議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成13年 3月定例会 03月08日−01号




平成13年 3月定例会 − 03月08日−01号







平成13年 3月定例会



           早 島 町 議 会 会 議 録

           平成13年3月8日( 木 曜 日 )

           ───────────────

           議 事 日 程 ( 第 1 号 )

午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 諸般の報告

第4 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)

   議案第2号 専決処分の承認を求めることについて(早島町老人医療費給付条例の一部を改正する条例)

   議案第3号 専決処分の承認を求めることについて(早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例)

第5 議案第4号 第3次早島町総合計画基本構想について

第6 議案第5号 早島町情報公開条例の制定について

   議案第6号 早島町土地開発基金条例の一部を改正する条例について

   議案第7号 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について

   議案第8号 早島町介護保険条例の一部を改正する条例について

   議案第9号 病院群輪番制病院設備整備費補助金の事務委託について

   議案第10号 早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について

   議案第11号 早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

   議案第12号 早島町水道使用条例の全部を改正する条例について

   議案第13号 早島町道路線の認定について

   議案第14号 平成12年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について

   議案第15号 平成12年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第3号)について

   議案第16号 平成12年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

   議案第17号 平成12年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

   議案第18号 平成12年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第1号)について

         ・質疑

         ・委員会付託

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第6まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            出  席  議  員(13名)

 1番  川  北  隆  之 君      2番  磯  山  卓  宏 君

 3番  小  橋  澄  男 君      4番  太  田  尅  子 君

 5番  安  原     昇 君      6番  沢  田  晃  始 君

 7番  原     光  俊 君      8番  須  増  伸  子 君

 9番  太  田  幸  夫 君     10番  平  岡     守 君

12番  林        勇 君     13番  三  宅     弘 君

14番  寺  山  邦  夫 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠  席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      安 原 良 一 君     収入役     磯 山   守 君

理事      山 崎 勝 元 君     理事      佐 藤 喜世文 君

総務課長    水 畑 千 歳 君     企画振興課長  森 安 茂 彦 君

税務課長    福 島   晃 君     町民生活課長  原   一 雄 君

保健福祉課長  平 井 京 治 君     産業課長心得  太 田 尚 良 君

建設課長    林   耕 市 君     上下水道課長  平 松 保 之 君

学校教育課長  小野田 修 作 君     社会教育課長  佐 藤 寿 一 君

企画振興課参事 梶 原 由 恵 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

局長      原   隆一郎 君     書記      溝 手 祐 佳 君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







            午前10時0分 開会



○議長(寺山邦夫君) 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより平成13年3月早島町議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布したとおりでございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(寺山邦夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において5番安原昇君、8番須増伸子君を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(寺山邦夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から3月23日までの16日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は16日間と決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 諸般の報告



○議長(寺山邦夫君) 日程第3、諸般の報告をいたします。

 議長報告をいたします。

 去る2月23日、岡山県町村議会議長会第52回定期総会が開催され、その席上において私が全国町村議会議長会より特別功労者並びに議会議長在職7年以上の表彰を受けましたことを御報告いたします。

 次に、本日までに請願1件が提出され、これを受理しております。

 会議規則第92条第1項の規定により、お手元に配布した文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたしましたから報告いたします。本会期中に審査を終えられるようお願いいたします。

 次に、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納検査報告書がお手元に配布したとおり提出されております。朗読は省略します。

 以上で議長報告を終わります。

 これをもって諸般の報告を終了いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)

      議案第2号 専決処分の承認を求めることについて(早島町老人医療費給付条例の一部を改正する条例)

      議案第3号 専決処分の承認を求めることについて(早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例)



○議長(寺山邦夫君) 日程第4、議案第1号専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)、議案第2号専決処分の承認を求めることについて(早島町老人医療費給付条例の一部を改正する条例)、議案第3号専決処分の承認を求めることについて(早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例)を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 皆さんおはようございます。

 本日は、平成13年3月定例議会を招集をいたしましたところ、皆様方には御多用のところ御参集をいただきまして、まことにありがとうございます。

 ただいま上程になりました議案第1号から議案第3号までの専決処分の承認を求めることについての提案理由の説明をさせていただきます。

 議案第1号でございますが、本案は平成13年1月6日に施行になりました中央省庁等改革関係法施行法及びその他の法令の施行に伴いまして、町税条例の一部を改正する条例を専決処分をさせていただいたものでございます。

 次に、議案第2号及び議案第3号につきましても、中央省庁等改革関係法施行法が施行されることに伴いまして、早島町老人医療費給付条例及び早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部改正を専決処分をさせていただいたものでございます。

 以上、概略御説明を申し上げましたが、内容につきましては関係課長に説明をさせますので、御審議の上、御承認を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 税務課長。



◎税務課長(福島晃君) それでは、議案第1号専決処分の承認を求めることについて、御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第1号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 次の専決処分書の朗読は省略をさせていただきます。

 町税条例の一部を改正する条例

 町税条例(昭和29年8月20日制定)の一部を次のように改正する。

 「自治大臣」を「総務大臣」に、「厚生大臣」を「厚生労働大臣」に改める。

 附則第7条第2項を削る。

 附則でございますが、この条例は、平成13年1月6日から施行する。ただし、附則第7条第2項を削る改正規定は、平成12年11月30日から適用する。

 本案は、中央省庁等改革関係法施行法等が施行されることに伴いまして、町税条例の一部を改正したものでございます。

 内容につきましては、町税条例の第46条、第53条の7、第77条及び第98条第2項中に「自治大臣」とあるものを「総務大臣」に、第90条第2項中の「厚生大臣」を「厚生労働大臣」に改めるもの及び配当控除の規定の整備のため、附則第7条第2項を削除する改正でございます。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、議案第2号及び議案第3号について御説明を申し上げます。

 まず、議案第2号について朗読いたします。

 議案第2号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定によって、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案は、町長の提案理由の説明にもございましたように、中央省庁等改革関係法施行法が平成13年1月6日から施行されたことに伴い、早島町老人医療費給付条例の一部を改正する必要が生じたために、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分させていただいたものでございます。

 次のページの専決処分書の朗読は省略させていただきまして、その次のページに改正条例がございますが、この改正の内容は字句の改正で、第4条第1項中「厚生大臣」を「厚生労働大臣」に改めるというものでございます。

 次のページに一部改正条例の新旧対照表がございますので、ごらんいただきたいと思います。

 右の欄が現行で左側が改正案でございますが、アンダーラインを付しているところが改正箇所でございます。現行の第4条第1項中「厚生大臣」を改正案の「厚生労働大臣」に改めるというものでございます。

 なお、この改正条例の施行期日は平成13年1月6日でございます。

 続きまして、議案第3号について御説明申し上げます。

 まず、議案について朗読いたします。

 議案第3号

 専決処分の承認を求めることについて

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので同条第3項の規定によりこれを報告し承認を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案につきましても、前議案第2号と同様に字句の改正でございます。

 次のページに専決処分書がございますが、これは省略させていただきまして、次のページに改正条例案がございます。

 その次に、新旧対照表がございますので、そちらをごらんいただきたいと思います。これで説明させていただきます。

 右の欄が現行でございます。左側が改正案でございますが、一部改正の条例の新旧対照表の中でアンダーラインを付している箇所が改正するところでございます。

 4条第1項の現行の「厚生大臣」を改正案の「厚生労働大臣」に改めるというものでございます。

 この改正条例の施行期日は平成13年1月6日でございます。

 以上、概略を御説明申し上げました。御審議の上、御議決を賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) これより直ちに質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 討論なしと認めます。

 これより議案第1号専決処分の承認を求めることについて(町税条例の一部を改正する条例)、議案第2号専決処分の承認を求めることについて(早島町老人医療費給付条例の一部を改正する条例)、議案第3号専決処分の承認を求めることについて(早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例)を採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第1号から議案第3号までの専決処分の承認を求めることについて、承認することに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第1号から議案第3号までの専決処分の承認を求めることについては承認することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第4号 第3次早島町総合計画基本構想について



○議長(寺山邦夫君) 日程第5、議案第4号第3次早島町総合計画基本構想についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 御議決をいただきまして大変ありがとうございました。ただいま上程になりました議案第4号第3次早島町総合計画基本構想について御説明をさせていただきます。

 本案につきましては、去る3月1日の全員協議会において御説明を申し上げましたが、現在の新総合計画が平成12年度で終了するため、新しい時代に対応したまちづくりを展開していくために、21世紀初めの本町のまちづくり指針として、平成22年度を目標年次とする第3次総合計画基本構想を策定をするものでございます。

 基本構想は総合計画の概要、策定の背景、まちの将来像、まちづくりの方向の4項目で構成をされておりまして、内容につきましては目次にもありますとおり、総合計画の概要の項目では、総合計画を策定する目的、計画期間、平成13年度から平成22年度までの10年間であるということを示しておるものでございます。

 次に、策定の背景の項目でございますが、本町のまちづくりの現状、平成11年10月に実施いたしましたまちづくりアンケート調査、それから社会・経済面での動きなどの観点から整理をいたしまして、少子・高齢社会の本格的な到来という時代の潮流などについても検討を加えまして、これからのまちづくりの課題を行財政改革の展開や町民参加の推進ということ等、6つに分けて整理をさせていただいております。

 次に、まちの将来像の項目についてでございますが、こうした検討結果を総合的に勘案いたしまして、これからのまちづくりを進めていくために「生活者の視点に立った住民主体・地域主体のまちづくり」、また「地域のふれあい、支えあいを大切にしたまちづくり」、「恵まれた歴史と環境を活かし個性と快適性を育むまちづくり」の3つの基本理念を定めまして、町民の皆さんがお互いに協力し合いながら一体となってまちづくりに取り組み、心から幸せの実感を、また個性豊かで快適な暮らしができますよう、住環境のまちづくりを目指していくということでございまして、その目標となりますまちの将来像としては「笑顔があふれ こころをつなぐ 住みやすさ実感都市」を掲げておるところでございます。

 将来の人口推計につきましては、平成22年度の人口を約1万3,400人と予測しておりまして、年齢別の構成で見ますと、高齢者人口が現在よりも約4%高まる一方、生産年齢人口が徐々に減少すると予測をしておるところでございます。

 また、土地利用計画につきましては、現在の土地利用状況、歴史的な背景等をもとに住宅地、産業用地、商業地、その他に分けて土地利用の方向を定めております。

 基本構想の構成は27ページの一覧表にしまして図にまとめさせていただいております。ごらんをいただきたいと思います。

 まちづくりの方向の項目では、さきに掲げましたまちの将来像の実現に向けて「明日のまちのしくみをつくる」、それから「ふれあいと思いやりのまちをつくる」、「うつくしいまちをつくる」、「学び楽しめるまちをつくる」、「快適にくらせるまちをつくる」、「活力のあるまちをつくる」というふうに6つの基本目標を定めまして、その基本目標として施策の方向を示しているところでございます。

 以上、基本構想の概要につきまして簡単に御説明をいたしましたが、何とぞ御審議の上、適切な御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) これより直ちに質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 7番原君。



◆7番(原光俊君) 7番原です。この総合計画基本構想、毎回非常にすばらしい計画、構想が出されるわけです。住民の意見もアンケートなどで各層の意見を聞かれたということで、すばらしい計画だと思いますが、これを実際に周知徹底させ、また実行に移す場合に、具体的な構想といいますか、計画というのはどういうふうに考えておられるんでしょうか。



○議長(寺山邦夫君) 理事。



◎理事(佐藤喜世文君) 原議員さんの御質疑にお答えさせていただきます。

 実行計画的なものはどうかということでございますが、それは実施計画を3年ごとに作成いたしまして、その内容に従って行政事業を展開、推進していこうということでございまして、そちらの方はまだ今のところちょっと整備しておりませんが、早急に3年計画の実施計画を作成いたしまして、行政反映を行っていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) 7番原君。



◆7番(原光俊君) 今回は第3次早島町総合計画になっとります。第3次ですから、3年計画というのもすぐにすぐというわけにはいかないと思いますけれども、これは住民とのキャッチボールといいますか、意見交換、こういうふうにしたらどうかという実施計画についても周知徹底させることも必要じゃないかと思いますので、その辺十分にやっていただきたいと思います。これ実行されたらすばらしいと思いますので、よろしく。



○議長(寺山邦夫君) 理事。



◎理事(佐藤喜世文君) 原議員さんの再質疑にお答えさせていただきます。

 住民とのコミュニケーションを図って行政展開を図れと、まさにそのとおりでございまして、町政懇談会等で今後こういった内容を提示いたしまして、住民の意見を反映するような形で、また住民に情報公開、内容につきましても知らしめ、互いに協力し合って行政運営を図っていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 討論なしと認めます。

 これより議案第4号第3次早島町総合計画基本構想についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第4号第3次早島町総合計画基本構想について、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第4号第3次早島町総合計画基本構想については原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第 5号 早島町情報公開条例の制定について

      議案第 6号 早島町土地開発基金条例の一部を改正する条例について

      議案第 7号 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について

      議案第 8号 早島町介護保険条例の一部を改正する条例について

      議案第 9号 病院群輪番制病院設備整備費補助金の事務委託について

      議案第10号 早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について

      議案第11号 早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

      議案第12号 早島町水道使用条例の全部を改正する条例について

      議案第13号 早島町道路線の認定について

      議案第14号 平成12年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について

      議案第15号 平成12年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第3号)について

      議案第16号 平成12年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

      議案第17号 平成12年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について

      議案第18号 平成12年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第1号)について



○議長(寺山邦夫君) 日程第6、議案第5号早島町情報公開条例の制定について、議案第6号早島町土地開発基金条例の一部を改正する条例について、議案第7号早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について、議案第8号早島町介護保険条例の一部を改正する条例について、議案第9号病院群輪番制病院設備整備費補助金の事務委託について、議案第10号早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第11号早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、議案第12号早島町水道使用条例の全部を改正する条例について、議案第13号早島町道路線の認定について、議案第14号平成12年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について、議案第15号平成12年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第3号)について、議案第16号平成12年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、議案第17号平成12年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、議案第18号平成12年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第1号)についての14議案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(安原良一君) 御議決をいただきまして大変ありがとうございました。第3次早島町総合計画基本構想のまちづくりの理念を大切にし、将来に向けて一生懸命に取り組んでまいりたいというふうに思っております。よろしくお願いします。

 ただいま上程になりました議案第5号から議案第18号につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。

 まず、議案第5号の情報公開条例の制定についてでございますが、本案は町民から信頼される公正で民主的な町政を実施するために、町の保有する情報について、町の諸活動を町民に知る権利として保障するとともに、個人情報の保護に最大限に注意しつつ、原則公開を基本姿勢として情報公開を制度化しようとするものでございます。

 次に、議案第6号土地開発基金条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は土地開発基金を活用して先行取得する必要な大規模な事業の予定がないということで、基金を取り崩すため条例の改正をしようとするものでございます。

 続きまして、議案第7号早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は老人保健法の一部改正が行われ、平成13年1月1日から施行されたことに伴い、本条例の字句を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第8号早島町介護保険条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は第1号被保険者の介護保険料に関する申告義務に係る被保険者の負担の軽減を図るため、早島町介護保険条例の一部を改正をしようとするものでございます。

 次に、議案第9号病院群輪番制病院設備整備費補助金の事務委託についてでございますが、本案は岡山県への交付申請事務、実績報告事務及び該当病院の交付事務を効率的に処理するため、その事務を倉敷市へ委託しようとするもので、地方自治法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第10号でございます。早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は家電リサイクル法の平成13年4月1日からの施行に伴いまして改正をしようとするものでございます。

 次に、議案第11号早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は特別の事情により国民健康保険税の納付が困難な納税義務者に対して減免の規定を定めようとするものでございます。

 続きまして、議案第12号早島町水道使用条例の全部を改正する条例についてでございますが、本案は現行条例が昭和28年の文語体で制定をされておりましたので、本条例の全部を口語体に改正しようとするものでございます。

 次に、議案第13号早島町道路線の認定についてでございますが、本案は市場地内、床田地内の開発道路が町に移管されたことに伴いまして、開発区域内の道路5路線について新たに認定をしようとするものでございます。

 次に、議案第14号平成12年度一般会計補正予算(第5号)についてでございますが、今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ1億1,071万9,000円を減額いたしまして、総額を歳入歳出それぞれ45億8,914万3,000円とするものでございます。

 歳入につきましては、1款町税では100万円の追加、2款地方譲与税では480万円、3款利子割交付金で610万円の追加でございます。これは額が確定したことにより追加をさせていただくものでございます。

 13款国庫支出金2,961万円の追加、15款財産収入で1億4,562万6,000円の減額でございますが、15款につきましては町有地の売却を取りやめたことによる減額でございます。

 17款繰入金で3,541万5,000円を減額、18款繰越金で1,034万6,000円、20款町債1,570万円をそれぞれ追加をしようとするものでございます。

 歳出につきましては、主なものといたしましては、ドリームハウスの工事請負費1,005万円、それからごみ焼却委託料811万6,000円の追加、その他につきましてはそれぞれ減額をしようとするものでございます。

 次に、議案第15号水道事業会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は業務の予定量におきまして、年間の総配水量が2万7,200立方メートルを減額をいたしまして、1日平均給水量を5,213立方メートルにするものでございまして、また収益的収入におきまして511万円を減額し、水道料金等の収入減によるものでございます。

 収益的支出におきましては、修繕費等500万円を減額、県道早島停車場線の起債対象工事の変更に伴います減額であるわけでございます。

 次に、議案第16号国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回補正する額は歳入歳出それぞれ4,000万3,000円を追加をいたしまして、総額を歳入歳出それぞれ7億4,410万7,000円とするものでございます。

 歳出で主なものといたしましては、7款の基金積立金2,979万3,000円の追加、9款諸支出金の追加247万5,000円、10款の予備費で941万7,000円の追加でございます。これに要します財源といたしましては、1款国民健康保険税830万円の追加、2款国庫支出金では2,092万8,000円の減額、7款繰入金で2,369万5,000円を減額、8款の繰越金で6,655万6,000円をこれは追加をするものでございます。

 次に、議案第17号公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回補正する額は歳入歳出それぞれ361万8,000円を減額をするものでございまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億3,601万1,000円とするものでございます。

 歳出といたしまして、一般管理費の負担金で361万8,000円の減額でございます。

 歳入におきましては、公共下水道受益者負担金197万円の追加、下水道使用料で180万5,000円の追加、一般会計繰入金は1,751万4,000円の減額、繰越金で611万1,000円の追加、諸収入で下水道事業に伴います消費税の還付金545万円の追加等が主なものでございます。

 次に、議案第18号介護保険特別会計補正予算(第1号)でございますが、今回補正する額は歳入歳出それぞれ118万4,000円を減額し、総額を歳入歳出それぞれ3億9,078万1,000円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、総務費では委託料で支給限度額一本化システム開発に係る電算処理委託料399万円の追加、保険給付費では居宅介護サービス給付費で1,576万4,000円の追加、施設介護サービス給付費1,459万5,000円の減額、特例施設介護サービス給付費174万8,000円の減額、居宅介護サービス計画給付費214万1,000円の減額、居宅支援サービス計画給付費129万5,000円の減額、高額介護サービス費121万8,000円の減額が主なものでございます。

 これに対します歳入では、保険料105万8,000円の追加、国庫支出金で176万円の減額、支払基金交付金で130万4,000円の減額、県支出金で49万4,000円の減額、繰入金で124万8,000円の追加などが主なものでございます。

 以上、議案第5号から議案第18号までの14議案につきまして概略御説明を申し上げましたが、詳細につきましては担当課長に説明させますので、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 続いて、補足説明をお願いいたします。

 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、議案第5号及び議案第6号につきまして御説明をさせていただきます。

 まず、議案第5号でございますが、議案を朗読させていただきます。

 議案第5号

 早島町情報公開条例の制定について

 早島町情報公開条例を次のとおり制定することについて、議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきますと、制定条例がございますが、条例案を朗読して説明にかえさせていただきます。

 この条例案は基本的な姿勢といたしまして、原則的にすべてを公開するという立場に立っておりますので、そのことを勘案してお聞きいただければ幸いかと思います。

 早島町情報公開条例

 第1章 総則

  (目的)

 第1条 この条例、町の保有する情報の公開について定め、町民の知る権利を保障することにより、町の諸活動を町民に説明する責務を全うするとともに、町民参加の開かれた行政を推進し、公正で民主的な町政の実現に寄与することを目的とする。

  (定義)

 第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

 (1)実施機関 町長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び議会をいう。

 (2)行政文書 実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画、写真、フィルム、磁気テープその他情報が記録された媒体であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、実施機関が保有しているものをいう。ただし、次に掲げるものを除く。

 ア 一般に容易に入手することができるもの又は一般に利用することができる施設において閲覧若しくは視聴に供されているもの

 イ 歴史的若しくは文化的な資料又は学術研究用の資料として特別に保有しているもの

 (3)開示 閲覧若しくは視聴に供し、又は写しを交付することをいう。

  (実施機関の責務)

 第3条 実施機関は、この条例の運用に当たっては、町民の行政文書の開示を請求する権利を十分に尊重し、情報の適正な作成及び保存に努めるとともに、個人に関する情報が十分に保護されるよう最大限の配慮をしなければならない。

  (利用者の責務)

 第4条 この条例の定めるところにより行政文書の開示を請求するものは、この条例により認められた権利を正当に行使するとともに、行政文書の開示によって得た情報を、この条例の目的に即して適正に使用しなければならない。

 第2章 行政文書の開示

  (開示を請求できるもの)

 第5条 次に掲げるものは、実施機関に対して行政文書の開示(第5号に掲げるものにあっては、当該利害関係に係る行政文書の開示に限る。)を請求することができる。

 (1)町内に住所を有する者

 (2)町内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体

 (3)町内に存する事務所又は事業所に勤務する者

 (4)町内に存する学校に在学する者

 (5)前各号に掲げるもののほか、実施機関が行う事務事業に利害関係を有するもの

  (開示請求及び審査)

 第6条 前条の規定により行政文書の開示の請求(以下「開示請求」という。)をしようとするものは、規則で定めるところにより、実施機関に対し、開示請求に係る行政文書を特定するために必要な事項その他所定の事項を記載した請求書を提出しなければならない。

 2 実施機関は、前項の請求書が到達したときは遅滞なく審査を開始し、請求書の記載事項に不備がある場合その他の形式上の要件に適合しない場合は、速やかに、開示請求をした者に対し相当の期間を定めて開示請求の補正を求め、又は開示請求を拒否しなければならない。

  (行政文書の開示義務)

 第7条 実施機関は、開示請求があった場合は、開示請求に係る行政文書に次の各号に掲げる情報(以下「不開示情報」という。)のいずれかが記録されているときを除き、開示請求をしたもの(以下「開示請求者」という。)に対し、当該行政文書を開示しなければならない。

 (1)法令又は条例(以下「法令等」という。)の規定により、公にすることができないとされている情報

 (2)個人に関する情報(事業を営む個人の当該事業に関する情報を除く。)であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することにより、特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)のうち一般に他人に知られたくないと望むことが正当であると認められる情報、又は特定の個人を識別することはできないが、公にすることにより、なお個人の権利利益を害するおそれがあるもの。ただし、次に掲げる情報を除く。

 ア 法令等の規定により、又は慣行として公にされている情報

 イ 人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることがより必要であると認められる情報

 ウ 当該個人が公務員(国家公務員法(昭和22年法律第120号)第2条第1項に規定する国家公務員及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)第2条に規定する地方公務員をいう。以下同じ。)である場合において、当該情報がその職務の遂行に係る情報であるときは、当該情報のうち、当該公務員の職及び当該職務遂行の内容に係る部分並びに当該公務員の氏名に係る部分であって、公にしても当該公務員の個人の権利利益を害するおそれがないと認められるもの

 (3)法人その他の団体(国及び地方公共団体を除く。以下「法人等」という。)に関する情報又は事業を営む個人の当該事業に関する情報であって、次に掲げるもの。ただし、人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることがより必要であると認められる情報を除く。

 ア 公にすることにより、当該法人等又は当該個人の競争上の地位、財産権その他正当な利益を害するおそれがあるもの

 イ 実施機関の要請を受けて、公にしないとの条件で、任意に提出されたものであって、法人等又は個人における通例として公にしないこととされてものその他の当該条件を付することが当該情報の性質、当時の状況等に照らして合理的であると認められるもの

 (4)公にすることにより、人の生命、身体、財産等の利益の保護、犯罪の予防及び捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障が生ずるおそれがある情報

 (5)町と国、他の地方公共団体その他公共団体又は公共的団体(以下「国等」という。)との間における協議、協力、依頼等に基づいて実施機関が作成し、又は取得した情報であって、公にすることにより、町と国等との協力関係又は信頼関係が損なわれるおそれがあるもの

 (6)町の内部又は町と国等との間における審議、検討又は協議に関する情報であって、公にすることにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ、不当に町民の間に混乱を生じさせるおそれ又は特定の者に不当に利益を与え、若しくは不利益を及ぼすおそれがあるもの

 (7)実施機関の行う事務事業に関する情報であって、公にすることにより、次に掲げるおそれその他当該事務事業の性質上、当該事務事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあるもの

 ア 監査、検査又は試験に係る事務に関し、正確な事実の把握を困難にするおそれ又は違法若しくは不当な行為を容易にし、若しくはその発見を困難にするおそれ

 イ 契約、交渉又は争訟に係る事務に関し、町の財産上の利益又は当事者としての地位を不当に害するおそれ

 ウ 調査研究に係る事務に関し、その公正かつ能率的な遂行を不当に阻害するおそれ

 エ 人事管理に係る事務に関し、公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼすおそれ

 オ 町が経営する企業に係る事業に関し、その企業経営上の正当な利益を害するおそれ

  (部分開示)

 第8条 実施機関は、開示請求に係る行政文書の一部に不開示情報が記録されている場合において、不開示情報が記録されている部分を容易に区分して除くことができるときは、開示請求者に対し、当該部分を除いた部分につき開示しなければならない。ただし、当該部分を除いた部分に有意の情報が記録されていないと認められるときは、この限りでない。

  (公益上の理由による裁量的開示)

 第9条 実施機関は、開示請求に係る行政文書に不開示情報が記録されている場合であっても、公益上特に必要があると認めるときは、開示請求者に対し、当該行政文書を開示することができる。

  (行政文書の存否に関する情報)

 第10条 実施機関は、開示請求に対し、当該開示請求に係る行政文書が存在しているか、又は存在していないかを答えるだけで、不開示情報を開示することとなるときは、当該行政文書の存否を明らかにしないで、当該開示請求を拒否することができる。

  (開示請求に関する措置)

 第11条 実施機関は、開示請求に係る行政文書の全部又は一部を開示するときは、その旨の決定をし、開示請求者に対し、その旨及び開示の実施に関し必要な事項を書面により通知し、速やかに開示しなければならない。

 2 実施機関は、開示請求に係る行政文書の全部を開示しないときは、開示しない旨の決定をし、開示請求者に対し、その旨を書面により通知しなければならない。

 3 前条の規定により開示請求を拒否するとき及び開示請求に係る行政文書を保有していないことを理由に開示請求を拒否するときも、前項と同様とする。

  (開示決定等の期限)

 第12条 前条に規定する決定(以下「開示決定等」という。)は、開示請求があった日から起算して15日以内にしなければならない。ただし、第6条第2項の既定により補正を求めた場合にあっては、当該補正に要した日数は、当該期間に算入しない。

 2 前項の規定にかかわらず、実施機関は、事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、開示請求があった日から起算して45日を限度として、その期間を延長することができる。この場合において、実施機関は、開示請求者に対し、遅滞なく、延長後の期間及び延長の理由を書面により通知しなければならない。

  (著しく大量な行政文書の開示請求に係る開示決定等の期限の特例)

 第13条 実施機関は、開示請求に係る行政文書が著しく大量であるため、前条第2項前段に規定する期間内にそのすべてについて開示決定等をすることにより事務の遂行に著しい支障が生じるおそれがある場合には、開示請求に係る行政文書の相当の部分につき、当該期間内に開示決定等をし、残りの部分については、相当の期間内に開示決定等をすることができる。この場合においては、前条第1項の期間内に、同条第2項後段の規定の例により、開示請求者に通知しなければならない。

  (第三者保護に関する手続)

 第14条 実施機関は、開示請求に係る行政文書に町及び開示請求者以外の者(以下「第三者」という。)に関する情報が記録されているときは、開示決定等をするに際し、当該第三者の意見を聴くことができる。

 2 実施機関は、開示請求に係る行政文書に第三者に関する情報が記録されている場合において、第7条第2号ただし書イ若しくは第3号ただし書又は第9条の規定によりこれを開示しようとするときは、開示の決定に先立ち、当該第三者に対し、書面で所定の事項を通知して、意見を述べる機会を与えなければならない。

 3 前2項に定める手続きがとられた場合において、当該行政文書を開示するときは、実施機関は、開示の決定と開示を実施する期日との間に当該第三者が不服申立ての手続を講じるに足りる相当の期間を確保するとともに、開示の決定後速やかに当該第三者に対し、書面で、所定の事項を通知するものとする。

  (開示の方法)

 第15条 実施機関は、開示請求に係る行政文書を開示することにより当該行政文書の保存に支障が生じるおそれがあると認めるときその他相当の理由があるとき及び第8条本文の規定により部分開示を行うときは、当該行政文書を複写したものにより、又は規則で定める方法により開示することができる。

  (費用負担)

 第16条 この条例の規定による行政文書の閲覧に係る手数料は、早島町事務手数料条例(平成12年早島町条例第2号)の規定にかかわらず、無料とする。

 2 この条例の規定による行政文書の視聴に係る手数料は、無料とする。

 3 この条例の規定により行政文書の写しの交付を受けるものは、当該写しの作成に要する費用として規則に定める額を負担しなければならない。

 第3章 不服申立て

  (不服申立てに関する手続き)

 第17条 開示決定等に対して行政不服審査法(昭和37年法律第160号。以下「行服法」という。)に基づく不服申立てがあった場合は、次の各号のいずれかに該当するときを除き、当該不服申立てに係る実施機関は、遅滞なく、早島町情報公開不服審査会に諮問し、その答申を尊重して、当該不服申立てに対する決定又は裁決をしなければならない。

 (1)不服申立てが不適法であり、却下するとき。

 (2)請求拒否の決定を取り消し、当該行政文書の開示の決定をするとき(当該行政文書に第三者に関する情報が記録されているときを除く。)。

  (早島町情報公開不服審査会の設置等)

 第18条 前条に規定する諮問に応じ、不服申立てについて調査審議するため、早島町情報公開不服審査会(以下「審査会」という。)を置く。

 2 審査会は、5人以内の委員をもって組織し、委員は、学識経験を有する者のうちから、議会の同意を得て町長が委嘱する。

 3 委員の任期は2年とし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

 4 委員は、その職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また同様とする。

  (審査会の調査権限)

 第19条 審査会は、必要があると認めるときは、諮問をした実施機関(以下「諮問実施機関」という。)に対し、開示請求に係る行政文書の提出を求め、不服申立人に閲覧させずにその内容を見分することができる。この場合において、諮問実施機関は、当該行政文書の提出を拒むことはできない。

 2 審査会は必要があると認めるときは、諮問実施機関に対し、請求拒否の決定があった行政文書又はその部分と請求拒否の理由とを分類・整理することその他の方法により、諮問に関する説明を求めることができる。

 3 前2項に定めるもののほか、審査会は、諮問された事案(以下「事件」という。)に関し、不服申立人、参加人(行服法第24条の参加人をいう。)及び諮問実施期間(以下「不服申立人等」という。)に意見書又は資料の提出を求め、参考人(行服法第27条の参考人をいう。)に陳述を求め、又は鑑定をさせ、その他必要な調査をすることができる。

  (審査会における事件の取扱い)

 第20条 不服申立人等は、審査会に対し、口頭による意見の陳述を求めることができる。ただし、審査会は、その必要がないと認めるときは、その陳述を聴かずに答申をすることができる。

 2 不服申立人等は、審査会に対し、意見書又は資料を提出することができる。

 3 不服申立人等は、審査会に対し、審査会に提出された意見書又は資料(前条第1項に規定する行政文書を除く。)の閲覧を求めることができる。この場合において、審査会は、第三者の利益を害するおそれがあるときその他正当な理由があるときでなければ、その閲覧を拒むことができない。

 4 前3項の求めに対する処分については、不服申立てをすることができない。

 5 審査会の審理は非公開とする。ただし、答申は公表する。

 6 前2条及び前各項に定めるもののほか、審査会の組織及び運営に関し必要な事項は、規則で定める。

 第4章 補則

  (利便の提供及び運用状況の公表)

 第21条 町長は、この条例の円滑な運用を確保するため、総合的な受付窓口の整備、資料の提供その他開示請求をしようとするものの利便を考慮した適切な措置を講じるものとする。

 2 町長は、この条例の運用状況に関し、毎年度公表しなければならない。

  (情報公開の総合的な推進)

 第22条 町長は、この条例に定める行政文書の開示のほか、情報の提供その他の情報公開に関する施策の充実を図り、町民に対する情報公開の総合的な推進に努めるものとする。

  (他の制度との調整)

 第23条 行政文書の閲覧若しくは縦覧又は行政文書の謄本、抄本その他の写しの交付の手続が別に定められている場合における当該行政文書の開示については、その定めるところによるものとする。

  (委任)

 第24条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、町長その他の実施機関が別に定める。

 附則

  (施行期日)

 1 この条例は、平成14年1月1日から施行する。

  (関係条例の廃止)

 2 早島町情報公開制度審議会条例(平成12年早島町条例第21号)は、廃止する。

  (経過措置)

 3 平成11年度以前の行政文書については、平成15月1月1日から、この条例を適用する。

  (関係条例の一部改正)

 4 非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和42年3月9日制定)の一部を次のように改正する。

 別表の中でございますが、「早島町情報公開制度審議会の委員の報酬8,500円」でございましたが、これをこの条例の中で規定しております「早島町情報公開不服審査会委員の報酬を1万1,000円」に改めるというものでございます。

 続きまして、議案第6号でございますが、議案を朗読させていただきます。

 議案第6号

 早島町土地開発基金条例の一部を改正する条例について

 早島町土地開発基金条例の一部を次のとおり改正することについて議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきまして、改正条例案がございますが、条例の第2条中限度額が現在4億円、現行では「4億円」となっておりますのを「2億円」に改め、附則といたしまして、13年4月1日から施行するというものでございます。

 町長の提案理由の中にも説明がございましたので、簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。どうか御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午前11時5分 休憩

            午前11時15分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、議案第7号につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第7号

 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について

 早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきまして、条例の改正案がございますが、これの朗読は省略させていただきまして、次のページに一部を改正する条例と新旧対照表がございますが、これにより御説明をさせていただきます。

 右の欄が現行で、左の欄が改正案でございます。改正の箇所につきましてアンダーラインを付しております。

 現行第4条の第1項中「第46条の5の2第2項」を改正案「第46条の5の2第4項」に改め、現行同条第3項中「第28条の適用については同条第9項」を改正案「第28条第2項に基づく老人保健法施行令(昭和57年政令第293号)第2条の2の適用については、老人保健法第28条第4項」に改め、現行「除く。」の次に改正案「以下単に「老齢福祉年金」という。」を加え、現行「同条第8項第1号」を「同条第3項第1号」に改めるものでございます。

 次に、第7条の見出しの中、現行「減額等」を改正案「減額」に改め、同条第1項中「及び薬剤一部負担金の免除」を削り、第8条の見出し中「減額等」を「減額」に改め、同条第2項中「及び免除」を削るものでございます。

 この条例は、平成13年1月1日から適用するというものでございます。

 続きまして、議案第8号について御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第8号

 早島町介護保険条例の一部を改正する条例について

 早島町介護保険条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきますと、改正案がございますが、内容につきましては、早島町介護保険条例の第11条に保険料に関する申告の規定がございます。

 第11条では、第1号被保険者は、毎年度4月15日までに介護保険申告書を提出することになっておりますが、現行の条文にただし書きを加え、第1号被保険者及びその属する世帯主その他その世帯に属する者について、前年中の所得について、地方自治法第317条の2第1項の申告書又は早島町国民健康保険税条例第14条の申告書が提出されている場合については、税申告書等の提出をもって介護保険申告書の提出があったものとみなす負担軽減のための改正でございます。

 改正箇所につきましては、次のページに早島町介護保険条例新旧対照表がございますので、ごらんいただきたいと思います。

 右側が現行で、左の欄が改正案でございます。改正案のアンダーラインを付しているところが改正の箇所でございます。

 続きまして、議案第9号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第9号

 病院群輪番制病院設備整備費補助金の事務委託について

 早島町病院群輪番制病院設備整備費補助金に係る事務を地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の14の規定に基づき、別紙規約により倉敷市へ委託するものとする。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 提案理由の説明は省略させていただきまして、次のページに規約がございますので、ごらんいただきたいと思います。

 規約を朗読し、説明にかえさせていただきます。

 病院群輪番制病院設備整備費補助金の事務委託に関する規約

  (委託業務の範囲)

 第1条 早島町は、岡山県南西部圏域内における岡山県病院群輪番制病院設備整備費補助金(以下「補助金」という。)に係る県への交付申請事務、実績報告事務及び該当病院への交付事務等を倉敷市に委託する。

  (経費の負担)

 第2条 補助金の執行に要する経費は、圏域内の市町村の負担とし、別途関係市町村で協議決定するものとする。

 2 早島町は、前項の負担額を倉敷市に支払うものとし、支払時期及び支払方法は倉敷市長と協議して定める。

  (予算の執行)

 第3条 倉敷市長は、委託を受けた事務の管理及び執行に係る収入及び支出については、倉敷市歳入歳出予算において分別して計上するものとする。

  (その他)

 第4条 この規約に定めるもののほか、委託事務の処理に関し必要な事項は、早島町と倉敷市とが協議して定める。

 附則

 この規約は、平成13年7月1日から施行する。

 以上、朗読し、説明にかえさせていただきましたが、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) 失礼いたします。それでは、議案第10号及び議案第11号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案第10号についてでございますが、議案を朗読させていただきます。

 議案第10号

 早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について

 早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 本案は、特定家庭用機器再商品化法が平成13年4月1日から施行されるため、条例の一部改正及びし尿処理手数料の条例の一部を改正するものでございます。

 1枚めくっていただきますと、改正する条例案がございますので、こちらは省略をさせていただきまして、次のページに早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例新旧対照表により御説明をさせていただきます。

 それでは、御説明に入らせていただきます。

 現行第1条中「及び容器包装」を「、容器包装」に改め、現行5行目から6行目の「容器包装リサイクル法」という。)の次に「及び特定家庭用機器再商品化法(平成10年法律第97号。以下「家電リサイクル法」という。)」を加えるものでございます。

 この条文につきましては、字句の整理及び家電リサイクル法を加えたものでございます。

 現行第13条第1項中、ごみを収集する場所のごみの次に「(家電リサイクル法に規定する特定家庭用機器(以下「特定家庭機器」という。を除く。)」を加え、現行第2項中「ごみを分別し、当該ごみ」を「ごみ(特定家庭機器を除く。)を分別し、当該ごみ(特定家庭機器を除く。)」に改め、現行同条第3項中「ごみの適切な」を「ごみ(特定家庭機器を除く。)の適切な」に改めるものでございます。

 この条文は、ごみから特定家庭用機器を除く改正でございます。

 改正案第17条第3号中「一般廃棄物の粗大ごみ」の次に「(特定家庭機器を除く。)」を加えるものでございます。

 この条文につきましても、一般廃棄物の粗大ごみから特定家庭機器を除く改正でございます。

 次に、同条第4号に追加する条文でございます。

 この条文は、特定家庭機器を町の処理施設に搬入する場合の1機器当たりの処理手数料でございます。テレビが900円、エアコン1,300円、冷蔵庫1,900円、洗濯機1,100円を徴収するものでございます。

 次に、現行第17条4号中、し尿を収集する場合、1回の収集について36リットルまで「270円」を「300円」に改め、36リットルを超えるものについては、18リットル増すごとに「135円」を「150円」に改め、「同条同号」を「同条第5号」に改めるものでございます。

 次に、現行第17条第5号中「前4号」を「前5号」に改め、「同条同号」を「同条第6号」に改めるものでございます。

 次に、現行第18条2号中「及び第5号」を「第5号及び第6号」に改めるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成13年4月1日から施行するものでございます。

 次に、議案第11号早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてでございますが、議案を朗読させていただきます。

 議案第11号

 早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

 早島町国民健康保険税条例(昭和34年9月18日制定)の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 今回の条例改正につきましては、特別な事情等により国民健康保険税の納付が困難な納税義務者の負担を軽減するための条例の一部を改正するものでございます。

 1枚めくっていただきますと、改正する条例案がございますので、こちらは省略をさせていただきまして、次のページに早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例新旧対照表により御説明をさせていただきます。

 なお、アンダーラインの箇所が改正するところでございますので、よろしくお願いいたします。右側が現行で左側が改正案でございます。

 現行の第16条を、まず第17条とし、第15条を第16条とし、第15条を加えるものでございます。

 それでは、左側に改正案がありますので、朗読させていただきます。

  (国民健康保険税の減免)

 第15条 町長は、次の各号のいずれかに該当する者のうち必要があると認められる者に対し、国民健康保険税を減免することができる。

 (1)災害等により生活が著しく困難となった者又はこれに準ずると認められる者

 (2)当該年度において所得が皆無となったため生活が著しく困難となった者又はこれに準ずると認められる者

 (3)前2号に掲げる者のほか、特別の理由がある者

 2 前項の規定により国民健康保険税の減免を受けようとする者は、納期限前7日までに、次に掲げる事項を記載した申請書に減免を受けようとする理由を証明する書類を添付して、町長に提出しなければならない。

 (1)住所及び氏名

 (2)年度、納期限及び国民健康保険税の額

 (3)減免を受けようとする理由

 3 第1項の規定によって国民健康保険税の減免を受けた者は、その理由が消滅した場合においては、直ちにその旨を町長に報告しなければならない。

 附則

  (施行期日)

 1 この条例は、平成13年4月1日から施行する。

  (適用区分)

 2 改正後の早島町国民健康保険税条例の規定は、平成13年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成12年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例による。

 以上、概略御説明申し上げました。御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(平松保之君) 失礼いたします。それでは、議案第12号早島町水道使用条例の全部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第12号

 早島町水道使用条例の全部を改正する条例について

 早島町水道使用条例の全部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 1枚めくっていただきますと、早島町水道使用条例を改正する条例案がございますが、改正条例の朗読は省略させていただきまして、主な改正内容につきまして御説明させていただきます。

 今回の改正は、制度、料金、手続等につきましては現行のままでございます。現行の早島町水道使用条例が昭和28年4月に文語体で制定されているため、今回全部改正をし、口語体に改めるとともに、字句の整理等をし、条例を整備するものでございます。

 主な改正内容といたしましては、第1条につきましては、この条例の目的を新たに明記しております。

 また、2条につきましては、字句の整理等でございます。

 第3条につきましては、用語の定義を新たに設けております。

 第4条につきましては、字句の整理をし、給水装置の種類を2種類に改正しております。

 第5条から第7条につきましては、字句の整理等を行い、また第8条につきましては、新たに給水装置工事についての責任を明記しております。

 第10条から第13条につきましては、給水管及び給水用具の指定及び工事費の負担等を明記しております。

 第14条につきましては、字句の整理並びに加入負担金につきましては改正前の現行条例におきましては、消費税込みの金額で規定されておりますが、第24条の規定に合わせて消費税抜きの金額で規定するように改正しております。

 第15条から第19条につきましては、字句の整理等でございます。

 第20条につきましては、使用者等の管理上の責任を、第21条につきましては給水装置の修繕について、第22条につきましては給水装置及び水質の検査等、新たに明記しております。

 第23条につきましては、字句の整理等でございます。

 第24条につきましては、現行の条例と変わりはございません。

 第25条から第29条につきましては、字句の整理等でございます。

 第30条から第32条につきましては、給水装置の検査等、改正により明記しております。

 第33条から第37条につきましては、字句の整理等でございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は平成13年4月1日から施行することとし、経過措置といたしまして、改正前の早島町水道使用条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、改正後の早島町水道使用条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなすという規定を置いております。

 なお、今回条例のほとんどの条文におきまして改正することになるため、一部改正では改正が複雑になり、わかりにくくなるため、全部改正とさせていただきました。

 以上、概略を御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 建設課長。



◎建設課長(林耕市君) それでは、議案第13号早島町道路線の認定について御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第13号

 早島町道路線の認定について

 道路法(昭和27年法律第180号)第8条第2項の規定により下記道路を認定することについて議会の議決を求める。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 記といたしまして、今回認定をいただく5路線を掲げておりますが、この5路線につきましては、床田地内の開発道路が平成12年に町へ移管されたことに伴い、新たに町道として認定しようとするものでございます。

 内容につきましては、図面を添付しておりますので、これにより御説明を申し上げます。

 まず、路線番号664号線でございますが、緑で色づけしてあるところで、延長が約155メートル、幅員は6メートルでございます。

 次に、路線番号665号線でございますが、紫で色づけしてあるところで、延長が約53メートル、幅員6メートルとなっております。

 次に、路線番号666号線でございますが、これはピンクで色づけしてあるところで、延長は約59メートル、幅員はこの路線も6メートルとなっております。

 次に、路線番号667号線でございますが、水色で色づけしてあるところで、延長が約42メートル、幅員が4メートルとなっております。

 最後に、路線番号668号線でございますが、オレンジで色づけしてあるところで、延長が約17メートル、幅員が5メートルとなっております。

 以上、5路線について御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、議案第14号の早島町一般会計補正予算(第5号)につきまして御説明をさせていただきます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第14号

 平成12年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)

 平成12年度岡山県都窪郡早島町の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ110,719千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,589,143千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

 (地方債の補正)

 第3条 地方債の追加変更は、「第3表 地方債補正」による。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、3ページをお願いいたします。

 第1表歳入歳出予算補正の歳入でございますが、1款町税で100万円の追加、2款地方譲与税で480万円の追加、3款利子割交付金で610万円の追加、4款地方消費税交付金で90万円の減額、5款ゴルフ場利用税交付金で110万円の減額、7款自動車取得税交付金で130万円の減額、11款分担金及び負担金で169万3,000円の減額、12款使用料及び手数料で43万5,000円の追加でございます。

 次の4ページでございますが、13款国庫支出金で2,961万円の追加、4款県支出金で707万9,000円の追加、15款財産収入で1億4,562万6,000円の減額、16款寄附金で10万円の追加、17款繰入金で3,541万5,000円の減額、18款繰越金で1,034万6,000円の追加、19款諸収入で14万5,000円の追加、20款町債で1,570万円の追加でございまして、補正額の合計が1億1,071万9,000円の減額となるものでございます。

 次に、6ページでございますが、歳出の方ですが、2款総務費で2,243万1,000円の減額、3款民生費で4,608万7,000円の減額、4款衛生費で656万3,000円の追加。5款労働費で175万4,000円の追加、6款農林水産業費で169万3,000円の減額、7款商工費で849万5,000円の減額、8款土木費で1,839万6,000円の減額、10款教育費で1,842万6,000円の減額でございまして、補正額の合計が1億1,071万9,000円の減額でございます。総額が歳入歳出それぞれ45億8,914万3,000円となるものでございます。

 次に、8ページの第2表の繰越明許費でございます。

 まず、2款総務費、1項総務管理費で第3次総合計画策定事業で765万5,000円の繰り越しでございますが、先ほど議案第4号におきまして基本構想を御議決いただきましたので、これから製本までの時間を要するため繰り越しをさせていただくものでございます。

 次に、街路灯整備事業で2,258万9,000円の繰り越しでございますが、県道早島駅前線等の工事の進捗がおくれているため繰り越しをさせていただくものでございます。

 次に、3款民生費、2項社会福祉費の老人福祉施設整備事業で5,284万6,000円の繰り越しでございますが、これにつきましてはドリームハウスの工事請負費等でございます。

 次に、8款土木費、3項都市計画費で都市計画マスタープラン策定事業698万円の繰り越しでございますが、これも製本等までに時間を要するために繰り越しをさせていただくものでございます。

 9ページの方に参りますが、一部御訂正をお願いいたします。恐れ入りますが、第2表地方債補正の「第2表」を「第3表」に御訂正をお願いいたしたいと思います。

 1の追加といたしまして、3、総務債、2、街路灯施設整備事業債で2,620万円の追加でございますが、これは早島駅前線等の街路灯整備事業で地域総合整備事業債として認められるものでございます。

 2の変更でございますが、1、土木債、1、道路改良事業債で限度額を7,630万円から1,050万円減額し、6,580万円に変更するもので、早島駅前線に係る県道建設事業負担金の額の確定に伴い減額するものでございます。

 次に、12ページをお開きいただきたいと思います。事項別明細によりまして御説明をさせていただきます。

 1款町税、1項町民税、2目法人で現年課税分の法人税割180万円の減額でございます。

 4項町たばこ税、1目町たばこ税で現年課税分280万円の追加でございます。

 次の2款の地方譲与税から7款の自動車取得税交付金までにつきましては、県の試算によりまして補正計上をさせていただいております。

 2款地方譲与税、1項自動車重量譲与税、1目自動車重量譲与税で230万円の追加。

 2項地方道路譲与税、1目地方道路譲与税で250万円の追加でございます。

 3款利子割交付金、1項利子割交付金、1目利子割交付金で610万円の追加。

 4款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金、1目地方消費税交付金で90万円の減額でございます。

 5款ゴルフ場利用税交付金、1項ゴルフ場利用税交付金、1目ゴルフ場利用税交付金で110万円の減額でございます。

 7款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金、1目自動車取得税交付金で130万円の減額でございます。

 14ページをお願いいたします。11款分担金及び負担金、1項負担金、1目民生費負担金で169万3,000円の減額でございますが、入所人員が見込みより減少したために、保育園保育料117万5,000円の減額、それから養護老人ホームへの入所が見込みよりも減になりまして老人ホーム徴収金3万8,000円の減額、それから更生援護施設に入所されていた方が亡くなられたために48万円の減額でございます。

 12款使用料及び手数料、1項使用料、1目町民総合会館使用料で文化ホール等の使用料100万円の追加でございます。

 3目農林水産業使用料でリフレッシュ農園の使用料19万円の追加でございます。

 5目教育使用料で幼稚園保育人員の減のため幼稚園保育料75万5,000円の減額でございます。

 13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金で597万2,000円の減額でございますが、軽減世帯の増によりまして保険基盤安定負担金が75万2,000円の追加でございます。2節の老人福祉費負担金で老人保護措置費負担金145万7,000円の減額でございます。3節身体障害者福祉費負担金で日常生活用具給付費負担金でございますが、介護保険の適用を受けられる方がふえたために、申請件数の減によりまして86万2,000円の減額でございます。更生医療給付費負担金は他制度を適用したための減額で49万8,000円でございます。更生援護施設措置費負担金は204万円の減額でございます。補装具の給付費負担金は4万6,000円の追加でございます。児童福祉費負担金でございますが、保育所運営費負担金191万3,000円の減額でございます。

 2目衛生費国庫負担金で20万円の減額でございますが、これは老人保健事業費の減によるものでございます。

 2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金で3,646万6,000円の追加でございますが、1節の老人福祉費補助金でドリームハウス建設に係る介護予防拠点整備事業費補助金が国の補助をいただけるようになりましたので4,400万円の追加でございます。

 それから、在宅介護支援センター事業費補助金で583万6,000円の減額でございますが、これは国庫負担金から県の補助金へ移行したために国庫補助金の方を減額するものでございます。介護予防等支援事業費補助金154万9,000円につきましても、同じ理由によるものでございます。2節の身体障害者福祉費補助金で14万9,000円の減額でございますが、これは事業費の減額によるものでございます。

 2目教育費国庫補助金68万4,000円の減額でございますが、該当児童・生徒数の減によるものでございます。

 16ページをお願いいたします。14款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金で406万7,000円の減額でございますが、国庫支出金のところで御説明申し上げました理由によりまして、それぞれ補正するものでございます。

 3目の衛生費県負担金で20万円の減額でございますが、これも同様の理由によるものでございます。

 2項県補助金、1目総務費県補助金で434万2,000円の追加でございますが、男女共同参画週間活動推進事業補助金としまして34万2,000円の追加、それからフロンティア21事業費補助金でございますが、駅前線の街路灯整備事業がフロンティア21事業に該当したため400万円の補助がいただけるということで追加をさせていただいております。

 2目民生費県補助金で746万2,000円の追加でございますが、これは高齢者等住宅改造助成事業費補助金で49万9,000円の減額でございますが、介護保険の適用を受けられたための減額でございます。下の在宅介護支援センター事業費補助金、介護予防等支援事業費補助金は、先ほど国庫補助金のところで御説明をさせていただいたもので、県の補助の方で追加をさせていただいております。民生費県補助金の中で4節の児童福祉費補助金でございますが、母子家庭医療費補助金の追加9万4,000円でございます。

 5目商工費県補助金で150万円の追加でございますが、片田筋の街路灯整備事業に係るもので、県の補助金が150万円いただけるということで追加をさせていただいております。

 8目教育費県補助金で1万5,000円の減額でございますが、これは岡山県教員研修事業費等補助金でございます。

 3項委託金、1目総務費委託金で183万3,000円の減額でございますが、2節の徴税費委託金で県民税の賦課徴収に係る県税徴収委託金142万5,000円の減額、それから4節の選挙費委託金で衆議院議員選挙執行委託金で21万9,000円の追加、県知事選挙・県議会議員補欠選挙執行委託金で62万7,000円の減額でございます。

 8目の教育費委託金で11万円の減額でございますが、これは心の教室相談員活用調査研究委託金の減額でございます。

 15款財産収入、1項財産運用収入、2目利子及び配当金でございますが、572万9,000円の減額でございますが、当初利率を0.35%の見込みで計上をいたしておりましたが、見込みを下回ったための減額でございます。

 18ページをお願いいたします。2項財産売払収入、1目不動産売払収入で1億3,989万7,000円の減額でございますが、これにつきましては若宮地内の町有地の売却を当初予定いたしておりましたが、町有地の有効利用も含め、再度検討してまいりたいということで、12年度での売却を中止させていただいたものでございます。

 16款寄附金、1項寄附金、3目民生費寄附金で10万円の追加でございますが、これは名古屋市の原さんとおっしゃる方から御寄附をいただいたものでございます。

 17款繰入金、1項基金繰入金、1目財産調整基金繰入金2,880万円の減額でございますが、これにつきましては他の財源を充当いたしたために減額をさせていただいております。

 3目ふるさとづくり基金繰入金で565万円の減額でございますが、これは特定財源の増及び事業費の減によりまして減額をさせていただいております。

 4目の人づくり場づくり基金繰入金から9目の少子化対策基金繰入金につきましては、預金利子の減額と同額を計上をさせていただいております。

 18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金で1,034万6,000円の追加でございますが、これは前年度の繰越金でございます。

 20ページをお願いいたします。19款諸収入、2項町預金利子、1目町預金利子で60万円の減額でございますが、歳計現金預金利子でございます。

 5項収益事業収入、1目競艇事業収入で309万円の減額でございますが、競艇事業収入でございます。

 6項雑入、1目雑入で383万5,000円の追加でございますが、ごみ袋等の売却代188万5,000円の追加、町史及び資料集等の売却代30万円の減額、講座受講料及び大会参加料等の追加25万円、それから文化ホール等の自主事業入場料200万円の追加でございます。

 20款町債、1項町債、1目土木債で1,050万円の追加でございますが、これにつきましては先ほど御説明をいたしました県道新設改良事業債の減額でございます。

 3目総務債2,620万円の追加でございますが、これは先ほども御説明いたしました街路灯の施設整備事業債の追加でございます。



○議長(寺山邦夫君) ここで暫時休憩いたします。

            午後0時0分 休憩

            午後1時0分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、22ページの歳出から御説明をさせていただきます。

 2款総務費、1項総務管理費、2目文書広報費で100万円の減額でございますが、これはしゅうほうに係る印刷製本費で入札によりまして減額をするものでございます。

 4目会計管理費で賃金を30万円減額いたします。

 5目財産管理費で572万9,000円の減額でございますが、財政調整基金等各基金の預金利子の積立金でございます。

 6目企画費で313万5,000円の減額でございますが、賃金140万円の減額、14節の使用料及び賃借料で設置機器の減による電子計算機借料50万円の減額でございます。19節の負担金補助及び交付金で人づくり場づくり事業費の確定によりまして27万5,000円の減額、それから自治会等活動備品整備費補助金30万円、地区集会施設・設備整備費補助金48万円をそれぞれ減額するものでございます。

 7目の交通安全対策費で40万円の減額でございますが、チャイルドシートの購入助成をしておりますが、申請件数が予定より少なかったための減額でございます。

 9目町民総合会館費で415万円の減額でございますが、賃金、出勤日数の減により75万円の減額、それから11節の需用費で燃料費70万円、光熱水費80万円の減額が主なものでございます。

 10目の諸費で220万円の減額でございますが、これにつきましては23節の償還金利子及び割引料で過誤納金に対する還付金200万円が主なものでございます。

 2項徴税費、2目賦課徴収費で347万2,000円の減額でございますが、納税奨励金250万円、それから固定資産評価システムに係る電算処理委託料97万2,000円をそれぞれ減額するものでございます。

 3項戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費で37万8,000円の追加でございますが、13節の委託料でございますが、住民基本台帳ネットワーク整備事業に係る既存住基システムに対する影響等の調査委託料で57万8,000円の追加、電子複写機使用料20万円の減額でございます。

 4項の選挙費、3目衆議院議員選挙費でこれは財源充当の変更でございます。

 4目県知事選挙・県議会議員補欠選挙費で75万8,000円の減額でございますが、県議会議員補欠選挙が無投票となったための減額でございます。

 5目町長選挙費で83万3,000円の減額でございますが、町長選挙に係る執行残の減額でございます。

 6目町議会議員補欠選挙費で83万2,000円の減額でございますが、補欠選挙の可能性が見込まれまして専決処分をさせていただいたものが執行されませんでしたので、減額をするものでございます。

 26ページをお願いいたします。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費で2,859万5,000円の減額でございますが、18節の備品購入費は歳入のところでも御説明をいたしましたが、10万円をいただきまして、その10万円で備品を購入する予定にいたしております。19節の負担金補助及び交付金で社会福祉協議会の交付金500万円の減額でございます。28節の繰出金でございますが、保険基盤安定繰出金150万5,000円の追加、出産育児一時金の繰出金120万円の減額、それから国保会計の決算見込みを勘案いたしまして、国民健康保険財政安定化支援事業繰出金2,400万円の減額でございます。

 2目の老人福祉費で196万2,000円の追加でございますが、13節の委託料で設計監督委託料、これはドリームハウスの設計監督委託料116万8,000円の追加でございます。老人短期宿泊委託料280万円の減額でございますが、利用者減によるものでございます。15節の工事請負費でございますが、ドリームハウスの工事請負費1,005万円の追加でございます。20節の扶助費で在宅寝たきり老人等介護手当、対象者の減により150万円を減額し、高齢者交通費助成費で福祉タクシーの利用者の減により300万円を減額するものでございます。28節の繰出金でございますが、介護保険特別会計への繰出金199万5,000円でございます。

 3目の身体障害者福祉費で895万3,000円の減額でございますが、主なものといたしまして、更生援護施設措置費負担金456万円の減額、扶助費で給付件数の減によりまして重度心身障害者(児)日常生活用具給付等事業費230万円の減額等でございます。

 2項の児童福祉費、1目児童福祉総務費で577万7,000円の減額でございますが、賃金でファミリーサポートセンターの設置がおくれたための減額で97万4,000円でございます。それから、17節の公有財産購入費でございますが、ファミリーサポートセンターの土地でございますが、予定よりも安く購入できましたので468万円を減額するものでございます。

 2目の児童措置費で486万5,000円の減額でございますが、これは歳入のところでも御説明を申し上げましたように、措置人員の、入所人員の減によりまして保育所委託料の減額等でございます。

 3目の母子福祉費で14万1,000円の追加でございますが、給付申請件数の増によりまして母子家庭医療費14万1,000円の追加でございます。

 28ページをお願いいたします。4款の衛生費、1項保健福祉費、1目保健衛生総務費で210万円の減額でございますが、賃金、訪問看護婦の訪問日数の減によりまして40万円の減額、12節の役務費で通信運搬費50万円の減額でございますが、これは健康づくり委員が各家庭に配布をしていただいたための減額でございます。13節の検診委託料でございますが、各種検診の受診人員が見込みより少なかったための減額でございます。

 2項清掃費、2目塵芥処理費で866万3,000円の追加でございますが、主なものといたしまして12節の役務費でごみ袋の売却手数料24万7,000円の追加、13節の委託料でごみ焼却委託料789万7,000円の追加、それからペットボトル収集処理委託料21万9,000円の追加でございますが、当初の予定よりもペットボトルが増加したことによります追加でございます。それから、19節の負担金補助及び交付金で自治会へのリサイクルの還元金40万円の追加でございます。

 5款労働費、1項労働諸費、1目労働諸費で175万4,000円の減額でございますが、岡山テルサへの補助が予定しておりましたものよりも少なくて済んだための減額でございます。

 6款農林水産業費、1項農業費、2目農業総務費で71万4,000円の追加でございますが、これは倉敷地区農業共済事務組合の不足分の補てんといたしまして、一定の割合によりまして支払うものでございます。

 3目農業振興費で120万円の減額でございますが、景観形成作物の作付の減少によります減額でございます。

 5目農地費で120万7,000円の減額でございますが、7節の賃金で実績に基づきまして用悪水路管理等人夫賃70万7,000円の減額、基準点設置委託料でございますが、これは入札残による減額でございます。

 7款商工費、1項商工費、2目商工振興費で849万5,000円の減額でございますが、片田筋の街路灯設置工事に係る設計委託料39万5,000円の減額、同じ街路灯の設置工事の請負費650万円の減額でございます。19節の負担金補助及び交付金でございますが、早島商工会事業補助金130万円の減額、交付金では花ござまつり交付金30万円の減額でございます。

 3目の観光費でございますが、これは財源充当の変更でございます。

 8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費で15万円の減額でございますが、これは電算処理委託料の減額でございます。

 2項道路橋梁費、1目道路橋梁総務費で186万8,000円の追加でございますが、これは19節の負担金補助及び交付金で県道早島・藤戸線に係る岡山県建設事業費市町村負担金216万8,000円の追加でございます。

 2目道路維持費で40万円の減額でございますが、これは実績に基づくものでございます。

 3目道路新設改良費で180万円の減額でございますが、入札残によりまして調査測量設計委託料100万円の減額、それから17節の公有財産購入費で購入面積が確定したことによります減額でございます。

 3項都市計画費、1目都市計画総務費で40万円の減額でございますが、駅前広場の清掃委託料の減額でございます。

 4項下水道費、1目下水道整備費で1,751万4,000円の減額でございますが、公共下水道事業特別会計の繰出金の減額でございます。

 10款教育費、1項教育総務費の2目事務局費で1,438万1,000円の減額でございますが、主なものといたしましては、教育長の給料等でございます。

 32ページをお願いいたします。2項小学校費、1目学校管理費でございますが、これは財源充当の変更でございます。

 2目教育振興費30万円の減額でございますが、特殊教育就学奨励費補助の減額でございます。

 3項中学校費、1目学校管理費で30万円の減額でございますが、これは外国青年の活動旅費の減額でございます。

 2目教育振興費で107万円の減額でございますが、これも就学奨励費補助、特殊教育就学奨励費補助の減額でございます。

 4項幼稚園費、1目幼稚園費で30万円の減額でございますが、これは入札残によるものでございます。

 5項社会教育費、1目社会教育総務費で90万円の減額でございますが、出勤日数の減により指導員等の人夫賃70万円の減額、まちかどサロンの開館日数の減による光熱水費20万円の減額、それから生活文化講座を計画しておりましたが、川崎医療福祉大学の協力によりまして講師等謝礼27万円を減額することになりました。11節の需用費でございますが、光熱水費の50万円の減額ですが、公民館の改修等に伴い空調設備を新設したため電気料を見込んでおりましたが、減額となったものでございます。

 4目の民俗資料館費でございますが、これは財源充当の変更だけでございます。

 6目図書館費で26万5,000円の減額ですが、電算台数の減少による減額でございます。

 6項保健体育費、1目保健体育総務費で14万円の減額ですが、これは対外試合参加者数が見込みよりも少なかったことによるものでございます。

 以上、一般会計補正予算につきまして御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(平松保之君) それでは、水道事業会計の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第15号

 平成12年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第3号)

 (総則)

 第1条 平成12年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (業務の予定量)

 第2条 予算第2条に定めた業務の予定量を、次のとおり補正する。

  (項   目)   (既決予定水量)   (補正予定水量)   (  計  )

  (2)年間総配水量    1,930,000m3      △27,200m3     1,902,800m3

  (3)1日平均給水量     5,288m3        △75m3       5,213m3

 (収益的収入及び支出)

 第3条 予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を、次のとおり補正する。

  (科   目)    (既決予定額)    (補正予定額)   (  計  )

                    収  入

 第1款 水道事業収益   155,362千円     △5,110千円     150,252千円

  第1項 営業収益    155,006千円     △5,110千円     149,896千円

                    支  出

 第1款 水道事業費用   153,300千円     △5,000千円     148,300千円

  第1項 営業費用    140,629千円     △5,000千円     135,629千円

 (資本的収入及び支出)

 第4条 予算第4条本文括弧書を次のように改め、資本的収入及び支出の予定額を、次のとおり補正する。

 (資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額57,915千円は、当年度分消費税資本的収支調整額2,557千円、過年度分損益勘定留保資金40,358千円及び建設改良積立金15,000千円で補てんするものとする。)

  (科   目)    (既決予定額)    (補正予定額)   (  計  )

 第1款 資本的収入    10,900千円     △10,000千円       900千円

  第1項 企業債     10,000千円     △10,000千円       0千円

 (企業債)

 第5条 予算第5条を次のとおり補正する。

  第5条を削り、第6条を第5条とし、第7条から第9条までを一条ずつ繰り上げる。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 続きまして、補正予算明細書によって御説明申し上げますので、8ページをお開き願いたいと思います。

 平成12年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算明細書

 収益的収入及び支出

 収入、1款水道事業収益、補正予定額で511万円の減額、計といたしまして1億5,025万2,000円。

 1款営業収益、補正予定額で511万円の減額、計で1億4,989万6,000円。

 1目給水収益、節で水道料金ともに109万2,000円の減額、計といたしまして1億3,621万6,000円でございます。これにつきましては、水道使用量の減に伴います水道料金の減額でございます。

 3目その他営業収益で401万8,000円の減額、計で1,352万2,000円で、節の手数料で50万円の減額、負担金で351万8,000円の減額でございます。これにつきましては、検査手数料及び分岐負担金等の減額補正でございます。

 次に、支出でございます。支出1款水道事業費用、補正予定額で500万円の減額、計で1億4,830万円。

 1項営業費用、補正予定額で500万円の減額、計といたしまして1億3,562万9,000円でございます。

 1目原水及び浄水費、節で負担金ともに80万円の減額、計で5,594万2,000円でございます。これにつきましては、備南水道企業団への負担金で原水代の減額分でございます。

 2目配水及び給水費で420万円の減額、計で2,630万6,000円でございます。節といたしまして、修繕費で420万円の減額補正でございます。これにつきましては、配水管の修繕費等で420万円の減額補正でございます。

 9ページをお開き願いたいと思います。資本的収入及び支出の収入でございます。

 1款資本的収入、補正予定額で1,000万円の減額、計で90万円でございます。

 1項企業債、1目企業債、節で企業債ともに補正予定額で1,000万円の減額補正でございます。これにつきましては、県道早島停車場線等の起債対象工事の変更に伴います減額補正でございます。

 以上、水道事業会計の補正予算につきまして、概略御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) それでは続きまして、平成12年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、概略を御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第16号

 平成12年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 平成12年度岡山県都窪郡早島町の国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ40,003千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ744,107千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、事項別明細書によって御説明させていただきたいと思います。

 まず、歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は国庫支出金追加に伴います財源内訳の変更でございます。

 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費、2目退職被保険者等療養給付費、3目一般被保険者療養費、4目退職被保険者等療養費は国庫支出金並びに療養給付費交付金減額に伴います財源内訳の変更でございます。

 5目の審査支払手数料はレセプト審査件数の増に伴います11万8,000円の追加でございます。

 次に、12ページでございますが、2項出産育児諸費、1目出産育児一時金180万円の減額でございます。これにつきましては、出産件数の減少に伴うものでございます。

 4項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費、2目退職被保険者等高額療養費は国庫支出金、療養給付費交付金減額に伴います財源内訳の変更でございます。

 3款老人保健拠出金、1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金は国庫支出金減額に伴う財源内訳の変更でございます。

 次に、13ページへ移らせていただきます。4款介護給付費、1項介護給付費、1目介護給付費は国庫支出金減額に伴う、これも財源内訳の変更でございます。

 7款基金積立金、1項基金積立金、1目国民健康保険特別会計基金積立金は、財政安定化のため前年度繰越金等2,979万3,000円を追加するものでございます。

 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、3目国民健康保険助成費返納金247万5,000円の追加でございます。これにつきましては、平成11年度療養給付費等負担金、事業実績による超過交付金返納金でございます。

 10款予備費、1項予備費、1目予備費は補正予算編成に伴う予備費941万7,000円の追加でございます。

 それでは、歳入を御説明させていただきたいと思います。

 1款国民健康保険税、1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税につきましては、年度末の見込みといたしまして、521万4,000円の追加でございます。内容を御説明いたしますと、医療給付費分現年課税分698万円の追加、介護納付金分現年課税分176万6,000円の減額を計上いたしております。

 2目の退職被保険者等国民健康保険税は309万円の追加でございます。内容を御説明いたしますと、医療給付費分現年課税分268万円の追加、介護納付金分現年課税分21万円の追加、医療給付費分滞納繰越分20万円の追加を計上いたしております。

 2款の国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金につきましては、変更申請により2,121万8,000円の減額。

 2目事務費負担金6万4,000円の追加でございます。

 それでは、次に8ページへ移らしていただきます。2項国庫補助金、2目特別対策費補助金につきましては、薬剤一部軽減措置に伴い22万6,000円の補正でございます。

 3款療養給付費交付金、1項療養給付費交付金、1目療養給付費交付金752万4,000円につきましては、退職被保険者等国民健康保険税追加に伴う280万4,000円の減額、療養給付費交付金過年度精算分1,032万8,000円の追加でございます。

 6款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金につきましては、国民健康保険特別会計基金の預金利子が低下したため、22万8,000円の減額でございます。

 次に、9ページに移らしていただきます。7款繰入金、1項一般会計繰入金、1目保険基盤安定繰入金150万5,000円の追加で、これにつきましては軽減世帯増加によるものでございます。

 2目の一般会計繰入金2,520万円の減額は、国保会計が安定してきており、財政安定化支援事業繰入金の減額、出産件数減少に伴う出産育児一時金繰入金を減額するものでございます。

 8款の繰越金、1項繰越金、2目その他繰越金6,655万6,000円の追加でございますが、これは前年度その他繰越金の追加でございます。

 9款諸収入、2項雑入、1目一般被保険者第三者納入金45万5,000円、2目退職被保険者等第三者納入金7万5,000円については、収入を見込めないため減額するものでございます。

 次に、10ページへ移らしていただきます。10款の連合会支出金、1目連合会補助金、1目介護円滑導入給付金300万円は、収納率低下給付金を追加するものでございます。

 以上、国民健康保険特別会計補正予算につきまして概略を御説明いたしました。御審議の上、御議決のほどよろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(平松保之君) それでは、議案第17号早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして御説明申し上げます。

 議案を朗読させていただきます。

 議案第17号

 平成12年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 平成12年度岡山県都窪郡早島町の公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,618千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ636,011千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

 (地方債の補正)

 第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 第1表の歳入歳出予算補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から361万8,000円を減額し、歳入歳出それぞれ6億3,601万1,000円とするものでございます。

 続きまして、5ページの第2表繰越明許費につきまして御説明申し上げます。

 1款公共下水道事業費、1項総務管理費で事業名といたしまして、公共下水道整備事業で630万円を繰り越しするものでございます。

 続きまして、6ページの第3表地方債補正につきまして御説明申し上げます。

 1、変更でございまして、起債の目的、限度額で、1、準公営企業債、2、公共下水道事業債の補正前の限度額5,410万円を補正後5,310万円に減額するものでございます。

 起債の方法、利率、償還の方法については変更ございません。

 続きまして、7ページの事項別明細書により御説明申し上げます。

 まず1、総括でございますが、歳入歳出の既定額6億3,962万9,000円から補正額361万8,000円を減額し、補正後の歳入歳出合計をそれぞれ6億3,601万1,000円とするものでございます。

 続きまして、8ページをお開き願います。2、歳入でございます。1款分担金及び負担金、1項負担金、1目公共下水道受益者負担金で197万円の追加でございますが、これにつきましては受益者負担金の収入増によるものでございます。

 2目公共下水道工事負担金で20万5,000円の減額でございます。これにつきましては、取付桝設置工事等に伴います工事負担金の減額によるものでございます。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料で180万5,000円の追加でございます。

 2項手数料、1目下水道手数料で23万5,000円の減額でございます。これにつきましては、下水道の申請に伴います設計審査手数料等の減によるものでございます。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金で1,751万4,000円の減額でございます。これにつきましては、分担金及び負担金の追加、使用料及び手数料の追加、繰越金の追加、消費税の還付金等によります一般会計からの繰入金を減額するものでございます。

 6款繰越金、1項繰越金、1目繰越金で611万1,000円の追加でございます。これにつきましては前年度繰越金でございます。

 7款諸収入、3項雑入、1目雑入で545万円の追加でございます。これにつきましては、11年度下水道事業に伴います消費税の還付金の追加でございます。

 8款町債、1項町債、1目準公営企業債で100万円の減額でございます。節の公共下水道事業債で100万円の減額でございます。

 次に、10ページでございますが、これに対します歳出でございます。

 1款公共下水道事業費、1項総務管理費、1目一般管理費で361万8,000円の減額でございます。これにつきましては、19節負担金補助及び交付金で361万8,000円の減額でございまして、児島湖流域下水道管理負担金で142万4,000円の追加、流通団地汚水処理負担金で504万2,000円の減額でございます。

 以上、早島町公共下水道事業特別会計補正予算の御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) それでは、議案第18号について御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第18号

 平成12年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第1号)

 平成12年度岡山県都窪郡早島町の介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,184千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ390,781千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

  平成13年3月8日提出

                     岡山県都窪郡早島町長 安 原 良 一

 それでは、3ページの第1表歳入歳出予算補正について説明させていただきます。

 歳入では、1款保険料で105万8,000円の追加、3款国庫支出金で176万円の減額、4款支払基金交付金で130万4,000円の減額、5款県支出金で49万4,000円の減額、6款財産収入では6万8,000円の追加、7款繰入金124万8,000円の追加で、歳入合計118万4,000円の減額でございます。

 続きまして、4ページの歳出でございますが、1款総務費で309万6,000円の追加、2款保険給付費で520万5,000円の減額、3款財政安定化基金拠出金では24万7,000円の追加、5款予備費では67万8,000円の追加で、歳出合計118万4,000円の減額補正でございます。

 5ページの第2表繰越明許費でございますが、1款総務費、1項総務管理費、事業名短期入所ショートステイの利用における支給限度額一本化システム開発事業の事業費として399万円を平成13年度に繰り越すものでございます。

 それでは、事項別明細により御説明申し上げます。

 1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料、1節現年度分特別徴収保険料211万3,000円は、現年度分特別徴収保険料の追加でございます。これは当初見込みを上回ったための追加でございます。2節現年度分普通徴収保険料105万5,000円は現年度分普通徴収保険料の減額でございます。これは当初の見込みを下回ったための減額でございます。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分79万円の減額は、現年度分介護給付費負担金でございます。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目調整交付金、1節現年度分調整交付金69万6,000円の減額は、現年度分調整交付金の減額、2項事務費交付金、1節事務費交付金159万4,000円の減額は、介護保険事務費交付金の減額。

 3目事業費補助金、1節事業費補助金132万円は、支給限度額一本化システム開発事業費でございます。

 4款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金、1節現年度分130万4,000円の減額は、現年度分介護給付費交付金の減額でございます。

 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分49万4,000円の減額は、現年度分介護給付費負担金の減額でございます。

 6款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金、1節利子6万8,000円は介護保険円滑導入基金預金利子の追加でございます。

 7款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分49万4,000円は、現年度分介護給付費繰入金の減額でございます。

 2目その他一般会計繰入金、1節事務費繰入金244万9,000円は事務費繰入金の追加でございます。

 7款繰入金、2項基金繰入金、1目介護保険円滑導入基金繰入金、1節介護保険円滑導入基金繰入金70万7,000円の減額は、介護保険円滑導入基金繰入金でございます。

 続きまして、歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、13節委託料で399万円は電算処理委託料の追加でございます。これは介護保険支給限度額一本化システム開発事業費でございます。

 2目連合会負担金、19節負担金補助及び交付金で33万4,000円の減額でございますが、国保連合会一般負担金の減額でございます。

 1款総務費、2項徴収費、1目賦課徴収費、12節役務費20万円の減額でございますが、これは通信運搬費の減額でございます。

 1款総務費、3項介護認定審査会費、1目介護認定審査会費、1節報酬で36万円の減額でございますが、これは介護認定審査会委員報酬の減額でございます。これは当初7名で計上しておりましたが、委員会では6名出席していただいておることによる減額でございます。

 2目は財源充当の変更でございます。

 1款総務費、4項趣旨普及費、1目趣旨普及費は財源充当の変更でございます。

 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、1目居宅介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金1,576万4,000円は居宅介護サービス給付費の追加でございます。

 2目特例居宅介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金98万3,000円の減額は、特例居宅介護サービス給付費の減額でございます。

 3目施設介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金1,459万5,000円の減額は、施設介護サービス給付費の減額でございます。

 4目特例施設介護サービス給付費、19節負担金補助及び交付金174万8,000円の減額は特例施設介護サービス給付費の減額でございます。

 5目居宅介護福祉用具購入費、19節負担金補助及び交付金44万6,000円は居宅介護福祉用具購入費の追加でございます。これは当初見込みより実績が伸びたためによるものでございます。

 6目居宅介護住宅改修費、19節負担金補助及び交付金60万3,000円は居宅介護住宅改修費の追加でございます。これも当初見込みより実績が伸びたための追加でございます。

 7目居宅介護サービス計画給付費、19節負担金補助及び交付金214万1,000円の減額は、居宅介護サービス計画給付費の減額でございます。

 2款保険給付費、2項支援サービス等諸費、1目居宅支援サービス給付、19節負担金補助及び交付金36万1,000円は、居宅支援サービス給付費の追加でございます。

 3目居宅支援福祉用具購入費、19節負担金補助及び交付金12万8,000円は居宅支援福祉用具購入費の追加でございます。

 4目居宅支援住宅改修費、19節負担金補助及び交付金15万8,000円は、居宅支援住宅改修費の追加でございます。

 5目居宅支援サービス計画給付費、19節負担金補助及び交付金129万5,000円は、居宅支援サービス計画給付費の減額でございます。

 2款保険給付費、3項その他諸費、1目審査支払手数料、12節役務費68万5,000円の減額は、審査支払手数料の減額でございます。

 2款保険給付費、4項高額介護サービス等費、1目高額介護サービス費、19節負担金補助及び交付金121万8,000円の減額は、高額介護サービス費の減額でございます。

 3款財政安定化基金拠出金、1項財政安定化基金拠出金、1目財政安定化基金拠出金、19節負担金補助及び交付金24万7,000円は、財政安定化基金拠出金の追加でございます。

 5款予備費、1項予備費、1目予備費で67万8,000円の追加でございます。

 以上、概略を御説明申し上げました。御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 当局からの説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。

 まず、議案第5号早島町情報公開条例の制定について質疑を受けます。

 4番太田君。



◆4番(太田尅子君) この情報公開条例なんですけれども、私も読ませていただきまして、何となくわかるような、またわからない箇所もございまして、実質的に早島町がこの公開条例に臨んだ場合、担当職員がこれが開示できるものであるか、不開示に相当するものであるかの判断がすぐにできるかどうかということも、早島町にとって初めてでございますので、そういう懸念がされると思います。この条例の施行が14年1月からということでございますので、その間、どういうものが開示していいか、不開示にすればいいかという、そういう例題を出して勉強していかなければいけないと、そういうふうに思いますけれども、実施機関、当局はどのようにお考えでしょうか。

 それが1点と、もう一つは、不服審査会でありますけれども、開示請求をされた方に対して不開示の決定がされた場合、当然それで請求をおろす方と、それから不服の申し立てをされる方がいると思います。それの最後の決定権として、不服審査会が持たれるわけですが、5名以内ということになっておりますけれども、この方がこれが最後のとりでになるわけですから、この情報公開条例について相当の知識がある方でないと困ると思いますので、担当実施機関もよくわからない、審査会の方でもあいまいであるというふうになりましては、町民の知る権利というものが不透明になりますので、この委員に選出される方というのは、そういうきちっとした方を当然予定されると思いますけれども、それが町内の方で補充できるものか、できなければもう少し範囲を広げてもいいのではないかと思いますが、そこら辺の審査会の委員の資格と選考についてどのようにお考えであるのか、お聞かせを願いたいと思います。

 それともう一点は、不開示決定された場合に、その救済措置として不服審査会に申し立てるわけですが、これは開示請求権者がその実施機関に申し立てるのか、それとも直に不服審査会の方に申し立てるのか、いわゆる担当機関を通じて不服審査会へ回るのか、それとも直に請求権者が不服審査会の方へ不服申し立てをされるのかどうか、3点お聞きしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 太田議員さんの質疑にお答えをいたします。

 まず、担当職員で開示してよいかどうかわからない場合はどういうふうにするのかというふうなことでございますが、もちろんおっしゃるとおり私どもも初めての経験でございますし、これから条例が御議決をいただきましたら、これから規則等の整備ももちろんしてまいるつもりでおりますし、具体的にどういう開示請求があるかわかりませんけれど、具体的な面でも勉強していく必要があろうかというふうには思います。

 それから、不服審査会のメンバーでございますが、もちろん専門的な知識を有する方を町内だけに限らず町外からも、もちろん町内にそういう方がおられましたらそれでいいかとは思いますけれど、どういう方をこれからお願いをするかということになってくるわけですけれど、もちろん町外の方からもお招きをしてお願いをするという形にはなろうかと思います。

 それから、不開示情報でございますけれど、実施機関へ不服審査の請求をするようになってくると思います。実施機関の方から、もちろん実施機関、窓口というのは一応今では総務課というふうに考えておりますけれど、実施機関は各方面にわたっておりますので、窓口として、窓口が受け付けをして不服審査会の方へ不服があったことについて諮問をしていくという形になりますので、ですから実施機関が直接ということではないですけれども、窓口の方でそのあたりを調整をしていくというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 4番太田君。



◆4番(太田尅子君) 先ほど総務課長が答弁されましたように、この条例案を見ますと、不服があった場合は実施機関を経由して不服審査会へ不服の申し立てができるような感じですよね。私は直に不服審査会に請求権者の人が行けるのかと思ってたんですが、この条例を見ると、そういう経由の仕方で不服審査会の方へ申し立てをするというふうになっておりますので、ちょっとその確認をしたかったんですけれども、これは直にということは、もうできないということですね、それでは。

 それともう一点は、実施機関の方がきちっと開示できるとか開示できないとか、わからなければ最終的に不服審査会の委員さんの方にも御相談されるんでしょうけれども、本来ならそこの窓口で振り分けがきちっとできるようにしておかないと、流れが非常に遅くなるわけですから、そういう面で例えば具体例、よそのところで情報公開してるところもあると思うんですね。そういう具体例だとか、そういうことも事前に勉強しておいて、なるだけそこできちっと相手の方に明示ができるようにしていただきたいなと思うんですが、担当課長の方は14年1月の実施ですから、勉強しますということですので、その点をよろしくお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 太田議員さんの再質疑にお答えしたいと思いますが、不服審査委員会の方でもし請求をされた方の方と直接話を聞くという場面も出てまいるとは思いますが、審査委員会の方でそのあたりをどういうふうに判断をしていくかということになろうかとは思います。



○議長(寺山邦夫君) ほかに。

 7番原君。



◆7番(原光俊君) この情報公開条例というのは、町民皆さんにできるだけわかりやすく知らせるというのが目的、原則としてすべてを公開するというのが骨子だと思います。ですから、これは質問というよりもお願いなんですけれども、できるだけ申請しやすい、わかりやすい手続の方法をよく考えていただきたいなと思います。

 それからもう一点は、先ほどもありましたように、これ半年以上かけて5回審査会を開かれて慎重にやられたんでしょうが、町民の皆さんもこの内容についてはしっかりと認識して、疑問の点があればまた質問されたりとかということで、施行が10月1日が来年の1月1日に延びたわけですから、慎重にこの検討期間を持っていただきたいというのが、まずお願いなんです。

 それであと、法律用語でなかなかわかりにくいんでちょっと教えていただきたいと思いますが、第7条の行政文書の開示義務のところで、開示しないものですね、開示しなければならないとなってますけども、下記の条項以外は開示するとなってますが、1番の「法令又は条例の規定により、公にすることができないとされている情報」、これはどういう、ちょっとわかりにくいんですが、具体的には何か御説明できればお願いしたい。

 1つずつお伺いしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) それでは、原議員さんの質疑にお答えをいたします。

 まず、申請手続を簡単に、だれでも申請がしやすいようにというふうな質疑だったと思いますが、制度審議会の中でもそういうふうな答申、話し合いの中でそういう部分も確かにあったと思います。できるだけそういうことも含めまして、簡単に請求ができるような形にはしていきたいというふうには考えております。

 それから、第7条の法令の規定により公にすることができないとされている情報でございますが、これは法令等で明文化されている規定があるというもののほかに、法令等の趣旨及び目的に照らして明らかにできないと判断される情報も含めたものを考えております。ですから、はっきり明文化されたものだけでなしに、その趣旨等にのっとっても判断をして、公開できない部分も含まれるというふうに解釈をしております。

 それから、はっきり明文化をされているものでございますが、例えば印鑑登録票であるとか、それに伴う関係書類であるとか、それから公判の開廷前における訴訟に関する書類であるとかというふうなもの、それから著作物の複製というふうなものが含まれているようでございます。



○議長(寺山邦夫君) 7番原君。



◆7番(原光俊君) 今の行政文書の開示義務の7条の3「法人その他の団体」となっておりますが、「に関係する情報又は事業を営む個人の当該事業に関する情報であって、次に掲げるもの。ただし、人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることがより必要であると認められる情報を除く」と書いてありますが、補助金とか、そういうふうなものを出している、実施機関の中にうたってありますが、これ以外にはもう公開はしないということなんですかね。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) この情報公開条例の適用を受けるのは、実施機関というふうになっております。先ほど7条の3号におきまして「法人その他の団体に関する情報又は事業を営む個人の当該事業に関する情報であって、次に掲げるもの」云々というのがございますが、こういうものは除くということになっております。その法人と申しますのは、公益法人、民法第34条の規定による法人、社会福祉法人、学校法人、宗教法人等、そのほか法人格を有するすべての団体ということでございまして、その他の団体というのはどういうものかといいますと、例えば自治会であるとか商店会であるとかPTAであるとか婦人会であるとかというふうな法人格を持たない団体というふうに考えております。ですから、この情報公開条例が及ぶ範囲というのは、実施機関ということになります。



○議長(寺山邦夫君) ほかに。

 12番林君。



◆12番(林勇君) 我が町でも初めての情報公開条例でございますが、条例というからにはこういうあやふやな表現しかできないんだろうとは思います。原則公開ということをうたっておりますが、中では不開示情報はこれこれですというのがたくさん載っております。ほとんどがおそれがあるものということになっております。判断があいまいでございます。これに関する規則を当然つくられるんだろうと思うんですけれども、どういう規則を予定されているのか、教えていただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 林議員さんの質疑でございますが、条例は確かにおっしゃるとおり、こういう言い方でございまして、どういう規則かと言われましても、ちょっとまだ規則の方の整理もできておりませんので、ただできるだけ具体的な形で、基本的には個人の情報とか生命、身体、財産等、捜査等というふうなことが書いてございますけれど、具体的にはまたお知らせをしていきたいというふうには思います。



○議長(寺山邦夫君) 12番林君。



◆12番(林勇君) 具体的な細かいことは当然規則で決められるんだろうとは思うんですけれども、この施行期日ですが、先ほど原議員が言われましたように、審議会をつくるときに確かに10月だと言われましたよね。私は念を押した記憶があります。町長「10月にはできます」とはっきり言われました。しかし、これを見ますと、平成11年度以前の文書についてはまだもう一年おくれとります。文書の整理が間に合わないんだろうと思うんですけれど、これに関連しまして当然文書管理規定を整備する必要があると思うんですが、もうやっとられますか。請求があればいつでも出せる状態にしていく必要は当然ございます。

 それともう一つ気になるのが、必要な文書がなくなるということでございます。恐れるのが、都合の悪い文書はさっさと破棄してしまうということも勘ぐれば勘ぐれないことはございません。そういうことのないように、文書管理規定をきっちりとつくって、保存期間を決めて管理していただきたいと思います。

 質問か意見かわかりませんけれども、答弁をお願いします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 林議員の再質疑にお答えをしたいと思います。

 おっしゃるとおり、10月1日の施行を目指しまして取り組んでまいったつもりでございますが、林議員の方からも言われましたように、文書の整理が基本的なところだというふうに私どもも認識をいたしております。そのために確実に施行ができるために1月1日からということで変更をさせていただいたようなわけでございます。

 それから、文書管理規定でございますが、おっしゃるとおり現在内部で調整をしております。当初予算の方でも今度計上をさせていただきますが、外部の方へも委託をして、そのあたりを三者的な目で見ていただくということも考えておりますし、必要な文書を先に処分してしまうんではないんかというふうなこともございましたが、そういうことは考えられないと思います。もちろん、必要な文書を都合が悪いから処分をするということは全く考えられないことだと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 町長。



◎町長(安原良一君) 林議員さんの御質問にお答えをしたいと思います。

 情報公開条例、本当にそれぞれの自治体にとっては非常に大切な条例、それからまた国民の権利と義務を確立する一つの条例でございます。権利の裏には義務があるわけでございまして、当然請求者、その公示を受けたい人のいろんな手続も踏まえております。

 先般この作業に当たりまして、課長会議のときにも伝達をしたわけでございますが、少なくともこの文書の整理につきましては、どんなケースがあるかわかりませんけど、請求者の立場に立った、保存の体制を考えるようにというような指示をさせていただきました。行政自身の立場に立つんじゃなしに、請求者、住民の立場に立った保存の体制を考えるようにというふうな伝達をしたわけでございまして、先ほどおっしゃいましたような都合の悪いものは破棄するというようなことのないように心がけて整理整とんをしていきたい。それで、保存年限もこれも非常になかなか難しい振り分けをする必要があると思いますけど、必要なものについては永年保存、それから当然それに対する書類の整備も十分に踏まえてこれからの作業をやっていきたいというふうに思っておりますので、御理解をいただきますようにひとつよろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

 ここで暫時休憩いたします。

            午後2時17分 休憩

            午後2時30分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 それでは、次に移ります。

 議案第6号早島町土地開発基金条例の一部を改正する条例について、議案第7号早島町母子家庭医療費給付に関する条例の一部を改正する条例について、議案第8号早島町介護保険条例の一部を改正する条例についての3議案について質疑を受けます。

 12番林君。



◆12番(林勇君) 議案第6号の土地開発基金条例の改正ですが、4億円を2億円にするというのは、現在基金としては幾ら残っとんですか。現金と土地と両方教えていただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 林議員さんの質疑にお答えをいたします。

 現在の土地開発基金で持っております額でございますが、この間、全員協議会の際にお配りをさせていただきましたものでございますが、12年度末の予定でございますが、4億1,104万円でございます。ですから、この中にも土地が含まれております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 12番林君。



◆12番(林勇君) 現金は幾らですか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 実は土地開発基金の方で土地も持っておりますので、そこのゆるびの舎の北側の土地でございますが、これを土地開発基金の方で持っております。ですから、あれが大体7,000万円程度だったと思いますので、残りが3億3,000万円ぐらいのお金といいますか、金額の方はそういうことになろうかと思います。



○議長(寺山邦夫君) 3番小橋君。



◆3番(小橋澄男君) 総務課長、今おっしゃったんでいいんですか。ずばり言って、現金が7,000万円で、4億円何ぼのうち、その他が、土地の関係として、はっきり言って普通財産を含めた土地の代価が3億三、四千万円で。

 今、いわゆる土地開発基金として現金が幾らあると、基金が幾らある。それから、普通財産として持ってる土地の価格が幾らあるかということを彼は聞いとんですよ。

            (「いやいや、基金の中です」と呼ぶ者あり)



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 土地開発基金で持っている現金といいますか、基金の額と、それから土地を持っている、基金で土地がありますので、その内訳をと言われたんじゃないですかね。

            (「だから、それで現金は、基金として持ってるのは幾らある」と呼ぶ者あり)

 ですから、今申し上げましたように、私も今ちょっと宙でございますのであれですけれども、土地で7,000万円ぐらいを開発基金の方で取得いたしましたので、その残りが言うならば現金になるわけですから、それが3億3,000万円程度になろうかと思います。

            (「勘違いしとんじゃねえんか」と呼ぶ者あり)

 済みません。土地が7,139万4,688円でございますから、それを土地開発基金でこれを、土地を持ってるわけです。ですから、4億一千幾らと申し上げましたが、それが基金全体のものですから、3億3,000万円ぐらいを基金で持っているということになります。



○議長(寺山邦夫君) 3番小橋君。



◆3番(小橋澄男君) 事前に言わしてもらおう。はっきり言って、普通財産として町が現在管理してあるのは、いわゆる土地開発基金の中に入ってないと。例えば諸支出金で買うたやつ、買うた普通財産、これはどこへ入っとんですか。諸支出金で購入した普通財産、これはどこへ入ってんですか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 普通財産で持っておるものは、それは基金とは別のものでございますから、土地開発基金で言うならば現金と、それから土地も土地開発基金の中へ持ってるわけです。ですから、七千幾らという土地開発基金が持ってる土地というのは、普通財産の中には入ってはおりません、基金で持ってるわけですから。



○議長(寺山邦夫君) 3番小橋君。



◆3番(小橋澄男君) 財産の中で土地開発基金と名称を言ってない、例えば特老の跡、2億はどこへ入っているんですか、2億円はどこへ入ってる。それから、長津とか、それからはっきり言って若宮とか、いろいろのところへ、行政財産として使ってるやつはいいんですよ、道路とか河川とか。いわゆる現在宅地、少なくとも雑種地としてそういうふうに持っとる土地はどの勘定で管理しとんですか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 済みません。ちょっと分けていただきたいと思うんどすけれど、土地開発基金で土地を持ってます。それで、例えば行政財産として使おうというときには、一般会計の方に予算を計上して、土地開発基金からその土地を買うわけです。それで初めて町の財産ということ、もちろん土地開発基金も財産ですけれども、普通財産とか行政財産とかという形になっていくわけです。ですから、その七千幾らという、七千百幾らというものは、土地開発基金で現在持っとるわけです。普通財産ではまだないわけです。言うならば、それは土地ですからあれですけれど、そういうふうに区別をしております。

 それから、金額の方でございますが、7億1,394万9,688円で、12年度末の残高でございますが、基金で現金でございますが、3億3,964万円。

            (「現金で何ぼ」と呼ぶ者あり)

 3億3,900万円程度でございます。

 土地が7,100万円余りです。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 12番林君。



◆12番(林勇君) 基金4億円を2億円にする目的は何ですか。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) これは町長の議案の提案説明にもございましたように、今後大型な土地を取得していく、先行取得をするようなこともないので、有効に使いたいということでございます。



○議長(寺山邦夫君) ここでお願いいたします。

 後ほど所管の委員会には付託いたしますので、委員会以外の方の御質問にとどめていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 4番太田尅子さん。



◆4番(太田尅子君) 先ほどの総務課長の御説明ですと、この土地開発基金というのは、ほかの基金とはまた違った処理の仕方といいますか、そういうふうに思いましたけど、それでいいわけでしょうか。それでいいわけって、何か変な言い方なんですけど、ほかの基金とはちょっと違った会計処理になっているということだと思うんですけども。

 それと、今林議員が言われたんですが、この取り崩した2億円というのはどういうものに活用されるのか、すぐこのお金を使わないとすれば、これはもう一般財源の中に組み込まれていくものであるのかどうかということと、それから先行取得すべき用地の必要な大規模事業の予定がないということなんですけれども、これはどれぐらいを見通してそういうふうに言われているのかということをお聞きしたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 町長。



◎町長(安原良一君) 太田議員さんの御質問にお答えしたいと思います。

 土地開発基金の一部改正、要するに金額を少なくするのは、基本的には財源対策として13年度に持っていくという理由であります。

 それから、大きな事業がないというのは、当面という言葉がちょっと抜けておりましたけど、今当面その必要がない。それも土地開発基金としての目的の事業がないということで御理解いただきたいと思うんです。

 それから、先ほど代替地の保有は、先般全協のときにお渡ししました資料の中に、保有面積、12年度が4,331平米です。それで、2億8,183万9,000円という今保有財産があるということを御理解いただければ、いいんじゃないかというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

 それでは、次に移ります。

 議案第9号病院群輪番制病院設備整備費補助金の事務委託について、議案第10号早島町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第11号早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についての3議案について質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 10番平岡君。



◆10番(平岡守君) 10番平岡でございます。議案第10号の廃棄物の件でございますが、4月1日から家電リサイクル法が施行されるわけでございますが、これに伴いまして各行政体がこの家電リサイクルの持ち込みに関しまして、持ち込み費用というものを策定されてると思うんですが、この早島町においてもこういった形で金額を出されておりますが、どういった観点からこの金額を出されているのか。私の見るところでは、倉敷市がこの3月議会に提出を予定されてると思うんですが、この金額に同等というふうに思えるんですが、ちょっとそのあたりをお聞かせいただけたらと。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) 平岡議員さんの御質問にお答えいたします。

 この家電4品目につきましては、早島町独自で家電製品持ち込み、それから早島へ、処理場へストックするストック費用、それから持ち込む費用、今度処理施設まで持っていく費用等を試算いたしまして単価をはじき出しました。それに基づきまして、町内部で調整しまして、その単価に80%ぐらい掛けて、当面最近広域化ということでごみ処理も倉敷ブロック等の金額とも照らし合わせまして、持ち込みについては倉敷市と歩調を合わさせていただきました。計算は独自でやっております。詳細をここで説明すると時間がかかりますんで、もし必要だったらまたお聞きいただければと、かように思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 10番平岡君。



◆10番(平岡守君) 10番平岡でございます。じゃあ、一応倉敷市と歩調を合わせたということだと思うんですが、詳細についてはまたひとつお聞かせをいただけたらと思いますが、この件に関しまして、ここの条例の中にあるんですが、次の処理手数料という格好で、これは町で処理するわけじゃないんで、処理というのが文言として適当かどうかというのが、私もちょっとというふうに思ったんですけども、それとこの持ち込み、あくまでも町の処理施設まで搬入する場合ということですんで、これは回収に回ったときの金額等が条例の中には盛り込まれてはないんですけども、各行政体の方はどういうふうにされてるんか、ちょっと私も把握はしてないんですけども、そのあたりも踏まえて再度ちょっとお聞かせいただけたらと思います。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) 平岡議員さんの再質疑にお答えいたしたいと思います。

 まず、この処理手数料、これにつきましては早島町の処分地で保管する費用、それから指定場所へ搬入する費用を含めた処理手数料でございます。

 それから、近隣市町村はどうかといいますと、この近辺で調べた範囲では、総社広域は一律2,500円という単価を定めております。

 それからあと、灘崎町、また岡山市については情報提供を受けとりません。倉敷市は早島町と同金額でございます。

 それから、家庭へ取りに行った場合につきましては、町の条例には今までも出てきてないと思います。粗大ごみの収集ということで、一般許可業者が取りに行って、各家庭へ一覧表を配布しておると思います、おのおの。それについての金額は、今の金額については全面的に変えまして、一律何ぼという金額で早島町は今業者とお話ししております。これはあくまで業者が決めることで、早島町がこうしなさいとは指示できない問題で、もうほぼ決まっとるとは思うんですけど、ちょっと金額についてはまだこの場では公表できないと思います。

 以上でよろしいですか。



○議長(寺山邦夫君) 4番太田君。



◆4番(太田尅子君) 先ほどの家電、今回家電リサイクル法が施行になりますので、各自治体ともそういう手数料を取るところがふえてきているわけですが、本来電化製品はそこのお店で買った場合は、古いものは持って帰っていただくようにするのが基本になってると思うんです。この家電リサイクル法が施行されますと、業者は商品の上にそれを処理する手数料を上乗せして消費者に提示すると思います。そのときに上乗せした手数料と、それから早島町で持ち込んでいただく手数料と、これがどういうふうになってるのかなと思うんですが、早島町の方がもし安いと、消費者感情といたしまして、そこで買ったところはその処理する手数料じゃなくて、純粋に商品だけのお金を払って、処理は早島町の方が安ければ早島町の方へ持ってくるという、そういう現象が起きた場合に、早島町の方も困ると思うんですけれども、そこら辺はどのように考えておられるのかということを1点お聞きしたいことと、それからもう一つ、早島町は国民健康保険税条例の一部改正で軽減措置が図られるわけですけれども、これによって何世帯ぐらいが該当し、その収入減といいますか、どれぐらいになるのか、わかれば教えていただきたいと思います。この2点、お願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) 太田議員さんの質問にお答えしたいと思います。言われるとおりでございます。まだ、今の現段階においては小売店は発表しておりません。この金額は恐らく3月ぎりぎりになろうかというような話も聞いております。どこの市町村もやはり先行して条例をつくっていっております。だから、場合によりましたら、今の金額にあわせて再度条例改正を余儀なくされるようなケースもあろうかとは思います。そうせんと、今言われたように、中には流れてくる可能性があります。そしたら、町は大変な処理費用がかかってきます。そのときには、また条例改正がありましたら皆様にお諮りして検討していきたいと、かように思います。

 それから2点目、国民健康保険税の減免規定でございますが、過去に数件かは御相談がありました。金額に直して幾らかということは、まだちょっと積算はしてないんですけど、そういうこれからの厳しい社会情勢の中で、こういう相談があれば前向きにこういう条例を適用して減免していければと、かようなことで条例を上程させていただいたところでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 12番林君。



◆12番(林勇君) 12番。家電リサイクル法ですが、私はこれリサイクルをメーカーに義務づけまして、家電4品目についてはメーカーの方で責任を持って回収するもんだと思っとったんです。どうして町がこれへかかわるのか、ちょっと納得がいかんのんですが、リサイクル法によりますと、リサイクル費用としてこの品目は幾らというのを多分決めとるはずです。あと輸送費用は、これは地域によって当然差が出てきますけれども、どうもこの条例を見る限りでは、そのメーカーの責任というのはどっかへ消えてしもうとります。この金額さえ払えば、あそこへ何ぼでも持っていきゃええんですか。ちょっと理解できんのですけれど、その辺どういうふうに受けとめておられるのか、教えていただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 町民生活課長。



◎町民生活課長(原一雄君) 林議員さんの御質問にお答えいたします。

 今この4月から施行の家電4品目、これについてのリサイクル料につきましては、全国一律でございます。これは例えば洗濯機でしたら2,400円、テレビでしたら2,700円、エアコンが3,500円、冷蔵庫4,600円、これ全国、北海道から沖縄まで一緒の金額、リサイクル料は納めます。これはリサイクルする料金でございます。これは例えば家電の小売店については小売店で引き取ります。それから、今の林議員さんが言われたように、町へ流れてくるのはないのかという御質問なんですけど、いろんなケースがあります。国も試算しまして、2割程度は流れてくるんじゃなかろうかと推測しております。というのは、まず東京の方からこちらに引っ越ししてきたと、それでテレビ、電気、そういう製品を持ってきたと、捨て場所に困ると、だれも引き取ってくれないと、買いかえない、そういう場合とか、友達からもろうたというようなケースとか、そういう観点で2割程度は市町村へ流れてくるんじゃなかろうかという、これ国が予測しとります。早島町はどのくらいあるかという、推計的には私、資料をつくっとんですけど、これは現実と一致するかどうかわからんので、この場で控えたいと思うんですけど、小売店が引き取るのは、テレビをかえるときとか、古いテレビを、買うたときにテレビを引き取っていただくというんが、小売店が引き取るあれでございます。中には特殊な例がありますんで、町へ流れてくる可能性もあると思います。

 以上で答弁させていただきます。



○議長(寺山邦夫君) 12番林君。



◆12番(林勇君) ちょっと今の説明でもよくわからないんですが、それじゃ小売店へ持って帰ってもらうよりは町へ出した方が安うつくということですね。これはテレビ、例えば900円出せば、町のところへ持っていって捨てれるんでしょう。

            (「いや、あとさらにリサイクル料が別に」と呼ぶ者あり)

 リサイクル費用は別になっとるということですか。これじゃ、どうも処理手数料としてこういう金額を上げたら、リサイクル費用はもう当然含まれとるとしかとれませんけどね。早い話が運送料ですか。



○議長(寺山邦夫君) 理事。



◎理事(佐藤喜世文君) 林議員さんの御質疑にお答えさせていただきます。

 リサイクル料というのは、全国共通で設定されておりますが、これは町を経由しません。これは町の方へ入ってきません。ここで条例化しておりますのは、町の方へ入ってくるお金のみの条例設定でございますので、先ほど言われましたように、例えば早島町の方で処分してほしいというようなことで、この家電4品目の処理手数料と、それから上乗せしてリサイクル料が必要になってくるということでございまして、基本的には小売店の方で取り扱うのを原則としておりますが、先ほど課長の方が申し上げましたように、特殊な場合、町の方へ入ってくるものがあるということでございますので、御理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(寺山邦夫君) 3番小橋君。



◆3番(小橋澄男君) 今林君がお話ししたように、私もそう思いますよ。ずばり言ってリサイクル法というのは、例えばナショナルならナショナルが、はっきり言ってテレビならテレビを買いますと、私ははっきり言うけど、平岡君のところで買よんですよ。テレビがおえんから買うと。そしたら、そのナショナルのテレビを、これは彼はナショナルだと思いますよ。テレビを買うときに、2,000円なら2,000円、それを捨てるときの用意で業者に払っとくんですよ、2,000円。だから、そのテレビが5年なり10年で悪うなったら、このナショナルのテレビというのは変わらんのですけえ、平岡君に新しいのを買うと同時に、またそのときにこれは新しいのを買うけど、そのテレビは持って帰ってもらうのに2,000円もう先に払うとんじゃから、そのテレビについてはもう払わんでもいいわけですよ。彼は持って帰ってくれるわけですよ、彼は2,000円もろうとんじゃけえ。

            (「違う」と呼ぶ者あり)

 いや、そうでしょう。それがリサイクルで当然そうなるはずでしょう、はっきり言うて、そうじゃないですか。その2,000円のほかに、まだ町がそういうふうな形で、町には御迷惑かけん、彼が持って帰ってくれとんですから。



○議長(寺山邦夫君) ちょっと暫時休憩いたします。

 5分ほどの間に、ちょっとざっくばらんに説明、ちょっと勘違いしとるから。

            午後3時0分 休憩

            午後3時5分 再開



○議長(寺山邦夫君) 休憩前に引き続きまして会議を開きます。

 それでは、ほかに質疑はございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 それでは、次に移ります。

 議案第12号早島町水道使用条例の全部を改正する条例について、議案第13号早島町道路線の認定についての2議案について質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 6番沢田君。



◆6番(沢田晃始君) 町道路線の認定ですけど、関連してちょっと聞きたいんですけど、真磯団地、東真磯がまだ認定されてないと思うんですが、同じ床田も両備バスが開発されております。その辺の進行状況は、真磯の分は46年からやってますけど、それはどのようになってるか、ちょっとお聞きしたいと。これとは関係ないんですけど、同じ業者がやって、ここだけは認定しとんでしょう。真磯はしてないでしょう、まだ。その辺どういう進行状況になってるか、ちょっとお聞きしたい。



○議長(寺山邦夫君) 建設課長。



◎建設課長(林耕市君) 沢田議員さんの御質問にお答えをいたします。

 真磯全体ではなくて、東真磯の方は基本的には町の方へもう管理が移っておりまして、所有権も、認定もしております。ただ、中とか、それから東真磯の入り口、一番無津側から入り口ですね、あの辺がまだ残っております。それで、そういう中で現在も分筆ができてなかったり、それから地番が変になっておったりというところがあるもんですから、その辺の整備をするように両備の方に指示をしております。それで、町の方が受け取れるような状況ができれば受け取ってまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第14号平成12年度岡山県都窪郡早島町一般会計補正予算(第5号)について、議案第15号平成12年度岡山県都窪郡早島町水道事業会計補正予算(第3号)について、議案第16号平成12年度岡山県都窪郡早島町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、議案第17号平成12年度岡山県都窪郡早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、議案第18号平成12年度岡山県都窪郡早島町介護保険特別会計補正予算(第1号)について、以上5議案について一括質疑に付したいと思います。

 質疑はありませんか。

 2番磯山君。



◆2番(磯山卓宏君) 所管の委員会でお尋ねしようと思ったんですが、ちょっとお尋ねをいたしますが、18ページの公有財産の売り払いが結局ここで減額1億3,900万円出ておりますが、これは先ほどの説明では有効利用するために売却をしなかったという受けとめ方をしたのですが、これ有効利用するということはどのように利用されるのか、お尋ねをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 磯山議員さんの質疑にお答えをいたします。

 公有財産審議会等でもいろいろ御意見をいただきながら、売却をするべく12年度で当初予算の方で計上をさせていただいたわけでございますが、先ほどもちょっと説明をさせていただきましたように、有効活用等を含めて再度検討してまいりたいというふうな言い方をさせていただいたと思います。ですから、はっきり何かそこへ建設をするんだという意図ではございませんので、御理解をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 2番磯山君。



◆2番(磯山卓宏君) 済みません。再質問をちょっとさせていただきます。

 この土地はどのとこでしたかに、長田建設さんがあった土地ではなかったんでしょうか、ちょっと再度お尋ねします。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 長田建設さんではございませんで、もう少し道よりも南側と申しますか、向かって右側の方になります。5区画か6区画か、町の方が所有している土地があります。それでございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

 4番太田君。



◆4番(太田尅子君) まず最初に、繰越明許費で街路灯の整備事業を2,200万円ほど繰越明許されているんですが、これは街路灯なんですけれども、予定では70基ぐらいでしたか、記憶違いかもしれませんが、そういうふうに聞いてたんですが、早島駅前線、停車場線の工事の進捗状況がおくれているということなんですけれども、大体これ何年度に完成の見込みをされているのかということをお聞きしたいと思います。

 それともう一つ、14款の県支出金の心の教室相談員活用調査研究委託金というのがありますが、心の教室相談の現在の活動状況といいますか、わかれば教えていただきたいと思います。

 それともう一つ、チャイルドシート、40万円の減額なんですけれども、利用者がいないので減額されたと思いますけれども、広報といいますか、啓蒙方法というものをどのような形でされているのか、利用がなくて減額したんだったら結構なんですけれども、まだ啓蒙の徹底がされてなくて、そのような助成金があるということがわからないで申し込みがない場合も想定されますので、そこら辺のことをお聞きをいたしたいと思います。

 それから、先ほど若宮地区の土地取得で有効利用ということなんですけれども、具体的に、また推測的にどのような有効利用をしたいということがわかっているんでしたらお知らせをいただきたいと思います。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 太田議員さんの御質疑にお答えをしたいと思います。

 まず、繰越明許費の中の街路灯整備事業2,258万9,000円を繰り越しをさせていただくという件でございますが、完成と申しますのは13年度、県の事業でございますので、それに合わせる形で設置をしてまいりますので、13年度中には完成をするというふうには聞いております。ですから、もちろん街路灯の方の整備も13年度中にはできるということでございます。

 それから、チャイルドシートでございますが、確かに40万円、ここで減額をさせていただいておりますが、広報の方法といたしましては、しゅうほう等、それからインターネットですか、そういうふうなものにも載せてはおりますが、13年度でも一応予算計上は、若干減額をさせていただいておりますが、計上させていただいておりますから、広報の方ももっとやっていきたいというふうには思います。

 それからもう一点、若宮地区の件でございますが、先ほどの磯山議員さんと同じ御質問だったというふうに思いますが、有効活用、有効利用も含めて再度検討してまいりたいというふうにお答えをさせていただいたようなことで、現在何かそこへ建設をするとかいうふうなことではございませんので、よろしくお願いをいたします。



○議長(寺山邦夫君) 学校教育課長。



◎学校教育課長(小野田修作君) 心の教室の相談室の活動状況というんですか、状況なんですけれど、今心の教室相談員が週に4日程度、半日ぐらいの単位で心の教室相談員として活動していただいております。それで、状況は子どもはもちろん中学生なんですが、自分たちの悩み、思春期ですから悩みとかといったようなささいなことから、不登校に関するようなことなんかも担任の先生あるいは教員の方には話ができないようなことを気軽に話しかけていくというような状況でございますし、それから先ほど言いました不登校で深刻な問題のような方は、心の教室相談員の方が親御さんも交えて話ししたいといって、心の教室、中学校だけにおいてということでなしに、家庭訪問とか、あるいはこの間立ち上がりましたふれあいサポートセンターの方へ出かけて、気軽な場所でお話ししたいというような活動範囲も広げてきているような状況でございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 4番太田君。



◆4番(太田尅子君) 心の教室の相談員の方は何人ぐらいいらっしゃるのか、お聞きしたいと思います。1人、わかりました。

 それと、チャイルドシートの助成金の啓蒙方法なんですが、もちろんしゅうほうとかでされてるんだろうと思うんですけれども、妊婦のときにいろいろ講座といいますか、心構えみたいな、そういうのがあると思うんですけれども、そういう、それから母子手帳とかいただくときがあると思うんですが、そういうときにチャイルドシートのこういう助成がありますというふうなことはされていないんでしょうか。それちょっとお聞きしたいと思います。

 それから、土地の有効活用については、現在のところ具体案はない、具体的にこういうものをするということはないということなんですね。はい。



○議長(寺山邦夫君) 総務課長。



◎総務課長(水畑千歳君) 太田議員さんの再質疑にお答えをいたします。

 例えば母子手帳をお渡しするときとか、妊婦の方の相談とかというときに、そういうPRをしているかどうか、ちょっと私もわかりませんけれど、私の方からそういう要請をしたということはございませんので、今後はそういうふうなことも考えてみたいなというふうには思いますけれども。



○議長(寺山邦夫君) 4番太田君。



◆4番(太田尅子君) そういうふうなことは、チャイルドシートのことに限らず、いろんな子どもが生まれたらこういう助成事業なんかがありますよということを、トータル的にそこに詰め込んで情報としてお渡ししてあげていただくような、そういう体制を今後とっていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(寺山邦夫君) ほかにございませんか。

 7番原君。



◆7番(原光俊君) 32ページの10款教育費の教育振興費、これは300万円ほどの予算のうち、中学校、100万円減額になっとんですけども、3分の1ぐらい減額するということは、これはどういうものを減額するんでしょうか。

 それから、小学校でも300万円、特殊教育就学奨励費補助、これがカットされてますが。

 それと、繰越明許の3の民生費の社会福祉費の5,284万6,000円、ドリームハウスの工事費ということですが、これはこの間の全協でもまだ議論の最中だったんで、十分議論がなされてないと思うんですけれども、ちょっとその辺、担当課の方から御説明ください。



○議長(寺山邦夫君) 学校教育課長。



◎学校教育課長(小野田修作君) 原議員さんの御質疑にお答えいたします。

 32ページの中学校の方の就学奨励費補助なんですが、これは御家庭の一定の水準というんですか、至らないところの分の要保護、準要保護の補助体制な構えなもんですから、そういったところが23人ぐらいを当初に予定しとりましたが、17名に減ったのが中学校でございますし、小学校の方は特殊のものは就学指導委員会等で意見としては、特殊学級に入った方がいいとかという人が9名上がってきていたもんですから、その後、保護者の方といろいろ学校の方が協議しまして、結果2人になったとかという原因で減ったものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 原議員さんの3ページの民生費の社会福祉費、老人福祉施設整備事業費の5,284万6,000円の繰越明許については、まだドリームハウスの建設について議会の了解が得られていないのに繰り越しているんじゃないかという、そういうふうな御質問だったかというふうに思っておりますけれども、このドリームハウス、これは仮称でございますが、これの建設につきましては、議会でいろんな議論があったというふうに思っております。全員協議会でも何度かお話しさせていただいたということでございますけれども、その中でいろんな御意見があったということはお聞きしておりますし、そういう中で11月1日だったと思いますけれども、全員協議会の席でこの整備費の補助の申請を県の方に手続をお願いしている準備をしてるというお話をさせていただいたと思いますけども、そういう中で今回補助が4,400万円、整備費として4,400万円の補助金がついたということと、今回ここで載せてはおりませんけれども、これは内示があって初めてわかったんですが、備品費として90万円の補助金がついております。そういう県の方もこのドリームハウスの整備について全面的に支援してくれておりますので、何とかこの事業は懸案でございますので、進めさせていただければというふうに思っておりまして、繰越明許させていただいたところでございます。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) ほかに。

 13番三宅君。



◆13番(三宅弘君) ただいま原さんから繰越明許について質問もありましたが、これにつきまして今課長から答弁もありました。これはずっと前から、これを購入したときからいろいろと問題点があって、きょうまで、早う言えば否決にしておきゃえかったんですよ、否決にしておけば。凍結にしとったから、今まで引き続いてきょうるわけですよ、問題点は。議会の議決を、話し合いをして円満な方法をとるべく努力してくださいと言うているのに、一つもそういうことをしてない。あんたらが一方的に報告しようるだけ。そういう中で今回上げてきたということは、私はこれについては不満でございます。繰り越すんなら繰り越しゃよろしいよ。倒す費用だけは繰り越さんようにしてくださいよ、倒す費用だけは。その点について課長はどういうふうに考えとんか。我々は一応凍結しとるけども、議会とよく相談してやってくださいと言うとんです。相談は一回もありませんよ。あんたらが一方的に前へ前へ行きょんですよ。そういう点を、やっぱり議会で決まっとんだから、そういう結果が出とんだから、我々に相談してくれて前へ進むんが、これが当然だろうと思うんですよ。そうしなきゃ、我々もいろいろと審議して、それで否決すべきだったと思います、あの時点において。それを凍結したばっかりにこういうことができてきょうるんですよ。今後においては、あやふやなものについては凍結でなしに、もう否決せなきゃいけないと私は思っとります。それについて課長はどういうふうに思っとんですかね。相談した覚えがありますかね。



○議長(寺山邦夫君) 保健福祉課長。



◎保健福祉課長(平井京治君) 三宅議員さんの御質問に、議会に一度も相談なかったじゃないかという、こういうお話がございましたけれども、実はこのドリームハウスにつきましては全員協議会でも何度かお話しさせていただいたし、あるいはこの平成12年度の当初予算でも3,000万円の工事費を計上させていただいております。それからまた、6月の議会でも補正をさせていただいているわけでございますから、この事業の整備につきましては議会の皆さんに相談させていただいたというふうな理解を私はしております。ただ、御意見が、いろんな御意見があったということは、確かにあったわけでございますので、その御意見に対していろんな意見の食い違いをいろいろと埋めるような努力をさせていただかなければいけなかったかなという、その努力については私の方は少し足りなかったなという、そういうふうな気持ちでおります。

 以上でございます。



○議長(寺山邦夫君) 13番三宅君。



◆13番(三宅弘君) ようわかりました。今後において、我々としても気をつけていかにゃおえん点だろうと思っております。

 それで、おたくらがそういう気持ちですけども、その都度、その都度おたくらが前向きで話をした時点において、議会の方としてはそれには乗ってないはずです。倒すことにはあくまでも反対、倒すことには。我々も視察に行ったりいろいろしてみて、ああいう施設をして、皆町単独ではできないと言よんですよ、町単独では、1人十何万円も要るようではやっていけないということ。早島町として何人あれへ入るんですか。

 それから、この間名前を変えて、今度は手のかからん人が入るんじゃとか、いろいろ言わりょうるですが、そんならばそういうものを使わなくても、福祉協議会、あっちを使えばええんですよ。無理に費用を使うて建てえでも。わしがいつも言うように、箱物を何でもすりゃええんじゃないんですよ。あんたらが自分の懐が痛まんから平気で言よんですよ、はっきり言って。そんなにして、ほんなら早島町民が何人入るか。中帯江やこうで聞いてみても、岡山じゃとかあっちこっちでよその人ばっかり入っとりますわ。せえで、やはり言ようるように、市でやったんじゃもたないというんですよ、施設が町でやったんでは。そういうところも考えて、もう少し計画性を持ってやってくれなきゃ、人の銭じゃからいうてむだ遣いはいけないと。やってみたら、もう終わりですよ、済んだら。ああ、おえなんだなって、それで済むんですよ、一言で。そういう点について、予算もありますし、我々としても検討していかなきゃいけないと思っとんですよ。そういうことですから、よろしゅうお願いしますら。



○議長(寺山邦夫君) ほかに質疑はございませんか。

 ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 質疑はないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第5号から議案第18号について、お手元にお配りしています付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺山邦夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第5号から議案第18号は付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託することに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 御苦労さまでした。

            午後3時32分 散会