議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 総社市

平成14年 9月定例会 09月25日−04号




平成14年 9月定例会 − 09月25日−04号







平成14年 9月定例会



          平成14年9月定例総社市議会会議録(第4号)



             〇平成14年9月25日(水曜日)

1. 開 議 平成14年9月25日 午前10時 0分

2. 閉 会 平成14年9月25日 午前11時38分

3. 出席または欠席した議員の番号及び氏名

   出席議員

   1番 津神謙太郎      2番 村木 理英      3番 頓宮美津子

   4番 橋本  茂      5番 小西 利一      6番 片岡 茂夫

   7番 多田 英章      8番 澁江 文男      9番 名木田正昭

   10番 秋山  聖      11番 加藤 保博      12番 光畑嘉代子

   13番 笠原 武士      14番 神崎  干      15番 松浦 政利

   16番 荒木 勝美      17番 山口 久子      18番 金池  徹

   19番 中村 吉男      20番 萱原  潤      21番 丹下  茂

   22番 西森 頼夫      24番 服部 剛司

   欠席議員

   23番 岡本鹿三郎

4. 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名

   議会事務局長  塩 尻    司    同   次長  久 保    豪

   同 議事係長  三 村  和 久    同議事係主事  宇 野    裕

5. 説明のため出席した者の職氏名

   市長      竹 内  洋 二    助役      國 府  久 倶

   収入役     木 口  博 元    総務部長    守 長  健 尚

   生活環境部長  友 野  二 男    保健福祉部長  大 村    稔

   経済部長    秋 山  庄司郎    建設部長    薬師寺  主 明

   消防長     高 田    稔    教育長     ? 田  交 三

   教育次長    本 行  輝 二    総務部次長兼総務課長

                               丸 山  光 雄

   代表監査委員  的 場  英 止

6. 本日の議事日程

   第1 各委員長報告──審議──議決

   第2 継続審査申出の件

   第3 議案第75号〜議案第77号上程──提案理由の説明──質疑──討論──採決

   第4 同意第8号上程──提案理由の説明──質疑──討論──採決

   第5 意見第3号及び意見第4号上程──提案理由の説明──質疑──討論──採決

7. 付議事件及びその結果

   承認第 8号 専決処分の承認を求めることについて(総社市税条例の一部改正について)

                                  承    認

   承認第 9号 専決処分の承認を求めることについて(損害賠償の額を定めることについて)

                                  承    認

   認定第 1号 平成13年度総社市一般会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 2号 平成13年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 3号 平成13年度総社市総社駅南地区土地区画整理事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 4号 平成13年度総社市公共用地等取得事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 5号 平成13年度総社市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 6号 平成13年度総社市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 7号 平成13年度総社市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 8号 平成13年度総社市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第 9号 平成13年度総社市国民宿舎事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第10号 平成13年度総社市公共下水道事業費特別会計歳入歳出決算認定について

                                  認    定

   認定第11号 平成13年度総社市水道事業会計決算認定について  認    定

   認定第12号 平成13年度総社市工業用水道事業会計決算認定について

                                  認    定

   議案第62号 総社市職員定数条例の一部改正について      原 案 可 決

   議案第63号 総社市国民健康保険税条例の一部改正について   原 案 可 決

   議案第64号 総社市老人医療費給付条例の一部改正について   原 案 可 決

   議案第65号 総社市母子家庭医療費給付条例の一部改正について 原 案 可 決

   議案第66号 総社市重度心身障害者医療費給付条例の一部改正について

                                  原 案 可 決

   議案第67号 総社市立保育所設置条例の一部改正について    原 案 可 決

   議案第68号 総社市親子ふれあい施設条例の一部改正について  原 案 可 決

   議案第69号 総社市火災予防条例の一部改正について      原 案 可 決

   議案第70号 字の区域及び名称の変更について         原 案 可 決

   議案第71号 岡山県広域水道企業団を組織する市町村等の増加及び岡山県広域水道企業団規約の変更について

                                  原 案 可 決

   議案第72号 平成14年度総社市一般会計補正予算(第2号)   原 案 可 決

   議案第73号 平成14年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

                                  原 案 可 決

   議案第74号 平成14年度総社市介護保険特別会計補正予算(第1号)

                                  原 案 可 決

   議案第75号 工事請負契約の締結について           原 案 可 決

   議案第76号 工事請負契約の締結について           原 案 可 決

   議案第77号 工事請負契約の締結について           原 案 可 決

   同意第 8号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについて

                                  同    意

   意見第 3号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについて

                                  推薦に同意

   意見第 4号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについて

                                  推薦に同意

8. 議事経過の概要

   次のとおり







              開議 午前10時0分



○議長(萱原潤君) おはようございます。

 ただいまの出席23名であります。欠席1名であります。欠席者のうち、23番岡本鹿三郎議員より欠席の届け出がありました。

 では、これより会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております日程表のとおり進めてまいりますので、御協力を願います。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 各委員長報告



○議長(萱原潤君) まず、日程第1、承認第8号及び承認第9号、認定第1号から認定第12号まで及び議案第62号から議案第74号までの27件を議題といたします。

 これらの件について、各委員長の報告を求めます。

 まず、総務文教委員会委員長、13番笠原武士君に願います。

 13番笠原武士君。

              〔13番 笠原武士君 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(笠原武士君) おはようございます。

 それでは、ただいまから総務文教委員会の委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件並びに継続審査となっております案件について審査するため、同月17日に本委員会を開催し、当局関係者の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、承認第8号 専決処分の承認を求めることについてでありますが、本件については、従来の制度と連結納税制度での納税額の差について、具体的事例を挙げての質疑、答弁がなされ、採決の結果、全員一致で承認すべきであると決定された次第であります。

 次に、議案第62号 総社市職員定数条例の一部改正についてでありますが、委員から「消防職員の定数を20人増員する反面、市長部局の定数を同数減員としているが、事務に支障を来すのではないか」とただしたところ、当局から「職員定数については、総数をふやさない方針であり、また市長部局の実数は定数を下回っている状況のため、市民サービスの低下といった実害はないものと考えます」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第70号 字の区域及び名称の変更についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第72号 平成14年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分でありますが、歳入歳出予算総額について、補正予算計上額が大きいことから、当初予算編成の際の基本的な考え方及び補正予算の計上方針について議論がなされたところであり、その他の部分については当局の説明を了承し、本件のうち本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、陳情についてありますが、継続審査となっております陳情第2号 有事法制関連三法案に関する陳情書及び陳情第3号 「同和地区児童・生徒の基礎調査」の廃止を求める陳情書のこれら2件については、休憩もとり、慎重に審査した結果、いずれも起立多数で継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、経済水道委員会委員長、15番松浦政利君に願います。

 15番松浦政利君。

              〔15番 松浦政利君 登壇〕



◆経済水道委員会委員長(松浦政利君) ただいまから経済水道委員会委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月17日に本委員会を開催し、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告を申し上げます。

 まず、認定第8号 平成13年度総社市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算認定について及び認定第9号 平成13年度総社市国民宿舎事業費特別会計歳入歳出決算認定についてのこれら2件については、とりたてて申し上げる質疑もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第10号 平成13年度総社市公共下水道事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「汚泥処理は民間会社へ委託した方が経費が安くなるのではないか」との質疑があり、当局から「県南の市町村で汚泥の減量化及び利用方法について研究しています。現在、汚泥の処理については、岡山県環境保全事業団へ委託して、焼却した後に固化剤によって固めて、水島沖の埋め立てに使用する方法と、広島県の東城周辺の民間会社へ委託して、自然発酵させて堆肥化する方法によって処理しています。経費的には焼却処理をしない民間会社の方が安いわけですが、広島県の東城は冬場の運搬が困難なときもあるため、夏場と冬場の搬出サイクルを検討し、経費の削減に努めています。今後とも汚泥の発生を減らす方法等を研究、検討し、努力していきます」との答弁がなされました。

 また、委員から「下水道使用料の収入未済額の主な原因は何か」との質疑があり、当局から「徴収週間等を設けて、昼夜を問わず徴収に鋭意努力していますが、昨今の経済情勢により、急激に収入が減少している世帯が増加しているため、なかなか全納に至っていない状況です」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第11号 平成13年度総社市水道事業会計決算認定についてでありますが、委員から「水道料金の不納欠損の状況と滞納状況はどうか」との質疑があり、当局から「上水道料金の未収金等については、今までも各戸訪問徴収等で鋭意努力していますが、年々増加しているのが実情です。水道事業経営の根幹となる使用料ですので、深刻に受けとめ、負担の公平等からもこの解消の一層の努力をしていかなければならないと考えています。今後は、まず本年12月末までの間、職員4班編成により、収納率向上のため重点的に戸別徴収に当たる計画にしております」との答弁がなされ、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第12号 平成13年度総社市工業用水道事業会計決算認定についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、承認第9号 専決処分の承認を求めることについてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で承認すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第71号 岡山県広域水道企業団を組織する市町村等の増加及び岡山県広域水道企業団規約の変更についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第72号 平成14年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、本件のうち本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、請願についてでありますが、請願第4号 米価暴落と減反拡大の最大原因「ミニマム・アクセス米」(外米)の削減・廃止を求める請願書については、休憩もとり、慎重に審査した結果、さらに検討の必要があることから継続審査と決定し、別途継続審査の申し出をいたしておりますので、申し添えておきます。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、厚生委員会委員長、21番丹下茂君に願います。

 21番丹下茂君。

              〔21番 丹下 茂君 登壇〕



◆厚生委員会委員長(丹下茂君) ただいまから厚生委員会委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月18日に本委員会を開催し、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、認定第2号 平成13年度総社市住宅新築資金等貸付事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「住宅新築資金等貸付金の収入未済額が多くなっているが、その解消はどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「個々に内容を分析し、文書による催告、戸別訪問等によりその解消に努めております。今後においても収納率の向上のために努力していきたい」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第5号 平成13年度総社市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「国保税の未納者に対して保険証をとめた例があるか。また、滞納者への対応はどのようになっているのか」とただしたところ、当局から「現在のところ保険証をとめた例はありません。また、滞納者については、短期被保険者証の発行など、あらゆる機会をとらえて収納率の向上に努力してまいりたい」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第6号 平成13年度総社市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本件については、質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第7号 平成13年度総社市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「少子・高齢化が進展している中で、安易に保険料を上げることに不安を感じている。今後の保険料の見通しはどうか」とただしたところ、当局から「3年ごとに見直しをしておりますが、サービス費並びに老人の方がふえていることから、今の状況では上げざるを得ないというのが実情であります」との答弁がなされました。

 そのほかにも、特別養護老人ホームへ1人入所した場合の1人当たりの保険料について質疑、答弁がなされたところであります。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第63号 総社市国民健康保険税条例の一部改正について、議案第64号 総社市老人医療費給付条例の一部改正について、議案第65号 総社市母子家庭医療費給付条例の一部改正について及び議案第66号 総社市重度心身障害者医療費給付条例の一部改正について並びに議案第67号 総社市立保育所設置条例の一部改正についてでありますが、これら5件については、いずれも質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第68号 総社市親子ふれあい施設条例の一部改正についてでありますが、本件については、とりたてて申し上げる質疑もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第72号 平成14年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、第3款民生費、第2項児童福祉費、第2目児童措置費、第20節扶助費について、委員から「母子生活支援施設入所者措置費の140万円の具体的な使途はどうか」との質疑があり、当局から「最近問題になっている配偶者からの暴力(ドメスティック・バイオレンス)により、行き場がなくなった妻子の支援施設への入所措置費です」との答弁がなされました。

 そのほかにも、市民健康意識調査委託料についての質疑、答弁がなされたところであり、その他の部分については当局の説明を了承し、本件のうち本委員会の所管に属する部分については、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第73号 平成14年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)及び議案第74号 平成14年度総社市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、これら2件については、いずれも質疑、討論もなく、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果についての報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、建設消防委員会委員長、14番神崎干君に願います。

 14番神崎干君。

              〔14番 神崎 干君 登壇〕



◆建設消防委員会委員長(神崎干君) ただいまから建設消防委員会委員長報告を申し上げます。

 去る9月12日の本会議において付託されました案件について審査するため、同月18日に本委員会を開催し、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査経過の概要と結果について御報告申し上げます。

 まず、認定第3号 平成13年度総社市駅南地区土地区画整理事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「一般会計から3億6,500万円を繰り入れているが、その内容はどうか」との質疑があり、当局から「大まかに言えば、事業費に対する特定財源の補助金以外の経費分、約2億2,000万円、人件費相当分、約1億円、起債に対する公債費分、約3,500万円であります」との答弁がなされました。

 また、委員から「中央保育所及びサンワーク総社の仮換地はどのようになっているのか」との質疑があり、当局から「現在の保育所用地は2,090?ですが、仮換地によって極端に減ることはありません。また、サンワーク総社の駐車場については、総社市労働福祉会館の南側に仮換地として駐車場用地を確保しております」との答弁がなされました。

 以上が論議された主な部分であり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、認定第4号 平成13年度総社市公共用地等取得事業費特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、委員から「公共用地の取得に当たって、国・県の補助制度はないか」との質疑があり、当局から「現在のところ、補助制度は特にありません」との答弁がなされたところであり、本件については、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第69号 総社市火災予防条例の一部改正についてでありますが、とりたてて申し上げる質疑もなく、本件については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 次に、議案第72号 平成14年度総社市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会の所管に属する部分についてでありますが、とりたてて申し上げる質疑もなく、本件のうち本委員会の所管に属する部分については、当局の説明を了承し、採決の結果、全員一致で原案を可決すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 次に、一般会計決算審査特別委員会副委員長、17番山口久子さんに願います。

 17番山口久子さん。

              〔17番 山口久子君 登壇〕



◆一般会計決算審査特別委員会副委員長(山口久子君) ただいまから一般会計決算審査特別委員会の審査経過並びにその結果について御報告申し上げます。

 なお、本日は委員長が欠席のため、総社市議会委員会条例第12条第1項の規定により、副委員長の私が委員長報告を申し上げます。

 本特別委員会は、御承知のように議長を除く全議員をもって構成された特別委員会でありますので、この報告の内容も極めて簡単にその概要のみを申し上げますので、御了承願います。

 本特別委員会は、認定第1号 平成13年度総社市一般会計歳入歳出決算認定についてを審査するため、9月12日、本会議において設置され、同日、本特別委員会が開催され、委員長に岡本鹿三郎議員が、副委員長に私、山口の両名が選出された後、直ちに議案の審査に入り、さらに慎重を期して審査するため、各常任委員会を単位とする四分科会を設置し、それぞれ分担部分を審査することにいたしたところであります。

 そして、各分科会が同月17日、18日にそれぞれ開催され、当局関係者並びに監査委員の出席を求め、説明を聴取し、慎重かつ詳細な審査を行ったところであります。

 さらに、同月24日に再開された本特別委員会で各分科会委員長から審査の概要と結果の報告がなされたところでありますが、各分科会の内容は既に御承知のとおりでありますので、この際省略させていただきますので、御了承願います。

 次に、各分科会委員長報告に対する質疑、討論に入りましたが、本件については、質疑、討論もなく、採決の結果、全員一致で認定すべきであると決定した次第であります。

 以上で、本特別委員会の審査経過の概要と結果について報告を終わります。



○議長(萱原潤君) 以上をもって、各委員長の報告は終了いたしました。

 ただいまの各委員長報告に対する質疑がありますれば、議会事務局に通告用紙がありますので、通告を願います。

 この際、しばらく休憩いたします。

              休憩 午前10時27分

              再開 午前10時27分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これよりただいまの各委員長報告に対する質疑に入るのでありますが、質疑がないようでありますので、これをもって各委員長報告に対する質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、承認第8号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって承認第8号の討論を終結いたします。

 これより承認第8号 専決処分の承認を求めることについてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は承認であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり承認されました。

 次に、承認第9号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって承認第9号の討論を終結いたします。

 これより承認第9号 専決処分の承認を求めることについてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は承認であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり承認されました。

 次に、認定第1号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第1号の討論を終結いたします。

 これより認定第1号 平成13年度総社市一般会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第2号から認定第4号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第2号から認定第4号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより認定第2号から認定第4号までの3件を一括採決いたします。

 これら3件に対する各委員長の報告は認定であります。これら3件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、認定第2号から認定第4号までの3件については、各委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第5号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第5号の討論を終結いたします。

 これより認定第5号 平成13年度総社市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第6号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第6号の討論を終結いたします。

 これより認定第6号 平成13年度総社市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第7号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第7号の討論を終結いたします。

 これより認定第7号 平成13年度総社市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がございますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第8号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第8号の討論を終結いたします。

 これより認定第8号 平成13年度総社市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第9号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第9号の討論を終結いたします。

 これより認定第9号 平成13年度総社市国民宿舎事業費特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は認定であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり認定されました。

 次に、認定第10号から認定第12号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって認定第10号から認定第12号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより認定第10号から認定第12号までの3件を一括採決いたします。

 これら3件に対する委員長の報告は認定であります。これら3件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、認定第10号から認定第12号までの3件については、委員長報告のとおり認定されました。

 次に、議案第62号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第62号の討論を終結いたします。

 これより議案第62号 総社市職員定数条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第63号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第63号の討論を終結いたします。

 これより議案第63号 総社市国民健康保険税条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第64号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第64号の討論を終結いたします。

 これより議案第64号 総社市老人医療費給付条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第65号及び議案第66号の2件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第65号及び議案第66号の2件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第65号及び議案第66号の2件を一括採決いたします。

 これら2件に対する委員長の報告は可決であります。これら2件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 異議ありですか。

              (「異議あり」と呼ぶ者あり)

 はい。しばらく休憩をいたします。

              休憩 午前10時36分

              再開 午前10時37分



○議長(萱原潤君) 休憩を閉じて再開をいたします。

              (「議事進行」と呼ぶ者あり)

 24番服部剛司君。



◆24番(服部剛司君) (自席発言)今2件を一括で出されたんで、別々に採決。



○議長(萱原潤君) これより、御異議がございますので、議案第65号及び議案第66号を一件一件の採決をいたしますので、お願いいたします。

 これより議案第65号を採決いたします。

              (「ちょっとわけがわからんがな。条例を、名前を」と呼ぶ者あり)

 これより議案第65号 総社市母子家庭医療費給付条例の一部改正についてを採決いたします。

 委員長の報告は可決であります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第66号 総社市重度心身障害者医療費給付条例の一部改正についてを採決いたします。

 委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(萱原潤君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第67号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第67号の討論を終結いたします。

 これより議案第67号 総社市立保育所設置条例の一部改正についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第68号から議案第70号までの3件について一括討論に入ります。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第68号から議案第70号までの3件に対する討論を終結いたします。

 これより議案第68号から議案第70号までの3件を一括採決いたします。

 これら3件に対する各委員長の報告は可決であります。これら3件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第68号から議案第70号までの3件については、各委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第71号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第71号の討論を終結いたします。

 これより議案第71号 岡山県広域水道企業団を組織する市町村等の増加及び岡山県広域水道企業団規約の変更についてを採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第72号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第72号の討論を終結いたします。

 これより議案第72号 平成14年度総社市一般会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本件に対する各委員長の報告は可決であります。本件は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第72号については各委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第73号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第73号の討論を終結いたします。

 これより議案第73号 平成14年度総社市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件については委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第74号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第74号の討論を終結いたします。

 これより議案第74号 平成14年度総社市介護保険特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件については委員長報告のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 継続審査申出の件



○議長(萱原潤君) 次に、日程第2、継続審査申出の件を議題といたします。

 目下、審査中の事件について、お手元に配付いたしております継続審査申出案件表に記載のとおり、経済水道委員会委員長外から会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 経済水道委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、経済水道委員会委員長外から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

 この際、私より申し上げます。

 一般会計決算審査特別委員会は本日をもって消滅いたしますので、申し添えておきます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第75号〜議案第77号上程



○議長(萱原潤君) 次に、日程第3、議案第75号から議案第77号までの3件を一括議題といたします。

 では、市長から提案理由の説明を求めます。

 建設部長。

              〔建設部長 薬師寺主明君 登壇〕



◎建設部長(薬師寺主明君) 命によりまして、工事請負契約の締結について、議案第75号から議案第77号の3議案の提案理由の説明を申し上げます。

 まず、議案第75号 工事請負契約の締結についての提案理由の御説明を申し上げます。

 このたび工事請負契約を締結しようとする工事は、東総社中原線上部工新設工事であります。

 本工事の入札に当たりましては、工事の規模及び地元業者の育成等を考慮いたしまして、共同請負方式による共同企業体で施工することとし、去る8月8日にAグループ建設業者といたしまして、住友建設株式会社、極東工業株式会社、株式会社安部工業所、株式会社ピー・エス、昭和コンクリート工業株式会社、オリエンタル建設株式会社、川田建設株式会社の7社を、Bグループ建設業者といたしまして、土井建設株式会社、株式会社大伸建設工業、株式会社カザケン、株式会社山東建設、浅沼建設工業株式会社、株式会社中川組、株式会社高杉組の7社をそれぞれ予備指名をし、7の共同企業体を結成させました。そして、8月30日に本指名の通知をし、9月10日に指名競争入札を執行いたしました。その結果、株式会社ピー・エス・株式会社山東建設東総社中原線上部工新設工事建設共同企業体が、消費税を含めた価格5億3,550万円で落札いたしましたので、9月10日、同社と工事請負仮契約を締結いたしております。

 そこでこの際、この工事の請負契約を締結しようとするものでありますが、この工事の請負契約につきましては、予定価格が1億5,000万円以上であるため、総社市契約条例第2条に該当することから、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、市議会の議決を得る必要があります。

 よろしく御審議を賜るようお願いいたします。

 次に、議案第76号 工事請負契約の締結についての御説明を申し上げます。

 このたび、工事請負契約を締結しようとする工事は、井尻野中原雨水幹線築造(その5)工事であります。

 工事の入札に当たりましては、工事の規模及び地元業者の育成等を考慮いたし、共同請負方式による共同企業体で施工することとし、去る8月8日に、Aグループ建設業者といたしまして、三井建設株式会社、株式会社まつもとコーポレーション、株式会社熊谷組、蜂谷工業株式会社、前田建設工業株式会社、株式会社荒木組、アイサワ工業株式会社の7社を、Bグループの建設業者といたしまして、吉備開発工事株式会社、株式会社プラスワン、株式会社渡辺組、株式会社総社建設(後刻「株式会社総社産業」と訂正あり)、株式会社エンスイ工業、豪渓開発株式会社、矢吹工業株式会社の7社をそれぞれ予備指名し、7の共同企業体を結成させました。そして、8月30日に本指名の通知をいたし、9月10日に指名競争入札を執行いたしました。その結果、前田建設工業株式会社・株式会社エンスイ工業井尻野中原雨水幹線築造(その5)工事建設共同企業体が、消費税を含めた額1億9,110万円で落札いたしましたので、9月12日、同社と工事請負仮契約を締結いたしております。

 そこでこの際、この工事請負契約を締結しようとするものでありますが、この工事の請負契約につきましては、予定価格が1億5,000万円以上であるため、総社市契約条例第2条に該当することから、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、市議会の議決を得る必要があります。

 よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。

 済いません、訂正をさしていただきます。株式会社総社建設と申し上げたようでございますが、株式会社総社産業でございます。訂正をいたします。失礼しました。

 次に、議案第77号 工事請負契約の締結について御説明を申し上げます。

 このたび、工事請負契約を締結しようとする工事は、美袋槻線橋りょう整備(下部工)工事であります。

 入札に当たりましては、8月8日、アイサワ工業株式会社、蜂谷工業株式会社、株式会社まつもとコーポレーション、株式会社荒木組、同和工営株式会社、株式会社ナイカイアーキット、中央建設株式会社の7社を指名業者として選定し、9月12日に指名競争入札を執行いたしました。その結果、中央建設株式会社が、消費税を含めた額2億1,315万円で落札いたしましたので、9月12日、同社と工事請負仮契約を締結いたしております。

 そこでこの際、この工事請負契約を締結しようとするものでありますが、この工事の請負契約額につきましては、予定価格が1億5,000万円以上であるため、総社市契約条例第2条に該当することから、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、市議会の議決を得る必要がございます。

 これが議案を提出する理由であります。

 よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(萱原潤君) 以上でただいまの各議案に対する提案理由の説明は終わりました。

 ただいまの各議案に対する質疑がありますれば、議会事務局に通告用紙がありますので、通告願います。

 この際、しばらく休憩をいたします。約10分間。

 通告がある方は御準備を願います。

              休憩 午前10時52分

              再開 午前11時5分



○議長(萱原潤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第75号から議案第77号までの3件について、一括質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、これを許します。

 24番服部剛司君の発言を許します。

 24番服部剛司君。

              〔24番 服部剛司君 登壇〕



◆24番(服部剛司君) 工事請負契約3件につきまして質疑をさしていただきます。

 私は、工事請負契約等の入札関係、特に素人でございまして、いつも不思議に思っております件を今回もまたお尋ねをしたいと、このように思うわけであります。

 工事の額あるいは地元業者の育成の観点から共同企業体等を設置して工事をしていただくんだというようなことであります。それで、私が今回特にお尋ねしたいのは、地元業者のいわゆる、どのくらい業者があるんかわかりませんが、建設業者のランクづけというのが一応なされているんだと思うんです。そうした場合に、これは、議案第75号の地元側の業者の力からして議案第77号は地元の業者が当然できる金額ではないかなと、このように思うわけであります。それで岡山県内の業者を、この議案第77号は下倉の槻の橋でありますが、この工事には地元の人はいらっしゃらない。こういうところが、地元業者の育成というのは、地元というのが日本国をいうんか、岡山県をいうんか、総社市をいうんかわからないと。共同企業体で全国の大手のゼネコンと言われるんか、いわゆる大手ですね、それと地元をかますのに、地元の業者というのはどの程度の力の人を入れりゃその地元業者の育成になるんか。議案第77号の槻のこの工事を見れば、岡山県の人ばっかりで総社市の人はおらない。これ2億円であります、工事費が。上は5億円であります。ですから、そこら辺の考えが全然わからん。それで、この槻のときにも私言いましたんですが、中央建設さんというのが50%を割った金額で何か入ったんで、指名、いわゆる入札の、何というか、適正化委員会か何かをかけて検討せにゃいけんほどの金額で落札したと、こう言う。今回は競争しとらん。1回でズボンときとる。こういうのを入札言うんかな、競争入札と言うんかな。何で競争せんのん。僕はあのときに言うたんで。これはもう槻の橋が7億円ほどでできるでって、こう言うたん。半値でいきよんじゃもん、最初から。ほったら、次も次も次も半値でいってもらえと、こう言うた。ほったら安うできるなあ思よったら今度は競争しとらん。そういう場合は、あたまから大本さん外されとるが、前回の1月9日の入札からいうて、このメンバーで大本さんというのはねえよ。そのほか全部入れて、大本さんだけ外して、中央さんがまたとってる。とってもらやあええが、もう。随契で、半分ぐらいで。総社、金がねえんで半分ぐらいでお願いしますからって。市長笑いよるけれども。僕、素人じゃからそう言うんじゃ。競争しとらんよと、こう言う。競争入札でないと言う。そういうとこがまずわからない。

 それから、この工期ですね、槻の橋の工期。これと高梁川漁連との話し合いはどのようになっていくのか。工期と高梁川左岸の川の方の濁りとの関係はどのようになるんかなという心配が、下部工ですから、するわけであります。橋をかける場合に、公共の用に供するものでありますから、高梁川漁連さんも、これは川が濁って大変だということはわかるんでありますが、生活も漁連の皆さんかかっているということで大変迷惑かけるんでありますが、そこにはおのずと、何といいますか、世の中の方々が納得する金額等があると思うんです。そういうことを皆さんにお知らせをしていただいて、早急に円満に解決をしてもらいたいという希望を持っておるわけであります。昔から漁連さんの力というのは大変強いんだというようなことを聞いとんですが、そんなことのないように、お互い生活がかかっておる、こちらは公共的なものであるというような観点をぜひ高梁川漁連さんにもわかっていただきまして、早急に話し合いをつけていただきたいなと、このように思うわけであります。

 市内の業者も一生懸命研さんを重ねられまして、地域のために信頼される企業となるように頑張っていらっしゃると思うんであります。そこで、公共事業は余りやるなとか、むだな事業はやめとかというようなことで、世の中騒然としております。景気が悪いために。しかしながら、必要な公共事業は起こしていかないけんと、これはもう民生安定のために必要なわけでありますから、公共事業、必要なものは必要としてやるんですが、地元の業者の育成と言いながら地元業者の育成のランクがおかしいということを指摘し、あるいは議案第77号の組み合わせが、前回の1月9日の組み合わせより大本さんだけ外れている、それから1回でズボンと落ちたと。前回は適正な入札が行われたかどうかというような委員会までこしらえて協議した経緯があるわけでありますから、まことに今回の入札は不思議に思っておるんであります。これ競争してない。

 そこら辺を質疑をさしていただきたいと、このように思っております。



○議長(萱原潤君) 建設部長。

              〔建設部長 薬師寺主明君 登壇〕



◎建設部長(薬師寺主明君) 24番服部議員さんの御質問にお答えを申し上げます。

 地元業者の育成ということの考え方はどうかと、こういう御質問であります。今回の入札につきましては、JVを2組というんですか、2工事JVを組んでございます。このJV、共同企業体を組むことによって、大手の業者の、どういいますか、施工内容とか技術を習得いたしまして、それぞれの会社の技術の習得によりまして、大きな工事へも市内の業者が参入できるという計らいを今までもしておりますが、今後もしていって、市内の業者の育成を図ってまいりたいというのが現状でございます。

 それから、ランクづけということでございますが、このランクづけにつきましては、経営審査とかそういうようなものがございまして、どういいますか、この工事にはこういうランクづけのものが最もふさわしいということで、そういうことを配慮いたしまして指名をいたしておりますので、御理解を賜りたいと思います。

 それから、工期につきましては、橋のことでお尋ねがあったかと思いますが、3月28日を工期といたしております。

 それから、大本組が外れたということでございますが、大本組につきましては、島根県のダム工事で、新聞によりますと手抜き工事ということがございますので、今回指名から外さしていただいておるというのが状況でございます。

 それから、漁協の状況でございますが、昨年13年度から漁協とその都度協議をしてまいっております。今年度も既にけたの工事、今回の下部工事等々のお話も現在までしてまいっております。近々、そういう金額につきましても単市でやっておるわけでございますので、どういいますか、安くしていただきたいと、こういうことも再三再四申し上げております。私たちもそういう漁協との関係は、どういいますか、我々の実情もよく御理解いただいた上で話を進めていきたい。その結果、安い漁業補償でお願いをしたいと、このように考えておるところでございます。

 以上でございます。

              (「地元業者というのは、あんたどう思よんなら。地元業者いうのは総社市の業者じゃねんか。一番に議案第77号になんで入れんのんなら」と呼ぶ者あり)

 議案第77号につきましては、地元業者を入れてないということの御指摘でございますが、これにつきましては、工期とそれから市内の業者の工事の手持ち等々いろいろ考慮いたしまして、県内大手と、このようなことで指名をいたしておりますのが現状でございます。

              (「ランクは関係ねえんじゃな」と呼ぶ者あり)

 ランクといいますのは、先ほどの議案第75号と議案第76号につきましては、市内の業者の指名をこの中に組んでおるとこでございます。議案第77号につきましては、市内の業者ということでなく、県内大手と、このようにお願いしておるところが現状でございます。

 以上です。



○議長(萱原潤君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 他に質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第75号から議案第77号までの3件に対する質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第75号から議案第77号までの3件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第75号から議案第77号までの3件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 まず、議案第75号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第75号の討論を終結いたします。

 これより議案第75号 工事請負契約の締結についてを採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第76号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第76号の討論を終結いたします。

 これより議案第76号 工事請負契約の締結についてを採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第77号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって議案第77号の討論を終結いたします。

 これより議案第77号 工事請負契約の締結についてを採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 この際、市長から休憩中の発言を求められておりますので、しばらく休憩をいたします。

              休憩 午前11時18分

              再開 午前11時22分



○議長(萱原潤君) 休憩を閉じて、再開いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 同意第8号上程



○議長(萱原潤君) 次に、日程第4、同意第8号を議題といたします。

 ただいまの議案は、印刷の上、お手元に配付いたしておりますので、ごらんを願います。

 では、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 同意第8号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについて、提案理由の御説明を申し上げます。

 本市の教育委員会委員である高木光惠氏の任期が本年11月18日で満了することから、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、市議会の御同意をいただき、後任者を任命しようとするものでございます。

 その方は、表書きにありますように、住所、総社市上原106番地1、氏名、難波道子、生年月日、昭和9年2月24日、年齢、68歳の方でございまして、新たに任命いたしたいと考えております。

 経歴でございますが、岡山大学教育学部を卒業後、昭和29年4月に真備町穂井田村学校組合立箭田小学校教諭を振り出しに、総社市内小・中学校の教諭を経て、岡山県地域振興部県民生活部参事等に就任された後、総社市立総社西小学校長に、続いて同総社中央小学校長を最後に教職を退職されております。退職後は、総社市立総合文化センター館長として平成6年4月から平成9年3月までお務めいただいております。温厚、誠実なお方であり、適任と考えますので、御同意をいただきますようお願いを申し上げまして、提案説明といたします。



○議長(萱原潤君) 以上で提案理由の説明は終わりました。

 この際、申し上げます。

 ただいま議題となっております同意第8号については、質疑の通告を特に省略いたしますので、御了承願います。

 これより同意第8号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについての質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって同意第8号の質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております同意第8号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第8号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 同意第8号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって同意第8号の討論を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております同意第8号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについては、これに同意することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第8号 教育委員会委員の任命に関する同意を求めることについては、これに同意することに決定いたしました。

 この際、同意決定されました教育委員会委員からごあいさつがありますので、お聞き取りを願います。

 しばらくお待ちください。



◎新教育委員会委員(難波道子君) ただいま教育委員任命を御承認いただきました難波道子でございます。どうもありがとうございました。

 高齢でもございますし、力不足でもございます。ですが、任命をいただきました暁には、一生懸命努力をいたしたいと思っております。皆様方のお力添えをいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(萱原潤君) この際、市長から休憩中の発言を求められておりますので、しばらく休憩いたします。

              休憩 午前11時28分

              再開 午前11時31分



○議長(萱原潤君) 休憩を閉じて、再開いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 意見第3号及び意見第4号上程



○議長(萱原潤君) 次に、日程第5、意見第3号及び意見第4号の2件を一括議題といたします。

 ただいまの議案は、印刷の上、お手元に配付いたしておりますので、ごらん願います。

 では、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 意見第3号、意見第4号の人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることにつきまして、一括して提案理由の御説明を申し上げます。

 本市推薦の人権擁護委員、山本知子氏及び藤岡毅氏の任期が、それぞれ平成14年12月31日で満了となるため、人権擁護委員法第6条第3項の規定によりまして、市議会の御意見を聞き、後任の候補者を推薦しようとするものでございます。

 まず、意見第3号に係る候補者は、表書きにありますように、住所、総社市久代3635番地2、氏名、山本知子、生年月日、昭和15年1月2日、年齢、62歳の方でございまして、引き続き推薦したいと考えております。

 なお、平成12年1月から人権擁護委員を1期お務めいただいているところでございます。

 次に、意見第4号に係る候補者は、表書きにありますように、住所、総社市日羽1098番地、氏名、安田泰二、生年月日、昭和16年4月8日、年齢、61歳の方を候補者として推薦したいと考えております。

 安田氏の経歴につきましては、昭和35年3月に岡山県高梁日新高等学校を御卒業後、大阪酸素工業株式会社に勤務され、平成11年10月に退職されました。退職されて後、平成13年4月より総社市昭和公民館日美分館運営委員会委員、平成13年10月より岡山県青少年相談員、平成14年4月より総社市交通指導員をされておられます。

 いずれのお方もお人柄が温厚かつ誠実であり、適任であると考えておりますので、いずれも満場の御同意をいただきますようお願いを申し上げまして、提案説明といたします。



○議長(萱原潤君) 以上で提案理由の説明は終わりました。

 この際、申し上げます。

 ただいま議題となっております意見第3号及び意見第4号の2件については、質疑の通告を特に省略いたしますので、御了承を願います。

 これより質疑に入ります。

 まず、意見第3号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについての質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって意見第3号の質疑を終結いたします。

 次に、意見第4号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについての質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって意見第4号の質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見第3号及び意見第4号の2件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、意見第3号及び意見第4号の2件については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 まず、意見第3号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって意見第3号の討論を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見第3号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについては、推薦に同意することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、意見第3号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについては、推薦に同意することに決定いたしました。

 次に、意見第4号の討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) これをもって意見第4号の討論を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見第4号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについては、推薦に同意することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(萱原潤君) 御異議なしと認めます。

 よって、意見第4号 人権擁護委員の候補者の推薦に関する意見を求めることについては、推薦に同意することに決定いたしました。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

 市長。

              〔市長 竹内洋二君 登壇〕



◎市長(竹内洋二君) 9月定例市議会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会に提案をいたしました議案につきましては、いずれも御議決を賜り、皆様方に心より感謝と敬意を表したいと思います。ありがとうございました。

 また、ちょうだいいたしました御意見、御提言につきましては、でき得る限りこれからの施策に反映をしてまいりたいと、このように考えております。今後とも議員各位の御指導と御協力を賜りますようにお願いを申し上げます。

 さて、本日、議会の開会前に槙谷まで行ってまいりましたが、槙谷川の両岸にもマンジュシャゲの花が満開でございました。また、田んぼの小道にもいっぱいこのマンジュシャゲが咲いておりましたが、山頭火の歌にもありますように、「マンジュシャゲ咲いてここが私の寝るところ」という歌もございますが、マンジュシャゲを見るたびにこの彼岸、別名彼岸花でございますけど、暑さ寒さも彼岸までという言葉をつくづく感じさせていただいております。

 季節の変わり目でございます。朝夕めっきり冷え込んでまいりました。議員各位並びに市民の皆様方の御健勝、御多幸を心よりお祈りを申し上げまして、御礼のごあいさつとさしていただきます。ありがとうございました。



○議長(萱原潤君) 以上をもちまして、今期定例会に付議されました案件は全部終了いたしました。

 これをもって9月定例市議会を閉会いたします。

              閉会 午前11時38分



 以上、記録の内容が正確であることを証するためにここに署名する。



              総社市議会議長







              署 名 議 員







              署 名 議 員