議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 井原市

平成17年12月定例会 12月09日−04号




平成17年12月定例会 − 12月09日−04号







平成17年12月定例会



        〇平成17年12月井原市議会定例会会議録第4号



・平成17年12月9日(金曜日)



              議  事  日  程

              午 前 1 0 時 開 議

 第1 議案第 94号 岡山県西部衛生施設組合を組織する組合市町数の減少及び岡山県西部衛生施設組合規約の変更について

 第2 議案第 95号 井笠地区農業共済事務組合を組織する組合市町数の減少及び井笠地区農業共済事務組合規約の変更について

 第3 議案第 96号 井笠圏域振興協議会を組織する協議会市町数の減少及び井笠圏域振興協議会規約の変更について

 第4 議案第 97号 公の施設の区域外設置について

 第5 議案第 98号 字の区域・名称の変更について

 第6 議案第 99号 市道路線の認定について

 第7 議案第111号 財団法人井原市文化・スポーツ振興財団への出捐額の変更について

 第8 議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦について

 第9 議案第 90号 井原市個人情報保護条例の一部を改正する条例について

 第10 議案第 91号 井原市防災会議条例の一部を改正する条例について

 第11 議案第 92号 井原市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例について

 第12 議案第 93号 井原市税条例の一部を改正する条例について

 第13 議案第100号 井原市やすらぎセンターの指定管理者の指定について

    議案第101号 井原市老人福祉センターの指定管理者の指定について

    議案第102号 井原市西部いこいの里の指定管理者の指定について

    議案第103号 井原市勤労者野外活動施設、井原市グリーンスポーツ、子守唄の里わくわくドラゴンハウス、子守唄の里野外音楽ステージ及び経ケ丸オートキャンプ場の指定管理者の指定について

    議案第104号 井原市地域農産物総合交流センターの指定管理者の指定について

    議案第105号 井原駅ビルの指定管理者の指定について

    議案第106号 井原市星の郷観光センターの指定管理者の指定について

    議案第107号 井原市星の郷アクティブヴィラの指定管理者の指定について

    議案第108号 井原市美星花木センターの指定管理者の指定について

    議案第109号 井原市美星堆肥センターの指定管理者の指定について

    議案第110号 井原市美星リーディング・プロジェクト施設及び井原市美星吉備高原神楽民俗伝承館の指定管理者の指定について

 第14 議案第113号 平成17年度井原市一般会計補正予算(第4号)

    議案第114号 平成17年度井原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

    議案第115号 平成17年度井原市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

    議案第116号 平成17年度井原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

    議案第117号 平成17年度井原市病院事業会計補正予算(第2号)

 第15 請願第 7号 サラリーマン増税、消費税の引き上げなど、大増税に反対する請願書

    請願第 8号 最低保障年金制度の確立について、貴議会の意見書を厚生労働大臣へ提出することを求める請願

    請願第 9号 岡山県地方最低賃金の引き上げと最低賃金制度の抜本的改正を求める請願書

    請願第 10号 「パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書」採択を求める請願書

    請願第 11号 地方交付税、地方財政の確保に向けた意見書採択を求める請願書

    請願第 12号 長島・光明のハ病療養所を地域に開かれた医療・福祉施設として存続、発展させることを求める請願書

    請願第 13号 JR不採用問題の早期解決を求める請願

 第16 認定第 5号 平成16年度井原市一般会計歳入歳出決算について

    認定第 6号 平成16年度井原市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 7号 平成16年度井原市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 8号 平成16年度井原市食肉センター事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 9号 平成16年度井原市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 10号 平成16年度井原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 11号 平成16年度井原市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 12号 平成16年度井原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 13号 平成16年度井原市介護保険事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 14号 平成16年度井原市美星地区畑地かんがい給水事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 15号 平成16年度井原市大倉財産区会計歳入歳出決算について

    認定第 16号 平成16年度井原市東水砂財産区会計歳入歳出決算について

    認定第 17号 平成16年度井原市宇戸財産区会計歳入歳出決算について

    認定第 18号 平成16年度芳井町一般会計歳入歳出決算について

    認定第 19号 平成16年度芳井町国民健康保険特別特別会計歳入歳出決算について

    認定第 20号 平成16年度芳井町簡易水道特別会計歳入歳出決算について

    認定第 21号 平成16年度芳井町老人保健特別会計歳入歳出決算について

    認定第 22号 平成16年度芳井町高齢者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 23号 平成16年度芳井町住宅団地開発事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 24号 平成16年度芳井町介護保険特別会計歳入歳出決算について

    認定第 25号 平成16年度美星町一般会計歳入歳出決算について

    認定第 26号 平成16年度美星町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について

    認定第 27号 平成16年度美星町老人保健特別会計歳入歳出決算について

    認定第 28号 平成16年度美星町介護保険特別会計歳入歳出決算について

    認定第 29号 平成16年度美星町土地取得特別会計歳入歳出決算について

    認定第 30号 平成16年度美星町畑地かんがい給水事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 31号 平成16年度美星町大野呂記念事業基金特別会計歳入歳出決算について

    認定第 32号 平成16年度美星町友成簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 33号 平成16年度美星町八日市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 34号 平成16年度美星町宇戸谷簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 35号 平成16年度美星町水名営農飲雑用水施設特別会計歳入歳出決算について

    認定第 36号 平成16年度美星町専用水道事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 37号 平成16年度美星町美星簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

    認定第 38号 平成16年度美星町大倉財産区会計歳入歳出決算について

    認定第 39号 平成16年度美星町東水砂財産区会計歳入歳出決算について

    認定第 40号 平成16年度美星町宇戸財産区会計歳入歳出決算について

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              本日の会議に付した事件

 日程第1 議案第 94号 岡山県西部衛生施設組合を組織する組合市町数の減少及び岡山県西部衛生施設組合規約の変更について

 日程第2 議案第 95号 井笠地区農業共済事務組合を組織する組合市町数の減少及び井笠地区農業共済事務組合規約の変更について

 日程第3 議案第 96号 井笠圏域振興協議会を組織する協議会市町数の減少及び井笠圏域振興協議会規約の変更について

 日程第4 議案第 97号 公の施設の区域外設置について

 日程第5 議案第 98号 字の区域・名称の変更について

 日程第6 議案第 99号 市道路線の認定について

 日程第7 議案第111号 財団法人井原市文化・スポーツ振興財団への出捐額の変更について

 日程第8 議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦について

 日程第9 議案第 90号 井原市個人情報保護条例の一部を改正する条例について

 日程第10 議案第 91号 井原市防災会議条例の一部を改正する条例について

 日程第11 議案第 92号 井原市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例について

 日程第12 議案第 93号 井原市税条例の一部を改正する条例について

 日程第13 議案第100号 井原市やすらぎセンターの指定管理者の指定について

      議案第101号 井原市老人福祉センターの指定管理者の指定について

      議案第102号 井原市西部いこいの里の指定管理者の指定について

      議案第103号 井原市勤労者野外活動施設、井原市グリーンスポーツ、子守唄の里わくわくドラゴンハウス、子守唄の里野外音楽ステージ及び経ケ丸オートキャンプ場の指定管理者の指定について

      議案第104号 井原市地域農産物総合交流センターの指定管理者の指定について

      議案第105号 井原駅ビルの指定管理者の指定について

      議案第106号 井原市星の郷観光センターの指定管理者の指定について

      議案第107号 井原市星の郷アクティブヴィラの指定管理者の指定について

      議案第108号 井原市美星花木センターの指定管理者の指定について

      議案第109号 井原市美星堆肥センターの指定管理者の指定について

      議案第110号 井原市美星リーディング・プロジェクト施設及び井原市美星吉備高原神楽民俗伝承館の指定管理者の指定について

 日程第14 議案第113号 平成17年度井原市一般会計補正予算(第4号)

      議案第114号 平成17年度井原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

      議案第115号 平成17年度井原市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

      議案第116号 平成17年度井原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

      議案第117号 平成17年度井原市病院事業会計補正予算(第2号)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              午前10時   開議



○議長(藤原清和君) 皆さんおはようございます。

 ただいまのご出席は25名でございます。

 これより本日の会議を開きます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤原清和君) この際、お諮りいたします。

 ただいままでに上程されております諸議案の審議に入りますが、このうちあらかじめ議会運営委員会で内定いたしております議案第94号から議案第99号までの6件、議案第111号及び議案第112号については、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、議案第94号から議案第99号までの6件、議案第111号及び議案第112号については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより日程に入ります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 議案第94号 岡山県西部衛生施設組合を組織する組合市町数の減少及び岡山県西部衛生施設組合規約の変更について



○議長(藤原清和君) 日程第1 議案第94号 岡山県西部衛生施設組合を組織する組合市町数の減少及び岡山県西部衛生施設組合規約の変更についてを議題といたします。

 説明を求めます。──市民生活部長。

              〔市民生活部長 西山恒男君登壇〕



◎市民生活部長(西山恒男君) おはようございます。

 議案第94号のご説明を申し上げます。

 この改正は、寄島町、鴨方町及び金光町が合併し、新たに浅口市が誕生することに伴い、構成団体及び副管理者の定数の変更など規約を改正するものでございます。

 内容につきましては、第3条では組合を構成する市町から、寄島町、鴨方町を削除して浅口市を加え、第4条では共同処理する事務として、浅口市にあっては、旧寄島町、旧鴨方町の区域に関する事務に限ることとしております。

 第6条では、議員選出区分、寄島町2人、鴨方町2人を浅口市4人に、第11条第1項中の副管理者6名を5人に改めるものでございます。

 第18条では、組合に参与を置くことにしておりますが、この条項を削除いたすものでございます。

 次に、組合の施設の建設経費の負担割合を別表に掲げておりますが、人口割に用いる人口については、浅口市にあっては旧寄島町、旧鴨方町の区域の人口とするものでございます。

 そのほか規約変更にあわせて字句の訂正を行うものでございます。

 附則、この規約は平成18年3月21日から施行する。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(藤原清和君) これより質疑、討論を行います。

 ございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第94号は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第95号 井笠地区農業共済事務組合を組織する組合市町数の減少及び井笠地区農業共済事務組合規約の変更について



○議長(藤原清和君) 日程第2 議案第95号 井笠地区農業共済事務組合を組織する組合市町数の減少及び井笠地区農業共済事務組合規約の変更についてを議題といたします。

 説明を求めます。──建設経済部長。

              〔建設経済部長 杉原健介君登壇〕



◎建設経済部長(杉原健介君) おはようございます。

 議案第95号のご説明を申し上げます。

 井笠地区農業共済組合の規約につきましては、金光町、鴨方町及び寄島町の3町合併により、新たに浅口市が設置されることに伴い、井笠地区農業共済事務組合の構成団体、組合議員の定数及び副管理者の定数の変更について、今回規約を改正するものでございます。

 第2条は、組合を組織している関係市町「2市5町」から「3市2町」に改め、第5条第1項で、組合議員の定数を現行「18人」を「14人」に改めます。これに伴い、同条第2項中第3号から第5号までを削り、第2号の次に第3号として浅口市の組合議員数2人を新たに加え、第6号を第4号と、第7号を第5号とします。

 第8条第1項中においては、副管理者「7人」を「5人」に改めるものでございます。

 附則の施行日は平成18年3月21日から施行いたします。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑、討論を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第95号は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第96号 井笠圏域振興協議会を組織する協議会市町数の減少及び井笠圏域振興協議会規約の変更について



○議長(藤原清和君) 日程第3 議案第96号 井笠圏域振興協議会を組織する協議会市町数の減少及び井笠圏域振興協議会規約の変更についてを議題といたします。

 説明を求めます。──総務部長。

              〔総務部長 松山裕郎君登壇〕



◎総務部長(松山裕郎君) 議案第96号の説明を申し上げます。

 井笠圏域振興協議会から、鴨方町、寄島町を脱退をさせ、浅口市を加入させるものでございます。「4名」から「3名」へと改めるといたしておりますけれども、これは構成市町の減少に伴うものでございます。

 附則で施行日を定めております。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(藤原清和君) これより質疑、討論を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第96号は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第97号 公の施設の区域外設置について



○議長(藤原清和君) 日程第4 議案第97号 公の施設の区域外設置についてを議題といたします。

 説明を求めます。──建設経済部長。

              〔建設経済部長 杉原健介君登壇〕



◎建設経済部長(杉原健介君) 議案第97号のご説明を申し上げます。

 市道太和大谷線は井原市門田町大谷地内に位置しまして、市道井原東大戸線から分岐して、笠岡市走出へ通じる幹線市道でございます。

 今回議決していただく箇所は、笠岡市境までの拡幅改良工事に伴い、道路右路肩部分が井原市の行政区域を越え、笠岡市区域内において用地の買収及び改良工事をする必要が生じたものでございます。

 施設名、市道太和大谷線、設置場所、起点、笠岡市走出字うなぎ池之内3026番から、終点、笠岡市走出字うなぎ池之内3027番9まででございます。

 幅員は5メートルで延長270メートル、経費の負担は、測量委託、用地取得、改良工事、道路維持管理費すべて井原市負担で施工いたします。

 なお、笠岡市とは協議済みでございまして、用地についても地元説明会を済ませております。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑、討論を行います。

              〔24番 森本典夫君「はい」と呼ぶ〕



○議長(藤原清和君) 24番 森本典夫君。



◆24番(森本典夫君) 今の説明で、のり面が笠岡市分になるということですが、面積的にはどの程度になるんでしょうか。



○議長(藤原清和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(杉原健介君) つぶれ地面積が2,275.51平米でございます。



○議長(藤原清和君) ほかにございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第97号は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第98号 字の区域・名称の変更について



○議長(藤原清和君) 日程第5 議案第98号 字の区域・名称の変更についてを議題といたします。

 説明を求めます。──建設経済部長。

              〔建設経済部長 杉原健介君登壇〕



◎建設経済部長(杉原健介君) 議案第98号のご説明を申し上げます。

 平成17年度から県営中山間地域総合整備事業で圃場整備を進めてまいりましたが、このほど工事完了後の確定測量を終えた3工区について、字の区域・名称の変更をするものでございます。

 別紙、議案第98号の資料とあわせてごらんいただきたいと思います。

 県主工区の変更調書のご説明をいたします。

 井原市西方町467番1の一部から井原市西方町673番2までの21筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の全部を、井原市西方町字池口に変更するものでございます。

 次に、井原市西方町479番1の一部から、次のページをお願いします、井原市西方町499番1の一部までの25筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の全部を井原市西方町字谷ノ前に変更するものでございます。

 次に、井原市西方町141番1の一部から井原市門田町684番3の一部までの11筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の一部を、井原市門田町字地面に変更するものでございます。

 次に、井原市西方町480番1の一部から、4ページをお開きください。井原市門田町710番までの59筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の一部を、井原市門田町字金木に変更するものでございます。

 次に、井原市門田町613番1の一部から井原市門田町650番2までの16筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の一部を、井原市門田町字田淵に変更するものでございます。

 次のページをお願いします。

 次に、井原市門田町605番2の一部から井原市門田町659番の一部までの8筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の全部を、井原市門田町字玉岡に変更するものでございます。

 次に、井原市門田町606番の一部から井原市門田町661番2までの11筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の一部を、井原市門田町字竹之下に変更するものでございます。

 次に、井原市門田町609番の一部を、井原市門田町字八十岡に変更するものでございます。

 次に、井原市門田町479番4の一部から、次のページをお願いします、井原市門田町684番3の一部までの40筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の全部を、井原市門田町字松之前に変更するものでございます。

 次に、井原市門田町468番2から井原市門田町2204番2の一部までの10筆及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の一部を、井原市門田町字宮之前に変更するものでございます。平成17年5月11日現在の地番であります。

 次のページをお願いします。

 次に、細見工区の変更調書のご説明をいたします。

 井原市野上町3015番2を、井原市野上町字細見に変更するものでございます。平成15年5月11日現在の地番であります。

 次のページをお願いします。

 内寺工区変更調書のご説明をいたします。

 井原市東江原町5448番の一部から、井原市東江原町5455番5の一部までの5筆及びこれらの区域に隣接介在する道路である市有地の全部を、井原市東江原町字大井田に変更するものでございます。平成17年5月11日現在の地番であります。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑、討論を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第98号は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第99号 市道路線の認定について



○議長(藤原清和君) 日程第6 議案第99号 市道路線の認定についてを議題といたします。

 説明を求めます。──建設経済部長。

              〔建設経済部長 杉原健介君登壇〕



◎建設経済部長(杉原健介君) 議案第99号のご説明を申し上げます。

 別添議案第99号の資料図面とあわせてごらんいただきたいと思います。

 今回の認定は、県道下御領井原線及び県道美袋井原線の改良工事の完成に伴い、県より移管される旧県道部分の市道認定を行うものでございます。

 認定する路線、宮地旧県道線及び郷之前正尻線の2路線につきましては、県道下御領井原線の旧道部分であります。

 認定する路線、神戸戸倉線につきましては、県道美袋井原線の旧道部分でございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑、討論を行います。

              〔17番 谷本仲弥君「はい」と呼ぶ〕



○議長(藤原清和君) 17番 谷本仲弥君。



◆17番(谷本仲弥君) 下御領井原線の2線について現在改良あるいはつけかえということで、約3分の2強完成はいたしておるわけでございますが、地元として県道の払い下げを、市道になる場合の整備はきちっとして、井原市道にしてくださいという申し出で、そのようにいたしますという回答をいただいとるんですが、現状まだ至っておりません。これからされるわけでしょうが、具体的にどのように、いつまでにしていただけるのか、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○議長(藤原清和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(杉原健介君) 移管がえにつきましては、前もって現地を県と一緒に歩いております。そこで修繕箇所、改良箇所の協議をいたしまして要望いたしております。今現在まだ工事に着工していただいておりませんが、ここで市道認定をいただいたら、県道もあり、市道としてもありということでダブルウエーということで、修繕と改良工事が済むまでは一応県が維持管理をするという条件で、市道認定だけをお願いするものでございます。

 それと、改良修繕時期でございますが、これはまだ県がはっきりいつまでということを示してきておりません。できるだけ早急にということで回答をいただいております。

 以上でございます。



◆17番(谷本仲弥君) やはり、きちっと整備していかなければならない、むしろ今現在1カ所がけが大分膨らんでおるところがあって、昨年のたしか2月だったと思いますが、確認に来られて早急に直すということも言われておるんですが、いまだに着手できない状況であります。やはり、危険なとこにもまだそうしたことができてないんで、いろいろとお尋ねすると、何か金がないとかというようなことで、やはりここは住宅地の裏側でございます。そういう点では、やはり危険な箇所から早急にやっていただかなきゃいかんのんじゃないかなと。これから打て合わすというよりは、むしろ着手していただきたいというふうに思っておりますので、その辺を強く要望しておきたいと思いますので、県の方へそのこともあわせてよろしくお願い申し上げます。



○議長(藤原清和君) ほかにございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第99号は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 議案第111号 財団法人井原市文化・スポーツ振興財団への出捐額の変更について



○議長(藤原清和君) 日程第7 議案第111号 財団法人井原市文化・スポーツ振興財団への出捐額の変更についてを議題といたします。

 説明を求めます。──教育次長。

              〔教育次長 高木千代子君登壇〕



◎教育次長(高木千代子君) おはようございます。

 議案第111号のご説明を申し上げます。

 これにつきましては、現在財団への出捐額は2億4,125万6,000円でございますが、このたび100万円を増額いたしまして、出捐額を2億4,225万6,000円とするものでございます。

 内容につきましては、寄附金1件によるものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑、討論を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 お諮りいたします。

 議案第111号は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8 議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(藤原清和君) 日程第8 議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 説明を求めます。──総務部長。

              〔総務部長 松山裕郎君登壇〕



◎総務部長(松山裕郎君) 議案第112号の説明を申し上げます。

 今回3名の方の推薦をいたすわけでございますが、このうち高尾龍進氏には4期目、吉田 稔氏には2期目を引き続きお願いをいたすものでございます。藤井豊美氏につきましては、吉田英子氏の後任としてお願いをいたしたいと存じます。

 なお、藤井豊美氏の略歴につきましては、昭和50年3月に短期大学を卒業をされております。同年4月からは、中学校教諭として大阪府内、岡山県内の中学校勤務を経て、平成3年4月から市内の高屋中学校、井原中学校及び木之子中学校にお勤めになり、平成17年3月をもって退職をされております。なお、任期は3年でございます。

 以上、よろしくお願いをいたします。



○議長(藤原清和君) 本件は人事案件でございますので、慣例により質疑、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、質疑、討論を省略することに決しました。

 お諮りいたします。

 議案第112号は同意することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9 議案第90号 井原市個人情報保護条例の一部を改正する条例について



○議長(藤原清和君) 日程第9 議案第90号 井原市個人情報保護条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 説明を求めます。──総務部長。

              〔総務部長 松山裕郎君登壇〕



◎総務部長(松山裕郎君) 議案第90号の説明を申し上げます。

 指定管理者制度を導入するに当たりまして、指定管理者が各施設の管理運営を通じまして、個人情報を取り扱うことになってまいります。したがいまして、指定管理者に個人情報の保護義務を課するよう改正を行うものでございます。

 第2条に次の2号を加えるといたしております。ここでは、指定管理者保有個人情報、そして指定管理者保有個人情報ファイルの定義をいたしたものでございます。

 中ほど、15条の2を新たに設けております。これは指定管理者の責務についての規定を加えたものでございます。

 それから、第38条第1項中の改正、これにつきましては個人情報ファイルの範囲を限定する旨の改正でございます。

 それから、38条の2を新たに設けてございます。これは罰則の対象者に指定管理者を追加をいたしたものでございます。

 附則で施行日を定めてございます。

 以上でございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑を行います。

 ございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、議案第90号に対する質疑を終わります。

 本件については、総務文教委員会へ付託いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第10 議案第91号 井原市防災会議条例の一部を改正する条例について



○議長(藤原清和君) 日程第10 議案第91号 井原市防災会議条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 説明を求めます。──市民生活部長。

              〔市民生活部長 西山恒男君登壇〕



◎市民生活部長(西山恒男君) 議案第91号のご説明を申し上げます。

 今回の改正は、岡山県の機構改革に伴いまして、防災に関する事務の所管が井笠地方振興局から備中県民局に移管されましたので、他市の実情を勘案して、第3条第5項第1号の県職員委嘱の表現を整備するほか、本市の機構改革によりまして、市民部が市民生活部と健康福祉部に分かれたため、第3条第6項の、市長がその部内の職員のうちから指名する委員の定数を「5人以内」から「6人以内」に改めるものでございます。

 附則、この条例は公布の日から施行し、改正後の規定は平成17年4月1日から施行する。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、議案第91号に対する質疑を終わります。

 本件については、市民福祉委員会へ付託いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第11 議案第92号 井原市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例について



○議長(藤原清和君) 日程第11 議案第92号 井原市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例についてを議題といたします。

 説明を求めます。──総務部長。

              〔総務部長 松山裕郎君登壇〕



◎総務部長(松山裕郎君) 議案第92号の説明を申し上げます。

 この条例の制定につきましては、地方公務員法におきまして、市長は毎年人事行政の運営の状況について取りまとめて公表しなければならないという規定が設けられましたことから、必要な事項を定めたものでございます。

 具体的には、市長に第3条に掲示する事項について、毎年9月末までに取りまとめ、その概要を公表する義務を課せるものでございます。

 施行日は18年4月1日といたしております。

 以上でございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(藤原清和君) これより質疑を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、議案第92号に対する質疑を終わります。

 本件については、総務文教委員会へ付託いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第12 議案第93号 井原市税条例の一部を改正する条例について



○議長(藤原清和君) 日程第12 議案第93号 井原市税条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 説明を求めます。──総務部長。

              〔総務部長 松山裕郎君登壇〕



◎総務部長(松山裕郎君) 議案第93号の説明を申し上げます。

 これは軽自動車税の納期を変更いたすものでございまして、現行の4月11日から同月30日までというものを、5月1日から同月31日に変更をいたすものでございます。このことに伴いまして、現行では4月に固定資産税、都市計画税、それから国民健康保険税及び軽自動車税の納期が集中をいたしておったところでございますけれども、この変更によりまして、市税負担の分散が図られるというメリットが生じるものと考えております。

 以上でございます。



○議長(藤原清和君) これより質疑を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、議案第93号に対する質疑を終わります。

 本件については、総務文教委員会へ付託いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第13 議案第100号 井原市やすらぎセンターの指定管理者の指定について

       議案第101号 井原市老人福祉センターの指定管理者の指定について

       議案第102号 井原市西部いこいの里の指定管理者の指定について

       議案第103号 井原市勤労者野外活動施設、井原市グリーンスポーツ、子守唄の里わくわくドラゴンハウス、子守唄の里野外音楽ステージ及び経ケ丸オートキャンプ場の指定管理者の指定について

       議案第104号 井原市地域農産物総合交流センターの指定管理者の指定について

       議案第105号 井原駅ビルの指定管理者の指定について

       議案第106号 井原市星の郷観光センターの指定管理者の指定について

       議案第107号 井原市星の郷アクティブヴィラの指定管理者の指定について

       議案第108号 井原市美星花木センターの指定管理者の指定について

       議案第109号 井原市美星堆肥センターの指定管理者の指定について

       議案第110号 井原市美星リーディング・プロジェクト施設及び井原市美星吉備高原神楽民俗伝承館の指定管理者の指定について



○議長(藤原清和君) 日程第13 議案第100号 井原市やすらぎセンターの指定管理者の指定についてから議案第110号 井原市美星リーディング・プロジェクト施設及び井原市美星吉備高原神楽民俗伝承館の指定管理者の指定についてまでの11件を一括議題といたします。

 順次説明を求めます。──健康福祉部長。

              〔健康福祉部長 久津間憲通君登壇〕



◎健康福祉部長(久津間憲通君) それでは、議案第100号のご説明を申し上げます。

 社会福祉法人井原市社会福祉協議会につきましては、当該施設の現受託管理者であり、開設時から現在まで良質のデイサービス等の福祉事業を行っており、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績等を審査した結果、適当であると選定されたため、指定管理者とするものであります。

 続きまして、議案第101号のご説明を申し上げます。

 社会福祉法人井原市社会福祉協議会につきましては、当該施設の現管理受託者であり、現在まで良好な管理運営がなされておりまして、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととしまして、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績等を審査した結果、適当であると選定されたため、指定管理者とするものであります。

 続きまして、議案第102号のご説明を申し上げます。

 社会福祉法人新生寿会につきましては、当該施設の現受託管理者でありまして、社会福祉事業者として良質の各種サービスを提供しており、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会におきまして選定基準及び実績等を審査した結果、適当であると選定されたため、指定管理者とするものであります。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(藤原清和君) 建設経済部長。

              〔建設経済部長 杉原健介君登壇〕



◎建設経済部長(杉原健介君) 議案第103号のご説明を申し上げます。

 当該施設の指定管理者につきましては、平成17年10月15日から平成17年11月4日までの21日間において公募をしたところ、4団体からの指定申請がありました。提出された書類やヒアリングをもとに、指定管理者選定委員会において選定基準により総合的に評価し、指定管理者の候補者を選定いたしました。

 当候補者は、民間としての活力があり、人材も豊富で、利用者増も見込め、同種施設の管理運営実績もあることからノウハウもすぐれており、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると考えられる。また、管理にかかる経費についても縮減が図られていることから、安定した運営が期待できると認められる。オートキャンプ場、勤労者野外活動施設内のレストハウスについては、利用者の利便性に留意する必要があるが、総合的にすぐれていると評価して選定いたしました。

 次に、議案第104号のご説明を申し上げます。

 ぶどうの里運営協議会は、当該施設の現管理受託者であり、平成13年の開設当初から施設管理運営委託契約を締結して、現在まで良好に管理運営をしております。地域内外からの信用と実績も極めて高く、すぐれた経営ノウハウを有しております。また、この施設は、地域住民などの協力が不可欠であり、当該団体が施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績などを審査した結果、適当であると判断し選定いたしました。

 次のページ、お願いします。

 議案第105号のご説明をいたします。

 井原鉄道株式会社は、当該施設の現管理受託者であり、平成10年度の開設当初から施設管理運営業務委託契約を締結しております。現在まで良好に管理運営をしており、実績もあるということでございます。

 また、鉄道業務と一体的な管理運営を行うことにより、管理に係る経費についても縮減が図られ、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるために公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績などを審査した結果、適当であると判断し選定いたしました。

 次のページ、お願いします。

 議案第106号のご説明をいたします。

 美星町観光協会は、当該施設の現管理受託者でございます。平成4年の開設当初から施設管理運営委託契約を締結して、現在まで良好に管理運営がなされており、地域の観光振興に貢献し、実績もあります。施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績などを審査した結果、適当であると判断し選定いたしました。

 次のページをお願いします。

 議案第107号のご説明を申し上げます。

 美星町観光協会は、当該施設の現管理受託者でございます。平成4年の開設当初から施設管理運営委託契約を締結して、現在まで良好に管理運営がなされており、実績もノウハウもあり、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績などを審査した結果、適当であると判断し選定いたしました。

 次のページをお願いいたします。

 議案第108号のご説明を申し上げます。

 岡山西農業協同組合は、当該施設の現管理受託者であり、昭和56年の開設当初から施設管理運営委託契約を締結して、現在まで良好に管理運営がなされております。実績もあり、植木産業の発展にも寄与し、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績などを審査した結果、適当であると判断し選定いたしました。

 次のページをお願いいたします。

 議案第109号のご説明を申し上げます。

 井原市美星堆肥センター運営組合は、当該施設の現管理受託者でございます。平成10年の開設当初から施設管理運営委託契約を締結して、現在まで良好に管理運営がなされており、実績もノウハウもあり、施設の特殊性から設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績などを審査した結果、適当であると判断し選定いたしました。

 次のページをお願いいたします。

 議案第110号のご説明を申し上げます。

 中世夢が原管理協会は、当該施設の運営管理のために設立された団体でありまして、平成4年の開設当初から施設管理運営委託契約を締結いたしまして、現在まで良好に運営がなされており、実績もノウハウもあり、施設の専門性、特殊性からも一体的な管理運営を行うことで、施設の設置の目的を最も効果的に達成することができると認められるため公募はしないこととし、指定管理者選定委員会において選定基準及び実績などを審査した結果、適当であると判断し選定をいたしました。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(藤原清和君) これより総括質疑を行います。

              〔6番 佐藤 豊君「はい」と呼ぶ〕



○議長(藤原清和君) 6番 佐藤 豊君。



◆6番(佐藤豊君) 議案第103号についてちょっとお伺いをいたします。

 指定管理者ベッセルテクノサービスということですが、「実績もあり」というような説明がございました。現在どのような施設管理を取り組まれてるのか、また過去にどのような施設を管理をされてきたのか、説明をお願いいたします。



○議長(藤原清和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(杉原健介君) 業務内容といたしまして、建物の総合委託管理請負、建築物の環境衛生管理請負、電気設備の保守管理業務、警備業法に基づく警備業務委託などを受けられてやっておられます。

 それと、広島県立備後運動公園のオートキャンプ場の管理委託契約を、現在結ばれて7年目を迎えておるような状況でございます。

 以上でございます。



◆6番(佐藤豊君) 管理を7年、そこだけでしょうか。ほかにはないんでしょうか。



◎建設経済部長(杉原健介君) 広島県立福山少年自然の家もございます。備後ハイツなどもございます。福山ニューキャッスルホテル、そういったもの、スリープイン福山、熊本空港、倉敷、石垣島などの委託契約をされております。



○議長(藤原清和君) ほかにございませんか。

              〔4番 上田勝義君「はい」と呼ぶ〕



○議長(藤原清和君) 4番 上田勝義君。



◆4番(上田勝義君) 議案第105号についてでありますが、指定管理者が井原鉄道株式会社代表取締役社長谷本 巖氏となっておりますが、市長が市長にということで、指定管理者制度の制度上問題はないんでしょうか。お伺いいたします。



○議長(藤原清和君) ただいまの質問に対する答弁をお願いしたいと思います。──総務部長。



◎総務部長(松山裕郎君) 基本的にはもうないと思います。民法上の、どういうんですかね、相互契約の問題がありますけれども、本市の場合はもうそういった形でやっております。そういったことで、特別法的な問題はないと思います。



○議長(藤原清和君) ほかにございませんか。

              〔24番 森本典夫君「はい」と呼ぶ〕



○議長(藤原清和君) 24番 森本典夫君。



◆24番(森本典夫君) このたび11の指定管理者が指定をされましたが、この指定管理者に指定をすることによって、財政的、予算的にどういうメリットがそれぞれあるのか、分析、どうされておられますか、お尋ねしたいと思います。

 それから、議案第103号でありますが、5つの施設の管理をお願いをするということで出ておりますけれども、確認の意味でお尋ねをいたしますが、この5つの施設、それぞれ今まではどうされていたのか、その点をお聞かせいただきたいと思います。



○議長(藤原清和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(杉原健介君) 議案第103号の5つのそれぞれの施設の管理ということですが、直営でそれぞれをやっておりました。



○議長(藤原清和君) あと2点についての答弁は。財政的なメリットとか……。



◎建設経済部長(杉原健介君) 議案第103号の経ケ丸の財政的な軽減でございますが、現在で試算いたしましたところ、5年契約でございますので、5年間で約6,200万円ほどの節減が見込まれるんではないかと思っております。

 そのほかにつきましては、現状と同じ状態で節減の方はいくんではないかと思っております。ただ、今までの実績等を勘案したときに、現管理者が適当ということでございます。



◆24番(森本典夫君) 私の質問は11議案についてそれぞれという質問をさせていただきましたので、建設経済部長の説明だけでは不十分だと思います。どうぞ議長、よろしくお願いします。



○議長(藤原清和君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(久津間憲通君) 健康福祉部関係でありますが、議案第100号の井原やすらぎセンターと議案第102号の井原市西部いこいの里につきましては、施設の方ですべて今までもやっていただいておりまして、市の方からの持ち出しはございません。

 井原市老人福祉センターにつきましては、委託料でお願いをしておりましたが、現時点では同額の委託金額でお願いすることになろうかと思っております。

 以上です。



○議長(藤原清和君) 助役。



◎助役(宮田清太郎君) 全体的に申し上げますと、経ケ丸については委託を今のところ2,200万円以内ということにしておりますから、現状からいえば、そこの数字がはっきりしてませんが、今記憶しておりませんが、安くつくのは間違いありません。

 ほか、それぞれの特定のところへ委託する部分につきましては、少なくとも市が今持ち出しとる額よりも低く、同等かあるいは将来的には低くなるんじゃないかと。それぞれが幾ら安くなるかということは今申し上げられませんが、少なくとも現状よりも将来的には少なく済みますし、そもそも指定管理者制度というのは、経費の節減もありますし、民間でやられる、特に経ケ丸あたりは専門的な民間でやることで、サービスなんかが向上するというようなメリットがあるわけですから、金額だけではありませんが、金額は、繰り返しますが、今以上にはなることはないと考えております。



◆24番(森本典夫君) ご答弁いただきましたが、指定管理者を指定することによって、先ほど助役の説明もありましたように、経費節減のためにという大きな目標があるわけですが、ならばそれぞれ11の中、経ケ丸については具体的に数字が出ましたが、それ以外の施設についても5年間契約するわけですが、5年間でどのぐらいの経費節減になるかというのが出されないと、まだそれはわかりませんがという説明では、これだけのものを議案として出すのに不十分ではないかというふうに思うわけです。したがって、経ケ丸以外のところについても、大体どの程度の経費節減になるのか、予測ではこのぐらいだというのを出していただくというのが当然ではないかというふうに思って質問をさせていただきました。

 また、経ケ丸については、それぞれ先ほどどういうところをやってるんだという話もありましたが、何といってももうけを考えてる企業でありますので、指定管理者として指定して、今までのかかっている費用よりは安くなるんだということで、具体的に数字もありましたが、今後5年間の間にこの金額的なことが、普通に今までの管理をしていても、それは当然人件費等々上がってくるから上がってくるわけですが、5年間の間にこういう指定管理者についてのお願いする金額についても上がっていくのではないかなというふうに思いますが、そういう点で今までよりは抑えられるというふうに思っておられるのかどうなのか。

 それからもう一点は、特に営利を目的とした企業ですので、経ケ丸5施設を管理委託するわけですが、もしこれが利用者から不満が出た場合とか、不満は出てはないかなというような調査そのものを徹底してやらないと、手抜きをして、もうけの方にだけ、人件費も削っていってというような形で進められる可能性があるわけで、そのあたりをどういうふうにチェックをしていく予定にしておられるのか、そのあたりも含めてお尋ねしたいと思います。



○議長(藤原清和君) 総務部長。



◎総務部長(松山裕郎君) 指定管理者へ移行した場合の経費の削減というお尋ねでございますけれども、先ほど助役の方から申し上げましたように、基本的に公募をするところ以外は、現行の今の委託先へ委託をするわけですから、ここですぐに幾ら下がるということには決してならないわけでありまして、指定管理者制度にして値切るという話じゃ決してありません。そういったことですから、公募以外の分、これはもう競争しておりません。価格的な競争をしておりませんので、これについては将来的にはそれは経営努力の中で下がるということはありますけれども、それ以外については現行で一応いくということでご理解をいただきたいと思います。

 それから、経ケ丸の関係でありますけれども、利用者の声を聞くということでありますが、募集要項の中へ規定をいたしておりますように、随時アンケート調査を実施して利用者の声を把握するという規定が入っております。それは募集要項をごらんをいただければ、もうわかるわけでございます。その辺をご参照をいただければと思います。

 以上です。



◆24番(森本典夫君) 募集要項を公にはされておりません。したがって、そういうものを見ていただければということにはなりません。したがって、そのあたりを明らかにしていただきたいのと、選定委員会の中で、これがここがよかったという話がありましたけれども、全く不透明であります。先般の同僚議員の質問の中にも、そのあたりを改善すべきではないかという話がありましたけれども、そのあたりも含めて、不透明な部分がたくさん、たくさんと言うと語弊があるかもわかりませんが、いろいろあるというふうに思いますので、そういうあたりも今後の選定の方法としてご検討いただきたいというふうに思います。

 それと、先ほど言いましたように、アンケートをして声を聞くということでありますが、行政側として、ここ特に経ケ丸についてということになりますけれども、それぞれ5施設について、行政側としてどういうふうな利用状況か、それから利用者がどういうふうな感想をお持ちなのか、かっちりして、5年間お願いするわけですから、このあたりもやっていかないとまずいというふうに思いますので、そのあたり改めて行政側としてどういう対応するのか、指定管理を受けた人がどうするのかでなくて、行政側としてどうするのか、そのあたりをサービス低下を来さないような形でやっていかにゃあいけんわけですから、そのあたりのチェックをどういうふうに、1年に1遍はこういう形でやっていこうと思ってるとか、全くそういうつもりはないのか、業者任せなのか、そのあたりを改めてお聞かせいただきたいと思います。〔「議長、これ4遍目ぞ」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) 総務部長。〔「4回目で」と呼ぶ者あり〕



◎総務部長(松山裕郎君) 答弁してよろしいか。



○議長(藤原清和君) お願いします。──総務部長。



◎総務部長(松山裕郎君) ただいまのお尋ねでございますけれども、管理状況の把握、これは当然行政としてしっかりしていかなければなりません。そういった中で、協定をする中へも入れ込まなければいけないと思いますけれども、募集要項の中へこういったことを書いております。利用者の声の把握と業務報告書の提出ということがございまして、先ほども申し上げましたように、アンケート調査等でしっかり把握をして、その後の管理運営に反映させてくれということを位置づけておるわけでございまして、そのアンケート調査の結果及びその対応状況につきましては、毎月の利用者数、利用料金の実績等に関する業務報告書を四半期ごとにまとめて市の方へ提出を求めております。そういった中で施設の維持管理及び経営の状況に関して不具合があれば、指定管理者の説明を求めて、そういったことの改善を今後していくということをきっちりとここへ定めております。定めておるといいますか、そういった義務を課しておると言ってもいいだろうと、このように思います。

 以上でございます。



○議長(藤原清和君) ほかにございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、総括質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第100号から議案第110号までの11件は、お手元に配付いたしております委員会付託事項一覧表のとおり、それぞれの委員会へ付託いたします。

 11時20分まで休憩いたします。

              午前11時10分 休憩

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              午前11時20分 再開



○議長(藤原清和君) それでは、休憩を閉じて会議を再開いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第14 議案第113号 平成17年度井原市一般会計補正予算(第4号)

       議案第114号 平成17年度井原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

       議案第115号 平成17年度井原市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

       議案第116号 平成17年度井原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

       議案第117号 平成17年度井原市病院事業会計補正予算(第2号)



○議長(藤原清和君) 日程第14 議案第113号 平成17年度井原市一般会計補正予算(第4号)から議案第117号 平成17年度井原市病院事業会計補正予算(第2号)までの5件を一括議題といたします。

 順次説明を求めます。──総務部長。

           〔総務部長 松山裕郎君登壇し、議案第113号を説明〕

           〔市民生活部長 西山恒男君登壇し、議案第114号を説明〕

           〔水道部長 田中 基君登壇し、議案第115号を説明〕

           〔健康福祉部長 久津間憲通君登壇し、議案第116号を説明〕

           〔病院事業部長 池田孝雄君登壇し、議案第117号を説明〕



○議長(藤原清和君) これより質疑を行います。

 まず、一般会計補正予算に対する質疑を行います。

 ございませんか。

              〔24番 森本典夫君「はい」と呼ぶ〕



○議長(藤原清和君) 24番 森本典夫君。



◆24番(森本典夫君) 22、23の西備保育園の件でありますが、負担金補助及び交付金のこれだけの額の算定の基準をお聞かせいただきたいと思います。

 それから、公用地を取得しておりますが、これの面積をそれぞれ、2カ所だったと思いますが、お知らせいただきたいと思います。

 それから、明治ダムの観測機の更新ということですが、素人なんで、こういうものだというて言われてもなかなかわからないんですが、具体的にはどういうものを更新されるのか、お尋ねしたいと思います。

 以上、3点。



○議長(藤原清和君) ただいまの質問に対する答弁をお願いします。──健康福祉部長。



◎健康福祉部長(久津間憲通君) 22、23ページの負担金補助及び交付金の3,151万8,000円の内訳ということでございますが、従来の保育園整備補助金というものがございまして、国の補助基準の10分の2を支払っておりました。それプラス、交付金制度にかわりまして、交付金制度による井原市負担分がございまして、それをプラスした3,151万8,000円を補助金として支出するものでございます。

 以上です。



○議長(藤原清和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(杉原健介君) システム改修業務の委託料でございますが、これは芳井町にあります明治ダムの貯水量を示すテレメーターの補修でございます。

 それと、公園の用地買収でございますが、491.45平方メートルでございます。



○議長(藤原清和君) 教育次長。



◎教育次長(高木千代子君) 用地の買収費ですが、第2駐車場分が407平米、第3駐車場分が822.89平米で、合計1,229.89平米です。



◆24番(森本典夫君) 保育園のことですが、負担率はわかりましたが、基礎数字が幾らになりますか。



○議長(藤原清和君) わかりますか。──健康福祉部長。



◎健康福祉部長(久津間憲通君) 交付金になりまして、元数字ということでございますが、3,939万8,000円でございます。



○議長(藤原清和君) ほかにございませんか。

              〔26番 乗藤俊紀君「はい」と呼ぶ〕



○議長(藤原清和君) 26番 乗藤俊紀君。



◆26番(乗藤俊紀君) ただいまの23ページの10款の10節ですが、西備保育園の補助金は、従来国、県の補助金であったと思いますけれども、今回は一般財源のみで対応していると、これは交付金制度に変わったということでありますけれども、従来の国、県の補助金と交付金制度に変わったということの差異、金額的な差異というか、比率ですね、補助金の比率等が変わるのかどうなのか、その辺の交付金制度に変わった内容をちょっと教えていただければありがたいです。よろしくお願いいたします。



○議長(藤原清和君) ただいまの質問に対する答弁をお願いしたいと思います。──健康福祉部長。



◎健康福祉部長(久津間憲通君) 実は、交付金制度に変わりまして、定員とか施設の初動設備費とか、それに点数がつきまして、その点数によりまして交付金が出るということになっておるわけでございますが、新聞等でご承知だと思いますが、井原市につきましては交付金が不採択、採択となりませんで、国の方からは交付金がいただけないわけでございますけれども、現在保育ニーズが大幅に増加しておりますし、また四季が丘入居者からも早急に整備してほしいという要望もございまして、補助金はございませんが、単市の補助金とそれから西備福祉会の企業努力によりまして今回整備を行うものでございます。

 以上です。



◆26番(乗藤俊紀君) ちょっと質問の趣旨に答弁が合ってないような気がするんですが、交付金制度にかわって、従来の補助金が、単市で補助金を出すということはわかるんですが、国の補助金が従来あったものが井原市がもらえなくなったという、点数制度でいくとどの点数ならもらえて、どの点数でもらえなくなったのかということと、交付金をもらえる方法があるんじゃないかなという気もするけど、もらえないということは点数が足りなかったということにもなるんでしょうが、その辺の補助金制度と交付金制度の差異ですね、差はどういうことか、内容を教えていただきたいということであります。



◎健康福祉部長(久津間憲通君) 交付金制度の点数といいますものは、先ほど申し上げましたが、定員等によりまして点数が決められてくるわけでございます。

 それから、採択、不採択の点数でございますが、これにつきましては、国の方は今年度は待機児童数があるかないかということで点数をつけまして、実は昨年の10月1日現在の報告で、井原市は待機児童がゼロであったわけでありまして、といいますのは、入所率を引き上げて入所措置をしていった関係で待機児童ゼロということで、その点数がなかったということで採択されなかったということでございます。



○議長(藤原清和君) ほかにございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、一般会計補正予算に対する質疑を終わります。

 次に、特別会計補正予算に対する質疑を行います。

 ございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) 次に、企業会計補正予算に対する質疑を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、以上で補正予算に対する質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第113号から議案第117号までの5件は、お手元に配付いたしております委員会付託事項一覧表のとおり、それぞれの委員会へ付託いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第15 請願第 7号 サラリーマン増税、消費税の引き上げなど、大増税に反対する請願書

       請願第 8号 最低保障年金制度の確立について、貴議会の意見書を厚生労働大臣へ提出することを求める請願

       請願第 9号 岡山県地方最低賃金の引き上げと最低賃金制度の抜本的改正を求める請願書

       請願第10号 「パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書」採択を求める請願書

       請願第11号 地方交付税、地方財政の確保に向けた意見書採択を求める請願書

       請願第12号 長島・光明のハ病療養所を地域に開かれた医療・福祉施設として存続、発展させることを求める請願書

       請願第13号 JR不採用問題の早期解決を求める請願



○議長(藤原清和君) 日程第15 請願第7号 サラリーマン増税、消費税の引き上げなど、大増税に反対する請願書から請願第13号 JR不採用問題の早期解決を求める請願までの7件を一括議題といたします。

 今期定例会に提出されました請願につきましては、お手元に配付いたしております請願文書表のとおり、それぞれの委員会へ付託いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第16 認定第 5号 平成16年度井原市一般会計歳入歳出決算について

       認定第 6号 平成16年度井原市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第 7号 平成16年度井原市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第 8号 平成16年度井原市食肉センター事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第 9号 平成16年度井原市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第10号 平成16年度井原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第11号 平成16年度井原市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第12号 平成16年度井原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第13号 平成16年度井原市介護保険事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第14号 平成16年度井原市美星地区畑地かんがい給水事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第15号 平成16年度井原市大倉財産区会計歳入歳出決算について

       認定第16号 平成16年度井原市東水砂財産区会計歳入歳出決算について

       認定第17号 平成16年度井原市宇戸財産区会計歳入歳出決算について

       認定第18号 平成16年度芳井町一般会計歳入歳出決算について

       認定第19号 平成16年度芳井町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について

       認定第20号 平成16年度芳井町簡易水道特別会計歳入歳出決算について

       認定第21号 平成16年度芳井町老人保健特別会計歳入歳出決算について

       認定第22号 平成16年度芳井町高齢者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第23号 平成16年度芳井町住宅団地開発事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第24号 平成16年度芳井町介護保険特別会計歳入歳出決算について

       認定第25号 平成16年度美星町一般会計歳入歳出決算について

       認定第26号 平成16年度美星町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について

       認定第27号 平成16年度美星町老人保健特別会計歳入歳出決算について

       認定第28号 平成16年度美星町介護保険特別会計歳入歳出決算について

       認定第29号 平成16年度美星町土地取得特別会計歳入歳出決算について

       認定第30号 平成16年度美星町畑地かんがい給水事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第31号 平成16年度美星町大野呂記念事業基金特別会計歳入歳出決算について

       認定第32号 平成16年度美星町友成簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第33号 平成16年度美星町八日市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第34号 平成16年度美星町宇戸谷簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第35号 平成16年度美星町水名営農飲雑用水施設特別会計歳入歳出決算について

       認定第36号 平成16年度美星町専用水道事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第37号 平成16年度美星町美星簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について

       認定第38号 平成16年度美星町大倉財産区会計歳入歳出決算について

       認定第39号 平成16年度美星町東水砂財産区会計歳入歳出決算について

       認定第40号 平成16年度美星町宇戸財産区会計歳入歳出決算について



○議長(藤原清和君) 日程第16 決算審査特別委員会へ付託いたしております認定第5号 平成16年度井原市一般会計歳入歳出決算についてから認定第40号 平成16年度美星町宇戸財産区会計歳入歳出決算についてまでの36件を一括議題といたします。

 委員長の報告を求めます。──決算審査特別委員会委員長 14番 佐能直樹君。

              〔14番 佐能直樹君登壇〕



◆14番(佐能直樹君) 本年10月の市議会臨時会におきまして、決算審査特別委員会に付託されました案件の審査結果につきましてご報告いたします。

 本委員会に付託されました案件は、合併により引き継いだ新市の決算である認定第5号 平成16年度井原市一般会計歳入歳出決算、認定第6号から認定第14号までの井原市特別会計歳入歳出決算9件、認定第15号から認定第17号の井原市財産区会計歳入歳出決算3件、また合併に伴う芳井町、美星町における平成17年2月末日までの打ち切り決算として、認定第18号 平成16年度芳井町一般会計歳入歳出決算、認定第19号から認定第24号までの芳井町特別会計歳入歳出決算6件、認定第25号 平成16年度美星町一般会計歳入歳出決算、認定第26号から認定第37号までの美星町特別会計歳入歳出決算12件、認定第38号から認定第40号までの美星町財産区会計歳入歳出決算3件でございます。

 本委員会は10月20日、正・副委員長の互選を行い、10月28日、11月4日、11月11日、11月18日の4回にわたって委員会室におきまして、執行部の出席を求め、説明を聞きながら慎重に審査を行いました。

 審査に当たりましては、歳入面では予算に計上したとおり歳入の確保はできているかどうか、収入未済額、不納欠損額、滞納繰越額の原因及びその処理状況はどうなのか等について、また歳出面においては、予算に計上したとおり適正に執行されているかどうか、不用額はなぜ出たのか等に留意しながら審査を行いました。

 その結果、新市の13会計の決算並びに芳井町、美星町の23会計の打ち切り決算につきまして、いずれも全会一致で認定すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の過程において出ました歳入面での市税等の未納額については、その収納に鋭意努力されているところでありますが、より一層推進され、健全な財政運営を図られるようお願いします。

 また、歳出面では、審査の過程においてその都度、要望、意見が各委員から出ておりますので、今後の予算編成や執行上の参考とされるよう要望しておきます。

 以上で決算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(藤原清和君) これより委員長報告に対する質疑、討論を行います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ないようでございますので、質疑、討論を終結して採決いたします。

 委員長の報告は、認定第5号 平成16年度井原市一般会計歳入歳出決算についてから認定第40号 平成16年度美星町宇戸財産区会計歳入歳出決算についてまでの36件に対して認定であります。

 お諮りいたします。

 認定第5号から認定第40号までの36件は、委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、認定第5号から認定第40号までの36件は委員長報告のとおり決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△休会の件



○議長(藤原清和君) 次に、お諮りいたします。

 委員会開催等のため、明12月10日から15日までの6日間休会いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、明12月10日から15日までの6日間は休会することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤原清和君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

 大変ご苦労さまでございました。

              午後0時1分 散会







 ・平成17年12月9日(金曜日)



出席議員

  1番  水 野 忠 範   2番  内 田 美千子   3番  川 上 武 徳

  4番  上 田 勝 義   5番  宮 地 俊 則   6番  佐 藤   豊

  7番  大 滝 文 則   8番  上 本   昇   9番  井 口   勇

  10番  森 下 金 三   11番  田 辺 隆 則   12番  河 合 建 志

  13番  鳥 越   勇   14番  佐 能 直 樹   15番  三 宅 康 之

  16番  石 井 敏 夫   17番  谷 本 仲 弥   18番  猪 原 保 之

  19番  鳥 越 孝太郎   20番  川 上   泉   22番  高 田 正 弘

  23番  藤 原 清 和   24番  森 本 典 夫   25番  藤 原 正 己

  26番  乗 藤 俊 紀

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

欠席議員

  21番  志多木 茂 夫

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

出席した事務局職員

  局長       三 宅    伸     次長       松 本  哲 治

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

説明のため出席した者

 市長部局

  市長       谷 本    巖     助役       宮 田  清太郎

  収入役      朝 原  孝 義     総務部長     松 山  裕 郎

  市民生活部長   西 山  恒 男     健康福祉部長   久津間  憲 通

  建設経済部長   杉 原  健 介     水道部長     田 中    基

  総務部次長    毛 利  勝 博     市民生活部次長  鳥 越  愛 子

  建設経済部次長  畑 地    泉     健康福祉部次長  岡 田  明 男

  水道部次長    池 田  義 春     病院事業部長   池 田  孝 雄

  財政課長     国 末  博 之

 教育委員会

  教育長      三 宅  興太郎     教育次長     高 木  千代子