議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 備前市

平成25年11月第5回定例会 12月09日−05号




平成25年11月第5回定例会 − 12月09日−05号







平成25年11月第5回定例会



              第 5 回 定 例 会 会 議 録 (第5号)



会議開閉日時  平成25年12月9日  午前9時30分 開議    午前10時53分 散会



会議の場所   備前市役所議場



出席した議員の番号氏名(1番は欠員)

  2番  星 野 和 也      3番  清 水 文 雄      4番  鵜 川 晃 匠

  5番  今 脇 一 知      6番  守 井 秀 龍      7番  山 本 恒 道

  8番  金 本   享      9番  西 崎 公 朗      10番  川 淵 正 行

  11番  掛 谷   繁      12番  森 本 博 子      13番  片 岡 紀久子

  14番  田 原 隆 雄      15番  川 崎 輝 通      16番  田 口 健 作

  17番  橋 本 逸 夫      18番  大 西 國 昭      19番  土 器   豊

  20番  中 西 裕 康      21番  津 島   誠      22番  尾 川 直 行



欠席・遅参・早退した議員の番号氏名

  欠席 なし  遅参 なし  早退 なし



説明のため出席した者の職氏名

  市長     吉 村 武 司  副市長    武 内 清 志  教育長    土 山 球 一

  市長室長   三 村   功  総合政策部長 藤 原 一 徳  市民生活部長 野 上 茂 之

  保健福祉部長 金 光   亨  福祉事務所長 横 山 雅 一  まちづくり部長高 橋 昌 弘

  日生総合支所長坪 本 弘 毅  吉永総合支所長里 見 清 美  教育次長   岩 崎   透

  病院総括事務長森 脇   博



職務のため議場に出席した議会事務局職員

  事務局長   山 口 和 夫  事務局次長  山 本 光 男  議事係長   石 村 享 平

  議事係主査  青 木 弘 行





△議事日程並びに付議事件(結果)


番号議事日程付議事件等結果

質疑(採決)
・通告一覧表のとおり
 議案第147号は、質疑
 後採決
議案委員会付託
・付託表のとおり
(報告第17号及び第18
 号を除く)
議案第114号 備前市市民センター及び備前市日生市民会館設置条例等の一部を改正する条例の制定について総務文教付託
議案第115号 備前市コミュニティハウス設置条例の一部を改正する条例の制定について総務文教付託
議案第116号 備前市営バス運行事業に関する条例の一部を改正する条例の制定について産業付託
議案第117号 備前市使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について総務文教付託
議案第118号 備前市税外収入金を期限内に完納しない場合における徴収条例の一部を改正する条例の制定について厚生付託
議案第119号 備前市立小学校、中学校、高等学校及び幼稚園設置条例等の一部を改正する条例の制定について厚生付託
議案第120号 備前市通学バスに関する条例の一部を改正する条例の制定について総務文教付託
議案第121号 備前市共同作業場設置条例の一部を改正する条例の制定について厚生付託
議案第122号 備前市多目的集会施設設置条例等の一部を改正する条例の制定について産業付託
議案第123号 備前市営駐車場条例の一部を改正する条例の制定について産業付託
議案第124号 備前市水道事業給水条例等の一部を改正する条例の制定について産業付託
議案第125号 備前市国民健康保険病院条例の一部を改正する条例の制定について厚生付託
議案第126号 備前市葬儀条例等の一部を改正する条例の制定について厚生付託
議案第127号 備前市下水道事業の設置等に関する条例の制定について産業付託
議案第128号 平成25年度備前市一般会計補正予算(第4号)予算決算審査付託
議案第129号 平成25年度備前市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)厚生付託
議案第130号 平成25年度備前市下水道事業特別会計補正予算(第1号)産業付託
議案第131号 平成25年度備前市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)産業付託
議案第132号 平成25年度備前市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)厚生付託
議案第133号 平成25年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)厚生付託
議案第134号 平成25年度備前市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)産業付託
議案第135号 平成25年度備前市飲料水供給事業特別会計補正予算(第2号)産業付託
議案第136号 平成25年度備前市宅地造成分譲事業特別会計補正予算(第1号)産業付託
議案第137号 平成25年度備前市水道事業会計補正予算(第2号)産業付託
議案第138号 平成25年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第3号)厚生付託
議案第139号 備前市特別養護老人ホーム大ヶ池荘、備前市養護老人ホーム蕃山荘、備前市デイサービスセンター大ヶ池荘及び備前市デイサービスセンター蕃山荘の指定管理者の指定について厚生付託
議案第140号 備前市デイサービスセンターしらうめ荘の指定管理者の指定について厚生付託
議案第141号 備前市八塔寺山荘及び備前市八塔寺ふるさと館の指定管理者の指定について産業付託
議案第142号 備前市都市公園及び備前市体育施設の指定管理者の指定について総務文教付託
議案第144号 備前中学校校舎及び体育館耐震化工事の請負契約の変更について総務文教付託
報告第 17号 専決処分(専決第4号 損害賠償の額の決定及び和解)の報告について──
議案第145号 日生中学校校舎耐震改築工事の請負契約締結について総務文教付託
報告第 18号 専決処分(専決第5号 損害賠償の額の決定及び和解)の報告について──
議案第146号 備前市税条例の一部を改正する条例の制定について厚生付託
議案第147号 和気・赤磐し尿処理施設一部事務組合規約の変更について原案可決
2請願上程(紹介)
請願委員会付託
・請願文書表のとおり
請願第 16号 TPP交渉に関する請願産業付託
請願第 17号 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める請願厚生付託
請願第 18号 介護職員の処遇改善を求める請願厚生付託




△質疑通告一覧表


議案番号通告者氏名発言の要旨答弁者
議案第114号20番
中西裕康
備前市市民センター及び備前市日生市民会館設置条例等の一部を改正す

る条例の制定について

P1〜  1年間の影響額について教育次長
議案第115号20番
中西裕康
備前市コミュニティハウス設置条例の一部を改正する条例の制定について

P38  別表第2について日生総合支所長
議案第117号20番
中西裕康
備前市使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について

P42  別表第1、別表第2について総合政策部長
市民生活部長
議案第122号20番
中西裕康
備前市多目的集会施設設置条例等の一部を改正する条例の制定について

P56〜  第1条から第18条

    1年間の影響額についてまちづくり部長
日生総合支所長
吉永総合支所長
議案第123号20番
中西裕康
備前市営駐車場条例の一部を改正する条例の制定について

P73  別表についてまちづくり部長
議案第124号20番
中西裕康
備前市水道事業給水条例等の一部を改正する条例の制定について

P76〜  第1条から第3条

    1年間の影響額についてまちづくり部長
議案第125号11番
掛谷 繁
備前市国民健康保険病院条例の一部を改正する条例の制定について

P81  眼科診療の終了に至った経緯と今後について病院総括事務長
議案第139号11番
掛谷 繁
備前市特別養護老人ホーム大ヶ池荘、備前市養護老人ホーム蕃山荘、備前市デイサービスセンター大ヶ池荘及び備前市デイサービスセンター蕃山荘の指定管理者の指定について

P98  小規模修繕や大規模改修工事等が発生した場合、市はどのように対応していくのか福祉事務所長
議案第144号20番
中西裕康
備前中学校校舎及び体育館耐震化工事の請負契約の変更について

P109  労務単価について教育次長
報告第17号20番
中西裕康
専決処分(専決第4号 損害賠償の額の決定及び和解)の報告について

P111〜  専門家の助言はまちづくり部長
議案第145号20番
中西裕康
日生中学校校舎耐震改築工事の請負契約締結について

P1  工期について

P2  指名委員会年月日について

   落札者決定年月日について教育次長
報告第18号20番
中西裕康
専決処分(専決第5号 損害賠償の額の決定及び和解)の報告について

P11〜  道路管理について日生総合支所長
議案第147号20番
中西裕康
和気・赤磐し尿処理施設一部事務組合規約の変更について

P13〜  1年間の影響額について

    条例の有効範囲は市民生活部長






△委員会付託表


付託委員会議案番号付託案件
総務文教議案第114号備前市市民センター及び備前市日生市民会館設置条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第115号備前市コミュニティハウス設置条例の一部を改正する条例の制定について
議案第117号備前市使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について
議案第120号備前市通学バスに関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第142号備前市都市公園及び備前市体育施設の指定管理者の指定について
議案第144号備前中学校校舎及び体育館耐震化工事の請負契約の変更について
議案第145号日生中学校校舎耐震改築工事の請負契約締結について
厚生議案第118号備前市税外収入金を期限内に完納しない場合における徴収条例の一部を改正する条例の制定について
議案第119号備前市立小学校、中学校、高等学校及び幼稚園設置条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第121号備前市共同作業場設置条例の一部を改正する条例の制定について
議案第125号備前市国民健康保険病院条例の一部を改正する条例の制定について
議案第126号備前市葬儀条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第129号平成25年度備前市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
議案第132号平成25年度備前市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
議案第133号平成25年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
議案第138号平成25年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第3号)
議案第139号備前市特別養護老人ホーム大ヶ池荘、備前市養護老人ホーム蕃山荘、備前市デイサービスセンター大ヶ池荘及び備前市デイサービスセンター蕃山荘の指定管理者の指定について
議案第140号備前市デイサービスセンターしらうめ荘の指定管理者の指定について
議案第146号備前市税条例の一部を改正する条例の制定について
産業議案第116号備前市営バス運行事業に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第122号備前市多目的集会施設設置条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第123号備前市営駐車場条例の一部を改正する条例の制定について
議案第124号備前市水道事業給水条例等の一部を改正する条例の制定について
議案第127号備前市下水道事業の設置等に関する条例の制定について
議案第130号平成25年度備前市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
議案第131号平成25年度備前市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
議案第134号平成25年度備前市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
議案第135号平成25年度備前市飲料水供給事業特別会計補正予算(第2号)
議案第136号平成25年度備前市宅地造成分譲事業特別会計補正予算(第1号)
議案第137号平成25年度備前市水道事業会計補正予算(第2号)
議案第141号備前市八塔寺山荘及び備前市八塔寺ふるさと館の指定管理者の指定について
予算決算審査議案第128号平成25年度備前市一般会計補正予算(第4号)






△請願文書表


付託委員会受理月日受理番号請 願 の 要 旨提  出  者紹介議員
産   業25.11.14請願第16号
TPP交渉に関する請願岡山市東区瀬戸町光明谷195
岡山東農業協同組合
 代表理事組合長 長田謙二橋本 逸夫
厚   生25.11.14請願第17号
安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める請願岡山市北区下伊福西町1-53
岡山県医療労働組合連合会
 執行委員長 福田幸恵川崎 輝通
厚   生25.11.21請願第18号
介護職員の処遇改善を求める請願岡山市北区下伊福西町1-53
岡山県医療労働組合連合会
 執行委員長 福田幸恵川崎 輝通






     午前9時30分 開議



○議長(尾川直行君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席は21名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 会議中途ですが、この際暫時休憩いたします。

     午前9時31分 休憩

     午前9時53分 再開



○議長(尾川直行君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 日程1、これより議案の質疑及び議案第147号の採決を行います。

 通告に従い、発言を許可いたします。

 まず、議案第114号備前市市民センター及び備前市日生市民会館設置条例等の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは、私はこの議案第114号、1条から10条までの24年度決算ベースについて26年度、来年以降年間、1年間でどのくらいの消費税の影響額が出てくるのか、お聞かせ願いたいと思います。

 あと、同じようなことをお伺いしますが、24年度決算ベースに対してで結構でございますので、お願いしたいと思います。項目も多ゆうございますので、できる限り大きな声でゆっくりと答弁をよろしくお願い申し上げます。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 岩崎教育次長。



◎教育次長(岩崎透君) それでは、中西議員の質疑に条文ごとに平成24年度実績に基づいて計算した1年間の影響額をお答えいたします。

 第1条、備前市市民センター6万7,490円、日生市民会館2万2,670円、第2条、備前市立公民館1万7,530円、第3条、備前市吉永美術館720円、第4条、備前市コミュニティーセンター2,930円、第5条、体育施設のうち備前市三石運動公園7,700円、備前市日生運動公園5万2,980円、備前市日生武道場900円、備前市吉永B&G海洋センター4,310円、備前市吉永テニスコート、影響はございません。

 次に第6条、備前市小・中学校施設7,510円、第7条、備前市照明施設740円、第8条の備前市加子浦歴史文化館と第9条の備前市神根農村広場は影響はございません。第10条、都市公園のうち備前市総合運動公園114万8,530円、備前市伊部運動公園、影響はございません。備前市浜山運動公園5万2,680円。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) よろしいか──中西議員の再質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) 大変申しわけない。第1条の2番目の金額をもう一度お願いします。



○議長(尾川直行君) 岩崎教育次長。



◎教育次長(岩崎透君) 第1条をもう一度申し上げます。

 市民センターが6万7,490円、日生市民会館が2万2,670円でございます。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りました御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第114号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第115号備前市コミュニティハウス設置条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは、私はこの議案第115号別表2についての1年間の影響額をお知らせいただきたいと思います。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 坪本日生総合支所長。



◎日生総合支所長(坪本弘毅君) それでは、議案第115号備前市コミュニティハウス設置条例の一部を改正することによります影響額についてお答えいたします。

 税率改正による使用料は、7万8,840円の増加を見込んでおります。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) よろしいか──(はい)

 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第115号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第116号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第116号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第117号備前市使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは、私はこの議案第117号別表1、別表2の1年間の消費税額増額分の影響をお知らせていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 藤原総合政策部長。



◎総合政策部長(藤原一徳君) 議案第117号備前市使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定についてのうち別表第1、行政財産の目的外使用に係る影響額でありますが、年間で1,830円であります。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 野上市民生活部長。



◎市民生活部長(野上茂之君) 私から、同じ議案で別表2に関する影響額についてお答えします。

 地籍図等の交付に関し1人の方から広範囲にわたる請求があり、複数枚交付することが想定されます。現行の300円という表記の場合解釈が曖昧であるため、今回名寄帳の交付に係る手数料の取扱例に倣い、交付枚数に応じて手数料が徴収できる具体的な表記へ改めるものであり、24年度の実績で見ますと今回の条例整備に関するケースでは影響はありませんので、0円であります。

 以上であります。



○議長(尾川直行君) よろしいか──(はい)

 以上で中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第117号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第118号から議案第121号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第118号から議案第121号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第122号備前市多目的集会施設設置条例等の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは、議案第122号、第1条から第18条、項目も多ゆうございますので、ゆっくりとお願いしたいと思います。1年間の消費税の影響額でございます。よろしくお願いします。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 高橋まちづくり部長。



◎まちづくり部長(高橋昌弘君) それでは、議案第122号、条例の改正による各施設の1年間の影響額についてお答えをさせていただきます。

 最初に第1条、備前市多目的集会施設につきましては影響額は7,170円の増額となります。

 次に第3条、備前市リフレセンターびぜんの影響額は9万8,886円の増額であります。

 次に第4条、備前市勤労者センターにつきましては3万1,936円の増額です。第5条につきましては、備前市備前商工会館では38万1,974円の増額です。第6条、備前市備前焼伝統産業会館は7万4,000円の増額です。第7条、備前市伊部駅南ふるさと交流センターでは1万2,600円の増額となります。第15条、備前市下水道条例の一部改正に伴う影響額は1,509万166円の増額であります。第16条、備前市浄化槽設置整備条例の一部改正に伴う影響額は11万3,125円の増額です。第17条、備前市漁業集落排水施設整備設置条例の一部改正については26万1,127円の増額です。第18条、備前市農業集落排水施設設置条例の一部改正については22万6,065円の増額となります。

 以上であります。



○議長(尾川直行君) 坪本日生総合支所長。



◎日生総合支所長(坪本弘毅君) 日生総合支所所管分の2件についてお答えをいたします。

 まず第8条、備前市日生観光情報センターサンバース設置条例の一部を改正することによります影響額は、税率改正によりまして8万3,400円の使用料の増加を見込んでおります。

 次に第10条、備前市日生鹿久居島古代体験の郷まほろば設置条例の一部を改正することによります影響額は、5万840円の増加を見込んでおります。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) 里見吉永総合支所長。



◎吉永総合支所長(里見清美君) それでは、吉永総合支所所管分6件の1年間の影響額についてお答えさせていただきます。

 まず第2条、中山間地域農村活性化施設紅葉会館につきましては、先ほど議案第114号のほうで備前市立公民館の影響額1万7,530円と先ほどありましたけれども、そのうちの410円の増加を見込んでおります。これは収入は公民館のほうでいたしておりますので、そちらのほうで先ほど議案第114号で申し上げていただきました。

 それから第9条、吉永観光案内所につきましての影響額はないものと考えております。それから第11条、八塔寺山荘につきましては3万220円の増加を見込んでおります。それから第12条、南方つり堀公園につきましては2,910円の増加を見込んでおります。それから第13条、八塔寺ふるさと館につきましては5万7,010円の増加を見込んでおります。それから第14条、大池緑地公園につきましては2,400円の増を見込んでおります。

 以上です。



○議長(尾川直行君) よろしいか──中西議員の再質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) 大変申しわけありません。第15条のところの金額をもう一度お願いしたいと思います。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 高橋まちづくり部長。



◎まちづくり部長(高橋昌弘君) 15条、備前市下水道条例の一部改正に伴う影響額は1,509万166円でございます。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第122号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第123号備前市営駐車場条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは、24年決算ベースに従って1年間の影響額がどのくらい出てくるのか、消費税の影響額をお知らせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 高橋まちづくり部長。



◎まちづくり部長(高橋昌弘君) それでは、平成24年度決算ベースでの駐車場利用台数により改定後の使用料で試算いたしますと、日生地区が13万5,600円の減収、吉永町地区が6万8,400円の増収で、合計6万7,200円の減収となる見込みであります。

 以上です。



○議長(尾川直行君) よろしいか──中西議員の再質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) その消費税が減収になるというところがちょっとわからないんですけども、どうしてなるのでしょうか。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 高橋まちづくり部長。



◎まちづくり部長(高橋昌弘君) 今回、駐車場の値下げの部分が影響することによる消費税の減額です。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第123号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第124号備前市水道事業給水条例等の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは、私は議案第124号備前市の水道事業給水条例の一部改正のところで1条から3条、1年間の影響額についてお教え願いたいと思います。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 高橋まちづくり部長。



◎まちづくり部長(高橋昌弘君) 備前市水道事業給水条例の一部改正を行うことにより、水道使用料及び負担金が1年間でどのぐらいの差額になるかとのことでございます。それぞれの会計の水道使用料から申し上げます。

 平成24年の決算に基づく算定で、水道事業につきましては2,381万1,709円の増額、簡易水道事業は13万9,345円の増額、飲料水供給事業では20万7,911円の増額、簡易給水施設は4万8,826円の増額となります。

 負担金につきましては、水道事業で18万2,400円の増額となります。

 簡易水道事業、飲料水供給事業、簡易給水施設につきましては、24年度実績がございませんので、影響額は算出できておりません。

 以上です。



○議長(尾川直行君) よろしいか──(はい)

 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第124号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第125号備前市国民健康保険病院条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。

 掛谷議員の質疑を願います。

 11番掛谷議員。



◆11番(掛谷繁君) それでは、私は備前市国民健康保険病院条例の一部を改正する条例の中で、ここでは眼科診療が終了し、至ったということで削っております。いわゆるここでは行わないと、こういうふうなことでございます。こういうことに至った経緯と今後の対応についてお知らせをお願いしたいと思います。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 森脇病院総括事務長。



◎病院総括事務長(森脇博君) それでは、神根診療所及び三国診療所の眼科診療を取りやめることに至った経緯についてお答えいたします。

 両診療所は、岡山日赤病院から医師、看護師の派遣をいただき、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科の診察を行っております。しかしながら、地域の人口減に伴い両診療所の月2回の総患者数は大きく激減しており、患者様はピーク時と比べ3分の1以下であり、特に眼科についての患者数は平成24年度実績で神根診療所1.8人、三国診療所では0.6人でありました。患者数の激減に伴い本年7月、日赤病院から眼科については特に患者数が減っているので、派遣を中止するという決定がなされました。その後、神根、三国の地区長に対しまして眼科中止の日赤病院の意向を御説明し、了解をいただいております。

 今後についてでありますが、吉永病院の眼科を受診していただくようお願いしてまいります。

 以上です。



○議長(尾川直行君) よろしいか──掛谷議員の再質疑を願います。

 11番掛谷議員。



◆11番(掛谷繁君) この三国と神根関係の方々が激減しているということで、実際のところは何人の方が通っておられたのかということと、今後吉永病院のほうへということになると足の問題というか、車の問題等、この辺は丁寧にサービスをしていくことが大事かなと思っていますけど、そのあたりはどういうふうにお考えなんでしょうか。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 森脇病院総括事務長。



◎病院総括事務長(森脇博君) それではまず、1点目の患者数につきましては、まず神根診療所では平成24年度は眼科43人、三国診療所につきましては眼科14人であります。

 それから、今後の患者様の移動の関係につきましては、吉永地域はタクシー事業者もあり、また市営バスが運行していることから、直営の送迎については現在考えておりません。しかしながら、バスの利用性の向上について関係部署と協議しまして、通院しやすい環境に取り組みたいと考えております。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 掛谷議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第125号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第126号から議案第138号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第126号から議案第138号について質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第139号備前市特別養護老人ホーム大ヶ池荘、備前市養護老人ホーム蕃山荘、備前市デイサービスセンター大ヶ池荘及び備前市デイサービスセンター蕃山荘の指定管理者の指定についての質疑を行います。

 掛谷議員の質疑を願います。

 11番掛谷議員。



◆11番(掛谷繁君) このたびはこの備前市特別養護老人ホームの大ヶ池荘と蕃山荘の関係でございますが、候補者の選定に当たっては非公募で備前市の社会福祉法人が5年間また管理を行おうとする条例を出してこられております。

 私は、ここで特に大ヶ池荘のほうでちょっと市民からの声もありまして質疑をさせていただくんですけども、小規模修繕、また大規模修繕といったようなことが発生した場合は市はどのようにこれを対応されていくのかということをお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 横山福祉事務所長。



◎福祉事務所長(横山雅一君) それでは、お答えいたします。

 小規模修繕や大規模改修工事等が発生した場合、市はどのように対応していくのかについてでありますが、1件当たり50万円未満の修繕は指定管理者が行い、50万円以上の修繕は市が行うと取り決めております。

 また、大規模改修工事等は建物の所有者であります市のほうで対応することになっております。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) よろしいか──掛谷議員の再質疑を願います。

 11番掛谷議員。



◆11番(掛谷繁君) 実は、今の介護施設というのは個室の対応にもうなってございまして、ここは4人部屋というのが通常なっております。そういう意味で、今後5年間こういった環境のもとでいいんだろうかなという素朴なところでございます。市のほうでそのことについては、社会福祉事業団なんかも大規模ですから市のほうで考えていくということでありましょうけども、この5年間はそういう大規模はもう、では考えていないということでもういいんでしょうか、お尋ねします。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 横山福祉事務所長。



◎福祉事務所長(横山雅一君) 大ヶ池荘についてのことだと思いますけども、築30年はたっておる建物でありますが、もし4人部屋を個人部屋にするということになればもう改築しかないと、新しくするしかないというふうに考えております。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 掛谷議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第139号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第140号から議案第142号は質疑通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第140号から議案第142号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第144号備前中学校校舎及び体育館耐震化工事の請負契約の変更についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) ここでは細部説明書の22ページを読みますと、議案第144号では労務単価が上昇していることから国からの適切な賃金水準の確保が求められているということであります。リーマン・ショック以降、この建設業界の中でも不況が吹き荒れまして、技能職が離れていくと。今の8%消費税駆け込みの中での現場での労働者が少ない、足らない、そして賃金が安いということが上げられています。

 国がそういう通達を出しているわけですが、この中で書かれています上昇している労務単価、これは鉄筋工、型枠工、鉄骨工等が上げられます。それぞれ幾らから幾らまで値上げがされるのか、教えていただきたいと思います。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 岩崎教育次長。



◎教育次長(岩崎透君) それでは、中西議員の質疑にお答えいたします。

 労務単価についてでございます。

 まずは大きな増額といたしまして、鉄筋工事の59万1,355円増額があります。これは鉄骨工労務単価が1日当たり1,700円増額したことによるものでございます。

 このほかに金属工事では板金工労務単価が1日当たり1,800円増額いたしましたことによりまして、42万3,487円が増額となったことや、コンクリート工事では左官工労務単価が1,700円の増加により37万1,660円の増額となっております。

 このほか、土工事、鉄筋工事、型枠工事、内外装工事、電気機械設備工事、外構工事等があります。同様に1日当たりの労務単価が1,000円から2,000円程度の増額となっております。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) よろしいか──中西議員の再質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) 全部とは言いませんが、例えば鉄筋工では1日1,700円ふえたと。言えばすごい金額の増加に見えるんですが、実際に払っている労務単価というのは1,700円ふえることによって幾らになるのでしょうか。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 岩崎教育次長。



◎教育次長(岩崎透君) 鉄筋工で申しますと、24年度単価では1万5,300円だったものが、25年度単価では1万7,100円に上がります。それから、型枠工では1万5,200円が1万7,000円に、1,800円増額。また、左官工では1万4,500円が1万6,200円に、1,700円の増額というふうに、二十数項目にわたりまして1,000円から2,000円程度の1日当たりの増加があったということでございます。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第144号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、報告第17号専決処分(専決第4号損害賠償の額の決定及び和解)の報告についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) 私は、2つお尋ねをさせていただきたいと思います。

 1つは、ここの賠償金を見ますとなかなか高額に見えます。確かに専決処分で上がってくるものを見れば、これまでのものを見れば確かに高額になるかもわかりませんが、これはやはり営業車だということを考えてみれば、営業車が板金で1週間、10日間休む、それだけの売り上げの減と労働者への賃金の支払い、考えた場合にはかなりの金額になってくるのは私も想像がつくところでありますが、そうなってきますとこういった大変難しい和解をするときに、市のほうでそういう専門家がいるのか、あるいは専門家などの意見はお聞きをしてこの金額は定めているのか、お尋ねをさせていただきたいと思います。

 2番目には、その後のこの交通事故に対する車両、備前市内の職員に対する指導というのはどのようにされたのか、お聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 高橋まちづくり部長。



◎まちづくり部長(高橋昌弘君) 最初の交通事故後、和解に当たり専門家等の意見の聴取はしているかについてでありますが、備前市が加入している公益社団法人全国市有物件災害共済会の担当者が相手方からの見積書を精査、調査した金額で支払い事務を行っております。

 今回の賠償額につきましては、直接損害額である修理費が50万5,628円、営業車であったための休車損害が13日で52万円となっております。休車損害におきましては、同等の営業車のトン当たり金額と比較しても妥当であるとの見解が示されております。

 次に、2番目の事故後職員に対する全市的な指導はどうしているかでございますが、交通安全への周知徹底におきましては、春秋の交通安全運動期間の文書での喚起、毎年行われます交通法令講習会への受講を促しております。また、12月の部課長会議において文書での喚起をいたしているところでございます。

 以上です。



○議長(尾川直行君) よろしいか──(はい)

 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、報告第17号についての質疑を終結いたします。

 なお、報告第17号についてはこれをもって議了といたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第145号日生中学校校舎耐震改築工事の請負契約締結についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) 私は、3つの点についてお尋ねをさせていただきたいと思います。

 この議案第145号で示されています1の工期について、なぜこのような工期になったのか、2番目は指名委員会の年月日はなぜこの日になったのか、3番目は落札者の決定年月日がこの日にならざるを得なかったことについて、それぞれの理由についてお尋ねさせていただきたいと思います。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 岩崎教育次長。



◎教育次長(岩崎透君) それでは、質疑にお答えさせていただきます。

 まず、工期についてでございますが、本工事とは別発注となります受変電設備工事と仮設校舎が完成し、教室の引っ越しが終わらないと特別教室棟の本体工事に取りかかれないわけでございます。

 工程につきましては、このたび学校と十分協議した結果、3年生の高校入試までは騒音、振動等の発生を抑える必要があるため、3月中旬から仮設校舎の建設に着手し、それまでの間は受変電設備工事と仮囲い等本格工事の準備期間とする予定でございます。

 さらに、現校舎の解体撤去工事等工事全般について授業や近隣への影響に配慮することで作業日時が限定される点を勘案して工期設定といたしております。

 以上のことから、本工事の竣工は平成27年2月28日と設定いたしております。

 次に、指名委員会、また落札者の決定の日付ということでございます。

 この工事に関しましては、10月18日に臨時の指名委員会を開催し、同23日に入札告示を行い、見積もり期間を経て11月20日に価格の開札を行いました。その結果をもとに事後審査を行い、翌21日に落札者を決定しております。その後、同月26日に落札者と仮契約の締結ができましたので、本議会へ議案の追加上程をさせていただいております。

 この工事に関しましては、8月定例会で設計変更の予算審議の結果が出るまでは入札等の手続に入ることができなかったということでございます。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) よろしいか──中西議員の再質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) 私は、1点だけ再質疑をさせていただきます。

 大変まことに申しわけないんですが、8月定例議会は9月の中旬に終わっておるわけであります。9月中にこの指名委員会を開き、入札を告示をし、契約を結ぶことがどうしてできなかったのか、大変申しわけないんですけども、お聞かせ願いたいと思います。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 岩崎教育次長。



◎教育次長(岩崎透君) お答えいたします。

 この工事につきましては、条件つき一般競争入札ということでございます。指名委員会を開いて、それから入札告示を行いまして、標準の見積もり期間を設けて、それから入札ということでございますので、9月19日に議会が終わりまして、翌日に仮に指名委員会を開いたとしても9月中の契約は無理だったということでございます。

 それからもう一つ、申し上げました、入札いたしまして落札者が決定いたしましても、また2週間以内に仮契約を締結いたします。その契約ができましたら、また議会のほうに上程ということでございます。そういうことでかなりの日数を要しますので、10日余りでは不可能であったということでございます。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第145号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、報告第18号専決処分(専決第5号損害賠償の額の決定及び和解)の報告についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは、この報告第18号専決処分、専決第5号について質疑をさせていただきます。

 私は、2つの点をお伺いをしたいと思います。

 1つは、この図面を見る限り、この事故の起こったところは、議案書の13ページです。この図面を見る限り、ここは日生病院の西側、臨港道路となっています。これは県の管理の道路だと思います。それが、この道路側溝、道路側溝も私は県の管理上のものだと思うんです。どうしてこれを備前市が賠償の補償をしなければいけないのか、この理由についてお尋ねをさせていただきたいと思います。

 2番目は、その後のこのグレーチング等の危険箇所についての点検指示はどのようにされているのか、お聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 坪本日生総合支所長。



◎日生総合支所長(坪本弘毅君) 報告第18号専決処分の報告についてお答えをいたします。

 議員御指摘のとおり、本来この場所は県の港湾道路でありますが、平成19年度において市道日生頭島線として利用するため、県と管理協定を結んでおります。この協定によりまして、市が管理及び修繕を行うこととしているものであります。

 次に、その後の危険箇所の点検についてでありますが、市の管理する側溝ぶたは数多くあります。支所の人員も限られる中、職員で全て把握することはできかねますので、地元町内会にも危険と思われる箇所を点検を協力していただき、事故を未然に防ぐよう努めてまいります。

 以上でございます。



○議長(尾川直行君) よろしいか──中西議員の再質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) それでは私は、1点だけお尋ねをしておきたいと思います。

 1つは、市道頭島線としての利用ということで、これは私は日生の橋の話がここで出てくるとは思いも寄りませんで、びっくりをいたしました。いろんなところで話が出てくるものであります。

 ただ、そのグレーチングによっての何か本当にすごい事故だと内容は私は思いますが、せめて県の道路、備前市が一応管理協定を設けて修繕と維持管理をしているということですから、そのグレーチング部分については目視なりでこれは点検をされたと、その後はされたというふうに思ってよろしいでしょうか。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 坪本日生総合支所長。



◎日生総合支所長(坪本弘毅君) そのとおりでございます。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、報告第18号についての質疑を終結いたします。

 なお、報告第18号についてはこれをもって議了といたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第146号は質疑を通告がありません。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第146号についての質疑を終結いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第147号和気・赤磐し尿処理施設一部事務組合規約の変更についての質疑を行います。

 中西議員の質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) 私は、2点お尋ねをさせていただきたいと思います。

 1点目は、この規約で定めるものだけではなくて、この一部事務組合全体での消費税分の24年度決算ベースでの影響額は1年間どのくらいあるのか、それからもう一つは当備前市の影響額は幾らあるのかと、この点が1つであります。

 2つ目は、このところを見てみますと、規約を見てみますとここへ上がってきている条例そのものは840円を860円に改めるということになっているんですが、この議案第147号の参考資料14ページを見ますと、4番目のところで改正案を見ますと浄化槽汚泥処理分担金、分担基準は備前市を除くとなっているわけです。つまりこの規約で定める3つの町のうち和気と赤磐市は対象になるけども、備前市は除くとなっていますから、この規約には備前市は縛られないということになるわけであります。そうしますと、どういうところで備前市のこの分担金なり、あるいはその消費税が算定されてくるのか、この点をお尋ねをしておきたいと思います。

 以上です。



○議長(尾川直行君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。

 野上市民生活部長。



◎市民生活部長(野上茂之君) それでは、議案第147号和気・赤磐し尿処理施設一部事務組合規約の変更についての質疑にお答えします。

 まず、1点目の年間の影響額についてですが、今回の規約の変更に伴い組合条例が改正された場合の影響額についてお答えいたします。

 影響額につきましては、平成24年度の実績の数量で、組合条例で改正予定のし尿処理手数料等も含めてお答えします。

 備前市分の実績が94.2キロリットルで、年間で2万2,608円の増額となります。組合全体では170万8,008円の増額となります。

 また、業者が支払う汚泥投入手数料は備前市分が年間で2,826円の増額となり、組合全体で21万3,501円の増額となります。

 次に、し尿くみ取りについてですが、備前市の実績が147キロリットルで、年間で4万4,100円の増額となり、組合全体で255万2,820円の増額となります。

 また、し尿くみ取り業者が支払うし尿投入手数料は、備前市分が年間で4,410円の増額となり、組合全体で25万5,282円の増加となります。

 次に、2点目の規約の有効範囲はについてでありますが、今回の規約変更をする浄化槽汚泥処理分担金については赤磐市と和気町になります。

 以上であります。



○議長(尾川直行君) よろしいか──中西議員の再質疑を願います。

 20番中西議員。



◆20番(中西裕康君) つまりここでは備前市を除くということになっておりますので、この規則には備前市の消費税の賦課というのはないということになるわけでありますが、先ほど部長の御説明の中でありました条例の改正に伴いということがありました。これは和気・赤磐し尿処理一部事務組合清掃条例というのがありまして、その中の別表の中で第8条関係ということで基本手数料、加算手数料、そして処理手数料というのが上がっています。こちらのほうで備前市は対象になるということになるわけですが、なぜ赤磐、和気はこの規約で定められ、そして備前市はこの条例で定められるのか。

 見てみますと、この規則で定められているのは分担金と、こっちの条例で定められるのは手数料ということになっておるわけです。なぜこのような形での条例の定め方がなされているのか、その理由についてお聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(尾川直行君) ただいまの再質疑に対する答弁を願います。

 野上市民生活部長。



◎市民生活部長(野上茂之君) それでは、再質疑にお答えします。

 備前市吉永町におけるし尿くみ取り、浄化槽汚泥処理については和気・赤磐し尿処理施設事務組合清掃条例で定められています。市町村合併をする以前から浄化槽汚泥処理の負担金について違いがあり、多くの町は町民が支払った金額を補助する方法をとっていたようです。このころから吉永は受益者負担としており、合併後も引き継がれ、和気町や赤磐市では補助金ではなく分担金として行政が負担し、備前市は受益者が負担することとしています。

 以上であります。



○議長(尾川直行君) 中西議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第147号についての質疑を終結いたします。

 これより議案第147号を採決いたします。

 本案につきましては討論の通告がありますので、これより討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を求めます。

 20番中西議員。

     〔20番 中西裕康君 登壇〕



◆20番(中西裕康君) それでは、私は議案第147号和気・赤磐し尿処理施設一部事務組合規約の変更について反対の立場から討論をさせていただきます。

 今回の消費税のこの備前市分の影響額は先ほどの質疑でも明らかになりましたが、総額で7万4,619円に上るとされています。消費税増税で深刻な景気悪化が起こることを認め、新聞報道でも復興特別法人税の廃止を含める約5.5兆円もの景気対策、ばらまくというのは経済対策、財政政策としても支離滅裂であり、景気の悪化を心配するのであれば最大の景気対策は消費税の中止であることは間違いありません。所得が大きく減っている国民から8兆円も奪い、270兆円に及ぶ巨額の内部留保を抱える大企業に減税をばらまくのは道理のかけらもないものであります。所得税の復興減税は25年間続けるのに法人税の復興増税はわずか3年間の増税さえ1年前倒しで中止をしてしまう、このことは多くの国民から怒りの声が起こっているところであります。

 自公民3党が強行した法案どおりに消費税増税を実施することには国民の大きな反対の声があります。これは国民の皆さんの声と歴史の審判の中で私は裁かれるものというふうに思い、反対討論とさせていただきます。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 次に、原案に賛成の方の発言を求めます。

     (発言要求者なし)

 討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案第147号は原案のとおり可決されました。

 以上で全議案に対する質疑及び議案第147号の採決が終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) これより議案の委員会付託を行います。

 お手元に配付いたしております委員会付託案件表をごらん願います。

 ただいままでに上程されております各議案は、委員会付託案件表に記載のとおり各常任委員会に付託することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員会付託案件表のとおり付託いたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 日程2、請願の上程を行います。

 本定例会までに受理した請願についてはその要旨を印刷し、請願文書表とあわせてお手元に配付いたしておりますので、ごらん願います。

 それでは、請願第16号から請願第18号については請願文書表に記載のとおり各常任委員会に付託いたします。

 なお、備前市議会の申し合わせにより紹介議員からの紹介を行います。

 まず、請願第16号TPP交渉に関する請願の紹介を願います。

 17番橋本議員。

     〔17番 橋本逸夫君 登壇〕



◆17番(橋本逸夫君) それでは、ただいま上程されました請願第16号TPP交渉に関する請願の内容について説明をさせていただきます。

 請願者は、岡山市東区瀬戸町光明谷195、岡山東農業協同組合代表理事組合長長田謙二、紹介議員は私橋本逸夫でございます。

 請願の要旨は、TPP交渉に関する請願。

 2、請願の趣旨でございますが、日本は本年7月に開催されたTPP交渉会合より正式参加し、年内妥結を目指して交渉は現在佳境に入っております。TPP交渉の結果によっては日本の農業は壊滅的な被害を受けることは必定であり、日本の農業を守るために以下の請願事項に沿った意見書を国に提出していただきたいとのことであります。

 3、請願事項、1、政府は交渉の中で自民党のTPP交渉に関する決議と衆参農林水産委員会のTPP協定交渉参加に関する決議を遵守し、米、麦、牛肉、豚肉、乳製品、甘味資源作物などの農畜産物について確実に除外または再協議の対象とすること。2、政府は自民党の政権公約の遵守や与党、国会の決議に即した国民が納得できる交渉方針を明確に示すとともに情報を国民に開示すること。3、交渉過程において政府方針の実現が困難と判断した場合には、交渉から脱退すること。

 以上であります。御賛同方よろしくお願いをいたします。



○議長(尾川直行君) 請願第16号についての紹介が終わりました。

 次に、請願第17号安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める請願の紹介を願います。

 15番川崎議員。

     〔15番 川崎輝通君 登壇〕



◆15番(川崎輝通君) それでは、請願第17号についての説明をさせていただきます。

 備前市議会議長尾川直行殿。請願者、岡山市北区下伊福西町1−53、岡山県医療労働組合連合会執行委員長福田幸恵。紹介議員は私川崎です。

 請願の要旨、安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める請願。

 請願の趣旨は、付記のとおりであります。

 請願事項、1、看護師など夜勤交替制労働者の労働時間を1日8時間、勤務間隔12時間以上、週32時間以内とし、労働環境を改善すること。2、医師、看護師、介護職員などを大幅にふやすこと。3、国民、患者、利用者の自己負担を減らし、安全・安心の医療介護を実現すること。

 以上であります。よろしくお願いいたします。



○議長(尾川直行君) 請願第17号についての紹介が終わりました。

 次に、請願第18号介護職員の処遇改善を求める請願の紹介を願います。

 15番川崎議員。



◆15番(川崎輝通君) 続きまして、請願第18号、備前市議会議長尾川直行殿。請願者、岡山市北区下伊福西町1−53、岡山県医療労働組合連合会執行委員長福田幸恵。紹介議員、私川崎でございます。

 請願の要旨、介護職員の処遇改善を求める請願。

 請願の趣旨については付記のとおりであります。

 3、請願事項、1、国の責任による予算増と賃金改善の施策を拡充すること。2、介護職員処遇改善の対象職員を介護職員以外の職種にも拡大すること。

 以上であります。よろしくお願いいたします。



○議長(尾川直行君) 請願第18号についての紹介が終わりました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 以上で本日の日程を終了いたします。

 この際、お諮りいたします。

 明日から16日までの7日間は委員会等開催のため休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、明日から16日までの7日間休会とすることに決しました。

 本日はこれにて散会いたします。

 皆さん、御苦労さまでした。

     午前10時53分 散会