議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 備前市

平成26年11月第6回定例会 12月05日−04号




平成26年11月第6回定例会 − 12月05日−04号







平成26年11月第6回定例会



              第 6 回 定 例 会 会 議 録 (第4号)



会議開閉日時   平成26年12月5日  午前9時30分 開議    午前9時51分 散会



会議の場所    備前市役所議場



出席した議員の番号氏名

  1番  森 本 洋 子      3番  山 本   成      4番  西 上 徳 一

  5番  立 川   茂      6番  星 野 和 也      7番  鵜 川 晃 匠

  8番  守 井 秀 龍      9番  尾 川 直 行      10番  山 本 恒 道

  11番  掛 谷   繁      12番  田 原 隆 雄      13番  川 崎 輝 通

  14番  橋 本 逸 夫      15番  津 島   誠      16番  田 口 健 作



欠席・遅参・早退した議員の番号氏名

  欠席 2番 石原和人  遅参 なし  早退 なし



説明のため出席した者の職氏名

  市長     吉 村 武 司  副市長    武 内 清 志  教育長    小 林 ? 子

  市長室長   谷 本 隆 二  総合政策部長 藤 原 一 徳  市民生活部長 有 吉 隆 之

  保健福祉部長 金 光   亨  福祉事務所長 横 山 雅 一  まちづくり部長高 橋 昌 弘

  日生総合支所長星 尾 靖 行  吉永総合支所長森 本 和 成  教育次長   末 長 章 彦

  病院総括事務長森 脇   博



職務のため議場に出席した議会事務局職員

  事務局長   草 加 成 章  事務局次長  入 江 章 行  議事係長   石 村 享 平

  議事係主査  青 木 弘 行





△議事日程並びに付議事件(結果)


番号議事日程付議事件等結果

質疑
・通告一覧表のとおり
議案委員会付託
・付託案件表のとおり
議案第108号 備前市小児医療費給付条例等の一部を改正する条例の制定について厚生文教付託
議案第109号 備前市水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について総務産業付託
議案第110号 備前市立幼稚園児預かり保育条例等の一部を改正する条例の制定について厚生文教付託
議案第111号 備前市学校教育振興基金条例の制定について厚生文教付託
議案第112号 備前市保育の必要性の認定基準に関する条例の制定について厚生文教付託
議案第113号 備前市防犯カメラの設置及び運用に関する条例の制定について総務産業付託
議案第120号 平成26年度備前市一般会計補正予算(第6号)予算決算審査付託
議案第121号 平成26年度備前市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)厚生文教付託
議案第122号 平成26年度備前市土地取得事業特別会計補正予算(第2号)総務産業付託
議案第123号 平成26年度備前市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)厚生文教付託
議案第124号 平成26年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)厚生文教付託
議案第125号 平成26年度備前市飲料水供給事業特別会計補正予算(第2号)総務産業付託
議案第126号 平成26年度備前市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)総務産業付託
議案第127号 平成26年度備前市水道事業会計補正予算(第3号)総務産業付託
議案第128号 平成26年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第2号)厚生文教付託
議案第129号 財産の取得について厚生文教付託
2請願上程(紹介)
請願委員会付託
・請願文書表のとおり
請願第 2号 「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」採択についての請願総務産業付託
請願第 3号 赤穂市福浦地区に計画している産業廃棄物最終処分場を中止する請願総務産業付託
請願第 4号 ヘルスパ日生の存続を求める請願厚生文教付託






△質疑通告一覧表


案   件
  通告者氏名通    告    事    項答 弁 者
議案第111号 備前市学校教育振興基金条例の制定について
  10番
山本恒道P68〜

? 基金設置の理由は

? 複数年度に渡り執行する理由は、また何に使うのか

? 岡山県からの使用制限はないのか

? 活用計画の内容について

? 今後、事業について改善を申し入れる考えはないか教育次長
議案第120号 平成26年度備前市一般会計補正予算(第6号)
  10番
山本恒道 〇 教育費

P36  小学校費   学校管理費   需用費

    〃       〃     工事請負費

    〃       〃     備品購入費教育次長






△委員会付託案件表


付託委員会議案番号付託案件
総務産業議案第109号備前市水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第113号備前市防犯カメラの設置及び運用に関する条例の制定について
議案第122号平成26年度備前市土地取得事業特別会計補正予算(第2号)
議案第125号平成26年度備前市飲料水供給事業特別会計補正予算(第2号)
議案第126号平成26年度備前市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)
議案第127号平成26年度備前市水道事業会計補正予算(第3号)
厚生文教議案第108号備前市小児医療費給付条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第110号備前市立幼稚園児預かり保育条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第111号備前市学校教育振興基金条例の制定について
議案第112号備前市保育の必要性の認定基準に関する条例の制定について
議案第121号平成26年度備前市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)
議案第123号平成26年度備前市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)
議案第124号平成26年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
議案第128号平成26年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第2号)
議案第129号財産の取得について
予算決算審査議案第120号平成26年度備前市一般会計補正予算(第6号)






△請願文書表


付託委員会受理番号要 旨提  出  者紹介議員
受理年月日
総務産業請願第2号
「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」採択についての請願
岡山市北区春日町5-6
岡山県労働組合会議立川 茂
26. 8.29
請願第3号赤穂市福浦地区に計画している産業廃棄物最終処分場を中止する請願
備前市日生町日生801-4

日生町漁業協同組合

 代表理事組合長 淵本重廣橋本逸夫
26.11.18
厚生文教請願第4号
ヘルスパ日生の存続を求める請願東京都江東区大島一丁目2番1号

公益財団法人 体力つくり

指導協会

 理事長 小室博行外4名田原隆雄
26.11.18






     午前9時30分 開議



○議長(田口健作君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席は15名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 日程1、これより議案の質疑を行います。

 通告に従い、発言を許可いたします。

 まず、議案第108号から議案第110号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第108号から議案第110号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第111号備前市学校教育振興基金条例の制定についての質疑を行います。

 山本恒道議員の質疑を願います。

 10番山本議員。



◆10番(山本恒道君) それでは、学校振興基金についてお尋ねいたします。

 基金とした理由は何なんでしょうか。複数年度にわたる理由は、何に使われるのか。使い方を岡山県から制限はされていないのか。活用計画を出すとのことですが、その内容を説明いただきたい。

 今後も事業について改善の申し入れをする考えはないのか。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 末長教育次長。



◎教育次長(末長章彦君) おはようございます。

 それでは、山本議員の質疑にお答えいたします。

 まず、基金とした理由及び複数年度にわたる理由と購入品目についてまとめてお答えいたします。

 基金とした理由でございますが、御承知のとおり頑張る学校応援事業で備前中学校が優良実践校に選ばれ、応援費100万円が交付されることになりました。備前中学校に交付方法や活用希望を聞き取ったところ、原則どおり市を経由するほうが学校として安心感があること、また応援費の100万円を単年度執行ではなく、複数年にわたり活用したいとの希望が出されました。今回、その希望を実現するために基金を設置するものであります。

 応援費の使い道といたしましては、備前中学校では生徒会活動の横断幕やたすき、消耗品などの需用費、図書等の備品購入費、先進校視察のための旅費を予定しております。

 それから、使途に対する県の制限についてでありますが、実施要綱において教材、教具の開発整備、教員の先進校視察、外部講師招聘などの経費など、優良実践校の取り組みのさらなる充実に資するための経費と規定されております。

 次に、活用計画についてでございますが、これはもう既に提出しておりますが、計画書は2つに分かれておりまして、今後さらに充実させたい取り組み、それと応援費の活用計画から構成されております。

 さらに、充実させたい取り組みではわかる授業の実践など落ちついた学習環境の確保、生徒会活動の活性化、学校支援地域本部の充実、こういうものを上げております。

 応援費の活用計画では、先ほど申しました購入したい品目と予算額を計上しております。

 最後、本事業の改善の申し入れについてでございますが、県からは平成28年度まで本事業を実施すると聞いております。優良実践校の選定については引き続き公正公平な選定をお願いしてまいります。

 以上であります。



○議長(田口健作君) よろしいか──山本議員の再質疑を願います。

 10番山本議員。



◆10番(山本恒道君) うちの孫も伊里中へおるんですけど、そこで聞いとる話では、ないしょの話か、教育委員会だけの話かわからんのですけど、伊里が一番よかったように子供らは言うんですけど。それで、備前中へというたら、子供が聞かんことじゃからええんじゃろうけど、この間の30日ごろやったかな。御飯食べにいこうやというたら、いや月曜日に試験が最後、もう試験済んだ思うて私は思うとったから、金曜日に。ほんなら、試験勉強があるから行かれんというて。へえで、日曜日というたらもうまだ行かれん、試験があるからというて。余りしょうた子じゃねえけど、やはり校長先生が上のほうで、ここでそないな話はずっと前に出とって、しゃあからテレビで出たりして伊里中の子はマナーがええとかなんとかというたりするようなの、側から聞いとりますから、そねえなんでこないなんがわかったらショックじゃねえんじゃろうけど、びっくりするんじゃねえん。わからんからええけど。どんなんですな、そこら周りの選択というんか。



○議長(田口健作君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 末長教育次長。



◎教育次長(末長章彦君) ありがとうございます。非常に中学生が自分の学校の取り組みを誇りに思うというのはすばらしいことだと思います。結果、1校しか選定にはなっていないということでありますが、それぞれに生徒が自分の学校を誇りに思い、自分たちの取り組みに自信を持てる、そういうのがどんどん広がることがすばらしいことだと思っております。お話ありがとうございました。



○議長(田口健作君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第111号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第112号及び議案第113号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第112号及び議案第113号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第120号平成26年度備前市一般会計補正予算(第6号)の質疑を行います。

 山本恒道議員の質疑を願います。

 10番山本議員。



◆10番(山本恒道君) それでは、議案第120号平成26年度備前市一般会計補正予算(第6号)について質問いたします。

 この紫外線に対する対応が必要になった理由、また今まで問題はなかったのか、何か問題があったのか。今回が初めての対応なのか。ほかの学校の対応を行う必要があるのではないか。紫外線量の基準はどうか。基準があるのであればどんな影響があるのか、教えていただきたい。

 以上です。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 末長教育次長。



◎教育次長(末長章彦君) それでは、山本議員の質疑にお答えいたします。

 紫外線に対して過敏に反応し、配慮を要する児童への対応のための措置でございます。個人が特定される詳細についてはお答えすることが困難であることを御理解いただきたいと思います。

 これは紫外線に対する措置を講ずる必要のある児童が来春入学する可能性があるため、その児童を守るための施設整備の工事費でございます。このような対応をするのは今回が初めてとなっております。

 入学が決定すれば、来春の入学までに施設整備工事を完了する必要があることから、本補正予算に計上しております。

 以上です。



○議長(田口健作君) よろしいか──(はい)

 山本議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第120号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第121号から議案第129号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第121号から議案第129号についての質疑を終結いたします。

 以上で全議案に対する質疑が終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) これより議案の委員会付託を行います。

 お手元に配付いたしております委員会付託案件表をごらん願います。

 ただいままでに上程されております議案は、既に審議を終えたものを除き委員会付託案件表に記載のとおり、各常任委員会に付託することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員会付託案件表のとおり付託いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 日程2、請願の上程を行います。

 本定例会までに受理した請願についてはその要旨を印刷し、請願文書表とあわせてお手元に配付いたしておりますので、ごらん願います。

 それでは、請願第2号から請願第4号については請願文書表に記載のとおり各常任委員会に付託いたします。

 なお、備前市議会の申し合わせにより紹介議員からの紹介を行います。

 まず、請願第2号「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」採択についての請願についての紹介を願います。

 5番立川議員。

     〔5番 立川 茂君 登壇〕



◆5番(立川茂君) 皆さん、おはようございます。

 それでは、請願第2号「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」採択についての請願を御紹介させていただきます。

 請願者は、岡山県労働組合会議花田雅行氏、紹介者は立川でございます。

 特定秘密保護法は、昨年12月6日に参議院で強行採決され、成立したものです。この法律では、対象となる情報を政府が特定秘密と一方的に指定することとされており、国民の知る権利が大幅に制限されております。基本的人権が著しく侵害されることなどが懸念されることから、広範な国民各層より法案への批判が高まり、廃案、慎重審議を求める声が多かったものです。いま一度、慎重な議論の必要性を感じることから、国に対して特定秘密保護法の廃止を求める意見書を提出しようとするものでございます。

 参考としまして、この12月10日施行予定でございますが、特定秘密は指定19機関で約46万件、内訳は内閣官房が約35万3,000、防衛が4万5,000、外務2万2,000が上位を占めております。

 何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げまして、請願の紹介とさせていただきます。

 なお、詳しい趣旨についてはお手元の請願文書表をごらんください。

 以上です。ありがとうございます。



○議長(田口健作君) 請願第2号についての紹介が終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、請願第3号赤穂市福浦地区に計画している産業廃棄物最終処分場を中止する請願についての紹介を願います。

 14番橋本議員。

     〔14番 橋本逸夫君 登壇〕



◆14番(橋本逸夫君) おはようございます。

 それでは、請願第3号赤穂市福浦地区に計画している産業廃棄物最終処分場を中止する請願につきまして、趣旨を説明をさせていただきます。

 請願者は、備前市日生町日生801−4、日生町漁業協同組合代表理事組合長淵本重廣でございます。紹介議員は、私橋本でございます。

 請願の要旨につきましては、冒頭申し上げましたとおりでございますが、請願の趣旨につきましては付記のとおりでございます。ただ1点、皆様方に申し上げておきたいのは、この赤穂市の福浦地区に建設予定の、建設が計画されております産業廃棄物の最終処分場の地先は、日生町漁業協同組合の組合員が漁業を営んでおる場所です。何でこうなったかは約50年前のこの福浦地区が越県合併ということで、兵庫県につくときに海の権利を岡山県に残した状態で越県合併をしたという経緯がございまして、この場所は海は岡山県のものという形でございますので、その点を特に認識の上、御審議いただけたらと思います。よろしくお願いをいたします。



○議長(田口健作君) 請願第3号についての紹介が終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、請願第4号ヘルスパひなせの存続を求める請願についての紹介を願います。

 12番田原議員。

     〔12番 田原隆雄君 登壇〕



◆12番(田原隆雄君) おはようございます。

 請願第4号についてお願いしたいと思います。

 請願の趣旨は、ヘルスパひなせの存続を求める請願であります。請願者は、東京都の公益財団法人体力つくり指導協会理事長小室氏外4名となっておりますが、外4名は利用者代表であります福島捷美氏、淵本勝義氏、植田珂子氏、日生地区町内会長の代表の更谷暢久氏でございます。紹介者は、私田原でございます。

 請願の要旨、趣旨、請願事項は付記のとおりですので、後ほどごらんいただきたいと思います。

 紹介議員として一言申し添えたいと思います。利用者を中心とした署名運動は、日常生活に定着している健康づくり温浴施設をなくさないでほしいという高齢者を中心とした切実な訴えであり、温浴施設の閉鎖は温水プールの廃止につながるという懸念からのスイミングスクール生の関係者の熱い熱意から、わずか1カ月の間に8,000名余の賛同者につながったものと思われます。

 市長は、御案内のように先日の一般質問において当施設の継続が困難である理由の主な点を、施設の老朽化による今後の維持補修費の負担、限られた受益者への2,200万円の負担の費用対効果に疑問があるんだというものが主なものであったかと思います。

 同時にまた、議会軽視はしていない。請願については貴重な市民の声として尊重していきたいとも語られております。

 壊すことは簡単ですが、新しいことを産み育てるには大変な労力が必要であります。建設当時の日生町議会の厚生委員会では、女性の声も必要として長野県塩尻市への先進地視察には一般女性代表も同伴するなど、執行部、議会ともども精力的で熱心な調査や議論を経て事業実施に踏み切っております。

 このたびの請願の審査には、厚生文教委員会でも施設の現地視察を予定されていると聞いておりまして、敬意を表するものであります。当施設はサウナ、薬湯の温浴施設とプールが一体、無二の施設であること、また月会費5,000円から6,000円の受益者負担を払いながらも23年間存続し、かつまた毎日プールには100人、サウナには150人、合わせて250人が、延べ7万人の利用実績は市内の施設で最高の実数であるということも紛れもない事実であります。でき得るなら、営業時間にお訪ねいただいて、裸のつき合い、裸の生の声にも耳を傾けていただくなど、十分な実態を御賢察の上、どのような形であれ事業の存続を望むということが請願の目的であろうと思います。

 紹介議員として8,000名余の署名者に成りかわりまして、議員の皆さん方の慎重審議をよろしくお願いを申し上げまして、紹介とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(田口健作君) 請願第4号についての紹介が終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 以上で本日の日程を終了いたします。

 この際、お諮りいたします。

 明日から16日までの11日間は委員会等開催のため休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、明日から16日までの11日間、休会とすることに決しました。

 本日はこれにて散会いたします。

 皆さん、御苦労さまでした。

     午前9時51分 散会