議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 備前市

平成26年 9月第4回定例会 09月12日−04号




平成26年 9月第4回定例会 − 09月12日−04号







平成26年 9月第4回定例会



              第 4 回 定 例 会 会 議 録 (第4号)



会議開閉日時  平成26年9月12日  午前9時30分 開議    午前9時55分 散会



会議の場所   備前市役所議場



出席した議員の番号氏名

  1番  森 本 洋 子      2番  石 原 和 人      3番  山 本   成

  4番  西 上 徳 一      5番  立 川   茂      6番  星 野 和 也

  7番  鵜 川 晃 匠      8番  守 井 秀 龍      9番  尾 川 直 行

  10番  山 本 恒 道      11番  掛 谷   繁      12番  田 原 隆 雄

  13番  川 崎 輝 通      14番  橋 本 逸 夫      15番  津 島   誠

  16番  田 口 健 作



欠席・遅参・早退した議員の番号氏名

  欠席 なし  遅参 なし  早退 なし



説明のため出席した者の職氏名

  市長      吉 村 武 司  副市長     武 内 清 志  教育長     小 林 ? 子

  市長室長    谷 本 隆 二  総合政策部長  藤 原 一 徳  市民生活部長  有 吉 隆 之

  保健福祉部長  金 光   亨  福祉事務所長  横 山 雅 一  まちづくり部長 高 橋 昌 弘

  日生総合支所長 星 尾 靖 行  吉永総合支所長 森 本 和 成  教育次長    末 長 章 彦

  病院総括事務長 森 脇   博  代表監査委員  大 田 淳 一  監査事務局長  大 峠 一 吉



職務のため議場に出席した議会事務局職員

  事務局長    草 加 成 章  事務局次長   山 本 光 男  議事係長    石 村 享 平

  議事係主査   青 木 弘 行





△議事日程並びに付議事件(結果)


番号議事日程付議事件等結果
1質疑
・通告一覧表のとおり
議案委員会付託
・付託表のとおり
(報告第16号から第17
 号を除く)
議案第 64号 備前市小児医療費給付条例等の一部を改正する条例の制定について厚生文教付託
議案第 65号 備前市立公民館設置条例の一部を改正する条例の制定について厚生文教付託
議案第 66号 備前市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について厚生文教付託
議案第 67号 備前市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について厚生文教付託
議案第 68号 備前市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について厚生文教付託
議案第 69号 平成26年度備前市一般会計補正予算(第2号)予算決算審査付託
議案第 70号 平成26年度備前市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)厚生文教付託
議案第 71号 平成26年度備前市土地取得事業特別会計補正予算(第1号)総務産業付託
議案第 72号 平成26年度備前市三国地区財産区管理事業特別会計補正予算(第1号)総務産業付託
議案第 73号 平成26年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)厚生文教付託
議案第 74号 平成26年度備前市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)総務産業付託
議案第 75号 平成26年度備前市飲料水供給事業特別会計補正予算(第1号)総務産業付託
議案第 76号 平成26年度備前市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)総務産業付託
議案第 77号 平成26年度備前市企業用地造成事業特別会計補正予算(第1号)総務産業付託
議案第 78号 平成26年度備前市水道事業会計補正予算(第1号)総務産業付託
議案第 79号 平成26年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第1号)厚生文教付託
議案第 80号 平成25年度備前市一般会計歳入歳出決算の認定について予算決算審査付託
議案第 81号 平成25年度備前市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について厚生文教付託
議案第 82号 平成25年度備前市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 83号 平成25年度備前市三石財産区管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 84号 平成25年度備前市三国地区財産区管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 85号 平成25年度備前市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 86号 平成25年度備前市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 87号 平成25年度備前市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 88号 平成25年度備前市浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 89号 平成25年度備前市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の認定について厚生文教付託
議案第 90号 平成25年度備前市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について厚生文教付託
議案第 91号 平成25年度備前市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 92号 平成25年度備前市飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 93号 平成25年度備前市宅地造成分譲事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 94号 平成25年度備前市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について総務産業付託
議案第 95号 平成25年度備前市墓園事業特別会計歳入歳出決算の認定について厚生文教付託
議案第 96号 平成25年度備前市水道事業会計決算の認定について総務産業付託
議案第 97号 平成25年度備前市国民健康保険病院事業会計決算の認定について厚生文教付託
議案第 98号 財産の取得について総務産業付託
議案第 99号 備前市・日生町・吉永町新市まちづくり計画の一部変更について総務産業付託
議案第100号 備前市過疎地域自立促進計画の変更について総務産業付託
議案第101号 日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更について総務産業付託
報告第 16号 専決処分(専決第2号 物損事故に係る損害賠償の額の決定及び和解)の報告について報告
報告第 17号 平成25年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告について報告
監査報告


備監第34号 平成25年度備前市下水道事業特別会計・農業集落排水事業特別会計・漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算審査意見について
備監第51号 平成25年度備前市公営企業会計決算審査意見について
備監第52号 平成25年度備前市一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見について

──
2請願上程(紹介)
請願委員会付託
・請願文書表のとおり
請願第 1号 ウィルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願厚生文教付託






△質疑通告一覧表


案   件
  通告者氏名通    告    事    項答 弁 者
議案第 66号 備前市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
  13番
川崎輝通P9〜 条例制定の必要性と現行事業との違いは福祉事務所長
議案第 67号 備前市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について
  13番
川崎輝通P25〜 条例制定の必要性と現行事業との違いは福祉事務所長
議案第 68号 備前市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
  13番
川崎輝通P46〜 条例制定の必要性と現行事業との違いは福祉事務所長
議案第 69号 平成26年度備前市一般会計補正予算(第2号)
  15番
津島 誠 〇 総務費
P19〜 総務管理費   安全対策費   備品購入費市長室長
議案第101号 日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更について
  1番
森本洋子P1〜 「移動足場形状変更」及び「主桁鉄筋工」が変更となった理由まちづくり部長
備監第 52号 平成25年度備前市一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見について
  9番
尾川直行P1〜 基金の運用について代表監査委員






△委員会付託案件表


付託委員会議案番号付託案件
総務産業議案第71号平成26年度備前市土地取得事業特別会計補正予算(第1号)
議案第72号平成26年度備前市三国地区財産区管理事業特別会計補正予算(第1号)
議案第74号平成26年度備前市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)
議案第75号平成26年度備前市飲料水供給事業特別会計補正予算(第1号)
議案第76号平成26年度備前市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)
議案第77号平成26年度備前市企業用地造成事業特別会計補正予算(第1号)
議案第78号平成26年度備前市水道事業会計補正予算(第1号)
議案第82号平成25年度備前市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第83号平成25年度備前市三石財産区管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第84号平成25年度備前市三国地区財産区管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第85号平成25年度備前市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第86号平成25年度備前市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第87号平成25年度備前市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第88号平成25年度備前市浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第91号平成25年度備前市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第92号平成25年度備前市飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第93号平成25年度備前市宅地造成分譲事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第94号平成25年度備前市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第96号平成25年度備前市水道事業会計決算の認定について
議案第98号財産の取得について
議案第99号備前市・日生町・吉永町新市まちづくり計画の一部変更について
議案第100号備前市過疎地域自立促進計画の変更について
議案第101号日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更について
厚生文教議案第64号備前市小児医療費給付条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第65号備前市立公民館設置条例の一部を改正する条例の制定について
議案第66号備前市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
議案第67号備前市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について
議案第68号備前市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
議案第70号平成26年度備前市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
議案第73号平成26年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
議案第79号平成26年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第1号)
議案第81号平成25年度備前市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第89号平成25年度備前市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第90号平成25年度備前市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第95号平成25年度備前市墓園事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第97号平成25年度備前市国民健康保険病院事業会計決算の認定について
予算決算審査議案第69号平成26年度備前市一般会計補正予算(第2号)
議案第80号平成25年度備前市一般会計歳入歳出決算の認定について






△請願文書表


付託委員会受理番号要 旨提  出  者紹介議員
受理年月日
厚生文教請願第1号
ウィルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願倉敷市藤戸町天城513-50

全国B型肝炎訴訟

 広島原告団岡山支部

  松葉勝幸掛谷 繁
26.8.28






     午前9時30分 開議



○議長(田口健作君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席は16名全員であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 日程1、これより議案の質疑を行います。

 通告に従い、発言を許可いたします。

 まず、議案第64号及び議案第65号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第64号及び議案第65号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第66号備前市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についての質疑を行います。

 川崎議員の質疑を願います。

 13番川崎議員。



◆13番(川崎輝通君) この議案第66号ですが、家庭的保育事業などという聞きなれない条例になっております。現行の私たちの認識は非常に薄いんですけれども、保育園といえば公立保育園と私立保育園、その程度のもので十分であろうと。特に、少子化の中では廃園に追い込まれる、市内では保育園もあるというような中で、この家庭的保育事業というのは都会の保育園が足らないところの地域の問題ではないかなあというふうに感じております。

 実際に、この備前市でのこの条例をつくる必要性、また対象となるそういった保育団体があるのかないのかということをまずお聞きします。

 と同時に、こういう新しく家庭的保育事業などという条例制定によって現行の保育制度との違いはよくなるのか、悪くなる面があるというふうな指摘もあります。その辺についての説明をよろしくお願いします。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 横山福祉事務所長。



◎福祉事務所長(横山雅一君) それでは、川崎議員の質疑にお答えいたします。

 まず、条例制定の理由を説明させていただきます。

 細部説明にも載せておりますが、平成24年8月に子ども・子育て関連3法が成立し、質の高い幼児期の学校教育、保育の総合的な提供、保育の量的拡大及び確保並びに地域における子ども・子育て支援の充実を図ろうとするものであり、平成27年4月からスタートする子ども・子育て新制度に対応するためであります。

 御質問のあります必要性についてでありますが、新制度では家庭的保育事業、これにつきましてはちょっと聞きなれないと思うので、4事業ありますので、説明をさせてもらいます。

 1つは、小規模保育事業、それから家庭的保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業、この4つがあります。現在、備前市においてはこの例はありませんが、今後もしこういったものが申請があれば市において認可ができることになりますので、このほど条例の制定が必要となってまいります。

 それから、現行事業との違いについてでありますが、小規模な託児等の施設については明確な運営規定が示されておりませんでしたが、新制度では条例で設備や運営上の基準が厳格に示されるということになります。そういったことで、新たに始まる家庭的保育事業に係る設備、運営の質が確保される基準ができるということになります。

 なお、現在より悪くなるのではないかという御心配もありましたが、それはないと思っております。

 以上でございます。



○議長(田口健作君) よろしいか──(はい)

 川崎議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第66号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第67号備前市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についての質疑を行います。

 川崎議員の質疑を願います。

 13番川崎議員。



◆13番(川崎輝通君) この議案第67号も特定教育とか保育ということで、これも聞きなれない保育事業であります。さっきの質問と同じように、こういった条例にかかわるような団体、活動している、市内にあるのかないのか。そして、これだけ廃園に追い込まれる中でこういった条例を急いでつくる必要性がどこにあるかなというふうな疑問も持っております。

 同時に、公立保育園、2カ所か3カ所私立保育園が市内にはあるようでありますが、現行の保育制度と比べてこういう聞きなれない保育事業が条例によって定められることによって、やはりさっきの質問と同じように質的によりきめ細かく、しかし保育の内容は現行以上に子供たちがすくすく育つ環境なり、運営が行われるのか、この点についての疑問がありますので、明快なる説明をよろしくお願いしたいと思います。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 横山福祉事務所長。



◎福祉事務所長(横山雅一君) それでは、お答えいたします。

 先ほども申しましたが、条例制定の理由につきましては、先ほど述べたとおりでございます。

 御質問の条例制定の必要性についてでありますが、特定教育、保育施設というふうな言葉がありますが、これは現在実施しております保育園、それから幼稚園、認定こども園、これを示しております。そういったものを現在も運営しておりますが、特定地域型保育事業とともに市が基準を定めることが必要があります。このために条例制定を行います。

 そういったことで、新たに始めるものではなくて、今あるものを条例化して、なお厳格に規定をしていこうということで、従来の事業の質の向上が図られ、子供たちをより大切に保育できるものと考えております。

 以上です。



○議長(田口健作君) よろしいか──(はい)

 川崎議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第67号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第68号備前市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についての質疑を行います。

 川崎議員の質疑を願います。

 13番川崎議員。



◆13番(川崎輝通君) この議案第68号放課後児童育成事業の件でありますが、聞くところによりますと、今までは要綱によって放課後の育成事業はやられたということですが、この条例制定によって設備面、また運営面、またいろんな子供たちがけがするケースなど報道されておりますが、こういう条例制定によってその辺が厳格に子供たちが安心して放課後を送れるようになるのかどうか、その辺を説明をよろしくお願いしたいと思います。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 横山福祉事務所長。



◎福祉事務所長(横山雅一君) 御質問の条例の制定についてでありますが、これは現在実際に行っておりますのは御指摘のとおり要綱により行っております。しかしながら、今後条例の中では支援の目的であるとか設備、職員、それから児童の集団の規模、開設時間、開所日数といったように、現在でも実施されておりますけども、そういったものが条例化されることによって放課後児童クラブの位置づけが明確となり、利用する子供たちの生活環境の設備や運営の向上が図られるものと考えております。

 以上でございます。



○議長(田口健作君) よろしいか──(はい)

 川崎議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第68号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第69号平成26年度備前市一般会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。

 津島議員の質疑を願います。

 15番津島議員。



◆15番(津島誠君) それでは、議案第69号総務費の安全対策費で、備品購入費のうち公用車についてでありますが、地域の安全・安心を推進するための防犯パトロール車両だそうですが、この公用車を貸し出すことの是非についてと、公用車の運行について貸し出しの準備はできているのかどうか、教えていただきたいと思います。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 谷本市長室長。



◎市長室長(谷本隆二君) それでは、津島議員の防犯パトロール用の小型電気自動車の貸し出しについてお答えさせていただきます。

 当市では、多くのボランティア団体の方たちに登下校での子供たちの安全に御尽力いただいております。

 せんだっての倉敷市での女児誘拐事件もありまして、市としては安全・安心の見回り活動をより充実したものとするため、急遽支援が必要と考えております。

 このため、他市での公用車の貸出業務の実例をもとに、地域の防犯活動団体に対して小型電気自動車を購入し、貸し出したいと考え、補正予算に計上させていただいたものでございます。

 また、運行に当たりましては地区公民館等を拠点とした運用を想定いたしております。貸出団体、業務内容、活動計画などの防犯パトロール車としての規則を整備する予定といたしております。

 以上でございます。



○議長(田口健作君) よろしいか──津島議員の再質疑を願います。

 15番津島議員。



◆15番(津島誠君) 今後、もし見回りに取り組む残りの恐らく14団体だと思うんですわ。この団体も欲しいと希望したら無償で貸与するのでしょうか。



○議長(田口健作君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 谷本市長室長。



◎市長室長(谷本隆二君) この点につきましては、昨日の市長への一般質問でもちょっと触れられた部分がございましたが、そういう御希望が出てまいりましたら、対応していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(田口健作君) 津島議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第69号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第70号から議案第100号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第70号から議案第100号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、議案第101号日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更についての質疑を行います。

 森本議員の質疑を願います。

 1番森本議員。



◆1番(森本洋子君) 議案第101号の日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更についてでございますが、移動足場形状の変更と主桁鉄筋工の補強鉄筋ということで、当初の計画ではわからなかったのか、いつ変更になったのか、お聞かせください。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 高橋まちづくり部長。



◎まちづくり部長(高橋昌弘君) それでは、日生大橋建設工事の請負契約の変更についてお答えをさせていただきます。

 まず、1点目の張り出し施工用移動足場形状変更についてでありますが、本橋梁部の取りつけ箇所は海岸に沿った山地で、樹木に覆われた状況でございました。工事着手後、現地の伐採作業を行い、詳細な測量設計調査を実施し、橋台基礎部への影響も含め、詳細な検討をしたところ、変更が必要になったものでございます。

 次に、2点目の主桁鉄筋工についてでございますが、主桁に設けられる作業用に開口部を設けますが、その都度鉄筋を補強しながら開口部を設け、また閉口する際にも補強しながら行うものであります。この開口部は、橋梁工事だけではなく、本橋に添架されます電気、電話、水道のライフラインの管材、架台、配管用部材など資材搬入にも利用されます。

 ライフラインの添架工事につきましては、本橋の請負業者が決定後、橋梁工事の実施設計、現場施工の状況を考慮しながら最終的な添架可能箇所、添架方法等の詳細が決定したもので、全体の約2%を補強鉄筋、用心鉄筋として施工するものであります。

 このように、いずれも詳細が確定したことが変更の要因となったものでございます。不確定要素など変更となるべき基準に沿ったものと御理解を賜りたいと思います。

 以上です。



○議長(田口健作君) よろしいか──(はい)

 森本議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第101号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 次に、報告第16号及び報告第17号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、報告第16号及び報告第17号についての質疑を終結いたします。

 なお、報告第16号及び報告第17号についてはこれをもって議了といたします。

 以上で全議案に対する質疑は終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) なお、監査報告について質疑通告がありますので、質疑を行います。

 尾川議員の質疑を願います。

 9番尾川議員。



◆9番(尾川直行君) 一般会計・特別会計歳入歳出決算審査意見について質疑をさせていただきます。

 大田監査委員におかれましては、平素は備前市のために大変お世話になっております。ありがとうございます。本日はお忙しい中、御出席賜りましてありがとうございます。

 それでは、質疑をさせていただきます。

 備監第52号平成25年度備前市一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見について質疑をさせていただきます。

 意見書に審査の結果は運用状況おおむね適正なものと認められたと報告されています。意見書の38ページにあります基金についての適正な運用で、適正とはどういう意味なのか、御説明いただきたい。

 次に、基金の備前市財政調整基金条例第3条第1項、備前市減債基金条例第3条第1項には基金に属する現金は金融機関への預金、その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。同条第2項に基金に属する現金は、必要に応じ最も確実かつ有利な有価証券にかえることができると記載されています。

 報告書にありますように、市税の減収、収入未済額も増加していっている状況の中、積立基金に属する現金はすぐに費やすことのない部分が大きいと思われます。同報告書の総評の中に基金の計画的な運用を進めるべき公金運用に一考あってもよいではないかという御意見、あるいは一言あってもよいのではないか、御所見をお伺いいたします。



○議長(田口健作君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 大田代表監査委員。



◎代表監査委員(大田淳一君) それでは、尾川議員の質疑にお答えいたします。

 平成25年度備前市一般会計・特別会計歳入歳出決算審査意見の適正なものと認められたと申しますのは、決算書の財産に関する調書の係数について、管理部局が保管する台帳等と一致しているか、あるいは年度中の移動増減の内容が妥当なものであるか、そのような観点から審査した結果、適正としたものであります。

 以上でございます。



○議長(田口健作君) よろしいか。

     〔「もう一点、議長もう一点」と9番尾川議員発言する〕

 答弁があるんじゃないん。

     〔「そうです」と9番尾川議員発言する〕

 大田代表監査委員。



◎代表監査委員(大田淳一君) あと、尾川議員の後段の質問についてですけども、計画的な運用をすれば確かにその収入確保になるのではないかと。ということにつきましては、執行部に対しての提案と認識しておりまして、決算審査において監査委員の立場から意見を申し上げることはいたしかねるところでございます。

 以上でございます。



○議長(田口健作君) よろしいか──(はい)

 尾川議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、監査報告についての質疑を終結いたします。

 以上で質疑は全て終了いたしました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) これより議案の委員会付託を行います。

 お手元に配付いたしております委員会付託案件表をごらん願います。

 ただいままでに上程されております各議案は、委員会付託案件表に記載のとおり、各常任委員会に付託することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員会付託案件表のとおり付託いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 日程2、請願の上程を行います。

 本定例会までに受理した請願についてはその要旨を印刷し、請願文書表とあわせてお手元に配付いたしておりますので、ごらん願います。

 それでは、請願第1号については請願文書表に記載のとおり厚生文教委員会に付託いたします。

 なお、備前市議会の申し合わせにより紹介議員からの紹介を行います。

 それでは、請願第1号ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願についての紹介を願います。

 11番掛谷議員。

     〔11番 掛谷 繁君 登壇〕



◆11番(掛谷繁君) それでは、請願書の紹介をさせていただきます。

 請願第1号、備前市議会議長田口健作殿。請願者は、倉敷市藤戸町天城513−50、全国B型肝炎訴訟広島原告団岡山支部松葉勝幸。紹介議員は掛谷でございます。

 請願の要旨でございますが、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願でございます。

 請願の趣旨、これは長うございますので、一読を願いまして、付記のとおりでございますので、読んでいただきたいと思っております。

 請願事項でございますが、この中で2つございます。1つは、この記載されとる付記のとおりでございますが、1つはウイルス性肝硬変、肝がんに係る医療費助成制度を創設すること。2つは、身体障害者福祉法上の肝機能障害による身体障害者手帳の認定基準を緩和し、患者の実態に応じた認定制度にすることなどを盛り込んでおります。

 以上でございますが、3月議会におきましては岡山県議会、岡山市議会、倉敷市議会ではこれについての採択をされております。どうぞ慎重なる御審議をいただき、御賛同いただきますよう心からお願い申します。

 以上でございます。



○議長(田口健作君) 請願第1号についての紹介が終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(田口健作君) 以上で本日の日程を終了いたします。

 この際、お諮りいたします。

 明日から23日までの11日間は委員会等開催のため休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、明日から23日までの11日間、休会とすることに決しました。

 本日はこれにて散会いたします。

 皆さん、御苦労さまでした。

     午前9時55分 散会