。昭和40年代、周辺の町村が合併へと大きなかじを切りましたとき、なぜ早島は自主自立の道を選んだのか、その歴史的な教訓は何であったのか、また当時と今は条件がどのように変化しておるのか、そして何よりも合併が将来の住民の幸せや福祉の向上につながるのかということについてしっかり考えていかなければいけないというふうに思っております。合併問題をタブー視することなく、町民の皆さんの一人一人が早島町の将来と自分たちの生活とを結びつけて考えながら、まちづくりの姿を見直していくいいチャンスではないかというふうに思っておるところでございます。そして、そのために町民の皆さんが考え、判断をするさまざまな情報を提供していくことが私どもの一番の責務であるというふうに考えております。

 それでは次に、平成14年度の各分野における主要事業につきまして、2年目となっております早島町第3次総合計画に基づき、施策体系ごとに御説明を申し上げたいと思います。

 まず最初に、「明日のまちのしくみをつくる」という施策についてでございますが、21世紀の新しいまちづくりは、行政と住民とが自主自立の精神のもとに協働して取り組むことが重要であると思うわけでございまして、対等の緊張感のある協力関係の中でまちづくりを推進することが求められております。そのために、町民の自主的な地縁組織であります自治会などの自主的な自治活動を積極的に支援をしていきますとともに、町政においても各種施策の計画立案段階から地域や住民の方々の意見を十分に取り入れて反映していくための、今後いま一層の住民参画の推進に努めてまいりたいというふうに思っております。

 この住民参画の推進を図る上で、「情報なくして参加なし」と言われますように、行政の持っているさまざまな情報を広く提供していくことは必要不可欠なことでございます。広報紙であります「しゅうほう早島」の内容充実や町のホームページの機能充実を図るなど、多様な手段による情報提供に努めますとともに、本年1月からスタートいたしました早島町情報公開条例の円滑な運用を図り、町民に開かれたバリアフリーの行政の実現に努めてまいりたいと考えております。

 また、地方分権が急速に進展をし、国、県、市町村の立場が従来の「上下、主従」の関係から「対等、協力」の関係に移行する中で、地方公共団体の自主性、自立性が従来以上に求められておるところでございまして、本町におきましても、限られた財源の中で多様化する行政課題、住民ニーズに的確に対応し、あわせて本町の独自性を発揮し、先進的なまちづくりを推進するために、効率的で簡素な行政組織や、それにかかわる町職員の資質の向上を強く求められておるところでございます。このような時代の要請に迅速かつ的確に対応していくため、町職員の中央研修所への派遣による人材の育成や、早島町行財政改革大綱に基づく事務事業の見直し、費用対効果による事業評価制度の検討、計画的かつ効率的な予算編成など、行財政改革の推進に全力で取り組んでまいる所存でございます。

 まちづくりの基本は、地域のコミュニティ活動とそのリーダーとなる人材の育成であると言っても過言ではございません。地域のコミュニティ活動が自主的かつ活発に行われるよう引き続き支援してまいりますとともに、育児ボランティア・ヘルスボランティアなどの各種ボランティア養成講座の開催や人づくり・場づくり助成事業等を通じて、人材の発掘・養成に努めてまいります。さらに、姉妹都市交流事業等の広域的な交流を通じての人材育成や外国人英語教師招致事業による青少年の国際感覚の育成、英語力の向上に取り組むとともに、早島町国際交流協会などが実施いたします国際交流事業についても積極的に支援をしてまいりたいと考えております。

 次に、「ふれあいと思いやりのまちをつくる」の施策といたしましては、高齢化社会が急速に進展する中で、高齢者が健康で生きがいを持って安心して生活できるまちづくりを推進するため、社会福祉協議会に委託して実施しておりますデイサービス事業、在宅介護支援事業、ホームヘルパー派遣事業等各種の福祉サービスのさらなる充実を図りますとともに、高齢者が家庭内で安心して生活できる環境を整備するための住宅改造助成事業や、家庭内での寝たきり老人等の介護を支援する介護手当支給事業も引き続き行ってまいりたいと思っております。さらに、平成13年度に開設いたしました「早島町ドリームハウス」などを活用した介護予防事業にも重点的に取り組んでまいりたいというふうに考えております。

 高齢者の社会参加、生きがい対策については、社会福祉協議会と連携をし、「ふれあいサロン事業」「福祉のまちづくり事業」や「福祉タクシー助成事業」などの支援を行いますとともに、高齢者の就労機会の拡充を図るため、シルバー団体等についても引き続き支援を行ってまいります。

 介護保険事業につきましては、的確な認定、保険給付の円滑な実施、サービス体制の確立など、適切かつ効率的な保険制度の運用に努めてまいりたいと思っております。

 また、生涯を通じた健康づくりを推進するためには、「自分の健康は自分でつくる」「自分の健康は自分で守る」という意識に立って、県民みずからが自分の健康状況を把握し、健康づくりや疾病予防に心がけることが必要であると思います。行政といたしましても、健康づくり推進委員さんと連携をして健康教育の実施や情報提供に努め、発病することを予防する「1次予防」に重点を置きながら総合的な健康づくり事業に取り組み、病気の早期発見、早期治療ができますよう各種検診等のさらなる充実を図るとともに、各種の医療機関との連携を深め、多様化する医療サービスに対応できる体制づくりに努力をしてまいる所存でございます。

 明るい社会の実現のためには、すべての人々がお互いの人権を尊重し、差別のない社会を築いていくことが重要な課題となっております。特に現代社会では、人間関係の希薄化や心の問題の軽視などにより、いじめや幼児の虐待、女性に対する暴力、性的嫌がらせなど新しい人権問題が発生をしております。このような現状の中で差別や暴力のない社会の実現のために、人権問題を正しく理解をしていただき、思いやりの心や人権尊重の精神を養う教育、基本的人権に対する啓発活動など、行政、学校、地域、家庭等が一体となって推進できる体制の整備が必要であると、それに努めてまいりたいというふうに思っております。

 また、障害者、障害児の主体的な社会参加や自立促進のための知的障害者、知的障害児地域福祉作業所であります「つばさ工房」の活動や運営を支援をしていきますとともに、障害の疑いのある乳幼児やその保護者に対して療育指導を行いまして、乳幼児の健全な日常生活への適応促進を図り、在宅心身障害児通所訓練事業等も引き続き行ってまいりたいと思っております。

 さらに、障害のある人もない人もともに個人として尊重され、社会の一員として支え合える生活のできる社会づくり、すなわちノーマライゼーションのために、本町におきましても今後10年間の障害者施策のあるべき方向性を示す早島町障害者福祉計画の策定を本年度新たに行うことといたしております。

 社会的問題となっております少子化対策についてでございますが、私はこの問題を解決するためには、男性、女性がともに社会に貢献でき、仕事と子育ての両立できる社会環境の整備であると思っております。このような考え方に基づき、放課後児童対策として「早島町留守家庭児童会」、子育て支援施設の「早島ふれあいサポートセンター」や預かり保育の「早島のびのびっ子ハウス」等の子育て支援事業の充実を図りますとともに、新たな事業といたしまして、子どもたちがゆとりを感じながら安心して過ごせる場所を確保するため、児童館を整備することといたしております。

 また、子育てにかかる経済的負担の軽減や乳幼児の健康保持増進を図るため、乳幼児医療費を6歳未満児まで助成する事業などを引き続き行ってまいります。さらに、「妊婦一般健康診査」を2回から3回にふやし、妊婦の皆さんの健康維持に努めてまいります。そして、本年度新たに「少子化対策検討委員会」を設置して、あらゆる角度から総合的に少子化対策の検討を行うことといたしております。

 男女共同参画社会の形成につきましては、平成13年度で策定をいたしております「はやしま男女共同参画計画」に基づき、意識啓発につながる各種の事業を実施していくことにいたしております。その中で、男女共同参画社会が進展することに伴いまして、子育てにおける女性への過度の負担の軽減を図られることによって、少子化対策にもつながるものと考えております。

 次に、「うつくしいまちをつくる」施策について御説明を申し上げます。

 近年、地球温暖化やオゾン層の破壊など地球規模での環境問題が取りざたされており、循環型社会の形成や省エネルギーの利用が叫ばれておりまして、本町におきましても、身近な生活の中で地球環境保全に取り組めるような啓発事業を推進するとともに、昨年度からの地球温暖化対策実行計画策定事業や、公用車のハイブリッドカー等への切りかえを順次行っていくなど、私ども行政が先導的に役割を果たしてまいりたいというふうに考えております。また、循環型社会を構築するため、徹底したごみの分別収集に努めるとともに、ペットボトル回収事業やごみ減量化推進事業への補助、生ごみ堆肥化や電気式生ごみ処理機などの助成を引き続き行ってまいります。

 さらに、地域環境を保全していくため、各家庭の公共下水道への接続を推進するとともに、下水道に対応できない地区への合併浄化槽への補助を引き続き行い、水路の水質浄化に努めてまいりたいというふうに思っております。

 また、美しい景観を保全、形成していくため、歴史や伝統に培われてきた建造物や干拓の名残を残します水路群などを本町のかけがえのない貴重な財産として位置づけ、その保全・活用に努めるとともに、平成12年度に策定をいたしました都市計画マスタープランに基づき、新たな建造物につきましても、「地域福祉センター」や「ゆるびの舎」などのように地域に調和したデザインに心がけ、調和のとれた統一的な景観を形成してまいりたいと考えております。さらに、美しい景観づくりに向けても、住民の皆さんの御理解と御協力をいただけるよう啓発に努めますとともに、昨年開通いたしました県道早島駅前線の歩道を花で彩る事業などの美しい景観の形成に努めてまいりたいと考えております。

 次に、「学び楽しめるまちをつくる」施策についてでございますが、小学校、中学校におきましては、本年度学習指導要領の大幅な改訂に伴いまして、完全学校週5日制が実施され、あわせて「総合的な学習の時間」の本格的な導入が図られることになっております。このような中にあって、本町では特色ある学校づくりに引き続き取り組みますとともに、従来にも増して学校、家庭、地域の連携を深め、子どもたちの地域におけるスポーツ・文化・奉仕活動などへの積極的な参加を促進し、社会に適応できる資質や能力を育てる教育を推進してまいります。また、国際化や情報化など社会の変化に対応するため、インターネットを活用した教育を小・中学校で行いますとともに、外国語能力向上のための外国語指導助手を引き続き招致いたします。加えて、小学校においては昨年姉妹縁組を締結した上海の威海路小学校との交流事業を一層促進することにしており、郷土学習や体験学習、環境学習など、地域と密着した教育にも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

 長寿社会を迎え、余暇時間が増大する中で、年齢にかかわりなく学び、感性を磨き、自己の成長を図りたいという要求は日々高まってまいっております。そして、中央公民館や図書館などの社会教育施設を拠点とした「生涯学習のまちづくり」への町民の期待は大きなものがあります。青少年、女性、高齢社など幅広い階層を対象とした各種講座の開設や、昨年度から実施しております情報化教育としてのIT講習会など、多様化する学習ニーズに対応した学習機会の充実に努めますとともに、あらゆる学習要求をサポートするために、生涯学習施設間のネットワーク化を図り、町民の皆さんに適切な情報が提供できる体制の整備を努めてまいりたいと思っております。

 近年、青少年を取り巻く環境は、少子化や核家族化、受験や人間関係のあつれきなどによるストレスの蓄積、さらに家庭や地域の教育力の低下等によりまして多くの問題を抱えております。このような状況の中で青少年の健全育成を図るためには、何よりも学校と地域と家庭との連携が必要であると思います。とりわけ失われつつある地域や家庭の教育力を高めていくことは、急務の課題であります。「子どもたちは地域の財産であり、地域の子どもたちは、地域で育てる」という気概を持って、青少年問題協議会や青少年育成推進協議会など各種団体と協力をしながら、子どもたちと地域との接点をできる限り多く持ってまいりたいと思っております。そのために、子どもたちが地域の人々と交流する機会の拡充や、さまざまな体験ができる場の提供に努めてまいります。また、子ども会やスポーツ少年団などの青少年組織の活性化と指導者の発掘、育成に努めるとともに、新しいスタイルの青少年組織の立ち上げなどにも努力をしてまいりたいと思っております。

 21世紀は心の時代であると言われております。価値観が多様化する中で、人々は精神的な豊かさや安らぎを求めて、芸術・文化に対する関心は今以上に高まるものと思います。そこで、本町では芸術・文化の拠点施設である「いかしの舎」や「ゆるびの舎」を活用して、町民皆さんのニーズに反映した質の高い芸術・文化鑑賞の場の提供に努めますとともに、早島少年少女合唱団や早島アンサンブルなどの住民参画による地域に根差した芸術・文化活動を積極的に支援してまいりたいと思っておりますし、また多くの町民の方々が気軽に芸術に親しむことができるよう、「まちかどサロン」や公共施設などを利用した「町民ギャラリー」を開設し、創作活動に取り組んでいるクラブ、グループ等の作品発表の場にしたいと思っております。

 さらに、「早島町歴史民俗資料館」や「花ござ手織り伝承館」の充実も図り、い草・い製品という本町固有の伝統産業の保存、継承に努めますとともに、町内にある歴史的資産の保全、活用にも積極的に取り組んでまいりたいというふうに思っております。

 スポーツ・レクリエーションの振興につきましては、町民の皆さんの健康維持・増進と触れ合い交流を促進するため、個人の能力・体力に応じて気軽に参加できる軽スポーツの普及や各種スポーツ大会の実施、指導者の育成などにも努めてまいりたいと思っておりますし、特に平成17年に開催されます岡山国体では、デモンストレーション競技といたしまして「ソフトバレーボール」を早島町で開催することになっておりまして、その機運を盛り上げていくために、「ソフトバレーボール」の普及に積極的に取り組んでまいることとしております。

 続きまして、「快適にくらせるまちをつくる」についてでございますが、限られた行政区域の中で町民の皆さんが安心して快適に暮らせる生活環境を整備していくためには、地理的条件や自然条件など地域の特性を考慮して総合的な土地利用を図ることが重要であると思います。そのため、昨年度策定をいたしました「早島町都市計画マスタープラン」等に基づきまして、自然と調和した豊かな住環境の形成を図り、地域の状況に応じた土地利用、自然環境や農地の保全など適切な土地利用を推進してまいりたいというふうに思っております。

 また、快適な生活を支える大きな条件としては、道路網などの都市基盤の整備や公共交通機関の利便性向上などが上げられると思います。これらの整備につきましては、昨年開通をいたしました「早島停車場線」の県道倉敷・妹尾線から早島駅前までの区間に引き続き、北の国道2号線までの区間の早期完成と舟本交差点付近の県道改良工事に積極的に努力してまいります。さらに、南からの通過車両を2号線までスムーズに誘導するため、早島駅西の千間筋から町道223号線につきまして、本年度用地買収などに着手することにしております。このほか、既存の町道につきましても、改良事業や護岸修繕、舗装修繕、バリアフリー化など、高齢者や交通弱者に配慮した適正な維持管理に努めてまいりたいと思っております。

 また、地域に密着した公園は、暮らしに潤いや安らぎをもたらす施設として欠かせないものがあると思います。現在本町には、早島公園と深砂公園の2つの都市公園とふれあいの森公園などがございますが、これらの施設が町民の皆さんに親しまれ、利用しやすい施設となるように整備してまいりますとともに、ゆるびの舎周辺の二間川沿いに、歴史的特性などを踏まえた町のシンボルとなるような親水スポット公園を本年度新たに整備したいと思っておるところでございます。

 次に、高度情報化についてでございますが、情報化という言葉は、今私達のあらゆる生活の中でのキーワードとなっております。本町においても、急速に進む高度情報化への対応として、数年来役場内部の情報化について職員で構成をしておりますインフォメーション・リーダーを中心に今後進めてまいりたいというふうに思っておりますし、そして今現在国が進めるe−JAPAN構想にあります電子自治体実現の第一歩となります住民基本台帳ネットワークの構築に取り組んでいるところでございますが、これは、希望者に住民基本台帳カードを交付をいたしまして、全国どこの市町村でも住民票の写しの交付が可能になるというものでございます。その他、国・県・市町村をオンラインで結ぶ総合行政ネットワーク構想にも、他の市町村に先駆けて実験段階から参加をしておりまして、町民の皆さんにより多くの行政情報を提供できる仕組みを築き上げておるところでございます。

 また、町の地域情報化対策につきましても、インターネットなどを住民の福祉や地域の振興にどのように活用していくか、どのようなシステムを築いていけばよいのかなどについて検討いたします地域情報化検討委員会を設置をいたしまして、その中でいろんな意見を出し合いながら最良の方法を考えてまいりたいというふうに思っております。

 安全、防災への取り組みといたしましては、阪神・淡路大震災の経験を踏まえて平成10年に改定をいたしました早島町地域防災計画に基づきまして、地震や風水害、火災などの災害から町民の生命と財産を守るため、水路・ため池等の改修や防火水槽の新設、消火栓の増設などを行いまして、災害に強いまちづくりを進めますとともに、常備消防や早島消防団が互いに連携を図りながら、地域消防や防災に積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

 また、交通安全対策といたしましては、交通安全意識の高揚を図るため交通安全テント村などの啓発活動や、チャイルドシートの利用促進などにも努めてまいります。さらに、ガードレール、カーブミラーなどの交通安全施設の整備にも積極的に取り組んでまいりたいと思っております。

 最後に、「活力あるまちをつくる」についての施策でございますが、経済動向は依然として低迷し、設備投資や個人消費の回復も見込めない状況の中で、価格破壊も進み、デフレスパイラルに陥りつつあると言われております。このような状況下におきましては、地域経済の活性化や消費の拡大、商工業者の経営基盤の安定化などを図ることが最重要課題であると考えております。そのため、商工会が実施する「プレミアム商品券」の発行や「ふるさと小包」などを初めとする各種事業を積極的に支援し、消費の拡大を図るとともに、引き続き「花ござ祭り」「桜まつり」などのイベント事業を通じて集客を図り、特産品のPRなどに努めてまいりたいと思っておりますし、さらに中小企業小口融資の保証料、利子補給などの助成を行いまして、経営基盤の安定化を支援してまいりたいと思っております。

 また、近年の農業を取り巻きます環境は、市場開放に伴う海外からの安価な農作物の流入、農業従事者の高齢化、後継者不足など非常に厳しい状況にあるわけでございまして、このような状況の中で農業の活性化を図るために、「早島町農業経営基本構想」に基づきまして、都市近郊という本町の地域特性を生かした付加価値の高い農産物への転換や、農地の流動化の促進による経営規模の拡大、生産方式の改善などに取り組むことが必要であると考えております。そのために、ほ場や水路などの農業基盤の整備に努めますとともに、認定農業者の拡大、農業従事者の育成、後継者確保のための研修会や講習会の開催など担い手育成事業や、景観形成作物に対する助成など多面的な支援を行ってまいりたいと思っておりますし、さらに農業経営基盤の安定化を図りますため、農業近代化資金や農業経営基盤強化資金の利子補給などの支援を引き続いて行ってまいりたいと思っております。

 また、農地の有効活用等によりまして、農業者以外の方々が身近に農業に触れ合える施設としての「ふれあい農園」についても、適正な維持管理に努めてまいることとしております。

 以上、第3次総合計画に基づき諸施策を進めてまいりますため、今回提案をいたしております平成14年度予算でございますが、一般会計予算につきましては41億9,177万7,000円、水道事業会計におきましては、収益的収入1億5,168万円、同支出1億5,104万9,000円、また資本的収入及び支出では、資本的収入1,525万3,000円、同支出4,011万7,000円を計上いたしておりまして、収入額が支出額に対しまして不足する額2,486万4,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額、過年度分損益勘定留保資金及び建設改良積立金でそれぞれ補てんをすることとしております。

 特別会計では、国民健康保険特別会計予算につきましては7億2,178万円、老人保健特別会計予算では10億6,289万2,000円、介護保険特別会計予算4億7,548万円及び公共下水道事業特別会計予算で6億3,681万2,000円をそれぞれ計上いたしておりまして、一般会計と水道事業会計及び4つの特別会計の合計額が68億5,197万5,000円となっておりまして、対前年比で0.7%の減額ということになっております。

 一般会計予算の分類別内容につきましては、義務的経費といたしまして7億1,570万6,000円、その他国県補助事業費で5億3,682万7,000円、基準行政運営費といたしましては16億9,545万7,000円、また単独行政施策費で12億4,378万7,000円というふうになっております。

 本町におきましては、厳しい財政事情となっておりますが、住民の皆さんの多様なニーズにおこたえをするため、第3次総合計画に沿った諸事業を展開をいたしますとともに、地方分権や行財政改革に積極的に取り組んでまいる所存でありますので、町議会の皆様を初め町民の方々の御理解を賜りますよう何とぞよろしくお願いを申し上げる次第でございます。

 それでは、平成14年度予算につきましては、順次担当課長より説明をさせますので、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いをしたいと思います。

 以上でございます。大変ありがとうございました。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午前10時43分 休憩

            午前10時55分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各担当課長の補足説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) 失礼いたします。それでは、平成14年度一般会計予算につきまして、各担当別に御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきますので、1ページをお開き願います。

 議案第16号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算

 平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ41億9,177万7,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

  (一時借入金)

 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2億円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(報酬及び賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  (預金債権と地方債債務の相殺)

 第5条 預託金融機関が破綻した場合には、預金債権と地方債債務とを相殺することができる。

  平成14年3月7日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、3ページをお開きいただきたいと思います。「第1表 歳入歳出予算」についてでございますが、さきの全員協議会で参考資料といたしましてお配りをいたしております平成14年度早島町一般会計歳入歳出一覧表で、本年度予算額と前年度予算額の比較増減、予算総額に対する各款の構成比及び各款の中での節の経費の占める割合並びに人件費の内訳、また性質別内訳等ごらんいただいておられることと思いますので、第1表の歳入歳出予算につきましては説明を省略させていただき、後ほど事項別明細書により御説明をさせていただきます。

 それでは、8ページをお開きいただきたいと思います。「第2表 地方債」についてでございますが、起債の目的といたしましては、1総務債の1街路灯施設整備事業債で700万円、2減税補てん債で1,960万円、3臨時財政対策債で1億7,990万円、2土木債の1道路改良事業債で4,860万円、2公園施設整備事業債で1億290万円の限度額で、限度額合計が3億5,800万円となるものでございます。

 起債の方法といたしましては、普通貸借または証券発行で、利率につきましては5%以内を予定いたしておりますが、利率見直し方式で借り入れる資金につきましては利率の見直しを行った後の利率ということでございまして、減税補てん債や臨時財政対策債がこれに該当する起債となってまいります。償還の方法といたしましては、政府資金につきましてはその融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するところによる。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期間を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえすることができるということでございます。

 次に、10ページをお開き願います。右半分ほどに本年度予算額の各款における財源内訳を記載いたしておりますが、一番下段の歳出合計欄で申し上げますと、一般財源は35億8,923万5,000円で、総額における構成比で申し上げますと85.6%、特定財源の内訳では国県支出金2億6,252万1,000円で6.3%、地方債1億5,850万円で3.8%、その他1億8,152万1,000円で4.3%といった構成になっております。

 次に、歳入歳出予算の各款にわたって共通する点につきまして概略を御説明申し上げます。

 歳入におきましては、国の地方財政計画を基本に、地域における経済の実勢等に差異があることなどを踏まえて適正な収入の見積もりを行うこととされておりますが、地方税収や地方交付税の原資となります国税収入の大幅な減少などにより厳しい財政状況となっておりまして、地方財政計画では地方税で3.7%の減、このうち市町村税では1.6%の減収見込みとなっておりまして、本町にとりましてもこれらのことを勘案いたしまして、1款町税から9款地方交付税までの歳入を計上いたしております。

 国県支出金につきましては、国、県の予算措置の状況に留意いたしながら、現段階で見込み得る額を計上いたしております。

 次に、歳出でございますが、人件費関係で特別職の報酬、一般職の給料につきましては、現行条例に基づき計上いたしておりまして、一般職給につきましては、1月1日の現員現給を基準に算定いたしておりまして、給与改定留保分といたしまして1%を加算した額での計上となっております。

 諸手当につきましては、条例、規則で定められました現行額で計上し、超過勤務手当につきましては、基準財政需要額に算定されております給料年額の7%で計上をいたしております。

 経常的な行政運営経費につきましては、一般財源ベースで前年度予算の範囲内かつ臨時的経費を除いて5%の削減を図るという方針で今回予算編成をいたしております。

 以上、一般会計予算の共通する部分につきまして概略を御説明申し上げましたが、詳細につきましては事項別明細書で御説明を申し上げますので、恐れ入りますが27ページをお開き願います。

 まず、歳出でございますが、1款議会費は9,446万8,000円で、前年度に対しまして585万1,000円の増額でございますが、これは本年9月に執行予定の町議会議員選挙に伴うものでございます。

 1項議会費、1目議会費も同額でございまして、このうち主なものといたしましては、議員報酬と事務局職員の給料等を加えた人件費で7,961万9,000円、9節旅費では特別旅費といたしまして383万2,000円、13節委託料で会議録調製委託料といたしまして409万2,000円、18節備品購入費といたしまして、議員さんの自宅に設置いたしておりますファクス5台分の買いかえ20万円を計上いたしております。28ページの19節負担金補助及び交付金では、町村議会議長会負担金129万7,000円、議員研修費137万円等でございます。

 次に、総務費でございますが6億9,789万円で、前年度に対しまして7,268万5,000円の減額でございます。

 1項総務管理費、1目一般管理費は2億693万2,000円で、前年度に対しまして1,282万6,000円の減額でございます。本年度の主なものといたしましては、1節報酬45万7,000円のうち、新たに情報公開不服審査会委員報酬といたしまして3名分の報酬19万8,000円を新規計上いたしております。2節給料から4節共済費につきましては、特別職2名分並びに一般職10名分の人件費等で1億2,419万9,000円を計上いたしております。7節賃金262万5,000円は、2名分の臨時職員の賃金を計上いたしております。9節旅費では、特別職、一般職を含めまして研修、陳情等に要します特別旅費130万4,000円を計上いたしたものでございます。11節需用費761万4,000円のうち主なものといたしましては、法令加除等の消耗品費で646万7,000円、各種用紙等の印刷製本費で92万7,000円を計上いたしております。12節役務費259万1,000円のうち、金融機関に支払う振替手数料で103万8,000円、全国町村会総合賠償保険等の保険料で96万9,000円を主なものといたしまして計上いたしております。13節委託料956万1,000円の内訳といたしましては、町例規検索システムデータ更新委託料で131万3,000円、再生適正紙の搬送及びごみ収集等委託料で408万2,000円、また平成14年度個人情報保護制度の導入を行うため、文書管理改善計画策定委託料といたしまして416万6,000円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金5,560万7,000円でございますが、主なものといたしましては、市町村職員退職手当組合負担金で5,292万3,000円、次のページになりますが研修費で74万7,000円、福利厚生費で130万8,000円を計上いたしております。

 ここでお願いでございますが、次のページからの2目文書広報費、また6目企画費、9目の町民総合会館費、それから10目の電子計算費及び5項の統計調査費につきましては、企画振興課長から後ほど御説明いたしますので、御了承を賜りたいと思います。

 それでは、引き続きまして3目財政管理費につきまして御説明申し上げます。財政管理費で60万4,000円を計上いたしておりまして、対前年比で101万3,000円の減額となっておりますが、原因といたしましては、新年度の予算書、ここの旧年度にも影響しているわけでございますが、新年度の予算書を本町で作成するため、印刷製本費55万円の減額と、振込通知に係る通信運搬費24万円を出納室に係る予算であります4目の会計管理費に組み替えたことによるものであり、それとトナーカートリッジ等の消耗品約21万円の減額によるものでございます。

 4目会計管理費299万8,000円で、対前年比40万6,000円の増額でございますが、11節需用費のうち、決算書印刷代に係る印刷製本費で51万9,000円、また先ほどお話を申し上げました3目の財政管理費の通信運搬費をここの12節の役務費の通信運搬費に新規計上いたしたためによるものでございます。

 5目財産管理費で4,266万円を計上いたしておりまして、対前年比で661万4,000円の減額となっております。本年度の主なものといたしましては、庁舎の維持管理に係る費用を計上いたしております11節需用費1,188万2,000円のうち、燃料費で239万7,000円、光熱水費で669万7,000円、修繕料で230万円を計上いたしております。12節役務費543万4,000円では、電話料等の通信運搬費で201万6,000円、庁舎を初めといたしました公共施設の建物火災保険料で211万7,000円を、13節委託料2,036万4,000円では、庁舎の清掃管理委託料で710万4,000円、庁舎の外観等の修繕は平成12年でおおむね完了いたしたところでありますが、庁舎内の急速な電算化等に伴いまして電力供給の安定確保や非常時の電力確保が急務となっておりまして、本年度に庁舎内の電気設備の現況調査と改善計画を策定する予定といたしておりまして、今回新たに設計委託料といたしまして300万円を新規計上いたしております。また、町有地に係る測量登記等委託料で315万円、町有地管理委託料で400万円をそれぞれ計上いたしております。14節使用料及び賃借料では、電話交換機借料で103万8,000円等を計上いたしております。次のページになるわけでございますが、18節の備品購入費では、公用車を購入するため115万5,000円を計上させていただいております。25節積立金100万6,000円は、各種基金の利子積立金をそれぞれ計上いたしております。28節繰出金26万2,000円は、土地開発基金預金利子の積立金7万円と、土地開発基金運用収入積立金19万2,000円を計上させていただいております。

 7目交通安全対策費では322万7,000円を計上いたしており、前年度に比べまして123万9,000円の増額でございます。原因といたしましては、本年度新規に13節の委託料で交通安全施設点検委託料153万6,000円を計上いたしたことによるものでございます。これは、国が進めております緊急地域雇用対策の一環といたしまして、県が平成14年度から平成16年度の3カ年を期間に基金を造成することとなっており、この基金を活用いたしまして、カーブミラーを初めとする町内の交通安全施設等の点検を行うための委託料でございます。

 8目行政整備基金費は1,882万6,000円でございまして、対前年比で2,097万4,000円の減額でございますが、これはふるさとづくり基金積立金を計上いたしたものであります。

 11目の諸費で2,193万9,000円を計上いたしておりまして、前年度に比べまして2,129万4,000円の減額となっております。主な要因といたしましては、県道駅前線道路工事に伴って設置いたしております街路灯設置工事請負費が本年度最終年度となり、設置数の減少によるものでございます。平成14年度における諸費の主なものといたしましては、11節需用費で防犯灯、街路灯の光熱水費で274万7,000円、同じく修繕料で202万2,000円、15節の工事請負費で県道駅前線の歩道照明設置工事請負費等983万9,000円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金414万8,000円のうち主なものといたしましては、備南競艇事業組合への負担金で271万円、倉敷地区防犯連合会補助金で39万6,000円を計上いたしております。次のページの23節償還金利子及び割引料250万円は、町税等の還付金を計上をいたしております。

 2項徴税費、1目徴税総務費は5,396万5,000円で、前年度に対しまして603万2,000円の減額となってございますが、主に職員の人件費でございます。

 下段のページの2目でございますが、賦課徴収費6,192万円でございますが、主なものといたしましては、8節報償費の前納報奨金で2,492万8,000円、11節の需用費で396万5,000円のうち納税通知書等の印刷製本費で340万5,000円、12節役務費248万9,000円のうち納付書郵送料等の通信運搬費で214万9,000円、13節委託料で2,221万1,000円の内訳となってございます。電算処理委託料で1,136万6,000円、電子計算機の保守管理委託料で125万8,000円、また平成15年度の土地の評価がえに係る土地鑑定評価委託料で958万7,000円をそれぞれ計上したものが内訳でございます。14節使用料及び賃借料で電子計算機借料718万5,000円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金では、市町村税整理組合負担金といたしまして114万2,000円を計上いたしております。

 次のページの3項でございますが、戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費で2,568万1,000円を計上いたしており、対前年比で1,118万5,000円の減額でありますが、平成13年度に住民基本台帳ネットワーク関連の環境整備が整ったことによります減額でございます。本年度における主なものといたしましては、2節から4節の人件費関係で1,722万9,000円、13節の委託料といたしまして、電算処理委託料で248万8,000円、14節では電子計算機借料で172万4,000円を計上いたしております。

 下段のページの4項選挙費、1目選挙管理委員会費で118万円を計上いたしておりますが、これは選挙管理委員会の運営経費を計上いたしております。

 2目選挙啓発費で28万9,000円を計上いたしておりますが、明るい選挙を啓発するための関係費用を計上させていただいたものでございます。

 4目農業委員会選挙執行費といたしまして139万3,000円を計上いたしておりますが、本年度に農業委員会の委員さんの任期を迎えるため、選挙に要します必要経費を見込み計上をいたしております。

 5目町議会議員選挙執行費で453万9,000円を計上いたしておりますが、本年度町議会議員さんの任期が満了となるため、選挙に必要な経費を計上いたしております。

 6目県議会議員選挙執行費で150万円を計上いたしておりますが、県議会議員選挙が来年4月に予定されておりまして、本年度と来年度に選挙事務が及ぶため、本年度に必要な所要額を見込んで計上をいたしております。

 下段のページの6項監査委員費、1目監査委員費で116万3,000円を計上させていただいており、内容につきましてはおおむね前年同様でございます。

 以上、議会費並びに総務費の関係箇所の概要につきまして御説明申し上げましたが、30ページの2目文書広報費から企画振興課長が御説明申し上げますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 企画振興課長。



◎企画振興課長(林耕市君) 失礼をいたします。それでは、30ページをお開きいただきたいと思います。2目文書広報費からその概要を御説明申し上げます。

 本年度文書広報費の予算額につきましては1,523万6,000円で、前年度と比較いたしまして266万円の減額となっております。主なものといたしましては、8節報償費で広報紙等の配布をお願いしております世話人さんへの謝礼として、前年度と同額の345万5,000円を計上いたしております。11節需用費では991万5,000円で、広報活動用のフィルム等消耗品費が23万円、広報紙や広報紙用ファイル等の印刷代や、本年度早島町の総合パンフレットを作成することといたしておりますので、これらに必要な印刷製本費として962万6,000円を計上いたしております。12節役務費では、毎週火曜日にFMくらしきを通じて町の情報を提供しております広告料として70万6,000円、13節委託料では、広報紙を世話人さんのところまで配送していただくための委託料100万8,000円を計上いたしております。

 6目企画費について御説明申し上げます。

 本年度予算額は8,340万7,000円で、前年度と比較いたしまして266万円の増額となっております。その主な理由といたしましては、人件費が前年度の5名から6名へと1名分増加したためでございます。企画費の主なものといたしましては、給料等職員6名分の人件費のほか、1節報酬で人づくり場づくり基金運営委員会委員さん5名分の報酬8万5,000円と、少子化対策を総合的に検討するため、本年度新たに少子化問題検討委員会を設置することにいたしておりまして、その委員さんの報酬として46万4,000円を計上いたしております。7節臨時職員賃金では2名分の賃金として354万円、11節需用費の修繕料で、本年度いかしの舎の2階の畳がえを予定しておりますので、この経費として65万円を計上いたしております。13節委託料では、いかしの舎管理運営委託料として前年度と同額の883万円、14節使用料及び賃借料では、いかしの舎の敷地及び駐車場用地の借料として77万2,000円、19節負担金補助及び交付金では、自治会等活動推進費補助金として519万5,000円、人づくり場づくり事業助成金として前年度と同額の350万円、地区集会施設の設備整備費補助金で130万円、本年度も早島町国際交流協会において中国雑技団の公演を予定しておりますので、これに伴う中国文化交流実行委員会補助金として70万円、地域のコミュニティ活動などを支援するための自治活動活性化補助金100万円、町を美しくする運動推進協議会補助金150万円、千丁町との姉妹都市交流事業を促進するための姉妹都市縁組推進事業交付金70万円、その他の負担金といたしまして、中国雑技団公演負担金として、岡山県日中懇話会へ昨年と同額の50万円の負担金を計上いたしております。

 9目町民総合会館費でございますが、本年度予算額は1億772万1,000円で、前年度と比較いたしまして583万5,000円の減額となっております。減額の主な理由につきましては、昨年度演劇制作ネットワーク事業で若草物語の公演を実施いたしましたが、この事業は隔年の計画となっておりまして、この事業に係る負担金が減額となったためでございます。

 町民総合会館費の主なものといたしましては、職員3名分の人件費のほか、7節賃金で1,331万3,000円を計上いたしております。前年度より増加しておりますのは、バーディールームの管理を老人クラブに委託して行っておりましたが、町民総合会館において管理することになりましたので、この管理人賃金が増加したためでございます。11節需用費で2,237万7,000円を計上いたしておりますが、主なものは、管理運営及び事業等に係る消耗品費で220万4,000円、空調及びボイラー用灯油代として燃料費で352万8,000円、各種イベントに係るチラシの印刷やトレーニングルーム、バーディールーム等のチケット及び領収書等の印刷製本費で192万2,000円、光熱水費で電気代、上下水道代として前年度の実績等に基づき1,388万4,000円等を計上いたしております。12節役務費では、電話代、郵便代等の通信運搬費で100万9,000円、各種イベントの広告料として70万円、ピアノの調律等手数料で61万2,000円等を計上いたしております。13節委託料では、館内、館周辺の清掃管理及び植木剪定等の清掃管理委託料として521万7,000円、電気保安管理委託料50万4,000円、エレベーター管理委託料79万4,000円で、ともに前年度と同額でございます。空調設備保守点検委託料では273万円、次に36ページでございますが、消防設備等保守点検委託料で69万3,000円、バーディールームの循環設備等の衛生設備保守点検委託料59万9,000円、イベント委託料で、自主事業としてコンサート、演劇、笑いの館等の各種事業実施に伴うイベント委託料で1,350万円を計上いたしております。また、これらの事業に伴う舞台操作委託料として139万2,000円、文化ホール設備管理委託料で、音響設備、舞台装置、つり物等の設備管理委託料として451万5,000円、メンタルヘルス機器保守点検委託料で325万5,000円、トレーニングルーム管理運営委託料で504万円等を計上いたしております。14節使用料及び賃借料では230万円を計上いたしておりますが、主なものは、電子複写機使用料で43万5,000円、駐車場用地の土地借料で63万9,000円、玄関等の出入り口マット等の借料35万4,000円、その他借料といたしまして、舞台機材の借料60万円等でございます。18節備品購入費では、音響チャンネル増設ミキシング用オーディオミキサー、ステージ照明増設用スポットライト等の購入費として80万円を計上いたしております。

 次に、10目電子計算費でございますが、本年度予算額は4,231万1,000円で、前年度と比較いたしまして283万1,000円の増額となっております。これにつきましては、旧の財務会計等のシステムのリース切れに伴い、新たな財務会計、人事給与システムの借料等について、昨年度は半年間の経費を計上しておりましたが、本年度から1年分を計上することに伴い増額となったものでございます。

 電子計算費の主なものについてでございますが、1節報酬で、急速な情報化の進展に伴い、地域の情報化についてのあり方を検討するため地域情報化検討委員会を設置いたしましたが、この委員報酬として29万円を計上いたしております。11節需用費で、庁舎内に設置しておりますプリンター15台のトナー代、コピー用紙代等の消耗品費で257万9,000円、13節委託料では、住民記録ネットワークシステム、健康管理システムの保守管理委託料及び旧財務会計システムの13年度決算までの期間についての保守料の合計で88万5,000円、14節使用料及び賃借料で、庁舎内の大型コピー機ほか7台の電子複写機の使用料として490万2,000円、輪転機1台分の使用料31万5,000円、電子計算機借料として、新たに導入いたしました財務会計、人事給与システムの借料で919万8,000円、住民記録オンラインシステム借料で664万7,000円、庁舎内ネットワークシステム使用料で785万7,000円、総合行政ネットワークシステム使用料で172万7,000円、岡山情報ハイウェイ接続関係使用料333万6,000円、例規集等検索システム借料で175万4,000円の計3,051万9,000円を計上いたしております。18節備品購入費では、町ホームページに最新の情報を掲載するため、追加、変更等が容易にできるシステムの購入費として189万9,000円、19節負担金補助及び交付金では、岡山情報ハイウェイギガビット自設線保守管理負担金として37万9,000円等を計上いたしております。

 次に、5項統計調査費、1目統計調査総務費について御説明申し上げます。

 本年度予算額は39万9,000円で、前年度と比較いたしまして19万9,000円の減額となっております。本年度は、5年に一回の商業統計調査と毎年度実施しております工業統計調査の2つの統計調査を実施することとなっておりまして、1節報酬で調査員さんの報酬30万8,000円を計上しているほか、この統計調査に係る経費をそれぞれ計上いたしております。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 次の3款民生費については、保健福祉課長の方で御説明を申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、続きまして民生費、衛生費について所管予算の概略を御説明申し上げます。

 44ページをお開き願います。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費で2億4,843万6,000円、前年度に対しまして2,019万7,000円の減額でございます。このうち主なものは、給料等人件費関係では、町民生活課4名分、保健福祉課職員9名分の13名分を計上いたしております。7節賃金175万円は、一般事務補助員1名分の臨時職員賃金でございます。そのほか11節需用費56万3,000円では、消耗品費39万円、年金関係電算処理用紙、プリンタートナーほか事務用品等、印刷製本費で人権啓発パンフレット等の印刷費13万1,000円を計上いたしております。12節役務費41万円、通信運搬費は一般事務連絡用の郵便料、年金事務等の郵便料でございます。13節委託料4,438万9,000円では、国民年金関係の電算処理委託料118万2,000円、地域福祉センター運営委託料4,320万7,000円を計上いたしております。この内訳でございますが、地域福祉センター維持管理委託料1,343万9,000円、悠遊デイサービス事業委託料676万8,000円、在宅介護支援センター運営事業委託料1,115万6,000円、生活支援訪問事業運営委託料366万7,000円、配食サービス事業委託料100万3,000円、敬老会開催事業委託料345万円、手話通訳者派遣事業委託料10万8,000円、在宅介護支援センター運営、これは夜間業務でございますけども、これは夜間は若宮園に委託しておりますが、この事業12万円、身体障害者デイサービス事業委託料270万円、移送サービス事業委託料49万3,000円等でございます。14節使用料及び賃借料65万9,000円では、電子計算機借料で福祉基本システム及び国民年金システム使用料などを計上しております。19節負担金補助及び交付金5,053万1,000円では、主なものとしまして、地域改善対策補助金105万5,000円、民生児童委員活動促進費補助金238万4,000円、早島町社会福祉協議会交付金4,615万3,000円などでございます。この内訳でございますが、社会福祉協議会交付金3,691万9,000円、居宅介護支援事業運営費補助金144万4,000円、通所介助事業運営費補助金381万5,000円、訪問介護事業運営補助金397万5,000円でございます。21節貸付金1,000万円は、勤労者低利融資貸付事業貸付金でございますが、これはペイオフ対策や貸し付け実績などから、今年度岡山労働金庫への預託金1,000万円を計上いたしております。28節繰出金4,816万9,000円は、国保会計へ繰り出しする保険基盤安定繰出金2,950万7,000円、国民健康保険財政安定化支援事業繰出金961万4,000円、国民健康保険事務費繰出金604万5,000円などが主なものでございます。

 次に、2目老人福祉費でございますが、1億6,693万9,000円、前年度に対しまして1,260万9,000円の減額でございます。主なものといたしましては、7節で賃金80万7,000円は、レセプト点検専門員の人夫賃でございます。8節報償費37万1,000円では、100歳記念報償費で4名の記念品代として33万6,000円、老人ホーム入所判定委員会委員報酬3万5,000円等を計上しております。次に、11節需用費29万9,000円では、消耗品費17万3,000円、デイサービスホーム関係の消耗品、除草剤、書籍、老人医療事務に対する電算処理用紙等消耗品を計上しております。12節役務費92万円では、通信運搬費75万9,000円で老人医療費受給資格通知書等郵便料35万1,000円、福祉電話9台分、ファックス1台分40万8,000円を、手数料16万1,000円では単県老人医療費審査支払手数料、介護支援専門員支援手数料、緊急通報装置撤去手数料等を計上しております。13節委託料1,817万4,00円は、老人医療事務電算処理委託料104万4,000円、早島ドリームハウス管理運営委託料1,595万1,000円、緊急通報サービス委託料で100万8,000円等が主なものでございますが、ドリームハウス管理運営委託料の内訳でございますけれども、維持管理委託料378万6,000円、悠遊デイサービス事業委託料1,025万8,000円、生活支援短期入所事業委託料86万円、介護予防生活支援事業委託料として104万7,000円を計上しているところでございます。18節備品購入費54万6,000円は、緊急通報装置10台分を計上しております。19節負担金補助及び交付金2,385万4,000円では、主なものとしまして、老人保護措置費負担金1,537万5,000円で、養護老人ホーム入所者7名分、入所6名、見込み1名分を、また老人クラブ補助金で24クラブ1,150人に217万9,000円、シルバー関係団体交付金630万円を計上しております。20節扶助費1,348万3,000円は、単県老人医療費178万円、敬老祝金141人分の106万円、在宅ねたきり老人等介護手当を対象者25名分で360万円見込みで計上しております。高齢者等住宅改造助成費166万5,000円、高齢者交通費助成費480万円で福祉タクシー助成費として200人分を計上しているのが主なものでございます。28節繰出金1億846万9,000円は、老人保健特別会計繰出金3,292万1,000円、介護保険特別会計繰出金7,554万8,000円でございます。

 3目障害者福祉費5,241万8,000円は、前年度に対しまして1,011万円の増額でございます。これの主なものとしまして、7節賃金31万7,000円でひまわり教室療育指導の臨時職員賃金を、13節委託料488万8,000円では検診委託料151万6,000円、障害者短期保護事業委託料179万7,000円を、また平成14年度から精神保健事業の市町村への移行、平成15年度からの障害者支援制度の開始等新たな障害者福祉行政に対応するために、障害者福祉計画策定委託料157万5,000円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金1,592万6,000円では、更生援護施設措置費負担金988万7,000円で3施設の入所者分を、知的障害者作業所通所交付金603万9,000円ではつばさ工房福祉作業所への交付金を計上いたしております。20節扶助費3,063万3,000円では、主なものとしまして、障害者医療費2,349万6,000円、重度心身障害者(児)日常生活用具給付等事業費148万7,000円、更生医療費247万3,000円、補装具給付費287万5,000円、特定疾患患者交通助成費25万2,000円を見込みで計上しております。

 48ページでございますが、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費で856万6,000円でございますが、前年度に対しまして174万9,000円の増額でございます。これの主なものといたしまして、7節賃金209万8,000円でふれあいサポートセンターの臨時職員賃金として、コーディネーター1名分、サブコーディネーターを計上しております。11節需用費96万4,000円では、消耗品費45万5,000円で事務用品費、資料等、印刷製本費29万5,000円では児童手当関係の書類、封筒、チラシ等の印刷費を計上しております。12節役務費91万1,000円は、児童手当、児童扶養手当現況届等郵便料、ふれあいサポートセンターの電話料等でございます。14節使用料及び賃借料106万8,000円は電子計算機借料で、児童手当システム45万5,000円、保育料システム61万3,000円の使用料を計上しております。19節負担金補助及び交付金274万円では、主なものは保育所入所交付金256万8,000円で、たんぽぽ保育園、早島保育園への交付金を計上しております。

 2目児童措置費1億8,543万6,000円は、前年度に対しまして1,002万2,000円の増額でございます。このうち主なものは、13節委託料で保育所委託料1億3,252万2,000円、保育所法外委託料792万円、19節負担金補助及び交付金では、延長特別保育事業補助金18万円、乳児保育促進事業補助金228万4,000円、保育所地域活動事業補助金25万円、障害児保育対策事業補助金89万8,000円を計上いたしております。20節扶助費4,135万円では、主なものとしまして、被用者児童手当1,200万円、非被用者児童手当380万円、特例給付470万円、被用者就学前特例給付1,600万円、非被用者就学前特例給付480万円でございます。

 3目母子福祉費292万3,000円は、前年度に対しまして150万円の増額でございますが、主なものは、20節扶助費で母子家庭医療費273万6,000円でございます。

 4目児童福祉施設費2,623万6,000円は、前年度に対しまして2,503万円の増額でございます。主なものとしましては、11節需用費165万6,000円では、児童館整備費関係の教材、事務用品等消耗品を、修繕料50万円は経常的経費として遊園地遊具等修繕料50万円等でございます。13節委託料で、樹木剪定等委託料25万円、児童館整備設計監督委託料90万円、これは1,800万円の設計費に5%を掛けて計上したものでございます。15節工事請負費で、児童館整備費として、旧本園部分と遊戯室部分の改修工事費1,800万円を計上しております。18節備品購入費500万円で児童館施設整備費の備品費、19節負担金補助及び交付金で、遊園地等に対する児童遊園地整備費補助金20万円を計上いたしております。

 続きまして、50ページでございますが、3項災害救助費、1目災害救助費では、災害発生時の見舞金30万円を前年度と同額計上させていただいております。

 続きまして、4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費でございますが、本年度5,293万3,000円で、前年度に対しまして471万円の増額でございます。主なものといたしましては、給料等人件費関係で保健衛生職員3名分を計上いたしております。7節賃金362万4,000円は、出産育休の代替保健婦1名分と一般事務補助員1名の臨時職員賃金を、8節報償費307万5,000円では、検診時の医師等報償費を計上しております。11節需用費139万3,000円では、主なものとしまして、老人保健法に基づき実施する健康教室、健康相談、健診、機能訓練、訪問指導等に要する消耗品52万8,000円、印刷製本費77万5,000円では、健康教育チラシ代、健康診査受診票、保健衛生カレンダー等でございます。12節役務費69万7,000円では、検診、健康教育相談通知に係る郵送料45万2,000円を、13節委託料1,766万4,000円では、検診委託料1,723万9,000円で基本健診、各種がん検診など住民健診委託料、1歳6カ月健診、3歳児健診、妊婦一般健康診査委託料等を、そのほか休日、夜間の救急患者の医療を確保する在宅当番医制運営委託料42万5,000円を計上しております。

 14節使用料及び賃借料では、電子計算機借料25万2,000円で健康管理システム使用料を、19節負担金補助及び交付金438万3,000円では、岡山県病院群輪番制病院等運営負担金50万円、健康づくり推進委員協議会交付金350万円などが主なものでございます。

 2目の予防費1,518万1,000円は、前年度に対しまして386万7,000円の増額でございます。主なものといたしましては、8節報償費34万2,000円で予防接種の際の医師等報償費を、11節需用費42万7,000円では、予防接種関係消耗品、印刷費、医療材料等を計上しております。12節役務費31万2,000円は、予防接種対象者への通知、医療機関等への連絡郵便料でございます。13節委託料1,390万5,000円では、主なものとしまして、検診委託料128万円で間接撮影、直接撮影のレントゲン委託料等を、予防接種委託料1,246万1,000円では麻疹、風疹、インフルエンザ予防接種等でございます。20節扶助費17万5,000円は、乳幼児予防接種自己負担金、高齢者インフルエンザ自己負担金の助成分を計上しております。

 続きまして、53ページをお開き願います。4目の乳幼児医療費でございますが、乳幼児医療費2,758万4,000円、前年度に対しまして531万1,000円の増額でございます。主なものとしましては、12節役務費124万6,000円で国保連合会への審査支払手数料112万8,000円を計上しております。14節使用料及び賃借料38万4,000円では乳幼児医療システム使用料を、20節扶助費では乳幼児医療費2,590万円を見込みで計上いたしております。

 以上、所管の予算につきまして御説明させていただきましたが、続きまして町民生活課長より御説明を申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午前11時56分 休憩

            午後1時0分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) それでは、4款衛生費のうち町民生活課関係について御説明を申し上げます。

 3目環境衛生費でございますが、本年度予算額4,332万8,000円で、前年度に対し1,181万8,000円の減額でございます。この減額の主なものは、職員1名減に伴う人件費関係でございます。

 環境衛生費の主なものにつきましては、給料等人件費関係で1名分を計上いたしております。52ページの11節需用費は512万7,000円で、このうち消耗品費が357万6,000円で、これは空き缶回収機の商品券とロール紙及び環境美化清掃月間の際の薬品代等でございます。12節の役務費72万1,000円は、川、池の水質検査手数料等でございます。13節委託料では1,325万4,000円を計上いたしておりますが、火葬業務委託料1,115万1,000円が主なものでございます。19節の負担金補助及び交付金1,436万5,000円の主なものは、生ごみ処理機等160台の補助金710万2,000円、自治会等への再資源化利用促進補助金426万円でございます。

 次に、2項清掃費、1目清掃総務費では、本年度予算額1,630万3,000円、埋立処分地の職員2名分の人件費でございます。

 2目の塵芥処理費では、本年度予算額1億2,689万5,000円で、前年度に対しまして293万5,000円の増額でございますが、4節共済費、7節賃金につきましては、埋立処分地の臨時職員3名分のものでございます。11節の需用費936万5,000円のうち、消耗品費の293万4,000円はごみ袋作成代198万3,000円、汚水処理施設薬品代69万2,000円で、光熱水費251万4,000円は埋立処分地及び汚水処理施設の電気代、修繕料359万2,000円は汚水処理施設等の修繕料が主なものでございます。次の役務費653万6,000円のうち、手数料647万9,000円はごみ袋等の販売手数料184万円、不法投棄対策費100万円、空き瓶回収手数料66万2,000円、埋立処分地水質検査手数料等214万4,000円、廃乾電池回収手数料83万2,000円でございます。13節委託料9,956万2,000円は、前年度に対しまして119万1,000円の増額でございますが、これの主なものは、一般廃棄物収集手数料2,893万1,000円で、前年に対し194万3,000円の増額で、これにつきましては、倉敷市白楽町のごみ焼却施設が本年11月末日で廃止されることに伴う委託料の増でございます。一般廃棄物焼却手数料5,594万8,000円につきましては、本年度は3,600トン、焼却単価1トン当たり1万5,271円及びイトーピア団地分を計上をいたしております。14節使用料及び賃借料65万5,000円につきましては、環境美化清掃月間の際の自動車の借上料、18節の備品購入費につきましては、リサイクル看板等の収納物置の購入が主なものでございます。

 3目のし尿処理費では本年度予算額874万4,000円で、前年に対し74万8,000円の減額でございます。主なものといたしましては、備南衛生施設組合の負担金869万6,000円でございます。

 以上、衛生費のうち町民生活課関係につきまして概略を御説明申し上げましたが、次の5款労働費からは産業課長が御説明を申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 産業課長。



◎産業課長(太田尚良君) 失礼いたします。それでは、55ページの5款労働費から御説明を申し上げます。

 1項労働諸費、1目労働諸費1,035万円は、前年度に対しまして20万円の減額でございます。19節負担金補助及び交付金の主なものといたしましては、岡山テルサの勤労者ゆとり財団運営補助金1,000万円でございます。

 続きまして、56ページから6款の農林水産業費に続きまして7款商工費につきまして概略御説明申し上げます。

 6款農林水産業費の本年度予算額は2億1,109万円で、前年に対しまして172万5,000円の減額となっております。

 1目農業委員会費では451万6,000円で、26万7,000円の増額となっております。主なものといたしましては、1節報酬260万1,000円で、農業委員会の農業委員の15名分の報酬でございます。増額分の主なものといたしましては、本年度5月に農業委員さんの改選となっておりまして、その月の重複分の報酬を若干見込んで計上いたしております。13節委託料38万9,000円は、農地情報管理システム保守管理委託料でございます。19節負担金補助及び交付金20万9,000円は、昨年とほぼ同額でございます。

 2目農業総務費では3,366万3,000円は、前年に対しまして192万円の増額となっております。主なものといたしましては、給料、職員手当等4名分を計上いたしております。次に、57ページの19節負担金補助及び交付金42万5,000円につきましては、前年とほぼ同額でございます。

 3目農業振興費では1,034万3,000円で、前年に対しまして184万1,000円の減額となっております。主なものといたしましては、7節賃金229万5,000円のうち、臨時職員の187万8,000円が主なものでございます。19節負担金補助及び交付金298万円は、転作に伴いますとも補償の補てん80万円と景観形成作物の栽培者への助成金160万円等を計上いたしております。

 4目畜産業費では本年度1万1,000円で、前年度に対しまして1,000円の減額でございます。

 次に、5目農地費では1億4,723万4,000円で、前年に対しまして93万1,000円の減額となっております。主なものといたしましては、7節賃金722万2,000円は、ため池、用悪水路、排水機場等の管理運営のための賃金でございます。11節需用費245万4,000円のうち、排水機場の電力料172万9,000円が主なものでございます。13節委託料1,306万4,000円の主なものといたしましては、河川改修等に伴う設計委託料と、土地改良施設等の草刈り清掃や水路清掃の委託料でございます。14節使用料及び賃借料220万7,000円の主なものといたしましては、国土調査の成果である地籍簿、地籍図の管理を電算で行うための電子計算機借料でございます。15節工事請負費1億円は、6カ所の水路改修と水路しゅんせつが主なものでございます。19節負担金補助及び交付金1,287万5,000円の主なものといたしましては、八ケ郷合同用水組合負担金464万2,000円と、平成7年度に施工いたしました金才池改修費借入償還金補助金472万5,000円が主なものでございます。次に、22節補償補填及び賠償金350万円でございますが、昨年開通いたしました県道駅前線内設置の二間川へ向けての大型側溝へ裏側から接続の際、中電ケーブル及び水道管が埋設してありまして、支障を来すための移設をお願いする補償金でございます。

 次に、2項林業費でございますが1,532万3,000円で、前年に対しまして113万9,000円の減額でございます。主なものといたしましては、13節委託料305万円は、流通団地内のカメムシ駆除や松くい虫駆除、多目的保安林等維持管理ではふれあいの森公園の浄化槽等の維持管理料でございます。15節工事請負費800万円は、ふれあいの森公園の障害者用便所建設工事500万円と歩道舗装工事の300万円でございます。19節負担金補助及び交付金355万5,000円の主なものといたしまして、おかやま森づくり県民基金負担金の100万円と、交付金としてふれあいの森公園の管理費150万円と、散策道や休憩場所の清掃管理の100万円でございます。

 次に、7款商工費では2,948万円で、対前年度比4,632万5,000円の減額となっております。

 1目商工総務費972万4,000円は、15万2,000円の減額となっております。主なものといたしましては、職員1名分の給料、職員手当等でございます。

 次に、62ページの2目商工振興費1,413万5,000円は、対前年度比4,462万2,000円の減額でございます。主なものといたしましては、4月に解禁予定のペイオフ実施に伴う預託金で計上いたしておりました4,500万円の減額でございます。また、19節負担金補助及び交付金1,398万5,000円の主なものは、早島商工会事業に係る補助金と、中小企業小口融資に係る保証料等の補助金及び花ござまつりの交付金でございます。

 3目観光費では562万1,000円で、対前年度比155万1,000円の減額でございます。主なものといたしまして、63ページ、13節委託料347万9,000円で、桜まつり期間中の駐車場誘導等の警備委託29万4,000円、桜まつりイベント委託233万1,000円と、同期間中の夜、桜ぼんぼりの電線架設委託料75万4,000円でございます。19節負担金補助及び交付金18万9,000円は、観光連盟等負担金と、大河ドラマ武蔵の推進協議会負担金及び菊花展交付金でございます。

 以上、概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。

 次の8款土木費につきましては、建設課長よりよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 建設課長。



◎建設課長(平松保之君) 失礼いたします。それでは、続きまして63ページ下段からの8款土木費につきまして御説明申し上げます。

 8款土木費の本年度の予算額は8億3,523万8,000円で、前年度と比較いたしまして8,250万3,000円の増額となっております。

 1項土木管理費、1目土木総務費で5,778万8,000円で、前年度に対しまして354万8,000円の増額となっております。主なものといたしましては、給料等で職員7人分の人件費と、1節報酬で土木委員さん21人分の報酬172万2,000円を計上しております。また、7節賃金で臨時職員の賃金120万円を。

 2項道路橋梁費、1目道路橋梁総務費で1,572万1,000円で、前年度に対しまして1,117万9,000円の減額となっておりますが、この減額の主なものは、都市計画道路早島駅前線の進捗に伴い、岡山県建設事業費市町村負担金が1,047万円の減額となったものでございます。また、主なものといたしましては、13節の委託料で道路改良等に伴う道路台帳整備委託料で320万円、法廷外公共物としての官有第3種の道路等の譲与に関する調査委託料として118万2,000円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金では、県道早島停車場線及び藤戸・早島線等の改良に伴う岡山県建設事業費市町村負担金として1,083万円等を計上いたしております。

 65ページの2目道路維持費でございますが、7,179万8,000円で、前年度に対しまして412万3,000円の減額となっております。主なものといたしましては、7節賃金で土木委員さんの指示でやっていただく道路の草刈りや軽度の道路修繕等に係る作業員賃金として、前年度と同額の537万6,000円を、11節の需用費で、災害や交通安全上緊急に修繕を要する場合に対応するための修繕料として280万円を計上いたしております。15節工事請負費では、カーブミラー、ガードパイプ等の交通安全施設工事請負費として200万円、各地区の土木委員さんからの要望により実施する道路舗装工事、道路修繕工事並びに側溝修繕工事等の工事請負費として6,000万円の合計6,200万円を計上いたしております。16節原材料費では、舗装修繕用のアスファルト合材等購入費として34万円を計上いたしております。

 次に、3目道路新設改良費で1億3,064万4,000円でございまして、前年度に対しまして2,675万3,000円の減額となっております。主なものといたしましては、13節委託料で、中山団地西側のり面の調査委託料として1,249万5,000円、また早島駅から西の千間筋に通じます町道223号線の道路改良設計委託料として735万円、中央公民館西の町道80号線の設計委託料として250万円、また町内全域の道路改良等に伴います用地測量委託料として150万円の合計2,384万5,000円を計上いたしております。次に、15節の工事請負費では6,600万円を計上いたしております。本年度の工事予定箇所といたしましては、継続で実施しております噂島団地東側の町道421号線で引き続き護岸工事を、またこれも継続で実施しております早島駅南の町道580号線の道路護岸及び舗装等の改良工事、山川池堤防の町道169号線の擁壁の補強工事で今年度分延長にして約50メートルを、また中央公民館西側の町道80号線の道路拡幅改良工事を、それから前年度に引き続きまして町道99号線床田地内でございますが舗装修繕工事、それから前潟地内で裏側筋の幼稚園西から県道藤戸・早島線までの町道71号線の舗装修繕工事等を予定いたしております。次に、17節公有財産購入費で4,069万9,000円を計上いたしております。これにつきましては、先ほどの町道223号線の道路改良工事の設計委託に伴う工事用地で約745平方メートルを取得する予定といたしております。

 次に、66ページの3項都市計画費、1目都市計画総務費で761万8,000円で、前年に対しまして232万8,000円の減額となっております。主なものといたしましては、11節需用費の光熱水費で、駅前駐車場、駐輪場及び駅前広場の電気代等として66万7,000円を、駅前駐車場の精算機の新硬貨対応の修繕費等として45万7,000円、13節委託料として、駅前第1、第2駐車場、自転車駐輪場、駅前広場の管理運営委託料として378万4,000円、また駐車場管理システム保守点検委託料等として100万円を計上いたしております。14節使用料及び賃借料で、都市計画支援システム使用料として44万3,000円を計上いたしております。

 次に、67ページの2目公園費で1億4,777万4,000円で、前年に対しまして1億3,081万1,000円の大幅な増額となっております。この増額の主なものは、第3次早島町総合計画及び都市計画マスタープランに基づき計画を予定しております公園整備事業、仮称でございますが二間川親水公園整備事業により増額となったものでございます。この目の主なものといたしましては、11節需用費で、早島公園等の電気、水道、下水道料金等の光熱水費で171万円を、13節委託料で、山川池親水公園の草刈り、剪定、藻引き、トイレ等の清掃委託料として207万3,000円、早島公園の草刈伐採等委託料として100万8,000円を、早島公園等の樹木の害虫駆除委託料として74万1,000円、それから都市公園整備事業に係る設計委託料262万5,000円の合計644万7,000円を計上いたしております。15節工事請負費では、都市公園整備工事請負費として6,300万円を計上いたしております。17節公有財産購入費では、都市公園整備用地の土地購入費として7,158万7,000円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金では、早島、国鉾、深砂、扇谷及び野鳥の森の各公園の清掃等維持管理交付金として、昨年度と同額の435万円を計上いたしております。

 4項下水道費、1目下水道整備費では4億179万9,000円で、前年度に対しまして76万2,000円の減額となっております。これにつきましては、公共下水道事業特別会計への繰出金でございます。

 次に、68ページの5項住宅費でございます。1目住宅管理費で209万6,000円で、前年度に対しまして671万1,000円の減額となっております。主なものといたしましては、11節需用費の修繕料で経常的な修繕費としての189万8,000円を計上いたしております。

 以上、簡単ではございますが、8款土木費につきまして概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。

 次の9款消防費につきましては、総務課長の方で御説明をお願い申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) それでは、消防費につきまして御説明を申し上げます。

 9款消防費では1億5,061万7,000円で、前年度に対しまして240万8,000円の減額となっております。

 1項消防費、1目常備消防費1億2,262万2,000円で、対前年度比178万7,000円の増額となっておりますが、倉敷市への消防事務委託料でございまして、地方交付税の常備消防費に係ります基準財政需要額の60%を見込み計上させていただいておりますが、13年度の確定額に60%を乗じた数値を計上いたしております。

 2目非常備消防費で2,699万6,000円を計上いたしておりますが、対前年度比で455万9,000円の減額でございます。本年度の主なものといたしましては、1節報酬で消防団員報酬といたしまして470万9,000円を計上いたしております。8節報償費578万8,000円のうち主なものといたしましては、火災時の出動手当で116万円、訓練出動手当等で348万円を計上させていただいております。11節の需用費では、消防自動ポンプ車の車体検査料等に係る修繕料で112万5,000円を計上いたしております。18節の備品購入費471万円につきましては、主に4つの部に小型の動力ポンプを設置するための費用を計上いたしておるものでございます。19節負担金補助及び交付金802万2,000円でございまして、主なものといたしましては、消火栓設置に係ります工事負担金で180万円、岡山県消防補償等組合負担金で336万5,000円等でございます。

 次のページでございますが、3目災害対策費99万9,000円は、災害時に要する経費を計上させていただいておりまして、前年度より36万4,000円の増額となっております。これは、平成13年度に設置いたしております防災行政無線の保守点検業務が平成14年度より必要となります関係で、13節の委託料に40万円を計上させていただいたものであります。

 以上、消防費につきまして御説明を申し上げましたが、次に10款教育費から学校教育課長から御説明申し上げますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 学校教育課長。



◎学校教育課長(小野田修作君) 失礼いたします。それでは、10款教育費について御説明申し上げます。

 教育費は4億8,666万9,000円で、前年に対しまして169万1,000円の減額となっています。

 それでは、事項別に説明いたします。

 1項教育総務費は4,376万1,000円で、21万8,000円の増額でございます。

 1目教育委員会費は154万9,000円計上いたしておりまして、1節報酬は教育委員の4人の報酬97万円でございます。10節交際費は、教育委員長、教育長、中央公民館長、校長、園長の交際費で、去年より6万円の減額の15万円計上しております。19節負担金補助及び交付金の中で、去年は小学校、中学校ともに教科書採択がえの年のため教科用図書採択協議会市町村教育委員会負担金が6万1,000円でしたが、ことしは存目で1,000円計上いたしております。また、幼稚園就園奨励補助金を4万5,000円計上いたしております。その他は前年と大差ございません。

 2目事務局費は4,221万2,000円で、33万5,000円の増額となっています。2節給料、3節職員手当等、4節共済費は一般職員3人と特別職1人の計4人分を計上いたしております。7節賃金は、事務局の臨時職員1名の175万円を計上いたしております。8節報償費では、就学時の健康診断で医師の報償費等に6万6,000円計上いたしております。13節委託料は、幼稚園、小学校、中学校の施設の図面を電算処理で管理するための委託料5万3,000円を計上いたしております。そのほかの節で旅費、需用費、役務費、使用料及び賃借料、負担金補助及び交付金につきましては、使用目的も前年と変わりませんし、額もさほど増減はございません。

 次に、72ページの2項小学校費ですが、5,831万4,000円で7万5,000円の減額でございます。この主な要因は、昨年度行った運動場等整備事業が一段落しまして工事がなくなったことによるものでございます。

 1目学校管理費でございますが、1節報酬は学校医のもので、前年と大差ございません。2節給料、3節職員手当等、4節共済費の人件費は給食調理員のもので、昨年と同様3人分でございます。7節賃金は、学校司書、用務員、給食調理員3人で計5人の臨時職員の賃金771万1,000円と外国語指導員賃金48万円を計上いたしております。8節報償費は、耳鼻科、眼科医師及び校内研究の非常勤講師等の謝礼でございます。9節旅費は、調理員の普通旅費でございます。11節需用費は、消耗品費で昨年度の教科書採択がえに伴いまして指導図書等の入れかえで大幅な増額を見込みまして、通常分と合わせて818万7,000円を計上いたしております。印刷製本費は、3年生の社会科で「郷土はやしま」の副読本の印刷などで138万2,000円を計上いたしております。光熱水費は、電気、ガス、上下水道代でございます。12節役務費の通信運搬費は、電話料、インターネット通信料でございます。13節委託料では、通常の管理に関する委託のほかに、スクールサポート事業でベネッセの情報教育の派遣員料として98万2,000円計上いたしております。14節使用料及び賃借料で、電子計算機借料は7月でパソコン教室における5年間の賃借料の払い込みが済みますので4カ月分の239万8,000円計上しており、清掃用具借料は新規に体育館のモップ代で11万4,000円を計上いたしておりまして、そのほかは前年とほぼ同じでございます。18節備品購入費は、音楽でアンサンブルオルガンや和太鼓の購入を予定しており、ほかに教材費等で101万3,000円計上いたしております。19節負担金補助及び交付金は、通常のものと、その他で上海威海路第3小学校の交流事業のために60万円計上いたしました。

 2目教育振興費でござますが、使用目的は前年と変わりませんが、就学奨励費の対象を44人に、特殊教育就学奨励費の対象を3人と推定させていただきました。

 続きまして、74ページの3項中学校費は8,651万6,000円で、103万5,000円の減額でございます。この主な要因は、昨年度は体育館近くのグラウンドののり面で民有地の一部を雨水対策としまして購入する費用を計上しておりましたが、無事完了しまして、本年度は土地購入費が必要なくなったことによるものでございます。

 それで、1目学校管理費でございますが、1節報酬は外国青年報酬と学校医報酬との合計で、前年と大差ございません。2節給料、3節職員手当等、4節共済費の人件費は、学校司書、栄養士、給食調理員3人で昨年と同じ合計5人分を計上いたしております。7節賃金は、用務員、非常勤講師、クラブ講師、給食調理員2人分のものと、栄養士の育児休暇の代員で4月から9月までの分で630万8,000円を計上いたしております。8節報償費は、耳鼻科、眼科医師及び心の教室相談員の謝礼等でございます。9節旅費では、外国青年の関係で費用弁償153万6,000円計上いたしております。11節需用費の消耗品費では、教科書採択がえに伴う指導図書の刷新で通常より増額の890万円1,000円を計上いたしております。光熱水費は、電気、ガス、上下水道代で852万1,000円計上いたしております。12節役務費の通信運搬費には、通常の電話料のほかにインターネット使用料が含まれております。また、昨年度から保険料として楽器保険料を2万8,000円計上いたしました。13節委託料は、通常の管理委託料で91万円を計上いたしております。14節の使用料及び賃借料で、2番目の建物借料は外国青年に関するものでございます。4番目の電子計算機借料がパソコン教室の関係でございます。15節工事請負費は、給食調理場でO157対策としまして厨房シャッター取りつけ工事に72万円計上いたしております。18節備品購入費は、液晶プロジェクターとスクリーンのセット及びビデオ編集機、印刷機と通常の教材等で、前年に比べ増額の420万9,000円を計上いたしました。19節負担金補助及び交付金につきましては、前年と大差ございません。

 2目教育振興費でございますが、使用目的は前年と変わりませんが、就学奨励費の対象を18人に、特殊教育就学奨励費の対象を1人と推定させていただきました。

 4項幼稚園費では1億630万9,000円で、526万9,000円の減額でございます。この主な要因は、昨年度は東分園の園舎で鉄筋コンクリートづくりの天井及び壁が老化して剥離現象を起こし危険なため改修工事を行いましたが、ことしはそれが完了したことによるものでございます。

 それで、1目幼稚園費でございますが、1節報酬は園医報酬でございます。2節給料、3節職員手当等、4節共済費の人件費は、教諭10人分でございます。7節賃金では、臨時教諭3人のうち1人は緊急雇用対策事業として全額補助金のものと用務員2人分のもので966万9,000円と、預かり保育の指導員2人分で223万1,000円計上いたしております。8節報償費は、耳鼻科、眼科医師等の謝礼でございます。9節旅費、11節需用費、12節役務費は、使用目的も前年と変わりませんし、額もさほど増減はございません。13節委託料は、通常の園管理委託料のもので81万2,000円計上いたしました。14節使用料及び賃借料は、使用目的も前年と変わりませんし、額もさほど増減ございません。15節工事請負費は、東分園の遊具車設置工事で63万円を計上いたしております。18節備品購入費は、通常の教材費のほかに、東分園でシュレッダー、園児テーブル、本園におきましてパソコンカラーレーザープリンター、スポーツマットなどで59万9,000円を計上いたしました。19節負担金補助及び交付金は、前年と大差ございません。

 以上、概略説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 次の5項社会教育費から副理事の方にお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 教育委員会事務局長。



◎副理事(水畑千歳君) それでは、5項の社会教育費の方から私の方で御説明をさせていただきます。

 1目社会教育総務費でございますが、本年度予算は3,158万8,000円で、前年度に対しまして2,728万4,000円の減額でございます。主なものといたしまして、1節報酬で42万3,000円は説明に記載の委員報酬で、文化財保護委員会の開催回数を1回ふやさせていただいております。2節の給料、3節職員手当等、4節共済費につきましては、職員1名分の経費でございます。7節賃金では979万2,000円を計上いたしておりますが、社会教育指導員、い草等専門研究員、町史等資料整理専門員各1名の賃金と留守家庭児童会指導員5名分の賃金を計上いたしております。8節報償費でございますが219万円を計上いたしておりますが、主なものといたしまして、少年少女合唱団指導員謝礼と、成人式記念品51万円を需用費の方へ組み替えを行ったことによりまして51万円の減額となっております。11節需用費で334万7,000円で、前年度より101万1,000円の増額となっておりますが、主なものといたしまして、先ほど申し上げました成人式記念品の組み替えによる増と、印刷製本費は不老のみちのパンフレットの増刷と合唱団のコンサート等に伴う印刷代の増によるものでございます。修繕料76万円の主なものといたしまして、留守家庭児童会施設のトイレの修繕46万円でございます。13節委託料では、主に少年少女合唱団演奏会時のゆるびの舎文化ホール使用の際の音響照明設備操作委託料24万円を計上いたしております。14節使用料及び賃借料でございますが、主なものとしまして、岡山県少年少女合唱連盟定期演奏会、生涯学習研究大会等への参加の際のバス借料25万円でございます。15節の工事請負費でございますが、留守家庭児童会施設へのエアコンの設置工事費と、不老のみちの頓行地内粟島神社への上り坂へ手すりの設置をしようとするものでございます。19節負担金補助及び交付金192万1,000円でございますが、主なものといたしまして、職員に係る組合負担金84万6,000円、各種協議会等事業参加に伴う負担金15万2,000円、婦人会補助金60万円、13年度までの立志式交付金の名称を変更いたしまして職場体験実施事業交付金といたしまして22万5,000円、前年と同額でございますが計上させていただいております。

 2目公民館費でございますが6,228万9,000円で、前年度に対しまして116万3,000円の増額となっております。1節報酬では、公民館運営審議会委員報酬で15名分を計上いたしております。2節給料、3節職員手当等、4節共済費につきましては、職員5名分の人件費でございます。7節賃金469万7,000円は前年度と同額でございますが、公民館の館内外の清掃と管理人及び臨時職員の賃金を計上いたしております。8節報償費122万円は、生涯学習、青少年活動事業等の各種講座、教室を行う講師等の謝金でございます。11節需用費582万9,000円で、主なものといたしましては消耗品費105万2,000円で、これにつきましては、各種事業に要する用品と施設管理に関する消耗品等でございます。光熱水費399万9,000円は、中央公民館、それから伝承館等の電気、上下水道料でございます。13節委託料221万7,000円は、中央公民館の施設維持管理に要する経費と、13年度で15台のパソコンを使って初級講習を行ってまいりましたが、引き続いて14年度におきましても初級コースのほかに各コースを設定いたしましてIT講習を実施する経費113万4,000円を計上いたしております。14節使用料及び賃借料154万7,000円で、主なものといたしまして、コピー機のリース料と各種事業に係るバスの借上料でございます。18節備品購入費113万3,000円は、古くなりました会議用机、いすの補充分と、IT講習会教材用ソフトの購入費を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金376万7,000円の主なものは、退職手当組合負担金338万2,000円でございます。

 3目コミュニティハウス管理費でございますが、4,097万6,000円で、前年度に対しまして3,057万6,000円の増額となっております。これは、コミュニティハウス4施設の維持管理運営費を計上いたしております。主なものといたしまして、7節賃金で505万5,000円でございますが、前年度と同額で管理人さん4名分の賃金でございます。11節需用費306万1,000円の主なものといたしまして、4施設の光熱水費256万6,000円、12節役務費で27万4,000円は公衆電話代等でございます。15節工事請負費で218万円は、さつき荘の集会室、南北和室のエアコンの取りかえ工事請負費でございます。17節の公有財産購入費2,969万円でございますが、これは西コミュニティセンターの建っている土地が1,003.03平方メートルございますが、本四公団の所有になっております。この際、この土地を購入をしようというものでございます。

 4目民俗資料館費175万8,000円で、前年度に対しまして29万円の減額でございまして、8節報償費39万9,000円は、花ござ手織り教室指導者謝礼等でございます。18節の備品購入費33万円は、展示用具及び資料等の購入費を計上させていただいております。

 次に、5目地域福祉システム実践事業費で288万6,000円で、前年度に対しまして63万円の増額でございますが、11節需用費138万5,000円は、消耗品費124万円で公共施設の花壇、フラワーロードの花苗、肥料、プランター等の経費でございます。15節工事請負費で120万円を計上させていただいておりますが、これは現在パーゴラを設置しておりますが、この増設工事をお願いするものでございます。

 6目図書館費でございますが、3,572万1,000円で、前年度に対しまして345万7,000円の増額でございます。1節報酬で、図書館協議会2回分の報酬でございます。2節給料、3節職員手当等、4節共済費につきましては、職員2名分の人件費でございます。7節賃金716万4,000円は、嘱託館長1名、土、日バイト1名と半日交代勤務の臨時職員4名分の賃金を計上させていただいております。8節報償費36万1,000円は、図書館主催講座の講師謝礼と版本整理に対する謝礼金でございます。11節需用費で主なものといたしまして、消耗品費238万5,000円は、13年度で準備をいたしておりましたブックスタートを14年度から実施するためのブックスタートパックの購入費に係る経費でございます。閲覧用新聞、雑誌、ブックカバー等の消耗品費を計上いたしております。それから、申しおくれましたが、ブックスタートにつきまして14年度から実施いたすわけですが、国民健康保険の方の心の健康という位置づけでちょうど半分を国民健康保険の方で負担をしていただくようになっております。また、新図書館開館からの活動実績利用データ等をまとめた図書館要覧の作成のための印刷製本費5万円を計上させていただいております。12節役務費では、通信運搬費で電話料とインターネット利用料等でございます。13節委託料490万3,000円で、図書館システム電算保守管理委託料52万7,000円、図書資料データ化委託料378万8,000円でございますが、この図書資料データ化委託料につきましては、緊急地域雇用創出特別基金事業費全額受けまして、和古書、洋書等の図書資料のデータ化を図るための経費でございます。新規購入図書4,000冊のコンピューター登録処理委託料50万4,000円を計上させていただいております。14節使用料及び賃借料89万1,000円で主なものは、電子計算機借料70万3,000円で、パソコン使用料、CD−ROM等使用料でございます。そのほか、使用料16万8,000円を計上させていただいておりますが、不明本が多いため図書館内に防犯カメラを設置し、その装置使用料を計上させていただいております。18節備品購入費800万円でございますが、新規図書約4,000冊分と各種視聴覚資料の購入費を計上させていただいております。19節負担金補助及び交付金96万6,000円は、退職手当組合負担金85万6,000円と図書館協会に係る各種の会費等でございます。

 次に、6項保健体育費、1目保健体育総務費で797万7,000円で、前年度に対しまして56万2,000円の増額となっております。1節報酬で46万4,000円は、体育指導委員会委員10名分の報酬でございます。7節賃金で119万7,000円は、スポーツレクリエーション指導員1名の賃金を計上いたしております。8節報償費61万4,000円で、主なものは表彰費29万円で、夏まつり踊りコンテストの賞金、大会等の表彰費でございます。体育協会運営検討委員会委員に対する報償費17万4,000円を計上させていただいております。11節需用費で162万9,000円でございますが、各種大会行事等の運営に係る用品、17年度の国体に向けての国体準備に伴うソフトバレーボール用品等消耗品費125万4,000円を計上させていただいております。18節備品購入費122万7,000円では、屋外音響用スピーカー2台分とソフトバレーボール用具8式等の購入費を計上させていただいております。19節負担金補助及び交付金242万2,000円で、主なものといたしまして、対外試合参加者の補助金20万円、スポーツ少年団補助金61万5,000円、夏まつり交付金といたしまして前年と同額の150万円を計上させていただいております。

 2目体育施設費でございますが、857万4,000円で、前年度に対しまして434万4,000円の減額でございます。7節賃金で182万円で、これは運動広場管理人の賃金1名分を計上させていただいております。11節需用費で主なものは、消耗品費189万9,000円で、若宮南グラウンドのコート土の補充と各グラウンド管理棟、トイレ等の管理整備用品代でございます。光熱水費149万2,000円は、若宮南グラウンド、ニュースポーツ公園の上下水道料金、夜間照明等の電気料金を計上しております。修繕料175万円は、町民テニスコート北側のフェンスのかさ上げ補修と、南広場のネットワイヤー補修費を上げさせていただいております。14節使用料及び賃借料79万7,000円は南グラウンドの土地借料で、前年と同額を計上させていただいております。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 引き続きまして、11款の災害復旧費からは総務課長の方から御説明を申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) それでは、災害復旧費から御説明を申し上げます。

 11款災害復旧費では、昨年同様存目で10万円を計上いたしてございます。

 12款公債費、1項公債費、1目元金で地方債の償還元金5億5,842万5,000円を、2目の利子では地方債の償還利子1億2,492万8,000円と、一時借入金で20万円を計上をさせていただいております。

 13款諸支出金につきましても、昨年同様存目で10万円を計上させていただいております。

 14款予備費、1項予備費、1目予備費で前年同様1,000万円を計上させていただいております。

 以上、一般会計の歳出につきまして御説明を申し上げましたが、引き続きまして歳入につきまして税務課長から順次御説明を申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午後2時2分 休憩

            午後2時15分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 税務課長。



◎税務課長(原一雄君) それでは、歳入のうち1款町税について御説明申し上げます。

 1款町税で、本年度予算額15億8,322万1,000円で、前年度に対しまして4,168万2,000円の減額でございます。歳入全体に占める割合は37.8%でございます。

 では、1款町税のうち町民税から御説明申し上げます。

 1款町民税のうち、1目個人の町民税でございますが、本年度予算額4億5,400万円で、前年度予算額に対し4,400万円の減でございます。この主なものは、所得の減少及び定率減税による減でございます。

 次に、2目法人の町民税は、本年度予算額1億513万3,000円で、前年度予算額に対し2,096万7,000円の減でございますが、現年課税分につきましては、平成13年度の申告状況を勘案し、1,977万7,000円の減額、滞納繰越分につきましては、存目予算を計上いたしております。

 なお、法人町民税のうち、流通センター関係分につきましては58%、6,100万円を見込んでおります。

 次に、2項固定資産税、1目固定資産税でございますが、本年度予算額9億2,260万円、前年度予算額に対し3%、2,750万円の増を計上いたしております。現年課税分の内訳といたしましては、土地4億4,369万5,000円、家屋3億7,200万円、償却資産1億190万5,000円でございます。

 また、このうち流通センター関係の固定資産税につきましては、土地9,600万円、家屋1億2,500万円、償却資産3,400万円を見込んでおり、これは現年課税分の27.8%でございます。

 次に、2目の国有資産等所在市町村交付金につきましては、交付金算定標準額に税率を乗じ、2,306万3,000円を計上し、前年度に対しまして2万円の減額でございます。

 3項軽自動車税につきましては、平成13年度11月末現在の登録台数をもとに積算し、本年度予算額1,752万5,000円で、前年度予算に対しまして11万5,000円の増を計上いたしております。

 次に、4項町たばこ税につきましては、平成13年度課税本数をもとに積算し、本年度予算額6,090万円で、前年度予算額に対しまして230万円の減を計上いたしております。

 次に、5項特別土地保有税は、5,000平方メートル以上の土地の所有者または取得者がいないため、本年度予算額は0円を計上いたしております。

 以上、1款町税につきまして御説明申し上げましたが、2款地方譲与税からは総務課長から御説明申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(森安茂彦君) それでは、引き続きまして13ページ、2款の地方譲与税から御説明を申し上げます。

 地方譲与税につきましては、国が策定いたしております地方財政計画を勘案の上、予算計上をさせていただいておりまして、1項自動車重量譲与税、1目自動車重量譲与税で2,450万円を、2項地方道路譲与税、1目地方道路譲与税で1,440万円を見込んでおり、地方譲与税総額で前年度に対しまして20万円の減額となっております。

 3款利子割交付金、1項利子割交付金、1目利子割交付金で3,020万円を計上いたしておりますが、前年度に対しまして4,770万円と大幅な減額となっておりますが、これは高金利時代の郵便貯金、すなわち定額預金になりますが、これが平成12年度並びに平成14年度にかけまして満期を迎えたことによります特殊要因に起因する減額でございます。

 4款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金、1目地方消費税交付金につきましては、地方財政計画に基づき県が示した数値によりまして算出をさせていただいておりまして、9,790万円を計上させていただいており、前年度に対しまして300万円の減額となっております。

 5款ゴルフ場利用税交付金、1項ゴルフ場利用税交付金、1目ゴルフ場利用税交付金につきましては、県の試算に基づき640万円を計上いたしており、前年度対比で70万円の減額となっております。

 次のページでございますが、6款特別地方消費税交付金、1項特別地方消費税交付金、1目特別地方消費税交付金で、前年同様10万円を存目計上させていただいております。

 7款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金、1目自動車取得税交付金につきましては、これも県の試算に基づきまして対前年度110万円減額の2,230万円を計上させていただいております。

 8款地方特例交付金、1項地方特例交付金、1目地方特例交付金につきましては、恒久的な減税に伴うものでありまして、前年度同額の5,500万円を計上いたしております。

 9款地方交付税、1項地方交付税、1目地方交付税につきましては、12億3,270万円を計上いたしており、前年度に比べまして1,660万円の増額計上をいたしております。内訳といたしまして、普通交付税で平成13年度最終補正額に比べ約60万円程度の減額となります10億8,270万円を見込んで計上させていただいております。また、特別地方交付税は前年同額の1億5,000万円を見込んでおります。

 次に、10款交通安全対策特別交付金、1項交通安全対策特別交付金、1目交通安全対策特別交付金につきましては、前年同様180万円を計上させていただいております。

 11款分担金及び負担金、1項負担金、1目民生費負担金で5,327万4,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、保育園の保育料で4,860万円、養護老人ホーム入所者に係る負担金329万8,000円、更生援護施設入所者に係る負担金127万9,000円となっております。

 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目町民総合会館使用料では文化ホール等の使用料といたしまして673万4,000円を、2目衛生使用料では火葬場使用料で65万円を計上いたしております。

 3目農林水産業使用料で65万3,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、リフレッシュ農園使用料で50万円、ふれあいの森公園キャンプ場使用料で15万円を計上いたしております。

 4目土木使用料では1,980万8,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、町営住宅の家賃収入762万7,000円、町道占用に係る占用料で342万1,000円、駅前駐車場の駐車料金で876万円を見込んでおります。

 次のページになりますが、5目教育使用料で1,409万2,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、幼稚園児の保育料で1,002万円を、東分園で行っておりますのびのびっ子ハウス保育料で126万3,000円、また旧本園で行っております留守家庭児童会の保育料といたしまして246万円を見込んで計上いたしております。

 2項手数料、1目総務手数料で451万円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、戸籍住民基本台帳手数料で375万円の収入を見込んでおります。

 2目衛生手数料では、一般廃棄物処理手数料で388万6,000円を初めとする415万円を計上いたしております。

 3目農林水産業手数料1万円、4目土木手数料1,000円につきましては、存目計上をさせていただいております。

 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金で9,916万8,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、国民健康保険事業に係る保険基盤安定負担金で1,475万3,000円、下段のページの養護老人ホーム入所措置に係る老人保護措置費負担金で603万6,000円、更生援護施設措置費負担金で430万3,000円、保育園委託事業に係る保育所運営費負担金で3,876万1,000円、児童手当支給事業に係る交付金で1,080万円、就学前の特例給付交付金で1,066万6,000円などを見込んでおります。

 2目衛生費国庫負担金では、主に老人保健事業に係ります保健事業費負担金180万4,000円など208万6,000円を計上いたしております。

 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金で181万8,000円を計上いたしておりますが、主には障害者福祉費補助金159万8,000円を見込んでおります。

 3目教育費国庫補助金278万9,000円でございますが、主には小・中、幼稚園の就学奨励費補助金を計上させていただいているものでございます。

 18ページでございますが、3項委託金、1目総務費委託金で外国人登録事務委託金1万7,000円を計上いたしております。

 2目民生費委託金で318万8,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、国民年金に係る拠出年金事務費委託金259万7,000円等でございます。

 14款県支出金、1項県負担金、1目総務費県負担金では、委譲事務市町村交付金20万円を計上いたしております。

 2目民生費県負担金は3,833万1,000円でございまして、主なものといたしましては、国民健康保険事業に係る保険基盤安定化負担金で737万6,000円、養護老人ホーム入所措置に係る老人保護措置費負担金で301万8,000円、更生援護施設措置費負担金で215万1,000円、また保育園委託事業に係る保育所運営費負担金1,938万円、あわせて児童手当支給事業に係る交付金で469万9,000円を計上いたしております。

 次のページの3目衛生費県負担金は208万6,000円でございまして、老人保健事業に係る保健事業費負担金180万4,000円が主なものとなっております。

 2項県補助金、1目総務費県補助金で156万6,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、新規計上となってくるわけでございますが、緊急地域雇用創出特別基金事業補助金153万6,000円を計上いたしたものでございます。

 2目民生費県補助金5,633万7,000円でございますが、主なものといたしましては、1節の民生・児童委員活動費補助金で139万8,000円、2節の在宅介護支援センター事業費補助金で487万5,000円、介護予防等支援事業費補助金で1,151万9,000円、3節の障害者医療費補助金で1,184万7,000円、心身障害者地域福祉作業所支援事業費補助金で257万8,000円、4節の母子家庭医療費補助金で144万7,000円、留守家庭児童会管理運営事業に係ります放課後児童対策事業費補助金で132万6,000円、次のページになりますが、保育園委託事業に係る特別保育事業費補助金で233万8,000円、ファミリーサポートセンター管理運営事業に係る子育て支援推進事業費補助金で185万8,000円、新規の事業でございますが、旧幼稚園本園での児童館建設に伴う児童館整備事業費補助金で1,333万3,000円をそれぞれ計上させていただいております。

 3目衛生費県補助金568万2,000円のうち主なものといたしましては、乳幼児医療費補助金540万5,000円を計上いたしております。

 4目農林水産業費県補助金682万8,000円でございますが、主なものといたしましては、農業委員会設置活動費補助金で177万円、小規模ため池補強元利償還助成補助金で307万円などを計上いたしております。

 5目消防費県補助金では、小型動力ポンプ車を購入する費用となります石油貯蔵施設立地対策等交付金で373万3,000円を計上いたしております。

 6目教育費県補助金で665万2,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、幼稚園並びに図書館で行われます事業を対象とした緊急地域雇用創出特別基金事業補助金で611万7,000円を計上いたしております。

 7目土木費県補助金1,500万円につきましては、ゆるびの舎裏側の町有地の公園整備に伴う県補助金でございます。

 3項委託金、1目総務費委託金で1,610万5,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、2節で県民税の賦課徴収に係る県税徴収委託金1,480万円、4節で岡山県議会議員選挙の事務が平成14年度末から必要となるため、県議会議員選挙執行委託金で81万円等を見込んでおります。

 2目農林水産業費委託金につきましては、新生産調整推進対策事業に係る交付確認事務委託金といたしまして23万6,000円を計上いたしております。

 3目土木費委託金26万5,000円のうち主なものは、建築確認申請事務に係る建築基準法施行事務取扱交付金といたしまして23万円を計上しているものが主なものでございます。

 4目教育費委託金43万4,000円のうち主なものといたしましては、中学校に設置しております心の教室相談員に係る活用調査研究委託金43万円を見込んでおります。

 15款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入といたしまして159万円を計上いたしております。

 2目利子及び配当金では、各種基金の預金利子108万円を計上いたしております。

 3目土地開発基金運用収入で、前年度実績ベースで19万2,000円を計上いたしております。

 2項財産売払収入、1目不動産売払収入で100万円を見込み計上いたしております。

 2目物品売払収入1万円は、存目として計上させていただいております。

 16款寄附金、1項寄附金で1目総務費寄附金1,000円、2目教育費寄附金2万2,000円につきましては、それぞれ存目計上をさせていただいております。

 下段のページでございますが、17款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金で1億3,160万円を計上いたしております。

 2目減債基金繰入金では、ゆるびの舎に係る起債の償還に充てるため7,300万円を繰り入れ計上いたしております。

 3目ふるさとづくり基金繰入金につきましては、ゆるびの舎文化ホール実施事業等やいかしの舎運営事業に充当するため、4,506万円を繰り入れ計上いたしておるものでございます。

 4目人づくり場づくり基金繰入金から7目のいかしの舎運営基金繰入金につきましては、預金利子と同額を計上いたしたものでございます。

 8目土地開発基金繰入金では1億円を計上させていただいております。

 18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金につきましては、前年同様100万円を計上いたしております。

 次のページでございますが、19款の諸収入、1項延滞金、加算金及び過料、1目延滞金10万円、2目加算金1,000円をそれぞれ存目計上いたしております。

 2項町預金利子、1目町預金利子では20万円を計上いたしております。

 3項貸付金元利収入、1目勤労者低利融資事業貸付金元利収入といたしまして、ペイオフ対策を勘案するとともに、実績に基づきまして、歳出同様に1,000万円を計上させていただいております。

 また、2目の中小企業小口融資事業貸付金元利収入につきましては、本年度より直接利子補給制度に変わったため、歳入歳出ともに未計上となったものでございます。

 4項受託事業収入、1目農林水産業費受託事業収入10万円は、農業者年金業務受託手数料を計上いたしております。

 下段のページの5項収益事業収入、1目競艇事業収入では、備南競艇事業組合の試算に基づきまして、事業収入見込み額916万円を計上させていただいたものでございます。

 6項雑入、1目雑入で2,453万5,000円を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、1節の各種住民検診等の実費徴収金で294万円、4節の各種保険事務取扱手数料で113万5,000円、ごみ袋等売却代で1,128万4,000円、ゆるびの舎文化ホールにおける自主事業の入場料等で510万円を見込んで計上させていただいております。

 20款町債、1項町債、1目総務債で2億6,500万円を計上いたしておりますが、駅前の県道整備の進捗にあわせて街路灯の設置工事を予定いたしておりまして、工事費の充当財源とするものといたしまして700万円の起債を借り入れする予定にいたしております。2節の減税補てん債でございますが、国の恒久減税に伴って補てんを行う減税補てん債1,960万円でございます。また、地方交付税を算定する基礎の一つでございます基準財政需要額の一部減額に伴い、応分の費用について後年度において全額交付税で手当てされます臨時財政特例債が平成13年度より創設されているわけでございますが、その交付税の減額分の起債を起こす臨時財政対策債1億7,990万円を計上させていただいたものでございます。

 2目土木債1億5,150万円でございますが、県道の県営事業負担金の一部と町道の道路新設改良事業で4,860万円を計上いたしております。また、ゆるびの舎裏の町有地の公園整備に必要な経費の一部に充当するため、1億290万円の起債をあわせて計上させていただいたわけでございます。

 以上、一般会計の歳入歳出予算につきまして概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 失礼いたします。それでは、平成14年度水道事業会計予算につきまして御説明を申し上げます。

 1ページをお開き願いたいと思います。まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第17号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算

  (総則)

 第1条 平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

  (業務の予定量)

 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。

 (1)給水戸数      4,300戸

 (2)年間総配水量    190万立方メートル

 (3)1日平均配水量   5,205立方メートル

  (収益的収入及び支出)

 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。

        収        入

  第1款 水道事業収益      1億5,168万円

   第1項 営業収益    1億5,162万7,000円

   第2項 営業外収益       5万2,000円

   第3項 特別利益          1,000円

        支        出

  第1款 水道事業費用   1億5,104万9,000円

   第1項 営業費用    1億3,818万4,000円

   第2項 営業外費用     1,176万5,000円

   第3項 特別損失          10万円

   第4項 予備費           100万円

  (資本的収入及び支出)

 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2,486万4,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額135万円、過年度分損益勘定留保資金1,651万4,000円及び建設改良積立金700万円で補てんするものとする。)

        収        入

  第1款 資本的収入      1,525万3,000円

   第1項 企業債          1,000万円

   第2項 工事負担金      525万3,000円

        支        出

  第1款 資本的支出      4,011万7,000円

   第1項 建設改良費     3,362万3,000円

   第2項 企業債償還金     649万4,000円

  (企業債)

 第5条 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおりと定める。

  起債の目的 建設改良費充当のため

  限 度 額 1,000万円

  起債の方法 証書借入

  利   率 5.0%以内

  償還の方法 借入年度から30年以内(5年以内据置期間を含む)に、半年賦元利均等償還又は元利均等償還するものとする。ただし、財務省又は公営企業金融公庫並びに銀行等が別に定める場合は、その定めるところによる。なお、据置期間中でも財政の都合により繰上償還を行い若しくは、償還年限を短縮し、又は低利債に借換えることができる。

  (一時借入金)

 第6条 一時借入金の限度額は500万円と定める。

  (予定支出の各項の経費の金額の流用)

 第7条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)営業費用

 (2)営業外費用

 (3)特別損失

  (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)

 第8条 次に掲げる経費については、これらの経費の金額を、これらの経費のうち他の経費の金額に、若しくは、これら以外の経費の金額に流用し、又はこれら以外の経費をこれらの経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。

 (1)職員給与費  1,707万4,000円

  (たな卸資産購入限度額)

 第9条 たな卸資産購入限度額は78万8,000円と定める。

  平成14年3月7日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、20ページをお開き願います。平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算明細書により御説明申し上げます。

 収益的収入及び支出、収入でございますが、1款水道事業収益1億5,168万円、1項営業収益1億5,162万7,000円、1目給水収益、節で水道料金1億3,646万7,000円、これは給水戸数を4,300戸と想定し、年間総配水量190万立方メートルで有収率84.5%を想定し、計上しております。

 2目受託工事収益、節で修繕工事収益45万7,000円、これは消火栓等修繕工事に伴う収益でございます。

 3目その他営業収益1,470万3,000円、節で材料売却収益63万円、これはメーターボックス等の売却収益でございます。節手数料461万8,000円、これは工事検査手数料180万円、下水道使用料取扱手数料281万8,000円を見込んでおります。節で負担金598万5,000円、これは新規取り出し変更等に伴います加入負担金、管理負担金等の収益を見込んでおります。次に、雑収益347万円、これは電算機使用に伴う下水道会計からの負担金137万円と、下水道工事に伴う水道仮配管の材料代及び工事負担金210万円でございます。

 2項営業外収益5万2,000円、1目受取利息5万円、節で預金利息5万円。

 2目雑収益2,000円、節で不用品売却収益1,000円、その他雑収益1,000円、存目でございます。

 3項特別利益、1目過年度損益修正益1,000円、存目でございます。

 22ページに参りまして、支出でございます。1款水道事業費用1億5,104万9,000円、1項営業費用1億3,818万4,000円、1目原水及び浄水費、節で負担金5,586万円、これは備南水道企業団への原水代でございます。水量190万立方メートルで計上いたしております。

 2目配水及び給水費3,152万8,000円、主なものは、賃金で243万2,000円、嘱託職員1名とメーター交換時の人夫賃でございます。委託料953万円、主なものは、漏水調査委託料105万円、指定工事店修理当番委託料210万円、前年と同額を計上いたしております。水道台帳作成業務委託料420万円、これは3カ年計画で電算システム化を図るもので、従来の手動型管理から電算管理を行うものでございます。23ページに参りまして、修繕費1,458万4,000円、主なものは、量水器修繕費151万1,000円で、水道メーターの取りかえですが、約900個分を予定いたしております。配水管修繕費1,260万円、漏水破損等による修繕でございますが、前年実績を考慮し計上いたしております。動力費404万5,000円、これは矢尾、真磯、流通団地の加圧ポンプの電力料金でございます。

 次に、3目受託工事費43万7,000円、主なものは、工事請負費35万3,000円、これは消火栓修繕工事、給水管布設工事で、受託して行うものでございます。

 4目総係費2,749万1,000円、給料865万1,000円、職員3名分を計上いたしております。手当から24ページに参りまして法定福利費までは、人件費に係るものでございます。次に、備消品費114万円、これは法令集加除代、事務用品費でございます。委託料274万3,000円、主なものは、水道メーターの検針事務委託料207万9,000円で、4名分を計上いたしております。次に、賃借料290万7,000円、水道事務処理の電算機使用に伴う借料でございます。

 5目減価償却費2,179万3,000円、節で有形固定資産減価償却費2,178万5,00円。内訳といたしましては、建物減価償却費9万6,000円、構築物減価償却費2,120万6,000円、機械及び装置減価償却費44万7,000円、工具器具及び備品減価償却費3万6,000円でございます。

 6目資産減耗費55万円、節でたな卸資産減耗費5万円、固定資産除却費50万円を見込んでおります。

 7目その他営業費用、材料売却原価52万5,000円、工事資材の購入費で前年と同額を計上いたしております。

 2項営業外費用1,176万5,000円、1目支払利息及び企業債取扱諸費1,064万9,000円、これは平成11年度までの企業債の借入れ分の利息でございます。

 2目消費税及び地方消費税、節で公課費111万5,000円、これは本年度申告見込み額を計上いたしております。

 3項特別損失、1目過年度損益修正損10万円、4項予備費100万円、存目でございます。

 27ページに参りまして、資本的収入及び支出、収入でございますが、1款資本的収入1,525万3,000円、1項企業債1,000万円、これは配水管布設工事に係る起債でございます。

 2項工事負担金525万3,000円、これは消火栓設置工事負担金180万円、水路改修工事に伴う配水管布設工事負担金150万円、それから県道藤戸・早島線改良工事に伴います配水管布設工事負担金195万3,000円を見込んでおります。

 支出でございますが、1款資本的支出4,011万7,000円、1項建設改良費3,362万3,000円、1目配水設備費、節工事請負費3,300万円。主なものは、舟本地区県道藤戸・早島線配水管布設工事470万円、都市計画街路の未施工部の配水管新設工事1,200万円、若宮団地仕切り弁設置工事費500万円、塩地地内配水管布設工事費430万円等を計上させていただいております。

 2目営業設備費、節量水器購入費62万3,000円、これは水道メーターの購入費でございます。

 2項企業債償還金649万4,000円、これは企業債の償還元金でございます。

 以上、平成14年度早島町水道事業会計予算につきまして概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(福島晃君) それでは、議案第18号について御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第18号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算

 平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7億2,178万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (一時借入金)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2,000万円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  (預金債権と地方債債務の相殺)

 第4条 預託金融機関が破綻した場合には、預金債権と地方債債務とを相殺することができる。

  平成14年3月7日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、事項別明細書により歳出から御説明申し上げますので、11ページをお開きいただきたいと思います。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は513万2,000円で、前年度に対しまして1万8,000円の増額でございます。このうち、7節賃金60万5,000円はレセプト点検の人夫賃、13節委託料373万円は国民健康保険税の賦課処理及び被保険者証の作成処理等の電算処理委託料でございます。

 2目の連合会負担金は29万2,000円で、被保険者数増を見込んでの1万7,000円の増額でございます。

 2項運営協議会費、1目運営協議会費62万1,000円は、前年度に対し7万2,000円の減額でございます。

 次の12ページの2款保険給付費、1項療養諸費で本年度4億1,850万1,000円、前年度に対し1,720万9,000円の増額でございます。これにつきましては、過去5年間の医療費の動向を勘案し計上いたしております。

 1目一般被保険者療養給付費は2億4,103万9,000円で、前年対比で6.6%、2目退職被保険者等療養給付費1億7,181万5,000円で2%、3目一般被保険者療養費については184万2,000円、47.3%の減、4目退職被保険者等療養費193万1,000円、32.9%、5目の審査支払手数料187万4,000円、7.1%の増で、療養諸費全体では前年対比4.3%の増でございます。

 次の2項出産育児諸費につきましては出産育児一時金15件、3項葬祭諸費では葬祭費48件を計上いたしております。

 4項高額療養費、これにつきましても過去5年間の医療費の動向を勘案し計上いたしております。

 1目一般被保険者高額療養費3,190万1,000円で、前年対比10.7%の減、2目退職被保険者等高額療養費33.9%の増で、4項の高額療養費では18万6,000円、0.4%の増でございます。

 3款老人保健拠出金につきましては、平成12年度の対象者数、医療費実績及び受診件数等をもとに試算した結果、1目老人保健医療費拠出金1億8,039万3,000円、前年対比9.1%の減、2目老人保健事務費拠出金308万2,000円、8.1%増を計上いたしております。

 4款介護給付費は、社会保険診療報酬支払基金に納付する2号被保険者納付金3,128万2,000円でございます。

 5款共同事業拠出金は、一般被保険者の1件当たりの医療費が80万円を超える高額医療費に備えるため、各保険者が一定の割合で国保連合会へ拠出する404万6,000円等でございます。

 14ページの6款保健事業費、1項保健事業費、1目保健衛生普及費558万8,000円で、前年度に対し595万5,000円の減額でございます。この減額は、平成13年度から5年間で予定しております国庫補助事業の保健福祉施策の基礎資料とするための事業、総合データバンク事業の補助限度額が、初年度の900万円から400万円となるための事業費の減でございます。

 2目の趣旨普及費の159万1,000円は、医療費通知、医療制度改正に伴うパンフレットの作成等でございます。

 4目出産費資金貸付事業費72万円は本年度から実施するもので、出産育児一時金の10分の8を限度として貸し付けるもので、3件を見込んで計上いたしております。

 7款基金積立金につきましては、国民健康保険特別会計基金の預金利子でございます。

 8款の公債費、9款の諸支出金、10款予備費につきましては、前年度と大差はございません。

 次に、歳入でございますが、1款の国民健康保険税では、本年度2億6,250万9,000円で、前年度に対し1,648万3,000円、5.9%の減でございます。一般被保険者及び退職被保険者等国民健康保険税の医療給付費分現年課税分につきましては、本年度で応益応能割合の平準化を図るため、応能割合、所得割、資産割の税率の見直しを予定しているための減でございます。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金は1億8,876万5,000円で、前年に対し659万8,000円の減額の主なものは、療養給付費等負担金の老人保健分の減でございます。

 8ページの2項国庫補助金、1目財政調整交付金は5,106万2,000円で、413万2,000円の増で、普通及び特別調整交付金と総合データバンク事業分を計上いたしております。

 3款療養給付費交付金につきましては、退職被保険者の医療費に対する交付金1億3,715万7,000円を計上いたしております。

 4款県支出金、診療報酬審査支払事務補助金は、レセプトの件数に応じ交付されるものでございます。

 5款共同事業交付金398万2,000円は国保の連合会から交付されるもので、一般被保険者1件当たりの医療費が80万円を超えるものについて交付率等により算定し、交付されるものでございます。

 6款財産収入は預金利子でございます。

 7款繰入金、1項一般会計繰入金、1目保険基盤安定繰入金2,950万6,000円で、前年度に対し908万8,000円の増額でございますが、これは本年度から保険税の減額を現行の6割、4割から7割、5割、2割に改正するための増でございます。

 2目の一般会計繰入金は1,865万9,000円で、1,182万3,000円の減、主なものにつきましては、財政安定支援事業繰入金の減でございます。

 2項の基金繰入金については、存目で計上いたしております。

 8款繰越金、9款諸収入、1項預金利子、2項雑入につきましては、前年と大差はございません。

 10ページの3項貸付金元利収入につきましては、出産育児一時金の貸付金の元利収入3件分を計上いたしております。

 次の連合会支出金につきましては、平成13年度で事業が終了したことに伴うものでございます。

 なお、この予算案につきましては、2月7日に開催いたしました国民健康保険運営協議会に諮問し、答申を得て議案を提出させていただいております。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午後3時7分 休憩

            午後3時20分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、老人保健特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第19号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算

 平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ10億6,289万2,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (一時借入金)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、3,000万円と定める

  (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)医療諸費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  (預金債権と地方債債務の相殺)

 第4条 預託金融機関が破綻した場合には、預金債権と地方債債務とを相殺することができる。

  平成14年3月7日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、歳入歳出予算事項別明細書により御説明申し上げます。

 9ページをお開き願います。まず、歳出でございますが、第1款医療諸費、1項医療諸費、1目医療給付費10億4,934万3,000円は、前年度に対しまして7,783万4,000円の減額でございますが、これは医療給付費でございます。過去3年間の月平均受給者数と伸び率を算定し、13年度の見込みから計上いたしております。

 2目医療費支給費927万3,000円は、前年度に対しまして139万7,000円の減額でございますが、これは一般診療の対象とならない医療、柔道整復、鍼、灸、コルセット等を受けた場合にその費用の支給を行う費用でございますが、前年度見込み額の4.9%の伸び率で計上しております。高額医療費支給費は、前年度実績に基づき見込みで計上しております。

 3目審査支払手数料424万4,000円は、前年度に対しまして38万1,000円の増額でございますが、国保分、社保分のレセプト件数の13年度実績見込み額から計上いたしております。

 2款公債費、1項公債費、1目利子は一時借入金利子を計上させていただいております。

 3款諸支出金、1項償還金、4款予備費は、前年度と同額、存目で計上しております。

 これに対する財源でございますが、7ページにお戻りください。1款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目医療費交付金7億4,103万2,000円でございますが、前年度に対しまして5,095万3,000円の減額でございます。これは、支払基金から支払われる医療費交付金でございます。過年度分医療費交付金は存目で計上しております。

 2目審査支払手数料交付金424万4,000円は、前年度に対して46万9,000円の増額でございますが、これはレセプト件数に対する支払基金からの交付金でございます。過年度分は存目で計上しております。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目医療費負担金2億1,172万4,000円は、医療費の国庫負担金でございますが、前年度に比較しまして1,885万2,000円の減額でございます。過年度分は存目で計上しております。

 3款県支出金、1項県負担金、1目医療費県負担金5,293万1,000円は、前年度に対しまして471万3,000円の減額でございます。過年度分は存目で計上しております。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金3,289万1,000円は、前年度に比較しまして2,483万円の減額でございますが、これは一般会計繰入金で町負担分でございます。

 5款繰越金、1項繰越金、1目繰越金2,000万円は、前年度繰越金でございます。

 6款諸収入、1項預金利子、1目預金利子は、前年度と同額を計上いたしております。

 2項雑入、1目第三者納入金は、見込みで前年度と同額を計上しております。

 以上、老人保健特別会計予算につきまして概略を御説明申し上げましたが、御審議、御議決のほど賜りますようお願いいたします。

 続きまして、介護保険特別会計予算につきまして概略御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第20号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算

 平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億7,548万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (一時借入金)

 第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、5,000万円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  (預金債権と地方債債務の相殺)

 第4条 預託金融機関が破綻した場合には、預金債権と地方債債務とを相殺することができる。

  平成14年3月7日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、事項別明細によりまして御説明申し上げます。

 10ページをお開き願います。まず、歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費457万8,000円は、前年度に対し74万4,000円の減額でございますが、介護保険給付管理事務に係る経費を計上いたしております。このうち主なものは、13節委託料409万1,000円では、電算処理委託料182万7,000円で、国保連合会データ連携事務処理委託料、受給者管理事務委託料、サポート支援委託料等を計上いたしております。電子計算機保守管理委託料226万4,000円では、被保険者管理システム、認定審査支援システム保守料、保険者支援システムネットワーク保守料等を計上いたしております。

 2目連合会負担金15万2,000円では、前年度に比較しまして3,000円の増額でございますが、国保連合会一般負担金を計上させていただいております。

 1款総務費、2項徴収費、1目賦課徴収費398万9,000円は、前年度に比較しまして78万8,000円の減額でございますが、第1号被保険者に係る保険料徴収事務に関する費用を計上いたしております。このうち主なものは、13節委託料333万2,000円で、第1号保険料賦課処理に係る電算委託料でございます。

 3項介護認定審査会費、1目介護認定審査会費249万2,000円は、前年度に比較しまして40万4,000円の減額でございますが、このうち主なものは、1節報酬で介護認定審査会委員報酬6人分216万円を計上しております。

 2目認定調査等費388万6,000円は、前年度に比較しまして33万9,000円の減額でございます。主なものは、12節役務費で手数料として主治医意見書作成料236万3,000円、13節委託料141万8,000円で、訪問調査委託料として施設の調査委託料を計上いたしております。

 4項趣旨普及費、1目趣旨普及費29万円は、前年度に比較して630万円の減額でございます。11節需用費で啓発パンフレット、12節役務費で介護給付費明細書等の郵送料を計上いたしております。

 5項計画策定委員会費、1目計画策定委員会費306万7,000円でございますが、介護保険法では、介護保険事業の円滑な実施を図るために3年ごとに見直しすることになっておりまして、これに係る経費を計上しております。1節報酬で事業計画策定委員報酬12名分を計上しております。13節委託料283万5,000円は、介護保険事業計画策定委託料でございます。

 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目居宅介護サービス給付費1億5,376万1,000円は、前年度に比較して850万5,000円の増でございますが、訪問介護などの在宅サービスを受けたときに給付する居宅介護サービス給付費を前年度実績見込み額の1.1の伸び率で計上いたしております。

 2目特例居宅介護サービス給付費は、特例居宅介護サービス給付費で、前年度と同額を計上いたしております。

 3目施設介護サービス給付費2億5,592万5,000円は、介護保険施設から指定施設サービスを受けたときに給付する施設介護サービス給付費を前年度実績の1.1の伸びで計上いたしております。

 続きまして、12ページでございますが、4目特例施設介護サービス給付費、5目居宅介護福祉用具購入費は、前年度と同額計上いたしております。

 6目居宅介護住宅改修費360万円は、前年度に対しまして60万円の増額でございますが、これは要介護者が手すりの取りつけ等住宅改修を行ったときに給付する居宅介護住宅改修費を計上いたしております。

 7目居宅介護サービス計画給付費1,250万8,000円は、指定居宅介護支援サービス事業者から居宅介護サービス計画作成の支援を受けた場合に支払われる給付費でございます。

 8目特例居宅介護サービス計画給付費は、指定居宅介護支援サービス以外の居宅支援サービスを受けたときに給付する特例居宅介護サービス計画費で、存目で計上いたしております。

 2款保険給付費、2項支援サービス等諸費、1目居宅支援サービス給付費1,193万円は、前年度に対して268万1,000円の増額でございますが、要支援者に対する居宅支援サービス給付費でございます。

 2目特例居宅支援サービス給付費、3目居宅支援福祉用具購入費、4目居宅支援住宅改修費は、前年度と同額、見込みで計上いたしております。

 5目居宅支援サービス計画給付費268万1,000円は、前年度に対しまして60万円の増額でございますが、居宅支援サービス計画給付費でございます。

 6目特例居宅支援サービス計画給付費は、要支援者に対する特例居宅支援サービス計画給付費を存目で計上いたしております。

 3項その他諸費、1目審査支払手数料は、国保連合会への審査支払手数料で、1.1の伸び率で計上しております。

 4項高額介護サービス等費、1目高額介護サービス費294万円では、前年度に対しまして100万円の減額でございますが、利用者負担が一定率を上回った場合に負担の軽減を図るために給付する高額介護サービス費を計上いたしております。対象35人を見込んでおります。

 次に、2目高額居宅支援サービス費は、存目で計上いたしております。

 3款財政安定化基金拠出金、1項財政安定化基金拠出金、1目財政安定化基金拠出金206万5,000円は、市町村が負担する財政安定化基金拠出金を前年度と同額計上いたしております。

 続きまして、14ページでございます。4款基金積立金、1項基金積立金、1目介護給付費準備基金積立金、25節積立金は、存目で基金預金利子を計上いたしております。

 5款公債費、1項公債費、1目利子は、一時借入限度額5,000万円の借入預金利子を存目で前年度と同額計上しております。

 6款予備費、1項予備費、1目予備費では、標準給付額の2%相当額800万円を計上しております。

 7款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第1号被保険者保険料還付金は、存目で計上いたしております。

 これに対する歳入でございますが、7ページをお願いいたします。1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料7,312万4,000円は、前年度に対しまして1,933万円の増額でございますが、現年度分特別徴収保険料6,301万6,000円、2節で現年度分普通徴収保険料1,000万8,000円、3節滞納繰越分で普通徴収保険料を計上いたしております。

 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目督促手数料は、存目で計上いたしております。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金8,937万円は、前年度に対しまして439万2,000円の増額でございますが、これは現年度分介護給付費負担金でございます。

 2項国庫補助金、1目調整交付金2,122万5,000円は、現年度分調整交付金でございます。これは、標準給付額の5%相当分でございます。

 2目事務費交付金180万円は、介護認定調査等事務交付金でございます。

 4款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金1億4,746万円は、現年度分介護給付費交付金でございます。

 次に、8ページでございますが、5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金5,585万6,000円は、現年度分介護給付費県負担金でございます。

 6款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金は、介護給付費準備基金預金利子でございますが、存目で計上いたしております。

 7款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金5,585万6,000円は、現年度分介護給付費繰入金でございます。

 2目その他一般会計繰入金1,969万2,000円は、一般会計からの事務費繰入金でございます。

 2項基金繰入金、1目介護給付費準備基金繰入金607万5,000円は、介護給付費準備基金からの繰入金でございます。

 8款繰越金、1項繰越金、1目繰越金500万円は、前年度その他繰越金でございますが、前年度と同額計上いたしております。

 9款諸収入、1項延滞金、加算金及び過料、1目第1号被保険者延滞金、2項預金利子、1目預金利子、3項雑入、1目雑入は、前年度と同額、存目で計上いたしております。

 以上、介護保険特別会計予算につきまして概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(佐藤寿一君) 失礼いたします。それでは、早島町公共下水道事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第21号

 平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算

 平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6億3,681万2,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

  (一時借入金)

 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2億円と定める

  (歳出予算の流用)

 第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(報酬及び賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  (預金債権と地方債債務の相殺)

 第5条 預託金融機関が破綻した場合には、預金債権と地方債債務とを相殺することができる。

  平成14年3月7日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきまして、「第1表 歳入歳出予算」でございますが、事項別明細書により御説明させていただきますので、省略させていただきます。

 5ページに参りまして、「第2表 地方債」でございますが、起債の目的、限度額では、1準公営企業債、1児島湖流域下水道事業債で860万円、2公共下水道事業債で5,270万円で、限度額合計が6,130万円でございます。起債の方法は、普通貸借又は証券発行、利率は5%以内でございます。償還の方法は、政府資金についてはその融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するところによる。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、若しくは繰上償還又は低利に借換えすることができる。

 7ページに参りまして、事項別明細書により御説明申し上げます。

 1総括でございますが、歳入歳出予算の合計は歳入歳出それぞれ6億3,681万2,000円で、前年度に対しまして1,807万1,000円の増額、対前年比2.8%の増となっております。

 9ページに参りまして、2歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項負担金、1目公共下水道受益者負担金714万4,000円で、前年度に対しまして185万1,000円の増額でございます。現年度賦課面積9,945平方メートルに分割納付、過年度分を合わせて計上しております。

 2目公共下水道工事負担金、取付桝設置工事負担金として30万円を計上いたしております。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料1億4,090万円、前年度に対しまして406万2,000円の増額で、早島処理分区1億1,790万円、流通団地処理区2,300万円を見込んで計上しております。

 2項手数料、1目下水道手数料で32万円、新規接続に伴う設計審査検査手数料と督促手数料を見込んでおります。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目公共下水道事業費国庫補助金1,500万円を計上しております。

 4款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金2万9,000円、これは公共下水道整備事業積立金預金利子でございます。

 10ページに参りまして、5款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金4億179万9,000円で、前年度に対しまして76万2,000円の減額でございます。

 2項基金繰入金、1目公共下水道整備事業積立金繰入金で300万円を計上しております。前年と同額でございます。

 6款繰越金、1項繰越金600万円、前年度繰越金でございます。

 7款諸収入、1項延滞金、加算金及び過料、1目延滞金1万円を、2項町預金利子1万円を計上しております。

 3項雑入100万円を消費税還付金として前年度同額を計上しております。

 11ページでございますが、8款町債、1項町債、1目準公営企業債6,130万円、前年度に対しまして1,310万円の増額でございます。1節児島湖流域下水道事業債860万円、2節公共下水道事業債5,270万円を補助事業分、単独事業分を合わせ計上いたしております。

 12ページに参りまして、3歳出でございます。

 1款公共下水道事業費、1項総務管理費、1目一般管理費2億8,252万6,000円、前年度に対しまして937万7,000円の増額でございます。2節給料1,728万7,000円、職員4名分を計上させていただいております。3節職員手当等、4節共済費は人件費に係るものでございます。7節賃金55万円、臨時職員の賃金で補助対象分として計上いたしております。8節報償費139万4,000円、これは受益者負担金一括納付に対する報奨金で、賦課金の20%を計上しております。11節需用費701万7,000円、前年度に対しまして137万2,000円の増額でございます。消耗品費から光熱水費までは前年度ほぼ同額でございますが、修繕料でマンホールポンプの経常修繕料に若宮中継ポンプ制御盤修繕料126万円を計上したため増額となっております。12節役務費56万5,000円、主なものは通信運搬費49万1,000円で、マンホールポンプの異常警報電話回線使用料でございます。13節委託料1,004万8,000円、主なものは、電子計算機保守管理委託料50万4,000円で、下水道施設管理システム及び積算システム保守管理委託を計上いたしております。マンホールポンプ管理委託料319万2,000円、これはマンホールポンプ11カ所の維持管理委託料でございます。

 13ページに参りまして、使用料徴収事務委託料281万8,000円、これは水道会計に支払う下水道使用料金徴収事務委託費で、収入額の2%を計上いたしております。下水道台帳作成業務委託料168万円、これは13年度整備区域2ヘクタール分の台帳作成委託費でございます。14節使用料及び賃借料15万2,000円、これは電子複写機使用料1カ月分とカラーコピー使用料等でございます。15節工事請負費8,059万2,000円、主なものは、国庫補助事業として、都計街路早島駅前線松尾坂東部公共下水道工事、延長140メートル、中山団地内汚水管改築工事、延長約138メートル、無津地内汚水管布設工事、延長80メートル、単独事業といたしまして、舟本地内汚水管布設工事、延長100メートル、東真磯地内汚水管布設工事、延長57メートル、小浜地内汚水管渠県道部横断工事、町内一円汚水桝設置工事、不明水対策に伴います若宮、中山団地内汚水桝改修工事等を計上させていただいております。16節原材料費52万5,000円、これは若宮、中山団地の宅地化、新築、改築に伴い早島町型第1桝と交換するための材料支給費でございます。19節負担金補助及び交付金1億4,809万2,000円、主なものは、児島湖流域下水道補助対象事業負担金863万4,000円、これは児島湖流域下水道浄化センター建設に伴う負担金でございます。児島湖流域下水道管理負担金1億681万円、これは児島湖流域浄化センターへの維持管理負担金で、排水量によって計上いたしております。流通団地汚水処理負担金2,316万6,000円、これは岡山市へ支払う流通団地の汚水処理負担金で、全体処理事業費に負担率を乗じて計上しております。仮配管工事負担金210万円、これは下水道工事に伴います水道管の仮配管工事の負担金で、水道会計へ支払うものでございます。使用料計算システム負担金137万円、これは上下水道使用料計算システムが1本のため、下水道使用分として件数割により水道会計へ負担するものでございます。児島湖浄化センター周辺環境整備事業負担金185万8,000円、これは岡山県下水道公社へ支払うもので、総事業費に対し負担率を乗じて計上しております。

 14ページに参りまして、22節補償補填及び賠償金50万円、これは下水道工事に伴う電柱等支障移転費用で、経常的に見込んでおります。

 2目財産管理費、25節積立金202万9,000円、これは現年度受益者負担金一括納付額の3分の1を積立金とし、利子と合わせて計上しております。

 2款公債費、1項公債費では3億5,215万7,000円で、前年度に対しまして791万4,000円の増額でございます。

 1目元金で1億5,260万1,000円、これは地方債償還元金でございます。

 2目利子1億9,955万6,000円は、地方債償還利子1億9,947万7,000円と一時借入金利子7万9,000円でございます。

 3款予備費は前年と同額10万円を計上いたしております。

 以上、平成14年度早島町公共下水道事業特別会計予算につきまして概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ただいま上程された議案については、この後、予算審査特別委員会を設置し付託する予定でございますので、質疑を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) お諮りいたします。

 本案については、議長を除く12名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第16号平成14年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について、議案第17号平成14年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について、議案第18号平成14年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について、議案第19号平成14年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について、議案第20号平成14年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について、議案第21号平成14年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算については、12名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、3月9日から13日まで5日間休会することにいたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、3月9日から13日まで5日間休会することに決しました。

 本日は長時間にわたりまして御審議いただき、大変お疲れさまでした。

 本日はこれをもって散会いたします。

            午後4時0分 散会