議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 瀬戸内市

平成16年11月第1回臨時会 11月09日−01号




平成16年11月第1回臨時会 − 11月09日−01号







平成16年11月第1回臨時会



平成16年第1回臨時会



               瀬戸内市議会会議録

            平成16年11月 9日(火曜日)

            ───────────────

            出 席 議 員 ( 43名 )

     1番  松  本  和  生      2番  小 野 田     光

     3番  田  中  伸  五      4番  石  原  芳  高

     5番  松  村  敏 一 郎      6番  村  田  昭  隆

     7番  雪  吉     巧      8番  石  田  茂  樹

     9番  出  射  克  祐     10番  馬  場  政  ?

    11番  木  村     武     12番  篠  田  澄  江

    13番  小  谷  和  志     14番  守  時  敬  子

    15番  藤  本  義  光     16番  堤     幸  彦

    17番  廣  田     均     18番  日  下  敏  久

    19番  室  崎  陸  海     20番  高  田     勉

    21番  山  口     將     22番  丸  田  泰  宏

    23番  平  原  順  二     24番  久 保 木     彰

    25番  野  口     勝     26番  木  村  晴  子

    27番  谷  原  和  子     28番  木  下  哲  夫

    29番  藤  森     稔     30番  山  本  博  宣

    31番  小  橋  修  一     32番  赤  木  賢  二

    33番  片  山  住  男     34番  奥  村  隆  幸

    35番  中  村  勝  行     36番  竹  内  宣  昭

    37番  山  口  光  明     38番  柴  田     巧

    39番  井  上     勇     40番  高  原  宏  昭

    41番  木  下  一  郎     42番  石  井     隆

    43番  八  塔  豊  治

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠 席 議 員 ( 0名 )

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                説明のために出席した者

   市長職務執行者 東 原  和 郎    総務部長    田 村  弘 実

   企画部長    日 下  英 男    市民生活部長  青 山  始 正

   保健福祉部長  山 本  卓 也    産業建設部長  野 崎  一 正

   消防長     太 田  英 晴    病院事業部長  俵    作久雄

   上下水道部長  上 田    敏    牛窓支所長   山 下  卓 男

   長船支所長   小野田  和 義    教育長     石 原  昌 郎

   教育次長    佐 藤  伸 一

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

   総務部参与   木 村  末 廣    総務部総務課参事森    直 人

   総務部総務課主査森    久 子

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議 事 日 程 (第 1 号)

 平成16年11月9日午前10時0分開会

1 臨時議長紹介

2 市長職務執行者挨拶

3 仮議席の指定

4 議長の選挙

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本日の会議に付した事件

日程1から日程4まで

追加日程1 議席の指定

追加日程2 会議録署名議員の指名

追加日程3 会期の決定

追加日程4 副議長の選挙

追加日程5 発議第1号 瀬戸内市議会会議規則の制定について

追加日程6 発議第2号 瀬戸内市議会事務局設置条例の制定について

追加日程7 発議第3号 瀬戸内市議会委員会条例の制定について

追加日程8 常任委員会委員の選任

追加日程9 議会運営委員会委員の選任

追加日程10 議長の常任委員会委員の辞任

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時0分 開会



◎総務部参与(木村末廣君) 皆さんおはようございます。

 私は総務部参与議会事務担当の木村でございます。臨時議長の紹介までを進行させていただきます。あらかじめご了承のほどをお願いいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程1 臨時議長紹介



◎総務部参与(木村末廣君) それでは、日程1、臨時議長の紹介をいたします。

 本臨時会は瀬戸内市発足後初めての議会であります。議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定によって出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっています。本日ご出席の議員さんの中で年長の議員さんは八塔豊治議員さんでありますので、ご紹介申し上げます。

 八塔豊治議員、議長席にご着席願います。



○臨時議長(八塔豊治議員) ただいま紹介をいただきました八塔豊治でございます。規定によって臨時に議長の職務を行います。

 ただいまの出席議員は全員でございます。定数に達しております。ただいまから平成16年第1回瀬戸内市議会臨時会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 お諮りいたします。

 議事の進行につきましては、瀬戸内市議会規則がまだ公布されておりませんので、今議会に発議第1号で提案される瀬戸内市議会会議規則案に準じて進行いたしたいと思っております。これについてご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(八塔豊治議員) 異議なしと認めます。よって、これより議事の進行につきましては、瀬戸内市議会会議規則案によって進めていきます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程2 市長職務執行者挨拶



○臨時議長(八塔豊治議員) ここで市長職務執行者から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 東原市長職務執行者。

            〔市長職務執行者 東原和郎君 登壇〕



◎市長職務執行者(東原和郎君) 皆さんおはようございます。

 本日ここに合併後初の第1回瀬戸内市議会臨時会の開会に当たりまして発言を許されましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位におかれましては、大変ご多用の中全員おそろいでご出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 先週月曜日、すなわち平成16年11月1日、邑久郡3町が合併いたしまして、4万市民期待の中で瀬戸内市が誕生、歴史的な第一歩を歩み始めました。3町による合併論議がスタートとしておよそ3年と半、こうして未来に向かっての船出の時を迎えましたこと、議会の皆様方を初め、地域住民の方々のご理解とご協力の結果であり、ここに改めて心から感謝を申し上げる次第でございます。

 おかげさまで合併当日から特にトラブルもなく、順調に新市の出発ができ、市民の皆様方に大きなご迷惑をおかけすることなく、スムーズにスタートすることができました。大変ありがたく思っておるところでございます。今後この合併の効果を最大限に発揮し、住民各位の期待にこたえ、一方ご不安もお持ちだろうと思いますけれども、それを最小限にとどめ、職員一丸となって住民サービスの充実強化に努めなければならないと思っております。議会の皆様方におかれましても、安心、安全で、幸せが実感できる活力ある新市建設のため格別のご理解とご協力を賜りますようにお願いを申し上げる次第でございます。

 さて、本臨時会に執行部からご提案申し上げます案件につきましては、既にご案内のとおり新市スタートに当たって必要とする条例、予算等、専決処分をさせていただきましたものにつきましてご承認をいただくそういうものでございますが、どうぞ速やか、かつ適切なご決定を賜りますようにお願い申し上げます。

 なお、大変申しおくれて恐縮でございますけれども、私新市市長が誕生いたすまでの短い間でございますが、市長職務執行者としてその任に当たらせていただきます。東原和郎でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 また、本日の議会に執行部より出席させていただいております関係の者、皆様方のお手元にその席次表がございますけれども、私の方からそれぞれ紹介をさせていただきたいというふうに思います。

 議員の皆様方から向かって左側前列暫定教育委員会教育長の石原昌郎でございます。続きまして、教育次長の佐藤伸一でございます。次が、保健福祉部長、福祉事務所長の山本卓也でございます。一番向こうが産業建設部長の野崎一正です。前列、皆様方から右手の方向でございますが、私の隣ですが、総務部長の田村弘実でございます。続いて、企画部長の日下英男でございます。続いて、市民生活部長の青山始正でございます。その後ろの右手の方でございますが、まず最初は、上下水道部長の上田敏でございます。次は、病院事業部長の俵作久雄でございます。一番右手が、消防長の太田英晴でございます。そして、左手でございますが、牛窓支所長の山下卓男でございます。続いて、長船支所長の小野田和義でございます。それから、先ほど冒頭に発言ございましたけれども、議会事務局が正式に設置されますまで、総務部参与として議会事務担当でございます木村末廣でございます。

 以上、紹介させていただきました。どうぞ今後ともよろしくお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども、一言ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○臨時議長(八塔豊治議員) ありがとうございました。

 次の日程に入ります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程3 仮議席の指定



○臨時議長(八塔豊治議員) 日程3、仮議席の指定を行います。

 仮議席はただいま着席の議席といたします。

 次の日程に入ります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程4 議長の選挙



○臨時議長(八塔豊治議員) 日程4、議長の選挙。

 議事の都合により暫時休憩をいたします。再開はベルで合図いたします。

            午前10時7分 休憩

            午後1時13分 再開



○臨時議長(八塔豊治議員) それでは、再開をいたします。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これから議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入り口を閉めてください。

            〔議場閉鎖〕



○臨時議長(八塔豊治議員) ただいまの出席議員は43人でございます。

 次に、立会人を指名いたします。

 立会人に仮議席番号1番松本和生議員、2番小野田光議員を指名いたします。

 これから投票用紙を配ります。

            〔投票用紙配付〕



○臨時議長(八塔豊治議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(八塔豊治議員) 配付漏れないと認めます。

 投票箱の点検をいたします。

            〔投票箱点検〕



○臨時議長(八塔豊治議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、総務部参与が議席番号と氏名を読み上げます。議長席に向かって右側より回り、演壇の投票箱に順番に投票をお願いをいたします。

            〔職員点呼、投票〕



○臨時議長(八塔豊治議員) 投票漏れはありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(八塔豊治議員) 投票漏れないと認めます。

 投票を終了いたします。

 開票を行います。

 立会人は開票の立ち会いをお願いいたします。

            〔開  票〕



○臨時議長(八塔豊治議員) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 43票

 有効投票 43票

 無効投票 0票

 有効投票中

  石井 隆議員 13票

  木下一郎議員 10票

  赤木賢二議員 8票

  柴田 巧議員 7票

  八塔豊治議員 5票

 以上のとおりでございます。この選挙の法定得票数は有効投票の4分の1以上得票を要することになっておりますので、11票でございます。したがいまして、最多得票の石井隆議員が議長に当選されました。

 議場の出入り口を開いてください。

            〔議場開鎖〕



○臨時議長(八塔豊治議員) ただいま議長に当選されました石井隆議員が議場におられますので、当選の告知といたします。

 石井隆議員、登壇し、ごあいさつをお願いをいたします。



○議長(石井隆議員) 石井隆でございます。先ほどは皆様方のご支援で新しい新瀬戸内市議会の初代議長を務めさせていただくことになりました。立候補のごあいさつでお話ししましたように、執行部と議会は両輪とはいえ、立場は違います。同じ住民から選ばれながら、執行者のいろんな提案されたこと、その他、チェックする機関が私たちに課せられた使命です。在任特例、来年の5月まで残り短ではございますが、旧長船、旧邑久、旧牛窓という垣根を私たち議員からまず取り払って、そしてなるべく早い時期に新瀬戸内市民、市民全体が融合できるような、そういう状況になるよう私たち議会から率先して努めていかなきゃならない、皆さん方のこれからの議会運営に対するご協力、心からお願い申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○臨時議長(八塔豊治議員) これで私の職務は全部終了いたしました。ご協力ありがとうございました。

 石井隆議長、議長席にお願いいたします。

            〔新議長、議長席に着く〕



○議長(石井隆議員) お諮りをいたします。

 これから10分間休憩をいたします。よろしくお願いいたします。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

            午後1時38分 休憩

            午後1時48分 再開



○議長(石井隆議員) 再開いたします。

 これより私が議長の職務を務めさせていただきます。よろしくお願いしたいと思います。

 それでは、これから追加いたしました本日の議事日程により議事の進行を行います。

 早速日程に入ります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程1 議席の指定



○議長(石井隆議員) 日程1、議席の指定でございます。

 これから議席の指定を行います。

 議席は、ただいまご着席のとおりを指定いたします。

 次の日程に入ります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程2 会議録署名議員の指名



○議長(石井隆議員) 日程2、会議録署名議員の指名をいたします。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、1番松本和生議員、2番小野田光議員を指名いたします。

 次の日程に入ります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程3 会期の決定



○議長(石井隆議員) 日程3、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りをいたします。

 本臨時会の会期は、本日から11月11日までの3日間にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。したがって、本臨時会の会期は、本日から11月11日までの3日間に決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程4 副議長の選挙



○議長(石井隆議員) 日程4、副議長の選挙を行います。

 暫時休憩いたします。

            午後1時52分 休憩

            午後1時55分 再開



○議長(石井隆議員) 再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 これから副議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入り口を閉鎖してください。

 よろしいですか。

            〔議場閉鎖〕



○議長(石井隆議員) ただいまの出席議員は43名です。

 次に、立会人を指名いたします。

 立会人に1番松本和生君、2番小野田光君を指名いたします。引き続きお願いします。

 これから投票用紙を配ります。

            〔投票用紙配付〕

            (「議長、ちょっと待って」と呼ぶ者あり)



○議長(石井隆議員) 休憩いたします。

            午後1時57分 休憩

            午後1時59分 再開



○議長(石井隆議員) 再開いたします。

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 配付漏れなしと認めます。

 片山議員、着席をお願いします。

 投票箱の点検をいたします。

 事務局。

 ご確認をお願いします。

            〔投票箱点検〕



○議長(石井隆議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 念のため申し上げますが、投票は単記無記名でございます。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、総務部参与が議席番号と氏名を読み上げますので、議長席に向かって右側より回り、演壇の投票箱に順番に投票願います。

 総務部参与、氏名点呼をお願いします。

            〔職員点呼、投票〕



○議長(石井隆議員) 投票漏れはございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) これで投票を終了いたします。

 開票を行います。

 立会人は開票の立ち会いをお願いいたします。

            〔開  票〕

            (17番廣田 均議員「17番廣田ですが、開票の件はちょっとゆっくり、ちょっと早口なんで」と呼ぶ)



○議長(石井隆議員) はい、わかりました。

 大変お待たせいたしました。

 立会人の方、ご苦労さまでございました。

 それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 43票

 有効投票 42票

 無効投票 1票

 有効投票中

  木下一郎議員 11票

  柴田 巧議員 7票

  八塔豊治議員 4票

  赤木賢二議員 4票

  日下敏久議員 3票

  木村晴子議員 3票

  谷原和子議員 2票

  奥村隆幸議員 2票

  山口光明議員 2票

  木下哲夫議員 1票

  藤森 稔議員 1票

  高田 勉議員 1票

  野口 勝議員 1票

 以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は有効投票の4分の1以上得票を要することになっておりますので、11票でございます。したがいまして、最多得票の木下一郎議員が副議長に当選されました。

 議場の出入り口を解除してください。

            〔議場開鎖〕



○議長(石井隆議員) ただいま副議長に当選されました木下一郎議員が議場におられますので、当選の告知をいたします。

 木下一郎議員、登壇し、ごあいさつを願います。



○副議長(木下一郎議員) ただいまの選挙におきまして私が副議長の職につくことになりました。今後は議長の女房役としてその責務を全うしたいと思っておりますので、議員の皆さん方には今後のご協力、ご支持を切にお願いを申し上げ、まことに簡単ではございますが、副議長就任のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○議長(石井隆議員) ありがとうございました。

 以上で日程第4を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程5 発議第1号 瀬戸内市議会会議規則の制定について



○議長(石井隆議員) 日程5、発議第1号瀬戸内市議会会議規則の制定についてを議題といたします。

 本案について趣旨説明を求めます。

 提案者の木下一郎議員お願いいたします。演壇にお願いします。



◆41番(木下一郎議員) それでは、お手元に配付されております発議第1号瀬戸内市議会会議規則の趣旨説明を行います。

 本議案は、議員3名の賛同を得まして、会議規則第14条の規定により提出をいたします。平成16年11月1日に瀬戸内市が設置されましたが、瀬戸内市議会にはまだ会議規則が制定されておりません。地方自治法第120条で、普通地方公共団体の議会は会議規則を設けなければならないことになっておりますので、議会を円滑、かつ効果的に、効率的に運営するためご賛同賜りますようお願いを申し上げます。

 以上、趣旨説明といたします。



○議長(石井隆議員) ありがとうございました。

 これより質疑を行います。

 質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を打ち切ります。

 次に、この発議第1号は会議規則第37条第2項の規定によって委員会付託を省略することにしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。したがって、委員会付託を省略いたします。

 これから討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を許します。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を打ち切ります。

 それでは、発議第1号瀬戸内市議会会議規則の制定についてを採決いたします。

 原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(石井隆議員) 全員賛成でございますので、原案どおり決定をいたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程6 発議第2号 瀬戸内市議会事務局設置条例の制定について



○議長(石井隆議員) 日程6、発議第2号瀬戸内市議会事務局設置条例の制定についてを議題といたします。

 本案について趣旨説明を求めます。

 提案者の藤森稔議員、演壇へお願いいたします。



◆29番(藤森稔議員) それでは、お手元に配付しております発議第2号瀬戸内市議会事務局設置条例の趣旨説明を行います。

 本議案も、議員3名の同意を得まして、会議規則第14条の規定により提出いたします。地方自治法第138条第2項で、市町村議会に条例の定めるところにより事務局を置くことができるとされております。瀬戸内市議会はぜひとも事務局を設置したいと思いますので、ご賛同賜りたくお願い申し上げます。

 以上で説明を終わります。



○議長(石井隆議員) ありがとうございました。

 これより質疑を行います。

 質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を打ち切ります。

 発議第2号は会議規則第37条の第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。したがって、委員会付託を省略いたします。

 これから討論を行います。

 原案に反対の方の発言を許可いたします。

 ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を打ち切ります。

 それでは、発議第2号瀬戸内市議会事務局設置条例の制定についてを採決いたします。

 原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(石井隆議員) 全員賛成でございますので、原案どおり可決決定をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程7 発議第3号 瀬戸内市議会委員会条例の制定について



○議長(石井隆議員) 日程7、発議第3号瀬戸内市議会委員会条例の制定についてを議題といたします。

 本案についての趣旨説明を求めます。

 提案者の山本博宣議員、演壇へお願いします。



◆30番(山本博宣議員) それでは、お手元に配付されております発議第3号瀬戸内市議会委員会条例の趣旨説明を行います。

 本議案も、議員3名の賛同を得ておりまして、会議規則第14条の規定により提出をいたします。地方自治法第109条第1項、第109条の2の第1項及び第110条第1項で、普通地方公共団体の議会は条例で常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会を置くことができるとされております。市議会ともなりますと、事務に関する調査、議案や請願等の審査件数も多数が見込まれます。議会を円滑、かつ効率的に運営するため、賛同賜りますようお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(石井隆議員) これより質疑を行います。

 質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を打ち切ります。

 発議第3号は会議規則第37条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 討論なしと認めます。

 討論を打ち切ります。

 それでは、発議第3号瀬戸内市議会委員会条例の制定についてを採決いたします。

 原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(石井隆議員) 全員賛成でございますので、原案どおり可決決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程8 常任委員会委員の選任



○議長(石井隆議員) 日程8、常任委員会委員の選任を行います。

 この件につきましては、資料としてお手元に配付しておりますとおり、総務常任委員会は委員定数11人、民生常任委員会は委員定数11人、産業建設水道常任委員会は委員定数10人、文教常任委員会は委員定数11人、合計43人となっております。

 お諮りいたします。

 この4つの常任委員会の委員の選任は、委員会条例第8条第1項の規定によって議長が指名することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。

 それでは、指名いたします。議席順により指名いたします。

 総務常任委員会委員は、馬場政?議員、篠田澄江議員、堤幸彦議員、室崎陸海議員、丸田泰宏議員、平原順二議員、谷原和子議員、片山住男議員、中村勝行議員、井上勇議員、石井隆議員、以上11名でございます。

 続きまして、民生常任委員会委員は、田中伸五議員、石原芳高議員、雪吉巧議員、高田勉議員、久保木彰議員、木村晴子議員、木下哲夫議員、山本博宣議員、小橋修一議員、竹内宣昭議員、木下一郎議員、以上の11名であります。

 産業建設水道常任委員会委員は、松本和生議員、村田昭隆議員、石田茂樹議員、木村武議員、藤本義光議員、廣田均議員、日下敏久議員、奥村隆幸議員、高原宏昭議員、八塔豊治議員、以上の10名でございます。

 文教委員会委員は、小野田光議員、松村敏一郎議員、出射克祐議員、小谷和志議員、守時敬子議員、山口將議員、野口勝議員、藤森稔議員、赤木賢二議員、山口光明議員、柴田巧議員、以上の11名でございます。

 お諮りいたします。

 常任委員会委員はただいま指名いたしましたとおり決定することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。

 常任委員会委員はただいま指名しましたとおり選任することに決定いたしました。

 これより常任委員会の委員長及び副委員長の互選を行っていただきたいと思います。

 総務委員会と産業建設水道委員会は、隣の牛窓支所の3階大会議室。繰り返します。総務委員会と産業建設水道委員会は、隣の牛窓支所の3階大会議室。民生委員会と文教委員会は、同じく牛窓支所の3階中会議室、民生委員会と文教委員会は、同じく牛窓支所の3階中会議室を使用していただきたいと思います。

 なお、委員会条例第10条の第2項の規定により委員長が互選されるその間は年長の議員が委員長の職務を行うことになっておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。おわかりでしょうか。

 そして、この後の日程にございますが、各常任委員会で議会運営委員会委員、候補者2人をついでに決めていただきたいと思いますし、また議会広報編集特別委員会委員、各委員会2人、これも委員会開催時に同時に決定をお願いしていただいたらありがたいと思います。

 それでは、暫時休憩いたします。

            午後2時36分 休憩

            午後3時9分 再開



○議長(石井隆議員) 再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各常任委員長及び副委員長が決定いたしましたので、ご報告をいたします。

 総務委員会委員長に片山住男議員、副委員長に中村勝行議員、民生委員会委員長、山本博宣議員、副委員長小橋修一議員、産業建設水道委員会委員長に奥村隆幸議員、副委員長に日下敏久議員、文教委員会委員長に赤木賢二議員、副委員長に小谷和志議員、以上のとおりでございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程9 議会運営委員会委員の選任



○議長(石井隆議員) 日程9、議会運営委員会委員の選任を行います。

 議会運営委員の選任は委員会条例第8条第1項の規定によって議長が指名することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。

 それでは、順不同にて指名をいたします。

 木下一郎議員、谷原和子議員、平原順二議員、木下哲夫議員、石原芳高議員、八塔豊治議員、奥村隆幸議員、山口光明議員、藤森稔議員、以上の9名を指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。したがって、議会運営委員はただいま指名したとおり選任することに決定いたしました。

 なお、議会運営委員に選ばれた、指名された皆さんは、本日議会散会後、運営委員会を開いていただいて、明日委員長、副委員長についての報告をしていただきたいと思います。

 次の日程に入ります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程10 議長の常任委員会委員の辞任



○議長(石井隆議員) 日程10、議長の常任委員会委員の辞任の件ですが、私石井隆は現在総務委員会委員になっておりますが、辞任を許可していただきたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石井隆議員) 異議なしと認めます。したがって、議長石井隆議員は総務委員会委員から辞任をさせていただくことになりました。

 なお、先ほど編集特別委員会の委員を各委員会で決めていただいて、事務局の方に報告いただいておりますが、これは本臨時会の3日目に他の特別委員会とともに設置をしたいと思いますので、その際にはよろしくお願いしたいと思います。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもちまして散会といたします。

 なお、これより議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選をしたいと思いますので、議会運営委員はこの福祉センター3階の講義室へご参集くださるようお願いをいたしました。

 本日は大変ご苦労さまでした。ありがとうございました。

            午後3時15分 散会