議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成25年12月定例会 12月02日−01号




平成25年12月定例会 − 12月02日−01号







平成25年12月定例会



                             平成25年12月津山市議会定例会

                                    (会期 24日間)





             12 月 定 例 市 議 会 運 営 予 定 表



┌───────┬───┬────────────────┬──────────────┐

│ 月   日 │ 曜 │    会      議    │   備      考   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │全員協議会(午前10時)    │広報調査特別委員会     │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│       │   │本会議開会(午前11時)    │初日採決議案に対する発言通告│

│       │   │ 会期の決定について      │の締切り          │

│12月 2日 │(月)│ 決算議案委員長報告      │全員協議会終了後速やかに) │

│       │   │  質疑・討論、採決      │決算議案委員長報告に対する発│

│       │   │ 議案上程           │言通告の締切り       │

│       │   │  市長の提案理由の説明    │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │  質疑・討論、採決      │議案質疑・一般質問発言通告の│

│       │   │ 議案一括上程         │締切り           │

│       │   │  市長の提案理由の説明    │(午後3時)        │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 3日 │(火)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 4日 │(水)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 5日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│12月 6日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 7日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 8日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 9日 │(月)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月10日 │(火)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月11日 │(水)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │常任委員長会議       │

│12月12日 │(木)│議案質疑・一般質問(午前10時)│    (昼食時)     │

│       │   │                │ 委員会日程、付託案件   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

│12月13日 │(金)│                │              │

│       │   │議案委員会付託、請願委員会付託 │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月14日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│12月15日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│12月16日 │(月)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│12月17日 │(火)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │広報(午前10時)     │

│12月18日 │(水)│特別委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │議会活性化(午前11時)  │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月19日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月20日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月21日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│12月22日 │(日)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月23日 │(月)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月24日 │(火)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議会運営委員会(午前10時)  │              │

│       │   │全員協議会(午前11時)    │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│       │   │本会議開会(午後1時)     │委員長報告に対する発言通告の│

│       │   │ 委員長報告          │締切り           │

│12月25日 │(水)│  質疑・討論、採決      │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │ 岡山県後期高齢者医療広域連合 │              │

│       │   │ 議会議員選挙         │              │

│       │   │ 追加議案上程         │              │

│       │   │  市長の提案理由の説明、採決 │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議長あいさつ         │              │

│       │   │閉会              │              │

└───────┴───┴────────────────┴──────────────┘







                             平成25年12月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 1 号)



 〇平成25年12月2日(月)午前11時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │会議録署名議員の指名について                       │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 2 │会期の決定について                            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第48号〜議案第67号(20件)                   │

│ 第 3 │〇委員長報告(総務文教、厚生、産業、建設水道)              │

│     │〇質疑・討論                               │

│     │〇採決                                  │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第146号 工事請負契約について                   │

│     │〇上程                                  │

│ 第 4 │〇市長の提案理由の説明                          │

│     │〇質疑・討論                               │

│     │〇採決                                  │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第 68号 平成25年度津山市一般会計補正予算(第3次)       │

│     │議案第 69号 平成25年度津山市国民健康保険特別会計補正予算(第1次) │

│     │議案第 70号 平成25年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)  │

│     │議案第 71号 平成25年度津山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│     │議案第 72号 平成25年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)   │

│     │議案第 73号 平成25年度津山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1次)│

│     │議案第 74号 平成25年度津山市土地開発公社清算事業特別会計補正予算(第│

│     │        2次)                          │

│     │議案第 75号 平成25年度津山市水道事業会計補正予算(第1次)     │

│     │議案第 76号 平成25年度津山市工業用水道事業会計補正予算(第1次)  │

│     │議案第 77号 津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第 78号 津山男女共同参画センター「さん・さん」条例の一部を改正する│

│     │        条例                           │

│     │議案第 79号 津山市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第 80号 津山市斎場条例の一部を改正する条例            │

│     │議案第 81号 津山市簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第 82号 津山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例│

│     │議案第 83号 津山市会館条例の一部を改正する条例            │

│     │議案第 84号 津山市障害者福祉センター条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第 85号 加茂町福祉センター条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第 86号 阿波保健福祉センター条例の一部を改正する条例       │

│     │議案第 87号 ふれあいサロン条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第 88号 高齢者総合福祉施設「めぐみ荘」条例の一部を改正する条例  │

│     │議案第 89号 津山市営阿波バス条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第 90号 津山市食肉処理センター条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第 91号 津山市農業研修施設条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第 92号 阿波山村開発センター条例の一部を改正する条例       │

│     │議案第 93号 阿波地域農産物等活用型総合交流促進施設「あば交流館」条例の│

│     │        一部を改正する条例                    │

│     │議案第 94号 道の駅久米の里条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第 95号 黒木キャンプ場条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第 96号 奥津川ラビンの里条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第 97号 阿波森林公園条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第 98号 津山市地域交流センター条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第 99号 津山圏域雇用労働センター条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第100号 津山勤労者総合福祉センター条例の一部を改正する条例    │

│     │議案第101号 津山市三世代研修宿泊施設条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第102号 津山市道路占用条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第103号 津山市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第104号 津山駅北口駐車場条例                   │

│     │議案第105号 津山市城下駐車場条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第106号 中島病院旧本館条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第107号 津山市都市公園条例の一部を改正する条例          │

│ 第 5 │議案第108号 グリーンヒルズ津山条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第109号 リージョンセンター条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第110号 津山市市営住宅管理条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第111号 津山市下水道事業受益者負担及び受益者分担に関する条例   │

│     │議案第112号 津山市下水道条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第113号 津山市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例    │

│     │議案第114号 津山市農業集落排水処理施設事業分担金徴収条例の一部を改正す│

│     │        る条例                          │

│     │議案第115号 津山市コミュニティセンター条例の一部を改正する条例    │

│     │議案第116号 津山市立学校施設使用条例の一部を改正する条例       │

│     │議案第117号 津山市社会教育委員の設置並びに定数及び任期に関する条例の一│

│     │        部を改正する条例                     │

│     │議案第118号 津山市公民館条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第119号 久米ふれあい陶芸センター条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第120号 勝北陶芸の里工房条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第121号 津山文化センター条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第122号 津山市加茂町文化センター条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第123号 津山市勝北文化センター条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第124号 音楽文化ホール・ベルフォーレ津山条例の一部を改正する条例 │

│     │議案第125号 津山市立文化展示ホール条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第126号 津山市体育施設条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第127号 津山市久米総合文化運動公園市民プール条例の一部を改正する条│

│     │        例                            │

│     │議案第128号 グラスハウス条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第129号 津山市水道条例の一部を改正する条例            │

│     │議案第130号 津山市工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第131号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第132号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第133号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第134号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第135号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第136号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第137号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第138号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第139号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第140号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第141号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第142号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第143号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第144号 津山圏域衛生処理組合規約の変更について          │

│     │議案第145号 財産の処分について                    │

│     │議案第147号 工事請負契約について                   │

│     │議案第148号 工事請負変更契約について                 │

│     │〇一括上程                                │

│     │〇市長の提案理由の説明                          │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                             平成25年12月津山市議会定例会

                                   平成25年12月2日


監査結果報告一覧表
番号受付月日件         名
2325.9.30津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成25年8月分例月出納検査結果報告
2425.9.30津山市水道事業会計平成25年8月分例月出納検査結果報告
2525.10.25津山市水道事業会計平成25年9月分例月出納検査結果報告
2625.10.25津山市工業用水道事業会計平成25年8月分例月出納検査結果報告
2725.10.25津山市工業用水道事業会計平成25年9月分例月出納検査結果報告
2825.10.25津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成25年9月分例月出納検査結果報告
2925.11.27津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成25年10月分例月出納検査結果報告
3025.11.29津山市水道事業会計平成25年10月分例月出納検査結果報告






            総 務 文 教 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成25年10月1日

  津山市議会議長  川 端 恵美子 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                           総務文教副委員長 近 藤 吉一郎 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 48号平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち総務文教委員会の所管に属する事項原案認定賛成多数
議案第 49号平成24年度津山市磯野計記念奨学金特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 52号平成24年度津山市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算〃賛成多数
議案第 55号平成24年度津山市奨学金特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 60号平成24年度津山市吉見山財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 61号平成24年度津山市大崎財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 62号平成24年度津山市田邑財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 63号平成24年度津山市高田財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 64号平成24年度津山市東一宮財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 65号平成24年度津山市河辺財産区会計歳入歳出決算原案認定  






            厚 生 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成25年10月7日

  津山市議会議長  川 端 恵美子 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              厚生委員長 秋 久 憲 司 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 48号平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち厚生委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 51号平成24年度津山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 56号平成24年度津山市介護保険特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 59号平成24年度津山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算〃  






            産 業 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成25年10月8日

  津山市議会議長  川 端 恵美子 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              産業委員長 中 島 完 一 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 48号平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち産業委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 50号平成24年度津山市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算〃  






            建 設 水 道 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成25年10月10日

  津山市議会議長  川 端 恵美子 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                             建設水道委員長 久 永 良 一 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 48号平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち建設水道委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 53号平成24年度津山市下水道事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 54号平成24年度津山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 57号平成24年度津山市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 58号平成24年度津山市土地取得造成事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 66号平成24年度津山市水道事業会計決算及び未処分利益剰余金の処分について〃賛成多数
議案第 67号平成24年度津山市工業用水道事業会計決算〃  






           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 原   行 則 │ 出席 │   │ 15 │ 野 村 昌 平 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 河 本 英 敏 │ 〃 │   │ 16 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 17 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 18 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 19 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 20 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 22 │ 津 本 辰 己 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 小 椋   多 │ 〃 │   │ 24 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │         │   │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 岡 安 謙 典 │ 出席 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部参与 │  清 水 彰 朗  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 都市建設部長  │  村 上 祐 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 地域振興部長  │  植 月   優  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 加茂支所長   │  原 田 幸 治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  西 山 公 二  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  常 藤 勘 治  │ 勝北支所長   │  岸 本 信 一  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  米 井 章 憲  │ 久米支所長   │  高 本 篤 正  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  山 本 倫 史  │ 会計管理者   │  坂 手 宏 次  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  政 岡 大 介  │ 監査委員    │  久 常 勝 實  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  上 田 輝 昭  │ 監査事務局長  │  青 山 和 利  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  井 上 純 輔  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  清 水   稔  │ 学校教育部長  │  和 田 賢 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ こども保健部長 │  忠 政 堅 之  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  西 田 秀 之  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  目 瀬 陽 介  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

├─────────┼───────────┼─────────┴───────────┘

│ 係長      │  田 中 健 夫  │

└─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場









○議長(川端恵美子君)

 おはようございます。

 市民憲章を斉唱いたしますので、御起立を願います。



△市民憲章斉唱

                                   午前11時00分 開会



○議長(川端恵美子君)

 御着席を願います。

 本日、平成25年12月津山市議会定例会が招集されましたところ、皆様には御多用のところ御参集をいただき、御苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は27名であります。

 これより平成25年12月津山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△報告



○議長(川端恵美子君)

 この際、報告をいたします。

 監査委員から監査結果の報告8件が送付されております。事務局に保管をいたしておりますので、随時ごらんをお願いいたします。

 次に、本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり5つの日程といたしております。



△日程第1  会議録署名議員の指名について



○議長(川端恵美子君)

 これより日程第1に入り、「会議録署名議員の指名について」を行います。

  12番  岡安 謙典議員

  13番  黒見 節子議員

の御両名にお願いをいたします。



△日程第2  会期の決定について



○議長(川端恵美子君)

 次に、日程第2に入り、「会期の決定について」を議題とし、お諮りをいたします。

 今期定例会の会期は、議会運営委員会において御内定となっておりますとおり、本日から12月25日までの24日間とし、会期中の日程は、お配りいたしております議会運営の予定表のとおりとすることに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(川端恵美子君)

 御異議がございませんので、今議会の会期は、本日から来る12月25日までの24日間とすることに決定をいたしました。



△日程第3  議案第48号〜議案第67号

         20件

            (委員長報告・採決)



○議長(川端恵美子君)

 次に、日程第3に入り、現在閉会中の継続審査となっております議案第48号「平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算」から議案第67号「平成24年度津山市工業用水道事業会計決算」までの各会計決算議案20件を一括上程議題といたします。

 これらの議案につきましては、いずれも各常任委員会において審査終了の旨報告があり、審査結果報告書はお手元に配付のとおりであります。

 この際、各常任委員長から審査結果の報告を求めます。

 まず、総務文教委員会副委員長、登壇、報告を求めます。

 18番、近藤吉一郎議員、登壇。



◆18番(近藤吉一郎君) 〔登壇〕

 失礼します。それでは、総務文教委員会の審査結果報告を申し上げます。

 なお、本日総務文教委員長不在のため、津山市議会委員会条例第12条の規定により、副委員長の私から御報告申し上げます。

 さきの9月定例市議会において、当委員会に付託されました平成24年度決算議案10件につきまして、去る10月1日に関係当局の出席を求めて委員会を開催し、審査をいたしましたので、審査の過程で特に議論された点、あるいは意見を付したもののうち主な点につきまして御報告いたします。

 初めに、議案第48号「平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち総務文教委員会の所管に属する事項について申し上げます。

 総務の所管に関する事項として、まず歳入の中では市税の不納欠損額8,190万円に関連して、不納欠損の最近の動向について質問が出され、事業不振や企業倒産などにより滞納者が増加しているほか、居所不明により督促等ができないケースもふえているとのことでありました。今後、一層の収納の努力をお願いいたしました。

 臨時財政対策債について、国からの交付税算定により補填されているとのことだが、おくれてでも100%入ってきているのかとの質問があり、国が普通交付税の財源不足を臨時財政対策債により地方に借り入れさせるもので、津山市では平成24年度は21億円の臨時財政対策債の起債をしたが、償還については年度内に100%交付税措置がされているとの説明がありました。

 また、現在は津山市土地開発公社の解散プランが進められていますが、24年度は土地開発公社補助金2,000万円を支出していることについて、審議の中で、現在の現状に至った責任を多少でも原因者に追及すべきではないか、それをしないことが前提となっている本支出には反対であるとの意見が一部委員から出されました。

 演習場周辺対策費の中では、国の補助率や事業選定について質問が出され、補助率は各事業により違い、事業の選定は演習場周辺地域が受ける影響、事業の必要性、緊急性により防衛省が精査しているとの説明がありました。

 津山市連合町内会補助金の今後の動向について質問があり、全体予算は減額してきているが、事業の内容について整理し、必要な事業は確保したいとの説明がありました。地域の活力を生かし、地域に元気を与える補助金として認識を新たにしてもらいたいとの意見が出されました。

 そして、行政と町内会のかかわり方について、さまざまな事業を施行する際に町内会に依存し過ぎているのではないか、また道路補修事業など、地元の利益となるような事業の強要をされていることがあるのではないかとの質問が出され、そういう事実はないとの答弁がありました。いま一度、町内会との協働関係の見直しをするよう要望しております。

 次に、文教の所管に関する事項として、特別支援教育について、加配教員は必要な学校に十分に行き届いているのかとの質問に対し、各学校長から出される要望により、特別支援の必要な子供の状態に応じて県が特別支援加配教員や非常勤教員を配置しており、市としても人数の多い特別支援学級に市費非常勤講師、介助が必要な子供や通常学級に特別な支援が必要な子供がおり、担任教師では対応できない場合などにはスクールヘルパーを配置するなど、全ての学校に可能な限り支援を行っているとの答弁がありました。

 学校給食の地産地消について質問があり、地場産野菜について、農協にお願いし優先的に調達するようにしているが、さらなる協力を得て地産地消率の向上に努めていきたいとのことでありました。

 地区公民館のトイレを洋式トイレに改修する工事の進捗について質問があり、24年度は一宮、高田、高倉、成名公民館のトイレを改修しており、今後も順次改修を進め、総合計画の中でもトイレを含めた大規模改修を事業要望してまいりたいとの答弁がありました。

 成人式記念事業委託料の150万円について、成人式の内容を工夫すべきではないかとの意見があり、新成人の中から実行委員を選び、実行委員会が企画をしているとのことでありますが、本当に心に残る記念式典となるよう、市としても助言をしていくように要望をしております。

 また、文化センター管理運営費へ多額の流用が必要だった理由について質問があり、年度末に外壁の崩落があり、至急に改修が必要となったため、流用にて対応したとのことでありました。

 市立図書館やベルフォーレ津山が負担している駐車料金について、アルネ津山に関する予算であり、既に市有の駐車場となっているのに市が駐車料金を払うことに疑問があり、反対するとの意見が一部委員から出されました。

 その他種々質疑がありましたが、議案第48号のうち総務文教委員会の所管に属する事項については、採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。

 続いて、議案第52号「平成24年度津山市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算」については、反対意見があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。

 議案第60号「津山市吉見山財産区会計歳入歳出決算」から議案第65号までの各財産区会計決算の6議案については、財産区が管理している水路について事実確認をするよう要望が出されましたが、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定いたしております。

 また、議案第49号と議案第55号の各奨学金特別会計決算議案については、採決の結果、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。

 その他として、耐震工事などでプレハブ教室となっている学校の夏の暑さにより、学力に影響がないのかとの質問が出され、各学校に学習環境についての調査をしているところであるとのことでありました。

 以上が当委員会に付託されておりました諸案件、その他の審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(川端恵美子君)

 次に、厚生委員会委員長、登壇、報告を求めます。

 5番、秋久憲司議員、登壇。



◆5番(秋久憲司君) 〔登壇〕

 それでは、さきの9月定例市議会におきまして、厚生委員会に付託されました平成24年度決算議案4件につきまして、去る10月7日に委員会を開催し審査をいたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告をさせていただきます。

 これら決算議案の審査に当たりましては、当局の説明を聴取し、慎重に審査いたしました結果、4議案とも全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 それでは、委員会審査の過程において特に議論となりました点について、順次御報告をいたします。

 まず、議案第48号「平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち厚生委員会の所管に属する事項についてであります。ここでは、主に市営墓地の実態調査事業について、予防接種事業及び保育所負担金、幼稚園使用料について議論されました。

 委員から、市営墓地の実態調査の結果について質問があり、当局から、使用者の継承手続や区画の適正な使用ができていないものを確認したとの答弁がありました。これを受け委員から、墓地といえども公有地であるので、市民の理解が得られるような管理運営に努めてほしいとの要望がありました。

 次に、委員から、はしか、風疹の予防接種の実績について質問があり、当局から、平成24年度の接種人数は、1歳児が対象の1期が926人、小学校就学前の1年間が対象の2期が1,010人、中学1年生が対象の3期が852人、高校生3年生が対象の4期が904人であった。また、接種率は、1期が99.7%、2期が97%、3期が84%、4期が86%であったとの答弁がありました。

 これに対し委員から、中学生と高校生に対する啓発は行っているのかとの質問があり、当局から、学校とも協力しながら再三通知するなど、周知徹底を図っているとの答弁がありました。これを受けて委員から、2回接種が徹底されるよう、今後もより一層の努力をしてほしいとの要望がありました。

 次に、委員から、保育所負担金と幼稚園使用料の未納額は1,184万7,000円で、徴収率は98.52%、幼稚園使用料の未納額は39万6,000円で、徴収率は98.58%であるとの答弁がありました。

 これに対し委員から、児童手当からの充当が幾らあったのか質問があり、当局から、平成24年度は120件、918万4,000円であったとの答弁がありました。これを受けて委員から、保育料の未納問題については以前からも議論されているが、額も1,000万円単位となっているので、このことにはしっかりと取り組んでほしいとの要望がありました。

 また、そのほかにも市有施設における太陽光発電事業について、また生活保護の状況についてなどの質疑がありました。

 次に、議案第51号「津山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算」についてであります。ここでは、主に収入未済額の解消についての議論となりました。

 委員から、収納率の改善に向けてどのような取り組みがなされているのかとの質問があり、当局から、納付忘れなどの初期滞納者に対しては、コールセンターから納付の案内を行っている。また、完納が困難な累積滞納者に陥らないように、滞納処分を早い段階で行っているとの答弁がありました。

 次に、議案第56号「津山市介護保険特別会計歳入歳出決算」についてであります。ここでは、諸支出金のうち地域支援事業費について議論がありました。

 委員から、支出済額約170万円の内容について質問があり、当局から、これは地域包括支援センターが行う介護予防プラン作成に要する経費として支出したもので、当該経費とプラン作成にかかわる介護報酬との差額を負担するものであるとの答弁がありました。

 次に、議案第59号「津山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算」についてであります。ここでは、津山市国保より拠出する後期高齢者支援金の加算、減算に関して、津山市国保被保険者の特定健診、保健指導の受診率が及ぼす影響について委員から質問がありました。

 当局から、平成25年度分から加算、減算が実施されるが、加算対象は特定保健指導を行っていない保険者を対象としており、津山市は対象とならないとの答弁がありました。

 以上が厚生委員会に付託されました平成24年度会計決算議案の審査の結果であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(川端恵美子君)

 次に、産業委員会委員長、登壇、報告を求めます。

 8番、中島完一議員、登壇。



◆8番(中島完一君) 〔登壇〕

 さきの9月定例会におきまして、産業委員会に付託されました平成24年度会計決算認定議案2件につきまして、閉会中に委員会を開催し、執行部の出席を求め説明を聴取いたしましたので、その審査結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第48号「平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち産業委員会の所管に属する事項につきましては、慎重なる審査の結果、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 ここからは、審査の過程におきまして各委員から要望事項が出されておりますので、主なものを順次御報告いたします。

 まず、中小企業融資制度の充実についてであります。当該事業の平成24年度融資実績は、計95件、決定金額は4億7,790万円とのことでありました。融資を希望する企業にとって、当該事業はセーフティーネットであることに鑑み、当局にはさらなる事業の充実を求めております。

 続いて、鳥獣被害対策事業の充実についてであります。津山市では平成23年度、24年度の2年間にわたり、ヌートリアによる作物被害を防止するため、津山市保護司会へ農作物被害防止事業を事業委託してきました。当該事業の推進により、この2年間の実績でヌートリアの捕獲頭数が1,676頭と、多くの効果をもたらすことができました。

 農家の方々が安心して農業に取り組むことができ、丹精込めた農作物を守るために、鳥獣害防止対策には今後も引き続き取り組んでいかなければなりません。当委託事業は昨年度で終了しておりますが、次年度から設置の方向で検討を進めている鳥獣被害対策実施隊を中心に、周辺自治体とも連携した駆除体制を構築し、事業推進を図るよう要望いたしております。

 続きまして、産業経済部に対する予算措置についてであります。平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算において、産業経済部が占める歳出割合の少なさに着目し、委員からは、歳出予算規模の拡大を求める意見が数多く出されました。

 現在、産業経済部では企業誘致や定住推進を初めとした外貨を稼ぐための事業推進に努めているところであります。また一方では、疲弊する農林業を活性化させるために、農商工連携を初めとした積極的な農林振興施策を実施しているところであります。現在策定中の成長戦略には、産業経済部が実施する多くの事業が盛り込まれるものと思われますので、津山市の将来展望を見据えた予算措置となるよう要望しております。

 続いて、議案第50号「平成24年度津山市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算」についてであります。

 種々の質疑応答がありましたが、厳しい財政運営状況について、引き続き周辺自治体等への理解、支援を求めていくよう意見を付し、採決の結果、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。

 以上が産業委員会に付託されました平成24年度会計決算議案の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(川端恵美子君)

 次に、建設水道委員会委員長、登壇、報告を求めます。

 27番、久永良一議員、登壇。



◆27番(久永良一君) 〔登壇〕

 議長の許可をいただきましたので、建設水道委員会の審査結果を御報告申し上げます。

 9月定例議会において、建設水道委員会に付託されました決算議案7件について、去る10月10日、委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の過程で特に論議された点、また意見、要望を付しましたもののうち主な点について御報告をいたします。

 まず、都市建設部の所管に属する事項の審査結果について御報告をいたします。

 議案第48号「平成24年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち建設水道委員会の所管に属する事項につきましては、慎重に審議した結果、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しました。

 その中で、道路の維持管理状況等については、道路過失による事故の補償件数、通学路緊急合同点検の内容、不用額の有効活用等についての質問があり、当局からは、事故による4件の補償の内容、通学路緊急合同点検の実施状況、不用額の活用等についての説明がありました。これに対して、要望に配慮して、通学路などを重点的に点検し、安全な道路管理に努めていくことや、不用額を有効に活用することなどを要望しております。

 また、政策空き家、城東、城西のまちづくりについても詳細な説明を求め、城東、城西のまちづくりについては、さらに地元を支援をし、まちづくりを推進してもらいたいと要望しております。

 次に、議案第53号「平成24年度津山市下水道事業特別会計歳入歳出決算」につきましては、不納欠損、収入未済の原因、完納に向けた取り組み等についての質問があり、当局からは、受益者負担金や下水道使用料の滞納については収納に努めているが、なかなか難しい状況にあるなどとの回答がありました。

 これに対して、今後も努力してもらいたいと要望し、議案第53号は全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 次に、議案第54号「平成24年度津山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算」につきましては、普及率の低さについて指摘をしましたが、適正妥当であると判断し、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定をしました。

 議案第58号「平成24年度津山市土地取得造成事業特別会計歳入歳出決算」につきましては、坪井駅前の住宅用地1件であり、早期に売却できるよう要望し、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 続きまして、水道局の所管に属する事項の審査結果について御報告をいたします。

 議案第57号「平成24年度津山市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算」につきましては、平成24年度における不納欠損、収入未済についての状況を確認し、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 次に、議案第66号「平成24年度津山市水道事業会計決算及び未処分利益剰余金の処分」につきましては、大幅に増加した材料費、研修費について説明を求め、当局からは、材料費については、破裂等の突発的な修理に対応するために材料のストック等が必要なために発生したもの、研修費については、異動等により職員研修が必要なために発生したものとの説明を受けています。

 また、給水量、配水量等についても説明を求め、現状に比べて計画数値が大きいため、計画の見直しが必要ではないかなどの意見が出ました。このため、受水費に対して反対意見が出され、議案第66号については、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 議案第67号「平成24年度津山市工業用水道事業会計決算」については、大変厳しい社会情勢の中ではあるが、経営改善に努めていただくよう要望し、水道局からは、今後クリーンセンターの利用により状況は多少改善するが、さらに改善していくためには、今後も企業立地課等と連携して取り組みたいとの回答がありました。

 議案第67号は、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 以上が建設水道委員会に付託されておりました決算議案の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の御報告といたします。〔降壇〕



○議長(川端恵美子君)

 各常任委員長からの審査結果の報告は、ただいまお聞きのとおりであります。

 ここで議会運営の都合により、会議をしばらく休憩いたします。

 再開は11時40分といたします。

                                   午前11時34分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午前11時40分 再開



○議長(川端恵美子君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 これより各常任委員長の報告に対する質疑、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。

 28番、末永弘之議員、登壇。



◆28番(末永弘之君) 〔登壇〕

 ただいま報告がありました平成24年度各会計決算議案についての委員会報告について、日本共産党津山市議団を代表して賛成、反対の討論を行います。

 個別の課題ごとの問題点の前に、総論として平成24年度決算の特徴を考えてみますと、流通センターの清算に代表されますように、過去のゆがんだ施策の後始末に戦々恐々とした整理に入っていった、そしてそもそも出発点で公募に基づく様式に合致しない申請書類を強引に押し通すなど、未整理の問題を含んだまま事業推進、本格化した新クリーンセンター事業問題、アルネの後始末の問題、津山市も例外ではなく、未曽有の財政難のなれの果て、本来公共が責任を持つべき施策、保育行政やごみ処理行政まで民間委託を余儀なくされるという結果の決算です。

 さらに、職員の給与まで引き下げなくてはいけないという異常事態。こうした課題を考えてみますと、以下申し上げる幾つかの決算は認定するわけにはいきません。

 議案第48号「一般会計決算」の中にあります苫田ダム、岡山県広域水道企業団などに関する決算、運営費負担金855万6,291円、岡山県広域水道企業団の出資金が1,479万円。これらに関係して、議案第67号「平成24年度津山市水道事業会計」に関係してきます岡山県水道企業団からの受水費4億471万円。この受水費は、津山市水道局が苫田ダムを水源とする岡山県広域水道企業団から8,000トンに対して支払う費用です。このダムも企業団も、水の過剰の事業計画がもとになってつくられたものです。

 津山市は、苫田ダム建設当時、将来人口がふえるとともに公共下水道が発達し、水の利用料がふえる、市民1日1人当たり612リットル必要であるとして、苫田ダムに生活用水を依存する、こうしてダム建設に賛成してきたわけです。日本共産党や専門家、多くの県民は反対をしてきましたが、強行しました。今日、その結果がどうでしょうか。津山市の市民1人当たりの最大給水量は449リットルです。

 そもそものところで、苫田ダムが計画されたときは、昭和50年代後半には、苫田ダムができないと津山市は水不足で市民生活はパニックになる、こうおどしをかけて強引に苫田ダム必要論を述べてきたわけです。そのときから私どもは、いかなることが起こっても、黒木ダムの水確保が決まったときでしたから、水不足は起こらないと言い切ってきました。平成の時代になって、私どもが提案していた雨水利用計画などを推進していれば、もっと市民1人当たりの1日給水量は少なくなっていたということも指摘しておきます。

 平成24年の岡山県広域水道企業団決算の様子を聞いてみますと、13億7,000万円の赤字だそうです。給水収益が43億円、31%にもなる赤字となっております。このままでは、やがて経営破綻ということになります。24年度の料金を値上げし、津山市は約2,000万円負担増となってしまうわけです。

 当初予算の反対理由として紹介しましたけれども、私は広域水道企業団の当初役員として出ておりました。当時の長野知事に対して、下流自治体に責任がない、国と岡山県が100%負担して解決すべきだと主張し、にらみつけられたことがあります。

 こうした私どもの道理ある主張を無視したやり方、いかに市の財政を破綻させていくのか、また水を大切にする思想を崩していくのか、今日の実態が明らかになっていると思っております。まだまだ苫田ダムをつくったために起こる津山市の負担金は、いわば永久と言ってもいいほど続くわけです。こうした決算は認めるわけにはいきません。

 再び議案第48号「一般会計決算」に戻りますけれども、津山市の大きな課題、開発公社解散に関する決算、流通センターなどの関係の決算、予算審議も含めてそのときそのときに大切な課題を指摘してきました。先行投資用地買い戻し、井口用地の課題12億915万円、井口の用地、ときわ園の建設、これは後で触れます。綾部の土地取得7億8,549万円、こうした課題。さらに、公社の経営の健全化のために出される200万円、津山産業・流通センターに関係するその他幾つかの金額、津山における大型開発事業のなれの果てが流通センターの整理です。

 この土地開発公社の負債の整理を早急にしていくということ、解散していくということは、私どもももろ手を挙げて賛成です。しかし、その財源づくりという点では絶対に容認できません。

 何回も指摘してきたところですけれども、そもそも論でいうと、公拡法に違反して民間宅建業者との共同開発を考えていたものが、私がそれは法律違反だと指摘して取りやめたことにはなりましたけれども、売買契約ができたものから造成すべきだと主張してきましたけれども、これは受け入れられずに、今日一気に170億円の工事が行われたわけです。

 さらに、私どもは、その後毎年毎年の決算数字の中で、繰越金や基金の積立金の例えば半額を土地開発公社の負債整理に回さないと、将来津山市の財政負担が大変なことになると指摘しましたが、これも無視され続けてきました。綾部のごみ処理センター建設用地も、結局購入をしておきながら、前市長はその後の土地利用計画もないままに綾部をやめて、公募方式なるもので領家を決めましたが、綾部の土地代に関係して当然責任をとってもらうべきです。

 そして、日本共産党の主張だろうと、どこの政党のどの議員の主張だろうと、正しいものは正しいときっぱりと言い切っていく議会のあり方、チェック機能を果たしていくという議会、こうあるべきだと私は思っております。そうはなかなかならない議会の側の責任も、当然求めるべきだと思います。そうした責任を全て棚上げにしてしまって、全額市民が税金という名前で流通センターの責任など含めて公社の清算に入るというあり方に反対です。

 アルネビルへの税金投入問題ですが、一部平成25年度にまたぐ課題、継続した課題でもありますけれども、裁判も終わりました。しかし、すっきりしたわけではありません。明確な問題は、裁判所の鑑定で62億円が34億円の価値しかない、約半分しかないという結果が出たんです。これは消すことは絶対にできません。ただ、裁判上、市長の裁量権は逸脱していないという程度の結論が出ただけです。当局は間違っていなかったという結論が出たわけではありません。このことを忘れることなく、今後厳しく対応すべきだと思っております。

 まだアルネは税金での支払いがしばらく続きます。肝に銘じていただきたい。商業基盤施設整備事業補助金1億4,976万円、商業基盤の運営事業1,764万円、さまざまなお金総トータル3億5,568万1,613円です。この24年度の決算については、大型開発事業のなれの果て、関係者が60億円から70億円もの巨額の税金を流用してしまったお金の後始末なんです。ここを忘れてはいけません。この責任を無罪放免してしまったあり方というものは、何としても忘れてはならない、大切な津山の課題だと今でも思っております。そうしたことに関係する決算は認定できません。

 ときわ園を移転する予算5億691万7,000円。先ほど土地開発公社の課題のときに触れましたから、中身は触れませんけれども、老人ホーム、古くなったものは建てかえ、当たり前のことです。しかし、井口の土地に建設するという土地の取得の方法、そもそもあれが津山市の名義になった経過、これらをきっちりと整理して考えるならば、私は大きなインチキがそこにあった、第2のアルネが井口にはあった、このように指摘をしてきましたし、今でもそう思っております。原因者に責任をとらすべき、こういう考え方で、ときわ園の建てかえには賛成しますけれども、土地の取得のあり方に反対ということです。

 次に、津山市が加入しております一部事務組合の負担金のあり方と組合の運営、議会のあり方などについて、決算の質問のときに申してきましたとおりです。改善をしてください。新クリーンセンター建設費及び津山圏域資源循環施設組合の負担金、この以外のお金はあえて反対まではしませんが、賛成ではないという気持ちはあります。

 そして、新クリーンセンター建設及び津山圏域資源循環施設組合への負担金についてですが、衛生費、津山資源循環施設組合負担金1億2,286万円、新クリーンセンター周辺整備事業130万円などの決算です。

 以前から指摘をし、予算審議の中でも申し上げてきたところですが、確かに前市長によって土地を購入されていたという現実がある限り、領家での事業推進の見直しはできないと思える部分、これは一定程度認めざるを得ないと思いますけれども、先ほども言いました申請書類は間違ったままです。初めから領家ありきの適地選定委員会への当時の当局からの課題提起と審議内容なども、是正されておりません。適地選定委員会の副委員長に至っては、領家に予定地が決まるかなり前から、領家の土地は安く手に入ると委員会で公然と述べて委員会をリードしております。

 こうした真相を調べたくても、会議録は抄録としながら製本がないなど、疑問点が残ったままです。それをそのままにして、領家での事業推進だけを図っていくというやり方はいかがなものかと思います。事業推進をやるとしても、未整理の問題が整理できないわけはない、整理すべきだ、このように思っております。

 さらに、わずかなことですけれども旅費の使い方、23年度を通じて、私は24年度に対して、内々ですけれども若干の注意をしてきました。それが聞き入れないまま、24年が使われました。忘れられたというか、かなり問題点があると思われる視察が行われてきたわけです。

 本当は、こんなことは本会議で言うべきことではありません。そのくらいのことは百も承知してわかっておるつもりですけれども、23年度で内々に申し上げたら、24年度はその内々のことは全く忘れておって、23年と同じことをやってきた。忘れられた人間の、まあつらさとでもいうんか、ひがみとでもいうんでしょうか。だとすれば、本会議できっちり指摘しておかないととまらんのかなというかすかな気持ち、それで旅費の使い方についてあえて本会議で申し上げました。循環施設組合の負担金は了解できません。

 民間委託費など幾つかの数値があります。火葬場の委託料、保育園の委託料、可燃ごみの収集委託料、パッカー車の課題など、先ほど総論の中で言いました、やっぱり行政みずからがすべきだというふうに思っておりまして、いたずらに民間委託することに対しては反対いたします。

 そして、職員の給与に関係する決算についても、これも予算審議の中、議案審議の中で申し上げましたけれども、公務員労働者の給与の引き下げというのは、それぞれの地域での労働者の賃金の低下を招いていきます。年金生活者にも影響していきます。こうした事態はますます国民、市民の懐を寂しくして、物を買う購買力という意欲をなくしてしまいます。これでは景気はよくなりません。そういう意味で反対をいたします。

 総論として、もう一度言います。48号「一般会計決算」、議案51号「国保会計決算」、56号「介護保険決算」、59号「後期高齢者医療制度決算」、67号「水道事業会計決算」に反対し、その他の委員長報告には賛成いたします。

 平成24年度決算を通じて強く訴えたいのは、討論の中でも先ほども言いましたが、過去の大型開発事業が提案されるたびに、今日の財政難を予測し、反対をする理由を明確に述べて、ただ反対だけではなくて、対峙案まで提案してどうすべきかを私どもは真摯に考え、真面目に訴え努力してきたと自負しております。結果として、その時々の私ども日本共産党議員団の指摘が、全部とは言いませんが、かなり正しかったと今でも結果論から言えると思っております。このことをしっかりと覚えておっていただきたい、このことをお願いして討論を終わります。〔降壇〕



○議長(川端恵美子君)

 以上で28番、末永弘之議員の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって質疑、討論を終結いたします。

 これより議案第48号から議案第67号までの各会計決算議案20件を、一括して起立により採決をいたします。

 これらの議案に対する各常任委員長からの報告は、原案のとおり認定であります。

 これらの議案をいずれも各委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(川端恵美子君)

 起立多数であります。

 よって会計決算議案20件は、いずれも原案のとおり認定することに決しました。



△日程第4  議案第146号「工事請負契約について」



○議長(川端恵美子君)

 次に、日程第4に入り、議案第146号「工事請負契約について」を上程議題といたします。

 この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 御苦労さまでございます。

 本日ここに12月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御多用中にもかかわりませず御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 それでは、ただいま上程をされました議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第146号「工事請負契約について」につきましては、広戸池新設工事について工事請負契約を締結するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、議会の議決をお願いいたすものでございます。

 以上、何とぞ御審議の上、御議決賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(川端恵美子君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 この際、お諮りをいたします。

 本案は先ほどの全員協議会で御内定をいただいておりますとおり、会議規則第37条第3項の規定に基づき委員会付託を省略し、直ちに本会議において審議することといたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(川端恵美子君)

 御異議なしと認めます。

 よって議案第146号は委員会付託を省略し、本会議において審議することに決しました。

 質疑、討論の申し出がございませんので、これより議案第146号について採決をいたします。

 議案第146号「工事請負契約について」を原案のとおり可決することに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(川端恵美子君)

 御異議なしと認めます。

 よって議案第146号「工事請負契約について」は原案のとおり可決されました。



△日程第5  議案第68号〜議案第145号

       議案第147号・議案第148号



○議長(川端恵美子君)

 次に、日程第5に入り、議案第68号「平成25年度津山市一般会計補正予算(第3次)」から議案第145号「財産の処分について」及び議案第147号「工事請負契約について」と議案第148号「工事請負変更契約について」の議案80件を一括上程議題といたします。

 この際、市長からの提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 それでは、ただいま上程されました議案につきまして御説明を申し上げます。なお、予算議案につきましては、金額は万円単位で、以下切り捨てて申し上げますので、御了承いただきたいと存じます。

 まず、議案第68号「平成25年度津山市一般会計補正予算(第3次)」についてでございます。

 今回の補正予算は、国の緊急防災対策、経済対策に対応した小中学校施設大規模改造事業等の前倒し計上、勧奨等の早期退職職員数の見込みに伴う退職手当の計上及び国家公務員に準じた職員給与減額などに伴う人件費の調整など、9月補正予算編成後における事情の変化に対応する緊急性の高い経費を中心に編成をいたしております。

 歳出の主なものを性質別に申し上げますと、普通建設事業費59億3,574万円、人件費1億9,375万円、扶助費1億8,580万円を増額計上いたしております。

 それでは、歳出につきまして、費目別に主なものを御説明申し上げます。

 総務費では、勧奨等早期退職者に対する退職手当、市税等還付金及び還付加算金などで4億3,022万円を、民生費では、障害者介護給付事業、生活保護費などで1億9,368万円を、商工費では、企業立地促進奨励金などで4,668万円を、土木費では、単市道路改良事業や井口公園整備事業などで7,385万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 教育費では、小中学校施設大規模改造事業及び(仮称)東部学校給食センター建設事業につきまして、国の緊急防災対策、経済対策に対応して、平成26年度実施予定分を前倒しし計上いたしたことなどで57億244万円を増額いたしております。

 災害復旧費では、8月、9月の豪雨災害により発生した農地・農業用施設や公共土木施設等の災害復旧事業費として8,960万円を増額計上いたしております。

 一方、歳入の主なものといたしましては、地方交付税3億74万円、国庫支出金18億7,718万円、市債39億8,526万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 この結果、平成25年度一般会計補正予算(第3次)の補正額は64億1,141万円を増額し、予算総額は523億9,184万円となっております。

 このほか、債務負担行為補正として、保育所移転建設事業、地域総合整備資金貸付金など3件を追加し、小規模ため池補強事業について限度額を変更いたしております。

 また、地方債の補正として、義務教育施設整備事業費、臨時財政対策債など13件について借入限度額を変更いたしております。

 次に、特別会計6件、水道事業会計及び工業用水道事業会計の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 議案第69号「平成25年度津山市国民健康保険特別会計補正予算(第1次)」につきましては、人件費調整により1,236万円を減額いたしております。

 次に、議案第70号「平成25年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)」につきましては、補助対象事業費の確定などに伴い3億2,502万円を減額し、また地方債補正として借入限度額を変更いたしております。

 議案第71号「平成25年度津山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1次)」につきましては、人件費調整などにより466万円を減額いたしております。

 議案第72号「平成25年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)」につきましては、人件費調整により541万円を減額いたしております。

 次に、議案第73号「平成25年度津山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1次)」につきましても、人件費の調整により397万円を減額いたしております。

 議案第74号「平成25年度津山市土地開発公社清算事業特別会計補正予算(第2次)」につきましては、代位弁済額及び三セク債償還金額の確定に伴う調整、並びに産業・流通センター分譲代金収入の基金積立金の計上などによりまして3億1,758万円を増額するとともに、地方債補正として借入限度額を変更いたしております。

 議案第75号「平成25年度津山市水道事業会計補正予算(第1次)」につきましては、退職給与金などで1,552万円を増額計上し、補正後の予算総額は49億6,835万円となっております。

 議案第76号「平成25年度津山市工業用水道事業会計補正予算(第1次)」につきましては、企業債償還金で12万円を増額計上し、補正後の予算総額は3,875万円となっております。

 続きまして、条例議案について御説明を申し上げます。

 議案第77号「津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、定年退職する職員に対しまして雇用と年金を接続させることを目的に、地方公務員法の規定による再任用職員として採用される者の給料月額を定めるため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第78号「津山男女共同参画センター「さん・さん」条例の一部を改正する条例」から議案第103号「津山市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例」までの26議案につきましては、消費税法の一部改正によりまして税率が引き上げられることに伴い、使用料、利用料金等を改定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第104号「津山駅北口駐車場条例」につきましては、津山駅周辺整備計画に基づき、津山駅における公共交通機関の利用促進を図るとともに、駅周辺の駐車需要に対応するため、駐車場の設置及び管理について必要な事項を定めるため、新規に条例を制定いたすものでございます。

 議案第105号「津山市城下駐車場条例の一部を改正する条例」及び議案第106号「中島病院旧本館条例の一部を改正する条例」並びに議案第108号「グリーンヒルズ津山条例の一部を改正する条例」及び議案第109号「リージョンセンター条例の一部を改正する条例」につきましては、消費税法の一部改正により税率が引き上げられることに伴い、使用料及び利用料金を改定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第107号「津山市都市公園条例の一部を改正する条例」及び議案第126号「津山市体育施設条例の一部を改正する条例」につきましては、消費税法の一部改正により税率が引き上げられることに伴い、使用料及び利用料金を改定し、並びに鶴山球技場について体育施設としての用途廃止を行うため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第110号「津山市市営住宅管理条例の一部を改正する条例」につきましては、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部改正に伴いまして、条例中に引用する同法の題名等を改正するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第111号「津山市下水道事業受益者負担及び受益者分担に関する条例」につきましては、公共下水道事業に要する費用の一部として賦課徴収する受益者負担金及び分担金について、編入前の旧各町の区域に係る取り扱いを統一し、その他賦課徴収に必要な事項を定めるため、新規に条例を制定いたすものでございます。また、条例制定に伴いまして、附則にて津山市下水道事業受益者負担に関する条例を廃止いたすものでございます。

 次に、議案第112号「津山市下水道条例の一部を改正する条例」及び議案第113号「津山市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例」並びに議案第115号「津山市コミュニティセンター条例の一部を改正する条例」及び議案第116号「津山市立学校施設使用条例の一部を改正する条例」につきましては、消費税法の一部改正によりまして税率が引き上げられることに伴い、使用料を改定するため、条例中の規定につきまして所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第114号「津山市農業集落排水処理施設事業分担金徴収条例の一部を改正する条例」につきましては、農業集落排水処理施設事業に要する費用の一部として賦課徴収する分担金について、旧加茂町及び旧阿波村の事業区域に係る取り扱いを統一するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第117号「津山市社会教育委員の設置並びに定数及び任期に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴いまして、社会教育法の一部改正が行われたことによりまして、条例の題名を「津山市社会教育委員条例」に改め、委員の委嘱の基準を規定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第118号「津山市公民館条例の一部を改正する条例」につきましては、消費税法の一部改正により税率が引き上げられることに伴い、使用料を改定し、並びに二宮公民館二宮松北分館を地元町内会に譲渡するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第119号「久米ふれあい陶芸センター条例の一部を改正する条例」及び議案第120号「勝北陶芸の里工房条例の一部を改正する条例」並びに議案第123号「津山市勝北文化センター条例の一部を改正する条例」から議案第125号「津山市立文化展示ホール条例の一部を改正する条例」まで、並びに議案第127号「津山市久米総合文化運動公園市民プール条例の一部を改正する条例」から議案第130号「津山市工業用水道事業給水条例の一部を改正する条例」までの9議案につきましては、消費税法の一部改正により税率が引き上げられることに伴い、使用料、利用料金及び水道料金等を改定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第121号「津山文化センター条例の一部を改正する条例」につきましては、消費税法の一部改正により税率が引き上げられることに伴い、利用料金を改定し、並びに施設の一部を廃止するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第122号「津山市加茂町文化センター条例の一部を改正する条例」につきましては、消費税法の一部改正により税率が引き上げられることに伴い、利用料金を改定し、並びに月曜日を休館日に追加するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 続きまして、その他議案について御説明申し上げます。

 議案第131号から議案第143号までの「指定管理者の指定について」の13議案につきましては、加茂町福祉センター、ふれあいサロン、高齢者総合福祉施設めぐみ荘、阿波保健福祉センター──浴室棟でございます──、あば交流館、道の駅久米の里、黒木キャンプ場、奥津川ラビンの里、阿波森林公園、津山圏域雇用労働センター、津山市三世代研修宿泊施設、神楽尾公園、津山市久米総合文化運動公園市民プール、津山文化センターの指定管理者の指定について、地方自治法の規定により議会の議決をお願いいたすものでございます。

 議案第144号「津山圏域衛生処理組合規約の変更について」につきましては、組合を組織する市及び町の分担金の負担割合を人口割に変更することに伴いまして組合規約を変更するため、地方自治法の規定に基づき議会の議決をお願いいたすものでございます。

 議案第145号「財産の処分について」につきましては、津山産業・流通センター用地の分譲に伴い、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いいたすものでございます。

 議案第147号「工事請負契約について」及び議案第148号「工事請負変更契約について」につきましては、鶴山小学校校舎耐震改修工事について工事請負契約を締結し、勝北地域防災行政無線施設整備工事について工事請負契約を変更するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして議会の議決をお願いいたすものでございます。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(川端恵美子君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日は運営予定に従いこれをもって打ち切り、明3日から8日までは休会とし、次の会議は来る12月9日午前10時から本会議を開き、議案質疑、一般質問を行います。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承を願います。

 本日はこれをもって散会といたします。

 大変御苦労さまでございました。

                                   午後0時20分 散会