議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成25年 3月定例会 03月07日−05号




平成25年 3月定例会 − 03月07日−05号







平成25年 3月定例会



                              平成25年3月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 5 号)



 〇平成25年3月7日(木)午前10時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 〇個人質問(議案質疑・一般質問)                    │

│ 第 1 │   議案第87号〜議案第144号(58件)               │

│     │  (村田隆男君、河本英敏君、秋久憲司君、山田誠君、野村昌平君)     │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘



           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │         │   │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 都市建設部長  │  村 上 祐 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 地域振興部長  │  植 月   優  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  西 山 公 二  │ 加茂支所長   │  原 田 幸 治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  常 藤 勘 治  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  井 上 純 輔  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  政 岡 大 介  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  上 田 輝 昭  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  清 水   稔  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  目 瀬 陽 介  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場







                                   午前10時00分 開議



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 これより3月津山市議会定例会第5日目の本会議を開きます。

 ただいまの出席議員は27名全員であります。

 本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり1つの日程といたしております。



△日程第1  個人質問(議案質疑・一般質問)



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「個人質問」を行います。

 昨日に引き続き順次質問を許可いたします。

 6番、村田隆男君。



◆6番(村田隆男君) 〔登壇〕

 皆さんおはようございます。

 ただいま議長の御指名がありましたので、小さな声を大切に、6番、村田隆男、市民目線を基本に一般質問させていただきます。

 その前に一言、ことしもやってきました花粉症、どうにかならぬか花粉症。また、その上に追い打ちをかけてPM2.5。1.0にならないことを心から私どもは祈るところであります。

 それでは、本題に入らせていただきます。

 論旨明快な回答を求めて、質問1であります。補助事業の採択。

 ?真に必要な事業の選択について。今回の自公政権による国の大型補正予算約13兆円に伴って、本市においても24年度の第6次補正予算として約57億円が今議会へ提出されておりますが、中身を見ると、ほとんどが公共事業のハード事業であります。緊急経済対策、幾ら国の補助があるといっても、事業実施後の維持管理を含めて全てが市民の負担になると私思います。

 そこで、お聞きします。どのような基準で事業採択し、今回第6次補正予算に計上しておるのか、当局の明快な回答を求めます。

 質問1の2であります。補助事業の採択の中で、指定管理者に係る運営委託の契約と地元協定書について。

 公共施設の運営管理について、指定管理制度によって、現在何カ所の公共施設が民間へ運営を丸投げしている状況でありましょうか。また、業者委託の給食センターなど、安全管理は大丈夫でしょうか。業者任せでよいのでしょうか。安かろう、悪かろうで公共サービスの低下が私どもは心配であります。現在の状況はどのようになっているのでしょうか、見解を求めます。

 最近話題になっております小田中の総合斎場の黒煙問題についても、本来こうした迷惑施設は指定管理者制度で民間へ委託すべきではないと、私はそのように思います。地域住民の皆さんの市民生活への影響を及ぼす、生活環境へ直接かかわるような事態が起きる可能性があります。このような施設はやはり市が直接運営すべきであると、そのように私は思うところであります。地元対策はどのようになっておるのか、現状の対応状況の見解をよろしくお願いいたします。

 宮地市長は現場主義、膝詰めで地元の皆さんと話し合うことを政治スタイルの信条としているところでありますが、今回の問題へどのように対応したのか、市長の明快な見解を求めます。

 質問2であります。青少年健全育成。

 岡山県は、小中高による暴力行為、小学校の不登校発生率は全国で最悪となっております。平成23年12月付でありますが、その中でまた児島地域では秋祭りでの未成年者に飲酒や、中学生が学校の屋上で飲酒、喫煙をしていたという報道も入っております。その中で、岡山県内において青少年の健全育成において深刻な問題になっているそうでありますが、そこでお聞きいたします。

 未成年者飲酒、喫煙について、さまざまな機会を通じて啓発や未成年者へのたばこ販売防止措置の効果などで、taspoカード導入で一番の目的は何でしょうか。パブリックコメント、健康つやま21など協議会、審議会など、酒たばこ小売販売組合などがなぜ参入できないのでしょうか。

 次に、未成年者の飲酒、喫煙の現状と評価はどのように変動しているのでしょうか。当局の明快な見解と報告を求めます。

 質問3であります。鳥獣害対策、農水産物の被害状況と対策について。

 本議会の25年度の当初予算で、森林事業の有害鳥獣駆除事業、補助金834万4,000円の計上でありますが、イノシシ、鹿、ヌートリア、猿、そしてウ──鳥のウですね──で、県、市の補助金は、また充当額は。一方、事業内容と目的は。当局の明快な報告を求めます。

 以上で登壇での質問を終わり、状況に応じては自席にて再質問をさせていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 村田議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、予算に関係をいたしまして、真に必要な事業の採択についてでございます。

 今後の極めて厳しい行財政運営の中にありましても、市民サービス向上のために必要な事業は進めていかなければなりません。主要事業を初めとしたさまざまな事業実施の決定を行う際には、限られた財源の中で、市民ニーズはもとより個々の事業が本市の成長と発展に資するものであるか、またその事業の費用対効果や実施時期などを的確に見きわめながら総合的に判断をし、選択と集中を図りながら実施しているものでございます。

 国策の補助事業の活用は、あくまでも必要な事業の実施に伴う手段でございまして、市民負担の軽減を図るため、有利な補助制度や起債を活用していると御理解をいただきたいと思います。

 次に、村田議員流に言いますと質問の1の?でございます。総合斎場の地元対策についてのお尋ねでございますけれども、議員御指摘のとおり、私は地元の皆様方と話し合い、お互い理解し合うことを信条といたしております。また、総合斎場につきましては、私が職員時代にも担当しておりましたので、地元と交わしました協議確認書や地元との交渉の経過などは、よく理解をいたしておるつもりでございます。当時、話し合いをしながら、課題解決に向けて取り組んできたことを記憶をいたしております。

 今回の申し入れの際には、地元町内会の皆様に直接お会いし、私の考え方をお伝えするとともに、原因などを十分に調査をいたしまして、対策などにつきましては地元と話し合いの場を持ち、誠意を持って対応するよう担当部署に指示をいたしております。現在、担当部署におきまして、地元町内会に調査結果などを報告、説明しているところでございまして、再発防止策なども講じておるところでございます。今後はその経過も踏まえながら、私が地元町内会の皆様とお話をすることは考えておるところでございます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 総合企画部長。



◎総合企画部長(西山公二君)

 指定管理者制度の現状についてお答えをいたします。

 指定管理者制度につきましては、公の施設の管理について民間事業者などに開放し、その能力を活用いたしまして市民サービスの向上を図るというものでございまして、津山市も平成18年度より取り組みを始めております。

 主な施設といたしましては、グラスハウス、市営住宅、ベルフォーレ津山、斎場、文化センターなどがありまして、現在31の施設について導入し、経費面での合理化では一定の効果が出ていると分析しているところでございます。

 また、市民サービスについても事業者任せということではなく、あくまでも民間活力によります市民サービスの向上を目指したものでございまして、協定書により事業者から常に報告を受けて、業務の実施状況の確認を行い、また必要があれば立入検査、さらには指導等を行うこととしております。御指摘のようにその後のモニタリングについて、必ずしも十分実施できていないという御意見もありますが、今後より充実に努めてまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 学校教育部長。



◎学校教育部長(今井元子君)

 私のほうからは、給食センターの安全管理についての御質問にお答えをいたします。

 津山市では、学校給食の実施に当たりまして、現在加茂、勝北、久米の3つの学校給食センターの調理業務、そして戸島学校食育センターの調理業務と配送業務、単独調理校12小学校と戸島学校食育センターの廃棄物収集業務を民間委託しております。日々の献立作成を初めといたしました給食管理につきましては教育委員会の職員が行って、委託している業務につきましても教育委員会職員が指示を出し、監督をいたしております。

 給食提供をするに当たって、最終的な責任は津山市が負っております。今後も安全の確保を最優先に、委託業者に対し適切な業務履行を求めることはもちろん、十分な管理を行い、食中毒や異物混入事故等の防止に努めてまいりたいと考えております。そうした上で、子供たちへ安全・安心でおいしい給食を提供してまいる所存でございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 こども保健部長。



◎こども保健部長(清水厚子君)

 未成年者の飲酒、喫煙についてのお尋ねでございますが、第2次健康つやま21の策定に当たりましては、津山市健康づくり推進審議会におきまして答申をいただき、その後広く市民から意見をいただくためパブリックコメントを実施し、貴重な御意見をいただいているところでございます。今後、この計画をより実効的なものにするために、酒、たばこ等を含む関係機関、団体の方々に審議会に御参画いただき、計画を推進してまいりたいと考えております。

 未成年者の飲酒、喫煙の状況につきましては、平成23年9月に健康づくりアンケートを実施しています。お酒を飲んだことがありますかの問いに対して、中学生は23.6%、高校生は15.7%の生徒が、たばこを吸ったことがありますかの問いに対して、中学生は4.1%、高校生は1.2%の生徒があると答えています。平成19年に高校生を対象として実施したアンケートと比べますと、飲酒、喫煙ともに減少しており、関係機関、団体や行政等による啓発や、酒、たばこ等の販売禁止の取り組みの成果によるものと評価をしております。



○議長(西野修平君)

 生涯学習部長。



◎生涯学習部長(行田裕美君)

 未成年者の飲酒、喫煙に関するtaspoカードの導入の目的についてのお尋ねでございます。

 未成年者の喫煙防止対策の一環として、taspo対応のICカード方式成人識別たばこ自動販売機で利用者の成人認証を行い、未成年者によるたばこ自動販売機の利用を防ぐことが目的であると理解をしております。

 次に、未成年者の飲酒、喫煙の現状についてでございます。

 津山警察署管内で補導した未成年者は、23年で飲酒3名、喫煙163名、24年は飲酒3名、喫煙133名となっております。また、青少年育成センターが指導した未成年者は、平成23年度で飲酒ゼロ、喫煙158名、24年度は2月末現在でございますが、飲酒ゼロ、喫煙98名となっております。補導指導に関する飲酒は少数であり、喫煙も減少傾向にあるというふうに認識をしております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 産業経済部参与。



◎産業経済部参与(中島健君)

 私のほうからは、有害鳥獣駆除事業に関しまして御答弁を申し上げます。

 まず、県と市の補助金額でございますけれども、県の補助金が188万4,000円、市の補助金が646万円の合計834万4,000円をこのたび計上いたしておるものでございます。イノシシ、鹿の補助金は、1頭当たり猟期外、これは3月16日から11月14日まででございますけれども、これが1頭当たり8,000円、猟期内、これは11月15日から翌年3月15日まででございますけれども、猟期内が2,000円。ヌートリアは1頭当たり通年1,000円といたしておるところでございます。

 なお、7月、8月、この2カ月で行われます県下一斉捕獲時には、イノシシ、鹿につきましては県補助金の上乗せが1頭当たり4,000円ございますので、1頭当たり合計で1万2,000円といたしているところでございます。

 猿、ウにつきましては、県、市とも補助はございませんでした。しかし、猿につきましては、平成25年度から創設をされました岡山県の集落ぐるみ鳥獣害防止対策総合支援事業にて、新たに対象となったところであります。

 次に、有害鳥獣駆除事業の事業内容、そして目的でございますけれども、事業内容はイノシシ、鹿などを銃器、またわな等により捕獲をし、個体数の減少を図ること、そして目的はそのことによる農水産物の被害の低減、こういうことでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 6番、村田隆男君。



◆6番(村田隆男君)

 私は一問一答方式のほうを選択しておりますので、よろしくお願いします。

 補助事業の採択であります。?でありますが、真に必要な事業の選択について。

 津山産業・流通センターのようにこうした安易な公共事業の実施が、将来に大きなツケを残したのではないか、私はそのように思います。したがって、安易に国の補助事業に飛びつくのではなく、真に必要な事業、市民にとって真に大切な事業を選択すべきであると、私はそのように思います。また、将来の子供たちに極端なツケを背負わさないために、常に政策論をしながら、最後の決断が事業の選択になることと、私はそのように思います。当局の明快な回答を強く求めるものであります。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 村田議員の再質問、お答えをいたします。

 私も議員御指摘のとおり、これから実施をしていく事業の結果が、本市の将来を担う子供たちに負の遺産を背負わすことはあってはならないと、このように思っております。今後もこのことを念頭に置きまして政策決定を行ってまいろうと、こういうふうに考えておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 6番、村田君。



◆6番(村田隆男君)

 質問1の?の再質問でありますが、指定管理に係る運営委託の契約と事業前の地元協定書についてであります。

 地元との協定書の問題でありますが、総合斎場のような迷惑施設を建設する場合、例えば平成3年に建設された津山総合斎場を建設する前に、地元と話し合いを重ねた末、平成2年に協議確認書を交わしたと私どもは聞いております。そして、その後に平成15年に協定内容を見直し、新たに経緯と地元説明が十分されていたのか。

 そこで、お聞きします。今後確認した事項について、津山市は地元に対してどのような思いを持って推進していきたいのか、当局の明快な見解を求めます。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 総合斎場建設に伴う地元町内会との協議確認書でありますが、平成2年に田中町内会、神田町内会及び連合町内会城西支部とそれぞれ協議確認書を取り交わしまして、地元の御理解と御協力をいただきながら斎場関連事業を実施するとともに、総合斎場の運営を行ってまいりました。

 その後、斎場関連事業につきましては、時が経過しまして環境が変化する中で、現実的でないものの見直しなどを行いまして、平成15年に総合斎場周辺整備残事業に関する協議確認書を、連合町内会城西支部と改めて締結したものであります。その締結に当たっては、地元町内会などとの十分な協議がされまして、残事業を精査した上で実施及び検討箇所が決定されたものと認識をいたしております。

 これまで周辺整備事業の実施におきましては、この協議確認書を踏まえて、地元町内会の御協力をいただきながら行ってまいりました。今後におきましても誠意を持って対応しまして、実現できるよう取り組んでまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 6番、村田君。



◆6番(村田隆男君)

 質問1の?であります。再質問でありますが、これも同じように地元協定書についてでありますが、地元との協定書というものは、建設前に締結した協定書が全ての私はもとになると思います。つまり、途中で時代の流れや財政的な問題で見直し方向する、また修正があったとしても、それは部分的な追加の確認事項であって、やはりもとはやはりもとの方向へと、最初の協定書の私は原本であると、そのように思います。また、尊重されるべきである、私はそのように思いますが、当局はどのような考えをまた持たれとるか、回答を求めます。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 平成15年の協議確認書につきましては、平成2年に田中町内会、神田町内会及び連合町内会の城西支部とそれぞれ取り交わしました協議確認書の項目のうちで、連合町内会城西支部が総合窓口となりまして一体的に進めたほうがより効率的である周辺整備事業について、地元町内会の皆様の御意見をお伺いしながら見直したものでございます。したがいまして、平成15年に見直された項目を除きましては、平成2年の協議確認書を尊重しまして、地元町内会の皆様の御協力のもとで斎場の運営を行ってきたと考えております。



○議長(西野修平君)

 6番。



◆6番(村田隆男君)

 質問1の?、再々質問でありますが、補助事業の採択、また指定管理に係る運営委託でありますが、これも同じように協定書について。確認した事項について地元理解が得られなかった場合は、どのような対応をされるのか、当局の明快な回答を求めます。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 行政運営におきましては、市民との対話を重視しまして、市民目線で取り組むことが大切であると考えております。したがいまして、行政側としては繰り返し地元との交渉の場を設けまして話し合いを行うなど、誠実な対応に心がけることが重要と認識をいたしております。また、実現が困難な場合には、その理由や考え方などを明らかにしまして十分説明した上で、御理解をお願いしなければならないというふうに考えております。



○議長(西野修平君)

 6番。



◆6番(村田隆男君)

 質問は少し飛びますが、新開発の駅前周辺整備、にぎわいゾーンなどと新事業の東公民館の維持管理等は、また指定管理者制度の適用で業者に任せっ切りになるのかということで、当局の明快な回答を求めます。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 私のほうからは、駅のほうをお答えいたします。

 津山駅北口広場関連施設は、北口広場、駅前観光センター、トイレ、駐車場、バスの発券施設などでございます。現状では施設ごとの管理者がそれぞれ運営管理を行っていることから、維持管理もかなりの額になっていることも事実でございます。新たに整備する津山駅北口広場は現在より規模が大きくなることから、維持管理費の増大が予想されるため、各施設の管理を一元化し、効率化を図ることにしたいと考えております。また、一元化した施設管理の運営手法については、指定管理者制度も含め検討いたしておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 生涯学習部長。



◎生涯学習部長(行田裕美君)

 津山東公民館の管理についてのお尋ねでございます。

 公民館整備事業として建設を進めております津山東公民館は、平成26年春の供用開始を目指しております。津山市には現在中央公民館を初め22館の公民館がございますが、指定管理者制度を導入している公民館はございません。教育委員会といたしましては、建設中の津山東公民館につきましても、他の地区公民館同様に嘱託館長を配置して、直営で管理運営をしてまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 6番。



◆6番(村田隆男君)

 今先ほど嘱託館長をと聞きました。その中で、また退職者の再雇用の受け皿になるのかなと、そのような感じも受けました。そのことについては、やはり若い人をやはり採用する方向がベターかなと、そのように思いますので、若い人を大事にしてください。

 質問2の再質問に入らせていただきます。

 未成年者飲酒、喫煙についてでありますが、現状と評価で平成23年中の報告をいただきました。教育委員会の報告では、津山警察署管内では補導した未成年者は飲酒は3名、喫煙は163名であると、また青少年健全育成センターが指導した未成年者は、飲酒はゼロ名、そして喫煙は158名であると。また、こども保健部では、市内中学生及び高校生を対象にした健康づくりアンケートを実施し、たばこを吸ったことがありますかとの問いに対して、中学生は4.1%、高校生は1.2%の生徒でありますが、あるとの回答でした。高校生のほうが回答が低いということは、結果を見ても当局は高校生に振り回されたような調査アンケートにすぎないと、私はそのように思います。

 そこで、私は提言します。見て見ぬふりをするのではなく、みずから我が子は我が子、よその子も我が子と、その基本を持ち、地域組織を頼る前に教育委員が広報車に乗り、未成年者の飲酒、喫煙と脱法ハーブ防止に向けての街頭キャンペーンやイベントでの啓発など、積極的に防止活動に取り組むことで、教育指導者としての熱意が市民に伝わるのではないかと、そのように思います。有言実行することによって、市民も一丸となって啓発運動に参加していただけると、私はそのように思いますが、教育委員会としての明快な回答を強く求めます。



○議長(西野修平君)

 教育長。



◎教育長(田村芳倫君)

 ただいま教育委員が積極的に飲酒、喫煙の防止活動等に取り組むべきではないかという御提案をいただきました。

 教育委員会は、教育委員の合議制によりまして、津山市の教育行政に関する基本的な方針などを決定する機関であり、幅広い分野にわたる教育行政を一体的に推進しているところであります。毎月の定例教育委員会会議はもちろんのこと、教育委員は各小・中学校への学校訪問や研究会、発表会への参加など、それぞれの職を持ちながら、限られた時間の中で精力的に活動を行っております。

 平成24年2月に、今後の津山市を担っていく子供たちの健全な育成を図るなど、総合的に教育施策を推進するため教育振興基本計画を策定いたしましたが、それぞれの施策につきましては、教育委員会組織の中で各職場が役割分担をして推進しております。青少年の健全育成の面では、主に青少年育成センターが担当しておりまして、市内全域をパトロールしながら未成年者の行動に注意を払っており、問題があれば学校と連携をとり合って指導を行っております。

 教育委員として啓発活動などに参加することもありますが、教育委員会が一体となって啓発活動をリードし、関係団体や市民の皆様の御協力をいただきながら、子供たちの健全育成活動に取り組んでまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 6番、村田君。



◆6番(村田隆男君)

 私は、主はやっぱり教育委員会が方向していただくということを私は主義主張しておるところでありますので、よろしくお願いします。

 質問2の再々質問でありますが、未成年者の飲酒、喫煙について、先般津山小売酒販組合の総会がありましたが、岡山県小売販売組合連合会及び各単位組合は、かねてから未成年者の健全育成、非行防止等の取り組みにつきまして、岡山県下主要駅で未成年者喫煙防止キャンペーンを行う等の地域を挙げた啓発運動を協力、そして実行の東中国たばこ販売協同組合連合会と協力し、全国初の岡山県未成年者飲酒喫煙防止連絡協議会、仮称でありますが、案を立ち上げておるところであります。地域を巻き込んだ、一体となった取り組みの推進を呼びかけるものであります。特に、津山たばこ販売協同組合の特に女性部の奉仕活動というものはすばらしいものがあると、そのように私は感じております。皆さんもそのとおりだと思っていただければ幸いかと思います。

 この要するに連絡協議会の方向ですが、開催は平成25年3月26日、実施団体は岡山県小売酒販組合連合会、東中国たばこ販売協同組合連合会が協賛であります。あとへ後援といたしまして岡山県教育庁、岡山県、岡山県警察本部、岡山県下税務署、岡山財務事務所、広島国税局酒類業調整官などであります。開催が決定した場合、協賛していただけるのでしょうか。その方向について、行政のトップの市長、教育のトップの教育委員会としての明快な回答を強く求めます。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 お答えをいたします。

 岡山県未成年者飲酒喫煙防止連絡協議会──これは仮称でございますけれども──への津山市としての協賛についてのお尋ねでございます。

 津山小売酒販組合、津山たばこ販売協同組合の皆様方におかれましては、未成年者の飲酒、喫煙防止に向けまして、街頭キャンペーンあるいはまたイベントの啓発など、積極的に防止活動に取り組んでいただいておりまして、深く敬意と感謝を申し上げるものでございます。

 御提案の協議会につきましては、未成年者の飲酒、喫煙ゼロに向けた全国初の新たな取り組みでございまして、津山市としてもぜひ後援をしてまいりたいと、このように思っておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 教育長。



◎教育長(田村芳倫君)

 ただいま市長が津山市としての考えを申し上げたところでありますが、教育委員会といたしましても同様に、青少年の健全育成の観点から後援してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 6番。



◆6番(村田隆男君)

 やはり我が子は我が子、よその子も我が子ということをお互いにさりげなく見守りをする、啓発運動と街頭キャンペーンの参加を積極的によろしくお願いいたします。

 質問2の再々質問でありますが、未成年者の飲酒、喫煙についてで同じことでありますが、私の提言の回答をいただきました。発言を繰り返しますれば、我が子は我が子、よその子も我が子の基本の持ち主ではないかと、そのように私どもは感じました。

 今議会、教育委員の人事案件が上程しておると思いますが、教育行政のトップ教育委員長は、心で教育の意気込みを持って市内の学校教諭に指導をしていただくには、やはり教育委員長が1年でかわることではなしに、やはり教育行政にとってデメリットが私は多いと思います。最低でも2年間程度は同じ人にやはり陣頭指揮をとっていただきたいと、そのように強くお願いしときます。教育行政のトップの勇気ある改革で一歩前進を求め、教育委員会としての明快な回答を求めます。



○議長(西野修平君)

 教育長。



◎教育長(田村芳倫君)

 教育委員長が1年でかわることは、教育行政にとってデメリットが多い、2年間程度は同じ人が陣頭指揮をとってもらいたいという御指摘であります。

 議員御承知のとおり、教育委員長は地方教育行政の組織及び運営に関する法律第12条の規定によりまして、教育長を除く教育委員の中から互選により選ばれております。任期は1年となっておりまして、再任をされることもできると規定されております。

 教育委員長の任期が1年であるということにつきましては、教育委員が毎年一部の委員が交代する仕組みとなっていることや、教育行政の執行に当たって個人的な価値判断や特定の党派的影響力から中立性を確保するとともに、安定性の確保を図るため、このような規定が設けられていると考えております。

 御指摘の教育委員長の再任につきましては、基本的には法律の趣旨が尊重されるべきだというふうに思います。しかしながら、教育委員会は複数の委員がさまざまな意見や考え方を述べ合い、意思決定を行う合議制による執行機関であり、時々の教育の現状に求められている課題について論議を深める中で、必要性に応じて再任されることもあるというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 6番、村田君。



◆6番(村田隆男君)

 教育長、もう全て委員会もろもろについては、再任は妨げないという1項が後についておりますので、そのほうをやはり大事にしていただきたい。そのことを強く私どもはお願いしておきます。

 質問3の再質問であります。農水産物の被害状況と対策について、他の議員の質問となるべく重複しないように、絞って質問させていただきます。

 鳥獣5種類で駆除の補助金、充当額の報告を受けましたが、なぜ我が市は猿とウ、要するに鳥ですね、の充当額は決定してないのか、またいつごろに協議決定するのでしょうか。

 各市町村によっては補助金のバランスがあります。例えばある町では、イノシシ、鹿は2万円から3万円ぐらいの補助と聞きますが、県同士、また各市町村で補助金と充当額の統一を図るべきではないでしょうか。私はそのように強く思うところであります。

 一方、箱おりに対する補助対策はどのような方向性を考えておられるのか、当局の明快な回答を強く求めますが、次にまたかわいい猿が、時には横暴になり、要するにまたロックをしていない車は車上荒らしに。猟友会の駆除班が空き家の屋上におる猿に銃を見せると、手を合わせたと。一方では、瓦を外して銃を持っている人に向けて投げたと、そのようなこと。これは本当に起こったことであると、そのように聞いております。担当部局はこのような状況を考えると、駆除するには本当に苦しい選択であると思いますが、当局の見解をやわらかく求めます。



○議長(西野修平君)

 産業経済部参与。



◎産業経済部参与(中島健君)

 まず、猿とウに関しまして、駆除事業の実施はいたしておりません。したがいまして、助成も行っておりません。これが現状でございます。

 しかし、猿やウの被害も今後増加することも大変懸念をされているところでありまして、したがいまして近隣市町村とも連携を図りながら、どのような対策がとれるのか今後検討してまいりたいと考えております。

 わなに関しましては、駆除班1班当たり2万円の補助金をしておりますし、また免許の取得に際しましても別途助成をいたしておるところでございます。

 次に、市町村間でのイノシシ、鹿の補助金額を統一をということでございます。補助の捕獲金の補助金につきましては、各市町村がそれぞれの一般財源で、捕獲頭数や財政状況に基づいて独自の基準で設定をされておられます。したがいまして、ばらつきがあるというのは必然的と言えるんですけれども、今後関係する会議などで、これらの各市町村間の補助金額の統一が可能なのか否か、これはまた別途協議してまいりたいというふうに考えております。

 それから、猿の対応についてでございますけれども、議員おっしゃいますように手を合わせるような猿もおるということなんですけれども、非常に頭のいい動物でございますので、去る者は追わずじゃないですけれども、発見したらやたらに刺激するんではなしと、関係機関、専門機関がございますので、速やかに連絡をしていただいて、専門の者に任せていただくというのが肝要ではなかろうかと思います。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 6番。



◆6番(村田隆男君)

 これは本当に手を合わせる、猿によってはそういう猿もおるそうですから、もうびっくりしたという方向を聞いております。

 質問3の再々質問でありますが、農水産物の被害状況と対策について。

 イノシシ、鹿の尻尾に足がつき、県外とか、また県内の各市町村に駆除の補助金で高額な地域にいつの間にか歩いていったり、車に乗っていったりするということを聞きますが、どのような解釈をして、どのような対応をしていただくのか、当局の明快な回答を強く求めます。

 次に、1年を通しての駆除対策を実行しないと、有害鳥獣がネズミ算でふえているのではないかと、私はそのように思います。特にヌートリア、そしてウでありますか、これは繁殖するとどのようになるかということであります。ヌートリアもネズミ算で方向するんだろうと、そのように思います。

 また次に、県、吉井川漁協、加茂川漁協はどのような対策に取り組んでおるのか、現在までの当局に応援要請はありましたか、当局のこれも同じように回答を強く求めておきます。

 次に、早い時期に猟友会の後継者を育成しないと、平均年齢は65歳と聞きますが、また会を必要とするのでありましょうか、当局の明快な見解を求めます。



○議長(西野修平君)

 産業経済部参与。



◎産業経済部参与(中島健君)

 まず、補助金の確認における問題点ということでございましょうか。本市におきましては、現在イノシシ、鹿、ヌートリアともに、実際の尻尾での頭数確認を捕獲後の適宜行っております。公正な頭数把握ができているものと当然考えております。しかし、今後万が一、議員が御指摘をなさいましたようなことが仮に確認がなされましたら、これはゆゆしきことでございましょうから、関係団体等と対応策について検討はさせていただきたいと考えております。

 それから、ヌートリア、それからウなどの年間を通じての捕獲、駆除対策でございます。

 ヌートリアにつきましては、本年度、それから一昨年度の保護司会さんにお願いをしてヌートリアの通年捕獲は行いまして、初年度は一千数百頭、ことしはもう激減いたしまして非常に少なかった、それだけ捕獲の実績が上がっているのかなというようなことも思っておりますけれども、そういった事業がここで完了いたしました。来年度以降につきましては、駆除班による捕獲を強化する必要がございますので、班長会等を通じてこのことについては強く要請をしてまいりたいというふうに考えております。

 また、ウにつきましては、吉井川、加茂川を中心にアユへの被害が広がっていると、そういうこともお聞きをしているところでございます。銃器による漁業被害地での追い払いを継続させることが効果的ではあるんでしょうけれども、河川沿いということでございまして、必然的に住宅道路、そういったものが多いところもございますので、銃器での駆除は非常に困難と伺っておるところでございます。

 それから、県また漁協のウの対策、そして本市への応援要請についてでございますけれども、漁協におきましては河川にテグスを張られて、水面へのウの接近を回避させるなどの対策をとっていると、そういうふうに伺っております。県の対策については、特には伺っておりません。本市への応援要請につきましては、銃器での駆除が困難であると、そういうことから駆除の要請は伺ってはおりません。伺ってはおりませんけれども、要請がございましたら駆除班とともに協議を進めてまいりたいと考えております。

 それから、最後の狩猟従事者の後継者不足、このことにつきましてはもう全国的に非常に憂慮をされておる問題でございまして、本市におきましても駆除班の班長会等を通じて、駆除の従事者の増員要請について要請をずっと行っているところでもございます。また、猟友会におかれましても、環境省等と連携をされて、狩猟の魅力を広く知らしめるためのフォーラム、そういったものも実施をされていると、そして後継者の育成確保に努められているということは、別途伺っておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 6番、村田君。



◆6番(村田隆男君)

 先ほど県内各市町村の駆除の補助金で、高額な地域にということは、例えば津山市が8,000円であると、1頭に、イノシシね。そして、例えば兵庫県あたりが3万円という方向をした場合に、このようなことは絶対あり得んことなんですよ。しかし、時には尻尾が足ついて行くんかなということなんです。要するに高い高額なところにやはり移動するんですかね。そういうことをすると、何頭確保したと、駆除したということが表に出ませんので、そういうことの意味で統一を図っていただきたいと、補助金に対してね、そういうことであります。

 それと、津山総合斎場の方向なんですけれども、これは地元の人が本当にしっかりお願いしたいということは、最後になりますけれども、最後というよりこれは総合斎場の方向でありますけれども、市民の皆様に私からお願いいたします。世間の悪評は、人間は一回は小田中で大やいとをされるとか、ぼつぼつおまえも小田中へ行くのかなと言われた、人生の終局の場とされている言葉に小田中と言われる言葉に対して、一番私どもはつらいと、地元の人の声であります。

 この議場において、私は市民の皆さんに訴えたいことは、要するに終局の場を小田中と言われるようなことは一切あってはならない。本当にすばらしいところです。そのようなことで、お互い発言には要注意をしていただきたい、お互いにそのことを心にしていきたい。そのことを特に地元の地区の皆さんがそのことを訴えておりますので、そのことはよろしくお願いいたします。

 それと、最後になりましたけれども、taspoカード導入、未成年の飲酒、たばこの防止の方向でありますが、taspoカードを利用して、私どももtaspoカードを利用しておりますけれども、その中でその分だけは要するに売り上げが減っとる。なぜかというと、たばこを買いに行って、そしてついでにジュースを買おうか、酒を買おうかという方向なんですよ。ところが、taspoカードを導入したことによって、売り上げが物すごく激減しとる。そのことでありますんで、まあ昔の酒屋さんというのは極端な打撃を受けておるであろう、そのことなんですよ。コンビニあたりは御存じのとおりtaspoカードを要するに提出せんでも買える状態。

 特に自動販売機にtaspoカードを導入しとるたばこ屋さんには、皆さん本当に、市民の皆様もそこで特に買っていただくように。そのことが津山市の一般財源の確保という中で、やはり23年度も8億3,000万円から入っておりますので、そのことを税収の方向でもやはり特に協力していただきたいということを、私どもは議員としてではなし、これは一酒屋として方向させていただいておきますから。そういうことで、よろしくお願いいたします。

 以上で小さな声を大切にを基本の6番、村田隆男、議会一般質問終了させていただきます。



○議長(西野修平君)

 以上で6番、村田隆男君の質問を終わります。

 次の質問を許可いたします。

 15番、河本英敏君。



◆15番(河本英敏君) 〔登壇〕

 議長のお許しをいただいて、質問したいと思います。

 今回私、質問に当たりまして、私の悩みから出た話でございます。ひとつお互いに大人として考えていただければありがたいということで、市民の皆さんにもぜひ考えていただきたいという意味で、質問にさせていただきました。

 子育ての難しさということになりますと、社会で暮らす人々の意識が大きく変化する中で、子育てを行う環境がこれまた大きく変化していく。こうしたことが影響を与えているということを私は心配しておるわけですけど、これも社会の変化でどうしようもない。

 私たちは、日ごろから市民の意識を高めていきたい、理解していただきたいという思いを持っていると思いますし、皆さん方も持っておられると思います。というのも、現在の社会は世代間に関係なく、何か問題があると他人や学校、また行政などが悪いと、人のせいにする風潮が蔓延している、そのように私は見えます。子育てについても、その第一義的な責任は、これは誰が考えても保護者にあるはずであります。現実は首をかしげたくなるような保護者の方を見かけることがございます。

 優しさやたくましさ、こうしたものを持って生まれてくる、津山市の将来を担う子供たちを健やかに育てるために、そして市民が改めて教育の大切さを考えるきっかけにするために、親御さん、保護者の皆さんにどのような意識を持ってもらいたいのか、市長の思いをお聞かせいただきたいと思います。

 次に、私はこれまで子供会や地域のイベントなどにかかわってまいりました。そうした中で、みんなで企画をしたり、困難なことがあっても自分たちで考えたり、そして乗り越える、そうした努力をしてきたつもりでございます。

 人は生まれてからその一生の間に、年齢や性別、環境などによってさまざまなサービスを行政から受けております。しかし、そのサービスや支援、それになれてしまって、お金が、つまり補助金などがないと、支援がなければ活動しないというふうな、またしてもらって当たり前というそういう風潮が見られます。行政などに依存や支援を過度に要求する人々が私はふえているというふうに、このことを心配しています。

 住民と行政の協働、また新しい公共などと言われて、いろいろと言葉としては美しい言葉が躍っているわけですけれども、この間に町内の地域活動や公民館などを中心とする自主的な学習や地域づくりの活動、またこうした中、また先日の市政功労者表彰を受賞された津山ホルモンうどん研究会を初めとした、市民有志によって行われている自主的なまちづくり活動なども多く生まれ、また進展をしているところでもあります。このような取り組みが進む一方、私から見れば行政に対して過度とも思える要求は、一向に減少してないというふうに思います。

 こうした中、津山市の厳しい財政を考慮して、自分たちでしなければいけないことは自分たちで頑張ってやる、こうした意識を持った市民がもっともっと育っていくことが必要だと思います。

 そこで、民意を、市民の意識を高め、人づくりやまちづくりへ生かすというそうした視点を持った生涯学習の必要性について、教育長のお考えをお聞かせください。

 登壇での質問を終わり、自席でお答えによって質問をさせていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 河本議員の質問にお答えをいたします。

 子供たちを健やかに育てるため、親にどのような意識を持ってもらいたいかという質問についてでございます。

 核家族化や、あるいはまた地域コミュニティーの希薄化、また価値観の多様化や情報化の進行によりまして、親の意識や子育てのあり方も、私が子育てをしていたときとは随分変化をいたしておるように感じております。

 議員御指摘のとおり、子供の教育の第一義的責任は、他の誰でもなくその保護者でございまして、行政はその支援をするものでございます。子供たちを健全に育てるためには、一番の当事者である親が責任と愛情を持って、真剣に子供を育てていかなければならないのは当然のことでございまして、親の役目は非常に重要でございます。

 まちづくりの根幹は、人づくりでございます。津山市におきましても、さまざまな施策を通じまして家庭教育の重要性をより一層啓発し、また保護者の理解を深めてまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 教育長。



◎教育長(田村芳倫君)

 市民の意識を高め、人づくりやまちづくりに生かしていくという視点を持った生涯学習の必要性についての御質問であります。

 生涯学習によって一人一人が自己の能力や人格を高めることはもちろん大切なことでありますが、その一方で、学んだことをどう生かしていくかということも非常に重要であると考えております。昨年度策定しました教育振興基本計画では、「つなぐ力を育む」を基本理念としまして、個人の学びから一歩踏み出し、学ぶことで人々や地域がつながり、学びの成果を子供や地域のためになど広く社会の中に生かしていくことを目指しております。

 議員御指摘のとおり、生涯学習におきましても協働、新しい公共に通じる考え方は非常に大切な視点と認識しておるところであります。現在、公民館では従来からの公費による主催講座の見直し、自主学習グループの活動支援、地域の課題解決に向けた取り組みなどのほか、公民館活動で学んだ知識、技能を生かせるよう、地域や学校との連携に努めるということを運営方針の一つに掲げて取り組んでいるところであります。このような考え方を今後も啓発していき、生涯学習を人づくり、まちづくりに生かしていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 15番、河本英敏君。



◆15番(河本英敏君)

 今回の質問に私がどうしてこんなことを思い出したかというと、考え出したかと言うほうが適切かと思いますが、私も5人子育てをして、十分な子育てができたとは思っておりませんけれども、それぞれが御縁をいただいて親元を離れていく時期を迎えました。

 ことし、実は年明けに長女が子供が生まれまして、我が家で約1カ月ほど過ごしました。これがもめごとの始まりでございまして、病院から戻って喜んではおったんですが、娘の子育てを見ておりますと、一口で言うと全てマニュアルどおりに進まないと合点がいかないと、つまり先生やまた本に書いてあるとおりに物事が進むもんだというふうに考えておるようであります。

 そのことを見るに、なるほど今ごろの人たちは知識は十分あった、事前に話をすると非常に全てを知ったようなことを言っておったんですけど、一旦我が子供を持って、子供が自分の思うように、本のように、また先生の言ったようにならないということにたちまち気づくわけですね、病院から戻ると。3時間たったら必ず乳を飲むもんだと思うとるようであります。乳を飲んだら、すぐ下のほうもするもんだと思うとるようであります。途中でしたりしないように思うとるようです。

 こういうことを見ておって、子供はマニュアルどおりにならないもんですから不安になる。不安になると飲まそうとする。無理やり途中で飲ますもんですから、3時間置きでなくなってくる。そしてますます不安になって、不安定に気分がなるもんですから、乳も出にくくなる。そういうことを繰り返しておって、しまいにはどうしたらええか、自分が泣いてみるだけというような姿を見ておりまして、妻と私が子育てをしたときは年寄りもいなかったし、2人だけで始めたんですけれども、同じだったかなと思いながらも、初めのうちは手を出さずに、口も出さずにおったんですけれども、見るに見かねて口を出したり手を出したりすることになりました。

 子供を育てるということは、特に乳幼児は、その子供の声や表情、体温、こうしたものなどをみずからの五感を研ぎ澄ませて感じ取るということが大事なんだということをお話はしても、なかなか理解はしませんでした。最初手を出したころからですけれども、病院の言うことと違う、本に書いとることと違う、使う道具が違う、そういう話のほうが先に出てきまして、そんなものはのうても、湯船が一丁あったら何でもできるがなと言っても、なかなか理解できない。

 そういうような中で、途中かなりかかわりました。3日から4日、さらには1週間ぐらいは十分かかわったと思いますが、その中で何とか一つ一つ自分たちの子育てで体験してきたものをして見せることで、何とか落ちついて向き合えるようになったかなというふうに思っております。現在では夫婦3人、子供がおって3人、奈良のほうで暮らしておるんですが、ちっともうちで煩うたようなことは言わずに、メールで毎日子供の表情を、よかったじゃとか泣いたとか笑うたとか、そんなことばあ言うてくるんで、やれやれと思うとんですが、多少寂しいような気もしますけれども。

 そういうことがあって、前段が長うなりょんですけれども、子供の子育てを見せてもらって、ううん、本当に考えさせられたと。今ごろの子供たちというのは、そういう学ぶというのは、本とか例えば先生とか、特定の人からしか聞かないというんですか、そんなことで物事がいきょんだなということがよくわかりました。

 私たちは、子育てをしたときは年寄りがいなかったために、隣近所のおじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃんにいろんな話を聞きながら大きくなったというふうに思うとります。そうして人と人とのつながりがそういうものにつながっていく、子育てにもつながっていく、社会とのつながり、つき合い方にもつながっていくというものを覚えたように思うんですが、先ほど教育長のお話の中に、つなぐ力を育むという、つまりそのことだろうというふうに思うんですが、ぜひそういうことにも力を特段入れていただきたいということを申し上げておきたいと思います。これは教育の場で、生涯教育であろうと学校教育であろうと同じことだと思いますけれども。

 要は、知識は多く持っていても、その知識をどう使うか、また振り回されることなく取捨選択できるかという能力を僕は身につけさせてほしい。



○議長(西野修平君)

 質問者に申し上げます。質問の本題に入っていただきたいと思いますので。



◆15番(河本英敏君)

 時間のうちには必ず終わりますから。

 そういうことで、見方や考え方の違いが若い人と私たちとはかなりあるなということを痛切に感じたということをまず申し上げて、私たちがつけた知恵とかというふうなものを、今後子供たちにどう伝えていくというのが僕らの課題だろうと思うんですが、そのことを十分していなかったということを私自身反省しとります。

 先ほど市長から、子育ての責任は第一にその保護者にあるとのお答えでございました。これが忘れられていると私は思います。市民の皆さん、僕はそのように考えてほしい。子育ての現金支給があって当たり前というような世の中が来て、そのあげく何もかにもただにせえという考え方、私は違うと思う。自分がみずからつくっていく、育てていくというのは、経済的負担も主体的にしていく。ただ、それを支える生活能力を持つか持たんかということだろうと思うんですよ、現実には。そういう意味では、行政も何が何でもかんでも抱え込むということでなしに、やっぱり聞いて、話して、納得していただくということにも努力もすべきだろうというふうに思います。

 人と人とのつながりをより豊かなものにして、みずからを律して他に迷惑をかけたりすることのないような生き方を伝えることが社会教育であり、昔でいう社会教育であり、生涯教育の本来の姿だろうと思う。何でも言うていきさえすりゃあ、どこやらへ言うていったら何やらしてくれるよと、そんなことを教える場所じゃ僕はないと思うんです。

 そういう意味で、ぜひ皆さん方大変だろうと思いますし、頑張っていただきたいというふうに思います。

 社会に送り出す子供たちは、大人たちを見ていますし、この議場において言っておること、していること、市民が見ていると思います。政治や行政の責任を市民にツケを回すことのないように、私たちは心がけたいというふうに思います。

 以上、質問を終わります。以上です。



○議長(西野修平君)

 この際、申し上げます。ここは質疑応答の場ということをきのうも申し上げましたんで、質問を的確にしていただきまして、お話をする場所じゃありませんので、ちょっと場所を間違えないようによろしくお願いいたします。

 以上で15番、河本英敏君の質問を終わります。

 次の質問を許可いたします。

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君) 〔登壇〕

 議長から発言許可が出ましたので、発言させていただきます。

 市長の施政方針についてをお聞きをいたします。

 まず第1に、都市経営と行財政改革についてですが、市長は施政方針の中で、地域経済の先行き不透明な状況に新しい光明を見出すために、本市がこれから目指すべき都市経営の基本的な考え方を取りまとめ、成長戦略の一端を示したいと明らかにされました。地方自治体の経営が国への右へ倣えの方式の同じことをするのではなく、今地方の独自性が最も大切と言われており、時期を捉えた大変有意義なことと思います。今現在、どのように世の中を捉えられ、都市経営、自治体経営や成長戦略をどのようにお考えか、お聞きをいたします。

 また、不断の行財政改革に引き続き取り組むとのことですが、どのような観点、基本姿勢で取り組まれていくのか、お聞きをいたします。

 次に、市所有の未利用地の有効活用等に関連し、この間長年にわたり市の土地を無償貸与し、有効活用されている福祉法人などに、新たに賃借料の徴収や土地の買い取りを求められておりますが、各法人へ市の土地を無償で使ってもらうようになった個別の経過や貸与条件については、具体的にどうであったのか、お聞きをいたします。

 貸与の目的は、市の行政目的達成のためであったと思います。現在も有効に活用され、行政効果を十分上げていただいていると思いますが、当局の御認識はいかがでしょうか。

 また、この件に対する全庁的な議論と連携不足が感じられ、再検討の必要があると思いますが、当局のお考えをお聞きをいたします。

 次に、子育て支援と健康福祉の充実についてですが、いろいろと御質問もありました一宮保育所の新築移転については、幼保一体化施設として、今後の保育園や幼稚園のモデルとなるよう先進的な施設を目指して検討し、整備するということですが、老朽化した一宮保育所の移転新築は市長の公約であったはずで、早急な対応が必要と思いますので、ぜひとも任期中に実施をしていただき、全国から視察が来るような木造の園舎で、先進的なよい保育をしていただきたいと思います。

 次に、1月に保育士及び幼稚園教諭の人材育成のために、就職支援セミナーを開催されておりますが、セミナーを必要とする背景や狙いはどのようなものでしょうか、お聞きをいたします。

 保育士や幼稚園教諭が不足しているのではないでしょうか、お伺いをいたします。

 また、生きていく上での食の大切さは言うまでもないと認識され、特に乳幼児の食育の充実に対応するために、保育園の現場の支援をするということで、食育推進補助制度を新設するとのことですが、その意義や具体的な内容をお聞かせいただきたいと思います。

 3番目に、安全な暮らしと都市基盤の整備についてですが、市は県と連携し、津山中央病院へのアクセス道路である河辺高野山西線の早期整備を図りますとのことですが、具体的な取り組みとスケジュールはどうなるのか、お伺いをいたします。

 この件につきましては、地元町内会から、河辺町内会から関連市道の面的な整備、懸案事項の氾濫する雨水路対策、またジャスコなど商業施設による交通量の増大に対する歩道などの安全施設の設置要望などが出されておりますが、検討状況はいかがでしょうか。

 また、この道については、昨年度県により事業化されておりますが、事業着手前から現在までのこの間、該当の地権者の方々や町内会の役員を中心に相当の御協力があったというふうに聞いております。この道は、県北地域唯一の第3次救急医療施設であります津山中央病院へのアクセス改善や、河辺地区の都市化による交通事故の多発など、諸問題の解決、解消を図り、市民の命を守り、安全・安心な津山の実現のために欠かすことのできない重要な道路です。しかし、いま一つ市民には進捗状況が見えてこないという状況でございます。このことについて市の御認識はいかがでしょうか。また、事業の前倒しで一年でも早く完成すべきと思いますが、いかがでしょうか。

 この事業は、河辺押入地区都市再生整備事業として取り組まれておりますけれども、同じエリア内の河辺消防分署の移転予定に伴い、町内会から消防団へ大型車両の配置予定もございまして、手狭となる消防機庫の移転と人口増に伴う集会場所としての活用を要望されております。また、防災・防犯上も有効な活用と思いますが、関係機関とも十分協議し、対応すべきではないかというふうに考えますが、いかがでございましょうか。

 以上で登壇の質問を終わりまして、回答によっては自席で再質問をさせていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 秋久議員の質問にお答えをいたします。

 世の中の流れを捉え、都市経営や成長戦略をどのように考えているのかとのお尋ねでございます。

 我が国は成熟期を迎えまして、人口減少や経済のグローバル化などによりまして、これまでのような経済成長が優先する時代ではないと、このように思っております。また、議員御指摘のとおり、これからの地方自治体経営におきましては、これまでのような画一的な行政運営では、いずれは行き詰まることが想定をされます。

 こうした思いから、私は本市の成長につながる戦略の構築が必要と考えまして、地域ブランドの確立と地域内で資源が循環する社会、いわゆる地産地消の産業構造への転換を図るため、指針となる成長戦略の策定に着手したいと考えております。今後は、津山市が目指すべき産業構造の方向性を明確に打ち出し、地域経済の強固な基盤による地域社会の形成を目指していきたいと存じます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 総合企画部長。



◎総合企画部長(西山公二君)

 今後の行財政改革の基本的な考え方についてお答えをいたします。

 成長戦略を展開し、また新たな市民ニーズに応えていくためには、今回の長期財政見通しを踏まえて、現行の行政サービスを見直して、必要な財源を確保する必要がございます。引き続き定数の見直しによりまして人件費の削減に取り組まなければなりませんし、そしてこの少ない人員でも事務レベルが維持できるような事務の効率化にも努めてまいる必要がございます。

 こうした公共のサービスの守備範囲の見直しについても、今後行ってまいらなくてはならなくなりまして、現在実施しております事務事業点検、施設点検の結果による年次的な取り組みとともに、毎年の予算編成におきまして、枠配分方式による部局で主体的に見直しを実施してまいります。また、使用料、手数料の見直しにも取り組みます。そして加えて、今後増大が想定されます社会保障費または施設の改修、更新の問題への対応についても取り組んでまいります。

 こうした内容は、今後第9次行財政改革後期実行計画に、さらには続く第10次以降の行財政改革大綱の中で、行革のこれからの進むべき方針、行政システムの全体の構造改革の指針等を順次お示ししていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 傍聴者の方に申し上げます。私語をしないように、よろしくお願いいたします。

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 消防組合東分署の跡地活用についてお答えをします。

 東分署につきましては、東消防署が新築開署いたしました後に、建物を取り壊し、用地は津山圏域消防組合から津山市に返却される予定となっております。跡地活用についての御要望や御意見、御提案は十分お聞きしてまいりますが、津山市といたしましては現在のところ具体的な活用計画は持ち合わせておりません。

 また、現在市の方針といたしまして、公共施設が従来の使用用途を終了した場合は、無償での払い下げや貸借を行わずに、有償での貸し付けまたは有償での譲与を基本にしておるところでございます。こういうことを踏まえながら、今後の方向性を決定してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 市有地の貸し付けについて御答弁いたします。

 財政課では、行財政改革の一環として、市有財産の一層の有効活用を図るため、普通財産の処分や貸付基準の見直しなどを進めております。この中で、現在無償貸し付けとなっております社会福祉法人などへの市有財産につきましても、他の貸付団体との公平性の確保を図るため、新年度から有償貸し付けへ変更するよう、現在関係者と調整を行っているところであります。

 なお、有償貸し付けへ変更するに当たりましては、貸し付けの目的や過去の経緯なども踏まえまして、一定の減額基準を設けて対応するよう検討しております。また、当該用地を買い取っていただく場合についても同様に、一定の減額基準なども設けたいというふうに考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 私からは、都市計画道路河辺高野山西線について、現在の具体的な取り組み状況とスケジュール、またこのことに伴う地元要望についてお答えを申し上げます。

 都市計画道路河辺高野山西線は、周辺道路の混雑解消や、県北唯一の第3次救急医療施設へのアクセスを担う道路として、昨年度県において新規事業化され、現在用地買収を行っております。平成30年度の供用開始を目指し、来年度も引き続き用地買収を実施する予定でございます。

 本道路は、本市にとって重要な道路でございまして、地元の皆様の積極的な御協力により事業進捗が図られていることは、先ほど議員がおっしゃられたとおりでございます。この場をかりて厚くお礼申し上げたいと思います。

 そして、本道路が一刻も早く供用開始できるよう、県に対して積極的な要望を行うとともに、関連する市事業についても一体的な整備が図れるよう、鋭意努力をしてまいりたいと考えております。

 また、県北唯一の第3次救急医療施設へのアクセス道路でありますいわゆる市施工の拠点線につきましては、来年度から測量設計に着手する予定でございます。

 次に、要望に対してでございます。河辺、押入地区において、地区内交通の円滑化や安全対策及び雨水排水対策による都市機能の強化を目的に、都市再生整備計画を策定しまして、来年度から測量設計に着手する予定でございます。都市計画道路河辺高野山西線に関連する地域内の都市機能整備の要望事項のうち、雨水対策、道路整備などは本計画の事業として実施することといたしております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 こども保健部長。



◎こども保健部長(清水厚子君)

 私からは、3点の質問にお答えいたします。

 まず、社会福祉法人への土地の貸与についてのお尋ねでございますが、津山市の保育行政は、長年にわたり主に民間にそのお力を発揮していただき、大部分を担っていただいてきたという経過がございます。その中で、現在4法人6保育園で市の土地の無償貸借の状況がございます。経緯経過はそれぞれでございますが、主には学校用地等の跡地に地元のニーズに応じ保育園を設置し、運営してきていただいたものと認識しております。各施設とも質の高い保育を行っておられ、地域福祉の向上に御貢献いただいております。このため、担当部といたしましては、賃借料の徴収や買い取りについての条件設定におきましては、特段の配慮を担当課へお願いしてきたところでございます。

 次に、保育士、幼稚園教諭の就職支援セミナーについてのお尋ねでございますが、1月に津山地域雇用創造協議会の主催で、保育士・幼稚園教諭就職支援セミナーを開催いたしました。これは保育士や幼稚園教諭の資格免許を持ちながら、それを活用せず他の業種についておられる方や、一度はその資格を生かして働かれたものの、結婚や出産などで退職された方など、保育現場への就職、復職を支援するために開催したものでございます。

 議員御指摘のように、保育士不足は全国的な問題となっておりまして、特に都市部においては著しく不足していると言われております。津山市におきましても公立、私立を問わず、保育士を確保するために苦労しているのが現状でございます。

 セミナーは、保育の知識、基礎についての講義や製作などの実習を2日間で実施いたしまして、求人情報の提供も行うなど、受講生のうちで数名は、早速次年度からの保育現場への就職につながったようでございます。

 最後に、保育園への食育推進事業補助制度についてのお尋ねでございますが、近年保育園での食に対するニーズが増加しております。具体的には、旬の味、手づくりの味を届ける創意工夫はもちろん、低年齢児の入所の増加に伴い、月齢に応じた離乳食やアレルギーに配慮した除去食、体調不良児への病児食などのきめ細かな食事の提供が必要となっております。また、野菜の生産体験、調理体験で食の大切さを教えるなど、栄養教育の必要も大きくなっております。さらには、保護者への栄養相談や指導など、食にかかわる子育て支援の部分も多くなってきているところでございます。

 以上のように保育園の食を担当する栄養士や調理員の役割や負担が増大しておりまして、津山市民間保育事業協会等からも数年来要望をいただく中で、研究をしてまいりました。その中で、食育推進事業補助金を新設いたしまして、現状に即した調理員等の配置に配慮した補助を行うとともに、栄養教育や生産体験などの食育推進を目的とした活動に対し一定の補助を行い、食の充実を支援するものでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 社会福祉法人への市有地の無償貸与に関してでありますけれども、環境福祉部の業務に関連しては、特別養護老人ホームの運営を目的とするものがございます。これは平成5年ごろ、旧久米町が土地の無償貸与を条件としまして同施設の誘致を行ったことによるものでして、介護保険制度開始前の措置制度の時代におきましては、地域福祉の向上に貢献され、制度開始後も地域の介護老人福祉施設として、介護保険制度の円滑な運営に欠かせない施設となっております。

 なお、平成6年に締結しました施設と旧町との協定を現在も継承いたしております。担当部といたしましては、今回の貸付条件などの見直しでは、こうした経緯に十分配慮するようお願いをしているところであります。



○議長(西野修平君)

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君)

 それぞれ御答弁をいただきました。まず、市長の御答弁でいただきました、我が国は成熟期を迎え、人口減少ということですけれども、市長によく御認識をしといていただきたいのは、人口といえば人口ピラミッドですね、よく統計上。ですけれども、今現在人口ピラミッドは存在しません。三角形じゃないんです、もう。逆三角形になってきます。ということは、成長エンジンである一番消費する45歳から50歳ぐらいのこの成長を支えてきたこの人口の波が、もう消え去っとると。それで次に団塊ジュニアが来ますから、もう少しはありますけれども、その後はないと。要するに余命を迎えているというような、人口でいえばそういうような状況下で、じゃあ何を成長させるのかということでございますから、しっかり今後の取り組みをお願いをいたしておきたい、そのような人口問題に対する実感、イメージをしっかり持っておいていただきたいというふうに思います。

 それから、行革につきましては、本当に今までのけちけち大作戦の続きじゃなくて、もう発想を変える以外にはありません。文明や組織というのは、発想を変えれなかったときに終わるんです。ですから、職員からそんなことできるわけないがなと、どうやってするんならと、法律がこうなっとんでというようなことを超えた、もうとっぴな発想、提案、そのようなことを大事にしてやってください。組織みずからが殻を破っていかないと、どうにもなりません。そのような共通認識をぜひとも持っていただきたいなというふうに思います。

 それから、総務部長から答弁いただきました東分署の扱いですけれども、これはインターの出入り口で、市の玄関、防犯上も大切な拠点でありまして、町内会、警察、消防署というような関係機関ともよく活用について協議をして、今後の方向性を示していただきたい。ポリスサテライトも併設できないかというような案も、前に議会の中でもあったように記憶をしております。

 それから、この中央病院に上がる道、本当に救急車が何回も通る道でございまして、1年でも2年でも前倒しでしていただきたいと思いますが、この河辺エリア、急に交通量が増大しまして、これまでお年寄りやお子様が悲惨な事故に遭われたという話をたくさん聞いております。この事業をすることによって、今後は本当に津山でも交通事故の少ない安全なエリアができますように、ぜひとも部長を先頭に御尽力をいただきますようによろしくお願いをいたします。

 それから、こども保健部長から御答弁をいただきました。切れ目のない食育をやっていくと、それも市独自でやっていくということで、本当に自由度の高いいい事業ができていくんではないかというふうに思いますので、今後も民間保育事業協会の方々と一緒に、いい取り組みをしていただきたいというふうに思います。

 それから、低年児のかむ力というのが大切でございます。それと同時に、母乳の大切さというのもあります。そういうこともよく検討もしていただきたい、また細かくは委員会でも議論していきたいというふうに思います。

 それで、再質問させていただきますが、都市経営と行財政改革についてですが、今も言いましたが、国主導で行ってまいりました。その結果、国以上の職員の削減、指定管理者制度による民間委託等進んでおりますが、今後は県からの事務移譲、各種の指導や監査等の業務がふえ、職員には専門性の充実、豊富な経験等が求められてきます。また、先日の国の生活保護担当職員の増員方針が示されるというような動きもあります。こういった問題にどう対応されますか、お伺いをいたします。

 また、全職員のうち嘱託、臨時職員が3分の1を占めております。特に専門的業務が多い嘱託職員の処遇改善に引き続き取り組んでいただきたい。そして、社会全体の命題でもあります不安定非正規雇用の問題の解消や縮小、改善に向け、長期的視野に立った検討も同時にしていただきたいというふうに思いますが、どうお考えでしょうか。

 また、民間委託では何回も指摘をしてまいりましたが、これまで市が行ってきた業務を、全国的に営業している都市部の業者に委託されていく傾向にあります。これで地場産業の育成や活性化、雇用創出が図られていくのでしょうか。

 市の対応は、指定管理制度にも見られるように、業務の担当課に全てを任せ、業務の担当課から市外業者に任せるというようなこととなり、地場産業の育成は今度は産業部が孤軍奮闘するというような図式で矛盾しております。その結果、不安定雇用が広がり、地域の新しい事業を起こそうという起業機会が失われ、悪循環になっております。民間事業者を活用するなら、公共サービスを受託する地場企業を育て、地元企業に委託すべきです。なぜこのようなことが全庁的な議論とならないのでしょうか。このようなことをチェンジしていくべきではありませんか、お伺いをいたします。

 福祉法人などに対する市有地貸し付けの有償化につきましては、その当時の額田雄治郎市長や旧久米町の村上稔町長などと福祉法人の理事長との話し合いがあって、お互いの信義または信義則、信義誠実の原則に基づいてきたものと思います。信義則といいますものは、権利の行使や義務の履行は、お互いに相手の信頼や期待を裏切らないように誠実に行わなければならないとする法理でございまして、行政みずからが信義則に反することなく、信義に基づいた対応や御判断をお願いをいたしたい、またすべきだというふうに思います。これまでの長年の経過を踏まえて、ぜひ再検討していただきたい、またそのような考えを持っていただきたいというふうに思います。

 これから市民全体に向きまして、行革が本番でございます。市民全体に対し、市の対応にはがっかりした、残念だと、市の行政が求心力を失う、そのようなことにつながるのではないかと心配をしております。ぜひとも再検討をお願いをいたします。

 また、保育士及び幼稚園の就職支援セミナーにつきましては、本当にいい取り組みだというふうに思います。保育士不足は全国的な傾向との御答弁ですが、その主たる原因として、保育現場では半数以上が臨時、パートといった非正規雇用の実態があります。保育士、幼稚園教諭の確保のためには、このようなセミナーは本当に有効でございまして、引き続き職員の処遇改善を充実していく必要もあると思いますが、いかがでしょうか。

 また、一宮保育所を先進的保育所とするなら、公立の役割と機能を担い、市内の幼稚園、保育園のモデルとなる保育内容を実現するために、正規保育士をふやし、保育環境を整える必要があると思いますが、どうお考えでしょうか。

 保育士や幼稚園教諭のさらなるスキルアップに、処遇の改善とともに美作大学との実践交流や研修、そういった機会をつくり、また連携を深めていただくということも有効と思いますが、いかがでしょうか。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 社会福祉法人などに対する市有地の貸し付けの有償化について、再検討する考えはないかと、こういった御質問にお答えさせていただきます。

 現在、無償で貸し付けを行っております社会福祉法人などに対する市有地の貸し付けについて、有償化とする目的につきましては2つございまして、1つは行財政改革の一環として歳入を確保していくというのが1点ございます。それから、行政の公平性の確保、こういった両面があることを、まずどうか御理解をいただきたいと思います。

 しかしながら、社会福祉法人につきましては、本来行政として取り組むべき事務事業を長年にわたりまして担っていただいております。また、今後も同様にこれまでどおり担っていただきたいと、このように我々としては思っております。このような点を考えますと、無償貸し付けを現状のまま継続することはできませんが、議員御指摘の点も踏まえまして、貸付料の算定基準でありますとか、あるいは払い下げ基準の算定基準につきましてさらに検討してまいりたいと、このように考えておりますので、どうかよろしくお願いいたします。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 2点、お答えをさせていただきます。

 まず、生活保護担当職員の状況についてであります。

 本市におきましては、国より先になりますが、平成23年10月にケースワーカー1名を増員いたして対応しており、現在のところは1人当たりのケース数は基準内におさまっているというところでございます。今後も状況を十分把握し、適切に対応してまいりたいと考えております。

 次に、嘱託、臨時職員につきましてでございますが、条件を示しながら、必要に応じてその都度雇用しておりまして、例えば緊急雇用なども含めまして、地域における多様な雇用ニーズに応える側面もあるのではないかというふうに考えております。

 しかしながら、市政運営の中で大きな役割を果たしていただいておることも事実でございます。現在のあり方では、法的な制限などもございまして、直ちに飛躍的に処遇改善ができるということはなかなか難しい状況でありますので、議員の御指摘も踏まえ、そのあり方も含め検討してまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 総合企画部長。



◎総合企画部長(西山公二君)

 指定管理者制度の指定について、市内業者を優先すべきではないかというお尋ねにお答えをいたします。

 事業者の選定に当たりましては、議員御指摘のように市内業者に配慮するような仕組みになっておりまして、5社以上の応募が見込まれる場合は、市内業者のみで行える仕組みとしております。これに該当しない、業者がいない、5社に満たない場合は、県内を含めて募集をしておりまして、施設の管理の空白期間が生じることがないように対応するために、見積額またはそれまでの実績などを含めた総合的な評価によりまして、業者を決定していることとなります。結果として、現在市外業者となっている場合が、指定管理者施設31のうち5つの施設が市外業者の事業者によって管理されているということになります。

 御指摘のありました市内事業者の育成につきましては、雇用の創出という面からも重要な対策だというふうに考えておりますので、今後とも対応できるように対応してまいります。指定管理者制度は、議員も御存じのように5年で更新となりますので、その間にいろいろな対策を講じて、市内業者への指定が受けられる仕組みに改めるように努めてまいりたいというふうに考えます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 こども保健部長。



◎こども保健部長(清水厚子君)

 2点の御質問にお答えいたします。

 まず、保育士の不足についてのお尋ねでございますが、全国的な背景といたしまして、議員御指摘のように保育ニーズが急激に増大している中で、保育士の給与水準の問題や非正規雇用の多さなど、労働条件が見合っていないことが原因の一つとして挙げられています。このため、国においては子育て支援の充実や待機児童の解消につなげるために、保育士の人材確保対策として、民間保育園の保育士の処遇改善に取り組む保育所への助成や、保育士の就職支援などに取り組む動きが出てきております。

 本市では、従来から各民間保育園に対しまして、保育園職員の処遇改善を目指し、保育の充実を図るため、加配保育士の人件費について補助を行っております。今後におきましても、国の政策にも注視しながら、保育士確保に向け、先ほどのセミナー等も含めまして、本市でできることを検討してまいりたいと思っております。

 次に、新施設の保育環境についてのお尋ねでございますが、保育の質につきましてより一層の向上を図り、時代のニーズに応えるための先進的、試行的な取り組みや特別支援の充実など、公立施設としての役割を十分果たしていかなければならないと考えております。そのため、平素から研修なども行い、職員のスキルアップに努めております。

 議員御指摘の正規職員の増員につきましては、市職員全体の定数の問題もございます。今後の職員体制につきましては、幼稚園、保育所間の職員の異動も含めまして、よりよい保育環境になるよう検討してまいりたいと思っております。

 また、美作大学との交流など、連携を深めてはどうかとの御提言でございますが、現在年に数回、美作大学が主催する講座の案内をいただき、職員が研さんを積んでいるほか、研究会のアドバイザーにもなっていただくなど、非常に御協力をいただいておる現状でございます。議員御提案のように、今後もさらに連携を深めまして、職員のレベルアップにつなげてまいりたいと思っております。



○議長(西野修平君)

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君)

 御回答いただきました。総務部長さんね、嘱託職員の処遇改善につきましては、現行の地公法の枠内では本当に制限されて、先進地のいろんな事情につけても非常に難しい。しかしながら、先進地もいろいろ工夫されているところもある。それはそれで研究して入れていただいて、地公法の枠にとらわれない、長期的視野に立ったやはり処遇改善、そのことが津山市の職員体制の充実、行政力の強化につながると思いますので、ぜひとも前向きに鋭意研究をしていただきたい、検討していただきたいというふうに思います。

 指定管理者制度につきましては、空白期間が生じてはだめなんだというふうに、それはそのとおりでございます。しかしながら、事前に育成するんだと、そういう工夫を、また議論を、全庁的に地場産業の育成とは何だろうか、産業の振興とは何だろうか、そのようなことから全庁的に話をしていただいて、いろんな機関と連携、連絡をとって、津山市の産業育成に一丸となって私は取り組んでいただきたい。担当課だけでは、もうそれは無理でございます。

 それから、一宮保育所の先進保育所ということですけれども、先進的ということでは、1つはぜひともおうちに帰ってインターネットで検索していただきたい。オランダ、教育、尾木ママ、尾木ママは教育評論家の尾木直樹さんでございます。

 オランダあたりではどうやっているかというと、小学校は4歳、5歳からもう小学生で入っちゃうんです。4歳、5歳の子に一番大切に育てたいというのは、協調性。その協調性は、協調しましょうという協調性じゃなしに、個々の理論力による協調性なんです。それを育てることによって、今いろいろと議会でも議論されていました学校の共同教育ですか、ああいった、それから津山市内も実践されているようですが、あのようなことにつながって、大人になってもオランダの生産性は非常に高い。日本の1.5倍でしたか、そのような大人に育っていくということでございます。そのような観点をやっぱりしっかり持って、教育につなげていくんだと、そのためにはやはり個々の育ちを支援していくということが大切じゃないかと思います。

 それから、福祉法人に対する市所有地につきましては、市所有地の買い取ってもらいたい、押し売りでしょうか、それにつきましては、これはいろいろとやっていただいとんで、副市長のほうからさらに検討していただけるという答弁でございまして、副市長の適切な御判断に期待をいたします。この件は、信義に対する価値判断、心の問題でございますので、これ以上のことは申し上げません。

 申し上げませんが、市長にちょっと聞いていただきたい、若干質問めいた話もさせていただきたいと思いますが、一般の福祉法人は、自分が所有していた田んぼ等の土地を手放して法人を設立されております。それは当局の方もおっしゃいました。同じように、市も市民福祉増進のために市の土地を一旦は手放して、信頼の置ける法人へ預けたのです。誰も土地への執着より、市民のために何をその上で行うかということを、お互いに大切にされてきたんじゃないかというふうに思います。

 今、世の中は大きく変わりつつありまして、時代の変節点にあると多くの方が感じられております。2度にわたる大きな震災も体験したこともありまして、価値基準も急速に変わってきました。それまでのお金、拝金主義や物質、消費万能主義から、人と人とのつながりや触れ合い、心のきずなを大切に考えられるようになりました。

 財政難の市にとっては、歳入確保はこれは大切な命題でございます。しかしこの件の経過をお聞きしますと、法人の方は市のほうに一度も土地が欲しいとはおっしゃっていないと思います。もともと土地の所有には関心も執着もなかったのではないでしょうか。今もそれは同じだと思います。

 物より心、その心とは、福祉事業を行い、地域の困っている人のために、またそれを行おうとする行政を支援し、お役に立ちたいと思う福祉の心、ただそれだけだというふうに思います。その当時の市長も町長も、同じお気持ちで福祉法人との間でお互いが共感され、意気投合されてきたのだというふうに思います。問題の核心は、市の信義より土地所有権の主張、心より金の価値観、行革の優先順位はこれでよいのでしょうか。

 いろいろなこういった土地にまつわる他の問題もたくさんございます。この福祉法人以上の問題もあります。関係する多くの市民から、市の対応に対し残念だ、がっかりしたと、そういう気持ちを持たれては、今後本格的に行革を進めていく、市民の協力をいただいていくこれからにとって、大変なマイナスではないかというふうに思います。

 宮地市長は、歴代の市長、町長から、有形、無形なさまざまなものをバトンタッチをされております。あるものは塩漬けの土地の負債であったり、あるものは有効活用している土地の信義だったりするのではないでしょうか。あなたの手の中にあるそのバトンには、多くの驚くほどのものが込められております。あなたがかつて甲子園を目指して無心でボールやバットを握ったのと同じように、このバトンを無心で握っていただき、心の力、信義の重さというこの件を静かに考えていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 今、秋久議員のほうから貴重な御意見をいただきました。実は私は昭和42年に就職をしましたけれども、その当時の額田市政からそういった問題が発生しておるようでございます。先般も実はこの社会福祉法人を経営されておる方にお会いすることがございまして、やはり市のとっておる対応については信義に反するんではないかと、このような率直な御意見もございました。したがいまして、先ほど来副市長が答弁をいたしましたけれども、今議員が指摘をされましたようなことも十分踏まえながら、今後前向きに考えていくと、こういうふうに答弁をさせていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 以上で3番、秋久憲司君の質問を終わります。

 この際、会議をしばらく休憩いたします。

 再開は午後1時15分といたします。

                                   午後0時04分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午後1時15分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 次の質問を許可いたします。

 8番、山田誠君。



◆8番(山田誠君) 〔登壇〕

 8番、山田でございます。

 それではまず、つい先日までの高度成長時代、利権、腐敗体質と大借金をつくった自民党政権に愛想を尽かした国民は、期待を込めて民主党政権を選択いたしましたが、先日御指摘のありましたとおり、政権運営の経験不足とマニフェスト破りが重なり、あえなく野党に転落となりました。今後はデフレスパイラルからの脱却に円安誘導と株高、所得水準の向上を掲げ、インフレターゲット2%を目標にする安倍政権のアベノミクスのお手並みを拝見するところであります。

 がしかし、目前のTPP加盟問題もあり、市長の施政方針の中でも出ました吉田松陰の時代、まさに黒船来航の時代を思わすこのごろでございます。近世では、明治維新の時代、戦後復興の時代、そしてバブル崩壊後の今日、また追い打ちをかけるような領土問題の発生や、東北大震災とそれに伴う原発被害、さらには貿易赤字国転落や人口減少時代の到来、この津山市も例外でなく、よほどの力量がないと、市政の発展どころか、ますます破綻への道を突き進むことになります。

 そこで、まず宮地市長の基本姿勢を逐次問うてみたいと思います。

 まず1点目として、宮地市長の基本姿勢を問うということで、平成24年度一般会計当初予算の説明に瑕疵があったと思いますが、市長はどう認識をされていたのでしょうか。

 次に、今回提案されている負の遺産整理の中で、土地開発公社解散等に伴う長期財政計画の見通しに誤りはないのか、お聞きいたします。

 次に、市長の考えておられる地域の特性を生かした特色と具体性のある真の成長戦略とは何か、市長のお言葉でお答えください。

 次に、日本原自衛隊基地反対闘争について、どのようなお考えで活動をなされてきたのでしょうか、お伺いをいたします。

 2点目といたしまして、25年度当初予算に関してでございますけれども、24年度6次補正予算及び25年度当初予算についての中で、長期財政計画は異常事態と認識をされておられますが、実質25年度事業では500億円ものてんこ盛り予算となっております。各財政管理目標値あるいは推計はどのようになっているのでしょうか、お伺いをいたします。

 3番目として、事業仕分けについてでございますが、市民目線の津山版事業仕分けであるならば、仕分け事業項目について広く一般に公募をすべきであろうかと思います。仕分け項目に聖域を設けてはだめだと思います。お答えを下さい。

 次に、久米山ふれあいロッジの廃止答申に対し、当局はどのような対応を考えておられるのか、以下3点をお聞きいたします。

 地域の宝でもあるふれあいロッジを本当に廃止してよいのか、まず1点目。そして、市として有効に活用する方策は検討されているのか。また、今後のスケジュールとしてはどうなるのか。

 以上、大きく3項目についてお聞きをいたしまして、登壇での質疑といたします。あとは自席にて質問いたします。よろしくお願いします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 山田議員の質問にお答えをいたします。

 実は、昨年の9月議会で副市長及び財政部長が答弁をいたしましたとおりの経過でございまして、瑕疵があったとは思ってないということを明らかにいたしたいと思います。

 次に、地域の特性を生かした成長戦略についてのお尋ねでございます。

 本市には、それぞれの地域に豊かな自然環境や、あるいはまた全国に誇れる歴史文化、魅力的な観光資源や人的資源を有しております。こうした本市の都市機能の優位性や、あるいはまた地理的な安全性をPRして、大型の企業誘致に取り組むことも戦略の一つでございます。

 また一方で、これからの本市の成長と発展には、あらゆる地域分野の人と資源を結集し、連携させることで、お互いの魅力やあるいはまた強みを最大限に引き出し、地域の中でその資源を循環させる産業構造の確立が重要でございまして、その中から新たな雇用を生み出すための仕組みづくりを構築していくことが、本市の目指す成長戦略の一つであると、このように考えております。

 次に、日本原自衛隊基地反対闘争について、どのような活動をしてきたかとのお尋ねでございます。

 人それぞれ生きてきた道がございます。そのことをあえてこの中で質問をされておると、このことについての真意が理解できません。そしてまた、この質問を聞かれた議員の皆様方におかれましても、なぜこのような質問がこの場で出るのかと感じておられると思うところでございます。そういったことでございまして、今となれば非常に懐かしい思いが残っておるということでございます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 総合企画部長。



◎総合企画部長(西山公二君)

 昨年実施いたしました事業仕分けで市民の公募を行いましたが、それに聖域を設けるべきではないというお尋ねにお答えをいたします。

 昨年実施いたしました第3回津山市版事業仕分けにおきまして、新たな取り組みの一つといたしまして市民公募を実施いたしました。募集期間は24年6月8日から6月29日までの約1カ月間で、お二人の方から5件の応募がございました。内容については、もう議員御承知のとおりでありまして、連合町内会補助金や議員報酬にかかわる5件でございます。

 この市民公募に当たっては、対象事業について特に制限は設けておりません。しかし、法的な根拠に基づくものでありますとか条例に基づくもので、市の事業仕分けになじまないものというのは、当然当日の進行で10件と絞り込む必要があったことから、絞り込みを行いまして、さらに外部委員の意見も聞いた上で10件に決定しております。その10件の中に、市民公募から対象になったのは、連合町内会補助金の1件でございます。

 なお、5件のうち4件が議会関係の案件でございましたので、市民の意見として議会事務局のほうへ報告いたしているとおりでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 長期財政計画について御答弁いたします。

 これまでも御答弁申し上げておりますが、今回の財政計画である長期財政見通しにつきましては、公社解散に伴い発行する三セク債115億円の償還、合併特例期間終了に伴う地方交付税の縮減などといった大きな財政課題に適切に対処し、将来にわたり健全な財政運営を維持するための指針として作成したものでございます。なお、今後の経済状況や国の地方財政対策の動向などによりましては、計画の見直しも必要であると考えておりまして、適時ローリングを行ってまいりたいというふうに考えております。

 次に、平成24年度6次補正予算と平成25年度当初予算と財政計画の関係について御答弁いたします。

 平成24年度6次補正予算及び平成25年度当初予算につきましては、国の緊急経済対策を最大限活用したもので、事業費の地方負担額につきましては、補正予算債を100%充当できるなど財政的な支援措置がございます。このため、財政計画でお示しした財政指標である実質公債費比率、将来負担比率への影響は少ないというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 生涯学習部長。



◎生涯学習部長(行田裕美君)

 久米山ロッジの廃止についてのお尋ねでございます。

 久米山ふれあいロッジにつきましては、事業仕分けによる市民評価結果を尊重し、また生涯学習施設としての役割が薄れていることから、生涯学習施設としては廃止をしたいというふうに考えております。来年度の施設運営につきましては、指定管理期間の最終年度であるため、協定書に基づきまして、これまで同様年度当初に指定管理者に委託をします。その後、廃止に向け、年度前半を目途に関係者と調整をしてまいりたいと考えております。

 次に、有効活用策についての御質問でございます。

 生涯学習施設としては廃止をいたしますが、久米地域の地域振興や経済効果を考慮すれば、今後の施設の活用につきましては十分な検討が必要であるというふうに考えております。現在、市の施設として他の部署で有効に活用することはできないか、さらに民間施設としてはどうかなど、庁内で活用案を募り、関係課の意見を集約をしているところでございます。

 次に、今後のスケジュールについての御質問でございますが、今後は主要な部署を構成メンバーとする全庁的な庁内検討会議を早急に立ち上げまして、平成25年度中を目途に一定の方針を出してまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 8番、山田誠君。



◆8番(山田誠君)

 それでは、ここからは一問一答でお願いします。

 瑕疵があったとは思わないということでございますけれども、押し問答だけでしょうから、次に進ませていただきます。

 それでは、24年度の予算説明において地方交付税の減額幅が大きいのは、人口減少による要因と、地方交付税自体の削減が主なものと説明がありましたが、これに違いはないんでしょうか。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 平成24年度当初予算での地方交付税計上額は、前年度と比べまして約3億2,900万円減の121億3,100万円でございました。昨年8月の議案説明会におきまして、地方交付税が減額になった説明といたしましては、普通交付税の算定に当たり、人口1人当たり約12万円となる国勢調査人口が3,781人減少したことによりまして、交付基準額が約4億5,000万円減額したことから、最も大きな減額の要因として人口減少というものを説明したものでございます。



○議長(西野修平君)

 8番。



◆8番(山田誠君)

 議会に対して、錯誤によるものとする4億1,000万円もの国への相殺措置について説明は一切ありませんでしたね。後日内部告発がなかったら、議員は誰ひとり気づいていなかった、そういう状態が続いておりました。議会を愚弄していたのか、お答えをいただきたいと思います。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 普通交付税の錯誤措置につきましては、平成24年7月に国、県との協議が終了したことから、その直後でございます9月定例会に向けた8月27日の議案説明会において御報告をさせていただいております。そのときの報告内容は、錯誤措置については平成22年度の普通交付税算定において、下水道関係費の報告数値に誤りがあり、本来の額よりも4億1,000万円の過大交付を受けていたこと、またこの錯誤について平成23年度に市が自主的に国、県に報告し、対応について指示を仰いだこと、そして国、県の錯誤に対する判断は、事務処理の一環として処理すべきであるというものでございまして、加算等のペナルティーは一切ないということを御報告いたしております。



○議長(西野修平君)

 8番。



◆8番(山田誠君)

 お答えをいただきましたが、国への4億1,000万円もの相殺措置により決着はつきましたとしても、結果として市財政へのしわ寄せはあったと思います。先ほどの答弁では、昨年の9月議会でただ誤りがあったという財政部長の答弁で、事は済んだと思っておられるのでしょうか。市民や議員とは立場の違う役所の答弁だと思います。一説には、4億1,000万円もの国への相殺措置をなぜそのとき市長は開示されなかったのか、その辺をお伺いしたいと思います。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 4億1,000万円もの相殺措置を市長はなぜそのときに開示しなかったのかとの質問でございます。

 錯誤措置につきましては、一昨年の7月に財政課のほうより報告を受けまして、直ちに国、県へ報告をいたしまして、適切に対応するよう指示をいたしておりました。あわせまして、関係部署に対しましても、再発防止の徹底に努めるよう指示したものでございます。

 そして、この件につきましては、先ほど財政部長が答弁をいたしましたとおり、昨年の7月の錯誤措置確定後、9月定例会に向けた8月27日の議案説明会で経過などを詳しく御報告申し上げたことは、議員もよく御承知のとおりでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番。



◆8番(山田誠君)

 それはわかりました。わかっております。しかし、当然そういった説明あり、この相殺措置をとったのであれば、市長より議会と市民に対してきちっとした説明と謝罪があってしかるべきではないのかと私は思いますよ。それこそが宮地市政の市民に開かれた情報開示する姿勢だと思いますが、市長の言葉でもう一度どうぞ。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 今の御指摘についてはそれなりに理解をしておこうと、こういうふうに思っておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番。



◆8番(山田誠君)

 今謝罪を求めたんですけど、答弁が不服なんです。



○議長(西野修平君)

 謝罪とかなんとかは、やっぱり本人がそういった事態を感じて謝罪をされるわけで、あなたの話に言われてみんなが全部謝罪をしなきゃならないという法はありませんので、一応答弁がありましたので、それについてのまた質問をお願いします。

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 わかりました。宮地市長の姿勢はわかりました。

 それでは、次の質問に移らせていただきます。

 海外を含めて不安定な経済情勢の中で、30年間もの長期財政計画で、人口減少予測や地方交付税、市民税の歳入予測に裕度はあるのでしょうか、その辺のお考えを聞かせてください。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 長期財政計画における歳入歳出の見込み額につきましては、平成23年度決算及び平成24年度決算見込みをベースに、将来人口予測や財政健全化計画策定に用います県の参考指標を加味して推計したものでございます。財政計画の内容は、452億円の行財政改革効果額を前提とするなど、極めて厳しい内容となっておりますが、一層の行財政改革に取り組むことや、産業・流通センターの分譲促進による歳入確保などによりまして、少しでも硬直化していく財政の緩和に努めていきたいと考えております。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 当局としてはそう答えるしかないと思います。

 それでは次に、また過疎、高齢化社会を迎え、各種対策費の増加予測が甘過ぎるのではないでしょうか。さらには、国においても目こぼしが起きている現状があります。公共施設の老朽化対策費等は十分に検討されているのでしょうか、目こぼしはないでしょうか、お聞きします。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 先ほども申し上げましたとおり、歳入歳出の見込み額につきましては、平成23年度決算、平成24年度決算見込みをベースに、国立社会保障・人口問題研究所の将来人口予測や、県の財政運営適正化計画で用いる参考指標を加味して推計したものでございます。また、公共施設の老朽化対策につきましては、財政計画において一定の維持補修費を見込んでおりますが、今後施設の統廃合とあわせて適切な修繕計画を検討していきたいと考えております。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 いろいろ答弁をいただくんですけれども、アベクロミクスにより都会では景気浮揚が起こってくると思いますが、地方には既に建設物価や原油を原料としたガソリンや灯油、あらゆる農業資材が高騰し、インフレの波も押し寄せてきております。景気浮揚の波が届くころには、中央の景気は減速しかねない、TPPもほぼ導入される、貿易収支は赤字基調と推測されておりますが、それに加え、人口減少に伴う地域マーケットの縮小も現実のものとなっております。そうした多くの不安の中で、30年間にわたり452億円もの負の遺産整理は、並大抵なことではありません。もう既に市民や市民団体に対する負担増は始まっております。また、市職員に対しても、賃金カットを初めとする処遇の見直しがなされていると聞いております。

 そこで、お伺いをいたします。昨年の24年度職員賃金確定交渉の削減幅2%の根拠は何だったのでしょうか、お伺いします。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 お尋ねの件ですが、昨年3月議会でも前任者の部長がお答えを申し上げましたとおり、この数年間、国家公務員の俸給表と比較した本市のラスパイレス指数が国より高い水準となっておりましたことから、その解消に向け削減を行ったものでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 23年度までは職員給与は県下一の給与であり、三セク債を借るに当たり、国・県からの指導、指摘があったことも影響しているのではなかろうかと思いますが、これは表に出ないことでしょうか。まあ聞いてもお答えがないと思いますので、次に入ります。

 三セク債の借り入れに関して、さらなる行財政改革に取り組むと言われますが、これまでの国の指摘事項と、地方交付税に算定している賃金カット分との兼ね合いはどのようになるのでしょうか。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 三セク債という借り入れの状況に鑑みまして、一層の行財政改革を進める必要があるというふうに考えておりますが、御指摘の国による地方交付税の減額は、そのこととは別と考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 次に来る地方交付税の減とは別というようにお聞きしました。

 次に、職員給与はラスパイレス指数100を下回るはずであったとお聞きしておりますが、現在ラスパイレス指数は100.3となっております。見通しが甘かった要因とは何が考えられるのでしょうか、お聞きをいたします。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(常藤勘治君)

 御案内のとおりラスパイレス指数とは、その年度における国家公務員の俸給と地方公務員の給料を学歴別、経験年数別に対比させて算出するものであります。国家公務員の職員構成等によりまして変化するものでございます。平成23年度のデータによる試算、試しに行いました試算によりますと、ラスパイレス指数は100を下回っておったものでございますが、結果的に24年4月1日現在で改めて国から示されました数字により算定をいたしますと、100.3ということになったものでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 仄聞しますと、国に差し繰られたんではないんかということも耳に入りますが、私はこれがきちっと100を割っておれば、今回の指摘はなかったかもわからないとも臆測するところです。

 さて、次の質問に入りますが、三セク債の発行に伴い、国、県からの指摘事項があったように思いますが、津山市においては市当局、議会ともに自浄作用がないことが、ここで国・県の指摘によって、議会、市では自浄作用がなかったということを言わざるを得ないと思います。24年度賃金の2%削減に見られるように、身内には甘く、反対に市民サービスの削減には殊のほか厳しい。県からの厳しい指摘にもあるとおり、津山市も長期財政異常事態を認めている中で、市民の負担増加は既に始まっており、また市職員の独自給与削減にも大きく及んできております。

 ちなみに昨年市議会では、議会活性化特別委員長報告を受け、議員報酬の削減はしないと本会議で了承されております。また、議員定数の検討においても現状維持を主張する会派が多数を占める現状にありますが、市長は異常事態の財政下から、議会に対し議員報酬の削減協力要請をする気はございませんか。また、議員報酬等審議委員会を早急に設置する気はないのかを改めてお伺いをいたします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 本市の置かれた厳しい状況につきましては、先日来御説明をしてまいっておりますけれども、議会費につきましては、いわゆる民主主義のコストという一面もございますので、そのあり方などにつきましては、私が一方的に考え方を申し上げるよりも、議会の皆様の御意見、そして考え方を十分お聞かせいただきたいと考えております。

 山田議員におかれましても、崇高な目標を立てられまして、議会の中で御奮闘されておるようでございますけれども、なかなか声が届かない、こういうような状況もあるわけでございますけれども、私どもといたしましては、議会の皆様方の意向等についても十分尊重せざるを得ないと、こういった側面もあるということを御理解いただきたいと、このように思います。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 22年度決算で調べてみますと、一般会計436億円のうち議会費が4億円となっております。これは他の類似団体は、議会費の22年度決算に占める割合は0.7%、津山市議会は0.9%。これを436億円に当てはめて考えますと、津山市は8,720万円類似団体の議会より多いということになります。ちなみに人口1万人当たりの職員数は、大体類似団体43団体の中で中位です。それから、職員人件費の割合は、これはほぼ同じですね。それから、そういうことです。そういうことの中で、やっぱしこれが津山市は高いと言わざるを得ない。

 今市民負担は、それが市民負担にかぶさっていき、またここで市の職員にもかぶさってきた。ということであれば、この津山市議会は類似団体より8,720万円多い、これは公式なデータですからね。ということであれば、市長、もう一度何とか、表の交渉ではいかないにしても、なあ議長さん、ちょっと考えてくれんじゃろうかというようなことも必要ではないんでしょうか、もう一度お伺いいたします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 今議員が指摘された側面もあると思いますけれども、ひとつ内部で議員のほうも御奮闘いただきたいと、このように考えております。なかなか難しい問題もございますので、ひとつよろしく御協力をお願い申し上げます。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 それでは、次に移ります。

 一応市長の考えておられる地域の特性を生かした特色と具体性のある成長戦略、お聞かせをいただきました。その中でまずお聞きしてみたいのは、少し長くなりますけれども、美作市は箕面市にアンテナショップを出店し、本年度売り上げ約6億円に及ぶとあります。後発の真庭市においても、高槻市に常設店舗が設置されました。そして、先日の新聞報道によると、次期真庭市長候補者の談話では、農畜産物などの地域資源や高速道路を活用した希望と元気の出る地域を目指すとありました。また、昨年就任された伊原木岡山県知事も、県北の就任挨拶におかれまして、県北はもっと高速道路の有効活用をしてはとの話もございました。

 京都府から見た作州の姿、県南から見た県北の姿、久米から見た県北の姿、市内から見た津山の姿、また積み重ねてきた人生経験や時代の流れを的確に把握する能力など、人それぞれに歴史があり、立ち位置が変われば見えてくるものも違うということです。

 津山市においては、立派な農商工連携計画もありますが、私から見れば個々の団体、組織はしっかりしていると思われます。しかし、横の連携をもっと密にしなければならないと思うし、中心となる旗振り役とコーディネーターがいない。国はTPP問題もあり、力強い農業に特化をしていくとしておりますが、市は本当に農業に力を入れているのか疑問に思われます。

 例を挙げて申し上げますと、広報紙の市長との新春対談でも、農業に関連してのアドバイザーの話は一切出てきておりません。そもそも調べてみますと、アドバイザーに農政通が入っていない。また、市長就任後、直ちに産業部を一つにされました。組織変更によって農林畜産業の一層の振興を図るとされましたが、結果はいかがでしたでしょうか。

 先日の産業部参与の反省答弁にもありましたが、反省だけなら猿でもできるという言葉もございます。私は、県北部試験場跡地払い下げは、約3年間もの長きにわたりたなざらしとなっております。そして、最も連携をとる必要のある農協との対話が希薄になっております。国や県の施策が変われば、担当者ベースでは話し合いができておりますが、地域全体をにらんだマクロな農政の把握ができていないことを痛感いたしております。

 そこで、やはり大きな方向性や課題解決は、関係する農商工関係者によるトップ会談の場を逐次設けていく必要があると思いますが、その点について市長にお伺いをいたします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 お答えをいたします。

 市政アドバイザーの関係でいいますと、対談ではなかったんですけれども、農林水産事務次官をされた白須さんといわれる方がいらっしゃいます。こういった方につきましても、これからどんどんどんどん御提言をいただきたいと、このように考えております。

 それから、大きな課題の解決や方向性は、関係する農商工関係者によるトップ会談、そういった場を設ける必要があると、この御指摘でございます。大きな課題あるいは重要案件につきましては、私が担当部署から詳細な説明を受けまして、その上で最終的な方向性の判断をしておるところでございます。

 また、関係団体のトップの皆さん方との交渉、協議等につきましても、近々行う予定もございますし、また必要に応じて私自身が積極的に市長の責任、責務として行っていかなければならないと、このように考えておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 ありがとうございます。私は、農協関係からもいろいろ情報が入ってきますが、ぜひ連絡を密にして、農林業、畜産業振興に力を入れていただきたいと思います。

 そうした中で、農商工連携、午前中の答弁にもありましたが、地域の中でその資源を循環させる産業構造の確立が重要でと、農商工連携計画を見てみましても、外へ打って出る施策は書いてありませんと言い切ったほうが、もう8割方ありません。ちょぼっとにおうところはございますけれども。そういうことで、ひとつ外貨を稼ぐ、そういう意味で目を転じていただきたいことをお願いをしておきます。

 さて次に、25年度当初予算についてですが、各財政管理目標値あるいは推計はどのようになっているかお聞きをいたしました。その上で国の緊急経済対策を最大限活用した予算組みはわかりました。国の手厚い資金手当ての中身はどうなっているのでしょうか。そして、後年度負担としてはどのようなものが発生してくるのか、金額はどの程度になるのかをお聞きしたいと思います。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 国が緊急経済対策として編成いたしました平成24年度補正予算第1号に対応した投資的経費につきましては、地方負担額の100%まで地方債を充当できるというふうにされております。また、借り入れました地方債につきましては、後年度におけます元利償還金の100%が普通交付税において措置されるという内容になっております。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 かつてない予算になっておりますので、心配をしておりましたが、後での後年度負担がないということで、まあ安心をいたしました。

 そして次に、新しい枠組み予算制度の中で、今回新しい予算制度でしたから、各部間の熱意、そしてアイデア等によるアンバランスは発生していないのでしょうか。これから1年間かけて検証することになると思いますが、現時点ではこれは十分予算作成の上で効果が出たのでしょうか、お伺いをしたいと思います。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 各部局とも、配分された予算枠の中で創意工夫を凝らしまして、事業の選択と集中を行ったものでございまして、各部局の考え方が新年度予算に反映されているというふうに考えております。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 それでは、参考までに、新規事業枠の中で、各部ごとに自主財源額と国県補助事業費の内訳を簡単にお知らせください。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 新規拡充枠事業の総額は、事業費ベースで3億7,100万円となっておりまして、財源内訳としましては国県補助金が1,870万円、地方債などその他特定財源が1億6,210万円、一般財源が1億9,020万円となっております。各部局ごとの事業費の内訳をという御質問ですけれども、全ての部局ということになりますとかなり膨大な量になりますので……。

  〔8番山田誠君「わかりました」と呼ぶ〕



◎財政部長(西田秀之君)

 大きいところだけをお伝えしますと、こども保健部が8,850万円、その次に大きいところでいいますと、財政になりますけれども6,250万円というふうに、それぞれ創意工夫の中での事業費となっております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 後年度負担は、先ほどの質問はないということでございましたけれども、今般は一般財源、地方債その他特定財源が1億6,200万円、一般財源持ち出し1億9,020万円ということでございました。この財政逼迫下でございますから、1つには三、四年後の厳しい時代を見れば、財政調整積立金に使うという方法もあったのでしょうけれども、まあ国の施策に乗って、今年度、25年度やれることはやっておこうという姿勢であろうと思いますが、これまでも出ておりますとおり、無駄遣いのないように頑張っていただきたいと思います。

 それから、事業仕分けについてでございますけど、御回答をいただきました。その中で、久米山ふれあいロッジについて少しお願いなり質問してみたいと思います。

 久米山ふれあいロッジは、農業研修施設、スポーツ交流施設を主な目的に設置されておりましたが、御指摘にあったような使用実績が示すとおり、本来の目的からはやや外れてまいりました。しかし、久米の地域には宿泊施設などがなく、一般利用者や体育指導者、スポーツ少年団の利用、さらには東日本大震災による被災者滞在、また企業教育の宿泊研修施設にと幅広く利用されております。近くには久米カントリーもあり、娯楽税は1,400万円、固定資産税は700万円の税収があると聞いております。カントリー宿泊者にも、約五、六百名程度でございますけど、影響が及んでくるおそれがあります。280万円の出費を惜しんで2,100万円をだめにしないよう、幅広く考えていただきたいとお願いいたします。市長のお考えをお伺いしたいと思います。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 久米山ふれあいロッジの今後の活用についてでございます。先ほど部長からも答弁をさせていただきました。今後の活用につきましては、全庁的な庁内検討会議を設けまして、早急に協議をしてまいろうと、このように思っております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 現場を見ながらも、ひとつよろしくお願いします。

 1つ、なぜか落としておりましたので、懐かしい質問です。

 日本原自衛隊基地反対闘争について、懐かしい思いもしますということをお聞きしましたが、私はやっぱしこれから市長が津山市を、これまでの3年間もですが、守っていくんじゃ、市民、国民に安全・安心を与えるのだというようなことから、そのお考えがどのように変わってきたのかをお伺いしたかったんですが、まあその辺が出てきませなんだので、それではその中で、周辺対策費は、例えば市長さん、大変失礼でございますけど、反対闘争しょうった人に十分とれるのかと、周辺対策費、そういう心配もございますので、現実をお話しください。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 この件につきましては、詳細については十分承知をいたしておりませんから、部長のほうで答弁をさせていただきます。



○議長(西野修平君)

 地域振興部長。



◎地域振興部長(植月優君)

 周辺整備事業につきましては、地元の皆様の要望に対し、中国防衛局からの内示に基づき事業を行っております。平成25年度当初予算につきましては、市道日本原大吉線整備事業や防災無線整備事業などについて、関連予算を本年度3億600万円提案をさせていただいておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 ありがとうございました。

 それから、こういった自衛隊、いらっしゃるところの周辺の町村では起きておることと思いますけど、企業誘致に自衛隊人脈が生かされるのではないかと思いますけど、その辺お考えはございませんか。決して爆弾製造装置を持ってこいという思いで申し上げておるのではございません。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 企業誘致に自衛隊の人脈が生かされるのではなかろうかと、こういうような御質問だと思います。

 実は、自衛隊の日本原駐屯地の司令も含めまして、隊員は非常に厳しい規律のもとに訓練を行っているようでございます。でありますけれども、この企業誘致と自衛隊との人脈が、なかなか今すぐ私の頭の中には結びつきません。したがって、ひとついいお知恵がありましたらぜひ御教示いただきたいと、このように思っております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 8番、山田君。



◆8番(山田誠君)

 いろいろ情報をお聞きしておることもありますので、また別の機会に申し上げたいと思います。

 最後に、今般の国の25年度予算は、デフレスパイラルからの脱却を掲げながら、迫りくる夏の参議院選勝利へのひたすらな布石とも言われております。一方、津山市においても、国が大借金を背負った予算をもとに25年度にかかわる今般の予算は、国の成長戦略に守られ、宮地市長は運のいい男ともとれますし、来春の改選を目指したてんこ盛り予算ともとれますが、問題は国の予算がいつまで続くのか、いつまで続けるのか、果たして30年計画出発初年度の予算としては正しかったのかが、いずれ問われる時代が来ると思います。

 私は、貿易が赤字状態、外貨が稼げない状態では、国、地方ともに財政は崩壊すると心配をいたしております。その心配が杞憂に終わることを願い、また無事に長期30年計画が達成されることを願いながら、質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(西野修平君)

 以上で8番、山田誠君の質問を終わります。

 次の質問を許可いたします。

 16番、野村昌平君。



◆16番(野村昌平君) 〔登壇〕

 議長の許可をいただきましたので、通告に従いまして2つの項目を質問させていただきます。

 1つ目は、都市計画マスタープランと道路交通行政についてであります。

 言うまでもなく、このマスタープランは、合併後の平成18年に策定された津山市第4次総合計画の基本構想に即して、今後の都市計画、まちづくりの方針を明らかにしたものであり、策定は平成20年3月になされ、20年先を見据えて10年後の津山市の姿を描いており、10年スパンで見るとちょうど折り返しの半分、5年間が経過したところです。計画どおりに進んでいるのか、また見直しが必要な点はないのかなど、チェックを要する時期と考えますので、全体構想を具体化した地域別構想に関連して何点かお尋ねいたします。

 地域別とは、合併後の津山市を7つの地域に分けて、目指すべき今後の姿と、それを実現するためまちづくり方針を定めたものですが、それぞれの地域は地域事情とか課題に精通しておられる同僚議員さんに委ねるといたしまして、今回は地元にも当たり、住民からの御意見や要望を踏まえまして、西南部地域を取り上げさせていただきます。

 この地域は、吉井川と皿川流域に当たり、西中学区全てと鶴山中学校区の一部を含み、連町支部でいいますと、西から院庄、二宮、田邑、佐良山、福岡、福南地区に当たります。中国縦貫道院庄インターがあり、国道は53号線、179号、181号、429号と、津山市を通る全てが走っており、鉄道も津山線及び姫新線の沿線に当たり、さらに広域交通結節点の津山駅が含まれております。そして、県南及び岡山空港を結ぶ地域高規格道路空港津山道路が整備中であり、名実ともに交通の要衝となっております。

 院庄工業団地や産業・流通センター、さらには用途指定された中島工業地域などがあり、東部地域とともに工業生産の中核をなすのみならず、商業や自動車関係を初め医療や介護、福祉関連を含め、多様な産業、事業所が集積する中で、宅地化、市街化も進展しており、津山市全体の発展にも大きくかかわってくる重要地域と私は考えております。

 そこで、このような当地域の成り立ちや現状、特性を踏まえた施策が肝要になってくると考えます。その中でマスタープランを実現し、地域地区の振興を図るためには、インフラ整備、都市基盤整備は絶対必要条件となりますが、一番重要であると考えております道路網整備を中心にお尋ねいたします。

 まず、津山市第4次総合計画を受けてのマスタープランの地域別構想実現のため、道路交通施策に関して宮地市長の御認識、御所見をお聞かせください。

 2点目として、地域別基本データを示していただきたいと思います。7つの地域の人口推移ですが、第1回目の都市計画マスタープランが策定された平成10年と比べて、15年経過した現在の地域別人口はどう変化しているのか、お示しください。

 3点目、西南部地域の都市計画道路院庄横山線は、見直し後、名称は平福横山線と変わりましたが、平成24年3月議会の建設水道委員長報告の中で、院庄横山線は、総社川崎線の工事完了後に取りかかりたいとありますが、着工見通しをお聞かせいただきたいと思います。

 4点目、将来平福横山線と連結することになる空港津山道路の進捗状況及び全線全体見通しをお尋ねいたします。

 5点目、院庄工業団地、産業・流通センター及び中島工業地域のそれぞれの概況、面積、事業所数、就業者数、出荷額などを把握されていればお示しください。

 6点目、地域別構想の進捗状況、実現ぐあいの管理、把握、見直しなどはどういう体制でされておられるのか、お尋ねいたします。あわせて、地域との協働状況をお知らせください。

 次に、大きい項目の2つ目、高齢者福祉に関する何点かをお聞きしたいと思います。

 人口減少を伴う少子・超高齢化社会が進展しており、現在津山市でもほぼ4人に1人が65歳以上の高齢者となっております。近い将来、3人に1人となると思います。持続可能な社会保障制度の見直しはもちろんのことですが、社会経済活力維持発展の観点からも、今後は女性の就労、社会参加などの推進がますます必要となり、あわせて高齢者の可能なあるいは多様な就労や雇用延長が図られるなど、行政のみならず社会全体での対応が求められております。これらの法律に基づく制度改革は国に任せざるを得ないと思いますが、津山市行政として高齢者福祉には温かさや敬老精神を前提としたきめ細かい施策が必要と私は考えます。

 そこで、まず宮地市長の高齢者福祉に対する施政方針を改めてお聞かせ願いたいと思います。

 我々議員も、議員活動とは別にというより、むしろその一環として、町内会を初め地域地区の高齢化課題に取り組んでいます。その一つとして、老人クラブの活性化があります。クラブでは親睦、健康づくり、社会奉仕活動が3本柱と聞いておりますが、2点目の質問として、老人クラブの現状をどう把握されているのか。会員数、組織率など低下傾向と聞きますが、行政として高齢者福祉の観点からどのような支援、取り組みをされているのかお尋ねいたします。

 3点目、ことし津山市老連、老人クラブ連合会が50周年を迎えると聞いていますが、どんなイベントが予定されているのか、また行政としての支援などの取り組みは何か考えられておられますか。

 4点目、津山老人福祉センターがアスベスト対策工事のため閉鎖されておりますが、再開はいつになるのでしょうか。対策工事のあおりを受けまして、予定していたトイレ設備の改良が中断しておりますが、これは改めて実施されることになるのか。そして、最後になりますが、従前どおりとはいかないまでも、浴場の再開見込みはどうなりますか。

 登壇では以上の質問とさせていただき、自席にて再質問させていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 野村議員の質問にお答えをいたします。

 津山市都市計画マスタープランの地域別構想実現のための道路交通施策に関する私の認識、所見についての御質問でございます。

 津山市都市計画マスタープランにおける地域別構想とは、合併後の津山市を7つの地域に分けまして、各地域ごとにまちづくり方針として、土地利用の方針や都市施設の整備方針などを定めたものでございます。地域別構想を実現するためには、都市施設の整備方針にある道路やあるいはまた公共交通の各施策を実施することが必要でございまして、着実に取り組んでまいろうと、このように思っております。

 次に、高齢者福祉に対する私の方針でございます。

 高齢者の方がいつまでも住みなれた地域ではつらつと暮らせる町津山を目指しまして、高齢者保健福祉計画、介護保険事業計画を策定いたしまして、その実現に向けて今現在努めているところでございます。現計画では、高齢者の課題を早期に発見をし、介護、予防、医療、生活支援に関するサービスを一体的に提供し、地域全体で高齢者を支える地域包括ケアシステムの構築を掲げ、最重要課題として取り組んでおります。そして、来年度策定予定の地域福祉計画におきましては、この地域包括ケアシステムの枠組みをより明確にしてまいろうと、このように考えておるところでございます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 私からは、都市計画マスタープランに関係しまして4点お答えをいたします。

 まず、地域別人口の変化についてでございます。都市計画マスタープラン策定の基礎資料として用いました平成7年と、直近の平成22年の国勢調査データをもとにお答えをいたします。

 旧津山市の4地域の中で、まず西南部地域については、平成7年が1万9,535人、平成22年が1万7,812人、約9%の減少でございます。以下、最初の人数が平成7年、次が平成22年でお答えいたします。中心部地域、1万423人に対しまして7,124人、約32%の減少。東部地域、2万7,722人に対しまして2万8,119人、約1%の増加。北部地域、3万3,490人に対しまして3万4,719人、約4%の増加。勝北地域、7,800人に対し6,717人、約14%の減少。久米地域、8,023人に対し6,966人、約13%の減少。加茂・阿波地域、6,624人に対し5,331人、約20%の減少となっております。

 2点目、平福横山線の着工見通しについてでございます。

 都市計画道路の新規事業化につきましては、費用対効果などの経済性、混雑の解消やボトルネック区間の解消などの交通要因などを総合的に評価し、着手箇所を決定しているところでございます。御質問の平福横山線は、交通混雑の解消が図れ、経済性も高いことから、現在事業中の総社川崎線の事業完了後の着手を目指したいと考えております。

 3点目、地域高規格道路空港津山道路の進捗状況、今後の見通しでございます。

 このことにつきましては、現在の美咲町打穴中までの津山南道路、面積ベースで約60%の買収率ということでございまして、今のところ完了年度については示されておりません。早期供用開始が図れるよう、国に対し積極的な要望を行うとともに、市といたしましても地権者との調整を行うなど、最大限の取り組みを行っているところでございます。

 なお、津山南道路以外の未整備区間についても早期に事業着手が図れるよう、引き続き要望を行ってまいりたいと考えております。

 最後、4点目でございます。地域別構想の進捗状況や見直しの状況、また地域との協働についてお答えをいたします。

 地域別構想の進捗状況については、地域別構想のみではなく、地域別構想を記載している津山市都市計画マスタープラン全体としての進捗状況の把握に努めております。現在、人口動向や土地利用などを調査する都市計画基礎調査を行っておりまして、結果が出れば、ある程度の進捗状況の把握はできるものと考えているところでございます。

 見直しに当たりましては、都市計画マスタープランが都市計画に関する基本的な方針を定めている重要な計画であることから、全市を挙げて取り組んでまいりたいと考えておるところでございます。

 地域との協働状況についてでございます。中心市街地については、城東、城西のまちづくり協議会が組織されるなど、官民一体となった積極的な取り組みが行われているところでございます。まだ組織されていない地域でも、事業実施に当たっては地元町内会などと協議の場を設けるなど、地域の事業など意見を伺いながら進めていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 高齢者福祉に関しまして、まず老人クラブの現状についてであります。

 津山市老人クラブ連合会の会員数、組織率については、会員が約1万人で、市の高齢者に占めます割合は約36%というふうになっております。近年、いわゆる団塊世代の方々が次々と65歳を迎えられまして、この方々がまだ自分は若い、老人と言われたくないといった思いから、老人クラブに参加されない状況が見受けられ、参加率が低下傾向であるというふうにお聞きをしております。

 しかしながら、各地域で老人クラブの方々は、通学路の見守り、サークル活動など積極的に地域貢献を行われるとともに、お互いの声かけなどを行い、会員相互のきずなを深めまして会員の拡大にも努めておられます。このことが地域の活性化の源となっていると考えておりますので、今後とも老人クラブのますますの御活躍を期待するとともに、支援をしてまいりたいと考えております。

 次に、老人クラブ連合会50周年記念事業についてですが、9月に記念式典を挙行されるとともに、記念誌の発行を予定をされております。市といたしましても、可能な範囲で支援を行ってまいります。

 続きまして、老人センターについてお答えをいたします。

 昨年12月にホール及び廊下の天井にアスベストが発見されまして、現在社会福祉協議会が撤去、封じ込め工事を実施しておりまして、4月には再開されるというふうにお聞きをいたしております。

 次に、本年度補助予定としておりましたトイレの改修につきましては、このアスベスト対策工事によりまして年度内完成が見込まれないこととなりましたので、中止をいたしております。この改修補助は、県の地域支え合い体制づくり事業補助金を活用するもので、本事業は本年度平成24年度限りであるということから、来年度以降は実施が未定ということになっております。

 また、浴室の再開につきましては、これは継続しまして、センターを設置運営する社会福祉協議会と十分協議してまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 産業経済部長。



◎産業経済部長(光井俊之君)

 院庄工業団地、産業・流通センター及び中島工業地区の概況についての御質問にお答えしたいと思います。

 院庄工業団地につきましては、業務用地14.9ヘクタールに8社1組合が立地しております。津山産業・流通センターにつきましては、業務用地54.6ヘクタールに42社が立地しております。また、中島地区につきましては、工業地域として約15.5ヘクタールを用途指定しておりますが、工業団地としての位置づけはしておりません。

 なお、就業者数、出荷額などの工業統計調査のデータにつきましては、津山市全体の数値として公表はされておりますが、個別企業や工業団地ごとの情報は公表されておりません。したがいまして、ここでお示しできません。御了承いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 16番、野村昌平君。



◆16番(野村昌平君)

 御答弁をいただきまして、一問一答でお願いしたいと思います。

 まず、都市計画の地域別の構想を実現するために、平福横山線のうち津山バイパスと53号線を結ぶ区間を早期に完成すべきではないかというふうに考えます。これは現在の津山バイパスが南北軸ですが、それを生かすための東西軸がないと、クロスさせなければ効果が出てこないと。そういうことで、これを待っとりますと相当先になりますんで、この部分からこの際、平福と院庄の間がなくなりましたんで、平福から53号バイパスまでをつなぐんが、いろんな意味で生活あるいは産業面で効果が期待できるというふうに私は考えますが、当局の見解をお伺いしたいと思います。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 お答えいたします。

 議員の立場からは今言われたとおりだと思いますが、現時点では平福横山線は大谷地区から井口を優先的に整備するということにいたしております。そういたしましても、事業着手時には詳細な再評価を行うことといたしております。どこを行う場合につきましても、新規事業化するまでには相当の時間が必要でありますことから、その時代に真に求められる道路を見きわめて事業着手してまいりたいと考えております。



○議長(西野修平君)

 16番。



◆16番(野村昌平君)

 別に私の立場から言ったわけじゃないんですが、津山市全体的な立場で言っとるつもりです。

 それと、今のところは確かに都市計画で大規模工事になりますんで、順番はどちらにしろ時間がかかると思いますんで、それまでの対策として、今現道がありますんで、現道の改良ということを考えられたらどうかと。

 例えばあのルートには、この間の土地開発公社の土地を津山市が買い戻した一方用地があります。1反ぐらいだと思いますけどね、広さは。そこがちょうどそのルートになっていますんで、それは都市計画道路をつくるということで先行取得をされとるわけですから、それを遊ばせずに、なるべく早く活用するということで、都計のような16メートルとか18メートルの道路は必要ないと思いますが、5.5メートルか車がすれ違うだけのものをつくる、あるいは新土手橋から53号に出る出入りのところですね、あそこはこの後言いますけど、国のほうでちょっと考えてもらっとるようなんで、市がしっかり協力していただけりゃいいと思うんですけど、その辺のことをちょっとお尋ねしたいと思います。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 議員言われるとおりでございまして、本区間のアクセス改善を含め、本地域全体の状況を勘案し、交通渋滞の解消や安全対策を検討してまいりたいというふうに考えております。



○議長(西野修平君)

 16番、野村君。



◆16番(野村昌平君)

 また具体的にはいろいろ地区の町内会とか支部なんかの話し合いがあると思いますんで、よろしくお願いします。

 それから、先ほどちょっと触れましたが、53号から新土手橋ですね、新土手橋が大洪水のおかげでと言うたら語弊がありますけど、それで非常に新しい橋が、幅の広い橋がかかっております。それが前後の道が狭いんで有効利用できない、しにくいんですが、その辺のことは国のほうでちょっと改良ということをお聞きしとんですが、どんなでしょうか、情報が入っていたら教えてください。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 お答えいたします。

 国道と取り合いの部分についてでございますが、これにつきましては53号の管理者である国が、実施に向け検討中でございます。



○議長(西野修平君)

 16番。



◆16番(野村昌平君)

 ぜひ、せっかく国道事務所のほうが地元要望やいろんなことに応じてくれようとしていますんで、ぜひともよろしくお願いします。

 それから、都市計画の地域別構想の西南部地区のことをきょうは中心に申し上げとるんですが、先ほどの院庄横山線が、平福と院庄間でこれがもう中止になったということなんですが、それ以外に何か大きな変更点はございますか。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 それ以外の変更点につきましては、まず井口の都市公園、これは見直し済みでございます。それから、津山駅北口広場については、現在見直し中ということでございます。



○議長(西野修平君)

 16番、野村君。



◆16番(野村昌平君)

 それから、先ほど産業経済部長さんのほうからは工業団地のことがございましたが、なかなか出荷額とかそういうものの情報は把握ができないというか、されてないようですが、例えば勝央の中核団地なんかは、非常にホームページなんかを見ましてもはっきりと数字が出ています。例えば従業員が2,500人でしたかね、それから出荷額が1,700億円以上あるということです。

 そういうことで、津山市もそういう意味では住居を設けるとかいろんな意味で恩恵を、あるいはいろんな発注がありますんで、非常に恩恵を受けとると思いますが、そういうやはり今市長も言われとるような雇用という、働く場が第一ということを施政方針でも述べられましたが、やっぱりそういうことをしっかりとやるためには、やっぱり基本的なデータはきちっと把握しておくと。そうしないと、産業政策もなかなか的確なものが打ち出しにくいんじゃないかと思います。

 ちょっと地域振興部長さんにお聞きしたいんですが、この間経済センサスがありましたね、去年の2月1日現在の。それで、速報も今出ていますが、その辺の情報が、通産省と総務省がやっとんですが、津山市の振興部を経由してやっとるはずなんですが、そういう情報は入手できないんですか。



○議長(西野修平君)

 どなたですか。

  〔16番野村昌平君「地域振興部長さん。済いません、ちょっとそのことは通告はしてないんですが、関連質問ということで」と呼ぶ〕



○議長(西野修平君)

 地域振興部長。



◎地域振興部長(植月優君)

 その情報はまだ入手しておりませんが、入手できればお手元に届けたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 16番。



◆16番(野村昌平君)

 これもちょっとホームページで見たんですが、それから去年は、私どもも小さい事業所をやっとるもんで調べに来られたんですが、かなり詳しいデータを出しとんですが、そういうものが津山市、地方の自治体に来ないとすれば、ちょっとまた問題があるんじゃないかと思うんですが、そういうものを利用しないと、やはり情報というのはなかなかつかめませんから。

 それから、そういうものが仮にいろんなことで入手不可能な場合は、やっぱり現場を、経済産業部長さん、現場をしっかり、現場主義でいってください。3現主義といいまして、現場へ足を向けるということと、現場で現物を見るということ、もう一つは現実を知るということですね。これをぜひ、市長もよく言っとられます、現場主義というのは。ぜひともある程度のデータは日ごろからつかむように、国のほうが情報を出し渋るんなら、もう津山市で直接つかむようにお願いしておきたいと思います。

 それから次に、西南部地域では3カ所の沿道サービス拠点というのをマスタープランで設けられております。これ1つは、179号線の院庄・二宮地区、あの辺の商業地域ですね。それから、津山バイパスの平福が大部分ですけど、中島も一部かかると思いますが、あの辺の地区。それからもう一つは、これは53号線の津山駅周辺ということで、それぞれの地区で、特に津山駅周辺は、今回の議会でも明らかにされていますようにもう具体的な予算もついて、来年度から本当に大変貌するということで、私も南岸の開発ということは、最初議会に出させてもらったときから非常に関心を持っておりましたんで、今度やっと下水道もつくと、公共下水が、ということなんで、ぜひともこの四、五年でいい形にしていただきたいということをお願いしておきます。

 あと、それに関係しまして、本当のにぎわいというのは、やっぱり乗降客というかJRの利用者がふえないともうやっぱりいけないんだということで、時間短縮、高速化ということも言われていましたけど、同僚議員が、やはりそれに力を入れていただきたい。今月の23日でしたか、姫鳥線、姫路と鳥取の高速道路、これ佐用から鳥取までは無料の高速道路ということが開通します。そうしますと、今岡山のほうから鳥取に行くのは、そっちのルートがもうメーンになる可能性もあります。

 それから、御存じのように今伯備線に沿った形で、中国四国ですか、中国四国新幹線網が期成同盟ができて働きかけられていますね。真庭とか新見だとか高梁は入っとんですが、津山市はちょっと離れとるから入っていません。

 そういうことで、県北の中核都市、拠点都市を目指そうとすれば、どうしても広域高速網、津山市はもうちょっと今のところ空港津山道路と、今ほかの方も言われとったように時間短縮ですね、30分か40分で岡山駅まで行くと、この鉄道をどうしても働きかけていただきたいと。ちょっとこの点につきまして市長のお考えを、この高速交通網を整備しないと、観光、産業、雇用、そういうことに全て基礎ですから、それがないと幾ら頑張ってもなかなか企業も来ないし、地場企業も動きがないと思います。そういうことで、ちょっと市長の決意というかお考えをいま一度お聞かせください。お願いします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 議員御指摘のとおり、公共交通網の整備は産業振興の喫緊の課題だと、このような認識をいたしておるところでございます。したがいまして、関係機関とこれからも積極的な連携を密にしながら取り組みを強化したいと、こういうふうに考えています。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 16番。



◆16番(野村昌平君)

 ぜひとも、先ほどの話では、空港津山道路の全線の完了の見通しはまだ示されていないということなんですが、とりあえず調査区間に今残されたルートですね、今事業開始している以外の長い、その残されたところのほうが長いわけですから、それは時間がかかりましょうけど、もう粘り強く要望を働きかけていただきたいというふうに思います。

 鉄道のほうも本当に、道路もそうなんですが、規格道路もそうなんですが、鉄道のほうを何とか市長、どういうんですか、高速化ということで、これも具体的な交渉をJR等としていただければというふうに思いますんで、よろしくお願いします。

 それから、次に行きます。

 津山バイパスとその城西道路ですね、城西通り、これは179号なんですが、これの新宮下大橋で連結されとんですが、この形が直結ということでなくて、非常に回り込んだ形でつながっておるんで、非常に利便性とかそういうものが使い勝手が悪いですね。これは何とかならないものか、お尋ねしたいと思います。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(村上祐二君)

 お答えいたします。

 御指摘の箇所は直近にJR姫新線がありまして、そことの空間の確保といいますか離隔、これが必要であることから、現在の形状となっているところでございます。こうしたことから、国道179号線への直結というのは非常に困難であると考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 16番。



◆16番(野村昌平君)

 諦めずに、何かまたいろんな工法も開発というか、出てくることもありますので、何とかなるようなことをぜひともこれからも諦めずに考えていただきたい。そうしないと、せっかくのあれだけの大工事で相当な工事費もかかっとるのが、本当生きてこないんです。それはあっこを通られる方は皆さんわかっとると思いますが、何とか方法を考えていただきたいと思います。

 それから、あとはもう一、二点なんですが、高齢者福祉に関してなんですが、お答えでは、老人クラブの老人という名前は本当確かに響きが余りよくないんで、何かその名前について何かいい知恵のようなアイデアがあったら、環境福祉部長さんお答えいただけりゃありがたいんですけどね、どんなですか。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 突然振られましたけれども、今思い浮かばないわけですが、一般的に今高齢者という名称を使っているわけですし、皆さんと知恵を出していくということで、ぜひお願いをしたいと思います。済いません。

  〔16番野村昌平君「あのね……」と呼ぶ〕



○議長(西野修平君)

 まだまだ、16番。



◆16番(野村昌平君)

 はい、野村です。

 反問権を使われるんじゃないかと思ったんですが、こういうときには、それはなかったんでほっとした。私もなかなか思い浮かびません。実際には老人クラブですけど、名前は長寿会とか仲よし会とかむつみ会とか、いろいろ変えられとるようです。実は私の町内にも老人クラブがありまして、ちょっと確かに今年齢がかなり大変高くなって、80前後になって、ほっとったらもう大変なことなんで、実は私も何を隠しましょう、前期ですね、後期になったら〔取り消し〕ですけど、前期、〔取り消し〕と言っちゃあまた語弊がありますけど、今のは取り消します。大変です。

 〔取り消し〕は取り消します。前期高齢者になりましたもんで、適齢期といいますか、それで実は私も、家内も一緒につき合えというて、一緒に来年度から入ろうと思っとんです。といいますのが、地域にやはり今やっているのは見守りですね、下校時の見守り。それから、清掃とかやっとられまして、やはり老若男女といいますか、青壮年も町内会も老人会も、やっぱりそういうものがなかったら、地域がやはりこれからはなかなかどういうんですかね、皆さんの交流が図れないということで、必要だと思っとります。

 先ほどの後期高齢者は、あれは取り消してください。私、そういう変な意味でいったんじゃないんですけど。

 取り消していただく、議長、その点よろしくお願いします。発言を取り消します。

  〔28番末永弘之君「もう終わりんさい」と呼ぶ〕



◆16番(野村昌平君)

 まあそういうふうに言わずに、言わせてください。時間があるんじゃから。末永さん、時間超過しても言われとるじゃないですか。そういうこと言われる資格ないですよ。

  〔28番末永弘之君「終わると言うけん、終わりなさいと言うたん」と呼ぶ〕



◆16番(野村昌平君)

 いや、取り消しでと言うたんです、取り消し。

 それで、それから今の名称じゃありませんが、今高齢介護課ということになっていますね。それで、高齢介護というと、高齢者になるとイコール介護というようなちょっとイメージがどうしてもなりますんで、その辺はやはり高齢者の方の気持ちを少し配慮して、高齢介護課はやめて、介護というのはやめて、介護係や介護保険というのはあってもいいんですが、高齢福祉とか長寿高齢とか、そういうような名称に変えるというのは検討できませんか。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 現在の名称は、以前は別々の課で所掌しておりました高齢者福祉業務と介護保険業務が、高齢者施策の両輪であるということで、1つの課で所掌したほうが市民サービスの向上が図れるということと、事務効率化にもつながるという判断で両業務をあわせまして、わかりやすい名称になるということで、高齢介護課ができた経緯がございます。議員の御提案につきましては、一つの貴重な御意見として承っておきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(西野修平君)

 ちょっと待ってください。質問者に申し上げます。通告での質問がもし終わりましたら、御無理をなさらないで、また来期ということもありますんで。

  〔16番野村昌平君「いや、もう終わりますから。もう1回です」と呼ぶ〕



○議長(西野修平君)

 16番、野村昌平君。



◆16番(野村昌平君)

 どうも御配慮ありがとうございます。

 最後になりますが、今環境福祉部長のお答えもありましたが、名は体をあらわすということもありますんで、市長、ぜひその辺を今度は機構改革とかなんかの機会にぜひ考えていただきたいというふうに思います。

 以上で終わります。ありがとうございました。



○議長(西野修平君)

 以上で16番、野村昌平君の質問を終わります。

 本日は運営予定に従い、これをもって打ち切ります。

 次の会議は明8日午前10時に本会議を開き、個人質問を続行いたします。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承願います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 御苦労さまでした。

                                   午後2時50分 散会