議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成 7年 6月定例会 06月27日−05号




平成 7年 6月定例会 − 06月27日−05号







平成 7年 6月定例会



                             平成7年6月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 5 号)



 平成7年6月27日(火)午後1時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │ 議案会第6号 宗教法人オウム真理教の早期解散を求める意見書       │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議案第2号〜議案第11号                    10件 │

│     │ 報告第1号                            1件 │

│     │ 請願第1号・第2号・第3号                       │

│ 第 2 │ 陳情第1号・第2号                           │

│     │           (委員長報告・採決)                │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 3 │ 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について              │

└─────┴─────────────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│     │ 保留分の答弁・発言の訂正について                    │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │                                     │

├─────┤                                     │

│ 第 2 │ 議事日程と同じ                             │

├─────┤                                     │

│ 第 3 │                                     │

└─────┴─────────────────────────────────────┘







                                    議 案 会 第 6 号





           宗教法人オウム真理教の早期解散を求める意見書



 上記の議案を別紙のとおり津山市議会会議規則第14条の規定により提出します。



   平成7年6月27日



  津山市議会議長  神 崎 裕 康 殿



                       提出者 津山市議会議員  秋 山 幸 則 印

                       賛成者    〃     池 口 仙 治 印

                        〃     〃     内 田 好 一 印

                        〃     〃     小 野 喜 崇 印

                        〃     〃     川 端 恵美子 印

                        〃     〃     杉 山 義 和 印

                        〃     〃     福 田 昭 好 印

                        〃     〃     美 見 みち子 印

                        〃     〃     森 西 順 次 印







           宗教法人オウム真理教の早期解散を求める意見書



 宗教法人オウム真理教については、毒ガスサリン等による無差別テロや銃器密造、拉致監禁など、宗教法人とは言いがたい数々の反社会的な行為が次々と明らかにされている。

 宗教法人法第81条は、宗教法人が法令に違反して、著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる行為をした場合、所轄庁や検察当局等が宗教法人の解散を請求し、裁判所がその解散を命令することができるとしているが、教団幹部らが殺人、殺人未遂及び殺人予備罪で起訴されたいま、オウム真理教がこの解散請求の要件に該当していることは明白である。

 よって、宗教法人に名を借りたオウム真理教の反社会的活動を断ち、国民の不安を解消するため、関係諸機関が早急にオウム真理教の解散請求を行うよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により、意見書を提出する。



   平成7年6月27日



                              岡 山 県 津 山 市 議 会







                                    津 総 総 第29 号

                                    平成7年6月27日





  津 山 市 議 会 議 員 殿



                          津山市長  中 尾 嘉 伸





                追加議案等の送付について





 市議会6月定例会に提出する次の議案等を、別紙のとおり送付します。



                     記



諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について







                                      諮問第 1 号





              人権擁護委員候補者の推薦について



 人権擁護委員候補者に次の者を推薦したいから、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により、議会の意見を求める。



                     記



┌─────────────────┬───────────┬─────────────┐

│   住         所   │   氏    名   │   生 年 月 日   │

├─────────────────┼───────────┼─────────────┤

│ 津山市北園町34番地の19   │  下 田 三千男  │ 昭和23年 1月27日 │

├─────────────────┼───────────┼─────────────┤

│ 津山市沼285番地の1     │  清 水 良 三  │ 昭和 6年 2月28日 │

├─────────────────┼───────────┼─────────────┤

│ 津山市山北694番地の5    │  竹 内 恒 彦  │ 昭和 4年10月20日 │

├─────────────────┼───────────┼─────────────┤

│ 津山市上之町186番地     │  妹 尾 伊都子  │ 大正11年 2月10日 │

├─────────────────┼───────────┼─────────────┤

│ 津山市下高倉東1395番地   │  米 井 順 子  │ 昭和10年 2月20日 │

└─────────────────┴───────────┴─────────────┘



   平成7年6月27日提出



                             津山市長  中 尾 嘉 伸







            総 務 文 教 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                    平成7年6月22日

  津山市議会議長  神 崎 裕 康 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            総務文教委員長 森 下 寛 明 印

                     記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第2号平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち総務文教委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第4号津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例原案可決  
議案第5号津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例原案可決  
議案第7号津山市消防表彰、救慰及び殉職者特別救慰条例の一部を改正する条例原案可決  
議案第8号市立幼稚園の学校医・学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例原案可決  
請願第3号学校事務職員・栄養職員の義務教育費国庫負担制度堅持に関する請願書採  択  
陳情第2号総合武道館建設に関する陳情書継続審査  








            厚 生 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                    平成7年6月22日

  津山市議会議長  神 崎 裕 康 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              厚生委員長 広 瀬 円 助 印

                     記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第2号平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち厚生委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第6号津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例原案可決賛成多数
報告第2号市長が専決処分した「平成7年度津山市老人保健特別会計補正予算(第1次)」について原案承認  
請願第1号一心教団(宗教)墓地建設反対請願書継続審査  
陳情第1号同和対策事業の早期完了をなしとげ、すみやかに、一般行政への移行を求め、部落問題を永久に残す「部落解放基本法」や「社会的差別撤廃基本法」などの制定を許さない陳情書継続審査  








            産 業 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                    平成7年6月22日

  津山市議会議長  神 崎 裕 康 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              産業委員長 衣 笠 皓 夫 印

                     記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第2号平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち産業委員会の所管に属する事項原案可決  








            建 設 水 道 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                    平成7年6月22日

  津山市議会議長  神 崎 裕 康 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            建設水道委員長 勝 浦 美作男 印

                     記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 2号平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち建設水道委員会の所管に属する事項原案可決賛成多数
議案第 3号平成7年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)原案可決  
議案第 9号津山公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する基本協定について原案可決  
議案第10号工事請負契約について原案可決  
議案第11号工事請負契約について原案可決  
請願第 2号一宮地区内の橋梁架橋に関する請願継続審査  








           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │          │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │    │    │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │          │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 神 崎 裕 康 │ 出席 │    │ 16 │ 川 端 恵美子 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 藤 田   勉 │ 〃 │    │ 17 │ 小 野 喜 崇 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 谷 口 圭 三 │ 〃 │    │ 18 │ 辰 野   貢 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │ 19 │ 広 瀬 円 助 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 勝 山   修 │ 〃 │   │ 20 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 杉 山 義 和 │ 〃 │   │ 21 │ 秋 山 幸 則 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 仁 木 豊 司 │ 〃 │   │ 22 │ 森 下 寛 明 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 土 居 義 幸 │ 〃 │   │ 23 │ 池 口 仙 治 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │ 24 │ 内 田 好 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 山 本 睦 夫 │ 〃 │   │ 25 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 権 田 直 良 │ 〃 │   │ 26 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 勝 浦 美作男 │ 〃 │   │ 27 │ 衣 笠 皓 夫 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 武 本 淑 男 │ 〃 │   │ 28 │ 坂 出 義 則 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │ 29 │ 福 田 昭 好 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 15 │ 美 見 みち子 │ 〃 │   │ 30 │ 政 岡   勇 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



               説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  中 尾 嘉 伸  │ 環境事業所長  │  長 瀬 康 春  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 助役      │  井 口 正 一  │ 産業部長    │  上 本 荘 司  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 収入役     │  田 原 清 資  │ 産業部参事   │  山 本 直 樹  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  藤 原 修 己  │ 建設部長    │  西 川 公 人  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  溝 口   弘  │ 建設部参事   │  安 東   治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 企画調整部参事 │  池 町 方 邦  │ 建設部参事   │  板 矢 文 雄  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  山 本 智 英  │ 監査事務局長  │  矢 野 三 朗  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  福 井 啓 人  │ 教育次長    │  内 田 康 雄  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参事   │  豊 福 省 三  │ 教育委員会参事 │  政 近   剛  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 同和対策室長  │  三 浦 米 男  │ 水道局長    │  浅 田 敏 夫  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市民生活部長  │  川 上 元 一  │ 社会福祉事務所長│  堀 内 健 稔  │

└─────────┴───────────┼─────────┼───────────┤

                      │ 出納室長    │  下 山 勝 清  │

                      └─────────┴───────────┘



             職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  丸 尾 久 重  │ 主査      │  矢 北 教 介  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  竹 内   伝  │ 主事      │  定 久   誠  │

├─────────┼───────────┼─────────┴───────────┘

│ 係長      │  大 谷 賢 次  │

└─────────┴───────────┘



   会議場所  津 山 市 議 会 議 場







                                   午後1時00分 開議



○議長(神崎裕康君)

 御着席願います。

 皆様には連日御苦労さまでございます。

 これより6月定例市議会第5日目の本会議を開きます。

 ただいまの出席議員は30名であります。

 本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり、3つの日程といたしております。



△保留分の答弁・発言の訂正について



○議長(神崎裕康君)

 日程に入ります前に、去る6月23日、第4日目の本会議において、6番杉山義和君及び26番末永弘之君の関連質問に対して環境事業所長の答弁を保留いたしておりましたので、この際答弁を求めます。

 環境事業所長。



◎環境事業所長(長瀬康春君)

 去る6月21日の勝山議員さんへの答弁に対し、関連質問をされました杉山議員さん、末永議員さんにお答えをいたします。

 まず、杉山議員さんの関連質問につきましては、総合ごみ処理センターの未買収の1.29ヘクタールは7町内の共有地であり、6町内は同意をいただいております。この所有地を町内の持ち分で案分しますと、同意率は全体の98.4%となり、残るのは1町内の1.6%となりますという内容のことを申し上げましたが、これにこの町内の同意がないと1.29ヘクタールの買収ができませんということを補足させていただきます。

 次に、末永議員さんの関連質問の答弁につきましては、昨年の連合町内会の請願に対して、議会で満場一致で決めていただいたと申し上げましたが、平成5年12月の定例会におきまして連合町内会全体の請願書になっていないのではないか、地元合意ができなくて、反対する町内があるのに建設を急ぐのは問題がある、継続審査とすべきとの指摘や意見が日本共産党議員団よりあったことは事実であります。その経過を十分認識せず答弁したことをここでおわびし、議会の多数で決めていただいたと訂正をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



△日程第1 議案会第6号「宗教法人オウム真理教の早期解散を求める意見書」



○議長(神崎裕康君)

 これより日程第1に入り、議案会第6号「宗教法人オウム真理教の早期解散を求める意見書」を上程議題といたします。

 本案は本日提出され、お手元に配付のとおりであります。

 お諮りいたします。

 この際、本案は提案者からの提案理由の説明を省略し、また委員会付託も省略して、直ちに本会議において審議することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君)

 御異議ございませんから、さように決し、本案について事務局職員に朗読をさせます。

 事務局次長。



◎議会事務局次長(竹内伝君)

 それでは、朗読いたします。

                                    議案会第6号

           宗教法人オウム真理教の早期解散を求める意見書

 宗教法人オウム真理教については、毒ガスサリン等による無差別テロや銃器密造、拉致監禁など、宗教法人とは言いがたい数々の反社会的な行為が次々と明らかにされている。

 宗教法人法第81条は、宗教法人が法令に違反して、著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる行為をした場合、所轄庁や検察当局等が宗教法人の解散を請求し、裁判所がその解散を命令することができるとしているが、教団幹部らが殺人、殺人未遂及び殺人予備罪で起訴されたいま、オウム真理教がこの解散請求の要件に該当していることは明白である。

 よって、宗教法人に名を借りたオウム真理教の反社会的活動を断ち、国民の不安を解消するため、関係諸機関が早急にオウム真理教の解散請求を行うよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により、意見書を提出する。

    平成7年6月27日

                                   岡山県津山市議会

 以上でございます。



○議長(神崎裕康君)

 本案について御質疑はございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君)

 御質疑もございませんから、お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君)

 御異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。



△日程第2 議案第2号〜議案第11号

      報告第1号

      請願第1号・第2号・第3号

      陳情第1号・第2号

          (委員長報告・採決)



○議長(神崎裕康君)

 次に、日程第2に入り、今議会に付託の議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」から議案第11号「工事請負契約について」までの議案10件、報告第2号「市長が専決処分した「平成7年度津山市老人保健特別会計補正予算(第1次)」について」の報告1件及び請願3件、陳情2件を一括上程議題といたします。

 これらの議案につきましては、いずれも各常任委員会において審査終了の旨、報告がございましたので、この際、各委員長から審査結果の報告を求めることといたします。

 まず、総務文教委員長、登壇、報告を求めます。

 22番、森下寛明君。



◆22番(森下寛明君) 〔登壇〕

 今期定例会において総務文教委員会に付託されました議案5件、請願1件、陳情1件につきまして、去る22日、関係当局の出席を求め委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の過程で特に論議されました点、あるいは意見、要望を付しましたもののうち主な点について御報告をいたします。

 まず議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち、総務に属する事項については、結果的には全員一致原案可決といたしておりますが、市民憲章は昭和46年に制定され、市民憲章推進協議会が発足されたが、当初は骨格ということで50万円、そしてここで20万円の補正で、各種の62団体と法人が12団体に参加していただいて文化、環境、健康の3つの部会で市民憲章の精神にのっとって各種の活動をしていただいている補助金ということですが、制定から20年以上も経過しており、それぞれのセクションで市民憲章がどのように生かされているのか、また、見直すべきところは見直していかなければリストラは進まないという意見に対しましては、市民憲章の精神にのっとって、より啓発を高めて行きたいという答弁がありました。

 次に、議案第2号の文教に属する事項につきましては、校舎建築、屋内体育館、小学校の大規模改修、プール建設、さらに中学校で3校、小学校で11校において何らかの形で雨漏りのする現状を見るときに、学校教育環境の整備が相当遅れている点を指摘いたしましたところ、応急的、臨時的な措置はしているが、雨漏りの現地調査をし、その結果を早い機会に議会に示し、さらに御協議をいただきたいということでありました。

 そこで、当委員会といたしましては、大規模修繕、雨漏り等の実態調査をし、学校の施設環境整備充実に全力投球をしていただきたいと強く要望いたしております。

 次に、陸上競技場の施設整備工事費300万円に関連して、現在は2種の陸上競技場ですが、規則の変更により、近い将来3種への格下げが懸念されるので、管理・運営をしている津山市にとっては大変な負担となる可能性があるという指摘に対しましては、県の施設の管理・運営のあり方について、教育委員会としては県下10市の市長会、議長会にも働きかけ、県営施設は県で管理・運営をしていただきたいということを県に強く要望していきたいという当局の見解でありました。

 次に、国際音楽祭補助金2,000万円についてでありますが、そのあり方についてもう少し親近感がもてるような音楽祭にすべきで、市民の皆さんに問い直す必要があるという指摘に対しましては、市民的なプログラム委員会を作り、過去の音楽祭の反省を含め、市民の意見を聞きながら対応し、各方面から委員として出席していただいて御協議を賜るよう現在検討しているということでありましたが、市民の目で見た音楽祭を構築する必要があり、予算的にはこれだけ要するということを示しながらのアンケートを実施してもらいたいという要望もありました。

 議案第2号につきましては、以上のような指摘、要望を付して原案可決といたしております。

 次に、議案第4号「津山市執行機関設置条例の一部を改正する条例」につきましては、この議案に関連して、総合計画審議会委員なり各種審議会には、従前は長がつく人が多かったので、より多く一般市民に参加してもらい、そして若者定住の町づくりが盛んに言われている昨今ですから20代、30代の若者をこのメンバーに加えるということも考慮していただきたい。また、審議会のなかで決まったものを、どうですかと示すのではなく、複数回数の開催と思うので、中途において議会が議論できる場を提供していただきたい。また、各行政セクションで十分将来を見通して、何が必要かをよく検討し、審議会に資料として提出していただきたい等々の意見がありましたので、当委員会としては、各種審議会のあり方については広く市民の声が反映するようなものにされたいと要望して原案可決といたしております。

 その他の議案につきましては、いずれも適切・妥当、あるいは必要やむを得ない措置として原案可決といたしております。

 次に、請願第3号「学校事務職員・栄養職員の義務教育費国庫負担制度堅持に関する請願書」につきましては採択と決し、関係方面に意見書を提出することといたしております。なお、その案文作成については議長室に一任としております。

 次に、陳情第2号「総合武道館建設に関する陳情書」につきましては、体育施設の県南、県北の格差是正、平成17年度国体柔道、剣道等の津山誘致を考えれば、その願意は十分理解できるが、他のスポーツ施設との兼ね合い、実現の可能性、予算、施設規模等を考え合わせ前向きに県とも協議して行くために、また、体育関係団体との調整、合意を得て理解と協力を得るためにも、いましばらく調査・研究する必要があるとして、この度は継続審査といたしております。

 次に、報告事項として酪農試験場跡地整備計画の中間報告があり、長時間種々論議がありましたが、基本的には事業を前向きに推進していただきたいが、県施設の管理・運営については、全体の収支計画を早急に提示し、県にも相応の費用負担を要請するとともに、計画の内容については集客力のあるものとし、見直しのできるものは見直しを強く県に要望していただきたい。そして今後の事業推進に当たっては、議会と緊密な連携のもとに進めていただきたいと要望いたしております。

 以上が総務文教委員会に付託されておりました諸案件、その他の審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告といたします。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君)

 次に、厚生委員長、登壇、報告を求めます。

 19番、広瀬円助君。



◆19番(広瀬円助君) 〔登壇〕

 今期定例会において、厚生委員会に付託されました議案2件、報告1件、請願1件、陳情1件につきまして、去る22日、慎重に審査いたしましたので、その経緯、結果についてご報告いたします。

 まず、議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち厚生委員会の所管に属する事項についてですが、ごみ処理施設等整備工事費の1億7,200万円について、単独市費で整備をする事になっているが、国の補助対象事業にはならないのか、また、焼却炉の24時間連続運転に伴う職員の勤務体制に対する補正は必要がないのかとの質疑があり、当局としては、環境基準の変化に伴う基幹的整備費については、補助対象になるが、今回のような焼却炉の老朽化に伴う整備については補助対象にはならない、また今回の補正は施設の改善費が中心であり、その他の費用については、9月補正に計上をする予定であるとの答弁でありました。

 また、本会議の一般質問の中でも論議となっておりました車いす駅伝競走大会について、この大会は福祉事務所の担当になっているが、大会準備事務のために、窓口等において住民サービスに影響があるなど、職員の通常業務に支障は来してないのか、との質疑があり、当局としては、この大会は全庁的な応援体制の中で事業を進めており、業務に支障がないように仕事の分担等協議をして取り組んでいる、との答弁でありました。

 また、現在のような厳しい財政状況の中では、イベントを行うよりも、車いすの通行に支障のないような道路等、ハード面の整備を優先するべきではないのか、また車いす大会において、車いすの障害者だけが、注目を浴び、寝たきりの人等、車いす以外の障害者に対する関心が、この駅伝大会を続ける事によって薄れて来ているのではないかとの意見がありました。その他、種々質疑等がありましたが、議案第2号については、全員一致で原案可決いたしております。

 次に、議案第6号「津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例」につきましては、行政の作った制度により生まれてくる財源不足は、行政の負担とすべきであり、被保険者が負担をするのは矛盾がある。そういう意味でこの制度自体に納得ができないとの意見があり、賛成多数により原案可決いたしております。

 次に、報告第2号については、特に問題点もなく、原案承認といたしております。

 次に、請願第1号「一心教団墓地建設反対請願書」については、当局の現状説明があった後、協議の結果、継続審査といたしております。

 次に、陳情第1号につきましても、一部委員より採択をしてほしいとの要望が出されましたが、継続審査との意見が多数のため継続審査といたしております。

 最後に、その他の件で当局より、国立療養所津山病院に対する50床の病床整理が平成7年度から実施予定であることについて、また国立病院・療養所の政策医療、再編成等に関する懇談会からの中間報告について報告がありました。

 以上が、厚生委員会に付託されておりました諸案件の審査結果の報告であります。

 よろしく御審議のうえ、審査結果報告書のとおり御決定を賜りますようお願い申し上げ、委員長報告を終わります。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君)

 次に、産業委員長、登壇、報告を求めます。

 27番、衣笠皓夫君。



◆27番(衣笠皓夫君) 〔登壇〕

 今定例会において、産業委員会に付託されました議案1件につきまして、委員会は、去る22日委員全員出席のもとに慎重に審査いたしましたので、その結果について、報告いたします。

 委員会の審査結果は、皆様方のお手元に配布いたしております、委員会審査結果報告書のとおりであります。

 議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち、産業委員会の所管に属する事項についてでございますが、骨格予算編成のため、当初予算に計上されていなかった各補助金等の補正が、主なものでありますが、審査の経過で、論議・意見・要望が付されたことについて申し上げます。

 一部委員より、観光費のまつり負担金で、「夏まつり」と、伝統のある「秋まつり」を比較してみて、市が負担する予算額に差がありすぎるのではないか、との指摘がなされ、これに対し、当局からは、秋まつりは神事の要素が強く、新しさを加えるということなどについては、ある程度の制約がある一方、夏まつりについては、全国的な傾向ではありますが、地域のエネルギーを発散させるということで、事業費の額も多額になっておりますが、事業費に対する補助対応率については、むしろ秋まつりへの方が高いということでありますが、イベント事業の在り方も含め、検討して、さらに充実すべきものとして要望を付しております。

 そして、大プロジェクト事業のひとつ、ニュー農パークについては、本会議においても、その事業進捗について、質問がなされたので内容説明を求めたところ、当局は、この事業は必ずやりますということで、現在75%の用地買収が進んでおり、今年度においては、残り25%の用地確保に、努めているところですが、これと併せて、アクセスのための、道路用地を買収して、平成8年度には道路工事着手を予定しておるものの、当初予定の平成9〜10年頃の完成年度を延ばさざるを得ない市の財政事情下におかれており、時期の変更等については、農林水産省補助事業を県に打診し、協議をしているところだということでありましたので、鋭意努力していただくよう、要望いたしております。

 また、産業の活性化を図るための資金導入について、臨機応変に対応できる資金活用ができる方法があるかどうか、当局の考え方を質したところ、現在の会計システムでは困難であるが、研究してみたいとの答弁でありました。

 そして、一部委員より、今年のごんごまつりに、阿波踊りを招聘している事実と、ごんご踊りの整合性について、質したところ、当局は、ごんご踊りを、この津山に長く定着させ、伝統あるものにするために、阿波踊りを剌激剤として、期待して招聘しているものであり、今年新たに募集した曲と踊りを、紹介するということでありました。

 また、一部委員より、結婚記念生活環境改善事業補助金について、活用希望者を含めての説明を求めたところ、既に2名の該当者を把握しており、県と同率負担ということで農業後継者の結婚促進を図って行きたいというものでした。

 そして、3年毎に開催している、工業展の委託料の1,800万円について質したところ、今年は、5回目という節目に当たることから、科学技術がこれから先、どのように進んで行くかということを、地域住民に知っていただくため、メディア・見る・作るという3つのゾーンに分けて、企画しているということでありますので、津山地域の工業発展の成功の鍵を握るものとして、期待をしていることを要望いたしております。

 その他の報告事項としては2件ありまして、津山市中小企業融資制度の貸し付け利子については、平成7年6月1日から利率が引き下げられ、また津山市勤労融資制度については、平成7年7月3日から利率引き下げ、及び返済方法の変更されるということで報告がありました。

 以上が、産業委員会に付託された審査結果の報告であります。何卒よろしく御審議のうえ、委員会審査結果報告書のとおり、御決定いただきますようお願いいたしまして、委員長報告を終わります。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君)

 次に、建設水道委員長、登壇、報告を求めます。

 12番、勝浦美作男君。



◆12番(勝浦美作男君) 〔登壇〕

 今期定例会において、建設水道委員会に付託されました議案5件、請願1件について、去る22日、慎重に審査いたしましたので、その経緯・結果について御報告を申し上げます。

 まず、議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち建設水道委員会の所管に属する事項についてでありますが、歳出の土木費総額6億594万円の補正です。

 歳入として、土木費国庫支出金約6,202万円、緊急地方道路整備事業臨時交付金、市債の土木費1億9,650万円として増額するものでありますが、一部委員より都市計画総務費の区画整理事業費の4,075万円について、駅南区画整理事業の一部反対者の住民合意を得てから進めるべきとの反対意見がありましたが、賛成多数で可決といたしております。

 次に、議案第3号「平成7年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)」についてでありますが、債務負担行為で平成8年度以降にわたるものについての平成6年度末までの支出額または支出額の見込み及び平成7年度以降の支出額等に関する調書の補正の追加としまして、津山市公共下水道根幹的施設建設事業として限度額17億5,300万円について、現在の浄化センターの能力をオーバーする流入量が見込まれるために、平成8年から11年までの債務負担としての増額でございますが、特に問題は無いということで原案どおり可決といたしております。

 次に、議案第9号「津山市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する基本協定について」でありますが、津山浄化センター工事についての委託基本協定締結のためのものですが、特に問題なく、原案どおり可決といたしております。

 次に、議案第10号「工事請負契約について」でありますが、公共下水道城北汚水幹線築造工事の契約締結のためのものですが、特に問題もなく、原案どおり可決といたしております。

 次に、議案第11号「工事請負契約について」でありますが、公共下水道沼第一汚水枝線埋設工事の契約締結のためのものでありますが、特に問題もなく、原案どおり可決といたしております。

 次に、請願第2号「一宮地区内の橋梁架橋に関する請願」でありますが、継続審査といたしております。

 最後に、当局から報告のありました2件につきまして御報告申し上げます。

 まず、建設部都市計画課より都市計画法及び建築基準法の改正による新用途地域制度についてということで報告がありました。内容は、現行の用途地域を更に細分化し、それぞれの住居系地域の状況に即したきめ細かな指定ができるようになったというものであります。これにつきましては、特に意見はありませんでした。

 次に、水道局より、昨年の津山市の渇水状況及び今年の津山市の渇水見込みと対応についての報告がありました。

 昨年は猛暑に伴う異常渇水でありましたが、市民に対しての節水の呼びかけ等、対策を講じたところ、制限給水、全断水するまでにいたりませんでした。

 今年は、黒木ダムとほぼ同規模の津川ダムが早ければ7月中にも供用開始する予定のため心配はないとのことでした。

 それから、委員より、2点質問等がございましたので、御報告申し上げます。

 まず1点として、工事請負業者について、指導監督についての調査依頼がありました。

 次に、財団法人津山市水道サービス公社について、経費節減でなく、メリット、デメリットについて研究して欲しいとの意見が出されました。

 以上が、建設水道委員会に付託されました諸議案の審査結果の報告であります。何とぞ審査結果報告書のとおり御決定いただくようお願い申し上げ、委員長報告を終わります。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君)

 各委員長からの審査結果の報告は、ただいまお聞きのとおりでございます。

 これより委員長報告に対する質疑・討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。

 15番、美見みち子さん。



◆15番(美見みち子君) 〔登壇〕

 お許しをいただきましたので、ただいまの各委員長報告に対しまして日本共産党議員団を代表して賛成、反対の討論を行います。

 まず、議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち区画整理事業費4,075万円についてですが、これは駅南の区画事業に対する国の補助金の確定に伴う津山市の負担金ですが、組合が設立されて2年がたつのに、いまだに5名近くの反対者の方がおられると聞いております。開発は住民合意が前提であり、反対者がいるのに強引な事業の推進は基本的に認められません。よって、区画整理事業費に反対いたします。

 次に、議案第6号「津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例について」ですが、これは国の国保制度の改正に伴い、最高限度額を50万円から52万円へと引き上げるものです。確かに2割減免の創設など、被保険者の負担を軽減する方向での改正もありますが、その財源を自治体及び被保険者に求めたのでは、一体何のための減免かとも言わなければなりません。国保会計が厳しい状況になったのは、国の補助金の大幅なカットによるものであります。また、平成4年度より、それまで国保へ直接補助されていた人件費分が一般財源化される、平成5年度より法定減免に対する国の補助金が定率制から定額制に切りかえられるなど、国のたび重なる制度改悪でますます地方自治体の負担が重くなったと言わざるを得ません。今何よりも求められているのは、国が補助金の一般財源化や定額制をやめ、国庫補助率を少なくとももとの45%まで戻し、自治体や被保険者に対するペナルティーをやめ、国としての責任を果たすことです。同時に、国保の運営主体は市町村であります。地方自治法第2条に基づき、住民の命と健康を守る立場で国の強引な指導に惑わされることなく、国保行政に取り組むことが重要になっています。したがって、今回の被保険者に負担を強化する条例の改正を認めるわけにはいきません。

 以上、述べてまいりましたように議案第2号、議案第6号に反対し、その他の委員長報告には賛成するという意見を申し上げて、日本共産党を代表しての討論を終わります。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君)

 以上で通告による質疑・討論は終わりました。

 これをもって質疑・討論を終結いたします。

 これより議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」から議案第11号「工事請負契約について」までの議案10件、報告第2号市長が専決処分した「平成7年度津山市老人保健特別会計補正予算(第1次)」の報告1件を一括して採決いたします。

 採決は起立によって行います。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成多数〕



○議長(神崎裕康君)

 起立多数であります。

 よって議案第2号から第11号までの議案10件、報告1件は原案のとおり可決、承認されました。

 次に、請願・陳情につきましては、請願3件、陳情2件を一括して採決いたします。

 委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君)

 御異議なしと認めます。

 よって請願については、今議会提出の第1号、第2号は閉会中の継続審査とし、第3号は採択と決しました。

 また、陳情については、今議会提出の第1号、第2号、ともに閉会中の継続審査と決しました。



△日程第3 諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」



○議長(神崎裕康君)

 次に、日程第3に入り、諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」を上程、議題といたします。

 本案は、本日提出され、お手元に配付のとおりでございます。

 この際、提案者から提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(中尾嘉伸君) 〔登壇〕

 御説明を申し上げます。

 ただいま上程されました諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」につきまして、御説明を申し上げます。

 人権擁護委員として津山市から9名の委員を推薦いたしておりますが、このうち下田三千男氏、清水良三氏、本田道子氏、竹内恒彦氏、妹尾伊都子氏の5名が、来る7月31日で満了となります。

 その後任といたしまして、下田三千男氏、清水良三氏、竹内恒彦氏、妹尾伊都子氏の4名を再任し、市内下高倉東、米井順子氏を新たに候補者として推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の御意見をお伺いするものであります。

 米井氏は、岡山大学教育学部を卒業後、小学校の先生、民生児童委員等を歴任され、現在は愛育栄養委員、婦人会等で地域福祉の向上に寄与されておられます。

 5名の方はともに人格、識見とも高く、広く社会の実情に通じておられ、人権擁護活動に対する理解も深く、人権擁護委員としてふさわしい方であると確信いたしております。

 何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようにお願いを申し上げます〔降壇〕



○議長(神崎裕康君)

 提案理由の説明は、ただいまお聞きのとおりであります。

 この際、お諮りいたします。

 本案は、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略し、直ちに本会議において審議することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君)

 御異議なしと認めます。

 よって委員会付託を省略し、本会議において審議することに決しました。

 本案について御質疑はございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君)

 御質疑もございませんから、お諮りいたします。

 本案は原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君)

 御異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案のとおり同意し、異議ない旨、答申することに決しました。

 以上で6月定例市議会の議事のすべてを終了いたしました。

 この際、市長からごあいさつがございます。

 市長、登壇。



◎市長(中尾嘉伸君) 〔登壇〕

 6月議会に提案をいたしました各議案につきまして適切な御決定を賜りまして、まことにありがとうございました。私にとりまして初の議会でありまして、皆様方にはいろいろと御配慮をいただき、重ねて御礼を申し上げます。

 また、議案に際しちょうだいいたしました皆様方の御意見を十分尊重し、これからの市政に反映してまいりたいと存じます。

 課題山積の現状でございますが、生き生き津山の創出のため邁進してまいりますので、ますますの御支援、御協力を賜りますようにお願いを申し上げます。

 これから厳しい暑さに向かいます。議員の皆様におかれましては、お体に十分留意され、津山市政発展のため御貢献賜りますようお願いを申し上げ、ごあいさつといたします。ありがとうございました。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君)

 皆様には、去る6月14日開会以来、本日まで御精励を賜り、まことにありがとうございました。本会期中執行当局、報道関係者並びに市民各位の御協力に対し心から感謝の意を表する次第であります。

 これをもちまして平成7年6月津山市議会定例会を閉会いたします。

 大変御苦労さまでした。

                                   午後1時41分 閉会







    地方自治法第123条第2項の規定により、本会議の顛末を証するため、ここに署名する。



    平成7年6月27日



       津山市議会議長 神 崎 裕 康



       津山市議会議員 勝 山   修



       津山市議会議員 杉 山 義 和