議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 早島町

平成28年 9月定例会 09月30日−04号




平成28年 9月定例会 − 09月30日−04号







平成28年 9月定例会



              早 島 町 議 会 会 議 録

              平成28年9月30日( 金 曜 日 )

              ───────────────

              議 事 日 程 ( 第 4 号 )

午前10時開議

第1 委員長報告

    ◎ 決算審査特別委員会付託の件

     認定案第1号 平成27年度早島町一般会計歳入歳出決算について

     認定案第2号 平成27年度早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について

     認定案第3号 平成27年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算について

     認定案第4号 平成27年度早島町介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算について

     認定案第5号 平成27年度早島町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について

     認定案第6号 平成27年度早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について

     認定案第7号 平成27年度早島町水道事業会計決算について

    ◎ 総務厚生常任委員会付託の件

     議案第52号 岡山市及び早島町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議について

     議案第54号 早島町職員定数条例の一部を改正する条例について

     議案第55号 早島町一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正する条例について

     議案第57号 早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について

     議案第58号 町税条例等の一部を改正する条例について

     議案第59号 早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

     議案第60号 平成28年度早島町一般会計補正予算(第2号)総務厚生関係について

     議案第61号 平成28年度早島町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について

     陳情第8号 介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める陳情

    ◎ 建設文教常任委員会付託の件

     議案第53号 早島町空家等対策協議会設置条例の制定について

     議案第56号 非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

     議案第60号 平成28年度早島町一般会計補正予算(第2号)建設文教関係について

     議案第62号 平成28年度早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

     議案第63号 平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第1号)について

     陳情第9号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2017年度政府予算に係る意見書採択の要請について

第2 議会広報特別委員会委員長、副委員長の互選結果の報告について

第3 備南水道企業団議会議員の選挙について

第4 発議第1号 介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める意見書の提出について

第5 発議第2号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書の提出について

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第5まで

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              出  席  議  員(10名)

 1番  浅  沼  一  徳 君         2番  佐  藤  眞  治 君

 3番  真  鍋  和  崇 君         4番  松  森  京  子 君

 5番  古  田  敬  司 君         6番  佐  藤  智  広 君

 7番  佐  藤  政  文 君         8番  平  岡     守 君

 9番  小  池  宏  治 君        10番  福  田     健 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              欠  席  議  員( 0 名)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              説 明 の た め 出 席 し た 者

町長      中 川 真寿男 君        副町長     高 橋   潔 君

教育長     徳 山 順 子 君        会計管理者   兼 信   剛 君

総務課長    原   年 史 君        まちづくり企画課長心得

                                 安 原 隆 治 君

税務課長心得  原   昌 三 君        町民課長心得  森   和 彦 君

健康福祉課長  本 郷 泰 宏 君        建設農林課長  鎌   幸 嗣 君

上下水道課長心得田 中 幸 雄 君        学校教育課長心得原   直 秀 君

生涯学習課長  大 島   泰 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              事 務 局 職 員 出 席 者

局長心得    森 下   満 君        主事      藤 井 夏 樹 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜









            午前10時0分 開議



○議長(福田健君) 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は10人です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 委員長報告



○議長(福田健君) 日程第1、委員長報告を議題とします。

 決算審査特別委員会及び各常任委員会で審査を終了した諸議案全部を一括議題とします。

 委員長の報告を求めます。

 決算審査特別委員会委員長、5番古田敬司君。



◆決算審査特別委員長(古田敬司君) おはようございます。

 それでは、決算審査特別委員会報告をいたします。

 9月26日、9月27日、指名された議員8名出席のもと、認定案第1号平成27年度早島町一般会計歳入歳出決算について、認定案第2号平成27年度早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、認定案第3号平成27年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算について、認定案第4号平成27年度早島町介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算について、認定案第5号平成27年度早島町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、認定案第6号平成27年度早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について、認定案第7号平成27年度早島町水道事業会計決算について、以上7認定案は全会一致で原案のとおり認定することに決しました。

 以上です。



○議長(福田健君) 次に、総務厚生常任委員会委員長、9番小池宏治君。



◆総務厚生常任委員長(小池宏治君) おはようございます。

 総務厚生常任委員会より御報告を申し上げます。

 去る9月23日午前10時より委員5名全員出席のもと総務厚生常任委員会を開催いたしました。当委員会に付託された議案8件及び陳情1件について慎重に審議いたしました。その結果を御報告いたします。

 議案第52号岡山市及び早島町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議について、議案第54号早島町職員定数条例の一部を改正する条例について、議案第55号早島町一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正する条例について、議案第57号早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第58号町税条例等の一部を改正する条例について、議案第59号早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、議案第60号平成28年度早島町一般会計補正予算(第2号)総務厚生関係について、議案第61号平成28年度早島町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、以上8議案については原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、陳情第8号介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める陳情書については、全会一致で採択すべきものと決しました。

 以上、総務厚生常任委員会からの報告といたします。



○議長(福田健君) 次に、建設文教常任委員会委員長、3番真鍋和崇君。



◆建設文教常任委員長(真鍋和崇君) 失礼いたします。

 それでは、建設文教常任委員会から報告をいたします。

 9月23日13時30分より建設文教常任委員会委員全員出席のもと、委員会に付託されました議案5件、陳情1件について審議されました内容について御報告をいたします。

 議案第53号早島町空家等対策協議会設置条例の制定について、議案第56号非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第60号平成28年度早島町一般会計補正予算(第2号)について、議案第62号平成28年度早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、議案第63号平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第1号)については、全委員慎重に審議いたしました結果、委員全員一致で原案どおり可決すべきものと決しました。

 常任委員会審議の中で委員より出されました意見等について、若干の御報告を申し上げます。

 議案第53号ですが、空き家対策については県の条例が決まる前から実施している事業、自治体が多くあり、来年度にならないと決まらないというのは遅いのではないか。早急に独自の空き家対策ガイドラインを策定し、適切な空き家対策を実施されたい。

 また、空き地についても条例でぜひ対応していただきたいという意見が出されました。これについては、議決されれば早急に人選を行い、協議会を開催する。空き地についても対象となるという答弁でした。

 また、この条例では行政代執行まで決定できるようになるのかという意見については、法律上可能だが、協議会で責任を持ってもらうのではなく、町が責任を持って行うことになる。弁護士、司法書士、土地家屋調査士等の専門家にも協議会に参加していただき、意見をもらいながら町として決定をするという答弁でした。

 議案第56号についてですが、空家等対策協議会の委員の報酬は高いのではないかという質問が出されました。これについては、委員としての重責を果たしていただくため、都市計画等の他の審議会、協議会と同じ報酬に設定したという答弁でした。

 また、議案第60号について、災害復旧費についての内訳について説明を求める声がありました。若宮団地すずめ池公園周辺道路が雨で道路に亀裂、345万6,000円。長津地内で法定外道路雨で亀裂、216万円。早島公園ののり面が崩れる、606万8,000円であるとの答弁でした。

 また、関連して大池地内の私有地崩壊による避難指示についての状況説明を求める意見があり、所有者が行う復旧工事が完了した後、一定基準を満たしていると判断した場合、解除を行うという答弁でした。

 また、本委員会に付託されました陳情第9号教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2017年度政府予算に係る意見書採択の要請については、委員全員一致で採択すべきものと決しました。

 以上で建設文教常任委員会からの報告を終わります。



○議長(福田健君) 以上で委員長報告は終了しました。

 ただいま各委員長から報告のありました諸議案について、これより質疑を行います。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

 3番真鍋和崇君。



◆3番(真鍋和崇君) 失礼いたします。

 それでは、議案第60号平成28年度補正予算(第2号)についての総務厚生常任委員会関係のものについて、2項目に賛成することができないため、反対討論を行いたいと思います。

 まず、2款総務費、1項総務管理費の4目財産管理費についてです。14節使用料及び賃借料の中には、自動車3台のリースに係る費用が含まれております。三菱自動車の不正問題を受けて本会議では、地域経済に与える影響は大きいので、できる限りの支援をしていきたいとの答弁がありました。改めて、私は支援する方向が間違っていると申し上げたいと思います。

 悪いことをした企業を支援する、不正をしても行政が尻拭いをする、不正がばれて売れなくなっても行政が買ってくれるという、あしき前例になってしまうということを申し上げたいと思います。今大事なことは、今回の燃費不正で大きな損害を受けている関連企業が町内にいるのかどうかしっかりと把握し、再建を町が親身になって相談を行っていくこと、三菱自工に厳重に抗議を行い、しっかりと社会的責任を果たすことを求めることだと思います。もし、町役場内の車両が更新時期に来ているのであれば、支援という名目ではなく、堂々と私は更新をすればよいと思います。

 また、2款総務費、8目電子計算費についてです。これは、コンビニエンスストアでマイナンバーカードを使用しての住民票などの交付が可能になるという、新しい制度の導入を行うものが含まれています。

 本町では、今現在も、電話予約さえしていれば住民票を夜間窓口での交付も行っております。本町ではマイナンバーカードは依然として普及をしておらず、使用頻度の限られる住民票交付等での、毎年多額の経費を必要とするこのシステムの導入は、町長が常に意識しておられる費用対効果の観点からしても時期尚早と考えております。

 以上、反対討論を終わらせていただきます。



○議長(福田健君) 次に、本案に対する賛成の討論の発言を許します。

 6番佐藤智広君。



◆6番(佐藤智広君) 第4目の財産管理費ですか、これにつきましてですが、まず3台の車両ですけれども、1台が中央公民館軽トラック、平成10年式で8万7,245キロ。生涯学習課の軽トラ、平成11年13万7,829キロです。そして、タウンエース、商用ですけれども、これが平成10年式3万8,746キロ、走行距離がです。生涯学習の軽トラ以外はことし車検時で車歴も17年以上、かつ使用に当たり何らかの支障があるということでございました。結果としてこれは間違いなく更新需要であり、正当なものであると考えられます。

 軽トラはスズキよりOEMされたものであって、ミニバンは日産よりのものです。車両価格その他妥当性を鑑み、地域企業に配慮し選択したという大義名分であれば、それはよいことだと思います。私はこの意見に賛成でございます。

 以上です。



○議長(福田健君) 7番佐藤政文君。



◆7番(佐藤政文君) マイナンバーに私は賛成します。

 これは、データ管理が厳重に管理する必要がありますけども、これまでは個人情報を組織ごとにばらばらに行っていたため、年金記録にミスや漏れが起きてしまっていたと。マイナンバーの導入により、こうしたミスを予防することができる。個人の特定が容易になり、各種手続が従来よりもスムーズになる。各組織間で個人情報をやりとりする際には、データの共有や連携がスムーズになる。時間のかかる役所での作業が、マイナンバーによって大幅な時間短縮が期待できる。手間と時間がかからなければ、その分人的なミスが発生するリスクも軽減できる。コストや人員を削減できる。時間が浮いた分、公的機関のサービスが今までよりも充実したものになる可能性があるなどのメリットが考えられると思います。



○議長(福田健君) 5番古田敬司君。



◆5番(古田敬司君) 自動車等の借料35万1,000円、これにつきましては、この企業責任におきまして、先日三菱自工の会長がみずから岡山県知事並びに倉敷、総社市長を訪ね陳謝しており、この件に関しては一定の判断をすべきではないかというふうに考えます。

 さらに、今回の借料35万1,000円につきましては、リース契約は今回買いかえ時期に当たったものであり、私は賛成いたします。

 以上です。



○議長(福田健君) ほかに討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) これで討論を終わります。

 これより認定案第1号平成27年度早島町一般会計歳入歳出決算についてから認定案第7号平成27年度早島町水道事業会計決算についてまでの7認定案を一括して採決します。

 本案に対する委員長の報告は認定です。

 お諮りします。

 認定案第1号から認定案第7号までの7認定案は、委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、認定案第1号平成27年度早島町一般会計歳入歳出決算について、認定案第2号平成27年度早島町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、認定案第3号平成27年度早島町介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算について、認定案第4号平成27年度早島町介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算について、認定案第5号平成27年度早島町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、認定案第6号平成27年度早島町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について、認定案第7号平成27年度早島町水道事業会計決算については委員長の報告のとおり認定することに決定しました。

 次に、議案第60号平成28年度早島町一般会計補正予算(第2号)についてを採決します。

 この採決は起立によって行います。

 この議案に対する委員長の報告は可決です。

 議案第60号は委員長の報告のとおり可決することに賛成の方は御起立をお願いします。

            〔賛成者起立〕



○議長(福田健君) 起立多数です。したがって、議案第60号平成28年度早島町一般会計補正予算(第2号)については委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第52号岡山市及び早島町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議についてから議案第59号早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてまで及び議案第61号平成28年度早島町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてから議案第63号平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第1号)についてまでの11議案を一括して採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。

 お諮りします。

 議案第52号から議案第59号まで及び議案第61号から議案第63号までの11議案については委員長の報告のとおり可決することに異議はありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、議案第52号岡山市及び早島町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議について、議案第53号早島町空家等対策協議会設置条例の制定について、議案第54号早島町職員定数条例の一部を改正する条例について、議案第55号早島町一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正する条例について、議案第56号非常勤特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第57号早島町職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第58号町税条例等の一部を改正する条例について、議案第59号早島町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、議案第61号平成28年度早島町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、議案第62号平成28年度早島町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、議案第63号平成28年度早島町水道事業会計補正予算(第1号)については委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、陳情第8号介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める陳情を採決します。

 お諮りします。

 本件に対する委員長の報告は採択です。

 本件は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、陳情第8号介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める陳情は委員長の報告のとおり採択することに決定しました。

 次に、陳情第9号教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2017年度政府予算に係る意見書採択の要請についてを採決します。

 お諮りします。

 本件に対する委員長の報告は採択です。

 本件は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、陳情第9号教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2017年度政府予算に係る意見書採択の要請については委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議会広報特別委員会委員長、副委員長の互選結果の報告について



○議長(福田健君) 次に、日程第2、議会広報特別委員会委員長、副委員長の互選結果の報告についてを議題とします。

 互選結果を報告します。

 議会広報特別委員会委員長古田敬司君、副委員長佐藤政文君であります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 備南水道企業団議会議員の選挙について



○議長(福田健君) 次に、日程第3、備南水道企業団議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 備南水道企業団議会議員に小池宏治君及び真鍋和崇君を指名いたします。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名した小池宏治君及び真鍋和崇君を備南水道企業団議会議員の当選人として定めることに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました小池宏治君及び真鍋和崇君が備南水道企業団議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました小池宏治君及び真鍋和崇君が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 発議第1号 介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める意見書の提出について



○議長(福田健君) 日程第4、発議第1号介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 9番小池宏治君。



◆9番(小池宏治君) 発議を行います。

 発議第1号

 介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める意見書の提出について

 上記の議案を、別紙のとおり早島町議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。

  平成28年9月30日

 早島町議会議長 福 田   健 様

                    提出者 早島町議会議員 小 池 宏 治

                    賛成者    〃    平 岡   守

 〃     〃    古 田 敬 司

 〃     〃    佐 藤 智 広

 〃     〃    佐 藤 眞 治

 意見書の提出は、事務局に朗読させます。



○議長(福田健君) 事務局長心得。



◎事務局長心得(森下満君) 失礼いたします。

 それでは、意見書を朗読させていただきます。

 介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める意見書

 平成27年6月30日に「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針2015)が閣議決定され、社会保障分野の歳出を重点的に削減するため、次期介護保険制度改正に向けて、「軽度者に対する生活支援サービス・福祉用具貸与等やその他の給付について、給付の見直しや地域支援事業への移行を含め検討を行う」という方針が盛り込まれました。また、住宅改修についても原則自己負担化が財務省より意見されているところです。

 しかしながら、現行の介護保険制度による福祉用具サービスは、介護支援専門員が作成をする居宅サービス計画に基づき、福祉用具専門相談員が福祉用具サービス計画を作成し、これによって適切にサービスが提供され、高齢者自身の自立意欲を高め、介護者の負担軽減を図る極めて重要な役割を果たしています。

 仮に、福祉用具や住宅改修の利用が原則自己負担となれば、手すり、歩行器等の利用が減ることとなり、転倒、骨折等が発生しやすくなり、結果として高齢者の自立を阻害し、介護度の重度化を招くおそれがあります。また、その結果、訪問介護等の人的サービスの利用が増大し、給付費用の抑制という目的に反して、逆に給付費用の増大を招き、介護人材不足に拍車をかけることになりかねません。

 以上の理由から次期介護保険制度改正における福祉用具貸与、住宅改修の見直しにおいては、高齢者の自立を支援し介護の重度化を防ぐといった介護保険の理念に沿って、介護が必要な方の生活を支える観点から現行通り介護保険の給付対象として継続することを強く要望する。

 以上、地方自治法99条の規定により、意見書を提出する。

  平成28年9月30日

                            岡山県都窪郡早島町議会

 衆議院議長 殿

 参議院議長 殿

 内閣総理大臣 殿

 財務大臣 殿

 厚生労働大臣 殿

 以上でございます。



○議長(福田健君) 発議第1号について、これより質疑を行います。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 討論なしと認めます。

 これより発議第1号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、発議第1号介護保険制度における軽度者への福祉用具貸与及び住宅改修の継続を求める意見書の提出については原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま議決されました意見書について、字句、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、字句、その他の整理は議長に委任することに決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 発議第2号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書の提出について



○議長(福田健君) 次に、日程第5、発議第2号教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書の提出についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 3番真鍋和崇君。



◆3番(真鍋和崇君) それでは、発議第2号を提案いたします。

 発議第2号

 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書の提出について

 上記の議案を、別紙のとおり早島町議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。

  平成28年9月30日

 早島町議会議長 福 田   健 様

                    提出者 早島町議会議員 真 鍋 和 崇

                    賛成者    〃    佐 藤 政 文

 〃     〃    福 田   健

 〃     〃    松 森 京 子

 〃     〃    浅 沼 一 徳

 以上でございます。

 意見書案につきましては、議会事務局長より朗読をしていただきますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(福田健君) 事務局長心得。



◎事務局長心得(森下満君) 失礼いたします。

 それでは、朗読をさせていただきます。

 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書

 日本は、OECD諸国に比べて、1学級当たりの児童生徒数や教員1人当たりの児童生徒数が多くなっています。また、障害者差別解消法の施行にともなう障害のある子どもたちへの合理的配慮への対応、外国につながる子どもたちへの支援、いじめ・不登校などの課題など、学校をとりまく状況は複雑化、困難化しており、学校に求められる役割は拡大しています。こうしたことの解決にむけて少人数教育の推進を含む計画的な教職員定数改善が必要です。

 しかしながら、第7次教職員定数改善計画の完成後10年もの間、国による改善計画のない状況が続いています。自治体が見通しを持って安定的に教職員を配置するためには、国段階での国庫負担に裏付けされた定数改善計画の策定が必要です。一人ひとりの子どもたちへのきめ細かな対応や学びの質を高めるための教育環境を実現するためには、教職員定数改善が不可欠です。

 義務教育費国庫負担制度については、三位一体改革の中で国庫負担比率が2分の1から3分の1に引き下げられました。いくつかの自治体においては、厳しい財政状況の中、独自財源による定数措置が行われていますが、国の施策として定数改善にむけた財源保障をし、子どもたちが全国どこに住んでいても、一定水準の教育を受けられることが憲法上の要請です。

 子どもの学ぶ意欲・主体的な取り組みを引き出す教育の役割は重要であり、そのための条件整備が不可欠です。こうした観点から、2017年度政府予算編成において下記事項が実現されるよう、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

                   記

 1.子どもたちの教育環境改善のために、計画的な教職員定数改善を推進すること。

 2.教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、義務教育費国庫負担制度の負担割合を2分の1に復元すること。

  平成28年9月30日

                            岡山県都窪郡早島町議会

 内閣総理大臣 殿

 文部科学大臣 殿

 財務大臣 殿

 総務大臣 殿

 以上でございます。



○議長(福田健君) 発議第2号について、これより質疑を行います。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 討論なしと認めます。

 これより発議第2号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、発議第2号教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元に係る意見書の提出については原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま議決されました意見書について、字句、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(福田健君) 異議なしと認めます。よって、字句、その他の整理は議長に委任することに決定しました。

 以上をもって本定例会に付議された事件の審議は全部終了しました。

 この際、町長の御挨拶があります。

 町長。



◎町長(中川真寿男君) 上程いたしました認定案、議案、全て認定、議決いただきましてありがとうございました。審議の過程でいろいろな御意見もいただきました。御意見を真摯に受けとめて、これからの町政運営を行っていきたいというふうに考えております。

 また、今120周年でいろんなイベント、行事を行っております。皆さんにも参加していただきまして、120周年を一緒にお祝いをしていただけたらと考えております。

 最後になりますが、12月4日には記念の行事をゆるびの舎で行おうと今計画をしております。また後日皆様にもお知らせしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。どうもいろいろありがとうございました。



○議長(福田健君) これで平成28年9月早島町議会定例会を閉会します。

 皆さん御起立ください。

 お互いに礼。

 御苦労さまでした。

            午前10時36分 閉会







 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成  年  月  日

            早島町議会新議長







            早島町議会旧議長







            早島町議会旧副議長







            早島町議会議員







            早島町議会議員