議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 総社市

平成15年 9月定例会 09月24日−05号




平成15年 9月定例会 − 09月24日−05号







平成15年 9月定例会



          平成15年9月定例総社市議会会議録(第5号)



             〇平成15年9月24日(水曜日)

1. 開 議 平成15年9月24日 午前10時 0分

2. 閉 会 平成15年9月24日 午前11時31分

3. 出席または欠席した議員の番号及び氏名

   出席議員

   1番 津神謙太郎      2番 村木 理英      3番 頓宮美津子

   4番 橋本  茂      5番 小西 利一      6番 片岡 茂夫

   7番 多田 英章      8番 澁江 文男      9番 名木田正昭

   10番 秋山  聖      11番 加藤 保博      12番 光畑嘉代子

   13番 笠原 武士      14番 神崎  干      15番 松浦 政利

   16番 荒木 勝美      17番 山口 久子      18番 金池  徹

   19番 中村 吉男      20番 萱原  潤      21番 丹下  茂

   22番 西森 頼夫      23番 岡本鹿三郎      24番 服部 剛司

4. 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名

   議会事務局長  塩 尻    司    同   次長  久 保    豪

   同 議事係長  三 村  和 久    同議事係主事  宇 野    裕

5. 説明のため出席した者の職氏名

   市長      竹 内  洋 二    助役      國 府  久 倶

   収入役     木 口  博 元    総務部長    守 長  健 尚

   生活環境部長  友 野  二 男    生活環境部参与 秋 山  壮 市

   保健福祉部長  大 村    稔    経済部長    秋 山  庄司郎

   建設部長    薬師寺  主 明    消防長     高 田    稔

   教育次長    丸 山  光 雄    総務部次長兼総務課長

                               守 安  道 夫

   代表監査委員  的 場  英 止

6. 本日の議事日程

   第1 各委員長報告──審議──議決

   第2 継続審査申出の件

   第3 議案乙第8号上程──提案理由の説明──質疑──討論──採決

7. 付議事件及びその結果

   認定第 1号 平成14年度総社市一般会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 2号 平成14年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 3号 平成14年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 4号 平成14年度総社市公共用地等取得事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 5号 平成14年度総社市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 6号 平成14年度総社市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 7号 平成14年度総社市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 8号 平成14年度総社市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 9号 平成14年度総社市国民宿舎事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第10号 平成14年度総社市公共下水道事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第11号 平成14年度総社市水道事業会計決算認定について  認    定

   認定第12号 平成14年度総社市工業用水道事業会計決算認定について

                                  認    定

   議案第54号 総社市・山手村・清音村合併協議会の設置について 原 案 可 決

   議案第55号 総社市職員の退職手当に関する条例等の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第56号 岡山県市町村税整理組合への加入について     原 案 可 決

   議案第57号 総社市ふるさと自然のみちウォーキングセンターの設置及び管理に関する条例の制定について

                                  原 案 可 決

   議案第58号 総社市学童保育施設条例の一部改正について    原 案 可 決

   議案第59号 総社市母子家庭医療費給付条例の一部改正について 原 案 可 決

   議案第60号 総社市給水条例の一部改正について        原 案 可 決

   議案第61号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第2号)   原 案 可 決

   議案第62号 平成15年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第63号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第64号 平成15年度国民宿舎事業費特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第65号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第66号 平成15年度総社市公共用地等取得事業費特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第67号 平成15年度総社市公共下水道事業費特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第68号 平成15年度総社市水道事業会計補正予算(第2号) 原 案 可 決

   議案乙第8号 道路整備予算確保に係る意見書について

                                  原 案 可 決

8. 議事経過の概要

   次のとおり







              開議 午前10時0分



○議長(萱原潤君) ただいまの出席24名全員であります。

 では、これより会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおり進めてまいりますので、御協力を願います。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 各委員長報告



○議長(萱原潤君) まず、日程第1、認定第1号から認定第12号まで及び議案第54号から議案第68号までの27件を議題といたします。

 これらの件について、各委員長の報告を求めます。

 まず、総務文教委員会委員長、13番笠原武士君に願います。

 13番笠原武士君。

              〔13番 笠原武士君 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(笠原武士君) おはようございます。

 それでは、ただいまより総務文教委員会の委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月16日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第55号 総社市職員の退職手当に関する条例等の一部改正についてでありますが、本件については、とりたてて申し上げる質疑もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第56号 岡山県市町村税整理組合への加入についてでありますが、委員から「税整理組合への加入当初は収税効果が期待できるが、年数が経過し滞納整理が進むにつれ、次第に効果が出にくくなるのではないか」との質疑があり、当局から「市では、新見市、備前市及び笠岡市がこの組合に加入しています。この3市について調査しましたが、年度によって額の多少はあるものの、年数が経過するに従って滞納整理額が減少していくというような傾向はありません。本市についても、年々滞納額が増加する傾向にあり、年数の経過によって効果が薄れていくことはないと考えています」との答弁がなされ、本件については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第61号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願・陳情についてでありますが、まず、継続審査となっております平成14年陳情第3号 「同和地区児童・生徒の基礎調査」の廃止を求める陳情書、同じく継続審査となっております請願第4号 ILO勧告の受け入れと、民主的な公務員制度改革の実施を求める請願書及び請願第6号 清潔で公正・公平な住民奉仕を貫く公務員制度の確立を求める請願書、これらの3件については、休憩もとり、慎重に審査した結果、起立多数で継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 次に、同じく継続審査となっております陳情第2号 教育基本法の見直しではなくこれを生かすための意見書の提出を求める陳情書については、採決の結果、趣旨採択すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、建設消防委員会委員長、14番神崎干君に願います。

 14番神崎干君。

              〔14番 神崎 干君 登壇〕



◆建設消防委員会委員長(神崎干君) ただいまから建設消防委員会委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月16日に本委員会を開催し、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、認定第3号 平成14年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「区画整理内の固定資産税の問題について、今後どのように対応するのか」との質疑があり、当局から「事業開始前の従前の土地が使用できず、かつ仮換地の裏指定を受けている場所も使用できない土地の平成15年度については、固定資産税及び都市計画税相当額の補償で対応していきたい。また、平成16年度については、今後税務課とも十分協議していきます」との答弁がなされました。

 また、委員から「今後、国の補助金が減ってくる、土地の評価も下がってくる中で、一般会計からの持ち出しがふえてくると思うが、今後どのように対応していくのか」との質疑があり、当局から「事業の見直しを行い、十分検討してまいります」との答弁がなされました。

 さらに、委員から「この駅南地区土地区画整理事業を始めるときにはコンサルタントに設計を委託していると思うが、コンサルタントを呼んで原点へ返って見直しをすべきではないか」との質疑があり、当局から「当初委託したコンサルタント業者を呼んで、再度協議し、意見調整を行いたいと思います」との答弁がなされました。

 さらに、委員から「今後区域内の小規模団地等の除外区域を設定する考えはないか。また、家屋移転の時期等を明確にしている戸数がどのぐらいあるのか」との質疑があり、当局から「事業の中止及び除外区域の設定は考えておりません。家屋移転については、今年度、来年度を含めて20戸程度を予定しております。今後十分地元への説明も行っていきます」との答弁がなされたところであります。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第4号 平成14年度総社市公共用地等取得事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第61号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、第8款土木費の工事請負費に関連して、委員から「工事の入札について、県は、さきの県議会議員選挙における公職選挙法違反で、2社に対して3カ月の指名停止措置をとったが、その後、総社市が1カ月の指名停止の措置をした理由は何か。公平、公正、公明にすべきではないか」との質疑があり、当局から「市では、建設工事等の請負及び契約に関する指名停止の基準を定めておりますが、公職選挙法違反の場合に該当する基準がありません。そこで、全国の事例等を参考に1カ月の指名停止としたものであります。今後とも、十分公平、公正に入札を行い、透明性を図ってまいります」との答弁がなされたところであります。

 さらに、第8款土木費、第4項都市計画費について、委員から「第2目街路事業及び第4目公園費の第14節使用料及び賃借料にそれぞれ電子複写機使用料が計上されているが、その理由は何か」との質疑があり、当局から「通常、複写機の使用料は単市で支払いますが、補助事業については事務費がつくことから、補助事業の中の事務費分については、それぞれ補助事業のある費目に電子複写機使用料を計上しています」との答弁がなされたところであります。

 以上が論議された主な部分でありますが、その他の部分については、当局の説明を了承し、本件のうち、本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第65号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第1号)及び議案第66号 平成15年度総社市公共用地等取得事業費特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、これら2件については、いずれも質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、委員会審査報告書には掲げておりませんが、陳情等に準じて取り扱う県からのもので、第2号 道路整備予算確保に係る意見書の提出についての要望でありますが、本件は県からの要請事項でもあり、本委員会の審査の結果、意見書を提出することに決定した次第であります。

 なお、後刻これに伴う議案を提出いたしますので、よろしくお願いいたします。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、厚生委員会委員長、21番丹下茂に願います。

 21番丹下茂君。

              〔21番 丹下 茂君 登壇〕



◆厚生委員会委員長(丹下茂君) ただいまから厚生委員会委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月17日に本委員会を開催し、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、認定第2号 平成14年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「住宅新築資金等貸付金の収入未済額が多くなっているが、その解消はどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「個々の状況を把握するため、実態調査を行いました。この調査結果をもとに文書による催告、個別訪問等を行っていますが、今後も解消に向けて努力いたします」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第5号 平成14年度総社市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について及び認定第6号 平成14年度総社市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、これら2件は、いずれも質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第7号 平成14年度総社市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「介護認定調査員によっては、介護認定が変わる可能性はないか」との質疑があり、当局から「本市の介護認定調査員は、嘱託員5名であり、介護認定調査員のレベルは一定しており問題はないと認識しています」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第57号 総社市ふるさと自然のみちウォーキングセンターの設置及び管理に関する条例の制定についてでありますが、委員から「一般市民がウォーキングセンターの中へ物を展示することはできないか」との質疑があり、当局から「一般市民の展示については、研修室のスペースを考えております」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決をすべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第58号 総社市学童保育施設条例の一部改正についてでありますが、委員から「現在の学童保育の設置基準は20人前後となっているが、その基準を見直す考えはないか」との質疑があり、当局から「学童保育の設置基準はおおむね20人以上となっておりますが、地区によっては小規模のところもありますので、今後も引き続き検討をしていきます」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第59号 総社市母子家庭医療費給付条例の一部改正についてでありますが、本件については、とりたてて申し上げる質疑もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第61号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、第4款衛生費、第1項保健衛生費、第10目自然保護対策費、第15節工事請負費について、委員から「ウォーキングセンターの拠点整備について、水対策はどのように考えているのか」との質疑があり、当局から「飲用水の確保につきましては、地形的、水質保全管理等から困難であることから、散策をされる方については水筒を携帯していただきたい」との答弁がなされ、本件のうち本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第62号 平成15年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)及び議案第63号 平成15年度総社市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、これら2件については、いずれも質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、陳情についてでありますが、継続審査となっております陳情第5号 国立病院の独立行政法人化にあたり、賃金職員の雇用継承と医療・看護体制の拡充、国立ハンセン病施設の充実、拡充を求める陳情書並びに陳情第6号 国立病院の独立行政法人化にあたり院内保育所の継続を求める陳情書のこれら2件については、休憩もとり慎重に審査した結果、いずれもさらに検討の必要があることから、継続審査と決定し、別途継続審査の申し入れをいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について御報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、経済水道委員会委員長、15番松浦政利君に願います。

 15番松浦政利君。

              〔15番 松浦政利君 登壇〕



◆経済水道委員会委員長(松浦政利君) ただいまから経済水道委員会委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月17日に本委員会を開催し、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、認定第8号 平成14年度総社市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本件については、「加入者が長期間にわたって家をあける場合の使用料徴収の考え方及び地元への説明のあり方」について質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第9号 平成14年度総社市国民宿舎事業費特別会計歳入歳出決算認定について及び認定第10号 平成14年度総社市公共下水道事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、これら2件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第11号 平成14年度総社市水道事業会計決算認定についてでありますが、本件については、「未収金の状況」について、質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第12号 平成14年度総社市工業用水道事業会計決算認定についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第60号 総社市給水条例の一部改正についてでありますが、本件については、直接、議案と関係ありませんが、「水道事業健全化に向けた水道料金改定の考え方」などについて、質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第61号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、歳出、第5款労働費、第1項労働諸費について、委員から「ウイングバレイ西団地福祉会館を購入するということだが、今後の利活用をどのように考えているのか」との質疑があり、当局から「ウイングバレイ西団地福祉会館については、雇用能力開発機構からの払い下げを受けます。また、払い下げに要する金額は、ウイングバレイから指定寄附を受けています。今後の活用については、今までどおりウイングバレイに貸し付けを行い、維持管理をしていただく予定です」との答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、本件のうち、本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第64号 平成15年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員から「利用者に対してアンケートをとっているようだが、利用者の意見は生かされているのか」とただしたところ、当局から「総社市として、観光案内センターで利用者のアンケートを実施しており、施設面に関する事項及び運営面に関する事項等の意見をいただいています。特に昼食時のメニュー等に対する要望が多いことから、サンロード吉備路と協議をして、観光案内センターでうどん等の販売ができないか検討しています。今後とも利用者の方の意見を反映させていきます」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも「総社市としてサンロード吉備路活用に対する取り組み方」などについて、質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第67号 平成15年度総社市公共下水道事業費特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員から「中原川の改修工事に伴って家屋調査等を実施するようだが、現在の状況と今後の見通しはどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「ユニチカ前の工事は、今年度で完了予定です。今年度の工事は、昨年度と同じ場所を工事用車両が通行することから、今年度、家屋調査を実施し、被害が出た場合は、業者の施工ミスによるものか、市の設計ミスによるものかを判断し、補償する考えです。また、今後の見通しについては、一部道路計画との整合を図る必要がありますが、その他の部分については、用地交渉に鋭意努力しており、工事が可能な部分から実施します」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分でありますが、そのほかにも関連して「下水処理場周辺の臭気対策及び景観対策」「起債の借りかえに対する考え方」などについて、質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第68号 平成15年度総社市水道事業会計補正予算(第2号)についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願についてでありますが、継続審査となっております請願第8号 労働法制の改悪に反対する意見書提出の請願書については、休憩もとり、慎重に審査した結果、さらに検討の必要があることから、継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、合併協議検討特別委員会委員長、16番荒木勝美君に願います。

 16番荒木勝美君。

              〔16番 荒木勝美君 登壇〕



◆総社市合併協議検討特別委員会委員長(荒木勝美君) ただいまから総社市合併協議検討特別委員会の審査経過並びにその結果について御報告申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月18日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、議案第54号 総社市・山手村・清音村合併協議会の設置についてでありますが、委員から「他の市町村で設置されている協議会の規約と比較し、内容的に独自のものはあるのか」との質疑があり、当局から「内容については、特に目新しいものはありません。標準的な内容であります」との答弁がなされました。

 また、委員から「規約の第8条に協議会の委員について規定しており、議員については各市村から2名となっているが、この決まった経緯について伺いたい。さらに、今後、協議会の審査の過程の中で、議員だけでなく、全体の委員について、人数をふやさなければならない事態が生じた場合、変更する考えはあるか」との質疑があり、当局から「議員の数を2名にした経緯については、県内の状況あるいは県外で総社圏域とよく似た取り組みをされている例を参考にし、最終的には、合併協議会(後刻「合併研究会」と訂正あり)で決定されたものです。また、人数の変更については、協議会の中で、そういった議論が出てくれば、考えていきたい」との答弁がなされました。

 また、委員から「協議会の議事運営について、全会一致という文言を規約の中に入れなくても対応できるのか」との質疑があり、当局から「他の市町村の協議会においても、全会一致の原則で運営されています。そこまでに至らない場合は、できる限り調整をして、それでも対応できない場合には、最終的に3分の2の賛成をもって決定するという運営方針を定めているところが多いようです」との答弁がなされ、さらに委員から「3分の2以上ということになれば、3市村から選出されている委員がそれぞれ同数であれば、山手村と清音村が賛成すれば、3分の2となり、大勢を占めるわけだが、そういう点で心配はないか」との質疑があり、当局から「数字的に言えば、そういう可能性もあります。しかし、幾ら法定協議会で決定しても、最終的にはそれぞれの議会の議決を得るという手続が必要となります。また、法定協議会においても、そういうことにならないような調整の仕方を考えていく必要があると考えています」との答弁がなされ、その他については、当局の説明を了承し、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第61号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、委員から「総社市、山手村、清音村は、財政規模も人口規模も大きく異なるが、協議会の負担金は同額ということでいいのか」との質疑があり、当局から「協議会の経費については、協議会だよりの発行部数など、市と村で差の出る性質のものもある反面、新市の建設計画など全域で策定するもの、また、事務事業の洗い出しや委員の報酬など、経費についてはほとんど差のないものもあり、最終的には、研究会の中で、均等に負担することに決まったものです」との答弁がなされました。

 このほかにも、合併に絡む今後の地方交付税等の動向、協議会の経費の使途及び会計処理、来年度からの事務局体制及び合併に係る市の窓口対応などについて、質疑、答弁がなされ、本件のうち、本委員会の所管に属する部分について、採決した結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願第7号 市町村合併にかかわる請願書については、休憩もとり、慎重に審査した結果、さらに検討の必要があることから、継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上が本特別委員会の審査経過の概要と結果であります。

 なお、本特別委員会については、議会閉会中の審査が予定されることから、その所管事項について、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、報告を終わります。

 失礼いたしました。

 発言中、議員の数を2名にした経緯の件のところで、本来「合併研究会」と申し上げるところを「合併協議会」と申し上げたようです。「研究会」が正しいので、訂正しておわび申し上げます。



○議長(萱原潤君) 次に、一般会計決算審査特別委員会委員長、23番岡本鹿三郎君に願います。

 23番岡本鹿三郎君。

              〔23番 岡本鹿三郎君 登壇〕



◆一般会計決算審査特別委員会委員長(岡本鹿三郎君) ただいまから一般会計決算審査特別委員会の審査経過並びにその結果について御報告を申し上げます。

 本特別委員会は、御承知のように議長を除く全議員をもって構成された特別委員会でありますので、この報告の内容も極めて簡単に、その概要のみを申し上げますので、御了承願います。

 本特別委員会は、認定第1号 平成14年度総社市一般会計歳入歳出決算認定についてを審査するため、9月12日、本会議において設置され、同日、本特別委員会が開催され、委員長に私岡本が、副委員長に山口久子さんの両名が選出された後、直ちに議案の審査に入り、さらに慎重を期して審査するため、各常任委員会を単位とする4分科会を設置し、それぞれ分担部分を審査することにいたしたところであります。

 そして、各分科会が同月16日、17日にそれぞれ開催され、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重かつ詳細な審査を行ったところであります。

 さらに、同月22日に再開された本特別委員会で各分科会委員長から審査の概要と結果の報告がなされたところでありますが、各分科会の内容は、既に御承知のとおりでありますので、この際、省略させていただきますので、御了承を願います。

 次に、各分科会委員長報告に対する質疑、討論に入りましたが、質疑、討論もなく、採決に入ったところ、異議がありましたので、起立による採決の結果、起立多数により本件は認定すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本特別委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 以上をもって、各委員長の報告は終了いたしました。

 ただいまの各委員長報告に対する質疑がありますれば、議会事務局に通告用紙がありますので、通告を願います。

 この際、しばらく休憩いたします。

              休憩 午前10時39分

              再開 午前10時53分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これよりただいまの各委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、これを許します。

 19番中村吉男君の発言を許します。

 19番中村吉男君。

              〔19番 中村吉男君 登壇〕



◆19番(中村吉男君) 議長から発言のお許しをいただきました。

 それでは、議案第65号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第1号)の件であります。

 このことについて、予算が減額をされておることについて、委員会でいろいろと御審議をされたと思いますが、私は常々この駅南区画整理事業については申しておりますように、非常に駅南区画事業が18年の完成目途が非常に難しいという中で、7億5,500万円の当初予算であったわけであります。14年度から比べますと、約39%の減額をされておるわけであります。なおさら、今回の補正で1,380万円の減額をされておるわけであります。それで、7億4,120万円の今回の補正の総額であります。非常に平成18年度に向けての取り組み方を一生懸命やらなくてはいけないという中で、1,380万円減額をされておるわけであります。このことについて、委員長報告の中で、質疑、討論もなくというふうな報告であったわけでありますが、市当局の方からこの件について減額をされた内容等について、いろいろと説明等があったかと思いますが、委託料あるいは工事費あるいは負担金、補助及び交付金等の減額をし、補償費の方で8,800万円増となっておるわけであります。この委員会において、市当局の方からどのような御説明で、どのような経過であったか、この点について委員長にお伺いをいたしたいと思います。

 終わります。



○議長(萱原潤君) 14番神崎干君。

              〔14番 神崎 干君 登壇〕



◆建設消防委員会委員長(神崎干君) 中村議員にお答え申し上げます。

 歳入歳出の総額から1,380万円を減額し、歳入歳出の総額を7億4,120万円と定めようとするもののことでございますが、今回の補正は、国の補助事業にかかわる補助金の内示に伴うものと、今年度事業の見直しによる予算の組み替えを行おうとするものが主なものだそうでございます。この件につきまして、先ほど報告しましたところ、内容は一緒になりますが、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決したわけでございます。

 以上でございます。



○議長(萱原潤君) 19番中村吉男君。

              〔19番 中村吉男君 登壇〕



◆19番(中村吉男君) 今、委員長報告をいただきましたが、非常に国の補助金が2,350万円減額されておるということであり、中身を若干予算の組み替えをしたということであろうかと思います。私は、常々言っておりますように、区画整理事業を一日も早く手当てをしていただかなきゃいけないという観点から申し上げておるわけであります。今回の補正については減額をされておりますが、平成16年度につきましても、ひとつかなりの予算を組んでいただきまして、一日も早い完成を願いたいと、このように思いますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(萱原潤君) 委員長に対する答弁を求められますか。

              (「よろしい」と呼ぶ者あり)

 次に、24番服部剛司君の発言を許します。

 24番服部剛司君。

              〔24番 服部剛司君 登壇〕



◆24番(服部剛司君) 議案第54号 総社市と山手、清音村の合併の法定協議会を設置する議案につきまして、委員長を初め委員各位には、この議案についていろいろ御審査をいただいて、今委員長から委員長報告をいただきました。

 私、委員長報告を聞かしていただきまして、次の点について、委員会の審査の経緯をもう少し詳しく聞きたいなと思いまして、まことに失礼でございますが、委員長に対する質疑をさしていただきました。

 真備町さんは、新聞報道によれば、倉敷との合併法定協議会を立ち上げたということでありますが、議会の方もいろいろ動きがあったようでございます。特に、町民に対するアンケート調査、住民投票というんですか、その条例も同時に成立さしたというぐらいな、町をいわば半分に分けたとこまではいきませんが、町が一本になっている状況ではないというように新聞報道から受け取ったわけであります。それで、委員会となさいましては、私常々もうこの圏域は山手、清音だけじゃということをもうずうっと言い続けております。委員会では、真備町に対して市長の政治姿勢はどうあったかということをお尋ねになったかどうか、委員会で。山手、清音にした経緯を委員会で審査していただいたじゃろうかという思いが余計に強くなったわけであります。

 市長は、10万都市を目指して、就任以来6カ年、隣の真備町と広域行政を一生懸命なさったことは、委員各位も御案内のとおりであります。総社市もそれなりに真備町と仲よくしようということで、議会は議会なりに一生懸命今までつき合いをしてきました。仲裁者を入れての論戦あるいはつかみ合い寸前の論戦などを議会はやったことはないんです。うちの市長は、長同士、いわゆる首長同士でそういう意思疎通を大事にして6年間来てなかったという、非常に大きな市民に対する責任があると思うんです、私は、市長に、政治姿勢として。真備町に対して一緒になりましょうと、6年間言い続けて10万都市を今まで目指してこられたら、総社市、真備町、山手、清音法定協議会と必ずなると、私は信じて疑わなかったんであります。そのような経緯の説明や考えを委員会として求められましたどうかというお尋ねを、まずしておきたいと、このように思うんであります。

 それから、すべての委員長報告が、いわゆる研究会でにわかに決まったことが、この設置規約に盛り込まれ、案文については、標準的なマニュアルだと、こういうことであります。何も地域性を秘めた案文ではないという委員長の報告でございました。研究会でちょこちょこっとやったことが、これに出てくるから、うちの議会24人も、対等、吸収、わかってないと、こういうことです。議員24人がわかってないことが、市民に、1割程度の出席をいただいた研究会や報告会あるいは市報そうじゃ、パンフレット等で新市ができているとは決して思わないのであります。研究会の内容を議会に報告をなさったのは、これと同時であります。いわゆる市民への周知ができていると判断をなさいましたかどうか。

 それから、私は質疑もさしていただきましたが、11条の協議の結果であります。議事につきましては、すべて全会一致とあるいは3分の2あるいは過半数と、決まっていようとも決めておくのが規約であります。まちをなくして新しくする大切な規約でありますから、全国的にそういになっとんじゃと、ええようにいかなんだら3分の2じゃというようなあいまいなことでは、私はいけんと思うんです。委員の皆さんが当局の説明を了承なさいました過程はいろいろと御説明があったと思いますが、私は11条の委員会あるいは小委員会の議事の決定は、全会一致をもってすべきと。これは、法定の協議会の設置規約でありますから、各議会へ戻って議決をするのは、合併するかせんかという二者択一の議決でありまして、1,500に及ぶ項目についての議決はすべてこれでやってしまう。小委員会の議決でやってしまうんであります。いわゆる都市計画税はいかほどもらう、市街化調整区域はどことどこをこしらえる、山手、清音は調整区域ばっかりになるんだとか、もう税金から使用料からもうすべてにわたって、今の委員長の説明ではパアにして事務的な経費は余り変わらんと、こう言う。人口と面積が違えば、経費が違うのは当然であります。対等でないということであります。1,500に及ぶ項目をこれからやろうとするから大変時間がかかる。一緒にやりましょうと、総社へ来ていただければいいわけでありますから、山手、清音の皆さんに。

 そうすると、私は今委員会での御協議があったように、8条関係の委員の数が何で総社の議会から2人か3人かというて、よそと一緒ならというような質疑は出てこないんであります。経費につきましても、何で総社、山手、清音と、これに係る経費が同額ならというようなことは、委員の口からは出ないんであります。研究会の報告がなかったから出るんです。議員24人の方々が、私が今言いますように、研究会の内容を一つも知らない。知ったのは、これが協議会の設置規約の案件が出てきた日に知ったんであります。

 山手村の都市計画区域は何平方キロある、清音村の都市計画区域は何平方キロある、都市計画税はいかほどもらっている、調整区域と都市計画税、固定資産税は幾らであると、総社市はこうこうである、足して3で割って新しいまちにしましょう、市県民税はこうである、そのようなことを小委員会で決めるのなら、小委員会を幾つ設置するんかわかりませんが、設置した小委員会で1,500のすべての項目をまず問題点としてすべて出していただき、それから編入合併にするか吸収合併にするかを決めていただき、なおその後、新庁舎はどこにする、新しい名前はどこにするということを決めていただかねばいけんと思うんであります。そういう御協議が委員会でなされたかどうかということをお尋ねいたします。大変失礼しました。



○議長(萱原潤君) 16番荒木勝美君。

              〔16番 荒木勝美君 登壇〕



◆総社市合併協議検討特別委員会委員長(荒木勝美君) 24番服部議員の御質疑にお答えいたします。

 この特別委員会は、今議会でやっと設置を見たという、非常に新しい委員会でございます。この委員会では、基本的には、この議案第54号に掲げておりますように、提案理由の中にございますように、合併協議会を設置したいので自治法に基づいて議会の議決を得るためのものであるということで、その中で規約をこのように定めたいということで、21条にわたりまして規約が提示されております。これについて、基本的には審議をし、そして本日の報告という形でさしていただいております。

 先ほど御質問の件でございますけども、これ基本的には協議会が設置されて、その中で審議されるものと、私は考えております。ということで、今回の特別委員会では、今お尋ねの件につきましては、詳細については審議はいたしておりません。ただ、研究会の報告はこのたびが初めてだということでございましたが、これは多分皆さん方のお手元にファックスで研究会開催の都度、御報告をさせていただいておるとは思います。それとか、例えば「全会一致」を規約の中に入れるべきじゃないかという、この件につきましても、この第21条の中に、「この規約に定めるもののほか、協議会の運営等に関し、必要な事項は会長が別に定める」という項目もございます。

 総社市議会といたしましては、服部議員の御提案もこのような合併協議会の方でこういうところに主張していきたいと、このように考えておりますので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(萱原潤君) 以上で、通告による質疑は終わりました。

 他に質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって各委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、認定第1号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第1号の討論を終結いたします。

 これより認定第1号 平成14年度総社市一般会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第2号から認定第4号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第2号から認定第4号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより認定第2号から認定第4号までの3件を一括採決いたします。

 これら3件に対する各委員長の報告は認定であります。これら3件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、認定第2号から認定第4号までの3件については、各委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第5号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第5号の討論を終結いたします。

 これより認定第5号 平成14年度総社市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第6号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第6号の討論を終結いたします。

 これより認定第6号 平成14年度総社市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第7号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

 12番光畑嘉代子さん、反対ですね。

              (「反対です」と呼ぶ者あり)

 12番光畑嘉代子さん。

              〔12番 光畑嘉代子君 登壇〕



◆12番(光畑嘉代子君) 認定第7号 平成14年度総社市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、反対の立場で討論を行います。

 介護を必要とする高齢者の方が、安心して介護サービスを受けることができるとしてスタートした介護保険制度です。しかし、現実には、お金がなければサービスを受けることはできません。平成12年制度がスタートして3年間、低所得者の方の利用料とか保険料の減免制度を求めて何度も質問してまいりました。平成15年度からは、不十分さはありますが、低所得者の方の保険料減免制度の改善が図られました。また、65歳以上の方の保険料の基準となる第3段階の保険料も、介護給付費準備基金を取り崩して、3,400円に抑えられたことは評価いたします。しかし、この議案は平成14年度決算です。

 よって、反対の立場をとらせていただきます。



○議長(萱原潤君) 他に討論はございませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって討論を終結いたします。

 反対の討論がありましたので、起立により採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第8号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第8号の討論を終結いたします。

 これより認定第8号 平成14年度総社市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第9号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第9号の討論を終結いたします。

 これより認定第9号 平成14年度総社市国民宿舎事業費特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第10号から認定第12号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第10号から認定第12号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより認定第10号から認定第12号までの3件を一括採決いたします。

 これら3件に対する委員長の報告は認定であります。これら3件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、認定第10号から認定第12号までの3件については、委員長報告のとおり認定されました。

 次に、議案第54号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第54号の討論を終結いたします。

 これより議案第54号 総社市・山手村・清音村合併協議会の設置についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第55号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第55号の討論を終結いたします。

 これより議案第55号 総社市職員の退職手当に関する条例等の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第56号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第56号の討論を終結いたします。

 これより議案第56号 岡山県市町村税整理組合への加入についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第57号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第57号の討論を終結いたします。

 これより議案第57号 総社市ふるさと自然のみちウォーキングセンターの設置及び管理に関する条例の制定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第58号から議案第60号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第58号から議案第60号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第58号から議案第60号までの3件を一括採決いたします。

 これら3件に対する各委員長の報告は可決であります。これら3件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第58号から議案第60号までの3件については、各委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第61号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第61号の討論を終結いたします。

 これより議案第61号 平成15年度総社市一般会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本件に対する各委員長の報告は可決であります。本件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件については各委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第62号及び議案第63号の2件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第62号及び議案第63号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第62号及び議案第63号の2件を一括採決いたします。

 これら2件に対する委員長の報告は可決であります。これら2件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第62号及び議案第63号の2件については、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第64号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第64号の討論を終結いたします。

 これより議案第64号 平成15年度総社市国民宿舎事業費特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第65号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第65号の討論を終結いたします。

 これより議案第65号 平成15年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第66号から議案第68号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第66号から議案第68号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第66号から議案第68号までの3件を一括採決いたします。

 これら3件に対する各委員長の報告は可決であります。これら3件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第66号から議案第68号までの3件については、各委員長報告のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 継続審査申出の件



○議長(萱原潤君) 次に、日程第2、継続審査申出の件を議題といたします。

 目下、審査中の事件について、お手元に配付いたしております継続審査申出案件表に記載のとおり、総務文教委員会委員長外から会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 総務文教委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、総務文教委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

 この際、私より申し上げます。

 一般会計決算審査特別委員会は、本日をもって消滅いたしますので、申し添えておきます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案乙第8号上程



○議長(萱原潤君) 次に、日程第3、議案乙第8号を議題といたします。

 ただいまの議案は、印刷の上お手元に配付いたしておりますので、ごらんを願います。

 では、提出者から提案理由の説明を願います。

 14番神崎干君。

              〔14番 神崎 干君 登壇〕



◆14番(神崎干君) 議案乙第8号 道路整備予算確保に係る意見書について提案理由の説明をいたします。

 言うまでもなく、道路はまちづくり、地域づくりを初め社会、経済、文化活動のすべてを支える最も基本的な社会基盤であり、道路整備を計画的に推進し、いまだ不十分な整備状況を改善していくためには、道路整備予算の安定確保が不可欠である。

 よって、道路整備の重要性を深く認識し、道路整備の推進について特段の配慮がなされるよう、地方自治法第99条の規定により、別紙のとおり政府機関、関係方面へ意見書を提出しようとするものであります。

 提出先は内閣総理大臣、財務大臣、国土交通大臣、その他関係方面。

 以上でございます。全員の皆様の御賛同をお願いいたします。よろしくお願いいたします。



○議長(萱原潤君) この際、申し上げます。

 ただいま議題となっております議案乙第8号については、質疑の通告を特に省略いたしたいと思いますので、御了承願います。

 これより議案乙第8号 道路整備予算確保に係る意見書についての質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案乙第8号の質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案乙第8号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案乙第8号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 議案乙第8号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案乙第8号の討論を終結いたします。

 これより議案乙第8号 道路整備予算確保に係る意見書についてを採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 9月定例市議会の閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会に提案いたしましたすべての議案を御議決いただきましてありがとうございました。中でも、大きな課題であります市町村合併につきまして、山手村、清音村との合併協議会の設置について御議決をいただき、重ねて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 大きな改革であります。身の引き締まる思いをいたしております。議会とも十分連携を図りながら、合併の実現に向けて取り組んでまいりたいと、このように考えております。一層の御支援、御協力賜りますようにお願いを申し上げます。

 朝晩めっきり涼しくなってまいりました。スポーツの秋、実りの秋と言われますけど、健康の秋であってほしいなと、このように思います。今サンマが豊漁で比較的ことしは安いということでございます。「大サンマ、大根すりもたっぷりと」というふうな俳句がございますけど、これなどでしっかり栄養を補給していただくと同時に、運動と休養のバランスをとっていただきまして、健康増進に一層御努力いただけたらと思います。運動の方はきびじアリーナトレーニングセンターがオープンいたしておりますので、しっかり御活用いただけたらと、このように思います。

 議員各位の御健勝、御多幸はもちろんのこと、市民各位の御健勝、御多幸を心よりお祈り申し上げまして、閉会に当たってのごあいさつとさしていただきます。ありがとうございました。



○議長(萱原潤君) 以上をもちまして、今期定例会に付議されました案件は全部終了いたしました。

 これをもって9月定例市議会を閉会いたします。

              閉会 午前11時31分



 以上、記録の内容が正確であることを証するためにここに署名する。



              総社市議会議長







              署 名 議 員







              署 名 議 員