議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成25年 3月定例会 03月08日−06号




平成25年 3月定例会 − 03月08日−06号







平成25年 3月定例会



                              平成25年3月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 6 号)



 〇平成25年3月8日(金)午前10時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 〇個人質問(議案質疑・一般質問)                    │

│ 第 1 │   議案第87号〜議案第144号(58件)               │

│     │  (末永弘之君、松本義隆君、森岡和雄君)                │

│     │ 〇委員会付託                              │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議案第145号、議案第146号(2件)                 │

│     │ 〇一括上程                               │

│ 第 2 │ 〇市長の提案理由の説明                         │

│     │ 〇質疑                                 │

│     │ 〇委員会付託                              │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 請願第5号、請願第6号(2件)                     │

│ 第 3 │ 〇一括上程                               │

│     │ 〇委員会付託                              │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                                     津議第1023号

                                    平成25年3月8日



   津 山 市 議 会 議 員 殿



                       津山市議会総務文教委員長 野 村 昌 平 印

                         〃  厚生委員長   津 本 辰 己 印

                         〃  産業委員長   森 岡 和 雄 印

                         〃  建設水道委員長 岡 安 謙 典 印



                委 員 会 招 集 通 知



 下記により、それぞれ委員会を招集しますから御出席ください。

                      記

1. 日時及び場所

  ┌──────┬──────┬────────────┬─────────────┐

  │ 月  日 │ 時  刻 │ 委  員  会  名 │  場       所  │

  ├──────┼──────┼────────────┼─────────────┤

  │      │ 午前10時 │ 総 務 文 教 委 員 会 │ 第 1 委 員 会 室 │

  │ 3月11日 │   〃   │ 厚    生 委 員 会 │ 第 2 委 員 会 室 │

  │  (月)  │   〃   │ 産    業 委 員 会 │ 第 3 委 員 会 室 │

  │      │   〃   │ 建 設 水 道 委 員 会 │ 第 4 委 員 会 室 │

  ├──────┼──────┼────────────┼─────────────┤

  │      │ 午前10時 │ 総 務 文 教 委 員 会 │ 第 1 委 員 会 室 │

  │ 3月12日 │   〃   │ 厚    生 委 員 会 │ 第 2 委 員 会 室 │

  │  (火)  │   〃   │ 産    業 委 員 会 │ 第 3 委 員 会 室 │

  │      │   〃   │ 建 設 水 道 委 員 会 │ 第 4 委 員 会 室 │

  └──────┴──────┴────────────┴─────────────┘

2. 案    件

  付託議案及び閉会中継続調査事件







                                    津議第1024号

                                   平成25年3月8日



   津 山 市 議 会 議 員 殿



                 津山市議会議会活性化調査特別委員長 竹 内 靖 人 印

                    〃   広報調査特別委員長  末 永 弘 之 印



              特 別 委 員 会 招 集 通 知



 下記により、それぞれ委員会を招集しますから御出席ください。

                      記

1. 日時及び場所

  ┌─────┬──────┬─────────────┬─────────────┐

  │ 月  日 │ 時  刻 │  委  員  会  名  │  場       所  │

  ├─────┼──────┼─────────────┼─────────────┤

  │3月13日│ 午前10時 │ 議会活性化調査特別委員会│ 第 3 委 員 会 室 │

  │ (水) │午後1時30分│ 広報調査特別委員会   │ 第 3 委 員 会 室 │

  └─────┴──────┴─────────────┴─────────────┘

2. 案    件

  閉会中継続調査事件







                             平成25年3月津山市議会定例会

                                   平成25年3月8日



               審  査  付  託  表



  ┌───────┐

  │総務文教委員会│

  └───────┘



議案第 87号 平成25年度津山市一般会計予算のうち総務文教委員会の所管に属する事項

議案第 88号 平成25年度津山市磯野計記念奨学金特別会計予算

議案第 91号 平成25年度津山市公共用地取得事業特別会計予算

議案第 94号 平成25年度津山市奨学金特別会計予算

議案第 99号 平成25年度津山市土地開発公社清算事業特別会計予算

議案第100号 平成25年度津山市吉見山財産区会計予算

議案第101号 平成25年度津山市大崎財産区会計予算

議案第102号 平成25年度津山市田邑財産区会計予算

議案第103号 平成25年度津山市高田財産区会計予算

議案第104号 平成25年度津山市東一宮財産区会計予算

議案第105号 平成25年度津山市河辺財産区会計予算

議案第108号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第5次)のうち総務文教委員会の所管に属する事項

議案第109号 平成24年度津山市磯野計記念奨学金特別会計補正予算(第1次)

議案第114号 平成24年度津山市奨学金特別会計補正予算(第1次)

議案第120号 津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例

議案第121号 津山市防災会議条例及び津山市災害対策本部条例の一部を改正する条例

議案第122号 津山市特別会計条例の一部を改正する条例

議案第128号 津山市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例のうち総務文教委員会の所管に属する事項

議案第133号 津山市立小学校及び中学校の設置に関する条例の一部を改正する条例

議案第134号 津山市公民館条例の一部を改正する条例

議案第135号 津山市文化財デジタル公開事業基金条例

議案第136号 津山市土地開発公社の解散について

議案第137号 第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請について

議案第139号 津山市過疎地域自立促進市町村計画の変更について

議案第143号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第6次)のうち総務文教委員会の所管に属する事項

議案第145号 津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

議案第146号 津山市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例

請願第  5号 治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定を支持し政府に対し、意見書の提出を求める請願書

請願第  6号 「グラウンド・ゴルフ場」設置に関する請願書



  ┌───────┐

  │厚 生 委 員 会│

  └───────┘



議案第 87号 平成25年度津山市一般会計予算のうち厚生委員会の所管に属する事項

議案第 90号 平成25年度津山市国民健康保険特別会計予算

議案第 95号 平成25年度津山市介護保険特別会計予算

議案第 98号 平成25年度津山市後期高齢者医療特別会計予算

議案第108号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第5次)のうち厚生委員会の所管に属する事項

議案第111号 平成24年度津山市国民健康保険特別会計補正予算(第1次)

議案第115号 平成24年度津山市介護保険特別会計補正予算(第3次)

議案第118号 平成24年度津山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1次)

議案第123号 津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例

議案第124号 津山市子ども・子育て審議会条例

議案第125号 津山市子ども医療費給付条例の一部を改正する条例

議案第126号 津山市新型インフルエンザ等対策本部条例



  ┌───────┐

  │産 業 委 員 会│

  └───────┘



議案第 87号 平成25年度津山市一般会計予算のうち産業委員会の所管に属する事項

議案第 89号 平成25年度津山市食肉処理センター特別会計予算

議案第108号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第5次)のうち産業委員会の所管に属する事項

議案第110号 平成24年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第1次)

議案第127号 津山市肉用牛群整備増殖事業基金条例を廃止する条例

議案第128号 津山市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例のうち産業委員会の所管に属する事項

議案第129号 黒木キャンプ場条例の一部を改正する条例

議案第130号 津山市地域交流センター条例の一部を改正する条例

議案第138号 指定管理者の指定について

議案第142号 字の区域の廃止等の変更について

議案第143号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第6次)のうち産業委員会の所管に属する事項



  ┌───────┐

  │建設水道委員会│

  └───────┘



議案第 87号 平成25年度津山市一般会計予算のうち建設水道委員会の所管に属する事項

議案第 92号 平成25年度津山市下水道事業特別会計予算

議案第 93号 平成25年度津山市農業集落排水事業特別会計予算

議案第 96号 平成25年度津山市簡易水道事業特別会計予算

議案第 97号 平成25年度津山市土地取得造成事業特別会計予算

議案第106号 平成25年度津山市水道事業会計予算

議案第107号 平成25年度津山市工業用水道事業会計予算

議案第108号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第5次)のうち建設水道委員会の所管に属する事項

議案第112号 平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第2次)

議案第113号 平成24年度津山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1次)

議案第116号 平成24年度津山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1次)

議案第117号 平成24年度津山市土地取得造成事業特別会計補正予算(第1次)

議案第119号 平成24年度津山市水道事業会計補正予算(第3次)

議案第131号 津山市道路占用条例の一部を改正する条例

議案第132号 津山市建築基準法関係手数料条例の一部を改正する条例

議案第140号 市道路線の認定について

議案第141号 市道路線の変更について

議案第143号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第6次)のうち建設水道委員会の所管に属する事項

議案第144号 平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第3次)







                            平成25年3月津山市議会定例会資料



                継続審査中の請願書一覧表



  (総務文教委員会)


平成23年度請願第17号衆議院の比例定数80削減に反対し、選挙制度の抜本改革の意見書提出を求める請願書






           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │         │   │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 都市建設部次長 │  植 月 正 行  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 地域振興部長  │  植 月   優  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  西 山 公 二  │ 加茂支所長   │  原 田 幸 治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  常 藤 勘 治  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  井 上 純 輔  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  政 岡 大 介  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  上 田 輝 昭  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  清 水   稔  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  目 瀬 陽 介  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場







                                   午前10時00分 開議



○議長(西野修平君)

 おはようございます。

 御着席を願います。

 皆様方には連日御苦労さまでございます。

 これより3月津山市議会定例会第6日目の本会議を開きます。

 ただいまの出席議員は27名全員であります。

 本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり3つの日程といたしております。



△日程第1  個人質問(議案質疑・一般質問)



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「個人質問」を行います。

 昨日に引き続き順次質問を許可いたします。

 28番、末永弘之君。



◆28番(末永弘之君) 〔登壇〕

 それでは、通告に基づき質問いたします。

 まず、土地開発公社の問題ですが、流通センターを民間との共同開発を国の指導でやめた。ところが、土地買収は契約を白紙に戻したというところで、損害補償、倍返し論のようにして、覚書にある前渡金の返還金2億円を含めて14億円が支払われています。土地代だけでも、私の試算ですが、約8億円程度土地代が高過ぎると思います。このお金も公社負担150億円の一つです。この損害が裁量権の範囲であるという根拠と、綾部の土地を前市長が土地を購入しておきながらやめたという方針が、裁量権の及ぶ範囲とする根拠を明らかにしてください。

 前市長の時代の4年間の合計で、繰越金約38億円、基金への積立金4年間で115億円増加させていますが、この点で2分の1でも3分の1でも公社の塩漬け土地の解消に回すべきという声を無視してきた責任、そして市長をやめてからですが、私、末永は公社の理事になりたがってきたが、何をしたのかと批判する始末です。こうした行為が裁量権の及ぶ範囲であるという根拠も明確にしてください。

 次に、市長及び関係部長にお聞きしますが、津山警察署と取り交わした津山市の事務事業からの暴力団排除にかかわる合意書ですが、事務事業とはどんなことですか。何か具体的に暴力団との関係であったのですか。もう少しわかるようにしてください。

 そして、かねてから質問していますが、津山市の指名業者の中に暴力団排除条例に抵触するような業者はいないという見解を聞いていますが、明確に答えてください。

 さらに私が耳にする津山の実態は、暴力団関係者によって入札行為がゆがめられているとか、何々議員が関与し、思うようにしているなどが聞こえてきます。現に最近では、クリーンセンター造成工事をめぐって、多分市長も耳にしたうわさがあると思いますが、そのうわさの中に暴力団云々という言葉もあるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

 次に、津山駅周辺についてですが、津山駅周辺を10万都市津山の玄関口にふさわしい景観にするという課題は、過去、駅舎との一体整備とか、シビックコアとか、土地区画整理方式とかいろいろと言われてきましたが、うまくいかなかった。

 土地区画整理方式では、津山駅周辺整備事業として地元組織である津山駅周辺まちづくり協議会まで組織づくりさせましたが、直前になって前市長の鶴の一声でやめたという現象もありました。既に質問もあり、答弁もありましたから、その点では繰り返しませんが、よくぞここまで来たというのが実態です。前市長の時代にどこまで事業化が進んでおり、なぜそれが実施できなかったのか明らかにしてください。地域の権利者、関係者は、理由を一切知らされないままに来ていたということを前提とした質問ですから、わかるように答えてください。

 そして、都市建設部長にお聞きしますが、今回の駅周辺の整備事業計画ですが、お手元に図面を配付しております。図面イの付近、今津屋橋から真っすぐの市道169号線周辺、図面ロの付近、国道から吉井川、かつて平成10年、岡山県津山市大谷・井口周辺地区土地区画整理事業A調査の土地区画整理が行われたとする地域、そして図面ハの場所、津山広域バスセンターなどの改良計画がありません。どうされるかお聞きします。

 駅前北口広場は、国道53号線の改良工事だけでは、景観としても多少いびつさが残ると思いますが、どうでしょうか。

 次に、クリーンセンターについてですが、まず市長にお聞きします。

 周辺地域、町内会との公害防止協定はどのようになっていますか、現状を教えてください。

 この件は従来から指摘をしていますが、桑山前市長のときに、公募方式には合致していない領家の申請書について、本来は失格になってもおかしくない書類を正しい書類として扱っており、この重大な間違いを正す今日的な課題であるとも内容を持っており、鏡野町側が下原上と下の2つの町内と領家、中北下の4地域の印鑑がそろった書類をつくる価値観があるものですが、どう思われますか。

 次に、副市長、所長にお聞きしますが、組合議会でもお聞きしたことですが、現場への進入路1,700万円の工事を大本・平井・平田共同企業体と随意契約を結びました。地元との調整とか、造成工事前にすべき、急いでいたことなどが理由のようですが、造成工事を起案した時期からこの道路は言われていたもので、どうも意識的に随意契約にしたと思います。もとの造成工事を請け負ったら、あとは続いてできてくる工事は、結局そこに随意契約で請け負ってもらうという仕組みになっていますかどうか、お聞きします。

 次に、日立造船との契約に関係して質問しますが、総合評価方式においてあらかじめ公表された評価の項目や点数の割り振りなどの評価基準、要求水準は、公表されるまでにどのような手順で公表しましたか、どこのコンサルなどの指導で作成しましたか、答えてください。

 以上で登壇での質問を終わります。あとは一問一答で行います。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 末永議員の質問にお答えをいたします。

 まず、流通センターの整備におけるいわゆる同時開発の問題や、また綾部地区での総合ごみ処理センターの建設の見直しが裁量権の範囲と言えるのかとのお尋ねでございます。

 流通センターの同時開発につきましては、その後の事務監査請求への展開を含めまして、市政における大きな問題であったと、このように記憶をいたしております。また、綾部用地につきましては、今議会におきましても多くの指摘をいただいておりますけれども、事業の見直しが現在に続く本市の懸案として残り、かつ地域の皆さん方には長年にわたり大変御迷惑をおかけしております現状がございます。こうした事態に至った経過を考慮いたしますと、当時の関係者の判断について厳しく評価されるのは必然でございまして、道義的な責任は非常に重いものがあると、このように考えられます。

 しかし、これらの御指摘をいま一度精査いたしますと、法的責任を問えるだけの違法性、すなわち裁量権の逸脱や濫用があったとまでは言えないというのが検証結果でございますので、改めまして御理解を賜りたいと、このように思います。

 次に、クリーンセンター造成工事をめぐって私が聞いたうわさの中に、暴力団云々ということもあるのではないかと思うが、どうかとのお尋ねでございます。

 クリーンセンター造成工事にかかわらず、入札工事などにつきましてのうわさは、直接あるいはまた間接的に耳に入ってくるわけでございますけれども、あくまでもうわさであると、このように思っておるところでございます。

 なお、クリーンセンター造成工事の入札事務につきましては公平に進められたと、このように考えておるところでございます。

 次に、津山駅の周辺整備について、前市長時代の事業進捗状況と、実現に至らなかった理由についての御質問でございます。

 前市長時代は、土地区画整理手法によって整備を行うこととしておりまして、検討を行い、実施組合の前身となります津山駅周辺まちづくり協議会の立ち上げを行ったと、このように聞いております。しかしながら、土地区画整理手法による整備の場合は、土地の減歩など個人負担を伴う必要があることや、あるいはまた事業期間が非常に長期間になる上に、着手後の中断はできないことから、事業実施の決断を下すことができず、時間ばかりが経過することになったと、このように思っておるところでございます。

 津山駅周辺整備の必要性につきましては、私も認識いたしておりましたので、就任後直ちに再検討の指示をいたしまして、その結果、整備手法を区画整理手法から直接買収方式に変更いたしまして、このたび事業着手することといたしたわけでございます。関係者の皆様方には、長期にわたり大変な御苦労、御心配をおかけいたしましたけれども、本地区が以前のようなにぎわいやあるいはまた活力を取り戻すように、皆様方の御協力を得ながら早期整備を目指し、鋭意進めてまいろうと、このように考えております。

 次に、周辺地区町内会との公害防止協定はどのようになっておるのかとのお尋ねでございます。

 環境保全協定につきましては、住民の皆様方のクリーンセンターに対する信頼を得るために、施設操業中の環境負荷状況並びに施設の稼働状況を明らかにすることによりまして、住民の皆様方のよりよい生活環境を保全することを目的といたしまして、周辺町内会などと締結をする予定でございます。

 1月8日に周辺地域の代表者にも第1回の協議を行いまして、公害防止協定は住民の皆様方の健康を保護するとともに、生活環境の保全を図るものでございまして、締結相手によりまして内容が異なるものでない旨、特段に決められたものはない旨などを説明いたしまして、今後事務局で先進事例を参考に原案を作成し、そして調整をいたしていくことにしております。現在、原案を作成している状況でございます。

 次に、公害防止協定は、従来から指摘をしている4地域の印鑑がそろった書類をつくる価値観があるものだが、どう思うかとのお尋ねでございます。

 津山圏域資源循環施設組合管理者会では、公募申請書に隣接地域の同意があるのが望ましかったことを確認をいたしまして、不備につきましては、今後周辺整備事業の実施並びに公害防止協定の締結を行う中で整理していくことを決定しておりますことは、以前もお答えをいたしたとおりでございます。

 公害防止協定の締結につきましては、申請書の不備を補う一つの機会でございまして、今後周辺地域の代表者の皆さん方と協定内容の協議を行う上で、締結の相手方につきましても適切な対応を図ってまいらなければならない、このように思っておるところでございます。

 なお、他の事項につきましては、それぞれの担当者のほうでお答えをさせていただきたいと思います。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 2点の質問にお答えをさせていただきます。

 まず、流通センターをめぐる平成8年に提起された同時開発問題の経緯と、その結果についてのお尋ねにお答えをさせていただきます。

 この問題は、流通センターの計画面積の約3割に当たる土地の買収が難航いたしておりまして、公社がその土地の一部を取得しないまま造成等を行う、いわゆる同時開発契約を締結したことに起因すると、こういうものでございます。この契約は平成5年の締結でございまして、公社の設立、また業務の範囲を規定いたしております公拡法に抵触する内容であったということで、国の指摘を受けまして、平成9年3月に解消した経過がございます。

 また、この問題に対しましては、平成9年9月に地方自治法第75条に基づく事務監査の請求がなされております。この監査におきましては、同時開発の手法を採用してはならず、今後同様な事態が生じないよう十分留意されるべきとの見解が示されております。一方で、本契約は破棄され、開発負担等も返還されていることから、直ちに是正すべきことはないとの結果となっております。

 したがいまして、今回の検証におきましては、こうした監査結果の判断も参考にいたしまして、裁量権の範囲内としたものでございます。

 次に、クリーンセンター関係の質問でございます。総合評価方式において評価項目、また点数の割り振りなどの評価基準あるいは要求水準はどのような手順で公表されたのか、またどのコンサルなどの指導で策定したのかと、こういったお尋ねでございます。

 熱回収施設やリサイクル施設の設計、建設と運営を一括して担うDBO事業者の選定につきましては、総合評価によります一般競争入札として実施をしてまいりました。事業者の選定作業は、施設の建設及び運営を行いますDBO事業者の選定を公平かつ適正に行うために設置いたしました、津山圏域クリーンセンター施設建設・運営事業者選定委員会において行われまして、評価の項目、点数の割り振りなどの評価水準、要求水準につきましては、同委員会の審議を経て事前に公表してまいりました。なお、このDBO事業者との契約支援業務は、パシフィックコンサルタンツ株式会社へ業務委託しておりまして、同社の支援を受けながら、事務局が要求水準、評価水準などの原案を作成いたしております。

 以上であります。



○議長(西野修平君)

 総合企画部長。



◎総合企画部長(西山公二君)

 流通センターの建設にかかわります平成5年から8年にかけて起こっておりました民間との共同開発問題で、副市長の補足的答弁を行います。

 当時、今議員から御指摘がありました土地代金12億円と前渡金の返還金2億円で合わせて14億円公社が支出している、そのうち少なくとも8億円は損害であったのではないかという指摘についてでありますけれど、まず業者からの前渡金2億円は、当時の同時開発契約に基づき、業者が負担することになっていた開発工事の一部負担金として公社が受領していたものを、国の指摘を受けて同時開発を解消したことに伴って返還したものでございますので、損害とは言えないというふうに考えられます。

 また、土地代金12億円につきましては、先ほど副市長も答弁申し上げましたが、平成9年の事務監査において監査の対象となっておりまして、その監査結果において、同時開発契約破棄後の買収価格については全体の買収水準におさまっていると見られ、違法、無効とすべき暴利行為があったとは認められない。また、用地買収に関連しても、津山市もしくは公社に対して損害賠償しなければならない者がいるとは認められないという判断がなされております。

 以上のことによりまして、議員の御指摘の14億円が公社の負担となった損害として断定し、当時の公社の役員や関係者に裁量権の逸脱や濫用があったと判断することは、いささか無理があるように思われますし、法的には難しいと考えますので、重ねて御理解をお願いしたいと思います。

 次に、前市長の判断によって綾部を見直したことが、裁量権の範囲であったとする根拠についてでございますが、確かに綾部用地での事業を白紙化した前市長の政策判断については、その是非についてさまざまな評価もあろうかと思いますが、行政権に属する政策判断の是正については、第1次的には民主制の過程、いわゆる政策提案、議会での議論、議決という過程の中で図られるべきとされておりまして、政策判断に係る法的責任の有無についての司法判断に当たっては、著しく合理性を欠くようなものに限って違法とする、いわゆる謙抑性、行政の範囲は行政で、司法が立ち入る範囲は司法が尊重されるという、お互いの立場が尊重されるというこの謙抑性が働いていると考えられますので、綾部用地での建設計画の見直しについても、これまで述べたとおり、結果的に事業費の抑制という経済合理性が認められることや、その後の津山圏域資源循環施設組合議会において審議、議決の過程を経ていることを鑑みれば、著しく不合理な決断、すなわち市長としての裁量権の逸脱や濫用があったとまでは言えないとするのが、今回の検証結果の判断でございますので、どうぞ御理解をいただきたいというふうに思います。

 次に、前市長が任期中に歳計剰余金の一部を公社の塩漬け土地の解消に充当してこなかった判断が、裁量権の範囲であったとする根拠についてでございますが、確かに御指摘のように繰越金を公社の塩漬け土地の解消に充当できていれば、公社の負債が今より減少していたことも考えられます。しかしながら、地方公共団体を取り巻く厳しい財政状況下にあって、基金への積み立てを優先的に行った判断は、円滑な財政運営を行う上で政策判断として一定の合理性を有しているとも考えられます。

 したがいまして、御指摘のあった当時の対応について、少なくとも著しい不合理、すなわち市長としての裁量権の逸脱や濫用があったとまでは言い切れないというふうに判断しておりますので、重ねて御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 指名業者の中に暴力団排除条例に抵触するような業者はいないという見解についてお尋ねでございました。

 平成24年5月14日付で建設工事等の入札参加資格申請業者の役員名簿、従業員名簿によりまして、岡山県警に照会をいたしたところでございますが、平成24年6月29日付で、暴力団に該当する者はいないという旨の回答を得ております。したがって、暴力団排除条例に抵触するような業者はいませんでした。

 なお、暴力団関係者によって入札行為がゆがめられているというような事実は一切なく、常に公平、公正な入札の執行に努めているところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(上田輝昭君)

 現場への進入道路は意識的に随意契約したと思えるが、もとの工事を請け負ったら、続いて出てくる工事は随意契約で請け負う仕組みになっているのかとのお尋ねでございます。

 新クリーンセンターへの車両進入路につきましては、以前から地元町内会の強い要望といたしまして、住民車両の安全確保が上げられておりました。今回、敷地造成工事着手に当たりましても、長期間に及ぶことから、重ねて強い要望を受け、工事専用道路の早急な確保がやむを得ないものと判断をいたしました。当初、この道路はごみ収集車の進入路といたしまして計画をしたものであり、造成工事を発注する段階では詳細設計、地権者の同意など地元調整が整っていなかったためのものでございます。地元の強い要望もあり、調整を進め、契約を行ったものでございます。

 今回の契約に当たりましては、工事業者との今後の工事調整を考慮いたしますと、敷地造成工事への影響が非常に大きいと考え、元工事の請負業者との契約となったものであり、今後の工事が随意契約になるものではございません。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 津山駅周辺整備計画のエリアが津山駅北口広場や国道53号の整備だけで、景観としていびつさが残るのではとの御質問ですが、現在策定中の津山駅周辺整備計画では、津山駅北口広場の整備だけではなく、津山駅から今津屋橋へ至る市道H169号の整備や、その周辺地域のまちづくりなども盛り込んでおります。

 また、整備計画書に記載する津山駅北口広場の完成予想図を決定するに当たりましては、今津屋橋やごんご通りのアーケードなども参考にし、津山駅北口広場の景観が中心市街地全体の景観にもマッチするように配慮をいたしております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 津山市の事務事業からの暴力団排除に係ります合意書についてでありますけれども、津山警察署と取り交わしましたこの合意書は、市が行う全ての事務事業から暴力団関係者の排除措置を徹底するために、津山市と津山警察署相互の連絡協調体制について、昨年9月4日に合意したものでありまして、何か具体的な事案があったために締結したものではございません。

 指名業者申請あるいは市営住宅の入居に当たりましては、この合意書を締結する前から個別に協定を結びまして、該当者の有無について警察に問い合わせを行っておりましたが、この合意書に基づきまして、その他の事務事業につきましても必要に応じて直接警察へ問い合わせを行いまして、排除措置を講じるということに今後いたしております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番、末永弘之君。



◆28番(末永弘之君)

 まず、公社の共同開発についてですけれども、平成5年から8年、3年間極秘であった覚書なんですね。当時、助役だったと思いますが、公社の理事が交代しました。また、当時、答弁にもありました住民監査請求などが起こり、裁判まで住民は準備しました。市民運動全体が私の支援、援助で行われたわけで、その責任で私も公社の理事をやめました。こういう苦い経験がありますが、こんな思いまでして起こった14億円のうちの8億円、損害です。何で裁量権で消えてしまうんですか、答えてください。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 お答えをいたします。

 流通センターのいわゆる同時開発問題をめぐりまして、当時理事の交代やあるいは住民監査請求などの動きがあったのは、御指摘のとおりでございます。当時の新聞報道等を見てみましても、早期是正と事態の収拾が市政におきましても課題となっていたことは事実でございます。しかしながら、自治省からの指摘を受けて行った計画の見直しにより、事業の是正が行われたことや、また平成9年の住民監査請求の結果などから、今回の検査結果の判断となったものでございまして、御理解をいただきたいと思うところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 国の三セク利用の条件の一つであります過去を徹底的に分析していく、この中で政治的にも法的にも損害賠償してもらう、これが一向に行われない。アルネ問題を含めて過ちが繰り返されてくる。言葉だけで終わっているんではないんですか、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 議員の御指摘は、中途半端ないわゆる責任の追及が、アルネ問題を含め過ちを繰り返すことになるという御指摘かと、このように思います。

 市街地の再開発事業と流通センター事業は、商業振興という同じ目的を掲げた施策でございまして、構想されたものでございまして、同じ時期でもございました。また、この2つの事業につきましては、結果といたしまして多額の負債を残したことも同様でございます。こうした事態を招いた要因、こういったものを分析し、今後の市政運営に生かしていくことは重要であると、このように思っております。

 しかし、損害賠償請求を行うには、法が求めるいわゆる成立要件を満たす、要件というものが必要となってきます。今回、その事案が要件に当たるかどうかにつきましては、最高裁の判例等を参考に検討した結果、損害賠償請求は難しい、こういった判断になったものでございまして、繰り返しとなりますが、どうか御理解をいただきたい、このように思います。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 理解できないから質問を繰り返しておるんでありまして、一度でも起案した市長、議決した議員、事を決めた理事や役員、損害賠償してもらう、これが今後二度と過ちを犯さない唯一の保証、こう思いますが、思いませんか、どうですか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 関係者への法的な責任の追及につきましては、仮に行えば、事業の予算編成でありますとか議決等がより慎重に行われると、こういった効果があるかもしれません。しかしその一方で、法的責任の追及及び濫用されることとなれば、行政運営の硬直化といった弊害が生じ、これによりまして市民ニーズに的確に対応できなくなる可能性も一部考えられます。

 こうしたことを考慮すれば、政策判断の当否につきましては、先ほど総合企画部長が答弁いたしたように、どういった手続の中で市民審判を受けるかという議論もございますし、今回の場合も検証結果のとおり、法的責任を追及できるだけの著しくいわゆる不合理な判断をしたと認められる関係者が存在しないと考えられる以上、損害賠償請求を行うことは非常に難しいと、このように判断をいたしているところでございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 私は、著しく不合理な判断だと思っとんですよ。土地がおおむね倍以上。なぜかといったら覚書があったがために、それを白紙にしたわけですから、社会通念として白紙にした側に倍の請求をすると。しかし、それには応えられんと。したがって土地代で応えようと。ここにトリックがあったんですよ。それをただ単に今の答弁のようなことでは納得できないということだけ、とりあえず言っておきます。

 続いて、綾部のごみ処理センターに関係して、解散スキームで計算されているのが約8億円の損失です。ここをごみ処理センター建設としてやめた理由とか、位置づけとか、こんなことを聞いておりません。金銭的に具体的に開発公社が8億円損をしておる、これをここで整理する、このことが損をさせたのに何で裁量権で逃げてしまうんですか。損をしたもんからお金をもらわにゃいけんでしょうがな。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 御指摘のとおり、この綾部用地の事業化が見送られたことにつきましては、公社に長期保有土地が残りまして、公社の負債が拡大したことは事実でございます。しかし、今回の解散プランによる買い戻しで、綾部用地に係る公社の負債は消滅したことになりまして、公社側からこれについての責任追及の根拠がなくなっております。したがいまして、この指摘の点につきましては、公社の債務を最終的に引き受ける市として、債務整理によって発生する損害の賠償を求めるかどうかの問題になります。これにつきましては、これまで答弁いたしておりますように、検証結果の報告に示しておるとおりでございますので、どうか御理解をいただきたいというように思います。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 監査請求に対する監査委員の意見書もあなた方は理由に使われております。失礼な話をしますけれども、当時の監査委員、学識経験者の人は、現職の職員時代に実はこのお金の受け渡しに関係しておった人。だから、監査ができんということで、監査をこのことでは辞退したわけです。残ったのが議会選出の監査委員さん1人。大変失礼です、長いことつき合ってきました。しかし、おおむね当局の言うことにうなずく、事務局が書いた文書には印鑑を押す、こういうタイプの人でしたよ。それを唯一の根拠にして裁量権だと言うのはいかがかと思うんですけど、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 監査の内容につきましては、それを受ける執行機関としましては、その当否について意見を述べる立場ではないというように考えております。御指摘の事情をもって監査結果の内容が妥当でないと判断することもできないと、このように思っております。

 以上であります。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 後で最後、市長に聞くかもしれませんから、ちょっと置いときましょう。

 さて、駅前に移ります。私は、まちづくりの一つの基本は、関係する地域の皆さんが現時点よりも、改良後、一人でもたくさんの人がその区域に住む、お店はお店として残る、他の地域に居住しない、これが原則にすべきだと思っております。駅周辺のまちづくりの基本にしてほしいと思いますが、どう思いますか。部長がきょう休んでおられるんで、次長、よろしく。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 今回実施する津山駅周辺整備は、用地買収を伴う事業であります。店舗を含め相当数の方の御協力が必要となります。地域に残られるか、新たな場所へ移られるかにつきましては、御協力いただいた方の判断によることになりますが、極力地域に残っていただけるようにお願いしてまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 アルネの失敗から見ても、人が住み続けられるまちづくり、これをお願いしておきます。

 全体でにぎわいのまちづくり、人が集う駅前、これには何が必要かと思いますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 津山駅周辺を人が集いにぎわう町にするためには、津山駅北口広場のみの整備、つまり点としての整備だけではなく、広いエリア、つまり面としての整備を行い、人が動き回遊する仕組みづくりが必要だと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 人が動く施策をどうされますか、答えてください。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 人が動く仕組みづくりとはとの御質問ですが、本地区の整備に当たっては、人が動き回遊する仕組みづくりとして、中心市街地と津山駅を結ぶネットワークに配慮した整備を行うことといたしております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 市民が気軽に集える広場、一定の人が集まる室内の広場など必要と思いますが、どう判断しておりますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 市民が気軽に集える広場として、津山駅北口広場内に多目的広場を整備する予定でございます。また、一定の人が集まれる室内広場につきましては、その必要性について検討を行いたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 駐車場はどうされますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 津山駅北口広場の整備に伴い、現在の駐車場は約半分の規模になります。しかしながら、本地区周辺のにぎわい創出に向けては、駐車場の確保が必要であることから、駐車需要の検証を行い、不足分については整備してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 例えば郵便局、行政の窓口、銀行、最低でもキャッシュコーナーだけ、病院、観光案内所など、いわば公共に値する施設をどう思っておられますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 津山駅周辺整備を行うに当たり、津山駅北口広場の東側ににぎわいのゾーンを設け、人が集うことができる店舗を集約したいと考えております。集約する店舗の選定については、今後検討していくことといたしております。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 以前から申し上げております民間の力、例えば野菜売り場、農協の協力、コンビニがいいか悪いかは別として、コンビニなどどう思われますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 にぎわいを創出するには、民間の力は必要であるというふうに認識をいたしております。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 ちょっと時間の関係で8を飛ばしますから、9、一部残される三角地域、図面のイの部分ですね、及び駐車場入り口付近、にぎわいのまちづくりとして直売、あるいは小さいながら区画整理のようなことをすべきだと思いますが、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 議員御指摘のそのエリアにつきましては、民間主導で整備をするエリアというふうに考えております。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 広域バスセンターの活用、今津山市のものではないということで、なかなか会議などに出てこられません。住民の会の関係者の集いなどにこの代表も参加してもらう必要があると思うんですが、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 津山駅周辺整備の計画立案には、市民意見を積極的に取り入れることといたしております。津山広域バスセンター跡地の活用方法については、所有者である津山広域事務組合との協議も必要となりますが、基本的には市民意見を取り入れながら検討してまいりたいというふうに考えております。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 最後ですが、国道の拡幅などを含めて立ち退きを余儀なくされる商店、病院、工場などがあります。ある意味では立ち退き先を含めて行政が相談の窓口、これが要る時期に来ておるんではないかと思いますが、その点どう思われますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部次長。



◎都市建設部次長(植月正行君)

 国道53号の整備につきましては、国が事業主体であり、事業着手に向け協議を行っているところであります。事業着手時期につきましては、わかり次第お知らせしてまいりたいというふうに考えております。

 移転先の選定につきましては、一般的な話にはなりますが、御協力いただいた方自身で決めていただくことになります。しかしながら、市としてできることがあれば、積極的に支援をしてまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 なかなか立ち退き者だけでは移転先が見つかりにくい、このことを頭に入れて、可能な限りの援助をお願いして、駅前問題は終わります。

 次に、クリーン問題です。

 随意契約などについて、今度の工事だけですと、こういう答弁でした。腑に落ちないのは、大本企業体に自動的に仕事がふえるという仕組みがあったんじゃないかと思えて仕方がないんですが、どうでしょうか。



○議長(西野修平君)

 クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(上田輝昭君)

 今回の工事は、敷地造成工事への影響を考慮して随意契約を行ったものであります。今後の工事を次々に同様にふやしていくものではありません。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 大本組が岡山県で指名停止に最近なったと聞きますが、事実があれば教えてください。



○議長(西野修平君)

 クリーン所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(上田輝昭君)

 大本組が元請となります共同企業体が施工する岡山県発注のトンネル工事におきまして、下請会社の作業員がことしの1月30日に土捨て場で重機を運転中、重機が転倒し、負傷したことによるものでございます。このことにより、平成25年2月26日から2カ月間の指名停止を受けております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 指名停止直前に津山市と契約ができたと、こういうことですね。クリーンの造成工事は有効ということになるんでしょうが、本当に大丈夫なんですか。指名停止の業者に今仕事をしてもらっとるということになるんですが、世の中不思議だとこう思いますが、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 クリーン所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(上田輝昭君)

 クリーンセンター敷地造成工事は、昨年末契約したものであり、岡山県の指名停止措置が契約に影響するものとは考えておりません。

 なお、工事につきましては、安全管理について万全を期して取り組むよう、事故防止の徹底を指導してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 やっぱりおかしいとは言っておきます。

 日立との契約時点で、私はやがて日立は指名停止になるかもしれん、情報を提供してきました。そして、大本企業体と契約する時点でも、大本は指名停止が多いということを指摘しました。当局は大丈夫ですと契約を結んだわけです。結果論ではこれはないんです。契約する前から、日立も大本も想定の範囲内じゃないんですか、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 クリーン所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(上田輝昭君)

 どのような工事にいたしましても、事故が起こる可能性は否定できません。その意味では、日立も大本も御指摘の範囲であると考えます。しかし、このクリーンセンターの敷地造成工事並びに施設建設工事に当たりましては、十分な安全体制の構築と事故防止措置を徹底をして指導をしてまいりたいと思います。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 これは偶然かもしれませんが、結果論では決してない、これだけは覚えとってください。契約前に私は2つとも指摘したんですから。

 熱回収施設請負業者の中心日立、市長に答えていただきたいんですけれども、そして土地造成工事の中心メンバーの大本、2つとも津山圏域資源循環施設組合との契約直後、表面的にはまだ仕事が見えてない2つともが指名停止処分を受けたんです。しかし、指名停止前の契約じゃけん有効だ、関係ない、おかしいとは思いませんか。市民の目線から、市長、だったら、とっても不思議でおかしいですよ。今大本さん仕事しておりますが、指名停止中なんですよ、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 お答えをいたします。

 業者の選定手続を行うに当たりまして、指名停止がなされていない場合につきましては応札を受け付けまして、落札者と契約を行うことは回避できないと、このように思っておるところでございます。今御指摘の点については、全く理解ができないわけでもございません。しかし、今のような答弁をさせていただいておるところでございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 どうも、契約する前から私が指摘しとんだということを頭へ入れとって答弁していただきたいですね。

 さて、それはそれとして、日立との関係で、設計コンサルの会社の名前が明らかになりました。総合評価方式において、加点審査項目の中にリサイクルプラザに関する項目がありますが、なぜあるんですか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 DBOの事業者範囲といたしまして、熱回収施設、リサイクル施設の設計、建設、運営とあわせまして、環境学習等のリサイクルプラザ機能を有する管理棟の設計を業務範囲といたしておりまして、その提案を求めての加算審査の項目といたしたものでございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 おかしいじゃありませんか。加点方式ではここに2点配分されとんです。リサイクルプラザ機能を含む管理棟は熱回収施設とは別の工事だと、こう言い切ってやってきたんです。何でそれが熱回収の総合評価方式に加点されるんですか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 リサイクルプラザ機能につきましては、プラント企業が多くのノウハウを持っていることから、提案を求めたものでございます。管理棟は事務所機能とあわせまして、プラント企業のノウハウを生かして環境学習の場として活用を図っていきたいと、このように考えております。

 また、建設は別工事として発注予定としたものでございますので、そういった意味では熱回収施設の評価基準に入れるのはおかしい、こういった御指摘は、確かに指摘されてみますとなるほどと思うわけでございますが、熱回収施設とリサイクルセンターにつきましては、1つには建設費を抑制するために一体の建物としております。この熱回収施設、リサイクル施設と併設します管理棟につきましては、渡り廊下で接続いたしまして、見学動線とあわせて景観、調和等統一性を持った施設とします。そして、管理棟の建設工事はあくまで地元企業への発注を視野に入れて検討することから、そのようになったものでございますので、どうか御理解を賜りたいと、このように思います。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 どうも理解しがたいんですね。一体の建物であるとするならば、熱回収施設の工事の中で管理棟も入札の対象にしとけばええんですよ。別だと言いながら、1つの評価基準の中で評価点数をつけたからおかしいと、こう言っておるんです。どう考えてもおかしいと言わなきゃいけません。別々の入札行為だったら、別々に点数をつけてもらえばいいんです。しかし、内容は一緒なんじゃけん一緒でもええんじゃという論理は成り立たん。

 試しにDBO方式の加点方式でいうと、設計建設業者に関係するさっき言いました2点、ここの日立の点数は0.91、タクマが0.86ですから0.05の差。施設配備、動線計画は2の5の項目で日立が2.73、タクマが1.09、1.64の差です。この2つで1.69の差で日立が大きくリードしたわけです。しかし、総合的にいうと日立がわずか0.006でしたか、差で勝っただけでしょう。このおかしい不可思議な2つがなかったら、日立が少なかったんじゃないんですか。結果論としてとってもおかしいと言わなきゃいけません。どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 この御指摘の2つのことが別扱いであった場合についてでございますが、数字の上では確かにそうなりますが、仮定のお話となりますので、判断は差し控えさせていただきたいと、このように思います。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 まあね、契約をした結果、後のことですから、後の祭り論を言よんかもしれませんが、やっぱりおかしいものはおかしいですよ。

 DBO事業者の選定に関して、全国都市清掃会議からの学識経験者として選定委員の課題に移りますが、日立についてこの方はとっても精通しておった。自分が勤めておった自治体が、日立の機械を入れたところだったからです。総合評価点数をつける基準の仕組みをこの人も指導したわけです。どこか微妙な問題がそこにあったとは思いませんか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 全国都市清掃会議は、公益法人として全国の自治体に対しさまざまな支援を行っております。今回のクリーンセンターのDBO事業の事業者の選定につきましては、専門的な立場から学識経験者ということで選定委員会に参画し、お願いをいたしているところでございます。全国の自治体で同様な委員をされておりまして、特定の企業にのみ精通しているものではございません。施設組合の立場に立って、公平な立場で参画いただいておると、このように理解をいたしております。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 総合評価、よりよい施設づくりの起案、この公表がなされる前の原案づくり、コンサルに委託、パシフィック社との契約、そして全国都市清掃会議からの学識経験者との相談、クリーン内部の協議となって公表されてくると思いますが、その間にさっき言った2つの本来別のものを入れるという作用も含めて、やっぱり特定の企業に有利になっとると思いませんか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 原案の作成につきましては、組合の事務局がイニシアチブをとりながら、専門的な知識、それから経験、また他都市の事例等を総合的に勘案したものでございまして、特定の企業に有利になる、このようには考えておりません。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 繰り返しませんけど、全国のいろんなことをよう知っとる人だと言いました。全国都市清掃会議からの学識経験者の関与したさまざまな自治体で調べて、日立が何と50%を超えて契約しとんですね。それから、パシフィック社の関係した地域は、全国の30%を日立と契約しとる。どう考えてもちょっといびつと思いませんか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 全国的な動きとか問題とかは、私どもがあれこれ意見を述べることはできませんが、入札に参加し受注できる企業も限られた中での競争結果であると、このように思っております。クリーンセンターの入札は、特定の企業に配慮したものではないことをどうか御理解をいただきたいと、このように思います。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 どうも私の言ようることが理解できんのかね、あんたの言うことも理解私にはできんのです。答弁と質問がかみ合ってないところもあります。同じ基準で点数をつけるのがどうもおかしいと言うたら、それは正しいんだと言う。じゃあ、違う施設なら違うようにすべきだと言うても、同じがよいんだと言う。相反することがどっちも正しいというのは、理屈が成り立っておりません。

 私は、建設の予定がないものを見積もりの対象として点数をつけるのはおかしい、いびつだと聞いとんです。このことについてもう一遍まともに、真正面から、特定の企業に配慮したんではないかという点を含めて答えてください。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 DBO方式は、先ほども答弁いたしましたが、設計、建設、運営を一括して担うのが本来でございます。できる限り地元企業への配慮という観点から、この管理棟の設計までをDBO事業者の範囲とし、建設工事は別としたということでございますので、どうか御理解をいただきたいと思います。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 津山圏域資源循環施設組合、あなた方が、津山市が意図的に意識してやったとはさすがに思いませんけれども、全国的に日立が最近強いのは事実です。全国大手のゼネコンのあり方も含めて、何となくどこかに何かがあるのかなと思えて仕方がないということを指摘しておきます。その中にだっぷりと津山市が入った、結果論としてね。残念と言っておきます。

 さて、次の課題に移ります。

 暴力団との絡みで、うわさでしかないとか、行政が暴力団と癒着しているのではないかということを聞いておるんじゃないんです。市民が市長に対して、クリーンセンター建設造成工事には暴力団が関与しているとか、市長が国会議員や市会議員と話し合いをして決めたとかのうわさがあるが、本当のことかどうかなどを質問されたことはないかと聞いております。答えてください。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 お答えいたします。

 議員から今お話がありました件につきましては、私もうわさがあるということである人から聞かれました。まことに私にとりましては迷惑なことでございまして、大変心外な話でございます。これらの経過などにつきましても、津山の警察署に出向きまして情報を提供いたしております。私自身は、いろんな関係で、ある人の話によればとか、そういった件でいろんな御質問をされる方がありますけれども、私はおかしいと思いましたらすぐに、そういった情報があるのかどうかということは警察に確認をいたしておるところでございます。

 私がクリーンセンターの建設事業に絡みまして、国会議員あるいは市議会議員と話をして決めたというようなことは全くございません。また、私は暴力団との癒着もございませんので、この場で明らかに否定をさせていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 うわさ話を確かめられたという点で聞いたことは何度かある、それについても腹立たしく思って、警察にも言うとるという意味合いでした。

 そこで、重ねて失礼ですが、うわさの真実について一、二点、お尋ねします。

 さっきも言いましたが、国会議員が間に入って造成工事などの話を市長とした、こういううわさがあります。議員や業者、暴力団などとも話があった、こういううわさであります。さっき答弁がありましたが、重ねてもう一度どうですかとお尋ねします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 そのような事実は断じてございません。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 失礼ですが、もう一点、クリーンセンターの所長にお尋ねします。これもうわさの真実を確かめるという質問です。

 所長に対して議員がおどしたと、そのときのテープを隠していると言われております。そのようなうわさが流れているという話は所長も聞いたことがあると思いますが、あるかないか、そしてこのうわさの真実性、事実はどうか、テープがあるのかないのか、答えてください。



○議長(西野修平君)

 クリーン所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(上田輝昭君)

 うわさが流れているか、本当かどうかという意味のことを聞かれたことがありますが、身に覚えが全くなく、おどされたとかテープを持っているとか、そういったような事実も全くありません。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 市長も所長も全くないと、すなわちうわさが根も葉もない話であると、こういうふうに理解をさせていただきます。

 ただ、私が一人だけ思うんかもしれませんけれども、どうも妙なんですね、話が妙なんです。津山市の指名業者の中に、暴力団排除条例に抵触する企業はあるんかないんか、さっき答弁が部長のほうからあって、県警がないという発表をしました。

 しかし、私だけかもしれませんが、そうでもなさそうですね。私以外の議員さんも時々本会議で質問になります。津山というところは、大きな仕事の入札結果が出たら、おかしなうわさが入札のたびに流されていると思えて仕方がありません。これは何でしょうか。しかも、暴力団絡みという話がいっつもひっついとんです。もう不思議でかないません。

 請負業者の中にはいないとすれば、この種のうわさはあと政治家、市会議員などの中に暴力団排除条例に抵触する人がおるんかという想定まで起きてきます。市長も直接耳にしておると思いますし、所長も先ほどの答弁でもやや認めた、うわさがあるということを聞いたということですけれども、よく私が聞くのは、暴力団と誰々はかかわり合いがあるとかという話です。そうなってきますと、本当に市会議員の中に暴力団排除条例に抵触する人があるのかどうかという疑問が生まれるわけです。

 市長、このことについてどう思われますか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 なかなか答弁がしにくい質問でございますが、実は私自身は、皆様方も御承知のとおり、市長選挙のときに暴力団との癒着があるということを、この中にも何人かいらっしゃいますけれども、そういう吹聴をされまして、非常に腹立たしい思いをいたしたところでございます。このことから、私は議会の皆さん方、そして市民の皆様方に、暴力団排除条例をいち早く制定をしていただきまして、公平、公正な津山をつくるため、警察とも連携を深めておるところでございます。

 暴力団排除条例に抵触する議員、政治家がいるということは、あってはならないことであると、このように思っておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 ちょっと質問と答弁が、市長、ちょっとかなり食い違っとんですね。暴力団排除条例に抵触する政治家がおることをどう思うかと聞いたわけではないんです。これは原則はあなたが言われたとおり、私もそう思いますが、問題はいろんなことが起こっている経過の中で、業者の中にはおらんとすれば、じゃあもう一つ市会議員の中に暴力団排除条例に抵触する人があるんかないんか、これが課題になるがなと、このことを岡山県警に聞いて、県警の見解を公表してほしい、こういう質問です。ぜひ答えてください。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 先ほども申し上げましたように、県警とは日ごろより非常に密な連絡を図っております。これは、実は私も職員時代から思っておったんですけれども、行政たるものは強いものに弱いが弱いものに強いと、こういう習性があるという思いがございましたんで、私はそういった一部の方が行政に介入するということについては、非常に大きな憤りを感じておりましたから、日ごろより連携を図っておるところでございます。

 そういったことから、今回議会での論議も含めまして、この問題について私は聞いてみようと、こういうふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 聞いていただいて、結果を、私が質問したわけですから、またいつかの機会で議会で質問して結果論聞くかもしれませんが、市長みずからがいつかの時点で県警から回答が来ると思うんですが、それについて公表するとかの意思はありませんか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 話の経過によりましては、公表せざるを得ない場合もあると、こういうことで答弁させていただきます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 ぜひよろしくお願いします。

 さて、残り6分です。途中で置いときました土地開発公社の課題で、市長に直接もう一遍お尋ねします。

 議会の質問の初日、集中審査のときも指摘しましたが、一応今回の土地開発公社解散に対して、三セクの起債を使う、利用する、手続はする、この道しかない、この点では私は仕方がないんかなと思っております。しかし、私ども日本共産党議員団は、そこに至るプロセス、お金の集め方、解決へのプロセスが間違っているということを言っておるんです。妙なことですが、解散はやむを得んだろうと、解散には賛成するけれども、その予算の内訳はおかしいと、結果としたら反対ということになってしまうわけですが、それはそれとして、第三セクの利用というのはある意味仕方がないことかと思います。

 そこで質問ですけれども、三セクの手続を一応とるのはとるとして、とった後からでも関係する人に責任を求めるという措置はできると思うんです。三セクを借りたからできんわけはないんです。借りとってもできると思うんですが、これについてどう思いますか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 この公社の問題につきまして、再調査すべきとの御指摘でございますが、今回の検証につきましては、専門家、弁護士の検証を受けた上で本市として取りまとめたものでございまして、総論として法的責任の追及は難しいとの考えでございますことを再度御理解いただきたいと、こういうふうに思います。

 御指摘の各事業につきましても、流通センター事業に対しましては平成10年の事務監査の結果がございまして、再検証はなじまない部分もあるかと考えております。

 一方、綾部地域の用地につきましては、一定の因果関係を有する新クリーンセンター建設をめぐる住民訴訟が進んでいる状況でございまして、司法による判断を待つというのも一つの考え方ではないかと受けとめております。

 議会の調査につきましては、当局からその当否を申し上げることはできませんけれども、私といたしましてはこのような考えでおりますので、御理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 1つは、議長さんや議員みんなで考えていただく課題が私はあると思うんで、問題だけ提起しておきます。議会でやっぱりこの第三セクの利用と解決のあり方というのを専門的に研究する議長の諮問機関のようなもの、特別委員会でなくてもいいのかもしれんと思うんです。必要ならば経過の流れの中では特別委員会になるかもしれない。こんなものをつくって、流通センターの経過、綾部の経過、井口の経過、この3つでいいと思うんです。津山市が委嘱した、私どもも説明を受けた西村ときわ法律事務所の松嶋先生も、個別には検討してないということを前提にして、今市長が言われたような解説をして帰られたんです。やっぱり、だとすれば個別に検討する必要があると思うんです。これは一応意見として議長室のほうに聞いとっていただいて、できれば対応していただきたい。

 さて、市長今答弁があったわけですけれども、やっぱり私は個別案件としてもう一遍改めて、私が指摘した課題を含めて検証のやり直しをしてもらいたい。確かに古い話ですから、もう資料も何にもないがなと言われりゃあそれまでですが、同時開発を当時の市長が公印を押して、民間の業者と覚書を結んだのは事実なんです。これがいけんといって、これは率直に言って、あれこれあったけど、私がやっとこさ土地開発公社の理事になって、おかしいがなということから、理事の人らが東京に行って弁護士と相談して、自治省から叱られてやめたんですよ。変な言い方ですけど、これ事実なんです。3年間黙っとったんじゃから、誰も知らなんだんじゃから。そういうことをもっと深く検討してみると。そういう点では、やっぱり検証のやり直しが要ると。

 そして、社会常識、今は知りません、当時は社会常識だった。契約を一方的に破棄したら、破棄したほうが責任とらされるん。俗に言う倍返しですがな。神戸だったと思うんですよ、地権者のところへ私も行ったんですよ、民間会社。理事も行きました、当時の。どうもそのために土地代が、監査の請求では多少高いけど、まあえかろうというぐらいになったけれども、8億円余計出しとんです。これを検証し直しをする、こういう措置が要ると思いますが、どう思いますか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 今、私どもの答弁となかなかかみ合いませんけれども、今議員が言われましたことにつきましては、やはり別の角度からそういったことも検証するというのも一つの方法ではないかと、こういうふうに思っておるところでございます。

 ただ、御指摘の各事業につきましても、流通センター事業に対しては平成10年の事務監査結果があると、こういうことでございまして、再検証はなじまない部分もあると、こういうこともございますので、これはこれということは答弁申し上げませんけれども、以上でございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 市長、じゃあお尋ねしますが、12月議会の質問に対して、原因者がおれば原因者責任は当然問われるべきだと腹の中では思うと答弁しました。4日には、責任を求めたいというのは、議員、私も求めたいんですよとまで答弁されました。この記憶はありますか。事実ですか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 私は今のところ言ったことについては忘れません。そういうことを冒頭申し上げます。

 先般の議会で申し上げたことについては、私の思いは今でも変わっておりません。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 今私が12月議会と4日のことを言いました。間違いがないと、こういうことです。

 さて、市長、法的には責任が求められない、こういう見解です。私は、検索強めていけばできると思っておるんですけれども、それはそれとして、政治的な責任を求めることが私は極めて大事だと思います。というのは、市長選挙が1年後にはある、こういう点も含めて、歴代の首長さんに自主的に損害補償してほしい、こういう意味の要望ぐらいはすべきではないかと思えて仕方がありません。

 歴代首長さんは、亡くなっている方が多いです。しかし、役員の中にはまだ生きておる人がおります。前市長は極めて元気です。そして、この問題ではかなり気にしている様子で、電話などで、首長で生きとるのは私だけだと、まさか市長に責任があるって言やあせまあなというようなことも、いろいろなところへ問いただしているということも耳にしております。その人に市長が、私信でええと思うんです、何と困っとんじゃけん、何とか自主的に損害賠償してくれんかという手紙ぐらい出せれませんか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 当時の関係者、もう皆さん方おわかりだと思いますけれども、自主的な負担を求めてみるべきではないかとの御指摘でございます。

 これにつきましては、実は私のところにも、何でおまえは前のいろんな問題を背負うて責任をとらにゃならんのなと、はっきり綾部等の問題については、もう本人もいるんじゃから請求しなさいという意見があるんです、私のところにはね。ですから、私自身は、ここにいらっしゃる方で非常に懇意にされている方も何人かおられますけれども、自主的にこういった損害を与えたことについては、市のほうに迷惑かけとんだから、ひとつ責任をとっちゃらんかなと、こういうことぐらいは言ってほしいと思います、私は。

  〔28番末永弘之君「してほしいんじゃな」と呼ぶ〕



◎市長(宮地昭範君)

 ええ、言ってほしいと思います。

 請求の件につきましてはそういう思いがあるんですけれども、これから考えてみたいと。手紙を出すというのも一つの方法でしょうけれども、そのやり方については考えてみたいと思います。

 ただ、なかなかお話はできないんです、お話は。もう顔はお会いしますけれども、常に背かれますからな。この間も鶴山ホテルで、あるいはまた国際ホテルで会うんですけれども、何かこだわりがあるんだと思いますね。そういうようなことでございまして、非常に寂しい限りでございますけれども、ぜひ議員の皆様方でそういった問題意識がございますれば、私からもそういう努力はしたいと思いますけれども、議員の皆様ひとつよろしくお願いいたします。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 御本人とはなかなか会うても話ができんという答弁もありました。だったら思い切って、私信でええと思うんじゃ。何とこうなってこうなって困りょって、私の名前も言やあええが、末永に本会議で責められて困りょうるんじゃ、少しぐらいは払うてくれえと、こういう手紙を出してもらいたい。このことを心からお願いして、時間が来ましたんで質問を終わります。



○議長(西野修平君)

 以上で28番、末永弘之君の質問を終わります。

 次の質問を許可いたします。

 18番、松本義隆君。



◆18番(松本義隆君) 〔登壇〕

 18番、松本義隆でございます。議長の許可を得ましたので、通告に基づいて順次質問をさせていただきます。

 昨年12月の衆議院議員選挙において自民党が圧勝し、自公連立政権が誕生し、アベノミクス効果により円安、株高になり、景気回復に明るい兆しが見えてきたことしの始まりであります。デフレからの脱却、そして成長戦略を確かなものにし、真の意味での日本全体の景気を底上げし、我々地方にもその影響が早く及ぶように期待するものであります。

 さて、通告しております最初の質問についてお尋ねいたします。

 昨年12月定例会で私が質問した危機管理等のことについて、防災無線を各町内会単位に設置してはどうかとお聞きしたところ、答弁では早急に検討するということでしたが、どのように検討され、どうなったのか、お聞きしたいと思います。

 次に、職員の退職手当についてですが、特に本年度退職される方は非常に関心が高いと思います。国は、消費税増税に伴う身を切る改革の一環として、昨年11月に国家公務員退職手当法改正により、国家公務員の退職手当を約15%減らす改正法を成立させ、総務省は国に準じて地方公務員の退職手当も同様に引き下げるよう、各自治体に通知されました。

 これに伴い、一部の自治体では、退職手当引き下げ前に駆け込み退職が相次いでおり、全国の県教委や県警等は対応に追われている中、岡山県は混乱を避けるため、4月1日に施行できるよう条例を改正し対処しましたが、本市においてはこの後議案が上程される予定ですが、私は最後まで勤めるのが公務員の職責ではないかと思いますが、どのように対応されるのかお尋ねしたいと思います。

 次に、ことし3月末を最後に定年あるいは早期退職をされる職員の皆様方には、長きにわたり市民、津山市のために最善の努力をしていただき、大変御苦労さまでした。心から感謝申し上げます。特に、勝北支所の河本所長、久米支所の田村所長におかれましては、それぞれの支所を守っていただきありがとうございました。お二人ともこの3月末で定年退職ということで、大変御苦労さまでした。

 河本所長は、本来ならば本庁に来て、その手腕を津山市全体のために発揮していただきたかったのですが、勝北支所は私が守らねば誰が守るのかといって支所に残り、今日の勝北支所を支えていただいたと思っております。長年の役所勤務のさまざまな思いがあったと思いますが、定年退職に当たって、残る後輩や地域の皆様へ一言お願いしたいと思います。

 また、同じくこの3月末をもって退職される今井学校教育部長には、難しい局面にある教育問題、学力向上策についてお尋ねいたします。

 続いて、清水こども保健部長には、子育て支援としてのこれからの保育行政について、その思いをお尋ねします。

 また、中島産業経済部参与には、TPPの参加が話題となる中、農林業の未来についてどう思うか、最後にお尋ねします。

 続いて、野上会計管理者にお尋ねします。厳しい財政状況の中で、資金づくりに苦労されていると思いますが、将来の津山市の財政のあり方について忌憚のない意見をお聞かせください。

 最後に、久米支所の田村所長にお尋ねします。合併して苦労されたことと思いますが、合併についての思いを一言お願いして登壇での質問を終わりますが、これまで多くの議員さんが質問をされ、今お尋ねしたことへの答弁が出尽くした感がありますが、確認の意味ということでよろしくお願いをいたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 私のほうから、2点お答えを申し上げます。

 まず、防災無線、防災放送ラジオの設置に関しての検討状況でございます。

 本市におきます災害時の主な情報伝達手段といたしましては、有線放送や防災行政無線、携帯電話のメールシステムなどを活用しておりますが、旧津山地域には有線放送や防災行政無線のように一斉発信が可能な伝達手段がございません。また、導入しようとしますと膨大な経費がかかります。

 そこで、12月議会で御答弁申し上げましたように、新年度市内のFM放送局と連携しまして、緊急告知機能のついたFM防災ラジオの導入を計画いたしております。まずはFM電波の受信できる地域を調査した上で情報送信設備等を整備し、町内会や公立施設などに設置してまいる計画であります。

 次に、国家公務員の退職手当引き下げに伴う本市の対応でございますが、国家公務員は本年1月1日から退職手当を引き下げました。これに倣い、多くの自治体が同様の引き下げを2月実施あるいは3月実施といたしましたため、御指摘のように駆け込み退職が問題となりました。

 本市としましても、退職手当支給条例の改正案を提案し、この後上程される予定で御審議いただく予定といたしておりますが、無用な混乱を招かないようにしたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 学校教育部長。



◎学校教育部長(今井元子君)

 退職に当たって、教育、学力向上について思うことはというお尋ねにお答えをいたします。

 学力向上が今声高に言われております。ややもするとテストの点数がよく、上の順位をとった人だけが幸せになれるように言われます。しかし、決してそうではないと思うのです。たくさんの知識を頭に入れることはもちろん大事なことでありますけれども、そのことより、その知識を働かせて知恵を身につけなくてはいけないと思います。このことは、きのう河本議員がおっしゃいました。全く同感であります。

 知恵を身につけるためには、知恵を身につけている人、つまり大人だろうと思いますけれども、この大人から知恵の肥やしをもらわないといけません。しかし、今はなるべく人とのかかわりは避けたいという風潮にあります。気を使いたくないという風潮です。社会の中で自分以外の人とかかわるためには、気を使うことが必要です。自分を含めた大事な人たちを幸せにするために、気を使いながら周りの人とのつながりを持ち、知恵を身につけ、社会の中で生き抜く力を持つ、そんな人になれるような教育を実践できる我が町津山であってほしい、そういうふうに思います。

 以前私は、学校の教職員の皆様方の研修会に参加する機会がありました。その中で、仲島正教さんという先生がおっしゃったことが印象に残っています。先生は、優しいということをおっしゃいました。優しいという字を思い起こしてください。にんべんに憂、憂うるという字を書きます。人が憂い、悩みや困ったことだろうと思いますが、そういう悩みや憂いを持っている人に人が寄り添う、そのことが優しいことだと。

 そして、先生はもう一つおっしゃいました。憂うるという字は、ちょっと見ると百の愛というふうに見えるというふうにおっしゃいまして、憂いを持つ人には100の愛が必要なんだと、そういう思いを持って寄り添うことが優しいんだというふうにおっしゃいました。とても記憶に残っています。

 教育、教え育むことの根底には、この優しさ、すなわち愛する気持ちがなければならないと思います。子供たちは愛されている実感を持つことで、自分以外の人を受け入れ、認め、愛するようになります。今は時の流れが非常に速く、大人が子供に向き合える時間はとても短くなっています。しかし、その時間を密度の濃いものにして、子供が愛されているという実感が得られる過ごし方をしてほしいと思います。家庭の中で愛され、愛し、学校の中でも愛され、愛し、地域の中でも愛され、愛することのできる子供たちを育成していってもらいたい、心から願っています。

 私は合わせて8年、教育委員会でお世話になりました。教育の分野は素人でありながら、ここまで何とかやってこれましたのは、議員の皆様を初めかかわってくださった多くの方々、そして職員の皆さんのおかげだったと思います。退職に当たり、感謝の気持ちをお伝えし、最後の答弁とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○議長(西野修平君)

 こども保健部長。



◎こども保健部長(清水厚子君)

 定年退職に当たりまして、保育行政についての思いでございますが、まず議員の皆様初め関係機関、団体、市民各位の御支援によりまして職務を全うすることができましたことを、心から感謝申し上げます。

 いつも市民目線、市民感覚で職務に当たること、また大局的観点からあるべき姿を思い描きながら、微力でございますが業務に励んでまいりました。津山すこやか・こどもセンターでの2年間は、毎日かわいい赤ちゃんや子供たちの顔を見ながら、本当に私は心和やかに子育て支援ができましたことを感謝しております。

 この間、公立保育所、幼稚園はもちろん、私立の保育園、幼稚園にも足を運びまして、保育の様子を見させていただきました。各園ともそれぞれに特色を生かし、質の高い保育を展開されておりました。特に、行事では津山幼児音楽祭や津山鼓笛フェスティバル、また津山市立幼稚園合同保育「ワイワイまつり」など、本当にたくさんの行事、研修会等に参加させていただきまして、元気いっぱいに仲間と力を合わせて行う演技、合奏、合唱、遊戯などには感動をいただきました。

 また、津山市における就学前教育・保育カリキュラムにつきましては、私立、公立の保育園、幼稚園などの先生方が、本当に熱心に英知を集めて完成してくださいました。このカリキュラムの実践をこれから保育、教育に、このカリキュラムをベースにいたしまして、引き続いて実践していただいて、全ての子供に分け隔てのない愛情を注いでいただけるものと信じております。

 多くの子供たちに真剣に向き合い、就学前の保育、教育の最前線で御奮闘いただいております先生方、関係者の皆様には、本当に頭の下がる思いでございまして、これからもますますの御精進をしていただいて、御活躍を期待しているものでございます。

 これから国の子ども・子育て施策は大きな転換点を迎えます。津山市も今後の保育の方向性を決める大切な時期を迎えようとしております。子供たちが健やかに育ち、そして保護者の方々が安心して子育てができるような津山市であることを心から願っておるところでございます。そのためには、マンパワーの充実は不可欠であります。優秀な人材がこの津山の地で生きがいを持ってこの分野に携われるような、そのような環境の整備が一層望まれるように思っております。

 最後になりましたけれども、退職後は一市民としまして、笑顔あふれるふるさと津山のまちづくりに協力をしてまいりたいと思っております。本当に長い間お世話になり、ありがとうございました。(拍手)



○議長(西野修平君)

 産業経済部参与。



◎産業経済部参与(中島健君)

 私のほうにはTPPに絡めて、今後の農林業の未来について、私の所感も含めてというお尋ねでございます。

 まず、本市の農業についてでございますけれども、地域の中心的な担い手となられます専業農家の方、また大規模農家の方、そして集落営農組織の方々、こういった方々には人・農地プランに基づき農地の集積を今後も一層進めていただきまして、大規模経営による経営の効率化、そして生産コストの低減を図り、外国産の安い輸入品にも真っ向から対抗できるように、そして企業として成り立ち、そこに雇用の場を創造していただきたいと強く願っております。

 一方、農地を維持するという観点からは、兼業農家、小規模農家の方々にも継続可能な農業となることが求められております。そのためには、全ての農家さんが量の多少にかかわらず出荷ができる農産物直売所の整備拡充を受けての、そういった活用が有効であると考えております。経営規模の大小にかかわらず誰でも出荷ができる体制を整えることによりまして、農業に対するやりがい、意欲が湧いて、ひいては農村地域の活性化につながるものと期待をいたしております。

 また、農産物直売所は、地域の農産物流通の核となり、6次産業化、また地産地消の推進に大いに貢献できるものと考えておりますし、直売所の活用により地産地消を進めることによって、将来的には津山市以外の他の地域で消費をしていただく、いわば今後の地産他消に向けての基盤づくりにもなるものと考えております。したがいまして、まずは地産地消を推進し足元を固めると、そういったことが肝要かと考えております。

 津山ブランドの新商品開発の面におきましては、津山産小麦を活用した津山ロールがありまして、多くの消費者から認知をされております。販売も伸ばしておられます。今後はそれに続く津山餃子、津山サンドの販路開拓、あるいはさらなる新商品の開発に積極的に取り組んでいっていただきたい、そう考えております。

 畜産振興につきましては、昨年長崎で開催をされました全国和牛能力共進会におきまして、津山和牛は大変優秀な成績をおさめられ、その資質の高さを再認識させていただきました。この津山産和牛の普及拡大を図り、本市の観光資源としてそういったことも生かすことができるように、津山和牛ブランド化に向けた取り組みを進めるべく、農協等関連機関と連携をし、広域的な組織体系を構築したいと考えております。そして、松阪牛、神戸牛と並ぶような全国ブランドになっていただきたいと強く願っております。

 次に、林業の将来についてでございますが、林業につきましては、昨年本市では津山市森づくり条例の制定を行いました。先日、この条例に基づく津山市森づくり委員会の第1回目の委員会も開催をいたしたところでございます。委員会では、地域の材であります美作材の需要拡大など活発な意見交換がなされました。この委員会で取りまとめられる森林・林業施策を基本といたしまして、行政、森林組合、木材業界等が一体となりまして、津山市の林業、木材産業の振興を図っていただきたいと強く考えております。

 美作ヒノキは、業界では名の知れたブランドではありますけれども、一般国民から見ますとまだまだ知名度も低く、業界間の連携も不十分であります。名より実をとるのではなくて、名も実も両方とる、そういった意気込みで取り組んでいっていただきたいと強く願っております。

 農林畜産の各分野は、一部には新しい息吹もかいま見えますけれども、大半は昔ながらの意識や制度から脱皮ができず、生産者の高齢化と非効率な生産性の状態にいまだとどまっている、そう言わざるを得ません。TPPにつきましては、恐らく国は参加を表明すると私は考えておりますけれども、このことを悲観的に捉えるのではなくて、逆手にとって、全く新しい思考を持って、日本の一大産業に成長されることを夢見ております。

 以上、私の所感でございます。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(西野修平君)

 勝北支所長。



◎勝北支所長(河本誠二君)

 定年退職に当たっての一言でございますが、私は、役所に奉職して40年になります。合併前は下水道事業や箱物など主にハード事業に携わり、市町村合併という大きな行革を経てきょうに至っております。この間、議員、職員の皆様を初め多くの方々に支えていただき、無事定年退職を迎えることができますことを心から感謝申し上げます。

 さて、合併して8年が経過いたしましたが、勝北地域の若者たちにこの町に住み続けたいと思われるまちづくりを目指していただくとともに、笑顔あふれるふるさと津山の実現に向けて、議会と執行部が一丸となって勇往邁進していただきたいと思います。

 退職後につきましては、一市民として微力ではございますが、地域に協力してまいりたいと思っております。議員の皆様におかれましては、健康には十分御留意いただき、ますますの御活躍を御祈念申し上げ、定年退職に当たっての一言といたします。長い間ありがとうございました。(拍手)



○議長(西野修平君)

 久米支所長。



◎久米支所長(田村修君)

 失礼します。

 合併をいたしました平成17年2月から、はや丸8年が経過をいたしております。合併当時と比較をいたしましても、昨今の社会経済情勢や地方自治体をめぐる財政状況も、一段と厳しさを増していると感じております。

 合併後8年、このよしあしにつきましては、まだいささかその判断も早いものではないかと思います。これにつきましては、新たなまちづくりの中で、先人の方が判断されるのではないかと思っております。

 そのような中、津山市を取り巻く環境も、過去の大規模事業の償還、あるいは将来のまちづくりに向けまして多額の事業投資に多くの費用が見込まれております。今後さらなる創意と工夫が必要であるというふうに思っております。

 そのような情勢下ではございますけれども、今後とも住みよいまちづくりに向けまして、市民の皆様を初め議会、執行部が一体となりまして、住みよいまちづくり、笑顔あふれるふるさと津山を築いていくために御奮闘いただきますよう御祈念を申し上げます。

 長年にわたりまして大変にお世話になりました。本当にありがとうございました。お世話になりました。(拍手)



○議長(西野修平君)

 会計管理者。

会計管理者(野上二郎 君)

 退職に当たりまして、私には将来の津山市の財政のあり方についての意見をとのことでございました。私自身、財政のほうを直接担当したことがございませんので、財政のあり方について意見を言うのはおこがましいという気持ちもございますが、今後の財政の取り組みについての思いを述べさせていただこうと思います。

 今回の議会の中でも議論になりましたが、このたび津山市の財政の将来を推計しました30年の長期財政計画の見通しが示されました。開発公社の整理に伴う三セク債の起債償還、それから26年度に合併特例期間が終了しますことによって生じます地方交付税の削減、このようなことに対しまして、今後歳出を大幅に削減していかなければならないという内容、厳しい内容のものでございました。

 財政破綻を回避するためには、歳入に見合った歳出の抑制をしていかなければならない、歳出構造を変えていかなければならないということになるわけでございますが、この難問にこれから立ち向かわなければならない後輩職員のことを考えますと、非常に心苦しいものがございます。

 これから具体的な取り組みとなると、ほぼ5年間程度が勝負どころになるんじゃないかなと私自身は思っております。事務事業や施設の見直しを行い、歳出の削減を図っていくということは、痛みを伴う取り組みでございます。市民の皆様や議会の皆様の御理解と御協力がぜひ必要になるものでございます。

 一方では、合併後、特に2000年度以降、津山市の場合も人口減少が続いております。経済も低迷している中で、津山の未来を切り開いていくためには、これからもさまざまな政策にチャレンジしていく必要がございます。職員も力いっぱいこの取り組みに臨んでいくものと確信しております。議員の皆様には、御支援のほどよろしくお願いしたいと思います。

 さて、私も今月末で退職ということになりました。市役所に入って36年が経過いたしましたが、その間に時代は大きく変わりまして、私たちの市役所職員を取り巻く状況というのもさま変わりをいたしました。市町村合併も経験いたしましたし、私の個人的な業務としましては、介護保険の立ち上げや、第4次総合計画の策定にも携わらせていただきました。実際に取り組んでいるときには、非常に体力的にも厳しい思いもいたしましたが、今考えますといい思い出になったなと振り返っておるような状況でございます。

 最後になりましたが、議員の皆様には大変お世話になりました。長い間ありがとうございました。(拍手)



○議長(西野修平君)

 18番、松本義隆君。



◆18番(松本義隆君)

 防災無線の件なんですけれども、早速この25年度の当初予算にFM防災ラジオの導入をということで予算が計上され、提案を今されておるんですけれども、防災無線と防災ラジオとの違いっていうのはどういったところが違うのか、教えていただきたいと思います。

 次に、退職手当の件なんですが、混乱を招かないようにということを言われたんですけれども、混乱を招かないということは、この後議案が上程されるようなんですが、その議案が可決されれば、この退職手当は4月1日から施行できるようになるということなんでしょうか。そのことをちょっと確認の意味で教えていただきたいと思います。

 また、本市においては他県のような駆け込み退職っていうのは一人もいなかったのか、いたのか、そのこともあわせてお聞かせ願いたいと思います。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 まず、防災無線と防災ラジオの違いについてお答えをします。

 国、県におきましては、情報伝達手段といたしまして、有線系統よりも無線系統のほうが、断線の危険性がないということで災害に強いということで、防災無線の整備を推進しております。また、東日本大震災におきましても、同じく無線系統であるFM防災ラジオの評価が高まっていますので、災害時の情報伝達手段としては同様の有効性があるというふうに考えております。

 なお、災害対策本部等から出される防災情報につきましては、防災無線は各支所から、FM防災ラジオはFM放送局からというように送信者は異なりますけれど、同じ情報を一斉にお伝えできるという点では変わりがありません。

 また、全国あるいは岡山県内におきましても、両方の情報伝達手段を併用している自治体もありまして、本市といたしましても新年度よりFM防災ラジオの導入を図ってまいりたいというふうに考えております。

 次に、退職手当に関しましての件でございますが、これにつきましては後ほど提案をさせていただきますが、施行日は4月からということで提案をさせていただいております。

 それから、駆け込みがなかったかということですが、本市におきましてはありませんでした。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 18番、松本義隆君。



◆18番(松本義隆君)

 防災無線とFM防災ラジオとの違いというのがわかったんですけれど、答えはほとんど一緒だと、送信元が違うというだけのことですから。ですから、こういうことで先般会派の代表質問の中で、久米と加茂地区の防災無線が老朽化し、早く新しいものに切りかえるようにということをお願いをされとったということをお聞きしたんですけれども、これはかなりの費用もかかるんだろうとは思うんですけど、どれぐらいの費用がこれもしやり直すとしたら、久米と加茂とこれやり直すとしたらどれぐらいの費用がかかって、もしやるとしたらの仮定なんですけれども、その財源をどこに求めるのか、このことをあわせてちょっと聞きたいと思います。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 加茂、久米地域の防災無線につきましては、導入から十数年が経過をいたしておりまして、現在老朽化に伴い施設の補修や取りかえなどが発生し、随時対応しております。デジタル化を含めました更新整備につきましては、お尋ねの経費でございますが、数億円の経費がかかるというふうに想定されております。それから、財源でございますが、できるだけ有利な起債等の活用などを考えておりますが、そういうふうなものを含めました調査研究を行っているところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 18番、松本義隆君。



◆18番(松本義隆君)

 かなりの費用がかかるということなんですけれど、これは計画的には近い将来にこれはやり直すというあれはあるんですか。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 今後、第4次総合計画の後期実施計画の中で位置づけられておりますので、中身を研究検討いたしまして、具体化いたしますと、議会のほうにまた御提案をさせていただきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 18番、松本義隆君。



◆18番(松本義隆君)

 それじゃあ、早急に総合計画の中で策定していただいて、今の時代、いつ災害が起こるかわからないような時代なもんですから、やっぱりこういう情報伝達の手段というのは、とにかく市民の安全・安心のためには一日も早くやっぱりする必要があろうかというふうに思いますので、できるだけ早い早期に切りかえができるようにしてあげてほしいと思います。

 それから、先ほど退職される6人の皆様方がそれぞれの思いを語っていただきましたけれども、本当に長い間大変御苦労さまでした。これからも津山市のためにさまざまな分野で御尽力をいただきたいというふうに思いますので、長い間本当にありがとうございました。お世話になりました。

 これで私の質問を終わります。



○議長(西野修平君)

 以上で18番、松本義隆君の質問を終わります。

 次の発言順位の17番、森岡和雄君から、発言通告を取り消す旨の申し出がありました。

 以上で個人質問は終わりました。

 これをもって通告による質問、質疑は終結といたします。

 ただいま議題となっております諸議案の審査につきましては、それぞれ所管の常任委員会に付託をいたします。

 この際、会議をしばらく休憩いたします。

 再開は午後1時15分といたします。

                                   午前11時52分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午後1時15分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。



△日程第2  議案第145号、議案第146号



○議長(西野修平君)

 これより日程第2に入り、議案第145号「津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」及び議案第146号「津山市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例」を一括上程議題といたします。

 この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 それでは、ただいま上程をされました議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第145号「津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、国家公務員の給与水準に鑑み、本市職員の給与制度並びに給与水準の適正化を図るため、管理職手当の定額化及び昇給の時限的抑制を行うことに伴いまして、条例の一部改正を行うものでございます。

 次に、議案第146号「津山市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例」につきましては、国家公務員退職手当法の一部改正に伴いまして、国家公務員に準拠し、本市職員の退職手当を段階的に引き下げを行うため、関係条例の一部改正を行うものでございます。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決賜りますようにお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 質疑の通告がありますので、順次発言を許可いたしますが、当初の質疑は登壇して行い、再質疑及び関連質疑は自席においてお願いいたします。

 なお、質疑の持ち時間及び回数は、議会運営委員会での申し合わせを遵守するようお願いいたします。

 これより順次質疑を許可いたします。

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君) 〔登壇〕

 ただいま議長から発言のお許しをいただきましたので、この提案されました2つの条例案について質問させていただきたいというふうに思います。

 今回の条例案の提案の内容ですけれども、今年度から市独自で平均2%の給与削減が行われました。その上に今回さらに、給与抑制や退職金手当の減額を行うとする議案が上程されておられるわけでございます。この上程されてきた経緯は、労使で交渉されたということで、市長も熱心に職員側と何回も誠意を持って交渉されたというふうにお聞きをしております。本当に職員にとっては、家のローン、それからいろんな子供の養育費、本当にいろんな苦しい中で職務の多忙の中に頑張っとられると思いますし、そういった中で、労使交渉を一生懸命重ねられ、真剣な議論をされてきたんだろうというふうに思います。

 私ごとですが、私も職員時代は委員長も経験し、あるときは熱心さの余り交渉の打ち合わせのときに、胸ぐらをつかんだんじゃなしに、つかまれたこともあります、当局の方から。それぐらいお互いが熱心に議論し、そして決まった妥結した交渉結果は、お互いが誠意を持って履行するという信頼と緊張の関係を持ってまいったというふうに思います。

 職員の方々にとっても苦渋の選択だったというふうに思います。日々職務に励んでおられる本当に職員の皆さんにとっては、生活給を市に献上しての市政への御協力でありまして、生活のやりくりの御苦労も含めまして、大変重く私は受けとめております。

 しかしながら、労使への不介入の原則を私は尊重していきたいと思いますので、当局も今後も誠意を持った対応をしていただきたいというふうに思います。

 このような結果になりましたのも、先日集中審議がなされました産業・流通センターなど塩漬け土地に関する約150億円の負債の整理の一環であり、第三セクター債115億円を認めてもらうための一環であるというふうに私は認識しております。その辺の理由を、職員の方々は市政のために苦渋の決断をされたんだろうというふうに思います。市の負債整理のために、市民は税金で、職員はみずからの給与を削減し御協力をいただく内容でございまして、この重みを当局、市長はどのようにお考えか、お聞きをいたします。

 また、今回削減される職員給与削減額はどれほどか、お伺いをいたします。

 そして、本来は地方自治の本旨にのっとり、自治の原則によりまして、職員の処遇は自治体が主体性を持って決めていくべきものというふうに思いますが、今回またぞろ国による交付税制度を逸脱した給与の押しつけカットの動きがありますが、当局はこれについてどのように認識をしておられますか、あわせてお伺いをいたします。

 以上で登壇の質問を終わります。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 秋久議員の質問にお答えをいたします。

 まず、市の負債の整理に市民や職員に御協力をいただくことの重みをどう考えるのかとの御質問でございます。

 今回の三セク債の借り入れによりまして、一層の行財政改革を進める必要があると考えておりますけれども、将来世代に多大な負担を先送りしないという判断によるものでございますので、市民の皆様方には何とぞ御理解をいただきますようお願いするものでございます。

 また、職員につきましても、昨年に引き続き生活給の削減という大変厳しい内容となっておるわけでございますけれども、本市の置かれた状況を理解をしていただきまして、津山市の未来のために引き続き一層の奮闘努力をお願いをいたすものでございます。

 次に、国による給与カットの押しつけの動きについてでございます。これにつきましては、全国市長会におきましても、地方公務員の給与は、公正、そしてまた中立な知見を踏まえ、住民や議会の意思に基づき各自治体が自主的に決定すべきものでございまして、ましてや地方の固有の財源であります地方交付税を地方公務員の給与削減のために用いることは、地方分権の流れに逆行しておりまして、地方の財政自主権を侵すものでございまして、まことに遺憾であるとした緊急アピールを発表いたしておるところでございます。

 また、昨日の新聞報道でも明らかなように、都道府県知事やあるいはまた政令指定都市市長の8割が反対をしていると、このように言われておるところでございます。私といたしましても、他の首長同様、まことに遺憾であると、このように認識をいたしておるところでございます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 職員給与の削減額についてのお尋ねです。

 今回、4年間、定期昇給の抑制を行うわけでございます。実際には昇任、昇格などの不確定要素がございますので、大まかな試算ということで申し上げますと、4年間の行革効果額としては1億8,600万円程度になろうかというふうに思われます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君)

 御回答いただきました。4年間で1億8,600万円、職員の生活給を献上するということでございます。本当に職員の皆さんは、これから御家庭で自分たちの生活ぶりを家族で話をしていかなくてはいけないということでございまして、本当に重いことだなというふうに思います。

 全国的に国の行革というのを考えますと、市長がよく言われますが、強いものには弱い、弱いものには強い、これが国のやり方でございまして、行革効果を上げる一番手っ取り早いのは職員数を減らす、給料を減らす、この方法でございます。この間ずっと国のさまざまな取り組みがなされました結果、国を上回る地方自治体の職員の削減、また給与削減は、地方で働く多くの国民の方々の給与の削減にもつながり、そして格差の拡大、それから200万円以下の低所得者層を増大させたと、そして生活保護者の方々がふえてきたという、地方にとっては本当に苦境に立たされた状態が来たんではないかというふうに思います。

 このようなことが安易に弱いものからやると、文句が言えないところからやるというようなやり方ではなくて、抜本的な行財政改革をしっかりやっていただきたいなというふうに思います。

 そこで、ちょっと再質問させていただきますが、よく公務員の給料が高いというふうに言われます。そこの中でよくラスパイレス指数を使っての話がありますが、給与では統計値というふうにしてこれを使いますが、統計である以上は、統計上の実態との誤差というものが必ず出てまいります。統計をとったその時期によって数値が変わり、実態と即してないという面が多々あるわけでございます。

 津山市職員の職員手当が岡山県下で一番高いではないかというようなお話を、私もいろいろ情報として聞いたり、お話として聞いたりしますが、その統計の数字と実態は大きく違っているんではないかというふうに思いますので、誤解のないような正確なこの際説明をいただきたいなというふうに思います。

 また、先ほども申しましたように、給与は生活給、義務的経費でございます。日夜業務に邁進している職員のさらなる給与削減を行わないためには、今後大きな政策の失敗がないようにすることが一番大事ではないかというふうに思います。

 私も委員長時代、アルネ問題がありました。その当時就任された市長に、全国的に成功した事例はございません、ぜひともやめていただくか、縮小していただきたいというのをお伝えをいたしました。私の同僚も市長を廊下で、つかまえるというのはちょっと言い方が何ですけれども、廊下で会ったときに懇願を何回もたびたびしてまいりましたし、職員組合としても異例の見解を発表し、その当時新聞で大きく取り上げられました。

 こういった大きなことが、だんだん政策の見違いがだんだん積もり積もって、大きな負債になって、そして今日を迎えている、そしていろいろ市の行政にもいろんな不都合が出ているというふうに思います。いい例がいろんな利子払い、そういったことばかりの市政運営がありまして、本当に1億円でも自由に使えるお金があったら、大変ないろんないいことができます。

 今後も財政運営にとっては真剣に対応していただきたい。また、そのためには、職員の英知を結集するということが必要というふうに思います。職員の声を吸い上げる風通しのいい体制や、重要施策は全職員で情報を共有し、十分な議論ができるような環境を整えていただきたいというふうに思いますが、当局の御見解をお伺いをいたします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 質問にお答えをいたします。

 職員の英知を結集するために風通しのよい体制や、あるいはまた全職員が論議をできる環境をとの御指摘でございます。

 もともと私は、職員参加によりますボトムアップ型の政策形成を目指しておりますので、御指摘の内容も含めまして、職員とはより一層意思疎通、そしてまた情報の共有化を図りながら、見直すべきところは見直すという立場で意見交換などを行ってまいりたいと、このように考えておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 本市の職員手当についてでございますが、国が公表いたしております地方公務員給与実態調査によりますと、確かに平成23年度におきましては、諸手当月額が県下で最も高い額ということになっておりますが、この調査につきましては毎年4月の給与実態を調査するものでございます。平成23年4月には、県議会議員選挙及び市議会議員選挙が実施されております。選挙事務に従事いたしました職員の時間外手当などが含まれたため、高額になったものと思われます。

 ちなみに平成22年度は県下15市の中で8番目、平成24年度では7番目というふうになっております。

 以上であります。



○議長(西野修平君)

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君)

 御返答いただきました。職員手当については、毎年いろんな選挙等によって上がったり下がったりするというような実態がございます。当局の方もいろんな資料を出すときには、その辺の説明もあわせてやっていただきまして、お互いが誤解がないようにやっていただきたいと思います。

 また、ラスパイレス指数も、国の職員の実態と地方公務員の実態が全く違います。国のラスが低いと言いますけれども、給与の実態は国の職員のほうが高い状態でございまして、その辺も実態も即して、皆さんが実態への理解が十分いくようにお願いをいたしたいというふうに思います。

 今まさに時代は幕末ではないかというふうにずっと言われております。いつ崩れるかわからないこの今現在の体制でございまして、幕府の言うことばっかり真に受けて忠実に聞くんではなしに、やはり地方自治の発展のためには、おらが島、城はおらで守っていくと、つくっていくという立場で、幕末の志士が自分たちの独自ないろんな取り組みをされました。また、各城でできない方は、脱藩をやってまで、この日本をどうしようかということでいろいろと活躍されました。

 そのように新しい価値観、新しい組織体制、そういうものを今までの殻を破ってつくっていかないと、未来もなく、希望も持てないというふうに思います。今後とも大きな政策の間違いや見込み違いやそういったことがないように、未来から現在を見て、未来の市民から応援されるような市政をとっていただきますようにお願いをいたしまして、発言を終わらせていただきます。



○議長(西野修平君)

 以上で3番、秋久憲司君の質疑を終わります。

 次の発言順位の8番、山田君から、発言通告を取り消す旨申し出がありました。

 次の質疑を許可いたします。

 15番、河本英敏君。



◆15番(河本英敏君) 〔登壇〕

 議長のお許しをいただきましたので、先ほど上程をされました2つの条例改正について、私の私なりの考え方で、反対するというよりも、やむを得んという立場で、責任の重さや、また市民の皆さんにぜひ考えてほしいという立場で発言をさせていただきます。

 この職員給与と退職手当の削減に関する条例改正がここで提案があったわけでありますけれども、このことについて何点か質問をして、なぜ働く者の給料だけが削減されるのかと、その原因は何か、またその責任はどのようなところにあるのかについて考えていく必要から、先ほど申しましたようにあえて質問をいたします。

 国のデフレ脱却ということから、そうした声に応えて政府は平成24年度の、15カ月予算と言われたですかね、そういうことで大きな補正予算を組んで、津山市においても平成24年度の予算は補正後500億円超えるということにもなるというふうに聞いておりますし、そのように承知しております。

 このことについて、水を得た魚のように喜ぶ市民と、時にカンフル剤を打ち続けてきた過去の景気対策と心配する市民と、受けとめ方はいろいろであります。現場では、事務が間に合わないほど仕事がふえている。こうしたときに職員給与の削減が行われるその理由は何か。国の給与水準との比較そのものなのか、開発公社の解散に伴う115億円の三セク債の利用にかかわって、通常三セク債の償還期間は10年とも言われています。その10年では余りにも単年度の負担が大き過ぎて、津山市の財政が破綻してしまうというそうした心配から、もしくは国や県に30年にお願いをしたことが、国や県からの条件がついたのではないか、私なりにそうしたうがった見方をしております。

 この三セク債で整理される開発公社の進めてきた事業や責任については、集中審議をしたところでありますが、この中で明らかになったことは、特に津山産業・流通センター事業以後の事業は、ほとんどの事業が赤字の原因になっていると私は思っています。その主たる原因、政界と財界、政界と行政とのかかわり方に問題があると私は申し上げときます。このことについて市長のお考えはどうでしょうか。

 次に、職員給与の削減は、具体的にどのように行われるのかお答えいただきまして、その答弁によって自席で再質問させていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 河本議員の質問にお答えをいたします。

 この時期にあえて職員給与を削減する理由は何かというお尋ねでございます。

 今回、三セク債の借り上げに当たりまして、将来の財政見通しを行ったところ、より一層の行財政改革に取り組むことが必要であると、このような判断に至りまして、まず職員の給与の見直しから取り組むこととしたものでございます。

 次に、流通センター事業以降、公社が赤字になったのは、政界、経済界及び行政のかかわり方に問題があったのではないかとの御指摘でございます。

 公社の経営悪化の要因につきましては、公社の解散プランや、このたびの検証結果で整理を行った次第でございます。また、事業実施に当たりまして、御指摘のあったことに関する具体的な事実関係については承知をいたしておりませんけれども、当時の関係者にも道義的な責任があると、このように思っておるところでございます。これにつきましては、これまでも答弁をいたしておるとおりでございます。

 さらに、議員のほうに人から聞いたとかというお話がございますけれども、そういった事情がありますれば、ひとつ早いうちに警察などに情報提供をしていただいて、そういった処理をしていただければ、いろんな問題が未然に防げるのではなかろうかと、このように考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 給与について、三セク債の借り入れに際して、国、県から職員の処遇に関して何らかの条件を示されたということはございません。行財政改革に取り組む本市の姿勢を評価していただいたものというふうに考えております。

 段階的な職員の給料の削減についてでございますが、毎年1月1日に定期昇給ということがございますが、その昇給幅を4年間にわたって抑制するものであります。全体では1年目で約1,800万円、2年目で約3,700万円、3年目で約5,600万円、4年目で約7,500万円の行革効果額を見込んでおりまして、4年間では約1億8,600万円の効果額になると考えております。

 また、退職手当につきましては、個人によって大きく異なりますが、ことしの定年退職者に当てはめて平均いたしますと、1年目の引き下げで約200万円の減額に、2年目で約390万円、3年目で約550万円の減額になるというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 河本英敏君。



◆15番(河本英敏君)

 やむを得んというふうな部分もあるんですけれども、財政の厳しい中で何とか市民サービスを落とさずに、これから行政サービスを進めるとすればあるんですが、行財政改革の必要性は当然理解します。そう思っても、開発公社の解散整理に伴う三セク債の115億円の借金には、開発公社の理事会はもちろん、当然この津山市の議会も大きな責任があると私は考えています。職員にすれば、仕事をせえと言われて一生懸命やってきた、忠実にやってきたことが、なぜ職員だけがその責めを負わにゃいけんのかなと、そういうふうに思っても仕方がないし、そう思うのが私なりに考えても当然じゃないかなという気もします。

 今回の責任の多くは、先ほども申し上げましたように、特に後半、バブルがはじける前後、はじけてからいろんなものを次から次、鶴の一声で買ったいきさつがありました。そういうようなことを考えたら、やはり政治に大きな責任があるというふうに言わざるを得んのですが、そういうことを私は指摘をしておきたいと。こういうことについてどういうふうにお考えですか、あえてお尋ねします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 質問にお答えをいたします。

 このたびの公社の整理の解散に当たりまして、三セク債115億円の負担が必要となった責任の多くが政治にあるのではないかと、こういう御指摘でございます。

 過去の公社の事業につきましては、適宜議会での審議などを経て実施されていることを考慮いたしますと、一部の関係者の意図に引きずられてこれまでの事業が進められてきたとも言えないとも思われます。いずれにいたしましても、今回の公社の債務整理が本市の財政に大きな負担をもたらすことになることを踏まえれば、公社の経営悪化の原因となった事業の推進に関与した関係者につきましては、再々言っておりますけれども、道義的な責任が求められてしかるべきではないかと、このように思っておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 15番、河本英敏君。



◆15番(河本英敏君)

 道義的責任ということをたびたび使われるんですが、そう言うしかないのが現実で、残念なことなんですが、公社が進めた事業の内容、政治がかかわったと思われる事業ほど赤字のもとになっている。もともとそういうものが積み重なってきて、買ったものが下がっていく。公社の本来の目的である、上がるから先に先行取得をして、少しでも財政的負担を減らそうという崇高な目的が、逆に思惑外になって、思惑外というのが、上がるだろうというんならまだいいんですけど、とりあえず買えと、この事業のためにはというようなことがあったと私は見ております。

 このことを考えれば、議会としても当然にしてこの責任を負うべきなんだというふうに思います。せめて職員の皆さんの削減率以上に、市議会も削減すべきでないかと私は考えておるわけであります。このことが整理されて初めて115億円の借りかえ、30年間の利息35億円、こうした道に道筋がつけられるというふうに私は考えています。市長のお考えはいかがでしょうか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 お答えをいたします。

 議会も責任を負って職員以上の削減をすべきではないかと、こういうような御指摘だと思います。

 これにつきましては、昨日も触れましたけれども、議員報酬を含めた議会のあり方の問題につきましては、議会で今さまざまな課題を整理をされておるようでございますので、議会の皆様方の御意見、考え方を十分にお聞かせをいただきたいと、このように考えておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 15番、河本英敏君。



◆15番(河本英敏君)

 議長にお願いがあるんですが、ここで、先ほどお話しいたしましたし、市長のほうからも議員の皆さんの中で十分議論してほしいというお話がありました。議員報酬の削減についても、市民の皆さんに御理解をいただけるよう、そういうふうな方向が出てくるように、議長にお預けいたしますので、よろしくお取り計らいをお願いしたいと思います。

 さて、再質問ですけれども、今回のようなことを二度と繰り返さないためにも、職員の皆さんも、仕事といえども公序良俗に反すると思われることがもしあれば声を上げてほしい。そういう私は制度を組織の中につくり上げる必要が私はあるというふうに思うんですが、世の中にはやっぱしだめなことはだめだということが私はあると思います。きのうも申し上げましたように、子供たちは大人の姿を見て育っているわけですよ。先輩の姿を見て、若い職員は育つわけですよ。そういう意味では、ぜひ内部でそういう自浄作用が働く制度をつくってほしいということを申し上げ、どのようにこのことについてお考えか、よろしくお願いします。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 内部で自浄作用が働くような制度ということについては、平素から組織内での意思疎通や情報の共有化に努めておりますので、あえてそのような制度化をする必要はないというふうに考えております。それよりも、議員がたびたび御指摘いただいておりますように、職員がおかしいことはおかしいと声を上げることのできる風通しのよい組織風土をつくっていくこと、このことが重要であるというふうに考えます。まさにそれこそが宮地市長のカラーであるというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 15番。



◆15番(河本英敏君)

 最後にしたいと思いますが、職員の皆さんに質問というよりもお願いということになろうかと思います。先ほどは3番議員さん、秋久議員からも言われましたとおり、市政といえども問題点の整理をするためには、職員の中から、市長の言われるボトムアップという言葉を使われますけれども、問題点があればどんどん上げていける気風、それが風通しという言葉だろうとは思いますけれども、そういうものをできる組織になってほしい。それをすることが市民のためになるし、公僕としての僕は本来の姿だろうというふうに思うわけです。

 市民の皆さんは、確かに市長の名前で採用されるわけですけれども、市民の皆さんから採用されているというのが本来の姿であります。そういう意味では、やはり市民の皆さんの気持ちを理解しながら、これはおかしいと思うことがあれば、ぜひおかしいと言ってほしい。それが組織の中で言える組織づくりをするのは、この議場の中におられるトップの皆さんの大きな役割だろうというふうに思います。そうしたことを質問の終わりに申し上げて、削減やむなしという立場で質問を終わります。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 以上で15番、河本英敏君の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案の審査につきましては、所管の常任委員会に付託をいたします。

 なお、議案第87号から議案第144号までの58件並びにただいま議題となっております議案第145号及び議案第146号の2件の審査付託表は、お手元に配付のとおりであります。



△日程第3  請願第5号、請願第6号



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、請願第5号及び請願第6号の2件を一括上程議題といたします。

 これらの請願書は、去る3月4日、今期定例会の会議の際配付いたしておりますとおりであります。

 この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております請願2件の審査は、それぞれ所管の常任委員会に付託をいたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よってさように決しました。

 審査付託表はお手元に配付のとおりであります。

 なお、審査付託表には議案及び請願をあわせて記載しておりますので、御了承をお願いいたします。

 これをもちまして本日の日程は終了いたしました。

 運営予定に従い、3月11日から13日までは委員会審査とし、お手元に配付いたしておりますとおり各委員長の招集通知によって審査をお願いいたします。

 3月9日及び10日と14日から18日までは休会とし、次の会議は来る3月19日の午前10時から議会運営委員会、11時から全員協議会、午後1時から本会議を開きます。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承願います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 御苦労さまでした。

                                   午後1時56分 散会