議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成13年 3月定例会 03月09日−02号




平成13年 3月定例会 − 03月09日−02号







平成13年 3月定例会



           早 島 町 議 会 会 議 録

           平成13年3月9日( 金 曜 日 )

           ───────────────

           議 事 日 程 ( 第 2 号 )

午前10時開議

第1 議案第19号 平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について

   議案第20号 平成13年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について

   議案第21号 平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について

   議案第22号 平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について

   議案第23号 平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について

   議案第24号 平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算について

         ・所信表明及び提案理由説明

         ・議案説明

         ・質疑

         ・特別委員会付託

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            出  席  議  員(13名)

 1番  川  北  隆  之 君      2番  磯  山  卓  宏 君

 3番  小  橋  澄  男 君      4番  太  田  尅  子 君

 5番  安  原     昇 君      6番  沢  田  晃  始 君

 7番  原     光  俊 君      8番  須  増  伸  子 君

 9番  太  田  幸  夫 君     10番  平  岡     守 君

12番  林        勇 君     13番  三  宅     弘 君

14番  寺  山  邦  夫 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠  席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      安 原 良 一 君     収入役     磯 山   守 君

理事      山 崎 勝 元 君     理事      佐 藤 喜世文 君

総務課長    水 畑 千 歳 君     企画振興課長  森 安 茂 彦 君

税務課長    福 島   晃 君     町民生活課長  原   一 雄 君

保健福祉課長  平 井 京 治 君     産業課長心得  太 田 尚 良 君

建設課長    林   耕 市 君     上下水道課長  平 松 保 之 君

学校教育課長  小野田 修 作 君     社会教育課長  佐 藤 寿 一 君

企画振興課参事 梶 原 由 恵 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

局長      原   隆一郎 君     書記      溝 手 祐 佳 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







            午前10時0分 開議



○議長(寺山邦夫君) 皆さんおはようございます。ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布したとおりでございます。

 ここで暫時休憩いたします。

            午前10時1分 休憩

            午前10持45分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 議案第19号 平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について

      議案第20号 平成13年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について

      議案第21号 平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について

      議案第22号 平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について

      議案第23号 平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について

      議案第24号 平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算について



○議長(寺山邦夫君) 日程第1、議案第19号平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について、議案第20号平成13年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について、議案第21号平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について、議案第22号平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について、議案第23号平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について、議案第24号平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算について、6議案を一括議題といたします。

 町長の所信表明及び提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 皆さんおはようございます。

 本日は皆様御多用のところ、昨日に引き続き御参集をいただきまして、まことにありがとうございます。

 21世紀を迎えまして、町政のかじ取りを担う立場にある者にとりましては、責任の重さを痛切に感じておるところでございます。新世紀の初頭となります平成13年度も間もなく迎えるわけでございまして、町政をお預かりする立場から、今回提案をいたしました諸議案の説明に先立ちまして、最近の経済動向並びに当面する町政の課題について所信の一端を申し述べ、町議会並びに町民の皆様に御理解と御協力を賜りたいと存ずる次第でございます。

 最近の経済の動向でございますが、政府は昨年の10月に決定をいたしました日本新生のための新発展政策によりまして、景気回復に軸足を置きまして、さまざまな構造改革に取り組んでおります。しかし、景気は御承知のように企業収益や設備投資など、企業部門を中心に緩やかな改善を続けておるものの、雇用情勢は改善がおくれており、個人消費もおおむね横ばいの状況が続いておるやに聞いておるところでございます。

 岡山県におきましては「快適生活県おかやま」の実現に向けてさまざまな取り組みを行っておりますが、先般、分権時代を担う行財政能力の充実、向上に向けて県内の市町村合併のあり方を検討しておりました「県市町村合併検討委員会」より、県内78市町村を19の自治体に再編する合併パターンをまとめた答申が知事になされたところでございます。

 この合併は、基本的に4つの分類で組み合わせが示されておりまして、本町の場合、中核市発展型として倉敷市、船穂町あるいは金光町を加えた組み合わせに位置づけがなされております。

 地方分権社会が進展する中で、介護保険事業など地方自治体が果たす役割が大きくなってきておりまして、財政基盤をどのようにして確立するかが行政にとって大きな課題となっておりますが、合併問題につきましては住民自治の基本原則にのっとり、町民多くの方々に議論をしていただくための資料提供にこれから努めていくことが一番の責務であるというふうに考えております。

 本町におきましては、合併問題という重要課題を念頭に置きながら、行財政改革による効率的な業務の遂行に向け、「早島町行政改革懇談会」からの答申であります「早島町行財政改革大綱」に基づき体系的な実施計画を策定し、更なる行財政改革の推進に努めてまいりますとともに、新世紀に対応した諸施策を展開し、「夢を持って安心して住めるまちづくりの実現」に積極的に取り組んでまいる所存でございます。

 昨年4月には、明治維新、戦後改革に次ぐ第3の大改革と言われる地方分権制度がスタートして1年が経過いたしました。

 国と地方公共団体の関係が、従来の「上下・主従」の関係から「対等・協力」の関係を基本とする行政システムに転換したわけでありまして、地方財源の確保が厳しい地方公共団体におきましても、個々の自主性・自立性を高め、限られた財源の下、個性豊かで活力に満ちた地域社会を実現することが責務となっております。

 現在、少子高齢化社会の本格的到来、高度情報化の進展を始め、地球環境問題や国際化など、グローバル社会が進行する中で、地方分権時代の主役であります住民の参画がまちづくりに欠かせないものとなっており、住民と行政が協調・協働し、対等で緊張感のある協力関係の上に成り立って進めていくことが肝要であると考えております。

 そのためには、情報の共有なくしては住民参加を求めることはできません。町に関するさまざまな情報やまちづくりに対する基本的な方針などを町民の皆様に提供し、説明責任を果たしていくための制度やルールづくりの基本となる情報公開制度の確立が急務となっております。

 このような状況の中で、先月2月8日、早島町情報公開制度審議会より「早島町における情報公開制度のあり方」について答申をいただき、答申の主旨にのっとりまして本議会に「早島町情報公開条例」を昨日上程させていただいたものでございます。

 本町におきましても、住民参画について職員の意識啓発に心がけ、ワークショップなどの住民参画活動の円滑な実施に資するための職員研修会などを通じ、職員の資質や能力を高め、自己決定、自己責任という行政システムを再認識し、住民や地域の視点に立った「新時代にふさわしい地方自治の確立」に向けて鋭意努力してまいる所存でございます。

 21世紀も2カ月余り経過いたしまして、「豊かさが実感できる成熟都市・早島の創造」の基本理念に基づき諸施策を進めてまいりました「早島町新総合計画」も今月をもって終了することになります。この度、平成13年度から平成22年度の10年間を期間とした「第3次早島町総合計画」がスタートすることになるわけでございまして、昨日「基本構想」について御審議を賜ったところでございます。

 この「第3次早島町総合計画」を策定するに当たりましては、公募住民で組織した「21世紀早島町まちづくり委員会」からの報告書を始め、町民のアンケートや小学校、中学校の児童・生徒によるまちづくり作文、またアンケートなど、子どもから高齢者まで多くの町民の方々から幅広く御意見を頂戴致しますとともに、「早島町振興計画審議会」におきまして、審議会委員さんの活発な御意見を賜りながら慎重審議を進めてまいり、本年1月19日に答申をいただいたものでございます。

 このように、多くの町民の皆様と行政とが一体となって今後の町政運営の基本的な指針ができ上がったことは、まさに住民参画によるまちづくりの大きな一歩であると確信をいたしているところでございます。

 これから始まる第3次早島町総合計画は、本町の現状やまちづくりの課題、新しい時代の潮流などを総合的に勘案した上で、これからのまちづくりを進めていくため、「生活者の視点に立った住民主体・地域主体のまちづくり」、また「地域のふれあい、支えあいを大切にしたまちづくり」「恵まれた歴史と環境を活かし個性と快適性を育むまちづくり」の3つを基本理念と定めまして、この基本理念をもとに、その目標となるまちの将来像を「笑顔があふれ こころをつなぐ 住みやすさ実感都市」と掲げまして、日本一住みやすい町の実現に向けて、それぞれの施策体系に沿って町政を展開していくこととしております。

 それでは、「第3次早島町総合計画」の初年度となります、平成13年度における主要事業につきまして施策体系ごとに御説明を申し上げます。

 まず、「明日のまちのしくみをつくる」の施策でありますが、まちづくりの一番の基本は、住民参画を促進して住民と行政が自主自立の精神のもとに、協働してまちづくりに取り組むことでありまして、地域のことは地域住民が自己責任を意識しながら主体的に考え、行動していく体制づくりを確立していくことが必要であります。この住民参画を支援・協力していくためには職員の資質や能力を高めていくことが参画事業を円滑に実施するために必要不可欠であると考えております。

 具体例として申し上げますれば、役場内の行政組織である各種審議会や委員会に一般町民の参画を積極的に進め、計画・立案段階から町政に意見が反映できるシステムを構築したいと思っております。また、近年、それぞれの問題意識や目的によってメンバーが集まったボランティア・NPOがまちづくり、高齢者の生きがいづくり、地域環境、地域福祉などいろいろな分野で住民の多様なニーズにきめ細かく応える活動を行っておる状況であります。行政が立ち入ることができない分野における機敏なエージェントとして、柔軟かつ迅速な対応が可能であるボランティア・NPOの組織づくりや運営に関しましても、積極的な支援を行っていくことが大切であると思っております。

 この住民参画を進めていくためには、情報公開が不可欠であります。現在、月2回発行の広報紙「しゅうほう早島」やインターネットによる早島町ホームページ、FMくらしきなどを利用して行政情報を提供いたしておりますが、情報提供のより機動的でタイムリーな提供手段の構築が求められております。

 また、情報提供システムと並行して情報公開制度の確立が急務であり、このたび上程の「早島町情報公開条例」に沿って規則を整備いたしますとともに、現在、文書管理改善計画を策定中でありまして、平成14年1月1日の施行に向けて推進してまいっているところでございます。

 さらに、地方分権の推進や町民の価値観が多様化する中でまちづくりを進めていくためには、行財政改革が必要不可欠であります。長引く景気の低迷に加えて税収の落ち込みなど、厳しい財政状況を職員一人一人が認識し、効率的、効果的な行政運営を図ることが求められておるところでございます。

 そのためには、事務事業の見直しでありますとか、平成13年度から「第3次早島町総合計画」がスタートするわけでありますが、3年を1サイクルとした実施計画を策定いたしまして、費用対効果による事業評価などを積極的に取り入れてまいりたいというふうに思っております。

 まちづくりの仕組みで欠かせないものが、地域コミュニティ活動と地域のリーダーとなる人材の育成であります。本町では、住民の自治組織「早島町自治会等連合会」が発足3年目を迎えるわけでございまして、自治会と役場のより一層のコミュニケーションを図るとともに、自治会活動が自主的かつ活発に行われますよう、活動交付金やコミュニティ活動活性化補助金の上乗せを行う予定にいたしております。

 また、まちづくりは人づくりと言われるように地域における人材育成が急務でありまして、ライフサポーター登録制度や人づくり・場づくり事業の有効活用、ボランティア活動の拠点となっております地域福祉センター内のボランティアセンターの機能強化、さらには広い視野に立って国際的感覚を養うため早島町国際交流協会が自主的に行う事業に対して積極的に支援してまいりますとともに、青少年の国際的人材育成の一環である外国人英語教師招致事業や熊本県千丁町との文化交流事業を引き続き行ってまいります。

 これらの事業を始め、これから申し上げる各種施策を計画的・効率的に実施していくことが重要でありまして、「第3次早島町総合計画」が確実かつ有効に機能するため、あえて本計画に総合計画の推進を位置づけさせていただくものであります。

 次に、「ふれあいと思いやりのまちつくる」施策といたしましては、子どもから高齢者に至るまで、町民一人ひとりが住みなれた地域でいつまでも健康で豊かに暮らしていけるよう、相互扶助の精神のもと、触れ合いと思いやりを持った取り組みが大切であると思っております。

 今日、全国的な長寿社会を迎え、本町におきましても高齢化が進行しておりまして、総合的な支援計画であります「はやしま健康豊寿創造プラン」に基づき多様な福祉サービスに努めてまいる所存でございます。

 一昨年の4月に在宅福祉の拠点であります「地域福祉センター」がオープンをいたしまして、社会福祉協議会ではデイサービス事業でありますとか、在宅介護支援事業、ホームヘルパー派遣事業等に取り組んでおります。1年が経過しようとしております介護保険事業につきまして、居宅支援サービス事業、居宅介護サービス事業を通じて介護認定者に対し、訪問介護、通所介護などのサービス給付事業を行って高齢者の支援に努めているところでございます。

 この介護保険制度の利用状況でありますが、社会福祉協議会を始めとした介護施設全体での数値で申し上げますと、昨年末現在253人の認定者数に対しまして、延べ4,200件余りのサービスが提供されたという結果になっております。このほか、社会福祉協議会では高齢者の生きがいづくりと社会参加の支援のために「ふれあいサロンづくり事業」や「福祉のまちづくり事業」を積極的に進めていく予定にいたしております。

 また、介護予防のための生活支援につきましても「はやしまドリームハウス」の施設整備を図り、福祉サービスの一層の充実に努めてまいりたいと考えております。

 何れに致しましても、健康で長寿社会を迎えるためには「自分の健康は自分でつくる」という意識に立って、自らが健康状態を把握し、健康づくり、疾病予防に心がけることが大切であります。

 本町では、ゆるびの舎内に保健婦常駐の健康づくりセンターを設置して生活習慣病予防対策を始め、老人保健事業や母子保健事業などの各種検診や健康教育、健康指導を推進いたしますとともに、健康づくり推進委員さんのボランティア活動を支援して住民の健康の保持・増進に努めてまいります。

 現在、社会はストレスのたまりやすい状況であります。心身の健康は日常的な生活習慣によって維持・増進されるものでありますが、思春期を迎えた中学生においては情緒が不安定となりがちであり、家族や友達に相談できにくい悩み事などを気軽に相談できる環境とするため、「心の相談員」を引き続き配置することにいたしております。

 また、心身の健康とあわせてすべての人々がお互いの人権を尊重し、差別のない明るい社会を築いていくことが地域における重要な課題であると思っております。

 現代社会では、幼児虐待、青少年のいじめ問題を始め、セクシュアルハラスメントやドメスティック・バイオレンスなど、一般的想像を超えた新たな人権問題が発生いたしておりますが、学校教育、社会教育を通して児童・生徒はもちろんのこと、地域の方々に対して人権問題を正しく理解してもらうため、人権に関する講座の開催、人権啓発事業を積極的に推進してまいりたいと思っております。

 また、平成14年度には、精神障害者への居宅支援事業が市町村に委譲されることになっておりますが、本町では障害者(児)の主体的な社会参加の自立に向けて、知的障害者(児)地域福祉作業所「つばさ工房」の活動や絵画展、作品展の実施など教育文化活動に引き続き支援してまいります。さらに、公共物設置における段差の解消を始め、心のバリアフリー化についても推進してまいりたいと考えております。

 現在、社会的な問題となっております少子化対策でありますが、幼稚園東分園で「あずかり保育」の実施や旧西駐在所での「ふれあいサポートセンター」を核として子育て支援事業を積極的に推進していくこととしております。

 また、少子化対策と関連の深い、男女共同参画社会の実現に向けて町民の皆さんに周知していただくため「早島町男女共同参画社会行動計画」を策定をいたしまして、男女共同参画社会形成の促進と、各種の啓発事業を積極的に進めていくことにいたしておりまして、この2つの重要施策に関しましては、的確な対応を図るため、庁内の推進体制を見直してまいりたいと思っておるところでございます。

 次に、「うつくしいまちをつくる」の施策でありますが、昨年4月から施行されております容器包装リサイクル法に続き、本年4月から家電リサイクル法が施行されることになっております。本町におきましても、ごみの減量化やリサイクルの推進に努め、地球環境問題への意識の高揚を図っていくことが重要であります。このため、本町で制度化いたしております「早島町をきれいにする条例」「早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例」「早島町自転車等駐車場条例」などによりまして、町内の生活環境を清潔に保つとともに、資源循環型の社会形成と公衆衛生の向上に努めてまいりたいと考えております。

 このほか、継続事業であります町を美しくする運動推進事業、ゴミ減量化促進に伴うリサイクル事業、電気式生ゴミ処理機購入事業等に補助を行いまして、より一層の再生資源の利用促進に努めてまいりたいと思っております。

 また、うつくしいまちづくりに欠かせないものとして、景観が重要なウエイトを占めておりまして、本町では、金毘羅往来となった沿線に古民家が美しい町並みを形成しておりまして、干拓の名残りである水路群が町内を縦横に流れております。こうした景観はかけがえのない貴重な財産でありまして、古民家建造物や水辺空間の保全・活用を推進するとともに、都市計画マスタープランに基づき、施設整備のあり方や美しい空間の形成に努めてまいりたいと思っております。

 次に、「学び楽しめるまちをつくる」の施策といたしましては、学校教育と社会教育の充実のもと、学校、家庭、地域が連携して文化・スポーツ・奉仕活動などを積極的に体験できるよう支援していくことが重要であると認識しておりまして、小学校では国際理解教育の一環として、外国語習得能力の向上を目的とした外国語指導員の配置でありますとか、情報教育としてスクールサポート事業の活用や地域の人材を講師として、地域に学ぶ総合的な学習の推進を図ってまいります。また、中学校におきましては、パソコン教室の開放事業や学校評議員会の設置により、開かれた学校づくりに努めてまいりますとともに、情報教育の充実を始め、地域のさまざまな職場での体験学習を通じて進路に対する関心を高めることや生きる力を養うための職場体験学習事業を進めることといたしております。

 近年、青少年を取り巻く環境には憂慮すべき課題が多く山積をいたしておりまして、地域・学校・家庭が一体となって青少年の健全育成に取り組むことが必要でありまして、青少年に向けた活動とともに、家庭での役割が大きい保護者に対しましても家庭づくりのための啓発活動や相談体制を充実してまいりたいと考えております。

 また、生涯学習施設であります中央公民館や図書館を多くの方々が利用されておりますが、更に充実したものとするため、ライフサポーターの人材活用でありますとか、近隣の大学などと連携して公開講座の充実に努めてまいりたいと思っております。

 21世紀は「文化の時代」であるとも言われております。早島文化の発信拠点となっております「ゆるびの舎」、「いかしの舎」を会場に、年間を通して音楽等のコンサート、演劇、落語、狂言、講演会等を始め幅広いジャンルで各種の文化事業を引き続き展開してまいりますとともに、多くの町民の方が気軽に芸術に親しむことができますよう、「まちかどサロン」を開設して、芸術・文化関係者の作品展示や文化クラブ・グループの発表の場として提供していくよう努めてまいりたいと思っております。

 また、ゆるびの舎では、公共ホールのネットワーク化を図り、演劇制作の研修と住民への観賞機会の提供を推進するため、演劇制作ネットワーク事業への参画を計画いたしておるところでございます。

 このほか、花ござ手織り伝承館、歴史民俗資料館を活用し、後継者の育成と本町固有のい草・畳表の保存・活用などの推進を図ってまいりたいと思っております。

 平成17年度には、岡山国体が開催されます。デモンストレーションスポーツ競技であるソフトバレーボールの開催地が本町となっておりまして、その機運を盛り上げるため、積極的にソフトバレーの普及に努めてまいりますとともに、スポーツ広場など各種のスポーツ、レクリエーション活動を推進して、明るく活力にあふれた地域社会の実現を目指してまいりたいと思っております。

 次に、「快適にくらせるまちをつくる」の施策につきましては、町民一人ひとりが安全で安心して快適に暮らせる生活環境を整えることを目途に各施策を展開することといたしておりまして、現在策定中であります「都市計画マスタープラン」に基づきまして、調和のとれた土地の総合的、計画的な利用・調整を図るとともに、自然環境や農地の保全など、適切な土地利用を誘導していき、自然と調和した豊かな住環境の形成を図ってまいりたいと思っております。

 また、本町は早島インターチェンジを中心とした交通の要衝となっておりまして、朝夕の通勤ラッシュ時には通過交通が町道に流入するなど交通事情が悪化しております。このような状況の中で、新しい玄関口として整備してまいりました駅前広場につきましてアクセスする都市計画街路「早島駅前線」の早期完成に向けて引き続き努力してまいる所存であります。この街路と接する駅前西筋の町道223号線につきましても調査を行い、通過交通の排除に向け、早い時期の工事着手・完成を目指してまいりますとともに、継続工事で進めております役場東から千間筋までの町道663号線を始め、町道429号線などの生活関連道路の整備を実施することといたしております。

 これらの道路整備にあたっては、高齢者や交通弱者に配慮した構造とすることは勿論のことでございますが、高齢社会への対応として、高齢者、とりわけ障害を持った高齢者の外出時に必要な足の確保に向けまして、福祉タクシー事業の対象範囲を拡大をしてまいりたいと考えております。

 また、交通対策上の観点に立つだけでなく、公園や憩いの空間などにつきましても、バリアフリー化を進めるとともに、ネットワーク化を図ってまいりたいと考えております。

 近年、各地で有感地震が多発しておりますが、住民の安全を守るため早島町地域防災計画により、防災マップの周知徹底に向けて啓発や水路・ため池の改修、消防団や住民自主防災組織の充実に努めますとともに、小山団地内に防火水槽を設置し、防災体制の強化に努めてまいりたいと考えております。

 21世紀は高度情報化の時代とも言われております。本町では、昨年4月より職員1人に1台のパソコンを設置し、庁内LANを構築して情報の共有化を進めておりますが、本年度、例規検索システムと会議録検索システムを導入して、更なる事務事業の効率化を図りますとともに、全国的な展開となっております住民基本台帳ネットワークシステム導入の準備を開始することとしております。

 国におきましても、IT基本戦略として2003年度までに国と地方公共団体間の総合行政ネットワークを確立することとしておりますが、本町におきましても、本年度このネットワークの実証実験に参加することとしておりまして、ほかに先駆けた「電子自治体」の構築に向けて取り組むことといたしております。

 一方、町内の住民の方々に情報を提供していくためのネットワークシステムでございますが、高速で低廉な情報通信手段を整備していくことが肝要であります。既存の有線あるいは無線など、総合的に費用対効果を勘案して整備に取り組んでまいりたいと思っております。

 また、4月より中央公民館におきましてパソコンの初心者約480名を対象とした「IT講習会」を開催いたしまして、デジタル・デバイドの解消に努めてまいることとしておりますので、多数の御参加をいただきたいというふうに願っております。

 最後に、「活力あるまちをつくる」ための施策でありますが、設備投資は製造業を中心に増加しておりますが、個人の消費は、一部に明るい動きが見られますものの、雇用・所得環境の改善はおくれておりまして、景気回復に向けた確かな動きは見られない状況にあるようでございます。中小企業低利融資の限度額を引き上げますとともに、個人消費の購買意欲を高めるために商工会が行います「プレミアム付商品券の発行事業」や「後継者育成事業」を始めとする各種商工会主催事業に助成を行ってまいりたいというふうに思っております。

 また、にぎわいを持つという観点から、集客力がある「花ござ祭り」や「桜まつり」などのイベントを通じて、本町の地場産業の特産品をPRしていくため、商工会を始め関係団体に引き続き助成を予定しておるところでございます。このほか、市町村観光案内所のネットワーク化に対応するため、観光ボランティアを育成し、伝統産業や史跡などの案内ができる環境を整え、観光面でもPRに努めてまいりたいと考えております。

 商店の活性化と合わせて、近年農業を取り巻く環境は、農作物の市場開放、担い手不足、高齢化問題等厳しい状況にありますが、「早島町農業経営基本構想」のもとに、農地の流動化の促進、認定農業者の支援を始め、景観形成作物に対する助成や農業生産活性化活動に対して助成を行い、農地の多面的な利用促進と都市型農業の推進を図ることといたしております。

 また、農業経営基盤強化のため、農業近代化資金及び農業経営基盤強化資金の利子補給を行うとともに、経営対策体制整備マスタープランを作成し、後継者の育成に向けた環境整備を図ってまいることとしております。

 昨年完成した「ふれあい農園」につきましては、適正な維持管理に努めますとともに、利用者に対して土づくりや農園栽培等の指導を引き続き行うこととしております。また、水路しゅんせつ工事を行い、潤いのある基盤整備に努めてまいる予定にしております。

 平成13年度は本町にとりましても引き続き厳しい行財政運営となりますが、町民の方々が安心して暮らせる快適な居住環境の実現のため、諸施策を推進してまいりたいと決意を新たにいたしておるところでございます。

 以上、施策に基づきまして諸事業を進めるため、今回提案をいたします平成13年度予算は、一般会計におきまして41億9,270万円、水道事業会計におきましては、収益的収入1億5,528万2,000円、同支出1億5,433万6,000円、また資本的収入及び支出では、資本的収入90万円、同支出4,280万円を計上いたしておりまして、収入額が支出額に対しまして不足する額4190万円は、当年度分消費税資本的収支調整額170万円、過年度分損益勘定留保資金3,020万円及び建設改良積立金1,000万円で補てんをするものでございます。

 特別会計では、国民健康保険特別会計予算において7億2,923万5,000円、老人保健特別会計予算において11億4,177万2,000円、介護保険特別会計予算において4億5,501万1,000円、公共下水道事業特別会計予算6億1,874万1,000円をそれぞれ計上いたしております。

 一般会計と水道事業会計及び4特別会計の合計は73億3,459万5,000円となりまして、対前年比といたしまして3.4%の減額となっております。

 また、一般会計予算の分類別の内容につきましては、義務的経費として7億82万4,000円、その他国県補助事業費5億502万9,000円、基準行政運営費として16億3,423万5,000円、単独行政施策費として13億5,261万2,000円となっておりまして、本町におきましては行財政改革の一層の推進を図りながら、住民参加のまちづくりに向けて第3次早島町総合計画を最大限活用して地域の諸課題に積極的に取り組んでまいる所存でございますので、町議会の皆様を始め、町民の方々の御理解を賜りますよう何卒よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 続きまして、平成13年度予算の一般会計から順次概要につきましては、それぞれ担当課長から説明をさせますので、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 以上でございます。大変ありがとうございました。



○議長(寺山邦夫君) 各担当課長の補足説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、平成13年度一般会計につきまして、各担当別に御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第19号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算

 平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ41億9,270万円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

  (一時借入金)

 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2億円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(報酬及び賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 まず、「第1表 歳入歳出予算」についてでございますが、参考資料としてお配りいたしております平成13年度早島町一般会計歳入歳出一覧表で、本年度予算額と前年度予算額との比較、増減、予算総額に対する各款の構成比及び各款の中で節の経費の占める割合並びに人件費の内訳、性質別内訳等ごらんいただいていると思いますので、第1表につきましては説明を省略させていただきまして、後ほど事項別明細によりまして御説明を申し上げたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 「第2表 地方債」でございますが、起債の目的及び限度額では、1総務債の1街路灯施設整備事業債で2,250万円、2減税補てん債で2,000万円、3臨時財政対策債で8,390万円、2土木債の1道路改良事業債で1,130万円で、限度額の合計が1億3,770万円でございます。

 起債の方法では、普通貸借または証券発行、利率は5%以内で、ただし利率見直し方式で借り入れる資金について利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率ということでございます。

 償還の方法は、政府資金については、その融資条件により銀行その他の場合には、その債権者と協定するところによる。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、若くは繰上償還または低利に借換えすることができるというものでございます。

 先ほどの利率のところで申し上げましたが、見直し方式によるものでございますのは、財源対策債と臨時財政対策債でございます。

 次に、16ページをお願いいたします。このページ右半分に、本年度予算額の各款について財源内訳が記載してありますが、一番下の歳出合計の欄で見ますと、右端の一般財源が36億8,982万3,000円で、総額の88%、特定財源の内訳では国県支出金で2億2,279万2,000円で5.3%、地方債3,380万円で0.8%、その他の財源が2億4,628万5,000円で、5.9%といった構成になっております。

 次に、歳入歳出予算の各款にわたって共通する点について概略を御説明申し上げます。

 まず、歳入でございますが、国の地方財政計画によりますと、地方税全体で1.5%の増、このうち市町村税では1%の増と見込まれておりますが、各地方公共団体はそれぞれの地域における経済の実勢等に差異があることなどを踏まえ、適正な収入の見込みを行うこととされております。

 本町の予算におきましても、1款町税から9款地方交付税まではおおむねこれらを勘案して計上をさせていただいております。

 国県支出金につきましては、一般財源化が行われる事業も予想されることから、国、県の予算措置等の状況に十分留意しながら、確実性のある収入見込み額によりまして計上いたしておるところでございます。

 次に、歳出でございますが、人件費では特別職の報酬、給料につきましては、現行条例に基づき計上いたしております。

 一般昇給につきましては、1月1日の現員現給を基準に算出をいたしまして、給与改定留保分といたしまして1%を加算した額で計上いたしております。

 諸手当につきましては、条例、規則で定められた現行額で計上し、超過勤務手当につきましては、基準財政需要額に算定されております給料年額の7%で計上をいたしております。

 経常的な行政運営費につきましては、原則といたしまして一般財源ベースで前年度予算の範囲内とするという方針で予算編成をいたしております。

 また、各課の電算に関する経費のうち、一般会計ではハードの部分につきまして、総務費の10目電子計算費として新設し、計上をいたしております。

 以上、一般会計予算の共通する部分につきまして、概略を御説明申し上げましたが、詳細につきましては事項別明細によりまして御説明を申し上げます。

 それでは、事項別明細の歳出から御説明申し上げます。

 まず、1款議会費では8,861万7,000円で、前年度に対しまして493万5,000円の減額でございます。

 1項議会費、1目議会費も同額でございます。このうち主なものといたしまして、議員報酬、事務局職員の給料等の人件費、9節旅費では特別旅費367万7,000円、13節委託料では会議録調製委託料422万7,000円、19節の負担金補助及び交付金では、町村議会議長会負担金130万4,000円、研修費130万円等でございます。

 次に、2款の総務費でございますが、7億7,057万5,000円で、前年度に対しまして4,331万6,000円の減額でございます。

 1項総務管理費、1目一般管理費では2億1,975万8,000円で、前年度に対しまして1,367万4,000円の減額でございます。主なものといたしましては、特別職、一般職の給料、職員手当、共済費等の人件費、それから7節賃金で臨時職員の人夫賃437万5,000円、9節旅費で特別旅費150万4,000円でございますが、これは特別職、一般職を含めました各種陳情等の経費でございます。11節の需用費でございますが、法令加除等の消耗品680万5,000円、各種用紙等印刷費で95万4,000円、12節の役務費では職員健康診断、金融機関に支払う振替手数料等の手数料103万8,000円、全国町村会総合賠償保険等の保険料96万9,000円、13節委託料では町例規システム電算処理委託料で244万7,000円、再生適正紙搬送及びごみ収集等委託料378万3,000円を計上いたしております。次の文書管理改善計画策定委託料581万円でございますが、これは情報公開に向けて文書の管理を適正に行うためのマニュアルの作成等の委託料でございます。19節負担金補助及び交付金では、市町村職員退職手当組合負担金5,177万2,000円、研修費74万7,000円、福利厚生費287万4,000円を計上いたしております。

 3目の財政管理費でございますが、161万7,000円で前年度に対しまして857万7,000円の減額でございます。主なものといたしまして、11節需用費で用紙代等消耗品42万3,000円、予算書の印刷代55万円を計上いたしております。前年度では、財務会計システムの電子計算機借料を計上しておりましたけれども、13年度から10目の電子計算費へ組み替えをいたしております。

 次に、4目の会計管理費でございますが、259万2,000円で前年度に対しまして2万円の増額でございます。主なものといたしまして、7節の賃金175万円、11節需用費で決算書等印刷代44万7,000円でございます。

 次に、5目の財産管理費でございますが、4,927万4,000円で前年度に対しまして3,829万7,000円の減額でございます。主なものといたしましては、庁舎の維持管理に係る経費として、11節需用費で燃料費287万円、光熱水費669万7,000円、修繕料270万円を計上いたしております。12節の役務費では、電話料等の通信運搬費227万4,000円、公共施設の建物火災保険料210万4,000円、13節の委託料では庁舎の清掃管理委託料748万5,000円、町内各所の町有地等の維持管理のための委託料400万円、町有地登記事務委託料といたしまして315万円、空調設備保守点検委託料168万円等を計上いたしております。25節の積立金でございますが、各基金の預金利子の積立金667万1,000円をそれぞれ計上いたしております。

 28節の繰出金では、土地開発基金預金利子積立金123万3,000円を計上いたしております。

 7目の交通安全対策費でございますが、198万8,000円で、前年度に対しまして20万円の減額でございます。主なものは、チャイルドシートの購入助成金80万円等でございます。

 8目の行政整備基金費では3,980万円で、前年度に対しまして100万円の増額でございます。これはふるさとづくり基金積立金でございます。

 11目の諸費でございます。4,323万3,000円で、前年度に対しまして515万3,000円の減額でございます。主なものといたしましては、11節需用費で防犯灯、街路灯の光熱水費292万9,000円、修繕料150万円、15節の工事請負費で駅前線等の歩道照明灯の設置工事費3,038万9,000円、19節の負担金補助及び交付金でございますが、備南競艇事業組合負担金277万6,000円、倉敷地区防犯連合会補助金39万6,000円等を計上させていただいております。23節の償還金利子及び割引料でございますが、法人町民税等の還付金350万円を計上いたしております。

 2項の徴税費、1目税務総務費で5,999万7,000円で、前年度に対しまして1,089万円の増額でございまして、主に職員の人件費でございます。

 2目の賦課徴収費でございますが、5,635万6,000円で、前年度に対しまして517万9,000円の減額でございます。主なものは、8節の報償費で前納奨励金2,440万円、11節の需用費で納税通知書等の印刷製本費355万4,000円、12節の役務費では納付書郵送料等として通信運搬費205万8,000円、13節委託料でございますが、電算処理委託料1,038万2,000円、15年度の土地の評価がえに係る土地鑑定評価委託料611万2,000円、14節使用料及び賃借料では電子計算機借料774万8,000円、19節負担金補助及び交付金で市町村税整理組合負担金として119万2,000円を計上いたしております。

 次に、3項戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費でございますが、3,686万6,000円で、前年度に対しまして1,087万8,000円の増額でございます。主には職員の人件費のほか、13節委託料で従来からの電算処理委託料138万5,000円に加えまして、全国市町村の住民基本台帳ネットワーク化するための処理委託料1,282万1,000円、14節の使用料及び賃借料では電子計算機借料172万4,000円を計上いたしております。

 4項選挙費、1目選挙管理委員会費でございますが、125万2,000円で、前年度に対しまして18万7,000円の減額でございまして、これは選挙管理委員会の運営経費を計上いたしております。

 2目選挙啓発費では、明るい選挙の啓発として前年度と同額の29万8,000円を計上させていただいております。

 3目参議院議員選挙費では、13年度に執行されます参議院議員選挙に係る執行経費として396万3,000円を計上いたしております。主なものとしまして、3節職員手当等で超過勤務手当183万8,000円、11節需用費では消耗品費21万6,000円、12節役務費の通信運搬費55万7,000円等を計上いたしております。

 6項監査委員費、1目監査委員費では130万4,000円で前年度と同額を計上いたしております。内容といたしましては、前年度とおおむね同様でございます。

 以上、議会費、総務費の一部につきまして概略御説明申し上げましたが、41ページの2目の文書広報費から企画振興課長が御説明申し上げますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 企画振興課長。



◎企画振興課長(森安茂彦君) 失礼いたします。それでは引き続きまして、41ページの2目文書広報費につきまして概要を御説明申し上げます。

 この文書広報費でございますが、平成12年度まではOA機器に係る消耗品や電子複写機の使用料をこの費目に計上いたしておりましたが、平成13年度より49ページの新たに設けました10目電子計算費に組み替え、今回から公聴広報に係る予算を文書広報費といたしまして整理させていただいたものであります。

 今回、文書広報費といたしまして1,789万6,000円を予算計上いたしておりますが、本年度の主立ったものを御説明申し上げます。

 8節報償費345万5,000円でありますが、広報紙等の配布をお願いいたしております世話人さんへの謝礼を計上いたしております。11節需用費で1,262万3,000円を計上いたしておりますが、広報活動に必要なフィルム代など消耗品費といたしまして28万5,000円を、また広報紙や広報紙搬送用の封筒の印刷作成に係る費用並びに本年度新たに予定しております「町民便利帳」の作成に必要な印刷製本費1,227万9,000円が主なものでございます。12節の役務費70万6,000円は毎週火曜日にFMくらしきの生放送を通じまして、町政に関する新しい情報の提供を行うための広告料でございます。13節委託料でありますが。広報紙「しゅうほう早島」を世話人さん宅まで搬送していただくための委託料96万円を計上いたしております。

 次に、44ページをお開き願います。6目企画費でありますが、本年度予算額8,074万7,000円となっておりまして、対前年比で1,383万6,000円の減額となっております。減額の主な要因でありますが、第3次早島町総合計画が平成12年度に策定完了となるため、この経費に係る減額と電子計算関係の使用料を10目電子計算費に組み替えたものが主たる要因でございます。

 それでは、企画費の主立ったものにつきまして御説明を申し上げます。

 1節報酬でありますが、人づくり場づくり基金運営委員会委員さん5名分の報酬8万5,000円を計上いたしております。2節給料から7節の賃金までにつきましては、企画振興課職員5名分と臨時職員1名分の人件費を計上いたしております。8節報償費372万9,000円を計上いたしておりますが、IT講習会32講座に要する講師謝礼345万6,000円と自治会活動地域リーダー養成講座でありますとか、男女共同参画社会に向けた講演会の講師謝礼でございます。45ページに参りまして、9節旅費42万2,000円のうち、費用弁償23万4,000円でございますが、IT講習会の講師派遣旅費が主なものでございます。11節需用費162万5,000円でありますが、主なものといたしましては、印刷製本費に129万5,000円を計上いたしておりまして、IT講習会のテキスト代や男女共同参画行動計画書の印刷代となっております。13節委託料893万5,000円でいかしの舎運営委託料、前年同額の883万円を、またIT講習会の機器環境設置委託料に10万5,000円をそれぞれ計上いたしております。14節使用料及び賃借料84万7,000円につきましては、いかしの舎土地借料で77万2,000円、電子計算機借料と記載しておりますが、IT講習会場のイーサーネットルータ使用料で6万円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金2,071万1,000円の主なものでありますが、まず補助金といたしまして人づくり場づくり事業助成金といたしまして350万円を計上いたしております。また、町内29の自治会、町内会への補助金といたしまして、自治会等活動推進費補助金517万9,000円、地区集会施設設備整備費補助金606万円、自治会等活動備品整備費補助金30万円及び自治会自らが取り組み事業を支援させていただくために、自治活動活性化補助金といたしまして120万円をそれぞれ計上させていただいております。それから、早島町国際交流推進活動補助金110万円は、早島町国際交流協会が主催する中国文化交流フェスティバルと平成9年から交流が行われております上海威海路第3小学校との国際交流事業に対しましての補助金となっております。また、中国文化交流実行委員会補助金50万円は、中国文化交流フェスティバルのメインゲストとなります中国江西省の曲技団を誘致するため、岡山県の日中懇話会に支払う補助金であります。

 次に、交付金といたしましては、町を美しくする運動推進協議会に170万円を交付することといたしておりまして、県道駅前線をフラワーロード化するための経費20万円を加えた金額となっております。また、姉妹都市縁組推進事業交付金につきましても、熊本県千丁町との交流をより友好的なものにしていくため、20万円をアップさせていただき、70万円を予算計上させていただいております。それから、早島町国際交流協会交付金20万円は、協会の自主活動に支援を行ってまいるものであります。

 次に、49ページをお開きいただきます。先ほど来から申し上げております10目電子計算費でありますが、庁舎内におきましては庁内ネットワークシステムを初め、住民基本台帳システムや財務会計システムなど多くの電算機器が稼働いたしておりまして、予算、決算上、支障のない範囲内で一括計上するため、新しく設けた費目でございます。なお、庁内ネットワークシステム以外のシステムにつきましては、ハード部分にかかわる予算計上いたしておりまして、ソフト部分につきましては、それぞれの担当課で予算計上をいたしております。

 それでは、電子計算費3,948万円につきまして、順次御説明を申し上げます。

 8節報償費3万円と9節旅費8万7,000円でありますが、各課の若手職員で構成しておりますインフォメーションリーダー連絡会議におけます情報化研修の講師謝礼と例規検索システムや会議録検索システムを導入するに当たって、県内等の先進地視察に要する旅費を計上させていただいております。11節需用費258万円でありますが、消耗品費といたしまして228万円を計上いたしておりまして、インターネット上に掲載しておりますホームページに係るもので41万円、庁内LANに係るもので31万1,000円、ネットワークのプリンターに係るもので80万7,000円、輪転機で22万4,000円、それから再生紙のコピー用紙代で52万8,000円が内訳となっております。それから、修繕料30万円につきましては、既存のリソグラフ、カラーコピー修繕料10万円と新たに計上いたしました庁内ネットワーククライアント修繕料の20万円が内訳となっております。12節役務費4万6,000円は、電算室スイッチングハブ遠隔修復サービス用のISDNに係る通信運搬費でございます。13節委託料254万6,000円は、庁内ネットワークシステムのバージョンアップ作業委託料と平成12年度まで総務課で予算計上いたしておりました財務会計システムと人事給与システムの資料半年分をそれぞれ計上いたしております。14節使用料及び賃借料3,166万円でございますが、電子複写機使用料470万9,000円は、1階に設置しております大型図面コピー機と上下水道課、総務課、印刷室に設置してあります電子複写機に加えまして、今年度より戸籍、税務課の機器7台分の使用料となっております。また、平成13年度が最終年度となりますワードプロセッサー1台分の使用料で24万6,000円を計上させていただいております。次に、電子計算機借料2,639万円でございますが、庁舎内ネットワークシステム関係で785万7,000円、岡山情報ハイウェイ利用関係で333万6,000円を、それから今まで総務課で計上いたしておりました財務会計システム使用料につきまして、9月までの半年分使用料428万8,000円を組み替えて計上いたしております。同じく電算室のサーバーを初め町民生活課、保健福祉課、税務課、総務課、健康管理システムのそれぞれの端末機使用料を取りまとめた住民基本台帳オンラインシステム使用料といたしまして702万8,000円を、またこれから新規に導入となります住民台帳ネットワークシステムの3カ月分の使用料75万6,000円を計上いたしております。さらには、例規検索システム、会議録検索システムの導入に対しまして、それぞれ使用料を142万2,000円、115万8,000円計上いたしますとともに、同システムのサーバー使用料54万5,000円を合わせて計上いたしております。下段にあります輪転機使用料は前年度同額の31万5,000円を計上いたしております。それから、15節の工事請負費135万円でありますが、先ほどお話し申し上げました住民基本台帳ネットワークのLAN工事で30万円とゆるびの舎健康づくりセンターにおきます健康管理システム接続工事105万円となっております。それから、50ページの19節負担金補助及び交付金118万1,000円でありますが、岡山情報ハイウェイギガビット自設線保守管理負担金37万9,000円と、国において進められようとしております総合行政ネットワーク実証実験事業負担金75万2,000円が主たるものであります。

 次に、恐れ入りますが、統計調査総務費の御説明をさせていただきますので、56ページをお開き願いたいと思います。1節報酬41万2,000円は事業所企業統計調査と工業統計調査における調査員さんの報酬でございます。3節職員手当等2万7,000円は統計従事職員の超過勤務手当でありまして、9節旅費4万1,000円も各種統計事務説明会に要する普通旅費を計上させていただいております。11節需用費8万8,000円、12節役務費1万円、14節使用料及び賃借料4,000円は統計事務に要しますそれぞれの経費を計上させていただいております。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午後0時0分 休憩

            午後1時0分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 理事。



◎理事(山崎勝元君) それでは、47ページをお開きを願いたいと思います。

 9目町民総合会館費につきまして、その概要を御説明を申し上げます。

 本年度1億1,355万6,000円で、前年度対比536万4,000円の減額となっておりまして、その主なものにつきまして御説明を申し上げますと、2節の給料1,241万9,000円で、前年度対比は579万1,000円の減額となっておりますけれども、これにつきましては12年度、4名分の給料を計上しておりましたけれども、13年度は1名減の3名分を計上したことによるものでございます。次に、7節の賃金1,078万2,000円は、前年度対比213万6,000円の増額となっております。これは職員数は変わっておりませんけれども、嘱託職員2名分の賃金の変更に伴う増額でございます。8節報償費の158万円は、各種講演等に係る講師の謝礼として、これは12年度と同額を計上いたしております。9節旅費の70万5,000円は、前年度対比41万2,000円の増額となっております。これは主に13年度におきまして、演劇制作ネットワークへの取り組みを計画をいたしておりまして、そのための県外出張分を計上いたしております。11節需用費では、昨年とほぼ同額の2,500万1,000円を計上しております。そのうち、消耗品費で268万3,000円は前年対比14万8,000円の減額となっております。主に事務用品、衛生用品、ホール、トレーニングルームあるいはバーディールーム等の消耗品に係るものでございます。次の燃料費396万9,000円は前年度対比44万1,000円の増額となっておりまして、これは冷暖房用の燃料代でございます。次に、印刷製本費268万3,000円は前年度対比77万2,000円の減額となっておりまして、主に封筒、利用券、回数券、領収書、こういったものの印刷代でございます。光熱水費1,470万円は前年度と同額で電気代及び上下水道代でございます。

 次に、48ページ、12節でございます。役務費256万円は前年度対比75万円の増額となっております。これは13年度新たに広告料70万円を計上させていただきました。御承知のように、年々利用者や入場者が増加はしておりますけれども、なお一層の利用の促進や入場者の確保を図りたいというふうに考えております。次に、13節委託料3,907万6,000円は前年度対比123万9,000円の減額となっております。このうち主なもので、清掃委託料の522万5,000円につきましては、前年度対比8万5,000円の増額となっています。これは館内の清掃、建物の周辺の清掃あるいは植木の剪定などの経費として計上いたしております。また、イベント委託料といたしまして900万円を計上いたしておりますけれども、イベントの実施回数といたしましては、笑いの館にふさわしい内容のものを中心といたしまして、おおむね12年度並みの13本から14本ぐらいを実施をいたしたいというふうに考えてございます。次に、空調設備保守点検委託料は12年度と同額の299万3,000円を計上いたしております。それから、文化ホール施設管理委託料の451万5,000円は、前年度対比47万2,000円の増額となっております。これにつきましてはホールの保守管理につきましては、5種類あるわけですけれども、そのうちの吊り物を中心とする舞台機構の安全確保をする必要性から保守点検を年3回から5回に変更いたしたいと考えておりまして、そのための増額となるものでございます。次に、トレーニングルーム管理運営委託料504万円は、前年度対比22万円の減額となっております。これは夏季の利用時間の変更により減額となるものでございます。バーディールーム管理運営委託料につきましては、12年度と同額でございます。次に、メンタルヘルス機器保守点検委託料325万5,000円は、業者といろいろ交渉をいたしました結果、前年度対比63万円、減額することができました。ホールの操作委託料350万円につきましては、前年度対比28万円減額となっております。これは内容により異なるわけですけれども、できるだけ職員により対応できるものは対応して経費の節減を図る、こういう目的でございます。14節の使用料及び賃借料203万4,000円につきましては、前年度対比7万5,000円の増額となっております。これは12年度の実績をベースに計上いたしてございます。ただ、その他使用料の20万円、これは自主事業の実施に際しまして、楽器等の借り上げに要する経費を今回新たに計上させていただきました。18節の備品購入費の130万4,000円につきましては、前年度対比81万2,000円の増額となっておりますが、主にはホール内の備品の充実を図りたいというふうに考えてございます。次に、19節負担金補助及び交付金619万円につきましては、前年度対比319万円の増額となっております。13年度、公共ホールの連携による演劇制作ネットワーク事業を計画をいたしておりまして、このための予算として400万円を計上をいたしました。

 以上、町民総合会館費につきまして概略を申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いをいたします。

 引き続きまして、民生費につきましては保健福祉課長より説明を申し上げます。失礼をいたしました。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、続きまして、民生費、衛生費について所管の予算の概要を御説明申し上げます。

 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費で2億6,863万3,000円で、前年度に比較しまして337万7,000円の減額でございます。主なものは給料等人件費関係で、町民生活課4名分、保健福祉課8名分の合計12名分を計上いたしております。7節賃金350万円では、国民年金専門員、一般事務補助員2名分の人夫賃でございます。そのほか11節需用費132万5,000円では消耗品費115万3,000円、これは年金関係の電算処理用紙ほか事務用品等でございます。13節委託料4,589万6,000円では、国民年金関係の電算処理委託料220万円と社会福祉協議会へ委託を予定しております委託料4,357万6,000円を計上いたしております。この内訳は、地域福祉センター運営委託料1,407万4,000円、通所介護事業、生きがい活動支援通所事業でございますが、この委託料902万円、在宅介護支援センター運営委託料1,142万4,000円、軽度生活支援訪問介護事業委託料350万7,000円、配食サービス事業50万8,000円、敬老会事業350万円、訪問調査住宅改修事業139万8,000円、手話通訳派遣事業14万5,000円でございます。14節使用料及び賃借料85万8,000円は、国民年金システム及び福祉基本システムの電子計算機借料でございます。19節負担金補助及び交付金5,983万3,000円では、主なものといたしまして、地域改善対策補助金140万5,000円、民生児童委員活動促進費補助金237万9,000円、早島町社会福祉協議会交付金5,524万6,000円を計上しております。この内訳は、社会福祉協議会交付金3,355万3,000円、居宅介護支援事業費466万2,000円、訪問介護事業費810万9,000円、通所介護事業892万2,000円でございます。

 それでは、59ページでございます。21節貸付金2,000万円は勤労者低利融資貸付事業貸付金で預託額は岡山労働金庫1,400万円、中国銀行、岡山県信用組合、倉敷信用組合、各200万円となっております。28節繰出金5,090万4,000円では国保会計へ繰り出しする保険基盤安定繰出金2,041万8,000円、出産育児一時金繰出金240万円、国民健康保険財政安定化支援事業繰出金2,200万円、国民健康保険事務繰出金608万2,000円が主なものでございます。

 2目老人福祉費では、本年度予算1億7,954万8,000円、前年に対しまして2,192万9,000円の減額でございます。このうち主なものは、7節賃金80万7,000円、レセプト点検専門員の人夫賃でございます。8節報償費23万5,000円は老人ホーム入所判定委員会委員報償費、100歳記念品2名分を計上いたしております。11節需用費26万9,000円ではデイサービスホーム、ゲートボール関係で消耗品16万6,000円、福祉タクシーチケット印刷費ほかを計上いたしております。12節役務費150万5,000円のうち、通信運搬費70万8,000円、これは老人医療費受給資格通知、医療費通知の郵便料30万1,000円、福祉電話料、ファクス使用料等電話料で40万7,000円を計上いたしております。手数料79万7,000円では、緊急通報装置取りつけ手数料50台分63万円、介護支援手数料12万6,000円ほかでございます。13節委託料377万8,000円は、老人医療事務電算処理委託料97万7,000円、老人保護装置システム保守管理委託料8万4,000円、老人短期宿泊委託料103万4,000円、緊急通報サービス委託料130万5,000円、高齢者等寝具洗濯サービス委託料37万8,000円でございます。

 60ページでございますが、18節備品購入費69万3,000円は、緊急通報装置10台分の購入費でございます。19節負担金補助及び交付金2,402万8,000円は老人保護措置費等1,554万9,000円、老人クラブ補助金217万9,000円、シルバーセンター交付金630万円でございます。20扶助費1,394万1,000円は、単県の老人医療費186万円、敬老祝い金197名分、133万円、在宅寝たきり老人等介護手当403万2,000円、高齢者等住宅改造助成費166万5,000円、高齢者交通費助成費480万円等でございます。28節繰出金1億3,427万6,000円は、老人保健特別会計への繰出金5,772万1,000円、介護保険特別会計繰出金7,655万5,000円を計上いたしております。

 3目身体障害者福祉費4,230万8,000円は、前年度に対しまして787万1,000円の減額でございますが、主なものは7節の賃金34万4,000円で、療育指導人夫賃を計上しております。

 61ページでございますが、13節委託料192万2,000円のうち検診委託料151万6,000円は総合検診82万6,000円、療育指導69万円となっており、その他身体障害者短期保護事業委託料40万6,000円を計上しております。19節負担金補助及び交付金1,357万6,000円では更生援護施設措置費974万5,000円、知的障害者作業所通所交付金、これはつばさ工房でございますけれども、383万1,000円でございます。20節扶助費2,623万3,000円では、障害者医療費1,979万4,000円、重度心身障害者(児)日常生活用具給付等事業費184万1,000円、更生医療費164万9,000円、補装具給付費272万円、特定疾患患者交通助成費18万円等が主なものでございます。

 次に、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費で681万7,000円を計上しておりますが、前年度に対しまして513万6,000円の増額でございます。主なものは、7節賃金240万2,000円で、ふれあいサポートセンターの人夫賃、8節報償費20万円は会員研修費の講師等謝礼でございます。

 62ページでございますが、11節需用費85万6,000円では消耗品費で事務用品、資料作成用紙等印刷製本費21万4,000円で、封筒、会員募集チラシ等、光熱水費33万6,000円は水道代、電気代を計上いたしております。14節使用料及び賃借料121万5,000円では、電子計算機借料で児童手当システム45万5,000円、保育料システム使用料76万円を、18節備品購入費30万円では新生児対応チャイルドシート他ふれあいサポートセンターの備品購入費を計上しております。19節負担金補助及び交付金98万6,000円では子育てサポート活動補助金16万8,000円、たんぽぽ保育園への交付金76万8,000円等でございます。

 2目児童措置費1億7,541万4,000円は、前年度に対しまして2,861万4,000円の増額でございます。主なものは、13節委託料1億3,419万円、これは保育所委託料1億2,627万円、保育所法外委託料792万円でございます。19節負担金補助及び交付金257万3,000円では、延長特別保育事業補助金20万7,000円、乳児保育促進事業補助金225万5,000円等でございます。

 63ベージでございますが、20節扶助費3,861万9,000円では被用者児童手当1,236万7,000円、非被用者児童手当430万7,000円、特例給付費359万4,000円、被用者就学前特例給付費1,433万3,000円、非被用者就学前特例給付費396万8,000円が主なものでございます。

 3目母子福祉費142万3,000円では、前年度に対しまして67万3,000円の増額でございます。主なものは、20節扶助費で母子家庭医療費140万7,000円でございます。

 4目児童福祉施設費120万6,000円、これは前年度に対しまして27万円の増額でございます。主なものは、11節需用費の修繕料で遊園地遊具等修繕料55万円、13節委託料で草刈り伐採等委託料25万円、19節負担金補助及び交付金で自治会遊園地等に交付する児童遊園地整備費補助金25万円でございます。

 3項災害救助費、1目災害救助費では災害発生時の見舞い金30万円を前年度と同額計上させていただいております。

 64ページでございますが、4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費4,822万3,000円は、前年に対しまして536万3,000円の減額でございます。主なものは、職員給料等人件費関係で、保健衛生職員3名分を計上しております。7節賃金105万円は、訪問指導における訪問看護婦の人夫賃を計上しております。8節報償費280万5,000円では検診等の医師等報償費を、11節需用費158万9,000円では老人保健法に基づき実施する健康教育、健康相談、検診、機能訓練、訪問指導等に要する消耗品、また母子保健法に基づき実施する健康指導、検診等に要する消耗品を計上しております。印刷製本費76万8,000円は検診あるいは健康教室等の案内用チラシ、検診用封筒、健康カレンダー等の印刷費が主なものでございます。12節役務費70万9,000円では、健康教室案内、健康相談、機能訓練、乳幼児健診等に係る郵送料、13節委託料1,608万1,000円は基本検診、各種がん検診など住民検診委託料、1歳6カ月・3歳児健診委託料等、検診委託料1,565万5,000円、在宅当番医制運営委託料42万6,000円でございます。

 14節使用料及び賃借料では健康管理システム等電子計算機借料58万5,000円、19節負担金補助及び交付金では健康づくり推進委員協議会交付金350万円が主なものでございます。

 2目の予防費1,131万4,000円は前年度に対しまして6万1,000円の減額でございます。このうち主なものは、8節の報償費272万円で、予防接種等の医師等報償費を、13節委託料1,050万6,000円では結核検診、個別予防接種等検診委託料1,034万2,000円が主なものでございます。

 続きまして、67ページをお開き願います。67ページの4目の乳幼児医療費でございますが、本年度予算2,227万3,000円は前年度に対しまして385万4,000円の増額でございます。そのうち主なものは、14節使用料及び賃借料38万4,000円で乳幼児医療システム使用料、また20節扶助費で乳幼児医療費2,175万6,000円等を計上いたしております。

 環境衛生費からは、町民生活課長の方から御説明を申し上げます。

 以上、所管の予算について御説明させていただきました。御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) 失礼いたします。それでは、衛生費の予算のうち、町民生活課の予算につきまして御説明を申し上げます。

 3目の環境衛生費では、本年度5,514万6,000円、前年度に対しまして1,814万円の増額でございますが、主なものといたしましては、2節の給料1,051万8,000円、3節の職員手当等662万3,000円、4節の共済費266万2,000円、8節の報償費9万3,000円、9節の旅費15万8,000円、11節の需用費468万5,000円で、消耗品では主なものといたしまして、くう缶鳥の商品券、ロール紙及び一斉清掃、粉砕等で269万1,000円を計上いたしております。次に、12節の役務費72万9,000円は大気汚染監視メーターの回線使用料及び河川、池の水質検査手数料等でございます。次に、13節の委託料1,443万円では、主なものといたしまして、斎場火葬業務委託料1,151万1,000円、地球温暖化対策実行計画策定委託料210万円で、今年度より委託する事業でございます。

 次に、67ページへ移らしていただきます。19節負担金補助及び交付金1,521万7,000円で、主なものといたしましては、ごみ減量化及び再資源化を進めるために、生ごみ処理機設置補助金710万2,000円、再資源化利用促進補助金438万円、環境衛生改善事業補助金150万円及び小型合併浄化槽設置整備補助金103万8,000円でございます。

 2項の清掃費、1目の清掃総務費では、本年度1,576万2,000円は職員2名分の給料等の人件費でございます。

 2目の塵芥処理費では、本年度1億2,396万円、前年度に対しまして1,834万5,000円の増額でございますが、主なものといたしましては4節の共済費139万7,000円、7節の賃金853万5,000円、これにつきましては埋立処分地維持管理を行う臨時職員3名分の賃金及び社会保険料でございます。11節の需用費955万9,000円では、消耗品費296万円を計上いたしております。主なものといたしましては、汚水処理施設薬品代73万6,000円、ごみ袋代195万9,000円及び作業服等の購入費でございます。また、光熱水費223万6,000円、汚水処理施設の電気代、水道代及びガス代で修繕料400万3,000円は汚水処理施設の修繕料でございます。

 12節の役務費561万9,000円では、主なものといたしまして、ごみ袋等売却手数料173万7,000円、空き瓶回収手数料66万2,000円、不法投棄対策費100万円、埋立地水質検査手数料212万1,000円でございます。13節の委託料9,764万3,000円は、主なものといたしましては、埋立処分地整地委託料630万円、ごみ収集委託料2,698万8,000円、ごみ焼却委託料5,593万3,000円は焼却見込み量を約3,400トンで、トン当たりの単価を1万6,188円と見込みまして計上しております。また、イトーピア団地ごみ収集委託料89万3,000円も計上しております。なお、本年度も倉敷市へお願いする予定にしております。汚水処理施設委託管理料509万1,000円は、汚水処理施設の維持管理を委託するものでございます。作業委託料144万円は、ごみ袋等卸作業委託料で1枚当たり4円の36万枚を計上いたしております。また、ペットボトル収集委託料は176万円を計上しております。14節の使用料及び賃借料は、環境清掃月間の自動車借料65万5,000円を計上いたしております。18節の備品購入費は家電リサイクルストック用テント購入費30万1,000円を計上いたしております。

 3目のし尿処理費、19節の負担金補助及び交付金949万2,000円で、主なものといたしましては、備南衛生施設組合負担金944万4,000円で、前年度に対しまして962万6,000円の減額でございます。

 以上、衛生費につきまして概略を御説明いたしました。御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 以下、5款の労働費からは産業課長にお願いしたいと思います。失礼いたしました。



○議長(寺山邦夫君) 産業課長心得。



◎産業課長心得(太田尚良君) 失礼いたします。それでは、70ページの5款労働費から御説明申し上げます。

 1目労働諸費1,055万円は、前年度に対しまして180万円の減額でございます。19節負担金補助及び交付金の主なものといたしまして、岡山テルサの岡山県勤労者ゆとり財団運営補助金の1,020万円でございます。

 続きまして、農林水産事業費及び商工費につきまして御説明申し上げます。

 6款農林水産費の本年度予算額は2億1,281万5,000円で、前年度に対しまして1,287万6,000円の増額となっております。

 1目農業委員会費では424万9,000円で、前年に対しまして314万5,000円の減額でございます。主なものといたしましては、1節報酬で農業委員15名分の報酬でございます。

 8節報償費7万6,000円は、標準小作料協議会委員報償費でございます。

 次に、2目農業総務費では3,174万3,000円は、前年度に対しまして1,086万8,000円の増額となっております。主なものといたしまして、給料、職員手当等、職員4名分を計上をいたしております。

 3目農業振興費でございますが、1,218万4,000円は前年度に対しまして325万4,000円の増額となっております。主なものといたしましては、7節賃金で臨時職員の人夫賃等でございます。11節需用費、修繕料150万円はふれあい農園の芝張り等の費用でございます。16節原材料費25万円は、ふれあい農園の補充用の土代等でございます。

 19節負担金補助及び交付金のうち、農業生産活性化活動費補助金40万円は、農業の活性化を図るために支援する補助金でございます。また、農業近代化資金利子補給金20万円、転作に伴うとも補償の補てん60万円と景観形成作物の栽培への助成金160万円を計上させていただいております。

 次に、4目畜産業費は1万2,000円で、前年に対しまして28万8,000円の減額でございます。これは昨年、全国ホルスタイン大会が灘崎町で開催された負担金がなくなったためでございます。

 次に、5目農地費1億4,816万5,000円は、前年度に対しまして152万2,000円の増額となっております。主なものといたしましては、7節賃金で農業用施設、ため池、用悪水路、排水機場の管理運営のための人夫賃726万5,000円でございます。また、11節需用費225万9,000円は、排水機場の電力料金が主なものでございます。

 13節委託料は3級基準点設置委託料と水路改修工事に伴う設計委託料で1,631万2,000円を計上いたしております。次に、14節使用料及び賃借料197万4,000円は国土調査の成果である地籍簿、地籍図の管理を電算で行うための電子計算機借料が主なものでございます。15節工事請負費7,591万7,000円は水路改修4カ所と町内一円の水路しゅんせつ工事でございます。17節公有財産購入費2,405万6,000円は、浸水対策といたしまして、駅前線都市計画道路東側、七軒町付近の土地を購入し、調整池として保水機能と親水公園的なものに整備するものでございます。19節負担金補助及び交付金1,367万6,000円のうち、主なものといたしまして、八ケ郷合同用水組合への経常費と高梁川用水関係の負担金でありますが、新たに国営造成施設維持管理負担金及び県営農業用河川工作物応急対策事業負担金が加わって計上されたものでございます。

 また、76ページの補助金では、平成7年度に施行いたしました金才池改修費の借入金の補助金でございます。

 次に、1目林業総務費は1,646万2,000円で、前年度に対しまして66万5,000円の増額となっております。主なものといたしまして、13節委託料351万4,000円のうち、流通団地内のカメムシ駆除や多目的保安林の維持管理やふれあいの森公園の浄化槽維持管理費や松くい虫の駆除でございます。

 15節工事請負費810万円は、ふれあいの森公園のテーブルベンチの設置やアスレチックの修繕及び公園内の歩道の舗装でございます。19節負担金補助及び交付金355万5,000円の主なものといたしまして、昨年から始まりました岡山森づくり県民基金100万円とふれあいの森公園維持管理交付金250万円でございます。

 7款商工費7,580万5,000円は、前年度に対しまして908万9,000円の減額となっております。

 1目商工総務費は987万6,000円で6万6,000円の減額となっております。主なものといたしましては、職員1名分の人件費でございます。

 2目商工振興費5,875万7,000円は前年度に対しまして1,098万2,000円の減額となっております。主なものといたしまして、18節備品購入費42万円は、イベント用の大なべを購入する費用でございます。19節負担金補助及び交付金1,318万5,000円は、商工団体等補助金425万円、商工会事業補助金550万円、中小企業小口融資保証料補助金115万5,000円、花ござまつり交付金150万円が主なものでございます。21節貸付金4,500万円は、中小企業小口融資貸付金でございます。

 3目観光費717万2,000円は、前年度に対しまして195万9,000円の増額となっております。主なものといたしましては、7節賃金40万8,000円は、桜まつり期間中の清掃人夫賃が主なものでございます。11節需用費158万8,000円のうち、印刷製本費として観光用手提げ袋及び桜まつりのチラシの作成費で77万8,000円を計上いたしております。

 13節委託料324万5,000円は、桜まつりのイベント委託料、ごみ収集及び夜桜ぼんぼり点灯用の電線架設費及び駐車場整理の警備委託料でございます。19節工事請負費100万円は、駅前広場に設置予定の観光用の看板の設置費でございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午後1時45分 休憩

            午後2時0分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 建設課長。



◎建設課長(林耕市君) それでは続きまして、8款土木費について御説明申し上げます。

 8款土木費の本年度の予算額は7億5,273万5,000円で、前年度と比較いたしまして8,076万円の減額となっております。

 1項土木管理費、1目土木総務費で5,424万円で、前年度に対しまして258万4,000円の減額となっております。主なものといたしましては、給料等で職員7人分の人件費と1節報酬で土木委員さん21人分の報酬172万2,000円、7節賃金で臨時職員の人夫賃120万円、11節需用費で法令加除等の消耗品費として81万8,000円、14節使用料及び賃借料で土木工事積算システムに係る電子計算機借料として82万8,000円等を計上いたしております。

 次に、2項道路橋梁費、1目道路橋梁総務費で2,690万円で前年度に対しまして1億1,370万3,000円の大幅な減額となっておりますが、この減額の主なものは、駅前線、停車場線などの進捗に伴い岡山県建設事業費市町村負担金が1億1,524万円の減額となったものでございます。この目の主なものといたしましては、13節委託料で法定外公共物として官有第3種の道路の譲与に関する調査委託料として169万6,000円、道路改良等に伴う道路台帳整備委託料として325万円、19節負担金補助及び交付金で県道早島停車場線、藤戸・早島線等の改良に伴う岡山県建設事業費市町村負担金として県で見込んだ額2,130万円を計上いたしております。

 2目道路維持費では7,592万1,000円で、前年度に対しまして326万6,000円の増額となっております。主なものといたしましては、7節賃金で土木委員さんの指示でやっていただく草刈りや軽度の道路修繕等に係る人夫賃として537万6,000円、11節需用費で災害や交通安全上、緊急に修繕を要する場合に対応するための修繕料として328万5,000円、13節委託料で2号線隧道の排水ポンプの補修委託料として36万8,000円、15節工事請負費ではカーブミラー、ガードパイプ等の交通安全施設工事請負費として320万円、各地区の土木委員さんからの要望に基づき優先順位等を検討して実施する道路舗装工事、道路修繕工事、側溝修繕工事の工事請負費として合計で6,250万円、16節原材料費で舗装修繕用のアスファルト合材購入費として36万円等を計上いたしております。

 次に、3目道路新設改良費で1億5,739万7,000円で、前年度に対しまして2,548万9,000円の増額となっております。主なものといたしましては、13節委託料で継続で実施しております長津地内の町道429号線改良に伴う用地測量等委託料で425万円、中山団地の西側のり面のすべり調査委託料として550万円、早島駅から西の千間筋に通ずる町道223号線の概略設計委託料として150万円、また町内全域の道路改良等に伴う用地測量委託料として150万円の計1,275万円を計上いたしております。次に、15節工事請負費では1億2,100万円を計上いたしております。本年度の工事予定箇所といたしましては、平成12年度から債務負担行為で継続事業として実施しております役場東の町道663号線改良工事、同じく継続で実施しております長津地内でパチンコマンモスの南から西へ長津交差点に通ずる町道429号線の拡幅改良工事、またこれも同じく継続で実施しております前潟地内で早島駅西の踏切から南のダルマ運送事務所前から東の町道580号線の路肩及び舗装等の改良工事、また長津地内の町道340号線で平成12年度に農業用倉庫の移転が完了しておりますので、この区間の拡幅改良工事、それから昨年の大雨で一部が崩れた噂島団地東の町道621号線で引き続き護岸改良拡幅工事を予定いたしております。次に、17節公有財産購入費で2,354万7,000円を計上いたしております。これは先ほどの長津地内の道路改良に伴う用地で約485平米、無津地内で県道早島停車場線改良に伴う排水及び道路用地として約80平米を取得する予定といたしております。

 次に、3項都市計画費、1目都市計画総務費で994万6,000円で、前年度に対しまして639万9,000円の減額となっております。主なものといたしましては、11節需用費の光熱費で駅前駐車場、駐輪場及び駅前広場の電気代として75万6,000円、13節委託料で駅前広場清掃等管理委託料として71万円、都市計画支援システムを活用した道路占用物件等管理システム導入に伴う電算処理委託料として200万円、駅前第1、第2駐車場、自転車駐輪場、駅前広場の管理運営委託料として378万4,000円、また駐車場管理システム保守点検委託料として87万1,000円、14節使用料及び賃借料で都市計画支援システム電子計算機借料として61万6,000円を計上いたしております。

 次に、2目公園費で1,696万3,000円で、前年度に対しまして289万8,000円の増額となっております。主なものといたしましては、11節需用費で早島公園等電気、水道、下水道料金等の光熱費で193万2,000円、13節委託料で山川池親水公園の草刈り、剪定、藻引き、トイレ等の清掃委託料として168万円、早島公園等の樹木の害虫駆除委託料として74万1,000円、15節工事請負費では山川池親水公園のショウブ園の改修工事費及び深砂公園の植栽地の土どめ改修工事費として760万円を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金では、早島、国鉾、深砂、扇谷及び野鳥の森の各公園の清掃管理交付金として昨年度と同額の435万円を計上いたしております。

 4項下水道費、1目下水道整備費では4億256万1,000円で、前年度に対しまして371万3,000円の増額となっておりますが、これは公共下水道事業特別会計への繰出金でございます。

 次に、5項住宅費、1目住宅管理費で880万7,000円で、前年度に対しまして656万円の増額となっております。主なものといたしましては、11節需用費の修繕料で経常的な修繕費として200万円、13節委託料で公営住宅ストック総合活用計画策定委託料として650万円を計上いたしております。これは現在の住宅がかなり老朽化しており、将来建てかえを行う場合、この計画を策定していなければ、国庫補助事業の対象外となるためで、13年度策定するものでございます。なお、策定の経費も2分の1の325万円が国庫補助ということになります。

 以上、簡単ではございますが、8款土木費について概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願い申し上げます。

 次の9款消防費については、総務課長の方で御説明いたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、9款の消防費について御説明を申し上げます。

 9款消防費では1億5,302万5,000円で、前年度に対しまして1,960万4,000円の減額でございます。

 1項消防費、1目常備消防費で1億2,083万5,000円で、前年度に対しまして49万5,000円の減額でございます。これは13節の委託料で、倉敷市へ消防事務委託をしております経費でございまして、交付税で措置される消防費の基準財政需要額の60%を見込みで計上をさせていただいております。

 2目非常備消防費で3,155万5,000円で、前年度に対しまして1,871万1,000円の減額でございます。主なものといたしましては、1節の報酬で消防団員報酬482万2,000円、8節報償費の火災出動手当で116万円、訓練出動手当365万4,000円、11節需用費では消防ポンプ自動車、消防車の車体検査料等の修繕料96万円、小山団地内に防火水槽設置のための経費として、13節委託料で設計監督委託料63万円、15節工事請負費でその工事費840万円を計上いたしております。

 19節負担金補助及び交付金で、主なものといたしまして、岡山県消防補償等組合負担金312万1,000円等でございます。

 3目の災害対策費では63万5,000円で、前年度に対しまして39万8,000円の減額でございますが、これは災害時に要する経費を計上いたしております。

 以上、9款消防費について御説明申し上げましたが、次の10款教育費からは学校教育課長から御説明を申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 学校教育課長。



◎学校教育課長(小野田修作君) 失礼いたします。それでは、10款教育費について御説明申し上げます。89ページからでございます。

 教育費は4億8,336万円で、前年に対しまして2億6,394万7,000円の減額となっています。

 それでは、事項別に説明いたします。

 1項教育総務費は4,354万3,000円で264万円の増額でございます。

 1目教育委員会費は166万6,000円計上いたしておりまして、1節報酬は教育委員4人の報酬97万円でございます。19節負担金補助及び交付金の中で、ことしは小学校、中学校ともに教科書採択がえの年度のため、教科用図書採択協議会市町村教育委員会負担金を6万1,000円を計上いたしております。また、幼稚園奨励費補助金を4万5,000円計上いたしました。その他は前年と大差ございません。

 次に、2目事務局費は4,187万7,000円で257万7,000円の増額となっています。2節給料、3節職員手当等、4節共済費は一般職員3人と特別職1人の計4人分を計上いたしております。7節賃金は新規に事務局の臨時職員1名の175万円を計上いたしております。8節報償費では、就学時の健康診断で医師の報償費等に6万6,000円、善行少年表彰等報償費に6万円計上いたしております。13節委託料で新規に幼稚園、小学校、中学校の施設の図面を電算処理で管理するための委託料25万2,000円を計上いたしております。そのほかの節で旅費、需用費、役務費、使用料及び賃借料、負担金補助及び交付金につきましては、使用目的は前年と変わりませんし、額もさほど増減はございません。

 次に、91ページの2項小学校費ですが、5,838万9,000円で2億9,274万8,000円の減額でございます。この主な要因は、11年度から12年度にかけまして校舎全体の老朽化に対応するべく、大規模改修工事を行いましたが、それが完了いたしまして、13年度はその分の工事請負費、工事管理委託料がなくなったことによるものでございます。

 13年度の小学校の児童及びクラス数につきましては、小学校の報告で新1年生が102名、3クラス、2年生が110名、3クラス、3年生が89名、3クラス、4年生が103名、3クラス、5年生が119名、3クラス、6年生が109名、3クラスで、ほかに特殊学級を1クラス編制予定いたしておりますので、計634名で19クラスでございます。児童数の方は5名増ですが、クラス数は1クラス減の見通しでございます。

 それで、1目学校管理費でございますが、1節報酬は学校医のもので、前年と大差ございません。2節給料、3節職員手当等、4節共済費の人件費は給食調理員のもので、昨年と同様の3人分でございます。7節賃金で学校司書、用務員、給食調理員の4人で計6人分の972万円を計上いたしております。8節報償費は耳鼻科、眼科医師及び校内研究の非常勤講師の謝礼でございます。9節旅費は調理員の普通旅費でございます。11節需用費は消耗品費で、昨年度は教科書採択がえに伴う指導図書の大幅な増額がありましたが、ことしはその必要がなくなり、相当な減額となりまして、430万5,000円を計上しております。12節役務費の通信運搬費は電話料、インターネットの通信料でございます。13節委託料では通常の管理に関する委託のほかに、新たにスクールサポート事業でベネッセの情報教育の派遣員料として110万3,000円計上いたしております。14節使用料及び賃借料は前年とほぼ同じでございます。15節工事請負費で校舎の方は2年間にわたる大規模改修工事も終わりまして、一段落つきましたが、グラウンドコンディションの調整工事で70万円計上いたしました。18節備品購入費は体育館の放送設備や教材費で111万8,000円計上いたしております。19節負担金補助及び交付金につきましては、前年と大差ございません。

 2目教育振興費でございますが、使用目的は前年と変わりませんが、就学奨励費の対象31人に、特殊教育就学奨励費を2人と推定させていただきました。

 3項中学校費は8,755万1,000円で156万4,000円の増額でございます。この主な要因は、体育館近くのグラウンド北西ののり面から雨水の排水路が民有地を通って町の水路へ出ていますが、この際、占有されている地権者と協議をしまして、排水構造物が占有している付近の土地約18坪を分筆して地権者から買うこととする土地購入にかかわるものが生じたものでございます。

 13年度の中学校の生徒数につきましては、中学校の報告で新1年生が95名、3クラス、2年生が121名、4クラス、3年生が132名、4クラスで、ほかに特殊学級1人クラス編制を予定しておりますので、計349名で12クラスでございます。生徒数は19名の減ですが、クラス数は1クラス増の見通しでございます。

 それで、1目学校管理費でございますが、1節報酬は外国青年報酬と学校医報酬との合計で。前年と大差ございません。2節給料、3節職員手当等、4節共済費の人件費は、学校司書、栄養士、給食調理員3人の昨年と同じ合計5人分を計上いたしております。7節賃金は用務員、非常勤講師、クラブ講師、給食調理員の2人分のもので550万2,000円を計上いたしております。8節報償費は耳鼻科、眼科医師及び心の教室相談員の謝礼等でございます。9節旅費では、外国青年の関係で費用弁償165万6,000円計上いたしております。11節需用費では通常よりパソコン関係に伴う消耗品がふえまして、消耗品費793万7,000円計上いたしております。12節役務費の通信運搬費には、通常の電話料のほかにインターネットの使用料が含まれております。新規に保険料として楽器保険料を2万7,000円計上いたしました。13節委託料は、通常の管理委託料のほかに土地を購入する際に現状が竹やぶで見通しがきかないところを分筆するための調査測量委託料33万8,000円と、その登記事務委託料4万2,000円を計上いたしました。14節使用料及び賃借料で3番目の電子計算機借料919万6,000円がパソコン教室の関係でございます。次の建物借料が外国青年に関するものでございます。15節工事請負費は、貯水槽警報装置の設置工事、自転車置き場のスレート屋根かえ工事、体育館の窓修繕工事、心の教室相談室の電話設置工事で205万6,000円計上いたしております。17節公有財産購入費は、先ほど説明しましたグラウンドの造成工事の関係で民有地の排水路が占有しているところを買い取る土地購入費で181万5,000円計上いたしました。18節備品購入費は前年に比べ若干の減で332万円計上いたしました。19節負担金補助及び交付金につきましては、前年と大差ございません。

 2目教育振興費でございますが、使用目的は前年と変わりませんし、額もさほど増減はございません。

 続きまして、96ページの下段からの4項幼稚園費は1億1,157万8,000円で995万円の増額でございます。この主な要因は、東分園の園舎で鉄筋コンクリートづくりの天井及び壁が老化して剥離現象を起こし、危険なため改修工事を行うことによるものでございます。

 13年度の園児数は、幼稚園の報告で東分園に5歳児が20名、4歳児が20名、3歳児が11名で、本園におきましては5歳児が48名、4歳児が59名、3歳児が59名の計217名でございまして、昨年度より合計6名の増でございます。

 また、預かり保育の希望者は、4歳児、5歳児で17名でございます。それで、現在3歳児も募集する予定としています。

 9年度から3歳児保育を施行いたしまして4年経過いたしましたが、その運営が定着しまして、ことしも本園の3歳児は59名と多く、3クラス編制をして安全な保育をいたしたいと考えております。

 それで、1目幼稚園費でございますが、1節報酬は園医報酬でございます。2節給料、3節職員手当等、4節共済費の人件費は教諭10人分でございます。7節賃金は臨時教諭3人分と用務員の2人分のもので、1,006万1,000円で、預かり保育の指導員2人分で241万3,000円計上いたしております。8節報償費は耳鼻科、眼科医師等の謝礼でございます。9節旅費、11節需用費、12節役務費は使用目的も前年と変わりませんし、額もさほど増減はございません。13節委託料は、通常の管理委託料のほかに園舎の老朽化対策の設計監督委託料に23万1,000円計上いたしました。14節使用料及び賃借料は、使用目的も前年と変わりませんし、額もさほど増減はございません。15節工事請負費は、東分園の園舎で天井あるいは壁が老化し、剥離現象を起こして園児等に危険なため改修する工事、東分園の砂場で日よけテント取りつけ工事、本園グラウンド排水整備工事で合計614万9,000円を計上いたしております。18節備品購入費は、通常の教材費のほかに室内遊具、電子ピアノ、どんちょう取りかえなどで154万2,000円計上いたしました。19節負担金補助及び交付金は前年と大差ございません。

 以上、概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 次の5項社会教育費から社会教育課長の方にお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 社会教育課長。



◎社会教育課長(佐藤寿一君) 失礼いたします。それでは、98ページからの5項社会教育費について御説明申し上げます。

 1目社会教育総務費でございますが、本年度予算は5,887万2,000円で、前年度に対しまして2,460万円の増額となっております。1節報酬39万1,000円で、説明に記載の委員報酬でございます。前年度行いました規制緩和による条例改正に伴い、社会教育委員の定数を15名に改めることによりまして、前年に対しまして若干の減額となっております。2節給料496万5,000円、3節職員手当等300万4,000円、4節共済費155万1,000円のうち125万6,000円につきましても、前年と同様、職員1人分の人件費を計上いたしております。7節賃金998万1,000円で、前年に比べまして119万9,000円の減額となっておりますが、これは社会教育指導員、い草等専門研究員、町史等資料整理専門員各1名の人夫賃と留守家庭児童会指導員5名分の人夫賃を計上いたしております。留守家庭児童会指導員は、昨年より1名の減となっております。8節報償費270万円で、前年に比べまして101万円の増額でございますが、これは講師等謝礼のうち、少年少女合唱団指導者謝金50万円の増額と成人式記念品51万円、消耗品費からの組み替えによるものでございます。11節需用費233万6,000円で、前年に比べまして135万5,000円の減額となっておりますが、成人式記念品をここへ計上いたしておりましたが、組み替えによるものと印刷製本費の減額によるものでございまして、主なものといたしましては、消耗品費78万5,000円で、各種事業の事務用品、消耗品等でございます。光熱水費51万2,000円で留守家庭児童会、まちかどサロンの電気料、上下水道料でございます。

 13節委託料71万8,000円で、主なものといたしましては、登記事務委託料30万円で、これは旧図書館をNTTから借りておりましたが、その土地の購入に際しての登記委託でございます。操作委託料24万円で、少年少女合唱団演奏会時のゆるびの舎文化ホール使用に際しての音響照明設備操作委託3回分を計上いたしております。14節使用料及び賃借料41万4,000円で、主なものは自動車等借料27万円、これは岡山県少年少女合唱連盟定期演奏会時参加時のバス借料と生涯学習研究大会へ参加時のバスの借上料でございます。15節工事請負費309万8,000円、これは不老のみち整備工事請負費157万5,000円で、不老のみち東コースの安養院際の広場へお休み場整備としてあずまやを1基整備するものと社会教育施設整備工事請負費152万3,000円で、旧図書館の跡、まちかどサロンとして使用いたしておりますが、まちかどサロンの外壁を整備するものでございます。17節公有財産購入費2,469万6,000円でございますが、これは先ほど御説明いたしました旧図書館の跡利用としてまちかどサロンを開設いたしておりますが、今年度までNTTから借用しておりましたが、建物を含め土地約281平米の購入費を計上させていただいております。18節備品購入費29万円、これはまちかどサロンの備品として保管庫、ブックスタンド等の購入費と留守家庭児童会のウオータークーラー、ロッカー等の購入費を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金191万5,000円、主なものといたしましては、職員に係る組合負担金84万5,000円、各種協議会等事業参加に係る負担金15万2,000円、婦人会補助金60万円、立志式交付金22万5,000円、前年とほぼ同額を計上いたしております。22節補償補てん及び賠償金225万円、これは17節公有財産購入費で御説明申し上げましたが、旧図書館跡の土地の購入に伴うもので、現場対応としてトイレ、意匠の復旧に係る補償金を計上させていただいております。

 2目公民館費6,112万6,000円で、前年度に対しまして202万6,000円の増額となっております。1節報酬21万2,000円、これは公民館運営審議会委員報酬15名分を計上いたしております。2節給料、3節職員手当、4節共済費につきましては、職員5名分の人件費を計上いたしております。7節賃金469万7,000円で、公民館の館内・館外清掃人夫賃と管理人及び臨時職員の賃金でございます。8節報償費96万5,000円、これは青少年活動推進事業、生涯学習、まちづくり推進事業の各種講座、教室を行う際の講師謝金でございます。

 11節需用費695万8,000円で、主なものは消耗品費114万円、これは各種事業に要する用品と施設管理に要する消耗品でございます。光熱水費425万9,000円、これは中央公民館、伝承館等の電気、上下水道料でございます。12節役務費90万6,000円でこれは各種会議、各種事業の通知、連絡等に要する経費と公民館主催事業すべての総合保障制度へ加入する保険料を計上いたしております。13節委託料108万5,000円で、中央公民館の施設維持管理に要する経費でございます。14節使用料及び賃借料148万5,000円、主なものはコピー機のリース料と各種事業においてのバス借上料でございます。18節備品購入費140万円で、主なものは会議用机、アルミいすの古くなったものの補充と展示用パネルを追加するものでございます。19節負担金補助及び交付金376万4,000円で、主なものは人件費に伴う退職手当組合負担金338万2,000円、互助組合負担金21万2,000円、負担金7万5,000円、各関係協議会等に対するものでございます。子ども会に対する補助金といたしましては7万5,000円を計上いたしております。

 3目コミュニティハウス管理費1,040万円で、前年度に対しまして3万1,000円の減額でございます。これは町内にありますコミュニティハウス4施設の維持管理運営費でございまして、主なものは7節賃金505万5,000円、これは管理人さん4人分の賃金を計上いたしております。11節需用費439万9,000円、主なものは4施設の光熱水費245万1,000円、修繕料134万9,000円で、各部屋のふすまの張りかえ、畳の張りかえ等の経費を計上させていただいております。昨年とほぼ同額でございます。12節役務費25万8,000円、公衆電話代等でございます。役務費以下につきましては、4つの施設の管理に要する経費を昨年と同額で計上いたしております。

 4目民俗資料館費204万8,000円で、前年度に対しまして150万7,000円の減額でございます。8節報償費39万9,000円で、主なものは花ござ手織り教室指導者謝礼等でございます。

 14節需用費84万円、主なものは消耗品費40万円で、い草、経糸染料代等でございます。修繕料20万円、織機等の修繕代を計上いたしております。13節委託料35万9,000円、これは戸川家記念館の管理委託料と警備委託料でございます。18節備品購入費45万円、これは簡易い草染め機1台と展示機具、資料等の購入費を計上いたしております。

 5目地域福祉システム実践事業費225万6,000円、前年度に対しまして159万4,000円の減額でございます。11節需用費119万5,000円で、主なものは消耗品費112万1,000円、これは公共施設花壇、フラワーロードの草花の苗、球根、肥料、プランター等の経費を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金98万円、散水栓分岐負担金90万円、これは都市計画道路早島駅前線の整備に伴い、歩道へ花壇を配置するもので、とりあえず早島駅から県道倉敷・妹尾線の間において3カ所散水栓を整備する費用に充てるものでございます。花の銀行友の会運営助成金8万円、前年と同額を計上いたしております。

 6目図書館費3,226万4,000円で、前年度に対しまして208万8,000円の減額でございます。1節報酬8万2,000円、これは協議会2回分の報酬でございます。2節給料515万1,000円、3節職員手当等306万1,000円、4節共済費170万5,000円、これらは職員2名分の人件費でございます。7節賃金714万1,000円、これは嘱託館長1名と土日ローテーション、半日交代勤務の臨時職員5名分の人夫賃を計上させていただいております。8節報償費49万7,000円で、これは図書館主催講座の講師謝礼と版本整理に対する謝礼金でございます。11節需用費257万7,000円、主なものといたしましては、消耗品費246万3,000円、閲覧用新聞、雑誌、ブックカバー、ラベル等の図書館用消耗品費を計上いたしております。12節役務費62万3,000円で、主なものは通信運搬費で、電話料とISDNインターネット利用料、原画展用の絵画の運搬料でございます。13節委託料111万5,000円で、主なものは図書館システム電算保守管理委託料52万7,000円、新書籍導入委託料50万4,000円で、新規購入図書4,000冊のコンピューター登録処理委託費を計上させていただいております。14節使用料及び賃借料75万3,000円で、主なものは電子計算機借料70万3,000円で、CD−ROM図書館システム等コンピューターの使用料を計上いたしております。18節備品購入費854万1,000円、庁用器具費54万1,000円でインターネット検索用利用者タッチパネル、ビデオ架1基、図書購入費800万円、新規図書約4,000冊分と各種視聴覚資料の購入費を計上いたしております。19節負担金補助及び交付金94万8,000円、主なものは退職手当組合負担金82万5,000円と互助組合負担金5万2,000円で、人件費に伴う負担金と各種事業に参加に伴う負担金と補助金を計上いたしております。

 6項保健体育費、1目保健体育総務費741万5,000円で、前年度に対しまして363万5,000円の減額でございます。1節報酬46万4,000円で、これは体育指導員10名分の報酬で、前年と同額を計上いたしております。7節賃金119万7,000円でスポーツ、レクリエーション指導員1名の人夫賃を計上いたしております。8節報償費56万4,000円で、主なものは表彰費29万円、これは夏祭り踊りコンテスト賞金、大会等の表彰費でございます。その他スポーツ教室等開催に伴います講師謝金、体育協会運営検討委員に対する謝礼金17万4,000円を計上いたしております。11節需用費228万6,000円、主なものは消耗品費194万5,000円で、これは各種大会行事等運営に伴う用品、岡山国体デモスポ競技啓発用看板制作費等を計上いたしております。食糧費20万9,000円、各種大会、行事においての来賓、役員、審判員の昼食代でございます。印刷製本費13万2,000円、各種大会行事のプログラム印刷代でございます。12節役務費22万3,000円、主なものは手数料10万円で、行事の際のステージ、やぐらの運搬、組立、撤去の費用に充てるものでございます。保険料9万8,000円はスポーツ少年団指導者、体育指導委員のスポーツ安全保険加入料でございます。14節使用料及び賃借料11万円、これは健康ウォーキング開催時に伴うバスの借上料でございます。

 19節負担金補助及び交付金242万2,000円、これは県体育協会負担金、スポーツ少年団指導者登録負担金、県体育指導員連絡協議会費で負担金8万3,000円を、対外試合参加者補助金、スポーツ少年団補助金として81万5,000円を、夏祭り交付金として150万円を計上いたしております。

 2目体育施設費1,291万8,000円で、前年度に対しまして187万6,000円の増額でございます。4節共済費46万6,000円、7節賃金294万円、これは運動広場管理人の社会保険料と賃金1人分を計上いたしております。11節需用費252万8,000円、主なものは消耗品費101万9,000円で、各グラウンド、管理棟、トイレ等の管理及び整備用品でございます。光熱水費122万7,000円、これは若宮、南、ニュースポーツ公園の上下水道料金と夜間照明、武道館を初め各トイレの電気料金を計上いたしております。13節委託料24万7,000円、これは武道館の消防設備保守点検委託料4万7,000円と各施設の特に困難な場所の草刈り等委託料で20万円を計上いたしております。14節使用料及び賃借料79万7,000円、これは南グラウンドの土地の借料で前年と同額を計上いたしております。15節工事請負費589万円で、若宮グラウンド防球ネットの支柱補修工事で200万円、武道館外壁補修工事194万円、ニュースポーツ公園夜間照明の補助照明取りつけ工事195万円を計上いたしております。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げます。

 11款の災害復旧費からは総務課長の方からお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、11款の災害復旧費から御説明を申し上げます。

 災害復旧費につきましては、存目でございまして、昨年度と同額の10万円を計上いたしております。

 12款公債費、1項公債費、1目元金では5億3,092万4,000円でございまして、地方債の償還元金でございます。

 2目利子では1億3,727万5,000円で、地方債の償還利子1億3,697万5,000円と一時借入金利子30万円でございます。

 13款諸支出金、1項普通財産取得費、1目土地取得費でございますが、存目で昨年度と同額の10万円を計上いたしております。

 14款予備費、1項予備費、1目予備費で前年度と同額の1,000万円を計上いたしております。

 以上、一般会計の歳出につきまして御説明申し上げましたが、引き続き歳入について御説明申し上げます。

 1款町税につきましては税務課長から御説明を申し上げます。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(福島晃君) それでは、歳出に続きまして、歳入のうち、1款町税について御説明を申し上げます。

 1款町税で、本年度予算額16億2,490万3,000円で、前年度に対しまして3,909万7,000円の減でございます。歳入全体に占める割合は38.8%でございます。

 では、1款町税のうち、町民税から御説明申し上げますので、18ページをお開きいただきたいと思います。

 1款町民税のうち、1目個人の町民税でございますが、本年度予算額4億9,800万円で、前年度予算額に対し5,700万円の減でございます。この主なものは、定率による税額控除、所得割額の15%相当額、最高で4万円でございますが、本年度当初予算に5,000万円を見込み計上したものの減でございます。

 次の2目法人の町民税は、今年度予算額1億2,610万円で前年度予算額に対し29万円の増でございますが、現年課税分につきましては、平成12年度の申告状況等を勘案し、90万円の減額、滞納繰越分につきましては、平成13年度中の支払い期日の約束手形分120万円を計上いたしております。

 なお、法人町民税のうち流通センター関係分につきましては52%、6,500万円を見込んでおります。

 19ページの2目固定資産税、1目固定資産税でございますが、本年度予算額8億9,510万円、前年度予算額に対し1.9%、1,710万円の増を計上いたしております。

 現年度課税分の内訳といたしましては、土地4億3,000万円、家屋3億6,000万円、償却資産1億10万円でございます。

 また、このうち流通センター関係分の固定資産税につきましては、土地9,500万円、家屋1億2,500万円、償却資産が3,800万円と見込んでおり、これは現年度課税分の29%でございます。

 次の2目の国有資産等所在市町村交付金につきましては、平成12年度の固定資産の評価がえに伴いまして、前年度に対しまして68万7,000円の減額で計上いたしております。

 3項軽自動車税につきましては、平成12年11月末現在の登録台数をもとに積算いたしました結果、本年度予算額1,741万円で、前年度予算額に対し20万円の増を計上いたしております。

 20ページの4項町たばこ税でございますが、本年度予算額6,320万円で、前年度予算額に対し100万円の増を見込んでおります。

 次の5項特別土地保有税につきましては、前年度と同額の201万円を計上いたしております。

 なお、特別土地保有税につきましては、保有期間が本年度で10年となるため、現段階では本年度限りのものでございます。

 以上、1款町税について御説明申し上げましたが、2款地方譲与税からは総務課長から御説明申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、2款の地方譲与税以降につきまして御説明を申し上げます。

 2款地方譲与税につきましては、地方財政計画を勘案いたしまして計上いたしております。

 1項自動車重量譲与税、1目自動車重量譲与税では2,480万円、2項地方道路譲与税、1目地方道路譲与税1,430万円をそれぞれ計上いたしております。

 3款利子割交付金、1項利子割交付金、1目利子割交付金では県が試算しております見込み額に基づきまして7,790万円を計上いたしております。

 4款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金、1目地方消費税交付金では県の試算をもとに1億90万円を計上いたしております。

 5款ゴルフ場利用税交付金、1項ゴルフ場利用税交付金、1目ゴルフ場利用税交付金では、前年度の交付見込み額を基礎に算定し、710万円を計上いたしております。

 6款特別地方消費税交付金、1項特別地方消費税交付金、1目特別地方消費税交付金につきましては、存目で10万円を計上いたしております。

 7款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金、1目自動車取得税交付金では、県が試算しております見込み額に基づきまして2,340万円を計上いたしております。

 8款地方特例交付金、1項地方特例交付金、1目地方特例交付金では前年度の交付見込み額を基礎に算定をし、5,500万円を計上いたしております。

 9款地方交付税、1項地方交付税、1目地方交付税では地方財政計画を勘案するとともに、本町の交付税算定に用いる各種基礎数値をもとに普通交付税を10億6,610万円、特別地方交付税では前年度と同額の1億5,000万円を計上いたしております。

 10款交通安全対策特別交付金、1項交通安全対策特別交付金、1目交通安全対策特別交付金では、前年度の収入見込み額と同額の180万円を計上いたしております。

 11款分担金及び負担金、1項負担金、1目民生費負担金5,325万4,000円を計上いたしております。主なものといたしまして、保育園の保育料4,818万6,000円、養護老人ホーム入所者に係る負担金286万4,000円、更生援護施設入所者に係る負担金120万8,000円でございます。

 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目町民総合会館使用料では文化ホール等の使用料553万4,000円を計上いたしております。

 2目衛生使用料では、火葬場使用料として54万円を計上いたしております。

 3目農林水産業使用料ではリフレッシュ農園の使用料50万円、ふれあいの森公園キャンプ場使用料15万円を計上いたしております。

 4目土木使用料では1,866万5,000円を計上いたしております。主なものといたしまして、町営住宅の家賃759万円、電柱及びガス管等の道路占有料315万5,000円、駅前駐車場の駐車料792万円でございます。

 5目教育使用料では1,277万9,000円を計上いたしております。主なものといたしましては、幼稚園児の保育料899万円、幼稚園のびのびっ子ハウス保育料102万8,000円、留守家庭児童会保育料242万円等でございます。

 2項手数料、1目総務手数料では447万6,000円を計上いたしております。主には、戸籍住民基本台帳手数料371万6,000円等で、前年度の収入見込み額をもとに算定をいたしております。

 2目衛生手数料では400万6,000円を計上いたしております。一般廃棄物処理手数料363万6,000円等でございます。

 3目農林水産業手数料、4目土木手数料につきましては、存目でございます。

 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金では8,473万2,000円を計上いたしております。主なものは、国民健康保険事業に係る保険基盤安定負担金1,020万9,000円、養護老人ホーム入所措置に係る老人保護措置費負担金622万3,000円、更生援護施設措置費負担金426万8,000円、保育園委託事業に係る保育所運営費負担金3,113万4,000円、児童手当支給事業に係る交付金として2,979万5,000円でございます。

 2目衛生費国庫負担金では、主に老人保健事業に係る保健事業費負担金184万1,000円を計上いたしております。

 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金では219万9,000円を計上いたしております。

 2目土木費国庫補助金では、公営住宅に係る活用計画策定補助金325万円を計上いたしております。

 3目教育費国庫補助金では228万4,000円を計上いたしておりますが、これは小学校、中学校、幼稚園に係る就学奨励費補助金、特殊教育就学奨励費、就園奨励費補助金でございます。

 27ページになりますが、3項委託金、1目総務費委託金の外国人登録事務委託金3万2,000円は、13年度より県委託金から国庫委託金に移行したものでございます。

 2目民生費委託金で740万4,000円を計上いたしております。主なものは、国民年金に係る拠出年金事務費委託金680万9,000円等でございます。

 14款県支出金、1項県負担金、1目総務費県負担金では、委譲事務市町村交付金を計上いたしております。

 2目民生費県負担金では3,188万7,000円を計上いたしております。主なものは、国民健康保険事業に係る保険基盤安定負担金510万4,000円、養護老人ホーム入所措置に係る老人保護措置費負担金311万1,000円、更生援護施設措置費負担金217万円、保育園委託事業に係る保育所運営費負担金1,556万7,000円、児童手当支給事業に係る交付金438万4,000円、次のページでございますが、老人保健事業に係る保健事業費負担金184万1,000円等を計上いたしております。

 2項県補助金、1目総務費県補助金では、IT講習推進事業特例交付金396万8,000円を計上いたしております。

 2目民生費県補助金では4,527万3,000円を計上いたしております。主なものは、民生児童委員活動費補助金139万4,000円、老人医療費補助金125万6,000円、在宅介護支援センター事業費補助金856万8,000円、介護予防生活支援事業に係る介護予防等支援事業費補助金1,015万7,000円、障害者医療費補助金1,329万8,000円、心身障害者地域福祉作業所支援事業費補助金157万1,000円、留守家庭児童会管理運営事業に係る放課後児童対策事業費補助金132万6,000円、保育園委託事業に係る特別保育事業費補助金168万2,000円、ファミリーサポートセンター管理運営事業に係る子育て支援推進事業費補助金200万円等を計上いたしております。

 29ページの3目でございますが、衛生費県補助金では主なものといたしまして、乳用児医療費補助金709万7,000円を計上いたしております。

 4目農林水産業費県補助金では717万4,000円を計上いたしております。主なものといたしまして、農業委員会設置活動費補助金195万円、小規模ため池補強元利償還助成補助金307万円等でございます。

 5目消防費県補助金では、防火水槽設置事業に充てる石油貯蔵施設立地対策等交付金225万円でございます。

 6目教育費県補助金では、社会同和教育等推進事業補助金21万5,000円を計上しております。

 30ページをお願いいたします。3項委託金、1目総務費委託金では1,929万8,000円を計上いたしております。主なものは、県民税の賦課徴収に係る県税徴収委託金1,500万円、13年度に執行されます参議院議員通常選挙に係る選挙執行委託金370万円等でございます。

 2目農林水産業費委託金では、新生産調整推進対策事業に係る交付確認委託金24万円でございます。

 3目土木費委託金では、建築基準法施行事務取扱交付金等で20万6,000円を計上いたしております。

 4目教育費委託金では、中学校に設置しております心の教室相談員活用調査研究委託金45万円等を計上しております。

 31ページでございますが、次に15款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入では、町有地の貸付収入といたしまして、159万円を計上いたしております。

 2目利子及び配当金では、各種基金の預金利子で791万4,000円を計上いたしております。

 3目土地開発基金運用収入では、10万円を存目として計上しております。

 2項財産売払収入、1目不動産売払収入では駅前線の代替地として長津地内のクラボウ社宅跡地の売却代964万円を計上いたしております。

 2目物品売払収入では1万円を存目として計上しております。

 16款寄附金、1項寄附金、1目総務費寄附金も存目として1,000円を計上しております。

 2目教育費寄附金では2万2,000円を計上しております。

 17款繰入金、1項基金繰入金、1目財産調整基金繰入金では5,270万円の繰り入れを計上いたしております。

 2目減債基金繰入金では、ゆるびの舎に係る起債の償還に充てるため、1億6,100万円を計上いたしております。

 3目ふるさとづくり基金繰入金では、ゆるびの舎文化ホール等利用事業、いかしの舎運営事業等に充てる5,111万1,000円を計上いたしております。

 4目人づくり場づくり基金繰入金から7目のいかしの舎運営基金繰入金では、預金利子と同額を計上いたしております。

 8目土地開発基金繰入金では、議案第6号で御審議をいただきましたが、2億円を計上いたしております。

 18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金では、前年度繰越金として100万円を計上いたしております。

 19款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目延滞金では存目の10万円を計上しております。

 2目加算金でも1,000円を存目として計上しております。

 2項町預金利子、1目町預金利子では50万円を計上いたしております。

 3項貸付金元利収入、1目勤労者低利融資事業貸付金元利収入では、歳出の2,000万円を計上いたしております。

 2目中小企業小口融資事業貸付金元利収入では、これも歳出と同額の4,500万円を計上いたしております。

 4項受託事業収入、1目農林水産業費受託事業収入では10万円を計上いたしております。

 5項収益事業収入、1目競艇事業収入では備南競艇事業組合の試算により1,108万4,000円を計上いたしております。

 6項雑入、1目雑入では2,290万4,000円を計上いたしております。主なものは、各種住民検診等の実費徴収金251万7,000円、国民年金印紙売りさばき手数料181万2,000円、ごみ袋等売却代1,079万6,000円、ゆるびの舎文化ホールの自主事業入場料400万円等でございます。

 20款町債、1項町債、1目総務債では1億2,640万円を計上いたしております。これは駅前線及び停車場線の街路灯整備事業に充てるもので、2,250万円、国の恒久減税に伴う減税分を補てんする減税補てん債2,000万円、臨時財政対策債8,390万円、2目土木債では県道早島・藤戸線の舟本地区の県営事業負担金に充てる道路改良事業債として1,130万円を計上いたしております。これらの町債につきましては、償還時に元利償還額の一定割合を交付税で措置されるというものでございます。

 以上、一般会計の歳入歳出予算につきまして概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午後3時7分 休憩

            午後3時20分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 上下水道課長。



◎上下水道課長(平松保之君) 失礼いたします。それでは、125ページからの平成13年度水道事業会計予算につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第20号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算

  (総則)

 第1条 平成13年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

  (業務の予定量)

 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。

 (1)給水戸数      4,250戸

 (2)年間総配水量    193万立方メートル

 (3)1日平均配水量   5,288立方メートル

  (収益的収入及び支出)

 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。

        収        入

  第1款 水道事業収益   1億5,528万2,000円

   第1項 営業収益    1億5,497万6,000円

   第2項 営業外収益       30万5,000円

   第3項 特別利益          1,000円

        支        出

  第1款 水道事業費用   1億5,433万6,000円

   第1項 営業費用    1億4,061万4,000円

   第2項 営業外費用     1,262万2,000円

   第3項 特別損失          10万円

   第4項 予備費           100万円

  (資本的収入及び支出)

 第4条 資本的収入及び支出の予定額は次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額4,190万円は、当年度分消費税資本的収支調整額170万円、過年度分損益勘定留保資金3,020万円及び建設改良積立金1,000万円で補てんするものとする。)

        収         入

  第1款 資本的収入          90万円

   第1項 工事負担金         90万円

        支         出

  第1款 資本的支出         4,280万円

   第1項 建設改良費     3,660万7,000円

   第2項 企業債償還金     619万3,000円

  (一時借入金)

 第5条 一時借入金の限度額は500万円と定める。

  (予定支出の各項の経費の金額の流用)

 第6条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)営業費用

 (2)営業外費用

 (3)特別損失

  (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)

 第7条 次に掲げる経費については、これらの経費の金額を、これらの経費のうち他の経費の金額に、若しくは、これら以外の経費の金額に流用し、又はこれら以外の経費をこれらの経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。

 (1)職員給与費  1,556万2,000円

  (たな卸資産購入限度額)

 第8条 たな卸資産購入限度額は63万1,000円と定める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、水道事業会計予算附属明細書によって御説明申し上げます。

 平成13年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算明細書

 収益的収入及び支出、収入、1款水道事業収益1億5,528万2,000円、1項営業収益1億5,497万6,000円、1目給水収益、節で水道料金ともに1億3,730万8,000円。これにつきましては、給水戸数4,250戸を想定し、年間総配水量193万立方メートルで有収率84%を設定し、計上しております。

 2目受託工事収益、節で新設工事収益90万円、修繕工事収益で15万7,000円、これにつきましては、新設工事及び修繕工事の収益でございます。

 3目その他営業収益1,661万1,000円、節で材料売却収益63万円、これにつきましては材料売却の収益でございます。同じく節で手数料496万7,000円、主なものといたしましては、工事検査手数料223万円、下水道使用料取扱手数料273万7,000円を見込んでおります。節で負担金598万5,000円、これにつきましては、加入負担金等の収益を見込んでおります。次に、雑収益で502万9,000円、これにつきましては電算化に伴います下水道会計からの負担金135万4,000円と下水道工事等に伴います既設配水管の仮配管の材料代及び工事負担金367万5,000円でございます。これにつきましても、下水道会計からの収入でございます。

 続きまして、150ページでございます。第2項営業外収益で30万5,000円、1目受取利息、節で預金利息ともに30万3,000円で、これにつきましては預金利息でございます。

 2目雑収益で2,000円、節で不用品売却収益で1,000円、その他雑収益1,000円でございます。

 3項特別利益で1,000円、1目過年度損益修正益、節で過年度損益修正益ともに1,000円でございます。

 1款水道事業費用1億5,433万6,000円、1項営業費用1億4,061万4,000円、1目原水及び浄水費、節で負担金ともに5,674万2,000円でございます。これにつきましては、備南水道企業団への原水代でございまして、水量193万立方メートルで計算いたしております。

 2目配水及び給水費2,697万8,000円、主なものといたしましては、賃金で243万2,000円、これにつきましては臨時職員等の人夫賃でございます。同じく節で委託料544万円、主なものといたしましては、漏水調査委託料で105万円、指定工事店修理当番の委託料で210万円、水道配管図及び戸番図修正委託料で105万円等でございます。

 節で修繕費1,395万9,000円で主なものといたしましては、水道メーターの修繕費120万1,000円、配水管の修繕費1,260万円等でございます。節で動力費404万5,000円、これにつきましては矢尾、真磯、流通団地の加圧ポンプの電力料金でございます。

 次に、3目受託工事費103万7,000円、主なものといたしましては工事請負費で95万3,000円、これにつきましては都市計画道路における給水設備工事請負費等でございます。

 4目総係費で2,606万2,000円、節で給料811万3,000円、これは職員3名分の人件費でございます。

 そのほか主なものといたしましては、備消品費で114万1,000円、これにつきましては法令集の加除等でございます。委託料で273万1,000円、主なものといたしましては、水道メーターの検針事務の委託料203万2,000円、これにつきましては水道使用量のメーター検針の委託料で、現在3名の方にお願いしております。次に、賃借料290万7,000円、水道事務処理の電算化に伴う機械の借料でございます。

 次。5目減価償却費2,817万円、節で有形固定資産減価償却費2,816万2,000円でございます。内訳といたしましては、建物減価償却費9万6,000円、構築物減価償却費2,759万3,000円、機械及び装置減価償却費41万4,000円、工具器具及び備品減価償却費5万9,000円等でございます。節で無形固定資産減価償却費8,000円、これにつきましては電話加入権の減価償却費でございます。

 6目資産減耗費110万円、節でたな卸資産減耗費10万円、固定資産除却費100万円を見込んでおります。

 7目その他営業費用、節で材料売却原価ともに52万5,000円、これにつきましては先ほどの材料売却収益を上げるための材料の原価でございます。

 2項営業外費用1,262万2,000円、1目支払利息及び企業債取扱諸費1,115万8,000円、これにつきましては平成11年度までの企業債の借り入れ分の利息等でございます。

 2目消費税及び地方消費税、節で公課費ともに146万3,000円、3目雑支出、節で不用品売却原価ともに1,000円でございます。

 3項特別損失、1目過年度損益修正損、節で過年度損益修正損ともに10万円でございます。

 4項予備費、1目予備費、節で予備費ともに100万円でございます。

 次に、資本的収入1款資本的収入90万円、1項工事負担金、1目工事負担金、節で工事負担金ともに90万円でございます。これにつきましては、消火栓設置工事の負担金でございます。

 支出、1款資本的支出4,280万円、1項建設改良費3,660万7,000円、1目配水設備費、節で工事請負費ともに3,600万円、主なものといたしましては国道2号線金田口交差点及び都市計画道路早島停車場線の配水管改良工事費等でございます。

 2目営業設備費、節で量水器購入費ともに60万7,000円、量水器の購入費でございます。

 2項企業債償還金、1目企業債償還金、節で企業債償還金ともに619万3,000円、これにつきましては企業債の償還元金でございます。

 以上、平成13年度早島町水道事業会計の予算につきまして概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) 失礼いたします。それでは、国民健康保険特別会計予算について概略を御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第21号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算

 平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7億2,923万5,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (一時借入金)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は2,000万円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、事項別明細書によって御説明を申し上げたいと思います。

 1款総務費、1項総務管理費、1目の一般管理費では511万4,000円、前年度に対しまして12万5,000円の増額でございますが、主なものといたしましては、7節の賃金60万5,000円、これにつきましてはレセプト点検の人夫賃で、13節の委託料356万5,000円は国保事業運営に伴う共同電算処理の委託料でございます。

 2目の連合会負担金27万5,000円は、被保険者増により前年度に対しまして1万1,000円の増額を見込んで計上しております。

 次に、2項の運営協議会費69万3,000円、前年度に対しまして18万4,000円の増額でございます。主なものといたしましては、1節の報酬29万円、9節旅費39万9,000円でございます。

 2款の保険給付費、1項の療養諸費では、本年度4億129万2,000円、前年度に対しまして431万8,000円の減額でございます。

 1目の一般被保険者療養給付費では、本年度2億2,616万1,000円とし、これに対しましては3年間の医療費の動向を勘案し、12年度医療費見込み額に約3%の上昇見込みで計上いたしております。

 2目の退職被保険者等療養給付費では、本年度1億6,843万5,000円を見込んで計上いたしております。これにつきましても、3年間の医療費の動向を勘案し、12年度医療費見込み額に約6%の上昇を見込んで計上いたしております。

 3目の一般被保険者療養費では、本年度349万3,000円とし、これに対しましては3年間の療養費の動向を勘案し、計上いたしております。

 4目の退職被保険者等療養費では、本年度145万3,000円とし、これに対しましては3年間の療養費の動向を勘案し、12年度退職被保険者等療養費見込み額の約10%の増額を見込んで計上いたしております。

 5目の審査支払手数料では、本年度175万円とし、これに対しましては3年間の審査支払手数料を勘案し、1カ月平均2,115件を見込んで計上いたしております。

 2項の出産育児諸費、1目の出産育児一時金では、本年度360万円とし、妊娠届及び3年間の出産件数を勘案し、12名の出産件数を見込んで計上いたしております。

 3項の葬祭諸費、1目の葬祭費では、本年度225万5,000円とし、3年間の葬祭件数を勘案し、41件の死亡件数を見込んで計上いたしております。

 4項の高額療養費、1目の一般被保険者高額療養費では、本年度3,571万3,000円とし、これに対しましては2年間の一般被保険者高額療養費の動向を勘案し、12年度一般被保険者高額療養見込み額に約3%を見込んで計上いたしております。

 2目の退職被保険者等高額療養費では、本年度1,180万6,000円とし、これに対しましては2年間の退職被保険者等高額療養費の動向を勘案し、12年度退職被保険者等高額療養費見込み額の約17%の増額を見込んで計上いたしております。

 3款の老人保健拠出金、1項の老人保健拠出金、1目の老人保健医療費拠出金は本年度1億9,853万8,000円とし、前年度に対しまして1,528万6,000円の増額でございます。これに対しましては、平成11年度全保険者の老人保健医療費実績を基準にいたしまして、平成11年度早島町老人保健医療費の実績を国の示す計算式に当てはめて計算した額を計上いたしております。

 2目の老人保健事務費拠出金は、本年度285万円を計上いたしております。これにつきましても、国の計算式に基づいて試算した額でございます。

 4款の介護給付費は、社会保険診療報酬支払基金に納付する国民健康保険の2号被保険者の納付金3,404万1,000円を計上いたしております。

 5款の共同事業拠出金、1項の共同事業拠出金、1目の共同事業医療費拠出金は、本年度437万9,000円を計上いたしており、これは国民健康保険における高額医療費の発生による保険者の財政運営の不安定を緩和するために、国保連合会が高額医療費共同事業を行い、保険者が拠出する額でございます。

 2目のその他共同事業拠出金は本年度2,000円を計上いたしており、これは年金受給者リストを作成する拠出金でございます。

 6款の保健事業費、1項の保健事業費、1目の保健衛生普及費は、本年度1,154万3,000円を計上いたしており、主なものといたしましては、町民の健康づくり啓発事業として健康づくり講演会52万8,000円、歩け歩け大会8万9,000円、総合データバンク事業1,089万5,000円を計上いたしております。なお、この総合データバンク事業は、国民健康保険特別会計の国庫補助8割交付を受け保健福祉課で実施する事業でございます。

 2目の趣旨普及費119万3,000円は、国民健康保険者の郵送返送料、国保新聞購読料及び被保険者に医療費通知をする費用でございます。

 3目の鍼・灸施設費3万4,000円は、65歳以上の被保険者に対し鍼・灸施術費を支給する給付事業でございます。

 7款の基金積立金、1項の基金積立金、1目の国民健康保険特別会計基金積立金35万4,000円は、基金の預金利子を計上いたしております。

 8款の公債費は存目計上でございます。

 9款諸支出金、1項の償還金及び還付加算金、1目の一般被保険者保険税還付金50万円、2目の退職被保険者等保険税還付金5万円は、遡及適用、所得更正等による還付金でございます。

 3目の国民健康保険助成費返納金、4目の療養給付費交付金償還金は存目予算でございます。

 10款の予備費につきましては1,500万円を計上させていただいております。

 次に、歳入につきまして御説明をさせていただきたいと思います。

 1款の国民健康保険税は、本年度2億7,899万2,000円を計上しており、医療給付費分現年課税分1人当たり8万1,819円で、対前年比約3.3%の減少、介護納付金分現年課税分1人当たり1万7,351円で対前年比約17%の増額となり、特に医療給付費分現年課税分につきましては、被保険者数は増加しておりますが、所得の伸びが見込めないのが主な要因でございます。

 また、介護納付金分現年課税分につきましては、介護納付費が増額となり、専決処分により税率改正を考えております。

 1目一般被保険者国民健康保険税2億1,582万8,000円は、医療給付費分及び介護納付費分の合算額でございます。前年度に対しましては74万2,000円の増額を見込んで計上しております。

 2目の退職被保険者等国民健康保険税6,316万4,000円は、医療給付費分、介護納付費分の合算額でございます。前年度に対しまして655万4,000円の増額を見込んで計上いたしております。これの主な要因は、退職被保険者等の増が主な要因とか、所得等の伸びが若干あったということでございます。

 2款の国庫支出金、1項の国庫負担金、1目の療養給付費等負担金は1億9,528万5,000円を計上いたしており、前年度に対しまして553万4,000円増額となっております。主な要因は、老人保健拠出金の増額に伴うものでございます。

 2目の事務費負担金7万8,000円は介護保険事務費負担金でございます。

 2項の国庫補助金、1目の財政調整交付金4,693万円を計上いたしており、前年度に対しまして688万8,000円の増額になっております。これにつきましては、財政状況により交付される普通調整交付金及び介護納付拠出金の補助金を見込んで計上いたしております。

 3款の療養給付費交付金、1項の療養給付費交付金、1目の療養給付費交付金1億2,358万5,000円は退職者医療制度により退職者の医療費に対する交付金でございます。

 4款の県支出金、1項の県補助金、1目の診療報酬審査事務補助金20万2,000円でございます。これにつきましては、レセプト見込み件数に単価8円を掛けた金額を計上しております。

 5款の連合会支出金、1項の連合会補助金、1目の介護円滑導入納付金は存目予算で計上させていただいております。

 6款の共同事業交付金、1項の共同事業交付金、1目の共同事業交付金430万1,000円でございます。これはレセプト1件当たりの費用額が100万円以上が対象となり、交付率により交付される見込み額を計上いたしております。

 7款の財産収入、1項の財産運用収入、1目の利子及び配当金35万5,000円でございます。これは国民健康保険特別会計基金預金利子及び国保連合会預託金利子を計上いたしております。

 8款の繰入金、1項の一般会計繰入金5,090万円は、1目の保険基盤安定繰入金が2,041万8,000円、2目の一般会計繰入金3,048万2,000円、その内訳は出産育児一時金繰入金240万円、事務費繰入金608万2,000円、国保財政安定化支援事業繰入金2,200万円を計上いたしております。

 9款の繰越金、1項の繰越金、1目の療養給付費交付金繰越金は存目予算を計上させていただいております。

 2目その他繰越金は、12年12月末現在の決算見込みにより2,800万円を計上しております。

 10款の諸収入、1項の預金利子、1目の預金利子3,000円は普通預金利子でございます。

 2項の雑入、1目の一般被保険者第三者納入金50万円、2目の退職被保険者等第三者納入金10万円は、自動車損害賠償金を見込み計上いたしております。

 3目の返納金、4目の雑入は存目予算を計上させていただいております。

 以上、平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算につきましては、去る2月28日に国民健康保険運営協議会において承認をいただき、この議会へ提出させていただいたものでございます。

 以上、概略御説明申し上げましたので、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、老人保健特別会計予算につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第22号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算

 平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ11億4,177万2,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (一時借入金)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、3,000万円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)医療諸費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、歳入歳出予算事項別明細書により御説明を申し上げます。

 まず、歳出でございますが、1款医療諸費、1項医療諸費、1目医療給付費、19節負担金補助及び交付金11億2,717万7,000円は医療給付費でございます。これは平成12年度見込み額に過去3年間の伸び率の平均3.9%に老人医療制度の改正の影響による減約2%を見込み計上しております。

 2目医療費支給費、19節負担金補助及び交付金1,067万円は、一般診療の対象とならない医療を受けた場合の医療費の支給を行うもので、前年実績から見込み、882万6,000円を計上しております。高額医療費支給費184万4,000円は医療保健制度改正関連法の成立により、平成13年1月の診療分から自己負担限度額を超える医療費を支出した受給者には、超えた分を返還するものでございます。

 3目の審査支払手数料、12節役務費386万3,000円は審査支払手数料でございます。国保分、社保分のレセプト件数の12年度実績見込みから3.9%の伸び率で計上しております。

 2款公債費、1項公債費、1目利子、23節償還金利子及び割引料6万円は、一時借入金利子を計上させていただいております。

 3款諸支出金、1項償還金、1目償還金、23節償還金利子及び割引料1,000円は存目で計上しております。

 4款予備費も存目で1,000円計上しております。

 これに対する歳入でございますが、195ページにお戻り願いたいと思います。

 1款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目医療費交付金では、現年度分医療費交付金7億9,198万4,000円を、過年度分医療費交付金は存目で1,000円計上しております。これは支払基金から支払われる医療費交付金でございまして、医療給付費の約70%分でございます。

 2目審査支払手数料交付金現年度分377万4,000円は、支払手数料交付金でございます。これは13年度の見込みレセプト件数3万3,660件に対する支払基金からの交付金でございます。過年度分審査支払手数料交付金は存目で1,000円計上しております。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目医療費負担金現年度分2億3,057万5,000円は医療費の国庫負担金でございます。医療費の約20%が国から負担されるものでございます。過年度分医療費負担金は存目で計上しております。

 3款県支出金、1項県負担金、1目医療費県負担金現年度分5,764万3,000円は医療費の県負担金でございます。医療費の約5%分に相当します。

 過年度分医療費県負担金は存目で1,000円計上しております。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金5,772万1,000円は一般会計繰入金で町負担分約5%分に相当する額でございます。

 5款繰越金、1項繰越金、1目繰越金1,000円は前年度繰越金でございますが、存目で計上しております。

 6款諸収入、1項預金利子、1目預金利子2万円は前年度と同額計上しております。

 2項雑入、1目第三者納入金5万円は交通事故による第三者納入金で、見込みで計上しております。

 以上、老人保健特別会計につきまして概略を御説明申し上げました。御審議、御議決のほどよろしくお願いいたします。

 それでは続きまして、平成13年度介護保険特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第23号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算

 平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億5,501万1,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (一時借入金)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、5,000万円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、事項別明細により歳出から御説明申し上げます。

 まず、歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費532万2,000円は、前年度に比較し204万1,000円の減額でございますが、介護保険給付管理事務に係る経費を計上しております。主なものは、11需用費31万3,000円で、消耗品費24万円、プリンター、トナー等事務用品を、13節委託料483万5,000円では電算処理委託料257万1,000円でございます。これは国保連データ連携事務処理委託料96万円、受給者管理事務委託料42万円、サポート支援委託料96万円等でございます。電子計算機保守管理委託料226万4,000円は、被保険者管理システム認定審査支援システム保守料215万9,000円、保険者支援システムネットワーク保守料10万5,000円でございます。

 2目連合会負担金14万9,000円は、前年度に比較し32万8,000円の減額でございます。国保連合会一般負担金、第三者行為救償事務負担金を計上しております。

 1款総務費、2項徴収費、1目賦課徴収費477万7,000円は前年度に比較し260万3,000円の増額でございますが、1号被保険者に係る保険料徴収事務に関する費用を計上しております。11節需用費30万4,000円は、消耗品費24万円で賦課処理用紙代を、12節役務費78万4,000円では1号被保険者の納付書送付に係る郵便料を、13節委託料368万9,000円では1号保険料賦課処理に係る電算委託料を計上しております。

 0目納入奨励費17万6,000円は納税組合廃止に伴い本年度は計上しておりません。

 1款総務費、3項介護認定審査会費、1目介護認定審査会費289万6,000円でございますが、主なものは1節報酬費で介護認定審査会委員報酬7名分252万円を、12節役務費で認定結果通知、主治医意見書作成依頼書等の郵便料20万円、通信接続料14万4,000円等を計上しております。

 2目認定調査等費422万5,000円は、前年度に比較して96万5,000円の増額でございます。11節需用費で申請書、調査用紙等、認定事務用品など消耗品費10万円、12節役務費では手数料として主治医意見書作成料262万5,000円、13節委託料は訪問調査委託料で在宅、施設の調査委託料150万円を計上しております。

 1款総務費、4項趣旨普及費、1目趣旨普及費92万円は、前年度とほぼ同額でございます。11節需用費で啓発用パンフレット84万円、12節役務費で介護給付費明細書等の郵便料8万円を計上しております。

 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目居宅介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金では、要介護者が指定居宅サービス事業者から訪問介護などの在宅サービスを受けたときに給付する居宅介護サービス給付費1億4,525万6,000円を計上しております。

 2目特例居宅介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金では要介護認定申請前に緊急時などやむを得ない理由により指定居宅サービスを受けたときに給付する特例居宅介護サービス給付費50万円を計上しております。

 3目施設介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金では、施設介護サービス給付費2億4,648万4,000円計上しております。

 4目特例施設介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金では、特例施設介護サービス給付費50万円を計上しております。

 5目居宅介護福祉用具購入費、19節負担金補助及び交付金では、要介護者が福祉用具を購入した場合に給付する居宅介護福祉用具購入費120万円を計上しております。

 6目居宅介護住宅改修費、19節負担金補助及び交付金では、要介護者が手すり等の取りつけ等、住宅改修を行った場合に給付する居宅介護住宅改修費300万円を計上しております。

 7目居宅介護サービス計画給付費、19節負担金補助及び交付金では、指定居宅介護支援事業者から居宅介護サービス計画の作成等の給付を受けた場合に支払われる給付費1,144万8,000円を計上しております。

 8目特例居宅介護サービス計画給付費、19節負担金補助及び交付金では、特例居宅介護サービス計画給付費10万円を計上しております。

 2款保険給付費、2項支援サービス等諸費、1目居宅支援サービス給付費、19節負担金補助及び交付金924万9,000円は要支援者に対する居宅支援サービス給付費でございます。

 2目特例居宅支援サービス給付費、19節負担金補助及び交付金10万円は、特例居宅支援サービス給付費でございます。

 3目居宅支援福祉用具購入費、19節負担金補助及び交付金10万円は、居宅支援福祉用具購入費でございます。

 4目居宅支援住宅改修費、19節負担金補助及び交付金24万円は、居宅支援住宅改修費でございます。

 5目居宅支援サービス計画給付費、19節負担金補助及び交付金208万1,000円は、居宅支援サービス計画給付費でございます。

 6目特例居宅支援サービス計画給付費、19節負担金補助及び交付金5万円は、特例居宅支援サービス計画給付費でございます。

 2款保険給付費、3項その他諸費、1目審査支払手数料、12節役務費63万3,000円は国保連合会への審査支払手数料でございます。

 2款保険給付費、4項高額介護サービス等費、1目高額介護サービス費、19節負担金補助及び交付金394万円は、利用者負担が一定額を上回った場合に負担の軽減を図るため給付する高額介護サービス費でございます。

 2目高額居宅支援サービス費、19節負担金補助及び交付金1万円は、要支援者に対して給付する高額居宅支援サービス費を計上しております。

 3款財政安定化基金拠出金、1項財政安定化基金拠出金、1目財政安定化基金拠出金、19節負担金補助及び交付金206万5,000円は、市町村が負担する財政安定化基金拠出金でございます。

 4款基金積立金、1項基金積立金、1目介護給付費準備基金積立金、25節積立金で介護給付費準備基金積立金165万6,000円、預金利子積立金1万円を計上しておりますが、これは介護保険特別会計で生ずると見込まれる余剰金を積み立てるものでございます。

 5款公債費、1項公債費、1目利子、23節償還金利子及び割引料で借入最高額5,000万円の一時借入金利子を5万円計上しております。

 6款予備費、1項予備費、1目予備費では標準給付費の2%相当額800万円を計上しております。

 7款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第1号被保険者保険料還付金、23節償還金利子及び割引料5万円は前年度過誤納金に対する還付金でございます。

 これに対する歳入でございますが、213ページにお戻り願います。

 1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料では現年度分特別徴収保険料4,633万5,000円を、現年度分普通徴収保険料として735万9,000円を、滞納繰越分10万円は普通徴収保険料として計上しております。

 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目督促手数料1,000円は存目で計上しております。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金8,497万8,000円は現年度分介護給付費負担金でございます。

 3款国庫支出金、2項国庫補助金、1目調整交付金2,018万3,000円は現年度分調整交付金、2目事務費交付金237万3,000円は介護認定調査等事務交付金でございます。

 4款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金1億4,021万4,000円は現年度分介護給付費交付金、過年度分10万円は過年度分介護給付費交付金でございます。

 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費県負担金5,311万1,000円は現年度分介護給付費負担金でございます。

 6款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金では介護保険円滑導入基金預金利子1万円、介護給付費準備基金預金利子1万円を計上しております。

 7款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金5,311万1,000円は、現年度分介護給付費繰入金でございます。

 2目その他一般会計繰入金2,344万4,000円は、事務費繰入金でございます。

 7款繰入金、2項基金繰入金、1目介護保険円滑導入基金繰入金1,857万1,000円は介護保険円滑導入基金繰入金でございます。

 8款繰越金、1項繰越金、1目繰越金510万円は、第1号被保険者保険料繰越金500万円、その他繰越金10万円を計上しております。

 9款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目第1号被保険者延滞金5,000円は、第1号被保険者延滞金を計上しております。

 9款諸収入、2項預金利子、1目預金利子5,000円は歳計現金預金利子を計上しております。

 9款諸収入、3項雑入、1目雑入は存目で1,000円計上しております。

 以上、介護保険特別会計予算につきまして概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(平松保之君) 失礼いたします。それでは、早島町公共下水道事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第24号

 平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算

 平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6億1,874万1,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

  (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

  (一時借入金)

 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2億円と定める。

  (歳出予算の流用)

 第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、「第1表 歳入歳出予算」でございますが、事項別明細書により御説明させていただきますので、省略させていただきます。

 次に、「第2表 地方債」でございますが、起債の目的、限度額では、1準公営企業債、1児島湖流域下水道事業債で1,070万円、2公共下水道事業債で3,750万円で、限度額合計が4,820万円でございます。

 起債の方法は、普通貸借または証券発行、利率は5%以内でございます。償還の方法は、政府資金についてはその融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するところによる。ただし、町財政の都合により据え置き期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえすることができる。

 続きまして、事項別明細書により御説明申し上げます。

 1総括でございますが、歳入歳出予算の合計は歳入歳出それぞれ6億1,874万1,000円で、前年度に対しまして958万2,000円の減額、対前年比1.5%の減となっております。

 次に、237ページの歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項負担金、1目公共下水道受益者負担金529万3,000円で、前年度に対しまして124万8,000円の減額でございます。現年度賦課面積6,112平方メートルに分割納付、滞納分を合わせて計上させていただいております。

 2目公共下水道工事負担金では、取付桝設置工事負担金として30万円を計上しております。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料1億3,683万8,000円を計上しております。前年度に対しまして345万5,000円の増額でございます。内訳といたしましては、流通団地処理区2,313万3,000円、早島処理区1億1,370万5,000円を見込んで計上しております。

 2項手数料、1目下水道手数料で48万円を計上しており、審査手数料と督促手数料を計上しております。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目公共下水道事業費国庫補助金1,500万円でございます。

 4款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金で4万9,000円でございますが、これは公共下水道事業積立金預金利子でございます。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金で4億256万1,000円でございます。前年度に対しまして371万3,000円の増額でございます。

 2項基金繰入金、1目公共下水道整備事業積立金繰入金で300万円でございます。

 6款繰越金、1項繰越金、1目繰越金で600万円でございます。

 7款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目延滞金で1万円を、2項町預金利子、1目町預金利子で1万円でございます。

 3項雑入、1目雑入で100万円を消費税還付金として存目で計上させていただいております。

 8款町債、1項町債、1目準公営企業債で4,820万円でございます。前年度に対しまして1,500万円の減額でございます。内訳といたしましては、児島湖流域下水道事業債1,070万円、公共下水道事業債3,750万円でございます。

 続きまして、241ページの歳出でございます。

 1款公共下水道事業費、1項総務管理費、1目一般管理費で2億7,314万9,000円でございまして、前年度に対しまして2,804万1,000円の減額でございます。これの主なものにつきまして御説明申し上げます。

 まず、2節の給料で1,753万5,000円、これにつきましては職員4名分でございます。7節賃金55万円、これは人夫賃等でございます。8節報償費で103万4,000円、これにつきましては受益者負担金一括納付の報奨金でございます。これは付加金の20%を計上しております。11節需用費で564万5,000円、前年度に対しまして4万1,000円の減額でございます。これの主なものといたしましては、光熱水費で頓行ほか11カ所の中継ポンプの電気料として319万9,000円、同じく中継ポンプ等の修繕料として175万8,000円を計上しております。12節役務費61万7,000円では、通信運搬費で49万9,000円、その他公用車の保険料等でございます。

 13節委託料は1,374万7,000円でございます。これの主なものといたしましては、供用開始後5年を経過した管路の清掃委託料で273万円、マンホールポンプの管理委託料として424万2,000円、これにつきましては頓行中継ポンプ場ほかの維持管理委託費でございます。下水道台帳作成業務委託料168万円では、平成12年度に整備いたしました区域等の台帳作成業務委託費を計上しております。使用料徴収事務委託料273万7,000円は、水道会計に支払う下水道使用料金徴収事務委託費でございます。14節使用料及び賃借料で14万2,000円は、電子複写機の使用料等でございます。15節工事請負費6,733万5,000円でございます。これの主なものにつきましては、県道早島停車場線の下水道整備事業、延長にして約285メートルを計画しております。また、中山団地内の汚水管改築工事、延長にして約210メートル、そのほか下水道施設の改築修繕工事あるいは舗装修繕工事、取付桝の改修及び設置工事等を予定して計上させていただいております。16節原材料費では、若宮、中山団地等の新築、改築に伴う取付桝を材料支給費として計上させていただいております。これにつきましては、新築、改築等のときに古い桝を公共下水道の基準に合った桝に取りかえていただくということで、材料支給費として52万5,000円を計上しております。19節負担金補助及び交付金1億4,937万6,000円でございます。これの主なものといたしましては、児島湖流域下水道関連で児島湖流域下水道補助対象事業負担金1,077万2,000円でございます。また、単独事業負担金81万2,000円、これは補助対象以外の単独事業の早島町負担分でございます。児島湖流域浄化センター周辺環境整備事業負担金で185万8,000円でございます。児島湖流域下水道管理負担金1億308万5,000円は、児島湖流域浄化センターへの維持管理負担金でございます。流通団地汚水処理負担金2,427万5,000円は岡山市へ流通団地の汚水処理負担金を支払うものでございます。仮配管工事負担金360万5,000円につきましては、平成13年度下水道工事に伴います水道管の仮配管工事等の負担金等でございます。これにつきましては水道会計へ支払うものでございます。

 22節補償補填及び賠償金50万円は、下水道工事に伴いまして中電、NTTの引き込み線等の支障移転費用で経常的に見込んで計上させていただいております。23節償還金利子及び割引料20万円は、受益者負担金の過誤納金に対する還付金でございます。

 2目財産管理費124万9,000円は前年度に対しまして38万8,000円の減額でございますが、受益者負担金の一括納付金の3分の1を公共下水道事業積立金及び利子を計上させていただいております。

 2款公債費、1項公債費では3億4,424万3,000円で、前年度に対しまして1,884万7,000円の増額でございます。

 1目元金で1億3,918万3,000円は地方債償還元金でございます。

 2目の利子2億506万円は地方償還金利子2億495万円と一時借入金利子11万円でございます。

 3款予備費、1項予備費、1目予備費につきましては、前年度と同額の10万円を計上させていただいております。

 以上、平成13年度早島町公共下水道事業特別会計予算につきまして概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) ただいま上程された議案については、この後、予算審査特別委員会を設置し付託する予定ですので、質疑を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

 お諮りいたします。

 本案については、議長を除く12名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第19号平成13年度岡山県都窪郡早島町一般会計予算について、議案第20号平成13年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計予算について、議案第21号平成13年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計予算について、議案第22号平成13年度岡山県都窪郡早島町老人保健特別会計予算について、議案第23号平成13年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計予算について、議案第24号平成13年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計予算については、12名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により3月10日まで20日まで11日間休会することにいたしたいと存じます。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、3月10日から20日まで11日間休会することに決しました。

 本日は長時間にわたりまして御審議いただき、大変お疲れさまでした。

 ここで念のため申し上げます。一般質問の通告は15日の午後5時までとなっておりますので、御留意願います。

 本日はこれにて散会いたします。

            午後4時30分 散会