議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成 7年 6月定例会 06月14日−01号




平成 7年 6月定例会 − 06月14日−01号







平成 7年 6月定例会



                               平成7年6月津山市議会定例会

                                    (会期 14日間)





             6 月 定 例 市 議 会 運 営 予 定 表





┌───────┬───┬─────┬───────────┬─────────────┐

│ 月   日 │ 曜 │ 時  間 │  会      議  │   摘      要   │

├───────┼───┼─────┼───────────┼─────────────┤

│       │   │午前10時│  全 員 協 議 会  │             │

│       │   ├─────┼───────────┼─────────────┤

│ 6月14日 │(水)│      │           │議席の変更について    │

│       │   │午前11時│  本  会  議  │会期の決定について    │

│       │   │     │           │施政方針         │

│       │   │     │           │議案の提案理由説明    │

├───────┼───┼─────┴───────────┴─────────────┤

│ 6月15日 │(木)│                               │

├───────┼───┤                               │

│ 6月16日 │(金)│                               │

├───────┼───┤     休                   会     │

│ 6月17日 │(土)│                               │

├───────┼───┤                               │

│ 6月18日 │(日)│                               │

├───────┼───┼─────┬───────────┬─────────────┤

│ 6月19日 │(月)│午前10時│  本  会  議  │一般質問・議案質疑    │

├───────┼───┼─────┼───────────┼─────────────┤

│ 6月20日 │(火)│午前10時│  本  会  議  │一般質問・議案質疑    │

├───────┼───┼─────┼───────────┼─────────────┤

│ 6月21日 │(水)│午前10時│  本  会  議  │一般質問・議案質疑    │

│       │   │      │           │委員会付託        │

├───────┼───┼─────┼───────────┼─────────────┤

│ 6月22日 │(木)│午前10時│  委  員  会  │付託案件審査       │

├───────┼───┼─────┼───────────┼─────────────┤

│ 6月23日 │(金)│午前10時│  委  員  会  │付託案件審査       │

├───────┼───┼─────┴───────────┴─────────────┤

│ 6月24日 │(土)│                               │

├───────┼───┤                               │

│ 6月25日 │(日)│     休                   会     │

├───────┼───┤                               │

│ 6月26日 │(月)│                               │

├───────┼───┼─────┬───────────┬─────────────┤

│       │   │午前10時│  議会運営委員会  │             │

│       │   ├─────┼───────────┼─────────────┤

│ 6月27日 │(火)│午前11時│  全 員 協 議 会  │             │

│       │   ├─────┼───────────┼─────────────┤

│       │   │午後 1時│  本  会  議  │委員長報告・採決     │

│       │   │      │           │追加議案上程・採決    │

└───────┴───┴─────┴───────────┴─────────────┘







                             平成7年6月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 1 号)



 平成7年6月14日(水)午前11時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │議席の変更について                            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 2 │会議録署名議員の指名について                       │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 3 │会期の決定について                            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第 2号 平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)         │

│     │議案第 3号 平成7年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)    │

│     │議案第 4号 津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例    │

│     │議案第 5号 津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第 6号 津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第 7号 津山市消防表彰、救慰及び殉職者特別救慰条例の一部を改正する条│

│     │       例                             │

│ 第 4 │議案第 8号 市立幼稚園の学校医・学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に│

│     │       関する条例の一部を改正する条例               │

│     │議案第 9号 津山公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する基本協定につい│

│     │       て                             │

│     │議案第10号 工事請負契約について                    │

│     │議案第11号 工事請負契約について                    │

│     │報告第 2号 市長が専決処分した「平成7年度津山市老人保健特別会計補正予算│

│     │       (第1次)」について                    │

└─────┴─────────────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                                   6月津山市議会定例会

                                    平成7年6月14日





                 監査結果報告一覧表






番号受付月日件         名
17.4.7津山市水道事業会計平成7年2月分例月出納検査結果報告
27.4.10津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成7年2月分例月出納検査結果報告
37.4.28津山市水道事業会計平成7年3月分例月出納検査結果報告
47.4.28津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成7年3月分例月出納検査結果報告
57.6.6津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成7年4月分例月出納検査結果報告
67.6.6津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成7年4月分例月出納検査結果報告(出納整理期間分)








           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │          │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │    │    │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │          │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 神 崎 裕 康 │ 出席 │    │ 16 │ 川 端 恵美子 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 藤 田   勉 │ 〃 │    │ 17 │ 小 野 喜 崇 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 谷 口 圭 三 │ 〃 │    │ 18 │ 辰 野   貢 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │ 19 │ 広 瀬 円 助 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 勝 山   修 │ 〃 │   │ 20 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 杉 山 義 和 │ 〃 │   │ 21 │ 秋 山 幸 則 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 仁 木 豊 司 │ 〃 │   │ 22 │ 森 下 寛 明 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 土 居 義 幸 │ 〃 │   │ 23 │ 池 口 仙 治 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │ 24 │ 内 田 好 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 山 本 睦 夫 │ 〃 │   │ 25 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 権 田 直 良 │ 〃 │   │ 26 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 勝 浦 美作男 │ 〃 │   │ 27 │ 衣 笠 皓 夫 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 武 本 淑 男 │ 〃 │   │ 28 │ 坂 出 義 則 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │ 29 │ 福 田 昭 好 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 15 │ 美 見 みち子 │ 〃 │   │ 30 │ 政 岡   勇 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



               説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  中 尾 嘉 伸  │ 環境事業所長  │  長 瀬 康 春  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 助役      │  井 口 正 一  │ 産業部長    │  上 本 荘 司  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 収入役     │  田 原 清 資  │ 産業部参事   │  山 本 直 樹  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  藤 原 修 己  │ 建設部長    │  西 川 公 人  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  溝 口   弘  │ 建設部参事   │  安 東   治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 企画調整部参事 │  池 町 方 邦  │ 建設部参事   │  板 矢 文 雄  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  山 本 智 英  │ 監査事務局長  │  矢 野 三 朗  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  福 井 啓 人  │ 教育次長    │  内 田 康 雄  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参事   │  豊 福 省 三  │ 教育委員会参事 │  政 近   剛  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 同和対策室長  │  三 浦 米 男  │ 水道局長    │  浅 田 敏 夫  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市民生活部長  │  川 上 元 一  │ 社会福祉事務所長│  堀 内 健 稔  │

└─────────┴───────────┼─────────┼───────────┤

                      │ 出納室長    │  下 山 勝 清  │

                      └─────────┴───────────┘



             職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  丸 尾 久 重  │ 主査      │  矢 北 教 介  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  竹 内   伝  │ 主事      │  定 久   誠  │

├─────────┼───────────┼─────────┴───────────┘

│ 係長      │  大 谷 賢 次  │

└─────────┴───────────┘



   会議場所  津 山 市 議 会 議 場









△市民憲章斉唱

                                   午前11時00分 開会



○議長(神崎裕康君) 

 本日、平成7年6月津山市議会定例会が招集されましたところ、皆様には御多用のところ御参集いただき、御苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は30名であります。

 これより平成7年6月津山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△報告



○議長(神崎裕康君) 

 この際、報告をいたします。

 監査委員から監査結果の報告6件が参っております。事務局に保管をいたしておりますので、随時ごらん願います。

 次に、平成6年度津山市繰越明許費繰越計算書、平成6年度津山市事故繰越し繰越計算書、平成6年度津山市水道事業会計予算繰越計算書、また津山市土地開発公社、財団法人津山市都市整備公社及び財団法人津山文化振興財団の平成7年度事業計画及び収入支出予算書が議案とともに送付されておりますので、それぞれごらんいただきますようにお願いいたします。

 次に、去る5月23日各特別委員会が開かれ、委員長・副委員長が決定いたしましたので、報告をいたします。

 酪農試験場跡地問題調査特別委員会

  委員長に池口仙治君

  同副委員長に武本淑男君

 同和対策特別委員会

  委員長に末永弘之君

  同副委員長に谷口圭三君

 県北医療問題に関する調査特別委員会

  委員長に辰野貢君

  同副委員長に川端恵美子さん

 道路問題に関する調査特別委員会

  委員長に福田昭好君

  同副委員長に小野喜崇君

 以上でございます。

 次に、本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり、4つの日程といたしております。



△日程第1 議席の変更について



○議長(神崎裕康君) 

 これより日程第1に入り、「議席の変更について」を議題といたします。

 この際、お諮りいたします。

 5月臨時会での申し合わせにより、議席の変更をいたしたいと思います。

 先ほどの全員協議会で内定いたしておりますとおり御着席いただいておりますが、お手元に配付している議席一覧表のとおり議席を変更することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君) 

 御異議なしと認めます。

 よって配付している議席一覧表のとおり変更することに決しました。



△議席一覧表

    ┌────┬────────────┬────┬────────────┐

    │ 議席 │             │ 議席 │            │

    │    │  氏      名  │     │  氏      名  │

    │ 番号 │            │ 番号 │             │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │  1 │ 神  崎  裕  康 │ 16 │ 川  端  恵 美 子 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │  2 │ 藤  田     勉 │ 17 │ 小  野  喜  崇 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │   3 │ 谷  口  圭  三 │ 18 │ 辰  野     貢 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │  4 │ 岡  田  康  弘 │ 19 │ 広  瀬  円  助 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │  5 │ 勝  山     修 │ 20 │ 木  下  健  二 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │  6 │ 杉  山  義  和 │ 21 │ 秋  山  幸  則 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │   7 │ 仁  木  豊  司 │ 22 │ 森  下  寛  明 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │   8 │ 土  居  義  幸 │ 23 │ 池  口  仙  治 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │  9 │ 森  西  順  次 │ 24 │ 内  田  好  一 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │ 10 │ 山  本  睦  夫 │ 25 │ 久  永  良  一 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │ 11 │ 権  田  直  良 │ 26 │ 末  永  弘  之 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │ 12 │ 勝  浦  美 作 男 │ 27 │ 衣  笠  皓  夫 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │ 13 │ 武  本  淑  男 │ 28 │ 坂  出  義  則 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │ 14 │ 西  野  修  平 │ 29 │ 福  田  昭  好 │

    ├────┼────────────┼────┼────────────┤

    │ 15 │ 美  見  み ち 子 │ 30 │ 政  岡     勇 │

    └────┴────────────┴────┴────────────┘



△日程第2 会議録署名議員の指名について



○議長(神崎裕康君) 

 次に、日程第2に入り、「会議録署名議員の指名について」を行います。

  5番 勝山  修君

  6番 杉山 義和君

の両名にお願いいたします。



△日程第3 会期の決定について



○議長(神崎裕康君) 

 次に、日程第3に入り、「会期の決定について」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、議会運営委員会において、御内定になっておりますとおり、本日から6月27日までの14日間とすることに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(神崎裕康君) 

 御異議なしと認めます。

 よって本議会の会期は、本日から来る6月27日までの14日間とすることに決定いたしました。



△日程第4 議案第2号〜議案第11号

      報告第2号



○議長(神崎裕康君) 

 次に、日程第4に入り、議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」から、報告第2号「市長が専決処分した「平成7年度津山市老人保健特別会計補正予算(第1次)」について」まで11件を一括上程、議題といたします。

 この際、提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(中尾嘉伸君) 〔登壇〕

 本日、ここに6月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様には御多忙中にもかかわりませず、全員の御出席をいただき、誠にありがとうございました。

 6月定例市議会の予算案をはじめとする諸議案の説明に先立ち、この度、多くの市民の皆様の負託を賜り津山市政を担う立場となりましたので、私の所信の一端を申し上げ、議会の皆様をはじめ、市民の皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げたいと存じます。

 津山市は県北の政治・経済・文化・教育等の中心地として、美しい自然と永年先人達が築かれた文化と伝統を培い育みながら繁栄をしてまいりました。そして、近年、中国縦貫自動車道の開通と利用の拡大により、経済的には著しい発展を遂げてまいりました。

 しかし、時代の進展と共に都市間競争は激化し、地域住民の行政需要は多様化、多岐化をしようとしています。特に長寿化や余暇時間の増大が進む中で、人々のライフスタイルもより精神的、文化的な側面が重視される中で、21世紀への展望が求められる時代となっております。そうした時代的要請を敏感に感じ、地域の振興と発展に資すべき強い使命感を覚えるのであります。特にポスト作陽音大については、変化をチャンスと捉え、新しい都市づくりにチャレンジしてまいる所存であります。

 私は、「生き生き津山」の実現を掲げてまいりましたが、それは、すべての市民が生き生きとしている街、すべての市民が楽しく、そして誇りを感じ、希望を持てる街であります。個性豊かで21世紀に向かって活力に満ち、お互いが豊かさと幸せを感じる都市づくりをしていかなければなりません。そのためには人間尊重、生活重視という観点に立ち、経済の活性化と生活環境の整備という2つの側面を大事にしながら、県北の拠点都市という自覚をもって都市機能を高めていくことが大切であると考えております。即ち、住環境、地域産業、文化の3つのバランスのとれた都市づくりを行うということであります。

 今、地方分権が声高く叫ばれておりますが、それは地方の自立、連帯の厳しい側面も併せ持つものであります。地方自治体が自ら政策目標を定め、政策戦略を練り、政策戦術を高めていかなければなりません。まさに、都市運営から都市経営の視点が要求されるものであり、官民一体の事業の取り組みや、市民の立場に立ち市民の感覚を大切にする政治が、より求められているのであり、私はこれに応えていかなければならないと思います。これからの都市づくりは、その街にどれだけの魅力があり、どれだけの人を集められるかという視点と、建設より運営、金銭よりサービス、強制より参加を旨とする街づくりが大切であります。市役所が「生活総合サービス政庁」として、時代のニーズに合った行政、市民のニーズに合った行政を目指し、既成概念や経験則にとらわれることなく、職員一丸となり、自分の役割と責任を充分認識した自己努力によって、広域的視点と起業家的精神(ベンチャー・スピリット)で都市づくりを進めてまいる所存であります。また、市政の山積する諸課題を整理し、総合的・計画的に行政を推進しなければなりません。

 そこでまず、今年度を最終目標年度とする津山市新総合計画にかわり、来年度からの都市づくりの指針であります第3次の総合計画を、生き生きとした創造的な視点で策定してまいります。基本構想は21世紀初頭を見通したものとし、早急に策定に取りかかる所存であります。行政主体で進められてきた都市建設、都市整備といった側面から住民が主体としてかかわっていく“街づくり”へシフトしていくことが大切であります。また、「まち」を総合的なものとして捉え、ハード面、ソフト面を含めて経営的な視点が求められていると思います。まさに、新しい計画にはそうした視点と併せ、みんなの知恵による街づくりを目指して、市民参加、職員参加、そして女性の参加に意を払ってまいります。

 今、津山市で緊急の課題は非常事態にあるごみ処理対策であります。新しい総合ごみ処理センターの早期建設に向け、地域の皆さんの協力が得られるよう、最大限の努力を払う覚悟でありますが、当面、現埋立地の延命措置を講じなければなりません。そのため、産業廃棄物の受入規制やリサイクルの徹底、焼却炉の24時間運転をはじめ、減量化対策を積極的に取り入れてまいります。是非、市民や事業所の皆さんのご理解、ご協力をお願いしたいと思います。また、今後に向け新しい時代に即したシステムの導入や、種類別のゴミ処理施設・機械等の設置も検討を進めており、産業廃棄物につきましても産業育成の面から、県営処理場の建設促進をお願いしてまいります。

 次に、先の阪神・淡路大震災は都市防災に対する数々の教訓を残しました。これからの都市づくりは何としても安全で、安心して住めることが第一であります。また、多くのボランティアの皆さんの献身的な行動が国民の連帯意識を高める一方で、ボランティア活動や支援のあり方に一石を投じたのであります。本年度、本市でも防災計画の見直しをいたしますが、取り急ぎ、市街地の避難所への案内表示事業を進めてまいります。と同時に、総合的な防災体制を市民ぐるみで作る必要があります。

 さて、先に実施しましたまちづくり市民アンケートで、将来津山市をどういうイメージのまちにしたいかとの問いに、「福祉都市」を掲げる人が最も多かったのであります。また、具体的な問いにも「高齢化社会への対応をはじめとする社会福祉の充実」が上位にランクされております。津山市の高齢化は、人口の伸びをはるかに超えて進んでおり、現在、既に16%を超え、21世紀には20%を凌ぐものと予測されます。高齢社会を迎えた今、地域と医療、保健福祉の連携を深め、地域ぐるみの支援環境の整備を図らなければならないと思います。

 既に7回を数えております「車いす駅伝」の開催については色々のご意見がありましたが、時期があと半年後に迫っていることでもあり、前回の反省の上に立って、本年度第8回目を開催することといたします。次年度以降については広く意見をお聞きし、判断して参りたいと思います。いずれにしても高齢者も、若者も、障害者も、そうでない人も、すべての市民が一体となった、ノーマライゼーションの街づくりは大切であります。

 昨年5月、地方拠点都市の基本計画の承認を受けましたが、津山市にかかる5つのプロジェクトは、本市のみならず津山圏域発展のためにどうしても整備しなければならない重要な都市機能であり、津山のイメージアップや地域振興に重要なものばかりであります。

 まず、市街地再開発事業ですが、これは既に一部完成しており、中央街区についても関係者の協力を得て早期実現に向けて鋭意取り組んでまいります。併せて、アクセスとなります安岡町押入線、大谷一宮線の街路も早期完成を目指す所存であります。再開発に併せ、中心商店街の改修も順次進み、また、本年度から2か年で今津屋橋商店街のアーケードの改修、無電柱化などを行い景観を一新する計画が着実に進んでおります。商店街は買物の場であるとともに、アメニティやアミューズメント機能を保有し、市民の様々なライフスタイルに合った新しい生活提案ができる場でなければなりません。そういう視点で市としても積極的な支援をしてまいりたいと思っております。

 また、津山駅周辺地区は駅南の土地区画整理地区と、駅前地区の連携や、中央街区商業地区との連携を考慮した整備が必要です。特に駅南と駅前が自由に行き来でき、通学、通勤者、旅行者にも楽しい雰囲気を感じられるような橋上駅の建設など、区画整理の進行を踏まえて、駅前商店街の再開発にも合わせながら、津山の玄関口にふさわしい駅前地区の整備にも努めなければならないと考えています。

 北の街地区の酪農試験場跡地を利用した「グリーンヒルズ津山」は、余暇時間の増大や交流の時代を迎え、観光的視点からも有用な施設であり、また、都市機能の面からも是非実現しなければならない施設であります。建設費に加え、管理運営の面で採算を心配する声もありますが、完成後の運営ノウハウ、経営ノウハウの面で十分配慮し、また県に対してもより一層の支援と理解を求めながら、県の協力が得られる今こそ整備するべきと考えます。

 国立療養所津山病院は、存続の道を探っていきたいと思いますが、国は極めて厳しい方針のもとで再編合理化への作業を進めているようであります。国立で高次機能を備えた医療拠点としての整備を期待するのは困難といわざるを得ません。しかし、市民の健康と命を守るため、地域医療のレベルアップは一日も早く実現を図らなければならない課題であり、民間活力の導入も含め検討をしてまいります。

 次に、津山総合流通センターですが、平成9年完成予定の中国横断道、平成10年の本四連絡3橋時代を迎え、また「五全総」にいわれる交流軸を考えるとき、センターが稼働していることが津山の物流拠点性の向上に、また津山の都市特性発揮の上からも不可欠であります。鏡野町とも協調しながら、平成9年度完成を目指して取り組んでまいります。津山は広域圏の中で、情報流通や物流の拠点都市として、都市的サービス提供の主役としての役割を担わなければならない訳ですから、拠点地区の早い整備によって、都市機能の集積と高度化に努め、期待に応えていかなければならないと思います。

 私は経済人として今まで企業経営に携わってまいりましたが、いつの時代にも地域発展のために最も重要視しなければならないのは、工業基盤の整備と考えております。しかし、いまや超円高が進み、より国際化が進行し、工場の海外立地や価格破壊が叫ばれ、経済の空洞化がより進む中で、当面は企業誘致に頼る時代ではなく、これからは地元で操業される企業をどう体質強化を図り自立支援をするか、新しい企業や事業をおこす創業支援をどう進めるかが大切な政策課題であろうと思うのであります。そのためには、地域の産業の実態を把握し独自の工夫することが大切であります。そこで、まず本年、津山の工業振興ビジョンが示されましたが、その中でも指摘されております、地元企業の振興に必要な技術レベルの向上、販売ノウハウなど支援すべき点がありますので、津山高専や進出企業、行政等が一体となって、交流研究組織等の支援センターをつくりたいと考えています。

 また、住工混在等に起因し、移転を希望している中小企業の実態について、十分認識しております。そこで、本年度適地調査を実施し、第3次総合計画の中で、この具体化に努める等、企業誘致が困難な社会経済情勢の中で、地元企業のレベルアップに全力を傾注していく所存であります。

 農業が重要な産業であることはいうまでもありません。しかし、「ウルグアイ・ラウンド」の受け入れや、国の減反政策などで農家がヤル気を失ってきているのも現状であります。農家の方々には永年山野を守り、水路等の整備・管理をされ、それによって社会環境や生活環境を守ってこられました。こういう観点からも地方自治体が補助金を出すということではなく、何ができるかを考える時でありましょう。従来の農業施策に加えて有機農業、高付加価値型農業、低コスト農業等の新技法を取り入れ、産地間競争を優位に展開できるよう地域農業全体の体質強化を図っていかなければならないと思います。特に中山間地域は、農業人口の減少、高齢化と後継者不足など厳しい環境に置かれています。そこで、農林業の基盤整備を促進するとともに集落営農組織の強化や畜産環境整備事業に取り組み、若者が継承しやすい環境整備に努めてまいります。また、生産だけでなく、加工による付加価値化や流通面に目を向けていきたいと思います。

 私は、観光協会長を経験をいたしましたので、観光振興については人並み以上に思い入れがあります。順調に伸びておりました観光入込み客も、バブル崩壊の影響か、平成4年の49万3,000人をピークに少しかげりが見えてまいりました。しかし、余暇時間の増大や交流の時代とも言われる21世紀初頭には、是非、津山に100万人の観光客の入込みを期待したいのであります。運輸省の調査によりますと、観光の国内消費は20兆円にのぼるといわれており、生産波及効果や雇用波及効果も極めて大きなものがあり、裾野の広い産業といえます。国においても連続休暇の普及拡大や、環境整備による旅行需要の拡大を目指しており、観光産業が我が国の経済構造の安定と、新しい雇用の創出に大きく貢献するものと期待されております。津山市には多くの歴史遺産、文化遺産や、洋学資料館、科学教育博物館など、目玉になるすばらしい施設があります。酪農試験場跡地整備とも関連させ、生涯学習という視点から、県内・近郷1日学習都市づくりや、修学旅行等の誘客を主眼に「観光公社」設立も検討して、観光開発を進める必要があろうと思います。

 また、9年後、即ち平成16年には津山城築城400年を控えており、この際、整備委員会を設けて、津山城址整備の具体的なあり方について十分議論をしてまいります。話題となっております天守閣の復元には莫大な経費が見込まれますので、市民の皆さんとともに十分検討してまいりますが、民間主導での取り組みも視野に入れていかなければならないと思います。しかし、何としても城址を中心とした、城下町の風情を大切にした環境整備をしてまいらなければなりません。

 次に、教育についてでありますが、まず生涯学習については余暇時間、女性の社会進出、長寿社会への対応という点から、生きがいを感じ、再就職にも役に立ち、知人・友人との交流を深めるという観点も考慮した、文化、スポーツ、手芸、趣味等へのハード・ソフトの幅広い整備促進を図ってまいらなければなりません。特に農村地帯においては、公民館の有効活用ということからの組み立ても大切でありましょう。また、児童・学生に対しては、特に知識優先の学習から実践的な体験学習こそ時代の要請であり、土曜・休日利用の点からも社会・学校・家庭が一体となった取り組みが必要であります。これからの国際化の時代に呼応し、知・徳・体のバランスのとれた教育を、今こそ市民みんなで考えてまいることが必要であります。

 教育施設の整備については順次進めて参らなければなりませんが、本年は新たに大崎小学校のプール建設と、東小学校の改修事業に取り組むとともに、本年度改修します勤労者体育センターテニスコートをメイン会場として、今秋開催されます「全国ジュニアテニス大会」を招致したいと考えています。文化、スポーツ、観光等のイベントの開催や大会の招致は、交流人口の増加につながり、地域の活性化に好影響が期待されます。平成17年に岡山県開催の国体への準備等を含め、今後積極的に大会や会議の招致に取り組んでまいります。今夏の全国高校総体や、来秋開催予定の第4回を数える国際総合音楽祭も、市民の文化レベルの高揚と地域の活性化に結びつくよう配慮してまいります。音楽・文化都市を自認する津山市にとって、音楽・スポーツを愛し、その機会を提供できる環境づくりこそが、真に文化的で、心身とも健康な街づくりにつながると思います。

 活性化に向けた様々な取り組みの効果を高めるためには、外的要因として他都市とのアクセスの問題を解決しなければなりません。現在、建設省と沿線市町村で、「国道53号グレードアップ委員会」を設け、県南・県北を結ぶ幹線のグレードアップ、安全性と時間短縮を図り、地域の個性的な発展を目指しているところであります。加えて、昨年12月地域高規格道路「計画路線」に指定されました「空港津山線」の早期整備と、阪神・淡路大震災により遅れておりますJR津山線の高速化事業の早期着工を働きかけてまいります。

 さて、水道事業でありますが、本年10月には、財団法人津山市水道サービス公社を設立し、経費削減を図り、一層の経営合理化を推進したいと考えております。

 財政についてでありますが、健全財政を第一に考えていかなければなりませんが、将来に夢の持てる先行投資も必要でございまして、相反する課題も乗り超えなければなりません。常に危機意識を持ち、変化への対応を心掛けていくことが大切であります。至難な政策も勇気と知恵を持ってあたらなくてはなりません。そのため私が先頭に立ち、全職員と共に第5次の行財政改革や、民間活力の導入等による効率的行政運営を進めていく決意であります。また、清潔、誠実、公平、公正をモットーにしてまいります。私は市民に顔を向けた市政、市民が参加しやすい市政の実現を訴えてまいりましたが、そのことをいつも忘れず「生き生き津山」を創造してまいりたいと思いますので、議会の皆様、市民の皆様のご協力とお力添えを賜りますようにお願いを申し上げ、私の所信といたします。

 引き続いて、御提案申し上げました補正予算、条例等の提案理由の御説明は、助役からさせますので、どうぞよろしくお願いを申しあげます。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君) 

 助役、登壇。



◎助役(井口正一君) 〔登壇〕

 早速ですが、議案第2号「平成7年度津山市一般会計補正予算(第1次)」から御説明を申し上げます。

 金額の単位は「万円」で、以下切り捨てて申し上げますので、御了承いただきたいと存じます。

 本年度の当初予算は、統一地方選挙の年に当たり、骨格予算を基本に編成したところであります。今回の補正予算は、それを肉づけするものとして政策的な経費を中心に補正を行っております。

 歳出の主なものを性質別に申し上げますと、普通建設事業費10億1,843万円、維持補修費2億3,023万円、補助費等8,711万円、物件費6,433万円、災害復旧費1,632万円等を計上いたしております。

 主要事業につきまして、御説明を申し上げます。

 まず、総務費では、災害時の避難所案内表示板を年次的に設置するための本年度の設置費240万円、町内会集会施設建設費補助金交付要綱に基づく補助金限度額を300万円から350万円に増額して、4町内分1,400万円を計上いたしております。

 民生費では、第8回津山国際交流車いす駅伝競走大会の開催などの福祉都市推進事業費3,029万円を計上いたしております。

 衛生費では、ごみ量の増加とごみ質の多様化に対応し効率的に焼却するために、老朽化したごみ焼却施設等を整備する工事費、不燃物埋立処分場の延命化対策として、産業廃棄物の受け入れ規制を円滑に実施するため、繊維類、廃プラスチック類、発泡スチロールの3品目について、処理手数料の一部を2年間に限り助成するための経費などで2億151万円を計上いたしております。

 農林水産業費では、畜産経営に起因する環境問題の改善を図るため、家畜ふん尿処理施設等の整備費4,104万円、かんがい排水事業や農道整備事業などの農業基盤整備事業費6,975万円、ため池など農地等保全管理事業費1,980万円、林道整備事業費4,248万円を計上いたしております。

 商工費では、津山地域の工業振興対策として地元企業向けの新工業団地適地選定調査費500万円、第5回津山圏域工業展の開催費1,800万円及び今津屋橋商店街のアーケード改修等補助金2,500万円を計上いたしております。

 土木費では、道路維持費5,000万円、道路新設改良費として国庫補助事業新錦橋押入線など6路線と単市の道路改良事業費で3億7,312万円、津山駅南土地区画整理事業費4,075万円、安岡町押入線など3路線の街路事業費1億6万円、都市下水路改良事業費2,700万円、西部公園建設事業費1,500万円を計上いたしております。

 教育費では、小学校の大規模改修等工事費2,000万円、老朽化している大崎小学校プール建設事業費1億8,852万円、平成8年開催予定の第4回津山国際交流総合音楽祭補助金2,000万円、自動車文庫のサービスの向上を図るため、図書館車の買いかえ1,386万円、勤労者体育センターテニスコートの全天候型コートへの改修工事にあわせて、大規模な大会が誘致できるよう、本部棟の改修費など660万円を計上いたしております。

 災害復旧事業費では、平成7年1月発生の農業用施設災害復旧事業費1,632万円を計上いたしております。

 一方これに見合う財源の主なものといたしましては、市税1億2,400万円、国庫支出金9,214万円、県支出金7,950万円、財政調整基金からの繰入金4億8,000万円、繰越金2億円、市債4億930万円を計上いたしております。

 この結果、平成7年度一般会計(第1次)の補正予算額は14億1,674万円を増額計上し、予算総額は266億4,374万円で、平成6年度当初予算に比べて1.4%の伸びと相なっております。

 このほか、債務負担行為の補正といたしまして、商店街環境整備事業補助金の追加と小規模ため池補強事業助成の変更をいたしております。

 また、地方債の補正といたしまして、社会教育施設整備事業費の追加と清掃事業費ほか8件の借入限度額の変更をいたしております。

 次に、議案第3号「平成7年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)」につきまして御説明を申し上げます。

 今回の補正予算は、下水道の普及及び汚水流入量の増加に対応するため、津山浄化センターの水処理設備等根幹的施設の建設事業に要する経費17億5,300万円を限度とした、債務負担行為の補正であります。

 以上で予算関係議案の説明を終わりまして、引き続き条例議案の御説明を申し上げます。

 議案第4号「津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例」につきましては、津山市民の福祉の向上と本市が21世紀に向け健全な発展を目指し策定する津山市第3次総合計画等の審議をしていただくため、津山市総合計画審議会を新たに設置するものであります。

 議案第5号「津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」につきましては、平成7年3月に地方税法の一部を改正する法律及び地方税法施行令の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、阪神・淡路大震災の被災者に対する固定資産税・都市計画税及び市民税等について所要の改正を行うものであります。

 議案第6号「津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例」につきましては、平成7年3月の国民健康保険法施行令の一部改正に伴い、保険料の賦課限度額の引き上げ及び保険料軽減制度の拡充を行うもので、内容につきましては国民健康保険運営協議会で審議をいただいております。

 議案第7号「津山市消防表彰、救慰及び殉職者特別救慰条例の一部を改正する条例」につきましては、消防表彰規程の一部改正に伴い、救慰金額の改正を行うものであります。

 議案第8号「市立幼稚園の学校医・学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、平成7年3月に公立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、補償基礎額の引き上げ及び補償基礎額に加算される扶養加算額の引き上げを行うものであります。

 議案第9号「津山公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する基本協定について」につきましては、市内川崎地内に設置している、公共下水道津山浄化センターの浄化施設の増設工事について、日本下水道事業団と委託協定を締結いたすものであります。

 議案第10号及び議案第11号の「工事請負契約について」につきましては、公共下水道城北汚水幹線築造工事及び沼第1汚水枝線埋設工事について工事請負契約を締結いたすものであります。

 これら契約に係る議案につきましては、いずれも議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 報告第2号「市長が専決処分した「平成7年度津山市老人保健特別会計補正予算(第1次)」について」につきましては、平成6年度の国庫負担金に歳入欠陥が生じたため、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、平成7年度予算から1,483万円を繰上充用するもので、財源といたしましては、国庫負担金1,483万円であります。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決並びに御承認を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(神崎裕康君) 

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 運営予定に従い、本日はこれをもって打ち切り、次の会議は来る6月19日午前10時から本会議を開き、議案質疑及び一般質問をあわせて行います。

 本日御出席の皆様には別途通知をいたしませんから、御了承を願います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 大変御苦労さまでした。

                                   午前11時38分 散会