議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 玉野市

平成21年第 3回 5月臨時会 05月26日−01号




平成21年第 3回 5月臨時会 − 05月26日−01号







平成21年第 3回 5月臨時会



         平成21年第3回玉野市議会臨時会会議録 第1号



                           平成21年5月26日(火曜日)

議事日程 第1号

 平成21年5月26日(火) 午前10時開議

第1 会期の決定

第2 会議録署名議員の指名

(市長提出案件=休憩中の委員会審査を経て審議)

第3

 議案第42号 玉野市職員給与条例等の一部を改正する条例       (各委員会)

 議案第43号 玉野市議会議員の議員報酬及び費用弁償等支給条例の一部を改正する条例

                                  (総務文教)



本日の会議時間

 開会 午前10時0分

 閉会 午前11時13分



本日の会議に付した事件

 議事日程と同じ



出席議員(21名)

 2番 井上 素子君     3番 松田 達雄君     7番 宇野 俊市君

 10番 浜 秋太郎君     11番 広畑 耕一君     12番 河崎 美都君

 13番 高原 良一君     14番 谷口 順子君     15番 三宅 宅三君

 16番 有元 純一君     17番 渚  洋一君     18番 伊達 正晃君

 19番 氏家  勉君     20番 熊沢 義郎君     21番 三宅 禎浩君

 22番 三宅 美晴君     23番 安原  稔君(遅参)  24番 三宅 一典君

 25番 北野 良介君     26番 藤原  貢君     27番 小泉  馨君



欠席議員(なし)



説明のため出席した者

 市長      黒 田   晋 君   副市長     須 田 紀 一 君

 総務部長    西 村 薫 三 君   財政部長    山 崎 秀 樹 君

 市民生活部長  大 塚 秀 和 君   保健福祉部長  池 上   茂 君

 産業振興部長  垣 内 和 政 君   建設部長    芳 上 秀 夫 君

 上下水道部長  三 宅   穗 君   競輪事業局長  藤 原 英 明 君

 会計管理者   永 田   修 君   病院事業管理局長小 西 昭 典 君

 消防長     松 浦 秀 樹 君   監査事務局長  小 川 栄 一 君

 教育長     岡 本 和 徳 君   教育次長    尾 崎   勝 君

 総合政策課長  藤 原 裕 士 君   総務課長    杉 本 成 司 君

 人事課長    原 田 和 男 君   市民活動支援課長川 崎 靖 司 君

 都市計画課長  中 濱 拓 也 君   病院事業管理局経営総務担当

                             山 崎 邦 博 君

 教育総務課長  山 下 浩 二 君



事務局職員出席者

 局長      伊 東 孝 明 君   次長      花 岡 幸 二 君

 主幹      岡 野 真 道 君   主査      近 藤 雅 也 君







                               午前10時0分 開議



○議長(広畑耕一君) 皆さん、おはようございます。ただいまの出席は20人であります。

 これより、平成21年第3回玉野市議会臨時会を開会し、本日の会議を開きます。

 なお、本会議において報道関係者の議場内での撮影を許可しておりますので、あらかじめ御了承を願っておきます。

            ───────────────



○議長(広畑耕一君) 日程に先立ちまして、御報告をしておきます。

 今期臨時会の会議日程、並びに本日の議事日程につきましては、昨日開催の議会運営委員会での協議を経て作成の上、既に配付しております会議日程、並びにお手元に配付しております日程表のとおりであります。

 次に、本臨時会の会期中、市長その他関係者の出席を見ることになっておりますので、御報告をしておきます。

            ───────────────



△日程第1 会期の決定



○議長(広畑耕一君) これより日程に入ります。

 日程第1の会期の決定を議題とします。

 お諮りします。この臨時会の会期を、議会運営委員会での方針のとおり、本日1日間とすることに、御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(広畑耕一君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定しました。

            ───────────────



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(広畑耕一君) 次に、日程第2の会議録署名議員の指名を行います。

 本件につきましては、会議規則第83条の規定によりまして、議長において、河崎美都さんと北野良介君を指名します。

            ───────────────



△日程第3 議案第42号〜議案第43号



○議長(広畑耕一君) 次に、日程第3の議案第42号並びに第43号の諸議案2件を一括して議題とし、当局の説明を願うことにします。

 総務部長。

            〔総務部長 西村薫三君 登壇〕



◎総務部長(西村薫三君) 議案第42号及び議案第43号の2議案につきまして、順次御説明を申し上げます。

 議案書の1ページをお願いいたします。

 まず、議案第42号玉野市職員給与条例等の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 この条例の提案理由でございますが、昨今の急激な経済情勢の悪化に伴い、本年の民間における夏季一時金の大幅な減少が関係機関等の調査により予測されております。

 人事院は例年8月に勧告を行っておりますが、このような状況の中、本年の6月期の期末手当等について、特例の措置として凍結という異例の勧告を5月1日に行っております。

 これを受けて国家公務員の給与に関する法律の改正が行われることから、本市におきましても、国家公務員の期末手当等の水準及び他都市との均衡を考慮し、関係条例を改正し、暫定的に引き下げるものであります。

 議案書の2ページをお願いいたします。

 第1条は、玉野市職員給与条例の一部改正でございます。

 内容につきましては、附則第9項で、平成21年6月に支給する期末手当の支給月数を1.4月分から0.15月分減じまして1.25月分に、勤勉手当の支給月数を0.75月分から0.05月分減じまして0.7月分とするものでございます。

 第2条は、玉野市市長及び副市長の給与に関する条例の一部改正でございます。

 内容につきましては、附則第17項で、平成21年6月に支給する期末手当の月数を2.125月分から0.15月分減じまして1.975月分とするものでございます。

 第3条は、玉野市民病院事業管理者の給与等に関する条例の一部改正でございます。

 内容につきましては、附則第8項で、平成21年6月に支給する期末手当の支給月数を1.4月分から0.15月分減じまして1.25月分とするものでございます。

 また、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行することといたしております。

 なお、職員給与条例の改正につきましては、職員団体等との協議も調いまして、了承をいただいているところでございます。

 以上で議案第42号の説明を終わらせていただきます。

 議案書の4ページをお願いいたします。

 引き続き、議案第43号玉野市議会議員の議員報酬及び費用弁償等支給条例の一部を改正する条例につきまして御説明申し上げます。

 この条例は、先ほど議案第42号におきまして、一般職の職員等の期末手当等を暫定的に引き下げることを御提案申し上げましたが、市議会議員の期末手当につきましても、近時の情勢にかんがみ、同様の改定を行うため御提案申し上げるものでございます。

 5ページをお願いいたします。

 改正内容につきましては、附則第7項で、平成21年6月に支給する期末手当の支給月数を1.7月分から0.15月分減じまして1.55月分とするものでございます。

 また、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行することといたしております。

 以上、議案第42号及び議案第43号の説明を終わらせていただきます。何とぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(広畑耕一君) 以上で、当局の説明は終わりました。

 ただいまの説明に対して質疑はありませんか。

 質疑がありますので、一たん休憩をして通告を受けることにします。

 それでは、休憩します。

                               午前10時7分 休憩

                               ─────────

                               午前10時9分 再開



○議長(広畑耕一君) 休憩前に続いて会議を開きます。

 これより質疑に入ります。

 通告がありますので、発言を許します。

 宇野俊市君。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) 皆さん、おはようございます。

 私は、議案第42号と43号について一括して質問をいたします。

 まず、議案第42号についてであります。

 第1条で職員の給与を減額するようでありますが、この減額総額は幾らになるのかお尋ねします。

 次に、第2条で玉野市長及び副市長の給与に関する条例で、給与が減額になるようですが、この減額についてもお尋ねします。

 それから、議案第43号議員の期末手当の減額の総額についても幾ら減額になるかお尋ねします。

 これでまず第1回目の質疑といたします。



○議長(広畑耕一君) 総務部長。

            〔総務部長 西村薫三君 登壇〕



◎総務部長(西村薫三君) 宇野議員の議案第42号及び第43号に関する質疑についてお答えいたします。

 お尋ねの減額の金額、凍結後の金額につきましては、職員につきまして全体の平均で申し上げますと、凍結前が78万3,416円、凍結後が71万360円、平均7万3,056円の減額となります。

 それから、議員さんにつきましては、議長におかれましては本来104万5,925円が95万3,637円、副議長が92万8,625円が84万6,687円、委員長が89万9,300円が81万9,950円、副委員長が88万9,525円が81万1,037円、議員87万9,750円が80万2,125円となってございます。

 それから、市長につきましては、現在20%のカットを行っておりまして、それとの比較で申し上げます。

 6月支給に限りますと183万7,700円が170万7,980円となります。

 それから、副市長は166万528円が154万3,314円という額に、これは一応凍結という格好になってございます。

 主な減額は、こういった内容でございます。

 以上、お答えとさせていただきます。



○議長(広畑耕一君) 宇野俊市君。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) 再質疑をさせていただきます。

 私の質疑が悪かったのかもわかりませんが、一人一人じゃなくって、職員さん800人の総額で幾らと。それから、市長、副市長お二人で幾らと。それから、議員は21人で幾らと。それをお聞きしたかったんですけど、もう一度お願いします。



○議長(広畑耕一君) 総務部長。

            〔総務部長 西村薫三君 登壇〕



◎総務部長(西村薫三君) 再質疑にお答えします。

 大変申しわけありません。

 今、資料が総額で出してるもんと出してないものがありまして、後ほど整理いたしまして委員会のほうでお示しさせていただきたいと思いますが、全体で約6,000万円程度の今回の凍結によっての減額が行われるというふうに理解してございます。

 以上、お答えとさせていただきます。



○議長(広畑耕一君) 宇野俊市君。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) 私、総務文教委員会から今回離れましたので、委員会で質疑をすることができません。

 そこで、この総額ぐらいは総務部長だったらとっくに把握しとくのが当然だと思うんですね。こういう財政が逼迫して苦しい玉野市の財政の中で、こういうこともわからないということは、議員として我慢できません。すぐ調べて返事をしてください。ほんで、市長、副市長の2人分、職員の全部の金額、それから議員21人の。簡単だと思います。



○議長(広畑耕一君) 総務部長。

            〔総務部長 西村薫三君 登壇〕



◎総務部長(西村薫三君) 大変失礼いたしました。再質疑にお答えいたします。

 職員につきましては、わかる範囲で答えさせていただきます。全職員で6,051万9,608円というふうに把握してございます。

 議員さんにおかれましては、166万2,041円の凍結効果というふうに把握してございます。

 市長におきましては、両方足して約30万円程度というふうに理解してございます。

 大変失礼いたしました。



○議長(広畑耕一君) 宇野俊市君。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) 今の御答弁いただいてありがとうございます。

 その上に立って、私はこの議案第42号と第43号について修正案を求めます。

 まず、議案第42号については、一般職員については、その……(「討論でせにゃいけん」と呼ぶ者あり)

 ああ、わかりました。討論でします。



○議長(広畑耕一君) よろしいですか、質疑のほうは。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) 質疑を終わります。



○議長(広畑耕一君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 これをもちまして質疑を終了します。

 それでは、ただいまの案件はお手元に配付の付託表のとおり、それぞれ関係の常任委員会に付託します。

 委員会審査のため、この際本会議を休憩します。

                               午前10時19分 休憩

                               ─────────

                               午前11時0分 再開



○議長(広畑耕一君) 休憩前に続いて会議を開きます。

 先ほど各常任委員会へ付託しました案件について、各委員長の報告を願うことにします。

 まず、厚生委員長の報告を願います。

 三宅一典君。

            ───────────────

            〔報告書は末尾に掲載〕

            ───────────────

            〔厚生委員長 三宅一典君 登壇〕



◆(三宅一典君) それでは、厚生委員会の報告を申し上げます。

 本委員会は、先ほどの休憩中に委員会を開催し、付託されました議案第42号玉野市職員給与条例等の一部を改正する条例のうち、本委員会所管事項につきまして慎重に審査いたしました。

 本件につきましては、病院事業管理者の期末手当に関し、人事院勧告に準じて、本年6月支給分を0.15カ月分減じる特例措置であり、別段異議なく可決すべきものと決定いたしました。

 以上、厚生委員会の報告を終わります。



○議長(広畑耕一君) 次に、総務文教委員長の報告を願います。

 渚洋一君。

            ───────────────

            〔報告書は末尾に掲載〕

            ───────────────

            〔総務文教委員長 渚 洋一君 登壇〕



◆(渚洋一君) それでは、総務文教委員会の報告を申し上げます。

 本委員会は、先ほどの休憩中に委員会を開催し、付託された案件について慎重に審査をいたしました。

 結果につきましては、お手元の審査報告書のとおり、議案2件をいずれも可決すべきものと決定いたしました。

 以下、審査の概要を申し上げます。

 議案第42号玉野市職員給与条例等の一部を改正する条例のうち、本委員会所管事項及び議案第43号玉野市議会議員の議員報酬及び費用弁償等の支給条例の一部を改正する条例につきましては、人事院勧告に伴う職員の給与及び近時の情勢に適応するよう、議員の期末手当の減額のための所要の改正であり、別段異議なく可決すべきものと決定いたしました。

 以上、総務文教委員会の報告を終わります。



○議長(広畑耕一君) 以上で各委員長の報告は終わりました。

 ただいまの各委員長の報告に対して、一たん休憩をして質疑または討論の通告を受けることにします。

 それでは、休憩します。

                               午前11時2分 休憩

                               ─────────

                               午前11時4分 再開



○議長(広畑耕一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより質疑に入ります。

 通告がありますので、発言を許します。

 宇野俊市君。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) 総務文教委員長に質疑をいたします。

 議案第42号と議案第43号があるんですけれど、一つずつ質疑をしましょうか、まとめてしましょうか。

 まとめてすることにいたします。

 議案第42号についてでありますが、職員の期末手当及び勤勉手当については、削減をすると。それで、市長の期末手当については削減をするが、勤勉手当の名前の廃止がされて、皆さんも御存じのように、勤勉手当は給料の中に組み込まれました。

 そういうことから、市長の勤勉手当に当たる期末手当じゃなくって給与部分についても削減をするか、もしくは市長の勤勉手当部分を削減しないのであれば、職員の勤勉手当の削減もしないようにしないといけないんじゃないかと私は思っております。それを議論されたかどうか、委員長にお尋ねします。

 次に、議案第43号については、議員の期末手当の削減を異議なく可決されたようでありますが、私は議員初当選以来、議員の役職手当の廃止を求めて10年間闘ってまいりました。くしくもここで私は建設消防委員会の副委員長になりました。今度手当をいただくことになりました。これは廃止すべきだと思っております。また、もらっちゃいけないと私は思っております。それで、期末手当以外の役職手当の廃止について議論されたかどうか。

 以上、総務文教委員長に質疑いたします。御答弁のほどよろしくお願いいたします。



○議長(広畑耕一君) 総務文教委員長渚洋一君。

            〔総務文教委員長 渚 洋一君 登壇〕



◆(渚洋一君) それでは、宇野議員の質疑にお答えいたします。

 市長の勤勉手当等について議論はあったかというんですが、委員会の中ではそういうのは一切話が持ち上がっての議論はございませんでした。同様に、役職手当についても特段議論もございませんでした。

 以上、報告といたします。



○議長(広畑耕一君) 宇野俊市君。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) 2回目の質疑をいたします。

 甚だ不満ではありますが、これで質疑を終わります。



○議長(広畑耕一君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 これをもちまして質疑を終了します。

 これより討論に入ります。

 通告がありますので、発言を許します。

 宇野俊市君。

            〔宇野俊市君 登壇〕



◆(宇野俊市君) それでは、議案第42号と議案第43号について、順次反対討論を行います。

 私は、議員3名で修正権がありますのでそれを求めたいところでありますが、手を挙げられる議員がおられないので、反対討論といたします。

 まず、議案第42号玉野市職員給与条例等の一部を改正する条例について反対討論を行います。

 職員の勤勉手当は減額するが、市長のはしないと。そうであるなら、市長の勤勉手当に該当する部分を減額するべきだと私は修正案を持っておりましたが、それが可能でないということで、これは反対と。

 次に、議員の期末手当の減額については反対ではありませんが、166万円、たかが166万円です。これを、役職手当を全廃すると、私の試算では803万円になります。例えば、全部撤廃といいましたら常任委員長、農業委員、監査委員等いろいろございますが、それを全部撤廃すると803万円ぐらいになると私は試算しております。

 そういうことから、期末手当を減額して166万円するよりは、委員や役を持ってない議員もいらっしゃることですから、役職手当を廃止して議員の期末手当をそのままにしておくと。このほうが議員に対しては公平ではないかと、私はそういう持論を持っております。そういう面から反対討論といたします。

 市民の皆様もよく御存じだと思います。そこらの判断をまたよろしくお願いしたいと思います。

 これで反対討論といたします。



○議長(広畑耕一君) 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもちまして討論を終了します。

 それでは、これより採決に移ります。

 まず、議案第42号玉野市職員給与条例等の一部を改正する条例について採決します。

 本件は起立により採決します。

 本件の各委員長の報告は可決であります。本件を可決することに賛成の方は起立を願います。

            〔賛成者起立〕



○議長(広畑耕一君) 起立多数であります。よって、本件は可決されました。

 次に、議案第43号玉野市議会議員の議員報酬及び費用弁償等支給条例の一部を改正する条例について採決します。

 本件は起立により採決します。

 本件の委員長の報告は可決であります。本件を可決することに賛成の方は起立を願います。

            〔賛成者起立〕



○議長(広畑耕一君) 起立多数であります。よって、本件は可決されました。

            ───────────────



○議長(広畑耕一君) ただいままでの議事をもちまして、今期臨時会の日程はすべて終了しました。

 これをもちまして会議を散会し、第3回臨時会を閉会します。御苦労さまでした。

                               午前11時13分 閉会







 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



   玉野市議会 議 長  広 畑 耕 一



         議 員  河 崎 美 都



         議 員  北 野 良 介