議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 井原市

平成17年 9月定例会 09月12日−01号




平成17年 9月定例会 − 09月12日−01号







平成17年 9月定例会



        〇平成17年9月井原市議会定例会会議録第1号



・平成17年9月12日(月曜日)



              議  事  日  程

              午 前 1 0 時 開 議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

    諸般の報告

 第3 認定第2号から認定第4号、報告甲第26号及び議案第60号から議案第85号(上程)

 第4 市長の提案説明

 第5 議員派遣の件

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

      諸般の報告

 日程第3 認定第2号から認定第4号、報告甲第26号及び議案第60号から議案第85号(上程)

 日程第4 市長の提案説明

 日程第5 議員派遣の件

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

              午前10時   開会



○議長(藤原清和君) 皆さんおはようございます。

 平成17年9月井原市議会定例会が招集されましたところ、ご多忙中全員ご出席をいただきましてまことにありがとうございます。

 ただいまのご出席は26名でございます。定足数に達しておりますので、これより平成17年9月井原市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 これより日程に入ります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(藤原清和君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により議長において、5番 宮地俊則君、6番 佐藤 豊君を指名いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定



○議長(藤原清和君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、あらかじめ議会運営委員会において内定されておりますとおり、本日から9月27日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は16日間と決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、一覧表としてお手元に配付いたしておりますので、ご了承をお願いいたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△諸般の報告



○議長(藤原清和君) この際、諸般の報告を行います。

 まず、市長からの報告であります。

 報告第15号 市長の専決処分した事件(損害賠償額の決定について)であります。

 次に、監査委員からの報告で、平成17年5月分から平成17年7月分までの出納検査の結果の報告書が参っております。

 次に、議員派遣の件についてであります。

 会議規則第157条の規定により議長において議員の派遣を決定いたしましたので、報告いたします。これらの写しはお手元に配付いたしておりますので、ごらん願います。

 以上で諸般の報告を終わります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 認定第2号から認定第4号、報告甲第26号及び議案第60号から議案第85号(上程)



○議長(藤原清和君) 次に、市長から議案が送付されております。議案の写しはお手元に配付いたしておりますので、ごらん願います。

 これらの議案を一括上程いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 市長の提案説明



○議長(藤原清和君) この際、市長の提案説明を求めます。──市長。

              〔市長 谷本 巖君登壇〕



◎市長(谷本巖君) おはようございます。

 最大級の台風14号が6日から7日早朝にかけて九州地方を縦断し、西日本一帯に猛威を振るったところであります。収穫のピークを迎えたブドウなど、農作物を初めとした被害状況は被害面積4万1,800平方メートル、被害金額約670万円でありますが、被災された方々にはお見舞いを申し上げ、早期の復旧を願っているところであります。

 また、昨日は郵政民営化に端を発した衆議院議員の解散総選挙が行われたところでありますが、政局を見きわめた市政のかじ取りを行う一方で、景気の安定的拡大に立脚した社会保障制度の確立を求め、国に対し引き続き積極的な働きかけを行ってまいりたいと考えております。

 さて、本日9月定例市議会をお願いいたしましたところ、議員の皆さん方には何かとご多用の中をご出席賜り、厚くお礼を申し上げます。

 本定例市議会におきましてご審議をお願いいたします案件は、既にご案内をしておりますが、議案の説明に先立ちまして、最近の諸情勢並びに市政の状況等について申し述べ、市議会並びに市民各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 まず、最近の諸情勢と地方行政を取り巻く国の動きについてであります。

 世界経済が着実に成長する中にあって、政府が発表した8月の月例経済報告では企業部門と家計部門がともに改善し、足踏みを続けていた日本の景気が踊り場的状況を脱しているとの認識が示され、2カ月ぶりに上方修正されたところであります。しかし、中東の政情不安を反映し、原油価格が高騰している段階にあって、景気回復の確かな手ごたえが得られないというのが実感ではないでしょうか。

 また、現在国において来年度の予算編成に向けた概算要求に基づく査定作業が進められておりますが、社会保障関係費の自然増圧縮による抑制や公共投資関係費の本年度比3%削減など、歳出抑制路線を堅持、強化した予算を編成することとされております。

 さらに、国と地方財政の三位一体改革では、全国市長会を初めとした地方六団体の改革案を真摯に受けとめ、地方分権推進法の理念に基づく抜本的な改革に期待するところであります。

 次に、市政の状況でありますが、まず病院事業について申し述べます。

 地域医療を取り巻く環境は、厳しさを増し、医師確保の問題は本市の病院事業においても極めて深刻な状況であります。とりわけ美星国保病院における内科医師の不足につきましては、岡山大学に派遣要請を行っているところでありますが、常勤医師の確保は極めて厳しく、やっと7月から週2日勤務の非常勤医師の派遣をいただいたのが現状であります。

 また、井原市民病院におきましては、内科常勤医師1名の増員により、内科診療の改善はなされたものの、小児科医師の増員は依然として困難で、夜間診療等に対応し切れておらず、目標とする医療体制には至っていない状況にあります。今後の病院事業運営では、これまでどおりの運営形態では到底立ち行かないわけであり、地域に適した医療体制の構築が喫緊の課題であります。このため、病院経営のあり方について経営基盤強化基本計画として、年明け早々に取りまとめることとし、これに基づき経営の健全化に努めてまいります。

 次に、「晴れの国おかやま国体」についてであります。

 43年ぶりに岡山県で開催される第60回国民体育大会秋季大会の開催まで、あと40日となりました。この大会が市民一人一人の心と力を合わせて大きな成功をおさめ、全国から来られた選手、監督を初め国体関係者や市民の皆さん、それぞれがいい思い出として長く心に残るものにしたいと思っております。民泊協力会を初めボランティアとして参加いただいている多くの方々により、さまざまな取り組みが展開される中、去る4日には県下一斉のクリーンアップ大作戦が本市においても行われ、また9日には井原駅のコミュニティーホールにジーンズ生地の歓迎ディスプレーが設置されるなど、いよいよ国体が間近いことを実感しているところであります。

 次に、国体のほか、この秋の行事についてであります。

 まず、去る3日青野地区を皮切りに始まってまいります敬老行事は、合併により市内16地区と福祉施設で開催されているところであります。敬老行事にお招きする75歳以上の高齢者の方も、本年は7,000人に上りますが、長きにわたり地域社会に多大なご尽力をいただいていますことに深く感謝いたしますとともに、市民こぞって長寿をお喜び申し上げたいと存じます。

 また、21日からは秋の交通安全県民運動が展開されることとなっております。管内の交通事故件数は、昨年に比べ減少しているものの、7月以降では人身事故が増加傾向にあります。こうした中、去る5日高齢者同士の交通死亡事故が発生し、残念な結果となったところでありまして、引き続き交通安全の啓発活動に努めてまいります。

 また、田中美術館におきましては、今月30日から第22回平櫛田中賞受賞記念保田井智之展を開催いたしますほか、10月には第56回岡山県美術展覧会井原会場や恒例の市民体育祭、はつらつ井原ふれあいフェスタ、美星ふるさと祭りの開催、さらに11月には文化祭、芳井ふるさと祭り、井原農林業まつりなどを計画しておりまして、現在それぞれ準備を進めているところであります。

 以上、最近の諸情勢について申し述べましたが、次に本定例市議会におきましてご審議をお願いいたします諸議案につきまして、その概要をご説明申し上げたいと存じます。

 まず、認定についてでありますが、認定第2号「平成16年度井原市水道事業会計決算について」等3件であります。それぞれ監査委員の意見を付して、別冊のとおりご報告を申し上げる次第であります。

 次に、市長の専決処分した報告についてであります。

 報告甲第26号「市長の専決処分した平成17年度井原市一般会計補正予算(第2号)について」は、このたびの解散総選挙に伴う所要の予算措置を講じたものであり、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしておりますので、ご報告申し上げ承認を求めるものであります。

 次に、条例案件についてであります。

 議案第60号「井原市民会館条例の一部を改正する条例について」は、地方自治法の一部改正に伴い、平成18年4月1日からの指定管理者制度導入に係る所要の改正を行うものであります。

 議案第61号「指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例(市民生活部関係)について」以下におきましても、それぞれの部門における同様の改正趣旨でありまして、議案第62号は健康福祉部関係、議案第63号は建設経済部関係、議案第64号は教育委員会関係として取りまとめており、議案第60号から議案第64号までの条例により整備することとなる条例は46本であります。

 議案第65号「井原市廃棄物減量等推進審議会条例の一部を改正する条例について」は、委員構成の見直しに伴うものであります。

 議案第66号「井原市オートキャンプ場条例について」は、県営オートキャンプ場の無償譲渡に伴い、条例を制定するものであります。

 議案第67号「井原市文化財センター条例について」は、来る11月1日オープンの井原市文化財センターの管理に関し、条例を制定するものであります。

 次に、事件案件についてであります。

 議案第68号「岡山県広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び岡山県広域水道企業団規約の変更について」は、平成18年3月1日の市町村合併に伴う規約の変更によるものであります。

 議案第69号から議案第73号までの5議案については、辺地に係る公共施設の総合整備のための財政上の特別措置に関する法律に基づき、美星町西星田、東水砂、水名、黒木及び宇頭地区に係る公共施設の整備を推進するものであります。

 議案第74号「市道路線の認定、廃止及び変更について」は、四季が丘地内開発道路の認定20路線とそれに伴う廃止1路線及び変更3路線の承認を求めるものであります。

 議案第75号「財産の取得について」は、四季が丘地内の開発道路、公園用地及び自然緑地を土地開発公社から購入することに承認を求めるものであります。

 次に、人事案件についてであります。

 議案第76号及び議案第77号の「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」は、教育委員会委員の任期満了に伴い、後任委員の任命につき同意を求めるものであります。

 議案第78号「井原市個人情報保護不服審査会委員の委嘱につき同意を求めることについて」は、個人情報保護不服審査会委員の任期満了に伴い、後任委員の委嘱につき同意を求めるものであります。

 次に、予算案件についてであります。

 まず、議案第79号「平成17年度井原市一般会計補正予算(第3号)」についてでありますが、今回の補正は補助事業の決定によるもののほか、災害復旧経費を初めとする緊急性の高い事務事業を主体に所要の措置を講じたところであります。その結果、補正額は2億7,470万円で、補正後の予算総額は189億7,820万円となった次第であります。その主な財源としましては、国庫支出金、県支出金等の特定財源と前年度繰越金を充当いたしております。

 以下、歳出の主なものについてご説明申し上げます。

 まず、総務費では、地区集会所等施設整備事業補助金415万余円のほか、国庫負担金等の精算返還金に所要の措置を講じております。

 民生費では、偕楽園の改築に伴う建築並びに設備設計委託料1,000万円、野上児童クラブ施設整備に200万円を計上しております。

 衛生費では、電気ショックによる心臓の機能回復に有効な自動体外式除細動器の購入経費150万円を計上しております。

 農林水産業費におきましては、ピオーネ王国おかやま創造事業費補助金として2,556万余円のほか、農業用施設維持費に2,520万円を追加計上しております。

 土木費では、道路維持費に3,500万円の追加措置を講じております。

 消防費では、井原分団第1部の消防機庫の新築工事費1,300万円を計上しております。

 教育費におきましては、西江原幼稚園、甲南保育園、西江原公民館の改築に伴います土地購入費、敷地造成工事費及び設計業務委託料として1億1,000万円を計上しております。

 災害復旧費では、農地農業用施設補助災害復旧費に2,326万円、土木施設補助災害復旧費5,059万余円を追加計上しております。

 次に、議案第80号「平成17年度井原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」は、国庫負担金等の精算に伴う補正をお願いしております。

 議案第81号「平成17年度井原市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)」は、前年度医療費の確定に伴う精算措置を講じております。

 議案第82号「平成17年度井原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)」につきましては、制度改正に伴う所要の措置を講じております。

 議案第83号「平成17年度井原市美星地区畑地かんがい給水事業特別会計補正予算(第1号)」は、給水施設の修繕に伴う補正をお願いしております。

 議案第84号「平成17年度井原市大倉財産区会計補正予算(第1号)」は、農地の賃貸契約の中途解約に伴う補正をお願いしております。

 議案第85号「平成17年度井原市東水砂財産区会計補正予算(第1号)」は、管理会委員の視察研修に伴う所要の措置を講じております。

 以上が今回提案いたしました議案の概要でありますが、詳細につきましてはいずれ日程に上がりました都度、私なり関係職員からご説明を申し上げたいと存じます。

 なお、この機会に若干のご報告を申し上げます。

 まず、アスベストについてであります。

 昭和30年ごろから55年ごろの期間に耐火や吸音、断熱を目的として多くの建築物に使用されてきたわけでありますが、全国的な健康被害報告がなされた中で、安全性を確保するため、アスベストの除去を初め施設の改善に努めてきたところであります。本市では、既にアスベストの危険性はないものとの認識の中にあって、新たに平成8年までの建築物にも使用の疑いがあるとされたことから、早速調査し、その結果、2施設でアスベストが検出されたところであります。いずれにいたしましても、市民の健康と環境への不安を解消するため、万全の対策を講じてまいります。

 次に、高校生の活躍についてであります。

 7月、モロッコで開催された世界ユース選手権において、興譲館高校3年新谷仁美選手が陸上女子3,000メートルで見事銅メダルを獲得したことは皆さんご承知のとおりであります。加えて8月、千葉県で開催された全国総体での優勝は日本人として6年ぶりの制覇となる快挙であります。さらに、精研高校も同大会において新体操男子団体で初の栄冠を獲得し、市民に大きな感動を与えてくれました。こうした輝かしい栄光を市民こぞってたたえるため、新たにスポーツ表彰制度を創設しましたが、早速8月18日、新谷選手に初の井原市スポーツ栄誉賞を授与したところであります。精研高校新体操部には、来る16日優勝祝賀会において井原市スポーツ奨励賞を授与することにいたしております。

 次に、会議等への出席状況についてであります。

 7月5日、全国市長会経済委員会構造改革特区研究会並びに過疎関係都市連絡協議会が東京都で開催され、出席しました。

 翌6日には、全国市長会財政委員会理事評議員合同会議が開催され、出席しました。

 7日と8日には、本市の平成18年度重点事業や井原線への要望のほか、国道486号の整備促進及び小田川河川改修の促進について、関係する市長並びに議会議長等で国道交通省及び地元国会議員に要望いたしました。この間にも、経済産業省の中小企業政策審議会が開催され、出席しました。

 7月21日、全国政策研究市長会役員会並びに総会が岐阜市で開催され、出席しました。

 8月26日、岡山県市長会議が新見市で開催され、出席しました。会議では、三位一体改革の推進についてなど国に対する要望5件と市町村への権限移譲についてなど、県に対する要望9件が採択されております。

 31日には、田中美術館運営委員会及び第22回平櫛田中賞授賞式を東京都で開催いたしました。これには、正・副議長と総務文教委員長にもご出席いただいております。

 9月1日、国道313号の整備促進について、関係する市長並びに議会議長等で国土交通省に要望いたしました。

 なお、同夕刻には東京岡山県人会にお招きいただき、出席しました。

 以上が報告でありますが、諸議案につきましては何とぞ慎重にご審議の上、適切なご議決を賜りますようお願いを申し上げまして提案説明といたします。〔「議案の中で水名をミズナと呼ばれましたので、水名」と呼ぶ者あり〕何か名前がちょっと違ったようでございます。水名(ミズナ)と言ったようですが、水名(スイミョウ)でございますので、訂正させていただきます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議員派遣の件



○議長(藤原清和君) 日程第5 議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 お手元に配付いたしております一覧表のとおり、会議規則第157条の規定により議員を派遣することにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、一覧表のとおり議員を派遣することに決しました。

 なお、この際了承を得ておきたいと思います。

 ただいま決定いたしました議員派遣の件について、その内容に変更が生じた場合には、その措置を議長に委任されたいと思います。これにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。では、そのように了承を得ておきます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△休会の件



○議長(藤原清和君) お諮りいたします。

 議事の都合により、明9月13日は休会いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤原清和君) ご異議なしと認めます。よって、明9月13日は休会することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤原清和君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

              午前10時23分 散会







 ・平成17年9月12日(月曜日)



出席議員

  1番  水 野 忠 範   2番  内 田 美千子   3番  川 上 武 徳

  4番  上 田 勝 義   5番  宮 地 俊 則   6番  佐 藤   豊

  7番  大 滝 文 則   8番  上 本   昇   9番  井 口   勇

  10番  森 下 金 三   11番  田 辺 隆 則   12番  河 合 建 志

  13番  鳥 越   勇   14番  佐 能 直 樹   15番  三 宅 康 之

  16番  石 井 敏 夫   17番  谷 本 仲 弥   18番  猪 原 保 之

  19番  鳥 越 孝太郎   20番  川 上   泉   21番  志多木 茂 夫

  22番  高 田 正 弘   23番  藤 原 清 和   24番  森 本 典 夫

  25番  藤 原 正 己   26番  乗 藤 俊 紀

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

欠席議員

  な  し

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

出席した事務局職員

  局長       三 宅    伸     次長       松 本  哲 治

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

説明のため出席した者

 市長部局

  市長       谷 本    巖     助役       宮 田  清太郎

  収入役      朝 原  孝 義     総務部長     松 山  裕 郎

  市民生活部長   西 山  恒 男     健康福祉部長   久津間  憲 通

  建設経済部長   杉 原  健 介     水道部長     田 中    基

  総務部次長    毛 利  勝 博     市民生活部次長  鳥 越  愛 子

  建設経済部次長  畑 地    泉     健康福祉部次長  岡 田  明 男

  水道部次長    池 田  義 春     病院事業部長   池 田  孝 雄

  財政課長     国 末  博 之

 教育委員会

  教育長      三 宅  興太郎     教育次長     高 木  千代子