議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 総社市

平成16年 3月定例会 03月18日−05号




平成16年 3月定例会 − 03月18日−05号







平成16年 3月定例会



          平成16年3月定例総社市議会会議録(第5号)



             〇平成16年3月18日(木曜日)

1. 開 議 平成16年3月18日 午前10時 0分

2. 閉 会 平成16年3月18日 午前11時31分

3. 出席または欠席した議員の番号及び氏名

   出席議員

   1番 津神謙太郎      2番 村木 理英      3番 頓宮美津子

   4番 橋本  茂      5番 小西 利一      6番 片岡 茂夫

   7番 多田 英章      8番 澁江 文男      9番 名木田正昭

   10番 秋山  聖      11番 加藤 保博      12番 光畑嘉代子

   13番 笠原 武士      14番 神崎  干      15番 松浦 政利

   16番 荒木 勝美      17番 山口 久子      18番 金池  徹

   19番 中村 吉男      20番 萱原  潤      21番 丹下  茂

   22番 西森 頼夫      24番 服部 剛司

4. 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名

   議会事務局長  塩 尻    司    同   次長  久 保    豪

   同 議事係長  三 村  和 久    同議事係主事  宇 野    裕

5. 説明のため出席した者の職氏名

   市長      竹 内  洋 二    助役      國 府  久 倶

   収入役     木 口  博 元    総務部長    守 長  健 尚

   生活環境部長  友 野  二 男    生活環境部参与 秋 山  壮 市

   保健福祉部長  大 村    稔    経済部長    秋 山  庄司郎

   建設部長    薬師寺  主 明    消防長     高 田    稔

   教育長     ? 田  交 三    教育次長    丸 山  光 雄

   総務部次長兼総務課長

           守 安  道 夫

6. 本日の議事日程

   第1 各委員長報告──審議──議決

   第2 継続審査申出の件

   第3 同意第1号上程──提案理由の説明──質疑──討論──採決

   第4 倉敷地区農業共済事務組合議会議員補欠選挙の件

   第5 議会運営委員の選任

7. 付議事件及びその結果

   承認第 1号 専決処分の承認を求めることについて       承    認

          (総社市保育所設置条例の一部改正について)

   議案第 1号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第6号)   原 案 可 決

   議案第 2号 平成15年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

                                  原 案 可 決

   議案第 3号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第3号)

                                  原 案 可 決

   議案第 4号 平成15年度総社市農業集落排水事業費特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第 5号 平成15年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第3号)

                                  原 案 可 決

   議案第 6号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第3号)

                                  原 案 可 決

   議案第 7号 平成15年度総社市公共下水道事業費特別会計補正予算(第3号)

                                  原 案 可 決

   議案第 8号 平成15年度総社市水道事業会計補正予算(第5号) 原 案 可 決

   議案第 9号 総社市男女共同参画推進条例の制定について    原 案 可 決

   議案第10号 総社市認可地縁団体の印鑑登録および証明に関する条例の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第11号 総社市職員等の旅費に関する条例の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第12号 総社市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第13号 モーターボート競走の施行について        原 案 可 決

   議案第14号 総社市手数料条例の一部改正について       原 案 可 決

   議案第15号 総社市立保育所設置条例の一部改正について    原 案 可 決

   議案第16号 総社市学童保育施設条例の一部改正について    原 案 可 決

   議案第17号 総社市介護予防拠点施設条例の制定について    原 案 可 決

   議案第18号 総社市国民宿舎の設置及び管理に関する条例の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第19号 総社市国民宿舎運営基金条例の一部改正について  原 案 可 決

   議案第20号 平成16年度総社市一般会計予算          原 案 可 決

   議案第21号 平成16年度総社市公共用地等取得事業費特別会計予算

                                  原 案 可 決

   議案第22号 平成16年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計予算

                                  原 案 可 決

   議案第23号 平成16年度総社市国民健康保険特別会計予算    原 案 可 決

   議案第24号 平成16年度総社市老人保健特別会計予算      原 案 可 決

   議案第25号 平成16年度総社市介護保険特別会計予算      原 案 可 決

   議案第26号 平成16年度総社市農業集落排水事業費特別会計予算 原 案 可 決

   議案第27号 平成16年度総社市国民宿舎事業費特別会計予算   原 案 可 決

   議案第28号 平成16年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計予算

                                  原 案 可 決

   議案第29号 平成16年度総社市公共下水道事業費特別会計予算  原 案 可 決

   議案第30号 平成16年度総社市水道事業会計予算        原 案 可 決

   議案第31号 平成16年度総社市工業用水道事業会計予算     原 案 可 決

   議案第32号 市道の路線認定について             原 案 可 決

   議案第33号 市道の路線変更について             原 案 可 決

   議案第34号 市道の路線廃止について             原 案 可 決

   同意第 1号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについて

                                  同    意

8. 議事経過の概要

   次のとおり







              開議 午前10時0分



○議長(萱原潤君) おはようございます。

 ただいまの出席23名全員であります。

 では、これより会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおり進めてまいりますので、御協力願います。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 各委員長報告



○議長(萱原潤君) まず、日程第1、承認第1号及び議案第1号から議案第34号までの35件並びに請願・陳情の件を議題といたします。

 これらの件について、各委員長の報告を求めます。

 まず、厚生委員会委員長、21番丹下茂君に願います。

 21番丹下茂君。

              〔21番 丹下 茂君 登壇〕



◆厚生委員会委員長(丹下茂君) おはようございます。

 ただいまから厚生委員会委員長報告を申し上げます。

 去る3月5日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月8日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、承認第1号 専決処分の承認を求めることについてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で承認すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第1号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会に属する部分についてでありますが、委員から「ウォーキングセンターの建設に伴う鳴谷付近の橋の架橋工事について工事がおくれているように聞くが、どのようになっているか」との質疑があり、当局から「工事の施工に当たり、地元から橋について自然とマッチしていないという問題がありましたが、現地で地元の方と計画等を説明し協議しました結果、納得をしていただきまして、現在工事にかかっております」との答弁がなされ、さらに委員から「合併浄化槽の設置に伴い、補助対象枠に対し申込基数が不足しているようであるが、どのような対応をされたのか」との質疑があり、当局から「大きな要因としては、国の事業債による100基の前倒しがあったこと、またその対応につきましては、出前講座による合併浄化槽の設置についての学習会及び施工業者へ計画の説明、希望調査等を行いましたが、結果的に充足できなかったものです」との答弁がなされました。

 さらに、委員から「知的障害児通園施設はばたき園の運営委託料110万円が減額になっているが、その要因は何か」との質疑があり、当局から「はばたき園の運営委託料の減額については、当初児童数を24人程度見込んでいたが、全体的には20人くらいの入園数であることから、その減少人数に係る運営経費を減額したものであります」との答弁がなされました。

 また、委員から「在宅老人デイサービス事業運営委託料120万円を減額しているが、どのような要因で減額となったのか」との質疑があり、当局から「在宅老人デイサービス事業運営委託料の減額につきましては、当初210人を見込んでおりましたが、月平均をしますと176人程度であることから、その減少分を減額したものであります」との答弁がなされました。

 以上が本議案の質疑、答弁のあった主な部分でありますが、そのほかにも合併浄化槽の補助率の見直しについて、児童手当の減額について、家族介護慰労費の減額について質疑、答弁がなされ、本件のうち本委員会に分担された部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第2号 平成15年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でありますが、委員から「一般被保険者療養給付費が9,100万円減額になっているが、主な要因は何か」との質疑があり、当局から「1人当たりの療養給付費は、ここ3年間は平均20万円程度で推移しておりますが、診療報酬額の引き下げもあり、減額となったものであります」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第3号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第14号 総社市手数料条例の一部改正についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第15号 総社市立保育所設置条例の一部改正についてでありますが、委員から「定員を120人にしているが、平成16年度の待機児童の見込みはどうか」との質疑があり、当局から「現在、中央保育所の関係で調整中であること、また山手村の保育所への受け入れもあることから定員増も考慮し、約30人程度の待機児童の減少が見込まれます」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第16号 総社市学童保育施設条例の一部改正についてでありますが、委員から「学童保育の実施について、教育委員会とどのような協議をし、施設の使用に当たってはどのような手続を考えているのか」との質疑があり、当局から「学童保育の実施に当たっては、将来的には児童の急増あるいは施設の改修等も考えられることから、目的外使用として施設を使用し、その使用に当たっては1年ごとに目的外使用の更新手続を行い、極力学校へ迷惑をかけないように運営をしたい」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第17号 総社市介護予防拠点施設条例の制定についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第22号 平成16年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計予算についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第23号 平成16年度総社市国民健康保険特別会計予算についてでありますが、委員から「国民健康保険の医療費を抑制するため、数値的努力目標を定めることはできないか」との質疑があり、当局から「健康日本21の計画の中には健康づくりについて目標値は定めておりますが、医療費について目標値を定めることは非常に困難であることから、いろんな健康づくり事業を進めていく中で医療費の削減を図りたい」との答弁がなされ、さらに委員から「長寿生きがい健康まつり補助金の交付団体と補助金の内容はどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「平成16年度は4地区を予定しており、事業の実施に当たっては公民館の分館単位で実施していただきますので、1地区15万円で予算の範囲内の交付となり、補助金交付に当たっては事前に申請書を審査し、目的に沿った経費について補助金を交付しております」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第24号 平成16年度総社市老人保健特別会計予算についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第25号 平成16年度総社市介護保険特別会計予算についてでありますが、委員から「介護保険料を滞納している者に対する保険証の取り扱いはどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「介護保険料を滞納している者が介護サービスを受けた場合は、介護サービス費用を一時的に全額納付していただくことになるため、該当者へは十分説明をして保険料の滞納の解消に努力しております」との答弁がなされ、さらに委員から「介護認定調査員が介護認定の判定をしてしまう傾向が見受けられるが、これについて指導はできないか」との質疑があり、当局から「調査方法はいろいろありますが、総社市の場合は調査を嘱託員が実施しており、回れないときは保健師に調査をお願いしております。調査票は、全国一律の調査票を使用していることから、調査員の主観は入らないと思います。また、今のところ調査員が申請者に対して訪問調査時に判定をしているようなことは聞いておりませんが、そのようなことがありましたら指導をしたい」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願・陳情についてでありますが、まず請願第2号 安心して暮らせる年金制度の確立に向けた請願書についてでありますが、休憩も取り、慎重に審査した結果、全員一致で趣旨採択すべきであると決定した次第であります。

 次に、継続審査となっております平成15年陳情第5号 国立病院の独立行政法人化にあたり、賃金職員の雇用継承と医療・看護体制の拡充、国立ハンセン病施設の充実、拡充を求める陳情書及び関連のあります平成15年陳情第6号 国立病院の独立行政法人化にあたり院内保育所の継続を求める陳情書についてでありますが、これら2件については、休憩も取り、慎重に審査した結果、委員会審査報告書に記載の理由により、全員一致で不採択とすべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、建設消防委員会委員長、14番神崎干君に願います。

 14番神崎干君。

              〔14番 神崎 干君 登壇〕



◆建設消防委員会委員長(神崎干君) ただいまから建設消防委員会委員長報告を申し上げます。

 去る3月5日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月9日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、議案第1号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、本件についてはとりたてて申し上げる質疑もなく、本件のうち本委員会の所管に属する部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第6号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、委員から「保留地処分金はどの程度を見込んでいるのか。また、事業計画はどの程度延長する考えなのか。今後、一般会計からの繰り入れはどのようになるのか。さらに、家屋移転の予定者に対して移転時期等の約束をしているのか」との質疑があり、当局から「保留地処分金は全体で28億8,000万円程度を予定しており、現在約21億円程度残っています。また、平成16年度から全体の事業計画の見直しに着手したいと考えており、事業計画の見直しの中で一般会計からの繰入額も判明してくると思います。また、家屋移転の予定者に対し、移転時期の約束はしていませんが、予算を計上する上で事前にある程度のお話はしています」との答弁がなされ、さらに委員から「清音村、山手村との合併協議が進んでおり、今後都市計画の大幅な見直しが必要になると思うが、合併後の区画整理事業については財政的にどのようになっていくのか」との質疑があり、当局から「駅南地区土地区画整理事業は特別会計で実施しており、起債、保留地処分金及び一般会計からの繰入金で進めていかざるを得ないと考えています。現在、清音村、山手村の2村は区画整理事業を行っていませんが、駅南地区土地区画整理事業に合併特例債が適用されるかどうかは厳しいものがあります」との答弁がなされました。

 さらに、委員から「保留地のうち、公共用地に予定している部分はどうか。平成15年度からの繰り越しが1億4,000万円程度あるが、事業消化ができるのか」との質疑があり、当局から「面積の一番大きい保留地が常盤小学校であり、売り払った全体の面積が4,630?、残りの面積が6,800?となっています。繰り越しについては、7、8月ごろには全額執行できると考えています」との答弁がなされたところであります。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも関連して、立毛補償等についての質疑、答弁がなされ、さらに今後の事業の進め方に対する要望等もあり、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第32号 市道の路線認定についてでありますが、委員から関連して「工事車両等の通行で道路の傷んだ箇所があるが、工事終了後の道路整備はどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「現地も確認し、予算の範囲内で対応していきたいと思います」との答弁がなされ、さらに委員から「一般市道及びその他の市道の認定方法はどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「道路整備に伴う国庫補助、農道等における地元負担金、地元民間の開発により寄附を受ける場合などいろいろな条件があり、個々のケースにより対応しています」との答弁がなされたところであります。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも関連して市街地周辺部における農道等の市道への昇格の要望等もあり、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第33号 市道の路線変更についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第34号 市道の路線廃止についてでありますが、委員から「天原作山本線、いわゆる国道429号バイパスは市道の路線廃止をした後どのようになるのか」との質疑があり、当局から「平成16年4月に供用開始告示がなされ、4車線の県道となる予定です。また、現在国道180号との交差点付近で文化財調査を行っており、国道180号バイパスの工事が進まないと県道から国道への昇格は難しいと考えます」との答弁がなされました。

 以上が論議された部分であり、本件については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、総務文教委員会委員長、13番笠原武士君に願います。

 13番笠原武士君。

              〔13番 笠原武士君 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(笠原武士君) それでは、ただいまから総務文教委員会委員長報告を申し上げます。

 去る3月5日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月10日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第1号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会の所管に属する部分については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第9号 総社市男女共同参画推進条例の制定についてでありますが、委員から「苦情や相談を受ける場所について」質疑があり、当局から「事務を取り扱っている企画課が窓口となりますが、今後市民にとって相談しやすい場所を検討していきたい」との答弁がなされました。

 また、委員から「市民が気楽に相談できる場所も必要だが、例えば相談を受けた女性を夫から守る必要があるような深刻な問題の場合には、相談を受ける場所も配慮する必要があると思うがどうか」とただしたところ、当局から「市役所の中の特定の部屋に限定するのではなく、例えば電話等による相談や場合によってはこちらから出かけていくなど、相談場所については柔軟に対応していきたい」との答弁がなされました。

 また、委員から「内容的に総社市独自のものを盛り込んでいるのか」との質疑があり、当局から「第7条において、責務の中に「教育の責務」を加えたこと、また第11条において、審議会等における男女の委員の割合を数値目標として定めたことが特徴であります」との答弁がなされ、本件については当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第10号 総社市認可地縁団体の印鑑登録及び証明に関する条例の制定について及び議案第11号 総社市職員等の旅費に関する条例の一部改正については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、いずれも全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第12号 総社市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでありますが、委員から「幼稚園の園長を非常勤特別職として採用しようとする理由は何か」との質疑があり、当局から「3年保育の実施に伴い、園児数が100人を超えるような幼稚園についても、1人の園長が2つの幼稚園長を兼務することとなり、こういった大規模な園にも専任の園長を置こうという趣旨であります。また、本来は正規の職員の園長が望ましいと考えますが、兼務を解消する方策として制度的に道を開いたということであります」との答弁がなされ、本件については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第13号 モーターボート競走の施行についてでありますが、本件については、質疑、討論もありませんでしたが、採決に入ったところ異議がありましたので、起立採決の結果、起立多数で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第21号 平成16年度総社市公共用地等取得事業費特別会計予算についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願・陳情についてでありますが、まず継続審査となっております平成15年請願第9号 有事関連法の発動と自衛隊の海外派兵に反対する意見書提出を求める請願書については、休憩も取り、慎重に審査した結果、委員会審査報告書に記載の理由により、起立多数で不採択とすべきであると決定した次第であります。

 次に、同じく継続審査となっております平成15年請願第12号 防衛庁を「省」に昇格することを求める意見書の提出についての請願書については、休憩も取り、慎重に審査した結果、継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 次に、同じく継続審査となっております平成14年陳情第3号 「同和地区児童・生徒の基礎調査」の廃止を求める陳情書については、休憩も取り、慎重に審査した結果、起立多数で継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、経済水道委員会委員長、15番松浦政利君に願います。

 15番松浦政利君。

              〔15番 松浦政利君 登壇〕



◆建設水道委員会委員長(松浦政利君) ただいまから経済水道委員会委員長報告を申し上げます。

 去る3月5日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月11日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第1号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、まず歳出第6款農林業費、第1項農業費、第3目農業振興費、第1節報酬について、委員から「農業技術嘱託員が県の補助対象外となって配置できなかったようだが、技術参与的な方の配置は必要なかったのか」との質疑があり、当局から「市として受け皿は用意していましたが、県の補助金がなかったことから配置していません。農業技術参与的な方はJAや農業改良普及センターにいらっしゃいますので、そちらと連絡を取って対応しています」との答弁がなされました。

 次に、同款、第2項林業費、第2目林業振興費、第13節委託料について、委員から「松くい虫伐倒駆除の委託料が減額になっているが、その理由は何か」との質疑があり、当局から「松くい虫伐倒駆除は奥坂、宍粟、新本地区で実施しています。また、作山古墳の周辺を予定していましたが、樹幹注入による事業に変更したため減額になっています」との答弁がなされました。

 次に、第7款商工費、第1項商工費、第4目観光センター建設費、第13節委託料について、委員から「市内の主要幹線道路である国道に、案内看板の設置ができなかった理由は何か」との質疑があり、当局から「国道180号線については、国土交通省が設置したため市の予算は執行していません。また、国道429号線については、道路管理者との協議が調わなかったため設置できませんでした。今後も岡山国体等がありますので、関係機関と協議をし、案内看板の設置に向けた取り組みをします」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも農林事業に対する県補助金減額の影響、また直接議案とは関係ありませんが、倉敷地区農業共済事務組合と市の関係、旧国民宿舎雪舟荘の清算関係などについて質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、本件のうち本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第4号 平成15年度総社市農業集落排水事業費特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員から「県の補助金が大幅に減額になっている理由は何か」との質疑があり、当局から「国・県へ要望していた金額に対して、71.9%の内示額で確定したことにより減額しています。県の財政状況は非常に厳しいようで、幾度となく県当局と折衝した結果、各地方振興局管内の執行残額の2,000万円を上乗せして総社市へいただいています」との答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第5号 平成15年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、直接議案とは関係ありませんが、将来予定している温浴施設の建設計画の考え方などについて質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第7号 平成15年度総社市公共下水道事業費特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、委員から「市街化調整区域へ事業認可区域の拡大をする面積はどのくらいか。また、増額計上している設計委託料の内容は何か」との質疑があり、当局から「区域拡大の面積は主に宅地部分の面積で、農振農用地を除いた約74haになります。設計委託料は実施設計であり、下三輪地区を対象とした測量設計を予定しています」との答弁がなされたところであります。

 以上が論議された主な部分であり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第8号 平成15年度総社市水道事業会計補正予算(第5号)についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第18号 総社市国民宿舎の設置及び管理に関する条例の一部改正についてでありますが、委員から「指定管理者の指定を受けていた者が、5年間の期間満了後再応募しないことは考えられるのか」との質疑があり、当局から「期間満了により新たに募集を行います。今までの指定管理者の継続管理ということから撤退することのないよう願っておりますが、白紙に戻った状態で募集します。また、指定管理者が適切な運営管理等を履行しない場合は、指定の取り消し等を行うことができます」との答弁がなされたところであります。

 以上が論議された主な部分であり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第19号 総社市国民宿舎運営基金条例の一部改正について及び議案第26号 平成16年度総社市農業集落排水事業費特別会計予算のこれら2件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第27号 平成16年度総社市国民宿舎事業費特別会計予算についてでありますが、委員から「営業費の中の需用費で修繕料を計上しているが、ポンプの修繕は毎年実施しなければならないのか」との質疑があり、当局から「特殊なポンプ2台をローテーションで使用しています。温泉自体がポンプに影響を与えていることから、毎年の点検、整備が必要になります」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも営業収入と営業費用の関係及び他会計借入金や公債費の償還方法について質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第29号 平成16年度総社市公共下水道事業費特別会計予算及び議案第30号 平成16年度総社市水道事業会計予算のこれら2件については、とりたてて申し上げる質疑もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第31号 平成16年度総社市工業用水道事業会計予算についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願・陳情についてでありますが、まず請願第1号 JRの不採用問題の早期全面解決を求める請願及び陳情第1号 消費者保護基本法の抜本改正を求める国への意見書採択の陳情のこれら2件については、休憩も取り、慎重に審査した結果、いずれもさらに検討の必要があることから継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 次に、継続審査となっております平成15年請願第11号 パートタイム労働法の実効ある改正とILO175号条約の批准を求める意見書提出の請願書については、休憩も取り、慎重に審査した結果、全員一致で趣旨採択すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、合併協議検討特別委員会委員長、16番荒木勝美君に願います。

 16番荒木勝美君。

              〔16番 荒木勝美君 登壇〕



◆総社市合併協議検討特別委員会委員長(荒木勝美君) ただいまから総社市合併協議検討特別委員会の審査経過並びにその結果について御報告申し上げます。

 去る3月5日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月12日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 議案第1号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、委員から「合併協議会の決算は、別途議会に報告があるのか。また、3市村の負担金が合わせて450万円の減額となるのに対して、法定協議会への県補助金がそれを上回る500万円の減額となるのはなぜか」との質疑があり、当局から「まず、合併協議会の決算については、協議会へ議案として提出されますので、この特別委員会でも審査されることになろうかと思います。また、今回法定協議会の負担金が減額になるのは、事業推進費の経費が入札等の結果、不用額が生ずること等が主なものであり、このため3市村の負担金を450万円減額し、また県補助金は先ほどの補助対象経費が減少したことにより500万円の減額となり、合わせて950万円の予算総額が減額となったものであります」との答弁がなされ、本件のうち本委員会の所管に属する部分について採決した結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 以上が、本特別委員会の審査経過の概要と結果であります。

 なお、本特別委員会については、引き続き議会閉会中の審査が予定されることから、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、一般会計予算審査特別委員会委員長、24番服部剛司君に願います。

 24番服部剛司君。

              〔24番 服部剛司君 登壇〕



◆一般会計予算審査特別委員会委員長(服部剛司君) ただいまから一般会計予算審査特別委員会の審査経過並びにその結果について御報告申し上げます。

 本特別委員会は、御承知のように議長を除く全議員をもって構成された特別委員会でありますので、この報告の内容も極めて簡単にその概要のみを申し上げますので、御了承願います。

 本特別委員会は、議案第20号 平成16年度総社市一般会計予算を審査するため、3月5日本会議において設置され、同日本特別委員会が開催され、委員長に私、服部が、副委員長に山口久子君の両名が選出された後、直ちに議案の審査に入り、さらに慎重を期して審査するため、各常任委員会及び合併協議検討特別委員会を単位とする5分科会を設置し、それぞれ分担部分を審査することといたしたところであります。そして、各分科会が同月8日から12日までの間にそれぞれ開催され、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重かつ詳細な審査を行ったところであります。

 さらに、同月17日に開催された本特別委員会で各分科会委員長から審査の概要と結果の報告がなされたところでありますが、各分科会の内容は既に御承知のとおりでありますので、この際省略させていただきますので、御了承願います。

 次に、各分科会委員長報告に対する質疑、討論に入りましたが、質疑、討論もなく、採決に入ったところ、異議がありましたので、起立による採決の結果、起立多数により本件は可決すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本特別委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 以上をもって、各委員長の報告は終了いたしました。

 ただいまの各委員長報告に対する質疑がありますれば、議会事務局に通告用紙がありますので、通告を願います。

 この際、しばらく休憩をいたします。

              休憩 午前10時44分

              再開 午前10時44分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これよりただいまの各委員長報告に対する質疑に入るのでありますが、質疑がないようでありますので、これをもって各委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、承認第1号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって承認第1号の討論を終結いたします。

 これより承認第1号 専決処分の承認を求めることについてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は承認であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり承認されました。

 次に、議案第1号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第1号の討論を終結いたします。

 これより議案第1号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第6号)を採決いたします。

 本件に対する各委員長の報告は可決であります。本件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は各委員長報告のとおり可決されました。

 なお、ただいま議決されました議案第1号につきましては、この3月定例市議会初日に議決をいたしました議案第36号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第7号)より議決が後となったため、一部計数の整理をする必要が生じます。その整理については、会議規則第43条の規定により、議長に委任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、計数の整理については議長に一任されました。

 次に、議案第2号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第2号の討論を終結いたします。

 これより議案第2号 平成15年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第3号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第3号の討論を終結いたします。

 これより議案第3号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第4号及び議案第5号の2件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第4号及び議案第5号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第4号及び議案第5号の2件について一括採決いたします。

 これら2件に対する委員長の報告は可決であります。これら2件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第4号及び議案第5号の2件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第6号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第6号の討論を終結いたします。

 これより議案第6号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第7号及び議案第8号の2件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第7号及び議案8号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第7号及び議案第8号の2件について一括採決いたします。

 これら2件に対する委員長の報告は可決であります。これら2件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第7号及び議案第8号の2件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第9号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第9号の討論を終結いたします。

 これより議案第9号 総社市男女共同参画推進条例の制定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第10号から議案第12号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第10号から議案第12号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第10号から議案第12号までの3件について一括採決いたします。

 これら3件に対する委員長の報告は可決であります。これら3件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第10号から議案第12号までの3件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第13号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第13号の討論を終結いたします。

 これより議案第13号 モーターボート競走の施行についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第14号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第14号の討論を終結いたします。

 これより議案第14号 総社市手数料条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第15号から議案第17号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第15号から議案第17号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第15号から議案第17号までの3件について一括採決いたします。

 これら3件に対する委員長の報告は可決であります。これら3件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第15号から議案第17号までの3件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第18号及び議案第19号の2件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第18号及び議案第19号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第18号及び議案第19号の2件について一括採決いたします。

 これら2件に対する委員長の報告は可決であります。これら2件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第18号及び議案第19号の2件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第20号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「議長、12番光畑」と呼ぶ者あり)

 反対ですか。

              (「反対です」と呼ぶ者あり)

 12番光畑嘉代子さん。

              〔12番 光畑嘉代子君 登壇〕



◆12番(光畑嘉代子君) 議案第20号 平成16年度総社市一般会計予算について、反対の立場で討論を行います。

 全体を通じては、市民生活の向上、地域の振興、また公共施設の維持管理経費等、当然必要な予算が計上されていることは承知しております。同和対策として運動団体への補助金カットや学童保育の拡充、また上・下水道事業も計画に従って順次事業を推進されております。

 しかし、多くのお母さんから要望のある乳幼児医療費助成制度の年齢が拡大されない、社会福祉協議会運営補助金は4,000万円に減額したまま、福祉に冷たい施策です。また、今議会の市長提案説明で、「病院誘致のための職員によるプロジェクトチームを設置する」とおっしゃいました。その予算が43万円です。6年前の初議会質問として、病院建設の具体化を図るために、できれば行政だけでなく医師会、市民団体、学識者を加えてのプロジェクトチームが必要ではないか、このように提案しました。そのときの市長答弁は、現在の健康づくり懇談会、この構成は吉備医師会、歯科医師会、総社地域保健福祉センター、愛育委員協議会、栄養改善協議会、市の代表をもって構成するこの懇談会を発展充実させるとともに、母子クラブや子供会、PTA、障害者、老人クラブの方々をメンバーに加えて幅広く意見を聞く、そのような組織として検討するとのことでした。それから比べると、随分と消極的な方針、本気で取り組もうとする姿勢が見受けられません。

 また、この総社市の職員体制のことです。1年のうちに変動もあると思いますけれども、正規の職員549人、嘱託が87人、臨時職員の方が152人、嘱託、臨時の職員の数が多過ぎるのではないでしょうか。期限があり、冷や冷やしながらの仕事です。これでは市民サービスに十分対応できないのではないでしょうか。十分な人員配置と予算計上がされていません、など幾つかありますが、主なものを上げて反対の立場をとります。



○議長(萱原潤君) 賛成討論はございますか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第20号の討論を終結いたします。

 反対の討論がありましたので、起立により採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第21号及び議案第22号の2件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第21号及び議案第22号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第21号及び議案第22号の2件について一括採決いたします。

 これら2件に対する各委員長の報告は可決であります。これら2件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第21号及び議案第22号の2件については、各委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第23号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第23号の討論を終結いたします。

 これより議案第23号 平成16年度総社市国民健康保険特別会計予算を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第24号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第24号の討論を終結いたします。

 これより議案第24号 平成16年度総社市老人保健特別会計予算を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第25号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第25号の討論を終結いたします。

 これより議案第25号 平成16年度総社市介護保険特別会計予算を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第26号及び議案第27号の2件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第26号及び議案第27号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第26号及び議案第27号の2件について一括採決いたします。

 これら2件に対する委員長の報告は可決であります。これら2件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第26号及び議案第27号の2件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第28号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第28号の討論を終結いたします。

 これより議案第28号 平成16年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計予算を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第29号から議案第31号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって、議案第29号から議案第31号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第29号から議案第31号までの3件について一括採決いたします。

 これら3件に対する委員長の報告は可決であります。これら3件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第29号から議案第31号までの3件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第32号から議案第34号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第32号から議案第34号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第32号から議案第34号までの3件について一括採決いたします。

 これら3件に対する委員長の報告は可決であります。これら3件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第32号から議案第34号までの3件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、請願・陳情の件を採決いたします。

 まず、請願第2号 安心して暮らせる年金制度の確立に向けた請願書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は趣旨採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり趣旨採択されました。

 次に、平成15年請願第9号 有事関連法の発動と自衛隊の海外派兵に反対する意見書提出を求める請願書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は採択と決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立少数〕



○議長(萱原潤君) 起立少数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択とされました。

 次に、平成15年請願第11号 パートタイム労働法の実効ある改正とILO175号条約の批准を求める意見書提出の請願書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は趣旨採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり趣旨採択されました。

 次に、平成15年陳情第5号 国立病院の独立行政法人化にあたり、賃金職員の雇用継承と医療・看護体制の拡充、国立ハンセン病施設の充実、拡充を求める陳情書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は採択と決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立少数〕



○議長(萱原潤君) 起立少数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択とされました。

 次に、平成15年陳情第6号 国立病院の独立行政法人化にあたり院内保育所の継続を求める陳情書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は採択と決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立少数〕



○議長(萱原潤君) 起立少数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択とされました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 継続審査申出の件



○議長(萱原潤君) 次に、日程第2、継続審査申出の件を議題といたします。

 目下、審査中の事件について、お手元に配付いたしております継続審査申出案件表に記載のとおり、総務文教委員会委員長外から会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 総務文教委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、総務文教委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

 この際、私より申し上げます。

 一般会計予算審査特別委員会は本日をもって消滅いたしますので、申し添えておきます。

 この際、しばらく休憩をいたします。約10分間。

              休憩 午前11時6分

              再開 午前11時16分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際、市長から休憩中の発言を求められておりますので、しばらく休憩をいたします。

              休憩 午前11時16分

              再開 午前11時19分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 同意第1号上程



○議長(萱原潤君) 次に、日程第3、同意第1号を議題といたします。

 ただいまの議案は、印刷の上、お手元に配付いたしておりますので、ごらん願います。

 では、市長から提案理由の説明の求めます。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 同意第1号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることにつきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第3条の規定により、教育委員会は本市の場合5名の委員をもって組織するとされておりますが、このうち板野暢之氏が平成15年10月16日にお亡くなりになったため、1人が欠員となっております。

 そこで、同法第4条第1項の規定により、市議会の同意を得てその後任者を任命しようとするものでございます。

 その方は、議案に記載のとおり、住所、総社市久代4474番地1、氏名、岸本清子、生年月日、昭和20年6月21日、年齢58歳の方でありまして、経歴でございますが、ノートルダム清心女子大学を卒業後、本市職員に採用となり、秦幼稚園長、総社幼稚園長、学校教育課指導主幹等を歴任され、平成16年3月末に常盤幼稚園長を最後に退職される予定でございます。教育現場に精通され、委員会事務局での勤務も経験されており、適任と考えておりますので、御同意をいただきますようにお願いを申し上げます。



○議長(萱原潤君) 以上で提案理由の説明は終わりました。

 この際、申し上げます。

 ただいま議題となっております同意第1号については、質疑の通告を特に省略いたしますので、御了承を願います。

 では、これより同意第1号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについての質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって同意第1号の質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております同意第1号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第1号については委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 同意第1号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって同意第1号の討論を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております同意第1号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについては、これに同意することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第1号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについては、これに同意することに決定いたしました。

 この際、同意決定されました教育委員会委員からごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 しばらくお待ちください。



◎新教育委員会委員(岸本清子君) 先ほど教育委員任命にかかわる御同意を賜りました岸本でございます。まことにありがとうございました。

 大変浅学非才な者でございますが、任命をいただきました暁には、教育行政に誠心誠意全力を尽くしてまいる所存でございますので、何とぞよろしく御指導、御助言のほどお願いいたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 倉敷地区農業共済事務組合議会議員補欠選挙の件



○議長(萱原潤君) 次に、日程第4、倉敷地区農業共済事務組合議会議員補欠選挙の件を議題といたします。

 なお、補欠選挙を行う議員の数は1名であります。

 では、この際しばらく休憩いたします。

              休憩 午前11時24分

              再開 午前11時25分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 倉敷地区農業共済事務組合議会議員に小西利一君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました小西利一君を倉敷地区農業共済事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま議長において指名いたしました小西利一君が倉敷地区農業共済事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました小西利一君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 なお、任期は前任者の残任期間となりますので、申し添えておきます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議会運営委員の選任



○議長(萱原潤君) 次に、日程第5、議会運営委員の選任を議題といたします。

 この際、私より申し上げます。

 議会運営委員は、議長が議会に諮って指名するわけでありますが、申し合わせにより各常任委員長4名並びに各常任委員会において選出されました委員各1名、計8名の委員をもって構成することになっております。

 去る2月4日に議会運営委員会岡本鹿三郎委員長が死去されたことに伴い、総務文教委員会から選出の委員1名が欠員となりましたが、3月10日開催の総務文教委員会で後任の委員に加藤保博君が互選されたところであります。

 お諮りいたします。

 議会運営委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長から指名をいたします。

 議会運営委員に加藤保博君を指名いたします。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま議長において指名いたしました加藤保博君を議会運営委員に決定いたしました。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 3月定例市議会を閉会するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例市議会は、18日間にわたり、平成16年度総社市一般会計予算を初め条例の制定、一部改正など、多くの重要案件を終始御熱心に審議され、本日ここに無事閉会の運びとなりましたことは、議長といたしましてまことに御同慶にたえないところであります。

 市長を初め理事者各位におかれましては、各委員長報告並びに今議会において開陳されました諸種の意見を十分に尊重され、市民福祉の向上及び市勢発展のためさらに一層の努力を払われますように切望するものであります。

 終わりに、今期会期中に賜りました議員各位及び理事者の御協力に対し、心から厚く御礼を申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。

 なお、この際、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 3月定例市議会閉会に当たりまして、私の方から一言ごあいさつを申し上げます。

 本議会では、平成16年度総社市一般会計予算など、各会計の当初予算を初めとする数多くの議案を慎重に御審議いただき、いずれも原案のとおり御議決を賜りました。まことにありがとうございました。

 さて、本市は昭和29年、当時昭和の大合併と言われる合併により市制を施行して以来、今月末日で50回目の誕生日を迎えるわけでございます。当時、3万7,000人の人口でありましたが、昭和町の編入、市街地の拡大により、今では人口5万7,000人余りを数えるまでになりました。着実に発展してきたこれまでの50年を思い、感慨を新たにするとともに、先輩方の御労苦に対し衷心より感謝を申し上げたいとこのように思います。この3月28日には、市民会館において市制施行50周年の記念式典を挙行する予定にしております。また、さまざまな記念行事も平成16年度中に予定しておりますので、市民の皆様とともにお祝いをするとともに、今後の発展につなげていきたいと思っております。

 さて、本市誕生から50年の歳月が流れた今、くしくも平成の大合併と言われる大きな節目の時期を迎えております。昨年の10月に総社市、山手村、清音村の合併協議会が発足して以来、3市村で合併について協議を重ねております。平成17年3月までに新しい市が誕生するよう鋭意努力をしてまいりたいと考えております。皆様方のさらなる御理解と御協力を賜りますようにお願いを申し上げる次第でございます。

 最後に、議員各位並びに市民の皆様の御健勝、御多幸を心よりお祈りを申し上げまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。



○議長(萱原潤君) 以上をもちまして、今期定例会に付議されました案件は全部終了いたしました。

 これをもって、3月定例市議会を閉会いたします。

              閉会 午前11時31分



 以上、記録の内容が正確であることを証するためにここに署名する。



              総社市議会議長







              署 名 議 員







              署 名 議 員