議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 総社市

平成15年 9月定例会 09月11日−03号




平成15年 9月定例会 − 09月11日−03号







平成15年 9月定例会



          平成15年9月定例総社市議会会議録(第3号)



             〇平成15年9月11日(木曜日)

1. 開 議 平成15年9月11日 午前10時 0分

2. 延 会 平成15年9月11日 午後 3時52分

3. 出席または欠席した議員の番号及び氏名

   出席議員

   1番 津神謙太郎      2番 村木 理英      3番 頓宮美津子

   4番 橋本  茂      5番 小西 利一      6番 片岡 茂夫

   7番 多田 英章      8番 澁江 文男      9番 名木田正昭

   10番 秋山  聖      11番 加藤 保博      12番 光畑嘉代子

   13番 笠原 武士      14番 神崎  干      15番 松浦 政利

   16番 荒木 勝美      17番 山口 久子      18番 金池  徹

   19番 中村 吉男      20番 萱原  潤      21番 丹下  茂

   22番 西森 頼夫      24番 服部 剛司

   欠席議員

   23番 岡本鹿三郎

4. 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名

   議会事務局長  塩 尻    司    同   次長  久 保    豪

   同 議事係長  三 村  和 久    同議事係主事  宇 野    裕

5. 説明のため出席した者の職氏名

   市長      竹 内  洋 二    助役      國 府  久 倶

   収入役     木 口  博 元    総務部長    守 長  健 尚

   生活環境部長  友 野  二 男    生活環境部参与 秋 山  壮 市

   保健福祉部長  大 村    稔    経済部長    秋 山  庄司郎

   建設部長    薬師寺  主 明    消防長     高 田    稔

   教育長     ? 田  交 三    教育次長    丸 山  光 雄

   総務部次長兼総務課長

           守 安  道 夫

6. 本日の議事日程

   第1 一般質問

7. 議事経過の概要

   次のとおり







              開議 午前10時0分



○議長(萱原潤君) おはようございます。

 ただいまの出席23名であります。

 欠席1名であります。

 欠席者のうち、23番岡本鹿三郎君より欠席の届け出がありました。

 では、これより会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおり会議を進めてまいりますので、御協力を願います。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 一般質問



○議長(萱原潤君) では、日程第1、一般質問を昨日に引き続き行います。

 まず、21番丹下茂君の質問を許します。

 21番丹下茂君。

              〔21番 丹下 茂君 登壇〕



◆21番(丹下茂君) 皆さん、おはようございます。

 議長の質問に対する許可をいただきましたので、一般質問2日目の最初の質問でありますが、私はこのたびの議会において通告いたしております教育問題、市制50周年記念事業について、市条例についての大きく3点についてお尋ねをいたします。

 まず最初に、教育問題についてでありますが、特にこのたびは平成17年度を目標に3年保育を全幼稚園に進めるべく順次整備を進めており、現在16園中10の幼稚園が3年保育を実施していることは承知いたしております。以前にもお尋ねいたしたことのある総社幼稚園の3年保育についてであります。

 総社幼稚園の3年保育については、分園も視野に入れながら検討をしていきたいとのことでありましたが、その後の進捗状況について、どのようになっているのかお尋ねいたします。また、2つ目は幼稚園の保育状況についてであり、特に幼稚園教諭の配置について問題はないかというお尋ねをいたしております。

 現在、小学校は一クラス40人以下という生徒数を基準にクラス編成が行われておりますが、幼稚園については、我が総社市は一クラス35人以下と定めて現在保育をいたしているところであります。3年保育を進めていく中で、園児数の少ない山田幼稚園については、3歳児一クラス、4歳から5歳で一クラスという保育をしており、複式学級の基準を園児数15人以下と定めて実施しておりますが、園児数の多いところによりましては、一クラスが34人から35人で一クラスというところもあれば6人から9人で一クラスというところもあり、いろいろであります。このような状況の中で、PTA連絡協議会から一クラス20人以下学級にしてほしいという要望が以前からあるところは御承知だろうと思います。幼児教育を充実していく上からも、この要望に対してこたえていく必要があると考えますが、いかがお考えになられるのか、お尋ねをいたします。

 次に、市制50周年事業についてお尋ねをいたしております。現在、平成17年に実施されます晴れの国岡山国体に向けての準備、また同じく平成17年3月の合併に向けてのいろいろな協議など、大きな問題が山積する中で、総社市は来年平成16年に市制50周年の茎節を迎えます。その記念事業について、具体的にどのような準備を進めておられるのか、お尋ねをいたします。以前お尋ねをしたときの答弁では、簡単な式典だけで済まされるような感じを受けたところでありますが、お互いに知恵を出し合い、市民参加の記念行事をする必要があると考えますが、いかがでありますか、お答えをいただきたいと思います。

 次に、3点目の質問は条例問題についてであります。条例といいましても、たくさんの条例が我が市にはありますが、市長を含めて三役及び教育長の特別職の退職金について定めているところがあります。この条例の中身があいまいであり、解釈によっては市長権限でどうにでも支給できるという内容になっていることは市長もよく御存じであると思います。このような条例について、市長はこの条例の趣旨をどのように解釈され実行されていくのかお尋ねをして、最初の質問といたします。(拍手)



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) おはようございます。

 21番丹下議員の御質問にお答えをいたします。

 最初の幼稚園の問題は教育長に答弁を求められておりますので、教育長の方から答弁いたします。

 次に、市制50周年事業についてでございます。

 本市は、昭和29年3月31日に市制を施行し、来年3月31日に50周年を迎えるわけでございます。ただいまが市制施行以来49年目ということでございます。四苦八苦をしておりますけど、やはり49年目というめぐり合わせということでございます。この間、先人の努力により、岡山県南の工業都市、住宅都市として着実に発展し、人口も3万7,000人から5万7,000人余りを数えるまでになりました。そこで、過去を省み、将来の発展を願い、市制施行50周年の記念事業を計画いたしております。

 このうち、記念式典を来年3月28日の日曜日に実施する予定でございます。記念事業等につきましては、平成16年度中に、翌年度でございますけど、実施したいと考えております。これらの記念行事等につきましては、市民の方や職員から広く募集し、60件余りの提案をいただいております。現在、それらの中から実施可能なものを具体的に検討しているところでございます。

 なお、現下の財政事情や岡山国体、市町村合併の問題等もあり、派手なことはできないかと思いますが、50周年という大きな節目でもありますので、市民の方に喜んでいただけるもの、また有意義なものを、また総社市から大きく情報発信できるようなもの、そういったものを市民の皆様のお力をおかりしながら、また議会の皆さんと御相談をいたしながら進めてまいりたいと、このように思っておるところでございます。

 三役及び教育長の退職手当に関する条例の件でございます。

 退職手当の額につきましては、この条例の第3条において、勤続期間及びそれぞれの役職の区分ごとに割合を定め算出されることとなっておりますが、この支給額については、規定に基づき算出した額の範囲内と定められておりまして、その支給内容を見直しをすべきではないかという御質問であります。県下他都市においては、この範囲内という語句はないようであります。また、本市では今までにこの範囲内の適用はしてなかったところでありますが、御承知のように、大変財政状況の見通しが厳しいということから、私が就任してから昨年初めてこの範囲内ということで適用さしていただきました。助役と私と合わして両方とも、支給内容でございますけど、その範囲内ということで財政事情を判断をいたしまして、100分の10の支給にとどめております。そういった内容でございます。減額した額は約2,700万円ぐらいでございます。

 今後、この規定は見直すべきではないかということでございますけど、よく財政状況も踏まえて判断をいたしたいと思います。



○議長(萱原潤君) 教育長。

              〔教育長 ?田交三君 登壇〕



◎教育長(?田交三君) 21番丹下議員の御質問にお答え申し上げます。

 まず、3歳児保育、総社幼稚園等の現状はどのようになっているかということでございます。

 3年保育につきましては、現在順次計画的に進めているところでございまして、御指摘のとおり、来年4月から総社南幼稚園、阿曽幼稚園、秦幼稚園において実施の予定でございます。したがいまして、13園がこれで実施をできるという状況になるのじゃなかろうかなというふうに思っております。ただ、保育室の不足が見込まれる総社南幼稚園あるいは秦幼稚園につきましては、今年度で園舎を増築し準備を行っているところでございます。

 残る3年保育未実施園は、総社幼稚園、三須幼稚園、服部幼稚園の3園というふうになります。これらの園につきましては、平成17年4月の開始を目途に施設あるいは整備を進めることといたしております。特に総社幼稚園での3年保育につきましては、平成14年6月定例市議会におきまして、御答弁をした経緯もございますが、現敷地が狭隘なこと、園児数も増加傾向にあることから、現在幼稚園教育振興協議会におきまして、適切な幼稚園施設整備のあり方等についてお諮りをし協議を行っていただいております。また、関係者等にもお諮りをし、平成17年4月からの3年保育実施に向けて対処をしてまいりたいというふうに考えております。

 続きまして、幼稚園の保育状況、教諭の配置についてお答えを申し上げます。

 幼稚園の一学級の幼児数は、原則として3歳児は25人以下、4歳児及び5歳児は35人以下と総社市幼稚園規則に定められております。このことに基づきまして、一学級に1人の学級担任を配置しております。また、3歳児学級は20人を超えると補助員をつける、4歳児と5歳児の合計が15人以下の場合は原則複式学級とするなど、幼児の発達に応じた運用も行っておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(萱原潤君) 21番丹下茂君。

              〔21番 丹下 茂君 登壇〕



◆21番(丹下茂君) 市長、教育長から答弁をいただきました。しかし、答弁の内容が質問と大分ずれたところがあります。

 よって、再度お尋ねをしたいと思います。

 まず、教育問題について、いわゆる3年保育、総社幼稚園の現状についてでございます。私がお聞きいたしているところによりますと、今の予定では総社幼稚園、3年保育を実施するのに今の敷地内へ増築をして、そこで保育をするという、今そういう流れであるというふうにお聞きいたしております。しかしながら、目先の目標としては確かに一時的しのぎで増築をして3歳児保育を始めるということも一つの手かもわかりません。しかし、あの地域についてはまだまだこれから伸びる可能性があるところであります。

 よって、将来的にも園児数が減るということにはならないのではないかというふうに思うわけです。

 よって、今の時期にきちっと適当な土地を確保し、そして分園に向けて準備を進めていくということが大事であるんではないかなという気がいたします。当面はプレハブないし増築で3年保育をやるのも一つはいいんじゃないかと思いますが、それでよしとするんではなくて、やっぱりきちっと将来的に向けて分園を進めていくと。そのためには今から用地の確保に向けて動いてないと、もう既に東の方については空き地がどんどんどんどん宅地化されて、広い土地というのはなくなりつつあるわけです。

 よって、先に財政状況がよくなってから土地を確保するといったときには、確保したい土地が既になかったということにもなりかねませんので、そういう点で再度どういうふうにこの取り組みをされていくのか、また幼稚園施設協議会ですか、推進協議会、これ等におきましても、この話し合いの中で分園を進めるべきだというふうな声もあるやにお聞きいたしておりますが、それはどうでありますか、お尋ねいたします。

 それから次に、幼稚園の保育状況についてであります。教育長もよく御存じだろうと思いますが、私もここに各幼稚園の園児数及びその教諭についての割り当て人数の資料をいただいております。これを見ますと、北幼稚園及び井尻野幼稚園、現在4歳児編成、井尻野幼稚園につきましては34人で一クラス、5歳児については35人で一クラス、それから総社北幼稚園については32人で一クラス、5歳児も32人で一クラスということになっておって、一応基準の35人以下でクラス編成というのをやっているところでありますが、いずれもこの北幼稚園及び井尻野幼稚園については、これは園長先生が2園かけ持ちの園長であります。

 よって、こういった園児数の多いところを一クラスにしておくというのはいろいろな問題があるんではないかなというふうに思うわけです。教育長もその問題等について、PTAないしいろんな方から御相談を受け、また要望も聞かれていると思いますけれども、少なくともですね、少なくともこの30人を超えているようなところについてはやはり加配を考えていくべきではないかな。それか幼稚園の園長も兼務を避けると。いわゆる1園1園長にするということにしないと、今問題が起きてるのは、例えば教諭が何かの病気であるとか事故で休んだときに、この4歳児5歳児のクラスを1人して見てるという現状があるわけです。そのときに、園長は兼務でありますから、その園におれなかった、もう一園の方に行っておるということで、1人の教諭がいわゆる64人から5人の園児を見なきゃいけない。これが例えば中学生ぐらいな自分で判断できるような子供であれば、例えば一時的に30人になろうが、50人になろうが、1人の教諭で見れんことはないと思います。しかし、幼稚園ないし保育ですから、そういう中で子供についてもいろんな性格、症状の子供がおるわけです。本当であれば、10人に1人ぐらいの教諭がついて一人ひとりの性格をきちっと見ながら保育していけるという状況が一番いいと思いますが、ましてやそれが60人を超えると。それで1人の教諭で見なきゃいけないというのは、これは事故が起きる前ぶれではないかなというふうにも思うわけです。

 よって、やっぱりこういう30人を超えるクラスについては園長の兼務を解くとか、あるいは補助教諭をつけるとか、何らかの手が要るんではないかなというふうに思います。

 それから、たまたま多いところに現在障害児とまではいかなくてもそれに近いような子供がいないから、まだ何とか今のところ無事故で推移しておりますけれども、もし障害に近いような状態の子供がそこに来たとしたら、とてもじゃありません、1人の教諭で大勢の園児を見るというのは到底不可能であります。

 よって、これはきちっと早いこと対処をお願いしたいと思うわけです。

 それから、いわゆるPTA連絡協議会の方からの陳情要望でいろいろな5項目にわたる陳情項目が平成11年1月7日に議会の方へ持参され、持ってこられまして、それでこれを12年3月の議会で議会へかけて、全員一致で採択いたしております。

 よって、これについての進捗状況といいますか、改善ぐあいというのも、今の現状から見ると大分改善されつつはあるように思えるわけですが、肝心なところでもう一歩抜けてるのではないかなという気がいたします。

 よって、最低でもですね、最低でも井尻野幼稚園あるいは北幼稚園の教諭の見直しについては早急に考える必要があると思いますが、教育長、どう思われますか、お答えをいただきたいというふうに思います。

 それから、2点目の50周年事業についてでありますが、前回の質問の答弁から見ますと、大分広く市民に投げかけ、その要望によって50周年事業を進めていくように今は考えていると、また進めているということでありますので、これはしっかり取り組んでいただきたいというふうに思います。

 次に、3点目の三役及び教育長の退職手当の問題についてであります。先ほど市長も答弁の中で条例について言われました。私も参考のためにもう一度、市長、条例を読ましていただきます。

 この総社市特別職の職員等の退職手当に関する条例の第3条に、「退職した者に対する退職手当の額は、退職の日におけるその者の給料月額に特別職の職員等としての勤続時間を乗じて得た額に、次の各号の区分に応じ、当該各号に掲げる割合を乗じて得た額の範囲内とする。」いわゆる市長は100分の45、助役は100分の30、収入役は100分の25、教育長は100分の20というふうに乗じて得た額という配分率が決められております。この範囲内ということに条例がなっておりますので、私が先ほど市長にお尋ねしたのは、この条例の文言をお尋ねしたんじゃなくして、文言はわかっておりますから、お尋ねしたんじゃなくて、このいわゆる解釈、この範囲内という解釈を市長はどういうふうに解釈をし進めておられますかと、それについてお尋ねをしたわけであります。私は何も今総社市の財政が厳しいから何ぼ支給したかというふうな内容を教えてくれというお尋ねをしたわけではありません。まして、この退職手当と総社市の財政というのはきちっとやっぱり立て分けて考えるべきだと思います。なぜなら、やはりこの退職手当というのはきちっと条例によって定められるべきものでありますから、前もってこの予算というのはきちっと決めておかなければいけない。その予算を決めた中でいわゆる事業運営をやっていかなければいけない。今事業が大変だから、職員の給料をへずりますよ、退職手当削りますよというて、何も皆さんの了解、議会の了解もなしにやるというのは、これはもう独断といわゆる偏見によった執行にしかならないというふうに私は考えるところであります。

 よって、再度市長にお尋ねをいたしますが、この条例の趣旨について、市長はどういうふうに御理解をしておられるかということをお尋ねいたしておりますので、再度御答弁をお願いいたします。

 それから、先ほどこの条例のところで私が申し上げましたこの三役の配分率についてでありますが、現在市長の1カ月の報酬90万円であります。これの退職手当、4年間にどれだけ、4年丸々任期を全うしたとして、どれだけ支給額になるのかということになりますと、1,944万円になります。それから、助役についても同じく4年間全うしたとして1,072万8,000円、それから収入役が同じく4年間全うしたとして798万円、教育長におきましては、4年務めたとして638万4,000円というそれぞれの額が条例では示されているわけです。ところが、実際は、この範囲内というこの条例の趣旨を間違えると、扱い方を間違えると、上は1,944万円、市長の場合ですね、1,944万円支給してもいいですよ。下については1円支給してもいいですよ。余りにもこれは差が大き過ぎるんではないかな。それはだれによって決められるのか。全部市長独断で決めれるわけです。だから、こういった条例は問題があるのではないかなというふうに思うわけです。

 それ、市長はいわゆる執行の責任者ですから、まだ自分のものはいいでしょう。ある県では専決事項で自分の退職金は要らないということで決めましたというて議会に報告されたという話もテレビで聞きましたけれども、市長についてはそういう手もあるかもわかりません。財政状況によって、いわゆるいただくのはいただきますが、それについては私はきちっと私の立場で、自分のこととして自分の対応をいたしますということで通るかもわかりませんが、助役、収入役、教育長、これは自分で決めれないわけですね。市長が、助役4年全うしたら、総社市の条例でいきますと1,072万8,000円は上限としてあげれますよと。しかし、財政状況がこのたびは悪いから、ある助役には100万円でこらえてくれ、ある助役には、このたびちょっと財政状況ええから500万円ぐらいあげましょうという、いよいよ悪うなったら、助役1円でこらえてくれ、そんなことを市長が勝手に自分の判断で決めるべきではないというふうに思うわけです。

 よって、この条例、今ですと解釈を間違えるとそういうふうになるわけです。ですから、この条例の趣旨というのをきちっと理解した上で執行しないと、大きな問題を将来的に起こすんではないかなという気がするわけです。私は、この今の条例の趣旨というのは、その範囲内ということを定めた内容というのは、例えば市長に市長としてしてはならないような事件を起こしたとか、あるいはほかの三役並びに教育長、してはならないような例えば刑事事件を起こしたとか、あるいはその不始末を起こしたとか重大な過失があったとかといった場合、それについてはその状況に応じてこの範囲内で支給すべきであるということから、この条例をつくったときにはそれが趣旨ではなかったかなと思います。しかし、今市長の執行している内容というのは、財政状況が悪いからこの中を削りますよ。いわゆるある人には100分の10でこらえてくれ、ある人には100分の20渡しますよということでは、そういう条例はやはり早急に見直しをしなければならない。不明確な条例は、憲法であっても不明確な憲法であれば、これは早急に直るわけです。ですから、この条例というのは我が市にとってはやっぱり憲法に値するぐらいの大事なものでありますので、よってそういう不備な点があるなら早急に改善をしていかなければならないというふうに私は考えますが、市長、その点について、この条例についての趣旨をどう理解されているのかということとこの条例を早急に変える必要がありますけれども、その時期について市長はどういう考えを持たれるのか、お尋ねをしておきたいと思います。

 それから、先ほど言いましたこの市長及び助役、収入役、教育長について、先ほど4年間全うした場合の退職金の支給額を数字をちょっと参考のために言いましたけれども、この数字がいいとか悪いとかという問題は私は言いません。これが果たして正しいか、間違ってるかということは、それは議会できちっと議論もし、新しい条例の中できちっと定めていきゃあいいと思います。ここに公明党が出したマニフェストというものがあるわけですが、このマニフェストというのは例えば議員になった場合にその人が4年間、議員というよりか首長ないし政党でしょうね、そういう4年間にどれだけの政策をどの期間をもってどう実行していくか、またその財源はどう扱っていくのかというものをきちっと示した内容であります。

 よって、これはまた別の機会でお話、お尋ねをすればと思いますが、市長も例えば市長として公約を掲げられて現に今市長でいらっしゃいます。よって、このマニフェストの見方からすれば、病院問題でもいつまでにやりますよ、その費用についてはこういうものを充てますよというものをきちっと示して、それで任期満了したら市民の方にその判断をきちっと仰ぐというぐらいの決意が要るのかなというふうに思います。

 よって、それはちょっと話が横にずれましたが、この条例の趣旨について再度市長の考え方をお尋ねいたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 21番丹下議員の再度の御質問にお答えをいたします。

 幼稚園の関係も御指摘になりましたが、教育長の方から答弁があると思います。

 市制50周年の事業については、いわゆる自治法の基本原則の最少の経費で最大の効果が上がるようなそういったもの、それから市民の皆さん方に本当に喜んでいただけるような内容のものになるように考えていきたいと、このように思います。

 三役及び教育長の退職金についてでございます。退職手当の条例、御存じのとおり、先ほど読み上げていただきましたとおりでございます。書いてあるとおりの意味をそのまま受けとめて、基本的には市の長として、トップとして、総社市丸の船長として、やはりこの乗組員の安全並びに幸せの向上のためになるか、ならないか、いわゆる公明党の判断基準の国民のためになるか、ならないか、庶民のためになるか、ならないかというところで責任政党として判断をされておるという、そういった考え方で判断をいたしております。したがって、今高額の退職金をいただける状態ではない、そういった判断から1,944万円の退職金のうち1円ではありません。1割だけ、10%だけいただきました。すなわち194万幾らだったと思いますけど、10%だけはいただいて90%はカットしようと。市の全体のことを考慮した場合、そのような判断が適切であると、そのように判断をしたところでございます。

 今後、この条例の見直しをする必要があるんではないかということでございます。よく熟慮をしてまた御相談を申し上げたいと思います。



○議長(萱原潤君) 教育長。

              〔教育長 ?田交三君 登壇〕



◎教育長(?田交三君) 丹下議員の再度の御質問にお答えを申し上げます。

 平成11年3月に幼稚園教育振興計画というふうなものを策定をいたしまして、その時点で3歳児教育を中心といたしました幼稚園教育を推進をしてまいりました。しかし、どういいましょうか、幼稚園教育を取り巻く環境、これが大きく変化をしてきております。最も直接的に影響を幼稚園に与えておるのは子供の数が減少をしておることあるいは子供の数が地域によりまして偏在をしておること、こういうことがあろうかというふうに思っております。さらに、幼稚園教育のあり方につきましても、運営、工夫が見られる状況ができておりますし、文部科学省も検討をしております幼・保一体化あるいは幼・保一元化、いろいろ問題がございます。したがいまして、将来的にはそういうふうな問題も考えていかなくてはいけないというふうなことがございまして、幼稚園教育振興協議会というふうなものを設置をさしていただきました。したがいまして、この幼稚園教育振興協議会の中での協議事項といたしまして、3年保育の推進、教育環境の整備、さらに幼稚園の運営の弾力化、そのほか必要なことというふうなことで協議をしていただいております。

 現在、その中で総社幼稚園においては敷地が非常に狭いと、狭隘であるというふうなこと、この3年保育についてどういうふうにするか、将来的にどういうふうにするかというふうなことも検討を現在していただいておるところでございます。さらに、園区につきましても、現在のままでいいのかどうかというふうなことの検討もしていただいております。さらには、園児数の減少しておる地域、この地域の問題、さらに先ほどございました一学級の幼児数の問題、さらには幼稚園の弾力化の預かり保育の問題、それから障害のある幼児の受け入れについての問題、こういうふうな問題について、幼稚園教育振興協議会におきまして、検討をしていただいております。したがいまして、総社幼稚園につきましても、増築をするか、分園にするか、新しいところを将来的には必要な土地を求めていくのか、こういうことについて検討を十分していただきたいなというふうに思っております。

 それから、2点目の幼稚園の保育状況でございますが、教諭の配置でございますが、御指摘のとおり、平成12年3月の定例市議会で採択をされました総社市幼稚園PTA連絡協議会の陳情でございます。4歳児と5歳児の一学級の定数を30人以下に、3歳児の定数を20人以下とする、15人以上になると補助教諭をつけてほしい、また複式化学級にする場合は4歳児と5歳児を合わせて8人以下としてほしいという学級定数の引き下げについての要望がございました。平成15年度において、この条件で整備するとどういうふうになるかなということで見ますと、教員数の7名の増加、また保育室の増築も必要となってまいります。現在の財政状況では一度に整えるのは難しいというふうに考えられますが、今後園区あるいは教員の計画的な採用とあわせて教育環境の整備に努めていきたいというふうに思っております。

 先ほどお話ございました井尻野幼稚園につきましては、9月より5歳児の園児数が36名になりました。クラス数はそのままで参りますが、教諭を1人加配をいたしまして、35を超えた園児の場合加配をして一クラスでどういうふうな状況になるのか、今後この推移も見守っていきたいというふうに思っております。

 また、市内の障害を持っておる子供につきまして、重度であると、必要であると、いわゆる必要であるというふうなことから、この9月より1名加配をさしていただいております。

 以上でございます。



○議長(萱原潤君) 21番丹下茂君。

              〔21番 丹下 茂君 登壇〕



◆21番(丹下茂君) 再度答弁をいただきましたが、どうもこの2回目の答弁いただいた内容も私がちょっとお尋ねしてる趣旨と若干ずれてるように思いますので、再度確認をいたします。

 まず1点目の教育問題、3年保育につきましては、総社幼稚園の問題でありますが、1つはやはり教育長もおっしゃったように、場所が非常に現在でも狭い状況にあるわけです。そういう中で何とか幼稚園保育がされてるわけなんですが、これにまた3年保育をつけ足すということになると、本当の保育になるのかどうかという、面倒見るという感じの保育はできるかもわかりませんが、伸び伸びとした教育環境の中で保育できるのかどうかということについては非常に問題があるんではないかなというふうにも思いますし、また事故の起きる原因、要因にもつながっていくんではないかなというふうに思います。今、協議会の方でどういうあり方が一番いいのか協議しているという御答弁でございましたけれども、やっぱり時期をたがえると幾ら協議で決まって、例えば分園なら分園ということに決まったとしても、物理的に不可能になったというんではできませんから、やっぱりその決断も早く出していただいて、それに対する手だてというのもきちっと進めていかれる必要があるのではないかなというふうに思います。

 よって、ひとつよろしくお願いいたします。

 それから、2つ目の幼稚園教諭の配置の問題についてでありますが、ちょっと9月から井尻野幼稚園について先生が、教諭が1名配置されたというの、ちょっと私の認識不足であったかなというふうに思いますが、しかしながらいずれにしても園児数が多いところに対する手だてというのも、その井尻野幼稚園に限らず北幼稚園などもあるわけです。先ほど言いましたように、本当にぎりぎりの教諭で保育を進めておりますと、教諭も人間ですから、何があるかわかりません。どういう状況が起きるかもわかりません。

 よって、やはり不必要な人間は置く必要はないと思いますが、それに手だてできるような教諭は配置すべきではないかな。例えば多いところの園児数をカバーできるかけ持ちの教諭を置くとか、いろいろそこら辺は知恵を出せば考えられるんではないかなというふうに思います。

 よって、できないからというて、できないんだという気持ちで考えるのと、いややるんだという気持ちで考えるのとでは全然発想が変わってまいります。

 よって、やるんだという気持ちでどうやったらできるかという考え方に立って、ひとつ検討をしていただきたいというふうに思います。

 それから、50周年はもうよろしいです。

 その次の三役、教育長の退職手当の条例の理解といいますか、見方の問題だろうと思います。市長、2回目の答弁で、自分のいわゆる1期における退職金の受給額を言われました。非常に敬服、私はいたしますが、それでいわゆる100分の10もらったからそれでいいんだというんじゃなしに、私がお尋ねしとるのは、この条例の趣旨はどう思われますかということを市長に何度もお尋ねしよるわけです。

 よって、条例は条例としてやっぱりきちっと額は定めていくべきだ。その後に、後にですよ、今は財政が非常に厳しいんで、いわゆる100分の例えば45支給するところを100分の10にしていただけませんかという形で相手にお願いをしていく。助役、収入役、教育長にお願いしていくのはいいと思います。しかし、出すべきものはきちっと出すと。今市長の言い方ですと、出すべきものを市長が決めて出すんですから、例えばほかの方が、特別職の方が言いとうても言えんわけですよね。もらっていわゆる寄附をするということならできると思いますが、頭から予算組みしてくれないわけですから、そういうもんではないんではないかなというふうに思うわけです。やっぱりきちっと条例では額を定めて、その後に今こういう情勢でありますから協力をお願いいたしますと言って、それなりに皆さんに協力していただくというのは、これは市長として非常に政策的に感銘を受けるところもあるんじゃないかと思いますが、今のやり方は私は間違ってるなというふうに思いますので、早急な条例改正がこれは必要であるというふうに私は考えますが、再度市長のお考えをお尋ねいたします。



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 丹下議員の御質問にお答えをいたします。

 特別職の退職金の条例の件ですけど、先ほど総社市丸という船に例えましたが、同じ三役も教育長も含めて乗組員であることに違いありません。就任をお願いする前に、退職金のことについてもこういうふうな現在状況であると、御理解をいただきたいということをお願いをするときに申し上げております。しかしながら、条例の改正のあるいは見直しの今必要性もおっしゃられました。よく考えてまた御相談さしていただきます。



○議長(萱原潤君) 教育長。

              〔教育長 ?田交三君 登壇〕



◎教育長(?田交三君) 丹下議員の再度の御質問にお答え申し上げます。

 総社幼稚園の3歳児保育の問題でございますが、先ほど申し上げました振興協議会、さらには関係者とできるだけ早く御相談をいたしまして、検討してまいりたいというふうに思います。

 次に、園児数が100名に近い非常に多いところにおきましては、将来的には専任園長の配置も検討をしてみたいというふうに思っております。よろしくお願いをいたします。



○議長(萱原潤君) この際、しばらく休憩をいたします。約10分間。

              休憩 午前10時49分

              再開 午前11時1分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、6番片岡茂夫君の質問を許します。

 6番片岡茂夫君。

              〔6番 片岡茂夫君 登壇〕



◆6番(片岡茂夫君) 議長より発言のお許しをいただきましたので、通告に従いまして、観光行政についてお尋ねをいたします。

 サンロード吉備路が7月1日にオープンをしてはや2カ月が経過しましたが、問題点等について御質問をさしていただきます。

 議会の初日に、市長より国民宿舎サンロード吉備路及びつるの里の利用状況の御説明がありましたが、おふろの完成を心待ちにしていたお客様などにより、予想を大きく上回る盛況であったとの御報告がありましたが、関係者の方は一様にほっとされたことでございましょう。オープニングのセレモニーには参加ができなかったのですが、当日の3時ごろにサンロード吉備路に立ち寄りました。二、三時間見学さしてもらいました。多くの御来場のお客様でにぎわっていました。知人の方と何人かお会いをいたしましたが、大勢の方々からいろいろの御意見、御要望、苦情をお聞きしました。市長も言っておられるように、おふろに期待をしておられる方が非常に多いことがわかりました。お湯の量とか湯の汚れとか混雑は初日のため多少仕方がないかなと思います。私も8月になって、おふろと宴会場を利用さしてもらいましたが、脱衣所が狭く、ロッカーも小さくてかぎもなく、おふろだけ利用のお客さんにとってはとても不安であろうと思いますし、不満もあると思います。ふろ場の広さは少し狭いが、まあこんなもんかなと感じました。泉質は、硫黄のにおいがぷんとして天然温泉らしく大変気に入りました。近辺の温浴施設の湯と比べても引けをとらないと思います。むしろサンロードのお湯の方が個人的にはよいと思います。効能は、神経痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性、疲労回復にとてもよく効くそうです。いいところはもっとPRすべきではないでしょうか。温泉だけの目的で来られた方は、休憩場所が狭いために余りリラックスできず、1時間もすれば退屈するのではないかと心配です。宴会場、料理については特に問題ないと思います。

 レストランの午後2時に閉店は、国道沿いにある店としては失格です。おなかをを減らしてぺこぺこで来られたお客さんは、二度と来るかという気分になるでしょう。あいたスペースをうまく利用しておうどん屋さんかおそば屋さんができないものかと思います。お子様連れのお客さんについては、つるの公園があるので少しはいいと思いますが、何か遊び場があればと思います。西側の広場に遊具が二、三点あればいいがなと思います。知り合いの人、何人の人から、同窓会で行ったよという声もあります。新しくていいなと言われる人も多くいました。できれば、改装とまでは言いませんが、いろいろと問題がありますが、どのように対策をお考えでしょうか、お尋ねをいたします。

 次に、観光地の道路標識案内表示についてお尋ねいたします。

 国民宿舎を核として滞在型の観光を目指すと市長は言われましたが、何日くらい宿泊を言うのでしょうか、お尋ねをいたします。

 観光客の増加を図るような観光施策を観光関係団体と連携して進めてまいりたいとのお考えのようですが、関係者の方は大変心強く思うことでしょう。サンロード吉備路国民宿舎のロビーの鬼ノ城の西門の巨大な柱が目につきます。当然サンロードに来られた多くの方が鬼ノ城に関心を持たれています。年々訪れる人も増加していますが、鬼ノ城への行き先の案内表示板が全くありません。わかりにくいと苦情が多いそうです。せめて国道、主要県道から総社市に来られても間違いがないように、市内の観光地までできるように気をつけてほしいものです。サンロード吉備路、国分寺、井山の宝福寺、ウエルサンピア、砂川公園、きびじアリーナ、陸上競技場、北公園などほかにもありますが、平成17年晴れの国岡山国体を視野に入れて、行き先案内の道路標識、案内板の点検及び整備が急務だと考えます。こういった初歩的なことがきちっとできれば、総社市はもとより観光総社のイメージもアップすることでしょう。そして、安全に安心して目的地に行けると思います。こういったことで交通安全にもつながると思います。いかがお考えでしょうか。取り組みについてお尋ねをいたします。

 次に、豪渓の落石事故の発生後、今も通行どめとなっているが、整備状況をお尋ねします。

 ことしの3月に落石が発生してから6カ月が経過しました。いまだに通行どめとなっているが、整備が進んでいるのかどうかお尋ねしますが、紅葉のシーズンが近づいているが、解除になるのでしょうか。もし完全に安全が確認できないとすれば、サンロードに来られたお客さんとか紅葉狩りを豪渓へ行こうと計画している方にもみじ狩りができないわけを説明する必要があるのではないでしょうか。市内のほかの観光地のPRを兼ねてホームページ、市報等で、また宍粟の三叉路付近に案内の看板設置などのお考えはないか、お尋ねします。

 次に、循環バスの運行についてお尋ねをいたします。

 バスの運行につきましては、総社バスさんが認可を受けて、サンロード吉備路にあわせて7月1日から営業を開始しているそうですが、市内中心部と山手の一部をコースとして北回りと南回りを走っており、南回りがサンロードに寄っています。日に午前と午後で7便運行しているが、乗客がほとんど乗っているように見えません。総社バスさんに聞いてみると、1便当たり5人くらいだそうです。南回りがサンロードに寄るせいかどうかわかりませんが、やや乗客が多いそうです。サンロードでの乗客は約3人くらいだそうですが、利用者が全体で少しずつ少なくなっているそうです。利用者をふやす意味でも、もっと利用しやすいようにコースを研究し、サンロードを中心に運行するように総社バスさんに働きかけをするお考えはないか、お尋ねをいたします。

 次に、防犯灯についてお尋ねをします。

 地域によれば、明々と点灯している場所もあれば、人がよく通行する道路でも全く明かりがない場所もあります。車で移動する人は真っ暗で気にならないが、自転車や歩行者は大変心細く不安になると思うことでしょう。今現在、景気も悪いためか治安が悪く、毎日のようにあちらこちらで事故、事件が起きています。いつどこで事故が発生してもおかしくない状況にあります。市として、そういった場所についてどのような対策をお考えでしょうか、お尋ねをいたします。

 第1回目の質問を終わります。(拍手)



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 6番片岡議員の御質問にお答えをいたします。

 観光行政でございますが、とりわけサンロード吉備路についてでございます。7月1日にオープンして以来多くの方の御利用があり、特に土曜、日曜及び祝祭日にはベーカリーカフェ「クルール」及びレストラン「マスカット」、吉備路温泉などは予想以上の利用者があり、入浴等にかなり待ち時間が出るなど一部に御不便をおかけいたしております。その後も夏休みなどの条件が重なり、利用しにくくなった日も出ておりますが、現在全体では落ちついてきております。これまでに多くの方からいろいろな御指摘をいただいており、末永く御利用いただくために、貴重な御意見をできるだけ取り入れて運営に生かしていきたいと、このように思っております。

 なお、滞在型観光とは何日ぐらいを想定しておるかということでございますけど、国分寺あるいは作山古墳等をめぐる吉備路めぐりで一日は十分費やされると思いますし、鬼ノ城だけでも砂川公園あたりから歩いて上がっておりられますと一日かかります。さらに、宝福寺、豪渓あるいは山手、清音、真備町ということになりますと、3日から5日ぐらいはかかるんじゃないかなと、そういうふうに思いますので、ゆっくりとスローライフを楽しんでいただければと、このように思います。循環バスも有効に活用していただくと同時にレンタサイクルもございますので、しっかりと活用していただければと、このように思っております。

 「旅サラダ」で、9月6日テレビで放映していただいて以来、また最近予約が立て込んでいるようでございますけど、御指摘のうどん、そば等が考えられないかということでございますけど、観光案内所でそういったことができないか、今検討をしておるところでございます。前向きに取り組んでまいりたいと思います。

 次に、道路標識等の案内板についてでございますけど、サイン計画に基づき老朽化したものから整備を進めておりますが、新しく必要とする場所においては随時予算の範囲内において年次的に整備しておるところでございます。御指摘の倉敷方面から429号線を北上していただきますと、鬼ノ城の看板がないというふうなことでございますが、国道180号線には最近設置をしていただいております。429号線についてもお願いをしていきたいと思いますが、なかなか難しい事情があるようでございます。さらにお願いを関係方面にしていきたいと思います。今後においても、県内外から訪れていただく皆様のために、景観に配慮した案内板の整備を進めてまいりたいと、このように考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 次に、名勝地豪渓の関係でございます。

 あそこを通っております道路が県道でございますが、県道総社賀陽線ということでございます。平成15年3月7日落石事故がございまして、ただいま通行どめになっております。倉敷振興局において落石のあった付近及び観光案内所手前の山腹について、今現地調査が行われているということでございます。現在、手前の山腹におきましては、観光案内所が現地にありますが、その手前でございますが、6月より工事が行われており、歩行者のみ豪渓寺までは通行可能というふうになっております。きのうから歩行者のみ通行可能ということでございます。その奥については、落石のあった場所は名勝地及び保安林であるため、まだ工法等の協議が済んでないということで、全体が開通する時期については現在まだ未定ということでございます。したがって、名勝豪渓、これからのもみじの季節に訪れる方は、豪渓寺までは辛うじて歩行者の方は歩いて行けるということでございますけど、十分頭上に注意をしていただいて、自分の身は自分で守るという基本原則のもとに、観光をひとつしていただきたいと、このように思っております。

 次に、市内循環バスの関係でございます。

 市内循環バスについてでございますが、「総社山手循環バス」という名前でございますが、本年7月1日から市内のバス会社が1日7便で運行しております。運行路線は、総社駅を発着点に泉団地内、砂川公園入り口を経由する北回りと、サンロード吉備路、備中国分寺を経由する南回りとに分かれており、合わせて1循環となっております。所要時間は、北回り、南回りともそれぞれ30分で1循環で約1時間かかります。現在の路線、運行便数及び時刻表につきましては、運行バス会社が採算上総社駅でのJR線との連絡等を考慮し決められたということでございますが、バス会社側は当初から採算性が不透明であるため、半年から1年程度とにかく運行してみたい、その後に判断をすると、このようにおっしゃっておられますので、できるだけ多くの方に利用していただいて、利用者が多ければまた運行回数もふえるわけでありますし、またルートの拡大等も可能になってこようかと思いますので、乗る人がおられなかった場合、最悪の場合廃止ということになってしまいますので、ひとつ大勢の方に御利用をお願いをいたしたいと思います。

 この前、私もサンロード吉備路へ行くときに、ここの市役所のちょっと西からですけど、既存のバス停から乗っていかしてもらいましたですけど、市内の駅の付近の中高年の御婦人の方がお孫さんを連れて乗っておられました。1循環とにかく200円だったですかね、子守を若いお母さんに頼まれたんだけども、家で守りが手に余るんで、とにかくバスへ乗せればその1時間何とか時間もちますんで、そういうことでバスを利用しておるという方もおられました。いずれにいたしましても、乗っていただけるということはありがたいことで、しっかりと御利用いただきたいと思います。そうすればこの循環バスが末永く続いていけると、このように思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 全国的にバス利用者が減少しておりますので、現在も当初予想より若干利用される方は少ないと、このように聞いております。難しいところでございますけど、とにかく市民の皆様方にしっかりと御利用いただくことをひとつお願いを申し上げたいと思います。市といたしましても、広報紙等活用いたしまして、できるだけ多くの方に御活用いただくように側面的にPRをいたしたいと、このように思います。

 防犯灯の関係でございますけど、担当部長の方から答弁をいたします。



○議長(萱原潤君) 生活環境部長。

              〔生活環境部長 友野二男君 登壇〕



◎生活環境部長(友野二男君) 命によりまして、6番片岡議員の防犯対策についてお答えを申し上げます。

 危険地域へ防犯灯を設置する考えはないかというお尋ねでございますが、防犯灯の設置につきましては、犯罪、青少年の非行等の防止を図るため、市内の町内会、部落会等地区の組織からの申請によりまして、補助金を交付する制度として、総社市防犯灯設置費補助金交付要綱を設けております。この制度に基づきまして、危険地域の要望箇所への設置につきましては、町内会等を通じまして御申請をいただきたいというふうに考えております。

 防犯灯設置の考え方は、集落の防犯上必要な箇所あるいは集落と集落を結ぶ箇所への設置した費用を助成をしているところでございます。

 なお、周知でございますが、今年度におきましては、5月号の「広報そうじゃ」でお知らせをいたしておるところでございます。

 また、設置後の維持管理に要する経費につきましては、補助金を受けた者の負担ということにしておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(萱原潤君) 6番片岡茂夫君。

              〔6番 片岡茂夫君 登壇〕



◆6番(片岡茂夫君) 御答弁ありがとうございました。

 滞在型の観光を目指すということで、何泊ぐらいが滞在になるかという御質問の市長の回答の方でございますけれども、私は2泊ぐらいかなと思ったんですが、3泊、4泊以上というような、それも滞在であろうかと思います。サンロード吉備路さんの受け付けの方は、3泊以上なんか、大勢お客さんが来られるんで、何か受け付けお断りをやっとんですいうて言われておりましたことをつけ加えで。

 それから、先週土曜日、サンロード吉備路さんのテレビ番組が午前8時ごろから全国放送で流れたそうです。大変何か好評であったそうでありますが、問題もあるようです。市民の方がサンロードへ幾ら電話しても話し中で通じないとの苦情がいっぱいあったそうです。どんな小さな御意見、苦情でも問題にして対策を考えていくべきではないかなというように思います。今盛況でも将来は利用者が少なくなることも予想されます。そして、国道沿いにある国民宿舎も珍しいのではないかなと思います。ほとんどは山の中か海のそばでリゾート地が多いところが多いと思います。市民の皆さんも観光センター、いわゆる温泉施設と思っていると思います。市長もそう思っておられることでしょうが、関係者の方は健康ランドとは違うとみんな否定するが、そんなことは本当に関係ないのではないかと思います。来られるお客さんも健康ランドと思って来られていると思いますし、今の設備で来られた方が本当に満足して帰っていただくのがプロの仕事だと思います。アンケートもとっているようですが、内容の分析はどうなっているのでしょうか。国民宿舎単独で改善できることと、それから観光協会で単独でできること、また業者が入ってのミーティング、会議等はどのようになっているのか、お尋ねをいたします。

 それから、観光協会の前、駐車場の一部でテントでも張って市内の果物、野菜などを販売してはどうかと思います。

 それから、1回目の質問のときに子供さんの遊具の質問をしましたが、回答がなかったので、もう一回お尋ねしたいと思います。

 それから、前の入り口あたり、サンロード吉備路の入り口あたりがちょっと何か殺風景で、429号線を通られた方でもぱっとわかるように、ツルの大きなモニュメントでもつくってはどうかと思います。提案いたします。

 以上のようなことができれば、市長が言われました滞在型の観光施設になると思うが、お尋ねをいたします。

 それから、観光案内の標識、看板は最大の効果が上がるようにお願いしたいと思います。

 豪渓については、紅葉シーズン前だけに残念ですが、仕方がないと思いますが、通行される方は不便だと思いますので、県とよく相談されて、一日も早く安全で安心して通れるようにしていただきたいと思います。

 それから、循環バスについてはこれ以上言いませんけど、私が言いたいことはよくわかっておられると思いますから、もう言いません。

 それから、防犯灯が要る場所でありますけれども、部長が言われるように、手続きその他は幾らか把握しておりますけれども、岡山市高松松ヶ鼻とそれから県立大学の裏、長良山の裏の付近で、本当にここはどういうんか真っ暗で、大人の人が通っても、子供さんが通っても、本当不安であろうかと思います。最近特に日が暮れるんが早くなるので、何か起こってからでは遅いと思いますので、もう一度検討のほどお願いしたいと思います。

 以上で質問を終わります。



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 6番片岡議員の再度の御質問にお答えをいたします。

 サンロード吉備路でございますけど、アンケートもいただいております。お客さんの御意向とかお気づきの点、これからの運営に生かして、できるだけいきたいと思います。

 また、野菜等の生鮮食料品等総社の特産物、そういったものもあそこで、例えば道の駅的に販売できるような方法をこれから検討していきたいと思います。

 モニュメントについてはよく検討してみます。

 観光看板でございますけど、これも一工夫しながら効果のあるものをこれから考えていきたいと思います。

 いいですか、サンロード吉備路については。



○議長(萱原潤君) 市長、遊具をあえて尋ねられた。



◎市長(竹内洋二君) (続)あと観光地、名勝豪渓ですけど、豪渓、落石事故があり、県の方もこの安全確保に苦慮を今しておるところでございますけど、いろいろ御尽力をいただいておりますが、万全な対策はまだとれておりません。そういったことでございますので、十分安全を確保しながら危険区域は立ち入らないようにして、もみじを楽しんでいただく以外に方法はないと思いますので、そういったことでお願いをいたしたいと思います。落石があったからけがした、県に責任とってくれ、いや市に責任をとってくれと言うても、それは不可能と思いますので、その辺のところを御承知おきおいて観光をしていただく以外にないと思います。

 循環バスでございますけど、せっかくできた循環バスでございます。市民の足として皆様方で大切に育てていくというふうな考え方でこれからも御愛顧いただければと、御愛顧という言い方は不適切かもわかりませんが、市がやっておりませんので、民間企業がやっておりますが、しかしながら公共交通機関として有意義に活用できるものと思いますので、ひとつ御利用方をお願いを申し上げたいと思います。

 あと防犯灯については担当部長が答弁いたします。



○議長(萱原潤君) 生活環境部長。

              〔生活環境部長 友野二男君 登壇〕



◎生活環境部長(友野二男君) 防犯灯の設置に対します再度の御質問でございますが、具体的な危険箇所の場所も今お示しをいただきましたので、早速現地も調査をし、地元の町内会長さん等ともその辺を協議いたしまして、設置後におきます維持管理費は御負担をいただかなくてはいけませんけれども、そのあたりも御説明をいたしまして、対応していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(萱原潤君) 次に、24番服部剛司君の質問を許します。

 24番服部剛司君。

              〔24番 服部剛司君 登壇〕



◆24番(服部剛司君) お許しをいただきまして、一般質問をさしていただきます。

 市長の政治姿勢についてでございます。

 1番に、市民に対して基本理念がぶれている。議会に対しても同じようにぶれている。2番は、国・県に対する考えは、特に選挙は中立を考えるべきではないかということであります。3番目に、選挙公約のうち、ユニチカから寄附を受けた用地への総合病院はどのような動きを今なさっているか。4番目に、合併について、真備町を含まず山手、清音を吸収合併でなく対等合併にしたわけは何か。法定協を立ち上げるための議案を今出されておりますが、いま一歩待つべきではないか。来春、春ぐらいでもいいんじゃないか。他の動きを見るという意味であります。合併によって山手、清音を対等に合併をするというんでありますから、合併した場合、総社市民が具体的にどのような福祉がどのように厚くなる、手厚くなるかということを具体的に知らしていただきたい。それから、真備町と切っても切れない総社市民の長年の夢、川を隔てた東西の一体感を持たすため、あるいは交通渋滞を緩和するために、総社大橋の新たなる1本の架橋をずっと長年お願いをしてまいっております。これは真備町と総社の連係プレーがどうしても大切なものであります。井原線についてもそのとおりでありますが、特に総社大橋架橋について、市長は今後どのようにこの問題を解決していこうとせられるのか、この際お尋ねをするわけであります。

 私は、議会の代表としてずっと以前であります。もう十何年前でありますが、国会議員の先生のところにこの陳情に、前の市長でありましたか、一緒に行きましたときに、まだ総社の議長は変なこと言うなと、ものには順番があるんだと、こう言うて地元の国会議員の先生、私に言ったわけであります。私は、景気浮揚策で橋げたの一本でも、高梁川の中へ、もう両拠点へ決まっとるんだから、景気浮揚策の金がついたんじゃからそれで一本でも立ち上げてくれえというお願いをしたら、物事には順番があると言うて怒られたわけでありますが、順番があるんならもうできるんです。もう十何年たってる。瀬戸大橋でも着工して13年かかったんであります。もう総社大橋もかかってもいいはずなんでありますが、順番も何もないならこれは政治力で行くよりほかにない。あるいは近隣の市町村の力を得て、総社市民のために川西地区、川東地区でなし、「あれへさぶたかけえ」言うた人もおるんですよ。「高梁川へ全部ふたすりゃええがな」と。フランスとイギリスの間結べと言うたんと一緒ですわ。もうあれへふたかけちまやあええがいうような人もおったわけでありますが、とにかく総社大橋架橋は真備町をのけての考えはできんのであります。

 そこでこの際、4番でお尋ねしました真備町を含まず山手、清音にしたわけ、これは真備町の皆さんも必ずしも倉敷へという人ばっかりはないわけでありまして、長年にわたって吉備郡、総社市と一緒にいろんな行政をやってきて、その積み重ねが真備町であり総社市であるわけですから、これはひとつ市長、今でもですよ、真備町の皆さん方に対して総社へ一緒に来てくださいと言うべきであります。倉敷へ何もより好んで船穂と一緒にどうぞよろしいお願いします。もう倉敷さんの言うとおりでございます。うちからいろんな思いは言いますよ。思いは言いますが、倉敷は余り思いを言われたような合併はせんと。来るなら来りゃええがという感じでありますから、倉敷は。倉敷へ真備、船穂、早島、山手、清音、総社が行くならば、これは今小泉さんもこないだから言いよります道州制につながる、将来はですよ。そういうような大切な時期でありますので、このような質問をいたしておるわけであります。

 井原線延長、吉備線電化、環状化、これも長年のものであります。吉備線を福山まで、岡山から福山までという願いは昭和の初めごろから言われよった。環状化についてもそうです。私も33年前に言うとる。環状化についてぜひお願いしたいと、こういう。これもできない。井原線に至っては、起点が総社でありますが、その6往復を何か起点を清音にすると。金がかかるということはする前から決まっとったんや。市長、今さっきもおっしゃったように、今ごろバスに乗る人はえろうおらん。子守の子育て専用バスみたいなことを言われたが、そんなことじゃないですよ。子育て支援バスか、そんなバスじゃないです。井原線も建設当時から赤字はわかっとったんであります。起点が総社なんです。あれは真備町の関係後路線が変わったんですよ。総社はちゃんと下原の議員さんいらっしゃいますが、下原まで路線の用地を確保しとったんです。起点は総社ということを忘れてもろうては困りますよ。井原鉄道の取締役さんでありますから、忘れていただいてはいかん。これはもう国鉄といった時分に、ほんなら国鉄の線路を使おうと、あのへりへ敷設しようということも大体決まっとったんであります。けどまあそれよりJRの線路を借って、それの借賃を出した方が安いわということでああなったんでしょうが、それも高過ぎるから、今度は少し便を減らして清音発にしようと。清音発にしたら、だれもそりゃあ総社へ来てくれんですね。それら今後どのように進めるのか。

 吉備線は非常にお客さんはふえとります。岡山市も路面電車を吉備線につなごうかというようなことまで言いよる。どういうふうになるかわかりません。環状化であります。これはくるっと回るんです、岡山駅までは。岡山駅でスイッチターンになるんですが、JRは今伯備線を赤穂線へ乗り込んでおります、赤穂線へ。吉備線は津山線へ乗り込む。これはもとの姿へ戻っているということであります。吉備線を本線へ乗せていただきたい。本線は複々線化にせにゃ乗れんのじゃというようなことは昔から言いよったんですが、伯備線を高架にして横切ってしもうた。全体を高架にしようというようなことを言いよりますから、これは望みがないわけではありません。倉敷の通過は、吉備線が倉敷を通過するのは望みのないことではない。いけると思います。ぜひこの電化、環状化、吉備線についてはお願いしたい。

 それから、井原線については、吉備線延長井原線というもと根本を忘れていただかないように。始発は総社駅であります。

 6番目は、下倉地内採石場事故の責任が大体はっきりしてきたんじゃないかなと。こないだ山陽新聞へ労働基準監督署から送られた件について、岡山地検が書類送検を腹固めたということでありますから、私はあの大事故、3人の命を巻き込んだ大事故は人災であったと、このように思うのであります。道路、市道、ちょっとした過失があっても、市が責任をとって瑕疵があり、それに賠償をするというときであります。これは、株式会社という法人が総社市の市道を自分の過ちといいますか、落石でふさいで槻という部落を孤立し、とうとい3名の命まで奪った。総社市は、これは人命救助の立場あるいは市民の孤立化を見ておれんということで、早急に立ち上げをしまして、災害の復旧に当たったわけでありますが、大きなお金が要ったわけであります。この結論が出た今、総社市はこの会社に対して市道を閉鎖した総社市の何といいますか、損害の賠償の額をもうぼつぼつ決めてお願いをしてもいいんではないかなと、このように思うわけであります。

 市長さん、今政治姿勢についていつも同じようなことばっかり言っとると。服部もええ質問一つもすりゃあへんがというようなことを言わんように。えれえ力もないのに一生懸命、私も議員の一人として、市長の政治姿勢が少しおかしいんで、3カ月に一遍ずつ同じことを言っております。特に今回は、市長、思い出してください。1週間ほど前に真備町でのお話であります。私は、同僚議員あるいは県議会議員の先生に、うちの市長は隣の真備町まで行って何を言うたんならと、こう言って聞きました。そしたら、ここにおられるある議員さんをのいて、あとの議員はろくすっぽええ質問をすりゃあへんのじゃと、こう言うて言われております。何も真備町まで行ってそんなことを言うていただく必要はない。一生懸命市民の代表としてそれなりの質問を各界各層といいますか、各職場あるいは政党あるいは地域の代表として、一生懸命市長に対して市民の福祉の向上を願うために議会制民主主義を通してお願いをしとるんであります。議会制民主主義でないんなら言わんですよ。あなた独裁すりゃいいんですから。あなたが今回の議会でも私で8人目、9人目か、その中でもたびたび独断と偏見でずぼんと言う。きのうの質問、どなたか、小西議員ですかね、川西地区の公園トイレ、橋本議員か。トイレは幼稚園、小学校を地域の人に使うてもらやあええ。そんなことになっとらん。京都であの悲惨な事故があって以来、市内の小学校の管理運営、幼稚園の管理運営、いかにあるべきかというて、校長は現場で困りょうる。観光バスが来て、ぱあっとトイレを使わせえと言うたらどうすんですか、市長。だれか入ってきたら、ピンポン押せよというてピンポンもない。門塀もない。小学校や幼稚園は困ったんですから、あのときには。それをぱあんと西にトイレがなけりゃ小学校や幼稚園のを使うてもらやあええがというようなこと、簡単に言うてもろうては困る。

 たばこの問題は小西君ですね、小西議員さん。これは去年あるいはずっと以前からですよ。分煙にして喫煙場所をかっちり決めましょうというて言いよった。けれど、小西さんが何遍も何遍も言うたら、いよいよ済みませんというておじぎされて、ここで。10月1日から灰皿を全部撤去しますと、こう来た。だれに説明も何にもない。質問者も段階的に少しずつ固めて、最終的には庁舎の完全禁煙をしたらどうですかと言いよる。市長、すぱあんとやってしもうた。灰皿だけのけたら汚れてしまいますよ。吸う人はどこへでも捨てるもの。

 それから、今まで議会のへりに喫煙場所をこしらえておった。あるいは1階はここでしようというて職員が一生懸命考えて、お金や場所の特定をしょうと思うたら市長が決断をせられた。市長はきのうの質問で一生懸命言よんじゃけど、職員が一服しょんじゃとこういうて言うた。何と言われますか、あなた、言うことが。そういうことをころっころっと言うてもろうたらいけんですよ。

 それから今、市道、県道に、危険がある場所に、そこがいかなる観光地であろうとも、自分の身は自分で守れというてバリケードの一個もしなかったら、石が落ちてきたら自分の責任じゃというようなことを市長はへっちゃらでおっしゃる。そういうわけにはいきませんよ、市長。危ないとこには近寄ってもらわない。これは頭からそういうふうにしとかんと、仮に事故があったら大変なことになりますよ。県道、市道といえども。市長が言うたんですから。市長は5万7,000、1人の代表者ですから、うっかりしたことをあなたはぱっぱ、ぱっぱしゃべらんようにしてください。キャッチフレーズはまことにいい。「市民と一緒に歩きます」とか、「目標は10万都市をつくります」とか、「市民と一緒に総合病院やります」とか、キャッチフレーズはぽんぽんぽんぽん言うのはよい。自民党の総裁選挙じゃありません。私はキャッチフレーズじゃなしに中身でいきますと、こういう人もおられる。キャッチフレーズはもう市長さん、よう知っとる、市民の皆さんも。また市長言ようらあとこうなる。パフォーマンスもあるんだ、あなたは。こないだのごみ作戦、あの理由も聞きました。みんなが川上から川下へずっとナイロンを持ってごみを拾いに行く。ワンポイントおくれて、みんなが行って帰ってくる時分に自分が出ていくと。みんなに会うためであります。これはパフォーマンス以外何でもない。市長はごみ袋を持って先頭をみずから歩く。みずから歩いて、みずから行って、みずからしてみていうことがリーダーたる者の責任であります。あなた、後を歩いておられる。横綱ですから、最終でもいいんです。露払いというのがある。後に太刀持ちがおらん。そういうことがちょっと市長さん、ぶれとんじゃねえかな。

 議会へ対してもそうですよ。議会へ対しての答弁はすべてに責任を持ってもらわにゃいけん。市長忘れとったら大勢部下がおるんじゃ、550人もおるんじゃから、部下が。市長、そういうことあんた言うとらんとぱっといかにゃいけん。それは市長を補佐する。長たる者はいかに官僚を上手に使うかというのを今一生懸命やりよりますが、その力を結集して市民のためにいい福祉をしていただきたい。厚い福祉をしていただきたい。そのように思うわけであります。話がごっちゃんごっちゃんしまして、質問が大変悪かったと思います。また市長に笑われるかもわかりませんが、ちょっと返事を聞きまして、2回目にいきます。(拍手)



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) いろいろと御質問、多岐にわたってされましたですけど、私の政治姿勢について3カ月ごとにお尋ねをしてくださるということで、ある意味では感謝をいたしておりますが、6月議会にほとんどのことをお答えをしておりますので、思い起こしていただけたらと、このように思います。

 昨年の選挙に当たりまして、私は政治は弱者のためにある、この基本姿勢を貫き市民が主役のまちづくりを実行いたしますと、こういう姿勢で10項目の公約を掲げたわけでございます。今はやりのマニフェストのはやりかもわからんですけど、今おっしゃっていただいたとおりでございます。この姿勢は今も変わってございません。公約についても、諸般の事情により、一部には困難性があるものもございますが、市民の方が望まれているものを誠意を持って全力で取り組んでいるところでございます。

 選挙の中立については、国の選挙が今度あると思いますけど、できるだけ中立を保ちながら平素のお世話になっております、特に政府与党の先生方には大変陳情の際にもお世話になっておりますので、呼ばれればそういう大会であるとかそういうところへ行って、どういうか、励ましのあいさつをさしていただくとかということは、慣例として、おつき合いの範囲としてやっていかなければならないと、このように思っておりますし、また総社市内の方で総社市の市民の方が今度衆議院選挙に立候補される予定であるということもございますので、その関係も心からエールを送っていきたいと、このように思っておるところでございます。

 次に、総合病院の誘致についてでございますが、6月議会にお答えしたとおり、基本的な考え方は変わっておりません。

 市町村合併についてでございますが、新設方式を選ぶかということでございますけど、これから進めていく合併は本市にとっても新たな改革のチャンスであると、このように思います。市町村合併は究極の行政改革と、こういうふうに呼ばれておりますが、総社市がやっておることもすべて見直しをして改善をするという、改革をするという千載一遇のチャンスとしてとらえ、住民の皆さん方に本当によりよいサービスが提供できるように、また最少の経費で執行できるように見直しをするという意味からも新設合併という方式が望ましいと、このように思います。

 また、最初真備町を含めて4つの自治体で話をしておったときも新設合併方式でございましたし、今現在山手村、清音村と総社市の3市村での今取り組みを進めることになっておりますが、この場合も同じく新設合併方式、先ほど申し上げました改革のチャンスととらえて、市民の方に市民本位の行政をこれから考えていくことにしたいと、このように思います。新しい時代を生き抜く体制とまちづくりの方向性をともに考えていきたい、このように思っておるところでございます。

 橋本議員にも申し上げましたように、総社市にもいろいろな課題がございます。編入合併では編入される自治体がどう変わるかということであって、全体的な見直しをするチャンスがないということになりますので、やはりこの際総社市自身が新しい時代に向けて体質改善を図り変わっていこうとするということでなくては、これからの厳しい時代を生き抜いていくことはできないと、このように考えております。このたびの合併において、総社市としてしっかりと考えていく大きな課題の一つは、地域のあり方、地域の皆さんとともに進める市民主役のまちづくり、そういったスタンスで取り組んでまいりたい、そういう考え方でございます。そういったことに当たって、小規模で小回りのきくコミュニティ主体の行政を進めてきた山手村、清音村のまちづくりの、村づくりというんですか、ノウハウが大いに今後役立つのではないかと、このように思います。また、福祉の部門であるとか、総社市よりすぐれた取り組みを環境の面にしても進められておる面もございますし、そういった進んでおる面は大いにこれから取り入れていきたいと、このように思っております。

 法定協議会の立ち上げの時期がもう少し後でもよいのではないかということでございますけど、合併特例法の期限として、現在平成17年3月31日ということが決められております。これまでに合併申請を行ったものについては、17年3月までに合併申請さえ行えば、財政支援等引き続き適用するということも国において一部議論はされておりますが、まだ正式決定はされておりません。したがいまして、今現在、現段階で申し上げられることは、平成17年3月末までに合併をした場合においていろいろな優遇措置が受けられるということがもう確実でございますので、その確実な路線をこれから歩んでいきたいと、これは総社市のみでなく山手村も清音村も同じ考え方でございます。したがって、これから合併の成立までかなり日にちは、どういいますか、切迫しておるわけでございますが、これから順調に進むことができますならば、平成17年3月末に合併ができると、このように思いますので、新しいまちが誕生するわけですが、国のあるいは県の財政支援を含め、合併の優遇措置を十分に活用していくべきではないかなと、こんなふうに思います。

 合併の優遇措置に関連してですけど、先ほどおっしゃられた高梁川をこれから4車線の橋をかけていただかにゃいかんわけですけど、これら公共事業についても合併をしたとこと合併をしていないところでは国の事業採択についても大きな差が出るというふうに聞いております。したがいまして、この事業を進めるためにもやはり合併を順調に進めていくべきではないかなと、こんなふうに思っております。

 そういったことをトータル的に見て、総社市民にとって平成17年3月までに合併することが大きな市民にとってもメリットが還元されると、このように思っておる次第でございます。

 総社大橋架橋ということで、ただいまユニチカの北の方へ東総社中原線を築造しておりますけど、これの延長線上、高梁川の堤防、左岸側の堤防から神在の方へ向けてかけていくわけでございますけど、これが倉敷市、山手村、総社市、真備町、船穂町を結ぶ都市間の環状線として既に都市計画決定をされており、重要な幹線ルートであることは今さら申し上げるまでもございません。今までも期成会を通じてたびたび要望をしておるところでございますが、まだ事業主体が決まってないことあるいは国道486号との関連もあり、それぞれ関係する機関と協議しながら進めてまいらなければならないと、このように思っております。本市といたしましては、この路線の早期事業化に向けて、これからも強く働きかけていきたい、このように思っておるところでございます。

 次に、吉備線についてでございますけど、岡山市と総社を結ぶ重要な公共交通機関でございます。沿線住民の皆様の足として大きな役割を果たしております。そこで、スピードアップ等さらなる利便性、快適性の向上を図るため、岡山県、岡山市及び総社市、さらに両市内の関係団体で平成4年度に吉備線電化促進期成同盟会を結成し、吉備線の電化と電化を通じた吉備線、伯備線、山陽本線を結ぶ環状線化をJR西日本に対して要望して今まで来ております。しかし、JR西日本においては、現在のままで吉備線を電化し、伯備線、山陽本線と結んで環状線化することは大変難しい状況であるとのことでございます。引き続き要望していきたいと考えておりますが、一方ではJRのアイデアとして、吉備線の路面電車化の話もあります。市民にとってどのような形態が一番利用しやすいのか、今後検討してまいりたいと考えております。また、岡山市とも連携を図りながら、よりベストな形に持っていけるように努力をしていきたいと思います。

 次に、下倉地内の採石場の関係でございますけど、崩落事故の関係ですが、本市の考え方はということでございます。6月議会でもお答えをしたところでございますが、9月2日に岡山県警捜査一課と総社警察署がこの採石場崩落事故について、採石業者の社長ほか2人を業務上過失致死容疑で検察庁へ書類送検しております。新聞などによりますと、以前から作業効率を上げるために云々ということで、土砂崩れが起こったということでございます。今後の行方を注視しながら、判決が確定いたしますと、判決文も入手できると思います。その中で原因についても言及される可能性があると思われますので、今後の取り扱いについては顧問弁護士へも相談し、また議会とも協議しながら慎重に判断してまいりたいと、このように考えております。



○議長(萱原潤君) 市長に申し上げます。先ほどの問いの中の(3)番、総合病院の誘致についてのお答えの語尾が聞き取れませんでしたので、もう一度その点についてだけお答えを願いたいと思います。



◎市長(竹内洋二君) (続)総合病院の誘致については、6月議会にお答えしたとおりでございます。ハードルは高いわけでございますが、引き続いて努力をいたしたいと、このように思っております。



○議長(萱原潤君) この際、しばらく休憩をいたします。再開は午後1時といたします。

              休憩 午後0時3分

              再開 午後1時0分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 24番服部剛司君。

              〔24番 服部剛司君 登壇〕



◆24番(服部剛司君) お答えをいただきましたが、2回目の質問をさしていただきます。

 市長さん、私一生懸命言いよりますんで、余り笑わんように。あなたが僕に対して笑やあ何か僕ばかにせられたような気がしていけん。心の底から笑うんなら笑うてください。余り笑わんように、一生懸命言いよるんですから。お願いをいたします。真剣にお願いをしとんですから。

 市長さんは、市長に就任以来6年になられます。市長になられまして、この仕事は新しくやったぞということがありますか。何もない。継続のものばっかりであります。過去からずっと引き継いだものを今ようやく完成をしている時期であります。したがって、私は過去の質問で、今の振興計画を見直すべきでねえか、市長さんと言うたら、今のに合うとると。このままでええというてあなたは言われた。それじゃいけん、市長かわったらやっぱり変わらないけん、根本が。理念が。あなたの理念は、昔でいえば一国一城の城主たる者のリーダーシップであります。というのは、戦に勝たなければ城主と言えない。城主が続かないというのが基本理念であります。すべてあなたに集中しとる。仕事そのもの全部が。あなたは口では市民のため、市民とともに開かれた市政あるいは市の職員550人と一緒にやりますとかというていいのばっかりを並べる。中身が全然違う。少し怒って聞いてくださいよ。言うことは非常にいいことを言われるんですよ。日本でも有数の市長だと思いますよ、言われることは。ただ、やることが一つも違う。総合病院をやりますと言って、1回失敗して、2回目当選して、3回目も当選した。ずっと私ら議会の議員みんなが尋ねる。市民の皆さんもずっと尋ねる。全然動かない。だれにも命令をしない。隠されたやみの中での動きであります。そんなことが市長の政治理念では困るんであります。議会を使ってやってください、もとおらんでも24人おります。職員を使ってやってください、550人もすばらしい職員がおります。いわゆる総社市の大企業であります。なぜ使わないんですか。あなたと三役だけの腹の中の仕事じゃあなたうそを言うたことになるんですよ、市民に対して。総合病院をつくります、つくりますと言うて何年かかるんですか。いまだにハードルが高い。高いことはわかっとる、最初から。できんこともわかっとったかもわからん。できんことをするのが市長やいうて、あんた何遍も言われた、議会で。そういうところは大いにぶれとるわけでありますから、直してください。何遍も同じことを言わざるを得ない。議会制民主主義だから言えるんです。独裁主義じゃったら何も言いやしません。首がはねられる。

 国・県に対する考えはどうですかと。地元から出る人ですから、比例区だから心から御支援を申し上げますと、こういうて真備町で言われた。大勢おられるんじゃ、比例区も。助役は、14年度の決算の報告で最終に、非常に厳しい時代が続くから国を初め県、徹底的にお願いをして歩きますというようなことで結ばれたんです。そうすると、市長はやっぱし厳しい時代やから、等距離の均衡あるスタイルをとってもらわにゃいけん。等距離の均衡あるスタイル、選挙に対してはですよ。あなたの腹のうちはどうあろうと結構です。これはもう選挙は自由であります。しかしながら、5万7,000の市長たる竹内洋二さんは、これは選挙に対しては大いに公平でなければいけん。中立でなけりゃあいけん。均等な、等距離な姿勢を見せていただく。特にお願いをしたいと思うのであります。

 それから、きょうの新聞であります。私は、さきの議会運営委員会で助役に対して、さきの県議会議員の選挙の違反で、文書配布の違反で市民が送検されるというのは非常に、何といいますか、選挙に対して異例なことであります。文書違反くらいで。しかも業者は2業者、個人の何人かを書類送検したと書いてある。それに対して、助役さんは指名委員会でどのように考えるかというたら、まだ何も考えとらんと、こういうて言いよった。きょうの新聞を見ると、県は3カ月の指名停止をしたと。総社市は1カ月と。これはどういうことでございますか。これはぶれとらんのですか。市の指名委員会の決定は、業者を指名する決定は県と2カ月のずれというのがある。聞いたこともないし私も詳しゅうは知りませんが、今新聞ちょっと見ただけですが、何かそのような決定をしたと。すぐうわさがいっぱい沸騰してくる。1カ月でもあっという間じゃて。次に大きな工事を出しゃあその人は一つも何ともねえがなと、こういうようなうわさがどんどんどんどん、どんどんどんどん出てくるのが市長、あなたがさきの選挙のときにその候補者へ絡んどったんですよ、あなた。あんた事情聴取を受けたかなと言って僕は質問したんです。そしたら受けてませんと、こう言うた。受けとったら大変なことでありますが、市長さんは関係なかったんじゃけれども、市内の業者はやっぱし文書違反で書類送検された。その結果、県は3カ月の指名停止をしたけれども、市は1カ月じゃと、こうなる。これ何のぶれですか。ぶれとらんですか。ごく当たり前の総社市の決定ですか。みんながうわさするような、10月か11月には大きな工事が出るんじゃろう、ほったら1カ月じゃったら済むから、もうその人にゃあ、市内の業者ですから、一生懸命働いて一生懸命もうけてもらやあそれでいいんですけれども、実害がねえけん1カ月にしたんじゃというようなうわさが出てくるとすれば、市長さんの市民に対する政治姿勢というのは大いにぶれてるし、議会へ対してもぶれとりますよ。

 つけ加えてちょっと答弁を願います。総合病院でございますが、これはユニチカのあの土地をただであげるからという条例を出して、条例ができにゃ動けんと言われた。条例も失効した、次の条例も出さない、議会は一生懸命言いよる。市民の皆さんも市長がまんざらうそを言うたとは思わん。3回も同じことを言うて、立候補して、2回は当選せられとんですから、どのような手だてでどのような運動をし、今どのような状況にあるか、これあからさまにお願いをしたい。相手があることじゃから言えんとこう言うんですが、そんなことはない。こことこことここへ行きましたと。倉敷中央病院の分院をお願いしに行きました。川崎医科大学の分院をお願いしました。あるいは水島の三菱かどっかの病院を引っ張ってこようと思いました。すべていっときだけはええん。みんな言ようるん、みんな。わからんから想像でものを言う。それができるんかなという気も僕もする。市長さんは市内の何やら先生と約束ができとんじゃと。その先生がユニチカのとこへ行くんじゃというようなこと、僕らがかえって反対に聞くようなことです。議会へ対しては相手があることですから言えませんということを突っ張るわけですわ。もう6カ月、半年突っ張ってる、そういうことで。それで、3カ月前にお答えしましたと、こうなる。ハードルが高いのはもう何年も前からわかったことであります。ですから、皆さんの力をかりながら、市長の公約がぶれないように、もとへ戻すように、いま一層の御努力を願いたい、このように思うわけであります。

 合併についてでありますが、市長の今のお話を聞きますと、総務省が言っていることを言われただけであります。真備町をなぜ含まないかということも、山手と清音だけで何でやっていくんならということも国の手順をおっしゃっただけでありまして、総社市の行政、財政改革に職員挙げてあるいは議会も一生懸命努力をしているつもりでありますが、一生懸命市を元気づかすために、スリムにあるいは市民の皆さんの御要望を聞くために、行政改革一生懸命取り組んでいる。山手と清音が来ていただいたら考えるんじゃありませんよ。ずっと考えよんですから、各自治体が。それですから、山手、清音に来ていただいても、山手、清音のレベルの非常に高いところをうちを全部合わすんならそれでいいんですよ。そうじゃないでしょうが。全くその反対になるんですよ。山手や清音の皆さんにもおっしゃってくださいよ、はっきりと。対等な合併でも吸収合併と同じですよと。うちへ合わしてもらわにゃ困るんですから。山手、清音が仮に100円で、手数料で100円でいきよるところをうちは150円もらようりゃ、うちの方が150円に下げるんですか。1,500あるというんです、項目が。1,500の項目で具体的にうちが山手や清音にまさってるものが何個ありますか。山手、清音がまさっとったら、総社の千何百を山手、清音に合わすんですか、対等というのは。まず吸収にして、もう少し世の中の情勢を見て、吸収ならすべて総社のレベルにとりあえず合わしていただいて、山手、清音を。そこからみんなで考えていきゃあいいわけですから、100円のものは100円にしていただく、150円なら150円に合わしていただく、そのようにすれば何もこんなに手順は要りゃあへんのですよ。都計法に間に合うんですよ、まだ。山手や清音の皆さんにはっきりしたことを言ってあげてくださいよ。これは、この合併法定協議会の中で市民として言うんじゃなしに、それ以前の問題ですから。吸収と対等と違うんでありますから。同じじゃないですよ。総社へ来て総社と一緒にやっていきましょうと、こういうて山手や清音の皆さんに私は言うべきでありますと思います。

 それで、市長さんがおっしゃいましたように、山手や清音はもう既に非常に高い水準にある行政部門がいっぱいあるんです。総社の方がおくれてる部門がいっぱいあります。総社のおくれてる部門を山手、清音に合わすんなら、そらものすごう総社の人は手厚くなるかもわかりませんが、そのようにはならんと思うんです。そのために合併特例債を使うんでしたら、そうかもわかりませんが、総社大橋まで使えるように今おっしゃった。真備町、船穂町は倉敷へいったら、倉敷環状で、水島線で総社大橋もかかるようにおっしゃったが、その反対なんです。船穂橋の方が早くなる。第2船穂橋の方が柳井原より早くかかっとる、しまいに抜いてしまう。矢掛も。真備町ももちろん地元の船穂もきつうなるかもわからんが、総社市は総社大橋で我慢せえと、こうなるかもわからん。かもわからん。都市計画決定をしても、10年も15年も動かん事業はいっぱいあるんですから。順番ならもうできとんです、私さっき言ったように。順番ないんですわ。あたかも合併したら合併特例債で総社大橋がかかるげなことをおっしゃって、総社の川西地区の皆さんを喜ばしてはいけませんよ。債ですから、借金であります。うかつに使えません。橋本議員が地域の振興等をおっしゃいましたが、総社市の中でも北部、南部等相当の開きがあるし、我慢をしていただいとる地区が大変ある。そのような中で合併ですから、これは山手、清音と言わず総社の旧15の地区、阿曽村ほか山田、池田、昭和の4地区、すべて村でありますから、そこらの特性を生かしてというのが山手、清音ばっかりにならんわけであります。すべて動かすなら、旧村単位をばらばらにして、阿曽村はこういうふうにしましょうと。服部村はこういうふうにしましょう、三須村はこういうふうにしましょうというならそれでもいいかもわからんが、一緒にやりましょうというんなら、やっぱしこれは山手と清音は吸収であります。真備町を入れないわけがない。真備町を含まない合併は意味がない、総社市にとって。山手、清音にはぜひ来ていただきゃいいんですよ。総社へ一緒に来てやっていただきましょう。一緒にやってるんですから。真備町も一緒にやってるんです、既に多くのことを。ですから、市長の姿勢として、ぜひとも、今からは遅いかもわかりませんが、総社市と一緒にやりましょうというスタイルはずっと持ち続けていただいておかんことには困ることになる。もし真備町さんが倉敷へ合併した場合、消防もありましょうし、今度はごみの問題で倉敷とうちが、倉敷へお願いするようになる。今既に真備町と一緒にやってる部門が非常に多い。一体感もあります。真備町にそっぽを向かれたと私は思うんであります。そっぽを向かれた理由がわからない。市長もそれをよしとした理由がわからないのであります。具体的に総社市民は何が手厚くなるんかとお尋ねしましたが、何も答えがない。総務省がおっしゃるような合併についての国の考え方を述べられたにほかならないと思うのであります。いま一度合併についてのお考えをお尋ねをしておきたいと思います。

 総社大橋はさっき申しましたとおりであります。

 私は通告で吉備線と書きましたが、吉備線延長井原線と、こう思っておりまして、井原線のことをお尋ねしました。さっきも言いましたように、吉備線電化、環状化は非常に難しいということであれば、余計に井原線が総社起点として生きてくる、このように思うんでありますが、どうでしょうか。井原線は、結局は総社駅は要らなかったと。清音始発でよかったと、そのように取締役会でなっていくんじゃないですか。今の考えなら。今は、JRに対してレールの使用料を安くしていただくために総社始発を減すんだということですから、だんだんにそういうふうになって、結局は総社発っていうのがなくなってしまう。清音発になってしまうんじゃないか。もともとを考えていただきまして、発車オーライの時点は11年1月11日でしたかね、発車オーライと言うた時点で赤字を運ぶということは既にわかっとったわけですから、今さらJRのレールの敷地料が高いといって起点を清音に持っていくということがわからないと、こう言いよんですから。赤字はわかっとったわけです。岡山県も、各自治体も、日本国じゅうわかっとった。第三セクターのレールを引き上げる時分です、平成11年。引き上げた鉄道会社もあった時分に発車オーライと、こうなったわけです。ですから、これは原点を忘れないようにして頑張っていただきたいなと、このように思うわけであります。

 下倉地内の事故でありますが、いまだにとうとい犠牲になられた方の1人の行方はわかっておりません。この人の一日も早い、何といいますか、抱き上げを図らねばならんと。それが総社市が災害対策本部を立ち上げた第一の理由であります。生活ラインが崩れた。槻地区の生活ラインが崩れたというのも理由の一つでありますが、人命救助が一番であると。ですから、その人を探すために2次災害が起きそうだから、学者の皆さんは平成8年まで待てとか10年まで待てとかというようなことを言われているようでありますが、総社市はそういうわけにはいかん。また難しいことを言い出したというように言われるかもわかりませんが、総社市長としてはそういうわけにいかん。じっと待ちよるわけにいかん。あのときの市長の陣頭指揮の態度から言って、いつまでもあの中にお眠りいただくというわけにはいかんと思いますよ。これの救出の見込みを市としてはどのように考えるか。

 それから、岡山地検へ書類送検された後、この会社はどのような対応をなさるのか。裁判に打って出られるのか。もし裁判ともなれば非常に長くなると、話し合い。この見通しについてね、今後の。2回目の質問とさしていただきます。



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 24番服部議員の再度の御質問にお答えを申し上げます。

 市長になって何をやったかということでございますけど、大きくは高度成長路線からマイナス成長あるいは低成長路線への切りかえをやったということであろうかと思います。今までは、私が就任するまでは、例えば過去4年間において連続30人ずつ採用して、経営診断でも経営観念が全くなかった、異常な姿であったというふうな指摘をされておりますけど、そういうふうな路線から採用を最小限に抑えるいわゆる少数精鋭主義に切りかえ、職員も今相当数減員をしておりますが、できるだけ経常経費を抑えて、市民の皆様方に有効に予算を使っていくことができるように、そういった方向に大きくは切りかえたと思います。

 引き継いだもの、事業を一つずつ完成をさしていくということも一方では課題としてこなしてきたわけでございますが、今後におきましても、こうしたマイナス成長時代に対応できるような対応を、システムを切りかえていかなければならないと、このように思っておるところでございます。そういった意味におきまして、今回の市町村合併は絶好のチャンスであると、そのように前向きにとらえているところでございます。

 国・県のこれからの予想される総選挙を含めて対応はどうかということでございますけど、基本的には中立で取り組んでまいりたいと、このように思っております。ただ、せんだっての真備町でありました公明党の後援会において、総社市から立候補を予定されておられる方に対しまして、心からエールを送ったということは事実でございます。市民がこれから国政の場へ出られるということについて、地元の市長として励ましの言葉をかけたということでございますので、御理解をいただきたいと思います。

 きょうの新聞に、山陽新聞でしたですか、総社市内の業者の指名停止の件が出ておりました。県は3カ月だけど市は1カ月ということについての見解が出ておったと思います。今までやった工事について、品質管理、安全管理ともに問題なかったというふうなことで、全国的に見ても、こういった件では1カ月が妥当な線であるというふうなことでありますので、私もそのように認めておるところでございます。今後においても、いい仕事を頑張って、これはすべてのお願いしておる業者に対してお願いしていきたいと思いますけど、よりよいものをより安くお願いをしていきたいと、こういった考え方で取り組んでまいりたいと思っております。

 3番目の選挙公約のうちのユニチカから寄附を受けた土地への総合病院の件ということでございますけど、御承知のように、総合病院ということは非常に規制緩和の件でも若干期待はいたしましたが、ほとんど規制は緩まなかったということで、非常に難しい状況でございます。したがいまして、この中でいかに市民の皆様方に貢献できる医療機関を、医療のレベルを上げることができるか、救命救急あるいは人間ドックであるとか高齢者の皆様方の立場も踏まえて、現状の条件の中でベストを尽くしてまいりたいと、このように考えております。三役そろってお願いに行ったこともございますけど、まだこれは相手が民間でございますので、民間の方にお願いをしていこうということでございますので、まだやってやろうというところまで話が煮えておりません。市で立ち上げるものではございませんので、若干この見通しについては申し上げられないところがございますが、今後とも全力を挙げて取り組んでまいりたい、このように思っているところでございます。

 合併について、真備町はどうして含まないのかということでございますが、真備町さんは真備町さんで御判断をされておられますので、しかしながら総社市、山手村、清音村のこの3市村の今の考え方として、真備町さんがもしこちらへ来られるんであれば、いつでも門戸を広げて歓迎しようということで意思を確認をいたしておるところでございます。いろいろなごみであるとかし尿であるとか共同処理をいたしておりますけど、この関係につきましても、先般町長さんには確認をいたしましたが、この関係のおつき合いはずっと続けていきたいと、こういうことでございました。そういうことで、今後とも取り組んでまいりたいと、このように思っております。

 井原線の関係でございますけど、圏域にとってどういった形が最適であるか、そういったことも含めて、さらに経営改善を求めていきたいと、このように思っております。

 そういった意味において、総社−清音間が減便されるということもやむを得ないと考えておるところでございます。代替措置として、清音の駅の機能強化ということを今取り組むようになっておるとこでございます。

 あと合併の件ですが、合併をするに当たりまして、いろいろと事務事業の見直し、改革が行われるわけでございますが、考えていくのは単に料金体系だけではなくして、行政のシステム、事務処理そのものを見直して最適なシステムに改善するということをこの際考えていきたい。いわゆる最少の経費で最大の効果が上がるようなシステムをこの際つくっていかなければならないと、そういった考え方で取り組んでまいりたい。そのことが市民の皆様方によりよいサービスを提供できることにつながると、このように確信をいたしておるところでございます。

 高梁川への架橋の関係でございますけど、この関係につきましては、国道486号線のバイパスということで取り組んでいくのが一番ベターではないかと、そのように言われており、今そういった方向で取り組んでいっておる途中でございますけど、今後においても最重要課題として、建設部門の最重要課題として取り組んでまいりたい、このように思っております。

 下倉地内の採石場の崩落事故の求償についてでございますけど、これは先ほども申し上げましたように、裁判での決定を見て最終的な判断をしていきたい、そのように思っております。行方不明者の捜索については、県の方も採石事業者の手においてやっていただく。したがって、それが安全に捜索が可能なように今15年計画とか20年計画とかというようなことが県の方へ採石計画が出されておりますけど、それを県の方も認めておられますので、それによっていわゆる自己責任のもとに捜索ができる状態を早く自助努力をしていただく。最終的に行方不明者の捜索が例えば手作業で可能になった場合、総社市の消防等において捜索の協力をするというふうなことは最終的に考えていきたいと、このように考えておるところでございます。

 以上です。



○議長(萱原潤君) 24番服部剛司君。

              〔24番 服部剛司君 登壇〕



◆24番(服部剛司君) お答えをいただきました。もうやめようかなと思よったんですが。市長さん、御就任になる前に大変な時期の就任になりそうだなと。これは私が市長になっても何もできんぞと。赤字の解消に努めながら市民の福祉向上を図らにゃいけない時分の就任だなあという気がなさったかどうか。なさってなかったんじゃないかと思うんです。就任の当時はまだ行け行けということだったと私は思います。こないだまでそうだった。今になっての急ブレーキであります。きょうらは特にそうであります。あなたが就任なさった当時は、この事業の起債がここで上がるんじゃと。そしたらそれを全部上げたらこれだけ浮くんだと。浮くというんが、借金が終わるんだと。終わった分の仕事の3倍は仕事ができるんだと。補助金や何やかし合わして。そんな気持ちを市長さんも大分持っておられたと思うんです。今の気持ちは、大変なときに就任したもんだと。こらえらいことじゃと。とにかく何もできんぞと。厳選をしながら、事業を。しかも市民が一番望むことを最小限にとどめてやっていこうと。日本国じゅうがそうでありますから、私のまちもそうでなくてはならない。何をやったんならとこう言うと、じわじわとこう言う。新しい人を使うとらんと、こう言う。使うとんであります。物件費になった。人件費が物件費になった。これは議会でこの前だれかの質問でおっしゃったとおりであります。すごい臨時の職員さんがおる。総務文教委員会でないからちょっと数を掌握しておりませんが、これだけは市長、物すごう伸びとんですよ。あなたになってですよ。そら正規の職員が減ったんだから、仕事の量は増よんですから、だれがやるかと。臨時の職員がやりよんです。臨時というのは臨時でありますから、これも余り責任を持った仕事はしないね、やっぱし臨時職員は。全体の職員も金がねえから、朝来て上着を着かえない。制服がないんですから。制服に着かえる、会社へ行って。これから会社の仕事だなあという気分がするわけであります。僕もサラリーマン長くやりよるから、制服に着かえたら、「あ、これから」という切りかえができる。総社市へ来たら制服がないからだれが職員でだれが市民かわからん。ましてや臨時や正規が全然わからない。前はわかりよった。名鑑の彫りがあるやつが正規で、紙で書いたやつが臨時じゃった。金をかけとった。今はぶら下げとるからわからん。そういうけじめもね、市長、大事だと思うんですよ。銭金でない。市民の皆さんが市役所へ入った。どなたが職員でだれかわからない。僕らもわからない。ありゃ、これは窓口へ来た人かなと。臨時の職員がいっぱいおるから覚えるわけにいかん、名前を。そういうことでありますから、人件費を減したというのが手柄ではない。市長、大変な時期というのはよく存じておりますよ。市長が就任なさった時分から大変じゃったんじゃと。事業はせにゃおえん、金はないという時期でしたけれども、市長は行け行けいうて元気よかった。今も元気はいいですが、一生懸命やった。この事業とこの事業の返済が終わった。その割り分を3倍の仕事でしょうというようなことでやってきたが、今はそういうわけにいかない。ですから、大変な時期の市長就任で今も頑張っておられますが、ひとつこれからも市民福祉の向上のために頑張ってください。よくそういうことはわかっております。人件費の節減もわかっておりますが、そういうて言われると私はそう言われん。市民の皆さんはこういうように見ますよということ言わにゃあいかん。そういうことは言ようらんが。だれが臨時でだれが正規であろうと、市の職員さんですから、一生懸命仕事をしていただくんだ。当然でありますから、そんなことは言いたくなかったんですが、30人減した、40人減したと言われるから言わにゃあならん。

 それから、合併が及ぼす市民への福祉の向上は何かと具体的に問うたんです。市民の皆さんは、住民票取るのが300円、戸籍謄本が1,500円というような値段でわかるわけです、手数料1個にしても。山手、清音が幾らなら。山手、清音が低い分があれば、対等合併ですから、そっちへ合わすんかと、こう言よんです。それはそういうことを言ようるんです。吸収にすべきですというのはそこなんです。山手、清音は総社と何が対等ですかと。面積ですか。人口ですか。財政規模ですか。じゃないでしょう。名前だけですわ、法人という。それから、私と議長が個人的には対等ですね。山手村民の皆さんと総社市民一人ひとりは対等です。しかしながら、現実的に対等なところというのはない。一緒にやっていただきましょうという地域性があるんです、対等な。ほやから一緒にやっていったらいいんです。だから、どうぞ来てくださいと。これは昔から言いよったんですよ、総社市は。山手と清音は一緒にやりましょう。山手村や清音村がどうしても総社へ向かずに倉敷へ行こう、倉敷へ行こうと言われよった。今度は一緒になりましょうと。何が違うんならと言ったら、対等で合併しましょうとこういうて市長がぽんと言うた。山手、清音へ対して。するとぱっとかぶりついてきた、山手村、清音村の皆さんが。将来的には倉敷を向いとりますよ。どっちの皆さんも。総社の皆さんも倉敷あるいは岡山を見とる、将来的には。市長はそうです。将来はそういうことがあり得るかもわからんと市長さんもおっしゃってる。しかし、今の時点で山手、清音を対等にして真備町を含まないというのは、これはもう話にならない。真備町と一緒なら考えられるかなという気もするんです。地域的にですよ。何も対等なところはない。

 システムを構築していく、新しいシステム。総社だけでもできるんです。何も山手と清音と合併せんでもシステム構築はできるんです。合併による金が来るから、それで新しゅうやっていこうというならまた話は別ですが、システムを構築して行政コストを下げましょうというのは市長就任以来言われようる、あんた。企業的センスを出していくんですと、こういうのは就任以前から言ようる。そやから何も合併によってシステムを新しく構築してコストを下げるというのは合併の効果ではない。あなたが言われることであります。そこもわからない。

 総社大橋の事業主体がいまだに決まってない。事業主体が決まらんからできんのであります。これは昔から国へ陳情に行ったら、「そがんいらいら言うならあんた方でやりゃあええが」とこういうて言われよった。地元の国会議員がそういうて私に何遍も言うた。それができんからお願いに来とんですと、10万円もかけて。一遍行きゃあ10万円ぐらいかかるんですから。お願いに東京へ。それでもせえ。ずっと行きよる。それなら岡山県か国にしてもらいたいと、こういうお願いはずっとしよる。うちがするんならとうにしとる。金はないんじゃが、どうでえ。これも早く486のバイパスを組むんならバイパスにするべく期成会を正式にバイパスを認めよって、こう言うとバイパスにしてしまうと。じゃないでしょう、今は。都市計画決定を清音と一緒に倉敷、真備とやってるわけだから。486のバイパスにするんならバイパスにせにゃいけん、早う。そんな手順がおくれるんじゃないですか。ずっと前から同じことを言ようる。進まんですよ、それでは。だんだん世の中悪うなるんだから。国の方も公共事業徹底的に見直しょうります。県もそうです。総社はこれが長年の夢なんですわ。東西の地域一体化を図るために、今の総社大橋一本ではだめだと。第2総社大橋かけようということやった。辺地対策を使って、槻の人を救うために新しい槻橋というのはかかったですよ。これは昔からの事業じゃありません。にわかにわいてきて、市長の一生懸命のお力で槻橋はかかりました。これだけじゃいけんのです。総社大橋を頑張っていただかにゃいけん。にはやっぱし建築主体をどこにするか。486のバイパスに組んでいただくかということを急いでいただく必要があると私は思うのであります。

 下倉地内の救出については、救出といいますか、掘り上げにつきましては、早くしてあげたいと思いますが、その時期が来たら市の力もおかししようということでありますので、裁判の行方とともに見たいなと思いますが、この事業所は送検に際して、その内容に対して受けて立つおつもりでしょうかどうか、そこら辺を聞いておられますか。

 以上に合わせてお尋ねをいたします。

 終わります。



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 24番服部議員の御質問にお答えを申し上げます。

 市長就任のときに大変な時期と認識したかどうかということでございますが、就任する前から大変な時期だと申し上げてまいりました。就任して以来、財政的な見通しをチェックした結果、この状況を何としてでも変えていかなければならないという考えのもとに、就任後の最初の議会で三役の退職金の廃止を提案したと思います。そのときにも大変な時期に来ておるということを申し上げたと思います。議事録を確認していただきたいと思います。ですから、さらに気を引き締めて、現在も肝に銘じて財政改革、取り組んでおるところでございますが、今後も皆様方の御協力もお願いを申し上げたいと思います。

 例えば、合併の件について、山手があるいは清音が、どこが進んでおるんなと。私は、山手の方はある意味では大変進んでおる、レベルが高いと思うというのは、自分の地域を、自分の自治体を愛するという気持ちが高いんではないかなと。何かというと、三役含めて議員さんも報酬の1割カットとかそういったことを犠牲的にやっておられる。これはそういった地域を愛する気持ちのあらわれではないかなと思いますし、そういった、ですから考え等も今後見習うべきではないかなと、私自身そんなふうに考えておるところでございます。

 職員の削減に向かって取り組んでおりますが、埼玉県の志木市なんかは全然職員を採用しない。これから20年間採用はゼロだ。そういったまちもございます。それは別といたしまして、臨時職員がふえておるじゃないかという御指摘でございますけど、臨時職員の人件費と正規の職員の人件費、これは全く違いますので、5分の1、6分の1以下ではないかなと、そんなふうに思いますが、人件費についてはそういった状況も踏まえて、最少の経費で取り組むようにこれからも取り組んでまいりたい、このように思います。

 制服がないということでございますけど、全国的に制服廃止の方向で進んでおります。そのかわり大きい名札をつけております。名前がすぐ確認できるように。臨時の職員の名札は若干色が薄いということになっておりますので、名前の上のラインが緑の濃い分は正規職員、緑のラインが薄いのは臨時の職員というふうな感じで色分けをしておるということでございますので、御理解いただきたいと思います。

 合併でございますけど、真備町が来ないということでございますけど、これは「来る者拒まず」で、おいでいただければそれで結構だし、またおいでいただけなければ総社市、山手村、清音村で行政区域がぐっと狭まりますけど、エリアが狭まった中で濃いサービスが、住民サービスが提供できると思いますので、おいでいただけなければもうこの3つの自治体の合併ということで取り組んでいけば、それはそれなりに意義のあることだと、このように認識をいたしております。今までの研究会でもそういった答えが出ておるところでございます。

 対等というのはどうしてかということでございますけど、自治法上法人格といたしまして、市町村はすべて対等ということになっておりますので、対等合併が私は妥当である。そして、総社市が今やっております事務処理を含めたすべてのシステムが完璧な、パーフェクトなものでは私はないと思います。神様がつくったもんではございませんから、それにはいろいろ欠点もありますし、見直しをしていかなければならない問題も、きょうの議会でも指摘されましたが、多々あろうかと思います。そういったものすべて洗い直して見直しをするよい機会だと、このようにとらえてゼロからスタートする、そういった考え方で、新しいまちの枠組みをつくるんだという前向きな姿勢で、いえばフロンティアスピリッツを持って新しいまちをつくっていくんだと。住民の皆さんと一緒に、議会の皆さん方と一緒につくっていくんだという意気込みでこの合併、取り組んでまいりたいと、このように思っております。

 新しい総社大橋でございますけど、先ほどお答えいたしましたように、486号線の、国道486号のバイパスとして早急に認定していただくように、関係機関に対して要望してまいりたいと思います。

 採石場の崩落事故でございますけど、裁判の結果を待って対応をしてまいりたいと思いますが、まず行方不明者を発見できるように努める。それはすなわち採石業者がこれから15年も20年も持続してあの事業は行っていくということが一つの前提条件になりますので、そういったことも含めて判断をしてまいりたい。また、損害賠償しなければならないものについて、結果が出ましたならば、紳士的にまずお話をしていきたい。そういう考え方でおります。



○議長(萱原潤君) 私より当局の方にお尋ねをいたします。

 質問者は6番の件で、当該法人、当該企業がどのような対応に出るかについて、もし御存じであればお答え願いたいという質問が繰り返しございました。その点について掌握されておればお答えを願います。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 下倉地内の採石場崩落事故の関係者と申しますか、はっきり申し上げまして、新聞紙上にも名前が出ておりますので申し上げますが、金池産業さんにおかれましては、今までも紳士的な対応をされておると、このように認識しております。槻部落の方が孤立したときに緊急避難道を建設いたしましたが、これはすべて金池産業さんの労力奉仕といいますか、市の方の出費は一切ございません。すべて金池産業さんの費用において賄われております。したがって、そういったことを含めて、これからも紳士的な対応をなされるものと、このように確信をいたしております。



○議長(萱原潤君) この際、しばらく休憩をいたします。約10分間。

              休憩 午後1時50分

              再開 午後2時2分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、2番村木理英君の質問を許します。

 2番村木理英君。

              〔2番 村木理英君 登壇〕



◆2番(村木理英君) 議長に発言のお許しをいただきましたので、通告に基づきまして、一般質問をさせていただきます。

 きょうは、9月11日であります。2001年9.11の同時多発テロからはや2年経過したわけであります。犠牲者の方々には心から御冥福をお祈り申し上げるとともに、より一層救急の認識を深めてまいりたいと、このように思うわけであります。

 また、9月9日は救急の日ともされております。ことしは9月7日から13日までの1週間が救急医療週間とされており、救急医療や救急業務に対する理解と認識を深めるため、県内でも県や市町村を初め消防関係団体による応急手当の講習会など救急医療についての普及啓発活動が行われておるわけであります。本市でも、先般普通救命講習が行われたところでもあります。

 そこで、本市の救急業務の実態、救急車の出動、救急救命士の職域について触れてみたいと思います。

 総社市消防本部年報、平成14年中の現場到着所要時間別出動件数調によると、出動件数は2,231件となっております。その内訳は、急病が1,022件、交通が438件、一般負傷が231件、その他が540件となっております。そこで大切なことは、機能不全になった後何分以内に処置がなされるかということであります。1981年、フランスのカーラは、心停止、呼吸停止からの死亡率を示しておりまして、心臓停止後3分で50%死亡、呼吸停止から10分で50%死亡、多量出血から30分で50%死亡と発表しております。日本の場合、救急車到着までに約6分かかると言われております。患者の心臓が停止してから救急隊員が患者と接触するまでの平均時間は12.7分かかるとも言われております。心疾患の専門家は、患者が倒れてから3分以内に除細動器を使用できれば7割以上の人が助かると指摘しております。

 そこで、本市の出動件数2,231件の到着時間の内訳を見てみたいと思います。3分未満が170件、3分以上5分未満が922件、5分以上10分未満が999件、10分以上20分未満が127件、20分以上が13件となっており、現場到着平均所要時間が5.2分となっております。これは全国平均を上回っている非常に本市の救急隊の迅速な、的確な対応が見られるわけであります。

 さらに、収容所要時間別搬送人員調によると、搬送人数は2,182人となっており、急病が946人、交通が492人、一般負傷が220人、その他が524人となっており、急病での搬送人員が一番多くなっております。収容所要時間の内訳を見てみますと、10分未満が20人、10分以上20分未満が577人、20分以上30分未満が936人、30分以上60分未満が619人、60分以上120分未満が30人となっており、収容平均所要時間が25.695分となっております。その中には、高齢者の死亡原因の上位を占めております脳疾患、心疾患、呼吸器疾患の患者も含まれており、本市の救急での疾患の内訳を見てみますと、脳疾患が133人、心疾患が103人、呼吸器疾患が107人となっております。各疾患の65歳以上が占める割合は、脳疾患が68%、心疾患が70%、呼吸器疾患が60%となっております。これから高齢化が進んでいく上で、これらの疾患患者数が年々増加することは、本市だけでなく全国的に予想されるわけであります。

 国内では、毎日100人近くの人が突然死で亡くなっていると言われ、その多くは心臓の心室が突然震え出し、ポンプ機能が失われる心室細動が原因とされております。昨年11月、運動中に崩御された高円宮様の死因もこの心室細動と言われております。そこで、政府は救急救命士法を平成3年4月に定めることにより、病院到着までの搬送途上は医療の空白地帯であったものを、搬送途上における医療の充実を図るため、救急救命処置を医師の指示のもとに行うことができる資格を定め、その業務が適正に運用されるよう規定したわけであります。また、救急救命士法施行規則、厚生労働省令の改正により、平成15年4月1日から、各地域においてドクターの指示なしで迅速に救急救命士の除細動の実施を可能としております。本市でも救命効果の向上が期待されているところでもあります。

 また、救急救命士の特定行為のうち、医師の具体的な指示のもとに行うことができる特定行為として、「乳酸加リンゲル液を用いた静脈路確保、食道閉鎖式エアウェイ、またラリンゲアルマスクによる気道確保を行うことができる」があり、医師の包括的な指導のもとに行うことができる行為として16行為となっております。また、平成16年7月をめどに、厚生労働省は救急救命士の気管挿管を実施することとなっており、この実施について具体的なカリキュラム、テキストの作成等について平成15年2月から検討に入っており、この平成15年9月をめどに作成されることとなっております。この講習については、1単位50分、62単位、約2週間の講習と医療機関における30症例の経験が必要とされております。さらに、厚生労働科学研究班は、救急救命士による薬剤投与の安全性、有効性に関する研究で、エピネフリンを中心とした薬剤投与の安全性、有効性に関する研究を平成15年2月から検討しております。この背景には、我が国の心肺停止患者の救命率が欧米に比べて半分以下であるということが大きな問題になっているわけであります。これに関して、厚生労働大臣が救急救命士の業務のあり方等に関する検討会を立ち上げ、検討が行われているわけであります。

 心原性疾患において、ドクターが救急車に同乗するドクターカーと救急救命士隊の救命率の差が6.3%と2.6%、2倍以上の大きな差があるわけであります。これに関して、平成13年の救命効果検証委員会でも、この理由はドクターにおいて早期に気管内挿管ができること、及びエピネフリン等の薬剤投与ができることが大きな差であるということ、そしてまさに早期除細動、気管内挿管及び薬剤投与により発症後早期に心拍の再開を図ることが非常に重要であることが答申されたわけであります。

 そこで、本市におきましては、ことし12月までに新たに高規格救急車の導入が決まっておりまして、我が市といたしまして、2台の高規格の救急車を所有することになるわけであります。救急救命士の気管内挿管とエピネフリンを中心とした薬剤投与を踏まえ、救急救命士の採用範囲についても女性まで広げるなどして、さらに優秀な人材を確保するお考えはございませんか。また、地元医師会からこのことに対してどのような指導を仰ぎ、救急救命士を育て、職域の拡大を図り、医療事故があったとき、どのような責任問題に対処できる体制をとるか、救急救命士のバックアップ体制をお示しいただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

 これで1回目の質問を終わります。(拍手)



○議長(萱原潤君) 消防長。

              〔消防長 高田 稔君 登壇〕



◎消防長(高田稔君) 2番村木議員の救急救命士のバックアップ体制はどうかという御質問にお答えを申し上げます。

 救急救命士につきましては、平成3年に法が施行され約12年が経過した現在、全国4,703救急隊のうち、3,067隊が救急救命士が高規格救急車に乗務している状況でございます。総社市消防本部におきましても、総社市救急高度化推進計画を平成7年1月に定めまして、平成7年度に救急救命士1名と高規格救急車を配置して、平成8年8月1日から救急救命士による救急業務を運用いたしております。現在、救急救命士は消防本部に1名、本署に5名、真備出張所に2名、西出張所、昭和出張所に各1名、計10名を配置をいたしております。

 高規格救急車は本署に1台と先ほどお触れになりましたけれども、今年度中に2台目を整備中でございます。ことしの12月までには納車される予定になっております。さらに、より充実した救急業務を目指して、年間2名を救急救命の研修所に派遣をすることといたしております。

 救急救命士のバックアップ体制はどうかということでありますが、御承知のとおり、救急救命士は半年間の救急救命研修において研修を積んだ後、国家試験に合格し、その後に就業前の研修を病院で行っております。その後に救急救命士として乗務をしておりますが、救急救命率の向上を図るために、次のことについて努力をしているところでございます。まず、医療機関と消防本部の連携でございます。これは、国・県の指導もございまして、地元の医療関係者の幅広い参画が不可欠でございます。そういったことから、総社圏域の救急医療対策協議会を設置いたしまして、年1回会議を開催をし、連携を深めておるところでございます。さらには、岡山県下及び備中地区の連絡会におきましても、その都度協議をいたしているところでございます。

 また、救急救命士は法的資格制度において医療職の位置づけがなされております。医師の指示、助言、指導を受けつつ高度な専門知識を備えた救急隊員として適切な救急救命処置の実施に努めなければなりません。そのためには、国家試験合格後の研修、実務が非常に重要でありまして、平成13年度から毎年でございますが、総社圏域内の救急病院6カ所に救急研修をお願いし、救急救命士1人当たり20時間の研修を行っております。また、3カ月ごとに、これは倉敷でありますけれども、川崎医大救急部の医師により、救急活動時における適切な応急処置等について、より専門的な立場から研修会を実施いただいております。救急隊員の医学的な知識、技術の向上を図っております。御指摘のございました今後さらに救急救命士の処置の拡大がされます。気管挿管あるいは薬剤投与に対応するために、技術の向上を図るとともに、優秀な人材の育成にも努めなければなりません。

 また、応急処置の範囲の拡大に伴う責任問題につきましては、県、地元の医療機関等の指導、助言もいただきながら進めてまいりたいというふうに考えております。

 また、女性職員の採用につきましては、現在のところ県下では岡山市が10名、倉敷市が4名、津山、邑久で各2名ということで計18名でございます。このうち、交代制の勤務をとっておりますのは岡山市のみで、他の消防本部につきましては、予防業務等に配属されております。この職員の採用試験に当たりましては、女性の方も男性と同様に体力試験、適性検査などが行われております。総社市消防本部におきましても、今後は女性の職員の採用も考えていかなければならないというふうに思っておるところでございます。

 以上でございます。御理解を賜りたいと思います。



○議長(萱原潤君) 2番村木理英君。

              〔2番 村木理英君 登壇〕



◆2番(村木理英君) 御答弁ありがとうございました。

 これから救急救命士は、ある意味ではやはり総社市民の生命線というふうにその職域がどんどん広がってくるということが十分これから予想されるわけでありますが、そのために先ほど消防長のお話にもございましたが、地元の医師会等の連絡をやはりかなり密に取っておかないと十分連絡が取れなくなってくるというか、緊急時でございますので、日ごろの信頼関係が確立されてないと、なかなかいい仕事ができない。救急救命士の方がせっかく能力があっても、ドクターの信頼が得られていなかったら、これはなかなかいいことにならないし、そういったことにならないようにバックアップ体制を整えるべきじゃないかなと、このように思うわけでございます。消防長の話を大変私はありがたくお話を伺っていたわけでございますが、そのお話の中から、総社市消防本部の非常に的確な仕事ぶり、そしてメディカルコントロール体制がうかがえるわけであります。

 メディカルコントロール体制の強化について、平成15年3月26日付けで消防庁救急救助課長、厚生労働省医制局指導課長と連名で通知されているところがございますが、そこでは医師が常時かつ迅速に指導、助言が行える、そして救急活動を医学的見地から事後検証ができる、そして実習等による救急救命士の教育をする体制の確立を目指すと、このようになっているわけであります。そのために、先ほど私が申し上げましたように、地元医師会からかなりいつも綿密に、常時に、かつ迅速に指導、助言がいただける体制づくりをつくる必要があるわけでございまして、それを地域的な特異性を十分考慮した後、検証し、救急救命士の実習教育にさらなる処置範囲の拡大に備えていただきたいと、このように思うわけであります。

 実効性のある体制の充実を図る必要があると申しましたが、具体的に言うと、現総社市の消防本部では救急救命士は兼務制になっておりますが、これからの時代のニーズを考えると、やはり専従化すべきではなかろうかと、このように思います。そして、救命救助課というものも設置する必要があるんではなかろうかと、このようにも思います。本市の位置しております県南西部医療圏域は、ことし8月から全国で初めて消防救急無線を登載したドクターヘリを有し、全国7施設に設置されておるドクターヘリの先駆けであります川崎医大、また病院間の救急移動にドクターが同乗するというドクターカーの試みがされておられる倉敷中央病院等があり、全国の中でも救急体制の先進地といえるわけであります。さきに述べました除細動器の使用についてつけ加えて申しますと、厚生労働省は欧米の多くの国で医師や救急救命士以外の一般の人も除細動器を使えるようになってきていることを参考に、条件つきで国内でも一般の人が除細動器を使用することを容認する方針を固めておりまして、専門家検討会の設置を来月、平成15年10月に決めているところであります。そのような一般の方が除細動器を使えるということになったときに、最前線で講習会を行えるのは救急救命士の方ではなかろうかと、このようにも思うわけであります。これからますます処置範囲が拡大され、業務の充実が期待される救急救命士のバックアップ体制づくりとして、救急救命士の専従化、また救命救助課の設置は総社市の救急医療の充実のために必要と、このように考えますが、本市のお考えをお示しいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 これで2回目の質問を終わります。



○議長(萱原潤君) 消防長。

              〔消防長 高田 稔君 登壇〕



◎消防長(高田稔君) 2番村木議員の再度の御質問にお答えを申し上げます。

 まず、救急救命士の業務の充実でございますが、先ほども申し上げましたが、国家試験の合格の後所定の研修を受け、実務を行っておりますが、住民の生命を守る上からも常時研修を欠かさない、欠かすことができない位置づけでございます。そのようなことから、全国レベルで開催をされます医学研修会あるいはシンポジウム等へも積極的に参加をして、知識の向上に努めておるとこでございます。

 さらに、国から救急救命士に対する再教育体制、これは2年間で128時間以上というふうな研修が示されております。そういったことで、救急救命士につきましては、生涯が研修が必要ではないかというふうに考えております。そういったことから、今後も引き続きまして地元の医療機関の御協力をいただきながら、一層救命士の向上に努めてまいりたいというふうに思っております。

 次に、救急救命士の専従化についてでありますが、現在救急救命士が10名おりますが、全救急隊へ配属するには20名の救急救命士が必要であります。毎年2人ずつ研修に行っておりますけれども、まだちょっと時間がかかりますといいますか、年数がかかります。まず、全救急隊へ救急救命士を配置した後に専従化については検討していきたいというふうに思っておるとこでございます。

 次に、救急救助課の設置についてでありますが、現在消防本部の警防課警防係で救急救助に関する事務を行っております。総社市消防本部の職員数、それから規模等を見てみますと、現在では課の設置までは至らないというふうなのが現状であります。

 県内の消防本部の状況を見ましても、救急救助課という課制は引いているところはございません。係で対応をしているような状況でございます。そういったことでひとつ御理解を賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(萱原潤君) 次に、19番中村吉男君の質問を許します。

 19番中村吉男君。

              〔19番 中村吉男君 登壇〕



◆19番(中村吉男君) 発言のお許しをいただきましたので、私は大きく分けまして2点について考え方をお尋ねをいたしたいと、このように思います。

 総社駅前広場事業についてでございます。駅前広場事業の進捗と今後の事業の取り組みはどうかと、この点でございます。

 駅前広場事業につきましては、私は、再三にわたりまして駅前周辺の方々、そうして関係者とよくお話をされ、まちづくり、駅前広場を総社市の顔となるべく、そして各地から総社市においでになる方々、市民にとって利用しやすい広場をできることなら平成17年岡山国体までに完成さして、総社市で開催される卓球、軟式野球の会場となるわけで、日本全国各地から大勢の選手、役員、そして他県から総社市においでになると思いますので、十分な対応が必要ではなかろうかと考えております。

 駅前広場事業の計画は、計画決定が昭和36年8月でありましたが、その後計画変更が平成13年10月に変更され、面積についても当初2,357?が変更後5,000?に都市計画決定が変更され、全体計画事業費は約14億円の事業費で、財源の内訳は、補助金が約7億円、市の負担額は約7億円と多額の予算を投入し、計画がなされているようであります。

 総社市民、駅前周辺の方々から、駅前広場事業に対する取り組みについてよくお尋ねがあります。駅前広場事業に対し御協力をお願いし、移転もしなくてはいけない方々について、御負担あるいは心労ははかり知れないものがあろうかと思います。多大な予算を投入し、広場整備を行う大事業でもございます。今現在どのように関係者、周辺の方々に対し事業のお話をされているのか、そうして今後どのように事業を進めていこうとしておられるのか。計画では、完成目標年は平成16年度中とのお話を伺っております。各関係者に対し、誠意を持って事に当たっておられると思いますが、理解を得ながらどの程度前向きに進んでいるのか、お伺いをいたしたいと思います。

 次に、総社駅南地区土地区画整理事業についてでございます。

 区画整理事業の進め方と今後の事業の取り組み方についてでございます。

 国、県、総社市におきましても、財政的に非常に厳しい時代に入り、事業の見直し、予算の減額、削減、税収の伸び悩み等、行政全般にわたり一段と厳しさを増してきておると思うのであります。本年度は区画整理事業の予算も前年度予算に対し約39%の減で事業が進められておると思います。地権者に対して平成15年度事業の概要のお知らせをしながら事業に着手し、進行されておると思います。

 しかしながら、事業計画どおりに事業がなされずに、事業の変更を余儀なくしなくてはいけない事業があるかもしれませんが、変更しながら事業計画外の事業が今まで現在幾つかの箇所においてなされていることがあり過ぎて、地権者の方々から問題視され、市の方に何遍も出向いてお願いをすれば、計画外でも事業に着手をしていただけるのか。地権者はこの行為をよく見受けられる人がおられるから、市に対し不信感を持たれて、計画どおりの事業に御協力をしていただけず、事業計画の見直しを余儀なくしなくてはいけないことが現時点においてできてきておるわけであります。

 私は、担当職員と相手方にお邪魔をし、事わけを説明をしながらお願いをしたり、お断りをし、御理解を得るべく手だてをしなければならないことが余りにも昨今多いわけであります。事業計画に基づき、街区街区で事業の進め方と説明なりを受けない、お願い、御協力をいただく手だてがなされていない現時点であるがゆえに、地権者が非常に市に対する不信感を持っておられることを市長は御承知でありましょうか。

 私のところにいろいろな事業に対する不満やお尋ねが跡を絶たない昨今でもございます。私は、担当職員にもお話をしましたが、今後においては事業計画にのっとり、関係地権者に、つまり街区の人々に集まっていただき、事業内容の説明等十二分に話し合いを持っておかない。事業変更等をどうしてもしなければならない事柄が生じた場合は、速やかに審議委員会の方々、関係地権者に対し説明を行い、理解を得て事業に着手をしていただかないと、集落の中に事業が進んでいるだけに、区画整理事業がとまってしまう事態が既に起きつつあることをよく認識され、危機感を持って誠心誠意物事に当たっていただきたいと思うのであります。

 市長は、常々財政的に非常に厳しい昨今であるので、あらゆる事柄について最少の経費で最大の効果が上がるように、行政全般においてむだのない、効率的に取り組んでまいりたいといって再三にわたり言っておられますが、駅南区画整理事業については、言うだけであって十二分生かされていないと地権者の方々からよく耳にするわけであります。

 私は、日ごろから事業については各課が連携を取りながら事業に取り組んでいただきたいとお願いを再三いたしております。区画整理事業において、区画、上・下水道、土木、都市計画課、教育委員会等、いろいろ各課があろうかと思いますが、連携を取りながら、お互いの課が話し合いを持ちながら、一度工事をしたところをまた工事をすることなく、そうして行きどまりの道路舗装を少し工事をしてみたり、地権者から見ますと余りにも効率的に事業が取り組んでいない、むだな工事をしておられるとよく指摘を受けるわけであります。予算の中で事業を進めておるわけでありますので、効率よく、むだな予算を少しでもなくして事業に取り組んでいただきたいと思いますが、市長の事業の取り組み姿勢についてお尋ねをいたします。

 次に、小さい2番でございますが、区画整理内の税に対する補償の扱い方と今後事業を進めていく上において税の課税のあり方はどうかということについてお尋ねをいたします。

 この件につきましては、本年6月議会におきます農地、畑、宅地等について、仮換地または仮換地指定を行っている土地と、個人が使用することのできない現状が公共用地として使用している土地等に対し、従前地の面積に対し税を課税されていることについて、地権者に対しどのように処理されようとしているのか、お伺いをいたします。

 地権者の方々は、税を返していただきたいと話があり、私は、6月議会において質問をいたしましたときに、薬師寺部長は、早急に件数、面積、金額等を調査をいたしまして、早急に対応し、対処をいたしたいと、このように答弁をされておるわけであります。

 その後、私は、再三にわたりお願いをいたしました結果、市内部で2カ月以上経過をし、取り組み方ができたようでありますが、時間が余りにもかかり過ぎて対応が遅過ぎるし、真剣に受けとめておらないと思いますし、相手に対し誠意がなさ過ぎると地権者の方が言っておられるわけであります。市側の取り組み方に対し誠意を持って、関係者が大勢おられると思います。一軒一軒歩き、お断りをしながら、説明もし、理解を得るべく早急に手だてをしていただきたいと思います。理解が得られるかどうかわかりませんが、市側は余りにも危機感がなさ過ぎると思いますが、市長はこのことについてどのように認識され、どのような手だてをしようとされておるのか、お伺いをいたします。

 これで1回目の質問を終わります。(拍手)



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 19番中村議員の御質問にお答えをいたします。

 総社駅前広場事業についてでございますが、総社駅前広場の整備につきましては、平成13年度から交通結節点改善事業及びまちづくり総合支援事業の2つの事業を組み合わせ、総事業費14億円で平成16年度までの4年計画で整備を行うことといたしております。

 お尋ねの事業の進捗状況でございますが、これまでにJR西日本及びJR貨物等の用地買収、移転補償を進め、現在も他のビルの移転補償交渉に鋭意努力いたしておるところでございます。総社駅西広場の整備工事など一部の整備工事も完了しており、今後は総社駅前広場整備計画検討委員会で県立大学の学生など広く一般の方々からいただいた御意見等を生かした施設の整備に努めてまいりたいと、このように考えております。

 続いて、総社駅南地区土地区画整理事業についての関係の質問でございますが、1番目といたしまして、基本的な進め方ということでございますが、家屋移転及び道路、水路の築造を行う場合は、施工者である市と地権者との合意に基づいて行っておるところでございます。それに伴い、隣接地及び利害関係者に御説明さしていただいておりますが、連絡調整が十分でない場合があり、そうしたことを含めて改めるべき点は改善すべきであると認識をいたしております。

 今後は土地区画整理審議会においても十分協議を重ねるとともに、地元説明会を通じ、地権者だけでなく隣接地及び利害関係者との連絡調整も十分に行い、円滑な事業推進に努力いたしたいと考えておりますので、何とぞ御協力いただきますようによろしくお願いいたします。

 2番目でございますが、区画整理事業地域内において、事業進行の過程において、従前地も仮換地先とも使用、収益できないものが生じておるということでございますが、一部のこういったものについて、このような状況が数年間継続しておるということでございます。6月議会でも説明をいたしておりますが、これらの土地の実態にかんがみ、何らかの形で補償の対象にいたしたいと、このように考えておりますので、御理解賜りますようにお願いいたします。



○議長(萱原潤君) 19番中村吉男君。

              〔19番 中村吉男君 登壇〕



◆19番(中村吉男君) 総社駅前広場についての進捗状況あるいは事業の取り組み方等についてお尋ねをいたしました。非常に簡潔で、非常に要領が得ません。これでは回答になっておらないと、こう思うわけであります。

 私は、平成13年10月に都市計画の変更をし、いろいろと手だてをしながら、14年度についてもいろいろと手だてをしとると思うんであります。いろいろな事業をされておると思うんであります。私は、若干この点について触れてみたいと思います。

 平成14年度において、事業内容についてはお聞きをいたしております事業内容は、広場用地の買収、JR貨物、今さっきちょろっとお話がありました、あるいは移転補償がなされていると思うのであります。平成14年度までの事業費は10億800万円とお聞きをいたしておりますが、広場用地買収の位置といいますか、場所、面積、金額をお示しをいただきたいと思います。

 また、JR貨物の買収場所、買収面積、金額、補償費ということになっておりますが、その内訳はどうなっておるか。

 そしてまた、平成15年度の事業費2億2,000万円で、事業内容は広場の用地の買収、一部アクセス道路等の工事計画のようでありますが、買収の場所あるいは面積、金額等について再度お尋ねをいたします。

 平成16年度以降の事業費は約1億7,200万円であります。このように聞いております。14年度事業の予定計画は、事業内容等は広場及びアクセス道路工事とお聞きをいたしておりますが、予定計画等の内容についてお聞かせをいただきたいと思います。

 それから、駅前の駅のちょうど駅広場の南側の総社市の土地があると思いますが、駅前広場等によりまして移転をしなくてはいけない方々に買収をしていただくようなお話ですが、土地の面積は何?か、そして地形がどうか、間口、奥行きと何人の方々がその土地に行かれるのか。複数であるならば、1件当たり何?ぐらい、あるいは坪単価で幾らで買ってもらうようにお願いを今現在しておるのか。そして、立ち退きをしなくてはいけない、そこで現在商売をしておられる方々がおられると思いますが、今現在どこまで話が進んでいるのか、了解が得られているのか、お伺いをいたしたいと思います。

 それから、2番目の総社駅南地区の土地区画整理事業についてでございます。

 市長もこれまた簡潔にいろいろちびっとお話をされましたが、非常にこれでは事業が今とまりつつある現状をよく認識されておらないようであります。

 私は、先ほど言いましたように、区画整理事業が周辺から集落の中に入り、家の移転等が非常にこれから多くなってまいりますので、道路の築造、上・下水道の整備等、事業そのものが多岐にわたり、関連をする事業、近所隣の方々が協力をしながら工事に着手をしなくてはいけない事柄がこれから起きてきておりますし、現在も起きております。街区街区で集まっていただき、事業内容等十二分に説明して、お互いに地域の方々が不信感を抱かないよう、人間関係が近所隣で悪くならないよう、そして事業が効率よくできるように順序を間違えないよう進めて、最少の経費で最大の効果が上がるように、そのためにもさきに言ったことがございますが、事業に対する調整課といいますか、調整係といいますか、そのような機構を設けて、責任者を置いて各課が連携を取りながら事業を進めていくことがむだな経費を少しでも少なく済むことになろうかと思いますし、事業がスムーズにいくこと、地域の方々がお互いに不信感を抱かずに、事業が円滑に進捗し、すばらしいまちづくりができるのではなかろうかと思います。そのような課あるいは係を設けて市長は取り組む考え方はございませんか。

 事が起きて審議会の方へお話をする、あるいは地元の方へ一軒一軒説明をする、地権者とよく話をこれからしていくんだということはよくわかるわけでありますが、市長御存じのように、一つの街区の中に五、六人おるわけ、あるいはそれ以上の方もおるかもわかりません。あるいは、隣に道路、水路、あるいは近所隣にいろいろとお話をしながら事業に着手をしなくてはいけない。各家ごとに調査をされ、あるいは調査をした結果、おたくの家の移転補償はこうですよという家もありますし、しとらない街区の中にもおられるわけであります。そこらあたりをあそこの家は何をしとるんかなあ、うちは聞いておらんが、あそこは調査して、はあ済んどる、うちには済んどらない、あそこははあ家をいろうてもらようる、上・下水道はどうなるんかなあということに今現在なっておるわけであります。街区街区に集まっていただきまして、市の方から出向いて、お互いにここの家はこういうふうな事情でこういうふうに先にやらしていただくとか、あるいはここの家については今上・下水道等の問題等いろいろ個々によって考え方あるいは取り組み方が違うわけであります。そういうことの手だてを市が今までしておらない。街区街区で順序よく東から西へ行くならば、西から東へ工事を進めていく、あるいは北の方からその方へかかっていくということができておらない。街区の中心部を計画外のことができており、あるいは計画をしとってもその周辺の方は全然相手方がしておることが認識をされておらない、こういうことになるし、今さっき言いました事業そのものが非常にむだが多過ぎるというふうな声がしきりに出てくるわけであります。文化財調査をする、あるいはそこを埋める、ほったらまた次の上・下水が来てうがす、あるいは今度は道路の整備をする、水路をつける、いろいろむだな経費がかかっておるということを地域の地権者の方が非常に関心を持っておるわけであります。上・下水道が非常に予算が莫大にかかるわけであります。そのあたりも道路を築造しながら上・下水道を埋設し、あるいはその前に家を動いていただかなくてはいけない。それがお互いに関連を持ち、お互いに連動しながら事業が進んでいくわけであります。その流れが、私が言いましたそういう調整係といいますか、調整課といいますか、そういうものがだれか一人、県の方から出向いていただくか、あるいは市の内部の方から一人責任者を決めて、上水、下水あるいは都計、区画、土木、そういうものを指示、いろいろな事業そのものを把握しながらお互いに連携を取っていくリーダーがおらない。各課のリーダーはおりますけれども、そういう点について取り組む姿勢はあるかないか、再度お伺いをいたします。

 それから、私はこの6月議会でも言いましたように、税の考え方であります。

 この点については、市長は非常に簡潔におっしゃったわけでありますが、私はもうちょっと具体的なお話ができておるかなあと、各課で連携、区画整理内であるいは税務課あるいは税務署等へ御相談へ行って、どういう手だてが、あるいはよその市町村等についてこういう事例がある場合はどういうふうに対処したか、地権者に対し税を返しておるか、あるいは農作の補償で対応しておるかということについていろいろと取り組み方が私はできておると、こういうふうに今さっき言うたわけであります。

 私は、この6月議会で言いました事柄について、あるいはこの15年度の税は平成15年1月1日から始まっておるわけであります。今9月であります。その間に税が間違っておる、これは直していただきたいというお話は本年15年に入りましていろいろと指摘を受けたから言っておるわけであります。この取り組み方が、私が前6月議会で再三言いますように、質問して、そのときに薬師寺部長は、早急に手だてをする、対応する。その対応を最近になってしていただいたわけでありますので、この場でどのような対応をしていこうとしているのかお示しをいただかなくては、地権者に対し申しわけがない。

 私は、この問題等について、中村は税の問題あるいは区画の問題しつけえ、こういうような声も聞いておるわけでありますが、全然対応が遅過ぎるし、今さっき言いました区画整理事業というのは、52.2haを市民の皆さん方の3割の減歩をお願いし、まちづくりを進めておるわけであります。その中で、間違いがあるという指摘を私はしたわけであります。市長は、もうちょっとこの税に対する考え方、私の言いますように、今道路とか水路、不特定多数の者が使っておるものについて、税がかかる、仮換地指定をしとると、そこまで税をかけとるから返していただきたいとこう言う。

 今までは農業補償といいますか、所得、農業所得はあの地域で平均が約6万4,000円であろうかと思います。あの地域の固定資産税、都市計画税、これを合わせますと約8万円であります、10a当たり、1,000?、8万円であります。そのように伺っている。そうすると、税は8万円、農業所得は6万4,000円、1万6,000円の差があるわけであります。今までは農業所得がかなり高かったわけでありますが、税と農業所得とが逆転をしたわけであります。このことについて、どのような手だてでこの1万6,000円の補償を手だてをする。税が8万円、農業所得が6万4,000円、1万6,000円差がある。これを農業補償で税に見合うものを補てんしようとするならば、国民健康保険税、所得税、市県民税等がかかるわけであります。税が上がると、そういうものまで響いてくる。農業補償でそれを対応していくのか。今本年15年度の予算の中に300万円ほど予算を補償費で組んでおります。これは農業補償の300万円ではなかろうかなと、このように。税を戻していただきたい、区画整理内で使えない、私の土地はここへ既に換地を切っておられるとこもあるし、切っておらないとこもある。仮換地指定をしとるとこもあるし、しとらないとこもある。従前地の土地が1反ありましたと、1,000?ありますと。そうすると、平均3割ですから、1,000?が700?であります。その中、3カ所ぐらいこの700?が飛んで3カ所にいとるわけであります。1カ所はできとるかもわかりません。2カ所は全然手がつけてない。それが従前地の面積に対し、1,000?に対して税を課せる。これはそれに対し農業補償でいくのがいいか、あるいは税を全部戻すのがいいのか、ここらあたしもひとつよく検討をしていただきたいと、こう私は言うた、前。ほしたら、市長、全然そのことについてお触れにならない。

 それから、15年度だけではありません。12年、13年、14年についても農地は農業補償をしとります。宅地とか畑は補償はしとらないわけであります。そういう人がおられる。税を返していただきたいと言う。市がもしこういうことになると、どうですか、相手の立場に立って考えると。いや、私が、そうすると15年度はこういう方向づけで今まで皆さん方に大変御迷惑かけた、税に対し、使えない土地まで従前地で税をかける。行き先が決まっておれば、整地もできておれば、ここへ行てください。ほったら、税を課せるのはわかるわけでありますが、全然行き場所のない、手だてができとらないやつを従前地でかけるから問題ができてくる。今さっき言いました12年、13年、14年については、このように税をかけておるから、この人についてはここの地名、地番、面積を入れて、これだけの税がかかっておりますと。これは大変間違っておりますと。お返ししましょう。15年度は農業補償でいくのか、税を今まで前納しとる人もおりましょうし、分割で払っておられる人もあるかもわかりません。そういう人について税を返すのがいいのか、農業補償で返すのがいいのか、補てんするのがいいか。今さっき言いました8万円と6万4,000円、その差額について補償費で払うのがいいのか、補償費で払うと、国民健康保険税、市県民税などへ響いてくるわけであります。農業所得として上がってくるからそういうことが生み起きるわけであります。

 16年度に入りますと、今度はこういうふうなことにいたしますと、区画整理内の税はとめるとか、これについては農業補償で対応するとか、きちっとした考え方が全然できておらない。そういうことの手だてが地権者には今まで全然説明がなかった。区画整理でおたくの土地がありました。ほったらここへ行きます、ここへ行きます。農家の方もどこへ土地が飛んでおるのやら、これは税がかかっておるのやらどうやらわからないという人が大分おられるわけであります。それがゆえに15年度についてはこうでした、16年度はこういうふうな手だてを、区画整理内は補償とか、税についてはこういうふうな取り組み方をしていくんだというふうな考え方が各課で調整をしながら地権者に対し説明していく義務があろうかと思います。そうしないと、今は52.2haはあくまでも計画であります。よその区画整理事業は、52.2haなら52.2haを全部包囲網をかけるわけであります。仮換地指定もきちっとする、おたくの土地はここへ行きますと。今はここへ行きますというのは計画であります。あくまでも計画であります。総社市の場合は、部分的に仮換地指定をし、使用収益の停止をかけて、そのところを工事をすると。ここが済むと、今度はこちらをかける。へえで、今度はこちらで工事をしていく。こういうことに今なっておるわけであります。そこらあたしをよく十二分に認識されまして、再度お尋ねをいたします。きちっとした御答弁をお願いをいたします。



○議長(萱原潤君) この際、しばらく休憩をいたしますが、当局におかれましては、先ほどの御質問者の質問は非常に多岐にわたり、なおかつ14年度の決算にも及ぶような範疇もございますし、整理整とん、精査を十分になさって、簡潔な答え、明確な答えができるような御準備を願いたいと思います。

 10分程度休憩いたします。

              休憩 午後3時9分

              再開 午後3時21分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 答弁を願います。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 19番中村議員の御質問にお答えをいたします。

 駅前広場の事業についてでございますけど、担当部長の方からお答えをさしていただきます。ただし、現時点でいまだ買収ができていないものについては、その予定金額等については情報公開条例においても非開示となっておりますので、その辺については御容赦願いたいと思います。

 次に、駅南地区の土地区画整理事業についてでございます。

 これについていろいろ御意見、見解を述べていただきましたが、拝聴いたしました。最少の経費で最大の効果が上がるようにさらに努力をさしていただきたいと思います。

 なお、従前地も仮換地先とも何年間も使用及び収益ができないものについてはどうするんだということの御指摘でございますが、来年度以降につきましては、税の減免もしくは非課税という方向で検討させていただきたいと、このように考えます。



○議長(萱原潤君) 建設部長。

 建設部長に申し上げますが、補足答弁、できるだけ答弁漏れのないように落ちついて願います。

              〔建設部長 薬師寺主明君 登壇〕



◎建設部長(薬師寺主明君) 19番中村議員さんについてお答えを申し上げます。

 まず、駅前広場の事業でございますが、先ほど市長も答弁なされておりますが、現在家屋移転というんですか、物件移転交渉に入ってございまして、鋭意努力いたしております。この事業につきましては、平成16年度までに完了ということで、これを完了させないと岡山国体までに間に合わないという時間的な制約もございますので、鋭意努力してまいりたいと、このように考えておるところでございます。

 それで、駅前広場事業の事業計画でどのような状況かと、こういうことの御質問であったかと思います。

 14年度までに約10億800万円の費用を投入いたしております。これにつきましては、JR貨物の土地1,655?、このJR貨物といいますのは、どういいますか、昔日通がおったところ、ここの用地等でございまして、1,655?を買収をいたしております。それから、JR西日本、これにつきましては吉備線の最終が入ってくる東側、どういいますか、ちょっと細長いところの用地等を約490?をJR西日本から買収をいたしておりまして、その総合計が、先ほども出ておりましたが、10億800万円と、こういうことでございます。

 それから、今年度の事業につきましては、先ほども申し上げましたように、家屋移転なり物件移転と、こういうようなことで対応をしてまいりたいと、このように思っておるところでございます。

 それから、駅のところで市が用地を確保しとる面積は幾らかということの御質問があったかと思いますが、約1,300?ということで、ここへ今ある建物の移転先をそこへ行っていただこうと、こういうことで約1,300?の用地を用意をいたしておるとこでございます。

 この間口というんですか、これは東西に48m、南北に約24m、これは正式にいうと1,300?に恐らくなると思いますが、そのようなことで用地の手当てはいたしておるところでございます。

 今年度、先ほど言いましたように、物件につきましては鋭意努力してまいって、3月31日までにはすべて完了と、このようにしてまいりたいと、このように思っておるとこでございます。

 次に、駅南土地区画整理事業のことにつきましてでございますが、6月の市議会で私が検討をするという発言を実はいたしておるとこでございます。今まで内部で検討もいたしました。これに時間を要したことについてはおわびをいたすところでございます。今後ともこういうことについては早急にするものはしていきたいと、このように思っているとこでございます。

 駅南地区土地区画整理事業につきましては、今後の取り組みと、それから税につきましては、先ほど市長が申し上げましたから、これは答弁は差し控えさしていただきますが、区画整理事業につきましては、地元の人に説明会とかということがちょっと不十分ではなかったかと、こういう御指摘も6月にいただいておるとこでございます。その後、内部でも検討し、審議会とも協議いたしました。まず、審議会に諮りまして、審議委員の意見なり、地元の関係者の意見を尊重しつつ事業を進めていくということで、まず審議会を開いていただきまして、そこで決定をしていただく。それに決定に基づきまして、街区といいますか、それぞれの地権者に対しまして地元説明会をしていくということでございます。この地元説明会につきましては、まだ審議会を開いてございませんが、地元の審議委員さんも同席していただこうと、このようなことも審議会へ説明して御理解をいただこうと、このように思っておるとこでございます。

 それから、計画どおり進行していないということでございますが、計画どおりというのは予算上のこともございますし、いろいろなことございまして、計画どおりということはなかなか非常に至難なことがございます。しかし、平成18年度事業完了ということは念頭にはございます。6月の議会でも申し上げとるとおり、県とも従前には協議もし、今後これを事業計画の変更と、こういう方向にも持っていきたいと、このように思っておるとこでございます。

 それから、区画整理事業をしていくとむだが多いのではないかと、こういう御指摘もございました。事実手戻り等々も絶対ないということではございません。我々も最少の経費で最大の効果ということで、これもやはり我々も見直して、そのようなことのないように十分注意をしてまいりたいと、このように思っておるとこでございます。

 それから、手戻りと同じことなんでございますが、掘り返しをすると。上水道が入るとか、下水道が入るとかというようなこと、これにつきましては従前も関係各課と事前に協議はいたしておりますが、再度そういうことのないように十分注意を払って事業を進めてまいりたいと、このように考えておるとこでございます。

 以上であったかと。

              (「各課の連携を取りながら調整課をつくっていくということの答弁は」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 調整係的な人員の専属はお考えかという御質問だったと思います。



◎建設部長(薬師寺主明君) (続)この調整というのは、私が今ここで調整課とか、調整参事とかということにはお答えはできませんが、先ほど言いましたように、関係各課とそういう事業の着手前、十分協議をしてまいりたいと、このように思っておりますので、御理解と御協力を賜りたいと思います。

 以上でございます。

              (「調整係は、市長に聞きたい」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 命によっての答弁ですから、今の答弁をもってお答えと御理解いただきたいと思います。

 19番中村吉男君。

              〔19番 中村吉男君 登壇〕



◆19番(中村吉男君) 御答弁をいただきましたが、まだ答弁漏れが私に対しては非常に多いと、このように認識をいたしております。

 私は、駅前広場の事業、このことについても非常にまだ相手方にいろいろお話をしておる段階であるので、金額的なものは言えないと、こういうこともあろうかと思います。

 私が今お聞きをいたしておりますのは、いろいろと駅前整備について、地域の方に非常に多大な御心配をかけ、2件あるいは3件あるかもわかりませんが、そこを総社市が一たん買収をする、そして今度新しい、今さっき言いました、駅の広場の南に今1,300?と、こうおっしゃいましたが、そこへ行っていただくんだと、こういうことであります。今交渉中であると、こういうことでありますが、私は、その中であそこのビルを借って商売をなさっているお方についてはいかがなものかなあと。お話もできて、理解ができておるか、今現在どうなっておるかということもあわせて聞いたわけであります。

 やから、1,300?の中に、極端に言えば、名前言うてどうかと思いますが、予定ではアラキビル、ニュー吉備路ではなかろうかなあと、このように思っておるわけであります。そこの建物の中にいろいろと商売をなさっておるお方もあろうかと思います。その現状はいかがかと、こういうことも聞いたわけでありますが、答弁がないようであります。

 私は、駅前広場事業については、今後広場の整備あるいはアクセス道路、観光案内所あるいはトイレ、バス、タクシーの乗降場あるいは駐輪場、駐車場等の整備を平成16年度中の事業完成を目指して、関係者に対し鋭意努力をされておると思いますが、そこらあたしの関係をいま一度お示しをいただき、引き続き御理解、御協力をいただきながら、総社市の表玄関となるべくすばらしい駅前広場ができますように切に希望しておきます。

 それから、区画整理の進め方でありますが、私は今いろいろと問題が区域内であちこちで起きて、事業がとまる寸前まで来ておるから、私が危機感を感じておるから、私もその御意見を聞きながら、相手あるいは市の方へお願いをしておるわけであります。非常に取り組み方が遅過ぎると、この指摘であります。そして、今私がさっき言いましたいろいろな事業に対し、駅南区画整理事業に対し、順序よくいとらない事柄が非常に多過ぎるということを私は先ほど言ったわけであります。これが解決しないならば、駅南区画整理事業が今後とまることに相なると言っても過言ではない。既に今とまっておるわけですから。そういうことの危機感をよく認識されて、私もお話をする、御理解を願うべく意見を聞きながら調整を市の職員とともどもにしなくてはいけない。事業がとまっては困るわけであります。

 そういうことから、私が今さっき調整課か調整係というものを設置をしながら、お互いに調整課の責任者が各課を呼んで、連携を取りながら事業を邁進すると。早いうちに、完成目途は平成18年であります。これは若干延びるかもわかりませんという6月議会の答弁でありましたが、そういう調整係といいますか、そういうものをしなくては事業がこれから先行きませんよと、こう。助役さんはこういうことについて各課を呼んで、調整をされておると思いますが、助役の考え方をお聞かせをいただきたい、このように思います。

 そして、調整課あるいは調整係はこしらえずにスムーズに事業がいくと思うならば、それで結構。職員が日夜を徹して皆さん方にお願いし、事業の進め方あるいは地元説明会あるいは審議会等についてもお話ししながら同席をしていただいて、いろいろと事業に着手をこれからしていくんだというお話もありました。それで果たしていいスタイルになるかならないか。努力をする、御理解をいただきたい、この御理解というのが非常に私は耳ざわりになるわけであります。よくそういうことの御理解がいただけるようなことであるならば、事業はスムーズにいくわけであります。

 それから、税の問題でございます。

 この問題等については、市長は、16年、税の減免、非課税にしていくんだと、こういうことであったようであります。私は、15年度については、薬師寺部長は鋭意努力する、早急に手だてをする。今結論がいろいろと、私がお話を聞いとる中身を全然言わない。15年度はどういうふうにするんだというある程度の税務署にも御相談し、あるいは税務課とも相談をしながら、この手だてがいいんだろうか、あるいはこういう手だてがいいんだろうか、この手だてでいくと、これとこれとこれとが生み起きてくる、これについてはこっちの方へ波及してくる、こういうことが生み起きてくるわけであります。私は、全部件数、戸数、金額も全部把握をしておりますが、ここであえて言いませんが、言うと大変なことになる。その後15年度はどうするんだと言えば、返答がない。16年度は税の減免をする、あるいは非課税にする。15年度を私は今聞いておるわけであります。16年度についても、15年度はこういうふうにした、16年度はこういうふうにしていくんだという考え方は16年度は聞いたわけでありますから。

 もう一点、12年、13年、14年についてどう手だてをしていくのか、こういうことであります。この答弁はないわけであります。もし税に対し市民が税を納入期限までに納めなかった場合、延滞金、督促手数料と徴収がされるわけであります。それには利息がつくわけであります。17.6でしたか、4でしたか、令書の裏側に書いてございます。もし税を滞納するならば、督促手数料も要るわけであります。総社市は、速やかにあらゆることについてなぜ是正できないんですか。権利ばかり市民へ主張し、義務を果たさない。税を納めなかったら滞納金とか督促手数料を取る。間違っておれば返すのが当たり前。これを返さずにこらえていただきたいというふうなことに、今返答がないということになると、私が言います12年、13年、14年、15年もこらえていただきたい、こういうことになるんか、ちっともわからない。一生懸命私は言う。市民がこれをきょうのケーブルテレビ見る。もうきょう何時に放映されるかわかりませんが、非常にうちの方は普及しております。この税の問題等について非常に不信感を持っておられる。これは私は6月あるいは今議会でもやっておるわけで、その答弁がない。権利ばかりかざして、相手の立場に立って物事の手だてをする、この気持ちがないわけであります。この点について再度お尋ねをいたします。12年、13年、14年、15年はどう手だてをしていくか、再度お尋ねをいたします。

 私は、常々言っておりますように、相手の立場に立って事業を進めるようにと再三言ってまいりました。駅南区画整理事業の件についても、以前から話をしましたように、関係地権者に対し、協力をいただいている方々に対し、仕事をさしていただいているんだという気持ちを持って、誠心誠意話をしながら、信頼していただけるような人間関係を持ち、信用が得られるように権限を持って振りかざすことのないように、補償あるいは金額を支払ってしてあげているんだというふうな気持ちで人に接するのではなく、相手の立場を十二分に認識され、駅前広場、駅南区画整理事業、あらゆる事業に対応をしていくように、地域の方々から権限をかざして話をしてくるというお話をよく耳にいたします。今後においては、このような態度、姿勢を改め、地域の方々から関係者、行政が一体となって、まちづくりあるいは事業にみんなが一緒になって、住みよい環境のまち、住んでよかった総社市、住んでみたい総社市の実現のために、地域の方々が一体となって今後も頑張ってまちづくりを進めていきたい、この気持ちで燃えておるわけであります。よろしくお願いをします。



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 19番中村議員の御質問にお答えをいたします。

 総社駅前広場事業については、おっしゃるように、本市の表玄関となるようにこれからも努力をしてまいりたいと思いますし、関係の方々の、特に地権者の方々の御協力を切にお願いをいたしたいと思います。

 総社駅南地区土地区画整理事業については、調整のことをおっしゃったわけですけど、何と申しましても区画整理課が中心でございますので、そこを中心に関係各課の連携と協力体制をもって取り組んでまいりたいと、一層の連携強化を図ってまいりたいと、このように思います。

 そのうち御指摘の従前地も仮換地先とも今使用できておらない方については、他市の事例等も研究しながら慎重に検討してまいりたいと思いますけど、先ほど申し上げましたように、来年度以降につきましては減免もしくは非課税という措置を考えてまいりたいと、このように思っておるところでございます。

 今までに納めた13年、14年度はどうだということになりますと、この税の還付は法律上できるようになってませんので、これについてはひとつお許しいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(萱原潤君) 助役。

              〔助役 國府久倶君 登壇〕



◎助役(國府久倶君) 中村議員の質問のうち、調整課、調整係を設けて、スムーズな事業を施行するようにというような助役の考え方を求めておられる御質問でございますが、先ほど市長が答弁を申し上げましたとおりの考え方でございます。

              (「まあ、助役、よう調整をとっておくれえ、各課とな。課を設けえでもええけえ、調整をとってください。へえで、市長、ちょっと聞きたい」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) うん。

              (「議事進行」と呼ぶ者あり)

 議事進行についてですか。

              (「はい」と呼ぶ者あり)

 何でしょうか。

 19番中村吉男君。



◆19番(中村吉男君) (自席発言)今さっき15年度の答弁がない、税の問題で。



○議長(萱原潤君) 15年度に限りですね。



◆19番(中村吉男君) (続)そう、12年、13年、14年はもういけない。



○議長(萱原潤君) わかりました。

 はい、議事進行として取り上げます。

 15年度についての税の考え方について答弁を願います。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 15年度の税の関係についても、この関係についても既に納められた方もおられることでしょうし、基本的に税の還付ということはできないように法律上なっておるということでございますので、16年度から考えさしていただくということで御理解を賜りたいと思います。



○議長(萱原潤君) 中村吉男君、何でしょうか。

 再質問ですか。

              (「そうです」と呼ぶ者あり)

 簡潔に願います。

 登壇を願います。

 19番中村吉男君。

 既に規定の回数を過ぎておりますので、極めて簡単に願います。

              〔19番 中村吉男君 登壇〕



◆19番(中村吉男君) 非常に失礼をいたします。15年度については、その前、14年、13年、12年については戻すようになっておらない。15年度については、農業の補償等が生み起きてくると思うわけであります。宅地あるいは畑等については税が課せられて今おるわけ。農業については農業休業補償で対応していこう、こういうことで理解してよろしいか。あるいは、宅地あるいは畑等については、今納めとるものについては返すことにはできないが、これから納めるものもまだ残っておるわけであります。そのあたしをお聞かせをいただきたい。



○議長(萱原潤君) 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 19番中村議員の御質問でございますが、今年度について、補償については見直しをして考えてみたいと、このように思っております。ただし、税の還付とか減免とかということにつきましては16年度以降の対応、やるとしても16年度以降しかできないということでございますので、御理解賜りたいと思います。



○議長(萱原潤君) お諮りをいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本日はこれをもって延会することに決定いたしました。

 本日は、これをもって延会いたします。

              延会 午後3時52分