議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 総社市

平成15年12月定例会 12月16日−04号




平成15年12月定例会 − 12月16日−04号







平成15年12月定例会



          平成15年12月定例総社市議会会議録(第4号)



             〇平成15年12月16日(火曜日)

1. 開 議 平成15年12月16日 午前10時 0分

2. 閉 会 平成15年12月16日 午前10時47分

3. 出席または欠席した議員の番号及び氏名

   出席議員

   1番 津神謙太郎      2番 村木 理英      3番 頓宮美津子

   4番 橋本  茂      5番 小西 利一      6番 片岡 茂夫

   7番 多田 英章      8番 澁江 文男      9番 名木田正昭

   10番 秋山  聖      11番 加藤 保博      12番 光畑嘉代子

   13番 笠原 武士      14番 神崎  干      15番 松浦 政利

   16番 荒木 勝美      17番 山口 久子      19番 中村 吉男

   20番 萱原  潤      21番 丹下  茂      22番 西森 頼夫

   23番 岡本鹿三郎      24番 服部 剛司

   欠席議員

18番 金池  徹

4. 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名

   議会事務局長  塩 尻    司    同   次長  久 保    豪

   同 議事係長  三 村  和 久    同議事係主事  宇 野    裕

5. 説明のため出席した者の職氏名

   市長      竹 内  洋 二    助役      國 府  久 倶

   収入役     木 口  博 元    総務部長    守 長  健 尚

   生活環境部長  友 野  二 男    生活環境部参与 秋 山  壮 市

   保健福祉部長  大 村    稔    経済部長    秋 山  庄司郎

   建設部長    薬師寺  主 明    消防長     高 田    稔

   教育長     ? 田  交 三    教育次長    丸 山  光 雄

   総務部次長兼総務課長

           守 安  道 夫

6. 本日の議事日程

   第1 各委員長報告──審議──議決

   第2 継続審査申出の件

7. 付議事件及びその結果

   承認第 7号 専決処分の承認を求めることについて(平成15年度総社市一般会計補正予算(第3号))

                                  承    認

   議案第73号 総社市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第74号 総社市学校図書整備浅野裕宜基金条例の制定について

                                  原 案 可 決

   議案第75号 総社市生活改善資金貸付基金条例の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第76号 総社市美袋地区特定環境保全公共下水道事業受益者分担金条例の制定について

                                  原 案 可 決

   議案第77号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第5号)   原 案 可 決

   議案第78号 平成15年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第79号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第2号)

                                  原 案 可 決

   議案第80号 平成15年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第2号)

                                  原 案 可 決

   議案第81号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)

                                  原 案 可 決

   議案第82号 平成15年度総社市公共下水道事業費特別会計補正予算(第2号)

                                  原 案 可 決

   議案第83号 平成15年度総社市水道事業会計補正予算(第4号) 原 案 可 決

   議案乙第9号 賀陽町岨谷向山地区への産業廃棄物最終処分場の設置反対を求める意見書について

                                  原 案 可 決

8. 議事経過の概要

   次のとおり







              開議 午前10時0分



○議長(萱原潤君) おはようございます。

 ただいまの出席23名であります。欠席1名であります。欠席者のうち、18番金池徹議員より欠席の届け出がありました。

 では、これより会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおり進めてまいりますので、御協力を願います。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 各委員長報告



○議長(萱原潤君) まず、日程第1、承認第7号、議案第73号から議案第83号まで及び議案乙第9号の13件並びに請願の件を議題といたします。

 これらの件について、各委員長の報告を求めます。

 まず、総務文教委員会委員長、13番笠原武士君に願います。

 13番笠原武士君。

              〔13番 笠原武士君 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(笠原武士君) おはようございます。

 それでは、ただいまより総務文教委員会委員長報告を申し上げます。

 去る12月4日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月8日本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、承認第7号 専決処分の承認を求めることについてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で承認すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第73号 総社市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について及び議案第74号 総社市学校図書整備浅野裕宜基金条例の制定についてでありますが、これら2件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、いずれも全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第77号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会の所管に属する部分でありますが、まず歳入、第13款国庫支出金、第2項国庫補助金、第10目教育費国庫補助金について、委員から「特殊教育就学奨励費補助金の性格について」質疑があり、当局から「特殊教育の就学奨励費については、給食費や学用品など、特殊教育の児童・生徒の保護者に対し扶助するもので、この経費について、国の基準に基づき2分の1の補助金を歳入するものです」との答弁がなされました。

 次に、第17款繰入金、第1項基金繰入金について、委員から「基金の最近の取り崩しの状況及び運用の考え方」について質疑があり、当局から「平成13年度は、基金を取り崩すよう予算措置をしておりましたが、最終的には戻しており、取り崩しをしておりません。また、平成14年度においては、財政調整基金、減債基金などを取り崩しています。基金については、できる限り取り崩さない方針で予算編成に当たっています」との答弁がなされました。

 次に、歳出でありますが、第2款総務費、第1項総務管理費、第2目文書広報費について、委員から「郵券料を増額補正しているが、文書を発送する際、郵送の場合とそうでない場合の使い分けはどうなっているのか」との質疑があり、当局から「市内への文書の発送については、18人の嘱託員による使送を、また市外については郵送を基本としています」との答弁がなされました。

 次に、第10款教育費、第4項幼稚園費、第2目幼稚園建設費について、委員から「総社幼稚園、服部幼稚園の3年保育に伴い、増築のための設計委託料が増額補正されているが、軽易な設計については職員で対応できるような体制にできないか」との質疑があり、当局から「少額のもの、軽易なものの設計については、技術的には職員で対応可能です。しかし、建築士である職員の業務は、設計業務ばかりでなく、確認申請、開発業務などの事務もあわせて持っており、現在建築士の資格を持つ職員が1名、県へ派遣をしている事情もあり、事務量を勘案しながら外部へ発注しているものです」との答弁がなされました。

 また、同じく幼稚園建設費について、委員から「外部へ設計を委託する際、幼稚園側の要望や意見を取り入れるようなシステムになっているのか」との質疑があり、当局から「設計時には、園長を初め、幼稚園関係者の声を反映させています。また、建築から数年が経過して使い勝手が悪くなった箇所については、園長などの意見も聞き、修繕などで対応しています」との答弁がなされました。

 次に、第5項社会教育費、第10目文化財保護費に関連して、委員から「最近、文化財の指定をした実績はあるのか。また、国・県及び市の指定を受けていない文化財の保護についての考え方はどうか」との質疑があり、当局から「最近では平成11年に経山城跡の指定をするなど、順次文化財の指定をしてきたところです。また、指定をしていない文化財についても、文化財専門委員等の意見を聞きながら、保存に努めていきたいと考えています。あわせて、地域への啓発をするなどして、地域でも大切にしていただくような両面での対応をしていきたい」との答弁がなされました。

 同じく文化財保護費に関連しまして、委員から「近年、元旦に多くの方が鬼ノ城を訪れ、混雑しているが、交通面及び史跡の保護という観点から保安体制は万全なのか」との質疑があり、当局から「鬼ノ城では、元旦に初日の出を見に来られる人々が年々増加しており、ガードマン等を配置するなどの安全対策を考えているところです。また、工事中の西門等の保安についても、業者への指示を徹底するなど、十分な対策を講じたい」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、その他の部分については、当局の説明を了承し、本件のうち、本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願・陳情についてでありますが、まず請願第9号 有事関連法の発動と自衛隊の海外派兵に反対する意見書提出を求める請願書については、休憩もとり、慎重に審査した結果、起立多数で継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 次に、請願第12号 防衛庁を「省」に昇格することを求める意見書の提出についての請願書については、休憩もとり、慎重に審査した結果、さらに検討の必要があることから継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 次に、継続審査となっております平成14年陳情第3号 「同和地区児童・生徒の基礎調査」の廃止を求める陳情書について、この件については、休憩もとり、慎重に審査した結果、起立多数で継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 次に、同じく継続審査となっております請願第4号 ILO勧告の受け入れと、民主的な公務員制度改革の実施を求める請願書及び請願第6号 清潔で公正・公平な住民奉仕を貫く公務員制度の確立を求める請願書、これらの2件については、採決の結果、いずれも全員一致で趣旨採択すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、建設消防委員会委員長、14番神崎干君に願います。

 14番神崎干君。

              〔14番 神崎 干君 登壇〕



◆建設消防委員会委員長(神崎干君) ただいまから建設消防委員会委員長報告を申し上げます。

 去る12月4日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月8日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、議案第77号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、歳出、第8款土木費、第2項道路橋りょう費、第3目道路新設改良費、第19節負担金、補助及び交付金の県道路工事負担金に関連して、委員から「県では平成16年度以降に新規着手を予定している公共事業の事前評価で、県道賀陽種井線の拡幅工事が見送られたとのことであるが、状況はどうか」との質疑があり、当局から「見送られた箇所は、車もすれ違えるようになっており、狭いながらも当面、交通には差し支えないものと考えています。事業採択に向け、今後も強く要望していきたいと考えています」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも工事入札の手順等についての質疑、答弁がなされ、本件のうち、本委員会の所管に属する部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第81号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、委員から「歳入に保留地処分金が計上されているが、場所はどこか」との質疑があり、当局から「駅南土地区画整理事業では、宅地の一部についた200?以下のつけ保留地が大部分であり、業者が分譲するような土地ではありません」との答弁がなされたところであります。

 以上が論議された部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、厚生委員会委員長、21番丹下茂君に願います。

 21番丹下茂君。

              〔21番 丹下 茂君 登壇〕



◆厚生委員会委員長(丹下茂君) ただいまから厚生委員会委員長報告を申し上げます。

 去る12月4日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月9日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、議案第75号 総社市生活改善資金貸付基金条例の一部改正についてでありますが、本件については取り立てて申し上げる質疑もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第77号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、歳出、第3款民生費、第1項社会福祉費、第5目障害福祉費、第20節扶助費について、委員から「身体障害者居宅介護支援費等各種支援費の予算が減額となっているが、どのようなことから減額となったのか」との質疑があり、当局から「各施設の現在の状況と今後の見通しを調査し、必要な予算措置をしたものであります」との答弁がなされました。

 同じく歳出、第4款衛生費、第1項保健衛生費、第9目廃棄物対策費、第11節需用費について、委員から「EMぼかしによる生ごみの減量化以外に、環境に優しいごみの減量について何か対策は考えられないか」との質疑があり、当局から「EMぼかしと他の方法を検討し、今後も生ごみの減量化に取り組んでまいりたい」との答弁がなされました。

 そのほかにも総社市と社会福祉事業団「はばたき園」とのかかわり合いについて、児童居宅介護支援費の増額について、母子家庭医療費について、不法投棄によるごみの計画的な処理について、質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、本件のうち、本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第78号 平成15年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員から「年々滞納額が増加傾向にあるが、その対応と延滞利息はどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「滞納額の解消については、電話や文書による督促並びに粘り強く訪問徴収を実施しております。また、延滞利息については、総社市住宅新築資金等貸付条例に定められた延滞利率を適用しております」との答弁がなされ、さらに委員から「大口滞納者に対する法的措置はどのように考えているか」との質疑がなされ、当局から「大口滞納者については、法的手続についても研究し、今後も収納率の向上に努めてまいりたい」との答弁がなされたところであり、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第79号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、本件については質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案乙第9号 賀陽町岨谷向山地区への産業廃棄物最終処分場の設置反対を求める意見書についてでありますが、本件については、提案者の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願・陳情についてでありますが、まず請願第10号 年金改悪反対、大増税の中止を求める請願書についてでありますが、本件については、休憩もとり、慎重に審査した結果、委員会審査報告書に記載の理由により、不採択とすべきであると決定した次第であります。

 次に、継続審査となっております陳情第5号 国立病院の独立行政法人化にあたり、賃金職員の雇用継承と医療・看護体制の拡充、国立ハンセン病施設の充実、拡充を求める陳情書及び陳情第6号 国立病院の独立行政法人化にあたり院内保育所の継続を求める陳情書のこれら2件については、休憩もとり、慎重に審査した結果、いずれもさらに検討の必要があることから、継続審査と決定し、別途継続審査の申し入れをいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、経済水道委員会委員長、15番松浦政利君に願います。

 15番松浦政利君。

              〔15番 松浦政利君 登壇〕



◆経済水道委員会委員長(松浦政利君) ただいまから経済水道委員会委員長報告を申し上げます。

 去る12月4日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月9日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第76号 総社市美袋地区特定環境保全公共下水道事業受益者分担金条例の制定についてでありますが、本件については、関連して下水道接続に関する地元説明の取り組み方などについて、質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第77号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、本件については、取り立てて申し上げる質疑もなく、当局の説明を了承し、本件のうち、本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第80号 平成15年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、本件については、関連してサンロード吉備路及び吉備路つるの里敷地内の広場等の活用方法、地元食材購入の取り組み方などについて、質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第82号 平成15年度総社市公共下水道事業費特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、委員から「汚泥処理委託料を増額しているが、県の環境保全事業団は、事業の見直しを予定していることから、委託料減額に向けた検討を行っているのか」との質疑があり、当局から「汚泥の量は、公共下水道普及地域の拡大により、年々増加しています。汚泥の発生量を削減する方法を検討しています。また、岡山県環境保全事業団との関係は、契約期間が10年であることから、今後の検討課題と考えています」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも下水処理場の外観美化及び周辺の臭気対策に関する感謝の意が述べられたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第83号 平成15年度総社市水道事業会計補正予算(第4号)についてでありますが、委員から「水質検査手数料を増額しているが、その後の第3水源井の状況はどうか」との質疑があり、当局から「現在も第3水源井からの取水は停止しています。山手村への分水がなくなったことから、市内への供給量に問題はありませんので、水質検査の頻度を高め、1年間は経過を確認し、稼働させたいと考えています」との答弁がなされ、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願についてでありますが、請願第11号 パートタイム労働法の実効ある改正とILO175号条約の批准を求める意見書提出の請願書及び継続審査となっております請願第8号 労働法制の改悪に反対する意見書提出の請願書のこれら2件については、休憩もとり、慎重に審査した結果、いずれもさらに検討の必要があることから、継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、合併協議検討特別委員会委員長、16番荒木勝美君に願います。

 16番荒木勝美君。

              〔16番 荒木勝美君 登壇〕



◆総社市合併協議検討特別委員会委員長(荒木勝美君) ただいまから総社市合併協議検討特別委員会の審査経過について御報告申し上げます。

 継続審査となっております案件について審査するため、12月10日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、慎重に審査いたしましたので、その審査結果について御報告申し上げます。

 継続審査となっております請願第7号 市町村合併にかかわる請願書についてでありますが、休憩もとり、慎重に審査した結果、全員一致で趣旨採択すべであると決定した次第であります。

 また、本特別委員会については、議会閉会中の審査が予定されることから、その所管事項について、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 以上をもって、各委員長の報告は終了いたしました。

 ただいまの各委員長報告に対する質疑がありますれば、議会事務局に通告用紙がありますので、通告を願います。

 この際、しばらく休憩をいたします。

              休憩 午前10時29分

              再開 午前10時29分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これよりただいまの各委員長報告に対する質疑に入るのでありますが、質疑がないようでありますので、これをもって各委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、承認第7号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって承認第7号の討論を終結いたします。

 これより承認第7号 専決処分の承認を求めることについてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は承認であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり承認されました。

 次に、議案第73号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第73号の討論を終結いたします。

 これより議案第73号 総社市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第74号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第74号の討論を終結いたします。

 これより議案第74号 総社市学校図書整備浅野裕宜基金条例の制定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第75号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第75号の討論を終結いたします。

 これより議案第75号 総社市生活改善資金貸付基金条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第76号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第76号の討論を終結いたします。

 これより議案第76号 総社市美袋地区特定環境保全公共下水道事業受益者分担金条例の制定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第77号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第77号の討論を終結いたします。

 これより議案第77号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。

 本件に対する各委員長の報告は可決であります。本件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は各委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第78号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第78号の討論を終結いたします。

 これより議案第78号 平成15年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第79号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第79号の討論を終結いたします。

 これより議案第79号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第80号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第80号の討論を終結いたします。

 これより議案第80号 平成15年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第81号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第81号の討論を終結いたします。

 これより議案第81号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第82号及び議案第83号の2件について、一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第82号及び議案第83号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第82号及び議案第83号の2件について、一括採決いたします。

 これら2件に対する委員長の報告は可決であります。これら2件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第82号及び議案第83号の2件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案乙第9号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案乙第9号の討論を終結いたします。

 これより議案乙第9号 賀陽町岨谷向山地区への産業廃棄物最終処分場の設置反対を求める意見書についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、請願の件を採決いたします。

 まず、請願第10号 年金改悪反対、大増税の中止を求める請願書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択でありますが、本件は採択すべきと決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 もう一度申し上げます。

 本件は採択すべきと決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立少数〕



○議長(萱原潤君) 起立少数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり不採択とされました。

 次に、請願第4号 ILO勧告の受け入れと、民主的な公務員制度改革の実施を求める請願書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は趣旨採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり趣旨採択されました。

 次に、請願第6号 清潔で公正・公平な住民奉仕を貫く公務員制度の確立を求める請願書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は趣旨採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり趣旨採択されました。

 次に、請願第7号 市町村合併にかかわる請願書を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は趣旨採択であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり趣旨採択されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 継続審査申出の件



○議長(萱原潤君) 次に、日程第2、継続審査申出の件を議題といたします。

 目下、審査中の事件について、お手元に配付いたしております継続審査申出案件表に記載のとおり、経済水道委員会委員長外から会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 経済水道委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 何に対しての御異議でございましょうか。

              (「請願第9号自衛隊の海外派兵に対する請願は、継続であれば時期を失しますので反対します」と呼ぶ者あり)

 御異議がありますので、分けて採決いたします。

 まず、議題のうち、請願第8号 労働法制の改悪に反対する意見書提出の請願書を採決いたします。

 本件は経済水道委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は経済水道委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

 次に、議題のうち、請願第9号 有事関連法の発動と自衛隊の海外派兵に反対する意見書提出を求める請願書を採決いたします。

 本件は総務文教委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は総務文教委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は総務文教委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

 次に、請願第11号から次期議会の会期の日程についてまでの7件を一括採決いたします。

 これら7件については、経済水道委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、これら7件については経済水道委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 なおこの際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 12月定例市議会の閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会に提案した議案はすべて原案どおりに採決をしていただきましてまことにありがとうございました。

 さて、この1年を振り返ってみますと、何といいましても市町村合併に向けた取り組みが一番大きな課題であったと考えます。総社市・山手村・清音村合併研究会を設置し、研究を重ね、10月1日には合併協議会発足の運びとなり、以来、検討項目の協議を進めておるところでございます。今後は、平成17年3月のタイムリミットに向け、新市の建設計画等について、議会の皆さんともども3市村とも、ともに力を合わせ取り組んでまいりたいと思っております。

 一方、事業面におきましては、かねてから整備を進めておりました国民宿舎サンロード吉備路が7月にオープンし、予想を上回る盛況ぶりでございます。今後も吉備路を中心とした観光の拠点として、ますます皆さんから愛される施設となるよう努めてまいりたいと、このように思います。

 また、なぞの山城として注目を集めております鬼ノ城の復元整備については、西門がほぼでき上がり、勇姿をあらわしました。古代の山城の城門復元は国内初であり、今後総社市が全国から注目を浴びるものと期待をいたしておるとこでございます。

 ソフト事業としては、10月にISO14001を認証取得いたしました。環境に優しいまちづくりの出発点として取り組んでまいりたいと、このように思います。

 景気の低迷など、内外ともに厳しい情勢ではありますが、この1年の市政は市議会を初め、市民の皆様方の御支援、御協力によりまして着実に事業を進めることができたと、このように思っております。改めて衷心より感謝を申し上げます。

 数日で本年も終わり、新年を迎えますが、議員各位、また市民の皆様方におかれましては、地産地消という言葉が言われておりますが、地元でとれた安全な野菜を初めとした食材を十分御使用いただきまして、健康を保っていただき、御家族おそろいで輝かしい新年をお迎えになられますよう心からお祈りを申し上げ、閉会に当たってのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(萱原潤君) この際、12月定例市議会を閉会するに当たりまして、私から一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会市議会は、16日間にわたり平成15年度総社市一般会計補正予算を初め、条例の制定、一部改正など多くの重要案件を終始熱心に審議され、本日ここに無事閉会の運びとなりましたことは、議長といたしましてまことに御同慶にたえないところであります。

 市長を初め理事者各位におかれましては、各委員長報告並びに今議会において開陳されました諸種の意見を十分に尊重され、市民福祉の向上及び市勢発展のため、さらに一層の努力を払われますように切に希望するものであります。

 終わりに、今期会期中に賜りました議員各位及び理事者の御協力に対し、心から厚く御礼を申し上げます。

 ことしは、国際情勢が緊張の度合いを増す中で、イラク戦争の勃発など激動の年となりました。来年こそは平和で平穏な年であってほしいと強く念願するものであります。

 本市にとりまして、来年は記念すべき市制施行50周年を迎えます。同時に、総社市の歴史の大きな転換期とも言える決断の年でもあります。

 諸兄におかれましては、これから本格的な寒さに向かうと思われますが、健康には十分留意をいただきまして、御家族ともども無事御越年になり、輝かしい平成16年の新春をお迎えになられますよう心からお祈りを申し上げ、閉会のごあいさつといたします。

 以上をもちまして、今期定例会に付議されました案件は全部終了いたしました。

 これをもって12月定例市議会を閉会いたします。

              閉会 午前10時47分



 以上、記録の内容が正確であることを証するためにここに署名する。



              総社市議会議長







              署 名 議 員







              署 名 議 員