議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 備前市

平成24年 9月第5回定例会 09月27日−05号




平成24年 9月第5回定例会 − 09月27日−05号







平成24年 9月第5回定例会



              第 5 回 定 例 会 会 議 録 (第5号)



会議開閉日時  平成24年9月27日  午前9時30分 開議    午前9時48分 閉会



会議の場所   備前市役所議場



出席した議員の番号氏名

  1番  星 野 和 也      2番  清 水 文 雄      3番  鵜 川 晃 匠

  4番  沖 田   護      5番  今 脇 一 知      6番  守 井 秀 龍

  7番  山 本 恒 道      8番  金 本   享      9番  西 崎 公 朗

  10番  川 淵 正 行      11番  掛 谷   繁      12番  森 本 博 子

  13番  片 岡 紀久子      14番  田 原 隆 雄      15番  川 崎 輝 通

  16番  田 口 健 作      17番  橋 本 逸 夫      18番  大 西 國 昭

  19番  土 器   豊      20番  中 西 裕 康      21番  津 島   誠

  22番  尾 川 直 行



欠席・遅参・早退した議員の番号氏名

  欠席 なし  遅参 19番 土器 豊  早退 なし



説明のため出席した者の職氏名

  市長      西 岡 憲 康  副市長     武 内 清 志  教育長     土 山 球 一

  総務部長    三 村   功  市民生活部長  野 上 茂 之  保健福祉部長  金 光   亨

  産業部長    高 橋 昌 弘  上下水道部長  石 橋 雅 之  日生総合支所長 谷 口 富 祥

  吉永総合支所長 里 見 清 美  教育次長    岩 崎   透  病院総括事務長 宇 野 信 行



職務のため議場に出席した議会事務局職員

  事務局長    山 口 和 夫  事務局次長   高 山 豊 彰  議事係長    石 村 享 平

  議事係主査   青 木 弘 行





△議事日程並びに付議事件(結果)


番号議事日程付議事件等結果
1委員長報告
・審査結果報告(質疑)総務文教委員長報告
厚生委員長報告
産業委員長報告
予算決算審査委員長報告
2討論・採決
継続審査の申し出
・一覧表のとおり議案第 73号 備前市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について原案可決
議案第 74号 備前市災害対策本部条例の一部を改正する条例の制定について原案可決
議案第 75号 備前市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について原案可決
議案第 77号 備前市上下水道審議会条例の制定について原案可決
議案第 78号 平成24年度備前市一般会計補正予算(第4号)原案可決
議案第 79号 平成24年度備前市下水道事業特別会計補正予算(第1号)原案可決
議案第 80号 平成24年度備前市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)原案可決
議案第 81号 平成24年度備前市宅地造成分譲事業特別会計補正予算(第1号)原案可決
議案第 82号 平成24年度備前市墓園事業特別会計補正予算(第3号)原案可決
議案第 83号 平成24年度備前市国民健康保険病院事業会計補正予算(第1号)原案可決
議案第 86号 平成23年度備前市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 87号 平成23年度備前市三石財産区管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 88号 平成23年度備前市三国地区財産区管理事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 89号 平成23年度備前市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 90号 平成23年度備前市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 91号 平成23年度備前市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 92号 平成23年度備前市浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 95号 平成23年度備前市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 96号 平成23年度備前市飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 97号 平成23年度備前市宅地造成分譲事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 98号 平成23年度備前市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第 99号 平成23年度備前市郷土料理館事業特別会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第101号 平成23年度備前市水道事業会計決算の認定について認定
(討論あり)

地方公営企業法第
32条第2項の規定
に基づく剰余金の
処分案も原案可決
議案第103号 平成23年度和気・赤磐共同コンポスト事務組合会計歳入歳出決算の認定について認定
議案第105号 市道路線の認定について原案可決
議案第106号 備前市過疎地域自立促進計画の変更について原案可決
議案第107号 平成24年度備前市一般会計補正予算(第5号)原案可決
報告第 18号 専決処分(専決第2号 平成24年度備前市一般会計補正予算(第2号))の承認を求めることについて承認
報告第 19号 専決処分(専決第3号 平成24年度備前市墓園事業特別会計補正予算(第2号))の承認を求めることについて承認
報告第 20号 専決処分(専決第4号 平成24年度備前市一般会計補正予算(第3号))の承認を求めることについて承認






△継続審査申出一覧表


付託委員会案件番号案件付託月日
厚生議案第85号平成23年度備前市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について24. 9.18
厚生議案第93号平成23年度備前市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の認定について24. 9.18
厚生議案第94号平成23年度備前市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について24. 9.18
厚生議案第100号平成23年度備前市墓園事業特別会計歳入歳出決算の認定について24. 9.18
厚生議案第102号平成23年度備前市国民健康保険病院事業会計決算の認定について24. 9.18
予算決算審査議案第84号平成23年度備前市一般会計歳入歳出決算の認定について24. 9.18








     午前9時30分 開議



○議長(尾川直行君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席は21名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 日程1、委員長報告を行います。

 まず、総務文教委員長の報告を願います。

 橋本総務文教委員長。

     〔総務文教委員長 橋本逸夫君 登壇〕



◆総務文教委員長(橋本逸夫君) 皆さん、おはようございます。

 それでは、議長の指名によりまして、総務文教委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました特別会計決算3件を含む議案7件を審査するために、9月19日に委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査をいたしました。審査の結果、いずれの議案も全会一致で原案可決並びに認定をいたしました。少数意見はございませんでした。

 以上で総務文教委員会の報告を終わります。



○議長(尾川直行君) これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で総務文教委員長の報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、厚生委員長の報告を願います。

 中西厚生委員長。

     〔厚生委員長 中西裕康君 登壇〕



◆厚生委員長(中西裕康君) それでは、厚生委員会の審査の結果を報告申し上げます。

 9月18日に本委員会に付託されました市長提出議案9件を審査するため、9月20日に本委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果、議案第80号、議案第82号、議案第83号の補正予算案につきましてはいずれの議案も全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 また、報告第19号の専決処分につきましても全会一致で承認すべきものと決定いたしました。

 なお、議案第85号、議案第93号、議案第94号、議案第100号、議案第102号の特別会計等の決算認定議案につきましては閉会中の継続審査と決定いたしました。

 以上で厚生委員会の委員長報告を終わります。



○議長(尾川直行君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で厚生委員長の報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、産業委員長の報告を願います。

 西崎産業委員長。

     〔産業委員長 西崎公朗君 登壇〕



◆産業委員長(西崎公朗君) おはようございます。

 それでは、産業委員会の審査結果の報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました議案15件について審査をするため、9月21日に委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果、議案第77号、議案第79号、議案第81号、議案第105号の4件についてはいずれも全会一致で原案のとおり可決されました。

 次に、議案第89号、議案第90号、議案第91号、議案第92号、議案第95号、議案第96号、議案第97号、議案第98号、議案第99号、議案第103号の各会計決算についてはいずれも全会一致で認定されました。

 次に、議案第101号平成23年度備前市水道事業会計決算については採決の結果賛成多数で認定されました。

 また、この議案第101号につきましては、地方公営企業法第32条第2項の規定に基づく剰余金の処分案についても審査いたしましたが、全会一致で原案のとおり可決されました。

 なお、閉会中の継続調査事件として平成22年6月21日に本委員会に付託されました郷土料理館事業についての調査研究につきましては、このたびの委員長報告をもって全ての調査を終了しましたので、あわせて報告いたします。

 以上で産業委員会の委員長報告を終わります。



○議長(尾川直行君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で産業委員長の報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 次に、予算決算審査委員長の報告を願います。

 片岡予算決算審査委員長。

     〔予算決算審査委員長 片岡紀久子君 登壇〕



◆予算決算審査委員長(片岡紀久子君) それでは、予算決算審査委員会の審査結果の報告を申し上げます。

 9月18日に本委員会に付託されました議案第78号、議案第84号、報告第18号、報告第20号、議案第107号を審査するため、9月25日に本委員会を開催し、説明員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果、議案第78号及び議案第107号につきましては全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 また、報告第18号及び報告第20号につきましては全会一致で承認すべきものと決定いたしました。

 なお、議案第107号の審査に当たり4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費、18節備品購入費の240万円につきましては十分な説明がなされていない、前例主義を踏襲するのはどうかなどの指摘があり、また施設備品を購入するに当たっては、再度十分精査され、経費節減に努め予算執行するようにとの意見があり、執行部も購入に当たっては再度検討するという議論がございました。

 次に、議案第84号平成23年度備前市一般会計歳入歳出決算の認定につきましては閉会中の継続審査といたしました。

 以上で予算決算審査委員会の委員長報告を終わります。



○議長(尾川直行君) 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 以上で予算決算審査委員長の報告を終わります。

 以上で委員長報告を終わります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 日程2、討論・採決を行います。

 まず、議案第73号から議案第75号及び議案第77号から議案第83号までの10件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも原案可決であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第73号から議案第75号及び議案第77号から議案第83号までの10件はいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第86号から議案第92号及び議案第95号から議案第99号までの12件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも認定であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第86号から議案第92号及び議案第95号から議案第99号までの12件はいずれも認定されました。

 次に、議案第101号平成23年度備前市水道事業会計決算の認定については討論の通告がありますので、これより討論を行います。

 まず、認定することに反対の方の発言を求めます。

 15番川崎議員。

     〔15番 川崎輝通君 登壇〕



◆15番(川崎輝通君) おはようございます。

 それでは、議案第101号に対する反対討論をさせていただきます。

 毎年のことでありますが、この水道事業については長年の懸案でもあります。先代の市長が水道の長期見通しを見誤る中で、私はこういった苫田ダム関係で一切水を使っていないと。にもかかわらず、年間1,000万円近いお金が支出されていると。これはそろそろ検討すべき時期ではないでしょうか。特に、今回の広域水道の規約改正によって順番制ではなく、全ての首長が広域水道の議員として参加する予定でありますから、改めてこういった受益者負担主義からいっても一切未来永劫受益を備前市民は得ないにもかかわらず、1,000万円近い支出というのは無駄の典型だと私は思います。これが一つ改正できないということは、岡山県政も少しおかしいんではないか。そういう意味では、新しい県知事が誕生する予定です。堂々と市長さんは県知事に対しこういった受益者負担主義にも反するような負担金についてはなくしてほしいということをしっかり訴えていただくことを要望して、反対討論にかえさせていただきます。御賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(尾川直行君) 次に、認定することに賛成の方の発言を求めます。

     (発言要求者なし)

 討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより議案第101号を採決いたします。

 本案は認定することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案第101号は認定されました。

 続きまして、地方公営企業法第32条第2項の規定により、議決事項となっております平成23年度備前市水道事業剰余金処分計算書案についてお諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、平成23年度備前市水道事業剰余金処分案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第103号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は認定であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第103号は認定されました。

 次に、議案第105号から議案第107号の3件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも原案可決であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第105号から議案第107号の3件はいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、報告第18号から報告第20号までの3件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも承認であります。

 お諮りいたします。

 本案は討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、報告第18号から報告第20号までの3件はいずれも承認されました。

 次に、厚生委員長及び予算決算審査委員長からお手元の継続審査申し出一覧表のとおり、現在委員会において審査中の事件につき、委員会条例第44条の規定により、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定しました。

 以上で本定例会に付議されました案件の審議は全て終了いたしました。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) 閉会に当たり、執行部に一言申し上げます。

 今定例会では議案が撤回されるという事態が起こりました。今回の撤回は、政策的なことや事情の変更によるものではなく、内部及び関係機関との調整不足により改正不要な条例が提案されたことによるものでありました。今後はこのようなことが起こらないよう、議案提出に当たっては関連する条例等との整合性を図るとともに、内部の連絡を密にし、正確を期するよう申し入れをいたします。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(尾川直行君) それでは、これをもちまして平成24年9月第5回定例会を閉会いたします。

 皆さん、長期間にわたり御苦労さまでした。

     午前9時48分 閉会





 上記地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。



  備前市議会議長  尾  川  直  行





  備前市議会議員  星  野  和  也





  備前市議会議員  清  水  文  雄





  備前市議会議員  鵜  川  晃  匠