議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 総社市

平成16年12月定例会 12月02日−01号




平成16年12月定例会 − 12月02日−01号







平成16年12月定例会



          平成16年12月定例総社市議会会議録(第1号)



             〇平成16年12月2日(木曜日)

1. 開 会 平成16年12月2日 午前10時 3分

2. 散 会 平成16年12月2日 午前11時 7分

3. 出席または欠席した議員の番号及び氏名

   出席議員

   1番 津神謙太郎      2番 村木 理英      3番 頓宮美津子

   4番 橋本  茂      5番 小西 利一      6番 片岡 茂夫

   7番 多田 英章      8番 澁江 文男      9番 名木田正昭

   10番 秋山  聖      11番 加藤 保博      12番 光畑嘉代子

   13番 笠原 武士      14番 神崎  干      15番 松浦 政利

   16番 荒木 勝美      17番 山口 久子      18番 金池  徹

   19番 中村 吉男      20番 萱原  潤      21番 丹下  茂

   22番 西森 頼夫      24番 服部 剛司

4. 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名

   議会事務局長  塩 尻    司    同   次長  浅 沼  節 夫

   同 議事係長  三 村  和 久    同議事係主任  松 久  茂 喜

5. 説明のため出席した者の職氏名

   市長      竹 内  洋 二    助役      國 府  久 倶

   収入役     木 口  博 元    総務部長    丸 山  光 雄

   生活環境部長  秋 山  壮 市    保健福祉部長  大 村    稔

   経済部長    守 安  道 夫    建設部長    秋 山  庄司郎

   消防長     藤 岡    徹    教育委員会委員長清 水    男

   教育長     ? 田  交 三    教育次長    平 田  充 宏

   総務課長    山 本    勉

6. 会議録署名議員

   1番 津神謙太郎      22番 西森 頼夫

7. 本日の議事日程

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 会期の決定

   第3 先議案件上程──提案理由の説明──質疑──討論──採決

   第4 諸議案一括上程──提案理由の説明

8. 付議事件及びその結果

   議案第65号 財産の取得について              原 案 可 決

   報告第 8号 地方自治法第180条第1項の規定による専決処分について

                                 報告を受けた

   報告第 9号 地方自治法第180条第1項の規定による専決処分について

                                 報告を受けた

   報告第10号 地方自治法第180条第1項の規定による専決処分について

                                 報告を受けた

9. 議事経過の概要

   次のとおり







              開会 午前10時3分



○議長(荒木勝美君) ただいまの出席23名全員であります。

 ただいまより平成16年12月定例市議会を開会いたします。

 この定例市議会には、報告3件、議案16件の計19件が提案審議される予定になっております。

 では、これより会議を開きます。

 まず、議会運営委員会の審査結果について委員長の報告を求めます。

 議会運営委員会委員長、20番萱原潤君。

              〔20番 萱原 潤君 登壇〕



◆議会運営委員会委員長(萱原潤君) おはようございます。

 ただいまから議会運営委員会委員長報告を申し上げます。

 去る11月25日開催いたしました議会運営委員会の審査結果について御報告いたします。

 まず、今期定例会の会期は、本日から12月16日までの15日間の予定であります。

 次に、一般質問及び質疑の取り扱いでありますが、まず一般質問につきましては、通告期限を本日午後1時までとし、発言順位は通告されたものにつきまして議長が抽せんを行い、決定をいたします。また、質問時間は、従前のとおり全体を通じて1時間以内といたしております。

 次に、質疑の取り扱いについてでありますが、通告期限を12月6日月曜日午後1時までといたしております。質疑は、本会議で議題とされた順序により質疑を行い、同一議案に対する通告者が多数の場合は通告順に行い、また委員長報告に対する質疑につきましては、議長において適宜定め、各議員に通知することにいたしております。

 なお、質疑は大綱質疑とし、詳細は委員会審査にゆだねることにいたしておりますので、申し添えておきます。

 次に、常任委員会の開催についてでありますが、日時はお手元に配付いたしております議会運営要領に記載のとおり、12月9日及び10日の両日、それぞれ1日2委員会ずつ開催することにいたしております。

 また、合併協議検討特別委員会を12月13日に開催する予定といたしております。

 次に、次期議会の会期の日程等についてでありますが、本件につきましては継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたす予定にいたしております。

 以上で、議会運営委員会の審査結果について報告を終わります。



○議長(荒木勝美君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおり会議を進めてまいりますので、御協力をお願いいたします。

 なお、この際、私より申し上げます。

 議長会等各種会議出席状況及び議員派遣の状況並びに平成16年9月定例市議会会議録の写しをお手元に配付いたしておりますので、後ほどごらん願います。

 また、会議規則第62条第2項の規定による一般質問の通告期限を本日午後1時までと定めておりますので、通告されます方は時間厳守でお願いいたします。

 これより議事に入ります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(荒木勝美君) まず、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長より、1番津神謙太郎君、22番西森頼夫君の2名を指名いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定



○議長(荒木勝美君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から12月16日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(荒木勝美君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は15日間と決定いたしました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 先議案件上程



○議長(荒木勝美君) 次に、日程第3、議案第65号を議題といたします。

 この際、私より申し上げます。

 本件については、委員会付託を省略することに予定いたしておりますので、御了承を願います。

 では、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 師走に入りましたですが、お変わりございませんでしょうか。常日ごろから市議会を初め市民の皆様には、市政の推進に格段の御理解と御協力を賜っており、厚く御礼申し上げます。

 去る10月23日に発生いたしました新潟県中越地震から1カ月余りが経過をしておりますが、今なお多くの方々が避難生活を続けておられます。亡くなられました方々の御冥福をお祈りするとともに、被害を受けられた皆様に心からお見舞いを申し上げます。これから冬を迎えることになりますが、一日も早い復興と元気を取り戻していただきますようお祈りを申し上げる次第でございます。

 では、今議会に提案いたしております諸議案の説明に先立ち、現在進めております事務事業の概要等について御説明申し上げ、一層の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 まず1点目は、名誉市民の推戴についてでございます。

 9月定例市議会で決定をいただきました高木聖鶴先生の名誉市民推戴式を、議員の皆様を初め多くの御列席者をお迎えして、盛会にとり行うことができました。改めて厚く御礼を申し上げます。聖鶴先生のますますの御活躍を心からお祈りを申し上げる次第でございます。

 2点目は、合併についてでございます。

 既に御承知のように、去る9月11日、3市村の合併協定調印式を国民宿舎サンロード吉備路において行い、岡山県知事及び3市村の議長立ち会いのもと、3市村長が合併協定書に調印いたしました。また、9月24日には各議会での合併関連議案の御議決をいただき、9月29日に県知事に対しまして合併申請書を提出したところでございます。

 今後の予定でございますが、12月県議会での議決、県知事の合併決定などを経て、来年1月には総務大臣の告示がなされる予定であります。

 来年3月22日の新「総社市」の発足を目指し、今後とも誠心誠意取り組みたいと思っておりますので、議員の皆様には引き続き御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 3点目は、国体についてであります。

 去る11月5日から3日間、きびじアリーナにおいて、晴れの国おかやま国体のリハーサル大会として、全日本卓球選手権大会団体の部を開催いたしました。この大会には、国内のトップ選手からなる男女24チームが集い、日本一を決める熱戦を展開したところでございます。アテネオリンピック卓球女子シングルスに出場した青森山田高校の福原愛選手が出場したこともあり、3日間で約6,000人の皆様が会場いっぱいの声援と拍手で大いに盛り上げていただいたところでございます。

 また、この大会には、数多くのボランティアの方々に御協力をいただいております。改めて感謝を申し上げたいと思います。市民の皆様の御協力により会場を花いっぱいにしていただき、和やかに運営することができ、衷心より重ねて厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 来年になりますと、いよいよ国体本番であります。5月の障害者スポーツ大会、卓球競技のリハーサル大会、そして夏季・秋季の国体、全国障害者スポーツ大会に向け、より一層の盛り上げを図るよう準備を進めたいと存じます。議員の皆様を初め、市民の皆様のさらなる御協力をお願い申し上げる次第でございます。

 4点目は、中央保育所の公設民営についてであります。

 このことについては、昨年9月から保護者に対し種々説明をし、御理解をいただいてきたところでございます。また、受託団体の選定については、受託団体選考委員会を設置し、慎重に審議を重ね、すみれ保育園を経営しております社会福祉法人総社福祉会を選考いただき、決定をいたしております。

 今後につきましては、来年4月からの公設民営に向けてスムーズな移行のための諸準備を進めるとともに、利用者のニーズに柔軟に対応し、明るく楽しい保育所となるよう努める所存でございます。

 5点目は、第5回雪舟の里墨彩画公募展についてであります。

 10月13日から17日まで天満屋岡山店において、審査員の諸先生方に御協力をいただき、入選作品とともに先生方の作品も展示をいたしました。初日には、審査員で日本芸術院会員の上村淳之先生から「日本画の伝統」と題したギャラリートークを行っていただくなど、約2,000人の多くの方々に御鑑賞をいただいたところでございます。審査員の先生方からは、墨彩の意味が理解され、落ちついた制作態度の作品が多く、レベルも大変高いものとなっている。この墨彩画公募展は、日本画壇にも今後大きな影響を与えるであろうと、そういった御講評をいただいたところでございます。

 また、11月19日から21日まで、雪舟さんゆかりの宝福寺において第1回から第5回までの上位入賞作品、審査員の先生方の作品とともに、雪舟さんの足跡を紹介するコーナーも設け、「墨彩画秀作展と雪舟の足跡展」を開催いたしました。3日間で6,300人を超える多くの方々に御来場いただきました。宝福寺の紅葉と墨彩画の美を堪能いただけたものと思います。

 さて、今議会に提案しております議案は、報告に関するもの3件、平成16年度の補正予算に関するもの8件、その他のもの8件、計19件でございます。

 まず、先議案件につきましては、担当者から説明をさせますので、十分御審議をいただきまして、適切な御議決を賜りますようにお願いを申し上げます。



○議長(荒木勝美君) 消防長。

              〔消防長 藤岡 徹君 登壇〕



◎消防長(藤岡徹君) 命によりまして、議案第65号 財産取得につきまして提案理由の御説明を申し上げます。

 このたび取得しようとする財産は、国庫補助事業により救急救命活動に必要な高規格救急自動車1台を購入しようとするもので、本署に配置しております高規格救急自動車を更新するものでございます。契約の方法につきましては指名競争入札として、岡山トヨタ自動車株式会社総社営業所、岡山日産自動車株式会社、岡山トヨペット株式会社の3社を選定いたしまして、去る10月25日に入札を執行いたしましたところ、岡山日産自動車が消費税及び地方消費税を含めた価格3,543万7,500円で落札し、10月28日に仮契約を結び、納入期限を平成17年3月11日としております。この購入契約につきましては、価格が2,000万円以上でございますので、総社市財産条例第2条の規定に該当いたしますことから、地方自治法第96条第1項第8号の規定により市議会の議決を得ようとするものでございます。

 なお、先議案件とさせていただきました理由につきましては、国庫補助事業の事務手続上、補助金交付決定の日から60日以内に契約を完了することとされており、その期限が12月11日でありますことから、先議案件とさせていただいたものでございます。御審議を賜りますようよろしくお願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。

 ただいまの議案に対する質疑がありますれば、議会事務局に通告用紙がありますので、通告を願います。

 この際、しばらく休憩をいたします。

              休憩 午前10時17分

              再開 午前10時17分



○議長(荒木勝美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第65号 財産の取得についての質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(荒木勝美君) これをもって議案第65号の質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第65号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(荒木勝美君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第65号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 議案第65号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(荒木勝美君) これをもって議案第65号の討論を終結いたします。

 これより議案第65号 財産の取得についてを採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(荒木勝美君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 諸議案一括上程



○議長(荒木勝美君) 次に、日程第4、報告第8号から報告第10号まで及び議案第66号から議案第80号までの18件を一括議題といたします。

 では、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 先議案件を原案のとおり御議決をいただき、ありがとうございました。

 引き続きまして、上程いただきました諸議案については、担当の方から説明をさせますので、関係資料も御参照の上、十分御審議をいただきまして、いずれも適切な御議決を賜りますようにお願いを申し上げます。



○議長(荒木勝美君) 建設部長。

              〔建設部長 秋山庄司郎君 登壇〕



◎建設部長(秋山庄司郎君) 命によりまして、報告第8号から報告第10号の地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしました道路管理瑕疵に伴います和解及び損害賠償について御説明を申し上げます。

 道路管理につきましては、日ごろ定期的にパトロールを実施いたしまして、不良箇所の発見と修理に努めておるところでございますが、今回このような事故が発生いたしましたことにつきまして、深くおわびを申し上げるところでございます。どうも済みませんでございました。

 まず、報告第8号の事故の概要につきましては、裏面に記載いたしておりますとおりでございますが、平成16年8月9日午前4時ごろ市内を走行中、落雷によりまして排水ポンプが運転不能となりましたことから、雨水がたまったため、エンジン部分が水につかり損傷したものでございます。この事故につきましては、社団法人全国市有物件災害共済会と協議をした結果、総社市の7割の過失割合で処理することとの回答がございました。

 この結果を受けまして、国家賠償法第2条及び民法第695条の規定に基づきまして、示談によりこれを賠償したものでございます。この賠償につきましては、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成16年9月27日に専決処分をしたものでございます。この賠償金17万5,000円でございますが、市が加入しております社団法人全国市有物件災害共済会から全額補てんされております。

 次に、報告第9号の事故の概要につきまして、裏面に記載いたしておりますとおりでございますが、平成16年9月29日午前7時40分ごろ市内を走行中、道路の橋りょう部が陥没いたしまして、ハンドルをとられまして、6.3m先の畑へ転落し損傷したものでございます。この事故につきましては、社団法人全国市有物件災害共済会と協議をした結果、総社市の10割の過失割合で処理することとの回答がございました。

 この結果を受けまして、国家賠償法第2条及び民法第695条の規定に基づきまして、示談によりこれを賠償したものでございます。この賠償につきましては、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成16年10月27日に専決処分したものでございます。この賠償金20万円でございますが、市が加入いたしております社団法人全国市有物件災害共済から全額補てんされます。

 続きまして、報告第10号でございます。この事故の概要につきましても、裏面に掲載しておりますとおりでございます。平成16年9月30日午前9時ごろ市内を走行中、道路が崩れまして、車が落ち込み損傷したものでございます。この事故につきましては、社団法人全国市有物件災害共済会と協議をした結果、総社市の10割の過失割合で処理することとの回答がございました。

 この結果を受けまして、国家賠償法第2条及び民法第695条の規定に基づきまして、示談によりこれを賠償したものでございます。この賠償につきましては、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成16年10月27日に専決処分したものでございます。この賠償金23万8,000円でございますが、市が加入いたしております社団法人全国市有物件災害共済会から全額補てんされます。

 なお、今後一層道路の安全点検に努めていくとともに、道路管理にも万全を期してまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 総務部長。

              〔総務部長 丸山光雄君 登壇〕



◎総務部長(丸山光雄君) 議案第66号 総社市・山手村・清音村合併協議会の廃止につきまして御説明申し上げます。

 総社市・山手村・清音村合併協議会は、昨年の10月1日に設置をいたしまして、3市村の合併について協議を行ってまいりましたが、平成17年3月22日から新たに総社市が設置されることに伴いまして、地方自治法第252条の6の規定によりまして、合併協議会を平成17年3月21日をもって廃止するものでございます。このことによりまして、市議会の議決を経ようとするものでございます。

 続きまして、議案第67号 総社市と岡山県との間の公平委員会の事務の委託の廃止について御説明を申し上げます。

 現在、総社市におきます公平委員会の事務につきましては、地方自治法の規定によりまして岡山県の人事委員会に委託をしておりますが、このたびの合併に伴いまして、現在の公平委員会に関する事務委託を廃止する必要がございますことから、地方自治法第252条の14第2項の規定によりまして市議会の議決を経ようとするものでございます。

 なお、新市発足時には、新たに新市におけます公平委員会事務の委託を行う予定といたしております。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 教育次長。

              〔教育次長 平田充宏君 登壇〕



◎教育次長(平田充宏君) 命によりまして、議案第68号、議案第69号の2議案につきまして御説明を申し上げます。

 この2議案につきましては、いずれも総社市、山手村及び清音村の3市村が合併することに伴いまして、岡山県総社市外二箇村中学校組合解散に係る所要の議決を得ようとするものでございます。

 まず、議案第68号 岡山県総社市外二箇村中学校組合の解散についてを御説明申し上げます。

 この議案につきましては、平成17年3月22日から総社市、都窪郡山手村及び同郡清音村を廃し、その区域をもって新たに総社市が設置されることに伴いまして、地方自治法第288条の規定によりまして、岡山県総社市外二箇村中学校組合の事務を新たに設置されます総社市に承継させ、同組合を解散する必要が生じましたことから、法の定めるところによりまして市議会の議決を経ようとするものでございます。

 次に、議案第69号 岡山県総社市外二箇村中学校組合の解散に伴う財産処分に関する協議についてでありますが、さきの議案第68号で御説明申し上げましたように、中学校組合の解散に伴い、法の定めるところによりまして、中学校組合の財産処分について市議会の議決を経ようとするものでございます。

 おはぐりをいただきまして、財産処分に関する協議の内容についてでございますが、記載のとおり岡山県総社市外二箇村中学校組合の財産はすべて、新たに設置されます総社市に帰属させようとするものでございます。

 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(荒木勝美君) 経済部長。

              〔経済部長 守安道夫君 登壇〕



◎経済部長(守安道夫君) 命によりまして、議案第70号 倉敷地区農業共済事務組合脱退及び加入につきまして御説明申し上げます。

 この議案の内容でございますが、総社市は合併に伴い、平成17年3月21日をもって倉敷地区農業共済事務組合を脱退いたしまして、平成17年3月22日から農業共済事業に関する事務を共同処理するため、総社市と都窪郡清音村及び都窪郡山手村の合併により設置されます総社市は、別紙規約によりまして倉敷地区農業共済事務組合に加入するため、法の定めるところによりまして市議会の議決を経ようとするものでございます。

 次に、規約の内容でございますが、別紙規約をごらんいただきたいと思います。

 この規約の内容でございますが、全文12条からなっておりまして、まず第1条では組合の名称を倉敷地区農業共済事務組合と定め、第2条では組織する地方公共団体を掲げておりまして、倉敷市、総社市、早島町、船穂町、真備町の5市町で組織されております。第3条では、共同処理する事務を、第4条では組合事務所の位置を定めておるものでございます。第5条から第7条につきましては、組合の議会についての規定でございます。

 なお、第5条では、組合議会の関係市町ごとの議員定数を定めておりますが、総社市の定数5人につきましては、現在の議員定数が総社市3人、清音村1人、山手村1人でございますが、この定数を合計したものとなっております。

 次に、第8条、第9条は執行機関について、第10条は監査委員について規定しているものでございます。第11条、第12条は、組合の経費についての規定でございます。

 附則といたしまして、この規約は平成17年3月22日から施行するものでございます。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 生活環境部長。

              〔生活環境部長 秋山壮市君 登壇〕



◎生活環境部長(秋山壮市君) 命によりまして、議案第71号について御説明いたします。

 この議案は、市町村の合併に伴い、岡山県広域水道企業団を組織する地方公共団体等の数が変動することによるものでございます。

 議案第71号 岡山県広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び岡山県広域水道企業団規約の変更について御説明いたします。

 この岡山県広域水道企業団は、岡山県及び5市19町1村1企業団からなる27団体で構成しておりますが、平成17年2月28日付の市町村の合併に伴い、従前の勝北町、久米町が脱退し、新たに津山市、加茂町、阿波村、勝北町、久米町との合併によって設置される津山市として岡山県広域水道企業団に加入するため、構成団体が岡山県及び5市17町1村1企業団になることから、岡山県広域水道企業団規約の一部改正が必要となりますので、地方自治法第286条第1項の規定により市議会の議決を経ようとするものでございます。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 消防長。

              〔消防長 藤岡 徹君 登壇〕



◎消防長(藤岡徹君) 命によりまして、議案第72号 消防事務の受託の廃止につきまして提案理由の御説明を申し上げます。

 消防事務の受託につきましては、昭和48年4月1日から吉備郡真備町、都窪郡山手村、同郡清音村から事務委託を受けまして現在に至っておりますが、平成17年3月22日から総社市、都窪郡山手村及び同郡清音村を廃し、その区域をもって新たに総社市が設置されることに伴い、同月21日をもって、吉備郡真備町、都窪郡山手村及び同郡清音村から委託を受けております消防事務について、その受託を廃止するため、地方自治法の定めにより市議会の議決を経ようとするものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(荒木勝美君) 総務部長。

              〔総務部長 丸山光雄君 登壇〕



◎総務部長(丸山光雄君) 命によりまして、議案第73号 平成16年度総社市一般会計補正予算(第4号)につきまして御説明を申し上げます。

 今回の補正予算は、国・県の補助金等の内示に伴うもの、また8月から10月にかけての台風による公共施設の修繕等に係るもの、さらに年度中途におけます事業の推進等に係るものを計上しているものでございます。

 まず、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に4億1,300万円を追加いたしまして、予算の総額を213億5,800万円にしようとするものでございます。

 内容につきましては、予算書の末尾に添付をいたしております提案説明の補足資料によりまして、その主なものにつきまして御説明を申し上げます。

 便宜歳出から御説明を申し上げますので、補足資料の2ページをお開きいただきたいと思います。

 第2款総務費、一般管理費のうち備考欄記載の特別職退職手当の2,766万6,000円につきましては、合併に伴い失職となります特別職の退職手当であり、一般職給与費のうち備考欄記載の退職手当1億4,444万2,000円につきましては、職員9人分の退職手当でございます。

 なお、以下その他の各費目におきます一般職給与費の増減につきましては、人事異動に伴います人件費の組み替え等による増減でございますので、説明は省略させていただきます。

 次の臨時職員経費の560万円は、職員の産休等に伴います臨時職員の雇い上げに係ります経費でございます。

 3つ飛びまして、市長選挙費の564万円につきましては、合併後に行われます市長選挙に係ります経費でございます。

 第3款民生費、社会福祉総務費のうち一般福祉事業の160万円につきましては、戦没者追悼式の委託料でございます。

 次の国民健康保険特別会計繰出金、老人保健特別会計繰出金、介護保険特別会計繰出金につきましては、後ほど述べますそれぞれの特別会計に対します繰出金の増額でございます。

 次に、児童福祉総務費、都市児童健全育成事業の58万円は、昭和・維新小学校区に学童保育施設を整備するための経費でございます。

 第4款衛生費と第6款農林業費の増減につきましては、一般職の給与費が主なものでございますので、説明は省略をさせていただきます。

 続きまして、3ページをお開きいただきたいと思います。

 第7款商工費、3行目の企業誘致対策費の企業立地促進奨励金1,801万8,000円は、本市の誘致に応じて立地いたしました企業に対して、工場建設促進奨励金及び雇用促進奨励金を交付するものでございます。

 次に、第8款土木費、土木総務費、2行目の地籍管理等一般経費の363万円につきましては、合併に伴います地籍管理システムの統合に係ります経費を計上するものでございます。

 次の道路維持費の3,147万4,000円につきましては、8月から10月にかけまして襲来しました台風による道路被害の修繕等に要する経費を計上いたしております。

 次に、道路新設改良費の2行目、黒尾支線3195号道改良事業の2,946万円の減額は、県の内示によります減額でございます。

 次の道路改良事業、単独分でございますが、これの1,050万円の増額は、久代支線3145号道を初めとします道路改良等の経費でございます。

 次の県道路工事負担金の6,000万円は、負担率の改定及び事業の確定見込みによるものでございます。

 次の河川事業費650万円は、台風21号等によってもたらされました河川護岸被害の修繕等に係ります経費でございます。

 次に、都市計画総務費、都市計画一般経費の450万円でございますが、合併に伴って新たに都市計画図を作成するものでございます。

 次の公共下水道特別会計繰出金の1,356万円の減額につきましては、特別会計におけます事業費の確定見込みによる補正でございます。

 次の街路事業費の街路整備事業、単独分でございますが、これの1,300万円の増額につきましては、東総社中原線の点字ブロック設置工事等に係る経費でございます。

 次に、第10款教育費の2行目学校管理費、小学校施設維持管理経費の1,000万円は、10月に襲来しました台風23号によります学校施設の修繕に要する経費などを計上いたしております。

 続きまして、4ページをお開きいただきたいと思います。

 教育振興費、教育扶助費の519万2,000円は、就学援助費の増額でございます。

 次の学校管理費、中学校施設維持管理費の400万円につきましては、これも台風被害の修繕等に係ります経費を計上いたしておるものでございます。

 次に、4つ飛びまして文化財保護費300万円の増額でございますが、埋蔵文化財発掘調査事業に係る経費でございます。

 次に、第12款公債費、元金4,549万3,000円でございますが、平成7年度及び平成8年度に借り入れました減税補てん債の借りかえに伴います償還金でございます。

 また、利子448万円は、この借りかえに伴います借入金の利子の確定に伴います増額でございます。

 次に、第13款予備費につきましては、予算調整でございます。

 次に、歳入について御説明を申し上げます。

 補足資料の1ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第10款地方特例交付金、第15款国庫支出金及び第22款市債のうちの2行目の消防債でございますが、これは額の確定に伴うものでございます。

 また、上から3行目でございますが、第16款県支出金、それから第21款諸収入、さらに第22款市債のうちの1行目の土木債につきましては、歳出の方で説明をいたしましたそれぞれの事業に伴うものでございます。

 次に、1つ飛びまして下から4行目でございますが、教育債、幼稚園施設整備事業債の1,500万円及び文化施設整備事業債5,500万円の計7,000万円の増額と、1つ飛びまして減収補てん債2,000万円及び次の財政健全化債5,000万円の計7,000万円の減額は、当初計上いたしておりました減収補てん債及び財政健全化債を地域再生事業債に振りかえたことによるものでございます。

 説明が前後いたしますが、下から3つ目の減税補てん債の4,220万円でございますが、本年度におけます額の確定によるものでございます。

 次に、上から4つ目に戻りまして、第19款繰入金、財政調整基金繰入金の2億2,000万円、さらに職員退職手当基金繰入金の1億円につきましては、財源調整のためいずれも増額するものでございます。

 次に、予算書の方にお戻りをいただきたいと思います。

 第2条の地方債の補正につきまして御説明を申し上げます。

 予算書の6ページ、7ページをお開きいただきたいと思います。

 第2表地方債補正(変更)のうち、道路整備事業、街路整備事業及び消防施設整備事業につきましては、それぞれ事業の確定見込みに伴いますもの、次の幼稚園施設整備事業と文化施設整備事業、1つ飛びまして減収補てん債と財政健全化債は、歳入において説明いたしました起債の振りかえに係るものでございます。下から3つ目の減税補てん債も歳入で説明をいたしました。この起債の額の確定に係るものでございまして、市債の限度額をそれぞれ記載のとおり変更しようとするものでございます。

 なお、起債の方法、利率、償還の方法については変更はございません。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 保健福祉部長。

              〔保健福祉部長 大村 稔君 登壇〕



◎保健福祉部長(大村稔君) 命によりまして、議案第74号から議案第76号までの3議案について御説明を申し上げます。

 まず、議案第74号 平成16年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について御説明をいたします。

 まず、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億4,400万円を追加し、歳入歳出予算の総額を41億6,550万円と定めようとするものでございます。

 今回の補正予算につきましては、医療費の増嵩に伴う予算措置及び退職被保険者の増加により退職被保険者に係る国民健康保険税の増額等を行おうとするものでございます。

 それでは、主な内容について御説明いたします。

 便宜歳出から御説明いたします。

 8、9ページをお開き願いたいと思います。

 第1款総務費、第1項総務管理費、第1目一般管理費149万5,000円の増額につきましては、人事異動等によりますものでございます。

 第2款保険給付費、第1項療養諸費、第1目一般被保険者療養給付費につきましては、今年度前半の給付実績が前年対比約13%の増加を占めており、5,872万8,000円を追加しようとするものでございます。

 第2目退職被保険者等療養給付費につきましては、被保険者数の増加及び医療費の増嵩等により、前年対比35%の増加を示しており、2億2,235万8,000円を追加しようとするものでございます。

 第2項高額療養費、第2目退職被保険者等高額療養費につきましては、療養給付費の増加に伴い、1,470万9,000円を追加しようとするものでございます。

 第4項出産育児諸費、第1目出産育児一時金につきましては、5人分の150万円を追加しようとするものでございます。

 次のページをお開き願いたいと思います。

 第3款老人保健拠出金、第1項老人保健拠出金につきましては、平成16年度拠出金の確定に伴い、医療費、事務費分を合わせ567万5,000円を追加しようとするものでございます。

 第4款介護納付金、第1目介護納付金1,842万5,000円の減額につきましても、平成16年度納付金の確定に伴い、減額しようとするものでございます。

 第10款予備費につきましては、予算調整措置による減額でございます。

 次に、歳入でございます。

 6、7ページへ戻っていただきたいと思います。

 第1款国民健康保険税、第2目退職被保険者等国民健康保険税につきましては、歳出で申し上げましたように、被保険者数の伸びに伴いまして、5,340万円を追加しようとするものでございます。

 第5款国庫支出金、第1項国庫負担金、第2目療養給付費等負担金につきましては、一般療養給付費の増額等により、839万1,000円を追加しようとするものでございます。

 第2項国庫補助金、第2目財政調整交付金、第1節普通調整交付金239万2,000円につきましては、医療費の増加に伴うものでございます。第2節特別調整交付金2,263万4,000円の減額につきましては、老人保健拠出金に係る特別調整交付金が廃止されたことに伴い、減額しようとするものでございます。

 第6款療養給付費等交付金、第1目療養給付費等交付金につきましては、退職被保険者の医療費の増加に伴い、2億126万9,000円を追加しようとするものでございます。

 第12款繰入金、第1目一般会計繰入金118万2,000円の増額につきましては、職員給与費等につきまして一般会計からの繰入金でございます。

 次に、議案第75号 平成16年度総社市老人保健特別会計補正予算(第2号)について御説明を申し上げます。

 まず、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億4,900万円を追加し、歳入歳出の総額を55億823万円と定めようとするものでございます。

 今回の補正予算につきましては、医療給付費等の増嵩に伴う予算措置を行おうとするものでございます。

 それでは、主な内容について御説明を申し上げます。

 8、9ページをお開き願いたいと思います。

 第2款医療諸費、第1項医療諸費、第1目医療給付費につきましては、今年度前半の給付実績が前年対比3.2%の増加を示しておりまして3億4,335万8,000円を、第2目医療費支給費のうち高額医療費につきましても、23.1%の伸びを示しており564万2,000円を、それぞれ追加しようとするものでございます。

 次に、歳入でございます。

 前のページ6、7ページをお開き願いたいと思います。

 歳入では、医療費等の増加に伴い、国・県等の負担金等を増額しようとするもので、第1款支払基金交付金2億2,722万8,000円の増、第2款国庫支出金8,118万2,000円の増、第3款県支出金2,029万4,000円の増、第4款繰入金2,029万6,000円の増を、それぞれの負担割合により増額するものでございます。

 続きまして、議案第76号 平成16年度総社市介護保険特別会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 まず、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ200万円を追加し、歳入歳出予算の総額を30億6,140万円と定めようとするものでございます。

 今回の補正予算の内容につきましては、介護費用適正化事業に係る経費及び人件費の増額が主なものでございます。

 便宜歳出から御説明申し上げますので、予算書の8、9ページをお開き願いたいと思います。

 第1款総務費、第1項総務管理費、第1目一般管理費、第2節給料から第4節共済費につきましては、人事異動に伴います人件費の増額を行うものでございます。第11節需用費、第12節役務費につきましては、介護費用適正化事業に係る介護給付費通知関係経費でございまして、専用はがきの印刷代18万9,000円及び郵券料45万円を計上するものでございます。

 第7款予備費につきましては、予算調整措置によるものでございます。

 次に、歳入について御説明申し上げます。

 6、7ページをお開き願いたいと思います。

 第4款国庫支出金、第5目保険者機能強化特別対策給付金につきましては、介護費用適正化事業に伴う介護給付費通知に係る国庫補助金84万9,000円を計上いたしております。

 第9款繰入金、第2目その他一般会計繰入金115万1,000円の増額につきましては、職員給与費等の増加に伴うもの及び既決予算額の一部が国庫補助対象となったことに伴うものでございます。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 経済部長。

              〔経済部長 守安道夫君 登壇〕



◎経済部長(守安道夫君) 議案第77号 平成16年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第2号)につきまして御説明申し上げます。

 今回の補正につきましては、国民宿舎サンロード吉備路の収入見込みの増額及びそれに伴います経費の増額、また消費税還付金の確定に伴いますものが主な内容でございます。

 まず、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,600万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億4,230万円にしようとするものでございます。

 それでは、内容につきまして御説明いたしますので、予算書の6ページ、7ページをお開き願います。

 歳入についてでありますが、第1款事業収入、第1項営業収入6,500万円の増額につきましては、営業収入の増加見込みによるものでございます。

 第2項営業外収入2,100万円の増額につきましては、平成15年度分の消費税還付金の確定に伴います増額でございます。

 次に、予算書の8ページ、9ページをお開きいただきたいと思います。

 歳出についてでございますが、第1款事業費6,500万円の増額につきましては、営業収入の増加見込みに伴います運営業務委託料の増額でございます。

 第3款基金積立金2,100万円につきましては、消費税還付金による営業外収入の増額分を積み立てようとするものでございます。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 建設部長。

              〔建設部長 秋山庄司郎君 登壇〕



◎建設部長(秋山庄司郎君) 議案第78号 平成16年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)につきまして御説明を申し上げます。

 予算書の第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,800万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7億5,300万円と定めようとするものでございます。

 今回の補正は、事業費への財源充当のため調整基金の繰り入れ及び事業費の見直しによる予算の組み替えを行おうとするものでございます。

 内容につきまして、便宜歳出から御説明いたしますので、予算書の8、9ページをお開き願います。

 第1款土木費、第1項都市計画費、第1目土地区画整理費3,828万8,000円を増額しようとするものでございます。

 主なものといたしまして、建物等の物件調査費等の見直しによりまして、委託料1,620万円を減額、文化財発掘調査にかかわる重機等の借り上げで250万円を増額しようとするものでございます。

 公有財産購入費1,800万円の増額につきましては、家屋密集地の円滑な事業推進、家屋移転等でございますけれども、それらを図ろうとするものでございます。

 また、上下水道工事負担金で不用額等を生じたため、負担金、補助及び交付金900万円を減額しようとするものでございます。補償、補填及び賠償金4,000万円の増額につきましては、家屋移転補償でございます。

 第3款予備費28万8,000円の減額につきましては、予算調整によるものでございます。

 次に、歳入につきまして御説明申し上げます。

 予算書の6、7ページをごらんいただきたいと思います。

 第4款繰入金、第2項基金繰入金、第1目駅南地区土地区画整理事業調整基金繰入金3,800万円につきましては、事業費の財源充当のため繰り入れしようとするものでございます。

 以上でございます。



○議長(荒木勝美君) 生活環境部長。

              〔生活環境部長 秋山壮市君 登壇〕



◎生活環境部長(秋山壮市君) 続きまして、議案第79号、議案第80号の2議案について御説明いたします。

 初めに、議案第79号 平成16年度総社市公共下水道事業費特別会計補正予算(第2号)について御説明いたします。

 今回の補正予算の主な内容は、人事異動及び事業計画の変更、起債の借りかえ等が主な補正でございます。

 まず、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,700万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ21億5,500万円と定めようとするものでございます。

 補正の主な内容につきましては、便宜歳出から御説明いたしますので、予算書の10ページをお開きください。

 第1款公共下水道費、第1目公共下水道総務費、補正額872万4,000円の減額につきましては、第2節給料から第4節共済費までは6月の人事異動に伴うものでございます。

 次に、第2目施設管理費、補正額398万円の減額につきましては、すべて美袋浄化センターに関するものでございまして、第11節需用費から第13節委託料まで、記載のとおりそれぞれ減額しようとするものでございます。

 第3目施設整備費1,237万6,000円の減額につきましては、第2節給料から第4節共済費までの増額は人事異動に伴う調整でございます。また、第15節工事請負費2,700万円の減額につきましては、区画整理地内の工事並びに井尻野地区の汚水管埋設工事に関するものでございます。第19節負担金、補助及び交付金の1,400万円の増額につきましては、水道移設に関する負担金でございます。

 続きまして、第2款公債費、第1目元金8,317万1,000円の増額と第2目利子181万8,000円の減額は、起債の借りかえ及び新規借りかえによる元金並びに利子の見直しによるものでございます。

 第3款予備費につきましては、財源調整でございます。

 次に、歳入について御説明いたしますので、予算書の8ページをお開きください。

 第1款分担金及び負担金、第1目公共下水道費負担金1,300万円の減額につきましては、区画整理地内の工事費の減額に伴うものでございます。

 第6款繰入金、第1目一般会計繰入金1,356万円の減額は、歳出で御説明いたしました事務事業の調整によりまして、所要の措置をいたしたものでございます。

 第7款繰越金、第1目繰越金につきましては、15年度の決算確定に伴う76万円の増額でございます。

 次に、予算書の1ページに戻っていただきまして、第2条地方債の変更について御説明いたしますので、4ページ、5ページをお開きください。

 第2表地方債補正(変更)に記載しておりますとおり、限度額2億9,100万円に8,280万円を増額いたしまして、3億7,380万円に変更しようとするものでございます。起債の方法等につきましては、補正前と同様でございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案第80号 平成16年度総社市水道事業会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 今回の補正の主なものは、一般会計に準じて行います人事異動に伴う企業会計及び合併に関する収入が主な補正でございます。

 内容につきましては、損益勘定10名、資本勘定4名の支弁職員等にかかわります職員給与費を補正しようとするものでございます。

 第2条は、収益的収支予定額の補正でございますが、収入の部を第1款水道事業収益、第1項営業収益を440万円、第2款簡易水道事業収益、第1項営業収益1,510万円を増額し、また支出の部では、第1款水道事業費用、第1項営業費用を117万5,000円の減額、第2款簡易水道事業費用、第1項営業費用を1,850万円の増額、第3項特別損失を450万円の増額といたしております。

 第3条につきましては、まず2ページをお開きいただきたいと思います。

 資本的収支予定額をそれぞれ20万円増額しようとするものでございます。

 なお、この増額につきましては、1ページにお戻りいただきまして、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額につきましては、額の変更はありませんが、予算第4条本文括弧書きの中の内訳を記載のとおり改めることといたしております。

 続きまして、2ページをお開きいただきたいと思います。

 第4条につきましては、職員給与費を139万5,000円増額いたしまして、1億2,267万6,000円に定めようとするものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(荒木勝美君) 以上で、提案理由の説明は全部終わりました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、12月3日から12月5日までの3日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(荒木勝美君) 御異議なしと認めます。

 よって、12月3日から12月5日までの3日間休会することに決定いたしました。

 なお、この際、申し上げます。

 会議規則第51条第1項の規定により、諸議案に対する質疑の通告期限を12月6日午後1時までと定めておりますので、通告されます方は時間厳守でお願いいたします。

 12月6日の本会議は、午前10時定刻に開議いたしますから、全員の御出席をお願いいたします。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。

              散会 午前11時7分