議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成28年12月定例会 12月16日−01号




平成28年12月定例会 − 12月16日−01号







平成28年12月定例会



              早 島 町 議 会 会 議 録

              平成28年12月16日( 金 曜 日 )

              ───────────────

              議 事 日 程 ( 第 1 号 )

午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 諸般の報告

第4 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について

第5 議案第66号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例について

   議案第67号 早島町公共下水道条例の一部を改正する条例について

   議案第68号 平成28年度早島町一般会計補正予算(第4号)について

   議案第69号 平成28年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)について

   議案第70号 平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第2号)について

         ・質疑

         ・委員会付託

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第5まで

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              出  席  議  員(10名)

 1番  浅  沼  一  徳 君         2番  佐  藤  眞  治 君

 3番  真  鍋  和  崇 君         4番  松  森  京  子 君

 5番  古  田  敬  司 君         6番  佐  藤  智  広 君

 7番  佐  藤  政  文 君         8番  平  岡     守 君

 9番  小  池  宏  治 君        10番  福  田     健 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              欠  席  議  員( 0 名)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      中 川 真寿男 君        副町長     高 橋   潔 君

教育長     徳 山 順 子 君        会計管理者   兼 信   剛 君

総務課長    原   年 史 君        まちづくり企画課長心得

                                 安 原 隆 治 君

税務課長心得  原   昌 三 君        町民課長心得  森   和 彦 君

健康福祉課長  本 郷 泰 宏 君        建設農林課長  鎌   幸 嗣 君

上下水道課長心得田 中 幸 雄 君        学校教育課長心得原   直 秀 君

生涯学習課長  大 島   泰 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              事 務 局 職 員 出 席 者

局長心得    森 下   満 君        主事      藤 井 夏 樹 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







            午前10時0分 開会



○議長(福田健君) 皆さんおはようございます。

 御起立ください。

 お互いに礼。

 着席ください。

 ただいまの出席議員は10人です。定足数に達しておりますので、これより平成28年12月早島町議会定例会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(福田健君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、議長において2番佐藤眞治君、3番真鍋和崇君を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(福田健君) 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。

 本定例会の会期は、本日から12月22日までの7日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月22日までの7日間に決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 諸般の報告



○議長(福田健君) 日程第3、諸般の報告をします。

 議長報告をいたします。

 議員派遣の件について、会議規則第128条第1項のただし書きの規定により、議員派遣をお手元に配付したとおり、報告いたします。

 本日までに陳情1件が提出され、これを受理しております。

 会議規則第92条第1項の規定により、お手元に配付した請願・陳情文書表のとおり所管の常任委員会に付託しましたので、報告します。本会期中に審査を終えられるようお願いいたします。

 次に、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納検査報告書がお手元に配付したとおり提出されております。朗読は省略いたします。

 これで諸般の報告を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(福田健君) 日程第4、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(中川真寿男君) 皆さんおはようございます。

 議員の皆様方には師走のお忙しい中を12月定例会に御出席を賜りましてありがとうございます。

 去る12月4日の町制施行120周年の記念式典を挙行いたしましたところ、議員の皆様初め、大勢の町民の皆様、そして来賓の方々の出席をいただきまして、節目の祝いが盛大にできたことを感謝申し上げます。

 それでは、ただいま上程になりました諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 本案は、本町の人権擁護委員である日笠清氏が3月31日をもって任期満了となるが、適任と認め引き続き同氏を推薦いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。御審議の上、御同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福田健君) これより質疑を行います。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 討論なしと認めます。

 これより諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦についてを採決します。

 お諮りします。

 本件は適任と認め推薦したいと思います。御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦については、適任と認め推薦することに決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第66号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例について

      議案第67号 早島町公共下水道条例の一部を改正する条例について

      議案第68号 平成28年度早島町一般会計補正予算(第4号)について

      議案第69号 平成28年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)について

      議案第70号 平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第2号)について



○議長(福田健君) 日程第5、議案第66号職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第67号早島町公共下水道条例の一部を改正する条例について、議案第68号平成28年度早島町一般会計補正予算(第4号)について、議案第69号平成28年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)について、議案第70号平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第2号)についての5議案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(中川真寿男君) 諮問第2号につきまして、御同意をいただきましてありがとうございました。

 それでは、ただいま上程になりました議案第66号から議案第70号までの5議案につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 まず、議案第66号職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例についてでございますが、人事院勧告及び地方公務員の育児休業等に関する法律及び育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律が成立したことにより、育児休業等に係る子の範囲の拡大や介護時間の新設等を行うため、条例を改正するものでございます。

 次に、議案第67号早島町公共下水道条例の一部を改正する条例についてでございますが、下水道事業において国が公営企業会計への適用を推進している背景を踏まえて、独立採算制の基本原則に基づく財政健全化を図るため、使用料の改定を行うため条例を改正するものでございます。

 次に、議案第68号平成28年度早島町一般会計補正予算(第4号)についてでございますが、今回補正する額は、歳入歳出それぞれ5,296万4,000円を追加し、総額を歳入歳出それぞれ51億23万9,000円とするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、10ページからになりますが、総務費におきまして総務管理費で防犯カメラ設置工事費680万3,000円を追加、民生費におきましては社会福祉費で地域福祉センター改修工事費112万3,000円を追加、コミュニティバス運行委託料300万円を追加、農林水産業費におきまして農業費で舟本排水機場修繕に要する経費2,790万8,000円を追加、教育費におきまして教育総務費で道徳教育の実施に要する経費53万7,000円を追加、小学校でプールのトイレに扉を設置する工事費146万円を追加するものでございます。

 歳入の主なものといたしまして、8ページからになりますが、国庫支出金で53万5,000円の追加、県支出金で105万円の追加、財産収入で1,267万1,000円の追加、繰入金で3,173万6,000円の追加、前年度繰越金で697万2,000円を追加するものでございます。

 なお、5ページ、「第2表 繰越明許費補正」で事業完了が29年度になることから、農林水産業の農業用施設保全事業で2,675万2,000円の限度額をもって繰り越しさせていただくものでございます。

 次に、議案第69号平成28年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)についてでございますが、今回補正する額は、歳入歳出それぞれ5,365万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億1,799万6,000円とするものでございます。

 歳出におきましては、8ページをお願いいたします。

 平成27年度の決算確定により、第1号被保険者保険料3,030万3,000円を介護給付費準備基金へ積み立て、介護給付費及び地域支援事業の過年度返還金727万7,000円、一般会計への繰出金1,533万6,000円、給与改定による職員人件費等74万3,000円を追加するものであります。

 これに対します歳入といたしまして、職員人件費等につきましては、国庫支出金支払基金交付金、県支出金一般会計繰入金、基金繰入金を各歳入の負担割合で74万3,000円を計上し、繰越金として、平成27年度の精算分として第1号被保険者保険料3,030万3,000円、その他繰越金2,261万3,000円、合わせて5,291万6,000円を追加するものでございます。

 最後に、議案第70号平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第2号)についてでございますが、今回補正する額は、収益的支出、水道事業費用において人事院の勧告に基づく給料、職員手当及び共済費等の人件費105万5,000円を追加するものでございます。

 以上、議案第66号から議案第70号の5議案につきまして概略を御説明申し上げましたが、詳細につきまして、それぞれ担当課長から説明させていただきますので、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福田健君) 総務課長。



◎総務課長(原年史君) 失礼いたします。

 それでは、議案第66号職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第66号

 職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例について

 職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を次のとおり改正することについて議会の議決を求める。

  平成28年12月16日提出

                           早島町長 中川 真寿男

 人事院勧告に伴う早島町職員の給与等に関する条例等の一部改正案につきましては、11月臨時議会に提出して御議決をいただいてるところでございますが、本案は、地方公務員の育児休業等に関する法律及び育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律が成立したこと、及び人事院勧告を踏まえ、規定の整備及び字句の整理をするため、職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正を行うものでございます。

 それでは、1枚めくっていただきますと、改正する条例案を1ページから9ページまで添付しております。この条例改正は6条立ての条文から成っております。

 それでは、新旧対照表で主な改正について御説明をさせていただきますので、条例案の次のページをお開きください。

 右の欄が現行、左の欄が改正案で、アンダーラインの箇所が改正部分となっております。

 初めに、第1条は、平成29年1月1日から施行する職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正でございます。

 まず、第8条の2は、育児休業等の対象となる子の範囲の拡大で、特別養子縁組の監護期間中の子及び養子縁組里親に委託されている子等を加えるものであります。

 次に、第8条の4は、第8条の2の読みかえ規定に伴う改正でございます。

 次に、第11条は、休暇の種類に介護時間を新設するものであります。

 次に、第15条は、介護休暇の分割取得が可能となるもので、介護を要する一の継続する状態ごとに通算して、6月を超えない範囲で原則1回限り取得可能だったものが、3回を超えない範囲で分割取得が可能となるものでございます。

 第15条の2は、介護時間について、介護を必要とする一の継続する状態ごとに、連続する3年の期間内において介護のため1日につき2時間を超えない範囲で勤務しないことができる規定、介護時間を無給とする規定を追加するものであります。

 次に、4ページからの第2条は、平成29年4月1日から施行する職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正でございます。

 まず、第8条の2は、養子縁組里親が法定化される児童福祉法の一部改正によるもので、先ほど御説明をさせていただきました第1条の条例で改正された条文を改正するものでございます。

 次に、第8条の3は、育児、または介護を行う職員の早出、遅出勤務ができるように規定を追加するものでございます。小学校就学前の子のある職員、または小学校に就学している子の職員であって、規則で定める者は早出、遅出勤務を請求できることとなります。

 次に、7ページからの第3条は、平成29年1月1日から施行する早島町職員の育児休業等に関する条例の一部改正でございます。

 第2条の2は、育児休業等の対象となる子の範囲の拡大で、養子縁組を希望する里親に児童を委託しようとしたが、実親の同意が得られなかったため養育里親として委託されている子とするものでございます。

 第3条も、育児休業等の対象となる子の範囲の拡大による改正でございます。

 それから、第19条につきましては、介護時間を新設したことによる改正でございます。

 次に、9ページの第4条は、平成29年4月1日から施行する早島町職員の育児休業等に関する条例の一部改正でございます。先ほど3条により改正された第2条の2の条文を、養子縁組里親が法定化される児童福祉法の改正により改正するものでございます。

 次に、10ページからの第5条は、早島町職員の給与等に関する条例の一部改正でございます。

 第10条は、職員の配偶者に係る扶養手当額を月額1万3,000円から6,500円に減額し、子に係る扶養手当額を月額6,500円から1万円に増額する改正でございます。

 第11条は、第10条の改正により配偶者がいない場合にあっての扶養親族たる父母等の扶養手当の増額規定がなくなったことにより、該当部分の削除及び字句の整理を行うものでございます。

 次に、13ページからの第6条は、企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正であります。この条例は地方公営企業法第38条第4項の規定に基づき、企業職員の給与の種類及び基準を定めているものでございますが、今回の改正により早島町職員の給与等に関する条例の規定を準用することとする改定を行うものでございます。

 最後に、附則についてでございますが、改正条文に戻っていただきまして、7ページから附則を定めております。

 附則第1条で施行期日を定めておりまして、この条例は公布の日から施行する。ただし第1号に掲げる規定は平成29年1月1日から、第2号に掲げる規定は平成29年4月1日から施行するものでございます。

 附則第2条では、第1条の規定による改正前の条例の規定により、介護休暇の承認を受けた職員についての規定を定めたものでございます。ここで、1字訂正をお願いをいたします。第2条の下から4行目でございますが、「休暇等に関する条例第15号第1項に規定する指定時間」とありますのを「指定期間」、「時間」を「期間」に変えていただくようよろしくお願いをいたします。

 それから、附則第3条は、扶養手当に関する特例を定めたものでございます。

 附則第4条では、規則への委任を定めております。

 以上、議案第66号につきまして御説明を申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福田健君) 上下水道課長心得。



◎上下水道課長心得(田中幸雄君) 失礼いたします。

 それでは、議案第67号につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第67号

 早島町公共下水道条例の一部を改正する条例について

 早島町公共下水道条例(昭和61年6月28日制定)の一部を次のとおり改正することについて、議会の議決を求める。

  平成28年12月16日提出

                           早島町長 中川 真寿男

 本案につきましては、先ほど町長の提案理由にもございましたように、料金収入をもって経営を行う独立採算制を基本原則としている下水道事業の財政健全化及び一般会計からの繰入金の適正化を図るため、早島町公共下水道使用料を改定するものでございます。

 1枚めくっていただきますと、早島町公共下水道条例の一部を改正する条例がございますが、この朗読は省略させていただきまして、次の新旧対照表により御説明申し上げます。

 表の右側が現行で、左側が改正案でございます。

 今回、第22条の条文及び表中の早島処理分区使用水道料金の基本料金については、改正はございません。改正案といたしましては、超過料金1戸1カ月0立方メートルを超え8立方メートルまで18円、1戸1カ月8立方メートルを超え10立方メートルまで85円、1戸1カ月10立方メートルを超え20立方メートルまで141円、1戸1カ月20立方メートルを超え50立方メートルまで197円、1戸1カ月50立方メートルを超え500立方メートルまで251円、1戸1カ月500立方メートルを超えるもの278円に改正するものでございます。なお、流通団地処理分区については改正はございません。

 前に戻りますが、附則といたしまして、この条例の施行期日は平成29年5月1日から施行し、経過措置といたしましては、この条例による改正後の早島町公共下水道条例の規定は、平成29年6月1日以後の検針に係る使用料から適用し、平成29年6月1日前の検針に係る使用料については、なお従前の例によるものでございます。

 以上、御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。以上でございます。



○議長(福田健君) 総務課長。



◎総務課長(原年史君) 失礼いたします。

 それでは、議案第68号につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第68号

 平成28年度早島町一般会計補正予算(第4号)

 平成28年度早島町の一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ52,964千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,100,239千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  (繰越明許費の補正)

 第2条 繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」による。

  平成28年12月16日提出

                           早島町長 中川 真寿男

 それでは、3ページをお開き願います。

 「第1表 歳入歳出予算補正」のまず歳入でございますが、14款国庫支出金で53万5,000円の追加、15款県支出金で105万円の追加、16款財産収入で1,267万1,000円の追加、18款繰入金で3,173万6,000円の追加、19款繰越金で697万2,000円の追加で、補正額合計が5,296万4,000円の追加となるものでございます。

 次に、4ページの歳出でございますが、1款議会費で9万円の追加、2款総務費で1,285万5,000円の追加、3款民生費で497万4,000円の追加、4款衛生費で30万3,000円の追加、6款農林水産業費で2,826万2,000円の追加、7款商工費で8万3,000円の追加、8款土木費で47万円の追加、10款教育費で592万7,000円の追加で、補正額合計が5,296万4,000円の追加となりまして、歳入歳出総額は51億23万9,000円となるものでございます。

 次に、5ページの「第2表 繰越明許費補正」でございますが、6款農林水産業費、1項農業費の農業用施設保全事業で、今回補正予算を計上させていただきました舟本排水機場の修繕工事の完了が平成29年度になることから、2,675万2,000円の限度額をもって繰り越しをさせていただくものでございます。

 それでは、歳入歳出補正予算につきまして事項別明細により御説明を申し上げますので、8ページをお開き願いたいと思います。

 まず、2歳入につきまして御説明を申し上げます。

 14款国庫支出金、3項委託金、3目教育費委託金で53万5,000円の追加でございますが、文部科学省の道徳教育の改善・充実に係る支援事業の実施委託金でございます。

 15款県支出金、2項県補助金、1目総務費県補助金で105万円の追加でございますが、防犯カメラの設置に対する補助金でございます。

 16款財産収入、1項財産運用収入、2目利子及び配当金で57万円の追加でございますが、減債基金の預金利子でございます。

 2項財産売払収入、1目不動産売払収入で1,210万1,000円の追加でございますが、株式会社山陽新聞社等に町有地を売却した収入を計上しております。

 18款繰入金、1項基金繰入金、2目ふるさとづくり基金繰入金で640万円の追加でございますが、町制施行120周年記念事業に充当するため繰り入れをするものでございます。

 3目公共施設等整備基金繰入金で1,000万円の追加でございますが、舟本排水機場の修繕工事に充当するため繰り入れをするものでございます。

 9ページになりますが、2項特別会計繰入金、1目介護保険特別会計繰入金で1,533万6,000円の追加でございますが、前年度の実績による一般会計への返還金でございます。

 19款繰越金で697万2,000円の追加でございますが、前年度繰越金を計上いたしたものでございます。

 次に、10ページの3歳出でございます。

 11月臨時議会で御議決いただきました人事院勧告に基づく給与等の改定に伴う人件費をこのたび計上いたしております。

 1款議会費以降の各款におきまして、一般職職員の給料、超過勤務手当へのはね返り、勤勉手当、総合事務組合負担金に係る人件費を再計算し、各款に計上させていただいてございます。

 給料、負担金等は4月からの遡及適用とし、勤勉手当は12月期支給分で調整するものでございます。給与等の改定による人件費の総額といたしましては、一般会計で373万2,000円、その他扶養手当、児童手当等の変更追加が540万5,000円となっておりますが、一定の方法により算出されたものであるため、ここでは詳細説明を省略させていただきますので、あらかじめ御了承を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 それでは、2款総務費から説明をさせていただきます。

 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費において13節委託料で35万円の追加でございますが、職員採用試験の実施に伴う経費でございます。

 4目財産管理費において25節積立金で57万円の追加でございますが、歳入のところで御説明をさせていただいた減債基金預金利子をそのまま基金へ積み立てるものでございます。

 11ページになりますが、5目企画費において19節負担金補助及び交付金で、見込みの件数を上回ったため、地域集会所設置補助金64万4,000円を追加するものでございます。

 9目諸費において15節工事請負費で680万3,000の追加でございますが、防犯カメラ10基の設置工事を行うものでございます。

 12ページになりますが、3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費において15節工事請負費で112万3,000円の追加でございますが、地域福祉センター改修工事の追加工事を行うものでございます。

 2目老人福祉費において13節委託料で300万円の追加でございますが、故障対応等に対するコミュニティバスの運行委託料の追加でございます。

 13ページになりますが、6款農林水産業費、1項農業費、4目農地費において2,790万8,000円の追加でございますが、舟本排水機場の修繕工事を行うための経費でございます。

 14ページになりますが、10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費において8節報償費で36万2,000円、9節旅費で7万5,000円、11節需用費で10万円の追加でございますが、文部科学省から委託を受けて道徳教育の抜本的改善・充実に係る支援事業を実施する経費でございます。

 2項小学校費、1目学校管理費において15節工事請負費で146万円の追加でございますが、校門横のプールのトイレに扉を設置する工事を行うものでございます。

 16ページになりますが、5項社会教育費、6目町民総合会館費において1節報酬で37万7,000円の追加でございますが、非常勤職員の人件費を追加するものでございます。13節委託料で40万円の追加でございますが、特殊建築物定期調査を行うための経費でございます。

 6項保健体育費、1目保健体育総務費において10万6,000円の追加でございますが、ニュースポーツフェスティバルとしてスラックラインを行う経費の追加でございます。

 以上、議案第68号につきまして御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(福田健君) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(本郷泰宏君) 失礼いたします。

 議案第69号について御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第69号

 平成28年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)

 平成28年度早島町の介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ53,659千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,117,996千円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  平成28年12月16日提出

                           早島町長 中川 真寿男

 それでは、事項別明細書により御説明申し上げますので、8ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、歳出でございます。

 3款基金積立金、1項基金積立金、1目介護給付費準備基金積立金でございますが、平成27年度の決算により保険料相当分3,030万3,000円を積み立てるものでございます。

 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、2目償還金でございます。平成27年度の介護給付費及び地域支援事業交付金の精算に伴い、国、県へ727万7,000円を返還するものでございます。

 次に、2項繰出金、1目他会計繰出金では、平成27年度介護給付費、地域支援事業費に対する町負担分の返還金として1,250万1,000円、介護保険事業の事務費精算分として283万5,000円、合わせて1,533万6,000円を一般会計へ繰り出すものでございます。

 7款地域支援事業、1項介護予防事業費、2目1次予防事業費では、生き生き教室の報償費47万7,000円を、2項包括的支援事業・任意事業費、1目包括的・継続的ケアマネジメント支援事業費では、給与改定による職員の人件費として26万6,000円を追加するものでございます。内訳は給料9,000円、職員手当等25万6,000円、負担金補助及び交付金1,000円でございます。

 次に、6ページをお開きください。

 これに対します歳入でございます。

 3款国庫支出金、2項国庫補助金、2目地域支援事業交付金(介護予防事業)12万円、3目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)10万6,000円、4款支払基金交付金、1項支払基金交付金、2目地域支援事業支援交付金13万8,000円、5款県支出金、2項県補助金、1目地域支援事業交付金(介護予防事業)6万円、2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)5万3,000円、7款繰入金、1目一般会計繰入金、3目地域支援事業繰入金(介護予防事業)6万円、4目地域支援事業繰入金(包括的支援事業・任意事業)5万3,000円、2項基金繰入金、1目介護給付費準備基金繰入金15万3,000円で、これらは地域支援事業の報償費及び人件費の追加による費用を各歳入の負担割合で計上しております。

 次に、8款繰越金、1項繰越金、1目繰越金で5,291万6,000円で、内訳といたしましては、第1号被保険者保険料繰越金3,030万3,000円、その他繰越金2,261万3,000円でございます。

 以上、御説明申し上げましたが、御審議の上、御議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(福田健君) 上下水道課長心得。



◎上下水道課長心得(田中幸雄君) 失礼いたします。

 それでは、議案第70号につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案を朗読させていただきます。

 議案第70号

 平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第2号)

  (総則)

 第1条 平成28年度早島町の水道事業会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

  (収益的収入及び支出)

 第2条 予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を、次のとおり補正する。

  (科   目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )

支  出

 第1款 水道事業費用   163,598千円       1,055千円      164,653千円

  第1項 営業費用    156,129千円       1,055千円      157,184千円

  (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)

 第3条 予算第8条に定めた経費の金額を、次のとおり補正する。

  (科   目)    (既決予定額)    (補正予定額)    (  計  )

 (1)職員給与費       24,052千円       1,055千円      25,107千円

  平成28年12月16日提出

                           早島町長 中川 真寿男

 2ページから10ページの補正予算実施計画、キャッシュ・フロー計算書、補正予算給料明細書、水道事業貸借対照表につきましては後ほど御一読いただきまして、補正予算明細書により御説明申し上げますので、11ページをお開きください。

 平成28年度早島町水道事業会計補正予算明細書、収益的収入及び支出で、支出でございますが、1款水道事業費用、補正予定額105万5,000円の追加、1項営業費用、4目総係費、節給料で補正予定額3万1,000円の追加、節手当で96万7,000円の追加、節法定福利費で5,000円の追加、節賞与引当金等繰入額5万2,000円を追加するものでございます。

 これは早島町職員の給与等に関する条例等の改正並びに超過勤務手当等の追加に伴う人件費の補正でございます。

 以上、議案第70号について御説明申し上げました。御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(福田健君) これより質疑を行います。

 まず、議案第66号から議案第67号の2議案について質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 8番平岡守君。



◆8番(平岡守君) ちょっとお尋ねします。

 議案第67号の早島町公共下水道条例の一部を改正する条例についてでございますが、これ町民に対して説明は全く今のところはできてないんですけども、どういうふうに考えていらっしゃるのかお尋ねしたいと思いますが。よろしくお願いします。



○議長(福田健君) 上下水道課長心得。



◎上下水道課長心得(田中幸雄君) 前回の改定のときにも町民に御説明はしておりませんので、今回も御説明等は計画しておりません。

 以上でございます。



○議長(福田健君) 8番平岡守君。



◆8番(平岡守君) 前回も説明してないということで、今回もだからいいというようなことを御答弁いただいたんですけども、果たしてそれでいいのかなという感じはするんですけど。それとともに、一般会計から繰り出しているわけですから、この一般会計がここにいただいとりますが、4年間で7,366万円ほどの一般会計が助かるということなんですけど、年間約1,840万円ほどなんですけど、これをどういうふうな使途に使われる予定なのか、財源が余ってくるわけですから、余るいうたらちょっと言葉がおかしいんですけども、どのように考えてらっしゃるのか、これもお尋ねしたいと思います。



○議長(福田健君) 町長。



◎町長(中川真寿男君) 住民に説明しないということじゃなしに、広報紙とかそういうことでは丁寧に説明していきたいと考えております。それから、今御指摘の財源のことでございますが、これは福祉とか子育ての方面に使わせていただきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(福田健君) 8番平岡守君。



◆8番(平岡守君) ありがとうございます。福祉とかそのような目的に使われるということですが、その内容については、今現行では考えていらっしゃらないんですか、町長。



○議長(福田健君) 町長。



◎町長(中川真寿男君) 予算というのは、毎年度毎年度編成しておりまして、どの辺が出てくるかと、自然増というのも確かにございますし、よそを削ってもそこだけが伸びてくるようなものもありまして、それは年度年度で考えていきたいと。それで、充てるものは今申しました福祉、子育ての方面に充てていきたいというふうに考えております。



○議長(福田健君) 5番古田敬司君。



◆5番(古田敬司君) 1件、ちょっとお尋ねしたいと思うんですけど、今回改定に伴って現行1世帯当たりの平均使用料並びに今回の改定に伴って1世帯幾らぐらい上がるのか、お答え願いたいと思います。



○議長(福田健君) 上下水道課長心得。



◎上下水道課長心得(田中幸雄君) 失礼いたします。

 県等々の資料で、大体1世帯4人家族で2カ月で55トンの使用料を基準としてはじかしていただきまして、この改定によりますと、それに伴いまして大体2カ月で800円程度の増加を見込んでおります。じゃから、1カ月当たり400円ということで、ワンコイン以内の改定を今回お願いしとるところでございます。



○議長(福田健君) 5番古田敬司君。



◆5番(古田敬司君) ありがとうございます。先ほど同僚議員もちょっと話されましたけど、この料金改定に伴って、今後、来年度もほかのいろんな諸物価値上がりということも懸念されております。これに伴って今回も早島町の公共下水道につきましても一部値上がりするということも踏まえて、十分な町民への説明等々お願いしたいというふうに要望いたします。

 以上です。



○議長(福田健君) 上下水道課長心得。



◎上下水道課長心得(田中幸雄君) 御意見どうもありがとうございます。広報等々通しまして、十分周知徹底をさせていただきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(福田健君) ほかに質疑はありませんか。

 9番小池宏治君。



◆9番(小池宏治君) 9番小池宏治でございます。

 ちょっとお尋ねしたいんですけれど、水道の使用料、以前から平行線といいますか、見込まれないということと、これからの老朽化の問題、それを含めてどのようにこれをお考えになっとるのか、独立採算制をいつごろから導入していくということも含めて教えていただきたいんです。



○議長(福田健君) 町長。



◎町長(中川真寿男君) 済いません、水道でしょうか。

            (9番小池宏治君「下水道」と呼ぶ)

 下水道、32年から公会計と、3万人以上のところが。それは必置でございまして、それ以下のところもそれに見習いなさいということでございます。ですから、下水道も、目安とすれば32年を目安に公会計へ移行できるような段取りで今進んでおるということでございまして、その中で独立採算ということがうたわれておりまして、一遍には今申し上げましたように、これをしたからといって1億何がしかのお金をつぎ込んどるんが回収できるということではございませんで、おいおい順次水道の使用も低く抑えながら、節約しながらその中でできるように、また料金改定も見直しをやっていきたいと。おいおいにやっていきたいというふうに考えております。



○議長(福田健君) 9番小池宏治君。



◆9番(小池宏治君) 下水道料金も水道料金もそうなんですけれど、前が22年でしたか、改正が。それで、町長の考え方とすれば、どういう形で水道料と下水道料金の改定をこれから考えておられるのか。その場で考えるんじゃなしに定期的に改定をしていくと。倉敷市みたいに4年ごとに見直しをしていくという形がありますけれど、本町では財政的にそういう問題が出たときにやられているというふうに私は感じているんですけど、その辺はどうなんですかな。



○議長(福田健君) 町長。



◎町長(中川真寿男君) おっしゃるように、この前の全協でも少し担当のほうから説明させていただきましたように、国のほうでも3年から5年をめどに、上げる上げんじゃなしに、その間がどう移行してこれからどうなるかということを含めて、その間では私のめどの中では5年を一つのめどといたしまして、それは考えていくというふうなスタンスでやっていきたいと。だから、今よっけえお金を一般会計から繰り出すからするということじゃなしに計画的に、一つの目安として5年をめどに改定いうんですか、上げる下げる、いろんなことを含めて考えていきたいというふうに考えております。



○議長(福田健君) 9番小池宏治君。



◆9番(小池宏治君) 下水道料金というのは、ある程度負担をしていかなきゃならんというのは当然だろうと思います。一番最初に下水道料金が決められたのが平成3年なんです。そのときの1立米が960円だと思うんです。今まだ880円。もとに戻ってないんです。途中、一遍大幅に下げた時期がございましたから、本当言うと、議論の余地というのが私は不思議だなあというふうに思うんですけど、ある程度の負担をしていただかんと一般会計に影響が出てくると思いますので、その辺は今回の改定については異論はないんですけれど、やっぱり応分の負担をしていただきたい。

 それと、最初のときの改定の内容と、今回、大分低所得者の方々に配慮しておるようなやり方も見えますので、これは、私はこれでそういう形だったら問題ないんじゃないのかなというふうに思います。



○議長(福田健君) 小池議員、老朽化の問題について今答弁がまだ出てませんけど、それでいいですか。

            (9番小池宏治君「町長、答えてください」と呼ぶ)

 町長。



◎町長(中川真寿男君) 下水道の老朽化でしょうかね。おっしゃるように、平成の初めから、流通センターのほうは昭和の終わりからやっておりますから、もう25年、30年近くたっております、最初に入れた管が。それにつきまして、長期マネジメント計画というので、これからどうやって維持管理をしたらいいかというのをこれから計画的に調べまして、それに基づいて修繕なり補修なりをやっていくということで考えております。



○議長(福田健君) 9番小池宏治君。



◆9番(小池宏治君) 老朽化について調査されたことがあるのかないのか、現状で。今までに。その辺のことについて、わかれば教えていただきたいと。



○議長(福田健君) 上下水道課長心得。



◎上下水道課長心得(田中幸雄君) 失礼いたします。

 ここ5年ぐらいは調査をしておりません。それまでには定期的に清掃等々行っとりましたが、どうしてもこういったことを含めて今回料金改定をお願いしとんですが、そういった定期的な清掃、調査等も今後してまいりたいと思いますんで、こういったことで料金を上げさせていただいとります。



○議長(福田健君) ほかに質疑ございますか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 次に、議案第68号から議案第70号までの3議案について質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 3番真鍋和崇君。



◆3番(真鍋和崇君) 3番真鍋でございます。

 それでは、私から3款民生費について補正予算の質問をさせていただきたいと思います。

 12ページにあります。

 15節の工事請負費についてでございますが、社会福祉施設整備工事請負費、説明では地域福祉センターの追加工事ということでございました。追加工事について具体的な内容を教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。



○議長(福田健君) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(本郷泰宏君) お答えいたします。

 社会福祉整備工事請負費につきましては、平成29年度からの新総合事業に対応するため社会福祉協議会の1階ホール部分、玄関北側を事務所の拡張を行い、玄関南側に相談室及びミニデイサービス等に対応できる多目的室に改修するものでございます。

 当初の予定では、ホールの北側のみ仮設間仕切りパネルを設置する予定でありましたが、社会福祉協議会が業務中、利用者の方がいらっしゃるという改修工事でありましたので、防音性の高い材料を使用し、また南側の改修においても防音、粉じん防止のため間仕切りパネルを設置したためであります。また、既存のコンクリート壁の撤去により、新たに床モルタル工事の追加が主なものでありますので、今回補正をさせていただいたものでございます。

 以上です。



○議長(福田健君) 3番真鍋和崇君。



◆3番(真鍋和崇君) 御丁寧に御答弁いただきましてありがとうございます。

 先ほどの社会福祉協議会との協議でございますけれども、当年度予算のときに社会福祉協議会との十分な協議が行えてなかったという認識でよろしいでしょうか。



○議長(福田健君) 健康福祉課長。



◎健康福祉課長(本郷泰宏君) 打ち合わせは十分行っておったつもりなんですけれども、南側の改修について防音であるとか粉じんの問題、利用者の方が高齢者であったりするような関係で、そういう工事が新たに発生したというふうなことで御理解をいただきたいと思います。



○議長(福田健君) 3番真鍋和崇君。



◆3番(真鍋和崇君) わかりました。今後についてですけれども、当初計画を立てる際に十分に協議を行っていただきますように重ねてお願いを申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(福田健君) 6番佐藤智広君。



◆6番(佐藤智広君) 10款教育費の2項の小学校費、工事請負費ですね、146万円。これ、小学校のトイレなんですけども、もともとトイレは公共のトイレだということだったんですけど、出てくるとこは金はどこからでもいいんですが、小学校費として出てくるということは、将来的に小学校の施設として管理していくというふうに考えたらよろしいんでしょうか。



○議長(福田健君) 学校教育課長心得。



◎学校教育課長心得(原直秀君) 失礼いたします。

 もともと小学校の施設を地域の方に解放していたという認識であります。したがいまして、プールのトイレは小学校の施設としてこれからも対応していきたいと思っております。



○議長(福田健君) 6番佐藤智広君。



◆6番(佐藤智広君) 私の認識が間違ってたのかもしれませんね。汎用として小学校の施設を開放してたというふうなことですか。



○議長(福田健君) 学校教育課長心得。



◎学校教育課長心得(原直秀君) 小学校の施設を地域の方に開放していたということでお願いします。



○議長(福田健君) それでは、7番佐藤政文君。



◆7番(佐藤政文君) 12ページになります。2目の委託料、コミュニティバス運行委託料、この内容を少し詳しく教えてください。



○議長(福田健君) まちづくり企画課長心得。



◎まちづくり企画課長心得(安原隆治君) 失礼します。

 コミュニティバスの運行委託料ということで、このたび300万円の補正をさせていただきました。現在、町所有のバスなんですけども2台ございまして、東西にコースを設定し、町内をくまなく巡回するように運行している状況でございます。運行開始から7年が経過し、車両の修繕や突発的な故障の頻度が増加している現状でございます。

 このたびの補正でございますが、9月に発生しました車両故障によるものと、通常の自動車車検登録制度による法定検査での整備によるものが主な理由となっております。9月の車両故障につきましては、修繕に25日間要したことからその修繕に要した経費に加えまして、修繕期間中は貸し切りバスでの運行となることから、その賃料も含まれております。

 以上でございます。



○議長(福田健君) ほかに質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっています議案第66号から議案第70号については、お手元にお配りしました議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託することにしたいと思います。御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。議案第66号から議案第70号は、お手元にお配りしました議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託することに決定しました。

 お諮りします。

 議事の都合により、12月17日から12月20日までの4日間休会としたいと思います。御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、12月17日から12月20日までの4日間休会とすることに決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

 御苦労さまでした。

            午前11時4分 散会