議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 備前市

平成25年 5月第3回定例会 06月25日−06号




平成25年 5月第3回定例会 − 06月25日−06号







平成25年 5月第3回定例会



              第 3 回 定 例 会 会 議 録 (第6号)



会議開閉日時   平成25年6月25日  午前9時30分 開議    午前9時51分 閉会



会議の場所    備前市役所議場



出席した議員の番号氏名(1番は欠員)

  2番  星 野 和 也      3番  清 水 文 雄      4番  鵜 川 晃 匠

  5番  今 脇 一 知      6番  守 井 秀 龍      7番  山 本 恒 道

  8番  金 本   享      9番  西 崎 公 朗      10番  川 淵 正 行

  11番  掛 谷   繁      12番  森 本 博 子      13番  片 岡 紀久子

  14番  田 原 隆 雄      15番  川 崎 輝 通      16番  田 口 健 作

  17番  橋 本 逸 夫      18番  大 西 國 昭      19番  土 器   豊

  20番  中 西 裕 康      21番  津 島   誠      22番  尾 川 直 行



欠席・遅参・早退した議員の番号氏名

  欠席 なし  遅参 なし  早退 なし



説明のため出席した者の職氏名

  市長     吉 村 武 司  副市長    武 内 清 志  教育長    土 山 球 一

  総務部長   三 村   功  市民生活部長 野 上 茂 之  保健福祉部長 金 光   亨

  産業部長   高 橋 昌 弘  上下水道部長 堀   俊 策  日生総合支所長坪 本 弘 毅

  吉永総合支所長里 見 清 美  教育次長   岩 崎   透  病院総括事務長森 脇   博



職務のため議場に出席した議会事務局職員

  事務局長   山 口 和 夫  事務局次長  山 本 光 男  議事係長   石 村 享 平

  議事係主査  青 木 弘 行





△議事日程並びに付議事件(結果)


番号議事日程付議事件等結果
1委員長報告
・審査結果報告(質疑)総務文教委員長報告
厚生委員長報告
産業委員長報告
予算決算審査委員長報告
2討論・採決
継続審査の申し出
・一覧表のとおり
議案第66号 備前市まちづくり基本条例の一部を改正する条例の制定について原案可決
議案第67号 備前市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について原案可決
議案第68号 備前市定住自立圏推進基金条例を廃止する条例の制定について原案可決
議案第69号 備前市住民生活に光をそそぐ基金条例を廃止する条例の制定について原案可決
議案第70号 備前市長等の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定について原案可決
議案第71号 備前市子ども・子育て会議条例の制定について原案可決
議案第72号 日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更について原案可決
(討論あり)
議案第73号 備前中学校校舎及び体育館耐震化工事の請負契約締結について原案可決
議案第74号 平成25年度備前市一般会計補正予算(第1号)原案可決
(討論あり)
議案第75号 平成25年度備前市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)原案可決
議案第76号 平成25年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第1号)原案可決
議案第77号 備前市過疎地域自立促進計画の一部変更について原案可決
議案第78号 備前市八塔寺ふるさと農園の指定管理者の指定について原案可決
議案第79号 備前市八塔寺山荘及び備前市八塔寺ふるさと館の指定管理者の指定について原案可決
議案第80号 備前市大池緑地公園の指定管理者の指定について原案可決
報告第1号 専決処分(専決第7号 備前市税条例の一部を改正する条例)の承認を求めることについて承認
報告第2号 専決処分(専決第8号 備前市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)の承認を求めることについて承認
(討論あり)
報告第3号 専決処分(専決第9号 平成24年度備前市一般会計補正予算(第9号))の承認を求めることについて承認
報告第4号 専決処分(専決第10号 平成24年度備前市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号))の承認を求めることについて承認
報告第5号 専決処分(専決第11号 平成24年度備前市三国地区財産区管理事業特別会計補正予算(第2号))の承認を求めることについて承認
報告第6号 専決処分(専決第12号 平成24年度備前市下水道事業特別会計補正予算(第4号))の承認を求めることについて承認
報告第7号 専決処分(専決第13号 平成24年度備前市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号))の承認を求めることについて承認
報告第8号 専決処分(専決第14号 平成24年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第4号))の承認を求めることについて承認
報告第9号 専決処分(専決第15号 平成24年度備前市墓園事業特別会計補正予算(第5号))の承認を求めることについて承認






△継続審査申出一覧表


付託委員会案件番号案件付託月日
厚生請願第13号年金2.5%の削減中止を国に求める意見書提出に関する請願25. 6.17
産業請願第14号最低賃金引き上げ、中小企業支援策の拡充を国に求める意見書提出に関する請願25. 6.17






     午前9時30分 開議



○議長(尾川直行君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席は21名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 議事に先立ちまして、御報告いたします。

 市長から地方自治法第243条の3第2項の規定により提出されました備前市土地開発公社外7法人の経営状況についての書類並びに備前市監査委員から地方自治法第235条の2の規定に基づき報告のありました平成24年度4月分及び平成25年度4月分の例月出納検査結果の写しを事務局で保管しておりますので、ごらん願います。

 これより議事日程に入ります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 日程1、委員長報告を行います。

 まず、総務文教委員長の報告を願います。

 橋本総務文教委員長。

     〔総務文教委員長 橋本逸夫君 登壇〕



◆総務文教委員長(橋本逸夫君) 改めましておはようございます。

 それでは、総務文教委員会の審査結果の報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました議案9件を審査するため、6月18日に委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査をいたしました。審査の結果、議案第70号を除き全会一致で原案のとおり可決いたしました。

 なお、議案第70号備前市長等の給与及び旅費に関する条例の特例に関する条例の制定につきましては、減額を疑問とする反対意見がございましたが、賛成多数で可決いたしました。少数意見はございませんでした。

 以上で総務文教委員会の委員長報告を終わります。



○議長(尾川直行君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で総務文教委員長の報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、厚生委員長の報告を願います。

 中西厚生委員長。

     〔厚生委員長 中西裕康君 登壇〕



◆厚生委員長(中西裕康君) それでは、厚生委員会の審査の結果の報告を申し上げます。

 6月17日に本委員会に付託されました議案7件及び請願1件を審査するため、6月19日に本委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査いたしました。

 審査の結果、議案第71号の条例制定案及び議案第76号の事業会計補正予算案につきましては、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 また、報告第2号、報告第4号、報告第7号、報告第8号、報告第9号の専決処分の承認を求めることにつきましてはいずれも全会一致で承認すべきものと決定いたしました。

 また、請願第13号につきましては引き続き調査する必要があるということで継続審査とすることに決定いたしました。

 以上で厚生委員会の委員長報告を終わります。



○議長(尾川直行君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で厚生委員長の報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、産業委員長の報告を願います。

 西崎産業委員長。

     〔産業委員長 西崎公朗君 登壇〕



◆産業委員長(西崎公朗君) おはようございます。

 それでは、産業委員会の審査結果の報告をさせていただきます。

 産業委員会に付託されました議案6件、請願1件を審査するため、6月20日に委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査いたしました。

 付託案件、付託月日、審査月日、出席委員、欠席委員、説明員は付記のとおりであります。

 主な審査内容は、議案第72号においてP1、P5橋脚基礎部分の岩盤掘削工事について変更の必要性、積算根拠について質疑があり、執行部から設計表示により岩盤が固かったため、標準工法から衝撃を与えながら掘削する特殊工法に変更して掘削したものの、想定より多くの日数を要したため、変更が生じたとの説明でありました。

 積算に当たっては、1本当たりの日数を計算し、1本ずつ評価した上で計算しており、実日数の7割程度を計上しているとのことでありました。

 また、A1橋台工事を除外する必要性について質疑がありましたが、保安林解除がおくれたことで工程を再検討した結果除外するもので、今後道路工事に含めて発注する予定であるとの説明でありました。

 審査の結果、議案6件全て全会一致で原案を可決並びに承認いたしました。少数意見はございません。

 請願第14号については継続審査といたしております。

 以上で報告を終わります。



○議長(尾川直行君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で産業委員長の報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、予算決算審査委員長の報告を願います。

 山本予算決算審査委員長。

     〔予算決算審査委員長 山本恒道君 登

      壇〕



◆予算決算審査委員長(山本恒道君) おはようございます。

 それでは、予算決算審査委員会の審査結果の御報告をいたします。

 本委員会に付託されました議案第74号平成25年度備前市一般会計補正予算(第1号)及び報告第3号専決処分(専決第9号平成24年度備前市一般会計補正予算(第9号))の承認を求めることについての2議案を審査するため、委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査いたしました。

 付託月日、審査月日、出席委員、欠席委員、説明員は付記のとおりであります。

 審査の結果、いずれの議案も全会一致で原案のとおり可決並びに承認されました。

 以上で予算決算審査委員会の委員長報告を終わります。



○議長(尾川直行君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で予算決算審査委員長の報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 日程2、討論・採決を行います。

 まず、議案第66号から議案第71号までの6件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも原案可決であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第66号から議案第71号までの6件はいずれも原案のとおり可決されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第72号日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更についてにつきましては、討論の通告がありますので、これより討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を求めます。

 20番中西議員。

     〔20番 中西裕康君 登壇〕



◆20番(中西裕康君) それでは、私は議案第72号日生大橋(仮称)建設工事の請負契約の変更についての反対討論を行います。

 私は、そもそも日生大橋(仮称)の建設工事に反対をこれまでもしてきました。理由につきましては、それぞれの年度当初予算時に明らかにしております。

 また、今回の契約変更を見ても次年度への別途発注をするなど、工事の施工監理能力が甚だ疑われるものであります。このような大幅な請負契約の変更は認められません。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 次に、原案に賛成の方の発言を求めます。

     (発言要求者なし)

 討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより議案第72号を採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案第72号は原案のとおり可決されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第73号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第73号は原案のとおり可決されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第74号平成25年度備前市一般会計補正予算(第1号)につきましては討論の通告がありますので、これより討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を求めます。

 20番中西議員。

     〔20番 中西裕康君 登壇〕



◆20番(中西裕康君) それでは、私は議案第74号平成25年度備前市一般会計補正予算(第1号)に反対の立場から討論を行います。

 平成25年度備前市一般会計は、市長選挙が行われるために骨格予算となっておりました。その肉づけをすべき補正予算がこの5月補正予算であります。中には日本共産党が長年にわたり要望してきました住宅リフォーム1,000万円、これは地域経済に活性化をもたらすものとして計上されています。大切なものであります。

 しかし、市民生活に欠くことのできない道路維持補修費用関係、教育関連施設を多数保持する備前市での学校耐震工事予算、地域要望の強い旧日生病院関連工事費など大切なものが先送りにされています。このことは、備前市の行政を大きく停滞させ、市内の経済活動、また市民の生活に大きく影響を与えるものであります。

 9月補正予算では、来年度に繰り越しされるものもありましょうが、私は早急な市民本位の補正予算が組まれることを望んでおります。

 私は、まず地域活性化のためには公的資金が地域の中で循環することが大切と考えます。また、水道、下水の肉づけもされていないことを指摘し、反対討論といたします。

 以上です。



○議長(尾川直行君) 次に、原案に賛成の方の発言を求めます。

     (発言要求者なし)

 討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより議案第74号を採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案第74号は原案のおり可決されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、議案第75号から議案第80号までの6件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも原案可決であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第75号から議案第80号までの6件はいずれも原案のとおり可決されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、報告第1号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は承認であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を終結し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、報告第1号は承認されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、報告第2号専決処分(専決第8号備前市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)の承認を求めることについてにつきましては、討論の通告がありますので、これより討論を行います。

 まず、承認することに反対の方の発言を求めます。

 15番川崎議員。

     〔15番 川崎輝通君 登壇〕



◆15番(川崎輝通君) それでは、報告第2号専決処分(専決第8号備前市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)の承認を求めることについて、反対の立場から討論いたします。

 今回の改正は、地方税法の公布が3月30日、そして4月1日実施のため議会開催ができないので、3月31日に専決をするものであります。

 反対の理由の第1に、専決についてでありますが、地方自治法では専決処分については法律の規定による専決179条と議会の委任による専決180条とありますが、今回の専決は179条とされ、理由は議会を開催する時間がないとされたものであります。

 しかし、地方自治法では急を要する場合には自治法第101条第2項の規定に基づき3日の告示期間を行わなくても議会は招集できるものとされています。

 また、専決処分は議会で否決に合ったとしても市長の権限は強く、法的に有効とされております。それだけに、最後の手段であると言えます。

 少なくとも、地方税法改正を精査するとすれば1週間程度はかかるものの、3月31日は日曜日、当然過去にさかのぼり専決したものであります。とすれば、議会開催は当然できたとするのが妥当ではないでしょうか。

 第2に、改正は国保から後期高齢者医療制度に移行した特定世帯を2分の1減額を5年間、4分の1減額を3年間と恒久化するものであります。私は、後期高齢者医療制度の廃止を求めることから反対するものであります。

 以上で私の反対討論を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(尾川直行君) 次に、承認することに賛成の方の発言を求めます。

     (発言要求者なし)

 討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより報告第2号を採決いたします。

 本案は承認することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、報告第2号は承認されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、報告第3号から報告第9号までの7件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも承認であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、報告第3号から報告第9号までの7件は承認されました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、厚生委員長及び産業委員長からお手元の継続審査申し出一覧表のとおり、現在委員会において審査中の事件につき、委員会条例第44条の規定により、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定しました。

 以上で本定例会に付議されました案件の審議は全て終了いたしました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) それでは、これをもちまして平成25年5月第3回定例会を閉会いたします。

 皆さん、長期間にわたり御苦労さまでした。

     午前9時51分 閉会





 上記地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。



  備前市議会議長  尾  川  直  行





  備前市議会議員  片  岡  紀 久 子





  備前市議会議員  田  原  隆  雄





  備前市議会議員  川  崎  輝  通